April 25, 2014

You're Gonna Make Me Lonesome When You Go


Ben Watt - You're Gonna Make Me Lonesome When You Go ( Bob Dylan Cover )

投稿者 orangepeel : 06:47 PM | コメント (0)

February 19, 2014

Lonely House


Leyla McCalla: Lonely House

Songwriters: HUGHES, LANGSTON/WEILL, KURT

At night when everything is quiet
This old house seems to breathe a sigh
Sometimes I hear a neighbor snoring
Sometimes I can hear a baby cry

Sometimes I can hear a staircase creaking
Sometimes a distant telephone
Oh, and when the night settles down again
This old house and I are all alone

Lonely house, lonely me
Funny with so many neighbors
How lonesome you can be

Lonely town, lonely street
Funny, you can be so lonely
With all these folks around

I guess there must be something
I don't comprehend
Sparrows have companions
Even stray dogs have a friend

The night for me is not romantic
Unhook the stars and take them down
I'm lonely in this lonely town, in this lonely house

The night, the night for me is not romantic
Unhook the stars and take them down
I'm lonely in this lonely town, in this lonely house
At night when everything is quiet


Lonely House lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., T.R.O. INC.

from

投稿者 orangepeel : 02:17 PM | コメント (0)

October 28, 2013

Lou Reed

loureed131028mj01.jpg
[Lou Reed - photographed by Allen Ginsberg - Allen Ginsberg caption: "Lou Reed Poet-musician Green Room makeup table Public Theater, New York, September 1984, invited by impresario Rose Lesniak above to be Master of Ceremonies, Premier of Poetry-Music Video clips by Anne Waldman (Oh! Oh! Plutonium) and myself (Father Death Blues)" - Copyright The Estate of Allen Ginsberg]
from The Allen Ginsberg Project

loureed131028mj04.jpg
a copy of 1964 Syracuse Yearbook. Lou Reed a student of Delmore Schwartz of SU English Department.
from Laurie Gwen Shapiro‏ (@LaurieStories) on twitter

loureed131028mj03.jpg
Lou Reed's yearbook photo: "As for the immediate future, Lou has no plans, but will take life as it comes."
from samir mezrahiVerified (‏@samir) on twitter

*


The Murder Mystery

Lou Reed


1. Mister Moonlight
succulent smooth and gorgeous
isn’t it nice
we’re number one and so forth
isn’t it sweet, being unique

2. Mister Muse
fellow of wit and gentry
medieval ruse
filling the shallow and empty
fools that dual, dual in pools

3. Objection! Suffice
Apelike and tactile bassoon
oboeing me, cordon that virus’ section
off—to the left
is what is not right

4. Exit the pig
enter the owl and gorgeous
king on the left,
it on the right and primping
adjusting his nose
as he reads from his scrolls

5. no one nose
no nose is good news and sceneless
extend the wine
drink here a toast to something
ten year old port is perfect in court

6. Razzanatazz
there’s nothing up my shoulder
lust is a must
shaving my heads made me bolder
will you kindly read
what it was i brought three?

Poem by Lou Reed from the Paris Review

*


Andy Warhol's Exploding Plastic Inevitable with The Velvet Underground (1966) from U B U W E B


*


_____ As a young man growing up in relatively affluent circumstances in New York in the Fifties and Sixties, he had a very difficult relationship with his family and suffered incarceration in mental institutions and electroconvulsive therapy supposedly to cure him of bisexual tendencies.

He poured all his energies into rock and roll, concocting a literary street style that was distinctively contemporary. With the Velvet Underground in 1966, Reed struck out against the prevailing mood of flower power by creating urban tableaux mired in the dark appeal of hard drugs, sadomasochism, prostitution and gender-bending, matching the complexity of his lyrics with a bold, dark sonic palette. _____

Lou Reed created music that will live on for as long as songs are sung “Lou Reed has died aged 71” from The Telegraph (Monday 28 October 2013)

投稿者 orangepeel : 08:17 PM | コメント (0)

October 05, 2013

photos by Roger Kasparian

rogerkasparian131005mj01.jpg
Françoise Hardy and Sylvie Vartan

rogerkasparian131005mj02.jpg
Françoise Hardy

rogerkasparian131005mj03.jpg
The Beach Boys

rogerkasparian131005mj04.jpg
Françoise Hardy

rogerkasparian131005mj05.jpg
Marianne Faithfull

rogerkasparian131005mj06.jpg
The Kinks

rogerkasparian131005mj07.jpg
Marianne Faithfull

rogerkasparian131005mj08.jpg
Serge Gainsbourg

rogerkasparian131005mj09.jpg
The Rolling Stones

rogerkasparian131005mj10.jpg
Serge Gainsbourg

rogerkasparian131005mj11.jpg
The Beatles

rogerkasparian131005mj12.jpg
The Beatles

rogerkasparian131005mj13.jpg
Roger Daltrey

rogerkasparian131005mj14.jpg
Van Morrison

from

投稿者 orangepeel : 05:49 PM | コメント (0)

September 27, 2013

The Lennon Diary 1969

lennondiary130927mj01.jpg

lennondiary130927mj02.jpg

lennondiary130927mj03.jpg
from U B U W E B

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

September 26, 2013

Marrakech below the Waterline Schweppes Symphony


Marrakech below the Waterline Schweppes Symphony

Lyrics: Nicolas Grenier (Paris, France)
Music: Anna Stereopoulou (Athens, Greece)
Photography: Anka Zhuravleva (Sankt Petersburg, Russia), with kind permission of the photographer.

Copyright 2012.

MARRAKECH BELOW THE WATERLINE
SCHWEPPES SYMPHONY

Blue-blooded sun at the horizon
Circle of wind

In a crystal flute
Your mellow tone

Lustrous
Origin
Anno
Nazareth

In the stereo-mezzanine floor
Your eyes as shooting stars

Into the desert
Your Scythian tunic
Your peachy lips

In the cool of the pool
You are moonbathing

On a headed notepaper
The curve of your shoulder

Nicolas Grenier.

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

September 21, 2013

Elvis Costello & The Roots


Elvis Costello & The Roots - "Walk Us Uptown"

elviscostello130921mj.jpg
Elvis Costello & The Roots
Wise Up Ghost

Decca (UMO)
2013

“Nevertheless, a certain sense of trepidation surrounds Wise Up Ghost and Other Songs, which arrives in a sleeve that mimics the jackets of old City Lights poetry editions – most famously home to Allen Ginsberg's Howl – presumably to underscore Costello's lyrical approach: like the cover, it's rooted in writing from the past, re-editing and juxtaposing lines from old songs.... ”

from The Guardian, Thursday 12 September 2013

エルヴィス・コステロの新譜ジャケットが、シティライツのポケット詩集シリーズ装丁仕様との話題!

Allen Ginsberg, Howl and Other Poems, 1956
Howl130921mj.jpg
from City Lights Pocket Poets Series

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

September 07, 2013

Bill Evans - Peace Piece


Bill Evans - Peace Piece

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (0)

Bill Evans Trio - Alfie


Bill Evans Trio - Alfie [1970]

投稿者 orangepeel : 08:59 PM | コメント (0)

August 15, 2013

The artwork of the Smiths

thesmithspoater130815mj.jpg
William, It Was Really Nothing (August 1984)

_____ Fans of the Smiths were given an additional invitation to the inner workings of Morrissey's mind via the artwork that accompanied the band's music, which featured figures from Elvis to Yootha Joyce and encapsulated the humour and tragedy of the band's lyrics. _____

from the guardian (12 August 2013)



The Smiths Poster Exhibition

4 July–1 August, 2013 @ BarcelonaNQ, Cafe Bar in the Northern Quarter, Manchester

投稿者 orangepeel : 10:55 AM | コメント (0)

July 17, 2013

Poor Love


Donovan - Poor Love

1967 Dramma film Directed by Ken Loach.

via Edwyn Collins (‏@EdwynCollins) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:13 PM | コメント (0)

June 20, 2013

the POETRY cover by David Byrne

davidbyrne130620mj.jpg
from Don Share (@Don_Share) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:21 PM | コメント (0)

June 16, 2013

Nice Weather for Ducks


Lemon Jelly - Nice Weather for Ducks (Lost Horizons)

投稿者 orangepeel : 08:41 PM | コメント (0)

June 11, 2013

The Whole Truth


Carlos Cipa - The Whole Truth

from CARLOS CIPA via kizashino ‏(@kizashino) on twitter

投稿者 orangepeel : 03:02 PM | コメント (0)

May 23, 2013

THE PASTELS

pastels130523mj01.jpg
THE PASTELS “slow summits” painting by annabel wright

pastels130523mj02.jpg
THE PASTELS “check my heart” painting by annabel wright


The Pastels, Slow Summits


The Pastels - Check My Heart

Stream The Pastels: Slow Summits on Pitchfork Advance

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (0)

May 13, 2013

Bill Evans Portrait in Jazz


Bill Evans Portrait in Jazz (Full Album)

1. Come Rain or Come Shine - 3.19 (0:00)
2. Autumn Leaves - 5.23 (3:24)
3. Witchcraft - 4.30 (9:24)
4. When I Fall in Love - 4.52 (14:00)
5. Peri's Scope - 3.10 (18:54)
6. What Is This Thing Called Love? - 4.32 (22:09)
7. Spring is Here - 5.02 (26:46)
8. Someday My Prince Will Come - 4.50 (31:57)
9. Blue in Green - 5.20 (36:55)

Bill Evans - Piano
Scott LaFaro - Bass
Paul Motian - Drums

投稿者 orangepeel : 04:22 PM | コメント (0)

April 01, 2013

Jason Munn

jasonmunn130401mj01.png
Benjamin Gibbard
3 Color Screen Print
18 x 24 Inches
2012

jasonmunn130401mj02.png
Saint Etienne
3 Color Screen Print
18 x 24 Inches
2012

jasonmunn130401mj03.png
Peace
2 Color Screen Print
18 x 24 Inches
2012

jasonmunn130401mj04.png
Death Cab For Cutie
2 Color Screen Print
18 x 24 Inches
2012

jasonmunn130401mj05.png
DCfC / Magik*Magik Orchestra
1 Color Screen Print
18 x 24 Inches
2012

from Jason Munn Posters

投稿者 orangepeel : 12:26 PM | コメント (0)

March 31, 2013

Crawdaddy!

crawdaddy130331mj01.jpg

crawdaddy130331mj02.jpg
“Crawdaddy!” February, 1968

crawdaddy130331mj03.jpg

crawdaddy130331mj04.jpg
“Crawdaddy!” May, 1968

from Crawdaddy! Archives: 1966-1968

*R.I.P. Paul Williams (Crawdaddy! creator)

投稿者 orangepeel : 04:52 PM | コメント (0)

March 21, 2013

Beach House


Beach House- 'Master of None'

from “The Future” - directed by Miranda July

投稿者 orangepeel : 06:54 PM | コメント (0)

March 16, 2013

jugo nagisa


jugo nagisa , “デニス・ウィルソンは”


jugo nagisa , “songwriter crusader”

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (0)

February 28, 2013

Kalevala

kalevala130228mj01.JPG

kalevala130228mj02.JPG
© orangepeel

北欧文化協会 2013年2月例会 「カレワラの会」 @ フィンランドセンター(フィンランド大使館内)に。

カレワラとは、フィンランドに古くから伝わる民族叙事詩。
ロシア支配下にあった19世紀初頭、医師エリアス・リョンロートが収集し、ともに歌うことを治療に用いたという。
キリスト教が広く布教される前、“詩”が人々のこころを救ったのである。

フィンランドセンター所長、カウコ・ライティネン氏の講演とともに、
はざた雅子さんのカンテレの演奏に、こころうたれました。

*奇しくも『現代詩手帖』3月号は、特集「北欧現代詩と出会う」。今晩から、じっくり読みます。

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

February 26, 2013

The Eraser

theeraser130226mj01.jpg
from D&AD‏ (@dandad) on twitter

stanleydonwood130226mj001.jpg

stanleydonwood130226mj002.jpg
“L O N D O N S B U R N I N G” printed by Stanley Donwood

stanleydonwood130226mj003.jpg
“Fleet Street Apocalypse” printed by Stanley Donwood


Thom Yorke - The Eraser

*Fleet Street is a street in the City of London named after the River Fleet, London's largest underground river. ( en.wikipedia)

投稿者 orangepeel : 03:32 PM | コメント (0)

February 19, 2013

Gustave Coquiot


Gustave Coquiot - Parker


Gustave Coquiot - OTTAWA

投稿者 orangepeel : 06:52 PM | コメント (0)

January 26, 2013

Cattle and Cane


The Go-Betweens - Cattle and Cane

投稿者 orangepeel : 08:48 PM | コメント (0)

January 15, 2013

HIS MASTER'S VOICE

hmv130115mj01.jpg

hmv130115mj02.jpg

hmv130115mj03.jpg

hmv130115mj04.jpg

hmv130115mj05.jpg

hmv130115mj06.jpg

hmv130115mj07.jpg

hmv130115mj08.jpg
HMV, Oxford Street, London

from HMV Get Closer via Retronaut via Retronaut (‏@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:57 PM | コメント (0)

December 29, 2012

La vie en rose


La vie en rose - Louis Armstrong

投稿者 orangepeel : 09:51 PM | コメント (0)

November 18, 2012

The Beatles Performing Shakespeare


The Beatles Performing Shakespeare (in color)

from Melville House Books via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:03 PM | コメント (0)

November 15, 2012

Songwriter Crusader (information part )

songwritercrusader121115mj01.jpg
Jugo Nagisa's new album “Songwriter Crusader”

jugonagisa121115mj01.jpg

jugonagisa121115mj02.jpg
leaflet

paintings : hiromi suzuki
art direction, design : chocochips

投稿者 orangepeel : 07:21 PM | コメント (0)

October 17, 2012

Poème


Ernest Chausson - 'Poème' op. 25

投稿者 orangepeel : 06:42 PM | コメント (0)

October 11, 2012

Songwriter Crusader (information part )

songwritercrusader121011mj.jpg
Jugo Nagisa's new album “Songwriter Crusader”

jninrayoutside121011mj.jpg
inlay outside

paintings : hiromi suzuki
art direction, design : chocochips

投稿者 orangepeel : 07:25 PM | コメント (0)

October 10, 2012

Pop! Pop! Pop!

feministbaseball121010mj01.jpg

feministbaseball121010mj02.jpg

feministbaseball121010mj03.jpg

feministbaseball121010mj04.jpg

feministbaseball121010mj05.jpg

feministbaseball121010mj06.jpg

feministbaseball121010mj07.jpg

feministbaseball121010mj08.jpg

feministbaseball121010mj09.jpg

feministbaseball121010mj10.jpg

feministbaseball121010mj11.jpg
Feminist Baseball #15 winter / spring '96-'97

インディーズ・レーベルや本・映画を紹介するインディーズ・マガジン。
モノクロームの手描きの文字やイラストレーションが素朴です。
ZINEが流行しはじめたころ、あつめていたもの。

from my bookshelf.
私の書棚から。

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

October 03, 2012

Oui, Oui, Si, Si, Ja, Ja, Da, Da

peterblake121003mj.jpg
art work : Peter Blake ⇒ Madness “Oui, Oui, Si, Si, Ja, Ja, Da, Da”



Madness - My Girl 2 (Taken from Oui Oui Si Si Ja Ja Da Da)

投稿者 orangepeel : 10:08 PM | コメント (0)

September 23, 2012

God only knows


The Beach Boys - God only knows

投稿者 orangepeel : 08:51 PM | コメント (0)

September 15, 2012

The Zombies: Tiny Desk Concert


The Zombies: Tiny Desk Concert

“Great + some nice posters behind them”
via Keith & Jamie Berger (@CrankyPressman) on twitter

貴重なプチライヴだけれど、たしかに部屋の中のポスターにも目がいってしまいます♪

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

September 12, 2012

Songwriter Crusader (information part )

hiromisuzuki120912mj.jpg
© hiromi suzuki

2012.9.12、本日発売。
渚 十吾氏の新譜『ソングライター・クルセイダー』、アルバム・ジャケットの原画はB2サイズの水彩です。

____ 歌に帰り、歌を敬愛し、歌(日々)が

素晴らしいものであることを思い出そうと。

歌はいつも、その中心から僕たちが歩いている迷路を照らしている。

気まぐれ(曲作り、日々)を抑制すること自体が

気まぐれであるとすればそれもまた..... ____

(J.N)

from Songwriter Crusader Interview

投稿者 orangepeel : 10:53 PM | コメント (0)

September 11, 2012

Songwriter Crusader (information part )

songwritercrusader120911.jpg
art direction, photograph, design : chocochips
art direction, paintings : hiromi suzuki

2012.9.12
new album launch.
Jugo Nagisa “Songwriter Crusader”

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

September 10, 2012

Songwriter Crusader (information part )

jn120810mj01.JPG

jn120810mj02.JPG

jn120810mj03.JPG

jn120810mj04.JPG
art direction, photograph, design : chocochips
art direction, paintings : hiromi suzuki

2012.9.12
new album launch.
Jugo Nagisa “Songwriter Crusader”

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

August 31, 2012

Songwriter Crusader (information part )

songwritercrusader120831mj.jpg
from jugo nagisa web site Happy Hour

2012.9.12
New Album Coming Soon!
“Songwriter Crusader”

art direction, photograph, design : chocochips
art direction, paintings : hiromi suzuki


"あらゆる詩は時間であり 燃えるのだ"
-オクタビオ・パス-


"あらゆるソングライティングは日常であり、日々の泡"

8月31日、まだ Summer Space Song がしばらく生まれる.....

夏の光に 空は焼けつき

-渚 十吾-

from J.N. august 31th 2012

投稿者 orangepeel : 08:26 PM | コメント (0)

August 30, 2012

the smiths cover art

thesmiths120830mj01.jpg

thesmiths120830mj02.jpg

thesmiths120830mj03.jpg

thesmiths120830mj04.jpg

thesmiths120830mj005.jpg

thesmiths120830mj06.jpg
from uk.images.search.yahoo.com

投稿者 orangepeel : 11:38 PM | コメント (0)

August 27, 2012

Wilco

theheadsofstate120827mj01.png

theheadsofstate120827mj02.png

theheadsofstate120827mj03.png
© The Heads of State via The Heads of State (@TheHeadsofState) on twitter

concert posters for wilco.


WILCO - "Born Alone"

投稿者 orangepeel : 08:51 PM | コメント (0)

August 24, 2012

Songwriter Crusader

songwritercrusader120824mj.jpg
Jugo Nagisa's New Album. “Songwriter Crusader”

art direction, design, photograph by chocochips / art direction, paintings by hiromi suzuki

渚 十吾氏の新譜『ソングライター・クルセイダー』、アルバム・ジャケットを手がけさせていただきました。
9月中旬リリースです。

‘作ってないだけ、歌ってないだけ
 歌はきっとあの人の心の中に ある.....
 誰もがソングライター
 日々を行くソングライター
 誰もがソングライター・クルセイダー’
               
                  渚 十吾

投稿者 orangepeel : 09:48 PM | コメント (0)

August 08, 2012

La java des bombes atomiques


Boris Vian - La java des bombes atomiques

投稿者 orangepeel : 07:33 PM | コメント (0)

July 06, 2012

かなしいうわさ


スクーターズ「かなしいうわさ」

from 信藤三雄 (mitsuo shindo)‏ @SHINDOmitsuo on twitter

投稿者 orangepeel : 02:10 AM | コメント (0)

June 20, 2012

Waiting Like Mad


Ben Watt - Waiting Like Mad

投稿者 orangepeel : 06:56 PM | コメント (0)

Sketch For Summer


Durutti Column - Sketch For Summer

投稿者 orangepeel : 03:39 PM | コメント (0)

June 13, 2012

celebrity poet doppelganger thing...

celebritypoet120613mj01.png
ee. cummings


and


celebritypoet120613mj02.png
Thom Yorke

from BOTH BOTH via John Sakkis‏ (@merkoneus) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:37 PM | コメント (0)

Creep


Creep - Radiohead

投稿者 orangepeel : 07:31 PM | コメント (0)

June 10, 2012

この道


大貫妙子 - この道

投稿者 orangepeel : 06:45 PM | コメント (0)

May 12, 2012

This Will Always Hurt


The Draytones - 'This Will Always Hurt'

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

May 09, 2012

Keep on Chooglin'


CCR- Keep on Chooglin'

from Edwyn Collins (‏@EdwynCollins) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

May 07, 2012

final day


young marble giants - final day

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

April 23, 2012

Bookends


Simon & Garfunkel Old Friends / Bookends Theme

投稿者 orangepeel : 06:21 PM | コメント (0)

April 12, 2012

春にして君を想う


小沢健二 − 春にして君を想う

===============

小沢健二 コンサート 二零一二年 三月四月

『東京の街が奏でる』

第十夜 4月12日(木)
東京オペラシティ コンサートホール タケミツメモリアル

行ってまいりました。

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

March 30, 2012

Lovely Day


Bill Withers - Lovely Day

投稿者 orangepeel : 05:07 PM | コメント (0)

March 24, 2012

灯油販売車の曲


耳コピ - クリーン灯油

灯油販売車の曲。
みなさんの町では流れてますか?

投稿者 orangepeel : 07:51 PM | コメント (0)

March 07, 2012

Winter Birds


RAY LAMONTAGNE - Winter Birds

投稿者 orangepeel : 04:17 PM | コメント (0)

February 14, 2012

saving all my love for you

whitney120214mj.jpg
from eggpress (egg press) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

January 28, 2012

We Can Work It Out


The Beatles-We Can Work It Out

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

January 14, 2012

Salad Days


Young Marble Giants - Salad Days

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (0)

I Saw The Light


Mood Six - I Saw The Light

投稿者 orangepeel : 10:03 PM | コメント (0)

January 07, 2012

Goodbye Yellow Brick Road


ELTON JOHN - Goodbye Yellow Brick Road (TOTP 1973)

When are you gonna come down
When are you going to land
I should have stayed on the farm
I should have listened to my old man

You know you can't hold me forever
I didn't sign up with you
I'm not a present for your friends to open
This boy's too young to be singing the blues

So goodbye yellow brick road
Where the dogs of society howl
You can't plant me in your penthouse
I'm going back to my plough

Back to the howling old owl in the woods
Hunting the horny back toad
Oh I've finally decided my future lies
Beyond the yellow brick road

What do you think you'll do then
I bet that'll shoot down your plane
It'll take you a couple of vodka and tonics
To set you on your feet again

Maybe you'll get a replacement
There's plenty like me to be found
Mongrels who ain't got a penny
Sniffing for tidbits like you on the ground

So goodbye yellow brick road
Where the dogs of society howl
You can't plant me in your penthouse
I'm going back to my plough

Back to the howling old owl in the woods
Hunting the horny back toad
Oh I've finally decided my future lies
Beyond the yellow brick road

___ Goodbye Yellow Brick Road
Music by Elton John
Lyrics by Bernie Taupin___

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

December 11, 2011

She's My Best Friend


She's My Best Friend - The Velvet Underground

She's my best friend
Certainly not the average girl
She's my best friend
Understands me when I'm fallin down, down, down
Oh it hurts to be that way
Down, down, down
Oh it hurts to know
That that kind of fellah is a newspaper Joe
Dropped his teeth on the floor
Caught his hand in the door
Guess that's the way that things go
If you want to see me
Sorry but I'm not around
If you want to be me
Turn around I'm by the window where the light is

She's my best friend
Better than a dog or car
She's my best friend
Understands me when I'm fallin down, down, down
Oh it hurts to be that way
Down, down, down
Oh it hurts to know that that kinda fellah
Is a Mulberry Jane
She made jam when she came
Somebody cut off her feet
Now the jelly rolls in the street
If you want to see me
Sorry but I'm not around
If you want to be me
Turn around I'm by the window where the light is

She's my best friend
Certainly not the average girl
She's my best friend
Understands me when I'm fallin...

Fallin down
Fallin down...

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

December 05, 2011

Starman


David Bowie- Starman

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

December 01, 2011

東京の街が奏でる

kenjiozawa111201mj.jpg
from 小沢健二official site ひふみよ

東京の街が奏でる》 於 東京オペラシティ 2012 03 04

投稿者 orangepeel : 10:38 AM | コメント (0)

L'ecume des jours #139

ldj111130mj01.JPG

ldj111130mj02.JPG

ldj111130mj03.JPG

ldj111130mj04.JPG

ldj111130mj05.JPG

ldj111130mj06.JPG

ldj111130mj07.JPG

ldj111130mj08.JPG

ldj111130mj09.JPG

ldj111130mj10.JPG

ldj111130mj11.JPG

ldj111130mj12.JPG

ldj111130mj13.JPG
© orangepeel

@ rain on the roof , Jugo Nagisa 's echo mountain parlor special issue

投稿者 orangepeel : 01:27 AM | コメント (0)

November 28, 2011

echo mountain parlor special issue

emp111128mj.jpg
『野兎物語』 フランシス・ジャム (猿渡 重達 訳/まほろば書房 2011)


‘野ウサギの夢見るような放浪の話は、

フランスのピレネーの詩人、フランシス・ジャムによって書かれた。


草むらの中に身を潜めるウサギの小さな旅の話は

それに相応しい美しい日本語に訳され、

一本の青ネギがスープの鍋の中でその緑色を泳がせるような書体で文字組みされ、

タンポポのような黄色のカヴァーに包まれ、本になった。


パラフィン紙の下に映る表紙の明るい黄色は

今日の日に咲くタンポポの花々のようで.....


翻訳者の猿渡 重達氏による日本語は

今日の日の夕暮れの風のように心地良く.....


このような奇跡の一冊が復刊されたこと、

美しい日本語で届けてくれた猿渡 重達氏、

細部にまで装丁に気を使い製本された、まほろば書房に敬意と感謝を。


"どんなこともひつの宇宙"


どんなことも ひとつの宇宙

あの歌もあるね この声も

空の青が深く思えた

Vision を大切に


波のあいだ たたずんでみる

片足は海に波が来て

片足は砂に波の道

揺れに揺れてる


うつろはぬものだって うつろうものだって

その人がいなければ 世界にはない

どんな悲しいことだって どんな楽しい日々だって

その人がいなければ 世界にはない


哀しい時は 全世界とともに 泣いていることだろうし

楽しい時は 全世界と一緒に 楽しんでいることだろう

それが僕たちの日々


どんなことも ある日のこと

あの草が育つ この花も

樹々に風が 強く思えた

Vision を大切に’ (album「空想紅茶」, 2004)

from 渚十吾 『土 曜 日 の 本 -book of saturday-』

渚十吾さんの音楽茶話会 “echo mountain parlor special issue”は、
11月30日 三軒茶屋 rain on the roof にて 18:00-20:00 です。

当日、会場にて配布のフリーzine、under the boardwalk に、詩とコラージュを寄せております。
ぜひ、みなさまとご一緒できれば♪

投稿者 orangepeel : 03:57 PM | コメント (0)

November 15, 2011

echo mountain parlor special issue

jugonagisa111115mj.jpg

Jugo Nagisa 's echo mountain parlor special issue is on 11.30 wed 18:00-20:00 ,
@ rain on the roof , setagaya , tokyo.
FREE except foods and drink.

投稿者 orangepeel : 08:17 AM | コメント (0)

November 11, 2011

The Draytones

draytones111111mj.jpg
The Draytones Demos

click to play!

60's! なThe Draytones の最新デモ・トラックです。

from Draytones (The Draytones) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:13 AM | コメント (0)

October 20, 2011

chance meeting

josefk111020mj01.jpg

josefk111020mj02.jpg
Josef K - chance meeting

“Postcard Records of Scotland”
my single collection

投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

change meeting


Josef K - change meeting

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

October 14, 2011

Broken Hands


Broken Hands - Brother

from EdwynCollinsEdwyn Collins on twitter

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

October 10, 2011

A Girl Like You


Edwyn Collins 'A Girl Like You'

投稿者 orangepeel : 09:13 PM | コメント (0)

October 07, 2011

G.LOVE


from G.LOVE'S PERSONAL VIDEOS

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

Numbers


G. Love & Special Sauce - Numbers

投稿者 orangepeel : 07:28 PM | コメント (0)

September 25, 2011

Glenn Gould


Glenn Gould - Bach Goldberg Variations, BWV 988 [12 - 19]

Glenn Herbert Gould (September 25, 1932 – October 4, 1982)

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (2)

Blue Boy


Orange Juice Blue Boy

投稿者 orangepeel : 01:57 AM | コメント (0)

September 21, 2011

Ben


Michael Jackson - Ben (lyrics)

投稿者 orangepeel : 04:54 PM | コメント (0)

September 17, 2011

Two


石川セリ / Two (1984)

投稿者 orangepeel : 06:20 PM | コメント (0)

September 14, 2011

Come On Eileen


Come On Eileen - Dexy's Midnight Runners

投稿者 orangepeel : 11:41 PM | コメント (0)

September 12, 2011

Fly me to the moon


Fly me to the moon ‐julie london‐

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (0)

To The Moon (Time-Life Records)

tothemoon110912mj01.jpg

tothemoon110912mj02.jpg

tothemoon110912mj03.png

tothemoon110912mj04.jpg
‘To The Moon’ (Time-Life 1969)

from sci-fi-o-rama.com via designrelated (design:related) on twitter


Lemon Jelly - Space Walk (Full Album Version)

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

August 21, 2011

MERC London


The Draytones - Merc Clothing Short Film

merc110821mj02.jpg
MERC London

“Who likes 60's fashion? Check this great short film for MERC London featuring a soundtrack by The Draytones.”

Merc Clothing London は、1967年カーナビー・ストリートにオープンしたモッズ御用達。
ショートフィルムのサウンドトラック、The Draytonesが、True BRIT & 60's。

from MERC London via Draytones (The Draytones) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:08 AM | コメント (0)

August 17, 2011

Liberty

edwyn110817mj01.jpg

edwyn110817mj02.jpg

edwyn110817mj03.jpg

edwyn110817mj04.jpg
Ornithology Liberty Print was designed from sketches by Edwyn Collins

from LIBERTY via LibertyLondon (Liberty.co.uk) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

August 16, 2011

That's Alright Mama


Elvis Presley That's Alright Mama 1954

‘Well that's all right, mama
That's all right with you
That's all right, mama
Just anyway you do


* Now (Bat) that's all right
That's all right
That's all right now, mama
Anyway you do


Well, my mama she dose told me
Papa done told me too
Son, that gal you're foolin' with
She ain't no good for you


*Repeat


I'm leavin' town now, baby
I'm leavin' town for sure
Well then you won't be bothered with me
Hangin' 'round you door


I need your lovin'
That's all right
That's all right now, mama
Anyway you do’

Elvis Aaron Presley (January 8, 1935 – August 16, 1977)

Rest in peace, king.

投稿者 orangepeel : 07:45 PM | コメント (0)

August 14, 2011

The Pop Group

PopGroup110814mj.jpg
from

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

August 07, 2011

Heart Of Gold


Neil Young - Heart Of Gold

投稿者 orangepeel : 04:30 PM | コメント (0)

August 03, 2011

London Calling


The Clash - London Calling

“The Clash’s ‘London Calling’, a song about the end of the world, is used in ads for 2012”
via eyemagazine (Eye magazine) on twitter

投稿者 orangepeel : 04:21 PM | コメント (0)

July 22, 2011

Storm Thorgerson

storm110722mj01.jpg
Ethnix
Home is where the head is (CD front)
2002 Sultan Records

storm110722mj02.jpg
Brand X
Moroccan Roll (vinyl front)
1975 Charisma Records

storm110722mj03.jpg
Peter Gabriel
Peter Gabriel 1 (vinyl front)
1977 Charisma Records

storm110722mj04.jpg
Pink Floyd
Atom Heart Mother (vinyl front)
1970 EMI

storm110722mj05.jpg
Trees
On The Shore (vinyl front)
1971 CBS

storm110722mj06.jpg
Pink Floyd
Wish You Were Here (vinyl front)
1975 EMI

storm110722mj07.jpg
Pink Floyd
Animals (vinyl front)
1977 EMI

storm110722mj08.jpg
Alan Parsons
On Air (CD front)
1996 River North

from Storm Thorgerson


TateShots: Storm Thorgerson on Magritte

from TateShots via TateShots (Nick Aldridge) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

July 08, 2011

San Francisco


Scott McKenzie - San Francisco

‘If you’re going to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you’re going to San Francisco
You’re gonna meet some gentle people there

For those who come to San Francisco
Summertime will be a love-in there
In the streets of San Francisco
Gentle people with flowers in their hair’

投稿者 orangepeel : 07:32 PM | コメント (0)

July 03, 2011

July 02, 2011

Orange Juice

orangejuice110702mj.png
from Pedaladas a buen ritmo


Orange Juice - Rip it Up (Official Video) (1983)

投稿者 orangepeel : 08:07 PM | コメント (0)

June 29, 2011

California Girls


The Beach Boys - California Girls ( with Bob Hope and Jack Benny )

投稿者 orangepeel : 09:15 PM | コメント (0)

June 27, 2011

I´m Waiting For The Man


Velvet Underground - I´m Waiting For The Man

投稿者 orangepeel : 05:29 PM | コメント (0)

Nothing at all


Jazzateers - Nothing at all

投稿者 orangepeel : 05:28 PM | コメント (0)

Is this It


The Strokes - Is this It

投稿者 orangepeel : 05:27 PM | コメント (0)

June 25, 2011

野兎物語 - a little dreamer

ldj110625mj01.JPG

ldj110625mj02.JPG

ldj110625mj03.JPG

ldj110625mj04.JPG

ldj110625mj05.JPG

ldj110625mj06.JPG

ldj110625mj07.JPG

ldj110625mj08.JPG

ldj110625mj09.JPG

ldj110625mj10.JPG

ldj110625mj11.JPG

ldj110625mj12.JPG

ldj110625mj13.JPG

ldj110625mj14.JPG

ldj110625mj15.JPG

ldj110625mj16.JPG

ldj110625mj17.JPG

ldj110625mj18.JPG

ldj110625mj19.JPG

ldj110625mj20.JPG

ldj110625mj21.JPG

ldj110625mj22.JPG

ldj110625mj23.JPG

ldj110625mj24.JPG

ldj110625mj26.JPG

ldj110625mj25.JPG
© orangepeel, @ rain on the roof

‘物のすがた
見てる人の数だけ
この世界には、世界にはある

人のきもち
感じてる数だけ
この世界には、世界にはある

それを言い換えれば
その人が見ていないものは
この世界にはない
その人が知らないものは
この世界にはない
在ってもない

物のすがた
見てる人の数だけ
この世界には、世界にはある

ああ、この花はきれい
ああ、この山は高い
あの人はいい人
ああ、この道はつづく
ああ、この川はながれ
人はいつかいなくなる’

unreleased song “物の影像”
words by Jugo Nagisa
from “echo mountain parlor menu book”
vol.38 edition

25th june 2011

2007年から続いた “echo mountain parlor” 最終回。
おもい返せば5年前、下北沢『邪宗門』(森茉莉お気に入りの喫茶店)で
渚十吾氏にトークをご一緒させていただく企画をいただいたのでした。
ご期待にそえないまま、フリーzineにちょこっと詩を書かせていただくことで
お役に立てたかどうか、いつのまにか、さようなら。。。

切ない気持ちの屋根に雨がたたきつけ、
それから今日は、フランシス・ジャム『野兎物語』訳者、
猿渡重達氏との新たな出会いがありました。

ご一緒させていただいたみなさま、
rain on the roof スタッフの方々、
そして、渚十吾さま、
どうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!



CAROLE KING You've Got A Friend

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (2)

June 23, 2011

echo mountain parlor vol.38

emp110623mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.38は、
6/25(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

2007年から続いた三軒茶屋、レイン・オン・ザ・ルーフでの"echo mountain parlor"は今回で最終回となります。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩とコラージュを連載しております。

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

June 12, 2011

Peter Saville

petersaville110612mj01.jpg
New order “Substance”

petersaville110612mj02.jpg
Joy Division “Disorder”

投稿者 orangepeel : 09:53 PM | コメント (0)

June 08, 2011

So Long Frank Lloyd Wright


So Long Frank Lloyd Wright - Simon and Garfunkel

Today is FLW's birthday.

投稿者 orangepeel : 07:28 PM | コメント (0)

June 06, 2011

Never Can Say Goodbye


The Jackson 5- Never Can Say Goodbye

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

June 02, 2011

I'm not in love


10 CC - I'm not in love

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

May 30, 2011

Peter Saville

petersaville110530mj01.jpg

petersaville110530mj02.jpg

petersaville110530mj03.jpg

petersaville110530mj04.jpg
Peter Saville Designs Album Art for Joy Division, New Order Compilation

from Creative Review via TAXI via findcreatives (The Creative Finder) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:24 PM | コメント (0)

サヨナラCOLOR


ハナレグミ&忌野清志郎 サヨナラCOLOR

投稿者 orangepeel : 12:20 AM | コメント (0)

May 26, 2011

Man On the Moon


R.E.M. Man On the Moon

投稿者 orangepeel : 10:53 PM | コメント (0)

May 25, 2011

May 22, 2011

Devotional Number One


Devotional Number One - Roky Erickson And Okkervil River

from GreatDismal (William Gibson) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

How Does it Feel


How Does it Feel / BUNNY

from cccouk on twitter

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (0)

May 18, 2011

5・21

ep4110518mj.jpg
EP-4

本日、中野新橋、古書 猫額洞にていただいたステッカー。

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (2)

遥か


Spitz (スピッツ) - Haruka (遥か)

投稿者 orangepeel : 08:49 PM | コメント (0)

May 09, 2011

Puff the Magic Dragon


Peter Paul & Mary - Puff the Magic Dragon

投稿者 orangepeel : 09:55 AM | コメント (0)

April 21, 2011

あなたに夢中


キャンディーズ あなたに夢中

Rest In Peace.

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

April 20, 2011

simon and garfunkel


simon and garfunkel - april come she will

投稿者 orangepeel : 10:13 PM | コメント (0)

April 16, 2011

デイ・ドリーム・ビリーバー


ザ・タイマーズ  デイ・ドリーム・ビリーバー

投稿者 orangepeel : 07:55 PM | コメント (0)

April 13, 2011

ある光


小沢健二 - ある光

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

April 10, 2011

正夢


スピッツ / 正夢


スピッツ / 水色の街

あの日、あの街に、草野マサムネ氏といたのかなあ。
と、数週間前の週末をおもいだす...

投稿者 orangepeel : 10:46 AM | コメント (0)

April 09, 2011

Bizarre Love Triangle


New Order - Bizzare Love Triangle '94

New Order - Bizarre Love Triangle (PV)


Devine & Statton - Bizarre Love Triangle

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

April 06, 2011

For Once in my Life


Stevie Wonder - For Once in my Life

投稿者 orangepeel : 04:28 PM | コメント (0)

April 04, 2011

Altered Images


Altered Images - Happy Birthday (1981)

投稿者 orangepeel : 04:24 PM | コメント (0)

April 03, 2011

RUNNIN' AWAY


SLY & THE FAMILY STONE - RUNNIN' AWAY


Running away to get away
Ha ha ha ha
You're wearing out your shoes

Look at you, fooling you

Making blues of day and night
Hee hee hee hee
You're stretching out your dues

Look at you, fooling you

Shorter cut is quicker but
Ha ha ha ha
Time is here to stay

Look at you, fooling you

The deeper in debt the harder you bet
Hee hee hee hee
Need more room to play

Look at you, fooling you

Another day you're farther away
Ha ha ha ha
A longer trip back home

Running away to get away
Ha ha ha ha
You're wearing out your shoes

Look at you, fooling you

Making blues of day and night
Hee hee hee hee
You're stretching out your dues

Look at you, fooling you

Shorter cut is quicker but
Ha ha ha ha
Time is here to stay

Look at you, fooling you

The deeper in debt the harder you bet
Hee hee hee hee
Need more room to play

Look at you, fooling you

Another day you're farther away
Ha ha ha ha
A longer trip back home

from Runnin' Away Lyrics

投稿者 orangepeel : 10:17 PM | コメント (0)

April 02, 2011

have a cup of tea with Edwyn Collins

liberty110402mj01.jpg

liberty110402mj02.jpg
LIBERTY, bird-illustrations by Edwyn Collins

from What Katie Does via EdwynCollins (Edwyn Collins) on twitter

投稿者 orangepeel : 02:01 PM | コメント (0)

March 30, 2011

Un Dia Mas


The Draytones - Un Dia Mas [OFFICIAL]

a song in español “Un Dia Mas” greets me with another day.

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

March 28, 2011

あじさい通り


Spitz  あじさい通り

-スピッツの草野マサムネ、震災報道などから「急性ストレス障害」に・・・-

from SPITZ OFFCIAL WEB SITE via hondaso (HONDA,So) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:06 PM | コメント (0)

March 26, 2011

さわって・変わって


スピッツ / さわって・変わって

投稿者 orangepeel : 01:37 AM | コメント (0)

The Kids are Alright


The Who “The Kids are Alright ”

A music video from The Who from Hyde Park

投稿者 orangepeel : 12:42 AM | コメント (0)

March 21, 2011

ワカンナイ


井上陽水 ワカンナイ

宮沢賢治『雨二モマケズ』のアンサーソング、井上陽水『ワカンナイ』

投稿者 orangepeel : 03:34 PM | コメント (0)

March 20, 2011

Island In The Sun


Weezer - Island In The Sun (Spike Jonze Version)

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (0)

March 19, 2011

真夏の出来事


真夏の出来事・平山三紀

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

March 17, 2011

Brown Eyed Girl


Van Morrison Brown Eyed Girl lyrics

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

March 16, 2011

DO IT AGAIN

Edwyn Collins - Do It Again (Master) from Kieran Evans on Vimeo.

‘ Music lifts the spirits! Take care, Edwyn’

from EdwynCollins (Edwyn Collins) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:20 PM | コメント (0)

March 04, 2011

涙をとどけて

mandm110304mj.jpg
ミックジャガー×トータス松本
↑click to play (動画埋め込み無効なので、タイトルをクリックください)


トータス松本−涙をとどけて

(歌詞 / Lyrics)
この世のものすべてが
あまりにも 悲しく見えてくる
こんな気持ちになるのも
この頃は めずらしい事じゃない

僕は誰?
どこから来た?
なにがしたくて何処へ行きたい?
疲れすぎて眠れないまま
ただ明日の事考えてる

いつもほったらかしの机の上
食べかけのパン
昨日の新聞
走り書きのメモ
調子っぱずれのしょうもない自分
外は雨

涙をとどけて 本当のこと
想いをとどけて 言えないこと
言葉にできない
明日をとどけて

頬杖ついてぼんやり
思い出す 昼間の出来事を
なるようにしかならない
わかってる でも想いはつのる

積み上げた雑誌と 将来の夢
「泣けるよ」と言われて借りたDVD
買ったっきり一回しか履いてない靴
ポタポタと落ちる蛇口の水

やけくそのカラオケ
笑えないテレビ
そんな日々をただ僕は泳ぐ
だけど希望もそれ以上の意地も
ここにちゃんとある この胸に

涙をとどけて 本当のこと
想いをとどけて 言えないこと
言葉にできない
明日をとどけて

そうさ
何度も自分に言いきかせる
いつか そういつかきっと
想い描いてる自分の風景に
虹をかけたい 遠くまで

涙をとどけて 本当のこと
想いをとどけて 言えないこと
今日から明日へ

涙をとどけて 本当のこと
想いをとどけて 言えないこと
言葉に出来ない
明日をとどけて

投稿者 orangepeel : 10:20 AM | コメント (0)

February 28, 2011

Clair


Gilbert O'Sullivan - Clair

投稿者 orangepeel : 02:37 PM | コメント (0)

February 27, 2011

マボロシトヒト

ldj110226mj01.JPG

ldj110226mj02.JPG

ldj110226mj03.JPG

ldj110226mj04.JPG

ldj110226mj05.JPG

ldj110226mj06.JPG

ldj110226mj07.JPG

ldj110226mj08.JPG

ldj110226mj09.JPG

ldj110226mj10.JPG

ldj110226mj11.JPG

ldj110226mj12.JPG

ldj110226mj13.JPG

ldj110226mj14.JPG

ldj110226mj15.JPG

ldj110226mj16.JPG

ldj110226mj17.JPG

ldj110226mj18.JPG

ldj110226mj19.JPG

ldj110226mj20.JPG

ldj110226mj21.JPG

ldj110226mj22.JPG

ldj110226mj23.JPG

ldj110226mj24.JPG

ldj110226mj25.JPG

ldj110226mj26.JPG

ldj110226mj27.JPG

ldj110226mj28.JPG

ldj110226mj29.JPG

ldj110226mj30.JPG

ldj110226mj31.JPG

ldj11026mj32.JPG

ldj110226mj33.JPG

ldj110226mj34.JPG
© orangepeel, @ rain on the roof

‘二月から三月、

マボロシの季節、そこにある空気、

かすかな薔薇色と青色、

こころはそこで悔恨と希望の香の漂う怠惰<たいだ>と浴み<あゆみ>をとる


それは青味がかり、薔薇色めいた、黄昏のような空気

ものうげで、夢を見ているような.....

植物や鉱物のように、夢遊する生命を与えられているもののような....


二月から三月、

希望を感じる明るさと、快い暗さの諧調を具えて

花や沈む夕日は声のない言葉を語っている

マボロシトヒト..... 。’

words by Jugo Nagisa

from “echo mountain parlor menu book”
vol.36 edition

26th february 2011

投稿者 orangepeel : 07:17 AM | コメント (0)

February 26, 2011

echo mountain parlor vol.36

emp110225mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.36は、
2/26(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘ワン・ドリンク・オーダーで参加 OK、出入りも自由。
まるで空想ラジオを聴いているような音楽リスニング・アワーです’

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩とコラージュを連載しております。

投稿者 orangepeel : 01:25 AM | コメント (0)

February 25, 2011

I Hope I Don't Fall In Love With You & No One Knows I'm Gone


Tom Waits

投稿者 orangepeel : 06:03 PM | コメント (2)

February 24, 2011

echo mountain parlor vol.36

emp110224mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.36は、
2/26(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

投稿者 orangepeel : 04:40 PM | コメント (0)

Shipbuilding


Robert Wyatt - Shipbuilding

投稿者 orangepeel : 04:30 PM | コメント (0)

February 23, 2011

Ronald Clyne

folkways110223mj01.jpg
Design by Ronald Clyne, 1960

folkways110223mj02.jpg
Design by Ronald Clyne, 1967

folkways110223mj03.jpg
Design by Ronald Clyne, 1975

folkways110223mj04.jpg
Design by Ronald Clyne, 1961

folkways110223mj05.jpg
Design by Ronald Clyne, 1964

folkways110223mj06.jpg
Design by Ronald Clyne ; Cover artwork by Robert, 1977

‘Ronald Clyne (December 28, 1925 – 2006) was an American freelance designer and graphic artist best known for creating over 500 covers for Folkways Records during the more than three-decade lifetime of his independent company from 1948–1986.’
Ronald Clyne

from Smithsonian Folkways via Eye magazine on twitter

投稿者 orangepeel : 08:48 AM | コメント (0)

February 21, 2011

ephemera / Áskel Másson

prime110220mj01.jpg

prime110220mj02.jpg

prime110220mj03.jpg

prime110220mj04.jpg

prime110220mj05.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Áskel Másson
PRIME
f. Snare Drum

Iceland Music Information Centre, 1984

スネアドラム入門


参考までに音を検索


Brad Webb - Prim - Askell Mason - Snare drum solo

投稿者 orangepeel : 07:52 AM | コメント (0)

February 20, 2011

Shout to the Top


The Style Council - Shout to the Top

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

February 18, 2011

Georges Delerue

truffaut110218mj01.jpg

truffaut110218mj02.jpg

truffaut110218mj03.jpg
Bandes Originales des
Films de
François Truffaut

渚十吾氏からお借りしているサウンドトラック集を聴きながら、フランソワ・トリュフォー祭。
ジャン・コンスタンタンやジョルジュ・ドルリューのなかに、‘アントワーヌ’の声(台詞)!

‘彼らは気ままに恋をする
世界中の子供たちは
人生をきれいな歯でかぶりつく
まあるいリンゴのように
はじめての口づけ、幸せ、悲しみ
心にしまい、手を差し出して
悪い結末もいい結末もある
優しくも残酷なのが子供というもの
二人づつ道を行く
二十歳の恋に酔いしれる’
L' Amour à vingt ans(1962)
『二十歳の恋』
対訳:武者小路真理恵

「フランソワ・トリュフォー作品集」 ライナー・ノーツより

Thank you very much, Mr.J.N!



トリュフォーではなく、ジョージ・ロイ・ヒル監督作品ですが、
ヴィヴァルディのリュート協奏曲をモチーフにした、ジョルジュ・ドルリュー、コンポーズ曲から、
少女(ダイアン・レイン、デビュウ作!)と少年の淡い恋の物語『リトル・ロマンス』(1979)をどうぞ☆


A little romance

投稿者 orangepeel : 07:01 PM | コメント (0)

February 17, 2011

Timeless Melody


The La's - Timeless Melody

投稿者 orangepeel : 09:57 AM | コメント (0)

February 09, 2011

Grant McLennan


The Go-Betweens: "Bachelor Kisses"

‘Grant McLennan died at his home in Brisbane on 6 May 2006, aged 48, from a heart attack. He was preparing for a party at his home to celebrate with his fiancée, Emma Pursey. Whilst preparing for the party, he complained of feeling unwell, and went upstairs to rest. He died in his room and was found soon after by his flatmate, friends and fiancée.’
from wikipedia

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

February 04, 2011

If I Fell


If I Fell - The Beatles

via BeatlesVideo on twitter

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

February 03, 2011

Nerdy Beatles

nerdybeatles110203mj.jpg
from FabFourFacts on twitter

投稿者 orangepeel : 07:28 AM | コメント (0)

February 01, 2011

John Barry


John Barry - Follow Me (The Public Eye)

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (0)

January 29, 2011

Love At First Sight


The Gist - Love At First Sight Demo Version

投稿者 orangepeel : 11:39 PM | コメント (0)

Vintage LP stereo banners

stereostack.com110129mj01.jpg
stereostack.com110129mj02.jpg
stereostack.com110129mj03.jpg
stereostack.com110129mj04.jpg
stereostack.com110129mj05.jpg
stereostack.com110129mj06.jpg
stereostack.com110129mj07.jpg
stereostack.com110129mj08.jpg
stereostack.com110129mj09.jpg
stereostack.com110129mj10.jpg
stereostack.com110129mj11.jpg
stereostack.com110129mj12.jpg
stereostack.com110129mj13.jpg
stereostack.com110129mj14.jpg
stereostack.com110129mj15.jpg
stereostack.com110129mj16.jpg
stereostack.com110129mj17.jpg
stereostack.com110129mj18.jpg
stereostack.com110129mj19.jpg
stereostack.com110129mj20.jpg
stereostack.com110129mj21.jpg
from stereostack.com via TheHeadsofState on twitter

投稿者 orangepeel : 09:03 AM | コメント (0)

January 21, 2011

Cinnamon Girl


Neil Young - Cinnamon Girl


Beck - Where It's At


Paul Weller - Sunflower

投稿者 orangepeel : 07:31 PM | コメント (0)

January 17, 2011

You Keep Me Hangin' On


The Supremes | Live @ The Hollywood Palace (1966) - "You Keep Me Hangin' On" & "Somewhere"

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

January 16, 2011

You Can't Hurry Love


The Supremes: You Can't Hurry Love - Original (Take 1)

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

January 15, 2011

i hear a symphony


the supremes i hear a symphony

投稿者 orangepeel : 11:44 PM | コメント (0)

January 14, 2011

Falling And Laughing


Falling And Laughing (Single) - Orange Juice

投稿者 orangepeel : 10:05 AM | コメント (0)

January 12, 2011

Stork of the day

edwyncollins110112mj.jpg
© Drawing : Edwyn Collins

via GraceMaxwell on twitter

投稿者 orangepeel : 11:00 AM | コメント (0)

When I'm Five


David Bowie - When I'm Five

via GraceMaxwell on twitter

Happy Birthday, My sister T !

投稿者 orangepeel : 09:43 AM | コメント (0)

January 10, 2011

Afternoon tea @ Muswell Hill

ldj110110mj01.jpg

ldj110110mj02.jpg

ldj110110mj03.jpg

ldj110110mj04.jpg

ldj110110mj05.jpg

ldj110110mj06.jpg

ldj110110mj07.jpg

ldj110110mj08.jpg

ldj110110mj09.jpg

ldj110110mj10.jpg

ldj110110mj11.jpg

ldj110110mj12.jpg

ldj110110mj13.jpg

ldj110110mj14.jpg

ldj110110mj15.jpg

ldj110110mj16.jpg

ldj110110mj17.jpg

ldj110110mj18.jpg

ldj110110mj19.jpg

ldj110110mj20.jpg

ldj110110mj21.jpg
© orangepeel

渚十吾さん邸に、お茶におよばれしました。
Yokoさんの豪華なお菓子が沢山テーブルに用意されていて大喜び!
苺の味とかおりが春を先取り、ありがとうございます。

鈴木慶一氏&渚さんプロデュース、渡辺美奈代のアルバムを聴かせていただきました。凝った音のつくり。
AKBは、ここからの流れなのですね(って、最近のアイドルをよく存じ上げないのですが:笑)。
自分はアイドルになれないけれど、アイドルをビジュアルから曲まですべてプロデュースするのが
こどものころの夢だったのですが(なんておこがましい!)、渚さんは、現実にやってらっしゃった。

ほとんど聴いたことがなかった近藤マッチさんのアルバムも。
芸能界の裏話をちょこっとうかがい。。。
TVの向こう側の世界しか知らなかったワタシです。

渚さま、Yokoさま、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

January 08, 2011

東京は夜の七時


The Night Is Still Young - Pizzicato Five

投稿者 orangepeel : 08:19 AM | コメント (0)

January 03, 2011

Feelin' Groovy


Harpers Bizarre - The 59th Street Bridge Song (Feelin' Groovy)

投稿者 orangepeel : 08:41 AM | コメント (0)

January 02, 2011

I Am a Rock


I Am a Rock - Simon & Garfunkel Lyrics

投稿者 orangepeel : 02:50 PM | コメント (0)

December 31, 2010

out of time


rolling stones,out of time

投稿者 orangepeel : 07:11 AM | コメント (0)

You Won't See Me


You Won't See Me- The Beatles (Rubber Soul)

投稿者 orangepeel : 07:09 AM | コメント (0)

December 25, 2010

I'll Be There


Jackson 5- I'll Be There lyrics

投稿者 orangepeel : 04:51 PM | コメント (0)

December 21, 2010

I Will Survive


Cake - I Will Survive

投稿者 orangepeel : 07:03 AM | コメント (0)

December 18, 2010

The Beatles Covers


Bill Withers - Let It Be


Billy Preston a hard day's night


Marianne Faithfull - Yesterday

投稿者 orangepeel : 06:19 PM | コメント (0)

December 17, 2010

ephemera / The Beatles fanzine

beatles101217mj01.jpg

beatles101217mj02.jpg

beatles101217mj03.jpg

beatles101217mj04.jpg

beatles101217mj05.jpg

beatles101217mj06.jpg

beatles101217mj07.jpg
© ephemera collection of orangepeel


THE RUTLES - With A Girl Like You (1964)

投稿者 orangepeel : 06:26 PM | コメント (0)

December 15, 2010

Let it Be


The Beatles.Let it Be

投稿者 orangepeel : 12:10 AM | コメント (4)

December 13, 2010

Everything But The Girl


Everything but the girl - I don't want to talk about it


Everything but the Girl-Time after time


Alison (acoustic) Everything But The Girl

投稿者 orangepeel : 08:23 AM | コメント (0)

December 12, 2010

空になれ

emp35menubookmj.jpg
‘echo mountain parlor vol.35’ menu book

emp101211mj01.jpg

emp101211mj02.jpg

emp101211mj03.jpg

emp101211mj04.jpg

emp101211mj05.jpg

emp101211mj06.jpg

emp101211mj07.jpg

emp101211mj08.jpg

emp101211mj09.jpg

emp101211mj10.jpg

emp101211mj11.jpg

emp101211mj12.jpg
© orangepeel

クリスマス間近の‘echo mountain parlor vol.35’ @rain on the roof は、
ライヴもあり、12月とはおもえず、熱気でいっぱい。
渚さま(来年、がんばりますっ!)、Yoko さま、宮地さま、中島さま、長坂さま、成田さま(小沢健二さん、お願いします)、
2011年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
また、リヴァー・フィールドワーカーズのみなさまにお会いできてうれしかったです。
お寒い中、ありがとうございました!


Neil Young - See the Sky About to Rain

*サーバ上のトラブルで、しばらく当ブログが見れなかったことをお詫びいたします。

投稿者 orangepeel : 06:33 PM | コメント (6)

December 11, 2010

Up on The Downside


Ocean Colour Scene - Up on The Downside

投稿者 orangepeel : 11:34 AM | コメント (0)

December 10, 2010

Travellin' Man

jnhappyhour101210.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.35は、この週末!
12/11(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

Jugo Nagisa's new album

きみの口笛は大空に
-Your Song, My Song-


< Song Titles >

きみの口笛は大空に -Your Song, My Song-
01. Prelude -空になれ-
02. Your Song, My Song
03. 誰もひとりで暮らしてるんじゃない
04. (there is no) Space Parts
05. シルヴィア・プラスは誰だ
06. 5 Leaves
07. バーズの歌
08. Interlude -歌が生まれる-
09. One Tree, One Life -みどりの木-
10. 心のゆくところ
11. ブレイクの歌
12. Wondering Boy, Wondering Girl
13. Travellin' Man
14. 君は物事を空色に見た、全く空色に見た

2010.12.8 Released !
Waikiki Record WAKRD-034

投稿者 orangepeel : 12:03 AM | コメント (0)

December 08, 2010

ephemera / John Lennon, Forever

john lennon101208mj.jpg
Japanese Newspaper, 30 years ago © ephemera collection of orangepeel


John Lennon - Imagine

投稿者 orangepeel : 06:50 AM | コメント (0)

December 03, 2010

echo mountain parlor vol.35

emp101203mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.35は、
12/11(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘ワン・ドリンク・オーダーで参加 OK、出入りも自由。
まるで空想ラジオを聴いているような音楽リスニング・アワーです’

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩とコラージュを連載しております。

投稿者 orangepeel : 08:46 AM | コメント (0)

November 27, 2010

Everything Under The Sun


The Ronettes - Everything Under The Sun

投稿者 orangepeel : 11:13 AM | コメント (0)

November 26, 2010

information

emp35mj101126.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.35は、
12/11(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘ワン・ドリンク・オーダーで参加 OK、出入りも自由。
まるで空想ラジオを聴いているような音楽リスニング・アワーです’

今回は、ミニライヴあります!

クリスマスももうすぐ。
みなさまと、ぜひ、三茶でお会いできたら☆

投稿者 orangepeel : 11:25 AM | コメント (0)

November 24, 2010

はっぴいえんど


風来坊

投稿者 orangepeel : 09:05 AM | コメント (0)

November 23, 2010

KEGAWA NO MARIES

kegawanomaries101123mj01.jpg

kegawanomaries101123mj02.jpg
© art direction by shindo mitsuo

投稿者 orangepeel : 09:21 PM | コメント (0)

November 22, 2010

Lola


The Raincoats - Lola


Lola-The Kinks #5.*Top Of The Pops-70s*

投稿者 orangepeel : 08:00 AM | コメント (0)

November 21, 2010

Lazy Sunday Afternoon


The Small Faces - Lazy Sunday Afternoon

投稿者 orangepeel : 01:51 PM | コメント (0)

November 18, 2010

L'ecume des jours #66

ldj10111803.JPG

ldj101118mj06.JPG

ldj101118mj07.JPG

ldj101118mj08.JPG
© orangepeel


Madness - Return Of The Los Palmas 7

投稿者 orangepeel : 06:01 PM | コメント (0)

November 17, 2010

Unbunny

cd101117mj01.jpg

cd101117mj04.jpg

cd101117mj03.jpg
‘typist’ Unbunny  (Important Records , 2005)

typist101117mj04.JPG

typist101117mj05.JPG

typist101117mj06.JPG

typist101117mj07.JPG

typist101117mj09.JPG

typist101117mj10.JPG

typist101117mj11.JPG

typist101117mj12.JPG
© photo by orangepeel

DIY.
ephemeral sleeve.

Thank you very much, Mr.J.N !


Unbunny - The Path

投稿者 orangepeel : 06:18 PM | コメント (0)

November 15, 2010

Pale Blue Eyes


Pale Blue Eyes- Collins/Quinn


The Velvet Underground - Pale Blue Eyes (Live)

投稿者 orangepeel : 09:24 PM | コメント (0)

November 14, 2010

ephemera / 7・5・3

753mj01.jpg
© ephemera collection of orangepeel


Alison - Elvis Costello

投稿者 orangepeel : 07:31 AM | コメント (2)

November 12, 2010

L'ecume des jours #65

ldj101111mj01.JPG

ldj101111mj02.JPG

ldj101111mj03.JPG

ldj101111mj04.JPG

ldj101111mj05.JPG
© orangepeel


Village Green Preservation Society ~ The Kinks ~ Live 1973

投稿者 orangepeel : 11:52 AM | コメント (0)

November 08, 2010

L'ecume des jours #63

ldj101107mj01.JPG

ldj101107nj02.JPG

ldj101107mj03.JPG

ldj101107mj04.JPG

ldj101107mj05.JPG

ldj101107mj06.JPG

ldj101107mj07.JPG

ldj101107mj08.JPG

ldj101107mj09.JPG

ldj101107mj10.JPG

ldj101107mj11.JPG

ldj101107mj12.JPG

ldj101107mj13.JPG

ldj101107mj14.JPG

ldj101107mj15.JPG
© orangepeel


Savoy Truffle - The Beatles

投稿者 orangepeel : 07:33 AM | コメント (0)

November 07, 2010

Only Love Can Break Your Heart


Neil Young-Only Love Can Break Your Heart


Only Love Can Break Your Heart - Saint Etienne

投稿者 orangepeel : 08:42 AM | コメント (0)

November 06, 2010

waterloo sunset

waterloo101106mj01.jpg

waterloo101106mj02.jpg
© photo by orangepeel , 1995

orangepeel's essay


The Kinks - Waterloo Sunset

投稿者 orangepeel : 07:21 AM | コメント (0)

November 04, 2010

M*A*S*H

mashsoundtrack1970mj.jpg
“M*A*S*H” soundtrack

ロバート・アルトマン監督『M*A*S*H』 (1970) は、朝鮮戦争を舞台にしたブラックなコメディ映画。

(動画ではないので音だけお聴きくださいませ)

映画『M*A*S*H』の主題歌 "Suicide Is Painless"

The Mash "Suicide Is Painless" Theme From M*A*S*H

オリジナルは、ビル・エヴァンスが亡き妻にささげた曲 "Suicide Is Painless"

Bill Evans - MASH Theme (Suicide is Painless)

セルジュ・ゲンスブールは、お酒と煙草の嗜癖を「ゆるやかな自殺」と公言していたけれども、
ビル・エヴァンスも永年の薬物とアルコールによる‘painless suicide’だった。

投稿者 orangepeel : 02:57 PM | コメント (0)

November 03, 2010

Hello, It's Me


投稿者 orangepeel : 06:21 PM | コメント (0)

November 01, 2010

Autumn Leaves


Autumn Leaves - Bill Evans


Autumn Leaves - Chet Baker & Paul Desmond Together


Miles Davis Quintet feat. Wayne Shorter solo live '64

投稿者 orangepeel : 07:30 AM | コメント (0)

October 30, 2010

‘hard’rain on the roof

emp34menubookmj.jpg
‘echo mountain parlor vol.34’ menu book (↑ click to enlarge )

emp101030mj01.JPG

emp101030mj02.JPG

emp101030mj03.JPG

emp101030mj04.JPG

emp101030mj05.JPG

emp101030mj06.JPG

emp101030mj07.JPG

emp101030mj08.JPG

emp101030mj09.JPG

emp101030mj10.JPG

emp101030mj11.JPG

emp101030mj12.JPG

emp101030mj13.JPG

emp101030mj14.JPG

emp101030mj15.JPG

emp101030mj16.JPG

emp101030mj17.JPG

emp101030mj18.JPG

emp101030mj19.JPG

emp101030mj20.JPG
© orangepeel

echo mountain parlor vol.34 @‘hard’rain on the roof
渚十吾氏がターン・テーブルにのせるレコードと
台風接近中rain on the roofの屋根に、たたきつける雨音が
こころ逸らす和音を奏でて。

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

October 28, 2010

echo mountain parlor vol.34

emp101030mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.34は この週末。
10/30(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘ワン・ドリンク・オーダーで参加 OK、出入りも自由。
まるで空想ラジオを聴いているような音楽リスニング・アワーです’

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩とコラージュを連載しております。

投稿者 orangepeel : 04:21 AM | コメント (2)

October 21, 2010

なごり雨

byogakudopostcard101021.jpg
photo by S@byogakudo

巴里!?かとおもったら、あらかわ遊園の観覧車からのぞんだ隅田川だそう。
中野新橋 古書 猫額洞からいただいたポストカード。
thank you very much, S&C !

タクシーの中で。

タクシーの運転手さん(以下、タ)「石川さゆりに似てるねえ」

ワタシ(以下、ワ)「えっ?ワタシですか?」

タ「いや、この声がさあ」(と、ラジオから流れる曲をうながす)

ワ「あ、これ、誰ですか?」(曲がとぎれ、♪ただいまの曲はイシハラジュンコさんの○○でした♪とアナウンス)

タ「イシハラジュンコだって。知らないねえ」

ワ「(急にはずかしくなりつつ)そういえば石川さゆりさんって、若いころより今のほうが声に色気がありますよねえ」

タ「あれ?お客さん、同性でも女の色気ってわかるもんなの?」

ワ「わかりますよう!やっぱり演歌は経験を積んで歳を重ねるほど艶がでてきますよねえ」

タ「うーん。まあねえ。人によるよね。歳くってればいいってもんじゃないねえ」

ワ「ああ。。枯れてきちゃう人もいますでしょうかねえ。。。」

オヤジな会話。。。

雨もよいの車窓風景にぴったりな曲。
「季節はずれの風鈴・・・」せつない。


石原詢子 なごり雨


p.s. 本日の『ブラタモリ』身震いしながら観てて家族に笑われた。「もうこの話題は(ワタシから聞かされて)ウンザリ」だって。

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (4)

October 20, 2010

Losing Sleep


Edwyn Collins - Losing Sleep
COOKIE SCENE にエドウィン・コリンズのインタビュー があります。



salingerbabycouch101020mj.jpg
J. D. Salinger holding Lillian Ross’s son, Erik.
‘Salinger Snapshots’ from The New Yorker

今年のはじめに J.D. サリンジャーの訃報をきいて、この世からライ麦畑のキャッチャーがいなくなってしまった喪失感よりも、
ニューヨーカーのサイトに公開されたスマートで柔和でエリート然としたジェロームの全身像に、なんとなくとまどった。
それまで、本の口絵や背表紙にあった若いころの顔写真しか出回っておらず、
ウッディ・アレンがつくりあげた強烈なセルフイメージからの偏見で、隠遁生活にはいってしまったユダヤ系の作家に
卑屈で偏屈で被害妄想たっぷりの‘引きこもり’というキャラクターを想像していたから。
サリンジャーは、メディアの眼から逃げて書くことをやめてしまったわけではなく、
むしろ書くことが好きで、発表することを目的とせず飄然と執筆を続けていたという。

そして、‘音楽界のホールデン・コールフィールド’(と勝手に名付けてる)、エドウィン・コリンズの奇跡の復活。
脳出血で倒れ生死の境をさまよったのち、ギターは弾けなくなってしまったけれども、
家族や友人にささえられレコーディングからライヴと、あらたに表現者へと回復していく‘再生’の物語をドキュメンタリーで観て、
やはり、なぜか、とまどい、そして、励まされた。
新譜『Losing Sleep 』は、オレンジ・ジュース時代を彷彿とさせる力強くて瑞々しい音です!
(ちなみに、ワタシのハンドル・ネームというかペンネーム orangepeel は、
エドウィンのかつてのバンド Orange Juice にインスパイアされてます、誰もきいてくれないから何度もいう。ハッ)


ninestoriesmj101020.jpg


 ‘長いことXは、エズミの父の腕時計を箱から取り出すことはおろか、その手紙を下に置くことすらできかねていた。が、いよいよ時計を取り出してみると、それは送られて来る途中でガラスがこわれていた。ほかに故障はないかしらと思ったけれど、ぜんまいを巻いてそれを確かめてみる勇気はなかった。彼は時計を手にしたまま、また長いこと黙って坐っていた。そのうちに、全く思いがけなく、陶然とひきこまれてゆくような快い眠気を覚えた。
 エズミ、本当の眠気を覚える人間はだね、いいか、元のような、あらゆる機_____あらゆるキ___ ノ___ ウがだ、無傷のままの人間に戻る可能性を必ず持っているからね。’

「エズミに捧ぐ_____ 愛と汚辱のうちに」 / 『ナイン・ストーリーズ』 J.D. サリンジャー (野崎孝訳、新潮社刊, © 1974)

投稿者 orangepeel : 05:56 AM | コメント (0)

October 08, 2010

L'ecume des jours #61

haircut101008mj01.JPG

haircut101008mj02.JPG

haircut101008mj03.JPG

haircut101008mj04.JPG

haircut101008mj05.JPG
© orangepeel



赤い丸の内線!


Flipper's Guitar - Goodbye, our pastel badges

投稿者 orangepeel : 08:06 PM | コメント (0)

October 07, 2010

今日の雨はいい雨だ

ただいま、マンションの大改修工事で、ベランダの高圧洗浄中。
まるで豪雨を全身にあびているよう。

さあ、なにもかも洗いながしておくれ!


今日の雨はいい雨だ - The Chang

投稿者 orangepeel : 04:46 PM | コメント (0)

October 06, 2010

L'ecume des jours #60

birds101006mj01.jpg

birds101006mj02.jpg
© orangepeel




The Byrds-"Mr. Tambourine Man"-Frankie Avalon-5/11/65

投稿者 orangepeel : 04:39 PM | コメント (0)

October 03, 2010

ephemera / Der Prozeß

kafka101003mj01.jpg

kafka101003mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Franz Kafka ‘Der Prozeß’( Fischer Bücherei , 1963)
Printed in Germany

ジャケ買いならぬ‘カヴァー買い’のフランツ・カフカ 『審判』。
駒場東大ちかくの古書店では、100円均一のペーパーバックを買うことにきめております。
独逸語よめないけれど(無用の長物、まさにエフェメラ)、気に入ったデザインのポスト・カードを選ぶように気分をかるくして。
とびらにポツンとある、出版社 Fischer Bücherei のトレードマークもかわいいです。


kafka101003mj05.jpg


巻末のカフカ、トマス ・マン、ドストエフスキーの既刊案内ページもかっこいい。
(書き込みアリなのは、古本ならではのご愛嬌ということでお許しください)

kafka101003mj03.jpg

kafka101003mj04.jpg
© ephemera collection of orangepeel




Josef K - It's Kinda Funny

投稿者 orangepeel : 08:43 AM | コメント (0)

October 02, 2010

L'ecume des jours #59

komaba101002mj01.JPG

komaba101002mj02.JPG

komaba101002mj03.JPG

komaba101002mj04.JPG

komaba101002mj06.JPG

komaba101002mj07.JPG

komaba101002mj09.JPG

komaba101002mj11.JPG

komaba101002mj13.JPG

komaba101002mj14.JPG
© orangepeel

午後の陽だまりに潜んでいたのは、ヴァンパイア。
顔や手足を無数に吸われて・・・・ @駒場東大。

ひさしぶりに一二郎池と空川をたずねました。
池のそばにはパビリオンのような蔓棚のある‘秘密の花園’がいつのまにかできていました。
写真、上3枚は旧制高校時代からのこっているマンホール。

ところで、‘花園’には植えたての苗を守るためにコンクリの破片や砕いた石をつめた歩道があって、
サイドに気になる立方体がならべられていました。
「ふるい川の橋柱?」とときめいたのですが、刻まれた文字をよくみると、
「享保○○○・・・
妙法○○○・・・童」とあります。墓石?!
だとしたら、踏みつけてました、バチあたりなことをしてしまいました。

この件についてお詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかご教示いただければ幸いに存じます。。。




Alan Parsons Project "TIME"

投稿者 orangepeel : 10:51 PM | コメント (0)

September 30, 2010

L'ecume des jours #58

general100930mj01.JPG

general100930mj02.JPG

general100930mj03.JPG

general100930mj04.JPG

general100930mj05.JPG

general100930mj06.JPG

general100930mj07.JPG
© orangepeel

雨の茂みに潜んでいたのは、ヴァンパイア。
顔や手足を無数に吸われてかゆいかゆい @general pond。




Smokey Robinson & The Miracles - Ooo Baby Baby (Ready Steady Go - 1965)

投稿者 orangepeel : 10:03 PM | コメント (0)

September 27, 2010

Birthplace of The Beatles

100927liverpoolmj02.jpg

100927liverpoolmj03.jpg

100927liverpoolmj01.jpg
© photo by orangepeel

Mathew street 〜 River Mersey 〜 Liverpool Lime Street station @Liverpool, 1995

投稿者 orangepeel : 05:22 PM | コメント (0)

ephemera / The Beatles Story

beatlesstorymj01.jpg

beatlesstorymj02.jpg

beatlesstorymj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

The Beatles Story , 1995

リヴァプール、ビートルズ博物館のリーフレット。
母親くらいの女性が熱狂するファンを映したビデオを見ながら、
「I remember all this ! 」と感極まったようにつぶやいていた。

beatlesstorymj04.jpg
© ephemera collection of orangepeel

1995年9月25日付、悪筆の日記帳に貼ってある入場チケット。
ちょうど15年前です。

投稿者 orangepeel : 07:43 AM | コメント (0)

September 26, 2010

John Lennon Museum

100926mj01.JPG

100926mj02.JPG

100926mj03.JPG

100926mj04.JPG

100926mj05.JPG

100926mj06.JPG

100926mj07.JPG

100926mj08.JPG
© orangepeel

今月末、閉館してしまう “John Lennon Museum ” に、あわてて(!)行ってきました。
外国人観光客もガイド・ブック片手に行列待ち。
作詞ノートやギターのネックにはりつけてあるセット・リストのちいさな文字に見入ってしまった。

いちばん下の写真はリヴァプール、
ではなくて、北与野のゆうぐれ風景。

‘You've got to serve yourself
Ain't nobody gonna do for you ’

自分の心は
自分でめんどう見なきゃ
かわりなんか 誰もつとめちゃくれないよ

John Lennon



ジョン・レノンのジューク・ボックスに入っていたお気に入り全41曲の中から、1曲をどうぞ♪


Lovin' Spoonful - Daydream

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (2)

September 25, 2010

weekend

weekendmj100925.jpg
from pedaladas a buen ritmo

illustration by Wendy Smith

Wendy Smith のイラストレーションが秀逸な Weekend のジャケット。
スペインにまったく同じ音楽の趣味のひとがいた!
世界は広くてせまいのだ。

当ブログのephemera カテゴリから画像を紹介してくれているのです。

Pilatusmj100925.jpg
© ephemera collection of orangepeel

今朝は雨で肌寒いですね、コートを取り出したいくらい。
すっかり秋の気配です。
みなさま、週末はどちらかお出かけですか?




Weekend - The View From Her Room

投稿者 orangepeel : 06:37 AM | コメント (0)

September 24, 2010

L'ecume des jours #57

100924mj01.JPG

100924mj02.JPG

100924mj03.JPG

100924mj04.JPG

100924mj05.JPG

100924mj06.JPG

100924mj07.JPG

100924mj08.JPG

100924mj09.JPG

100924mj10.JPG
© orangepeel

ここはロンドンか東京か 2010年なのか1967年なのか
いつ迷いこんでもビザールなコーナー,  いずれにしても季節は秋確定 @中野北口新仲見世商店街




A Whiter Shade Of Pale - Procol Harum

投稿者 orangepeel : 07:16 PM | コメント (4)

brother sun , sister moon

dictionarychristianitymj100924.jpg
『岩波 キリスト教辞典』 大貫隆、名取四郎、宮本久雄、百瀬文晃 編集 (岩波書店刊、 2002)

書棚からアトランダムに言葉を引いてみた。

たとえば、

‘国木田独歩  1871-1908 小説家、詩人、1981年一番町教会にて植村正久により受洗. 東京専門学校を中退、 その後 94年国民新聞社に入り、 日清戦争の従軍記事が評判となる. 佐々城信子との結婚と離婚を経て、浪漫主義的小説家、詩人として作品を発表した. ワーズワースらの自然観察の文学の影響を受け、『武蔵野』など、自然を人生あるいは運命と関わらせた独自の作風を造る. 『欺かざるの記』(没後刊行の日記)にうかがえるような、大自然・大宇宙に向き合う<我>の内省にたった洞察から、次第に人間内部の相克、社会の矛盾をリアルに描くようになり、自然主義の先駆ともみなされた. その後、作品に『牛肉と馬鈴薯』 『運命論者』などがある. ’
( p.332)

‘グリーン、 G.  Green, Graham  1904-91 イギリスの作家. 20世紀の重要な小説家の中で最も広く読まれてきた一人. しかし作家として認められるのは 4作目の『イスタンブール特急』からである。 結婚したい相手がカトリックだったためもあって、 1926年に自らも改宗した. モダニズムのさきがけであるコンラッドの影響のもとに<追う者>と<追われる者>のパターンを終生求め、それが<娯楽物>の特徴となっている. <本格物>では ジェイムズの影響で、娯楽物のパターンを引きずりながら、それが犯罪と刑罰から、追う者に対する罪と堕地獄へと変容していく. 『ブライトン・ロック』(38) 、『力と栄光』(48) 、『事件の核心』(48) 、それに『情事の終り』(51)の4編は, グリーンのカトリック的で、息を呑むような緊迫感に満ちた重厚な作品であり、 このような作品を書いた作家は皆無である. だが彼は宗教のための護教文学を書いたわけではない. 人間の存在と行為を魂の領域で描くのに、カトリシズムが文学的枠組みを提供したと言うべきだろう. ’
( p.340)

‘『ブラザー・サン シスター・ムーン』 Brother Sun , Sister Moon  1972年にイタリアのF. ゼッフィレッリが監督した劇映画. イタリア国内版と海外版があり、日本では海外版が公開された. アッシジのフランチェスコが始めた教団が法王インノケンティウス3世に認められるまでを牧歌的な明るさで描く. 富裕な商人の息子として青春を謳歌していたフランチェスコは戦争から帰ると、鳥の声に耳を傾け、野の花を慈しむようになり、家を出て俗界と縁を切る. フランチェスコの生き方に共鳴した若者たちが自然とともに暮すさまは 70年代に流行したコミューン運動を反映し、海外版ではドノヴァンのフォーク・ミュージックが時代の気分を盛り上げた. ’
( p.977)

ついでに、不信心ながらニコライ堂で受けた洗礼名の「ソフィア」を引いてみる。

‘ソフィア [ギ] sophia [ロ] sof'ya  ギリシア語で「知恵」の意. 旧約聖書のギリシア語訳(七十七人訳聖書)はヘブライ語のホクマー(hokmah)にこのギリシア語をあてた. 箴言を中心とする知恵文学は早くから「知恵」を天的かつ女性的存在に擬人化して、独特な知恵神話を生み出した. 特に箴 8:22-36は、創世記の冒頭に見るような天地創造神話をすでに前提した上で、万物に先立って神のもとにあって、その創造のわざに参与する「知恵」について語っている. その後、ヘレニズム時代のユダヤ教黙示文学では、同じ知恵神話がさらに変形して、地上の人の子らの間に住まいを求めて到来しながら、それを見出せない「知恵」となっている [ エチ・エノク 42 ].
 新約聖書では、ヨハネ福音書の序文( 1:1-18)の背後にある「ことば(ロゴス)賛歌」と呼ばれる一種の交読文が、さらに変形した知恵神話をうかがわせる. その内容は前述の箴言とエチオピア語エノク書の2つの知恵神話を統合したものとなっている. この賛歌を歌うキリスト者たちにとって、「知恵」は歴史上の存在としてのイエスにほかならなかったから、「知恵」を「ことば(ロゴス)」という男性名詞に置き換えた上で、その受肉について語るのである.
 ヨハネ福音書と相前後してキリスト教の内外に現れるグノーシス主義においては、知恵=ソフィアは超越的な光の世界(プレーローマ)の最下位に位置する女性神である. 彼女は過失を犯して、光の世界の神々の間に大いなる欠乏を引き起こす. すなわち、男性的伴侶の同意のないまま孕んで流産の子(デミウルゴス)を産み落とす. それが悪の世界の造物主、つまり旧約聖書の神ヤハウェにほかならない. 他方、ギリシア教父(ニュッサのグレゴリオスなど)の伝統には、知恵を受肉のキリストと同定した上で、それを目指した動的探求としての愛知(philosophia)の営みが根づいている. ’
( p.701)


光の世界に‘悪’を生みおとした女性神か。かっこいいなあ。
自分のなかの‘デーモン’を探求したい。




Donovan - Brother Sun, Sister Moon [from Franco Zeffirelli's "Brother Sun, Sister Moon"] (1972)

投稿者 orangepeel : 07:16 AM | コメント (0)

September 22, 2010

Golden Slumbers


The Beatles - Golden Slumbers, Carry That Weight, The End

投稿者 orangepeel : 09:27 PM | コメント (0)

September 18, 2010

ephemera / invitation to a dream

lordandtailormj100918.jpg
THE NEW YORKER , NOV. 28 , 1970 © ephemera collection of orangepeel

ニューヨークに拠点を置く1826年創業アメリカの老舗デパート、Lord & Taylor の広告。殿方垂涎の「好き好きシャーツ」です。
オフィシャル・サイトをみたら、秋(9月)は ‘homecoming’ ドレスが充実してました。



2曲つづけてどうぞ♪


Haircut 100 - Favourite Shirts (Boy Meets Girl)


The Monkees "DayDream Believer"

投稿者 orangepeel : 07:03 AM | コメント (0)

September 16, 2010

ephemera / crawdaddy !

crawdaddy20mj.jpg
CRAWDADDY , issue 20 , 1968 © ephemera collection of orangepeel

crawdaddy21mj.jpg
CRAWDADDY , issue 21 , 1969 © ephemera collection of orangepeel

Rolling Stone誌とならんで米ロック・ジャーナリズムの草分け的雑誌‘CRAWDADDY ! ’。
センター見開きに綴じこまれているバックナンバー注文用の紙片に心をうばわれてしまった。

Art Director : Ken Greenberg


crawdaddymjmokuji.jpg


1966年、大学生だった Paul Williams がインディ・マガジンとして創刊したころは白黒コピーのホッチキス留め?
crawdaddy01mj.jpgcrawdaddy0102mj.jpg
CRAWDADDY ! , issue 01 , 1966 from

投稿者 orangepeel : 06:40 AM | コメント (0)

September 13, 2010

Eyeless In Gaza

eyelessingazamj100912.jpg
‘ Rust Red September ’ (Cherry Red , 1983, Lp)


Eyeless In Gaza - New Risen

投稿者 orangepeel : 06:27 AM | コメント (0)

August 30, 2010

池袋系

yaseijidaimj100830.jpg
角川書店「野性時代」1992/5月号 目次

有名作家と一緒にならんでいる自分の名前に「文豪!?」と自己肯定感を高めてみるセラピー。

HMV渋谷閉店に、なぜか渋谷は音楽文化の発信地だったという‘渋谷系’のくくりで報道されていて、
NHKのニュースのBGMがフリッパーズ・ギターだったりする妙。
たしかに、'90年代の私は‘渋谷系’どまんなかでした、
というより、‘渋谷系’といわれる音楽家のひとたちが影響を受けていたとされる
日本ではネオアコとかギター・ポップとよばれていた英国音楽を同時代に聴いていました。

しかし、そのころ西武線沿線に住んでいたので渋谷とは縁がなく、
新宿ならUKエジソンとかディスクユニオン、
それより、学校へは池袋経由、勤め人だったころの勤務先は池袋だったため、
音源蒐集はほとんど池袋西武のWAVEかパルコのオンステージ山野という‘池袋系’でした。

さてさて『野性時代』に書かせていただいたエッセイ「新・東京百景」のテーマは池袋。
こちらでお読みいただけます、なつかしはずかし。

投稿者 orangepeel : 03:33 PM | コメント (0)

August 29, 2010

父さんへの手紙

hibiyamj100829.JPG
© orangepeel

写真はカモメ公園の噴水@日比谷。

ライヴはひさしぶり、しかも野外ははじめて。
東京休日フォーク村@日比谷野音、たのしんでまいりました。

なぎら健壱のMCは、じじネタ(時事ネタでない)が多くてわらった。

しかし、音楽は世代なんて関係ないのだ。
フォークやロックやジャズやクラシックなんかのジャンルなども意味ないのだ。
と、遠藤賢司はいう。
「ギター1本でハードロックをやりたかった」という。
ドラムセットがあるけれどドラマーはいない、ベースもない。
なのにあれだけ厚い音がでるなんて!とおどろいた。

暮れてゆく都会のまんなかの木々にかこまれて、
ひぐらしとともに聴く山本潤子さんのうつくしい歌声は野外ならではの幸福。
『卒業写真』は、もともとハイファイセットへの提供曲で、ユーミンはセルフカヴァーということをはじめて知りました。

缶ビールをひとくちふたくちしただけで、なんだか酔ってきてしまい、
早川義夫の『父さんへの手紙』に、不肖の娘を心配しながら逝ってしまった父を思い出して泣いた。

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

August 28, 2010

summer into winter

emp33mj01.JPG

emp33mj02.JPG

emp33mj03.JPG

emp33mj04.JPG

emp33mj05.JPG

emp33mj06.JPG

emp33mj07.JPG

emp33mj08.JPG

emp33mj09.JPG

emp33mj10.JPG

emp33mj11.JPG

emp33mj12.JPG
© orangepeel

渚十吾氏のイベント‘echo mountain parlor vol.33’@rain on the roof にて。

‘summer into winter’ は、ベン・ワットのミニ・アルバム。
暑いの苦手で、気が早い記事タイトルにしてしまいましたが、やっぱり夏が好きです。

渚さんに、またまた素敵な本をお借りしてしまいました。
終わりかけていく夏を惜しみながら、じっくり眺めさせていただきます。
Thank you very much , J.N !

今回は久しぶりに会った友人も一緒でたのしかった。
しゃべりすぎた。。。
この冬もアイルランドに行くとのこと、うらやましい。
Gさん、暑い中、ありがとう!

sakuragaimj100828.JPG
© orangepeel

こどものころ嫌いだった夏休みの自由研究みたいに、
サクラガイの標本を、ひとつひとつ作ってお持ちしました。
会場にいる方々にたくさんお配りできたらよかったのですけれど、
天然のサクラガイは繊細でこわれやすく、作業中に何枚も割ってしまった。。。

サクラガイはしあわせを呼ぶ貝殻だそうです。
みなさまにとって、この夏もしあわせな思い出となりますよう。

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

August 27, 2010

echo mountain parlor vol.33

emp33mj100827.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.33は この週末。
8/28(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘ワン・ドリンク・オーダーで参加 OK、出入りも自由。
まるで空想ラジオを聴いているような音楽リスニング・アワーです’

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩を書かせていただいております。

投稿者 orangepeel : 06:59 AM | コメント (0)

東京休日フォーク村@日比谷野音

folkvillagemj100827.jpg
フライヤーにちょこっとイラストレーション描いております。

東京休日フォーク村@日比谷野音

2010年8月29日(日)
開場 15:00/ 開演 16:00
日比谷野外大音楽堂

投稿者 orangepeel : 06:10 AM | コメント (0)

August 25, 2010

Rupert Bear


We all stand together by Paul McCartney

‘Videoclip to the song We all stand together by Paul McCartney.
Also known as Rupert and the frog song ’


rupertmj.jpg


Rupert Bear は、英Daily Express紙に1920年から連載されているコミック。
初代キャラクターデザインは、 Mary Tourtel 。

P1010421.JPG

P1010424.JPG

P1010426.JPG

P1010437.JPG
© orangepeel

我が家にも数冊ある Rupert Bear のアニュアル

投稿者 orangepeel : 06:40 AM | コメント (0)

August 19, 2010

イジンノユメハマグリ

P1010403.JPG
© orangepeel

偉人の夢?
異人の夢?

形状とともに名前も詩人。

江の島にいくたびにすこしづつ買い集めていた貝殻。
(リュウキュウアオイガイはワタシのガサツな扱いのためにまっぷたつにハートブレイクしてしまいました・・・)

100円ショップのプラスチックケースを標本箱にして遠い夏の海を夢みています。




Virginia Astley A Summer Long Since Passed
inspired by 365 days album

投稿者 orangepeel : 02:09 PM | コメント (0)

August 07, 2010

at last i am free


robert wyatt - at last i am free

投稿者 orangepeel : 03:42 PM | コメント (0)

July 30, 2010

season's greetings

hptop10072703.jpg
© hiromi suzuki illustrations




The Kinks - I'm On An Island

投稿者 orangepeel : 04:12 PM | コメント (0)

July 12, 2010

Ryan's Daughter

Ryansdaughtermj.jpg
from

ロバート・ミッチャム、サラ・マイルズ主演『ライアンの娘』は独立戦争前のアイルランドを舞台にした1970年の映画。
古い因習にしばられた寒村の、さびしい港の風景が印象に残っています。



robertmitchummj.jpg
Robert Mitchum "Calypso - is like so.."

ところで先日、渚さんのお宅で手渡されたレコード・ジャケット。
ロバート・ミッチャムがカリプソを歌うなんて知らなかった。


Robert Mitchum - Sunny

この曲はアルバムに入ってないけれど。
雨の月曜日に聴きたい。

投稿者 orangepeel : 04:14 PM | コメント (0)

July 11, 2010

Around the World in a Summer Evening

P1010195.JPG

P1010196.JPG

P1010197.JPG

P1010205.JPG

P1010206.JPG

P1010211.JPG

P1010222.JPG

P1010227.JPG

P1010228.JPG

P1010229.JPG

P1010231.JPG

P1010234.JPG
© orangepeel

週末は、渚十吾邸にお邪魔しました。
青く暮れていく夏の宵、おいしいワインとyokoさんの手料理をいただいたら、
ごちそうの味と香りで、胃がぴくぴくとよろこんでいました。。。
ありがとうございます☆

音楽と稀少な本、たのしいおしゃべりで夢のような時間をすごさせていただきました。
レコードにあわせて渚さんがシャンペングラスでスライドギターを?!目の前で。。。


渚さま、yokoさま。
お招きいただき、どうもありがとうございました。
(さらにおみやげまで!)
これからもどうぞよろしくお願いします。



20100510 menu.jpg
夏の晩餐メニュウ・カード

一晩明けて、世界旅行から戻ってきたような気分。

投稿者 orangepeel : 04:08 PM | コメント (0)

June 26, 2010

rainy day in june

P1010060.JPG

P1010067.JPG

P1010070.JPG

P1010074.JPG

P1010077.JPG

P1010082.JPG

P1010084.JPG

P1010091.JPG

P1010093.JPG

P1010095.JPG

P1010103.JPG

P1010105.JPG
© orangepeel

‘Tea time won't be the same without my Donna
At night I lie awake and dream of Donna
I think about that small cafe
That's where we used to meet each day
And then we used to sit a while
And drink our afternoon tea

I'll take afternoon tea
If you take it with me
You take as long as you like
'Cause I like you, girl

I take sugar with tea
You take milk if you please
Like you talking to me
Because you ease my mind ’

“Afternoon Tea ” by The Kinks


きのうまでは「ホントに梅雨なの?」ってくらいの陽射しがつらい日々だったけれど、
きょうは見事に rainy day in june だった渚十吾氏のイベント‘echo mountain parlor vol.32’@rain on the roof 。
雨にまつわる曲やサリンジャーの話題とたのしいおしゃべりで、あっという間にお茶の時間が過ぎていきました。

p.s. キンクス『ローラ』、レインコーツのカヴァーもかわいくて好きだな。

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

June 25, 2010

echo mountain parlor vol.32

happyhouremp32.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.32は この週末。
6/26(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩を書かせていただいております。

投稿者 orangepeel : 01:20 PM | コメント (0)

June 20, 2010

Tokyo Holiday Folk Village

folkvillage01mj.jpg
イラストレーション(ギターを弾くキャラクターなど2人)を描いております。

『東京休日フォーク村@日比谷野音』

2010年8月29日(日)
開場 15:00/ 開演 16:00
日比谷野外大音楽堂

出演アーティストなどの詳細はこちらをごらんください。

folkvillage02.jpg
click to enlarge

こころに響くフォークソングで夏の宵のひとときを過ごしてみたいですね♪

投稿者 orangepeel : 06:49 PM | コメント (0)

June 09, 2010

Moon River

thephilistinesjrmj100609.jpg
‘The Sinking of the S.S. Danehower ’ The Philistines Jr. (1995)

アルバムタイトルになっている‘ the S.S. Danehowerの沈没 ’とは、「いつかつくってみたいフィルム」だそうな。
Peter & Tarquin Katis 兄弟が中心になっているインディバンドThe Philistines Jr.のとぼけた架空のサウンドトラック。

窓に陽が射し込みはじめた遅い朝に聴いていたら、イチョウ並木の若葉がベランダの手すりに襲いかかりそうなほど茂りはじめていて、
「いつのまにか季節がかわってきている。今年も半分が過ぎようとして」と感慨にふけったのは、
昨年末の音楽茶話会echo mountain parlorで、このアルバムに収録されている‘Moon River’を
渚十吾さんからクリスマスプレゼントに聴かせていただいたからなのです。
映画『ティファニーで朝食を』でおなじみジョニー・マーサー作詞/ヘンリー・マンシーニ作曲のロマンティックな名曲ですが、
「凡俗な人」(ペリシテ人【Philistine】)というシニカルなあだ名をバンド名にしている兄弟たちが歌っていると、
アルバムジャケットのイラストレーションみたいに飄々と沈没しそうで暢気。

ところで、ムーンリバーは、恋人たちがさまよう天の川のような、夜空に澄んだ青色の河を想像していたのだけれど、
『ティファニー・・・』主題歌作詞家ジョニー・マーサーの故郷ジョージア州に実在するワイルドな河だとのこと。


いつもCDやレコードをお借りしてばかり。
thank you very much,J.N.

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

June 05, 2010

The Astronaut


The Names "The Astronaut" Video

投稿者 orangepeel : 11:32 AM | コメント (0)

May 05, 2010

Gilbert O'Sullivan


Gilbert O'Sullivan - Matrimony (live)

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

Bernthøler


Bernth0ler - My Suitor

投稿者 orangepeel : 12:48 AM | コメント (0)

April 29, 2010

L'Amour Est Bleu

P1000718.JPG
© orangepeel

図書館の帰り道、おやつ時間に甘味喫茶室『皐月』再訪。
フルーツパフェ(濃厚なナポリアイスクリーム使用)のかたわらに借りてきた仏蘭西詩集などをかさねてみる。
BGMは、とうぜん、ポール・モーリア‘恋はみずいろ’なのです。

今日は『昭和の日』ですね♪


Vicky Leandros L'amor Est Bleu(Love Is Blue)

ヴィッキーの歌声入りははじめて聴きました。

投稿者 orangepeel : 09:17 PM | コメント (2)

April 24, 2010

April come she will

P1000655.JPG

P1000642.JPG

P1000661.JPG

P1000689.JPG

P1000695.JPG

‘April come she will.
When streams are ripe and swelled with rain’
by Simon & Garfunkel

午後は、渚十吾氏のイベント‘echo mountain parlor vol.31’@rain on the roof へ。
4月は意外に雨の多い季節だけれど、4月の音楽に守られてあたたかなきもち。

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (0)

April 23, 2010

echo mountain parlor vol.31

jugonagisavol31.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.31は この週末。
4/24(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に、ワタクシも詩を書かせていただいております。

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

February 28, 2010

ephemera /Edwyn Collins

edcolimj.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

エドウィン・コリンズ、初来日クラブチッタ公演のセットリスト。
大切に額にいれて飾ってます、ハハ!

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

This Charming Man

thesmithsmj.jpg
© my collection

The Smithsのシングル盤。
ジャケットはコクトーのオルフェ。

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

EP-4

ep-4mj.jpg
© my collection

音楽雑誌の付録だったとおもいます。
貴重なソノシート。

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

February 26, 2010

echo mountain parlor vol.30

echo30.jpg

きのうは春一番が吹いたとか。
雪があった寒い2月もいつのまにかむずむずと春を待っているようですね。

渚十吾氏の空想ラジオ echo mountain parlor vol.30は この週末。
2/27(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

投稿者 orangepeel : 10:26 PM | コメント (0)

February 08, 2010

You'll Never Know

投稿者 orangepeel : 12:22 AM | コメント (0)

February 07, 2010

Edwyn Collins - Home again documentary by BBC

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

January 27, 2010

swing out sister


breakout / Swing Out Sister

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

January 20, 2010

The Flipper's Guitar

信藤三雄さんのインタビュウ
イラストレーター鈴木博美が言及されてます(笑)。


投稿者 orangepeel : 12:48 AM | コメント (0)

January 19, 2010

ひふみよ

小沢健二が13年ぶりに全国ツアー決定。
ツアーメンバーをみると『LIFE』の頃の曲が聴けそう。

特設サイトからインタビュウをよむことができます。

投稿者 orangepeel : 07:50 PM | コメント (2)

January 05, 2010

you are my sushine

youaremysunsunshininemj.gif
Elizabeth Mitchell - You Are My Sunshine

年末に「元旦の朝に聴いたらいいよ」と渚十吾氏からお借りした Elizabeth Mitchell 。
スリーヴデザインもレトロであたらしく、子守唄のかたちをなしてやさしく。
ありがとうございます☆

リサ・ローブと学友でユニットを組んでいたとのこと。

投稿者 orangepeel : 08:41 PM | コメント (2)

December 23, 2009

Lemon Jelly

投稿者 orangepeel : 10:03 PM | コメント (0)

December 20, 2009

echo mountain parlor

091219menu01mj.jpg

091219menu02mj.jpg

091219toymj.jpg
from

P1000451.JPG

P1000455.JPG

P1000456.JPG

P1000457.JPG

週末は、渚十吾氏の空想放送局‘echo mountain parlor vol.29’@rain on the roof にお邪魔しました。

Mr.sato、yep&harry、Mr.Kawada、Mr.Konishi、Mr.Yanagi、Mr.Nagasaka 各氏の豪華ゲストの中、
ワタクシどもも僭越ながら選曲に参加させていただきました。

menu bookにすてきなメッセージまでいただいて!

from J.N to chocochip & hiromisuzuki

ふたり、
いつまでも遊びや好みを
楽しく抱きつつ
それらを思考し
そこから旅して
80日間世界3cm、
このふたりのつれあい
無邪気で、
とても大人。素敵な
“Two Of Them” 。

スミスと
ハウスマーティンズ
が好きなふたり。

かわいいかわいい‘puppet show’のクリスマスプレゼント!
どうもありがとうございました☆

投稿者 orangepeel : 03:46 PM | コメント (0)

December 14, 2009

echo mountain parlor vol.29

jnmj091214.jpg

渚十吾氏の空想ラジオ echo mountain parlor vol.29は この週末。
12/19(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘今年最後のパーラーは8人の
J.N's Friendsによるウインター・セレクションです!

隔月のいつものパーラーよりヴァラエティに富んだ選曲を
楽しんでもらえると思います。
お楽しみに!’

ということで、ワタクシもちょこっと選曲させていただきました。
みなさま、どうぞお誘いのうえ☆

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に毎号ミニコラムを書かせていただいております。

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (0)

December 08, 2009

Don't Let Me Down


The Beatles - Don't Let Me Down (1969)

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

Jugo Nagisa

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

November 24, 2009

Jean-Jacques Rousseau

ledevinduvillagemj.jpg
from wiki ‘le devin du village’

童謡『むすんでひらいて』は、あのフランスの作家・思想家ジャン=ジャック・ルソー作曲です。
原曲は1753年のオペラ‘le devin du village’の劇中歌。

英国では、賛美歌‘Greenville’(注:音でます)として知られているそうですね。

投稿者 orangepeel : 06:13 PM | コメント (0)

November 23, 2009

smalltown boy

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

November 03, 2009

You've Got a Friend


James Taylor & Carole King - You've Got a Friend

投稿者 orangepeel : 10:54 AM | コメント (0)

October 23, 2009

echo mountain parlor vol.28

titanicjn091023.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.28は この週末。
10/24(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に毎号ミニコラムを書かせていただいております。

投稿者 orangepeel : 05:50 PM | コメント (0)

October 12, 2009

The Beatles /If I Fell


投稿者 orangepeel : 01:10 AM | コメント (0)

October 05, 2009

ある光


小沢健二 - ある光

投稿者 orangepeel : 01:27 AM | コメント (2)

水色の街


【水色の街】PV

投稿者 orangepeel : 12:42 AM | コメント (2)

September 26, 2009

Jean's Not Happening


Pale Fountains - Jean's Not Happening

投稿者 orangepeel : 10:39 PM | コメント (0)

September 17, 2009

such great heights


the postal service - such great heights

投稿者 orangepeel : 01:17 AM | コメント (0)

September 14, 2009

raindrops keep falling on my head


Raindrops Keep Falling On My Head/BJ Thomas

from the film, Butch Cassidy and the Sundance Kid (1969)

投稿者 orangepeel : 07:02 PM | コメント (0)

raindrops


‘raindrops’ from children's television series‘pinponpan’, 1960s〜80s.

投稿者 orangepeel : 06:55 PM | コメント (0)

September 12, 2009

Raymond Chandler Evening


Robyn Hitchcock & the Egyptians "Raymond Chandler Evening"

投稿者 orangepeel : 09:32 PM | コメント (0)

September 09, 2009

Killing Me Softly with His Song


ネスカフェCM (1972年)

投稿者 orangepeel : 10:50 PM | コメント (0)

Is This What I Get For Loving You


Ronettes- Is This What I Get For Loving You

投稿者 orangepeel : 07:35 PM | コメント (0)

September 02, 2009

cat

陽が早くなって、北から冷ややかな風がスーパーのレジ袋を蹴っていきます。
商店街の裏、夕闇に灯る「唄えるお店 夢」のスタンド式電飾看板の足元で、
白い猫たちが“白”を浮かび上がらせてじゃれあっていた。

「白ちゃん!」と声をかけると一匹がワタシを見上げ、
目をゆっくりと瞬かせて挨拶してくれました。

なにも九月になったからといって、こんなに早く秋にならなくてもいいと思うのですよ。。。


Cat Stevens - Moonshadow

投稿者 orangepeel : 10:51 PM | コメント (0)

September 01, 2009

on my mind

brighton01mj.jpg

brighton02mj.jpg

brighton03mj.jpg

brighton04mj.jpg
© photo by hiromi suzuki

9月になってしまった。
この夏も海にいけなかった。

未練がましく(笑)、ブライトン写真をひっぱりだしてみた。
1996年9月末のシーズンオフひとけのない海岸。


Everything But The Girl - On My Mind

投稿者 orangepeel : 10:12 PM | コメント (0)

Since Yesterday


Saint Etienne-Who do you think you are


Strawberry Switchblade -- Since Yesterday

投稿者 orangepeel : 07:45 PM | コメント (0)

August 31, 2009

ephemera / A Place In The Sun

summercard02mj090831.jpg

summercard03mj090831.jpg

summercardmj01090831.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

夏から秋へうつりゆく古絵葉書をならべてみました。
ロングアイランドやマサチューセッツの水辺の風景。


Marine Girls-A Place In The Sun

ブライトンだ、ここは。

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (0)

crystal da doo ron ron ron ron ron


The Crystals - Da Doo Ron Ron

投稿者 orangepeel : 10:21 PM | コメント (0)

I Only Want To Be With You


Dusty Springfield - I Only Want To Be With You, Feb '64 - HQ stereo dub

投稿者 orangepeel : 10:08 PM | コメント (0)

August 30, 2009

autumn almanac


The Kinks - Autumn Almanac

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

Long Live Love


Sandie Shaw - Long Live Love [top of the pops]

投稿者 orangepeel : 10:52 PM | コメント (0)

August 29, 2009

La Belle et la bête

P1000280.JPG

P1000281.JPG

P1000284.JPG

P1000286.JPG

P1000288.JPG

P1000290.JPG

P1000291.JPG

P1000294.JPG

P1000297.JPG

P1000301.JPG

P1000304.JPG

P1000306.JPG

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.27@rain on the roofにて。

ジャン・コクトーの肉声とビル・ネルソンの‘beauty and the beast’のリミックス。
夏の終わりの夕暮れにぴったりでした。

いつもたのしみなお菓子は、ブラックカラントのチーズケーキ。
rain on the roof 、中島さま。
こんど花の版画の原画をお持ちしますね。

佐藤さま。
すてきな残暑お見舞いの編集CDをありがとうございました。
ハイ・フィデリティ。

渚さま、宮地さま、スタッフのみなさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

◆8月31日追記
詳しいevent reportはこちら

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

August 27, 2009

echo mountain parlor vol.27

09_8_28_top.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.27は この週末。
8/29(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に毎号ミニコラムを書かせていただいております。

投稿者 orangepeel : 09:19 PM | コメント (0)

August 17, 2009

Comment te dire adieu


Francoise Hardy - Comment te dire adieu - 1969

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

Yuming


不二家ソフトエクレア


アグネス・チャン 白いくつ下は似合わない


まちぶせ 三木聖子

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

August 11, 2009

The Big Breakfast

bbfnj090811.jpg
from wiki

英国の早朝番組、チャンネル4ビッグブレックファーストの90年代オープニング

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

August 09, 2009

your mother should know


Magical Mystery Tour - The Beatles

投稿者 orangepeel : 10:20 PM | コメント (0)

August 06, 2009

laisse tomber les filles


france gall - laisse tomber les filles

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (0)

August 05, 2009

The Boy from Ipanema


Antena - The Boy from Ipanema

投稿者 orangepeel : 06:16 PM | コメント (0)

August 04, 2009

The Sinking Of Titanic

いつもお世話になっている、渚十吾氏の新譜『Amarcord Titanic』から。

投稿者 orangepeel : 11:19 PM | コメント (0)

July 03, 2009

love zombies

Lovezombiesmj090703.jpg
illustration by gill thompson

cover of the monochrome set

投稿者 orangepeel : 10:48 PM | コメント (0)

June 27, 2009

She's out of My Life

『あの娘が消えた』は、10代の頃おこづかいはたいて買った
マイケル・ジャクソンのシングルだったのに、
机のあしもとのダンボールをさがしてもみつからない、
どこへいってしまったのだろう。

さようなら。

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

June 24, 2009

echo mountain parlor vol.26

jnmj090624.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.26は この週末。
6/27(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に毎号ミニコラムを書かせていただいております☆

投稿者 orangepeel : 10:48 PM | コメント (0)

June 11, 2009

Le Train du bonheur


Song by Jessy

NHKフランス語講座のエンディング・テーマ。好きなんです☆

投稿者 orangepeel : 12:32 AM | コメント (0)

May 04, 2009

甲州街道はもう秋なのさ

甲州街道と都道鮫洲大山線の交差点で
ロードレース仕様の自転車に乗った清志郎さんと目が合ったことがあった。

投稿者 orangepeel : 11:03 PM | コメント (0)

May 01, 2009

everything but the girl

P1110046.JPG
illustration by hiromi suzuki

海の流れですら私を
押しながして
遠くへ連れ去るなんてできないって
もし私が言ったら・・・・・・
“ even so ” by tracey thorn

© 1984.complete music ltd.  

ずいぶん前の挿絵です☆

投稿者 orangepeel : 11:00 PM | コメント (2)

April 24, 2009

echo mountain parlor vol.25

jnmj090423.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.25は この週末。
4/25(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場で配布のフリーzineに毎号ミニコラムを書かせていただいております☆


投稿者 orangepeel : 03:06 PM | コメント (0)

February 27, 2009

echo mountain parlor vol.24

jnmj090227.jpg

渚十吾氏の空想ラジオecho mountain parlor vol.24は この週末。
2/28(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場で配布のフリーzineに毎号ミニコラムを書かせていただいております☆

投稿者 orangepeel : 10:01 PM | コメント (0)

January 30, 2009

echo mountain parlor vol.23

jnhh090130.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.23は この週末。
1/31(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

“下北沢、一番街のお散歩スポットだって
J.Nならではの、京都のあの街はずれだっていう、
あんなところ、こんなところを.....
うーん、楽しみです。
明日土曜日の16時スタートです! ”

会場でフリー配布のリーフレットに僭越ながら
毎号ミニコラムを書かせていただいております☆

投稿者 orangepeel : 11:03 PM | コメント (0)

January 14, 2009

ephemera/record envelope

postcarrd01mj090114.jpg

postcarrd02mj090114.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

‘ the sound of young scotland ’ ( postcard records )

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (0)

innocent love


innocent love 小泉今日子


samida-rain 小泉今日子

blogranking

投稿者 orangepeel : 03:44 PM | コメント (0)

December 22, 2008

ラジカセ

〜NHK-FMの人気番組『サウンドストリート』がよみがえる!
番組録音テープを大公開!〜

NHKのアーカイブだけではなくて、一般の録音テープからあつめられた貴重な音源だそう。

オフィシャルサイト『NHK青春ラジカセ』から聴くことができます☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:50 PM | コメント (0)

christmas party special !

echochiristmasmj.jpg

20日土曜日におこなわれた渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.22@rain on the roof(三軒茶屋)にて。

「窓のそとをのぞいたら、大雪か大雨がふっていて電車も止まってしまって、みんながここの屋根のしたに泊まることになったらいいですね」という渚氏のことばのように、ゆったりとしたクリスマスの宵でした。豪華なゲストが持ち寄った音楽、たのしい思い出になりました。

渚さま&small circle of friends、そしてrain on the roof のスタッフのみなさま、ありがとうございました。

どうぞよいクリスマスを☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 02:55 PM | コメント (0)

December 19, 2008

echo mountain parlor vol.22

echomaountainvol.22.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.22は この週末。
12/20(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)です。
ワタクシもちょこっと参加させていただきます。。。

みなさま、あたたかなクリスマスの夕暮れをごいっしょしませんか☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 03:50 PM | コメント (0)

December 04, 2008

ephemera/passenger list

cunardlinemj0604.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

タイタニックとならぶ英国豪華客船CUNARD LINE “ AQUITANIA”
<サウサンプトン発〜シェルブール経由〜ニューヨーク行き>の乗客名簿です。
名前をひとつひとつひろってみても、とうぜん私の知る顔があるはずもなく。
神田古書店で、ぐうぜん見つけた一冊の古いリーフレットから、
Mr.ブラウンやMrs.ジョーンズのありきたりな物語を勝手に「創造」してみるのです。
ところで “AQUITANIA” は、先のふたつの大戦では、病院船、部隊輸送船としてかつやくしたそう。
となれば、冊子のとびらに印刷されている日付<Wednesday,11th FEBRUARY,1925>は、
ある平和なひとときの航海日誌としてひもとくのがロマンティック。

フェアウエル・パーティのダンス音楽や喧騒に身をゆだねてみましょうか。

2006年4月エントリのリライトで失礼させていただいた上記コラムは先日の渚十吾氏のイベントecho mountain parlor vol.21でフリー配布のzineにて。

ぐうぜんにもシンクロしてびっくりしたのは渚さんから渡された新譜マスターCDのタイトルです。

『タイタニックの沈没』
Amarcord Titanic

沈みゆくタイタニックの船上から
水平線を眺めているサウンドになったと思う。
すべての音楽は、言うまでもなく自由だ。
Jugo Nagisa

渚十吾
new instrumental album
2009.1.31 Release !

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:07 PM | コメント (0)

November 29, 2008

また森へ行きたい

P1100581.JPG

P1100585.JPG

P1100592.JPG

P1100594.JPG

P1100595.JPG

P1100597.JPG

P1100603.JPG

P1100609.JPG

P1100615.JPG

P1100617.JPG

P1100624.JPG

P1100625.JPG

P1100634.JPG

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.21@rain on the roofにて。

森へ行きたくなった。
アコースティックなギターの音色が森の記憶に呼応していて、あたたまりました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

November 28, 2008

echo mountain parlor vol.21

emp21081129.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.21は、
‘ Traditional Folk, Rock Music Special ! ’
11/29(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場でフリー配布のリーフレットに僭越ながら毎号ミニコラムを書かせていただいております☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:02 PM | コメント (0)

October 24, 2008

echo mountain parlor vol.20

jnempvol20.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.20は
ドノヴァンの特集 :10/25(sat) 16:00-@rain on the roof

会場でフリー配布のリーフレットに僭越ながら毎号ミニコラムを書かせていただいております。

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:49 PM | コメント (0)

October 11, 2008

Sunday Morning


The Velvet Underground-Sunday Morning

blogranking

投稿者 orangepeel : 03:10 AM | コメント (0)

October 03, 2008

St. Nicholas

stnch01.jpg

stnch02mj.jpg

stnch03mj.jpg

stnch04mj.jpg

stnch05mj.jpg
cards & ephemera from St. Nicholas Center

イラストレーションのお仕事で St. Nicholas の資料をさがしていたら、
エフェメラルでかわいらしい絵葉書の画像があつまったのでスクラップ。

サンタクロースは、聖人ニコラウス(ニコラス)のエピソードが元になっているそうです。
St. Nicholas day は12月6日で、教会ではこどもたちに甘いお菓子がふるまわれるとのこと。

***

スライ・ストーン生きてた!ひきこもりから脱出?!

NHKにて東京ジャズフェスティバルのライブをちょこっとみました。
Sly & the Family Stone がでてたので、びっくり。
サングラスをちらりとはずした眼差しがナイーヴでした、おしゃれさんでした。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

September 27, 2008

Let's Find out About Fall

P1100482.JPG

P1100485.JPG

P1100487.JPG

P1100491.JPG

P1100493.JPG

P1100494.JPG

P1100497.JPG

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.19@rain on the roof
秋からもうすぐの冬をかんじるウタモノのゆうべでした。

12月には、ワタクシどももゲストにおよばれする予定です。
冬をみつけよう。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:39 PM | コメント (2)

September 26, 2008

空想紅茶をごいっしょに☆

happyhourseptembermj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor vol.19は9/27(sat) 16:00-@rain on the roof
会場でフリー配布のリーフレットでは毎号、十八番の(笑)“ephemera” にまつわるミニコラムを書かせていただいております。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

September 14, 2008

Girlfriend - Special AKA


ジェリー・ダマーズだよ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:37 PM | コメント (0)

August 26, 2008

lazy sunday afternoon


Small faces

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

August 25, 2008

雨のステイション


松任谷(荒井)由実

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

August 04, 2008

colin blunstone “one year”

colinblunstonemj080804.jpg

「冬に聴くアルバムかもしれない」と渚十吾氏にいただいたCDなのですけれど
元ゾンビーズのコリン・ブランストーン “一年間” 。
この夏の宵の愛聴盤になりました。
ウィスパーヴォイスが涼しいです。
'06年の紙ジャケ仕様が素敵(オリジナルは1972年)。


全曲、短篇小説のよう。
“caroline goodbye” は軽快な曲、へヴィ・ローテーションです。
ボーナス・トラックの“I hope I didn't say too much last night ”
「ああ、ゆうべは言い過ぎてしまった、言い過ぎてしまった、早過ぎた」って繰り返される歌詞、
弱虫すぎてせつなすぎる。

ワタシも弱虫だから。

じつは、いつもつかっているPCがこわれてしまい、
おそるおそる古いPCから更新しております。
メール見れますが、なんだか危うい。

たいせつなご用件は、電話かファクシミリでいただければ幸いです。
復旧いたしましたら、こちらでまた告知させていただきます。
ご迷惑おかけいたします。

投稿者 orangepeel : 09:40 PM | コメント (2)

July 26, 2008

echo mountain parlor vol.17

P1100394.JPG
© photo by hiromi suzuki

この週末、音楽好き(ロック好き)は苗場に集合なのでしょうか?

東京を彷徨する夏もいいです。
本日、涼しいひとときを三軒茶屋rain on the roof にて。
毎回、季節の果実をつかったお菓子がたのしみなんですが、
ベリーのパルフェ&バニラアイス、酸味と冷たさとバニラの甘味が舌にとろけました。

渚十吾氏のイベント、echo mountain parlor vol.17。
フリー配布のミニ・ペーパー 「under the boardwalk」にプチ・コラムを書かせていただきました。

ところで、The Rolling Stones の ‘under the boardwalk’ 。
もちろんオリジナルのドリフターズのも、名曲なのですが、
ストーンズ・ヴァージョンは、エッジきいたギターがいかにもキース!

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

July 24, 2008

cockney sparra

COCKNEY SPARRA080724.jpg
ジャケットがかわいい。

英国カーディフのインディ・バンド、innercity piratesのシングルです。
PVもかわいい☆


INNERCITY PIRATES-COCKNEY SPARRA

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:34 PM | コメント (0)

June 30, 2008

echo mountain parlor vol.16

P1100269.JPG
シトラス・レモンのレアチーズ@rain on the roof

酸っぱくてさわやかな夏の味☆

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.16 にて、フリー配布のミニ・ペーパー
「under the boardwalk」にプチ・コラムを書かせていただきました。
今回はソウル・バスのすばらしい絵本のこと。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:52 PM | コメント (0)

June 19, 2008

Really Rosie

“ Really Rosie ” part 1

“ Really Rosie ” part 2

“ Really Rosie ” part 3

モーリス・センダック制作のTVアニメーション・ミュージカルReally Rosie(1975)。

音楽はキャロル・キングなのだよ。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:19 PM | コメント (2)

May 22, 2008

双子王子

以前、渚十吾さんのイベントで聴いて、身をくねらせて反応してしまった曲。

YouTubeは、歌詞にうっとりしながらいっしょに歌いましょう動画です☆


Alessi Brothers “all for a reason”

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

May 15, 2008

Rock in ROLLING STONE

rrs.jpg

最大(2段階)にクリックすると読めます。

3年前のrockin'onの記事がでてきました。
編集長の山崎洋一郎氏もかつてDJをしていたという新宿のロック・バー、
ローリング・ストーン社長・杉浦俊男氏のインタビュウです。
あら?ワタシ、サインなんていただいている?(笑)。

「オアシスはロックじゃない」っておっかしいです。
チャーリー・ワッツが来店した話は、なんどもご本人からきいてたりして。

ずいぶん、ご無沙汰してしまってます。
近いのに、いちど足が遠のくと腰がおもくなってしまって。
コワモテだけどやさしい社長。
ソファにふんぞりかえっている礼儀しらずのワタシにひざまづいて!話しかけてくださったことがありました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (6)

May 09, 2008

Stephen Laurence Winwood 王子#02

stevemj080509.jpg
The official Steve Winwood

ドーパミンを強制発射♪

今夜は、The KinksとかThe Small FacesとかThe Whoとか
MODな音楽ヴィデオを観ました。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

Stephen Laurence Winwood 王子

steveswanmj080508.jpg

stevefacemj080508.jpg
The official Steve Winwoodより。

夢にでてきてから夢中。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

May 07, 2008

Steve Winwood

bkmj080507.jpg

調子にのって写真帖をつくりました。
ビジネスチャンスはどこにあるかわからないですものね。ガツガツしてます、ハハ。

みなさま、連休はいかがおすごしでしたか?
ワタシはちょこっとお仕事したり、BCCKS編集に夢中になったり。

そういえば、せんじつ『タモリ倶楽部』でとうとう“暗渠”ネタが!
毛細血管がピリピリはじけたよ。
猫額洞の日々が当microjournalにふれてくださっています。
調子にのったワタクシのコメンツがいたいです。

今朝がた、夢にスティーヴ・ウィンウッドがでてきて、
「僕は君の彼氏だよ。キスしよう」って、もうドキドキ!
って、TVドラマに影響されすぎですね、とほ。
(TVドラマとはいわずもがな『絶対彼氏』のこと)

くだらない話をしつれいいたしました。
お口直しにStephen Laurence "Steve" Winwoodさま(笑)の若かりしお姿をYouTubeからどうぞ☆

Spencer Davis Group - When I Come Home

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:24 PM | コメント (0)

April 26, 2008

rain “drip”on the roof

080426001.jpg
© photo by chocochip

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.14に行ってまいりました。
小雨がぱらつきはじめるなか、三軒茶屋カフェrain on the roofでいただいたオリジナルブレンドは、
rain dropならぬ“rain drip”です。

The Monochrome Set、The Small Facesには血がさわいだ(?:笑)。
John Stuart“Day dream believer”(The Monkeys原曲)も歌詞がビザールです。

渚氏のご友人、成田氏のもちこまれた映画「M★A★S★H」(1970)のサウンドトラックもたのしかった。
ロバート・アルトマン監督映画は「ナッシュビル」や「ウエディング」などこころにのこるものがいっぱい。
「M★A★S★H」、もういちど観たくなりました。
ドナルド・サザーランド演じる軍医“Hawk eye”がクールでかっこよかった!

アメリカン・ニューシネマが好きなのです、むしろヌーヴェル・ヴァーグよりも。
中学生のころ予備校帰りによく池袋文芸坐にかよったことをおもいだしました。。。

会場でフリー配布されるミニ・ペーパー「under the boardwalk」にプチ・コラムを書かせていただきました。


blogranking

投稿者 orangepeel : 11:55 PM | コメント (0)

April 24, 2008

The KNACK

thenackmj080424.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

いまはなき六本木シネヴィヴァンで'91年に公開された
イギリス映画『The KNACK』(1966)のチケットです。
デザインはC.T.P.P.。

監督はビートルズ・フィルムでおなじみのリチャード・レスターで、
ジェーン・バーキンやジャクリーヌ・ビセット、シャーロット・ランプリングなど
錚々たる美女のデビュウ作品でもあるのに、
なぜか田舎娘役リタ・トゥシンハムのファニーフェイスしか印象に残っていない。

リタ・トゥシンハムといえば、トニー・リチャードソン監督『蜜の味』(1961)の主演は、
晶文社ダウンタウン・ブックス('80年代に刊行された翻訳本シリーズ)の
シェラ・デラニーの戯曲原作とともに強烈なインパクトでした。
アイリッシュ海に面した英国の行楽地ブラックプールの遊園地で、
母親の新しい恋人に反抗した主人公の少女(リタ)が
「ひとりで家に帰れ」と置いてけぼりにされてしまうシ−ンがせつない。

P1100006.JPG
渚十吾氏からお借りしている『The KNACK』のサウンドトラック

ジョン・バリーの音楽が華麗でおしゃれです。
'60sのスウインギング・ロンドンを闊歩しているような気分♪

渚さま、いつもありがとうございます☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

April 15, 2008

perfume


chocolate disco

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

April 10, 2008

omiya sunset

スピッツです。
キュウッ!となります。

blogranking

投稿者 orangepeel : 05:42 PM | コメント (0)

March 30, 2008

echo mountain parlor vol.13

P1090855.JPG

P1090865.JPG

P1090866.JPG

土曜日は渚十吾氏のイベント『echo mountain parlor vol.13』@rain on the roof(三軒茶屋)へ。

ドアを開けかけた瞬間、ガラスの扉にとおりすがりのだれか見覚えのある顔がうつって、
ふりむいてみたら(あ!?小山田君?小山田君?)って口パクパクしてるうちに、
奥様やお子様といってしまった。。。ホントはお店にはいってみるつもりだったんだとおもいます。
声かければよかったですね。。。

コーネリアス小山田圭吾氏とはおなじ美術学校出身という接点しかございませんが(笑)。


渚氏とムーンライダーズ岡田徹氏のトークはロンドン話に花が咲きました。

「世界は10人くらいでできているんじゃないかとおもうことがある」という渚氏の言葉がおもしろかった。
ワタシのコラムやchocochipの写真で構成人員が多少増えたそうです(うれしい)。

会場でフリー配布されるミニ・ペーパー「under the boardwalk」にプチ・コラムを書かせていただきました。


blogranking

投稿者 orangepeel : 02:17 AM | コメント (0)

February 27, 2008

荒涼天使

misakamegumj080227.jpg

古書猫額洞からお借りしたままの『荒涼天使』のDVD、
家に帰ってからさっそく観たのに、まだお返ししてませんでした。。。
長々とすいません、ちかいうちにうかがいます♪(私信:笑)

2007.10.14、渋谷ラママのライヴです。
ギターもベースもドラムもタイトでめちゃくちゃかっこいい。
そしてなによりも詩を朗読しはじめた美咲歌芽句さんのオーラに鳥肌たった。
生で聴けなかったことをとても悔やんでいることです。。。

ところでワタシはつねづね公言しているのですが、
“歌”とか“ダンス”とか、
生身のからだをつかった表現がいちばんうつくしいとおもっているのです。

しかし、こどものころ「バレエを習いたい」といったら、
「ひろみが舞っているところなんかみたくない!」と親に一蹴されたトラウマ。

ひとり部屋のなかで机のうえの表現しかできない人間になってしまいました。
このブログもそのうちのひとつなんですよねえ。
しまった!
自分語り。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:43 PM | コメント (2)

February 25, 2008

The Beautiful South

beautifulhousegun.bmp
“Welcome To The Beautiful South”

渚十吾氏からお借りしたビューティフル・サウスのCD。
なつかしく聴きました(って、ワタシ自分でも持ってるのじゃなかった?ハハ)。
'92年の来日ライヴも妹といったことです。

いいなあ、しみじみいい曲です。歌詞もいいなあ。

「ぼくがこの家を宇宙船にしてしまったことを覚えているかい
きみは火星に行くことを拒否したんだ
“遠すぎるわ” ってきみは言ったね
きみは自分の回転木馬をじっと見守るために
6時までに帰らなくちゃならなかったんだ
土星はもっと遠すぎる
きみは回転木馬を見物しなくちゃならなかったんだ」
“ I Love You ( But you're boring) ” 対訳:中川五郎


かつてブラックプールに旅行したときのうすれゆく想い出ですけれど、
遊園地や土産物屋やレストランのあちこちでビューティフル・サウスがながれていたような。
いかにも英国の国民的バンドという印象でした。
「ほら!“Oh Blackpool”」って、渚さんからタイトル指摘されて、
そういえばそういう曲があったのだとあらためて認識した次第です。

昨年の1月に惜しくも解散してしまったのですね。。。

The Housemartins(こちらも大好き、港町HUL出身)から
ファットボーイ・スリム(ノーマン・クック)が「ダンスミュージックをやりたい」と脱退してしまい、
ポール・ヒートンがデイヴ・へミングウエイと結成した The Beautiful South。
1989年のファーストアルバム“Welcome To The Beautiful South”には発売当初事件があったような?!
ジャケットの写真がモラルに反するとのことで、急遽べつのものに差し替えられたさわぎがありました。

学生時代、友人がおもしろおかしく「どんなジャケットになってるとおもう?!」っていうから、
そわそわと輸入CD屋に走ってみたことあった。。。。














beautifulhousedoll.bmp

ク、クマちゃんって!?爆笑した。。。



YouTubeから名曲、
The Beautiful South “Song For Whoever”をどうぞ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:55 PM | コメント (0)

February 23, 2008

heavy wind on the roof

P1090754.JPG

P1090762.JPG

P1090764.JPG

春の予感のあやしい風が三軒茶屋カフェ rain on the roof の屋根をバタバタととおりすぎる午後。
渚十吾氏の音楽茶話会“echo mountain parlor vol.12” はしずかにおだやかに開催されました。
ライヴもあって、素敵な休日のひとときでした。

夜になったら、びっくりするくらいの冷え込み。
春はもうすぐそこなのに、季節はときどき気まぐれにあとずさりします。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:33 PM | コメント (2)

February 11, 2008

December 24, 2007

mother goose song


Illustrations *hiromi suzuki (© 株式会社アルク)

クリスマスの夜ですね。
みなさまどのようにお過ごしですか?

かわいらしいマザーグースの子守唄をYouTubeにアップいたしました。
イラストレーションは鈴木博美です。

よいイヴを。
おやすみなさいませ☆

追記:このアニメーションは、こども向け英語雑誌、アルク「KiddyCAT」の教材ビデオとして制作されたものです。


calendar banner.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

December 23, 2007

echo mountain parlor for december's children

menuec071223.jpg
クリスマスの特別メニュ “echo mountain parlor for december's children”


という素敵なカード です(クリックすると拡大いただけます)。
昨日の渚十吾氏のイベントecho mountain parlor vol.10 @ rain on the roof(三軒茶屋)にて。

“ message from j.n to his friends ” から。

for chocochip & hiromi suzuki

古本+喫茶店、古いデザイン・ブックとキンクス、
近所の喫茶店への路地と英国の遠景、
邪宗門のドアをくぐると見識と優しさのある
ユーモアを持った二人の笑顔が・・・・・。
未だ会員登録していないが僕はもうずっと前から
珈琲屋 preservation society の会員だ。

渚さんらしい粋な贈り物をいただいてしまいました。
なんだか照れくさいけれど、とてもうれしいクリスマスプレゼントです。
ありがとうございました☆

ちなみに豪華ゲストのなかで、ワタクシどもがセレクトした曲です。

chocochip & hiromi suzuki

− holy night , silent night −

クリスマスまじかの宵は、ラジオのダイヤルをさまよいながら、静かにすごしてみます。


#01、02:selected by chocochip
#03、04、05:selected by hiromi suzuki

monksmusic.jpg
#01 “Abide With Me”
Thelonious Monk

タイトルは「主よ我とともに」。わずか57秒ながら西方カトリックでは有名な賛美歌らしいです。
Henry Francis Lyteが1847年に作曲し、William Henry Monkが1861年に作詞したもの。
JAZZとしてカヴァーしたセロニアス・モンクのセンスが秀逸です。

SG.jpg
#02 “7 O'Clock News/Silent Night”
Simon and Garfunkel

Xmasにおなじみの“きよしこの夜”。S&Gのグラミー賞受賞「Parsley, Sage, Rosemary and Thyme 」
では平和と対極のニュース(殺人事件の公判、ベトナム戦争反対運動を牽制する大統領声明etc.)
が合流し、「天上」と「地上」の距離が示唆されてます。ウォルター・クロンカイトの声がシブイ。。

mon premier livre de chansons2.JPG
#03“ Au clair de la lune”
mon premier livre de chansons

神田古書店軒先のダンボール箱に投げ込まれていたイラストレーションが愛らしい一冊です。
「とっておきの歌の本」という歌い聞かせの絵本にはレコードが付録になっていました。
「月あかりのしたで」というタイトルはフランスのフォークソング。
<おつきさまきれいねピエロさん/ことばを書くのにペンを貸してくださいな/
キャンドルの灯は消しました>

眠れない夜のかわいらしい子守唄です。月明かりの夜空をみてたら初雪が!とおもったら、
イチョウの葉が風にちらついていたのでした。東京ではホワイトクリスマスはなかなかないですね。

van morrison.jpg
#04 “Brown Eyed Girl”
Van Morrison

夜更けのラジオからミック・ジャガーそっくりの歌声が流れてきて
「ローリング・ストーンズの曲で、こんなのしってる?」と電話口の鼻歌で迷惑かけたことがある。
たよりないギターのイントロがたのしいのですが、キース・リチャーズなワケなかったです(笑)。

The kinks.jpg
#05 “We are the Village Green Preservation Society”
The Kinks

<ぼくたちはthe Village Green Preservation Society
神様おねがい。ストロベリージャムといろんなジャムをお守りください/
Preserving the old ways from being abused/
Protecting the new ways for me and for you>

せんじつフィールドワークで訪れた下北沢の教会の神父さまがおっしゃっていた
「ちいさな発見から世界を見る、未来につなげる」ということばを思い出しました。
ワタシのこころのテーマソングです☆

キャンドルが灯った静謐な店内のリポートは、chocochip のブログ
また別館 珈琲屋 preservation society にてご覧いただけます。

*12月26日追記
渚十吾氏のサイトにて詳しいリポートがあります☆


calendar banner.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:08 PM | コメント (0)

December 22, 2007

echo mountain parlor Vol.10

echovol10 071221.bmp
↑(クリックすると拡大します)

クリスマス間近の連休ですね。
ご予定はいかがでしょうか?

渚十吾氏のイベント『echo mountain parlor Vol.10』 は、いよいよ本日。

This Month
Christams Parlor Time!

Jugo Nagisa
with
small circle of friends

ワタクシどももゲストにちょこっとよばれています。

みなさま、ぜひ!
rain on the roof は三軒茶屋です☆


calendar banner.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 12:01 PM | コメント (0)

December 05, 2007

as tears go by

marianne faithfull071205.jpg
marianne faithfull

渚十吾氏からお借りしているマリアンヌ・フェイスフルの'60年代のアルバムを聴いてます。

かあいいなあ!ホント、かわいらしい☆
イノセントなフォークソング、英国のお嬢様なかんじです。
スウインギング・ロンドン。

ジャガー&リチャーズの名曲『As tears go by』は、
マリアンヌによってまた別の名曲になってます。

ラジオではじめて知った歌声とまったくちがっておどろきました。

人生はうつろいやすいのでしょうか。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

December 04, 2007

Christams Parlor Time!

echochristmas071204.bmp

渚十吾氏のイベント。
『echo mountain parlor Vol.10』 は、12月22日土曜日です。


This Month
Christams Parlor Time!

Jugo Nagisa
with
small circle of friends

今までにゲストに来てくれた仲間を迎えての
クリスマス・パーティー気分のスペシャル・エディションです!
店内中にキャンドルを飾りつけて、お迎えする予定です。
お楽しみに!

フライヤにワタクシどもの名前ものっけていただいてます。
豪華ゲストのなかで選曲どうしようかと迷うなあ、
といいながら、たのしみ。

みなさま、ぜひ!
rain on the roof は三軒茶屋です☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:13 PM | コメント (0)

November 23, 2007

information

渚十吾氏の音楽茶話会は連休まんなか。11月24日、土曜日16:00〜19:00です☆

rain on the roof presents echo mountain parlor vol.9

This Month
Special Parlor Time!

Jugo Nagisa & Yoshiro Nagato

rain on the roof(三軒茶屋)

blogranking

投稿者 orangepeel : 03:00 PM | コメント (0)

November 03, 2007

air check


James Taylor - You've Got A Friend '71

たいせつな用事をすませて安心しつつ帰宅し、洗濯機をまわしながら仕事机にむかいました。

ラジオをつけたらジェームス・テイラーの“You've Got A Friend”がかかった。

高校生のころ、この曲をエアチェック(死語?)してくりかえし聴いたな。

ラジオといえば、古書『猫額洞』の文化放送オンエアは11月7日(水)2pmに延期されたそうです。
よかった!31日はバタバタしていたから来週ならエアチェックできるかな。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (3)

October 27, 2007

“ heavy ” rain on the roof

P1090223.JPG

P1090232.JPG

晩秋のゆうぐれ、渚十吾さんの音楽茶話会、
rain on the roof presents echo mountain parlor vol.8 に行ってまいりました。
はげしい雨と風が屋根を打つ音とアイルランドやスコットランドの音楽が
あたたかな居場所のなかで哀愁と郷愁をもってこころがなごみました。

イベントが終わって三軒茶屋は
台風20号がつれてきた冷気ですっかり冬。。。


もう10月も終わりですね。


最後に長門芳郎氏がもってこられた貴重な音源、
ロジャー・ニコルスとスモールサークル・オブ・フレンズの40年ぶり(?!)の新譜は、
本邦初公開!
明日は快晴の青空でしょう。

来月のvol.9 “ 渚十吾と長門芳郎のスペシャル版!” がたのしみです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

October 25, 2007

Greenwich Village

P1090212.JPG

今夜は素敵な方々とお会いできてたのしかったです。

親しくさせていただいている古書『猫額洞』のご主人夫妻とご友人、
詩人で日本のパティ・スミス!の美咲歌芽句さんとの念願の会食。
芽句さんは、ワタクシのセツ・モードセミナーの先輩でもあります。

幡ヶ谷のレストランがGreenwich Villageになった!

芽句さんの詩集第2弾“新宿物語(仮称)”をたのしみにしてます。
そして、cocoさまstuさま。
“猫額洞文庫”をぜひぜひ立ち上げてワタシの写真集を出版してください。。。
(すいません。ひとだのみ:苦笑)

来週水曜日10月31日に「大竹まことゴールデンラジオ!」(文化放送)で
特集コーナーに『猫額洞』が取材されて放送されるそうです。

うえの写真は猫額洞のご常連、山崎阿弥さんのNYみやげをおすそわけいただいたうつくしい紙モノです。

◇◇◇

「ああ、みんなかっこいいなあ、ロックだなあ」と連れとうらやましがった帰り道(笑)。
おいそがしいお時間をいただいて、どうもありがとうございました☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

October 12, 2007

渚十吾 in YouTube


渚 十吾 echo mountain parlor

街はすっかり金木犀が香る季節です。

渚十吾さんのYouTube、いくつかUPされてました。
秋の夜長をたのしみたいとおもいます♪

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

September 22, 2007

J.N@百年

P1090199.JPG

P1090200.JPG

P1090201.JPG
A Humument/Tom Phillips

昨夜は、吉祥寺の書店『百年』にて渚十吾氏高橋ピエール氏
トーク・ライヴイベント“百年と音楽”をたのしんでまいりました。

写真は、J.N氏から観客に手渡されてきたうつくしい本。
トム・フィリップスというひとがヴィクトリア王朝時代の本に手を加えたというaltered booksの復元版です。

-レコードを聴くように本を読む話
本を読むように音楽を聴く話-

というテーマそのものの充実した宵でした。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

September 13, 2007

September 05, 2007

rock star

ロックスター、やはり短命=売れて5年間の死亡率、一般人の3倍−欧米調査

キース、コンサートを酷評した新聞に謝罪を要求

◇◇◇


Rolling Stones - Angie


沢田研二 危険なふたり

こどものころ、ミックもジュリーも“きもちわるい”という嫌悪感しかなかった。
そうだ、あまりにもセクシーすぎる毒気にきぶんがわるくなったのだ!

で、別館『珈琲屋 preservation society 』に松田優作さまご来店☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 12:27 AM | コメント (0)

August 28, 2007

When I Turn Off the Living Room Light

P1090038.JPG

P1090034.JPG
The Kink Kronikles

P1090027.JPG
The Great Lost Kinks Album

The Kinks!

ゆうべから、渚さんにお借りした貴重なレコードを聴いております。
日頃からキンクス・ファンを標榜しているワタシですが、しらない曲がいっぱい。。。

リヴィング・ルームの灯りを消したら・・・・
秋になってしまっているといい。
きょうのゆうぐれは、雷鳴とともにざんざんぶりの雨でしたね。

◇◇◇

The Great Lost Kinks Albumのジャケットはフォロンのイラストレーション。
You Tubeから、Jean-Michel Folonの幻想的かつうつくしい、フランスTV局の放送終了ジングルをどうぞ。


Générique Antenne 2 Hommes Volants


jingle de fin antenne2 folon

おやすみなさい☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (4)

August 27, 2007

Macaron

P1090015.JPG

P1090004.JPG

近所の洋菓子店でマカロンを買った。

粉砂糖とアーモンドの粉末をメレンゲで焼いたお菓子です。
ワタシは、この“メレンゲ”に弱い。
卵白を泡立てたものなんですが、強烈な甘さで舌を麻痺させたあと
あっけなくシュワァァ〜・・と消えてしまうはかなさがいいです。
マシュマロもそうね。

1972年『フォロー・ミー』はロンドンを舞台にしたアメリカ映画。
ミア・ファロー演じる上流階級の人妻の浮気調査をするトポル探偵が、
いつもポケットにしのばせていたのが“マカロン”でした。

ひさしぶりにサウンドトラックをターン・テーブルにのせてみた。
ジョン・バリー、いいね。
『真夜中のカーボーイ』のテーマ曲もトゥーツ・シールマンスのハーモニカがかなしくて好きです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:09 PM | コメント (0)

August 26, 2007

Jugo Nagisa

alstewartorange.bmp
AL STEWART “ORANGE”

渚十吾さんの音楽茶話会『echo mountain parlor vol.6』に行ってまいりました。
ゲストのyanagiさんセレクション中、Dennis Driscollのどこかチューニングのあってないようなギターとウタが気に入った。

またまた、たくさんの音源を渚さんから借りてきてしまいました、高校生のレコードの貸し借りみたい。


ところで先月のイベントでノートにメモしてた「ひとは勝手に恋する相手を選べない」という歌詞のフレーズは、
AL STEWART の1972年のアルバム“ORANGE”の中の『スペインからの便り』という曲でした。
いまちょうど、お借りしたCDを聴いているところ。
帯によると、アル・スチュアートは

◇◇◇

英国王室の名門に生まれ、哀愁をおびた歌声と吟遊詩人を思わせるイギリスを代表するシンガー・ソングライター。

◇◇◇

とあります。

そういえば以前、「渚さんは東京の貴族」というワタシが抱いた印象を妹にメールで説明したことがありました。
雨やくもり空や雪の風景をうたったさびしげなレコードをかけていらしても、
もちろん、CDで聴く渚さん自身の弾き語りも、
どこか日向のにおいがするからなのです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:15 PM | コメント (0)

August 24, 2007

echo mountain parlor vol.6

今週末8月25日に渚十吾さんの音楽茶話会『echo mountain parlor vol.6』が、
三軒茶屋rain on the roofにて開催されます。

たのしみです☆

◇◇◇

別館『珈琲屋 preservation society』もちょこちょこと更新しております。

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:19 AM | コメント (0)

July 29, 2007

Green Box

P1080765.JPG

週末は、毎月たのしみにしている渚十吾さんの音楽茶話会『echo mountain parlor vol.5』にお邪魔いたしました。メモをとりながら聴いていたのに、タイトルとアーティスト名を失念した。ただノートの端っこにある走り書きは「人は恋する相手を選べない」という歌詞のワンフレーズです。

7月20日にリリースされたばかりの渚十吾氏新譜『Green Box』購入いたしました。ボックスセットは、あいらしくせつないオマケがつまっているのです。宝物箱。ちいさなちいさな詩集は、もったいないからゆっくりひもとこう(ってほとんど読んでしまったかな:笑)。

CDは、日曜日の朝に聴いた。

そのなかの一曲『キューブリック・リーズン』をYou Tubeからどうぞ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

July 27, 2007

echo mountain parlor vol.5

あ、いま苗場で夏フェス真っ盛りなんですね。
ワタシは黒こげになるのがこわいのでいちどもいったことない!(負け惜しみ:笑)。

週末の7月28日は東京三軒茶屋rain on the roofにて、渚十吾さんの音楽茶話会あります。
くわしくはこちらからどうぞ。
雨の予報ですね☆

◇◇◇

青山ブックセンターで「渚十吾・グリーン・ボックス・フェア」があります。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

July 25, 2007

Jeremy Taylor

P1080731.JPG

P1080733.JPG

P1080742.JPG
Jeremy Taylor『come to blackpool』(1975)インナースリーヴより。

英国のフォークシンガー、ジェレミー・テイラーのブラックプールは日向のにおいがする。
マーチングバンドが愉快に陽のあたる庭先のバラの花をひやかしていくよう。

優しい音楽、優しい本、優しい映画がありますね。
ワタシにとって、優しい映画はトム・ハンクス主演の『スプラッシュ』です。
優しい本は、サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』。

優しい音楽は。
渚十吾さんがなんどもすすめてくださった『come to blackpool』です。
渚さんご本人が日向のヒューモリストなんです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:32 PM | コメント (0)

July 02, 2007

souvenir

P1080543.JPG

P1080561.JPG

P1080573.JPG

P1080586.JPG

P1080587.JPG

P1080590.JPG

P1080592.JPG

P1080556.JPG

P1080584.JPG
“souvenir”

画像が多くてすいません。。。

6月30日、渚十吾氏のイベント「echo mountain parlor vol.4」のゲストにお邪魔する際におみやげつくりました。エコー・マウンテン・パーラーという架空のパーラーをイメージして、コラージュをいちまい一枚ほどこした30部限定のオリジナルコースターです。裏に日付とエディション番号をいれました。

P1080603.JPG

P1080607.JPG
フィッシュ&チップスの耐油性の紙袋に特製ポストカードなどとセットにしておもちかえりいただきました。

◇◇◇

ちなみに、ワタクシどもがセレクトした曲です。
無事におわってよかった(苦笑)。
みなさま、たのしんでいただけたでしょうか。
一ヶ月の準備の日々もふくめて、ワタシ、じつは、たのしかったです!

kinks.bmp
#01.The Kinks“Autumn Almanac”

benwatt.jpg
#02.Ben Watt“North Marine Drive”

vessels.jpg
#03.The Vessels “Uberlude”

gobetweens.jpg
#04.The Go-Betweens “Bachelor Kisses”

ds.bmp
#05.Divine & Statton “Bizarre Love Triangle” 

P1080609.JPG
echo mountain parlor 、menu book vol.4 より。

今回のテーマは「旅」。
ニューヨーク〜カリフォルニア、そしてロンドンからブラックプールへ。
マンチェスターとリヴァプールと、渚さん選曲の音楽の旅はロマンチックでした。

◇◇◇

おいそがしい中、あそびにいらしてくださった友人・知人にお礼もうしあげます。
また、フライヤをこころよく置いてくださったお店の方々、どうもありがとうございました。

そして、こういう夢のような機会をあたえてくださった渚氏に感謝いたします。
たくさんの愉快なお話に、おいしいごはんとワイン、ごちそうさまでした☆

*7月3日追記:渚十吾氏のHPにて「echo mountain parlor vol.4」のreportをupしていただいおります。
*7月6日追記:コースター画像追加2枚upいたしました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 05:14 PM | コメント (0)

June 29, 2007

echo mountain parlor vol.4


クリックするとpopup画面で拡大します☆

みなさま、週末のご予定はお決まりですか?

渚十吾氏の音楽茶話会「echo mountain parlor vol.4」は、明日土曜日の16時からです。
お茶を片手にすてきな音楽をご一緒しませんか。
ワタクシも僭越ながら、ちょこっとお時間いただきます。
三軒茶屋rain on the roofでお会いできたらうれしいです♪

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:13 PM | コメント (0)

June 04, 2007

announcement

empvol.4.bmp

フライヤーできました(designはchocochip氏とワタクシです)。

渚十吾さんのイベント『echo mountain parlor vol.4』は、
6月30日rain on the roof にて。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:04 PM | コメント (0)

May 30, 2007

daniel

kaisen.jpg

ニキビダニ”でウケてる場合じゃないです。

ミミカキスト”なんて気取ってられないね!

いやなニュースをみてしまいました。


いやな気分をみなさまにもおすそわけ(笑)。


◇◇◇


お口直しに、YouTubeから、エルトン・ジョンの'70年代のライブをどうぞ☆


elton john “daniel”

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:23 PM | コメント (0)

May 27, 2007

This is my song !

P1080366.JPG

5月最終土曜日の午後は、渚十吾氏の音楽茶話会『echo mountain parlor Vol.3』をたのしませていただきました。

音楽はたいせつです。

渚さんがかけるレコードのジャケットが回覧されて、いちまい一枚うっとりとながめる。
それにしても、頭にきゅうっとはいりこんでくる音楽には、どこか奇妙でかなしい(かなしいというか、繊細な空気感のある)スリーヴデザインがいっしょになっているのです。

なんだか、頭わるそうな文章です。。。

今回は渚氏のバンドのサポートメンバーである、yepさんとキンモクセイのハリィさんがゲストで、FMラジオの公開番組みたいで素敵でした。


そして来月、ワタクシどもがターンテーブルとマイク前におじゃまします?!って、ええ?!そわそわ!
「たのしんでやって♪」という渚さんのこころやさしいお言葉にあまえたいとおもいます。

次回『echo mountain parlor Vol.4』は、6月30日土曜日、三軒茶屋rain on the roofにて☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:25 PM | コメント (0)

May 25, 2007

荒涼天使たちの夜

misakamegu.jpg

親しくさせていただいている中野新橋古書『猫額洞』店主ご夫妻の友人であり、セツ・モードセミナーのワタシの先輩でもある(すいません、ちょっとおこがましい・・・)美咲歌芽句 詩集『荒涼天使たちの夜』(思潮社)を読了しました。

東京ロッカーズというパンクムーブメントをご存知ですか?

新宿がグリニッジヴィレッジだったんです。いまはないこの街を時空をこえて疾走しているかっこいい詩です。'60年代末の伝説、新宿風月堂に嫉妬する。

ポスト・パンクのワタシは、セツでは地味でかっこわるかったな。
はじめての合評会のとき、ダーッと生徒が壁をきそって作品を貼りだしたのには圧倒されたし「そこ、私の場所!」ってつきとばされたのミジメ。床にちかいところにこっそり貼ったんですが、セツ先生に「ん!これいいね!A!」っていわれて、とたんにいい気になった。

はじめての個展の初日に初川先生がふらりときて「あなたの同期がいちばんたくさん、イラストレーターになってるわね」って、無造作に包装のない赤ワインをテーブルに置いて去っていったの、かっこよかったしうれしかった。

セツ先生も初川先生も、もうこの世にいない。

話がかわってしまいましたが。。。

さびしいです。
でも、がんばろう。
ポスト・パンクで地味に☆

(そうそう。ご縁はたいせつです。猫額洞と出会ってなければ、美咲歌さんの詩集に出会うことはなかった)

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:41 PM | コメント (3)

May 24, 2007

echo mountain parlor Vol.3

渚十吾氏の音楽茶話会echo mountain parlor Vol.3。

2007.5.26 (sat)
16:00 - 19:00

rain on the roof
(三軒茶屋)


みなさま、土曜日の午後のお茶をご一緒しませんか☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

May 22, 2007

I Know Where Syd Barrett Lives

sb.bmp
Syd Barrett

jds.bmp
Jerome David Salinger

ss.bmp
Sly Stone

“世界三大ひきこもり”のひとり、昨年7月に亡くなったシド・バレットのニュース「シド・バレットの思わぬ遺産」。

蛇足ですが“世界三大ひきこもり”のあとふたりは、J・D・サリンジャーとスライ・ストーンです。

◇◇◇

ふと、Television Personalities の名曲“I Know Where Syd Barrett Lives”を YouTubeでさがしてたらみつからず、こっちのほうが気になってしまいました!


Television Personalities - girl on a Motorcycle

マンディアルグの『オートバイ』は行間を妄想するだにセクシーな小説なんですが、映画はみたことなかった。
マリアンヌ・フェイスフルが可愛い☆☆☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:06 PM | コメント (0)

May 17, 2007

stanley road

stanleyroad.bmp

stanleyroad2.bmp

stanleyroad3.bmp
photo by hiromi suzuki : London,1996

kew gardens の帰りみち電車をまちがえたりして、まよいこんでしまったのが stanley road なのだった。
道案内を貨物車停車駅のなまりのつよい駅員さんにたよっても(申し訳ないけれども)聞きとれないし、ちょこっと town called malice 。途方にくれましたが、そこは、Paul Weller 先生の生まれ故郷“stanley road ”です。

◇◇◇


Paul Weller plays “Broken Stones”

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

May 11, 2007

river lover

1964年の東京オリンピックの時代から、川をむりやり道路にみたてたりして、
東京の街並みはおざなりに開発されてきました。

かといって、たとえば現在の下北沢の再開発反対!を声高にうたうつもりはまったくないんだな。
街は、それはロンドンでもワルシャワでもかわっていくのです。

家のうらのちいさな路地がかつては水路だったりして、
その流れがあのひとやこのひとの住む街のおおきな河につながっていて、
それが東京湾にいきつくことをかんがえるとときめいたりします。

そしてあの国この国の遠い海を想うことができます。

◇◇◇

本日のBGM。
司会者のMC、間寛平かとおもった。
You Tubeから、Van Morrison 1965年NMEライブです。


“ Here Comes The Night ”Them Featuring Van Morrison

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

May 08, 2007

from across the bathroom

ロンドンに旅行したときのこと、カムデンのジャズ中古レコード屋には、
2階に大量のジャズ&ロックポスターがあっていろめきたちました。

我が家のギャラリースペースで、いれかわりたちかわりお披露目してます。The Beatles “All Together Now”のポスター(B2サイズ、シルク、かっこいい)は念のため(なにが「念のため」なのか)2枚購入してたことに今日気づいた。おそろしいほど紙モノ好きなんですねえ、とひとごと。

◇◇◇
ところでここだけの話、ギャラリースペースって、トイレなんです。。。

お口直しにYouTubeから“ Eleanor Rigby(1966)”をどうぞ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:39 PM | コメント (2)

April 28, 2007

rain on the roof

ro01.JPG

ro02.JPG

ro03.JPG

でかける準備をしていたらとつぜん空がまっくらになって雷とともに雨になった、4月最終土曜日の午後。
渚十吾氏のお茶会『echo mountain parlor Vol.2』におよばれするには絶好の日和でした!

三軒茶屋『rain on the roof』はふるい映画館や商店街の裏路地にある山小屋風のカフェ。アナログ盤に針をおとしたあと期待の音がでるまでの摩擦音と屋根にあたるざんざんぶりの雨の音がシンクロします。友人の別荘orリビングルームでおきにいりのレコードを聴かせてもらっているよう。合間のおはなしもたのしかった、「The Kinks の “wateloo sunset”シングルは、中古レコード店で一時間ながめていたら『あげますよ』」といわれた」って。

なんだかニック・ホーンビィの小説『ハイ・フィデリティ』をおもいだしたりしました。

次回のお茶会は、5月26日のsaturday afternoonです♪

別館『珈琲屋 preservation society』でもちょこっとご紹介☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (0)

April 27, 2007

echo mountain parlor

みなさま、連休のご予定はいかがですか?
渚十吾氏のお茶会echo mountain parlor Vol.2はいよいよ明日。

◆◆◆

echo mountain parlor Vol.2
エコー・マウンテン・パーラー 第二回

レイン・オン・ザ・ルーフで音楽リスニング・アワー、
フール・オン・ザ・ヒルで春のひととき、
レイン・オン・ザ・ルーフでのティー・サロン、
4月の"エコー・マウンテン・パーラー"、オープン間近!


2007.4.28 (sat)
16:00 - 19:00
at rain on the roof(三軒茶屋)

◆◆◆

別館『珈琲屋 preservation society』もちょこちょこ更新しております☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:55 PM | コメント (0)

April 15, 2007

23.5

P1080006.JPG

P1080007.JPG

ただいま、大岡昇平『愛について』を読書中。

そういえば“愛について”という永遠のキーワードは、
そして、入沢康夫〜スガシカオにひきつがれるのです♪

写真は中野区にて。
舗道につみあがった靴型。

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

April 07, 2007

DJ

P1070705.JPG
下北沢『ピュアロード』にて。

新宿でやっとCDプレイヤーを購入しました。
もったいないけど前のやつこわれてしまったから。。。
音楽環境、いちおうOKになりました(笑)。
で、下北沢のディスクユニオンでレコード針を買うつもりだった。
なんだかDJ仕様ターンテーブルのすばらしい針しかないの。

ポータブルプレイヤーの針なんかないの。
いまどき、iPodなんじゃないの?(遅)


追記:ストラングラーズとかコクトーツインズのアナログ盤、
ディスクユニオンに買い取ってもらえばよかったです。
むかし近所の古本屋さんでコーヒー代しかでなかったです。。

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

March 29, 2007

from Liverpool

P1070590.JPG

P1070589.JPG

P1070588.JPG

ジョンもジョージもいる店頭ライブです☆
本日、春あらしがふいた某地方都市の市街地にて。

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

March 13, 2007

33rpm

Zune Endorsed Show.jpg
Zune Endorsed Show
24"x18" 3-color screen print for Microsoft's Zune endorsed show, featuring Small Sins and The Little Ones.

The Yellow Umbrella Tour 2005.jpg
The Yellow Umbrella Tour 2005
12.5 ”x19” 3-color screen print series for The Yellow Umbrella Tour 2005.

Le Tigre.jpg
Le Tigre
11”x17” 2-color screen print for Le Tigre.

こちらもひさしぶりにのぞいてみた33rpmのスタジオです。
天井たかくてあかるいアトリエ。
床に物が乱雑になっててもサマになってます。

クリーンでクリアで飄逸なシルクスクリーンポスター。
Ben Foldsも参加の“The Yellow Umbrella Tour 2005” 、きれい☆

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

March 12, 2007

The Heads of State

TREY ANASTASIO - BOULDER.gif
TREY ANASTASIO - BOULDER: silkscreen • 18x24

WILCO TORONTO.gif
WILCO TORONTO: $20 • offset •18x24

iron.gif
IRON & WINE 2006: $20 • silkscreen •18x24

R.E.M.のビジュアルワークでおなじみのThe Heads of State
新作をひさしぶりにサイトからのぞいてみました。
じつは前から、しょっちゅうプリントアウトしてファイリングしてるのです☆
ベッドにもちこんでうっとりながめてたりしてるんですけれども、っへ。

っていうか、一枚$20ですよ!
シルクスクリーンが約3000円?!
こんど、コレクションしてみようかしら。
(かの服飾デザイナー、アニエス・bがかつていってましたっけ。
ポストカードからでもいいから、ほんもののアートをコレクションしなさいと
クリエーターなら、惜しまずにうつくしいものにかこまれなさいと)


シルクスクリーンでシンプルに摺られているちいさなポスターは街なかでどこか内省的です。
たかがライヴ告知ポスターといいつつ、'50年代ジャズのポスター文化を踏襲してます。
こんな音楽とアートの文化、日本でもあったらいいですね♪

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

March 02, 2007

strange fruit

なぜだか午後のあいだずっと頭にカサカサしてたBillie Holiday 『strange fruit 』なのでした。
さっそくYouTubeでさがしてみたのです。

へヴィーな曲だ。
すごい歌だけど、これをセレクトするの、辛気くさいですか?

ところで、まーだ音楽をたのしむ環境がこわれてしまってるのです。
お仕事はラジオをききながら。
J−POPとやらの歌詞につっこみいれてます☆

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

February 11, 2007

Brian Jones

P1070281.JPG

P1070282.JPG

ローリングストーンズ・ファン・クラブ会員でしか手にはいらないカレンダー。
会員じゃないのにいただく幸運にめぐまれました!!!

写真集としてたのしめます。
ああ、Brian Jones・・・・
前髪のしたに深くかくれている眼がこわれそう。

無邪気にはしゃいでるミックもセクシーです☆

◇別館『珈琲屋 preservation society』もRockです♪

投稿者 orangepeel : 10:00 PM | コメント (0)

February 08, 2007

HIROMI'S VIEW

frommywindowe.jpg

frommywindoww.jpg
HIROMI'S VIEW

December 06, 2006 におくってみたThe view from your window にワタシの窓があります!
我が家でひとりじめしていた風景をインターネットをつうじて世界のひとびとがいっしょにのぞくのですね。
なんだか不思議、ロマンチックです。

ロマンチックといえば、The Kinksの名曲“waterloo sunset”。
ちょこっと厭世的な主人公の窓からは暮れていくテムズ河の濁流がみえる。
ひとりぼっちなんか気にしない、ウォータールー橋の夕陽をながめていればパラダイス。

YouTubeからどうぞ♪


the kinks - waterloo sunset

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (1)

February 07, 2007

come to blackpool

P1070262.JPG

P1070265.JPG

はじめてお会いした渚十吾氏から貴重なレコードをお借りしてしまいました。
ブラックプール風景のコラージュジャケットで期待ふくらみます。
ちょっとSgt. Pepper's...

さっそく、プレイヤーの針を買ってこなきゃいけないです。。。
たいせつにたいせつに聴いてみます♪
あと『カウ・ガール・ブルース』読んでみます☆

本日、森茉莉肉声の音源がながれる下北沢『邪宗門』にて渚氏とうちあわせしたのは、
音楽を聴きながら本や旅やいろいろなことを語る催し物の企画でした。
ワタクシが参加するなどはずかしいのですけれど。。。

ちいさな同人誌の予定も?
くわしいことは、また追って告知いたします。

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

January 19, 2007

Alternative

itoubunngaku.jpg

せんじつ、喫茶『邪宗門』で伊藤文学氏をご紹介いただきました。
下北沢に編集部をかまえる伝説の雑誌『薔薇族』の編集長です。
『薔薇族』の名は存じ上げていたけれども、
書店で手にとってみることはありませんでした。

ご本人からいただいた「『薔薇族』編集長」(伊藤文学著、幻冬社アウトロー文庫)を読了。
オルタナティヴな雑誌づくりにあこがれました。
下北沢発信というのもかっこいいとおもいました。
そうはいっても取次ぎをとおしている全国誌です。

そういえば保険会社OL時代、音楽雑誌(一応全国誌)に
ギターポップあるいはネオアコ専門の新譜評をかいていたことをおもいだしたりしました。
毎月、会社からまっすぐ代々木の中古レコ屋(そこが編集部)で音源をうけとり、
帰宅後、家族にしられないようにヘッドフォンで聴いて徹夜で原稿かくの。
編集部のひととはほとんど話したことなかったな。

◇ 『珈琲屋 preservation society』 はパリの下町へ。

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (2)

December 04, 2006

matryoshka

matryoshka.jpg

マトリョーミンなる楽器、ほしいなあ。。。
ロシアの民芸品マトリョーシュカ人形から音がでるの、
ロシア発電子楽器テルミンと合体なのです。
(うえの画像はただのマトリョーシュカです:笑)

クラリネット(まったく吹けないけれど)やギター(へたくそだけれど)を
日々の生活のなかで、自ら音楽を奏でることができるのはたのしいかもしれない。
ましてや、かわいいマトリョーシュカをひざにのせてゆうぐれに歌ってみることができたらとくいげ。

ちなみに、テルミンを演奏できるサイトでためしてみたら、
むずかしいのなんの、なにやらきもちわるい音しかでませんでした。
近隣のかたがたに「宇宙人がいる!」ってこわがられそうです。


Beach Boys-Good Vibrations

投稿者 orangepeel : 12:10 AM | コメント (0)

November 11, 2006

デモテープ

cassetteop.jpg

投稿者 orangepeel : 02:08 AM | コメント (2)

October 31, 2006

the Prince of Wales

duncanhannah.jpg
Duncan Hannah
The Strand (self portrait), 2002

Duncan Hannahは、1952年生まれNew York在住のアーティストです。
日常の街角を oil on Canvas。
Edward HopperとかAlex Katzをおもいだしました。
クールだけれど、どこかセンチメンタルですね。

ワタシのてもとには、Devine & StattonのCDジャケット、
アルバム『the Prince of Wales (1989)』のコラージュワークがあります。
ポエティックで品の良いコラージュにあこがれるのです。

そう、日々うつくしいコラージュをめざし悪戦苦闘しているワタシに、
本日ドイツ製色セロファンの折り紙のおくりもの☆
半透明しぶい色味でつかうのもったいないなあ(貧乏症ですね)。

P1060262.JPG

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

October 29, 2006

ある光


小沢健二/ある光

♪この線路をおりたら
海へつづく川
どこまでも流れるのか

胸がきゅーんとなりました。

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

October 27, 2006

DJANGO REINHARDT


Django!

小学生のころから高校生まで、クラギ(クラシックギターです:笑)少女でした。遠いむかし。
才能があってジャンゴみたいに弾けたらしあわせだなあっておもいます☆

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

October 23, 2006

REFLECTIONS


MARIAH CAREY REFLECTIONS

5,6年前にラジオでよくながれてて涙した曲(笑)。
今日はお仕事のかたわらでTVで聴いてました。
マライアの映画がTV東京『午後のロードショー』でオンエアだったのです。
内容は・・・
おそらくよくあるシンデレラストーリーです。

でも音楽はいいですよ、'80sなかんじで。
マライア・キャリー、来日してたのでしたっけ?
すきです☆

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

October 21, 2006

a pianist

小春日和の休日の午後、
ピアノを練習する音色がひそかにきこえました。
a pianist。

っていうか、踏み切りの遮断機と列車のとおりすぎる音しかきこえませんね(笑)。

投稿者 orangepeel : 08:46 PM | コメント (0)

October 17, 2006

HOHNER

P1060197.JPG

ポケットのなかにはドイツの楽器メーカーHOHNER社のハモニカ。
かわいいかわいい“little Lady”です(写真は、ほぼ実物大でございます)。
親指にもかくれてしまうようなちいささですが、ほんものの音色(鳥肌♪)で1コードを奏でます。
紐をとおす金具がついているので、首からさげたり、うでにまいたりして散歩のおともにいたしましょうか。

秋の空たかく吹く。

HOHNERといえば!
こんなふうに吹けたらいいですね、とてもむりですけれど(笑)。
かっこいい演奏をYouTubeからどうぞ☆


Stevie Wonder“For Once In My Life”


Mina with Toots Thielemans “ Non gioco piu”

投稿者 orangepeel : 11:44 PM | コメント (4)

October 02, 2006

happy hour

nagisajugo.jpg
The Blueberry Dictionary/JUGO NAGISA

もう10月ですね。
ひとびとは、街なかでしっかりとしたジャケッツをはおっているのに、
ぼんやり五分ソデのカーディガンでかいものにでた夕ぐれでした。
雨にぬれた金木犀がどこかから香っているのに、
まだひぐらしが木陰で肌寒げにささやいていたりします。

枕もとにおいて、日々たのしんでいる渚十吾氏の本数冊。
散歩、古本、音楽、ロンドン、ブライトンなど、
うれしいキーワードがちりばめられたディクショナリ−です。
もしかしたら、下北沢や駒場でカメラ片手の氏とすれちがっているかも?

などとおもいながら、渚十吾氏のサイト『happy hour』におじゃましてみたら、
from J.N”というページに

round every corner
-heart never lies-という詩が。


ミルク・カウ・フットステップで
グリーンのシャープペンを捜して

ユリイカの浮上とともに
今日が何曜日だったか忘れて
pianoの置いてある部屋へ

モデラート・カンタービレで
三条通を曲ってイノダへ

「まだなお」と「もうすでに」の間で
春の水のように
太陽、風やその他のこと

筍を食べて
マイクロ・ジャーナルをじっくり読んで

新録の詩的なカラーズ
水曜日の午後三時に
オレンジ・ピールをかじって

2006 late spring


◇◇◇

>「マイクロ・ジャーナルをじっくり読んで」
当ブログmicrojournalのことだったらうれしいな♪
と勝手に妄想する秋の宵でした。

投稿者 orangepeel : 10:09 PM | コメント (0)

September 18, 2006

全ての言葉はさよなら

fg.gif

“camera full of kisses 全ての言葉はさよなら”の歌詞から。
なんだか日々実感するの、さびしいのです。

ところでフリッパーズギター『カメラ・トーク』のPVをYouTubeで聴きましょう。
“young,alive,in,love 恋とマシンガン” です。どうぞ♪


投稿者 orangepeel : 11:22 PM | コメント (7)

September 13, 2006

BE MY BABY

P1050794.JPG
© GENUINE DODO 1982

こどものころはサーカスがきた駅前広場に、
いつのまにかおしゃれなショッピングモールができました。
それも、むかしの話だったりしますけれど。
さいたま県のとある郊外の街は空が異常にひろいです。
かつて輸入絵葉書市がたって、夢中になってさがしあてた
かわいいグリーティングカードの一枚なのでした。

葉書の端にさしこまれた紙片を左右にうごかすと、
ミニスカートの手足がちょこっと踊ります。
まるでPhil Spectorおかかえのガールズ・グループみたいに。
こういうのも、からくり葉書というのならたからものですが、
おくるあてもなく寝室の壁にさしたり、手元でもてあそんだりしてるうち、
なんだかボロボロになってしまいました。。。

英国製です。

さてさて、ほんもののガールズグループ、The Ronettesです。
YouTubeから “BE MY BABY”1965年の映像をどうぞ☆


投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (0)

September 11, 2006

DJ HIROMI #02

I'll be there /The Jackson five
Ain't no sunshine / The Jackson five
Hello It's Me / Todd Rundgren
I saw the Light /Mood Six
愛し愛されて生きるのさ / 小沢健二
You are the sunshine of my life / Stevie Wonder
Bizarre love triangle / Divine & Statton
Crackin up /Moe Tucker
Miss Maple / The Coctails
Parfum / Django Reinhadt

こんなかんじでおやすみなさい☆

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

September 07, 2006

The Music Man

P1050747.JPG

1962年には映画化もされているブロードウェイミュージカル『The Music Man』ロンドン公演(ADELPHI THEATRE/March 16th, 1961)のプログラムです。青山の古書店にて購入した印刷物コレクション。ペランとした荒い紙にシンプルな2色刷りでありながらも、なんとも表情ゆたかでロマンチックなカヴァー・イラストレーション。いかにもワタクシのツボじゃあないですか!

劇場でオペラやミュージカルをたのしむハイソ(死語?)な日常をもたないので内容についてはくわしくないのですが、ビリー・ワイルダーの映画『アパートの鍵貸します』(だいすきな映画♪)にセリフのなかで語られていますね。

ところで『The Music Man』の劇中歌“till tere was you”は、the Beatles唯一のShow Tune カヴァー。
アルバム『With The Beatles(1963)』より。
youtubeでポール・マッカトニーのうたごえをおたのしみくださいませ☆

ビートルズを聴きながらプログラムをめくっていたら「観劇のあとは当香港レストランへ」という広告が。
うぅ、おなかがすいてまいりました(笑)。

投稿者 orangepeel : 06:59 PM | コメント (4)

August 30, 2006

成層圏紳士/松本隆

matsumototakashi.jpg

かずかずのヒット曲を生んだ作詞家、松本隆氏のエッセイを読了いたしました。

都会人でナイーブで、だけど世界を縦横無尽に旅する風のようなイメージ。
あたりまえですけれども、だれも松本隆にはなれないなあ。
はっぴいえんどは日本のビートルズと言い切ってしまっては強引でしょうか。。。

松田聖子というシンガーは、マスコミ的策略なのだろうけれどその媚びぐあいが気にいらなかった。
でもそれは、きっと同性としての嫉妬だったのかもしれませんね。
(TVで聖子ちゃんをみるたびに悪態つくワタシを父親が半ば憐れみをもってわらってた)
松本隆の歌詞に、大瀧詠一や細野さんやユーミンが肉付けしたメロディは
ホントうつくしい、そしてくやしいけれど、松田聖子は'80年代のミューズだったの?

ところで、松田聖子『秘密の花園』の歌詞は、マンディアルグ『満潮』へのオマージュだそう。
ああ、ステキすぎる!くやしい(笑)。

さて、読書ソファからPCデスクにうつって風待茶房にお邪魔してクールダウンすることにいたします☆

投稿者 orangepeel : 11:22 PM | コメント (0)

July 31, 2006

☆キラキラ☆


Lotus Eaters :“ The First Picture of You”


Pale Fountains :“ Thank You”


The Go-Betweens: “Bachelor Kisses”

関東も梅雨があけましたね。
とてつもなくロマンチックでセンチメンタルな(笑)夏のPVを3曲つづけてどうぞ☆

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (2)

July 21, 2006

Time Lapse Clouds


♪クラウディはサニームードさ、虫歯あるのさ
すこし痛むのさ

と、かろやかに(むりやりに:笑)フリッパーズギターの歌をくちづさんでみたくなるゆううつないちにち。


「ある日のこと、わたしはわたしの小屋の前に立って林檎を食べながら、いまにも降りだしそうな黒いみそっ歯の空をじっと見上げていたところに始まる」
(リチャード・ブローティガン:「芝生の復讐」より)

ゆうべの残りのトマトスープをワインで煮詰めて、ポークソテーのソースにしてみました。
窓のそとの雨雲にけむった街のあかりが、スーパーの店先でぽつぽつと安売りしてるミニトマトのようです。
ウラナリの。

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

June 28, 2006

Hand in glove

P1050256.JPG 「Hi!」

P1050257.JPG 「Hi!」

P1050258.JPG 「きみのてぶくろ、すてきだね。お茶でもいかが?」

P1050259.JPG 「踊りましょうか」

P1050260.JPG 「さあ、てぶくろをしていっしょに世界旅行にでかけよう!」
Illustrations*Hiromi Suzuki

イラストレーターになる前に参加したことのある絵本のワークショップにて。なつかし&はずかし。
たしか百貨店のバレンタイン関係の企画でした。会場に用意されたのは黒のマッキーと色えんぴつしかなかったので、こんなかんじに。

本棚のすみからこぼれおちてきてしまったのでUPしてしまいました。。。
よくもまだとっておいてあったものです(笑)。

タイトルは、いわずと知れたThe Smithsの名曲『Hand in glove』から。

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

June 22, 2006

JIMI

jimi.jpg

このところ、お仕事をしながら「JIMI HENDRIX - LIVE IN LONDON 1967」を聴いてます。
っていうか、ジミヘンのCDもってたのをすっかりわすれてました。
音楽ばなれしてるうちに、ボケがはじまってるみたいです(笑)。

YouTube-Jimi Hendrix、たくさんのライブ映像がたのしめます。
かっこいい☆

投稿者 orangepeel : 08:08 PM | コメント (2)

June 20, 2006

noblesse oblige


The Monochrome Set:Jacobs Ladder

先日TVで愛子さまが皇太子殿下に「パパ」とよびかけている映像をみてびっくり、
でも愛情あふれるほほえましい一瞬。

“noblesse oblige”(ノーブレスオブリージュ)の意味を知ったのは、1980年代に英国チャールズ皇太子が暗殺の危機にあったニュース映像。南アフリカとの政情のなか独立記念行事でむけられた銃口にあわてふためくこともなく冷静でいた皇太子がつちかった、ロイヤルファミリーの厳格な教育に感心しました。でも、こころは教育できないのですね、不倫。。。

またまたYouTubeから、なつかしいThe Monochrome SetのPVです。

そういえばモノクロームセットのヴォーカル、ビドはインドの王子さまといううわさ。

投稿者 orangepeel : 10:10 PM | コメント (2)

June 15, 2006

Whity & The Family Stone

1.jpg

2.jpg

3.jpg

本日のホワイティ。
「You Tube デビュウしました☆」

Runnin' Away:Sly & The Family Stone

踊ってます(笑)。

投稿者 orangepeel : 12:08 PM | コメント (0)

June 13, 2006

Carole King

“one fine day” を聴けた!
なんだかライブのお客さんたち、スノッブ?というか真面目っこ。
メガネ率高し☆

投稿者 orangepeel : 01:06 AM | コメント (2)

May 28, 2006

メガネ王子#02

ben3.jpg
BEN FOLDS

woody2.bmp
WOODY ALLEN

malamud2.bmp
BERNARD MALAMUD

投稿者 orangepeel : 09:27 PM | コメント (0)

Ben's Photos

benphoto.jpg
photos ben has taken

うつくしいモノクロ写真、ツアー中のBEN FOLDS撮影☆

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (2)

May 16, 2006

☆sekuharaoyaji☆

ホイットニー、困ってます?

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (0)

April 26, 2006

I'm not like everybody else

ibm.jpg
TV-CM「Anthem」篇

IBMのCM【What makes you special?】シリーズがめちゃくちゃかっこいいですね!
曲は、THE KINKSの「I'm not like everybody else(邦題:僕はウヌボレ屋)」です。

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

April 11, 2006

The Very Best of Elvis Costello

The Very Best of Elvis Costello.jpg
THE RIGHT SPECTACLE
The Very Best of Elvis Costello - The Videos

エルヴィス・コステロのDVDを買いました!かっこいい!
雨ふりの昼下がりにみてると、なんだかロンドンにいるきもち。
っていうか、しめきりを気にしつつたのしんでるダメ〜な自分に酔ってみます(笑)。
You Tubeのヴィデオ、Elvis Costello“pump It Up”をどうぞ☆

ついでにYou TubeからSpecial AKA “Girlfriend”もみつけました。
かっこよくて笑えるPVです。

*8日〜11日未明にかけて、サーバーに障害が発生し、当サイトへのアクセスが不能になっておりました。ご迷惑をおかけいたしました。microjournalは健在です。これからもどうぞよろしく☆

投稿者 orangepeel : 10:52 PM | コメント (0)

April 04, 2006

Shipbuilding

robertwyatt.jpg

わが家の窓の外では、8階建てのマンションが建設中です。
クレーンが夕陽にシルエットをのこしています。すこし前までは、豆腐屋や美容院などのふるいしもたやが軒をつらねていて、渋谷区とはおもえない空のひろさでした。

とはいえ、私のすむマンションも、どなたかの日差しや景観をうばっているのでしょう。ここは数年前まで某製菓工場の跡地だった。『ぽんぽこ』、といえばピンとくるかたもいらっしゃるでしょうか。『ひよこ』とならんで東京みやげとしておなじみでしたね。戦後高度経済成長期、幡ヶ谷工場地帯とよばれていた時代のまぼろし。

ふとおもいだした、Robert Wyatt『Shipbuilding』。
さびれた港町がこのところはなやいでいて、ひとびとの暮しもうるおっているよう。みんなうわさをしている、もうすぐ、造船の仕事がはじまるのだと。それは、あたらしい戦争のはじまりを意味するのだと。
物憂げなメロディと皮肉な歌詞、Elvis Costello提供による名曲です。

投稿者 orangepeel : 03:43 PM | コメント (0)

April 02, 2006

Clotted Cream

P1040619.JPG
リンゴ煮の甘くてすっぱい湯気が

雨がふりだしそうなゆうぐれのキッチンで、リンゴを2個くし切りにしてお鍋に入れてたっぷりのグラニュ糖でぐつぐつ煮ていたら、いつの間にか4月になっていた!!!きのう、ウソつくのわすれた!(笑)
新年度/新学期、はじまりのきせつですね。

出来たてのあったかいリンゴのシナモン煮は、スコーンに添えていただくのです。
ところで英国人にとって、アフターヌーンティーのスコーンに欠かせないのはクロテッド・クリーム。生クリームとクリームチーズのまんなかあたりのなめらかさ。日本製もなかなかおいしいですよ。


title0605.jpg

TITLe 最新号の特集は「ロックで旅するイギリス。」です。ロンドンマップつき☆
どの記事もたのしいですけれど、とくにロバート・ワイアットのインタビュウがうれしかったです。意外(?)なことに、ジャネット・ジャクソンのアルバム『ダミタ・ジョー』が最近のお気に入りだそう。
「ヴォーカルが実に繊細で、ささやかでしょ。音楽のなかを密やかに流れていく感じ・・・」
ロンドン郊外の日当たりのよい部屋で、ジャネットに耳をかたむけながらじっくりと紅茶をのむのが朝の日課だという。

いえ、じつに(!)ロバート・ワイアットらしいとおもいました。

投稿者 orangepeel : 07:37 PM | コメント (0)

February 28, 2006

Crepuscule

hanage.jpg

おしゃれなベルギーのレーベル、
クレプスキュールのことしらべてたら
なぜかオプションででてきた広告

鼻毛でてたら100年の恋も冷めるですね☆
気をつけよー(って自分のことかよ!)。

投稿者 orangepeel : 10:14 PM | コメント (0)

MIKADO

mikado.jpg
カフェ・アプレミディ・フォー・クレプスキュール

ただいま(いまさら?)猪瀬直樹『ミカドの肖像』を夢中になって読書中。

読むのがおそいのでまだ4分の1です。
ベルギーのレーベル、クレスプキュールのMIKADOのインタビューからはじまったのにはなぜかどきどきしたし、詩的でした。

第一章で明かされるエピソード。
プリンスホテルが旧宮家の敷地に建てられているという事実はみなさんご存知、まったくトリビアじゃないかもしれないですね。そして西武王国の崩壊は西武線沿線にすんでいたわたしたちにはうすうす予感できてましたけれど。
以前、こちらでも書いたのでお時間あったら読んでいただけるとさいわいです。

西武鉄道とはべつにセゾン文化の恩恵をたくさんうけていた自分なのでなんだか複雑。
つづき、また読みます。

投稿者 orangepeel : 08:21 PM | コメント (2)

February 24, 2006

Ain't no sunshine

bill.bmp

雨ふりでゆううつ。
こんな晩にぴったりなヴィデオを2曲みつけました。

The Kinks“Sunny Afternoon”(1966)

Bill Withers“Ain't no sunshine when she's gone ”(1972)

ちなみに“Sunny・・・”は、『およげ!たいやきくん』、
“Ain't no sunshine ・・・”は、北島三郎『与作』をあわせてうたえることでもおなじみ♪

投稿者 orangepeel : 07:24 PM | コメント (0)

February 23, 2006

Rock with you

rock-w-you_018.jpg

ゆうべにひきつづいて失礼します。
Michael Jackson“Rock with you”(1979)はめちゃくちゃかっこいい☆

だいすきな曲のひとつです。
勝手にマイケル・ブームになってます(笑)。
モザイクが気になるヴィデオですけれど、もうくぎづけ♪

投稿者 orangepeel : 09:29 PM | コメント (0)

February 22, 2006

Cat Stevens

catstevens.bmp

1971年のCat Stevens のアルバム“Teaser and the Firecat”はなつかしいな。

なつかしいといってもはじめて出会ったのは数年前、西荻窪の古道具屋で。そばにいた友人にいぶかしがられながら手にとったのでした。

なつかしさはジャケットのイラストレーション。内気そうな少年が内股で舗道にこしかけているから。画像はあえて内股の足をアップにした裏ジャケにしてみました。

手にいれたアナログ盤には所有者の男性の名前と「国分寺市東恋ヶ窪」なる住所が'70sな(?)手書きの丸文字でかかれていました。勝手な妄想ですが、70年代の内気でナイーブな少年少女は内股で読書なのです。

さてさて、ながれてくる曲、どこかで聴いたことのある、やっぱりなつかしい曲でした。かつて、エルトン・ジョンも大絶賛したとのこと。

もどかしくてつげられない言葉が、風や朝もやや月あかりの影でとつとつともつれでているような。中ジャケみると、キャット・スティーヴンス、なかなかハンサムですよ(笑)。1948年、ロンドンうまれ。

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (2)

I GOT YOU BABE

sonnycher.bmp

風邪っぴきでいままでにないハスキー&セクシー(?)ヴォイスなので、ふとSonny&Cherの“I GOT YOU BABE”をうたってみたくなったのです(うたえないけど)。

なにかヴィデオはないかとさがしていたら、Sonny and Cher Comedy Hourなる番組をみつけました。うぅ、ソニーとシェールの夫婦漫才をみてしまうはめに!ジャクソン5のころのかわいいマイケルや元米大統領(うれない俳優?)ロナルド・レーガンがゲストにでてきます、貴重☆

ソニー・ボノはその後政治家になったんでしたっけ?シェールはこのころからすこしづつ改造がはじまってま〜す♪

ついでにJanet Jackson and her brother Randy as Sonny& Cher。兄ランディを尻にしいてるちっちゃいジャネットのこまっしゃくれぶりがすでにエンターテイナー☆

そしてそしてThe Jackson5 Dancin' Machineもみちゃいました!たのしい!かっこいい!

投稿者 orangepeel : 09:03 PM | コメント (0)

January 24, 2006

TAKE IT OR LEAVE IT

P1040343.JPG

P1040378.JPG

MADNESSの自伝的映画「TAKE IT OR LEAVE IT」の海賊版ビデオ(西新宿で購入)をくりかえし観ています。
カムデンや地下鉄やパブやキツいコックニー訛りetc.の映像から、いつのまにかロンドンの街並みにとけこんでいるような気分になるのです。内容といえばケンカあり歌あり酒ありケンカあり(笑)、ロンドンの下町っ子の鬱屈した日常を描いています。ちょうど、1970年代後半〜'80年代にかけてイギリスは不況まっただなか、MADNESSは失業中のキッズたちに支持されてたのですね。。。。
英国音楽映画の名作です、必見☆

字幕つきの日本版は廃盤なのでしょうか?

上:MADNESS「TAKE IT OR LEAVE IT」のワンシーン。
下:The NUTTY BOYS(ギターのChris ForemanとサキソフォンのLee Thompsonのユニット)。
1994年、Dublin Castleにてライブを体験しました☆

onestep.gif
Cashsmash.gif

投稿者 orangepeel : 06:36 PM | コメント (2)

January 17, 2006

CREAM

cream.jpg

さむいですね。

バスをまっていたら、ロシアのひとびとがかぶる毛皮の帽子(なんていうのでしょう?)であたたかそうなご老人がバス停に。ニューヨークやヨーロッパの比ではないでしょうけれど、東京のことしの冬はグルーミーです。

CREAMを聴いています。ブルージーなギターがどんよりと曇った空によくあう。バスの窓ガラスごしの風景(中野:笑)がロンドンにみえてきたりして。

ポール・ウエラーやデイモン・アルバーンの声や唱法は、わかいころのエリック・クラプトンにそっくりなことに気づきました。

投稿者 orangepeel : 07:42 PM | コメント (2)

January 13, 2006

NORGE JAN.1961

P1040255.JPG

古絵葉書コレクションの一枚を。
ノルウエーのスタンプがついているフィンランド製の絵葉書です。

よく晴れた朝、色とりどりににぎやかなスキー客をむかえる準備中の空と雪原。
うらにはあて名も差出人名もメッセージもないのです。

NORGE JAN. 1961 の消印だけ 。
1961年の1月。


fg2.gif

ゆっくり行けよ 急ぎすぎてるぜ
この素敵な朝をじっくり楽しもうじゃないか
敷石をコツコツと踏み鳴らしながら
おもしろいことを探してる
気分はしごくゴキゲンさ

(「The 59th Street Bridge Song−Feelin' Groovy」1966 by Paul Simon、山本安見訳)

こちらは、1966年のサイモン&ガーファンクルのうた。

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (0)

December 22, 2005

DJ HIROMI

このところ好評なDJ HIROMI。って我が家でCDをたどたどしくつないでみてるだけなのです、っふ。

本日のセットリスト☆

 崕娑貳屬吹いた日」The CHANG
◆I saw the light」Todd Rundgren
「Something on my mind」The Pale Fountains
ぁ峭イ好きダーリン」サニーズ
ァREALITY」Richard Sanderson
ΑGeorgia」Django Reinherdt
АDo Nothining」The Specials
─I Need change」Smoky Robinson &The Miraccles
「ノーノー・ボーイ」ザ・スパイダーズ
「Drive My Car」The Beatles
「D'you know what I mean」Oasis
「風待ち」Grapevine

投稿者 orangepeel : 01:19 AM | コメント (0)

December 06, 2005

A Christmas Gift For You

Phil Spector.jpg

街はクリスマスソングであふれかえっていますね。
こどものころは「ジングルベル」がながれてくると、あんなにわけもなく心がはやったのに、ちょっと食傷気味(笑)。

気をとりなおして、『A Christmas Gift For You from Phil Spector』( 1963)をひっぱりだしてみました。クリスマスアルバムの傑作。「ママがサンタにキスをした」や「ウインター・ワンダーランド」などおなじみのクリスマスソングを、フィル・スペクターおかかえのガールズグループがおもいっきりハッピーにうたっています。

ところで、おとなのクリスマスのたのしみといえば、やはりおいしいお食事ということで。
いまはなくなってしまった表参道のフレンチレストランでのクリスマス・ディナーは、毎年まちどおしかった。スターターの海鮮の盛り合わせは前菜とはおもえないほどボリューミーでした。生牡蠣はおろしポン酢でいただくのもおいしいのですが、エシャレットをきざんだ赤ワインヴィネガーをふりかけた牡蠣はよく冷えた白ワインにあうのです。

投稿者 orangepeel : 07:18 PM | コメント (0)

November 20, 2005

ELVIS!ELVIS!ELVIS!

elvis.jpg
The King Of Rock 'N' Roll: The Complete 50's Masters [BOX SET]

レコードジャケットデザインの切手型シールもふろくについてお得な5枚組CDボックスセット。
こちらでちょこっとずつ試聴できます。
'50年代のエルビス、とてつもなくかっこいいです。
いえ、かっこいいというよりナイーブさに胸がキュウ〜ッとなるのです☆

投稿者 orangepeel : 01:27 AM | コメント (0)

November 15, 2005

Comment te dire adieu

hardy.jpg

ここのところしごとをしながらあたまのなかで(?)ながれていた曲、フランソワーズ・アルディ『さよならを教えて』なのでした。日本の歌謡曲にもちかくてなつかしいかんじのフレンチポップスですね。ちょこっと試聴できます☆

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (2)

November 01, 2005

11月のカレンダー

CL11.jpg
Illustration * Hiromi Suzuki

11月になりました。肌寒い日々、いかがおすごしですか?
ってノンキなことをいっておりますがこころは汗!いまごろ2006年のカレンダーを制作中なのです、うう。
いえ、たのしんで描かなきゃいけないですね、たぶん産みのくるしみもこのお仕事をなりわいとしたしあわせ。

さてさて作業中のBGMは重要ですね。ただいまヴァン・モリソンとかキンクスとかユーミンを聴いております☆

投稿者 orangepeel : 12:55 AM | コメント (4)

October 23, 2005

London Times

P1030845.JPG

週末はロンドンなきもちで下北沢のクラブであそんでしまいました。おもいもかけずたのしかったのでした。何故にスタッフのかたがたのうちあげまで参加してるの?ワタシ(笑)

写真はロンドンのPOPOUT地図。コンパクトで便利なんです。テムズ河を中心に街を架空のお散歩です。The Kinks “Autumn almanac”を聴きながら☆

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

October 21, 2005

You Can't Hide Your Love Forever

P1030830.JPG

リビングルームのソファのしたに男がすみついているのに気づいたのは、家族がではらったゆうぐれ、美術学校生時代でした。かってに保険会社をやめてしまったころ。アルバイトもはいっていない日は両親にうしろめたくて、よくひとりで台所しごとをしていたのです。ふとソファのしたから青白いうでがのびてきてシャワーソープの空き容器をさしだしたのでした。どうやら石鹸(?)を主食にひそんでいたらしいのです。

母親や妹が帰宅してから皆でそーっとソファのしたをのぞいたら、うつぶせになった男があたりまえの顔をして私の書棚からぬきだしてきた文庫本を読んでいるので、おもわずふきだしてしまった。
すると母親が「わらっちゃダメ!このひとは埃をたべていきているんだから!」って。

なぜ警察に通報しなかったのかって?これは昨日みた夢の話。

こんな夢をみたのは、こどもの頃じっさいあった実家でのできごとからかも。私たち姉妹のベッドのしたにどこからまよいこんだのかノラ猫がかくれていたのです。びっくりした、けものが部屋に?!って(笑)。祖父があわてて雑木林にすててしまったのに、つぎの日、庭で鳴いてるんです。そしてひざに抱くと、あたたかいからだがときおり私の顔をみあげながらうれしそうに自分の毛をなめはじめたのでした。

本日、ポータブルプレイヤーにのってるのは、ORANGE JUICE です☆

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (2)

October 20, 2005

小説連載はじまります!

mukashibanashi.jpg

やっぱりほんとうだったんだ!
子どもと昔話」25号より小沢健二氏のフィクション『うさぎ!』の連載がはじまります。本日発売のうわさをききつけて、地元の紀伊国屋書店でとりよせをおねがいしておきました。うりきれちゃったらどうしよう。。。。

さてさて、児童文学なのか、もしくはアップダイクなのか・・・たのしみです。とりあえず『いちょう並木のセレナーデ』を聴きながら祝杯☆

投稿者 orangepeel : 07:29 PM | コメント (2)

October 19, 2005

The Strokes

the strokes.jpg

やっと来年の1月に3rd.アルバムがリリースされるそうです。先行シングル“Juice Box”がオフィシャルサイトで試聴できます(『NEWS』チャンネル)。シンプルなギターがあいかわらずかっこいい☆

投稿者 orangepeel : 09:30 PM | コメント (0)

October 04, 2005

Airside

Airside.jpg

LemonjellyのかたわれFred Deakinが所属するデザインチームAirsideのかわいくてかっこいい動画(DWにちょこっと時間がかかります♪)。ロンドンクリエイティブのいまの空気をつたえています☆

投稿者 orangepeel : 10:31 PM | コメント (2)

ユーミン

ながくくちずさんでいたのに、いまさら購入したユーミンのベスト盤。ばかみたいね単純ね、CMでつかわれてる『やさしさにつつまれたなら』を聴きたくて。松任谷由実さんのニューアルバムジャケット、昨年の秋にイラストレーションをプレゼンにかけていただいてたりしてたのにね。

ああ、秋なのです、せつないのです。

投稿者 orangepeel : 12:19 AM | コメント (2)

September 24, 2005

From Blackpool

P1030680.JPG

P1030682.JPG

P1030686.JPG

P1030693.JPG

P1030688.JPG

P1030704.JPG

秋の連休の初日、隅田川ちかくの浅草花やしきをぼんやりとビール片手にぶらついてみました。Bee Towerなるアトラクション(写真上から4番目)で街の眺望をたのしんでみるつもりが・・・・。周辺にたちならぶマンションのベランダで洗濯ものをとりこむ生活感あふれるゆうぐれの光景。

The KINKS『Autumn Almanac』は、ロ−ストビ−フとフットボ−ル観戦の週末を楽しみにしている市井の人々を歌っている、とぼけたト−ンのちょっとした短編小説のあじわいのある曲。みんなが集まる休暇には、家族友人総出で海岸沿いの町ブラックプ−ルの行楽地に繰り出すのです。  

投稿者 orangepeel : 12:39 AM | コメント (0)

September 23, 2005

Afternoon Tea with The Kinks

P1030647.JPG

P1030649.JPG

秋の雨の午後。
どこかせつなくて部屋でぼんやりとぬいぐるみのクマのホワイティとたわむれたり、詩をつづったり。請求書をおこしたり(笑)。The Kinks を聴きながら雨の風景をながめていたら、またまたロンドンはKew Gardens の秋の庭に想いがとんでいくのです。

投稿者 orangepeel : 12:08 AM | コメント (2)

September 16, 2005

松本隆

の作詞といったら筒見京平作曲『木綿のハンカチーフ』(画面をクリックすると聴けます)は名曲ですね。

いいえ星の
ダイヤも海に眠る真珠も
きっとあなたのキスほど
きらめくはずないもの
きらめくはずないもの

に胸がきゅうっと(笑)。

同時に泣いたのは、荒井由美作詞作曲『まちぶせ』です。まちぶせといったら三木聖子なんです。

投稿者 orangepeel : 02:15 AM | コメント (3)

September 13, 2005

散財

ただただ一曲を聴きたくてブックオフで散財しました。Cheap Trick “Voices”、Todd Rundgren “I Saw The Light”、10cc “I'm not in love” なのでした。どれもせつなくなる。

投稿者 orangepeel : 12:01 AM | コメント (0)

September 05, 2005

Hyde Park Music festival 2005

hydepark.jpg

に妹がいったらしい、しらなかった!細野さんとか鈴木茂とか、鈴木慶一&博文などが出演。70年代な空気がすてきだったそう。会場となった狭山市の稲荷山公園はかつての米軍基地。「アメリカ村」とよばれていました。となりの所沢市の高校にかよっていた私は、よく英語の先生から「有刺鉄線のむこうがわはアメリカだ」ってきかされてましたけど、いまでも米軍所沢通信基地はアメリカなんです(じつは日本でテロがおきたらまっさき、といううわさ)。

サバービアな話でした。

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (5)

August 25, 2005

氷の世界

友人に借りて聴いてみました、井上陽水『氷の世界』。

ずーっとけぎらいしてたのは、小5のときの担任の先生が井上陽水ファンであつくるしく(&さむく)『心もよう』をいつもくちづさんでいたから(笑)。

あらためて聴いて鳥肌たちました。

人を傷つけたいな、誰か傷つけたいな
だけど出来ない理由は、やっぱり自分が恐いだけなんだな
そのやさしさを秘かに胸にいだいてる人は
いつかノーベル賞でももらうつもりでガンバってるんじゃないのか

井上陽水『氷の世界』

投稿者 orangepeel : 11:03 PM | コメント (2)

August 24, 2005

風街

P1030439.JPG
植草甚一編集『WonderLand』第2号(1973年9月号)。

ロックをききはじめた中学生時代からサブカル雑誌を漂流してきた私にとっては、神田の古書店での『WonderLand』(『宝島』の前身)創刊号と第2号との出会いはまさに夢のようでした。第2号は大観覧車の表紙がかっこいい。

ところでいま新刊書店の店頭にある『ユリイカ』8月臨時増刊号は「オタクvsサブカル!」と題した1991⇒2005ポップカルチャー史の特集です。雑誌という媒体がになってきたアンダーグラウンドなポップカルチャーをあらためて見直そう、といったかんじの取り組みのいっさつです。 そのなかの赤田祐一氏(元『クイック・ジャパン』編集長)のインタビュウによると『WonderLand』表紙はADの平野甲賀氏がコニーアイランド(ニューヨークの遊園地)の古絵葉書をどこかからひろってきて引き伸ばしてデザインしたそう。「雑誌で架空の街をつくる」というファンタジックなテーマが大観覧車に集約されているという話でした。

さてさて、『WonderLand』第2号はたしかに遊園地のようにたのしくてゴージャス。片岡義男や小野耕世、天沢退二郎などが「街」をテーマに執筆、桑原甲子雄や中平卓馬のモノクロームの東京がページをかざっています。なかでも、はっぴいえんど『風をあつめて』の詞の誕生秘話をかたる松本隆のエッセイを熟読してしまいました。せっかくなので一部引用させていただきます。

かつてこんな詞を書いたことがある。

人気のない朝の珈琲屋で
暇をつぶしてたら
ひび割れた玻璃ごしに
摩天楼の衣擦れが
舗道をひたすのを見たんです

これはもちろん二年前にレコードになった歌詞の部分なのだが、この中でぼくは自分の視線を<ひび割れた玻璃ごし>に放っている。それは何故か現実の街に対して一線を画したい。あわよくば街景を額縁の中に填めこんでしまいたいという希求の現れなのだろう。

松本隆「なぜ「『風街』なのか」

投稿者 orangepeel : 03:48 AM | コメント (2)

August 16, 2005

うさぎ!

ozaken.jpg

とうとう小沢健二が小説の連載をはじめます。タイトルは『うさぎ!』
ん?アップダイク?

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (4)

August 13, 2005

恋とマシンガン

flippers.jpg

フリッパーズギター『恋とマシンガン』、ビデオクリップ、フルコーラスみれます☆

Clip it ! より。このサイト、なつかしい映像が満載!「ルパン3世」かっこいいな)

投稿者 orangepeel : 10:28 AM | コメント (2)

July 27, 2005

The BIRD

P1030247.JPG
Charlie Parker

P1030248.JPG
Miles Davis

P1030254.JPG
Chet Baker

世田谷区羽根木1丁目あたり、環状7号線沿いの商店はジャズがお好き?自動車修理のガレージや駄菓子屋さんの店先に、なぜか渋いポスターが貼られています。

投稿者 orangepeel : 09:28 PM | コメント (2)

July 25, 2005

台風7号

P1030216.JPG
台風7号、接近中。

ゆうがたのGris Orage(フランスの伝統色:急激な大気の変化によって起る暴風雨の中にあらわれるグレーの色)の空に、遠く新宿のビル群をおびやかす黒くて巨大な雲のてのひら。

写真を撮った直後にパラパラと雨粒が力づよく舗道をたたきつけ、あっという間に街は白い靄にかきけされてしまいました。

ぼんやりとした影がその翼をひろげ
大地を覆いつくした
太陽は顔をだしているのに
どしゃぶりの雨
なりをひそめていたあらゆる生命が
薄暗闇に浮かび上がる

希望もない 理論もない
6月のこんな雨の日には

The Kinks “RAINY DAY IN JUNE”を聴いてみたりして。ロンドンのひとびとは雨の日のゆううつにユーモアをみいだしていたりして。ふったりやんだりだから傘をさすひともすくないですね。しかし、いくらなんでもゴミ用のポリ袋を着てしまうとは・・・・。ビニール入り赤んぼう&うばぐるまには、ホント、ビックリ。

P1030223.JPG
ロンドンはハイドパークちかく、ゆうがたの散歩途中、とおりすがりにスケッチしたのでした。

facetoface.jpg
The Kinks “Face to face”

投稿者 orangepeel : 11:33 PM | コメント (2)

July 23, 2005

This Charming Man

the smiths this charming man.jpg
The Smiths “This Charming Man”

週末の宵の video & music サーフィン?棚からいろいろひっぱりだしてみました。

The Beatles 「If I fell」 はとてもいい曲、ジョン・レノン曲だなあとおもって 「ビートルズがやってくる、ヤア!ヤア!ヤア!」 をチラッと観たのがきっかけ。あれ?「恐るべきこどもたち」 のビデオもあったんだあ、って棚の奥にみつけて。小説はくりかえし読んでるのですが、その繊細でせつない描写とはかけはなれてる映像でちょっとがっかり。なんだか忘れてました。

ジャン・コクトーといえば 「オルフェ」ですね、ジャン・マレエ主演。で、The Smiths の 「This Charming Man 」を聴いてしまいました。

で、やっぱり、めぐりめぐって今の気分は、 The Beatles の「恋におちたら」なんです、ハハ、きまぐれ大王です。

投稿者 orangepeel : 01:59 AM | コメント (0)

July 14, 2005

Marcel Dzama

MarcelDzama.jpg
Marcel Dzama 、2003

BECKの新譜『Guero』 を買いました。夏です、ビールを片手にのんびりと聴きたいですね。とぼけたスリーブデザインがおっかしいな。私にはとても思いつかないビジュアルです。

Marcel Dzamaは1974年、カナダうまれのアーティスト。ちょっとアウトサイダー的、でも、じつはインテリジェントな作風。描き散らかしてるかんじが天才です、べックちゃんの音楽性にぴったりですね。

The Beach Boys 『Pet Sounds』も同時に購入、夏だから☆

beckguero.jpg
BECK『GUERO』

petsounds.gif
The Beach Boys 『Pet Sounuds』

投稿者 orangepeel : 12:58 AM | コメント (0)

July 04, 2005

MEAN STREETS

meanstreets.jpg

くりかえし観てしまう映画「ミーン・ストリート」、おそらくMY FAVORITE CINEMA BEST 10のなかに入るのかも。ミーハーなことを言えば、ちんぴら役の若いころのロバート・デ・ニーロは同じく若いころのポール・ウェラーに似てると思っているのは私だけでしょうか?ニューヨークの荒れたイタリー街で“Saint”とよばれている高利貸しのハーヴェイ・カイテルが主人公なんですけれども。

それより私は勝手に、音楽映画というカテゴリにくくっています。オープニングのロネッツ『BE MY BABY 』でうっとり、ロバート・デ・ニーロがバーでへべれけになってるシーンでローリング・ストーンズの『Tell me』、『Brown sugar』でどっきり☆
もうだめ・・・・ていうくらいかっこいい。ロックですね(笑)。

あ、蛇足ですがMADNESS主演のドキュメンタリー風映画『TAKE IT OR LEAVE IT』をおもいだしました。ロンドンのちんぴらです。こちらもヘビーローテーションなビデオです。

アメリカンニューシネマ好きとしては、マーティン・スコセッシ監督の『タクシードライバー』はもちろんのこと、『アリスの恋』のことなど、また追々書いてもいいですか?

投稿者 orangepeel : 01:23 AM | コメント (2)

June 20, 2005

Party is over

P1030078.JPG
↑ なんてかいてあるの?

リクエストをうけつけてくれるロックバー、新宿Rolling Stone が33年間の歴史をもって閉店してしまいました。紙フェチな私は自分のかきそんじたリクエストカードを記念に。といいますか、いつもきたない字(しかもスペルミスのはげしい)を判読してこたえていただいた社長やDJのかたがたに感謝します(笑)。踊り語らうひとびとは、いつでもしあわせそうだった。私もしあわせでした☆

投稿者 orangepeel : 09:57 PM | コメント (4)

June 16, 2005

The prince of pop

vu.jpg

ポップアートのプリンスといえば、Andy Warhol(貴重な生声が聞けます)。
The Velvet underground やThe Rolling Stones のアートワークでおなじみですね。ヴェルヴェッツのバナナのアナログは愛聴盤ですが、皮はむいてません、もったいないから(笑)。

私はコマーシャルなPRE-POPのイラストレーションが好きなのですが、いつの時代のウォーホルもこわれやすい薄氷をふむようないたいたしさを感じます。カポーティを読んだり、The Smiths を聴いたりするときみたいに。

Pre-pop Warhol

prepop.jpg

投稿者 orangepeel : 11:22 PM | コメント (0)

POP! POP! POP!

strokes.gif
The Strokes “Room on fire”

paulweller.jpg
Paul Weller “Stanley Road”

the beatles.jpg
The Beatles “Yellow Submarine”

PETER! PETER! PETER!
名盤ジャケットのアートワークをてがけるポップアーティスト。3人のピーター。
上:Peter Phillips
中:Peter Blake
下:Peter Max

投稿者 orangepeel : 09:35 PM | コメント (0)

June 09, 2005

リーマンDJ

今年、就職したばかりのフレッシュな友達(元DJ)が、ゆうべ新宿Rolling Stone で一瞬復活しました。MC入り動画。(microjournalに戻るときは、ブラウザからお戻りください)

新宿Rolling Stone は今月18日をもって閉店してしまいます。ROCK好きなら一度はいかなくちゃね☆

投稿者 orangepeel : 08:06 PM | コメント (8)

June 06, 2005

MODS

vans.gif

とつぜんですが、私は『スニーカー』というものが似合いません。なぜなぜ???っていうくらい、こどもの頃から似合わないんです。小学生ではマラソン上位、バレー部(ほとんどサボってました・・・)の中学生の頃は、アディダスなんか親に所望してた、ちょこっと体育会系(?)な私なのにな。

というのはどうでもいいんです。かっこいいなあ、『VANS』のTWOTONESシリーズのデッキシューズ。夏のビーチにぴったりですね。自分が男の子だったら、白黒のスリップオン!MODSっぽくはきこなしたいです☆

投稿者 orangepeel : 01:50 AM | コメント (0)

May 24, 2005

ROCK オタク

george.gif
George Harrison in SNL ? !

1970年代なかばから、米NBCで放送されていた『サタデー・ナイト・ライブ』。ロックファンには見逃せないプログラムでした。毎週土曜日、ロック界の超ビッグスターがコントなんかしてたりして。もしかして日本でも一時期、テレビ東京かなにかでほぼリアルタイムに放送されてたりして?
人気キャラクターといえば、ブルース・ブラザースやウエインズ・ワールドですね、映画でもおなじみ。当初はアメリカ版『モンティ・パイソン』ってかんじだったのかしら。

最近、映画版『ウエインズ・ワールド』を観て大笑いしたのでした。Excellent !!!!

投稿者 orangepeel : 01:20 AM | コメント (2)

May 19, 2005

Harry Ainscough's Liverpool

gallery-e.jpg
Minera Street 13 July 1967 『 Harry Ainscough's Liverpool 』

gallery-f.jpg
Springfield Street off Soho Street July 1967 『 Harry Ainscough's Liverpool 』

ひさしぶりに音楽雑誌を買ってみて読んだ、OASIS、ノエル・ギャラガーのインタビュー。「これでも新人発掘用自主レーベル(サワー・マッシュ)の経営者だからね・・・中略・・・実は最近リヴァプール出身のシャックっていうバンドとも契約したばかりなんだ。今年の暮れ頃までには連中の新作もサワー・マッシュから出すつもりだから、応援してやってくれよな」

Shack は、1980年代にうつくしい名作アルバムを何枚か残したPale Fountainsのマイケル・ヘッドが弟のジョンと結成したバンド。かつて待望の来日を果たしたし、数年前まで英国に住んでた友人も何度もライブに足をはこんだって・・・・、新人どころかインディポップのカリスマですね(笑)。

Shack (& Pale Fountains )は、The Smiths とならぶ、カヴァージャケットの写真使いのセンスの良さ。最新作“Here Tom with the weather” は、1960年代リヴァプールの変わりゆく街並みや市井のひとびとを撮影した写真集『 Harry Ainscough's Liverpool』から。英国版アッジェ?おなじく1960年代のイギリス映画『土曜の夜と日曜の朝』を連想します。というか、Pale Fountains の名曲 “From across the kitchen table” のタイトルフレーズは、アラン・シリトーの小説『土曜の夜・・・・・』から引用したって、かつてマイケル・ヘッドが rockin'on 誌のインタビューで語っていました。

投稿者 orangepeel : 11:41 PM | コメント (0)

May 18, 2005

印刷物オタク

R.E.M.OSAKA.jpg
R.E.M. poster , Osaka
R.E.M.1.jpg
R.E.M. Poster , Manchester

フィラデルフィアのアートディレクター、The Heads of State のグラフィックが好きなんです。’50〜’60年代のスタイルを踏襲しつつもモダンでシンプルなデザインがステキなユニットです。紙ものコレクター&印刷物オタクだそう!友達になりたいわ。R.E.M.のワールドツアーのポスターをてがけています。
あの〜・・・・、大阪公演でのポスター(Manchester 公演ならさらにいうことなし!)、もしどなたかお持ちでしたら、ゆずってください・・・・☆

投稿者 orangepeel : 12:52 AM | コメント (0)

May 17, 2005

rockin'on

rockinon.jpg
“Rock in RollingStone” Shinjyuku,Tokyo is now introduced on
rockin'on Magazine '05 june

ティーンエイジャーの頃購読していた、rockin'on誌のインタビューで誰か英国のアーティストが語ってました。「日本では、こどもしかロックを聴かないって?じゃあ、普段、みんな何を聴いてるの?」って、たしかそんなことを。ふーん、外国では大人もロックを聴くんだ、ミーハーなことではないんだ、って納得しました。

さてさて、じゅうぶんいい大人ですが青春をこじらせてる(笑)私は、先週末に新宿ローリングストーンでたのしみました。元Rolling Stone DJ , 現 rockin'on 編集長、山崎洋一郎氏がゲストで足の踏み場もないほどの大混雑。幅広い年齢層と国籍のひとびとでにぎわってましたよ。

投稿者 orangepeel : 09:08 PM | コメント (0)

May 11, 2005

SONGS FOR SILVERMAN

benfolds.jpg

完成度が高いニューアルバム BEN FOLDS 『SONGS FOR SILVERMAN』 は、我が家のヘビーローテーションです(サイトで試聴できます☆)。音楽性そのままのベン・フォールズ写真展を観てきました。

レコーディング中のスタジオとの往復やツアー中のホテルで撮影された日常のモノクローム写真です。1950年代から裏庭に放置されたままの車。スタジオにむかう途中、昆虫の視点になって寝転んで撮ったチューリップ。さすがにこのときは、とおりかかったエンジニアに「バカはやめろ」と拾われたそう。
「味気ないホテルの家具には、どこか悲しさがある、そう思うのは僕だけ?」窓にかかるベネチアン・ブラインドはシンメトリーなクールなショット。「ツアーで疲れたときには頭を空っぽにして、トランス状態で左右対称の物を凝視する。それで、正気を失わずにすむんだ」
そうそう、アルバムのカヴァー写真はセルフポートレイトですね。

昨日からエスキス表参道2階にて展示。5月16日(月)までです、急いで!入場料無料。

チューリップ、で思い出して(ベン・フォールズとは関係ないけど)、その足で神田『北沢書店』に。第一詩集“Tulips and Chimneys”もおさめられた e.e.cummings のアンソロジーを購入しました。原書も手元においておきたくて。またまた散財。ちなみに『北沢書店』は洋書専門店で、洋書独特の紙のにおいと天井の高い書棚としずけさが、外国の本屋さんにいる気分になります。ついでに自分がどこかの学生街の文学少女(笑)になったつもりになります。

まだまだ、休暇が終わっていないようないちにち。

e.e.cummings のサイン↓ 
e.e.cummings.gif

投稿者 orangepeel : 09:28 PM | コメント (0)

April 26, 2005

Everything Under The Sun

P1020699.JPG

暗雲がたちこめてシャワーのような雨の午後、ベランダでボーッとしてみたら不思議にいい気分でした。カミナリの轟きにさけぶ下校途中のこどもたち。バス通りのイチョウ並木が芽吹きはじめて、雨にうたれたちいさな葉の緑がかがやいてました。夕方には太陽が顔をだして。

写真は、シーズンの喧騒をまつビーチパラソル。ブライトンにて。

今夜のBGMは、The Ronnettes “Everything Under The Sun”です。『The Best of The Ronettes』より。大仰なラヴソング、大仰なアレンジ(笑)。春の雨をあびながら、ひたってみるのもいいですね。あ、そういえば、“Walking in The Rain”もいい曲ですね。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

April 23, 2005

Rock in ROLLING STONE

よくあそびにいくクラブ(というかほとんど居場所です:笑)といえば、新宿ローリングストーンです。美術学校時代、友達につれてかれたのがはじめてでした。思えばそのあとは、ロック好きというか、さびしがりやでかよってたのかも(笑)。

6月18日で、33年間の歴史をもって幕を閉じるそうです。リクエストがかかりますよ。たのしいです、ぜひ経験を☆

投稿者 orangepeel : 02:42 AM | コメント (0)

April 18, 2005

CRAWDADDY!

No_8.jpg
“CRAWDADDY” #08 『The Kinks 』 Issue(1967)

古書店のダンボールに無造作にぺラ〜ン、と入っていて、思わず手にとったアメリカのROCK MAGAZINE “CRAWDADDY!”。1968年のが2冊、手元にございます(紙フェチなのです:笑)。文字ばっかり、アーティストのグラビアもない、まったくグラマラスではない雑誌なんです。編集長、Paul Williams が1966年に若干16歳(!)ではじめたインディペンデントなロック誌。サイトのほうでも、リアルな音楽評が☆

Paul Williams氏は、ボブ・ディランの評伝で有名なんですね。

Hey Mr. Tambourine Man
Play a song for me
I'm not sleepy
And there a'int no place I'm going to
Hey Mr. Tambourine Man
Play a song for me
Take me for a trip
Upon your magic swirling ship

という今夜のBGMは、The Byrds “Mr.Tambourine Man” です。Bob Dylan 作。

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

April 12, 2005

CONTEMPORARY PRODUCTION

アート・ディレクター、信藤三雄氏のインタビュウにワタクシの名前がでてきてびっくり。以前、フリッパーズ・ギターのお仕事をさせていただいたことがござました。そのほかにも、いろいろお声をかけていただいております。

コンテムポラリー・プロダクションは、松任谷由実やピチカートファイヴ、コーネリアスなどのアートワークをてがけています。音楽好きなみなさまならご存知のことですね。

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (4)

April 08, 2005

Nostalgia

P1020603.JPG

P1020604.JPG
Illustration by Hiromi Suzuki

春の服をとりだしていたら、クローゼットの奥からずっとさがしていた The Modern Jazz Quartet“ DJANGO”をみつけました。タイトル曲は、ジプシーの血をひくベルギーのギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの死(1953)を悼んで、ピアノのジョン・ルイスが作曲。ジャズにはまったく詳しくないのですけれど、知的でクールなこのアルバムが大好き。ミルト・ジャクソンのヴァイブもメランコリックです。行ったことのない秋のニューヨークを想いました(せっかく暑苦しいコートやセーターをしまったばかりなのに:笑)。

ああ、そしてそして。M.J.Q.のリスペクトを受けたDjango Reinhardt 。楽器のなかでとりわけギターが好きな私は、仕事の合間によく聴きます。パリの香り、デラシネの繊細さとふてぶてしさが楽しいのです。

ところで、上のイラストレーションは、ついでにでてきた美術学校時代の私のふるいタブローです。なにかのコンペに出品した形跡が(記憶がうすれています・・)。しかし、どうみても Wendy Smith描くY.M.G.、WEEKENDのジャケットデザインからの影響は否めませんね(笑)。

P.S.このエントリをつくりながら、NHK総合の「トップランナー」再放送をみていました。ハナレグミがゲストでした。ラジオからながれてくると、ふと筆をとめて聴きいっていた『サヨナラCOLOR』。ギター1本でのライブにきょうも泣いちゃいました。

と、クローゼットの引き出しをきっかけに音楽の話題をつらつらと。

投稿者 orangepeel : 01:21 AM | コメント (0)

April 04, 2005

A Fine Day

ggh.jpg

週末はいいお天気でしたね。でも夜更けになって雨音が。あしたは、Rainy Mondayなのかな。日曜日のおわりに聴きたい“A Fine Day”(2003)です。ミニマリストのコンピレーション。Cherry Red Records より。

2年ほどインディポップ誌(一応、全国誌)に音楽評を書いていました。っていうか、現在のワタシの文体そのままで笑います。そのまま転載。

Grab Grab The Haddock “ Tree Songs By・・・・・・・”( Single)

パリはいつでもお天気雨なのかな、とマンレイの初期の写真(無題、雨の日のパリの風景)を見て、思ってしまいました。パリに憧れてやってきたアメリカ青年の眼には、いつでも光に満ち溢れた街が映っていたんです。グラブ・グラブ・ザ・ハドックのシングルは、少女たちが深海魚になって街を徘徊しながら、つぶやいている“3つの唄”です。ロンドンの煤煙のとぎれとぎれに、時折さし込む埃まみれの薄細い光を待ち焦がれているような夢見る魚たちのうつろな歌声なの。というG.G.H.は、トレイシー・ソーンの抜けたマリンガールズが作ったバンドです。

投稿者 orangepeel : 12:53 AM | コメント (4)

March 24, 2005

One Fine Day

P1020523.JPG

きょうの空は真夏の入道雲みたいでした。

あちこち行ったり来たりして、おちついて作業をはじめた夕暮れに突然、窓をたたきつける雨が。今は降り止んでいるようですけど、海からの風が湿ったにおいをのこしています。

いちにちが終わるようです。

BGMはCarole King “One Fine Day”です。夏休みのはじまりの朝にラジオから流れてきて心がはやりました☆って、気がはやい話題ですね(笑)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

March 13, 2005

机の上から・6

P1020471.JPG

絵コンテ帖です。トップページをあたらしくしました。

実家からひきとったレコードがダンボール2箱、PCデスクの足元にあります。ほとんどがロックとふるいポップス。日本ではネオアコとよばれているジャンルも多いです。

The Smiths はシングルをちょこちょこ集めてました。ポートレートにただ THE SMITHS の文字がはいるだけのシンプルなデザインがかっこいい。“The Boy With The Thorn In His Side”(心に茨を持つ少年)はトルーマン・カポーティが跳ねているジャケ写が妙にせつなくて。

カポーティは少年を主人公にした『草の竪琴』や『遠い声遠い部屋』などのゴシックな小説も好きですが、ノンフィクション・ノベルとよばれる『冷血』や『カメレオンのための音楽』のようなクールな筆致にはぞくぞくします。真夜中に連続殺人犯のルポルタージュを読んでいてリアルさに背筋が凍りついて、翌朝めざめてもその呪縛がとけなかった。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:35 AM | コメント (0)

March 11, 2005

Brown Eyed Girl

P1020469.JPG

Van Morrison“Brown Eyed Girl”を聴いてます。こういう曲すきです、ふとラジオから流れてきて一緒に口ずさみたくなるような。カラオケで歌っちゃおうかなあ。歌詞つきです☆
あ、そういえばワタクシのこちらのページでも書いてます。

写真は英国ブライトンの埠頭で撮りました。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:22 AM | コメント (0)

March 09, 2005

Ticket To Ride

P1020460.JPG

きょうはいちにち部屋にこもって作業をしていたので気がつきませんでした。街はもう春なんですね。

コピー機のメンテナンスのひとが開口一番「きょうは暑いっすよ!」って、ああそうですねえ、もう3月なんですねえ・・・。「自分はジャケットの下は半ソデっすよ!」って。帰り際にちいさなペットボトルの冷たい烏龍茶を渡しました。私のセーター姿を暑苦しいと思ったにちがいないっすよ(笑)。

どこかちょっと遠いところにでかけたいですね。写真はきのうに引き続きロンドン。Kings Cross街角の帽子屋のショーウインドウを撮りました。キングスクロス駅はユーストン駅と並んであります。マンチェスターやリヴァプールへの長距離列車が発着するターミナル。南の海岸、ブライトンへむかう郊外電車もでています。ユーストン駅はThe Beatles映画『A Hard Days Night』の冒頭シーンで有名ですね。キングスクロス駅は『ハリーポッター』で。(『世界の車窓から』風に:笑)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

March 03, 2005

North Marine Drive

benwatt.jpg

昨日の瓶詰めチェリーで思い出したわけではないのですが。

英国のレーベル、Cherry Red といえば Everything But The Girlですね。ドラムン・ベースのDJとしてのイメージがつよい Ben Wattですが、デビューアルバムは弱冠20歳の頃のもの。“North Marine Drive”の全曲をちょこっとづつ試聴できます。早熟な知性と、うらはらなセンシティヴィティ。青春の終り。エコーのかかった遠い歌声が耳にせつないのです。海風が頬につきさす冬とはもうすぐお別れですけれども。

今は雨ですが、これから雪になる予報。

追伸:ジャケットの寒そうな海岸はブライトン?ブラックプール?英国の海岸の写真はワタクシのこちらのページでもおたのしみいただけます☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

February 10, 2005

名前の由来

P1020344.JPG

バスで新宿にでましたら、デパートではヴァレンタインのチョコレート売場が騒然となっておりました。

昨日エントリした『金柑』は、ビターなチョコレイトでコーティングしたらいかがでしょうか?手作りっぽくて素敵ですね(私自身ためしていないので、成功率は保証できませんけれど・・)。ほら、オレンジ・ピールとダークチョコをくみあわせた大人の味は人気ですしね。ドライフルーツは苦手なのですが、オレンジ・ピールのはいったお菓子は大好きです。マティーニの最後の仕上げにしぼるライムの皮とおなじく、ほのかに香りを残すかくれた主役といいますか・・・。わが社名ORANGEPEELは、そんなイラストレーションを描けたらなあ、という希望で名付けました。それと(以前にも申し上げましたが)、グラスゴーの果汁たっぷりみずみずしいバンド、ORANGEJUICE にもちなんでいるのです。上の写真はエドウィン・コリンズ初来日の際の直筆セットリストです。帰り際、前を歩いてた見知らぬ男の子が突然「これ、やるよ」ってくれたのをずーっと宝物にしてるのです(笑)。

名前の由来といえば、我が家から新宿にむかうバスに乗っていて気になるのが停留所の名前でした。『六号通り』とか『七号通り』とか。その数字の意味は何なのかしら・・・・?調べてみれば単純なことでした。

東京都民の水がめ、淀橋浄水場は1960年代まで現在の新宿中央公園のあたりにありました(その後東村山市に移転)。西新宿〜杉並区和泉まで、水道道路といわれているバス通りはその名のとおり、かつて新玉川上水だったのです。その水道にかけられた橋は、新宿から西にむかって『一号橋』、『二号橋』と順番に名付けられたとのこと。

私はよく、六号通り商店街と十号通り商店街を利用します。
それは、かつて橋の上にたった市のなごりなのでしょうか。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 01:46 AM | コメント (0)

February 06, 2005

Bizzare Love Triangle

prince of wales.jpg
Devine & Statton “The Prince of Wales”

cardiffans.jpg
Devine & Statton “Cardiffans”

New Orderの新曲 “krafty”を試聴できます。いつもどおりのニューオーダーですね(笑)。

もとYoung Marble Giants, そして、Weekend のアリスン・スタットンのユニット、Devine & Statton “The Prince of Wales ”は、スリーブデザインがとてもうつくしいコラージュで☆
何年か前のライブもとてもよかったですよ、きゅうっ・・・となりました(笑)。

ニューオーダーの“Bizzare Love Triangle”をどこかせつない歌声でアコースティックにカヴァーしてるのです。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

February 05, 2005

Biscuits & Balloony

Biscuits & Balloony

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:54 AM | コメント (0)

January 31, 2005

Sly & The Family stone

sly.jpg
Sly & The Family stone “The Essential Sly & Family Stone ”

今日はちょっと原稿料が振り込まれましたので、地元笹塚の駅前古書店によってみたら、灯台もと暗しでした、神田よりとてもリーズナブルに’60〜’70年代の“LIFE”が手にはいりました。創作意欲が湧く、というものです。

灯台もと暗し、というよりは・・・。いまさら気がつくなんてバカみたい、何年生きてきたのでしょう?!Sly & The Family stoneをあらためて聴いておもいました、なんてカッコいいんだろう☆もうダメ、へろへろになりました(笑)。

ワタシのテーマソング?といってもいいほど大好きな “RUNNIN’AWAY”は、The Raincoats や Colour Field のカヴァーでは知っていたのに、本家本元がスライだなんて・・・。「逃げ出し、かけだし、HA,HA,HA,HA,夜も昼もゆううつで、HI,HI,HI,HI・・・」って、ユーモラスで軽快ですけど、じつは借金取りに追われてる曲なんですね・・・・(笑)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:44 PM | コメント (0)

Belle & Sebastian

belle and sebasuyian.jpg

スコットランドの雑誌『The List』の歴代ベスト・スコティッシュ・バンドにえらばれた、Belle & Sebastianです。(orange juice がはいってないわ!wet wet wet、simple minds か・・・とほ:笑)

ここ数日凹むことがつづきましたが、現代のナイーヴポエット、DIY主義のベルセバを聴いて立ち直りました。単純な人間なんです。詩と曲のうつくしいとりあわせは、The Beatles やS&G、 The Smithsを彷彿とさせます、と申し上げるとほめすぎかもしれませんが、いいおとなが内気でもいいんだ・・・ってちょっとEXCUSEをいいただきました(笑)。

“Wrapped up in Books”(こちらでPVをご覧いただけます)「ぼくたちの間柄は夢のなかの恋。ぼくたち感情的にもならなかったし、そんな勇気もなかった。ふたりの野望は本のなかにしまわれている・・・・」ステュアートはバンド活動の合間に、本をかいたり写真を撮ったり、グラスゴーの不機嫌できままな天候にふりまわされたりして過ごしているそうです。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 08:17 PM | コメント (0)

January 25, 2005

大人になりましょう☆

P1020318.JPG
タバコは吸わないけれどなんとなく集まった灰皿と、あまり用のないペーパーウエイト。
ちょっと大人(オヤジ?)なコレクション。

明日からお天気がグズつくとか。関東はまた雪になるのかな。充分いい大人なのに大人になりきれない私はときどき自分がイヤになりますが、雨や雪ならどこへもでかけず、Virginia Astley(HaHa! じつは灰皿:Ash tray とかけてみました・・・オヤジ)を聴きながら内省的に仕事をしましょう。透明なうたごえがつめたい空気をふるわせます。彼女自ら演奏するピアノとオーボエの曲“Hiding in The Ha Ha(Rough Trade,2003)”をちょこっと試聴できます。ヴァージニア・アストレイは英国ミドルクラスの芸能・音楽一家の生まれで、義理の兄はあの The Whoのピート・タウンゼントだそう。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:01 PM | コメント (0)

January 23, 2005

リアリズムの宿

realism.gif

愛読書の漫画といえばつげ義春(女らしくないですわね:笑)の『リアリズムの宿』をもとにした映画をかりてみました。原作のなさけなさを踏襲しつつも、映画もまた日本版ロードムーヴィー『ストレンジャー・ザン・パラダイス』という誉め言葉をかかげてワタシのお気に入りです。冬の鳥取の海岸ロケもきゅうっ・・・ときます。さいごに流れる曲、くるり『家出娘』もぴったりです☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 02:20 AM | コメント (0)

January 21, 2005

David Stone Martin

davidmartin.jpg

村上春樹の小説「トニー滝谷」では、主人公が中古盤屋を呼びつけて父親の古いジャズのレコードに値段をつけさせたら小型自動車が買える値がついた、というくだりがありました。

もちろん、私はまったく熱心なジャズのリスナーではないしコレクターでもありませんが、ふるいブルーノートなどのグラフィックデザインには目がありません(こういうものにかんしての買物依存症かも:笑)。以前、ロンドンに旅行した際、カムデンのヴィニルショップで大量のジャズグラフィックポスターを購入してしまいました(飛行機のなかでも、ずーっと大切にかかえておりました)。そのなかでも、タイム誌の表紙でもおなじみのイラストレーターDavid Stone Martin のポスターはたからもの(ヴィンテージ・ヴィニルのサイトで何点かカヴァーデザインをご覧いただけます)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

January 14, 2005

テイタム・オニール

tatum.jpg

じつは、スピッツの新譜『スーベニア』を胸をきゅうっ・・・・とさせて聴いてる昨日今日なのでした(笑)。歌詞とは関係ないような気がするタイトル『テイタム・オニール』は軽快なたのしい曲。テイタム・オニールといえばデビュー作のピーター・ボグダノビッチ監督映画『ペーパー・ムーン Paper Moon (1973)』はライアン・オニールとの親子競演です。10歳にして達者な演技、こまっしゃくれて生意気なかんじもいいですね。大切なものを箱にひそませて持ち歩いてる小物設定は『アメリ』へとつながっていくのです。ああ、草野マサムネのあこがれの女優なのかしら。そういえば父親がむかし映画雑誌のテイタムを見て「かあいいなあ☆」ってつぶやいてました。キュート、ってテイタム・オニールみたいな女の子のことなの?
ピーター・ボグダノビッチ監督は『ラスト・ショー The Last Picture Show(1971)』も胸がきゅうっ・・・となる映画なんです。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:19 PM | コメント (0)

January 13, 2005

Lemon Jelly

lemonjerry.jpg

Lemon Jelly 『'64-'95』を購入しました。仕事場がロンドンのクラブにはやがわり♪なアルバムです。イラストレーター的には(笑)、ビジュアルセンスも気にいっておりまして。ってあたりまえですね、グラフィックデザイナーとしてもロンドンの広告業界で活躍してるのですから。1stアルバム『Lost Horizons』も牧歌的でキラキラ☆なかんじがおすすめです。おととしの夏、よくベッドサイドで聴きながら涼んでおりました。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 07:01 PM | コメント (2)

January 09, 2005

The Postal Service

the postal service2.jpg

きのう、下北沢のクラブでかかっていたThe Postal Serviceに心をわしづかみにされました(笑)。ああ、もうダメ、胸がせつなくなるメロディなんです、そしてちょっとなつかしいきもちになるエレクトロ・ポップ。あしたさっそくアルバム買いにいこう。とりあえず、“Such Great Heights”を聴きましょう。ちなみにまぎらわしいユニット名、アメリカ郵政公社から訴えられているそう、許してあげて・・・・☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

December 26, 2004

Christmas Party

P1020238.JPG

クリスマスの夜はたのしかったです。下北沢で皆でいっぱいおいしいものをいただき、くだらない話をし、新宿でR.E.M.やHAPPYMONDAYSで踊ってしまいました(笑)。写真は新宿ROLLING STONEのスタッフ、可愛いユウコさんとカッコイイケンジ君です。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:11 AM | コメント (0)

December 15, 2004

夢見る頃をすぎても

LIFE.jpg

気がつけば我が家の前のいちょう並木も、このところの寒暖差ですっかり黄色く色づいていたのでした。それで思い出したわけでもないのですが、「いちょう並木のセレナーデ」を含めた小沢健二のアルバム『LIFE』が最近のお仕事の際のBGMでして。現在、某食品メーカーのCMに「愛し愛されて生きるのさ」が使用されてますね。もう10年前のCD、「フリッパーズ・ギターって何?」なんて言ってた友達も「小沢君☆」って騒いでたなあ。私は、もうこのころからすでに夢見る年頃ではなかったから(笑)、胸をキュン!とさせてリアルに聴いてるだろう若い恋人たちを横目に嫉妬しつつときおりくちずさんでみたりしてたのでした。 rockin'on JAPANの「小沢健二2万字インタビュー」はおもしろかった。インタビュアーは当時編集長の山崎洋一郎氏です。秀才&天才くんの生意気かつ暗い青春暴露記事、なつかしいなあ。自分たちを「華麗なるギャッツビー」にたとえたり、オリーブに載った女の子の部屋にいったらマルグリット・デュラスの本があってムカついたり、のエピソードが個人的にツボなのです・・・・。それよりも、全編ブローティガンの引用でなりたっているオザケンのうつくしいノートをみてみたい!!どうしてかって、ワタシもブローティガンの詩をノートに書きうつしたりしてたから(いえ、凡人の手慰みでね)。私のノートはその後、自分の言葉を綴る一冊になっております、ハハ、まったくもって夢見る季節はおわってないのです。もう、開き直り(笑)。

ところで、クリスマスがちかづくとマンション付近西新宿・都庁上空がヘリの音で騒がしいのです。夜景をたのしむヘリコプターのナイトクルーズ。ちょっと、バブリーだけどロマンティックなのかな。休日の夕暮れにベッドで本を読みながらついうたたねをしてると、「地獄の黙示録」さながらの戦場の夢をみて悪い汗をかいて飛び起きてしまう。私にとってはロマンティックではないのです(笑)。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 12:06 AM | コメント (0)

December 13, 2004

Kylie

ultimatekylie.jpg

永遠にセクシーなミューズ。“ I Believe In You”の振り付け(笑)をおぼえたいワタシです。こちらでPVを。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

December 11, 2004

R.E.M.のPV

REM2.jpg

来年3月に10年ぶりの来日をはたすR.E.M.です。PVのほか、インタビュウやLIVE映像もフルコーラス視聴可☆そのほか、画面上部のARTIST BROWSE(アルファベット)でお好みのアーティストのPVも存分にたのしめます。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 07:35 PM | コメント (0)

December 05, 2004

JUST LIKE HONEY

justlikehoney.bmp

12月だというのに台風?という予報でしたがたしかに今日は雨。「ロスト・イン・トランスレーション」を借りてまいりました。東京という異国でとまどう男女の孤独感がツボでした(パークハイアットがふんだんにロケされててウレシー)、ソフィアコッポラの自伝的映画なのかなあ、と思いました(女優としても写真家としても認められなかった、失礼、しかし偉大な父を持つ女の子)。じつは最後のシーンでかかった曲、JESUS&MARY CHAINの“JUST LIKE HONEY”がとてもツボだったので、泣いちゃいました。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 12:40 AM | コメント (0)

November 25, 2004

THE CHANG

February 27, 2004 「タイトルで切なくなる」のエントリに本日コメントくださった、THE CHANG FAN'S WEB SITEの管理人松本様どうもありがとうございます。「今日の雨はいい雨だ」はホントにいい曲だ☆
雨がふるたびに引っ張りだしくりかえし聴いているのです。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

November 13, 2004

The Pastels

pastelshorse.gif

グラスゴーのアンチ・トラディショナリスト、The Pastelsは結成からもう20年近くたっているのですね。脱力系インディポップバンド。やる気のなさは活動状況にもあらわれていて。ギター、ヴォーカルのスティーヴン・パステルはバンド休止の期間中、図書館司書をしているそう。しかしインタビューでは「僕らには優しさとか壊れやすさだけでなくタフな面がある」とたのもしい発言をしています。そうそう図書館を舞台にしたリチャード・ブローティガンの風変わりな恋愛小説「愛のゆくえ」の、不器用だけどいちずな主人公の青年を思い出したりして(笑)。
ジャケットのアートワークもメンバーによるもの、まさにDIYなバンドなのです。イラストレーションのものをあつめてみました。パステルズだけど水彩や切りえづかいが多いのかな。どうぞゆっくりとなごんでください☆

banner_orange.gif

pastels1.gif

pastels2.gif

pastels3.gif

pastels4.gif

pastels5.gif

pastels6.gif

pastels7.gif

pastels8.jpg

pastels9.jpg

pastels10.gif

pastels11.jpg

pastels12.jpg

pastels13.jpg

pastels14.gif

タイトルは上から
“Worlds of Possibility” on Domino - RUG 36 (12"+CDS), June'95.
“Mobile Safari” - on Domino Records WIGLP 17 (LP+CD), Feb'95.
“Yoga” on Domino - RUG 28 (12"+CDS) 24.Oct'94 .
“Yoga” on Matador - (7"+CDS) '94 .
“Olympic World of Pastelism ”Domino - RUG18 - (7"+CDS) '94.
“Thank You For Being You” - (7") on Rough Trade Records Germany, '93.
“Thru' Your Heart” on Paperhouse Records - PAPER 011 (7"+12"+CDS) 11.Nov'91.
“Up For A Bit With The Pastels” on Paperhouse Records (LP+CD) Oct'91.
“ Speeding Motorcycle” on Paperhouse Records - PAPER 008 (7"+12"+CDS) Sep'91.
“Jad Fair And The Pastels - This Could Be The Night” Paperhouse Records - PAPER 013 (12"/CDs) '91 .
“Different Drum” on K-Label Vol.16 (7") '90 .
“Baby You're Just You” on Chapter 22 Records - CHAP 37 (12") Mar'89 .
“Crawl Babies” on Glass Records - GLASS 050 (7"+12") Feb'87.
“Truck Train Tractor” on Glass Records - GLASS 048 (7"+12") Jun'86 .


投稿者 orangepeel : 07:06 PM | コメント (0)

November 10, 2004

The Pale Fountains

palefountains.jpg

バート・バカラック好きな英国音楽家は数多くいますね。OASISのジャケットにもちらりとポスターがうつってました。カーペンターズ名曲「CLOSE TO YOU」は大好きな切ない曲。みなさま、Michael Head氏をごぞんじですか?現在SHACK名で活動中。PALEFOUNTAINS時代の美しいキラキラギターポップの名曲はこちらで存分おたのしみいただけます☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (2)

October 26, 2004

Cul-de-Sac

P1020076.JPG

P1020078.JPG

P1020081.JPG

雨の日のゆうぐれには失われた川のあとを散歩します。地面をはう雨水がざあーっと、まるでかつての流れをおもわせるように狭い路地で私の足をぬらすのです。高度経済成長期以前の渋谷区ののどか(であっただろう:想像)な武蔵野風景におもいをはせてみるのです。幡ヶ谷3丁目の暗渠はとてもいりみだれていて、袋小路がひとびとを混乱させます。今日のBGMは、はっぴいえんどの「はっぴいえんど」、通称“ゆでめん”(林静一さん描くジャケットに「ゆでめん」の文字の看板があることから)。「風街ろまん」は春から夏にかけてのイメージ、秋冬にはやはり“ゆでめん”ですね。
で、本日のお夕飯は、あたたかいおうどんにいたしましょうか(笑)。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 06:12 PM | コメント (0)

October 15, 2004

Caught In Flux

cif1.jpg
Caught In Flux,print issues, 1993-1999

Mike Appelstein氏って、インディポップ界のカリスマライターなんですね(驚)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

MY FAVORITE BLOG #03

昨日、“The View from her room”(AUGUST 25,2004)のエントリにコメントくださったMike Appelstein 氏のブログ“HOT OUT HERRE”です。The YOUNG MARBLE GIANTS のサイト、Web Cardiffians: the Young Marble Giants archive の管理人です。ワタクシ新発見をしてしまったらしいです。
たしかに、あのジャケット写真はAlison本人だとおもってる方が多いのでしょうね。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 01:23 AM | コメント (0)

October 11, 2004

HAPPY BIRTHDAY

EDWARDLEAR.gif
EDWARD LEAR'S A BOOK of NONSENSE(1846)

10月9日はジョン・レノンの誕生日でした(ワタクシも同じてんびん座なんです:笑・・・)。ジョンはリヴァプールのアートスクール出身。みなさんごぞんじかもしれませんが、デッサンと詩は、EDWARD LEAR'S A BOOK of NONSENSEに影響されてるといわれてますね。もちろん私にとって、リアの絵本も愛読書、といっても、本棚にあるのは1870年エディションカラー版の、さらに復刻版なのですけれども。

しかし、ながい雨、ですね・・・・・。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 02:25 AM | コメント (0)

October 07, 2004

POSTCARD

postcard.jpg

“The sound of young Scotland”、 POSTCARDレーベルは、80年代初めに産声をあげたインディペンデントレーベルでした。ギターポップの宝庫。上のポストカードは、シングルの付録だそう。こういう、かわいいちいさなサービスがあこがれで、私も真似したかったのでした。わが社名ORANGEPEELは、このレーベルのバンド、ORANGEJUICEにインスパイアされてかんがえました。かのMOTOWNも、かつてはインディレーベルだったとのこと。みずみずしさをたたえた感性をいつまでも。
あ、POSTCARDのかくれた雄、JOSEF.Kのサイトのオープニング、非常にかっこいいです。

ランキングサイトに登録してみて、2週間ちかく経ちました。今、この文章をかいてる現在、なんと「デザイン・アート部門」で2位!になってる☆うれしいです(笑)。ヒットチャートの順位に煩悶するミュージシャンにでもなったきもち。でも、総合ランキングでは、microjournal、どこにいるの?っていう・・・とほ。さしずめ、ロックでいえば、インディチャート、あるいは、オルタナティヴチャートのランキングかしら?って悦に入ってる今日この頃、それもまた、かっこつけてます。こちらのサイトを気に入ってくださった方、ぜひ投票くださいませ!

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 07:45 PM | コメント (0)

October 06, 2004

Love is like a Merry-Go-Round

P1020010.JPG

P1020013.JPG

P1020011.JPG

blackpoolst.JPG
Photograph:Hiromi Suzuki
Love is like a merry-go-round...(Designed &Published by ORANGEPEEL INC.)

最後の個展から何年経ってしまったでしょう。紙ものが大好きでこのお仕事についた感がありますが、いつのまにか収入があったら自主制作の印刷物に熱中し散財して、ギャラリーをお借りする予算がなくなってしまいました(ああ、それを貯金しておりましたら一財産築けたかも:笑)。今後もたぶん余裕があったらつくります、紙ものを。上の写真は、1996年につくった冊子です。もし、こちらをご覧になられたかた「うちのお店に置いてもいいよ!」とおっしゃられるキトクな経営者のかたがいらしたらご連絡頂ければ幸いです。
ところで、懐かしいワタクシの初個展に出品したシルクスクリーンをなぜか(!)飾っていただいている老舗のロックバー、新宿ローリングストーンです(あ、お店にいかれても探さないでくださいね、かなり昔の絵。ヘタクソ・・・・っていうか、もうないかも?)。このクラブのなにがスゴイか!というのは、なんとDJがリクエストを受け付けてくれるのです!

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:16 AM | コメント (2)

September 30, 2004

Maswell Hill

P1010893.JPG

P1010894.JPG

日本のマズウェルヒル(笑)、渋谷区大山町にて。社員寮とはいえ高級住宅街の中、シンプルでモダンなコンクリート造りが気になる集合住宅なのでした。ひっそりとしたクリーンなたたずまい、前庭の芝生もきれいに整えられていて。どなたが設計されているのか、知る術もございませんが、おそらく'70〜'80年代の建築物?私はふと、Le Corbusierル・コルビュジェ)を思い出したのでした。ところで「レコードコレクターズ」の10月号は、ロンドンはマズウェルヒルのひねくれ者たち、THE KINKS の特集ですね。秋になると聴きたくなるのです、フレイバーティーをいただきながら、ね。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (0)

September 24, 2004

R.E.M.

REM.jpg

まもなく発売のR.E.M.のニューアルバム『Around The Sun』が無料試聴できます、全曲って、ええ?!いいんですか?とりあえず聴いちゃいました。歌詞もよめるし、メッセージもおくれます☆
なんか、内省的な歌詞、ちょっとせつないきもち。っていつものことですね。いま、私のそばでは雨がふってて秋がしのびよっているから、かも。先日ダンボール2箱のアナログ盤を整理してましたら、R.E.M.、結構初期のアルバムやミニアルバムがでてきました。あいにくまだ、ポータブルプレイヤー(笑)の針がこわれてて聴けないのですが。

投稿者 orangepeel : 10:35 PM | コメント (2)

The SPECIALS

inthestudio.jpg
special A.K.A “In the studio ”(2-TONE RECORDS)

THE SPECIALSの前身“COVENTRY AUTOMATICS”なるバンドの音源が発見されたそうですよ(遺跡?苦笑)。

ところで、THE SPECIALSが分裂したのち、TERRY HALLは忘れたころにひょっこりと新譜をだしてくれますが、影のバンマス、JERRY DAMMERSは現在ロンドンで渋くDJをしているとの風のうわさ・・・。SPECIAL A.K.Aの「What I Like Most About You Is Your Girlfriend」のPVはかなり気にいってたのです。ジェリーダマ−ズ演じる奇妙な宇宙人がクラブに出現、カウンターのカップルをひやかすのですが無視されて・・・・。キュートでセクシー(ショートボブでボーイッシュでもある)なイカしたガールフレンドをつれたマッチョな水兵さん(ちょっと頭よわそう)にいうのです「君のもっともいいところってさ・・・君のつれてる彼女!だけだね・・ハハ」。そういって苦笑するジェリーダマ−ズの前歯が、あれ?・・・ない!!ああ、でも私、そんな皮肉屋なJERRYに恋焦がれていたときがありましたわ(笑)。彼のキーボード、じつはすごくカッコイイ!とおもうのです。
さて、くだんの「ガールフレンド」のジャケットです、かわいい♪?#!☆ 

girlfriend.jpg

投稿者 orangepeel : 09:26 PM | コメント (0)

September 15, 2004

TOKYO No.1 SOUL SET

changemymind.jpg

“CHANGE MY MIND”試聴

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (0)

September 14, 2004

祭りのあと

P1010822.JPG

P1010818.JPG

P1010825.JPG

P1010828.JPG

P1010823.JPG

秋なんです(はっぴいえんどの曲タイトルをもじりました・・・・・)。
写真は天祖神社あたり、JR中野駅南口から鍋屋横丁にかけて(中野区中央4丁目〜中野区本町4丁目)。
街(中野が街なのかよくわからないけど)のちょっとした、えあぽけっとなのです。

ユリイカ9月号は、「はっぴいえんど特集」なんです。

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (0)

September 10, 2004

Strawberry Switchblade

since yesterday.jpg

日本でもカヴァーの多いStrawberry Switchbladeの“Since Yesterday”ですが、デモ・ヴァージョンも頼りなげで可愛いのです。去りゆく夏を惜しみつつ、胸をキュンッ☆とさせて(笑)お聴きください。

“Dance(early version of Since Yesterday)”

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (2)

August 25, 2004

The view from her room

weekend.jpg
Weekend“ The view from her room”(ROUGH TRADE:1983)

P1010760.JPG

P1010761.JPG
Andre Maurois “Femmes de Paris”Photos:Nico Jesse(BRUNA & ZOON,UTRECHT:1954)

すこし日がみじかくなって、熱気もほどほどになってきましたね。
先日ご紹介したYoung Marble GiantsのヴォーカルAlison Stattonが結成したWeekendのデビューシングルはボサ味、暑いのは苦手だけど、過ぎ行く夏が名残惜しいワガママなあなた(ワタシ?)にぴったり。
ところで、このジャケットデザインに引用された写真はBRUNA&ZOON,UTRECHT(あのミフィーちゃんのDICK BRUNAの家族が経営する出版社です)より発行された「パリの女」からのものです。写真は、ニコ・ジェス。日本版は、紀伊国屋書店(1959)から。古書店でこの本を見つけたとき「ああ、WEEKENDの・・」とビックリしました。パリジェンヌ、ではなく「パリの女」をリアルに撮った写真集(とテキスト)なのです。恋をする女学生、アパルトマンの女門番や市場のおかみ、アヌーク・エーメやジュリエット・グレコなどの女優や歌手も皆並列に、1950年代を息づいたあらゆる年齢・職業・民族の女性でページが構成されています。
すべての女性がパリを飾る花、とでもいうように。

ちなみに、ちょこりんと写真をのぞいているHONEYBEEたちは、キンダ−サプライズのおまけ。

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (5)

August 15, 2004

Young Marble Giants

Colossal.jpg

お盆ですね、夏の休暇いかがお過ごしですか?

80年代コンピレーションでスーパーカーなどがヤング・マーブル・ジャイアンツをカバーしてるそう。本家本元のYMG、世界の中心で愛を叫ぶのでなく(笑)、世界のへりから皮肉まじりの告白をヘロヘロとアナログにつぶやいているポストパンクのバンドです。クーラーのきいた部屋、あるいは旅先の渓流の木陰で脱力して聴いてみてくださいませ。BBCでのライブが動画で見れます。Stereolabがお好きな方にもおすすめ(なのかな?どうかな?)ぜひヘロヘロと(笑)。ヘロヘロがきもちいいのです。
"N.I.T.A." from the BBC program Something Else, August 26, 1980.
(Requires free RealPlayer

投稿者 orangepeel : 01:27 AM | コメント (0)

August 11, 2004

甲州街道はもう秋?

昨日の夕方、忌野清志郎を見たかもしれない。見たかもしれない、って何だ?(笑)
中野通りと甲州街道の交差点で信号待ちしてたら(うちの激近)、調布方面から颯爽とロードレース?(ツーリング?)仕様の自転車に乗ってて。ちゃんとしたウェア着てて。ふと目があって、「あれ?清志郎さん?」って思った瞬間、顔をそらされてしまって。青に変わったら、ものすごい勢いで下北沢方面に走り去っていきました。ああ、ワタクシ今日はお化粧をしててよかったって思いました(笑)。
RCの曲で「甲州街道はもう秋なのさ」というタイトルがあるそう、早く秋が訪れるといいですね。

投稿者 orangepeel : 01:23 AM | コメント (2)

July 28, 2004

my favorite blog#02

my secret blog

とてもとてもきれいな写真のブログです。
celiaさんのふるさとオーストラリアや現在お住まいのロンドン、そして週末のヘルシンキへの北欧旅行の際の、空や花や建造物の色、清廉でクリーンで・・・(同じ意味だわ:笑)。

ワタクシのブログ、mjとちょっとテーマが似てるかな〜なんて、ずうずうしいですね(笑)。あ、私もTHE GO-BETWEENSを愛聴しておりますが、そんなお気に入り、のページもあります。

投稿者 orangepeel : 01:03 AM | コメント (0)

July 11, 2004

WILLIAM EGGLESTON

primalscream.gif

音楽好きの方には、PRIMAL SCREAMのCDスリーブ写真でおなじみのWILLIAM EGGLESTONですが、私のてもとにある写真集“ANCIENT AND MODERN”(1992刊)はたびたびめくる愛読書でして。オリジナルプリントに接したのは、ニューヨーク近代美術館の企画展“PLEASURES AND TERRORS OF DOMESTIC COMFORT”(1991)にて。写真の見方をはじめて学んだ経験でした。
MOMAにとって(私にとっても?)エポックメイキングな写真展だったのです、っておこがましいですね:笑。

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

July 06, 2004

I SAW THE LIGHT

いまさらですが、TODD RUNDGREN“I SAW THE LIGHT”っていい曲ですね☆
仕事をしながらラジオで聴いて思い出したのです。

私のてもとにはMOOD SIX(CHERRY RED)のキラキラギターポップヴァージョンしかございませんのですが、夕方からずっとくり返し聴いておりました。フフ。

投稿者 orangepeel : 08:59 PM | コメント (2)

June 27, 2004

rain drops fallinig on my head

P1010599.JPG

PC関係のソフトを購入するため、大慌てで下北沢に。
途中、さりげなく窓を放ったフジ子・へミング邸からピアノが聴こえてきて。
ああ、生の本物だわ、得した気分だわと感激しつつ。

写真のキーホルダーは、新しくできた雑貨屋で買いました。

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

June 26, 2004

HAPPY MONDAYS

明日、返さなきゃいけないのにわすれていたビデオ24HOUR PARTY PEOPLE
大慌てで観ました。締め切りがせまっている仕事をかたわらに、気もそぞろで観たので、どこか予想していた感じとちがうような。
ひとりのTVマンの私的な話なのですね。ちょっと「ハイフィデリティ」みたい。
べズさんやニューオーダーのそっくりショーとしては、楽しめます。

投稿者 orangepeel : 12:37 AM | コメント (0)

June 24, 2004

みんなのうた

古書店のダンボールの掘り出しもの、といえば、こんな絵本はいかがでしょうか。

P1010593.JPG

“mon premier livre de chansons”EP盤の付録ありで、お得な気分。表紙絵は、JEAN COLINです。

P1010594.JPG

P1010595.JPG

ミュージカル「王様と私」や「オクラホマ!」のスコアでおなじみのrodgers and
hammerstein
の楽譜。私はこのなかの“happy talk”をこっそり歌ってみるのです。といっても、「南太平洋」を観たことはなく、イギリスのパンクバンド,
the damnedのcaptain sensibleのソロアルバムで知ったのですが(笑)。
“song we sing”というタイトルの絵本。

投稿者 orangepeel : 12:23 AM | コメント (0)

June 11, 2004

comme a la radio

commealaradio.jpg

片付けなければいけない仕事がたまっているのに、こんな雨の日はついつい、ダラダラしてしまうのです。
それでも、大雨の中を用事をすませるために町にでて、ついでに新作ビデオを借りてまいりました。向田邦子原作「阿修羅のごとく」森田芳光監督です。今をときめく魅力的な(さまざまな世代の:笑)女優さんが四姉妹を演じてますね。四姉妹の物語といえば、谷崎潤一郎の「細雪」や金井美恵子「恋愛太平記」など、“女はうまれたときから死ぬまで女”というテーマが共通してます。そして、それを象徴するセリフは最終的に男性によって語られてますね、当惑と賛嘆をもって(笑)。

あ、私の大好きな地蔵のある二股に分かれる辻、さりげないキーワードのようにロケーションされてました。
テーマ曲は、ブリジット・フォンテーヌの「ラジオのように」。ピエール・バルー作。

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (1)

June 07, 2004

Melody

P1010551.JPG

イギリス映画「小さな恋のメロディ」のサントラCDスリーブです。こどもの頃(笑)からの、わたくしの愛聴盤。ビージーズやクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングのステキなソングライティングに満ちあふれています。

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

May 28, 2004

孫?

MADNESSのLee Thompsonが5月にCAMDENDUBLIN CASTLEでライブしたときに、カメラ(Cannon Ixus)をなくしてしまったそう・・・孫娘の大切な写真が入ってるんだって・・
え・ええっ!孫!?

投稿者 orangepeel : 01:42 AM | コメント (0)

May 22, 2004

Greenwich foot tunnel

modanim1a.gif

大きな河のそのまた地底を歩いたことはありますか?

foot tunnel.jpg

ロンドン郊外のテムズ河下を横断する、GREENWICH FOOT TUNNELは、1902年に開通した歩行者専用トンネル。100年以上前のもの、心臓がどきどきしました。走って通過、のつもりでした、がこんなに長いとは!!壁には錆や亀裂が見られ、水滴がにじみだしているんですから!?

THE WHOの2枚組アルバム“QUADROPHENIA”のブックレット写真集にも使われている場所です。

投稿者 orangepeel : 11:38 PM | コメント (0)

May 07, 2004

Classic Rock

thekinks.jpg

音楽トリビア。
ぜひ、クイズに挑戦してみてください。テーマは「British Invasion」。あなたのクラシックロックのムダ知識(笑)をぞんぶんにひけらかしてみて!

ちなみに私は、38%でした・・・。
ぜんぜんダメですね、これではthe Kinksファンとは名のれません・・・・・。

投稿者 orangepeel : 06:59 PM | コメント (2)

May 04, 2004

SUNNY

bobbyhebb.gif

連休のなか日、とてもCLOUDYで強風がザワザワと心を揺さぶる(フッ、ちょっとメランコリックで:笑)変な日でしたね。
最近気に入っているフォルクスワーゲンのBEETLEカブリオレのCMを思い出しました。たぶんヨーロッパのどこかの雨もよいのリゾート地で、無数のパラソルが閉じたまま太陽が顔をのぞかせるのを待ち焦がれている海岸の風景で。さりげなく流れる曲のフレーズと旋律が切ないのです。

オリジナルはBOBBY HEBB「SUNNY」、1960年代のモッズのパーティソングですね。
(Windows media player or realplayer or Quicktimeでちょっとだけ聴けます)       
CMは、あらためて録音したカバー曲だそう。

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

April 18, 2004

This is love

ankyo a 040417.JPG

ankyo b 040417.JPG

世田谷区羽根木から松原にかけての小流跡です。
地図を見ると、羽根木公園の南で北沢川に合流していたよう。
下町の暗渠とちがって、静かな住宅にはさまれて谷間になっており、ちょっとヨーロッパ(笑)の裏路地をおもわせるのです。BGMはなぜかThe GIST「This is love」。散歩をしてて思いがけず昔の川のなごりを見つけると、とてもときめいてしまうから(私だけ?)。そして、この曲は春になると私の頭のなかで、ぼんやりとした独り言のようなベース音を響かせて誘惑するのです。
下の写真は、かつての武蔵野の雑木林の一部でしょうか。
国木田独歩先生にならって、なんでもない風景にも心うごがしてみたりして。

TheGistは80年代初頭にでてきたポストパンクのバンド(日本では、ネオアコといわれてます)。前身のyoung marble giantsも散歩のお供にいいですね。

投稿者 orangepeel : 10:48 PM | コメント (0)

March 24, 2004

空耳アワー

なめ猫The VINESそして空耳アワー

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (4)

March 09, 2004

MADNESS

P1010281.JPG

我が家の時計は、BRITISHRAILWAYSの駅の構内で使われてるものと同じです。

英国の国民的アイドルといえば、こちらも。

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (2)

February 27, 2004

はっぴいえんど

そして、わたしは「風をあつめて」を聴きたくなるのです。
ポータブルプレイヤー(笑)の針をとりかえなきゃ・・・・。

投稿者 orangepeel : 10:29 PM | コメント (0)

タイトルで切なくなる

The Chang「DAY OFF 」を最近よくきいてるのですが。
CD自体は、もう、ずいぶん前のもの?

「春一番が吹いた日」とか、「今日の雨はいい雨だ」とか、好き。

投稿者 orangepeel : 12:02 AM | コメント (1)

February 25, 2004

Nipped in the bud

P1000133.JPG

きょうは、沈丁花がつよい香りを放ってましたね。

春が近づくと、くり返し聴きたくなるアルバムがあります。
「NIPPED IN THE BUD」、つぼみのうちに摘み取る?どこか皮肉なタイトルで。
YOUNG MARBLE GIANTS、THE GISTそして 、WEEKENDのコンピレーション(といっても、それぞれメンバーがかぶっている)です。昨日の続きではありませんが、私は、この中のTHE GIST「LOVE AT FIRST SIGHT」が大好き。列車からおりてくる見知らぬ女の子に、ふと、ひとめぼれしてしまう詞。心臓がとびだしそう。魂は、君にむかって走り出す。フィリップとスチュアートのモクサム兄弟がつぶやくように唄っています。なのに、最後のフレーズが「いんちきな心が血を流すことほど僕の好きなものはない」だなんて・・。何年か前にロンドンのクラブでスチュアート・モクサムの看板を見かけたので、今でも活動中なのですね。

写真は、ジャケットの一部です。
WENDY SMITH(PREFAB SPROUTのメンバーでもあり)のイラストレーションによるもの。どこかのどかな水彩の色味と、しかし春の陽気のうらにひそむ悪魔のささやき(!)をおもわせようなるカリカリとしたペンのタッチがたまらなく好きです。
ついつい、ひきこまれてしまうのです。

1983年、Rough Tradeから。

投稿者 orangepeel : 06:47 PM | コメント (0)

February 08, 2004

(無題)

今、小沢健二を聴いてて、なんか、懐かしいというか、胸キュン?(死語?)な気持ちになって、思い出すのは、ジャンゴ・ラインハルトのギターです。明日、ウディ・アレンの「ギター弾きの恋」のビデオを借りてきます、何度も観てるのに。まあ、いいじゃないですか、ねー?

今日は、遅いので、ここまで。

投稿者 orangepeel : 03:11 AM | コメント (0)

January 13, 2004

投稿者

そういえば、年末の模様替えの際、大量の音楽雑誌を処分してしまいました。本棚にはいりきらなくて、紙袋に入れたまま床に放置、という、古本屋さんの倉庫状態になっていたからです。あらためて見れば、夢中になって読んでいた記事も、大好きだったアーティストのグラビアも、大抵は、そうね、こんな人もいたかしらね、というか、音楽ジャーナリズム?(ショウビジネス?)のミズモノ感がありましたね。

その中で私は、一冊の「ロッキン・オン」を保存しております。高校生の頃、読者のページに、The Whoのピート・タウンゼントの似顔絵が掲載されたことがありまして。(鈴木博美の名前で投稿しております、もし、お持ちの方がいらしたら、それは同姓同名ではなく、私です。)

うれしかったー、大好きな雑誌に私の絵が載っている、もしや、あのアーティストも手にして・・・、など妄想がふくらみ。そして全国誌であるわけですから、突然「うちの同人誌(笑)の表紙を描いてくれませか」という依頼がきたりして、舞い上がりました。

イラストレーターになったきっかけ、とは、もちろん、そんな単純なことではございませんね。
やはり、プロのイラストレーターとして、はじめて原稿料を頂いた日の感激こそ忘れません。

投稿者 orangepeel : 06:51 PM | コメント (0)

November 07, 2003

ピーター

そういえば、The Strokesのアートワークはピーター・フィリップスのペインティングですね。ポール・ウェラーさんの名盤「Stanley Road」のジャケットはピーター・ブレイクでした。どちらも、1960年代からの、イギリス、ポップ・アート界の大御所です。ハー、かっこいいですね。いずれのピーターさんも、いまだに音楽界モダーンズから敬愛されてやまないのですね。

投稿者 orangepeel : 04:45 PM | コメント (0)