September 29, 2014

L'écume des jours #294

ldj140929mj01.jpg

ldj140929mj02.jpg

ldj140929mj03.jpg

ldj140929mj04.jpg

ldj140929mj05.jpg

ldj140929mj06.jpg

ldj140929mj07.jpg

ldj140929mj08.jpg

ldj140929mj09.jpg

ldj140929mj10.jpg

ldj140929mj11.jpg

ldj140929mj12.jpg

ldj140929mj13.jpg

ldj140929mj14.jpg
© photo by hiromi suzuki

wada suginami-ku, Tokyo

投稿者 orangepeel : 03:56 PM | コメント (0)

September 15, 2013

Letters Tableaux

letterstableaux130915mj01.jpg

letterstableaux130915mj02.jpg

letterstableaux130915mj03.jpg

letterstableaux130915mj04.jpg

letterstableaux130915mj05.jpg

_____ Intricate tableaux framed by letters was one of those curious 19th century eccentricities. Collage and montage were novel techniques and the public couldn’t get enough novelty. Here is an odd alphabet that is both beauteous and disturbing... _____

from Print Magazine

投稿者 orangepeel : 08:57 PM | コメント (0)

September 02, 2013

Brighton & Hove

brighton130902mj01.png
Beach scene with bathing machines and people paddling
Location:Brighton seafront
Date:1880s

brighton130902mj02.png
Men and women walking along a windy seafront
Location:Brighton seafront
Date:1890s

brighton130902mj03.png
'Bank Holiday Excursions' at Brighton Railway Station
Location:Brighton Station
Date:1905

brighton130902mj04.png
Royal Pavilion kitchen with Indian cooks
Location:Royal Pavilion
Date:1915

brighton130902mj05.png
Tea at a beach hut on the promenade at Hove
Location:Hove seafront
Date:1928

brighton130902mj06.png
Seated group outside a beach hut on Hove seafront
Location:Hove seafront
Date:1931

brighton130902mj07.png
Eugenie and Maurice
Location:Brighton
Date:1944

brighton130902mj08.png
Couple on Brighton seafront
Location:Brighton seafront
Date:1950s

brighton130902mj09.png
Family outing to Hove Lagoon in the spring of 1967
Location:Hove Lagoon
Date:1967/Spring

brighton130902mj10.png
Waiting for the ladies at the Aquarium
Location:Brighton Aquarium
Date:1977/September

from Brighton & Hove Photographic collection

投稿者 orangepeel : 06:12 PM | コメント (0)

September 01, 2013

Paris Flood

parisflood130901mj.jpg
“Paris Flood”, Henri Manuel 1924 from Retronaut

投稿者 orangepeel : 06:00 PM | コメント (0)

May 28, 2013

Women Wearing Masks on Venice Beach

venicebeach130528mj.jpg
from Retronaut

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

March 09, 2013

L'ecume des jours #216

ldj130309mj01.JPG

ldj130309mj02.JPG

ldj130309mj03.JPG

ldj130309mj04.JPG

ldj130309mj05.JPG

ldj130309mj06.JPG

ldj130309mj07.JPG

ldj130309mj08.JPG
© photo by orangepeel @ Shibuya Folk and Literary Shirane Memorial Museum

上の写真は、昭和の住宅を模した展示室にあった、とある家族のアルバム。

shirane130309mj.jpg
『企画展 「独歩・花袋・国男」-丘の上の青春-』 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

- 文学史上、多大な功績を残した、国木田独歩・田山花袋・柳田国男は渋谷の地で文学を語り合う時代がありました。渋谷区制施行80周年・柳田国男没後50周年を記念する本展では、3人の交流を紹介いたします -
企画展 「独歩・花袋・国男」-丘の上の青春- 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 平成24年12月8日(土)〜3月24日(日)

私は、小・中・高と校歌の歌詞に「武蔵野」が謳われていた、
まさに武蔵野の原点・三富新田(所沢市中富・下富)で十代を過ごしたが、
新興住宅街だったので実感がなかった。

東京も武蔵野だ。

むしろ、国木田独歩先生(!)のように、例えば渋谷・世田谷を拠点に
武蔵野の原風景(雑木林や川の名残りなど)を幻視しながら散策するのが面白い。
川や土地の記憶をさぐって、現在の自身の立ち位置を確認する作業。

‘必ずしも道玄坂といはず、又た白金といはず、つまり東京市街の一端、或は甲州街道となり、或は青梅道(あをめみち)となり、或は世田ケ谷街道となりて、郊外の林地田圃に突入する処の、市街ともつかず宿駅ともつかず、一種の生活と一種の自然とを配合して一種の光景を呈し居る場処を描写することが、頗る自分の詩興を喚び起すも妙ではないか。なぜ斯様(かやう)な場処が我等の感を惹くだらうか。自分は一言にして答へることが出来る。即ち斯様な町外れの光景は何となく人をして社会といふものゝ縮図でも見るやうな思をなさしむからであろう。言葉を換えて言へば、田舎の人にも都会の人にも感興を起こさしむるやうな物語、小さな物語、而も哀れの深い物語、或は抱腹するやうな物語が二つ三つ其処らの軒先に隠れて居さうに思はれるからであらう。’
国木田独歩 『武蔵野』 第9章から抜粋

独歩のポエジーに対して、柳田國男からみた武蔵野は、クールだ。

‘国木田が愛して居た村境の楢の木林なども、実は近世の人作もあって武蔵野の残影ではなかつたのである。’

柳田國男の直筆調査カードの展示をみると、葉書サイズにカットしたメモに気付いたことを綴り、
テーマごとに厚紙ではさみ、麻の紐でくるんでまとめていた。
なるほど、フィールドワークの際には嵩張る面倒のないように、鉛筆と紙片を数枚、ポケットに持ち歩いていたのだろう。

ところで、柳田國男のロマンティストぶりをかいまみた。
田山花袋と同人であった歌塾で、民俗学者らしい(らしからぬ?)抒情詩をうたっている。

‘利根川の夜舟の中に逢見つる 香取少女はいかにしつらん’
柳田國男 「戀のうたの中に」

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

February 09, 2013

January 15, 2013

HIS MASTER'S VOICE

hmv130115mj01.jpg

hmv130115mj02.jpg

hmv130115mj03.jpg

hmv130115mj04.jpg

hmv130115mj05.jpg

hmv130115mj06.jpg

hmv130115mj07.jpg

hmv130115mj08.jpg
HMV, Oxford Street, London

from HMV Get Closer via Retronaut via Retronaut (‏@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:57 PM | コメント (0)

January 11, 2013

snowflakes

snowflakes130111mj01.jpg

snowflakes130111mj02.jpg

snowflakes130111mj03.jpg
《Photographs of snowflakes on black velvet : 1890s-1920s》 from Retronaut via Retronaut‏ (@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:31 PM | コメント (0)

January 10, 2013

Pimlico Playground

pImlicoplayground130110mj01.jpg

pImlicoplayground130110mj02.jpg
《Pimlico Playground : 1970s》 from Retronaut

“..... Needless to say, this particular feature (death trap?) is no longer there. (Yes, I popped round to check).”
- Jason Hazeley

pimlico130111mj.png
*pimlico は2011年6月に、倫敦の暗渠Tyburn Streamのフィールドワークで訪れたことがある。
テムズ川とGrosvenor Canalに囲まれている、テムズに架かるVauxhall橋ちかく。
東京でいえば、浮間舟渡のような中州の町か。
「ピムリコ」も「ヴォクソール」も不思議な響き。

投稿者 orangepeel : 05:57 PM | コメント (0)

December 31, 2012

spirograph

spirograph121231mj.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

December 29, 2012

Frankenstein and the Mermaid

frankensteinand themermaid121229mj.png
from Retronaut via Retronaut‏ (@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

August 21, 2012

Cornwall, England c.1895

cornwall120821mj01.jpg

cornwall120821mj02.jpg

cornwall120821mj03.jpg

cornwall120821mj04.jpg

cornwall120821mj05.jpg
Colourised Cornwall, England c.1895

from Retronaut via The Retronaut (@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:04 AM | コメント (0)

July 19, 2012

Vintage Air Hostesses

airhostesses120719mj001.jpg

airhostesses120719mj02.jpg

airhostesses120719mj03.jpg

airhostesses120719mj04.jpg

airhostesses120719mj05.jpg
from Retronaut

投稿者 orangepeel : 07:36 PM | コメント (0)

June 09, 2012

“Fashion News”, 1928


“Fashion News”, 1928

from Retronaut via The Retronaut‏ (@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:47 PM | コメント (0)

May 24, 2012

Landscape and Marine Views of Norway

norway120524mj01.png

norway120524mj02.jpg

norway120524mj03.jpg

norway120524mj04.jpg

norway120524mj05.jpg

norway120524mj06.jpg

norway120524mj07.jpg

norway120524mj08.jpg

norway120524mj09.jpg

norway120524mj10.jpg
from The Public Domain Review

- Selection of images from “Landscape and marine views of Norway” (ca.1890-1900), a set in the Library of Congress’ Photochrom Prints Collection -

投稿者 orangepeel : 09:04 PM | コメント (0)

May 16, 2012

Brighton and Rottingdean Seashore Electric Railway,1897


Brighton and Rottingdean Seashore Electric Railway,1897

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (0)

April 30, 2012

Churches of Iceland

iclandchurches120430mj01.jpg

iclandchurches120430mj02.jpg

iclandchurches120430mj03.jpg

iclandchurches120430mj04.jpg

iclandchurches120430mj05.jpg

iclandchurches120430mj06.jpg

iclandchurches120430mj07.jpg

iclandchurches120430mj08.jpg

iclandchurches120430mj09.jpg

iclandchurches120430mj10.jpg
from

投稿者 orangepeel : 05:24 PM | コメント (0)

January 22, 2012

Roller Coasters

coney1201mj01.jpg

coney1201mj03.jpg

coney1201mj04.jpg

coney1201mj05.jpg
1885: LaMarcus Thompson patented the first Coney Island roller coaster called the Gravity Switchback Railway

from BRITANICA via examiner via fromyourdesks (Kate Donnelly) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

December 31, 2011

walk out to winter

winter111231mj.jpg
© orangepeel

from my photo gallery on TREKEARTH

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

November 20, 2011

space toys

spacetoys111120mj01.gif

spacetoys111120mj02.jpg

spacetoys111120mj03.jpg

spacetoys111120mj04.jpg

spacetoys111120mj05.jpg

spacetoys111120mj06.jpg

spacetoys111120mj07.gif
old german space toys

from puppenhausmuseum via presentcorrect (Present and Correct) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:13 PM | コメント (0)

SPIROGRAPH


SPIROGRAPH tv commercial 1967


SUPER SPIROGRAPH 1970 tv commercial

投稿者 orangepeel : 04:02 PM | コメント (0)

November 07, 2011

1930 San Francisco scenes


1930 San Francisco scenes

投稿者 orangepeel : 09:07 PM | コメント (0)

October 04, 2011

The Last Picture Show

ldj111004mj01.JPG

ldj111004mj02.JPG

ldj111004mj03.JPG

ldj111004mj04.JPG

ldj111004mj05.JPG

ldj111004mj06.JPG

ldj111004mj07.JPG

ldj111004mj08.JPG

ldj111004mj09.JPG

ldj111004mj10.JPG

ldj111004mj11.JPG

ldj111004mj12.JPG

ldj111004mj13.JPG

ldj111004mj14.JPG

ldj111004mj15.JPG

ldj111004mj16.JPG

ldj111004mj17.JPG

ldj111004mj18.JPG

ldj111004mj19.JPG

ldj111004mj20.JPG

ldj111004mj21.JPG

ldj111004mj23.JPG

ldj111004mj24.JPG

ldj111004mj25.JPG

ldj111004mj22.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

September 24, 2011

JAPANESE ACROBATS from 1907


JAPANESE ACROBATS from 1907

from kaerusan (細馬宏通 Hiro Hosoma) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:32 PM | コメント (2)

September 17, 2011

Walking Down Carnaby Street, 1968


Walking Down Carnaby Street 1968

‘Thank you to The Fabulous Sixties ’

from howtobearetronaut.com via theretronaut (The Retronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:24 AM | コメント (0)

August 11, 2011

LONDON

london110811mj01.jpg

london110811mj02.jpg

london110811mj03.jpg

london110811mj04.jpg

london110811mj05.jpg

london110811mj06.jpg

london110811mj07.jpg

london110811mj08.jpg
© photo by hiromi suzuki a.k.a. orangepeel

Camden〜Chalk Farm , London, 1994

from my photo gallery on TREKEARTH

投稿者 orangepeel : 10:37 PM | コメント (0)

March 31, 2011

唐津

karatsu110326mj01.JPG

karatsu110326mj02.JPG

karatsu110326mj03.JPG

karatsu110326mj04.JPG

karatsu110326mj05.JPG

karatsu110326mj06.JPG

karatsu110326mj07.JPG

karatsu110326mj08.JPG

karatsu110326mj09.JPG

karatsu110326mj10.JPG

karatsu110326mj11.JPG

karatsu110326mj12.JPG

karatsu110326mj13.JPG

karatsu110326mj14.JPG

karatsu110326mj15.JPG

karatsu110326mj16.JPG

karatsu110326mj17.JPG

karatsu110326mj18.JPG

karatsu110326mj19.JPG
© orangepeel, @ karatsu

下から3番目の写真は、明治からつかわれていた屋内電信線。唐津旧市街地の鰻屋にて。なにも考えずに撮影。
あとで、真向かいの煙草屋(兼・宝くじ屋)のご主人の自宅居間に呼ばれて説明をいただきました。

最後の写真は、辰野金吾 監修・田中実 設計 旧唐津銀行の地下一階にて。
もとは銀行の書庫だったところで、ガラス床の結露(模様ではない)越しにすけてみえるイギリス積み煉瓦の基礎設計。

この日(3月26日)は、旧唐津銀行のリニューアルオープン。
辰野金吾のお孫さんなどのトークショーやライヴなど、大々的な式典が。

投稿者 orangepeel : 10:34 PM | コメント (0)

Visions of the Future


Kitchens of the Future


Clothing Of The Future - Clothing in The Year 2000


1967 Future Prediction - PC

from Mashable via designrelated (design:related) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:16 AM | コメント (0)

March 24, 2011

ephemera / 思い出横丁

ldj110324mj.jpg

kabuto110324mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

「あれ?きょう、木曜日だよ。まだ4時」と隣席から哂われながら、思い出横丁で思い出にひたる。
といっても、敬遠して何度も通りすぎていて、先日近所の知人からすすめられて初めて落ちついてみた場所てある。

オヤジさん(2名います)が「後藤新平がでてきたらいいね。関東大震災のあと東京を復興させたの。
岩手出身ってのが皮肉だね。若いひとは知らないね」と言い、
「知らないです。いえ、若くはないんですけど」と応えながら、
(オヤジさんたちも関東大震災を経験してるわけないんだよなあ)とおもい
「思い出横丁って戦前からあるんですか」ととぼけた質問をしてみて頂いたのが、上のマッチとショップカードです。

合いの手のような、ツッコミのような、お客さんの会話に良い頃合いに言葉をはさんで、
「今朝抜いたばっかりだから歯が痛くてしょうがない」って、
こころの擦り傷にオロナイン軟膏。昭和。

投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (0)

March 09, 2011

Flashback - The Dakota before Lennon

dakota110309mj01.jpg
The Dakota, 1890s via OneShow (The One Show) on twitter

dakota110309mj02.jpg
The Dakota 1880s

投稿者 orangepeel : 06:29 AM | コメント (0)

How Books Were Made in 1947


Making books is fun! (to watch)

via theBDR (Book Design Review) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:04 AM | コメント (0)

February 17, 2011

all time greatest toys

radioflyer110217mj.jpg
1920s Radio Flyer Wagon

beachball110217mj.jpg
1930s Beach Ball

viewmaster110217mj.jpg
1930s View-Master

bubblesolution110217mj.jpg
1940s Bubble Solution

hulahoop110217mj.jpg
1950s Hula Hoop

from TIME via designrelated on twitter

more All-TIME 100 Greatest Toys

投稿者 orangepeel : 07:46 AM | コメント (0)

January 19, 2011

London, 1920s


Seeing London #1 1920s

投稿者 orangepeel : 10:51 AM | コメント (0)

January 17, 2011

Bataille de Boules de Neige


Bataille de Boules de Neige (Louis Lumière, 1896)

投稿者 orangepeel : 11:28 AM | コメント (2)

January 08, 2011

ephemera / Tokyo Tower

tokyotower101108mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

東京タワー@本郷台地

投稿者 orangepeel : 08:20 AM | コメント (0)

January 07, 2011

金魚や鯉が脱走

suido110107mj01.jpg

suido110107mj02.jpg
© orangepeel

写真は、表参道ちかく山手線高架下のトンネル?
なぜか厳重に鍵がかかっていますが、冬の日差しをあびた民家の物干し竿や鉢植えが暢気にならんでいます。
たまたま玄関から出てこられたおばあさんに「ここは川かなにかが流れてたんですか(そんなわけないけれど)?」とうかがったら、
「渋谷の水道が通っているんですよ。代々木の本管」ということでした。

*****

本日の‘タクシーの中で’。
現在、暗渠となっている和泉川(神田川笹塚支流)現役時代の話をきく。
運転手さんが渋谷区幡ヶ谷3丁目の地元の方で、昭和38、9年前後こどものころのこと。
以下、後部座席でノートに書き付けたメモ。

●「中幡小学校で幾筋かにわかれてる川を『大ドブ』、『小ドブ』とよんでたんですよ」

●「台風なんかがくると、よく床下浸水しました。さすがに床上はありませんでしたけれどもねえ」

●「(お天気のときの水位は)20cmくらいでした。雨がふると、ゴムボールなんかが流れてきて、こどもたちは大喜びです。上流の堀ノ内に釣堀があるんですが、金魚や鯉が脱走してきて泳いでました」

●「夏になると縁側で川をながめながら涼んでましたよ」風流!

●「中野通りのところは、低くなってますでしょう?滝つぼのようになって、ざあざあ流れて」

●「最近このあたりはマンションだらけになってしまいましたけれど、昔は原っぱで遊ぶ場所に事欠かなかったですね。インテックのところも広場で、アントニオ猪木と豊登の興行がくるはずだったんですが、豊登がなんだかんだ言って、結局やらなかった」

●「幡ヶ谷3丁目は、ほとんどが地主の松井さん(『松井足袋』の松井さん)と戸田建設の社長の敷地でした。」

●「ロバ製菓は『ぽんぽこたぬき』のTVCMもやってて『ひよこ』とならんで東京みやげでもうかってたんですけれどねえ。まわりの製菓会社の商品も代理販売してました。『おのろけ豆』、ごぞんじですか」

*****

かつての、のどかな風景が目にうかぶよう。
車窓をうっとりながめてたら、あっという間に目的地についてしまいました。
運転手さんがご自宅の住所を教えてくださったので、いつかあらためてうかがってみたいです。

いつかの路上でひろった古い住宅地図の破片

robamap110107mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel




ロバ製菓 ぽんぽこCM

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (7)

December 23, 2010

L'ecume des jours #73 / 追記 ‘ 昭和’

showa101222mj01.jpg

showa101222mj02.jpg

showa101222mj03.jpg
© orangepeel

'10.12.22の “ L'ecume des jours #73 ” は、東中野銀座通商店街です。はじめておとずれました。
昭和のかおりにトランスポート。とおもったら、東中野3丁目の旧町名が「中野区‘昭和’通1丁目」でした。
昭和7年創業佃煮店の住所表示にみつけた。となりは、都々逸・三味線教室。

hinodegoto.jpg

上3枚目の写真は、おなじく佃煮店軒先に年季の入った日除けメーカーのトレード・マーク。
こちらも1945年創業(昭和20年)ですが、海外にも進出しています。おしゃれ。

shelter01.jpg

shelter02.jpg

shelter03.jpg
from

投稿者 orangepeel : 06:16 PM | コメント (0)

December 09, 2010

travellin' bag

bag101209mj02.jpg

bag101209mj03.jpg

bag101209mj06.jpg

bag101209mj07.jpg

bag101209mj09.jpg

bag101209mj11.jpg

bag101209mj12.jpg

bag101209mj13.jpg

bag101209mj14.jpg

bag101209mj15.jpg
© orangepeel @ general pond

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

December 04, 2010

Blackpool Pleasure Beach

blackpool101204mj01.jpg

blackpool101204mj02.jpg

blackpool101204mj03.jpg
© photo by orangepeel @ Blackpool , 1996


Blackpool Pleasure Beach, Lancashire (1926)

投稿者 orangepeel : 07:40 AM | コメント (0)

November 24, 2010

ビックリハウス

昨夜いきなり思い出して、妹にスキャニングをたのんで送ってもらった『ビックリハウス』。
主に、ワタシがアイデアを出し、妹に描かせていたらしい(プロデューサー:笑)。

-落書漫画-
bikkurihouse01b.jpg
入選作は「パンダさんの楽しいゲーム」。自分の笑いの感覚がこのころから進化していないことがわかる。
ちなみに、三木のり平の息子さんで現在二代目『桃屋』ナレーターの小林のり一氏がここの人気投稿者だった。

-筆おろし塾-
bikkurihouse02.jpg
ひさしぶりに見て爆笑した。

‘ミッキー・ラット’という名前で出ています。

bikkurihouse03.jpg
14歳にしては達筆。

‘ブロガー’ならぬ‘ハウザー’であったことを、いま、ここにカミングアウトいたします。

Thanks ! 妹

投稿者 orangepeel : 09:07 AM | コメント (4)

November 22, 2010

phenakistoscope

dance101122mj.jpg

dance101122gifmj.gif
from phenakistoscope

Waltz101122mj.jpg
waltz’ ← click to play

投稿者 orangepeel : 10:18 AM | コメント (0)

November 07, 2010

barber

barber101107mj01.jpg

barber101107mj02.jpg

barber101107mj03.jpg

barber101107mj04.jpg
© photo by orangepeel @ London , 1995

投稿者 orangepeel : 09:34 AM | コメント (0)

September 27, 2010

Birthplace of The Beatles

100927liverpoolmj02.jpg

100927liverpoolmj03.jpg

100927liverpoolmj01.jpg
© photo by orangepeel

Mathew street 〜 River Mersey 〜 Liverpool Lime Street station @Liverpool, 1995

投稿者 orangepeel : 05:22 PM | コメント (0)

May 12, 2010

water tower

P1000811.JPG
© orangepeel

八幡山アパート@世田谷区八幡山

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (2)

May 06, 2010

L'ecume des jours #40

P1000751.JPG

P1000753.JPG

P1000768.JPG

P1000781.JPG

P1000787.JPG

P1000790.JPG

P1000791.JPG

P1000798.JPG

P1000792.JPG
© orangepeel

たまたまmicrojourney廃墟になってしまったばかりの「烏山第一団地住宅」@世田谷区南烏山。
なぜか地元の年配の奥様に声かけられるので、取材者のふりしてインタビュウ(じつは不法侵入?)。

戦後まもなく開発されたモダンで空がひろいテラスハウスです。
もともとは鉄筋なしでブロックをつみあげただけのワイルドな構造だったそう?

季節の移り変わりのなかで、ほんのすこしひとびとの生活の息吹をのこしていました。
ちょこっと街を越境しただけで異国にまよいこんだような気分で
(もともと京王線沿線住民の実感がないデラシネだからかな)、
瓦礫やガラスのかけらにさびしくなりました。
時は確実に過ぎていくのです。

投稿者 orangepeel : 10:43 PM | コメント (0)

May 02, 2010

十二社

P1000737.JPG

P1000740.JPG
© orangepeel

十二社の明和荘@新宿区西新宿

投稿者 orangepeel : 09:58 PM | コメント (0)

January 21, 2010

あらかわ遊園

arakawayu01.jpg

arakawayu02.jpg

arakawayu03jpg
© photo by hiromi suzuki

隅田川の水上バスから見上げた観覧車。
古絵葉書のつもりで。

投稿者 orangepeel : 07:52 PM | コメント (0)

November 19, 2009

mannequin

manequinmj.jpg
photo by hiromi suzuki @ akebonobashi, shinjuku-ku, tokyo

投稿者 orangepeel : 06:13 PM | コメント (0)

September 19, 2009

赤羽台団地

P1000347.JPG

P1000349.JPG

P1000350.JPG

P1000356.JPG

P1000357.JPG

P1000358.JPG

P1000359.JPG

P1000363.JPG

P1000365.JPG

新河岸川の流れによる侵食でできた赤羽台地。
北区赤羽台団地は、‘団地’という人里なのに、
どこか人里はなれた‘山’の風情です。

高度経済成長期、23区内ではじめて建設されたマンモス団地。
老朽化がすすんで建て替えが進行している模様。
あまり、ひとけがないのです。

さわやかな秋風が吹く山頂の商店街にかろうじて茶店があり、コカコーラでひとやすみいたしました。


別館‘珈琲屋preservation sosiety’更新しております。

投稿者 orangepeel : 09:09 PM | コメント (0)

September 18, 2009

Marvelous Melmo


Marvelous Melmo

投稿者 orangepeel : 10:41 PM | コメント (0)

August 18, 2009

love letter alley

koibumimj090818.jpg
from

恋文横丁 / love letter alley @ shibuya , tokyo,1953

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

August 13, 2009

Blackpool, 1960

投稿者 orangepeel : 06:13 PM | コメント (0)

blackpool beach

blackpoolbeachmj090813.jpg
from

投稿者 orangepeel : 06:09 PM | コメント (0)

August 12, 2009

Blackpool trams 1960's


Troy's Trams-Blackpool trams 1960's Part 1



Troy's Trams-Blackpool trams 1960's.Part 2

投稿者 orangepeel : 10:41 PM | コメント (0)

August 05, 2009

water tower

watertower02mj.jpg

watertower03mj.jpg

watertower01mj.jpg
from Hyllie Water Tower on the Behance Network via 冬眠

投稿者 orangepeel : 06:25 PM | コメント (0)

April 21, 2009

diorama

wh02mj090420.jpg
from

投稿者 orangepeel : 12:09 AM | コメント (0)

March 21, 2009

shibuya time travel

P1100793.JPG

P1100798.JPG

P1100799.JPG

P1100800.JPG

P1100801.JPG

P1100803.JPG

P1100805.JPG

家の裏からハチ公バス『春の小川ルート』、『夕焼け小焼けルート』を乗り継いで、
ひさしぶりに白根記念渋谷区郷土博物館・文学館へ。
以前、訪れたときとちがって、立派な建物になっていてびっくり。

常設展に昭和の渋谷民家を再現したインテリアがあって、
撮影可でしたので、もっともらしく撮ってみましたよ☆

投稿者 orangepeel : 10:52 PM | コメント (0)

March 10, 2009

三業地

P1100754.JPG

P1100756.JPG

先日の西新宿十二社の旅の記録をすこし補足してもよろしいでしょうか。

上の写真は茶屋の風情ですがふつうの民家になってました。
でも以前、脇の電信柱に『三業地』の表示をみつけましたよ。

そして、ホテルニュー寿の石段をくだった先に十二社池があったそうです。

場所はうつりますが三軒茶屋は大山参拝道中の三業地だったりしますね。

東京の花街の名残りはレトロでお散歩にいいけれど、どこかモノ哀しい。。。

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

March 07, 2009

十二社温泉

P1100750.JPG

西新宿の十二社温泉が今月いっぱいで閉泉してしまうといううわさを聞いて、
ひさしぶりの休日の旅、といっても家からバスで10分だけれどちょこっとタイムスリップ。

以前にも、この花街のなごりには、のんびりと散歩したことがございました。
zine版microjournalでリポートしてました。

今の中央公園の辺り、西新宿二丁目・四丁目熊野神社の一帯は、江戸時代の景勝地で、郊外の夏のリゾートとして賑わっていたそうだ。境内の木陰が町の喧騒を打ち消し、人々は滝にあたったり、ボート遊びをしたりで、まさに、別天地だった。明治に入り、淀橋浄水場建設によって、滝や池はなくなった。しかし、手元の昭和十六年と昭和三十三年の地図には、西新宿四丁目十五、三十、三十一、三十二番地にわたって、小さいが『十二社池』がしっかり残っている。もちろん今はマンションやビルになっている。

マンションの地下にひそむ涌泉は埋め立てられてしまうのでしょうか。
上の写真は十二社にちかく、数年前まで都営角筈アパートのあったところにて。
都心の一等地なのに何年も無駄に雑草ぼうぼうの広大な空き地になっていて、
どなたかが設置された快適なビニールハウスにニャンコが憩っているのです。

ふたたび訪れるかもしれない東京オリンピックかなにかの施設建設を予定してるのかしら。。。

街はかわっていくけれど、ちいさな旅の記憶はわすれない。

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (2)

November 11, 2008

hat & cap

P1100542.JPG

P1100543.JPG

P1100544.JPG

P1100545.JPG

冬です。
中野・狸小路の帽子屋さん。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:35 PM | コメント (0)

October 18, 2008

family album

familyalbummj081020.jpg
文京区駕籠町。1960年代。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:56 PM | コメント (0)

October 08, 2008

danchi

danchi01mj081008.jpg

danchi02mj081008.jpg
© photo by hiromi suzuki . london

ロンドン郊外の高層アパートメント。
ひとびとの生活の裏側を覗き見。

秋の夕暮れでした。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

September 26, 2008

lady stardust

hatmj080926.jpg
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:42 PM | コメント (0)

September 24, 2008

just married

justmarriedmj080924.jpg
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

paper moon

papermoon01mj080924.jpg

papermoon02mj080924.jpg

papermoon03mj080924.jpg
Arcade & Souvenir Photos  via 冬眠

観光地の写真館で撮影されたおみやげ。

papermooncinemamj080924.jpg

ピーター・ボグダノビッチ監督映画『ペーパー・ムーン』。
テイタムとライアンのオニール父子共演のロード・ムービーでした。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

September 02, 2008

Ambushed by Angels

angelsmj080902.jpg
Ambushed by Angels: 1924 from

flyboymj080902.jpg
Flyboy: 1948 from

sentamj080902.jpg
Senta's Sextant: 1942 from

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:35 PM | コメント (0)

August 16, 2008

palace pier

palacepiermj080816.jpg
© photo by hiromi suzuki,1996

Brighton Pier, formerly known as Palace Pier

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

August 13, 2008

china town

chinatownmj080806.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

Back street.
China Town,Yokohama.

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:09 PM | コメント (0)

July 11, 2008

The Milky Way

tanabatamj080711.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

Shopping center,
Ouji,Kita-ku,Tokyo.
An evening before “Tanabata" festival.

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

July 05, 2008

bistro retrospective

P1100276.JPG

なんだか週末ごとにたべもの写真をupしてますね、ハハ。

古書 猫額洞にうかがって、紙版ZINE、microjournal 数部をむりやりおしつけてしまいました。
ちいさなオマケ付ですので、ブックハントの際にぜひ手にとっていただけたら。
また、ワタクシの手元にもほんのすこしございますので、メールでのお問い合わせも光栄です。

貴重な紙と塩化ヴィニールものエフェメラをいただいてしまいました。
中野川島通り商店街の裏路地にある昭和レトロな定食屋での会食もたのしかった☆

Stue&CoCoさま、どうもありがとうございました!

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

July 01, 2008

under the boardwalk

crowneatsboymj080701.jpg
Clown Eats Boy: 1953
Santa Cruz Beach Boardwalk September 1953. Here I am at the entrance to the Fun House, alas now long gone. We might have gone down there for my 7th birthday; the prints from this negative (2-1/4 square Kodacolor) were made the following month. Wish I still had a shirt like that.

distantshoremj080701.jpg
A Distant Shore: 1925
"Arlington Beach Park, 1925." At left is the Yocum canoe house. National Photo Company Collection glass negative, Library of Congress.

from Shorpy the 100-years-old photo blog via 冬眠

ファミリー・アルバムのスナップから歴史的価値のあるフィルムまで。
ノスタルジックかつドキュメンタルな古写真の投稿ブログです。

いいものみつけました☆

ちなみにビックリハウスの前で日差しに目をほそめる少年がいた Santa Cruz Beach Boardwalk
現在の光景もロマンティック。

santamj080701.jpg
from wiki

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:09 PM | コメント (0)

June 09, 2008

marché

P1100209.JPG

P1100203.JPG

P1100201.JPG

P1100194.JPG

P1100192.JPG

P1100190.JPG
© photo by hiromi suzuki

梅雨の晴れ間のにちようび。
夕飯のお買い物ついでに近所をあてどなく漂流してみました。
いちばん下の写真は中野区南台商店街の駒場豆腐店。
タイルがかわいかったので撮ってみました。

お豆腐屋さんが多いのは、かつてゆたかな井戸水(地下水)があった証拠ですね。

昨夜たまたまTVで放映されていた浅田次郎原作の映画『地下鉄に乗って』を観ました。
地下鉄をでると、そこは東京オリンピックに沸く'64年の新中野駅。
「なべよこ(鍋屋横丁)」などのキーワードがでてきて萌えました(笑)。
いまだに残存する中野の南あたりの昭和的風景に
作家は“ タイムスリップ” というテーマを想ったのでしょうか。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:44 PM | コメント (0)

May 26, 2008

hero

P1100121.JPG

P1100124.JPG

P1100136.JPG

P1100148.JPG
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

May 17, 2008

金魚坂

P1100095.JPG

P1100096.JPG
© photo by hiromi suzuki

本郷、金魚坂にて。
 
本郷台地の頂上には、さわやかな初夏の風がとおりすぎていきました。
あしもとのマンホールの底から、まるで山里のふもとのような清冽な水音がきこえてきて。
かつて台地の崖線からきれいな水が湧いたので、金魚屋さんがたくさんあったそうです。

本郷にはワタクシの実家鈴木家本家のお寺がちかくにあるのです。
たびたび法事に通いましたが、ちいさいころのことなので場所をまったくおぼえていませんでした。

古書店、大學堂でちいさな東京地図をもとめました。

◇ 『珈琲屋 preservation society』 更新しております☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

May 13, 2008

江の島my写真集

01enoshimamj.jpg

02enoshimamj.jpg
© photo by hiromi suzuki

江の島は東京近郊の行楽地としてこどものころから何度かおとずれたことがあります。
江の島神社へのにぎやかな参道をさけて、島の裏がわの漁港を散策してみると、
観光客向けの土産物屋もまばらになり、ひとびとの島の生活をかいまみることができます。

03enoshimamj.jpg

04enoshimamj.jpg
© photo by hiromi suzuki

夢とうつつ。
俗と聖が混濁しているのが江の島の魅力ですね。

江の島マニアックなる情報満載のサイトをみつけました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:17 PM | コメント (0)

April 17, 2008

Coney Island,1957

bosooldmj.jpg
Coney Island,1957






ウソです(笑)。

写真を古絵葉書のようにみせてくれる「幕末古写真ジェネレーター」です。
via じゃあいいよもうブログで

ちなみに元写真は、2年前の春の房総です。

bosomotophotomj.jpg
© photo by hiromi suzuki 2006

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:57 PM | コメント (2)

April 15, 2008

moulin rouge

P1090905.JPG

P1090908.JPG

パリには行ったことがないのですけれど、
浅草はパリみたい☆と勝手に妄想してみました。

1985年、浅草国際劇場の跡地にできた浅草ビューホテルには、
おいしいケーキの菓子部があります。

かつて松竹歌劇団の娘たちが集ったのでしょうか。
うえの写真はホテルの足元にひっそりと佇む喫茶シルクロード。
レビュウ姿の踊り子たちが壁画にラインを組んでいます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:55 PM | コメント (0)

April 12, 2008

kappa

P1090896.JPG
#01
P1090897.JPG
#02
P1090902.JPG
#03
P1090910.JPG
#04

用事があって秋葉原に行ったついでに浅草は合羽橋に足をのばしてみました。
でも、すっかりゆうぐれてしまって問屋街はシャッターをおろしはじめて。。。
こんどゆっくりと、お買物をあらためてみます♪

写真はうえから。
#01:ぶっそうですが、かっこいい包丁屋の看板。
#02:合羽橋の街路灯はカッパたちが夕闇に遊泳。
#03:“ 浅草の空の下トンカツのにおいは流れる ”
じつはTX浅草駅で電車をおりたとたん、鰻の濃厚なたれのいいにおいが漂っていてびっくり!
#04:浅草『尾張屋』の“かしわ南蛮” 。
鰻も気になったけれど、うちにごはん炊いてあるし筍と蕗の煮物もあるし帰って夕食と決意していたのに、
ふらふらと「かしわ南蛮、おいしそう〜」と蕎麦屋にはいってしまった。。。
ところが、ここは明治三年からある老舗で、晩年の永井荷風が通っていたお店とは知らなかった。








owariyakafu080412.jpg
永井荷風@尾張屋
いつもの“かしわ南蛮” を前にして。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

April 10, 2008

学習帳

beamsnotebookmj080410.jpg

セブンイレブンにておもわず購入。
『ジャポニカ学習帳』かとおもいきや。
BEAMSとのコラボレーション文具シリーズだそうです。
おしゃれね〜(笑)。

学習します☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

March 14, 2008

akihabara

akihabaradpmj080314.JPG

コスプレメイドがにぎやかにチラシをくばっている駅前とはうらはらに、
すっかり閑散とたたずんでいた『アキハバラデパート』。
1951年国鉄秋葉原駅高架下の駅ビルとして開店、
つくばエクスプレスの開業とともに、2006年閉店とのこと。

電気街らしい(?)エピソードをみつけました。

キヤノンの前身である精機光学研究所の創業者・吉田五郎(1900 - 1993)は、出資者だった御手洗一族に同社を追われた後、出自を隠し、雑用係として晩年まで働いていた。

wikipedia『アキハバラデパート』より。

街も人生もうつろいやすいのですね。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

March 13, 2008

London

waterloomj080313.bmp
London 1923 ” via chocochip.co.uk
  ↑
こちらのリンクを最大に拡大ください。

1923年のロンドンふる地図。
ちいさな路地や水路までくまなく載ってます。
あたらしい地図とくらべてみるのもたのしいですね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

ephemera /the River Thames

embankmentmj080313.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

The Thames Embankment の古絵葉書です。
年代は不明。

テムズ河の遊覧船と北岸の舗道。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:20 PM | コメント (0)

March 08, 2008

Akiba sunset

P1090787.JPG

P1090795.JPG

P1090805.JPG

用事があって秋葉原にいきました。
にぎわっている通りを避けてあるいたたそがれ。
ボタン屋さんなのどのふるい商店がのこっている中、
街はどんどん変わっているようです。

いちばん上の写真は解体がすんで更地になった工事現場なんですけれど、
なぜか針がうごいている時計がポツンとありました。
でも、時間はリアルタイムじゃあなかったのです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

March 05, 2008

tram

trambpmj080305.jpg
© photo by hiromi suzuki,1996

本日のTE

Blackpool.

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

February 27, 2008

ferris wheel

pariswheelmj080227.jpg
Paris

pariswheel2mj080227.jpg
Paris

blackpoolstormmj080227.jpg
Blackpool

blackpoolwheelmj080227.jpg
Blackpool

Postcards of the Past から観覧車の古絵葉書をあつめてみました。

ちなみに3枚目はブラックプールタワーです。
並べてみたら2枚目とおなじアングルなので、
パリが大洪水におそわれているみたい・・・?

英国最大の保養地ブラックプールはアイリッシュ海に面していて、
こんな嵐の光景も冗談じゃないかもしれません。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

February 25, 2008

merry-go-round

m-g-rlondonmj.jpg
“london ” from

m-g-rparismj.jpg
“paris” from

hanayashiki.jpg
“tokyo” © photo by hiromi suzuki, 2006

merry-go-round , london-paris-tokyo.


blogranking

投稿者 orangepeel : 09:00 PM | コメント (0)

January 25, 2008

warehouse

warehousemj080124.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

ロンドン郊外のサウスハムステッド。
なつかしいな、わすれてたなvery英国風景。

blogranking

投稿者 orangepeel : 12:51 AM | コメント (0)

January 11, 2008

ephemera /diary 1953

diary1953mj01.jpg

diary1953mj02.jpg

diary1953mj03.jpg

diary1953mj04.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

ブログが日記がわりになってしまい、卓上カレンダーがスケジュール帳で、
ダイアリーを購入することがなくなってしまった、ここ数年です。

画像のダイアリーは神田古書店にて購入のエフェメラ。
はじめの1ページだけ書きかけ、まさに三日坊主の日記帳なんですが、
うつくしく親しみのある写真が満載で、ガラス工芸デザインのデッサン風景は貴重です。

スウエーデンとの交易があった神戸商社の新年プレミアム手帳のようです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:44 PM | コメント (0)

January 10, 2008

faces

portraitsmj080110.jpg
© photo by hiromi suzuki,1996

本日のTE

写真スタジオのウインドウ、江ノ島にて。
ポートレイトを“ モノ” として撮影するふしぎ。

1970年代くらいからここにあったのでしょうね、
かがやく笑顔や物憂げに気取る横顔たちがどこかレトロです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

January 08, 2008

ephemera / 京王遊園

keio01mj.jpg

keio02mj.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

クリックしていただくと“京王遊園鳥瞰図”をおたのしみいただけます☆


古書市で手にいれた200円のパンフレットをたよりに、
京王多摩川駅に降り立ってみたことがありました。

シーズンオフの京王閣の管理人さんに「京王遊園はどこにありますか?」とたずねてみたのです。
「ゆうえんち?ああ、そんなのあったかねえ」って。

京王電鉄京王多摩川駅付近に1955年4月3日にオープン。
1959年にはプールも開設され多くの客で賑わった。
京王相模原線延伸のため閉鎖後は京王テニスクラブとなって現在に至っている。

wiki『京王遊園地』より。


まぼろしの遊園地。

●追記:京王グループ「あいぼりー」に活況を呈していた遊園地のようすがあります。


blogranking

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (2)

January 05, 2008

Bye-bye, Miss American Pie

P1090551.JPG

P1090558.JPG

おせんべいやチョコレイトなど、遠足のおやつをカバンにいれて
バスを乗り継ぎ練馬区石神井公園へ行ってまいりました。

石神井公園は10年前にすんでいたところ。
商店街をうろうろしながら「あれ?こんなお店あったっけ?」とか
「ああ!美味しいサバランのケーキ屋がなくなってしまった」とか
ふと寂寥感にとりつかれた。。。。

時のうつろいにつれて街の息吹きが変わってしまった。

あわただしい日々のなかで、ひとびとの記憶もうすれてしまい、
そうだ!とりのこされているのは、ワタシだけなんだ!と気づかされるのです。

上の写真は、おいしくて安い季節料理の居酒屋にて。
カウンターには、梅はもちろんのことカリンや桃やアメリカンチェリー(!)のお酒がならんでいます。


◆別館『珈琲屋 preservation society』でどうぞおくつろぎくださいませ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

December 04, 2007

gas station

gas071204.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

東京都荒川区町屋にて。

町屋はちいさい頃、共働きの両親からはなれて
父方の祖父母にあずけられていたところ。

2000年春に再訪。

◆むかしくさい白黒写真、あつまりました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

November 26, 2007

ephemera # 03

ephemera03071126.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

2000年春の歩行。
フィルムカメラでモノクロームを中野区南台にて。
民家の窓に“ephemera ”なシールが貼ってあった。

flowers071126.jpg
L'ecume des jours # 18,April 10, 2007

そして、今年の春も無意識にカラー(デジタルカメラで)撮ってました☆

B/W photo collections

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

November 06, 2007

家路

isumitetsudo071106.jpg
© “ Homeward Bound ” photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

千葉県は房総半島。
大原〜大多喜間をはしる “ いすみ鉄道 ” の車窓から。
ごらんのとおり、単線のなつかしい風景です。

ちかいうちに廃線の危機にあります。

タイトルはサイモン&ガーファンクル 『Homeward Bound』 から、かっこつけてみました。
房総に故郷があるわけでもなんでもなく、ただの異邦人としておとずれただけなんですけれども。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:25 PM | コメント (2)

October 29, 2007

Setting Free The Bears, 1968

P1090265.JPG
illustration * hiromi suzuki

セツ・モードセミナーの卒業制作タブロー。
ジョン・アーヴィング『熊を放つ』から
ベルリン動物園をイメージしました。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:05 PM | コメント (0)

October 26, 2007

art school days

P1090214.JPG
illustration * hiromi suzuki

きのうの夕食会でリクエストされたワタクシのセツ時代の絵を
押し入れにがさごそしたんですが、ちょびっとしかでてきませんでした。。
引越しの際にダンボール3箱のデッサン画といっしょに捨ててしまったかもしれない。
それよりも、このところ何ものかが憑依したように右肩が痛くてたまらない。。。

うえの写真はたぶんschool daysのタブローです、B全です、でかい!
おおきな画面でおおきく筆をふってみたいと、時折おもいつくのですが
こまった肩こりは、なまった右腕への啓示かもしれないですね。





*追記

nycover0710.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:17 PM | コメント (2)

October 20, 2007

moon

moon071020.jpg
© photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

以前にもご紹介させていただいている工場の軍艦島といったようすの
江戸川区は妙見島にある食品会社のタンクです。

妙見島は旧江戸川の中洲で、東京都江戸川区東葛西と千葉県浦安市のあいだに浮かんでいます。
かつては江戸川区側の岸に接していましたが、現在浦安のほうへ移動中?!
じっさい、浦安から架橋されている『浦安橋』からしか訪れることのできない東京の“島”なんです。

永井荷風は『断腸亭日乗』で
「道は北に転じ川岸に近き村を過ぎ、終点に達す。架橋の工事中なり。水流は江戸川なるべく、
対岸は浦安ならずば妙見島なるべしと思へど、携帯の地図正確ならざれば明には知り難し。
水辺の家は皆海苔取りを業となせりと見え竹の粗朶を高く岸に積重ねたり」
と昭和初期の江戸川の散歩風景をつづっていますね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

October 14, 2007

tokyo tram

tokyotram.jpg
© photo by hiromi suzuki,2001

本日のTE

世田谷線とともに東京に残る路面電車“都電荒川線”です。
北区王子の飛鳥山ちかくで専用軌道から普通道路(併用軌道)にでます。
どこかのんびりとした風をまとって、なつかしくもたくましい路面電車なのです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:32 PM | コメント (0)

September 29, 2007

saturn

Saturn.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

◇◇◇

rooftop.bmp
from family album

ところで、9月11日に当microjournalエントリの“family album”は、
池袋西武百貨店の屋上遊園地みたいです。

というのは、たまたまひらいてみた桑原甲子雄の分厚い写真集、
『東京1934〜1993』(新潮社1995刊)、P449にそっくりな観覧車があってびっくり。
プールもある、本格な遊園地だったようです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 12:22 AM | コメント (0)

September 17, 2007

Homeward Bound

P1090168.JPG

北沢川文化遺産保存の会でいつも巡礼する場所、
加藤楸邨旧居近くの欅がこつぜんときえていてびっくりした。
喫茶『邪宗門』のマスターがおっしゃるには世田谷区の保存樹木指定になっていたはずなのに。
ありし日の光景は、きむらけん氏のブログにあります。

ところで、北沢川支流の森巌寺川暗渠崖上にある北沢4丁目のお屋敷には、
保存指定のヒマラヤ杉が数本そびえていて、
風にさわさわとゆれる音は、どこか見知らぬ冬の景色を想像します。
針葉樹の葉と空気がふれる独特のさみしい、よわよわしい音です。
いつも、ここにくると、にぎやかな下北沢の商店街を見下ろして、
ああ、帰ろう(でもどこに?)という切ないきもちになるのです。

写真は、代田八幡神社のお祭り。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:09 PM | コメント (0)

September 15, 2007

tram

family album 02.bmp

ファミリーアルバムからの古写真は、
文京区本郷の白山通りでのスナップ。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:47 PM | コメント (0)

September 10, 2007

Grant Heights, 1957

grant.jpg

grant05.jpg

grant02.jpg

grant04.jpg

'50年代アメリカ郊外住宅地。ある夏のスナップショット。


とおもいきや。
ん?最後の写真は成増の稲刈り風景? 
“Grant Heights”とクレジットがありますね。


敗戦後接収され、米国陸軍の家族住宅として利用されていたグラント・ハイツは、1973年に返還。
1980年代から光が丘団地の分譲・入居がはじまりました。
東京は練馬区。
『光が丘』は都営大江戸線の発着駅。

古絵葉書や古写真をさがしていたらいいものみつけてしまった。

画像はすべて『Jim's Army Daze ~ 1955 - 1957』から。
ひとりの進駐アメリカ人が生活し活写した東京の光と影。貴重な写真がたくさんあります。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:53 PM | コメント (2)

August 27, 2007

世田谷線

先日、イベントの帰りに三軒茶屋〜下高井戸の世田谷線に乗りました。
車窓が民家の軒先をぎりぎりにすれちがっていく東京のローカル線なのです。
ちょうど、お夕飯どきで、開けはなった窓ごしに上半身はだかのお父さんと家族が
テレビに夢中の茶の間の光景が丸見え。

夏休みももうすぐ終わり。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:03 PM | コメント (0)

August 14, 2007

Sgt.Rabitt's Lonely Hearts Club Band

P1080850.JPG

P1080858.JPG

P1080859.JPG

P1080862.JPG

P1080865.JPG

P1080868.JPG

P1080872.JPG

P1080874.JPG

中野の丸井本店が今月26日をもって、70年の歴史の幕を閉じます。

屋上遊園地やボウリング場などの娯楽施設は、
中野という“街”を象徴する場所だったことでしょう。

また、東京から“昭和”がひとつ消失。

◇◇◇

4年前にもこちらのページで、丸井本店の屋上遊園地をリポートしてます。
ぜひ、ごらんくださいませ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

August 13, 2007

UFO

P1080842.JPG

P1080829.JPG
@ shimokitazawa,setagaya-ku,tokyo

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

May 21, 2007

Перестройка/Perestroika

sangubashi2.bmp
photo by hiromi suzuki : 都営参宮橋アパート,2000

このとき廃墟になっていたアパートメントは戦後間もない昭和26年の建築ときいた。
ふとおもいだしました、現在どうなっているのでしょう、こんど見にいってみます。
写真を通りすがりに撮影してから、もう7年も過ぎてしまったのかとせつなくなります。
ただ個人的なきぶんなんですが♪

ところでチェコスロバキア (1918〜1992)切手はオフセット印刷?が版画のようでかえってうつくしい。
ちょこっとあつめてる一枚です。

chscostamp.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

Перестройка/Perestroika

sangubashi2.bmp
photo by hiromi suzuki : 都営参宮橋アパート,2000

このとき廃墟になっていたアパートメントは戦後間もない昭和26年の建築ときいた。
ふとおもいだしました、現在どうなっているのでしょう、こんど見にいってみます。
写真を通りすがりに撮影してから、もう7年も過ぎてしまったのかとせつなくなります。
ただ個人的なきぶんなんですが♪

ところでチェコスロバキア (1918〜1992)切手はオフセット印刷?が版画のようでかえってうつくしい。
ちょこっとあつめてる一枚です。

chscostamp.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

May 18, 2007

kings cross

londontrash.bmp

londonflower.bmp

gq.bmp
photo by hiromi suzuki : London,1996

もうすぐ明け方にかけて、どしゃぶりの雨の予報。
週末は夏日だそうです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

May 16, 2007

monochrome set #05




photo by hiromi suzuki ; nishishinjuku,2000

“The Queen of 暗渠”と勝手に命名する。

渋谷区の西北というかはずれから、田舎くさい橋がいくつものこっています。
東へ流路をたどってるうちに、バックに都庁なんかがうつってたりするから、ここは、東京なんです。

地味な写真ですが、popup画面で拡大しておたのみいただければ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

May 12, 2007

valley #02

P1080276.JPG

P1080277.JPG

P1080278.JPG

渋谷駅にほどちかい渋谷区鶯谷町から渋谷区鉢山町にうしなわれた川をただよってみました。
三田用水を目黒区青葉台西郷山公園のあたりから分水し渋谷川に合流していた『鉢山口水路』です。

代官山にもちかいのですけれど、休日のひとごみをさけて狭い路地にもぐりこめば、そこはかつての水路。
谷は深く、崖うえにふるくからある住宅の庭には街なかとはおもえない鬱蒼とした樹木が風にゆれます。
風がふきぬける暗渠にはジャスミンがずっと香ってました。いま、2007年でしょうか。

渋谷の山と渓谷をめぐるちいさな旅でした。
(写真・2枚目は住宅から水路におとしていた排水口のなごりです。足元はコンクリでかためられてます)


uguisudani2.bmp
昭和20年(1945年)渋谷区土地利用図:渋谷区立白根記念郷土文化館編より。

本日あるいたのは緑色のサークルでマーキングしたとこ。小流がみとめられます。この地図はいぜん、渋谷の郷土史研究のような会にちょこっと参加させていただいた折にたんまりといただいた(タダ!)資料のひとつです。

◆◆◆
本図は戦災復興のため貸与された米国陸軍の空中撮影によって、戦災復興院が作成したものである(日本地形社発行)。建物は昭和20年8月〜9月の状態を現わしているので、戦争直後を正確に記録しているきわめて貴重な地図である。
◆◆◆

とのクレジットがあります。地図の赤い部分が空襲に焼け残った建造物でしょうか。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

April 23, 2007

monochrome set #04





photo by hiromi suzuki ; brighton ,1994

ブライトンはロンドンから南へ列車にゆられて1時間ほど、日帰り旅行のできる観光地です。
ブライトンロックという金太郎飴のようなおみやげで有名ですが、ほんもののブライトンの石はまんなかに穴があいてたりチョコレイトみたいにおいしそうに海岸にうちあげられています。きれいです。ひろってみる価値あり。

パレスピアpalace pier(1899に架設)にはメリーゴーランドやフライングカーペット、ギネスとフィッシュ&チップスをいただけるパブやレストラン、カラオケ(?)などがあるにぎやかな埠頭です。いっぽうウエストピアwest pier(1866に架設)は、ボードウォークも途絶えて朽ち果てる寸前のロマンティシズムを波間にはなってました。
ぜひ、popup画面で(画像をクリックしてください)いまは亡き郷愁風景をおたのしみくださいませ☆

ウエストピアwest pierは、いまから5年前の嵐であっけなく崩壊、翌年に焼失。

下の写真は今年3月に撮影された残がいだそうです。。。

wpremainsbr.jpg
Remains of the West Pier, Brighton.
Photographed on 3rd March 2007(wikipedia英語版“brighton”より)

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

April 22, 2007

monochrome set #03





photo by hiromi suzuki ; blackpool ,1995

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

monochrome set #02




photo by hiromi suzuki ; blackpool ,1995

英国ブラックプールはリヴァプールのちょこっと北にある海岸沿いの行楽地です。
トロリーバス(路面電車)が埠頭をいったりきたりして、なつかしい風景にタイムスリップしてくれます。

ちっちゃい画像をクリックするとpopup画面で拡大します。
どうぞ、おたのしみくださいませ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:05 PM | コメント (0)

April 18, 2007

monochrome set #01



photo by hiromi suzuki ; gotanda,shinagawa-ku,tokyo , 2000

ブログをはじめる前は、週末ごとにごっつい望遠レンズを装着したEOS1000(古!)でモノクロームの街を撮りあるいたりなんかしてました。プリントがけっこうたまっているので、もったいないから“monochrome set”と題してすこしづつまとめてUPしていきたいとおもっているのです。
いいですか?

うえのちっちゃい画像をクリックするとpopup画面で拡大します。
どうぞ、おたのしみください☆


ブログランキングにこっそり参加しています♪

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:04 PM | コメント (0)

April 13, 2007

駅前食堂#03

P1070816.JPG

P1070817.JPG

P1070819.JPG

P1070852.JPG

P1070863.JPG

P1070872.JPG

きのうのちいさな旅のメモ。

JR最寄駅下車し『吉見百穴前』行きのバスをまつあいだ、昼食をいただこうと駅前食堂に。
夕方には町のひとびとでにぎわう居酒屋になるらしく、「切干大根炒め煮」とか「ほっけ焼き」とかビールのおとものメニュが豊富です。しかし、昼は“焼きそば”と“フライ”だけなのです。

“フライ”とは?しかもただの“フライ”とはなんぞや?

じつは、以前にも“フライ”の本場、埼玉県行田市にわざわざ“フライ”だけを食べにいったことがあるので、迷わず「フライ・中」をコカコーラといっしょに注文しました。もったいぶってますが、なんのことはない「お好み焼き」のことなんですね。

お店によって味がちがうのかな。行田ではこどもたちがおやつがわりにするらしい駄菓子屋でいいおとなが小銭にぎってわくわくした記憶があります。キャベツがいっぱいはいって豚バラやイカも贅沢な、たしか小ぶりな150円だったな。紅ショウガの残り汁でつけた大根もおまけでおいしかった。

バスにゆられて百穴に到着し、興味深く見学しつつも茶屋を横目にそぞろあるき(笑)。
観光地のラーメンにはこころひかれるビンボー舌。さっそくいただきました“山菜ラーメン”です。

ところで、はじめて『百穴』にいったのはたしか小学校低学年のころ。母親の勤務する印刷会社の同僚の車になぜかワタシたち姉妹も同乗したのです。見しらぬ兄弟たちとアイスクリームをなめてるスナップ写真がのこっています。運転の男性は、車中ずーっとディズニー映画『101匹わんちゃんのテーマ』を春風高らかにとくいげにくりかえしくりかえし口で吹いていた。『百穴』の“100”から連想したらしい。

投稿者 orangepeel : 10:02 PM | コメント (0)

April 12, 2007

岩窟ホテル

P1070854.JPG

P1070855.JPG

P1070869.JPG

P1070880.JPG

P1070883.JPG

もうすぐ黄金週間ですね。

ひとあしはやく、ちょこっと遠出いたしました。
埼玉県東松山市郊外にある『吉見の百穴』です。
古絵葉書ふうにモノクロームで写真をとりました。

5点のうち下の2枚は、タイトルにある『岩窟ホテル』。
客室らしき窓にはロマンチックなバルコニーがのこっています☆


◆◆◆ ところで資料までに ◆◆◆

gankutsuhotel.jpg
1934年発行の『岩窟ホテル』絵葉書(観光地盛衰記より)

投稿者 orangepeel : 10:45 PM | コメント (0)

April 11, 2007

愛について

P1070808.JPG

P1070811.JPG

P1070814.JPG

P1070815.JPG

請求書をおこしたり、ラフを一件おくったりしてましたら、
雲ゆきがあやしくなってきた午後。

このところ“日々の泡”をめぐる、ちいさな旅が日課になっております。
西日探検隊隊長(隊員0名)です。

玉川上水をたどっていたら、いつのまにかとなり町の駅。
いつのまにか、どしゃぶりの雨です。
「ざんざんぶりの雨の音をあいする!」と公言しておりますが、
ゆうぐれの家路をいそぐ列車高架を見上げて、
くらい川の橋のしたで聴いているとこころぼそくなります。

雨やどりついでに駅のなかの新刊書店をのぞいてみたら、
大岡昇平『愛について』(講談社文芸文庫)が復刊!

写真はうえから。
◆玉川上水旧水路ぞい住宅の物干し場:渋谷区笹塚
◆旧水路大原橋のした水面に散る桜の花びら:世田谷区大原
◆代田橋駅ちかくテーラーのショウウインドウ:世田谷区大原
◆軒先に季節はずれのゆきだるま:京王線代田橋駅前の居酒屋

投稿者 orangepeel : 07:47 PM | コメント (0)

April 10, 2007

L'ecume des jours # 18

P1070766.JPG

P1070771.JPG

P1070775.JPG

P1070776.JPG

P1070782.JPG

P1070783.JPG

P1070787.JPG

投稿者 orangepeel : 07:03 PM | コメント (0)

April 09, 2007

L'ecume des jours # 17

P1070725.JPG

P1070726.JPG

P1070730.JPG

P1070732.JPG

P1070739.JPG

P1070743.JPG

P1070755.JPG

P1070756.JPG

投稿者 orangepeel : 07:45 PM | コメント (0)

April 06, 2007

文化住宅

P1070682.JPG

ここのところ窓のそとがさわがしいな、とおもったら、
いつのまにか古い民家やアパートがこわされてマンション建設のもよう。

写真は、渋谷区幡ヶ谷3丁目のむかしの町名「幡ヶ谷中町」の表札がついている御屋敷。
「便郵」と右書きのポストもそのままに廃墟になってます。
庭にしげる渋谷区指定保存樹木を定宿にしている鳥の声がめずらしくてかわいらしいのです。

玄関わきにサンルームというか客間のある文化住宅です。

投稿者 orangepeel : 10:53 PM | コメント (0)

March 29, 2007

from Liverpool

P1070590.JPG

P1070589.JPG

P1070588.JPG

ジョンもジョージもいる店頭ライブです☆
本日、春あらしがふいた某地方都市の市街地にて。

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

March 10, 2007

渋谷上原温泉

P1070435.JPG

P1070463.JPG

うえの写真は神田古書店でもとめた'50〜'60年代の
戦後高度経済成長期に活躍のおとうさんのマッチスクラップブックから。

渋谷に温泉なんかあったんですね☆
ここはかつての三田用水沿いでした(ふるい水路沿いにはなぜか銭湯が多いですね)。
江戸時代から、上原の温泉につかり粟島(下北沢森巖寺)できもちいいお灸をすえてもらうのが現在駒場東大あたりのひとびとの休日の憩いだったそうです。
モノクロームの写真は、そんな昭和風景をさがしもとめて2001年に撮影したもの。

このあと、とつぜん銭湯は姿を消し、マンション建設がはじまりました。

◆別館『珈琲屋 preservation society』はまたまたレトロな珈琲屋マッチデザイン、part2。

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

March 09, 2007

このポストカード、変と思わないか?

Strawberries.jpg
Specimen of California Strawberries
A great example of an old postcard showing exaggerated strawberries. This is a very popular type of humorous old postcards with agricultural, fruit, vegetable or berry theme.

apples.jpg
Expressing Washington Apples
Another example of "Exaggeration postcards" from the beginning of last century. This card was sent from Washington to Stockholm, Sweden, in 1911.

神田での古絵葉書蒐集をサボっているので、スウェーデンの古絵葉書ファンサイトから。
風景写真と遠近法無視したでっかい果実のコラージュがユーモラスな“農協”カード?をひろいあつめてみました。

***

ついでにスウェーデンの"dancebands"の絵葉書です。
このポストカード、変と思わないか?(1970年から)より。

gertjonnys1.jpg
Gert Jonnys

日本語サイトの生真面目な翻訳におもいっきりわらってみました。
最後の「Kurt Reines - 私達は文芸的なダンス・ミュージックを演奏します -」
にはひれふしたい。
アバって、そういえばこんなかんじで世界制覇しましたね、Dancing Queenで(笑)。
近い将来、コレクターのなかで流行るそうですよ!チェキラッ

***

ああ、ネットからあつめても欲求不満、手元にカードや写真の紙のてざわりがないのはこころぼそい。
スクラップの情報をもとに足でさがしてみようとおもいます。

このポストカード、変と思わないか?

って古絵葉書を☆


◆『珈琲屋 preservation society』も更新してます。レトロなデザインの珈琲屋マッチはいかがですか。

投稿者 orangepeel : 09:48 PM | コメント (0)

March 06, 2007

秘密の桃園

P1070393.JPG
photo by hiromi suzuki,spring 2001

保険会社に勤務する実直な父親が建てた杉並区天沼の家を舞台にした向田邦子著短篇小説『鮒』は、高度経済成長期の、父権がまだまだひそやかに君臨するごくごくふつうの家庭のはなしです。家族がにぎやかに団欒している中、耳のいい長女がお勝手口に訪問客の気配をかんじます。
父親の愛人がそっと鮒を返しにきて立ち去ったあとなのでした。

中野区と新宿区の国境で神田川に合流していた『桃園川』というかわいらしい名前の水路は現在暗渠ですが、合流点から西へさかのぼってみると整備された緑道がJR中央線と並行しているお散歩コースになってます。

流れは阿佐ヶ谷駅の高架下をくぐって天沼あたりになると、さて先の向田邦子の小説世界にはいります。かつての流路であったこまかい路地からそろそろとお勝手口をのぞきみつつ、コンクリの蓋をしただけの足元からドブ臭をかいでみます。井伏鱒二『荻窪風土記』には練馬の千川用水からも分水されていりみだれた天沼のドブ川に、たずねてきた友人がなんどもはまってしまった昭和初期のこっけいな描写がありました。

'01年春の旅の最終目的、桃園川の源流域は西武ゴルフの研修施設なる敷地になっていて高い塀とうっそうとした樹木にさえぎられてました。区分地図では池がみられましたけれども、そこに祀られているべき弁天さまが敷地のそとの電柱の陰にほっとかれていたのにはびっくり!バチあたり!

wiki『桃園川』によると、かつてここには「天沼池畔亭」という料亭があって、1955年まではゆたかな湧水がありました。1975年に西武鉄道に売却され、研修施設を名目としたじつは当時の会長の秘密の花園(笑)となり池は埋められてしまったそうです。

現在、西武鉄道再建のために杉並区は“天沼公園”として整備の予定とのこと。

弁天さまが気をわるくしないで湧水池のほとりに復活することをのぞみます。

◇◇◇

P1070410.JPG

おもいついてさっぱりとUPしてみたつもりのエントリ。
じつは2001年の旅のおわりには、分厚いアルバムをせっせと徹夜でつくってました。
インターネットつながってなかったし、だれにも見てもらうつもりなかった。

色とりどりのケント紙やラシャ紙で日々をていねいに綴るのもなんだかいいかも。

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

March 04, 2007

街灯2444

P1070368.JPG

P1070374.JPG

P1070369.JPG

P1070375.JPG

笹塚駅前の玉川上水旧水路には、ちょろちょろと湧き水の流れがありました。
春のおとずれをかんじました。

昭和町とよばれている住宅街のせまい路地に、時間からとりのこされたような街灯が。
まさに昭和から、いえもしかしたらもっとむかしからあったかもしれない木製の柱がけなげにささえてた。曲芸師?
足元には、アスファルトにうもれて朽ちた用済みの電信柱も。
4枚目写真はまだまだ現役みたいです♪

◆◆◆

さてさて、日がおちてからふたたびおとずれてみたのですが、
街灯2444には、月のようなきいろいあたたかなあかりがともっていたのです。
そして、そのうえにはほんものの満月が宵闇の空に顔をみせていました。

P1070380.JPG

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

February 28, 2007

wanted

wanted.jpg

誘拐犯は、若き日の父です(笑)。
なんでこんなにこころぼそげな顔してるんだろう、ワタシ。

っていうか、おとこのこみたいですね!
オザケンに似てる。。。

こちらでたのしい指名手配ポスターつくれます☆

投稿者 orangepeel : 07:56 PM | コメント (0)

February 04, 2007

portable puzzles

P1070202.JPG

P1070220.JPG

“ヒマつぶしの友”とよんでいるちいさなパズル。英国製。
裏面にはマザーグースのうたみたいなゆかいな解説つきです。
10年くらい前に吉祥寺の古雑貨屋でデザインがかわいいので購入しました。

これをきっかけに、ロンドンの土産物屋や箱根やソニプラなどでちょこちょこあつめたものです。
鞄のポケットにひそませて、列車にゆられながらの旅のお供にもたのしいですね。

P1070212.JPG

P1070227.JPG

P1070207.JPG
手前の丸いピルケースサイズのは、シンプルなあそび。チェーンをゆらして“おもしろ顔”をつくるだけのもの。

◆別館『珈琲屋 preservation society』更新しております♪

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (2)

February 02, 2007

電信柱

P1070162.JPG

電信柱には街の風景からとりのこされたかなしみがありますね。

と、“電柱”ではなくてあえて“電信柱”といってみたのは、以前図書館からかりて読んでみた井出孫六氏の秩父事件にまつわる著書のなかで、電気も電話もかよっていない明治初期ののどかな農村の畑や山や人家にとつぜん傍若無人に電信柱が架設されていくルポルタージュが印象にのこったからです。

現在の電柱は送電線や電話線の支持を目的としてますが、もともとは政府や軍隊が利用していた電気通信(電信)のためのものでした。つい「電信柱」とふるいひとのようにいってしまうことありませんか。「歯磨き粉」っていつまでいうんだろ。あ!ワタシだけかしら?

かつて秩父は生糸でさかえていた村でフランス市場とのむすびつきがつよく、はじめてつくられた小学校校舎はフランス人の設計、そしてその山間の地で本格的なフランス式教育がおこなわれていたといいます。人権問題や政治をリベラルにといた市民教育がすでにほどこされていた土地なら、政府も脅威にかんじて電信で盗聴などしてたりしていたのでしょうか。憶測です。。。

しかし、とんでもない税金を搾取されて困窮していた農民が蜂起した日本最大のクーデター秩父事件(1884年)が“秩父革命”という名前でのこっていないのはどのようなものでしょうか。
(と、かつての埼玉県民としてつぶやいてみました:笑)

うえの写真は、流血の歴史などつゆしらず数年前におとずれた湯治場にて撮影。かたむきかけた木製の電信柱がそこかしこにありました。そこは、秩父困民党の残党がのがれた村落だったのでした。

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

January 13, 2007

magic mushroom

P1060893.JPG

巨大キノコ発見!
多摩湖ちかくの『豊鹿島神社』にて。
狭山丘陵のゆたかな湧き水でそだったのかな。
ぜひ、おとずれてみてください!

かならずあるから。

『珈琲屋 preservation society』 ちょこっと調子にのって更新しました。

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

January 09, 2007

紙ヒコーキ

P1060826.JPG

ペーパークラフトでおもいだした紙ヒコーキ。
英国王室御用達のおもちゃの百貨店“Hamleys”にあったものです。
華奢でしゃれてる紙のおもちゃ、かんたんなつくりながら
先端に鉛の重石がついてておもいのほか力強く飛びます。
写真はなぜか、ティッシュの箱を滑走路にみたててます(笑)。

こどものころは、まだまだ東京も空がひろかったから、
よく、おじいちゃんと空き地で凧上げをしました。
お正月のすました風にのって、とんでもなく遠く上がっていくのでいい気分でした。

紙ヒコーキとか凧とか、
どこか自分自身をのせているつもりであそぶものなのかも。
ちいさくなっていくおじいちゃんや空き地をはるかかなたに見下ろして。

投稿者 orangepeel : 09:46 PM | コメント (0)

January 01, 2007

2007 : A Space Odyssey

P1060790.JPG

おそくなりましたが、新年のごあいさつ。
本年もどうぞよろしくおねがいもうしあげます。

元旦の街はしずかです。
しずかな地球は丸いものではなく四角い箱にかんじられます。
四角い箱がつめたく澄んだ気流にのってべつの惑星へとあたらしい旅をはじめるのです。

うえは神田の古絵葉書。ナポリの水上生活のひとびと?
船上にくりひろげられた色とりどりの洗濯物がにぎやかです。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

December 16, 2006

Joyeux Noël

P1060638.JPG

P1060639.JPG

P1060641.JPG

P1060646.JPG

P1060650.JPG

P1060665.JPG

もうすぐクリスマスの週末、またまた北沢川文化遺産保存の会の街あるきにおじゃまいたしました。
今回は、下北沢の教会めぐり。
それも、ほんの一部なのだそうですけれど、たのしかったです。ありがとうございました。

別館『珈琲屋 preservation society』も更新しております。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

December 12, 2006

煉瓦のブログ別館つくりました

threelittlepigs.jpg
Three Little Pigs (From Wikipedia, the free encyclopedia)

珈琲屋 preservation society』というブログ別館をたちあげました。
はっぴいえんど+The Kinks なタイトルで悦に入ってます(笑)。
ぜひ、お茶など片手におたちよりくださいませ。

ところで、別館のヘッダーに使用している画像は、chocochip氏撮影の芸大の赤煉瓦です。
関東大震災や空襲にも生き残ってきたこの質実剛健な煉瓦は「イギリス積み」とよばれるつみかたです。
煉瓦といえば長手を表面にして交互にジグザグにつみあげているガーデニング風景や新築マンションの外壁(ん?煉瓦風タイル?)などがおなじみですが、ふるく幕末〜明治初期には「フランス積み」、明治後期から昭和初期にかけての建造物には「イギリス積み」が採用されていたそう。「イギリス積み」は経済的で丈夫、「フランス積み」は見た目がうつくしく、フランドル地方で完成したつみあげかたなので「フランドル積み」ともよばれています。

igirisudumi1.gif
「イギリス積み」

furansudumi1.gif
「フランス積み」

nagatedumi.gif
オーソドックスな「長手積み」
(全愛知県赤煉瓦工業協同組合HPより)

散歩の折に、ふるい建築物の煉瓦のつみあげかたを観察するとタイムスリップができますね。

そういえば、なるほど!
なつかしい英国の童話『三匹の子ぶた』の煉瓦のおうちは、よくみると「イギリス積み」です☆

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

December 03, 2006

Father Christmas

P1060576.JPG
P1060590.JPG
P1060592.JPG
P1060571.JPG
P1060598.JPG
P1060583.JPG
P1060603.JPG
An original PHOENIX Photo Card (production by Mark Phoenix)

サンタクロース、ロンドンでの日常をパパラッチ。
「クリスマスまでヒマだから、パブや公園でくつろいでたりするんだ」
コインランドリーで、ちょこっと制服をクリーニングですか?

生写真(!)の英国的ユーモア&てづくりカードは、ロンドン Harrods にて購入したものです。

投稿者 orangepeel : 01:19 AM | コメント (2)

November 21, 2006

Elevator

P1060455.JPG
HAMBURG,Elbtunnel mit Seewarte

ドイツはエルベ川べりの古絵葉書です。神田神保町にて購入。
ポーランド、チェコの山脈からながれでて、ハンブルク付近で北海にそそぐおおきな国際河川。

葉書は川をくぐるトンネル(そして海洋気象台)の入り口を中心にした風景、壮観です。
じつは送信面に私信、ではなくたぶん個人的な万年筆のメモがしるされています。
「Elbe河、随道入口」とはじまって、トンネルが水面から河底ちかい20m下にあるという。
河の底にいざなうエレベーターについては
「Elevator 六ヶアリ。
左右両端、24人乗、中央、4カショ、80人ー140人?(ママ)ノ乗ヲ運べリ・・・」
140人?!ホントですか?

おおきな河のそのまた地底をエレベーターでくだってみる。。。?
あたまのうえには悠久の河、タイムマシーンにのるようなきもちだったのでしょう。

そしてめぐりめぐってワタシの手元にとどいた葉書です。

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

November 12, 2006

valley

P1060392.JPG

P1060395.JPG

P1060396.JPG

P1060400.JPG

P1060403.JPG

P1060407.JPG

P1060408.JPG

きょうはさむかったですね。冬本番。
木枯らしにふかれながら、東京は武蔵野のうしなわれた川をめぐる旅。

世田谷区北沢1丁目と目黒区駒場4丁目のあいだにあった三田用水から分水されて北沢川にながれこんでいたらしき小流跡をあるいてみました。とてもせまくてふかい谷です。かつて『溝ヶ谷』とよばれていたそうな。谷をのぼってにぎやかな商店街にでてみれば、そこは京王井の頭線「池ノ上」駅。地名って、地形から名づけられているのですね。単純です!

写真はうえから。いずれも世田谷区北沢1丁目の名前のない水路跡にて。
,つての流路を足元にしるす路地。
△佞襪ぬ畋ぬ渦函そしてきっと庭先の豊富な川の水をえて大きくなった樹木。
これ、なんか昔にみたことあるような?軒先でゴミを燃やす道具?(現在、条例違反です?)
ね趣の準備にいそがしげな台所を透かす窓ガラス。
グ罎瞭線の土手沿い民家、そしてがけ下には川がながれていた。かつての昭和風景を想像してみます。
Α↓О罎瞭線土手

VALLEY.JPG
神保町秦川堂書店にて購入した昭和(たぶん戦前)の世田谷区ふる地図に川がみとめらます。
青くマーキングしたところが、きょうあるいたところ。

暗渠は非常にせまい路地で、ふるい家屋のお勝手口に面していたりするので、散歩をしていると秋刀魚を焼くにおい、おでんを炊く湯気なんかが郷愁をそそります。
あたたかい食卓につきたくなるのです(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (4)

October 30, 2006

Chalk Farm

P1060255.JPG

P1060260.JPG

Chalk Farmは、ロンドンの下北沢あるいは池ノ上だとおもいました。

上の写真はロンドンにのこっているふるい水路 Regents Canal。
下の写真は民家の裏庭で開店してたちいさな古本屋さんです。
Walden Books といいます。
2年つづけて訪れたのは、アート本が充実してたから。

店主がハイティを片手に常連と歓談してたゆうぐれでした。

またいつか、秋のロンドンを散歩してみたいなあ、秋の☆

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

October 25, 2006

Luna Park

P1060238.JPG

遊園地はこどもたちだけのものではなくて。
夕暮れ加減の店じまい風景に恋人たちがくりだす予感、ルナパーク。

古絵葉書コレクションです。ひとかげすくないベルリンの遊園地。
モノクロームの写真にていねいな彩色、どこかわくわくするのです。

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (2)

October 10, 2006

L'ecume des jours # 16

P1060003.JPG

P1060023.JPG

P1060026.JPG

P1060157.JPG

P1060159.JPG

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

October 07, 2006

硝子工場

P1060146.JPG

台風がとおりすぎた連休初日。

こわれた2本の傘がのぞきこむさきはかつて硝子工場だったところです。
以前、不法侵入?の少年たちが敷地内にキラキラ散らばる
ガラスのかけらをひろいあつめているのをみかけたことがありました。

東京都渋谷区幡ヶ谷工場地帯のなごり。

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

September 27, 2006

Les parapluies de Cherbourg

P1060027.JPG

P1060029.JPG

P1060030.JPG

雨があがって、なぜか傘を2本衝動買いした夕ぐれです。

近所の商店街でなんともうつくしく花を咲かせていたものですから。
Alexander Girard が'60年代にHerman Miller社で仕事をした
テキスタイルデザインをおもわせるような?
「2本で500円」にもひかれてしまいました。
街でつかったら、さぞかし目立つでしょうね。
デザイン資料です、
と物欲と無駄づかいをいいわけたりして。

仲屋商店は傘屋さんというか、以前は傘をつくっていたところです。
さらさらとしたうすくレトロなナイロン生地とうらはらに
丈夫な骨は、なんだかなつかしい重さ。
英単語の辞書1冊分くらいありそうです。
傘をふりまわしてミュージカル気分でおどったら、
二の腕がひきしまることうけあい!

P1060025.JPG
洋傘製造卸『仲屋商店』/渋谷区幡ヶ谷3丁目

P1060024.JPG
幡ヶ谷六号通り商店街のニャンコ

投稿者 orangepeel : 08:14 PM | コメント (2)

September 26, 2006

Lourdes

P1060010.JPG

P1060012.JPG

P1060015.JPG

P1060017.JPG

P1060018.JPG

P1060021.JPG

ひと雨ごとに秋がしのびよってさびしいきもち。
つめたい午後、傘をかかげてとぼとぼと下北沢『世田谷教会』へ。

裏庭にルルドを模した聖母と泉があるときいて
「どうせショボい“塚”かなにかなんだろう」ってタカをくくってました。
スズナリ横丁の裏手、丘のうえの教会です。
いままできづかなかった、息をのみました。
切り崩した崖に人工的につくられたものですが、
おもったより静謐で荘厳な佇まい。
9月のはげしい雨が岩肌をつたっていました。
あるいは、かつて森巌寺川(北沢川支流)にそそいでいた湧き水が
しみでているのかもしれませんね。

下北沢に“森と泉”という印象を勝手にいだいているのですが、
まさにそのものの風景!といっては大袈裟でしょうか。

ところで、下北沢には教会がホントたくさんありますね。

崖下のカエルくんとたわむれていたらずぶぬれてしまったので、
救いをもとめて茶沢通り沿いのパブで雨やどり。
GUINNESSでハッピーアワーといたしました☆

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (0)

September 24, 2006

Wagon Wheel

P1050925.JPG

右はし遠方の大観覧車のそばに「高サ二百尺」のえんぴつメモ。
このばあいは高さ200メートルの意味でしょうか?
まだ東京タワーをしらない時代の日本人の旅の記録と勝手に記録します。
オーストリアはウィーンpratersternの古絵葉書です。
神田古書街にて購入のコレクションの一枚。

おおきな空にまわるおおきなWagon Wheel☆

映画『第三の男』の舞台にもなったふるいふるい遊園地の観覧車です。

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (2)

August 17, 2006

路面電車

P1050561.JPG

P1050559.JPG

郷愁をさそう海岸沿いの路面電車の古絵葉書で空想旅行をいたしました。
シチリア島の州都Palermoパレルモと、ポルトガル首都Lisboaリスボン

下の3枚はワタクシがBlackpoolブラックプールに旅行したときに撮影した路面電車風景です☆

blackpool1.jpg

blackpool2.jpg

blackpool3.jpg

Wikipedia「路面電車の走る街の一覧」によるとブラックプールのトラムは世界最古のひとつ?とされてますね。

投稿者 orangepeel : 09:07 PM | コメント (2)

August 15, 2006

敗戦'06

きのう邪宗門でいただいた冊子「『北沢川文学の小路』物語」の地図をたよりに、一日中、東京荏原都市物語資料館を熟読してしまいました。といっても、まだまだ読んでいないページがあるので、これからもゆっくりと。

昨年の夏もリンクした国土地理院所蔵GHQ空撮(1947)の東京。
戦時の空襲できゅうきょ敷設された下北沢X(小田急線と井の頭線が交差するところです)の西、小田急線代田二丁目(現・世田谷代田)駅〜京王井の頭線世田谷中原(現・新代田)駅に鉄道連絡線がたしかにありますね。

ところで下北沢の森厳寺の富士塚は春先に丸裸にされててびっくりしましたが、下北沢再開発の延長にあるのでしょうか。なんだか残念です。。。

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (3)

August 14, 2006

珈琲屋 Preservation Society #06

P1050543.JPG

P1050544.JPG

P1050546.JPG

池田満寿夫装丁・森茉莉『甘い蜜の部屋』の美しい初版本を撮影☆

下北沢“邪宗門”を巡礼いたしました。
「森茉莉いつもの席」にむりやり着席したりして。
店主より森茉莉の思い出をたくさんお聞かせいただいて感激です。
北沢川のエピソードも。

アイス・ウインナ・コーヒー。
濃厚な生クリームたっぷり。

P1050554.JPG

戦時中、小田急線世田谷代田駅〜京王井の頭線新代田駅に鉄道連絡線があった、その形跡。
住宅街にのこる廃線カーブこんど、あるいてみます。

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (0)

August 10, 2006

Bungalows

P1050515.JPG

P1050516.JPG

P1050522.JPG

調子にのって(笑)、夏らしい外国の古絵葉書コレクションから3枚お届けいたします。
上の2枚は、豪州と米国の海岸。パビリオンでは、楽団が生演奏中です。

3枚目のポストカードは英国南岸の有名なリゾート地Bournemouthですが、右手の崖線に沿ってならぶバンガローは英国版海の家でしょうか。手前でハニカミながらひそひそ話をする2人の淑女が気になります恋の予感。ボーンマスは、ヴィクトリア朝時代の詩人トマス・ハーディが小説『テス』を執筆した場所でもありました。

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (2)

August 09, 2006

Group of Bathers

P1050507.JPG

夏の古絵葉書コレクション。
ベルギー、Zeebruggeの海水浴場風景です。

波打ち際でセクシーポーズの女子たちにかこまれ、腰に手をあててほこらしげなチョイ悪オヤジ?

こんなふうにはしゃいだポストカードはたのしいですね。
ワタシ、ひさしく海で泳いでないです、っていうか水着はクローゼットのどこかしら〜〜
かつて日差しのすくないヨーロッパでは、夏の海岸での日光浴が健康のためによいとされてたそうですね。

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (4)

August 06, 2006

Gone With the Wind

P1050468.JPG
Cotton Scene, Svannah, Ga.

残暑お見舞い申しあげます☆
と申しあげるには、モサモサした海辺(港)の古絵葉書コレクションでごめんなさい。

ジョージア州といえば『風と共に去りぬ』の舞台として記憶にありますが、サヴァンナ港はかつて綿花の出荷港として栄えていました。

古絵葉書の風景は遠いむかしなのでしょうか。
2007年には、ヨーロッパの輸入ブランド(IKEAなど)の巨大倉庫&郊外型ショッピングモール化するそうです。

あ、『風と共に去りぬ』。
スカーレット・オハラがレット・バトラーの突然の来訪にオーデコロンで口をすすぐシーンがなぜか印象にのこっています。あと、カーテンをドレスに仕立てなおすとか(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

July 06, 2006

Summer Cruise☆

P1050303.JPG

旅のシーズンの古絵葉書。
パラソルや帽子の頭がぎっしりの蒸気船です。
スコットランドLoch LongGourockをめぐるクルーズ。

汽船の名前は“Ivanhoe”。
スコットランドの詩人ウォルター・スコットの『アイヴァンホー』から引用しているのでしょうか。。。


◆◆◆

第35代米大統領夫人ジャクリーン・ケネディ・オナシスは、
父方の祖父がアイルランドのじゃがいも飢饉のさいのアメリカ移民ということを
ひたすら隠したがっていたそうです。
どうでもいいエピソードですが(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:46 PM | コメント (0)

June 30, 2006

Let's find out about Summer

P1050270.JPG

Seeds that were planted in the spring...
...grow into summer flowers.

(“Let's find out about Summer”)

神田古書店の店先で掘り出した学習絵本“Let's find out about”シリーズ。1960年代にNYで発行されたものでソノシートが付録です。それぞれの表紙にあわせた色とりどりのプラスチックの円盤がかわいらしい。

P1050266.JPG

Wild berries and fruit are pretty look at,
But do not eat them.
They can make you very sick.

(“Let's find out about Safety”)

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

June 01, 2006

souvenir

以前も書きましたが、私のすむマンションは今はなきロバ製菓の工場跡地にあります。

東京みやげでおなじみだった「ぽんぽこ」は、たぬきの形をした、ほのかなニッキ風味のこうばしいお饅頭でしたね。
かつて、工場には「ぽんぽこ」のヒゲの焼印をおしつづけて何十年!という専門職のおじさんがいたそうな。

関東圏で放送されていたかわいらしいCMソング
♪ボクはぽんぽこ人気者 たんたんたぬき ぽんぽこだぬきのおまんじゅう 
ぽんぽこぽんぽこ ぽこぽん ぽんぽこたぬきのおまんじゅう♪

そういえば、こちらにうつりすむようになってから、ゴキゲンなときにおなかをパンッパンッ!とたたく癖がついたワタシですが、もしかして「ぽんぽこ」がのりうつってる?!

現在、名前をちょこっとかえて別のメーカーが製造しているそうですが↓

商品名「ぽんぽこおやじ」。

何故に「おやじ」?!

投稿者 orangepeel : 06:16 PM | コメント (5)

May 12, 2006

スカッとさわやか

P1050040.JPG

P1050041.JPG

P1050042.JPG

P1050045.JPG

P1050048.JPG

目黒区駒場1丁目にみつけた暗渠。「松見坂」下の住宅街に迷路のように。目黒川に合流していた小流だったのでしょうか。再開発をさけたがっているかのような、ふるい民家にきもちのよい風がふきぬけていきました。あ、ニャンコちゃんが不審な侵入者を警戒してました(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (2)

May 08, 2006

scrapbook

P1050024.JPG

P1050025.JPG

P1050027.JPG

P1050029.JPG

P1050030.JPG

スクラップ、って昔っぽくて地味な趣味(しごと)でしょうか、世界の破片をひろいあつめる作業。
私は、このブログ『microjournal』をスクラップブックとかんがえております。そして個人的な日記というだけではなくて、ちょこっとジャーナリスティックなつもり。っへ。

ところで、先日の連休でおとずれた石神井公園の古書店でみつけた掘り出し物?とはいっても、ひとがていねいにひろいあつめたスクラップブックに物語をみいだす器用なことはできないので、ただの“いいものみつけた♪”自慢なのです。
“いいもの♪”とおもうのも、紙モノフェチの私だけかもしれませんしね(笑)。

表紙に「1935」と手書きの文字がある、市販のスクラップブックを2冊合本した体裁の分厚いA4サイズ。輸入食品の分析ファイルかとおもえば、チーズのラベルや海外雑誌のとじこみ付録のような絵本も貼り付けてあります。うーん、もとの持ち主は栄養学の先生なのかな?輸入食品関係の商社マン?いや西洋料理の新人シェフなのかな。

同業者だったりして?!

ま、いいや。テーマは「食」です、たのしいです。
なんといったって、私にとってはうつくしい戦前の国内外印刷物の宝庫です☆

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (2)

May 07, 2006

珈琲屋 Preservation Society #04

P1050023.JPG

石神井公園へおさんぽ☆
なつかしい。

なつかしい喫茶店でアイスコーヒーをたのんだら、
どちらかというと渋い緑茶をいただきたくなるような和菓子がついてきました。
ありがとうございます、おなかすかしてたの見透かされてました(笑)。
お菓子の下に達者な文字で「ナフタリン」って書いてある紙がかまされていたのでなにか意味あるかとおもった。

あ、きょうでGWが終わりですね!
セーターとかコートとか、じつはまだ片付けてませんでした。。。

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

May 05, 2006

浮間ヶ原再訪

P1050011.JPG

P1050020.JPG

東京23区の島をたずねる酔狂な旅シリーズ☆

板橋区に荒川と新河岸川にはさまれたおおきな中洲があります。JR埼京線「浮間舟渡」駅、5年前におとずれていらいです。荒川土手にはいつのまにか蜃気楼のように新築の高層マンションが林立していました。数年で風景がかわっていました。かつて、春には息をのむほどのいちめんのサクラソウだったそうです。

昭和初期までサクラソウの季節になると、浮間には渡し舟がでたそうですが、永井荷風や田山花袋は作品のなかですでに「浮間橋(現在の北赤羽駅と浮間のあいだ)が架橋されてからすっかり工場街になってしまった」ということを書いていたような。そして当然のことながら、埼京線の一停車駅になったいまでは、荒れくるった荒川にとりのこされた野性の島の面影はまったくありません(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (2)

May 02, 2006

Twin Peaks

P1040869.JPG

サンフランシスコは海抜925フィートにそびえるTwin Peaksの古絵葉書。

送信面には“San Francisco is very hilliy・・・”なる説明があります。どうやら、デビッド・リンチの『ツイン・ピークス』とは関係ないようですね。とはいえ、すがすがしい風景のなかでなにごとかを憂いている手前の少女が気になる。サンフランシスコは丘だらけの街。そういえば、住宅街を廻廊するいろは坂みたいな名所もありましたっけ?霧のサンフランシスコ、は歌のタイトルだけではありませんでした。夏なのに毛皮を着用しているご婦人もいました。高校生のころの家族旅行の記憶ですけれども。記憶といえばサンフランシスコ湾の沖、かつてアル・カポネも拘留されてたアルカトラズ島をめぐるクルーズにのってたのしかったなあ(笑)。

先日、目黒の美術館のかえりに五反田をうろうろ徘徊してみたのですが、
東京も“Hilly”だなあ、とつくづく実感したのでした。

「東京の山手線が、もっともダイナミックに円弧を描いてカーヴするのは、品川駅を出てから大崎、五反田へとすすむ間である。
 このダイナミックなカーヴによって囲まれた部分、港区の高輪四丁目と品川区北品川四丁目は、むかしは八つ山と御殿山とよばれていた。そしてここは、江戸時代には桜の名所として名が高かったところである」
(『東京の【地霊】-ゲニウス・ロキ』より)

御殿山からは、東京湾が臨めたそう。

五反田の目黒川は、柳だけじゃなくて左岸には桜並木があったのですね。 里桜とかいう種類だそうで、花と葉桜が同時に川面にゆれてました。 アスファルトに舞い散ってふみしだかれたはなびらから「桜餅」のような甘いかおりが。

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

May 01, 2006

@ブ

週末は、幡ヶ谷六号通り商店街のブックオフにて散財。
『成層圏紳士』松本隆、『東京の【地霊】-ゲニウス・ロキ-』鈴木博之、『河童が覗いたヨーロッパ』妹尾河童。掘り出し物?いえ、やはり、105円均一の棚でみつけなきゃブックハンターの達人とはいえないですね。福引なんかがあったりして、かっぱえびせん3袋ももらった。あっというまに食べました。というよりも、どうしよう本。。。かたづけてもかたづけても我が家に本がたまっていきます。けさがた、地震の夢みました。また本棚が崩壊しました。

中野中央図書館へもぶらぶらと。そして、中野駅北側にこんもりと樹が茂ったひなびたいいかんじの神社(ほとんど廃墟)をみつけました。カメラもってたのに、なんで撮らなかったんだろ。昭和をのこした商店街もよかったです。はじめて踏み込んでみました。

っていうかんじの、地味なゴールデン・ウィークのはじまり☆

投稿者 orangepeel : 08:36 PM | コメント (0)

April 18, 2006

珈琲屋 Preservation Society #03

P1040733.JPG

P1040735.JPG

P1040737.JPG

ひとは、コーヒーを前にするとかぎりなく話があるみたいだなあ。
と、感心しながらふと窓のそとをみてみる。
ランジェリーショップのショーウインドウには春らしく淡いいろあいの下着をまとったトルソーが。

「水泳教室は先生がイケメンなのよっ」
ホント、女性は3人以上あつまるとにぎやかになりますね。
夕方のお買物がてらのお茶の時間は、子育てをとっくに終えた主婦たちの憩いのひとときみたいです。
ひとがわるいけれど、ふむふむとテーブル越しに会話を盗み聞きするのが、ワタシの目下のたのしみなのです。

笹塚駅前『南蛮茶館』にて。写真最後のお皿は、EX- べーコンサンドイッチ。パンは焼いてもらいました。

投稿者 orangepeel : 08:52 PM | コメント (0)

April 14, 2006

珈琲屋 Preservation Society #02

P1040688.JPG

P1040691.JPG

P1040692.JPG

P1040695.JPG

下北沢(正確には世田谷区代沢5丁目)の『珈琲おーるど』でおそいおひるごはんを。

窓ごしに茶沢通りを行き交うバスをながめながら、アイスコーヒーとクロックムッシュ(ハムとチーズと野菜のホットサンド)をいただきました。フルートとピアノだけのBGMが昼下がりにぴったりで。ときおり生ぬるい風が入口の扉をカタカタとからかっていきます。ふるい時計がコチコチと時をきざんでいます。眠い(笑)。

森厳寺の大イチョウは芽を吹きはじめて、枝をざわざわとゆらしていました。淡島幼稚園から園児たちのたのしげな歌声が。

北沢八幡神社の境内にのぼって、たいせつなことをお願いしてまいりました。大正・昭和初期までののどかな時代には、この高台からとおく森や畑や小川をはるかに見晴らして、さぞかしさわやかだったことでしょう。春のひとびとは、ふきだまったこころを風に軽くとばしてみたことでしょう。

投稿者 orangepeel : 08:48 PM | コメント (0)

April 12, 2006

珈琲屋 Preservation Society

P1040673.JPG

P1040675.JPG

P1040681.JPG

P1040682.JPG

ホテル住まいのひとのように、今朝はちょっとぜいたくにワンブロック先の喫茶店『アムール』にてモーニングセット(ハムとチーズのホットサンド)をいただきました。
いちばん上の写真はとろ〜り半熟の目玉焼き、ではなくて壁にかかった照明です。あたたかい色の灯りとモノトーンのドット模様のタイルがおしゃれ。スカンジナビア風だわ〜とカメラをむけてたら、カウンターで珈琲をたのしんでいた銀髪のマダムに声をかけられました。
「もう27年前のものだからとりかえようとおもっていたんですよ。なくなった主人が全部ひとりでつけました」
オーナーであるマダムのご主人は「本職は送電屋でね、鉄塔をたてる仕事をしてたんですよ。畑ちがいですけど、珈琲がすきで珈琲屋をやりたいといいだして・・・」。
店名入りのカップから、しあわせな珈琲の香りがたちのぼる朝。

下の写真2枚は、中野通りをバスでちょっと北上して、神田川にほどちかい『カフェ・アカシヤ』にて。モーニングと間髪おかずランチ(エビピラフ)を。食欲がこわい?(笑)

午後は、中野川島通り商店街の古書『猫額洞』にお邪魔して、とり置いていただいていた1937年プランタン・パリの家計簿を購入。ぽつぽつと走り書きされた貴重な日記、ゆっくりと大事に読んでみようとおもいます♪

降ったりやんだりの雨のなか、ぷらぷらと中野区立南台図書館にあるいて、「フィッツジェラルドの手紙」「トーマス・マン全集書簡」「東京の橋・生きている江戸の歴史」を。

本をかかえて浮かれつつ、南台商店街で筍を買いました。
お夕飯に鳥そぼろと煮ました。春の味。

ん?よくかんがえたら、朝からワタシ、ほんの数ブロックのところをいったりきたりしてるだけですね?!

いえいえ、充実したたのしい旅でした☆

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (2)

April 09, 2006

助六

P1040651.JPG

浅草は浅草寺仲見世の江戸趣味小玩具『助六』にて購入したかわいい☆土鈴。
ちいさいわりに(ちいさいからこそ?)けっこうなお値段だったりするのですけれど、訪れるたびついお財布のひもをゆるめてしまいます。ちょこっとぜいたくな蒐集のひとつです。
本棚のすみにおいたり、玄関のくつばこにならべたり、そっとつまんで耳元で鳴らしてみたり。
包装紙までとっておいてます(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

April 08, 2006

春雷

P1040656.JPG

P1040659.JPG

P1040660.JPG

P1040663.JPG

P1040665.JPG

P1040666.JPG

P1040669.JPG

おくればせながら、お花見がてら下北沢へぶらぶらお散歩。
春雷とどろく武蔵野風景のなごりを、カメラにおさめてみました。

VILLAGE/VANGUARDにて、蜂飼耳『孔雀の羽の目がみてる』(白水社)と佐藤春夫『田園の憂鬱』(新潮文庫)を購入。茶沢通りぞいの喫茶店でいただいたアイスコーヒーは、あたたかな季節のはじまりを告げてくれました。

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (0)

April 05, 2006

Passenger List

cunardline.JPG

英国豪華客船CUNARD LINE“AQUITANIA”<サウサンプトン発〜シェルブール経由〜ニューヨーク行き>の乗客名簿です。名前をひとつひとつひろってみても、とうぜん私の知る顔があるはずもなく。神田古書店でぐうぜん見つけた一冊のふるいリーフレットから、Mr.ブラウンやMrs.ジョーンズのありきたりな物語を勝手に創造してみるのです(笑)。

古絵葉書でみると、船内には広々としたダイニングサロンや温水プール、あかるい太陽が差し込むガーデンラウンジなどがあったりして、長旅もたいくつすることがなさそうですね。

ところで“AQUITANIA”は、先のふたつの大戦では、病院船、部隊輸送船としてかつやくしたそう。

となれば、冊子のとびらに印刷されている日付<Wednesday,11th FEBRUARY,1925>は、ある平和なひとときの航海日誌としてひもとくのがロマンチックです。

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

March 22, 2006

L'ecume des jours # 14

P1040560.JPG

P1040561.JPG

P1040563.JPG

P1040616.JPG

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (2)

March 16, 2006

駅前食堂

きのうのちいさな旅のメモ。
房総はやはりあたたかったです、ちょっと春。

東京駅からのった電車を途中下車して、昼食をいただこうと駅前の鄙びたかんじの食堂に。

短冊がたくさんぶらさがっていたから品数豊富なメニュかとおもいきや「エビフライ」「アジフライ」「チキンカツ」「トンカツ」などなど、フライばかり。しかも、とおくでかすかに「チンッ」という音がきこえたような。上司と部下で昼休みを連れ立ったふうのサラリーマン二人組や、仕事をおえて生ビールを一杯やっているタクシードライバーがとっているのはミックスフライ定食らしい。それぞれのテーブルの上に、マヨネーズ(業務用)が容器のままデンッとおいてあります。

無難に?ラーメンにしてみました。チャーシューが饐えてた。むりやりたべようかな、とおもったけどやめて、口からだして、そーっとお盆のはしっこに隠した。コック帽の店主がときどきキッチンから私の顔をのぞくのです「お客さん、町の人間じゃないね」といったようすで。レジの上に目立って貼られた『清潔な店・優良店』というステッカーが微妙に気になりました。若いほうのサラリーマンが定食の皿の端にのっかったオレンジのひときれを、最後にうまそうにしゃぶっていました。

肩を落として店をでて、お口直しにコーヒーを一杯♪と、レトロな喫茶店を一軒みつけたらシャッターがおりていた。しもたやなのかな。ガラスケースのなかで埃をかぶったフルーツパフェの食品サンプルに、傾きはじめた午後の日差しがあたってました。うらめしく、いつまでものぞいたりして。オレンジのひときれでもいいからください。

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (4)

March 11, 2006

L'ecume des jours # 13

P1040553.JPG

P1040556.JPG

P1040558.JPG

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

March 09, 2006

RELIEF MAP OF SAN DIEGO AND BAY , CALIFORNIA

P1040550.JPG

地図がえがかれた、めずらしい古絵葉書。

2セントの切手がはってあるのに消印もなく。
「いま、ここにいます」と伝えたくてためらった葉書なのでしょうか。

カリフォルニア州、起伏にとんだサン・ディエゴ湾の地形図のうえに通りの名前などがはいっています。
「これから出港します」という旅立ちのメッセージだったかもしれませんね。

だんだん、春めいてまいりました。

投稿者 orangepeel : 10:25 PM | コメント (0)

February 15, 2006

水上バス

P1040449.JPG

P1040456.JPG

P1040454.JPG

すっかり春めいてまいりました、あたたかいですね(って、じつはプチ風邪ひいてます:コホッ)。

ところでものずきといえば、5年前の秋ふとおもいたって板橋区は小豆沢発着所より乗船した東京水辺ラインなのでした。雨もようの休日の水上バスからながめる川沿いの生活風景はまたどこか新鮮で。

海水が逆流して隅田川の水位があがってしまっているとのこと、両国やお台場までは下れませんでした。いえ、はじめっから千住でおりるつもりでいたのですが(そこからまた徒歩で撮影散歩をした記憶が)。

写真は川からのぞむえとせとら。
上:新岩淵水門。新河岸川〜隅田川へ合流します。
中:日本初(?と船内アナウンス)のマンモス団地。5000戸ちかい住宅。
下:あらかわ遊園。現在は地元のおこさまたちでにぎわっていますが、大正期の花街のなごりだそうです。

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (0)

February 10, 2006

Gas Holders , King's Cross

KingsCross.jpg
Siobhan Mlacak
King's Cross
London, England
March 2000

ロンドン旅行中、(あの巨大な鉄の残がいはなに?)って風景がよんでいたのにすっかり撮影しそびれてしまったKing's Cross駅北にある(あった?)Gas Holder。ビクトリア朝時代の産業遺産です。現在、キングスクロス駅周辺はユーロスターの乗りいれにより大々的に再開発されているそう、がっかり。。。

上の画像は、フランス在住のフォトグラファー、Siobhan Mlacak氏の哀愁あふれるガスタンクの遺構です。ロンドンだけでなく、Henri Cartier-Bresson 的パリの日常がとてもおしゃれな風景写真家。


tsuki.jpg
Hiromi Suzuki
『月』江戸川区東葛西3

ちなみにこちらは江戸川区は妙見島にシルエットをうかびあがらせたガスタンク。「月島食品」とペイントされた文字をきりとって撮影、『月』と題してかっこつけてみました(笑)。妙見島は旧江戸川にぽつんとうかぶちいさな島。島というよりは中州なのですが、数年前、東京の区分地図をながめていて「23区にある島をめぐる旅」という酔狂なことをおもいついたのでした。

投稿者 orangepeel : 07:48 PM | コメント (2)

January 31, 2006

WATER TOWERS

kyusui.jpg
“WATER TOWERS”
BEREND UND HILLA BECHER

ゆうぐれの鉄塔やクレーンのシルエットもうつくしいですけれど、給水塔にもぐっときます(笑)。
たまにカメラにおさめてみたりして。(右カテゴリ欄“retrospective”から数点おたのしみいただけます)

ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻の写真集『WATER TOWERS』は有名ですね。
アメリカやヨーロッパの給水塔を30年にわたって撮影。ひれふしたい。

街にたたずむ給水塔。関連のサイトをちょこっとあつめてみました。
 New York City Water Towers」ニューヨークの給水タンクは杉の木でできているとか。
TOKYO LANDMARK」都営アパートの給水塔をランドマークにみたてて。なにげなく目にしますけれど、老朽化のため消失風景の危機にあるのです。
東京の近代建築写真」駒沢給水塔や板橋区の大谷口給水塔がみごとです。こちらも消失寸前。
Water-Towers.com 」なるサイトありました!
ΑUnique Water Towers 」あまり風情はないのですが、笑えます。

投稿者 orangepeel : 05:11 PM | コメント (0)

November 23, 2005

月台

P1040040.JPG

P1040041.JPG

P1040048.JPG

P1040056.JPG

P1040051.JPG

ふとおもいつきで8月に開通したばかりの『つくばエクスプレス』(秋葉原〜つくば間)にのって茨城県は守谷におりたってみました。平日ということもあってガラガラな車窓からの風景はクレーンがおおいそがし、といったかんじ。沿線では巨大マンションがぞくぞくと建築中です。街が変貌していくさまをまのあたりにしました。守谷の駅前は空がひろい。瀟洒な一戸建てが平和な午後にならんでいます。サバービアなのです。
ちかくに小貝川という川がしずかにながれていました。アンドリュー・ワイエスの絵のような、どこか晩秋の寂寥感をたたえて。ちいさな用水路には鉄塔が影をおとしていました。

ところでTXの駅構内では、英語、中国語、ハングル語の案内がでていたのですが、プラットフォームって中国語で「月台」と表記するのですね。いえ、なんだかロマンチックだとおもったものですから、フフ。

投稿者 orangepeel : 12:48 AM | コメント (0)

October 27, 2005

Tunnel #02

P1030873.JPG

渋谷区本町の『本村ずい道』です。ずい道とはふるいことばですがトンネルのことですね。現在トンネルのうえには鉄道、ではなく水道道路という車道が東をめざしています。戦前までは都民のみずがめ、淀橋浄水場(現在の新宿都庁のあたり)へと玉川上水新水路がながれていたのでした。レトロな柱の写真は5年前お散歩途中に撮影いたしました。

この水路は村と村を分断していたため、ひとびとの往来に困難していたそう。となればそのむかし、ちかくてとおい恋人たちがこのトンネルで逢瀬をかさねていたかもしれないと、またかってな妄想にふけってみたりするのです(笑)。ふたりの頭上では水路がさわさわと月明かりにゆらめいているのです。

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (2)

October 12, 2005

dial M for Murder

P1030792.JPG

ヒッチコック監督の傑作『ダイヤルMを廻せ』にかけて撮ってみました、フフ。
探偵ゲームはポートベローの蚤の市で購入したもの。黒電話は実家にふるくからあったものをむりやりひきあげてきたもの、あら?ホントはNTTに返却しなきゃいけなかったんでしたっけ・・・・・ちいさな犯罪。

殺人まではいかないまでも、日々ちいさな罪をおかしているような気がいたします。花を枯らせてしまったりとか、CDをかってもそのなかの1曲しか聴かないとか、オペラグラス(武道館で急遽購入した解像度のわるいやつ)でとおくの都営住宅の窓をひとつひとつのぞきみるとか。神様、どうぞおゆるしくださいませ(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

October 01, 2005

L'ecume des jours # 12

P1030755.JPG

P1030756.JPG

P1030757.JPG

P1030759.JPG

P1030762.JPG

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

September 25, 2005

In My Life

P1030736.JPG

写真は西側の窓からです。
台風がそれ、すっとぼけたかんじの空。すっかり秋になってしまいましたね。

季節の変わり目はどうしてこんなにさびしいきもちになるのでしょうか。

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (3)

September 24, 2005

From Blackpool

P1030680.JPG

P1030682.JPG

P1030686.JPG

P1030693.JPG

P1030688.JPG

P1030704.JPG

秋の連休の初日、隅田川ちかくの浅草花やしきをぼんやりとビール片手にぶらついてみました。Bee Towerなるアトラクション(写真上から4番目)で街の眺望をたのしんでみるつもりが・・・・。周辺にたちならぶマンションのベランダで洗濯ものをとりこむ生活感あふれるゆうぐれの光景。

The KINKS『Autumn Almanac』は、ロ−ストビ−フとフットボ−ル観戦の週末を楽しみにしている市井の人々を歌っている、とぼけたト−ンのちょっとした短編小説のあじわいのある曲。みんなが集まる休暇には、家族友人総出で海岸沿いの町ブラックプ−ルの行楽地に繰り出すのです。  

投稿者 orangepeel : 12:39 AM | コメント (0)

August 28, 2005

L'ecume des jours # 11

P1030404.JPG

P1030420.JPG

P1030462.JPG

P1030460.JPG

P1030464.JPG

P1030471.JPG

投稿者 orangepeel : 12:53 AM | コメント (0)

August 06, 2005

敗戦

国土地理院のHPで空中写真をみることができるサービスがあります。

1947年に米軍が撮影した空中写真、新宿を中心とした都心部のものです。地図マニア&川オタクとして資料になるかとたのしみにひらいてみて。恐怖で鳥肌がたちました。終戦から2年たっているとはいえ、まさに灰とかした焦土がまざまざと・・・。

投稿者 orangepeel : 10:48 PM | コメント (2)

敗戦

国土地理院のHPで空中写真をみることができるサービスがあります。

1947年に米軍が撮影した空中写真、新宿を中心とした都心部のものです。地図マニア&川オタクとして資料になるかとたのしみにひらいてみて。恐怖で鳥肌がたちました。終戦から2年たっているとはいえ、まさに灰とかした焦土がまざまざと・・・。

投稿者 orangepeel : 10:48 PM | コメント (2)

July 30, 2005

L'ecume des jours # 10

P1030198.JPG

P1030208.JPG

P1030246.JPG

P1030255.JPG

P1030256.JPG

投稿者 orangepeel : 03:53 PM | コメント (2)

July 27, 2005

The BIRD

P1030247.JPG
Charlie Parker

P1030248.JPG
Miles Davis

P1030254.JPG
Chet Baker

世田谷区羽根木1丁目あたり、環状7号線沿いの商店はジャズがお好き?自動車修理のガレージや駄菓子屋さんの店先に、なぜか渋いポスターが貼られています。

投稿者 orangepeel : 09:28 PM | コメント (2)

July 21, 2005

風。雲。フレッシュネスバーガー。

P1030197.JPG

P1030199.JPG

P1030201.JPG

P1030200.JPG

P1030204.JPG

P1030206.JPG

P1030207.JPG

P1030210.JPG

P1030211.JPG

夏の風景をもとめて、ゆうぐれのお散歩。たまには外の空気をすわないといけませんね。渋谷区笹塚〜上原〜富ヶ谷〜世田谷区北沢〜目黒区駒場・・・・って越境してるようで、じつはせまいエリアを1時間あまりてくてくと。このあたりは東京なのにめずらしく空がひろいなあ。いまは写真のように空地やしもたやや古い民家や3軒長屋の裏庭の共同井戸など、風通しがよくさわやかでなつかしい街並み。でも、もうすぐ近代的で機能的なマンションがあちこちで建設予定です。

いちばん下の写真は渋谷区富ヶ谷『フレッシュネス・バーガー』1号店。
ううぅ・・・・、たちよりたかったけれどやめました・・・。

投稿者 orangepeel : 11:43 PM | コメント (0)

July 19, 2005

Popeye & Olive

P1030190.JPG

近所の乾物屋(死語?)でもらったジュースのノベルティです。ストローのくちつきの帽子をかぶってるグラス。
老姉妹で営んでいるおみせ、ほこりのかぶった棚にみつけて所望したのでした(最近おしゃれな台湾料理のレストランにかわってしまいました)。私はこころのなかで勝手に『ウッディのおみせ』とよんでいたのです。おそらく妹さんとおもわれる方が、ウッディ・アレンに似てたから・・・・・・・・。

投稿者 orangepeel : 01:08 AM | コメント (0)

July 05, 2005

New York 〜MY写真集 #04〜

P1030158.JPG

P1030156.JPG

撮りためたモノクロームのプリントをみせびらかすシリーズ(笑)。ニューヨーク、ダウンタウンから遠くにみたエンパイアステート・ビル。そして五番街ちかくのホテルの裏窓。

訪れた季節は今と正反対のクリスマスシーズンです。ロックフェラーセンターでスケートに興じるひとびとをながめたり、ダイナーでオムレツ(超巨大)を食べたり。リッツォーリ書店やストランド・ブックストアで絵本を買い求めたり。そうそう、平日のビジネス街のダイナーの窓からビルのすきまに見上げた空に雪がちらつきはじめたら、とつぜんラジオからビートルズ『ペニーレイン』がながれてきて心がはやりました。

昨日、7月4日はアメリカ独立記念日でした。

投稿者 orangepeel : 12:42 AM | コメント (2)

June 21, 2005

L'ecume des jours # 09

P1020712.JPG

P1020905.JPG

P1020904.JPG

P1020714.JPG

P1020873.JPG

P1020718.JPG

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (2)

May 12, 2005

L'ecume des jours # 08

P1020807.JPG

P1020816.JPG

P1020828.JPG

P1020715.JPG

P1020803.JPG

P1020730.JPG

To below:
“Nogawa River” Chofu,Tokyo/
“Chofu Airport” 記 / “Church” Meguro-ku,Tokyo/
“Church” Chofu,Tokyo / “Wildrose” Meguro-ku,Tokyo

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

May 07, 2005

どこか遠い場所

P1020792.JPG

P1020800.JPG

P1020824.JPG

「どこか遠い場所」を夢みるのが最近の癖かもしれない。

しかし、プラハに行ってもアムステルダムに行っても、きっと同じ想いにかられるのでしょう。
遠い場所にこがれつつ、近場の(笑)調布へ散歩旅。つめたい雨の昨日の午後は平日ということもあって、ひとけのすくない街に、古いフランス映画のようなセンチメンタルなグレイのもやがかかってました。京王線「飛田給」の駅前ではサーカスが開催中。調布飛行場ではセスナ機が夜間飛行(?)の待機中。

投稿者 orangepeel : 04:55 PM | コメント (0)

April 18, 2005

Will You Love Me Tomorrow ?

P1020678.JPG

P1020683.JPG

P1020685.JPG

P1020687.JPG

快晴の休日、下北沢はにぎやかでしたよ。春の宵にぶらぶら。
そういえば、火の見やぐらのある街って、めずらしいですね。

BGMは、Carole King“Will You Love Me Tomorrow ?” です。

投稿者 orangepeel : 01:02 AM | コメント (0)

April 14, 2005

L'ecume des jours # 07

P1020642.JPG

P1020645.JPG

P1020648.JPG

P1020654.JPG

P1020660.JPG


投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (2)

April 08, 2005

Nostalgia

P1020603.JPG

P1020604.JPG
Illustration by Hiromi Suzuki

春の服をとりだしていたら、クローゼットの奥からずっとさがしていた The Modern Jazz Quartet“ DJANGO”をみつけました。タイトル曲は、ジプシーの血をひくベルギーのギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの死(1953)を悼んで、ピアノのジョン・ルイスが作曲。ジャズにはまったく詳しくないのですけれど、知的でクールなこのアルバムが大好き。ミルト・ジャクソンのヴァイブもメランコリックです。行ったことのない秋のニューヨークを想いました(せっかく暑苦しいコートやセーターをしまったばかりなのに:笑)。

ああ、そしてそして。M.J.Q.のリスペクトを受けたDjango Reinhardt 。楽器のなかでとりわけギターが好きな私は、仕事の合間によく聴きます。パリの香り、デラシネの繊細さとふてぶてしさが楽しいのです。

ところで、上のイラストレーションは、ついでにでてきた美術学校時代の私のふるいタブローです。なにかのコンペに出品した形跡が(記憶がうすれています・・)。しかし、どうみても Wendy Smith描くY.M.G.、WEEKENDのジャケットデザインからの影響は否めませんね(笑)。

P.S.このエントリをつくりながら、NHK総合の「トップランナー」再放送をみていました。ハナレグミがゲストでした。ラジオからながれてくると、ふと筆をとめて聴きいっていた『サヨナラCOLOR』。ギター1本でのライブにきょうも泣いちゃいました。

と、クローゼットの引き出しをきっかけに音楽の話題をつらつらと。

投稿者 orangepeel : 01:21 AM | コメント (0)

April 07, 2005

Outlook Express

P1020595.JPG

中野区中央、アパートメントのポスト前にて(通りすがりに)。

投稿者 orangepeel : 12:30 AM | コメント (0)

April 06, 2005

Lily #05

P1020508.JPG

P1020594.JPG

P1020591.JPG


うららかな春の午後、またまた今和次郎の考現学のつもり(笑)。
商店街の街路灯を“Lily”と名付けてコレクションしております。

写真上から。
上:下北沢『一番街商店街』。
中:中野区中央。いかにもLilyなデザインの「Lily」。
下:中野区中野。路傍にひっそりと咲くほんもののLily(笑)。

投稿者 orangepeel : 01:11 AM | コメント (0)

April 02, 2005

武蔵野

P1020583.JPG

P1020584.JPG

P1020585.JPG

P1020586.JPG

P1020587.JPG

P1020588.JPG

P1020589.JPG

P1020590.JPG

東京のベッドタウン、所沢。昔、実家があったこともあって、なつかしい気持ちでおとずれてみたのです。駅前のメインストリートは、すっかり渋谷センター街と化していてびっくり。通りをつきあたると新築の高層マンションが林立しています。でも、ちょっと横道にそれると写真のような武蔵野の風景が。所沢市日吉町〜東町〜御幸町あたりをあるいてみました。「こんなところに唐突に川が流れているなんて」という新たな発見があったりして楽しいような、せつないような。

国木田独歩は『武蔵野』の冒頭で「武蔵野の詩趣は所沢にあるような気がする・・・」とすでに懐古の話題としています。明治の作家の言葉にならって、春先のお散歩、でもまだまだ薄着をふるえさせる空っ風。

投稿者 orangepeel : 11:43 PM | コメント (0)

March 22, 2005

西日通信

P1020503.JPG

P1020507.JPG

みなさま、連休はどこへおでかけになりましたか?
私はほとんど仕事をしていたような気がします。ちょこっとお散歩して古書店めぐりをしたくらい。

我が家の前の中野通りが延長されて、まっすぐ南下すると東北沢なのです。ひたすらてくてくあるきます。車はもってないし、それより運転免許ないし(笑)。下北沢の空はひろいですね。風のにおいに季節の変化をかんじとれます。(スイマセン、花粉症とは縁がないのです・・・・)

そういえば昨年もこんな写真を撮りました、下北沢駅の踏切。小田急線の土手にまた、つくしがポツポツ(拡大してご覧ください)。下の写真は線路沿いのコンテナのオレンジいろがきれいで。きいろいフラッグもたのしいなあ☆

春ですね。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 08:51 PM | コメント (0)

March 01, 2005

川をあるいて

P1020405.JPG
渋谷区本町4丁目『弁天橋』。神田川笹塚支流暗渠にて。

東京の失われた川と恋におちるきっかけとなった神田川支流の暗渠(先日もご紹介いたしましたが我が家裏にございます)。モノクロで撮った写真は「昭和?」ってかんじですね(笑)。このあたり、明治の頃はいくつもの村営(代々幡村)水車があったそう。

ところでネットで調べたら、暗渠好きの仲間がたくさんいてたいへん心づよくなりました。その中のひとつ、自転車でお散歩の『あわにっき』は、なんと高校生(!?)の男の子のサイト。

「『ねぇ、君、変だよ、君、変だよ』と言われるくらい泳ぎの達者なドジョウになったつもりで、世田谷の川をめぐる」というくだりにはきゅうっ・・・となりました。青春・・・・☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 10:04 PM | コメント (0)

February 28, 2005

『西新宿』〜MY写真集 #03〜

P1020394.JPG

P1020395.JPG
西新宿『十二社池』三業地のなごり。

7年前に渋谷区幡ヶ谷にうつり住み自分の居場所を確認するため(というか動物のマーキングみたいなもの?)、一眼レフのカメラにモノクロームのフィルムを入れて歩ける半径を網羅したことがございました。十二社池の花街(もちろんワタシの知らない時代のはなし)に30分でたどりつきましたが、ちょっとした旅のきもちになってしまいました。現在都庁をうしろにひかえたそのあたりは、江戸時代の景勝地で夏のリゾートだったそうです。ワタクシのコレクションの古地図(昭和33年)には西新宿4丁目15番地〜32番地に『十二社池』がのってます。

今日、観にいきました、西新宿オペラシティ・アートギャラリーの『森山・新宿・荒木』展。私事ですが、ショップ、ギャラリー5(こちらから展覧会のサイトにも入れます)においていただいてたカレンダーの精算もしなくてはいけなくて。お買い上げいただいたみなさま、どうもありがとうございました。

森山大道の黒々とプリントされた写真がかっこよくて、私もマネして街あるきのあとのモノクロフィルムは、地元笹塚のカメラ屋さんで「濃い目に」とお願いして焼いてもらいます、自分を森山小道とよんでます、ああ、さむいです(笑)。ところで、この写真展はふるくもあたらしくも、新宿の見慣れた風景が満載でたのしかった☆

あの・・。上のワタシの写真なんですが(ホテル「ニュー寿」のショットです)、天才アラーキーの写真をパクッてるわけじゃあないんです、ホント、偶然お散歩途中で撮ったんです・・・(汗、、、)。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 01:10 AM | コメント (0)

February 24, 2005

春つげ鳥

P1020388.JPG

渋谷区本町4丁目。神田川支流暗渠沿いの民家の壁にびっしりとからっぽの鳥かごが。そういえば、うぐいすは『春つげ鳥』とよばれているそう♪

昨日は春あらし、とおもいきや今宵はつめたい雨がふっております。窓の外のバス通りも今夜の工事は中止なのかな。ここのところガス管の補強工事でさわがしかったのですけど。以前夜中に、地中の水道管検査のモニターを(とおりすがりに)見せてもらったことがございましたっけ、あたたかな湯気をたてた排水がゆったりと土管の中に流れているリアルさに感動(笑)。

とりあえず、公言しております『暗渠好き』。この狭い路地はかつて川だったのかあ、と興奮する奇妙な趣味をご理解いただくのはむずかしいのですが・・。写真は我が家近辺でそんな暗渠散歩をしていてみつけたものです。

神田川支流暗渠は渋谷区がまだ農村だったころ、笹塚あたりから玉川上水を分水した農業用水だったそう。西新宿で神田川に合流してました。この暗渠をたどりますと昔日の武蔵野風景に出会えてホントたのしいですよ。みなさまもいかがですか。

春はもうすぐ☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:44 PM | コメント (0)

February 15, 2005

MY写真集 #02

P1020358.JPG

P1020359.JPG

P1020360.JPG

私が幼い頃、父方の祖父母が荒川区町屋にすんでおりました。両親は共働きでしたので、平日の昼間はほとんど着物を縫う祖母のかたわらで絵を描いたり、歌をうたったりしてすごしていたようです。ひとり遊びはその頃から得意だったのでしょうか。

上の写真はまるでそんな時代のふるいアルバムをひもといたよう(笑)。いえ、じつは2000年の春、みんなでその長屋を捜し歩いてみたことがございまして。祖父母の家はべつのかたがまったく現代的なおうちに建て替えられてすんでおられましたし、こどもの頃にはとても広くかんじていた路地もこじんまりとしたもので、ちょっと拍子抜けいたしました。しかし、町屋自体はまだまだ古い住宅や銭湯、ガード下の一杯呑み屋など昭和が残るまちです。夕暮れの日差しのなかで川沿いの風景をモノクロームのフィルムにやきつけたら、こんなレトロなMY写真集ができあがってしまったのです。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

February 13, 2005

Lily #03

PARISnight.jpg
パリの街路灯。(「世界の街路灯」イナダ電工HPより)

笹塚『パンダ』街路灯は「バンブークリスタル灯」というタイプだそうです。私の予想はあたっていた?(笑)。
ちなみに、こちらのメーカーは、昭和39年に『東京街灯』という名で街路灯専門会社として創業。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:36 AM | コメント (0)

February 10, 2005

Lily#02

P1020346.JPG

P1020350.JPG
写真 :渋谷区笹塚1丁目街路灯。“DAY &NIGHT”

今和次郎の考現学のつもりで、商店街の街路灯を『Lily』と勝手に名付けてデザイン調査(大げさ?)しております。おもに、渋谷区、中野区、杉並区など、とても身近な範囲でミクロ的に歩いております。

といっても、July 02, 2004のエントリ(右のARCHIVEで「July 2004」からご覧いただくか、サイト内検索で「Lily」のキーワードからお入りくださいませ)以来、UPしておりませんでした、きまぐれなので・・・。昨年末に、京王線笹塚駅前から甲州街道沿いにあたらしい街路灯が設置されました。よくみると、駅前交差点と中野通りとの交差点のLilyにはてっぺんにパンダがくっついています。写真のとおり、夕暮れにはパンダにも点灯します。「笹塚」→「笹」→「パンダ」という図式で制作されたとおもわれます。ということは、この街路灯は『Lily』ではなく『Bamboo』 ?

ヨーロッパのオレンジ色の街灯はロマンティックですね。パリ市役所には、街並みにあわせた街灯や建造物ライトアップの専門デザイナーのポストがあるそう。

ここは、国際都市(笑)東京都渋谷区です。白熱灯がものがなしくパンダを照らして、ああ、アジアなんだわ・・としみじみおもうのです(これはこれで、おもしろいんですけれど☆)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:22 PM | コメント (0)

名前の由来

P1020344.JPG

バスで新宿にでましたら、デパートではヴァレンタインのチョコレート売場が騒然となっておりました。

昨日エントリした『金柑』は、ビターなチョコレイトでコーティングしたらいかがでしょうか?手作りっぽくて素敵ですね(私自身ためしていないので、成功率は保証できませんけれど・・)。ほら、オレンジ・ピールとダークチョコをくみあわせた大人の味は人気ですしね。ドライフルーツは苦手なのですが、オレンジ・ピールのはいったお菓子は大好きです。マティーニの最後の仕上げにしぼるライムの皮とおなじく、ほのかに香りを残すかくれた主役といいますか・・・。わが社名ORANGEPEELは、そんなイラストレーションを描けたらなあ、という希望で名付けました。それと(以前にも申し上げましたが)、グラスゴーの果汁たっぷりみずみずしいバンド、ORANGEJUICE にもちなんでいるのです。上の写真はエドウィン・コリンズ初来日の際の直筆セットリストです。帰り際、前を歩いてた見知らぬ男の子が突然「これ、やるよ」ってくれたのをずーっと宝物にしてるのです(笑)。

名前の由来といえば、我が家から新宿にむかうバスに乗っていて気になるのが停留所の名前でした。『六号通り』とか『七号通り』とか。その数字の意味は何なのかしら・・・・?調べてみれば単純なことでした。

東京都民の水がめ、淀橋浄水場は1960年代まで現在の新宿中央公園のあたりにありました(その後東村山市に移転)。西新宿〜杉並区和泉まで、水道道路といわれているバス通りはその名のとおり、かつて新玉川上水だったのです。その水道にかけられた橋は、新宿から西にむかって『一号橋』、『二号橋』と順番に名付けられたとのこと。

私はよく、六号通り商店街と十号通り商店街を利用します。
それは、かつて橋の上にたった市のなごりなのでしょうか。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 01:46 AM | コメント (0)

January 16, 2005

1:41

P1020317.JPG

雨は降り止みませんね。
ふるいアルバムをひもといてみた。あしたは晴れるかもしれないし、でもまだまだ雨でもいいかもしれない。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 01:41 AM | コメント (0)

January 05, 2005

L'ecume des jours # 06

P1020285.JPG

P1020275.JPG

P1020273.JPG

P1020272.JPG

P1020297.JPG

P1020302.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

December 03, 2004

MY写真集

P1020211.JPG

P1020212.JPG

P1020213.JPG

P1020214.JPG

P1020216.JPG

デジタルカメラを購入する1年前までは、10年ほど一眼レフに望遠レンズを装着したごついカメラで街あるきをしておりました。フフ、Eugene Atget のパリのつもりでモノクロームの東京写真をとりあつめていたのです。上のアルバムは昭和の風景をもとめたうちの一冊。昔くさいですけどすべて2000年にはいってからのショットですよ(笑)。ロンドンのOrdning&Reda(もともとはスウェーデンのショップ、代官山にもありますね、紙もの好きには大興奮)でみつけたキレイな色のノートにむりやりはりつけてとても分厚いシロモノになってしまいました。

上から。
Ordning&Redaのノートをアルバムにして。写真集「Atget PARIS」みたいに分厚くしてみました。
近所(幡ヶ谷3丁目)の暗渠でくつろぐ黒猫。
ビル屋上に不時着のUFO。五反田。
SMILE。昭和なデザインの車。五反田。
東急池上線高架下。たしか小津安二郎の映画で五反田の高架下がこんなアングルでロケされてたような。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (0)

November 29, 2004

WALK OUT TO WINTER

P1020209.JPG
写真は世田谷区北沢3丁目、森厳寺川暗渠沿いの民家庭にて。

下北沢へのお散歩の際はいつもこの暗渠を泳ぎ(?:笑)ます。狭い路地のあしもとの土管ではかつてのふるいながれをおもわせるせせらぎが耳元をかすめます。このながれは世田谷区代沢3丁目の代沢小学校のあたりで北沢川に合流します。代沢小学校はかつて坂口安吾が20代の頃代用教員をしていたところ。「風と光と二十の私と」にまったくの武蔵野であった下北沢での満ち足りていきいきとした(無頼派としてしられている作家の)生命力がえがかれているので興味ぶかかったのです。

歩き疲れてからだが冷えてしまい夕方5時にいつものお店をのぞいたらもうにぎわっていてホッと安心。冬のてんぷらは、お刺身でもお寿司でもいただいた太刀魚がほっこりして特別おいしかった。でもふきのとうの苦味はどう考えても春のはじまりを予感してしまい、欲張りな私はもうクリスマスとお正月を通り越して、あたたかな日々を妄想してしまったのでした(せっかちとよくいわれます)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:36 AM | コメント (0)

November 21, 2004

アンクルトリス

lump.JPG

glasses.JPG

men.JPG

uncle.JPG

中野駅南口のOLDBAR。バーテンダーは白いうわっぱりに蝶ネクタイなのです。カウンターで山口瞳描く江分利満氏とまちあわせ☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:27 AM | コメント (2)

November 09, 2004

autumn almanac

P1020142.JPG

P1020149.JPG

P1020165.JPG

上:すべり台、西新宿4丁目角筈公園。
中:都営角筈アパート給水塔、新宿区西新宿4丁目。
下:葉陰、中野区中央5丁目。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 09:30 PM | コメント (0)

November 08, 2004

APPLES & ROSES

P1020145.JPG

P1020146.JPG

上:APPLES。新宿区西新宿4丁目、角筈公園。
下:ROSES。新宿区西新宿4丁目、都営角筈アパート。季節はずれのバラ。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:11 PM | コメント (0)

November 07, 2004

L'ecume des jours # 04

P1020132.JPG

P1020133.JPG

P1020139.JPG

P1020140.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:31 PM | コメント (0)

November 03, 2004

小春日和

P1020098.JPG

P1020106.JPG

P1020112.JPG

P1020118.JPG


善福寺川ぞい杉並区和田堀公園までぷらぷらとお散歩をしてしまいました。どこかでおひるごはんをいただいてから家にもどって、きょうは午後のお仕事にしよう、とおもいたって。春のようななまあたたかい空気になつかしい匂いがただよっていました。水と土と木の匂い。いえ、とくにいい匂いではないのです(笑)、なまぐさいというか。季節が逆行しているかんじもちょっとかなしくて。でも、しばし遠い田舎の渓谷にいるようなさわやかなショートトリップをたのしませていただきましたよ。

写真上から。
GAS&天使:杉並区堀ノ内2丁目善福寺川遊歩道。
Fermata:杉並区堀ノ内2丁目青空にうたう鳥たち。
古民家:杉並区大宮1丁目「杉並区郷土博物館」火をたいた囲炉裏端でお茶をいただいて。
和田堀湧水池:杉並区大宮2丁目「和田堀公園」。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 06:50 PM | コメント (2)

October 28, 2004

Mr. Potato Head

potatohead.gif
ひとはなぜMr.Potato Head にこころひかれるのでしょう。コレクターもいるほどですものね。1948年アメリカ生まれの定番おもちゃです。じゃがいも頭に鼻や耳やひげや帽子をつけたりはずしたりして遊ぶもの。ずっとずっと欲しかったこの奇妙なポテトヘッド氏、今日偶然のぞいた環七沿いのリサイクルショップでみつけてしまいましたよ!なんと500円也。1985年PLAYSKOOL社製。ヘッド氏は映画「TOY STORY」の出演(笑)で一躍有名になりましたが、ディズニーストアのは渋さがちょっとちがった。今ワタシはとてもしあわせなのです・・・LOVE☆

P1020092.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 07:19 PM | コメント (2)

Suburbia

P1020083.JPG

P1020091.JPG

P1020089.JPG

都心から西へ杉並区や世田谷区にむかうと、環七をこえたあたりから送電線をささえる鉄塔がめだってきますね。どことなく郊外の様相を帯びた風景にかわります。我が家から水道道路をまっすぐGO WEST、西日探検隊隊長(隊員0名)です。

上:魅惑の裸体を盗み撮り(笑)。渋谷区笹塚2丁目、マンション1階の前庭。
中:文化住宅。関東大震災以降昭和初期にかけて建てられたプチブルサラリーマンのステイタス。杉並区方南町1丁目。
下:ポンプ式井戸。環七をこえると井戸もあちこちでみられます。今もつかわれてるのかな?杉並区和泉1丁目。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 07:02 PM | コメント (0)

October 03, 2004

銀緑ビル

P1010906.JPG

P1010908.JPG

中央区銀座6丁目、銀緑ビル。
上:エントランス天井
下:手動エレベーター
ひさしぶりに銀座にいきました。たまに立ち寄るバー(1953年創業)のある、レトロなビルです。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 12:20 AM | コメント (0)

October 01, 2004

CONCORDE

P1010890.JPG

渋谷区大山町の上空に見たコンコルド、なわけないです(笑)。マンションの屋上でクルクルまわってましたが、これ、なんですか?終焉をむかえた少年たちのあこがれCONCORODEが爽快に飛び立つようすは、こちらでぜひごらんください(音がうるさそう)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 03:27 AM | コメント (0)

September 14, 2004

祭りのあと

P1010822.JPG

P1010818.JPG

P1010825.JPG

P1010828.JPG

P1010823.JPG

秋なんです(はっぴいえんどの曲タイトルをもじりました・・・・・)。
写真は天祖神社あたり、JR中野駅南口から鍋屋横丁にかけて(中野区中央4丁目〜中野区本町4丁目)。
街(中野が街なのかよくわからないけど)のちょっとした、えあぽけっとなのです。

ユリイカ9月号は、「はっぴいえんど特集」なんです。

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (0)

September 08, 2004

Pattern

P1010801.JPG

P1010802.JPG

P1010805.JPG

きっと何十年もそのままで。色あせたデザイン、いえ、それが新鮮に見えるテキスタイル(!?)を町なかでこっそりと撮りあつめてみました。

上/食堂の裏窓にかかるカーテン
中/民家のガレージにうちすてられたちゃぶ台?
下/閉店後のお弁当屋さん入口のカーテン
いずれも、渋谷区本町4丁目にて

投稿者 orangepeel : 10:01 PM | コメント (0)

September 01, 2004

SEPTEMBRE

P1010769.JPG

P1010775.JPG

P1010774.JPG

上/都営住宅の給水塔、渋谷区幡ヶ谷3丁目
中/消防庁宿舎の外階段、渋谷区幡ヶ谷3丁目
下/花芯、渋谷区本町5丁目

いつのまにか、9月。はなびらをすっかり失った花芯もまたうつくしいかと思ったのです。

投稿者 orangepeel : 11:04 PM | コメント (0)

August 31, 2004

Olive

P1010767.JPG
現在休刊になってしまった雑誌「オリーブ」。アトリエにおじゃまします!の第1回で取材いただいたページです(照)。

今日で夏休みは終わり。ああ、こどもの頃一番せつない日だったかもしれないですね。
先日、夏休みの宿題のお手伝いをいたしました。母の知人の高校生のお嬢さんがワタクシの仕事に興味を持ったとのことで、「職業研究の調査」というインタビューを受けてしまったのです・・・・。それで思い出して、大昔のオリーブ(この号の特集は「憧れの職業案内」だったのですね)をひっぱりだしてみました。写真を最大に拡大すると、記事をお読みいただけます。私の顔は、現在と異なります。ああ、エラソーでおもはゆいです。あと、ワタクシ、恋愛相談もとても苦手です。

投稿者 orangepeel : 09:44 PM | コメント (0)

August 09, 2004

PARK HYATT TOKYO

家からバスで10分とはいいつつ、久しぶりにデザイン研究を名目にコンランショップを冷やかしました。とくにお買い物はしませんでしたけれども・・・。そのあと、パークハイアット42階で、ちょこっとくつろいでみました。おみやげがわりにワタクシ、写真をいろいろ撮ってまいりましたがいかがでしょうか?

“SHELL” PARK HYATT TOKYO
P1010714.JPG

“STAIRS” PARK HYATT TOKYO
P1010715.JPG

“POODLE” PARK HYATT TOKYO
P1010716.JPG

“LIBRARY” PARK HYATT TOKYO
P1010707.JPG

P1010708.JPG

P1010709.JPG

“THE VIEW FROM THE WINDOW ”PARK HYATT TOKYO
P1010713.JPG

パークハイアット裏の西新宿3丁目あたりは、まだ十二社池があったころの(三業地というのでしょうか?あるいはちょっとした郊外の観光地的な)60年代から70年代の雰囲気を残す路地に出会ってしまいます。90年代以降に建造されたビル(都庁とかオペラシティとか・・)との対比がおもしろい場所ですね。迷いこんだ袋小路で、あぁ、なつかしい夏の風景だなぁ、とタイムスリップしてしまいました(笑)。

“ANOTHER WORLD BELOW PARK HYATT TOKYO”
P1010720.JPG

P1010721.JPG

P1010723.JPG

P1010725.JPG

P1010724.JPG

P1010727.JPG

P1010730.JPG

P1010732.JPG

投稿者 orangepeel : 12:01 AM | コメント (0)

July 08, 2004

MATCHBOX

P1010621.JPG

P1010619.JPG

P1010623.JPG

以前、神田武内書店にて衝動買いしました。A4サイズの分厚いスクラップブックに1000枚(!?)以上のマッチがきれいに貼り付けてあります。もとの持ち主はたぶん、高度経済成長期に働き盛りだったお父さんだと思われます。レジで店主に「これいいでしょう?」と・・・。ええ、ページをめくれば宝石箱のような。(上から)佐野繁次郎、谷内六郎、鈴木信太郎の名作さえみることができるのですから。マッチ箱とあなどるなかれ(笑)。

P1010615.JPG

私はタバコをすいませんが、みつければいただいて帰るようにしております。
最近はマッチを置いているところが少なくなりましたね。
上の写真は都内の喫茶店やパブなどで集まったものの一部です。あのTOMATO(UNDERWORLDの、ね☆)がデザインしたマッチもございますよ。
みなさんは、この中でどちらかご贔屓のお店はありますか?(笑)

投稿者 orangepeel : 07:59 PM | コメント (0)

July 02, 2004

lily

P1010613.JPG

P1010612.JPG

P1010611.JPG

P1010605.JPG

P1010607.JPG

夕方のお買い物ついでに、渋谷区幡ヶ谷〜渋谷区本町にかけて商店街をはしごしてみました。東京の商店街は、なぜこんなにえんえんとつづくのでしょう。しかも、ワンブロックごとに名前がちがうのですね(旧町名のままで)。7月の青空を見上げていたら、街灯のデザインがいろいろなので気がつきました。
今和次郎の考現学のフリしてスナップを(笑)。

投稿者 orangepeel : 07:32 PM | コメント (0)

June 09, 2004

あじさい通り

P1010555.JPG

P1010557.JPG

上:あじさい。
下:バーバーの店先のゼラニウム。
いずれも中野区中央、丸の内線中野坂上ちかくの名もない小さな路地にて。

実家に向かう途中で撮りました。母の手料理をつまんでいるうち日も暮れ、また雨が降り出して。
雨を待つ花もあれば、夏の喧騒を期待する花もありますね。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

June 01, 2004

地蔵&GAS

P1010531.JPG

まちのちいさなGAS STATIONシリーズ。
世田谷区松原の羽根木公園ちかくの住宅街です。
東京の区分地図などをながめていると(わたくし、地図マニア&プチ、コレクター・・でも方向音痴)、ガソリンスタンドは、その使用目的をかんがみて、二股にわかれてる道や三叉路〜五叉路のような場所の中洲につくられてますね。車の出入りがしやすいように。そして、かつてより田舎のそんな場所にあるもので、旅人の道しるべであるお地蔵様。写真は、現代と古代の生活の象徴が合体してます(笑)。だから、勝手におもしろがっているのです。

jizoumap.bmp


井の頭線「東松原駅」南、大きめの緑色の部分が羽根木公園です。
手元にある古い世田谷区の地図を確認しますと、羽根木公園は昔はちょっとした山(笑)、ガススタンドがあるあたりは、雑木林のなかを川や古道が交差していた、今とかわらない複雑な道すじでした。

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

May 27, 2004

鯨のアゴの骨

kaihiroelvis.jpg

「街角のイケメン(笑)シリーズ」、湘南のELVIS。
先日ご紹介した江ノ島貝広の店頭ディスプレイです。

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

May 22, 2004

Greenwich foot tunnel

modanim1a.gif

大きな河のそのまた地底を歩いたことはありますか?

foot tunnel.jpg

ロンドン郊外のテムズ河下を横断する、GREENWICH FOOT TUNNELは、1902年に開通した歩行者専用トンネル。100年以上前のもの、心臓がどきどきしました。走って通過、のつもりでした、がこんなに長いとは!!壁には錆や亀裂が見られ、水滴がにじみだしているんですから!?

THE WHOの2枚組アルバム“QUADROPHENIA”のブックレット写真集にも使われている場所です。

投稿者 orangepeel : 11:38 PM | コメント (0)

April 30, 2004

バビロン再訪

mickjagger1969.jpg

あらためてイエコウモリの壮観な群を見たくて、石神井公園(東京都練馬区)への小さな旅をこころみました。
バスおたく(笑)な私は、阿佐ヶ谷から石神井公園行きの関東バスに乗ったのですが、ドライバーがミック・ジャガーそっくりだったのです。ゴダールの映画「ワンプラスワン」のミックそのもの?!なのに、ワイルドなお方と思いきや「お気をつけてー・・お乗りくださー・・・い・・・」って、蚊の鳴くような、やさしーい声で。人が悪いですけれど、真後ろの席でじっくり観察してしまいましたよ。

イエコウモリは、まだ時期が早いのか、2,3頭を遠い上空で確認した程度です。
石神井公園のプチ写真集は、ご興味があれば・・・・。
   ↓

P1010474.JPG

三宝寺池の昔と変わらない茶店にて。
京都鴨川のほとりのような風情がございますでしょう(笑)。
東京のはずれですが、なかなか良いところなのです。

P1010484.JPG

モネ(笑)。

P1010478.JPG

ケミカルな色合いがなつかしい「チェリオ」。

P1010486.JPG

夫婦で洋装店と喫茶店を経営している、これもなつかしいスタイルの素敵なお店です。
以前、石神井公園に住んでいたときの休日の午後には、喫茶「リリー」のミックスサンドイッチとビールでHAPPYHOURを(笑)。
こちらの卵の調理方法は「FRIEDEGG(目玉焼き)」でした。
もちろん(かなしいかな)、お洋服を仕立てていただく余裕は私にはございませんでしたけれど。

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (0)

April 22, 2004

桐の花

桐の花をはじめてみました。
東京都文京区根津で。旧浅野侯爵の敷地内です。
異人坂と呼ばれている、坂上です。明治時代に東大の雇われ外国人教師の官舎があったことから。
めずらしい、その桐の花をみてしまったあとなので、根津神社のつつじが凡庸で色あせてみえてしまったのです。

もちろん、桐が東京で自生するはずはなく・・・

私の憶測ですが、かつて浅野家に女の子が生れた際のお祝いに植樹されたのかしら・・・・って。
桐で有名な会津では、娘の誕生とともに桐を育てる風習があり、15〜20年ののち桐たんすを作ってお嫁に出すのだそう。

P1010435.JPG

人の世よりもやや高き
梢に咲ける桐の花
そは誰人のうれひとや
ありとしもなき風にさえ
散りてながるる
散りてながるる
桐の花

「人の世よりも」 三好 達治

ちなみに、この桐は、前年についたつぼみが今年ほころんだもの(一番上の写真を拡大すると固いつぼみがみれますよ)。

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

April 18, 2004

This is love

ankyo a 040417.JPG

ankyo b 040417.JPG

世田谷区羽根木から松原にかけての小流跡です。
地図を見ると、羽根木公園の南で北沢川に合流していたよう。
下町の暗渠とちがって、静かな住宅にはさまれて谷間になっており、ちょっとヨーロッパ(笑)の裏路地をおもわせるのです。BGMはなぜかThe GIST「This is love」。散歩をしてて思いがけず昔の川のなごりを見つけると、とてもときめいてしまうから(私だけ?)。そして、この曲は春になると私の頭のなかで、ぼんやりとした独り言のようなベース音を響かせて誘惑するのです。
下の写真は、かつての武蔵野の雑木林の一部でしょうか。
国木田独歩先生にならって、なんでもない風景にも心うごがしてみたりして。

TheGistは80年代初頭にでてきたポストパンクのバンド(日本では、ネオアコといわれてます)。前身のyoung marble giantsも散歩のお供にいいですね。

投稿者 orangepeel : 10:48 PM | コメント (0)

April 17, 2004

GAS

P1010400.JPG

P1010404.JPG

まちの小さな個人経営のガソリンスタンド。
南部や中西部を舞台にしたアメリカ映画なんかにでてきそうな。
勝手な想像にふけってますが(笑)。

上:渋谷区大山町。じつは大山町は外国大使館関係者も多く住む高級住宅街です。おそらく住民御用達のスタンドなのです。
下:世田谷区北沢。小田急線東北沢駅ちかく。屋根の上の(店主自慢の)盆栽が味ですね。

投稿者 orangepeel : 08:34 PM | コメント (0)

April 12, 2004

暗渠に泳ぐ

sentou-shibuyaku.jpg

地図は、東京都浴場組合ホームページから。渋谷区の銭湯マップです。(赤いマルが銭湯)

昨日の日曜夕方、仕事が一段落したので我が家裏の銭湯にて温泉気分にひたってみたのです。まだ日が落ちるまえの入浴は、贅沢。
ところで、地図を見ないまでも近所を散歩してわかるのですが、渋谷区(に限らず都内)には銭湯が多いですね。特にうちのまわりは、だいたい300〜500m位ごとに点在している、そしてその場所は、かつて川が流れていた名残り(暗渠)なのです。
川が埋め立てられてしまう以前の(東京オリンピック以前の)古い地図が手に入ったら、ぜひ昔日ののどかな川風景を想像しながら狭い路地をたゆたってみましょう。そしてちょっと汗ばんだら一風呂、というのはいかがでしょうか?もう、この時期なら、湯冷めすることもございませんね。

投稿者 orangepeel : 09:54 PM | コメント (0)

April 10, 2004

春宵

P1010391.JPG

街角の美女シリーズ

世田谷区代沢。しずかな住宅街の中の洋装店にて。

代々木上原の花屋でミニ薔薇の鉢植えを買い、てくてく夕暮れのなまぬるい風にあたりつつ散歩。下北沢の「魚真」でのれそれ(穴子の稚魚)などをいただきながら、春宵を催す。
今日はとてもいい陽気でしたね。
(仕事がのこっているのに・・・なんてのん気な!)

投稿者 orangepeel : 10:42 PM | コメント (0)

April 08, 2004

好き?好き?大好き?

P1010388.JPG

P1010387.JPG

P1010383.JPG

わたしはなくしてしまった

なくしたって なにを?

どこかで見かけましたか?

見かけたって なにを?

わたしの顔を

いいえ

verse:
R.D.Laing 「Do you love me?」
写真はクリックして拡大しないでください(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:36 AM | コメント (0)

March 28, 2004

Cherry Blossom

P1010350.JPG

P1010347.JPG

今年も下北沢、北沢川のほとりでお花見をしました。日が暮れてきたら、一匹のコウモリが宴にうかれてる人々をぴらぴらとからかっていました。
小田急線下北沢駅近くの線路沿いの土手には、こんなにいっぱい、つくしがはえててビックリです(クリックして拡大してご覧くださいませ)。

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (2)

March 21, 2004

地下鉄のザジ

P1010338.JPG

東京観光をしました(笑)。

上の写真はベタですが、ライトアップの東京タワー。1958年にたてられました。
日曜の午後ふと思い立ち、我が家のちかくのバス停から渋谷まで、そしてさらにバスを乗り換えて、東京タワーまで。地下鉄を使えば早いけれど、ちょっとした旅行気分をあじわいたくて。
フランス映画「地下鉄のザジ」は、メトロに乗ってみたい女の子が、パリのおじさんを訪ねる物語ですね。でも、地下鉄はストで閉鎖されていて、エッフェル塔でわがまま放題・・・。

期待して、東京タワーにいくたび、なぜか悲しいきもちになるのです。
こどものとき、家族そろって展望台から階段で降りた思い出があるからか(エレベーターが激混みだったので)。突風にあおられながら地上についたときは、足がガクガクだったからか。

ちなみに、エッフェル塔は、高さ324mで、1889年につくられました。
ブラックプールのエッフェル塔」といわれたブラックプールタワー(1894年)は、エッフェル塔を模した、英国海岸沿いの娯楽施設のモニュメント。

towervisit.jpg
(画像をクリックすると拡大でご覧いただけます)

高さは、158mで、東京タワーの333mの約半分ですが、何年か前に訪れたときに見た印象は、ずいぶん立派なものでした。中では、サーカスが行われているらしい(私が訪れたのは季節はずれでしたが)。

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (2)

March 17, 2004

camera!camera!camera!

P1010312.JPG

シャッターをおすと、こんなビックリ!なおもちゃ。
良質なプラスチックを使ったAMBITOYの「FOCUS POCUS」。
オランダのデザインです。

投稿者 orangepeel : 08:42 PM | コメント (0)

March 15, 2004

生命力

P1010303.JPG

東京には、戦後闇市の印象そのままのマーケットが、今でも残ってますね。
こどものころには気づかなかったけれど、その生命力に、いまさらながら感嘆します。写真は、世田谷区某所の市場です。

もう少し、ちゃんと聞いてればよかった、と思うのです。
私の実家では、祖父母も一緒にくらしていたのですが、おばあちゃんが、夕飯どきに、よく関東大震災や敗戦後の苦労話をしていました。子供たち(私の父親とその兄弟)をつれて、闇市にいって食べたものの話。

いえ、苦労、というよりはむしろ得意げだった、あるいは、なつかしげだったかも(笑)。そして、箸をうごかす私の手をみるたび「博美の手はキレイだねー、にくたらしいよ」とか、漬物をぽりぽり齧る私の口元に耳をそばだて「いい音してたべるねー、うらやましいよ」などと言うのです。その「生きること」への貪欲さに、私はうんざりしてたのかも(笑)。

こちらのサイトをご覧になられて、メールをくださるみなさま、ありがとうございます!!とても、感激しております。送っていただいた作品などは、じっくり、拝見させて頂いております・・・・。当社(笑)は、わたくしひとりの零細会社でして、とりあえず、「社員、アシスタント募集!」はしておりません・・・。わたくしひとりが「生きのびて」いくだけで精一杯でして、とほ。

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

March 13, 2004

オードリー?!

P1010293.JPG

街角の美女シリーズ
京王線代田橋駅に程近い商店街にて。不動産屋のオードリー。

投稿者 orangepeel : 09:40 PM | コメント (0)

February 09, 2004

川沿いの風景

川のそばには、工場街や倉庫街があります。

川のむこうには、ポツンとサンドウィッチ屋があります。
魚肉ソーセージや湿気てそうなクラッカーの箱が埃まみれに棚に並んでいます。ガラスケースの中の売れ残ったチーズサンドやコンビーフサンドが、やけにボリューミーなのは、お昼に繰り出す労働者向けだからなのでしょうか。ちょっと裏に入ると、素敵な(笑)飲み屋がならんでいます。「やすらぎの店」「梨楽巣(リラックス、って読むの?)」、やる気のないメニューを見ると、お茶漬けやおにぎり等、炭水化物系のみで。でも、月に一度くらいは、ここで労働の後、ビール一杯でボヤいてみたいのかな。
中野区と杉並区の国境(?)あたりで、本日見かけた、ちょっと懐かしい感じのする川沿いの風景。

投稿者 orangepeel : 10:21 PM | コメント (0)

February 05, 2004

ネオン看板

雑誌「東京人」200号記念で、東京の失われた風景の特集をしてましたね。アドバルーンとか、路地裏のポリバケツとか。

敗戦後から高度経済成長期にかけて、しだいに街頭をにぎわせはじめたネオンや看板。
東京(日本)の悪趣味を代表するイコンですが、私は、大好きです。亜細亜人の生命力というか、笑われても、ヘーキ!みたいなふてぶてしさというか。これはこれで、スタイルなのよ、って感じで。あこがれと不遜と、複雑な。

実は、当サイトのトップ・ページのイラストは、そんな昔懐かしい電飾看板をイメージしております。かつて、山手線の車窓から垣間見たものや、ビルの谷間で見上げたもの。勝手にそんなつもりでたのしんでいるのです。
こんなつたないFLASHも、カワイイ?自己満足ですが。

ちなみに今回は、ヴァレンタイン・ヴァージョンです。

いかがでしょうか?

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

December 13, 2003

オシャレトロ

アンクルトリス(私の中ではトリスおじさん、と呼んでいるのですが)は、ずーっと、憧れでした。
中野に、「ブリック」というサントリー系の古いバーがありますね。小津安二郎の映画にでてきそうな、あるいは山口瞳書くところの「江分利満氏」がカウンターに座ってそうな。壁には昔の「洋酒天国」がずらりと貼られていて、つい、ウットリとながめてしまいます。
バーテンダーの方々も、白いうわっぱりに蝶ネクタイなのです。

投稿者 orangepeel : 03:47 PM | コメント (0)