January 18, 2015

the lair

the_lair_rey_foret_150118mj.jpg
'the lair' © photograph by Rey Foret, 2015


the_lair_hiromisuzuki_150118mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2015




◆◆◆

collaboration with Rey Foret

投稿者 orangepeel : 12:20 AM | コメント (0)

January 13, 2015

Frank Sinatra

franksinatra_gif_150113mj.gif
© poetry, photograpy and gif animation by hiromi suzuki, 2015

投稿者 orangepeel : 01:05 AM | コメント (0)

January 06, 2015

Dial M for ...

dialmforgif150106mj.gif
© poetry, photograpy and gif animation by hiromi suzuki, 2015

投稿者 orangepeel : 07:48 PM | コメント (0)

December 30, 2014

empty room

emptyroom141230gif.gif
© poetry, photograpy and gif animation by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 01:41 PM | コメント (0)

December 27, 2014

mosmodern #2



e-zine mosmodern #2 is out.





ward_no.339_hiromisuzuki_mosmodern02_141227mj.jpg
© visual poetry by hiromi suzuki, 2014 'ward no.339' for mosmodern #2



mosmodern_index_141227mj.JPG
contributors index via Mosmodern (@mosmodern) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:47 PM | コメント (0)

December 24, 2014

Feathers

feathers_rey_foret_141224mj.jpg
'Feathers' © photograph by Rey Foret, 2014


feathers_hiromisuzuki_141224mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with Rey Foret

投稿者 orangepeel : 05:53 PM | コメント (0)

December 23, 2014

聖者が街にやってくる

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


when_the_saints_go_marching_in_141223mj.jpg


© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 08:07 AM | コメント (0)

December 19, 2014

Un fil

unfil141219mj01.jpg

unfil141219mj02.jpg

unfil141219mj03.jpg

unfil141219mj04.jpg
© hiromi suzuki, 2014

collage and screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 11:46 PM | コメント (0)

December 16, 2014

ワンダフル・ライフ

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


wonderfullife141216mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 08:05 AM | コメント (0)

December 10, 2014

good wife

goodwife141210mj01.JPG

goodwife141210mj02.JPG

goodwife141210mj03.JPG

goodwife141210mj04.JPG
© hiromi suzuki, 2014

collage on screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 09:16 PM | コメント (0)

December 06, 2014

0

0_141206mj001.JPG

0_141206mj002.JPG
© hiromi suzuki, 2014

collage, watercolour and screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 12:23 PM | コメント (0)

December 04, 2014

The deal

francoisgaboury_thedeal_141204mj.jpg
© collage by François Gaboury, 2014

thedeal141204mj.jpg


'The deal' © poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with François Gaboury

投稿者 orangepeel : 08:00 PM | コメント (0)

December 02, 2014

collages for gui no.103

gui103collage141201mj01.jpg

gui103collage141201mj02.jpg

gui103collage141201mj03.jpg

gui103collage141201mj04.jpg
© hiromi suzuki, 2014

washi, collage on screenprint.

for poetry magazine gui no.103

*forbidden to copy without permission

Dear Winter,

the sky flowered with fireworks
dreaming of sleigh ride


Dear Monday,

still sleepy
the monitoring camera becomes cloudy


Dear Dr. William Carlos Williams,

a red cough syrup
glazed with snow crystals


Dear Summer,

looking for you in Honolulu
dressed in shining river blue



© poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (0)

gui #103

12月1日発行、詩誌『gui』103号に、詩とアートワーク4頁を連載しております。

gui103hiromisuzuki141202mj01.jpg

gui103hiromisuzuki141202mj02.jpg
poetry & collage on screen print : hiromi suzuki, 鈴木博美  ↑ click to enlarge

*北園克衛『VOU』の血脈を継ぐ詩人・アーティストとご一緒させていただいております。

投稿者 orangepeel : 08:17 PM | コメント (0)

November 29, 2014

sugar bloom

sugarbloom_reyforet141129mj.jpg
© photograph by Rey Foret, 2014


sugarbloom_poetry141129mj.jpg


'sugar bloom' © poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with Rey Foret

投稿者 orangepeel : 09:30 PM | コメント (0)

November 25, 2014

gelato

gelato141125mj001.JPG

gelato141125mj002.JPG

gelato141125mj003.JPG

gelato141125mj004.JPG
© collages by hiromi suzuki, 2014

collage on screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 02:36 PM | コメント (0)

November 19, 2014

nightmute

nightmute_by_reyforet141119mj.jpg
'nightmute' © photograph by Rey Foret, 2014


nightmute_poetry141119mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with Rey Foret

投稿者 orangepeel : 02:45 PM | コメント (0)

November 18, 2014

Accidents will happen 3

accidentswillhappen3_photograph_francois_141118.jpg
'Accidents will happen 3' © photograph by François Gaboury, 2014


accidentswillhappen3_141118mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with François Gaboury 

“Nouveau et dernier poème d'Hiromi Suzuki d'une de mes photos”

投稿者 orangepeel : 12:45 AM | コメント (0)

November 13, 2014

‘Accidents will happen 2’

accidentswillhappen2_141113mj.jpg


“Accidents will happen 2 Nouveau poème d'Hiromi Suzuki”

collaboration ‘Accidents will happen 2’ on François Gaboury's blog photogab.

投稿者 orangepeel : 09:41 PM | コメント (0)

November 11, 2014

Accidents will happen 2

accidentswillhappen2_photograph_francois_141111.jpg
'Accidents will happen 2' © photograph by François Gaboury, 2014


accidentswillhappen2_141111mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with François Gaboury

◆◆◆


‘Accidents will happen 1’ on François Gaboury's blog photogab, “Écrire à partir d'une photo”

投稿者 orangepeel : 09:07 AM | コメント (0)

November 10, 2014

Summer Into Winter

summerintowinter141110mj01.JPG

summerintowinter141110mj02.JPG

summerintowinter141110mj03.JPG

summerintowinter141110mj04.JPG
© collages by hiromi suzuki, 2014

collage, watercolour on screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 07:41 PM | コメント (0)

November 09, 2014

truffe

truffe141109mj01.JPG

truffe141109mj02.JPG
© collages by hiromi suzuki, 2014

collage on screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 02:13 PM | コメント (0)

November 05, 2014

canopy

canopy_by_reyforet141105mj.jpg
'canopy' © photograph by Rey Foret, 2014

canopy_141105mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with Rey Foret

投稿者 orangepeel : 09:15 AM | コメント (0)

November 04, 2014

Accidents will happen 1

accidentswillhappen1_photograph_francois.jpg
'Accidents will happen 1' © photograph by François Gaboury, 2014


accidentswillhappen1_141104mj.jpg


© poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with François Gaboury

投稿者 orangepeel : 02:09 PM | コメント (0)

October 28, 2014

vehicle

reyforet141028mj.jpg
© photograph by Rey Foret, 2014


vehicle141028mj.jpg


'vehicle' © poetry by hiromi suzuki, 2014




◆◆◆

collaboration with Rey Foret

投稿者 orangepeel : 09:45 AM | コメント (0)

October 21, 2014

The swimmer

theswimmer141021mj.jpg

© poetry & collage by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 09:21 AM | コメント (0)

October 17, 2014

love bird

lovebirds141017mj01.JPG

lovebirds141017mj02.JPG

lovebirds141017mj03.JPG

lovebirds141017mj04.JPG
© collages by hiromi suzuki, 2014

collage on screen printing.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (2)

October 14, 2014

Sunday Night and Monday Morning

sundaynightandmondaymorning141014mj.jpg

© poetry & collage by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 11:00 AM | コメント (0)

October 07, 2014

一眼レフの肖像

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


singlelensreflex141007mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 09:25 AM | コメント (0)

September 30, 2014

遠い音楽

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


distantmusic140930mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 10:05 AM | コメント (0)

September 23, 2014

ヘビイチゴのアシハラ将軍

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。



generalashihara140923mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 10:26 AM | コメント (0)

September 16, 2014

雨に唄えば

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


singinintherain140916mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 01:18 AM | コメント (0)

September 13, 2014

Les pays modernes

les_pays_modernes140913mj01.jpg
started collage by François Gaboury © photo by hiromi suzuki


les_pays_modernes140913mj02.jpg
finished collage by hiromi suzuki © photo by hiromi suzuki


collage collaboration 'Les pays modernes'


*P.S.
"Réponse de Hiromi Suzuki du Japon ou le Voyage dans le temps"
via François Gaboury's blog photogab (September 15, 2014)

投稿者 orangepeel : 11:32 PM | コメント (0)

Voyage dans le temps

voyage_dans_le_temps140913mj01.jpg
started collage by François Gaboury © photo by hiromi suzuki


voyage_dans_le_temps140913mj02.jpg
finished collage by hiromi suzuki © photo by hiromi suzuki


collage collaboration 'Voyage dans le temps'


*P.S.
"Réponse de Hiromi Suzuki du Japon ou le Voyage dans le temps"
via François Gaboury's blog photogab (September 15, 2014)

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

La grande aventure des océans

la_grande_aventure_des_oceans140913mj.jpg
finished collage by François Gaboury © photo by François Gaboury (unfinished collage by hiromi suzuki )

collage collaboration 'La grande aventure des océans'

"Deux de deux, réponse à Hiromi Suzuki "La grande aventure des océans" via photogab

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (0)

September 12, 2014

Full Moon

fullmoon140912mj01.jpg
unfinished collage by hiromi suzuki © photo by François Gaboury

fullmoon140912mj02.jpg
finished collage by François Gaboury © photo by François Gaboury

collage collaboration 'Full Moon'

"Un de deux ou avant et après de cette collaboration avec Hiromi Suzuki" via photogab

投稿者 orangepeel : 10:12 PM | コメント (0)

September 09, 2014

ウディの店

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


woodysgrocery140909mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 09:35 AM | コメント (0)

August 26, 2014

A Distant Shore

adistantshore140826mj01.jpg

adistantshore140826mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2014

collage and watercolour on paper.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 09:43 AM | コメント (0)

August 19, 2014

THE GRAND HOTEL

grandhotel140818mj01.jpg

grandhotel140818mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2014

collage and watercolour on paper.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 11:03 AM | コメント (0)

August 14, 2014

collages for gui no.102

gui102hiromisuzuki01.jpg

gui102hiromisuzuki02.jpg

gui102hiromisuzuki03.jpg

gui102hiromisuzuki04.jpg
© hiromi suzuki, 2014

collage, watercolour, charcoal on screenprint.

for poetry magazine gui no.102

*forbidden to copy without permission

To do.*

✓ wash white dress shirt with Winsor & Newton
✓ don't forget to pour apéritif
✓ sing sol‐fa


To do.*

✓ repair the dad's microscope
✓ find Raquel Welch in a small vein of a withered leaf
✓ sing sol‐fa

To do.*

✓ get a bigger teddy bear
✓ change his name into ‘blueberry’
✓ eat ‘blueberry’ pancakes at breakfast


To do.*

✓ fill a paper cup with water
✓ drift through life
✓ sing sol‐fa



© poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (0)

August 03, 2014

gui #102

8月1日発行、詩誌『gui』102号に、詩とアートワーク4頁を連載しております。

gui102hiromisuzuki140803mj01.jpg

gui102hiromisuzuki140803mj02.jpg
poetry & collage on screen print : hiromi suzuki, 鈴木博美  ↑ click to enlarge

*北園克衛『VOU』の血脈を継ぐ詩人・アーティストとご一緒させていただいております。

投稿者 orangepeel : 02:35 PM | コメント (0)

July 29, 2014

楽園ホテル

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

hotelparadise140729mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 10:11 AM | コメント (0)

July 28, 2014

ailes de la chanson

collage140728mj01.jpg

collage140728mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2014

collage, watercolour, charcoal on screenprint.

*forbidden to copy without permission

投稿者 orangepeel : 10:57 PM | コメント (0)

July 22, 2014

sing out of tune

singoutoftune140722mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, charcoal, washi on toner print

sing out of tune
dance to a tune
on the telephone line
in the coffee shop of Holiday Inn



‘sing out of tune’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 11:01 AM | コメント (0)

July 15, 2014

bubble with laughter,

bubblewithlaughter140715mj01.jpg

© hiromi suzuki, 2014 collage, charcoal, washi on toner print

bubble with laughter,
an air bubble in soda water has burst.
a splash of soda water falls into summer,
evaporates like a daydream fast.




‘bubble with laughter,’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 08:25 AM | コメント (0)

July 08, 2014

look through the light to a glass of orange juice,

lookthroughthelighttoaglassoforangejuice140708mj.jpg

© hiromi suzuki, 2014 collage, charcoal, washi on toner print

look through the light to a glass of orange juice,
a glass filled with orange juice reflects the light through the blood to your face.
bite the dried sunflower seeds of vase,
seeds after the blossom of youth.



‘look through the light to a glass of orange juice,’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 10:22 AM | コメント (0)

July 07, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information XIV )

mscried140707mj.jpg
Ms. cried
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

如月出版 刊

ISBN978-4-901850-42-1

図書館のためのブックフェア2014 が、9月より全国11会場897館対象で開催されます。
Ms. criedも、如月出版ベスト10として出展されます。
カラー広告が日販特販部から全国の図書館全館へ送られるとのこと。
Ms. cried が、より多くの方々に末永く読まれますよう、
公立公共図書館選定図書担当様及び館員様、よろしくご検討の程お願い申し上げます。

投稿者 orangepeel : 01:18 PM | コメント (0)

July 01, 2014

see the sky about to rain,

seetheskyabouttorain140701mj.jpg

© hiromi suzuki, 2014 collage, charcoal, washi on toner print

see the sky about to rain,
the sunshade of a pavement gives a lonesome shade to your eyelash.
your eyes shine in a longing for shiny raindrops.
who can tell your story?



‘see the sky about to rain,’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 09:13 AM | コメント (0)

June 26, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information XIII )

mscried140626mj.jpg
Ms. cried
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

如月出版 刊

ISBN978-4-901850-42-1

delta140626mj.jpg
δ- Delta NUMERO 37 Juin 2014

北園克衛「VOU」のメンバーでいらした田名部信氏 主宰の国際的前衛詩誌「δ」37号にて書評を頂戴しました。

_____ ... 詩人は, ことばの見えない清流で, 現代人の日常生活の軽さを洗い出し, その断片と断片のあいだの透明なガラス状の光と意想外な連鎖を楽しんでいるように思われる. かつて水の流れに沿って生活していた女たちが, その水で野菜を洗い, 日々の生活をそれぞれの思いで刷新していたように. だから, 軽さは軽薄さではない. たぶんそれは, ひとの身体の中に生まれつきセットされた生きる技法から生まれる緑の風なのである. 詩人は, その緑の風のことばでできたジャズピアノを弾いているのだ. 聴いて楽しもう. ....
山本一語の写真は, 詩への詩画風の応答ではなく詩の double (分身)である.
77 という数字は, ひょっとするとボルヘスの「七つの夜」に想を得ているのかもしれない. _____

田名部信 「δ」37号 p.45より (一部引用させていただきました)

「δ(デルタ)」新刊・バックナンバーは、書肆啓祐堂 で購入できるとのことです。

投稿者 orangepeel : 06:27 PM | コメント (0)

June 14, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information XII )

77poems140614mj.jpg

thegirlinhersummerhat140614mj.jpg
click to enlarge↑ p.21-22 ‘The girl in her summer hat’

Ms. cried
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

ISBN978-4-901850-42-1

poems are almost in Japanese, partly in English.

投稿者 orangepeel : 06:05 PM | コメント (0)

May 27, 2014

サロペット船長

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

captainsalopette140527mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 11:23 AM | コメント (0)

May 20, 2014

私はまだここにいる

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

imhere140520mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 09:16 AM | コメント (0)

May 13, 2014

インスタント・コーヒーのはなし

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

astoryofinstantcoffee140513mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 09:45 AM | コメント (0)

May 06, 2014

地下鉄の駅で

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

inastationofthemetro140506mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 10:01 AM | コメント (0)

April 29, 2014

愛の出発点

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

sadcafe140429mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 01:22 PM | コメント (0)

April 22, 2014

すべての言葉はさよなら

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

camerafullofkisses140422mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 10:21 AM | コメント (0)

April 15, 2014

無花果の宿

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

fig140415mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 10:06 AM | コメント (0)

April 08, 2014

グッドモーニング、トーキョー

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。



goodmorning140408mj.jpg




© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 08:16 AM | コメント (0)

April 01, 2014

gui #101

4月1日発行、詩誌『gui』101号に、詩とアートワーク4頁を連載しております。

gui101mj01.jpg

gui101mj02.jpg

gui101mj03.jpg

gui101mj04.jpg
poetry & watercolour paintings : hiromi suzuki, 鈴木博美

*北園克衛『VOU』の血脈を継ぐ詩人・アーティストとご一緒させていただいております。

投稿者 orangepeel : 09:09 PM | コメント (0)

世界の果ての井戸

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。


thewelloftheworldsend140401mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 11:11 AM | コメント (0)

March 29, 2014

L'écume des jours #278

ldj140329mj01.jpg

ldj140329mj02.jpg

ldj140329mj03.jpg

ldj140329mj04.jpg

ldj140329mj05.jpg
© photo by orangepeel

poetry magazine, ‘gui’ no.101 vol.36 April 2014

The shipment had completed.

投稿者 orangepeel : 07:23 PM | コメント (0)

March 25, 2014

ドカン夫人

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。



mrsdokan140325mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 11:49 AM | コメント (0)

March 18, 2014

この私の可愛いひと

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

monster140318mj.jpg





© prose poetry by hiromi suzuki, 2014

投稿者 orangepeel : 11:49 AM | コメント (0)

March 11, 2014

みんくる君は Nowhere Man

*以下のテキストは画像となっております。クリックすると拡大で読めます。

nowhereman140311mj.jpg



© prose poetry by hiromi suzuki, 2014
 

投稿者 orangepeel : 12:09 AM | コメント (0)

March 04, 2014

clown

clown140304mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

rain, rain

the band parads the streets

clap, clap

i've never seen an acrobat before

clink, clink

clown melts into the crowd

mom, mom

laugh and be on the wagon

beep, beep

early next morning the circus wagon left for the next dry town



‘clown’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 09:24 AM | コメント (0)

February 27, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information )

77poems140227mj.jpg
‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

ISBN978-4-901850-42-1

【書評掲載のお知らせ 

本日2/27(木)毎日新聞夕刊、
城戸朱理さんの現代詩月評『詩の遠景近景』に
詩集‘Ms.cried’-77poems by hiromi suzuki (如月出版)が掲載されました。


mscried140227mj.jpg
毎日新聞 2014年 (平成26年)2月27日(木) 城戸朱理 『詩の遠景近景』 2月 「生きて在る不安と高揚」より 

投稿者 orangepeel : 09:26 PM | コメント (0)

February 25, 2014

mojar

mojar140225mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

deep sigh blew the raindrops
twining around her wig of curly hair under the beret
and made the lights go off and on

she said

one more cup of coffee
a lighter for cigarettes

sea breeze makes me moist

mojito makes me sad

old woman dreams of two young lions



‘mojar’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 11:05 AM | コメント (0)

February 18, 2014

post it

postit140218mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

she posts a diary with Post-it

pages are full of roses

roses without a thorn
and
dubious words

here, here, post it!

postbox is flush with melted snow



‘post it’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 03:42 PM | コメント (0)

February 15, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information )

mscried140215mj01.jpg
‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

ISBN978-4-901850-42-1

某大手書店様では、金子みすゞ、谷川俊太郎さんと並んで平置きになっておりました。
ありがとうございます。


77 poems by hiromi suzuki 『Ms. Cried』 (如月出版) は、全国の書店にてお取り扱い頂いております。

また、ネットでもお買い求め頂けます。

Amazon

セブンネットショッピング

楽天ブックス

エルパカBOOKS(LAWSON)

hontoネットストア

TSUTAYA online

YESASIA

投稿者 orangepeel : 06:11 PM | コメント (0)

February 11, 2014

チッチとサリー

chicchietsally140211mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

展望台の双眼鏡からのぞいたのは
たった100円の記憶の霞
もう片方の君の目がないと
大笑いしたパノラマが思い出せない
あのとき 背伸びをした君の靴下は
柄違いであわれだったんだ

水道道路のアパルトマンがみえる
誰だろう
勝手口の湯気からこちらをみているのは
双眼鏡のレンズは遠近感をうしなって
街が活火山が夕暮れが
フェイドアウトしていく



‘チッチとサリー’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 12:59 PM | コメント (0)

February 04, 2014

for the first time

forthefirsttime140204mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

one

two

three

for the first time

i fell in love with you at first sight

five

six

seven

ain't it a wonder?

your train went through my station

i know that we can't understand each other forever

nine

ten

at some time



‘for the first time’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 08:35 PM | コメント (0)

January 29, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information )

reyforet140129mj.jpg
© photograph : Rey Foret

Ms. cried in Berlin.

ドイツ在住の写真家・アーティスト、Rey Foret 氏より
‘Ms. cried’ をご購入くださったとのメッセージをいただきました。

Thank you very much* Mr. Rey Foret

投稿者 orangepeel : 07:01 PM | コメント (0)

January 28, 2014

マーガレット

margaret140127mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

駅前のハンバーガー・ショップは
とおい故郷で 旅の途中
灰皿がつみあがったカウンターの端の花瓶
首をたれたマーガレットに
ノスタルジーと蝿がひそんでいる
フライト・ジャケットを着たレイバンの男の

サングラスに透けた眼球から
言葉が落葉のようにこぼれおちる
道を見失った登山者は沢の行き先を想っている
坂の上には曇りガラスにうつる東京都庁

笹塚ー新宿 急行
乗り換えた地下鉄の人いきれ
リュック・サックのファスナーから
ハンバーガーとマーガレット
閉まりかけたドアから蝿が

羽をうしなった蝿が
ある朝の幻にみた雪に俟っている

白い花びらが

上北沢の池のほとりから乗車して
うたた寝の夢のうつつに肩をすぼめる女学生の
パッチワークのポケットに 貝殻のようなしずけさに



‘マーガレット’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 06:54 PM | コメント (0)

January 21, 2014

under the weather

undertheweather140121mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

i'm under the weather

chilly chilly morning

sweater with furballs and moth holes

snowy wind swindled out of my body temperature

thieves are talking big about the return to nature


i'm under the weather

cloudy cloudy evening

raining from the umbrella

strawberry sorbet is rolling to knock at the door

ice making machine is laughing like a wolf howl


i'm under the weather,

so what can I do by the drained marsh?



‘under the weather’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 03:54 PM | コメント (0)

January 14, 2014

telepathic savarin

telepathicsavarin140114mj01.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

the telephone lines are crossed

tinnitus

he says

“you are all right”

he asks

“wine or beer?”

kirsch and rum i need

i need kiss and love


‘telepathic savarin’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 01:10 PM | コメント (0)

January 13, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information )

mscried140113mj.jpg
‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

北沢川文化遺産保存の会でフィールドワークをご一緒させていただいた、
きむらけん氏(文化探査者、ノンフィクション作家、童話作家。北沢川文化遺産保存の会幹事)より、
ブログ「東京荏原都市物語資料館」にて『Ms. cried』を紹介いただきました。
謹んで感謝申し上げます。

_____ イラストレーター鈴木博美さんの詩集『Ms.cried』
昨年2013年暮れに上梓された。彼は我等の古い仲間である。水路系の人だ。
詩集タイトルも後書きに、「武蔵野台地伝承の地『水食らい』に着想を得た」と。

言葉は表象だ。現実の約束事巧みに借りながらうんとこしょっとこと自分の世界に引き込む、軽妙な面白さがある。鈴木さんの詩を読んで、私はそんなことを感じた。発行所、如月出版 価本体二、〇〇〇円+

from 東京荏原都市物語資料館 「下北沢X新聞(2479)〜花袋の玉川電車に乗る〜」 (January 10, 2014)

投稿者 orangepeel : 05:30 PM | コメント (0)

January 07, 2014

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #01







ufo140107mj001.gif





投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #02







ufo140107mj02.gif






投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #03







ufo140107mj03.gif





投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #04







ufo140107mj04.gif











Unidentified Flying Object spangles with
tomato sauce,
shrimps, cheese
and
television set

Me, myself and I
spanned the hypertrophied pizza
You
fell asleep on the dimmed sofa
your dream is full with
spaghetti Western movie

night falls
lights a fire
to take my dress off

I will hear a shower
a shower of applause
Clint Eastwood sings
Rawhide
for a few dollars more


‘Unidentified Flying Object spangles with ’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

December 21, 2013

Ms. cried - ミズクライド ( information )

mscried131221mj01.JPG

mscried131221mj02.JPG

mscried131221mj03.JPG

mscried131221mj04.JPG

mscried131221mj05.JPG

mscried131221mj06.JPG

mscried131221mj07.JPG
© photo by orangepeel

渋谷東急 BunkamuraB1 NADiff modern にて、

‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki
photographs by ichigo yamamoto

2014 hiromi suzuki illustration CALENDAR

販売していただいております。

*クリスマスプレゼントにいかがでしょうか。

投稿者 orangepeel : 07:50 PM | コメント (0)

December 19, 2013

Ms. cried - ミズクライド ( information )

mscried131219mj.jpg
‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

仕事を終えて買い物にでたある夕暮れ、薄暗がりの狭い路地に古びた石橋を見つけました。
かつて渋谷区内に流れていた川の名残りです。
都内の「川」は、1964年の東京オリンピックにあわせ一斉に地下に追いやられてしまったのでした。
カメラや古地図、史料を片手に、東京の失われた川や街の中にひっそりと息づく泉をめぐる、
ちいさな旅が週末のたのしみになっていったのは 15、6年くらい前だったでしょうか。

本詩集タイトル『Ms. cried』 - ミズクライド - は、雨水をすべて吸い込んでしまうという
武蔵野台地伝承の地「水食らい土」に着想を得ました。
その語感は、私には丘陵に城をかまえる、眠りの女王を思わせます。
地中奥深く、礫の砦を築きあげ、眠りつづけるミズクライド。
ケルトや北欧では、ひとびとの「見えないもの」への想いから詩や神話が生まれたように、
私の詩作は、足元にひそむ「水」への想いから始まったように思います。

1999年〜2000年『ユリイカ』に掲載された作品を含め、長年書き続けてきた詩から77篇を編みました。
ひとつひとつの詩は作った年代がアトランダムですが、
日常からひろいあげた物語をモノクロームのオムニバス映画のように構成してみました。

‘Ms. cried - ミズクライド’ あとがき より


77 poems by hiromi suzuki 『Ms. Cried』 (如月出版) は、全国の書店様・Amazonにてお買い求め頂けます。

投稿者 orangepeel : 05:01 PM | コメント (0)

December 13, 2013

Ms. cried - ミズクライド ( information)

mscried131213mj01.jpg
‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

詩にはどれもE.E.カミングスやブローティガン、サリンジャーと同等の感慨を持ち、
山本一語氏の写真は、どれも詩を映して滲みいってくるようで、
トータルで、”もののかなたを見ずクラウド”、
私には、雲の行方を眺めているような詩集になっていて、
とても耽美で美しい本だと思いました。

音楽家・著述家 渚十吾氏よりいただいたメッセージ。

そして、また

詩と写真、英国の”dakota suite”の一連の音楽を思い出しました。_____

とも。

ありがとうございます。

dakota suite


I see your tears


an almost silent life

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (0)

December 04, 2013

Ms. cried - ミズクライド ( information)

mscried131204mj01.jpg
‘Ms. cried’ - introduction

mscried131204mj02.jpg
‘Ms. cried’ - déjà-vu

mscried131204mj03.jpg
Ms. cried @ 戸田書店静岡本店様

mscried131204mj04.jpg
Ms. cried @ 水曜文庫様

mscried131204mj05.jpg
Ms. cried @ 丸善ジュンク堂 新静岡店様

_____ 北園克衛「VOU」の血脈を受け継ぐ詩誌「gui」同人であり、1999-2000年入沢康夫氏選により「ユリイカ」に掲載された鈴木博美の記念すべき集大成詩集。雨水が幻のように吸い込まれ、地中深く眠る武蔵野伝承の地「水食らい土」から着想した表題作を含め、独特の感性で綴られた作品群に、「gui」同人、山本一語の静謐な写真とのコラボレーションが深い余韻を伝える新感覚の詩集。_____

新刊!「Ms. cried - ミズクライド」 hiromi suzuki/著 北園克衛の流れを汲む詩 from 如月出版 (2013.12.03 Tuesday )

77 poems by hiromi suzuki 『Ms. Cried』 (如月出版) は、全国の書店様にてお取り扱いとなっております。
また、お近くの書店様からのお取り寄せもできます。

ISBN-10: 4901850423
ISBN-13: 978-4901850421

*Ms. cried - 77 poems (@mscried) on twitter もご覧くださいませ。

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

November 27, 2013

Ms. cried - ミズクライド ( information)

mscried131127mj.JPG
Ms. cried @ 池袋LIBRO 様

77 poems by hiromi suzuki 『Ms. Cried』 (如月出版) は、全国の書店様・Amazonにてお買い求め頂けます。


書評を頂きました。謹んで感謝申し上げます。

■ 静岡市葵区鷹匠 水曜文庫 様 新刊「Ms cried」のご案内 (November 25, 2013 )

■ 中野新橋 古書 猫額洞 様 鈴木博美・山本一語「Ms.cried(ミズクライド)」 (November 27, 2013 )


*Ms. cried - 77 poems (@mscried) on twitter でもinformationを発信しております。ぜひご覧くださいませ。

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

November 18, 2013

‘Ms. cried’ 77 poems by hiromi suzuki

mscried131118teasermj.jpg

‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

kisaragi publishing, 2013.11.22 on sale

ISBN978-4-901850-42-1

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (2)

gui #100

12月1日発行、詩誌『gui』100号に、詩とスクリーンプリント4頁を連載しております。

gui100mj131118.jpg
screen print : hiromi suzuki, 鈴木博美

*北園克衛『VOU』の血脈を継ぐ詩人・アーティストとご一緒させていただいております。

投稿者 orangepeel : 07:31 PM | コメント (0)

October 29, 2013

from my collage logbook : untitled 5

logbook131029mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 07:06 PM | コメント (0)

October 21, 2013

from my collage logbook : untitled 4

logbook131022mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

October 15, 2013

from my collage logbook : untitled 3

logbook131015mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 08:16 PM | コメント (0)

October 08, 2013

from my collage logbook : untitled 2

logbook131008mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 11:09 PM | コメント (1)

October 01, 2013

from my collage logbook : untitled 1

logbook131001mj01.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 03:38 PM | コメント (0)

September 24, 2013

from my collage logbook : lost and found 4

frommycollagelogbook130910mj01.jpg

frommycollagelogbook130910mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 10:05 AM | コメント (0)

September 17, 2013

from my collage logbook : lost and found 3

frommycollagelogbook130910mj05.jpg

frommycollagelogbook130910mj06.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 09:20 PM | コメント (0)

September 10, 2013

from my collage logbook : lost and found 2

frommycollagelogbook130910mj03.jpg

frommycollagelogbook130910mj04.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 06:19 PM | コメント (0)

September 03, 2013

from my collage logbook : lost and found 1

frommycollagelogbook130903mj01.jpg

frommycollagelogbook130903mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ephemera on paper

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 02:47 PM | コメント (0)

August 27, 2013

from my collage logbook : blackwater 4

frommycollagelogbook130827mj01.jpg

frommycollagelogbook130827mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on charcoal and watercolour.

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 05:01 PM | コメント (0)

August 20, 2013

from my collage logbook : blackwater 3

frommycollagelogbook130820mj01.jpg

frommycollagelogbook130820mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on charcoal and watercolour.

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 02:13 PM | コメント (0)

August 13, 2013

from my collage logbook : blackwater 2

frommycollagelogbook130813mj01.jpg

frommycollagelogbook130813mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on charcoal and watercolour.

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 04:52 PM | コメント (0)

August 06, 2013

from my collage logbook : blackwater 1

frommycollagelogbook130806mj01.jpg

frommycollagelogbook130806mj02.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on charcoal and watercolour.

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 07:56 PM | コメント (0)

August 05, 2013

Ms.cried 1

8月1日発行、詩誌『gui』99号に、詩とスクリーンプリント4頁の連載 “Ms.cried 1” を書いております。

gui130805mj.jpg
screen print : 鈴木博美, Hiromi Suzuki

*北園克衛『VOU』の血脈を継ぐ詩人・アーティストとご一緒させていただいております。

投稿者 orangepeel : 05:38 PM | コメント (0)

July 30, 2013

be an angel

beanangel130730mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage and watercolour painting on screen print.

投稿者 orangepeel : 05:06 PM | コメント (0)

July 23, 2013

where the sunsets

wherethesunsets130723mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage and watercolour painting on screen print.

投稿者 orangepeel : 03:00 PM | コメント (0)

July 16, 2013

we can be happy with

wecanbehappywith130716mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage and watercolour painting on screen print.

投稿者 orangepeel : 06:01 PM | コメント (0)

July 09, 2013

an irritating way of falling apart

anirritatingwayoffallingapart130709mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage and watercolour painting on screen print.

投稿者 orangepeel : 07:56 PM | コメント (0)

July 02, 2013

I am ready

iamready130702mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage and watercolour painting on screen print.

投稿者 orangepeel : 05:04 PM | コメント (0)

June 25, 2013

Don't dream about

dontdream130625mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on screen print.

投稿者 orangepeel : 08:12 AM | コメント (0)

June 23, 2013

雨足

passingshower130623mj01.JPG

passingshower130623mj02.JPG

passingshower130623mj03.JPG

passingshower130623mj04.JPG

passingshower130623mj05.JPG

passingshower130623mj06.JPG

passingshower130623mj07.JPG
© hiromi suzuki, 2013

collage on watercolour paintings.

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 08:19 PM | コメント (0)

June 18, 2013

What to do

whattodo130618.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on screen print.

投稿者 orangepeel : 09:02 AM | コメント (0)

June 11, 2013

After the white water,

water130611mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on screen print.

投稿者 orangepeel : 02:45 PM | コメント (0)

June 04, 2013

allow 7 days

collage130604mj01.jpg

collage130604mj02.jpg

collage130604mj03.jpg

collage130604mj04.jpg

collage130604mj05.jpg
© hiromi suzuki, 2013

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

May 28, 2013

églantine

dogroseflower130528mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ink jet print
5 colours

投稿者 orangepeel : 03:02 PM | コメント (0)

May 14, 2013

How to go

howtogo130514mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ink jet print
7 colours

投稿者 orangepeel : 08:10 PM | コメント (0)

February 05, 2013

Vert Foncé

lantern130205mj.jpg
                                            — Vert Foncé


* Vert Foncé 暗い緑の色 (フランスの伝統色)

screenprint130205mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:03 AM | コメント (0)

January 29, 2013

flamant rose

flamant130129mj.jpg

                                            — flamant rose


* flamant rose フラミンゴ色のピンク (フランスの伝統色)

screenprint130129mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:04 PM | コメント (0)

January 22, 2013

ウィックロー山脈の女王の井戸

guinness130122mj.jpg

                                — ウィックロー山脈の女王の井戸


screenprint130122mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:04 AM | コメント (0)

January 15, 2013

カトンボ

katonbo130115mj.jpg

                                 
                                         — カトンボ


screenprint130115mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:46 AM | コメント (0)

January 08, 2013

いちご寒(さむ)

berrywinter130108mj.jpg

                     — いちご寒(さむ)


*いちご寒(さむ)= 短篇 Robert Penn Warren “Blackberry Winter” の小島信夫・日本語訳タイトル、「いちご寒」から

screenprint130108mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:33 AM | コメント (0)

January 01, 2013

Une histoire d'eau

ストライキのメトロにのって
カーボンのトンネルにトーチを灯す

チョコレイトの煉瓦
ココアバター
シュガーパウダー

snowflake

おもいだしてみた
あの
水の話

ストーブのケトルから
法螺をふく あの
気まぐれな洪水の話

とりすました椅座に隠していた
魔法瓶にゆえだつネガフィルム

テーブルクロスに
ハイライトのわらいが

一滴



       — Une histoire d'eau


screenprint130101mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:53 AM | コメント (0)

August 07, 2012

スモモ

高架駅のホームに暗雲が降り立つ
年に一度の帰省
帰省、といっても同じ都内にある実家だ
窮屈な日々を抜け出したくて一人暮らしをはじめて十年になる
近所とはいえ、親や妹とは電話はおろかメールのやりとりさえない

駅前の八百屋でスモモを買う
竹製の籠からビニール袋に移し変えながら
女主人が東北弁で話しかけてくる
仏蘭西語のようだ

「J'suis Snob」「Bourrée de Complexes」「雨がきそうだね」とかなんとか

玄関に出迎えたのは見知らぬちいさな男の子だ
背後にぽっこりお腹の出た妹がいる
「おかえり」

大学を卒業するまで姉妹同室だった部屋の床にバッグを置く
壁にはthe velvet undergroundのポスターの横に
印刷したての演劇のチラシが貼ってある
ベッドでスモモをかじる
生ぬるい果汁が腕にしたたる
ノックの音がしてドアが開き、妹が顔を出す
その肩には若い男の華奢な腕がかかっている
薬指にはシルバーの髑髏のリングがあった

「彼がデザインした劇団のチラシなの。嫌ならはがしてもいいよ」
男は私に声をかけることもなく部屋に入ってきて
ふたりでベッドの片隅に腰掛ける
ひそひそ話してはクスクスと肩をゆらしている
「みんなで下でTV観ようよ」
ふいに妹がふりむく
「オリンピックなんか嫌い」
私はシーツに身体を横たえる
コロンの香りがふと鼻をつく

翌朝、「普段着の楽なワンピースを買いたいの」
と妹が母と私を買い物に誘う
駅高架下の店を冷やかしながら
インド製ビーズのブレスレットに目を輝かせる妹に
母が「マミちゃん、ちょっと髪が黄色すぎやしない?」と財布を開く

「ねえ、この子、いくつなの」と私が問う
ずっとだまりこんでついてくる男の子は真実子と同じ金髪だ
「五歳よ」母はこどもの頭をなでながら答える
「マミちゃんの?」
「まさか!マミちゃんはそんな娘じゃないわ」と苦笑いする

「不貞は不貞だよ!」
私はおもわず激昂する
「苦しいよりはマシだわ」
真実子が鼻を鳴らす

迷路のような商店街の片隅のカレー屋で
母と妹がはしゃいでいる
私はメニューをテーブルに置き
迷路に飛び出す

頭蓋骨の中に風が吹く

Ne vous mariez pas, les filles


point120807mjnovel.jpg

© text by orangepeel a.k.a. hiromi suzuki

超短篇小説を書きました。
(テキストの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:39 PM | コメント (0)

July 08, 2012

羊歯

 窓辺にすわってテラスをときどき眺め、裁縫箱から針と糸をとりだしてフェルトで羊歯をつくっている。動物の毛を固めて乾かした不織布で、まるで水脈から葉脈に息吹を得たような植物をつくっている君が、何を待っているかを知っている。

 彼は、本棚の単行本のうしろにウイスキーをかくしていて昼間から絶望に寄り添い、泣きながら君のスーパーマーケットへの出勤を見送る男だった。
 
 夕立のあがった頃、僕は大型スーパーマーケットで田舎の母への夏の贈り物にフルーツゼリーの詰め合わせボックスを選びカウンターへ行った。君はギフトコーナーの配送センターのカウンターで働いていた。「熨斗紙はどういたしましょう」と訊いた。「いや、とくにいいや」とぞんざいに答えたのだが、「じゃあ、ちょっとサービスで」と色とりどりの和紙を数枚選んできれいなグラデーションをつけて箱を包んでくれた。「こういう植物の手触りのある紙が好きなんです。私物です。秘密ですよ」と言って恥ずかしそうに微笑んだ。僕は君を仕事終わりの夕食に誘った。しばらく驚きとためらいをうかべていたが、「少しの時間なら。夫が帰宅を待ってるので」と答えた。

 店の近くの中華料理屋で待ち合わせた。制服を脱いだ君は、よくいえば(ホントによくいえばだが)ドロシー・パーカーのようなフラッパー風の古めかしいワンピース着ていた。少女のようにも見えた。
 僕らは腹ごたえのない飲茶のセットをとった。
 「実は僕はグラフィックのデザインの仕事をしているんです。あなたのように包装紙にこだわる店員さんに興味を持ってしまって。ぶしつけなお誘い、ごめんなさい」
 「いえいえ、誘っていただいてうれしいです。私なんか、もう、女、とっくに終わってるとおもってたから」と素直に笑った。
 
 「週1回、教会のミーティングにつきそっているの。時間がもったいないから、女性向けのワークショップでパッチワークとか貼り絵を手慰みに習ってたら、すっかり好きになってしまって。彼は、教会にいくのをいやがるの。クリスチャンじゃないし、どの神にむかって誓いを立てるんだ、って。ソーシャルワーカーの聖人君子気取りが気に入らないんですって」と、とりとめもなく話した。「僕は、本の装丁をやってます。だから紙にはこだわるんだ。紙はパルプでできている。パルプとは樹だ。古代から、神は樹に宿るといわれている。紙は神聖なものなんだ」と熱弁をふるってしまったら「神と紙のお話。というオチね」と君は神妙そうにさびしそうに目をふせた。

 突然、となりのテーブルのポータブルプレイヤーからチャチャのリズムが聞こえ、中年夫婦の上半身が踊りだした。社交ダンスの振り付けの打ち合わせをしているらしい。
 僕らは笑いをこらえながら「落ち着きませんね。出ましょうか」とウエイターを呼んでチェックを渡し、君に携帯の番号をメモしたコースターをすべらせた。
 その日、君ははじめて彼になぐられ、僕に救いをもとめてきて、あれから半年になる。

 ゆうべ電話があった。
 泣きじゃくる彼の咽び声が受話器ごしに漏れ聞こえ、君も一緒に床に泣き崩れた。
 「かわいそうなの」と君は言う。
 
 窓辺で君は待っている。
 絶望が希望にかわることを信じながら、 
 岩陰の水脈にひっそりと生きる羊歯。
 

point120708mjnovel.jpg


© text by orangepeel a.k.a. hiromi suzuki

超短篇小説を書きました。
(テキストの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 12:37 AM | コメント (0)

July 07, 2012

ライラック

 いつもの放課後だった。学校へ夫をむかえにいく。3年前、タツルは東京のメーカーを辞め、海のある町に戻り数学の教師になった。市役所の夕暮れのチャイムが響き渡ると、私は自転車をこぎ畦道をいそぐ。夫とともに他愛のない冗談に笑いながらちいさな商店街で惣菜や日用品を求めながら帰路に着くのが習慣だった。

 その日はめずらしく担任の教室にはおらず、教員室で訊いて美術室に見つけた。すみれさんが生徒たちに囲まれていた。すみれさんは男子生徒とも気軽に話す。学生仲間というように。タツルはそこで美術大学進学希望の生徒と進路相談をしていた。私に気付くと少し気まずそうに(ちょっと待ってて)という仕草をした。相手の生徒が苦笑いをする。

 すみれさんが「これ、きょうの授業の静物画のモチーフにしたの。どうぞお宅に持って帰ってらして」と白いライラックを手渡す。「わあ、きれい。ライラックって結構派手なんですね。居間に飾るわ。ありがとうございます」と礼をいう。
 「すみれさんと話があるから、校門で待っててくれないかな」とタツルがうながす。一瞬、すみれさんと不思議な微笑がかわされたような気がした。

 10分ほどして、教科書類を抱えてやってくる。私の自転車の荷台にトートバッグを投げ入れる。海沿いの防風林をしずかに歩き始める。しずかに、しずかに。
 「今日はあんまり喋らないね」と気まずくなった私が口を切ると、タツルが唐突に「別れたい」という。「すみれさんと付き合っている。ただの幼馴染とばかり思ってたけど、先週映画に誘われて帰りにパークサイドホテルに行った」
 「誘われたんだよね。タツルは別に好きなんじゃないんだよね」と私は取り乱す。
 「寝たんだよ」
 しばらく沈黙が続く。
 おどけて大げさにはしゃぐ彼はいない。緊張した、しかしどこかはりつめた糸が緩んだような、やさしい気持ちがどこか他所の空(くう)にいる。
 防風林の松の枝の伐採をしていた作業員たちが、帰り支度をしている。
 「こんな花、いらない」
 私は、伐採した枝をつみあげた焚き火にライラックを投げ入れる。作業員たちが驚きのまなざしをむける。
 「この花をくれるときのすみれさんの目、意地悪だった。それから口元にいやらしいあざわらいをした。ひとのものを欲しがる不潔な表情だった」
 こういうとき、女は女を責める。男の罪を許す。タツルは黙っている。
 「ほんとうに別れるんだったら、海に飛び込んで死んでやる」と自転車をたおして高潮になった海岸に走る。
 「もう、そういうのが疲れるんだよ」とタツルが腕をつかむ。
 「死にたいこと、主治医に話す」 
 「いつものことじゃないか」
 「本当に別れるんだったら、全財産ちょうだい。知らない町だし身寄りもないもの」と叫ぶ。
 タツルは一瞬躊躇したが、「ああ、いいよ」とあっさり認める。
 「すみれさんの目、意地悪だった。それから口元にいやらしいあざわらいをした。ひとのものを欲しがる不潔な表情だった。あんなひとのどこがいいの」
 と私は繰り返す。

 彼女は本当はうつくしかった。
 ライラックに負けないほどの豪華な笑顔だった。

 潮が満ち、ひっくり返ったままの自転車と高波とともに号泣する。

 彼はどこに帰ったのだろう。自転車のかごの中にトートバッグはなかった。


point120707mjnovel.jpg

© text by orangepeel a.k.a. hiromi suzuki

超短篇小説を書きました。
(テキストの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 04:29 PM | コメント (0)

June 05, 2012

rotary

眠りのヴィークルには
ヴィネガーがたりない

枕を蹴飛ばしたら

「酢!」

というくらいの飛沫がなきゃ

鱈とジャガイモと青豆と
年老いた乳母がのっそりと
最後尾座席に寝そべっている

車掌はここに宣言する
夢から醒めてメロディをおもいついたら
ベルを鳴らせ

百花繚乱のロータリーでいっしょに途中下車しよう


rotary120605mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:47 AM | コメント (0)

May 29, 2012

Johnny Thunder

昼下がりの豪雨に

帰るべき森がゆれ

不安に鳴く鳥たち

ぬれた翼に身体をうばわれ

首をうなだれ 雷鳴の下

出前のバイクをにらむ一羽

酔いどれてるわけじゃあないんだよ


johnnythunder 120529mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:18 PM | コメント (0)

May 22, 2012

嘘レモン

熊,

熊,

熊,

熊,

熊,

熊,

熊,


臍が時を刻む


猟銃で仕留めた毛皮のなかで肉を食む

果樹園のレモン汁が生の臭いを放つ

一瞬の嘘が新幹線でいく


usolemon120522mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 05:55 PM | コメント (0)

May 15, 2012

落花生

妻の留守に落花生がとどく

私は玄関のモニターで小荷物配達人をしばしながめる
包みを抱えた若い男は私の視線をとらえることができないから
気を抜いて拗ねた横顔をカメラに写している
陽に焼けたくびすじにひとすじの汗が流れている
おそらく包みは腕のなかで湿っているのだろう不意に
紙袋がやぶれる殻のついた豆がひとつふたつ
廊下にこぼれる慌てふためいた機敏さで
キャップにかくれた配達人の表情が画面からきえる

郵便ポストには
不在通知と青いカツラと弔電があった


rakkasei120515mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:19 AM | コメント (0)

May 01, 2012

野性

海へとむかう電車の
線路脇にゆれる菫が可愛そうなのだ

岩山の空の隙間に垂れる
陽光をまとった藤が切ないのだ


その

素直さが


wildness120501.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:06 PM | コメント (0)

April 17, 2012

傘 -umbrella-

umbrella120417.png

© poetry by orangepeel


forbidden to copy poetry without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:54 AM | コメント (0)

April 10, 2012

トンチ

沢の門番トンチは日本の北端の精霊で
北欧にも語感のよく似たtomteという小人がいる
水路にかかる橋のした
蕗の葉を屋根にして暮らしていた

巨石の隻眼は知恵を授かる代償だ
雪解けの暗闇のなかでかがやく
よく晴れた朝の陽気に踊る

台所の排水管を交換するため
ひとびとは平和な日々から彼等を追い出した
泉は枯れ 魚はくさってしまった
川は雨に懇願するが
雲はこわれた冷蔵庫

世界は終わり
食卓の皿は
からっぽだ


tomte120410mj.jpg

© words & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 06:45 AM | コメント (0)

April 03, 2012

夜の顔

夜の顔は
みなおなじだ

山のてっぺんには神様がいて
木々の透き間に月がすべる

屋根のうえには猫がいて
したしげな鳴き声で頬寄せる
街灯の粒子が髪をなでる

とおいとおい太平洋の
むこうのむこうの半島で
あなたは夢にねむっている

マッチの火を吹き消す

わすれないでほしい

夜は

いつもおなじ顔をもっていて
あなたの部屋のバルコンで
月明かりにおどけている
やさしい春の花々の
植え込みのなかにいることを


envelope120403mj.jpg

© words & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 06:22 AM | コメント (0)

March 27, 2012

Le pont Amérique -アメリカ橋-

アメリカ橋の下を山手線が走り
われらの恋が走り去る
わたしは思い出す
車両連結部にゆられ
遠い異国への逃避行を語ったことなど

*日も暮れよ、鐘も鳴れ
月日は流れ、わたしは残る

夕焼けにパンタグラフのシルエット
月が欠け潮が満ちる頃
最終列車は君をつれていくだろう
朝日が昇るまえに
わたしは真新しいヘンプのシャツを纏い
恵比寿駅のホームの風にゆれる
カットレースのドレスを想うだろう

線路は街の息吹をとりかこむ
勝手口から立ち上るあたたかな湯気
路地裏にはしゃぐ子供たちの笑い声
退屈をさそうモデラートのピアノ
カーテンごしに物語を追う読書灯

日も暮れよ、鐘も鳴れ
月日は流れ、わたしは残る

アメリカ橋の下には
日常が流れつづける

われらは永遠の旅人だ


*Guillaume Apollinaire‘Le pont Mirabeau’(アポリネール『ミラボー橋』堀口大學訳)

lepontamerique120327mj.jpg

© words & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:29 AM | コメント (0)

March 20, 2012

The Daffodils -水仙-

静かな日に
音がして春

- 春は漠然の
窓の中の手のようである -

と e.e.カミングスは書いた

こぬか雨が

季節の変わり目をじらす
沢の岩かげから羊歯が緑をかがやかせる

窓をたたいて

大河を迂回した側溝に咲く 水仙が
ラッパをにぎやかす 無言のしぐさ

指が語るさびしさは 私だ

ガラス窓のむこうには
鏡のように私がいる


thedaffodils120320mj.jpg

© words & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (0)

December 06, 2011

2011 Mars Odyssey

季節の変わり目の衣替え
水着やスキーウエアを試着したら
冷たい池や落ち葉を足掻いて
水中遊泳や宇宙飛行の
予行演習をするのが年中行事

木々の梢を基地にして
火星にとどくかのような夢をみて
どんぐりや柘榴や栗の実をほおばって
苦くてざらざらしたコーヒーの豆を挽く

森は黎明に饐えた生クリームを溶解する
無限の孤独のブラックホールは
ひびのはいったマグカップに
金満家が注いだ褐色の液体かもしれない

*こんなことなら、いっそのこと
陽もささず
おいらのすすり泣きも
天の鳥たちにもきこえない
暗いほこらに
住んだほうがまし


*民謡(リチャード・ブローティガン『芝生の復讐』より)

echomountainspecialhiromisuzuki.jpg

Si j'étais Pohéteû © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor special issue にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

thank you very much,J.N.☆

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 12:11 AM | コメント (0)

November 08, 2011

La dolce vita

昼休みの最後の10分
建設中のマンションの階段の踊り場で
作業着の彼は缶コーヒーをかたわらに
空からふりそそぐ塵のようなラジオをきいている

食器棚やソファやテレビ台を
夢にみたモデルルームのちいさな世界に
すこしはしゃいで
うっとりと
想像してみる若い主婦たち

しあわせなひとびとをみるのは

かなしい

ダイソンの掃除機は
灰や雲をなぐさめるだろうか

‘人生はすばらしい
けれど
甘い時間はもどらない’

ありふれたラブソングが
コンクリートのガラクタ箱につもりつづける


ladolcevita111108mj.jpg

© poetry & illustrations by orangepeel


forbidden to copy poetry and illustrations without permission
(詩とイラストレーションの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

October 18, 2011

霧の中

ガラスの

霧の中の

青や緑が
森や湖の
清冽な空気と水の色をつたえている


ちいさな陶製のタイルで丹念に紡がれた
ポツポツとうかぶあたたかい灯り

ちいさな生命たちの
ぬくもりとしめった息遣い


poetry111018mj.jpg

© poetry & illustrations by orangepeel


forbidden to copy poetry and illustrations without permission
(詩とイラストレーションの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 05:37 PM | コメント (0)

October 11, 2011

沼地の楽しさ

イエローストーンでもバターシーパークでも八幡山でもいいんだ
沼地の楽しさ
湧き出る水の楽しさ

明日、リチャード・ブローティガンに電話して
秘密の喫茶店で愉快な天候の会話をするつもり


*沼地の楽しさがたえない。目覚めている間中じくじくと流れ、
わたしの現実認識に鰐のごとく食らいついて、
澱んだ水にもそれなりの知性があり、その枠内で考えてやって、
ヒマラヤの空に変えようとしさえしなければ、
それはノーベル賞受賞者みたいに賢いのだ、と教えてくれる。

危険な蛇どもは、ですと?
ナイフやフォークにして使うのさ。
とりえとてない食事も、それで俄然おもしろくなる。
ハンバーグステーキが死活の問題になるのであるから。

蚊ですと?
やつらは空中を飛ぶ血に飢えたエアコンにすぎない。
血に対する利己心を棄ててしまえば、蚊など問題じゃない。

流砂ね?
これは恋人にかける電話みたいなものだと思うのさ。
秘密の天候について愉快な会話をして、
沼地の楽しさを思わせる喫茶店で来週会おうねと約束するのさ。


* リチャード・ブローティガン 《沼地の楽しさ》/ 藤本和子 訳

poetry111011mj.jpg

© poetry & illustrations by orangepeel


forbidden to copy poetry and illustrations without permission
(詩とイラストレーションの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:13 PM | コメント (8)

September 27, 2011

mannequin

門番小屋の窓から
少女のシルエットが海岸通りを見張っている
村人たちはおびえている

頬にそっとふれる
つめたい
硬質な
しかし
溶解を想像する蠟

モノクロームのテレビジョン

フランケンシュタイン

マネキン

思い出と屍の

永遠のループ


mannequin110927mj.jpg

© poetry & illustrations by orangepeel


forbidden to copy poetry and illustrations without permission
(詩とイラストレーションの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:19 PM | コメント (0)

September 20, 2011

september song

septembersongtext.gif


septembersong110920mj.jpg

© poetry & illustrations by orangepeel


forbidden to copy poetry and illustrations without permission
(詩とイラストレーションの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

September 06, 2011

chestnuts

chestnutsmj.gif


poetry110809mj03.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

August 23, 2011

crescent moon

約束の沼に
つめのさきほどの
たくさんの碧い貝がら

離島エアポオトのキオスクでは
指輪や目玉や菓子にして売っている

情熱は計りしれない
ファサアドのかげでまちぶせる
泥濘の滑走路で
機内食をケイタリングする男に
せつなの狂喜をのろう女

飴玉をしゃぶっている
竹馬乗りのコメディエンヌ

マスタアドのような
タバスコのような
碧くもなく 甘くもない
舌ごこち

曇天の交信塔

高く

高く

鼓膜をつく
紅い
クレセント・ムウン


crescentmoon110823mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:20 AM | コメント (0)

August 09, 2011

ケサランパサラン

しめった肌を
なまぬるく なでる風
ビルとビルの壁づたいに
ふわふわとただよう 綿毛

あなたといたことは
誰にもいわない
ノートにはさんで
空耳をはしらせる
蓮華のプールに潜る


温室の

外気とかわらない温度の

なんて
そんなことを


poetry110809mj01.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:53 PM | コメント (0)

August 02, 2011

tut

bore a hole into
our boring


tut-tut


it looks like rain

i love you still


tut110802mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:19 PM | コメント (0)

July 26, 2011

The girl in her summer hat

summerhat.png
poetry110726mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:57 PM | コメント (0)

July 19, 2011

夜のバス

コインランドリーの

乾燥ドラムがまわる
ねむけにさそわれて
読みかけの本から
ゆっくりと 顔をあげる

雨がアスファルトをたたく停車場に
家路をいそぐバスがとまる

夕刊紙に舌をうつ中年男
スーパーのビニールから
デパートの手提げつき紙袋に
パック入りのキッシュや
ウォルドーフサラダを詰め替える主婦
ワイン色のライトが灯った
うすくらがりの車内にぼんやりと
うかびあがる物憂げな横顔

窓際の彼女がこちらを見ている
彼女は 恋をしている
ぼくの手元のブックカヴァーに
じっと目をこらしている
ブックカヴァーは
誤字のまま出力したプリント用紙
すけて見えそうなタイトルを
指先でなぞるかのような まなざし
(月がきれいね)とうそぶく彼女は
鈍感な発車ブザーとともに郊外へとむかう

雨はやみかけて小粒のほほえみ
ふと口をついた ありふれた言葉が
乾燥ドラムにまわりつづける


bus110719mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:34 AM | コメント (0)

July 12, 2011

身内で言ってるだけじゃ世界に通じない。傷ついてるのは自分たちだけじゃない。

身内で言ってるだけじゃ世界に通じない。
傷ついてるのは自分たちだけじゃない。
絶えずどこかで起きている戦争に目をむけていただろうか。
日本で年間3万人とも言われている自殺者に花をたむけてきただろうか。
被害妄想でもなんでもなく現実ではないだろうか。
それは、いつかの私たちではないだろうか。


poetry110711mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

from HRMsuzuki (hiromi suzuki) on twitter

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

July 05, 2011

daydream

leave my daydream
let me dream as I dream

early in the summer
raindrops transferred
from dawn to a narrow boat

you locked me down the river
laughter in the dark was lost at sea

leave my daydream
let me dream as You dream


daydream110705mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 04:56 PM | コメント (0)

June 28, 2011

LHT→NRT

とつぜんの
カミナリ雲に追いかけられて
かけこんだ初夏のパーラー

森のむこうのテムズは
なぜか潮のかおりがした
しめった大気と
ふるい大河に
ありふれた水の境界など
ないのだ

川面をうつ雨音
砂利をかむ靴音
流れにのって あるく
時によりそって わらう

永遠の冒険者たち
青い 夜のない空に
こだまする さよなら
so long, echo mountain parlor!


emp38orangepeel.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #08’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.38にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

thank you very much,J.N.☆

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:51 AM | コメント (0)

June 07, 2011

drizzle

haze110607mj.png

thunder110607mj.png

shower110607mj.png

drizzle110607mj02.png

drizzle110607mj03.png

drizzle110607mj04.png

drizzle110607mj05.png

drizzle110607mj06.png

drizzle

drizzle110607mj07.png


drizzle


drizzle


drizzle110607poetry.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:06 AM | コメント (0)

May 31, 2011

Do you love me?

見つめてるのは
わたしのまつげ?

*好き?好き?大好き?

目をそらした!

きらい?きらい?大きらい?


* Ronald David Laing 《Do you love me?》 / 村上光彦 訳

dlm110531mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 05:02 PM | コメント (0)

May 24, 2011

mori

the silence awoke me from my sleep

morning dew had fallen on mori

a green cheese

kissed away from my lips

i don't like this world

but

i love this world


mori110523mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 06:25 AM | コメント (0)

May 17, 2011

Darjeeling Boy

ちいさいころ
ふたりはひとつだった

紅茶の空缶にあつめた
古絵葉書や家族写真と
レモンイエローの ひよこ

ひよこは
鳴声をくちばしいっぱいに
アルミの箱のすみでふるえていた

アルバムをそっととりだして
「これは生まれたばかりのあなたよ」
ママは剥がれかけた一枚を指さす

アルバムをそっととじて
醗酵した葉の香りがのこる空缶に
ふんわりとよこたわる ひよこの
あたたかな寝床にする


darjeelingboy110517mj.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #07’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.37にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

Rest In Peace,
Mr. Hiroshi Nagai.


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:55 PM | コメント (0)

May 10, 2011

Lemon Tree

ぐらつく虹の橋のした
火星娘とジャバを踊った

池のほとりでキスをして
ユグドラシルの夢をみた

もうレモンは食べられない


lemomtree110510.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 05:12 AM | コメント (0)

April 19, 2011

April Come She Will

april110419text.jpg

april110419mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:14 PM | コメント (0)

April 12, 2011

lodge

I'm on the bridge
and leave on my journey to the next world

heard a clap of thunder
the river in a rage

got a cramp in my leg
a dry cough

*Will there be beds for me and all who seek?
yea, beds for all who came.


*Clistina Rosssetti 《Uphill》

lodge110412mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 02:07 PM | コメント (2)

April 05, 2011

エープリルフールの雪

aprilfool110405text.jpg
aprilfoo110405mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:10 AM | コメント (0)

March 22, 2011

one flew over the cuckoo's nest

cuckoosnest110322text.bmp
cuckoosnest110322mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

March 15, 2011

windows

windowstextmj.jpg
windows110315mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 06:31 AM | コメント (0)

March 08, 2011

The Secret Garden

thesecretgarden_text04.bmp

thesecretgarden110308mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:40 AM | コメント (4)

February 28, 2011

Raindrops Keep Fallin' On My Head

頁のあいだから
落ちてきた押し葉
葉脈に雨だれが
スキップする

あの季節は
どこだったのだろう

反転した時間
珈琲屋のドアをゆらす
風のにおい

あたたかい悲しみが暮れていく

雨がシネマを
封じ込めるから


raindrops110228.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #06’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.36にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:05 AM | コメント (0)

February 22, 2011

stolen kisses

うっすらと暗渠につもった雪に
ぼんやりと川の幻影がうかびあがります

いっぽう
伏流水をあつめていた樹木が伐採された
ちいさな森の池は枯れていくのでしょう
逃げ水の武蔵野台地の果てに育った私は
東京の地下にねむる水に想いをはせます

この狭い路地がながれとなって
あのひとの住む街へつながって

鉢植えのかげから黒猫が
ピンクの舌をみせて啼きます

‘mew!’


stolenkisses110222mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:37 AM | コメント (0)

February 15, 2011

ichiganrefu01.gif

ichiganrefu02.gif

ichiganrefu03.gif

ichiganrefu04.gif

ichiganrefu05.gif

ichiganrefu06.gif

ichiganrefu07.gif


ichiganrefu110215mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:27 AM | コメント (2)

February 01, 2011

sorry!


poetry & collage are comming.

投稿者 orangepeel : 10:00 AM | コメント (0)

January 25, 2011

swallow


   ‘

    ‘

           ‘   swallowgif.gif


            ‘
     ‘
          ‘
          ‘

 ‘


swallow110125.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:01 AM | コメント (0)

January 18, 2011

déjà-vu

月は大洋がなつかしくて
あなたのなみだにふれるのだ

スプーンですくってきらきらと
スノウグローブにだきしめる

恋なんかしてないくせに

てのひらのスポットライトは
右肩先にフェイドアウトする


dejavu110118mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:04 AM | コメント (0)

January 11, 2011

CHARBONNEUX

鷲のつばさが日差しをよこぎり
書きつけた楽譜に躍るくらがり

地の果てにある井戸
かすれていく飛行機雲
灰かぶりの まま子
コークスの まま粉

水足のはやいオクターブで
舞台裏の雑音は暮れていく


* CHARBONNEUX 石炭のような色 (フランスの伝統色)

CHARBONNEUX110111.jpg

© poetry & collage by orangepeel


(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:23 AM | コメント (0)

January 04, 2011

Blanc Cassé

まっ白な魂がないように
まっ黒な悪は存在しない

たたら炉の寝床で
罪の氷晶が溶けてゆく

樹木の屍蝋の湿原は 
隻眼の巨人の あしあと
昇華した格子戸ごしに 
しろうるりの あしおと


* Blanc Cassé こわれた白 (フランスの伝統色)

blanccasse110104.jpg

© poetry & collage by orangepeel


(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 06:33 AM | コメント (0)

December 28, 2010

美しい映像

utsukushiieizo.gif


utsukushiieizo101228.jpg

© poetry & collage by orangepeel


(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:54 AM | コメント (0)

December 21, 2010

見なれた風景

見なれた風景
雨にけむる町の帰路につくとき
ため息まじりの灰色の空

今日も一日 悔いだらけでした
自分に自信がもてずに
人にもまれて
まだ ほんの自由な社会だけど
神経すりへらして
もう これ以上 生きてゆけないと
教室の古い机上に
遺書を いたずら書きするのに
家に向かって 自転車こぐと
ほんの少し甘えた気分で
見なれた風景に よりかかっている
林や畑や
文房具屋や酒屋 それらが
私を町の一部分として 迎えてくれるので
私は その小さな社会に落ちついてしまう

もう 大人にならなければいけない
だのに
その大人自身の言葉が
私を古いキャンバスに ぬりこめてしまうのだ
その
あやふやで
親しみ深い 風景を描いて


minaretafukei101221.jpg

© *poetry( @ 17years old )& collage by orangepeel

*埼玉県所沢北高校 文芸部『藤棚』第三号掲載


(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:05 AM | コメント (2)

December 14, 2010

プラシーボ!

降りつもる雪のしたに
ルルドの泉がねむっている

シャープ・ペンシルで
つついてごらん
♪♪
  ♪
       ♪

Placebo Domino in regione vivorum
___この地に生ある限り歩み続けよう

音楽は魔法のくすり
プラシーボ!

みなさまに祝福あれ!


placebo101213.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #05’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.35にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。


(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 06:47 AM | コメント (0)

December 07, 2010

風は雨をふきとばし空

をふきとばし
イチョウの葉を全部ふきとばした
色づきはじめたばかりの イチョウの葉は
なにかをさがしもとめる チョウのように
追い風にのって 宙を飛び交っている

土の上でグラデーションを発していた木の葉たちは
枯れていく寸前の息づいた湿り気を ほんのすこし
手ざわりにのこしていた 死ではない
詩だ

イエロウ・カーペットは冬へとつづく波浪

           *(ところで風よ風よ風よ
言いたいことがあるのかね 誰か好きだったの

と e.e.カミングスをまねて謳ってみる


* e.e.cummings 《 a wind has blown the rain away and blown 》/ 藤富保男 訳

a wind has blown 101207.jpg

© poetry & collage by orangepeel


(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 05:39 AM | コメント (2)

November 30, 2010

カメラ・オブスクラ

cameraobscura.gif


cameraobscura101130.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:20 AM | コメント (0)

November 23, 2010

ficus locus

目をつむってはいけない

冷蔵庫の奥にこおった軌跡
乾燥イチジクがはなつ奇跡

蜂蜜をねりこんで焼いたメルス
ピスタチオがかおるラビリンス

落葉樹林のけものみち
うつむいた芽は迷わない


ficuslocus101123.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:08 AM | コメント (0)

November 16, 2010

This is 東京 calling ...

‘こちら、東京 ..
こちら、東京
足元をすくわれないよう
ご注意ください’

ヴェネチアやアムステルダムは
水と大気がとけあって
街の光がちがうという

わたしたちのすむ街は
行き場のない水が潜む
ここではないどこか

タクシーのライトが
イチョウ並木をてらす遊歩道
コンクリ蓋の側溝から
湯気がただよう狭い路地
光をもとめた水が
散歩者のひざにまとわりついて
時と場所の感覚がながされていく

‘東京より警報
東京より ...


* inspired by 《Venezia》 Thank you very much, Mr.K.K.

thisistokyocalling.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:09 AM | コメント (2)

November 09, 2010

キッチン・テーブルから

2階のベランダで生乾きの洗濯物をとりこんでいると
どんよりとした空に巨大な宇宙船やテポドンが
すさまじいいきおいで飛び交っているのがみえる
あたらしい空港の管制塔からソニーのプロジェクタで
厚い雲にハルマゲドンの試写会を上映していたのだ

おねえちゃんベッドでものをたべないで夏にきたときゴミ箱に
包みをといたチュッパ・チャップスがすててあった
おかげでシーツが蟻だらけ

クリスマスにはまだはやい一家そろっての団らんは
ありきたりのママの手料理がそえられている
茎ワカメのキンピラやカボチャのグラッセ
白菜のつけものやさつまあげの網焼き、湯豆腐

パパは笑いすぎたのかシャックリばかりしている
パパがシャックリをひとつすると
ママがいただきもののつくだ煮を出してくる
パパがシャックリをひとつ
ママが牛肉のゴボウ巻をひとつ
パパがひとつ
ママがひとつ
キッチン・テーブルは食器やタッパーであふれ
キンピラやらシャックリやら沈黙が洪水となってながれだす
椅子からすべりおちてテーブルは
彼方ホライゾンになる

わたしの世界はいつもここから
はじまっている


kitchentable101109.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:12 PM | コメント (0)

November 02, 2010

インディアンサマー

コートの内ポケットは小春日和なのに
林檎の老木が天気雨をうけて煙草を喫んでいる

泥まみれのズボンをめくって義足をみせ
そのうち夕焼けがにじんで冷え込むだろう
実が熟して醗酵したら最終バスにのるよ

月夜の錬金術師はほくそえむ
pity's akin to love
カルヴァドスをどうぞ一杯!


indiansummer101102.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #04’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.34にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

投稿者 orangepeel : 07:45 AM | コメント (2)

October 26, 2010

tweets

「いっしょに撮った写真でいっさつの本をつくってくれた」
電池のきれた懐中電灯で暗闇を照らしだす
「そのひとは年上で裕福でたぶん夫がいる」
あの日の夢は私を全能にしたのに
きょうの夢は私をくじく
「だから君の質素でかたづいた部屋を愛した
ところが郵便番号7ケタ世代」

「かれは生春巻にエビのすり身とニラをつつんでくれた」
夫は春巻はきらいよサイゴンのあの晩
気分がわるくなったと臥せっていた
サーカス団のどうぶつたちを囲った金網を
ナイフで切り裂く不協和音の口笛が鳴り響く
「おかあさんにきこえないようにしずかに」
デモは1000人をこえたとみんながいっている

それぞれの嘴からこぼれおちたさえずりは
それぞれのものがたり
けっして語られないものがたりに
ふりやまないシュプレヒコール


tweets101026.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:49 AM | コメント (0)

October 19, 2010

ラブスクリーナー

あなたの肥大したハートをスリムにする
痩身マシーン‘ラブスクリーナー’

秋も深まりスーツを新調したいのに
いまだにオーダーメイドでお困りではありませんか
あふれる愛でいっぱいの胸囲を
まいとし採寸するのはふるいふるい
21世紀になって早や10年
うるわしい過去だけをゼロックスして
見当違いな想いはゴミ箱へGO!

いまから1時間以内にお電話のかたのみ
涙腺ジューサーをおつけして99,999円!
抽選で1名様テムズ川源流ディーンの森へご招待

注:小心者のクーリングオフには応じません


lovescleaner101019.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:58 AM | コメント (0)

October 12, 2010

ヤングマン・ステーキ

主訴:失語症

家族歴:同胞3人の長女
次女は嫉妬妄想
三女は線が細い

既往歴:近視
ちなみに次女・三女も度の強いメガネをかけている

現病歴:X (思春期)− 13年、つねに飢餓感にさいなまれ
同胞とともにファミリーレストランに入り浸るが
メニュを手にしたまま30分以上オーダーができない
待ちかねたウエイターに眼差されると
次女がランチョンマットをびりりりと引き裂き
三女がしくしくと泣きだすので言葉をうしなってしまう

診断:‘血’と‘肉’が足りない

治療:投薬の必要なし
労働者たちで混みあうランチタイムをねらい
汗とガーリックの熱れに浮かれてみる
店内にながれるキンキー・ミュージックにあわせ
ナイフとフォークで皿にリズムをとれば
バタに濡れたくちびるから甘えた猫なで声が漏れることだろう


youngmansteak101012.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:51 AM | コメント (0)

October 05, 2010

パレード

いろづきはじめたイチョウ並木のオーナメント
夜ごとふとる風船はお妃さまの寝息のしわざ
連隊長のラッパのごときイビキにはじかれて
夢のつづきは破裂する

戴冠式パレードはもうおしまい
空気のぬけたフラットタイヤは
トイレットロールにそっとつつんで
気障な陽だまりにしずめてください


parade101005.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:41 AM | コメント (0)

September 28, 2010

wallflower

この世の春の顔をして
彼らは新しく壁紙をはりかえたという
ぴったりと皺ひとつない
しみひとつない壁である
ピンクやクリームイエローの花の咲く
ながい冬の終わりを告げる壁である
新居は中古のアパートメントだが
見違えるようにうつくしい部屋になった

エンドレスのビデオテープからフラワーシャワーが香っている
ノルウェイ産の木材でつくられた家具に歓待され
ミルクティーとチョコレートタルトをふるまわれたわたしは
中年の中学生である
ときに彼らはふたりして
いそいそと台所に姿を消す
ひそやかな笑い声とともに
ポットの湯が沸く蒸気の音がきこえる

駅前で出来合いの惣菜と安いテーブルワインを買って
今夜は宿題がのこっているし明日は数学のテストがある
それより机の整理を思い出す
大人になったら恋をするということを
とわに誓う愛というものを
誰かにおしえてもらうのだろう
未だしらないそのことを
嫉妬とほんのすこしの恥ずかしさをもって思い出す


wallflower100928.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:55 PM | コメント (0)

September 21, 2010

burger burglar

笑い上戸の泣き女が
大口をあけてハンバーガーを食らっている
喪服にトマト・ケチャップをしたたらせて
列車の時間を気にしている

正午すぎの一等車には
メキシコからのオパール商が乗っている
炎をゆらすチョーカーを
うばって逃げて火葬場の
なみだの火種につかうのさ

チェダーのかわりにタマネギが
貨物倉庫のコンテナに
スライスされてのこってりゃ
ハンサムでやさしくて気前のいい
洒落者をかどわかすムチャなんて
ホントはヤだよメンドウは


burgerburglar100921.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:19 AM | コメント (0)

September 14, 2010

ピンポン

はじめておとずれた晩秋のころは
住宅メーカーおしきせの
そろってとりすました門がまえと
雑木林をカサカサとふきぬける木枯らし
夕餉のしたくに換気扇から吐きだされる
ささやき声のような生活音に
あくびとめまいをこらえきれない街だった

迷ってしまったセールスマンは夕闇のなか
素足にショートパンツをはいた少女に道をたずねると
鎌倉街道はキジバトが
電柱のうえから縦笛をおとしてきて
たびたび住民にいたずらするのです
という

あわてると闘牛場から逃げ出した家畜が
角を突きたて追いかけてくるのです
少女はそういい
わたしの家の裏庭にピンポン台があるのです
いっしょにピンポンをしませんか
と先にたって近道をうながした

セールスマンはピンポン台を売り歩いている
いいそびれてしまったが
気がつくと
ふたりは足をすべらせ
のり面からころがりおちていた

涸れた小川のほそい溝によこたわったまま
ピンポンはあきらめました
バニラのふとももに鳥肌がたっている
クランベリージャムの鼻血をそっとなめてやる

ニュータウンの日々のことはわすれてしまったが
ピンポン台の商売をやめたあと
しもた屋がつらなるシャッター通り担当の
コピー機のメンテマンになった
ときおりカタログを持参して
営業じみたこともしている


pingpongmj100914.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:44 AM | コメント (0)

September 07, 2010

シチュー安置室

線路沿いの蛇苺をむしりながら港にたどりつく
霧は予感する防波堤をはかいするコルクスクリューの逆襲

コンバンワ
深夜のステレオセットからヴァンパイア
スピーカーから潮騒がもれだし
赤ワインがベッドに侵食しはじめた

瞬間湯沸かし器でからだを洗い
天井裏へとかえっていきたい
さっぱりと黒のナイトガウンに着替えたけれど
安置室のシチューは冷めきっていて


shicyuanchishitsu100907.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:39 AM | コメント (0)

August 31, 2010

sunny afternoon

寝汗に悪寒がして惰眠からさめた夏の午後
部屋のなかに人の気配はなく
ダイニングテーブルには税務署員が置いていった紙片
メイプルシロップ色の女の髪がからまった
ペーパーウエイトがわりのガラスの
ヘアクリップにまで請求がついている

盗賊がしのびこんだかのように
あらゆる棚のとびらや引き出しからだらしなく
ふるいアルバムが散乱している
はがれおちたプリントには恋人たちの破顔のポートレート
お勝手口からさしこむ西日にしずかにしずかに色あせていく

裏庭でゴブリンが枯れかけたケヤキの梢に
こまかく小賢しく音もなくチェーンソーをつかっている
100円ライターで火を焚いていたずらをするものもいて
息苦しさにシャツのボタンをひとつはずした

やがて窓の上半分から影が立ち去っていき
空が蒼いことを知った
こんなに空がひろいことを

16時〜19時指定で集荷におとずれた宅配便に
このおとぎ話の封筒を手わたした


emp vol.33 sunny afternoon orangepeel.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #03’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.33にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

*豆コラージュは葉書サイズにて制作してます。
クリックして拡大してご覧いただけますので、ぜひ。

投稿者 orangepeel : 07:14 AM | コメント (0)

August 24, 2010

欲望

父親の架けた橋のしたで
沐浴をする姉妹がいる
夏をよろこぶ豊かな水が
手入れの行き届いた姉妹の髪を梳いている

陽光を湛えた岩棚にはふたりの衣服が
アイロンのかかった清潔なブラウスや
こざっぱりとしたコットンのエプロンが
それぞれ丁寧に折り重なっている

彼は罪を犯してしまった
そっと隠してしまった
ドレスの持ち主はどちらだろうか
彼はひとりで瀞に深くさまよう彼女を
ずっと見守りつづけている
水中にかがやく自身を驚きとともにながめる
彼女はうつくしい水の精であり
彼の恋人である

いっぽう服を着けた彼女は二度と川へはもどらない
襟の擦り切れたブラウスのしたに
たっぷりの脂肪をたくわえて
机のうえの世界地図をなぞったり
ふるい日記をたどったり
母親が口ずさむ昔の歌を
ほんのすこし音程をはずして
喉の奥で低くころがしてみる


yokubo100824.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:44 AM | コメント (0)

August 17, 2010

私のかわいいひと

台所のとびらを叩くものがあった

燕尾服に正装したフランケンシュタインだった

正確にいえばマッドサイエンティスト
ヴィクター・フランケンシュタイン氏の創造した
じっさい名前すらないモンスター

炊事場の土間はクリークに面していて
孤独の棺を暴かれて地下水道から氷河に乗ってやってきたのだ

鶏卵の黄身だけをポーチドエッグにしてくれないすか
真夜中の曳航には黄金のいろがこころづよいんで

鍋を温める寡婦の足元には名のないクリーク
目黒川に合流して終の住処東京湾に注ぐ


watashinokawaiihito100817.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:03 PM | コメント (0)

August 10, 2010

落花生

姉さんはペガサスノツバサの貝殻をもっていた
辻公園のブランコでかわいたくちびるに
リップ・クリームをぬっていた

みしらぬ風がゼラニウムの花びらを散らすひるさがり
奥歯でゆっくり落花生を噛みくだくたび
耳の中で季節はずれのかれ葉の音がした

あれは東からながれてきた汐だったのだ

にわか雨のさわぎをきく
ふたたび錆びついた自転車のブレーキをきく
白いギャザースカートが稲光にひるがえる


rakksei100810.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:56 PM | コメント (2)

August 03, 2010

ほ座カッパ星

実りを待つとうもろこし畑がつづく海市
野犬の群れにかこまれて逃げこんだ
土葬の墓石にやすんでいたのは
星になりそびれて脱皮したヘビのぬけがら


船体はとっくの昔に光をうしない
帆だけが夜空になびく星座に
泳ぎの苦手なkappaがしがみついている

無限の海に漂いつづける乗組員kである


hozakappasei100803.jpg

© poetry & collage by orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:07 AM | コメント (0)

July 27, 2010

雨に溶ける靴

雨に溶ける靴じゃ川をこえられない

テトラポットに陰干ししていたら
夕立にあたってかたちをなくしてしまった

はだしのまま河口のドックで手をかざし
あのひとの住む街にあこがれているのはセイレン

なにものもわたしの世界を変えられない

なにものもわたしの世界を変えられない


amenitokerukutsu100727.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:35 PM | コメント (0)

July 20, 2010

plein soleil

デパートの屋上遊園地は太陽がいっぱい

ポンポンダリアのコサージュが
ドライフラワーになってしまったサヴァラン嬢

勇敢な消防士をさがしもとめゴーカートに乗りこみ
夏休みにはしゃぐこどもたちをつぎつぎ転倒させ
飲酒運転を注意する係員のすねにおおきなアザをつけて

日除けのついた鑑賞魚売場の水槽
胸に燃えさかるコサージュをなげこみ
たそがれに魅せられてしどけなく泳ぐランチュウになる


pleinsoleil100720.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:27 PM | コメント (0)

July 13, 2010

le rayon vert

神様はさびしがりやだから
わたしたちをこの世につくりたもうた

横断歩道の信号機の「とまれ」「わたれ」の
アイコン点滅をたのしんでいるのだ

死亡率100%のわたしたちは生まれながらにして
朝焼けの雲にうつるtime-lapse の影

そして夕陽が沈む前の水平線に瞬く緑の光線 


lerayonvert100713.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:36 PM | コメント (0)

July 06, 2010

rubber tuesday

川むこうの工場街午後の休憩時刻
菓子屋の店先でミルク味のアイスキャンディをなめていると
焼けた足指をさらしたサンダルのゴム底が溶けるにおいがする

住宅展示場の空き地の茂み
ジャガーがシベリアをくわえて逃げ水を追っている
疾走するタイヤから煙をくすぶらせて

シベリアのパサついたカステラとカステラの間
太陽を照り返したようかんが黒々と雌伏している

こんにちは sugar addict

想いはままならないから
いつもの火曜日
ピアノのレッスンが終わるまで


rubbertuesday100706.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:37 PM | コメント (0)

June 29, 2010

クロのクロウ

雨もよいのゴミ収集日

お金はなくても言葉を紡ぐことができるじゃないか
クロウが耳元でつぶやく

しってるよ
君が電信柱の変圧器のうしろに
ワイヤハンガーと歌舞伎町でひろった餃子と
そして背中から抜いた大事な大事な黒い羽根ペンを
こっそりかくしていることを

不器用なクチバシを苦労して振りたくり
ペンの先っちょで電線をつつきながら
インクは黒い雨だれになって
街の舗道に短い人生のものがたりを落としていく


echo mountain parlor vol.32 orangepeel.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #02’ © poetry by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.32にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

*豆コラージュは葉書サイズにて制作してます。
クリックして拡大してご覧いただけますので、ぜひ。

投稿者 orangepeel : 03:44 PM | コメント (0)

June 22, 2010

花潜り

モンスーンにあおられて
アーティチョークの小舟で新婚旅行

ハナムグリのかわいい新婦は
ダイブしたバスタブでハリウッド女優をきどり
さらし粉入りのシャボンにビロードの背中をひたして
ラジオのサルサ・チャンネルにはじめてのメレンゲ

節足を四方八方曲げたり開いたり伸ばしたり痙攣させたり
くるわしい泡立ちからは細くて華奢な関節しかみえない

やがて風向きのかわった葉陰のゆらぎにあわせてゆっくりとなり

静かな水面につま先をこわばらせて
日々のうたかたに旅立った


hanamuguri100622.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:47 PM | コメント (0)

June 15, 2010

パプリカ・リパブリック

赤いパプリカは空洞に怒りの鼻息を満たし
黄いろいパプリカは不安の吐息を曇らせているが

料理人が得意の包丁さばきで
「ご破算でねがいましては!」

ランドリーのドラム式乾燥機が
月あかりを回転させているあいだに

おなかいっぱいのくちぐちから
愚かで憐れみまじりのささやき
おくびとともに蒸発していく


paprikarepublic.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:31 PM | コメント (0)

June 08, 2010

cul-de-sac

行く場所や帰るところがないときも
森のなかでは迷うことはなかった
お気に入りの木の幹に巣をつくって
芽吹きはじめた若葉の匂いをかいでいた


白い紀州犬の雑種のポアンチュウは
綱を解くと「ネヴァーエンディング・ストーリー」のファルコンみたいに
大口をあけピンク色の舌をひらひらさせて深い緑のあいだをとびまわった
うれしいのか、おそれているのかわからなかった
しまいには遠い天空にきえてしまうのだった


倫敦の路地のどんづまりには
cul-de-sac(行き止まり)という標識をよくみかける
ご親切にも標識の手前の壁に‘cul-de-sac’の矢印があったりする
つまり「行き止まり」が行き先なんだ


ゆうぐれがせまるころの鉄塔の下
赤いペンキ屋根の犬小屋で
いつのまにかポアンチュウはなんでもない顔をして
ペディグリーチャムをおいしそうに食べている
小雨がぱらつきはじめると
風にゆれる送電線が五線譜みたいに
「ジ・ジジ・・・ジ」と子守唄を作曲しはじめる


cul-de-sac100608.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 05:49 PM | コメント (0)

June 01, 2010

太平洋ひとりぼっち

耳の奥にイモリを飼っているスンダラボッチは
寸足らずのトロル、小さな巨人
舌鋒研究所2階記憶倉庫の隅っこの
天井の蛍光灯が切れたデュシャンの泉に棲んでいる


恋の離脱症状にある所長のせせらぎ先生は
ひびの入った手洗い場の鏡に鼻歌まじりで顔を寄せ
リズミカルな枝ぶりを披露する魅惑的な
3人組のニューロンにすっかり気をとられている


雨合羽の裾がびしょ濡れになってしまったスンダラボッチには
換気扇からロネッツ‘Be My Baby ’のイントロ
ドラムのイントロだけのくぐもったリフレインしかきこえない
水道管を漂って河口にでてみようか
太平洋ひとりぼっち


taiheiyohitoribocchi.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

May 25, 2010

waterpistol

癲狂ホテルの回廊が一角一角一秒一秒
マリングレイの薄闇にうばわれていくゆうぐれ
フィラメントにかくれんぼをしていた天使たちが
一斉にオレンジのちいさな灯りを点す

あしたは雷雨になるでしょう

鍵のこわれた部屋のブラウン管からとびだした
気象予報士の声だけが島をかこむ砂浜をあるいている

かなしい気持ちでいっぱいなのは潮が満ちた海だ
遠くにはウクレレでエルビスの真似をしている遭難ボート
重くたれこめた雲にみえかくれしている

あさっても
しあさっても雨になるでしょう
空と地上の区別がつかなくなる予報となっております


waterpistolpoetry.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:41 PM | コメント (0)

May 18, 2010

秦野パサデナ急行

早朝5時、パジャマのうえから蓑をまとってでかけた君を見送った
小田急線のホームにはCG合成のような雪が黎明を透かして舞っている

「急行秦野セブンイレブン行きはまもなく参ります」

秦野の丘陵の
いや相模湾の
いや地球上の
いや宇宙のどこかの惑星帯に

パサデナという小惑星があるんだ
天文台のマカロニからのぞいてごらん

Ma Caroni
なんてすばらしい!

さようなら
マカロニ・サラダ


hadanopasadena.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (0)

May 11, 2010

CARPE DIEM

電子レンジから耐熱皿を落として華やかに割ってしまった

HAPPY BIRTHDAY !

どなたか存じませぬが
貴殿の誕生日でありましょうか

散らかった台所の床は
78回転のカレイドスコープになって
色とりどりのガラスのペチコートが
4分の2拍子で足を翻して踊りだす

カルペ・ディエム
今日という日を摘め


carpediempoetry.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:02 PM | コメント (2)

May 04, 2010

檸檬愛歌

カリフォルニアの農園で
甘すっぱいジュースを期待されている
やさしい薄皮のレモンイエローとちがって
潮風をまとった太陽にぶらさがる野生の私は
ごつごつとかたくて吹き出物だらけのあから顔
アゲハの幼虫でさえ果実に到達できずに
渋皮のなかで窒息したこともあるのだ

君が植えてくれた檸檬の木

若くて健康な苗から
高枝切バサミで手にとって
唇に食んでみてくれたけれど
矯正中の白い前歯がゆがんで
とびちった果汁の酸が君を泣かせてしまった

一瞬、正気にもどった私は
君の指からころがりおちて乾いた土にかえったのだ

君が植えた健康な檸檬の木
ことしも雨の季節がおわったら


lemonlovesong.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 01:39 AM | コメント (0)

April 30, 2010

幻想辞典

gensohjitenmj.jpg

「辞書読みの言葉知らず」と自分をわらいながら、
部屋のあちこちに辞書や辞典をちらかしている我が家にて、
最近、欠かさず読んでいるのが渚十吾氏の‘幻想辞典’です。

世界の秘密を毎日たのしみにひもといているのですが、
なんと「カリントウ将軍」が辞典入りしてしまった!

thank you very much,J.N.☆

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

April 27, 2010

カリントウ将軍

花が散ってうたげの去った夜更け
ジェネラル池のあずま屋から
旅芸人の姉妹がじっと窓をみあげている

窓は2重サッシだから屋敷のなかには
弦をゆるめたギターのざわつきや
枯れた芝居の嗄れた咳払いなんかきこえてこない

でも夢うつつのカリントウ将軍は
枕越しに黒い蜜のたっぷりかかった花林糖を
たくさんたくさんほどこすのだ

娘たちの頬は花林糖で眠り
将軍がほりあてた深い水脈をただよって
ドヴ川にひたる橋脚のトルソウになる


karintoshogun.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #01’ © poetry by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.31にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩というか散文の連載はじめました。

投稿者 orangepeel : 09:49 PM | コメント (0)

March 30, 2010

カナテコ クレイフィッシュ

岸辺の泥濘にはピクニック用ティーセットがうまっている
底抜けポットのまんまる孔のいくつかから
甘いお茶がふつふつと湧きでている

「ボク・・・・・・・・・ョ。」

    
   「ボク・・・・・・・・・ョ。」

 
「ボク・・・・・・・・・ョ。」

ザリガニが片目をつむり茶をあじわい
赤いいろや青いいろのハサミを心細げにさしだしてくる

カナキンの湖面には袖なしワンピースの型紙が
浅くしずかにひび割れ溶けはじめて
白い花びらたちは蓮糸のカナテコにまたがって

「春・・・・・・・・・・ョ!」


kanatekocrayfish.jpg

© poetry by orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

December 12, 2009

コーヒー電話

P1000438.JPG
@ jasyumon,setagaya,tokyo

カップに口をつけると
コーヒーの波紋からくぐもった声がきこえる
こまったような表情がうかんでくる
のみほしたら
サヨウナラ

© poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (0)

October 01, 2008

apricot

夜明けか夕暮れのウトウトした瞬間
さざ波ひとつないアプリコット色の海原に身をまかせていると
太陽のあしもとから麒麟がひょうきんな顔をうかべてやってきて
水しぶきもあげずに空に飛び去っていった長いウシロ足と
ふりかえったあいくるしい角

日光浴の役人たちが君はしあわせだね
キリンと波間にほほ寄せ合うのは幸福のあかし

潮が引いて砂浜にのこったのは
マジックの抜け穴らしき暗く深いマンホール
魔術師はここから吸い込まれたきり
地中奥深く眠ってしまったのだろう

アプリコットの色は甘いワインの色
船長が夢みた空き瓶のなかのメッセージ

© poetry by hiromi suzuki

10月になりましたね。
カレンダー、製作中です(汗)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 12:39 AM | コメント (0)

August 21, 2008

芝生の復讐

妹が結婚するので
引越し業者が荷物を運び出している
裏庭の大豆色の芝生では
飼い犬や猫、ワニのたぐいが
興奮して走り回っているのだ

私は縁側で彼等をながめている
ワニが池から這い出して
紀州犬のポアンチュー2号の後ろ足にかみつく
小春の空は
永遠に雨が降りそうもない
白いエナメルの
うそつきの差し歯の空だ
ひとの年齢なら八十近いポアンチュー1号が
ほこりっぽい日向くさい白い毛をふわりと気取り
私のとなりに落ち着いて言った
そういえばあんたのダンナは死んだばかりだね
ポアンチュー1号は賞味期限切れの舌からヨダレをたらし
けもの臭いいきをはいてハッと笑うのだ
私は泣く
とりこんだばかりの洗濯物を手にとり
顔を覆って号泣する
無印良品で買ったコットンのストライプのハイレグ・ショーツが
ブレスレットのように腕にからみつくのだ

平日にひとりで遊園地に行った
エントランスでカバンをひったくられそうになったが
警官が脅してくれた
海辺の観覧車のそばでゴジラ・ショーが始まり
パトロール中の先程の警官が私に微笑みかける
私は石段を登って国道沿いのタコ焼き屋でおみやげを買い
この遊園地で夫とともに休日を過ごそうと計画をたてたのだ

ガラス窓のむこうで父が丁寧にアイロンをかけたハンカチや鏡や口紅を収めたちいさな箱を開けている
妹が諌めている
おねえさんが大事にしてたエチケット・ブラシだよ
父はそれを背広のポケットに入れる
乾いた芝生の上では
白い腹の方まで干からびてしまったワニが
うるおいを求めて
私の肉をしゃぶっているのだ

© poetry by hiromi suzuki
「ユリイカ」1999年5月号入沢康夫氏選<今月の作品>掲載

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

September 07, 2007

Ms.Cried

mscriedvinyl.jpg

*******

ブラインドをうすく開けてオペラグラスで覗く。通りのむこうの惣菜屋。つい先程までいたのだピクルスを吟味しているわたし。黄色いシャツの中年女が話しかけてくる。このひと(トウのたった惣菜屋の独身の女店主のことか)からもらったお土産だよ(灰皿に瓶ビールの王冠が三十個くらい)バス・ツアーで海にいったんだよ(灰皿と王冠のどちらが土産だろう?両方か?)木のボードウォークの上をバスが走るんだって。海岸にはオモチャみたなホラ貝がいるんだって。生きてるんだって。雲にとどきそうなくらい潮を吹くんだって


食事を用意する窓の下を路線バスは日に何度行き交うだろうか。バスの中のあなたからは見えない手元からマッシュルームを落としたわたし。あなたは鍋屋横丁の停車場で降りて後悔するだろう。強い陽射しにへきえきしながら駅ターミナルまで歩くのだろう。デパートの屋上遊園地にでるのだろう。機械仕掛けのクマのジャンボリーに大笑いして気味の悪い手拍子をうつのだろう。ほんのすこしでもわたしのことを思い出さないだろう。エスカレーターからかけ上ってくるなど思いつきもしないだろう。ましてわたしが昼食ではなくあなたを思うことなど


道路清掃車は午前四時。アスピリンを溶かした枕元にしずかに洗剤入りの水を撒いていくのだ。さっぱりしたアスファルトはミズクライドをしらない。丘陵に城をかまえる眠りの女王。かすかな黎明のアルペジオごときに心をうたれることはない。道路清掃車よミズクライドにつたえておくれ。おめざめには届けようクレソンのサラダとたっぷりのミネラル・ウォーターを。生きたホラ貝を空にとどく噴水を。王冠三十個をクマたちのうたごえを

『Ms.Cried』 poetry by 鈴木博美

*ミズクライド=水食らい土(武蔵野台地には、厚い火山灰の関東ローム層の下に礫層があり、雨水が全てそこに吸い込まれてしまうという伝説の土地がある)

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:13 PM | コメント (0)

GEM

gemcassette.jpg

*******

となりの宝石店の主人からウサギを二匹ゆずりうけ台所で皮をはぎ内臓をとりだした 甘辛いタレを刷毛でぬりつけ丸焼きにする料理だ 獣臭くないように臭わないように空洞の腹に香草をつめるからだ 宝石店の主人はロマンチストでガラスケースの中から蝶のブローチをとりだし色あせた広告モビールの間に飛ばしてみせる売れ残って錆のういた銀製の蝶である 蝶はウサギの毛皮をぬいあわせたわたしのチョッキの胸にダランととまる母の日の贈り物にと安くそれをもとめるチョッキは少し生臭くて


宝石店の主人はスタイリストで水曜日の午睡の枕元で恋文をしたためるのだ 客がくればサッサと起き出して古びたクローゼットからワイド・スプレッドのシャツをはおりドアノブにかかったネクタイを首にまく 埃まみれの陳列棚の横に巨大なオークのベッドがあって主人の母親がチョコンとねたきりになっている枕のくぼみを探ればみつかる白日夢をそらんじる小指ほどのちいさな母親


夏の風のなかを若い馬がたてがみをなびかせて通りすぎていった海岸なのに わたしは気づかなかったそれより電子レンジにいれたウサギのことが心配で オレンジジュースを飲みましょうかワナダイズの『君と僕の歌』をききながら「パリに行きたいのに小鳥のいたずらでちいさな町をでられない男の子」のソール・バス画の絵本をよみながらビー玉が二階の床を打つ音に耳をふさぐことにしましたウサギ料理には青豆とじゃがいもをそえる 窓のそとの青いイチョウの葉にひかりがゆれている となりの宝石店の偽サファイアに西日が反射しているのだ 花園町にすんでいたころ近所のお兄さんがわたしのひろった花崗岩をダイアモンドだといった ダイアモンドは団地の焼却炉から飛びおりたり灯台下のブッシュにもぐりこんだりした際になくしたらしい けさがたの殺人現場のものものしい駅前に美しく成長した妹を迎えにいく

『GEM 』 poetry by 鈴木博美

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:33 PM | コメント (0)

March 26, 2007

正餐ジャーナル

P1070564.JPGP1070553.JPG

チキン・スープ用の骨付き肉を
白いビニールぶくろに下げたコック見習いが
雑踏にまぎれて横断歩道のむこう側から歩いてくる
白いユニフォームはそのままだが
汗ばんだ短い髪と節だった裸足のサンダルを
夕立前の陽射しにさらして
すれちがっていく
ビニールぶくろは
まだ生の血でいっぱいだが

前歯を欠いた愛人は
眼鏡をはずしてキスをする
ホテルのロビーで外国製の
七味唐辛子をプレゼントされたのだが

新築マンションのモデル・ルームで
キッチンの模造大理石の調理台に
鯛がかざってある
もう腐っているのだが
寝室のクローゼットの隙間から
醤油漬けにんにくを噛むにおいがする

洗面所の蛇口から
ミミズがでてくるので使用しないように
ペット・ボトルの水で歯をみがく
ふたつ重なったペーパー・カップのひとつをとると
下のカップからつぎからつぎと
渇きを恐れたミミズがあふれだす

『正餐ジャーナル』 poetry by 鈴木博美 1999

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

March 23, 2007

誘惑

P1070550.JPGP1070536.JPG

はちがつのデパートに帽子をかえしにいく
ドライ・クリーニングで縮んでしまった
つば広のピケ帽をかかえ
ながいエスカレーターに乗る
婦人服フロアの夜勤の店員は
縮んでいるだけでなく
みつばちが巣をつくっている帽子を
裸のマネキンに戻してしまった
毛のない頭部は激昂している
はちみつが首筋に甘くからむだけでなく
顎でむすぶサテンのリボンの先がヘソのあたりで
名のない小惑星とつながっているのだが

代替品はニット帽にしなさい
目深にかぶれば
かくれんぼに勝てる
歌のじょうずな会計士から
娘じまんの振付師から

伊勢海老ずきの僧侶から
七回忌の電話が鳴っても受けてはいけない
熱砂に足をとられても
うたた寝のなかで僻んでも

『誘惑』 poetry by 鈴木博美 2000

◇◇◇

画像はいずれも古書店やデパートの古書市などでであつめた古切手や封筒です。
きれい。拡大してごらんくださいませ。

◇◇◇

poetry”カテゴリつくりました。
まとめてワタクシの詩をおたのしみいただけます。
そう、たのしい詩です☆

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

March 22, 2007

ハネ・ムーン

P1070525.JPGP1070526.JPG

風呂場の排水口が枯れ葉や空きカンでつまってしまった
十一回目の温泉旅行に出るため
フォーク投げの名人とともに
強盗団のバス・ツアーに参加した
昼食に寄った英国式庭園の中の食堂で
チキン・スープとチーズとラズベリー・パイをとった
ほとんどの老人がチキン・スープを食べている
名の知らぬ香ばしいキノコがはいっている
カサカサに乾いたかたいパンが添えてある

フォーク投げの名人が
私のうしろの白い壁めがけて
フォークを投げるのである
しつこく投げるので
私もテーブルの上の油まみれのフォークを
そっとチノ・パンの尻のポケットにかくしておいた

強盗団は夕暮れをぬすみ渡っているそうである
夕焼けだけじゃない
嵐のあとの海原に落ちた毛玉だらけの空の色など

バスは夜を忘れて朝に月
私は最後部の座席で
塩を振ったレタスをはさんだだけのバタ・トーストを
バリバリと食べる

『ハネ・ムーン』 poetry by 鈴木博美 2000

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (1)

March 21, 2007

河骨

P1070510.JPGP1070521.JPG

崖上に陽を浴びる屋敷を見上げながら
代々木八幡わきの蛇行する切り通しを歩く
彼女は景品スタンプを
シャツの胸ポケットにしのばせている
通り雨と汗でそのシャツの背は
やわらかい肉を透かしている

屋敷で待つその男とスタンプを交換すればよかった
スエーデン産の木製玩具や金魚や
古い切手の初日カバーや電子レンジ
カストール画帖や宅配ボックス
あらゆるものを手にいれて
ついでに親不知を抜いてもらい
巻き爪にはマキロンを吹いてもらった

手持ちのスタンプが寂しくなると
彼女は商店街でせっせと買物をして集めた
ささげを一皿で一枚
木綿糸と千枚通しで三枚
豚肩ロース五百グラムで四枚と

河骨川の底に母親の骨が埋まっている
彼女が雨上がりで濁った流れをのぞくと
カラカラと機嫌良く笑い
涼をもとめる人足たちの踵をコツコツとからかい
石の裏の甲虫をポリポリと食べている様子があった
時々川端の民家の居間からきこえる拙い練習曲に
娘の幼いころのピアノを思い
ゆらゆらと陽の色のほほえみを揺らしていた

『河骨』 poetry by 鈴木博美 2000

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

October 19, 2006

サボテン・ホテル#01

hotel01.gif

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

サボテン・ホテル#02

hotel02.gif

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

サボテン・ホテル#03

hotel03.gif

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

サボテン・ホテル#04

hotel04.gif

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

August 24, 2006

Alaska

mrs.robinson.gif

chocochip氏からこっそり教えていただいた
GIFアニメcgiで自作の詩をかっこつけてみました☆

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (1)

March 24, 2006

ブログ小説#02(タイトル未定)

◆台所のとびら

<ゆうべ、この南モンタナの牧場の家の台所の扉を叩くものがあった。ここはイエローストーン川の近くだが、川はやがてミズーリ河に合流し、それから先へ行くとミシシッピー河に合流して、その後とうとう終の住処メキシコ湾に注ぐのだが、それはまたなんと、ここの山々やこの台所の扉やゆうべの扉を叩く音から、はるか遠く離れていることか>(『台所の扉』リチャード・ブローティガン)

台所のとびらを叩くものがあった。せわしい春あらしのいたずらかと、パーティの準備をしていたマダムたちがぎょっとして振り返ると、散髪を終えてかけつけてきた花婿だった。チコリのゴンドラにのってやってきたちいさなチップマンクみたいだとおもった。
「あんたおそいよ!どっかに行っちゃったよ、嫁はさ!勝手な娘だね」
「遠いっすよ、ここ。渋谷から車で100万時間かかった。ヒッ」
私はずっと窓からみていた。ヒマラヤスギにしがみついているところを。カンパリ・ソーダの幸福で、とっくに花嫁の臓腑には花が咲いていたから。

花嫁はうつくしかった。木の枝から星のオーナメントに手を伸ばしているそばに、生ぬるい風がドレスの裾をからかっていった。細い足首の上の白い腿がまぶしかった。そしてその上にはもうひとつの生命がかがやいている。

宴はなしくずしに盛り上がったようになってきてすっかり日もくれた。チップマンクがクリームチーズののっかったチコリ(笑)をくれた。
なのに私はそれを川にながしてみた。

この川はどこからきてるの?

「山?知らん。ヒッ」

この川はどこまでいくの?

「海?あ、東京湾、太平洋か、ヒヒッ」

東京湾?!

おどろいた。それまで海をみたことがなかったし、こんなさびしい街のちいさな川におおきな終の住処があるのは想像つかなかった。

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (4)

March 23, 2006

ブログ小説#01(タイトル未定)

◆世界の中心では

「タバコない?」
最後のひと箱がカラになるとかならずきいてくる。私がもってるわけないのに。
信じられないことだけれど、ママはパート代をすべてタバコにつかってしまう。住宅街の中心にある喫茶店のウエイトレス。住宅街は世界のはずれにある。世界のはずれの瀟洒な住宅から、ヒマをもてあましたマダムがあつまってくる午後。ママとマダムたちは水曜定例のマージャンをうっている。コーヒーの香りよりタバコの煙りがつよくたちこめる 、街の中心。
「まっすぐ帰って勉強しなきゃダメじゃない」
とママはもっともらしく母親顔をしている。
コーヒーが飲みたかったの。ママが入れる、ファミレスのアメリカンよりも薄いコーヒー。

そういう私のバイト代はレコードと本に消えていく。Sly&The Family Stoneは、私が世界の中心だと確信している、街のはずれの中古レコード店で手にいれた。

 逃げ出し
 駆け出し
 ハ、ハ、ハ、ハ
 夜も昼もユウウツで
 ヒ、ヒ、ヒ、ヒ
     (『Runnin'Away』)

軽妙なリズムだが、これは借金取りにおわれている悲惨な男の歌なんだよ。

店長は苦笑いする。

うちにも住宅ローンがのこっててね。あと何年はたらかなきゃなんないんだろ。とっとと引退してサンフランシスコに移住したいよ。サンフランシスコは世界の中心だ。

「彼氏いないの?」
レジのそばで耳をそばだてていた店長の息子は11歳だがませている。白く細長い顔は母親似だ。
「お姉さん、初恋には遅いけど不倫には早いね」

店の裏にはおおきなヒマラヤスギがあって、ときどきゆうぐれにフクロウが飛んでくる。いつまでも店にいすわっていると「ホッホー」と鳴き声がするから、ああ、こんな時間だ、とあわててしまう。
ヒマラヤスギのあしもとには、ちいさな川がながれている。

こどものころ、この川のほとりで結婚式があった。花嫁のブライドメイドをしたからおぼえている。ヒマラヤスギにはまるでクリスマスのような飾りつけがほどこされていて、鯛をかかげた客人たちが準備中の台所のお勝手口をノックしてどやどややってきた。私たちはあわてて惣菜屋で調達したハムかつのサンドウイッチではらごしらえをしてて、ママや店長の奥さんたちははしゃいでアスパラガスに添えるポーチドエッグをきれいな黄金いろにゆであげてた。タンポポのレリーフがきざまれたスウエーデン製のガラスの皿には、ラディッシュのそばでバターがゆっくりと溶けかけていた。そう春だった。

(身勝手ながらブログ小説をはじめてみました:恥。
展開にご期待いただけなければやめます。。。。
こういう機会がなければ、いつまでもなんにもしない私ですから
不定期でぽつぽつ書いてみます、ハハ)

投稿者 orangepeel : 10:47 PM | コメント (4)

March 08, 2005

Kew Gardens

P1020443.JPG

名前のしらない花。Kew Gardensにて撮影。

ロンドン郊外キューガーデンでバラやライラックを撮りながらの散策中、正午すぎに雨がふりだしてかけこんだカフェテリア。定食のチキンスープはおいしかった☆
ときどき思い出してつくってみます。


読みかけの本には
インクの切れはしをはさんでいる
ウルトラマリンの
海にむかう電車の
ガラス窓にほほえむ自分の映像
こんなふうが気に入っている
美しく聡明できむずかしいが
うちとけると楽しい

美人コンテストの
元ミス・ワールドより頭がよく
故ルーズベルト夫人よりキレイだから
すべての女性に優っていると思っている(*)

彼女はメキシコのことわざを
知らずに死ぬのだろう
うっとりと旅情にひたって
窓の外をながめているが
≪ガラスに反射した太陽をみると
強欲で淫乱になる≫という
マンホールのずうっと奥の
見知らぬ国のことわざを

           * シモーヌ・ド・ボーヴォワール

『美しい映像』 poetry by 鈴木博美

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (2)

March 02, 2005

Cherry

P1020419.JPG

シロップ漬のチェリーの瓶詰めをどうするつもりだったのだろう。買ってきたはいいものの使いみちがよくわかりません(笑)。いえ、ただ毒々しいチェリーレッドに誘惑されて手にとってしまった、としかいいようがございません。さくらんぼはパフェの女王さま?プリン・ア・ラ・モードとか?なんか古くさいわあ(笑)。カクテルにもはいってますね、マンハッタンとか。マンハッタンってオーダーするのがなぜか照れくさいですね。

まだまだ寒いですけど桜の季節ももうすぐですね。いつかの春の宵になにをとちくるったのか桜の枝を折ってしまったことがあった。バチがあたったのか翌日鼻にオデキができました。ジョージ・ワシントンにならって正直に告白いたします。

桜の枝を折る
辻公園の六分咲きの細い先っぽ
飛び散った樹液が鼻腔にながれこむ
よふけの海風にからみついて
いとこたちが車幅1メートル25センチの
真新しいキャディラックにはしゃいで通り過ぎていく
ムートンのシート・カバーの端っこが燃えているのに
鼻が痛い鼻の奥におできができて

愛人たちを翻弄して手に入れたブック型の玉手箱
開けてみればつつましやかに詰まっていた
ヴィンテージのミッキー・マウスの人形や
ビーズを綴ったヘア・ピンの束、オースチンのミニ・カー
モータウン・レコードのセット・リスト、手製の手鏡
「フラジャイル」の荷札に書きつけた電話番号

共食いをはじめた緋鯉の世話を
やさしい年上の友人に習っている
ぐらつく階段を上り下りしながら
死んだ魚を上海料理店に提供するのです
まな板の上で力強くあがいても

鼻が変形するほど腫れあがって
わたしは告白しましょう桜のはなびらが散るまえに
竜宮城は海でしたか川でしたか
ルポルタージュをつづけましょう
朝日をまつベンチにねころんで

『サクラサク』 poetry by 鈴木博美

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

February 04, 2005

西日探検隊

P1020334.JPG

我が家西側の窓より。陽が沈みかけた空にうかぶ富士山のシルエット。
西日探検隊隊長(隊員0名)のワタシは、こんな時間におもってみるのです。女の子はinnocenceにあこがれ装ってみますけど無意識に強かで、男の子は闇夜に焦がれるのにあたたかな陽だまりに愚弄!(笑)されてしまう。

中断された工事現場をとびたった鳩が
朝寝をむさぼる枕元に
雨にふやけた手帳を落としていく
私のうわさ話は書かれているかしら
鳩は嘴に唾をいっぱいため込んで首をかしげる
そのようなことは存じ上げません
それよりここに僕の名前を書いて頂きたいのです
示された結婚式の祝儀袋のうらも
もちろん嘘泣きにぬれている

ドライクリーニング屋に嫁いだ女主人は
西友で買ったブルーチーズを倹約しながら
まいばん六百四十回転の
レコードプレイヤーをかける
一緒にうたうことを恥じらい
灰皿に湿った鼻紙をあふれさせて
屋根裏の梁でねむる鳩は
それをわらうのだ

すねたふりをして
化粧室に立った可愛い恋人は
ニキビの跡にファンデーションをつめこんでいる
コンパクトごしに隣の女をみる
暮れかけた空に問うてみるが
最終便のジェット機が
あなたをさらっていきたいのですと
嘯くだけなのだ

『イノセンスの女王』 poetry by 鈴木博美
(「ユリイカ」1999年12月号入沢康夫氏選<今月の作品>掲載)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (0)

January 28, 2005

Farewell Dinner

P1020330.JPG

P1020327.JPG

P1020329.JPG

ドイツはブレーメン発着の豪華客船“Nord-deutscher Lloyd”のFarewell Dinner のメニュです(たぶんアメリカ〜ドイツ)。1934年5月のものとは、ずいぶんとはるかとおく時をこえて私の手元にとどいたものですね、ロマンティックです☆5,6年前に数点の外国の観光地図とともに、神田のアベノ・スタンプで購入しました。たくさん旅行はできないから、このような冊子でひとときの仮想トリップをたのしんでいるのです。ところで、これにインスパイアされたわけでもないのですが、こんなものをつづってみたのでした。

生簀がこわれたというだけで
新聞に載ってしまうレストランで
評判なのは炙った鴨の甘いオレンジ・ソース添え
メニューは食事の途中にでてくるのである
とても洒落たデザインなので
そっとカルトンにはさんでもちかえるのである

アパートはペット禁止なのに
時々毒ヘビがドアの隙間からはいってくる
私は他人のいないことをいいことに
おくびをして威嚇するのだが
ヘビはかえって挑発されたようである
歯ブラシと目覚し時計を丸のみしてしまった

十年前に卒業した有名女子大の
卒業アルバムが届けられた
製本会社が一冊いっさつ
一人ひとりに向けて編集しているので
やっと今
完成したのである
謝恩会の集合写真は
ひまわり柄やばら色のワンピースの同窓生たち
最後のページは
スキン・ヘッドのマッチョな帽子屋と
髪を長くした美形の双子とともにテーブルをかこんだ
白いウエディング・ドレスの私が爆笑しているぼやけたショット
ママはキモチワルイと言い
しかし美しかったとも

ママは今でも双子の兄を窓辺に待ち
早朝ワインをなめて仕事にでている
私は
おいしい魚が食べたくて
豪華客船で海にでた
手足をしばられて
シー・ジャックの犯人とピロー・トーク
彼は漁網を用意せよと言うが
私は鳥を撃ちたいと願う

『シーフード・レストラン』 poetry by 鈴木博美
(「ユリイカ」1999年9月号入沢康夫氏選<今月の作品>掲載)

写真は拡大してご覧ください。
上:最後の晩餐のメニュ表紙。伊勢丹クイーンズ・シェフで値引き(笑)のスペイン産のワインとともに撮影。
中:シーフードのカクテルとオックステールの澄んだコンソメをスターターにしたお食事も豪華です。七面鳥のロースト、クランベリー添えはおいしそう。シンプルなトマトときゅうりのサラダも初夏の香り。デザートはチョコレイト・タルト、ストロベリー・メルバのいずれかを選べます。最後にコーヒーとチーズって、ヨーロッパのひとびとは好きですね(ああ、くいしんぼうなワタシ:笑)。
下:生演奏の曲目リスト。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

January 14, 2005

ナタリー・ウッド

sougen.jpg

数年前の昼さがり、テレビ東京でふと観た映画『草原の輝き Splendor in the Grass(1961)』で印象的だった清潔感のある女優です。ワーズワースの詩「草の輝くとき、花美しく咲くとき、再びそれは還らずとも嘆くなかれ...」をもとにしたうつくしくも哀しい映画。彼女があこがれる若き日のウォーレン・ビーティはとても輝いて眩しい存在でした。たしかナタリー本人、ボートの転覆事故で謎に満ちた死をとげたと聞いたような気がします。せつなくてこんなものをつづってみたのです(映画の内容とは異なります:笑)。

バスタブにオレンジが浮かんでいる
オレンジだけではなく
枯葉や枯枝、使用済みの切手
好まない色味のいろえんぴつ
古本を覆っていたパラフィン紙
カニの甲羅、刺繍針、むけた唇の皮

防波堤はいつも
虫歯のような波を抱えこんでいる
おやしらずは
恐れるほど複雑ではないのに
彼女は水を嫌っていて
泳ぎにさそっても
黙って首をふるだけで
ドライ・マティーニをなめてみたり
ほんの少しのダンスステップを覚えることを
愚かしいと感じるのだった

ターミナル駅で私鉄に乗り換えると
ホームから彼女がみえない
雑踏に沈んでゆく彼女とは
もう会うことはないだろう
オレンジは風下にむかって
もう朝をまたない

『ナタリー・ウッド』 poetry by 鈴木博美

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

November 24, 2004

大雪警報下の連続殺人

ハハ、ひとさわがせなタイトルで申し訳ございません。きのうのつづき・・・?
以前会話のなかで私にとっては鮮明な思い出の人物が相手の記憶からはスッポリと抜けていることが判明したことがございました。ああ、そうか目の前のひとはもうその人物を無意識に抹殺しているのか・・・・と気づき、ワタシという存在も今日明日、いえいまこの一瞬にも誰かにころされているんだなあという空しいような滑稽なようなきもちを、ちょっとハードボイルド調(笑)につづったことがあったのです。


ペーパー・クラフトの兵隊たちを笑っていると
カサカサという音をたてて
目の前にラシャ紙製の市営バスが止まる

仕方がないがポケットのコインをそろえ
わたしはそれで逃げなくてはならない
かすかな光沢を放つ細い絹糸をこよった
小さな糸玉が追ってくるからだ

糸玉は気付かぬうちに
足元にしのびよるのだ
コートの裾から襟足に這い上がり
はればれと体を伸ばし
ゆっくりと首を絞めはじめる

右腕に用のない羽根がはえた
中華料理屋のマスターは犠牲者だった
テーブルの客に
焼酎の銘柄をとうとうとのべたてていた時だ
客は何だって目をつぶって飲むつもりだった

十年前に蟹を一緒に囲んだ彼女は
わたしを忘れていた
バスの窓から投げかける
わたしの視線を捕らえずに
紙吹雪の中で
ただ虚ろにすれ違っていった

『大雪警報下の連続殺人』 poetry by 鈴木博美

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (0)

November 02, 2004

メレンゲ美容室

今もこっそりかきつづっておりますが、4〜5年前約1年間ほど、詩誌に投稿をしたさい数回入選しまして調子にのりました(笑)。まったくもって手前味噌ですが「ユリイカ」1999年7月号<今月の作品>(入沢康夫さん選)掲載を紹介させてください・・・


友人と名のる人物から
不幸の手紙が届きました
私のからだがハイジャックされたので
あなたのからだに私の人格をおくります、と

友人は私の容姿や振舞いにあこがれていたので
私のからだを欲望したのでしょう
たいへん迷惑したので
うさばらしに髪型を変えようと
美容室へ出掛けました

四月の雨が出端をくじきましたが
のぞむところ
防水のためレインコートに
刷毛で卵白をぬりました
雨は泡立ちメレンゲとなり
街は私に追従することとなりました

美容師は私のつむじに櫛のさきを突き立てながら
ワンピースの胸元から
やわらかな乳房をのぞかせるのです
私はその一対のふくらみの内側に
そっと気付かれないようにキスをしてみました
鏡のなかで彼女は嫌悪を華やかな微笑みかえてみせましたが
その顔は
二日酔いの午後のドロドロとけた砂糖菓子の私の顔だったのです

私は街の中心に美容室を開業し
オープニングの記念品は
表が女王、裏が女中のひとがたのクッキー
私の腕を羨望する客が
特注の鏡の前に絶えることはなかったのです

『メレンゲ美容室』 poetry by 鈴木博美

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:35 AM | コメント (0)

January 17, 2003

about this site / このサイトについて

イラストレーター 鈴木博美のブログです。 © illutrator Hiromi Suzuki, orangepeel Inc.

【このサイトについて】

実名にて、制作にかかわること、インスパイアされるものについて、
また、アート/デザイン・映画・音楽・文学の制作者への敬愛をこめて記事を綴っております。
興味が多岐に渡るため、以下、どうぞご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

●鈴木博美 Hiromi Suzuki a.k.a. orangepeel の詩とコラージュの無断転載・転用は固く禁じます。
forbidden to copy poetry and collage without permission

●ephemera カテゴリなど、インターネット上にないものを発信しております。
これは、イラストレーション、コラージュの素材となるもの、
また、こちらをのぞいてくださる方々に楽しんでいただくことを目的としております。

●river, L'ecume des jours, retrospective などの写真も上記に準じます。
とくに、「暗渠」や「湧水池」に関して個人的な浪漫をもとめておりますが、
実際には、過去の水難事故へのトラウマや人権にかかわる問題があるかと存じます。
それらに対しては、慎重に、かつ啓蒙・喚起もふくめているつもりです。
以前、こころない掲示板に意味のまったくちがう形で写真を転載されていたことがございました。
そのようなご利用は固くお断りいたします。

●books/magazines において、書籍・雑誌引用文の孫引はお断りいたします。
個人の読書感想文なので、とらえ方は人さまざまと存じます。
著者・出版社名、ページを明記してございますので、
ぜひ、お手にとって読んでいただければ幸いです。

©All Rights reserved ,2014 forbidden to copy. If you are on business,please contact me.

投稿者 orangepeel : 09:15 AM | コメント (0)