June 02, 2014

in memoriam

“It is with a sad heart that I relay the news of Takahashi Shohachiro-san's passing away two days ago. He had suffered with breathing problems for a long time and did oxygen 24/7, so finally he is released from earthly worries. His contribution to visual poetry is considerable, and his text poems, some of which are only punctuation not adding up to a syllable, reached a kind of extreme in possibility with language. His visual poetry defined the cutting edge as a kind of void or black hole in multifarious ways. He was like a comet shooting across the skies. Shohachiro also was subjected to a double neglect in Japan, one for being so far ahead of others, even within the Japanese concrete/visual poetry scene, and two for coming from the countryside and never living or establishing himself in Tokyo. Since Japan has one main art capital, to reject it for a lifetime is rare while continuing to produce. Of course he had occasional exhibits, but he was never fully embraced by the art world to the extent he should have been. No doubt that world will catch up with Shohachiro's great production as time passes, because it will certainly stay fresh.


Well, I just wanted to pass on the word that the great man and our friend has moved on. May he R.I.P. ”

© John Solt, 2014


rip140602mj.jpg
‘R.I.P Shohachiro Takahashi’ collage on screenprint © hiromi suzuki, 2014

5月の末、世界的なビジュアル・ポエト 高橋昭八郎さんが逝去されました。
ジョン・ソルト氏のご快諾のもと、海外プレス向け追悼文を引用させていただきました。
あらためまして、高橋昭八郎氏のご冥福をお祈り申し上げます。


*Thank you very much for accepting reprint, Mr.John Solt.

投稿者 orangepeel : 01:52 PM | コメント (0)

May 14, 2014

猫額洞

ldj140506mj01.jpg

ldj140506mj02.jpg

ldj140506mj03.jpg

ldj140506mj04.jpg

ldj140506mj05.jpg

ldj140506mj06.jpg

ldj140506mj07.jpg

ldj140506mj08.jpg

ldj140506mj09.jpg

ldj140506mj10.jpg

ldj140506mj11.jpg

ldj140506mj12.jpg

ldj140506mj13.jpg

ldj140506mj14.jpg
© photo by hiromi suzuki

中野新橋 古書 猫額洞 が、2014年5月10日をもって閉店されました。
写真は、お知らせをいただいて5月6日に撮影した店内と看板です。

このブログを読み返してみたら、2004年9月30日にはじめてお邪魔させていただいたようです。
猫額洞が開店されたのは2001年6月とのことですが、
その中で10年のお付き合いをさせていただいたことになります。
ちょうどブログをはじめた頃で、使い慣れないデジタルカメラを片手に歩き回っていたところに
見つけた(ご縁というのはめぐり合わせですから「見つけられた」?)のでした。

まったくもって私の個人的な話になります。
練馬区石神井公園の激務(これでも売れっ子イラストレーターで毎日が締め切りでした)の日々からはなれ、
1998年、渋谷区の笹塚に移り住みました。
ヒトという動物として住処の周辺からすこしづつ範囲を広げ、散歩という名のマーキングをしました。
都内に眠る暗渠や湧水に気付いたのも、
イラストレーションの仕事のあと、夜中に詩を書きはじめたのもそんな頃です。
当時はひとり仕事でしたし、ひとりが好きでしたが、夕暮れの散歩はさびしかったかもしれません。
初秋の夕暮れの散歩の途中、川島商店街のあたたかな郷愁にいざなわれてたどりついた。
それが猫額洞だったのでした。

いつでもあのお店の空間に行ける、おふたりに会える。
いつもこころの片隅で励みになっていただいて(実際、いろいろなアドバイスを頂戴しました)、
10年の日々を過ごしていたのですが、猫額洞はなくなってしまった。
それとともに様々な時間、透き通った真っ青な空の冬や入道雲の夏や、あらゆる季節がなくなってしまった。
私だけが、とりのこされてしまった。

まったくもって個人的な話です。
猫額洞は閉店しましたが、ブログ『猫額洞の日々 』は続きます。
また新しい季節がやってきたら、おふたりに会いにいこう。
Stueさま、Cocoさま、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

投稿者 orangepeel : 08:45 AM | コメント (0)

April 09, 2014

abstract

abstract140409mj01.jpg

abstract140409mj02.jpg

abstract140409mj03.jpg

abstract140409mj04.jpg

abstract140409mj05.jpg

abstract140409mj06.jpg
© photo by hiromi suzuki

abstract art on a telegraph pole.

投稿者 orangepeel : 05:37 PM | コメント (0)

February 27, 2014

paperweight

paperweight140227mj01.jpg

paperweight140227mj02.jpg

paperweight140227mj03.jpg

paperweight140227mj04.jpg

paperweight140227mj05.jpg

paperweight140227mj06.jpg

paperweight140227mj07.jpg

I've tried to make paperweights with ephemera.
Is there anyone who wants?

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (0)

December 13, 2013

collage box

collagebox131213mj.jpg
@ collage by hiromi suzuki

screen printing and collage on cigar box.

コラージュ収納用BOXにコラージュをほどこす。
タバコ屋さんの軒先で「ご自由にお持ちください」とあった外国葉巻の空箱がちょうど良い大きさだったのです。
仕上げに、2年前、唐津で買った和紙を。

投稿者 orangepeel : 07:32 PM | コメント (0)

July 18, 2013

Children on lily pads

childrenonlilypads130718mj.jpg
from Retronaut

投稿者 orangepeel : 11:22 PM | コメント (0)

June 13, 2013

The Forgotten Home of Coffee


Kew Gardens - Beyond the Gardens - The Forgotten Home of Coffee

投稿者 orangepeel : 09:37 PM | コメント (0)

May 29, 2013

The world is ...

theworld130529mj.png
“The world is reaching its end” via KITTENMEATS

投稿者 orangepeel : 06:01 PM | コメント (0)

May 05, 2013

Ferris Wheel

ferriswheel130505mj.jpg
“A Ferris Wheel is seen in the ghost town of Pripyat, which was evacuated after a nuclear disaster in Chernobyl”

The Chernobyl Disaster: 25 Years Ago from The Atlantic (Mar 23, 2011)

投稿者 orangepeel : 08:44 PM | コメント (0)

April 29, 2013

'Kristina Forest Hut'

lodge130429mj.jpg
from Cabin Porn

投稿者 orangepeel : 07:58 PM | コメント (0)

April 28, 2013

v r o o m , v r o o m . . .

vroom120428mj01.jpg

vroom120428mj02.jpg
from p i ' l o via Kickcan & Conkers

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

April 23, 2013

papier collé

papiercolle130423mj.JPG
© photo by orangepeel

コラージュ作業の残骸のほうが“アート”にみえたりする。
机の上の紙片。

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

April 22, 2013

小林のり一 @noribiyori 蔵出し作品

Owly Images
「学芸会」

Owly Images
「博士と助手」

Owly Images
「深夜の二人組」

Owly Images
「ぶたのたび」

Owly Images
「スイッチ」

*画像をクリックすると拡大で楽しむことができます

from 小林のり一 @noribiyori 蔵出し作品

投稿者 orangepeel : 11:34 AM | コメント (0)

April 18, 2013

RESIN SAND

resinsand130418mj01.JPG

resinsand130418mj02.JPG

resinsand130418mj03.JPG
© photo by orangepeel

LIQUITEX テクスチュアルジェル RESIN SAND を使ってみる。
ホイップ・クリームのような、なめらかな泡立ちの中に、
砂ではなくて、アクリルのちいさなかけらが入ってるの。

コラージュの定着のために塗布してみたら、キラキラした透明なつぶつぶ。

海や雪を想う。

投稿者 orangepeel : 05:17 PM | コメント (0)

March 21, 2013

nomado

nomado130321mj.jpg
from

投稿者 orangepeel : 06:52 PM | コメント (0)

February 23, 2013

岩窟ホテル

gankutsuhotel130223mj01.jpg

gankutsuhotel130223mj02.jpg

gankutsuhotel130223mj03.jpg

gankutsuhotel130223mj04.jpg

gankutsuhotel130223mj05.jpg

gankutsuhotel130223mj06.jpg

gankutsuhotel130223mj07.jpg

gankutsuhotel130223mj08.jpg

gankutsuhotel130223mj09.jpg
『岩窟ホテル』 from 唐崎計画設計工房

貴重な内部画像。読み物としても素晴らしいサイトです。

‘想像でしかないのだが、峯吉の目的は自分の夢を実現するというより、表現することだったのではないだろうか。
理想としての西洋、新しい時代を開くであろう化学(科学)、美や正義や合理、といった自分の夢を西洋建築風のファサード、中央大広間、化学(科学)実験室、黄金比、シンメトリーな構成、厳密なスケール、などというフィルターを通し現実の空間への変換を試みたのであろう。
当初から「巌窟ホテル高荘館」は公開され、見せるモノとして計画されていたことも確かで、したがって表現すべき夢をもった峯吉の作った部分と、後を継いだ2代目の泰治さんの作った部分では全く空間の質が異なっている。前者は見る者に訴えかける表現があるのに比べ、後者は単に物理的な空間としてのみ実現されている。
現在、「巌窟ホテル高荘館」完成を待たずに崩壊しようとしている。1982年の台風で崖の一部が崩れ落ち、1985年6月にはファサードの殆どが岩の剥離により削り取られてしまった。
「そうしなければならなかったから」と言って岩を掘り、また保守に努めてきた2代目泰治さんも1986年1月に他界した。
「巌窟ホテル高荘館」の鉄の扉は閉じられたままである。1つの夢が終わったのか、それとも扉が再び開くのかは誰にも分からない。峯吉の夢は岩の中に封じ込められた。’

唐崎計画設計工房 「岩窟ホテル」より

岩窟ホテル。埼玉県に吉見百穴という古墳時代の墳墓跡があり、これ自体、コロボックルの住居だったとかの噂があった珍景なのだが、
明治から大正初期にかけて、その近くの崖に高橋峯吉という農民が鑿と鶴嘴を手に宮殿造りをこころみた。

日本のアンドレ・ブルトンがいたら、郵便配達夫シュバルの理想宮のように、
国の重要建造物に指定され、修復が行われて、現在も世界中のひとびとに注目されることであっただろう。
シュバルの理想宮はオートリーブの地質による。
かわった形の砂岩や礫岩が多く、かつては海だったため貝殻の種類も豊富で材料はいくらでもあった。
一方、埼玉。
峯吉の “「巌窟ホテル高荘館」の特徴は、何といっても岩を彫り抜いて作られたところにある”
唐崎計画設計工房 「岩窟ホテル」より

投稿者 orangepeel : 08:18 PM | コメント (0)

January 30, 2013

the wooden churches of Russia

churchesofrussia130130mj01.jpg

churchesofrussia130130mj02.jpg

churchesofrussia130130mj03.jpg

churchesofrussia130130mj04.jpg

churchesofrussia130130mj05.jpg

churchesofrussia130130mj06.jpg

churchesofrussia130130mj07.jpg

churchesofrussia130130mj08.jpg

churchesofrussia130130mj09.jpg

churchesofrussia130130mj10.jpg
from Richard Davies via Present and Correct‏ (@presentcorrect) on twitter

投稿者 orangepeel : 04:19 PM | コメント (0)

January 09, 2013

Crochet Wedding dress

crochet130109mj.jpg
Yves Saint Laurent Wedding Dress from Retronaut via Retronaut‏ (@theretronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:30 PM | コメント (0)

December 30, 2012

Listen.

Source: Uploaded by user via Don on Pinterest


投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

December 29, 2012

It’s coffee time!!!

facecup121229mj01.jpg

facecup121229mj02.jpg
from FACECUP via London's Best Coffee (‏@coffeelondon) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:00 PM | コメント (0)

October 26, 2012

The saddest color wheel…

saddestcolorwheel121026mj.gif
from PRINTERESTING NOTEBOOK via printeresting.org‏ (@printeresting) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:47 PM | コメント (0)

October 15, 2012

couch

couch121015mj01.jpg
Boat couch - from Upcycling‏ (@upcyclista) on twitter

couch121015mj02.jpg
Relax with a book on the couch - from Upcycling‏ (@upcyclista) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

October 12, 2012

Yggdrasill

yggdrasill121012mj.JPG
© photo by orangepeel

ケルト・北欧系の骨董屋さんで、偶然、世界樹のペンダントヘッドを手に入れました。

投稿者 orangepeel : 07:17 PM | コメント (0)

September 18, 2012

khamsa

khamsa120918mj.JPG
© photo by orangepeel

右下にあるのは、トルコのキリム専門店で購入した青い目玉の形をしたナザール・ボンジュウというお守り。

「妬みの眼差し」から不運を遠ざけてくれるものだそうですが、
セルロイドのボタンなどといっしょに大切に硝子瓶にとじこめてしまってます。

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

September 17, 2012

rabbit

christopherraeburn120917mj.jpg
Christopher Raeburn via the guardian

投稿者 orangepeel : 08:45 PM | コメント (0)

August 20, 2012

cabin fever

tinyhome120820mk01.jpg

tinyhome120820mk02.jpg

tinyhome120820mk03.jpg

tinyhome120820mk04.jpg

tinyhome120820mk05.jpg

tinyhome120820mk06.jpg

tinyhome120820mk07.jpg
“Cabin fever: I want a tiny home”

from The Guardian via Guardian Environment (@guardianeco) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:12 PM | コメント (0)

August 02, 2012

legs

legs120802mj.jpg
© cccouk

投稿者 orangepeel : 07:08 PM | コメント (0)

July 18, 2012

Cabins in Sweden

cabininaweden120718mj01.jpg

cabininaweden120718mj02.jpg

cabininaweden120718mj03.jpg
from Cabin Porn

投稿者 orangepeel : 08:14 PM | コメント (0)

Glass Beach

glassbeach120718mj01.jpg

glassbeach120718mj02.jpg
Glass Beach (Fort Bragg, California)

投稿者 orangepeel : 03:46 PM | コメント (0)

July 12, 2012

from my bookshelf

fmbs120712mj01.JPG

fmbs120712mj02.JPG

fmbs120712mj03.JPG

fmbs120712mj04.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:27 PM | コメント (0)

June 17, 2012

gem

gem120617mj01.jpg
1960s gem chart

from via Present and Correct‏ (@presentcorrect) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:16 PM | コメント (0)

May 30, 2012

Hidden Door Bookshelves

hiddendoor120530mj01.jpg

hiddendoor120530mj02.jpg

hiddendoor120530mj03.jpg

hiddendoor120530mj04.jpg

hiddendoor120530mj05.png
from Bookshelf Porn

投稿者 orangepeel : 09:24 PM | コメント (0)

May 23, 2012

MELVIN THE TRAVELING MINI MACHINE


from MELVIN THE TRAVELING MINI MACHINE via The Heads of State‏ (@TheHeadsofState) on twitter

i love these traveling suitcases ☆

投稿者 orangepeel : 09:50 PM | コメント (0)

May 11, 2012

travellin' bag

bag120511mj.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:27 PM | コメント (0)

April 26, 2012

Hackney Shed

hackneyshed120426mj01.jpg

hackneyshed120426mj02.jpg
Hackney Shed by Office Sian in London, England.

from Cabin Porn via Cabin Porn (‏@cabinporn) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:32 PM | コメント (0)

April 04, 2012

The Wooden Churches of Eastern Europe

woodenchurches120404mj01.gif

woodenchurches120404mj02.gif

woodenchurches120404mj03.gif

woodenchurches120404mj04.gif

woodenchurches120404mj05.gif

woodenchurches120404mj06.gif

woodenchurches120404mj07.gif
from

投稿者 orangepeel : 09:18 PM | コメント (0)

March 15, 2012

マルヒラ

maruhira120315mj01.jpg
マルヒラ呉服店、大正時代のポスター

春もまぢかの昼下がり、退屈の粒子が陽の光にただよっている私鉄電車線路沿い、
町の郵便局の用事のついでに、通りの向かいの呉服屋さんに飛び込んでしまった。
反物でつくったトートバッグがかわいいウインドウにひかれて。
きらきらしたビーズがちりばめられたピルケースやガラス製の柄の欧羅巴風ルーペ
巻貝や二枚貝やいろいろな貝がらが大きな標本のようなパターンになって一面に染められた布地に目をきらきらさせてたら、
ご主人が帳場から立ち上がって、冷やかしにつきあってくださいました。

「創業たった100年ですよ。昔はこの通りにはたくさん呉服屋が並んでましたが、いまでは10件ほどです」とのこと。
10件でも、すごいなあ。
100年って、すごいなあ。

年季の入ったミシンには‘Fukusuke’というロゴが。
「足袋の福助です。これの前はシンガー」

福助の本社は、原宿の京セラビルにある。

投稿者 orangepeel : 08:35 PM | コメント (0)

March 13, 2012

Sod roof houses

sodroof120313mj.jpg
Sod roof houses in Vik, Iceland. Photo by Gilles Baldet.

from Cabin Porn via Cabin Porn‏ (cabinporn) on twitter

草原(山)と同化した家々。ちょこりんとくっついたバードハウスがかわいい、と。

投稿者 orangepeel : 09:13 PM | コメント (0)

February 07, 2012

The Land of Giants

pylon120207mj01.png

pylon120207mj02.png

pylon120207mj03.png
Icelandic High-Voltage Electrical Pylon

北欧神話の巨人を模した送電線鉄塔。

from Choi + Shine

投稿者 orangepeel : 06:19 AM | コメント (2)

January 26, 2012

Something old, something new...

something120126mj01.jpg

something120126mj02.jpg
from STIL inspiration

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

January 23, 2012

departure

departure120123mj01.JPG

departure120123mj02.JPG

departure120123mj03.JPG
new suitcase

そろそろ旅立ちます(ウソ:笑)。

投稿者 orangepeel : 06:44 AM | コメント (0)

December 24, 2011

Cabin

cabin111224mj01.png

cabin111224mj02.png

cabin111224mj03.png

cabin111224mj04.png
Ice fishing shacks on Lake Champlain, Quebec.

from cabin porn via TheHeadsofState (The Heads of State) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:36 PM | コメント (0)

December 17, 2011

Weltenesche

yggdrasil111217mj.jpg
from Revierflaneur

Weltenesche-Yggdrasil

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

November 16, 2011

Tove Jansson

tove111116mj01.png

tove111116mj02.png

tove111116mj03.png

tove111116mj04.png

tove111116mj05.png

tove111116mj06.png

tove111116mj07.png

tove111116mj08.png

tove111116mj09.png

tove111116mj10.png

tove111116mj11.png

tove111116mj12.png

tove111116mj13.png

tove111116mj14.png
“KLOVHARU”

___ The small ascetic island of Klovharu lies off the coast of Porvoo in the Pellinki archipelago. This rocky islet in the Gulf of Finland was home to Tove Jansson and Tuulikki Pietilä for almost thirty years. ___

from moomin.com

投稿者 orangepeel : 06:05 PM | コメント (0)

October 10, 2011

Double Decker

doubledecker2011mj01.JPG

doubledecker2011mj02.JPG

doubledecker2011mj03.JPG

doubledecker2011mj04.JPG

doubledecker2011mj05.JPG

doubledecker2011mj06.JPG

doubledecker2011mj07.JPG

doubledecker2011mj08.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:40 PM | コメント (0)

September 21, 2011

Love & Peace


© Isao Hashimoto ‘1945-1998’ from cccoukvia ctbto.org

9月19日に都内で大規模な脱原発デモがあった。
TV・新聞では殆ど報じられてないが、5万人もの人々があつまった。
私は4月のデモに参加したが、民衆が自ら声をあげることは大変有意義なことだと思う。

うえの動画は、1945-1998に世界中でおこなわれた核実験マップである。

今回の福島第一原子力発電所事故をきっかけに、我々は核の脅威を実感したのだが、
じつは今も昔も、世界は核の危機にさらされつづけている。
「あそこに逃げれば安全だ」
「あれを食べなければ内部被曝を避けられる」
政府の発表を信じられなくなった国民は、あらゆる情報に翻弄されている。
「ここに残る」「いや命のほうが大切」と意見が分かれて、離婚や一家離散というかなしい事実もあるそうだ。

原発推進派と脱原発派という二項対立は、個人の、ほんとうにささやかな絆にまで浸水してしまった。

しかし、我々はいままで世界のどこかで起きている‘戦争’に目をむけてきただろうか。
年間3万人ともいわれている日本の自殺者に花をたむけてきただろうか。

エネルギーと称した原発は、日本に無防備におかれた「爆弾」である。
日本は決して米国に守られているわけではない。
有事の際の「盾」にしかすぎない。

いま、世界は戦時中なのである。

「寿命」というものがあるならば、私はまだまだ若く、健康をとりもどしつつ生きつづけなければならないから、
血が流れ続ける町から目をそむけずに、ちいさな花のいのちに感動したい。
愛するひとの寝息に安堵したい。

もう、そこにしか「平和」はないから。

あるいは、いっそのこと月か火星に行くんだよね!

以前、引用した言葉を再掲します。
町に血が流れる時

投稿者 orangepeel : 06:56 AM | コメント (0)

September 20, 2011

chic

chic110920mj01.jpg

chic110920mj02.jpg

chic110920mj03.jpg

chic110920mj04.jpg
from chictopia

自分に似合うか似合わないかは別として(笑)かわいい洋服&美脚満載、サンフランシスコのサイトです。

投稿者 orangepeel : 11:04 PM | コメント (0)

August 25, 2011

Hippity Hoppity


Astraonaut acting retarded on the moon

投稿者 orangepeel : 07:59 AM | コメント (0)

August 06, 2011

Truman Capote

capote110806mj.jpg
from

Truman Capote holding a pet dog, Italy, 1953 -by Robert Capa

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

July 22, 2011

Wardenclyffe Tower

tesra110722mj.jpg
from

【memo】 Nikola Tesla (ニコラ・テスラ

投稿者 orangepeel : 09:24 PM | コメント (0)

July 08, 2011

flower children

flowerchild110708mj01.jpg

flowerchild110708mj02.jpg

flowerchild110708mj03.jpg
DIY Flower Crown

“Are you a romanticist or flower child at heart? Try this flower crown DIY! ”

from CHICTOPIA via everybodyisugly (Everybody Is Ugly) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:39 PM | コメント (0)

July 06, 2011

Mysselhøj

yggdrasil110707.jpg
Yggdrasil

“A tree grows atop Mysselhøj, a Nordic Bronze Age burial mound in Roskilde, Denmark.”

投稿者 orangepeel : 06:16 PM | コメント (0)

July 02, 2011

DEN

den110702mj.jpg
Denver International Airport

比較するものが見当たらないので、どれだけ広大なのかわからない。。。

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

May 22, 2011

Like I said... I hate football

hatefootball110522mj.jpg

from David Shrigley via EdwynCollins (Edwyn Collins) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:03 PM | コメント (0)

April 24, 2011

Handritin heima

myth110424mj01.jpg

myth110424mj02.jpg
from

13世紀、アイスランドの写本。

投稿者 orangepeel : 06:36 PM | コメント (0)

April 16, 2011

daydream

daydream110416mj.bmp
from

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

April 15, 2011

Tax Day

taxday110415mj01.jpg
NEW YORK CITY—James Dean with his accountant, 1955.
© Dennis Stock / Magnum Photos

taxday110415mj02.jpg
TEXAS—1963.
© Elliott Erwitt / Magnum Photos

taxday110415mj03.jpg
UNITED STATES—Xerox, 1967.
© Rene Burri / Magnum Photos

taxday110415mj04.jpg
PRAGUE—1961.
© Josef Koudelka / Magnum Photos

taxday110415mj05.jpg
OWEGO, N.Y.—A man in an office with the shadow of passing woman, 1960.
© Erich Hartmann / Magnum Photos

from MAGNUM TODAY'S PICTURE via magnumphotos (Magnum Photos) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

April 13, 2011

小沢健二の朗読


小沢健二の朗読

投稿者 orangepeel : 10:20 PM | コメント (0)

April 12, 2011

町に血が流れる時

■■■

町に血が流れる時

 投資界に、「町に血が流れる時は買い時」という格言がある。ロッカフェラーが言ったとか、ロスチャイルドが言ったとか。
 よく「戦後の闇市で一財を築いた」などという表現も聞く。
 町に血が流れる、大混乱の時には、普段できないようなお金儲けができる、ということらしい。
 それは、僕らの今の社会の性質らしい。

 町に血が流れる時、多くの僕らは泣き、立ちすくみ、走り出し、座り込み、呆然とする。
 心配で眠れなくなる。疲れる。誰に向けたらいいのか、怒りがこみ上げる。気持ちが混乱する。後悔する。未来がわからなくなる。居座ろうと腹をくくる。でも、怖い。
 それは多くの僕らの、善意がこんがらがった気持ちだ。
 けれど、町は善意だけではできていない。
 善意に見えるものの裏に、何かがあることがある。
 善意とは関係ない、何かが。

 では、目にする善意を疑ってかかるのか? そんなことはできない。
 あふれる善意は圧倒的に輝き、それは僕ら自身だ。
 でも、その光の中で、巧みに動き回る影もある。
 強い光の中で、影も強くなる。

 だから、ちょっと気をつけていた方がいい。
 いま、いきなり世の中が、違う世の中になったわけではない。
 真実や嘘や、善意や策略や、何だかんだが入り混じった世の中だということは、いつもと変わらない。

 例えば、家族が病気になったとする。
 家族の一人は、ただ心配でつきっきりになるかもしれない。
 別の一人は、俺が稼いでやるからと、一生懸命働くかもしれない。
 別の一人は、落ち込んでいるだけかもしれない。
 病人に言うことも、一人一人違うだろう。
「だいじょうぶだよ」と慰める人もいれば、「まったく、だから煙草は止めろと言ったのに」と怒る人もいるだろう。
 その家族の中に、病人を理由に、自分にとって都合のいい方向に家族内の話を進める人がいても、おかしくはない。
 伊丹十三さんの映画「お葬式」のように、人の中に色々な思惑があるのは、緊急時も普段も、変わらない。
 以前から別荘を欲しがっている人は、「ほら、病人を休ませるために、静かな別荘が必要でしょう?」と、話を進めようとするかもしれない。
 以前から車を欲しがっている人は、「ほら、病人のために、車はやっぱり二台必要だよ」と、家族を説得しようとするかもしれない。
「あたしが警告していた通りじゃない。これからはあたしの言うことを聞いて…」と、家族内での発言力を高めようとする人もいるだろう。
 そのどれもが、僕らの普段の生活の縮図だ。
 それと同じように、社会の緊急時には、僕らの普段の社会の縮図が現れる。

 いつも通り世の中には、善意も策略も、真実も嘘も、美しさも汚さも、混じっている。
 その中で、僕らは生きる。
 多くの僕らは、計算高く生きてはいない。
 多くの僕らは、自分に都合のいいように緊急時を利用しようとは、夢にも思わない。
 けれど、そういう人もいる。
 いるのが普通。
 後で幻滅しないように、そのことは思い出しておいた方がいい。

 その上で、だ。
 あふれる善意を信じたい。
 誰かを、普段より強く思いたい。
 涙をこらえて、強く抱きしめたい。
 言葉は要らなくなり、詩人の役割はなくなる。
 多くの人が、詩そのものになって、きらきらと生きる。きらきらと、亡くなる。
 その詩の中に、宣伝の言葉が入ってくるのなら、「あれって宣伝だ!」と叫んだ方がいい。
 その詩の中に、政治キャンペーンの言葉が入ってくるなら、「あれってキャンペーンじゃん」と見抜いた方がいい。

 緊急時に現れるのが社会の縮図なら、これが最後ではない緊急時を助けるには、縮図のもとになる社会をどうするかということになる。
 縮図のもとになる社会をどうするか。
 つまり、例えば湿疹が出た時、塗り薬を塗って治すことはできる。けれど本当は、湿疹のもとになっている、大きな原因があるのかもしれない。
 そういう話。
 でもそれって、緊急時にする話なのか? とも思う。
「でも緊急時は、人が社会のことを考えるきっかけになるから、利用しないと」と言う人もいる。
 確かに、病気をきっかけに自分の生活のあり方を考え直す人がいるように、緊急時をきっかけに社会のあり方を問いはじめる人もいる。
 わかる。それは自然だ。
 でも、利用って。
 町に血が流れる時を利用するって、それ…。
 多くの僕らには、それはできない。
 けれど、いつも通り、判断は時と場合によって違うだろう。

 強い光の中で、影も強くなる。
 善意に見えるものが策略だったり、悪意に見えるものが真実だったり、賢く見えるものが阿呆で、阿呆が賢かったり。
 でも、それは、いつもの世の中と同じ。

 一つ、大空のように見える。

 おおぜいの人の苦難は、おおぜいの人が助ける。
 すぐに去る苦難ではないけれど。
 おおぜいの人が動く。ほとんどは、美しい詩のように動く。
 動く。回る。走る。止まる。方向を変える。
 気をつけながら。


メキシコシティーにて、4月11日
小沢健二


*投資界の格言"The way to make money is to buy when blood is running in the streets."など

■■■

町に血が流れる時

from ひふみよ 小沢健二 Official Site via cccouk on twitter

投稿者 orangepeel : 05:10 PM | コメント (0)

April 08, 2011

Nearly Naked

nearlynaked110408mj01.jpg
The sex symbol teases on December 29, 1967.
In this photo: Brigitte Bardot
Photo: RDA/Getty Images
Jan 01, 1967

nearlynaked110408mj02.jpg
Anne Bancroft behind a hat, 1955.
In this photo: Anne Bancroft
Photo: Hulton Archive/Getty Images
Jan 01, 1955

more Nearly Naked: Celebrity Skin

from LIFE via LIFE (LIFE.com) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:39 PM | コメント (0)

April 04, 2011

BCBG

bcbg110404mj01.jpg bcbg110404mj02.jpg
bon chic bon genre

投稿者 orangepeel : 05:02 PM | コメント (0)

coco

cocosumner110404mj.jpg
Coco Sumner

投稿者 orangepeel : 04:35 PM | コメント (0)

coco

vanessaparadis110404mj.jpg
Vanessa Paradis

投稿者 orangepeel : 04:28 PM | コメント (0)

April 01, 2011

Fantastic voyage


Fantastic voyage

中野新橋 古書猫額洞さんのブログ『猫額洞の日々』にお邪魔させていただいたコメントをリライト再掲。

地震のあとの空や風、大気の光の感じがちがう。
桜の季節だというのに肌寒く、突然の雨をもたらしては去っていく厚い雲は
オーロラのようなグラデーションの影をおとしている。

ここではないどこか。
気持ちの中でも、ヒトという物質としても、こどものころから常にトランスポート感はあった。
ときどき、かつて話題になったピアノマンのように一瞬、記憶がとぶこともある。

‘ミクロのわたし’ が身体の中で ‘巨人のわたし’ をもてあまして途方にくれているという感覚。

投稿者 orangepeel : 06:19 PM | コメント (0)

February 20, 2011

Denny's

dennys110220mj.jpg
Denny's

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

February 11, 2011

The Wizard of Menlo Park

edison200211mj.gif
from google

Today is Thomas Alva Edison's birthday!

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (0)

February 06, 2011

Slightly out of Focus

camera110206mj03.jpg

camera110206mj04.jpg
© orangepeel

さようなら、カメラ。
7〜8年、ブログの写真は、ずっとこれでした。
とうとう、壊れてしまった。うんともすんとも言ってくれない。。。
デジカメとはおもえない、ぶあつさで、
古くさいピンぼけが持ち味だったのに。

きょう買った新しいカメラでカメラを撮りました。

投稿者 orangepeel : 10:26 PM | コメント (0)

January 18, 2011

Noritake

noritake110118mj.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

January 12, 2011

HDN

yampa.jpg
Yampa Valley Airport

比較するものが見当たらないので、どれだけ広大なのかわからない。。。

投稿者 orangepeel : 01:33 AM | コメント (0)

January 02, 2011

Too many tweets!

overcapacity110102mj.jpg

投稿者 orangepeel : 11:35 AM | コメント (0)

January 01, 2011

sunset 110101

sunset110101mj.jpg
from my window © orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:58 PM | コメント (0)

December 30, 2010

rainbow 101230

rainbow101230mj.jpg
from my window © orangepeel


Nara Leão - Over the Rainbow

投稿者 orangepeel : 04:15 PM | コメント (0)

stripe council #02

stripe101230mj.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:53 PM | コメント (0)

December 18, 2010

So Far Away

bag101211mj.jpg
© orangepeel


Carole King & James Tyalor - So Far Away

投稿者 orangepeel : 08:09 AM | コメント (0)

December 16, 2010

man on the moon

manonthemoon101216.jpg
from my window © orangepeel




moon river-breakfast at tiffany´s

投稿者 orangepeel : 10:13 PM | コメント (0)

December 12, 2010

Santa Claus on the bus

keiobus101212mj01.jpg

keiobus101212mj02.jpg
© chocochips

待ち人のいない停車場をとおりがかったら、バスからサンタが降りてきてクッキーをプレゼントしてくれた。

I love 京王 bus ☆

投稿者 orangepeel : 09:16 PM | コメント (0)

December 04, 2010

stripe council

stripecouncil101204mj.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

November 21, 2010

♪ ・♪ ・♪ circle

投稿者 orangepeel : 01:37 PM | コメント (0)

October 21, 2010

なごり雨

byogakudopostcard101021.jpg
photo by S@byogakudo

巴里!?かとおもったら、あらかわ遊園の観覧車からのぞんだ隅田川だそう。
中野新橋 古書 猫額洞からいただいたポストカード。
thank you very much, S&C !

タクシーの中で。

タクシーの運転手さん(以下、タ)「石川さゆりに似てるねえ」

ワタシ(以下、ワ)「えっ?ワタシですか?」

タ「いや、この声がさあ」(と、ラジオから流れる曲をうながす)

ワ「あ、これ、誰ですか?」(曲がとぎれ、♪ただいまの曲はイシハラジュンコさんの○○でした♪とアナウンス)

タ「イシハラジュンコだって。知らないねえ」

ワ「(急にはずかしくなりつつ)そういえば石川さゆりさんって、若いころより今のほうが声に色気がありますよねえ」

タ「あれ?お客さん、同性でも女の色気ってわかるもんなの?」

ワ「わかりますよう!やっぱり演歌は経験を積んで歳を重ねるほど艶がでてきますよねえ」

タ「うーん。まあねえ。人によるよね。歳くってればいいってもんじゃないねえ」

ワ「ああ。。枯れてきちゃう人もいますでしょうかねえ。。。」

オヤジな会話。。。

雨もよいの車窓風景にぴったりな曲。
「季節はずれの風鈴・・・」せつない。


石原詢子 なごり雨


p.s. 本日の『ブラタモリ』身震いしながら観てて家族に笑われた。「もうこの話題は(ワタシから聞かされて)ウンザリ」だって。

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (4)

October 07, 2010

今日の雨はいい雨だ

ただいま、マンションの大改修工事で、ベランダの高圧洗浄中。
まるで豪雨を全身にあびているよう。

さあ、なにもかも洗いながしておくれ!


今日の雨はいい雨だ - The Chang

投稿者 orangepeel : 04:46 PM | コメント (0)

September 17, 2010

au revoir

aurevoirmj100916.JPG
© orangepeel

夏よさらば。

投稿者 orangepeel : 06:16 AM | コメント (0)

September 09, 2010

matière

matieremj100908.JPG
© orangepeel

ただいま、マンションの大改修工事中。
ベランダの壁をはがしたあとのパテのマチエールがベン・ニコルソン先生の抽象画のようだったので記念に。

投稿者 orangepeel : 06:42 AM | コメント (0)

August 22, 2010

adamas

P1010414.JPG
© orangepeel

(adamas とは「征服できない、懐かない」という意味のギリシア語で、ダイヤモンドという名前の由来となっています)

こどものころ、道端で奇妙な石をひろった。
気泡のない硬質な氷のような結晶に魅せられて、
近所のお兄さんに「ただの花崗岩だよ」と一笑されたにもかかわらず、
「ダイアモンドだ!ダイアモンドだ!」と言い張った。

天にものぼるようなきもちで、団地の焼却炉に這い上がって空を仰いでは飛び降りるというお転婆を繰り返していたら、
いつのまにか、ポケットから失くしてしまった。
「あのきれいな石は、まぼろしだったの?」とがっかりして家路についた記憶があります。

腕や胸元に宝石を飾る優雅な大人になることはできませんでしたが、
以前すこしづつあつめていた貝殻を、ひさしぶりに玉手箱をひもとくようにひとつひとつながめていたら、
新聞紙につつまれた、まぼろしのダイアモンド(に似た石)がでてきた。

鉱石にくわしくないのでよくわからないけれど、どこか旅先の土産物屋で買ったものでしょう。

投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (0)

July 02, 2010

ephemera / San Francisco

sanfrancisco01mj.jpg

sanfrancisco02mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

サンフランシスコはチャイナタウンの古絵葉書。
ケーブルカー通過中。



このところ眠りにつくまえの枕元には、リチャード・ブローティガン『チャイナタウンからの葉書』(池澤夏樹訳 サンリオ 1990年)ばっかり。

そういえば、ふだん英国主義を標榜しているが(笑)、生まれてはじめて外国の地を踏んだのはサンフランシスコという街だった。
15歳の夏休み、家族旅行でチャイナタウンにあるホテルに逗留した。

のこりの人生をどこに住みたいか、と訊かれたらサンフランシスコと答えよう。
本屋(シティライツ!)や大学(いまから何を学びたいのか?)がたくさんあるし、
坂が多いけれど水路やうつくしい橋(ゴールデンゲイトやベイ・ブリッジ)があって、
なんといってもカリフォルニアらしからぬ冷たい水流を隠し持った海と、一年中安定した気候がいい。

港のはずれのしずかなベンチで老人が海鳥をあつめて佇んでいた。

投稿者 orangepeel : 03:26 PM | コメント (0)

April 01, 2010

april fool

4foolmj100401.jpg
© orangepeel

エイプリル・フール、仏語ではPoisson d’Avril「4月の魚」のポストカードが奇妙だけれど
本日は貝殻のコラージュでしつれいいたします。

きょうはたくさんウソつきました。。。

投稿者 orangepeel : 07:41 PM | コメント (0)

March 17, 2010

situation vacant

P1000486.JPG

P1000491.JPG

P1000501.JPG

P1000517.JPG
microjourney @ 絶食ホテル
11日間世界(−)3kgの旅。

投稿者 orangepeel : 10:11 AM | コメント (7)

January 25, 2010

rich

今日はあたたかかったですね。
午後、喉がかわいて商店街の辻にあるコーヒー店によろよろと(笑)。

なんだか血迷って、メニュのなかでいちばん高いの、ウエイトレスさんにたのんだ。
オーダーを受けたカウンターの声高男子から、
「クリームメロンソーダ!すっげーな!!リッチ!」聞こえてきてしまいましたよ。

投稿者 orangepeel : 09:25 PM | コメント (0)

December 28, 2009

bicycle race

甲州街道の交差点で白バイが「ピー!ピッ、ピ!」と警笛たからかに
年末の交通安全風情をかもしだしていたんですけれども、
歩行者のワタクシはびっくりして、横断歩道を「いち!に!さん!」と軍隊ライク。

どうにかしてほしいのは、舗道を疾走する自転車なのに。
きのうちょこっとぶつけられました。

投稿者 orangepeel : 11:00 PM | コメント (0)

November 17, 2009

sewing machine

sewingmachinemj.gif
from wiki

不得手なミシンが調子よく運針しているようすが心地よいのです。

投稿者 orangepeel : 04:00 PM | コメント (0)

September 02, 2009

cat

陽が早くなって、北から冷ややかな風がスーパーのレジ袋を蹴っていきます。
商店街の裏、夕闇に灯る「唄えるお店 夢」のスタンド式電飾看板の足元で、
白い猫たちが“白”を浮かび上がらせてじゃれあっていた。

「白ちゃん!」と声をかけると一匹がワタシを見上げ、
目をゆっくりと瞬かせて挨拶してくれました。

なにも九月になったからといって、こんなに早く秋にならなくてもいいと思うのですよ。。。


Cat Stevens - Moonshadow

投稿者 orangepeel : 10:51 PM | コメント (0)

September 01, 2009

on my mind

brighton01mj.jpg

brighton02mj.jpg

brighton03mj.jpg

brighton04mj.jpg
© photo by hiromi suzuki

9月になってしまった。
この夏も海にいけなかった。

未練がましく(笑)、ブライトン写真をひっぱりだしてみた。
1996年9月末のシーズンオフひとけのない海岸。


Everything But The Girl - On My Mind

投稿者 orangepeel : 10:12 PM | コメント (0)

August 19, 2009

球体

地球や月や土星は、なぜ球体なのだろう。

なぜ球体の物体を蹴ったり、たたきつけたり、バットで打ったりするのだろう。

かつてバレーボール部員だった夏練をおもいだしながら。

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

July 29, 2009

VLADIVOSTOK

起動がおそい古いpcにもどって、6年前のブックマークに
なつかしくウラジオストクの資料をみつけました。
そういえば「ウラジオ!ウラジオ!」と夏の旅を夢みていました。

そのころは、写真撮影禁止の秘境でしたが、
現在、リゾート開発が予定されているとのこと。
なんだか、それも興味深いロシアです。

投稿者 orangepeel : 08:09 PM | コメント (0)

July 19, 2009

ladies and gentlemen

P1000076.JPG

P1000078.JPG

P1000082.JPG

P1000083.JPG

P1000084.JPG

この夏の一般公開を最後に姿を消してしまう
中野区南台の東京大学海洋研究所です。

1960年代の建築物、もっとあちらこちらで記録写真を撮ってみたかったのですが、
観覧のひとびとでいっぱいで、カメラは天井をむかざるをえなかった。

地味ですが、静謐でストイックな研究所の雰囲気を。

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

July 15, 2009

fruit fly

cadmium yellow light mj.jpg CADMIUM YELLOW LIGHT

cadmium yellow middle mj.jpg CADMIUM YELLOW MIDDLE

cadmium yellow orange mj.jpg CADMIUM YELLOW ORANGE
from

最近のショウジョウバエの生命力ったらない。
スティルス戦闘機のいきおいで目の前に飛び、
ペーパーパレットのうえの‘毒性注意’アクリル絵の具まで味見していくのです。

英語名が『fruit fly (果実蝿)』とはいえ。。。

投稿者 orangepeel : 07:02 PM | コメント (0)

May 24, 2009

中ぶら ☆ 下ぶら

中野か下北沢。
週末の散歩をたのしみたかったのですけれど。

つかれちゃった。。。(寝)

投稿者 orangepeel : 04:45 PM | コメント (0)

May 15, 2009

出来レース

P1110055.JPG

ちょこっと前の虹の写真。

某化粧品メーカーのCMが10年ほど前の広告賞に応募したビジュアルとコピーそのものでびっくりした。
入選すらしなかったのに。

投稿者 orangepeel : 09:38 PM | コメント (0)

March 29, 2009

nipped in the bud

P1100827.JPG

P1100852.JPG
© hiromi suzuki @shinjuku gyoen park

投稿者 orangepeel : 11:41 PM | コメント (0)

March 28, 2009

alice

P1100855.JPG
© hiromi suzuki@shinjuku gyoen park

投稿者 orangepeel : 09:08 PM | コメント (0)

March 17, 2009

あたらしい朝がきた

我が家の窓辺には渋谷区のスピーカーから『夕焼け小焼け』がながれてきて、
となりの中野区からは『遠き山に日は落ちて』が反響し、
ヨーロッパの教会の鐘ライクな和音を奏でている風情。
どこかモノ哀しいゆうぐれ。。。

みなさまの街では、どのような曲で日が暮れますか?
非常に興味あるのでお知らせいただけたら幸いです。

ところで、こどものころ住んでいた家のまん前が夏休みのラジオ体操会場でしたの。。。
さわやかに「あたらしい朝がきた、希望の朝が♪」って大音量で
せっかくの朝寝のバカンスが台無し。

ディスカバリーで宇宙に飛び立った若田さんの目覚ましソングだそうですが。ハハハ。

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (2)

March 09, 2009

work sharing

日本のワークシェアリングは、どこか企業に都合のいいようなシステムになっているような気がします。

昨夜、ニュース番組でみたワークシェアリングの先駆国オランダでは、
正社員もパートも派遣も「皆、おなじ仕事をしているのだから」と、時給は一緒だそう。
たとえ派遣を解除されても、派遣会社の責任なので、最高3年所得の七割が保証されている。
ライフスタイルにあわせて、収入も時間も労働者がイニシアチブをとっているのです。
ある男性はたくさんの蔵書棚を背景にして「本を読むのが好きだから」と、自分の時間や家族とすごす愉しみを語っていました。

もっと前からこんなふうにブログで、個人が書評や映画評などの自己表現を自在に発信できる世の中になるとしっていたらよかった。
「しごとが生きがい」なんて前時代的なのかもしれません?

投稿者 orangepeel : 06:53 PM | コメント (0)

March 06, 2009

コミュニケーション力

仕事電話のやりとりを傍らで家族にきかれていて、
「10年ちかくおつきあいがある印刷会社なんだから、
さいごになにかちょっとコメントしたらいいのに。事務的すぎる〜」

と苦笑されて反省。。。

そういえば以前、五反田で税理士をしている叔父に
「ひろみちゃんの電話はいつも要件だけだ。
『叔父さま、お元気ですか♪』みたいな愛想がない!」

って、罵倒されたのを思い出しましたよ。。。

投稿者 orangepeel : 08:10 PM | コメント (0)

February 19, 2009

モグラの眼

moguramj090219.jpg
from wiki

年が明けてから、途切れることなくお仕事があってありがたいです。
もっとできます、よろしくお願いいたします☆

郵便物を投函にでかけたら、夕暮れの日差しをまぶしいとかんじたのはモグラだね。
モグラは眼が退化して盲目なんだとか(耳も聞こえない)。

ポストの前で下校途中の女子中学生と目があった。
なんだかボクトツでユウウツな眼差し。
自分の中学時代をおもいだし、なつかしいきもちで涙ホロリした。センチメンタル。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

February 08, 2009

第3の性

mammamiamj090208.jpg

まだ観てないから内容がまったくわからない映画『マンマ・ミーア』。
仕事しながらラジオで聴いた59歳メリル・ストリープの歌う、
アバ『ダンシング・クイーン』のはりきり完コピにウケてしまった。

そういえば昔、不動産会社に勤めていた母親がプンプンして帰宅して、
いったい何があったのかと訊けば、社長の娘が幼稚園から戻ってくるなり、デスクにむかう母に問うたそうな。

「鈴木さん、男?女?」

「あら、やだ。女よ。どっちだとおもった?」

「オバサン」

こどもっておもしろいこというなあ、と爆笑した。


といいつつ、ワタクシも第3の性に擬態しつつあるような気がするのですが、
“擬態”とわざわざ言ってみたいのは、オバサンってふてぶてしいようだけれど
じっさいは、少年のこころをもつオジサンより弱いんですよ。

メールの返信がなかったりするだけで、傷ついてしまう。。。

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

ごぶさたしております

このところ、体調とおしごとの関係で『北沢川文化遺産保存の会』に参加でずさびしいんですが、
こちらをみていただいている方がいらっしゃいましたら、
ごあいさつ遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします☆

そして私信おこがましいですが山崎ナオコーラさま。
下北沢の教会めぐりをごいっしょさせていただいた鈴木博美です。

また、なにかのご縁でお話できたらとおもっております。

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

February 04, 2009

in my life

setsumj090204.jpg
illustration by hiromi suzuki

夕飯の準備をしていたら電話があった。
保険会社を辞めてセツ・モードセミナーという美術学校で絵を描いていたころ、
地元の大手学習塾でアルバイトをしていたのですが、そのときの同僚から。

アルバイトは夜間勤務の苦学の時代で人生の通過地点の記憶のつもりだったのに、
はしゃいで話してしまった。

10年ひとむかし、というがたのしかった。

上の絵はセツ先生に褒めてもらったなつかしい作品です。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

January 23, 2009

地図

gazamj090113.jpg

ガザ地区をニューヨークにあてはめるとこんなかんじだそうです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

January 14, 2009

ELEANOR RIGBY

yokosukamj090114.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

ひさしぶりのTE

リヴァプールではなく、横須賀なのです。
モノクローム写真集をおたのしみくださいませ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (0)

January 13, 2009

from my window 090113

frommywindow090113.jpg

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:39 PM | コメント (0)

January 02, 2009

明けましておめでとうございます☆

ahappynewyearmj090102.jpg

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

元日、近所をぶらりと散歩していたら、辻から辻にわらわらと信仰深い人々があらわれて、
数年前のお正月には閑散としてた神社の参道にながーーーーーーい行列ができた。
寺社や水路をつなぐ、長くまがりくねった古い道を探求するのがお気に入りのつもりでしたが、
ローカリズムに溶け込めないワタシは、まったくもって根なし草、ハハハ。。。
写真は放浪の末、暖をとったデニーズにて。窓のそとは西日が陰ったテニスコートです。

新年のTV、さきほどまで見てたTBS『歴史冒険ミステリー 世界のピラミッド徹底解剖!!人類史上最大の謎を解けSP! 』は、放送時間が異常にながくてつかれたな。古代エジプトのロマンはクフ王の墓と財宝発掘を終着駅にするのがハリウッド冒険映画的なのかもしれないけれど、ピラミッドは雨水を効率よくあつめる浄水装置で、スフィンクスの地下は神聖な湧水を祀った暗渠なのでは!?と家族とミステリー解読したのもロマンです(笑)。台地からつづく参道がかつての広大なナイルにつながっているところも水路なかんじ。あ、そうだ。ピラミッドは雨季を計る天体観測所でもあったのではないかと、勝手な自分説をひとりごちてみる。

おやすみなさい。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:10 PM | コメント (0)

December 30, 2008

good year

goodyearmj081230.jpg

年の暮れか〜。。。
なんだかながい一年だったような気がいたします。

来年こそは変化したいような
あきらめてしまいたいような(苦笑)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

November 19, 2008

珈琲屋 preservation society

PabloPicassomj.jpg

bobdylanmj.bmp

JEANNEMOREAUmj.bmp

ゆうべのTV放送の影響か、別館『珈琲屋 preservation society』の岩本町「明石屋」検索ご来店がすごい数!

ちなみに、外国からお越しのかたがたはPablo Picasso や Bob Dylan の画像がお気に入りのようです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

November 17, 2008

keiki

「競争がきらい」というひとほど、競争を意識してるのかもしれない。
しかし「景気」って言葉はいまさらピンとこなくなったですね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:30 PM | コメント (0)

November 12, 2008

indian summer

windowmj081112.jpg
© photo by hiromi suzuki . london

きょうの空はグレイに時雨れてさむかったですね。
あしたは小春日和の予報。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

November 08, 2008

excursion

P1100523.JPG

P1100524.JPG

P1100525.JPG

P1100527.JPG

P1100530.JPG

P1100533.JPG

P1100535.JPG

本当にひさしぶりの外出は、バスを乗りついでちいさな遠足。

街はすっかり冬のにおいでした。
ひとびとは綿入りのジャケツをはおっていたよ。。。
恵比寿ガーデンプレイスはクリスマスきどり。

明日、電気ストーヴと汁物用の小鍋を買いにいかなきゃ。
我が家の冬じたくです(所帯じみてます:笑)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

November 07, 2008

lotus

flowersmj081107.jpg
© photo by hiromi suzuki . london

蓮の花@kew garadens

ところで “ lotus eater” は
1 《ギリ神話》ロトパゴス:lotusの実を食べて安逸に暮らした人.
2 (世事に無関心な)夢想家.

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

November 04, 2008

roses #03

rosesmj081104.jpg
© photo by hiromi suzuki . london

秋のバラ@kew garadens

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

October 24, 2008

love me tender

朝から秋の雨がつよく暗く世界をたたきつけて、
なすすべもなく部屋に積み上がった本を読んでおりました。

ふと、雨音に混じってちょうしっぱずれな『ラヴ・ミー・テンダー』のオルゴールがきこえてきて、
おや?もう、そんな時間かしら?と時計をみたら、まだ夕刻のチャイムの時間じゃない。

ただしくは我が家のとなりの中野区から『遠き山に日は落ちて』の
5時の時報をきっかけに、ふらふらとお夕飯の買物にでるのが日課です。

さて。

となりのマンションの建設現場で作業用リフトが昇降するたびに、
ちょうしっぱずれの『ラヴ・ミー・テンダー』が流れることに気がついたのです?

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:57 PM | コメント (0)

roses #02

rosemj01.jpg
© photo by hiromi suzuki . london

秋のバラ@kew garadens

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:03 PM | コメント (0)

October 22, 2008

roses

rosemj081022.jpg
© photo by hiromi suzuki . london

秋のバラ@kew garadens

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

October 15, 2008

Message To You Rudy

エッセイスト・内田樹氏のブログに難波の個室ビデオ放火殺人事件についての記事(以下引用)。

“親から家を相続して、それを売ってしばらく糊口をしのいだ時期がある。
親からの贈与が「セーフティネット」として一時的には機能したのである。
けれども、それに続くものはもうなかった。

現代社会に「セーフティネットがない」ということ、
その整備が必要であることは政治学者も社会学者も心理学者も指摘する。
けれども、その場合の「セーフティネット」とはいったい何のことなのだろう。
行政による貧窮者への公共的な支援のことなのだろうか。

たしかに生活保護を受給すれば、税金によって餓死や凍死はまぬかれることができる。
けれども、それは最低限の生活を保証する緊急避難的な措置であって、
個人の自尊感情や自己達成感とはかかわりがない。

しかし、実際に今度の事件の容疑者を追い詰めたのは
単なる物質的な窮乏というよりはむしろ「誰からも敬意を持たれない。
誰からも期待されない。誰からも愛されない」というメンタルな欠落感だったのではないであろうか”

内田樹の研究室 『親密圏と家族』より


The Specials - Message To You Rudy

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:47 PM | コメント (0)

September 25, 2008

thank you !

P1100477.JPG

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

September 24, 2008

piano

お昼ごはんにお茶漬けをさらさら食べながらワイドショーをみてたら、
茂木健一郎氏が取材されてて「脳を活性化させるには指先の運動がいいですよ。
僕は毎朝、ブログをつくるんですが、キーボードを打つのって
ピアノを演奏するのとおなじじゃないですか」って話をされてて、
うーん、なるほど、とブログ中毒を正当化しようとおもいましたが、
ワタシのタイピングの速度、とてもじゃないけれどピアノじゃない。

「自由」とは何かという問題は、
とても難しいことである。

「自由」とは、自分の行為に何らの
制約も加わらないことだと普通は考えられがち
である。

しかし、それは、自由であることの十分
条件ではない。もし、「ランダム」であること
が自由であるならば、それは容易に無意味に
落ちてしまう。

カントは、自分の内なる格率に従う
ことができることが「自由」だと
考えた。

だとすれば、それは、「制約」という
意味ではむしろ不自由にも思える。

しかし、そのような内なる格率に従う
ことこそが「自由」だと、今の私には
確かに思える。

やりたいこと、夢見ていることがある。
世間との交渉の中で、それができるとは限らぬ。

茂木健一郎 クオリア日記『影絵』より

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:29 PM | コメント (1)

September 23, 2008

your litter !

yourlitteermj080923.jpg
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

September 11, 2008

エフェメラの記憶

「あの家はあの頃から湿った匂いと埃くささがあったな」
って、最近、とうとつに記憶の断片が口についてでてきて、
自分自身や家族に「なに?それ?」という混乱をまきおこします(おおげさです:笑)。

こどものころ住んでいた、本郷の社宅は戦前からある文化住宅でした。
部屋のすみずみに残っていたふるい匂い(畳や壁やふすまの隙間から発する)が、
なつかしいというか思い出になっているらしいのです、あの湿気くささ!

そういえば、ふとした夕暮れに母親が外国のクリスマスカードや
紙製のちいさな人形やらがぎっしりはいったさびついたお菓子の缶をあけて、
「もうすこし大きくなったら、ひろみにあげるわね」って、
ものすごくときめいて、いつもらえるんだろう?
なんていってるうちにいい大人になりましたが、結局もらえず。あれはまぼろし?

ephemeraにめざめたのは、いまにはじまったことではなかったらしいです。

ちなみにいま母親(60代)にわがmjをみせても
「わけわからない!」の一点張り。。。
わけわからない!

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:41 PM | コメント (0)

September 10, 2008

男闘呼組

P1100422.JPG

夏の強引さとちがって、秋の気配はこっそりと、
しっかりと部屋にしのびこんでいました。

窓から差し込む西日が壁に落とすブラインドの影や、
大根と油揚げのお味噌汁の湯気のなかに。

夏の強引さとちがって、秋の気配はこっそりと、
肩をつつんで、きまぐれに離れていくのです。

タイトルの男闘呼組は『秋』というシングルがあったから。
ファンでもなんでもなかったのですが、
秋=男闘呼組というなにやら男らしい記憶がすりこまれてしまいました。ハハハ。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:54 PM | コメント (0)

September 05, 2008

sun flower

stanleyroadmj080905.jpg

stanleyroad03mj080905.jpg

stanleyroad04mj080905.jpg
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:15 PM | コメント (0)

September 04, 2008

summer's over #02

beachmj080904.jpg

beach02mj080904.jpg

beach03mj080904.jpg
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

September 02, 2008

summer's over

br01mj080902.jpg

br02mj080902.jpg
© photo by hiromi suzuki,1996

@brighton beach,september

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:44 PM | コメント (0)

August 10, 2008

北京オリンピック

beijin01mjg080810.jpg

オリンピック開会式をNHKの再放送で観ました。
中国の国力を素敵にパフォーマンスしてた。

ロシアがグルジアを空爆したニュースはいずこ。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

August 07, 2008

ice cream

icecreammj080807.jpg
© photo by hiromi suzuki

icecream.jpg

暑いですね。
PC、復旧いたしました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:40 PM | コメント (0)

August 01, 2008

everything under the sun

P1100414.JPG
© photo by hiromi suzuki

8月になりました!

青空にむかって両手に葉っぱの指揮者きどり。
夏休みの小学校裏庭@hatagaya,shibuya-ku,tokyo.

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:41 PM | コメント (0)

July 28, 2008

mellow yellow box

boxmj080728.jpg
© photo by hiromi suzuki

いつかの夏の江ノ島の
お土産物屋さんで購入した貝殻。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

July 22, 2008

夏なんです☆

P1100380.JPG

P1100383.JPG

P1100386.JPG
© photo by hiromi suzuki

暑いですよ!
下北沢は盆地ゆえに気絶しそうに暑かったですよ!
喫茶邪宗門のアイスミルクコーヒーで涼をとりましたよ!

テーブルで奥さまが押し花づくりの作業をしていたのでうっとりしてしまった。
絵具をあつめるようにさまざまな色味の草花をひとつひとつ丁寧に和紙にはさんでいくところ。
まさに宝石箱なんです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:06 PM | コメント (0)

July 16, 2008

brighton beach

beach001 080716.jpg
© photo by hiromi suzuki,1996

暑中お見舞い申し上げます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:17 PM | コメント (0)

July 14, 2008

water lily

kewgardensmj080714.jpg
© photo by hiromi suzuki,1996

2003年世界遺産登録された英国ロンドンテムズ河の上流部にある Royal Botanic Gardens, Kew にて。

睡蓮の花言葉は『清純なこころ』。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:00 PM | コメント (0)

July 10, 2008

まちがい電話

「〇〇ですけど・・・やっぱり・・・来なかったですね」という妙齢の女性からの留守電があって、
昨日たまたま留守してたら「〇〇ですけど、また電話します、ん。。」ってせつない声。

三度目の電話がこわくて、ビクビクしてます。
おねがい!まちがい電話に気づいて!

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:44 PM | コメント (0)

July 04, 2008

information

Hiromi Suzuki Illustrationsのtopをリニュアルしました。

また海馬副編集長チョコチップ氏のchocochip.co.ukおよび、ドメイン傘下の
珈琲屋preservation societyは以下の新ドメインに移転いたしました。

●blog: www.chocochips.co.uk
●珈琲屋preservation society: www.chocochips.co.uk/cps

お手数ですが再度ブックマークとご愛顧の程お願い申し上げます。
リンクいただいている関係各位にご心配いただいて申し訳ありません。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 orangepeel : 12:20 PM | コメント (0)

June 17, 2008

suburb

P1100259.JPG
© photo by hiromi suzuki

京王線、つつじヶ丘駅周辺にて。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

May 23, 2008

london underground

sasazukamj080523.jpg
sasazuka , London Underground






ウソです(笑)。
London Underground Sign Generator で夢の駅をつくってみました。
via The Generator Blog

そういえば、こどものころ地下鉄がロンドンに直結して日帰り旅行できる夢をみたことがあります。

◆ 別館『珈琲屋 preservation society 』 更新しました☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

May 18, 2008

人間は考える葦である

NHKをぼんやり見てたら
yaraku01.bmp パスカルが

「この無限空間の永遠の沈黙がおそろしい」って yaraku02.bmp
いただきものの坂角せんべいをぽりぽりいただきながら
    yaraku03.bmp  感心。

“ ゆかり” よりちょこっと高級ね

     黒ごま  yaraku04.bmp

    yaraku05.bmp  まるごと海老は秀逸☆

yaraku06.bmp

yaraku07.bmp

yaraku08.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

April 01, 2008

april come she will

4月になりました。
新学期、新年度の季節ですね。

最近フランスのある著名なイラストレーターとのメール往復で励まされた。
見ず知らず(といっても当サイトを愛読していただいているとのこと)の
日本人イラストレーターへのやさしいアドヴァイスに涙ちょこっとでました。
ストイックでプロフェッショナルな大人。

あたらしい春、あたらしいステップのことかんがえてみようとおもいます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (0)

March 23, 2008

国境

fg.gif

せんじつTrekEarth に投稿した写真に
ご親切なことにWorkshopでこんなふうにトリミングのご助言をくださった方がいる!

フランス語でディスカッションする勇気と語学力をもちあわせていない。
って、いぜんにもこちらでこのようなこと愚痴ってましたね、ハハハ。

正方形にちかいトリミング、たしかにレコードジャケットのようにまとまってますけれども。

どうなんだろう、背景の窓が際立ってしまっているような。あやしいかんじ。
ついカーテンのむこうがわの不穏な視線をさぐってしまいたくなりますね。
みなさま、どうおもわれますか?!

ただただ煉瓦の壁の濃い灰色が白い花の愛らしさを強調していて好きな写真なのですが。。。


日頃、日本人を意識してイラストレーションを描いたり、
写真を撮っているわけじゃないのですが、やはりワタシは東洋人なのです。
白と黒の対比に水墨画のような“間”を無意識に意識していたのかもしれないです?!

「西洋人にはわからない」とせっかくの文化的な交流をつっぱねてはいけないかもしれない。
自分の価値観がいちばんと勘違いすることのない平和主義者になりたいです。

そして。意外に国境は身近なところにあったりもします。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (4)

March 10, 2008

rose

rosemj080310.bmp
rose02mj080310.bmp
chelimj080310.bmp
anemonemj080310.bmp
東京大学植物標本室のおし葉標本。

うえから
.汽鵐轡腑Ε丱蕁Rose hirtula(バラ科)
▲汽鵐轡腑Ε丱蕁Rose hirtula(バラ科)
ヤマブキソウ Chelidonium japonicum(ケシ科)
ぅ汽鵐螢鵐愁ΑAnemone stolonifera(キンポウゲ科)

日本植物研究の歴史 小石川植物園300年の歩み』から。

秋にひろった押し葉がいい具合になっていました。
かといって標本にするのは大袈裟だし、ふるい紙にコラージュして
ちかくのビジネスショップでラミネート加工でもしてもらおうとおもっているのですが、
なにかよいアイディアはありませんでしょうか?


小石川植物園所蔵の薔薇やアネモネの押し葉標本は、春のシルエット。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (0)

la vie en rose

shopping_bag_ladymj080310.gif
from the shopping bag lady

せんじつ地下鉄のなかでとなりあわせた高齢のご婦人が
10個ほどの!高島屋のショッピングバッグをかかえていて、座席がキツキツ。
ずいぶん豪勢なお買物でうらやましいなあ、なんておもってふと観察したら、
すべての紙袋にビニールがかかっていたのです、雨でもないのに。

“ shopping bag lady ” なんて、かわいらしい言葉が英語にありますけれど、
全財産を百貨店の袋につめて地下鉄を漂流する女性の意味であることは、
みなさまご承知のこととおもいます。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:48 PM | コメント (2)

February 04, 2008

escargot

P1090672.JPG

雪になる前の土曜日午後は神田神保町にいき、地元レストランでエスカルゴを食べました。

鴨沢祐仁さんを悼むニュースやブログを雪解けの音を聴きながら読んでいると心がくるしい。
ファンはたくさんいるのに、本は絶版だった。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:03 PM | コメント (0)

February 01, 2008

haircut 100

ichomj080201.JPG

ふと窓のそとをみたら、イチョウ並木の数本の枝が刈りとられている!
てっぺん部分もぷっつりと切られてしまって、なんだか滑稽。
技術のない床屋で虎刈りにされたよう。。。

葉がすっかり落ちたイチョウの立ち姿はどこかストイックでうつくしいのに。
春になったら、ちゃんと芽吹くことができるのでしょうか?

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:50 PM | コメント (2)

January 31, 2008

姓名判断

有名人の画数 ・運勢 ということで、
ごしんせつにもワタクシ(?)の名前を占っていただいております。。。

ところで鈴木博美(イラストレーター)は有名人なのか?!

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:08 PM | コメント (0)

January 29, 2008

happy birthday☆

socks080129.jpg

家族へのバースデイ・プレゼントにBDをおくったのです。
まったくもってワタクシの趣味で1977年パンク特集のフレンチコミック雑誌。

パンクだって(笑)。
寄る年波にはくつしたのほうがよかったみたい。
あったかいくつした。

今年はさむいから実用です。

今宵、みぞれになりつつある東京にて。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

January 14, 2008

弁天堂

bentendomj080113.JPG
© photo by hiromi suzuki,2008

上野不忍池の弁天堂です。
観光絵葉書みたいで気に入ってます。
でもトレック・アースには投稿しませんよ、very Japanese だから。
ひねくれもの、ホホ。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

January 01, 2008

妖精をみた

P1090533.JPG

ながいこと元旦の日本人の風習として、あちらこちら
(原宿明治神宮や杉並妙法寺など)節操なく初詣でしておりました。


本日は、縁あって16年前に洗礼を受けた御茶ノ水のニコライ堂へ。
おとなのなりをしているけれど何も知らないこどもにうまれかわったつもりで新年の礼拝に挑んでみました。


敬虔な信者の方々のなかで、ぼんやりと天井をみあげると窓の外をよこぎる鳥の影が
聖堂内の壁におおきくクロスし拡大されてゴブリンかなにかとおもってびくびくした。


ふと、すっかり退屈してしまっているもようの
かわいらしいロシア人のこどもたちと目があいました。

湯島天神詣でなどで御茶ノ水はにぎわっていましたけれど、
デパートがすっかりお休みの新宿は閑散としていました、ふしぎな光景。

地元のコンビニによったら、ずいぶん前にイラストレーションの仕事をした表紙がブックコーナーの前列にあって、
ちいさなよろこびですけれども、今年は幸先よいのではないかとおもってみたりしたのです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

December 31, 2007

the namesake

来年はもうすこし品よく知的にありたいです。

親から名づけられた「博美」(“ 博“ と“ 須美枝“ から一文字づつ)もありがたく、
さらにニコライ堂からいただいた洗礼名は “ ソフィア ” (ソフィア・コッポラといっしょ:笑)で、
ギリシャ語ではSophia (wisdom)「賢人」の意味も大変うれしくおもいます。

って、wikiまでリンクしてしまいました。ハハ!

来年もよろしくお願いいたします!

みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ☆


calendar banner.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:40 AM | コメント (0)

December 28, 2007

seven

sevenmj071228.jpg
from

先日、勝手に The suzukis と名のっている3人の下北沢での呑みの席で、
へらへらと「そういえば、英国では全身ラバー(レザー?)で街にでると猥褻罪で逮捕されるんだよねえ」と、
政治について熱く語っている他のふたりの話の腰を折った。

ずいぶん前に読んだちいさな新聞記事にあった。
全裸は注意勧告ていどなのに、全身ラバー(レザー)のボディスーツはわいせつ。
たしか顔がでていればOKで、とにかく頭からつま先まで体をぴったりとスーツにかくしているのが、
英国人にとってのわいせつ観なのだそうだ。

「ねえねえ、ウルトラマンっていやらしくない?!」と調子づいた。

「こどもの頃ウルトラマン・ショーに行ったんだけど、
後ろにファスナーがついてんだよね。で、表面がふわふわしてるの」

この話、どこかで書いたかもしれない。
となりで聞いていたT君がウケていたのか引いていたのかおぼえていない。
夢中になってしまい頭が真っ白になりました。

じつは厳密にいえば“ ウルトラセブン” 萌え。
セブンに変身する前のモロボシ・ダンの弱いところが好きだ。
「弱い」といっても「ひとは誰でも弱いものだ」という精神論的なことではない。
ワルモノにすぐやられてしまうところである。
首しめられて気絶してしまったりするダンには、
こどもごころにも存在するサディズムにめらめらと火がついたものだ(苦笑)。

地球平和のため怪獣とたたかう強いスーパーヒーロー、ウルトラセブンの
あのセブン・スーツの下には弱い生身の肉体がかくれているのである。

あと、変身するときに装着するアイ・スラッガーが顔と一体化するのが、
ほかのウルトラヒーローとちがって生々しいですね、ハハハ。。。

オタクな話題で失礼。

英国人に嫁いだ知り合いをもつ妹からきいたのだが、
いま英国のこどもたちにもウルトラ・シリーズは大人気だそう。
フフフ☆

calendar banner.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:30 PM | コメント (0)

December 26, 2007

fortune cookie

↑ フォーチュン・クッキーを click !


calendar banner.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:00 PM | コメント (2)

November 28, 2007

badge

pin071128.JPG

ピンバッジをあつめていて、
これからの季節はニット帽に飾るのがオシャレな気がするんですが、
なにせ丸顔ゆえ帽子が似合わない。。。

標本みたいにガラス瓶にとじこめてみます。

水玉柄の馬がかわいかった。
どこの国のバッジやらわからなかったけれど。
きのう、中野ブロードウエイ入り口の古雑貨屋でみつけたちいさな勲章。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:57 PM | コメント (0)

October 10, 2007

Wake Up Boo!

世間をさわがせている“書け書け詐欺”(というのはワタシの造語?:笑)。
とっくにみなさまはご存知でしょうか?

「あなたには才能がある。本を出しませんか?」と甘いことばで誘い、
いわゆる“自費出版”をすすめるというものです。
厳密にいえば、すべてのケースが詐欺とはいえないかもしれませんけれども。

むかしから歌集とか句集などは、ほとんどが自費出版ですものね。
経済的に余裕があるのなら、むしろうらやましい話でもあります。
200万円〜300万円の費用を親から借金したりローンを組んだり、となれば、
「そこまでして世に問うに値する作品なのか」という本人の内省によりましょう。

なんどもこちらで書いているし、ワタクシごとでお恥ずかしいのですが、
「mixiでみた」と、フリー編集者を名のる男性から突然電話がかかってきて
「あたらしく創刊される女性向け文芸誌に恋愛小説を書いてください」と。
ええ?エッセイをとびこして小説!?しかも恋愛もの?!
1行も小説を書いていない人間にそんなシンデレラ物語が舞い降りてくるの?
ハリウッド!?

傷つく年頃でもないし、傷つくほどのことじゃあないのですけれども。

6年くらい前でしょうか、画集やアート系書籍の刊行物では、名の通った出版社から、
作品集発行の打診がきて、いそいそと打ち合わせにでかけたら自費出版だった。

長いあいだ生業としてきたイラストレーションの仕事をまとめることができるのはすばらしいが、
「全国の大型書店に並ぶのでプローモーションになりますよ」は、参考にさせていただくとして、
「クルマ1台買うことを考えればお安い話でしょう」という言葉には不潔な印象を否めませんでした。

さてさて、長文になりました。
なにがいいたかったか。

中途半端な“我”(「本業とはべつに文才もあるよ、写真も上手♪」って
小手先だけの能)を通すのは下品だし、さびしい。
どこかで折り合いつけなければいけないとおもうのです。
どうでしょうか?

◆◆◆

wake up!
ということで、なつかしい曲をYouTubeからどうぞ☆


Wake Up Boo!/Boo Radleys

◆◆◆

じつは、先月末入稿予定だった2008年カレンダーのイラストレーション。
出来上がった分だけを第一弾として印刷会社に送ったばかり。。。
器用ではないので、いちにちひとつのこと根つめて続行しております。

カレンダーの発行は8年目に突入し、毎年作品集をつくらせていただいているつもり。
たいへんな幸運にめぐまれていることだと考えております。

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:00 AM | コメント (0)

September 26, 2007

elvis

elviste.jpg
© photo by hiromi suzuki

一眼レフのデジタルカメラほしいなあ。
って、検索してみつけたのがTrekEarthなのです。

きれいな写真がいっぱいなんですが、
なんだか貸しポジ感とカメラの性能自慢が気になる(ひがみ:笑)。
熱いです。

“決定的瞬間”について説明しなきゃいけないみたいなんで、すぐ飽きるとおもいます。

とりあえず勝手わからず一日いちまいUP。
アナログEOSのモノクロームコレクションから高得点?をいただいた“elvis” をどうぞ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:02 AM | コメント (0)

September 20, 2007

153cm/70kg

kanako.jpg

柳原可奈子はデブといってもバランスとれたデブで可愛い。
タレント年鑑のプロフィール「153cm/70kg」は、
アイドルのサバよみとは対極にサバよんでてキャラクター化をはかってるとおもいます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:19 AM | コメント (2)

September 09, 2007

stray sheep

P1090123.JPG

秋めいてきたゆうぐれの空をヒツジたちがよこぎっていった。

きょうのつぶやき。

いぜん、どなたかのブログで目にしたことば。
「インテリジェンスとは、英語がしゃべれるとか数学ができるとかではなく、
自分の興味あることで、いかにひとを惹きつけるかです」

過去の雑誌をめくっててみつけたことば。
「時代が進化してるというのは資本主義国家的な勘違い(いまでいえばグローバリズム)です」

TV朝日『情熱大陸』(?!)に大竹伸朗がでてて、なんとなくびっくりした。
インタビュアーが「なんでゴミなんかあつめてるんですか?」って、
その問いにかなしげな目でこたえてる大竹伸朗がかわいそすぎました。
スポンサー的にエコな答えを期待してたのでしょうか!?

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:43 PM | コメント (1)

September 04, 2007

グウタラー

P1090099.JPG

「何言ってるかわからない!もっとはっきりしゃべって!口元だらしない!」
と、カツゼツわるいのを家族に罵倒される日々ですが、
鏡みてしゃべってみたら口元どころか顔全体がだらしないことに気づきました。

ところで、だらしないの“だらし”ってなに?

語源由来辞典によると「だらしない」は、けじめがない、しまりがないこと。
同じ形容詞“しだらない”の音節順序を入れ替えた言葉だそうです。
「しだらない」の“しだら”は、自堕落(じだらく)が訛ったものとかんがえられる。。。

関連語に

ふしだら

ズベ公

ぐうたら

なんかがあって、自分のダメダメ具合にうちのめされてみるんですが、
スコットランドに怠けることを「グウタル」そして怠け者の意味の「グウタラー」ということばがあるそう。
なんかカワイイね。
これからワタシをグウタラーとよんでください。

上のマカロンは銀座ル・ブランで購入の宝石。
食べることとなると、ワタシの口はグウタルとは程遠くなる。
というオチでよろしくお願いします☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (2)

September 01, 2007

invisible ink

P1090093.JPG
バラのジャムのようなちいさなインク瓶。

P1090085.JPG
ペンにつけて便箋にメッセージを書いてみたら透明なんです、invisible なんです。

P1090089.JPG
ドライヤーであたためてみると。。。
青いハートがうっすらと浮きでてきました!

みかんの果汁のあぶり出し年賀状とかつくったことありませんか?
ストーブにかざしてワクワク!

ひみつの手紙、書いてみたいですね☆

***

ちなみに、温度が下がるとメッセージ消えます。。。


blogranking

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (2)

August 29, 2007

Where Did the Summer Go ?

P1090042.JPG

さびしいですね、さびしいですね!

ゆうべ、PCの電源切ってリビング・ルームの灯りを消して、
のんきにベッドにもぐりこんだら、
今朝、雨もよいの灰色の秋になっていた!
“秋になってしまっているといい”なんて呪いをかけてたの、
すっかり忘れてた!

雨雲のうごきを東京アメッシュでながめていたら、
またまた、さびしくなりました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:00 PM | コメント (0)

August 15, 2007

9

1997年の“ルクソール事件”をおぼえておいでだろうか。

イスラム原理主義過激派によるエジプトへの外国人観光客無差別テロです。
日本人旅行者10名(!)を含め多数の観光客が襲撃され死亡しました。
全員が銃口の正面にむかされて撃たれたという残虐きわまりない事件です。

このとき、憲法9条改正の“9“の字もでなかったですね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

August 13, 2007

夏なんです

コンビニの店先につながれていた犬(豆柴オス)がとつぜん駆け出していった。

“冷し中華、冷麺好評発売中!”ってフラッグのポールを引きずったまま通りをぬけて疾走。。。
飼い主もあわてて外に追っていましたが、みつけることができたかどうか。

ひとめぼれしたんですね☆

夏なんです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:31 AM | コメント (2)

August 09, 2007

女の子

ghostworldback.jpg

先日、友人(20代後半:男)に新宿のロックバーへひさしぶりに同行したのですが、お店にはいったあと姿を消したとおもったらバーカウンターの奥から女装してでてきたんです。その夜は仮装パーティだったみたい。下北沢の呑み屋で時計を気にしてたし「よっぱらったからタクシー」って、そうか、シンデレラに変身の時間だったのか。タクシーはカボチャの馬車だったのね。

って、フリフリのメイド(メイド喫茶のメイドのコスプレ)のコスプレで、本気で「女の子☆」というかんじでプリプリしてたんで、軽くいらっとして(笑)スカートをめくってやった。

ワタシは小学生男児がしつこく、女の子が泣き出すまでスカートめくりをしていた心理にふと気づいたのでした。
“女の子”というのは、スカートめくりをされて泣き出してしまうほど女の子のくせに“女”のかたちをしているから腹立たしい。


保険会社のOLをしていたときのこと。30代後半から40代の先輩が、新人も含めた女子職員をひっくるめて「私たち“女の子”は・・・」という発言をしていてギョッとした記憶があります。というか、むしろ不快をともなった憤りを感じたのです。それは「20代前半の私といっしょにしないでよ」というものじゃあなかったと思うし、「いい歳して自分を“女の子”なんていうから男性から馬鹿にされるんだ」とかいうフェミニズム的観点からでもなかったと思う。

“女の子”は、どこかイノセンスへのあこがれを内にもっていて、そのナルシシズムと御都合主義的なところが自家撞着していてイヤラシイ。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (0)

August 01, 2007

いいわけ

P1080781.JPG

きょうの夕焼けはうつくしかった。

と、みなさまにつたえたかったのに写真がブレててもうしわけないです。

◇◇◇

以前から、私は、
「クリエーターは言い訳をしては
いけない」と言い続けてきた。

 芸大の授業でも、学生たちに
そう言ってきた。

 作品として顕れるものが
全てで、
 「本当はこうだったんだ」
とか、
 「こういう意味なんです」
などと説明してはいけない。

茂木健一郎 クオリア日記『やがてうっそうとした』より)

◇◇◇

さいきん始めているコラージュなんですが、
ひとに「この茶色の紙片はどういう意味ですか?」ときかれると
(ただの紙くずですよ)と言いたいていどに軽くいらっとする。

たとえば詩のなかで「このことばはなんですか?」という問いにひとつひとつ答えられないように
紙片をひとつひとつ、つむいで(貼り付けて)ひとつの詩をつくっている作業とおなじなんです

って

説明しなきゃいけないのは、
きっと、言い訳なんだろう。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

July 30, 2007

社長の金言

TVを背後にPCをいじってましたら、きこえてきた「社長の金言大賞」。

気に入ったのは「人生の目的をまちがえてはいけない」だな。

●金持ちになること。
●有名になること。
●偉くなること。
を人生の目的にしてはいけない。

たしかにそうですね、っていうかこのみっつは目的というより、
ひとつの過程なんじゃないかとおもう。


ところで大賞の金言は。

●いやならやめろ。
「人生がもったいないならやめてしまえ」ということだそうです。


“Life is very short ”ですからね!

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (2)

July 22, 2007

slide show

Yahoo!画像検索“microjournal”スライドでみれます

今までに掲載された4,666件!の画像がアトランダムにお楽しみいただけます。
お暇なとき、写真集(アーカイブ)代わりにどうぞ☆
(無断転用・転載は固くお断りいたします。宜しくお願いします)

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:46 PM | コメント (0)

July 20, 2007

children playground

russiahaizai1.jpg

russiahaizai2.jpg

russiahaizai3.jpg
english russia』より。

日本なら公園にあるのはふつうに滑り台やブランコですが、ロシアのはなんだか奇妙。
廃材かなにかでつくられているのでしょうか?
最後の画像は、どこか宇宙的。
もしや、宇宙ロケットなどの材料かなにかなのかな。

たのしいです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:32 PM | コメント (0)

July 07, 2007

パプリカ

P1080662.JPG

太子堂楽器店の軒先にかごいっぱいの野菜果実がありました。
写真はパプリカにそっくりなマラカスです。
立派にシャカシャカいいます、たのしくてかわいい。
渚十吾さんにおしえていただいて、先週こっそり自分のおみやげに買ってみた。

きょうは、ひさしぶりに渋谷へバス旅行。
ひとがいっぱいでつかれました。
裏通り(とくに道玄坂のラブホテル街や百軒店あたり)は、なんて山あり谷ありの地形なんだろう!
どこか山深い温泉街の茶屋めぐりをしてるようなきぶんになりました、おやじ。

必要な文房具をもとめたあと、ロゴスの洋書バザールをひやかしたりしたんですけれど、
5枚で315円の輸入ポストカードにいろめきだって、
足がむくみそうになるほどねばって15枚ほど選んでみたものの、結局やめた。

そしていま、後悔(笑)。

植草甚一さんは散歩の折りになにか買物しなきゃ気がすまないといってましたね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

June 13, 2007

blue,blue,but brick

londonsummer.bmp

londonsummer2.bmp
photo by hiromi suzuki : London,1996

お、やっぱり煉瓦はイギリス積みだね♪

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

June 10, 2007

grasshopper

P1080460.JPG

このちいさな本物みたいなグラスホッパーをつくってらっしゃる方は
三軒茶屋で鮪を解体しているお魚屋さんなんです。

またまた邪宗門にてすてきな出会い

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

May 30, 2007

倫理感

エレベーターでよく会う女性に「こんにちは」と声をかけても、いつもあいさつがかえってこない。かえって憮然としているのです。(感じわるいなあ)って小腹を立てましたけれども、ある日ふと、ワタシほほ笑みをうかべてあいさつしてみた。そうしたら、彼女も満面の笑みで「こんにちは!」って。びっくりした。

暗い顔して口先だけでおざなりに「こんにちは」をいい放つ女。ワタシ、かなり感じわるかったですね。

話はちょこっとちがうかもしれませんけれども。
本日の『茂木健一郎 クオリア日記』。

そうか、それは“倫理”なのか!

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:36 PM | コメント (0)

May 24, 2007

アタマスキャン

nonenrei2.gif

最近、モノ忘れがはげしいの!
人の名前が思いだせないの!

って、ためしてみました『脳年齢チェック』(注:音でます)です。
実年齢相応の結果がでて、なんだかがっかりしたりして(笑)。

◇◇◇

東京大学先端科学技術研究センターのネットラジオ「JC-Nex!」をきけます。


blogranking

投稿者 orangepeel : 10:45 PM | コメント (0)

May 20, 2007

ヒマラヤ杉

P1080341.JPG

きのうの猫町あるきのあいだ、目のまえを何度も行き交う一台のガラス屋のトラックが気になった。
ひとと話すのが苦手なのを勝手にぼんやりとジャン・コクトーの『オルフェ』をおもいだしたりしてました。
猫町幻想のひとつ下北沢のヒマラヤ杉屋敷にたどりついたら、
先のガラス屋が庭先からガラス(サッシ?網戸?)を搬入してるところでした。

このお屋敷の立派なヒマラヤ杉は世田谷区保存樹木になっていて、
下北沢の“森と泉”の妄想を現実にしてくれます。

きょう、中野新橋の古書『猫額洞』におじゃましたら、ぐうぜん、ヒマラヤ杉の杉ボックリをいただいちゃった。
ヒマラヤ杉の風にゆれるところがだいすきだとおっしゃって、
バラのコサージみたいにもろそうな杉ボックリを、エアクッションにわざわざつつんでくださいました。

こどものように(?笑)、手のひらにたいせつにのせて帰りました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

April 24, 2007

ピアノと猫と踏切と

P1080062.JPG

せんじつ下北沢の喫茶「邪宗門」で、きむらけん著『下北沢X惜別物語』(「北沢川文化遺産保存の会」発行)をいただきました。うれしい。うれしい、のひとつの理由は、第五章・踏切物語の第七話「ピアノと猫と踏切と〜東北沢3号踏切」にじぶんたちがちょこっと登場することでもあるのです。

◆◆◆

ピアノと猫と踏切、繋がらないものが繋がってくると詩になる。そんなことを思っていると踏切の警報機が鳴り出した。猫の館から流れてくるピアノの音、「しゅりぃうら、ぴぴぴつぅららら」と聴こえた。警報機は「くわんくわんくわん」と鳴る。ピアノと警報機の二重奏である。そこへ小田急「唐木田」行きの各駅停車が坂を滑ってくる。電車の車輪は住友金属製である。これは「ぐるるるぅるるるぅ」と鳴っている。小田急電車協奏曲という新曲の発表会を聴いているように思った。

きむらけん著『下北沢X惜別物語』より

◆◆◆

この日きむら氏に同行させていただいたのですが、あわててピアニストの詩的な窓を音声入りの動画にし、YouTubeにUPしてみたことがありました。なのに「車のクラクションと銃声にしかきこえない」って、そっけないコメントはいってるの。。。

a pianist

写真は、下北沢ちかくの築堤に走る小田急線。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

April 20, 2007

flowers

P1080009.JPG

P1080015.JPG

P1080018.JPG

P1080017.JPG

P1080019.JPG

P1080013.JPG

P1080024.JPG

P1080025.JPG

家々の軒先では春の日差しをあびて、鉢植えの花が満開です。花の季節です。
ワタシには花をそだて愛でるという余裕がないので、ご近所散歩の折にたのしませていただいてます。「余裕がない」というと語弊がありますが、めちゃくちゃいそがしいとか種を買うお金がないとか、そういうことではないのです。きっと花好きのひとびとには毎朝水をやったり、虫をとったり、世話をすることがなにげなく生活に組み込まれているのだとおもう。そういう日常にぼんやりと出遅れてしまったワタシですが、せめて切花一輪でも花屋でもとめよう。なんだかとてもとても、さみしいじゃありませんか☆

ところで、いちばん下の古めかしいちっちゃな鈴がのど元にくいこんでいるニャンコは“白ちゃん”です。以前、夏のゆうぐれに店のまえで水を打っているスナックのママが「あら、白ちゃん!どこへおでかけ?」って問いかけてました。白ちゃんは言葉を無視し、にぎやかな商店街のほうへ堂々とあるいていきました。

クリックおねがいします♪

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:57 PM | コメント (0)

April 15, 2007

23.5

P1080006.JPG

P1080007.JPG

ただいま、大岡昇平『愛について』を読書中。

そういえば“愛について”という永遠のキーワードは、
そして、入沢康夫〜スガシカオにひきつがれるのです♪

写真は中野区にて。
舗道につみあがった靴型。

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

March 18, 2007

Rollbahn

P1070482.JPG

Rollbahnノートは、ビニール袋のページもついててべんりです。
うえにのってる紙マッチはじつは付箋紙。
新宿ルミネ2『smith』にて購入。

紙のムダづかい。
本をよみながらの付箋がはげしいのです。
全ページにくっつけてるかも。
ついつい、うつくしいフレーズをみつけるとはりつけてしまう。
そして、はりつけたそばから忘れてしまう。

◇別館『珈琲屋 preservation society』更新してます、peace!

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

March 11, 2007

Power Church

power_church.jpg
On this photo it can be clearly seen the nature of power sources in Russian churches.

びっくりした。せんじつ親族の葬儀がとりおこなわれたロシア正教会と、
新幹線にて帰京の窓からみた煙突写真を合成したみたいですが、ちがいます。

English Russia より。

投稿者 orangepeel : 10:53 PM | コメント (0)

March 07, 2007

机の上から・13

P1070411.JPG

P1070417.JPG

新宿世界堂で画材を調達した際のレジ横にロシアから直輸入の白木のマトリョーシカが。
ああ色づけなんてかんたんね♪って三体の入れ子を購入したのです。

むずかしいな(笑)。

いちばん大きいお姉さんの、ロシア正教徒にはかかせないスカーフが、
草間 彌生の水玉になりました。
それに、こけしっぽい。。。

ニス塗るのめんどうくさくなりました。。。

でもいいんです!

wiki『マトリョーシカ人形』によると、ある一説では、

「19世紀末、箱根にあったロシア正教会の避暑館にやってきたロシア人修道士が、本国への土産に持ち帰った箱根細工の入れ子人形( こけし・だるま・七福神)がマトリョーシカのもとになったと言われている」

とのこと。


ワタシは幼児洗礼でのロシア正教徒ではないので、ちょこっと気がらくになりました。
ちなみにいちばんちいさいお嬢さんは小指の第2関節サイズ。

投稿者 orangepeel : 10:56 PM | コメント (1)

February 28, 2007

wanted

wanted.jpg

誘拐犯は、若き日の父です(笑)。
なんでこんなにこころぼそげな顔してるんだろう、ワタシ。

っていうか、おとこのこみたいですね!
オザケンに似てる。。。

こちらでたのしい指名手配ポスターつくれます☆

投稿者 orangepeel : 07:56 PM | コメント (0)

February 27, 2007

4月になれば彼女は

P1070321.JPG

そういえば、ロックカフェで笑い声をあげた下北沢の週末はついこないだのことだったんだ。
ヴァレンタインデイなんてあったな、今月のことか。
葬儀のバタバタで家をあけているうちに
冷蔵庫のなかで賞味期限から十日以上たったチョコレイトの生菓子を午後たべた。
おなかだいじょうぶかな。

だいじょうぶ。


ワタシは鬼だから。


ひとがひとり亡くなることは、ただ地球上からひとり欠けてしまうだけのことではない。
のこされたものには、そのひとをとりまく家族や人間関係や社会とのつきあいかたを再構築する作業がまっている。
悪魔はかんたんにしのびよってくるから、鬼の知性をもって対処しなきゃならないのです。

13年前の父の死後、ワタシは鬼になりました。
父方の血縁関係とは交際がとだえております。
なので、長年いっしょにくらしてきた祖母の死も風のたよりにきくしまつ。

写真は先日の弔いの儀式をおえたあとの教会の裏木戸。
雨があがってしめったあたたかなにおいが足元からただよってきました。
神父さまが「謙遜ぶってひとをせめる罪」をとかれて
おもわずじぶんのことかと悔恨の涙をながしましたけれど

神様はしらない。

この地上には無知で無邪気な悪魔がたくさんいることを。

2月と3月は死者のきせつできらいです。
はやく春になってしまえばいい。

◇◇◇

4月---彼女がやってくる
雨で水かさを増した川が豊かに流れる頃・・・

(「サイモン&ガーファンクル詩集」より:山本安見訳)

投稿者 orangepeel : 07:18 PM | コメント (0)

February 24, 2007

年十三の京東

P1070326.JPG

写真は、富士駅付近の新幹線車窓から。

東京にもどってきて、いつもの週末ならベッドでごろごろ本をめくっているところなのですが、
ひと恋しくて、中野新橋古書『猫額洞』に長居してしまったりしました。。。
かえりがけ、川島通り商店街に大正2年からある『麺の大石』でうどんを買った。
きょうは風がつよくてさむかった、けんちんうどんなんかがいいです。

小動物みたいにこころぼそげに街を漂流。

◆別館『珈琲屋 preservation society』にもどうぞお立ち寄りくださいませ。

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

February 23, 2007

春のおと

P1070309.JPG

P1070313.JPG

P1070314.JPG

P1070315.JPG

P1070316.JPG

ただいま親族の葬儀から東京にもどってまいりました。

ステンドグラスにかかる雨をながめながら聖歌をきいた。
教会のそとにでたら、いつのまにか春のにおいがしてました。

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

January 13, 2007

magic mushroom

P1060893.JPG

巨大キノコ発見!
多摩湖ちかくの『豊鹿島神社』にて。
狭山丘陵のゆたかな湧き水でそだったのかな。
ぜひ、おとずれてみてください!

かならずあるから。

『珈琲屋 preservation society』 ちょこっと調子にのって更新しました。

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

January 12, 2007

My Best Album

P1060868.JPG

P1060870.JPG

P1060874.JPG

P1060875.JPG

年があけてちょこっとおちついたついでに2006年myベストアルバムを発表!

・・・・・・!

ん?昨年はCDをいちまいも買ってないかも。
それよりプレーヤーがこわれたままです?
あー、どうしよう。。
ライブどころかクラブめぐりにも飽きてしまって。。。
このまま感性かれていくのでしょうか。
いけない。

ところで、うえの写真はワタクシの作業場から。
以前、取材にこられたカメラマンに「トキワ荘みたい」という光栄な(!)おことばをいただきました。

いま、ここにいきてます。

*別館『珈琲屋 preservation society』のんきに更新してます*

投稿者 orangepeel : 11:19 PM | コメント (0)

January 04, 2007

年末年始雑記

年末年始は年明けしめきりのおしごとが数件かさなっておりました。ありがたいですね(苦笑)。
このところ毎年たのしんでいたクラブのカウントダウンもいけなかった。。。
そんななか、12月30日に下北沢の石丸電気にておおあわてでPCウイルス駆逐ソフトとカレンダー送付のための住所録ソフトをいまさらながら購入。ああ、小田急線駅前のマーケット(戦後闇市のなごりのような)に閉店のお知らせがちらほらある!下北沢の魅力は新宿や渋谷にほどちかいのに、どこか東京ではないような、いえ2007年ではないような、で、どこかしらない田舎のようなこころやすらぐところなのです。どうせありきたりなテナントがいずれしょんぼりするだろう「下北沢ヒルズ」なんていらない。

1月3日は、家族あつまって新年のあいさつ。
母親は父が亡くなったあと、すっかり俳句に没入しており「俳句四季」や角川の歳時記に掲載される腕前です。
といっても「お姉ちゃんはイラストの才能、お母さんは俳句」って、並列にされてもなあ。。。
いきてくために仕事してるのといっしょにされるの、なんだか馬鹿にされてるかんじ(笑)。

あ、さっきみてたTV番組で「新年から怒ったり泣いたりすると一年ひきずる」といってました。

いけない。
明日からわらってすごそう。
あと、髪をきらなきゃ☆

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

January 01, 2007

2007 : A Space Odyssey

P1060790.JPG

おそくなりましたが、新年のごあいさつ。
本年もどうぞよろしくおねがいもうしあげます。

元旦の街はしずかです。
しずかな地球は丸いものではなく四角い箱にかんじられます。
四角い箱がつめたく澄んだ気流にのってべつの惑星へとあたらしい旅をはじめるのです。

うえは神田の古絵葉書。ナポリの水上生活のひとびと?
船上にくりひろげられた色とりどりの洗濯物がにぎやかです。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

December 12, 2006

煉瓦のブログ別館つくりました

threelittlepigs.jpg
Three Little Pigs (From Wikipedia, the free encyclopedia)

珈琲屋 preservation society』というブログ別館をたちあげました。
はっぴいえんど+The Kinks なタイトルで悦に入ってます(笑)。
ぜひ、お茶など片手におたちよりくださいませ。

ところで、別館のヘッダーに使用している画像は、chocochip氏撮影の芸大の赤煉瓦です。
関東大震災や空襲にも生き残ってきたこの質実剛健な煉瓦は「イギリス積み」とよばれるつみかたです。
煉瓦といえば長手を表面にして交互にジグザグにつみあげているガーデニング風景や新築マンションの外壁(ん?煉瓦風タイル?)などがおなじみですが、ふるく幕末〜明治初期には「フランス積み」、明治後期から昭和初期にかけての建造物には「イギリス積み」が採用されていたそう。「イギリス積み」は経済的で丈夫、「フランス積み」は見た目がうつくしく、フランドル地方で完成したつみあげかたなので「フランドル積み」ともよばれています。

igirisudumi1.gif
「イギリス積み」

furansudumi1.gif
「フランス積み」

nagatedumi.gif
オーソドックスな「長手積み」
(全愛知県赤煉瓦工業協同組合HPより)

散歩の折に、ふるい建築物の煉瓦のつみあげかたを観察するとタイムスリップができますね。

そういえば、なるほど!
なつかしい英国の童話『三匹の子ぶた』の煉瓦のおうちは、よくみると「イギリス積み」です☆

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

November 17, 2006

Do not disturb

P1060434.JPG
“Do not disturb ”

P1060436.JPG
“Please enter”

ドアノブのメッセージプレートは、リヴァプールのツーリストインフォメーションのカウンターにおいてあったもの。
なんだか便利そうで(笑)しかもタダだから、念のために?何枚かいただいてまいりました。

投稿者 orangepeel : 11:22 PM | コメント (2)

October 15, 2006

Bubble

休日のTVをみてたら、いわゆる団塊の世代向け商品のCMやぜいたくなグルメ番組が満載。
いっぽう、ネットで同世代のかたがたのブログをみるとステキな生活ぶりが満載。

えぇっ?
ホントに景気って回復してるんですか?!

バブル世代(なんだか恥)のワタシかもしれないですが、
実感わかないです。。。。

ちょこっと、ぼやき☆

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (0)

October 08, 2006

Have A Cuppa Tea

P1060166.JPG

P1060175.JPG

P1060177.JPG

P1060181.JPG

目黒区駒場(富ヶ谷)のフレッシュネスバーガー1号店は、
駅近の繁華街でもなくひろい空のなかにある木造のふるい家屋なので、
どこか外国の片田舎のダイナーみたいです。
あるいは、散歩で冷えてしまったので、
どなたか見知らぬお宅でお茶をふるまっていただいたようなきもち。

すっかり陽がはやくなってしまいました。
世田谷区代田の教会では十字架が夜空にライトアップされていました。
連休でにぎわっていた下北沢のほどちかく、
鎌倉通り沿いの閑静な住宅街にて。

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

October 06, 2006

cranberry bog

autumun festival 2.jpg

ロンドン、キューガーデンRoyal Botanic Gardens, Kewでは
さまざまな収穫祭が開催されててたのしそうです。

cranberry.jpg

こちらの画像はYAHOO!ニュースより。

「真っ赤な秋の収穫風景」
“500万粒以上のクランベリーが浮かべられた池に腰まで漬かり、果実の収穫風景を再現する男性。秋祭りの一環として、観光客は季節の果実の起源や栽培方法などを学ぶことができる(5日、ロンドンの英王立植物園)(AFP=時事)”

うわあぁ!クランベリーの池におぼれたい!
デルモンテのクランベリージュースは大好物!
うすい甘さと酸っぱさがせつないのです。
むかし、ハワイの免税店でフリードリンクだったことをおもいだしました。
買物に夢中の両親からはなれて、妹と何杯おかわりしたことだろう。。。

あ、クランベリーは膀胱炎に効能があるらしいのです。みのもんた?

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

October 01, 2006

ちっくしょー

koume.jpg

小梅太夫がさいごにさけぶ「ちっくしょー」。
なぜか大爆笑してしまう☆

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

September 26, 2006

Lourdes

P1060010.JPG

P1060012.JPG

P1060015.JPG

P1060017.JPG

P1060018.JPG

P1060021.JPG

ひと雨ごとに秋がしのびよってさびしいきもち。
つめたい午後、傘をかかげてとぼとぼと下北沢『世田谷教会』へ。

裏庭にルルドを模した聖母と泉があるときいて
「どうせショボい“塚”かなにかなんだろう」ってタカをくくってました。
スズナリ横丁の裏手、丘のうえの教会です。
いままできづかなかった、息をのみました。
切り崩した崖に人工的につくられたものですが、
おもったより静謐で荘厳な佇まい。
9月のはげしい雨が岩肌をつたっていました。
あるいは、かつて森巌寺川(北沢川支流)にそそいでいた湧き水が
しみでているのかもしれませんね。

下北沢に“森と泉”という印象を勝手にいだいているのですが、
まさにそのものの風景!といっては大袈裟でしょうか。

ところで、下北沢には教会がホントたくさんありますね。

崖下のカエルくんとたわむれていたらずぶぬれてしまったので、
救いをもとめて茶沢通り沿いのパブで雨やどり。
GUINNESSでハッピーアワーといたしました☆

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (0)

September 10, 2006

Love of music

もうすぐたんじょうびだからといってお祝いに、たんじょうびの花占いのコピーをおくっていただいたからといって。
ワタシの花ことばは「音楽が好き」なカラス麦(イネ科)だそうで、基本的には雑草だそうで。

ところで、カラス麦の花占い(音楽が好き)をコピーそのまま引用します。っへ。

*****

輝くような情熱と知性。あなたはスマートな社交家。素敵な音楽みたいにのりのいい会話や行動。だれもを魅了する人ですね。でも自分に波長が合わない人間を、徹底的にきらう傾向があります。そういうことに神経過敏にならないよう、もう少し大らかになれば、人生をかなでる最高のプレイヤーとなれるでしょう。

*****

たしかに音楽が大好き。
ひとのすききらいをしないスマートな社交家になりたいです、
つよく希望☆

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

August 27, 2006

L'ecume des jours # 15

P1050488.JPG

P1050556.JPG

P1050540.JPG

P1050563.JPG

P1050574.JPG

P1050588.JPG

投稿者 orangepeel : 10:10 PM | コメント (0)

August 15, 2006

敗戦'06

きのう邪宗門でいただいた冊子「『北沢川文学の小路』物語」の地図をたよりに、一日中、東京荏原都市物語資料館を熟読してしまいました。といっても、まだまだ読んでいないページがあるので、これからもゆっくりと。

昨年の夏もリンクした国土地理院所蔵GHQ空撮(1947)の東京。
戦時の空襲できゅうきょ敷設された下北沢X(小田急線と井の頭線が交差するところです)の西、小田急線代田二丁目(現・世田谷代田)駅〜京王井の頭線世田谷中原(現・新代田)駅に鉄道連絡線がたしかにありますね。

ところで下北沢の森厳寺の富士塚は春先に丸裸にされててびっくりしましたが、下北沢再開発の延長にあるのでしょうか。なんだか残念です。。。

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (3)

July 27, 2006

バナナフィッシュにうってつけの日

P1050456.JPG
クリックすると実物大になります(笑)。

夕方、笹塚で雑誌のうちあわせを終えたあと、お寿司をいただきにでかけました。
下北沢のまちあわせ場所にひとり歩く道すがら、
こんなにしあわせでいいのだろうかと切なくなって胸がはちきれそうになりました。

J.D.サリンジャー『バナナフィッシュにうってつけの日』の主人公、
シーモア・グラースはハネムーン先でみずからの命をたちます。
自我が肥大した青年の物語ですが、はじめて手にとった中学生のころ
「ああ、このひとはしあわせがこわいのだ」と胸をつまらせてよんでました。

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

July 08, 2006

小確幸

P1050306.JPG

下北沢。
人影のない民家の前に放置された乗用車にうつる葉陰です。
このあたりをあるくとなつかしいきもちになります。
夏草が夜露にぬれるにおいというか。

きょう、いつものお店で食べたのは白バイ貝のうま煮や島らっきょうなどなど。
小確幸です(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

July 02, 2006

apricot

P1050297.JPG

7月になりました。

ゆうがたの7時をすぎて茜いろのそら。
夏ですね。

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (2)

June 18, 2006

Fear of flying

P1050121.JPG

わが家の前のイチョウ並木にて。
枝にひっかかったまま、雨と風にゆらゆらとゆれている色とりどりの風船です。

TVをみてたら、急にかに玉がたべたくなって、
冷蔵庫のなかのありあわせでつくってみた。
かに缶などというぜいたくなものは常備されていないから、
かにかまを使いました。


「 ----いってみれば、ひどく寒い朝に台所の窓が曇ってしまって、外が見えない、そのうちにしだいに湯気も消えて、窓の外、三千メートルの、雪を被った山々が見えてくるが、やがてまた窓が曇り、レンジのコーヒーも山々も夢のように消えてしまう、というような。
 ....今朝はそんな気持ちなのだ」
(『窓』リチャード・ブローティガン:「東京モンタナ急行」藤本和子訳より)


いままた窓のそとをのぞいたら、
すこしづつヘリウムガスがぬけた風船が
湿気にもやった葉陰の闇にしょんぼりとしてました。

投稿者 orangepeel : 08:41 PM | コメント (0)

June 08, 2006

Lemon Yellow

P1050092.JPG

森のなかで巨大キノコを発見!




ウソです。
マンションのエントランスにおいてある観葉植物の根元にはえてました。


うわっ、なんですか?!これ。
最初、レモンがおいてあるのかとおもった。
毒キノコ?

東京の片隅であざやかなレモン・イエローが棲息しているふしぎ☆

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (2)

May 20, 2006

雨にうたれた

P1050057.JPG

土曜の夕方は驟雨にさらされたアスファルトの埃っぽいにおいをなつかしみながら、ちょこっと神田神保町へ。
とくに掘り出しものはなかったけれど、雨の音をききながら喫茶店でウインナコーヒーをいただきました。
晴れ上がった街にでて、ふとみつけたにぎやかな串焼き屋さんへ。塩づけのらっきょうや肉豆腐をつまんで帰宅。
ふつうの週末。

写真は、洋書・洋雑誌専門の古書店前にて。風にふかれた街路樹の葉が舗道で雨にうたれていたのです。
雨もいいですね。

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (0)

May 03, 2006

Labor of love

よのなかは(日本は、ですね)連休のまっただなかですけれど、おしごとされてるかたがたもたくさんいらっしゃることとおもいます。私も、一枚仕上げました。ふだんはそんなに忙しくなかったりするのにね(笑)。

「『つまりずっと以前から、小さな頃からやりたいと思っていたことを、私は職業にしているわけ。あなたの場合と同じように。ここに来るまでは決して簡単な道のりではなかったけど』
『それはよかった』と淳平は言った。『すごく大事なことだよ、それは。職業というのは本来は愛の行為であるべきなんだ。便宜的な結婚みたいなものじゃなくて』」
(村上春樹「日々移動する腎臓のかたちをした石」)

ちいさな頃から、アイドルとかバンドとかのおっかけとかやってたら人生がかわっていたかもしれない。たのしくて、せつない青春を謳歌できたかもしれない。なのにいつもどこかで冷めててものごとに熱中できない自分がいました。なにかをするすばらしいひとに熱中するというより、「“自分が”なにかしなきゃいけない」っていう強迫観念のなかですごしてきた(すごしている)のです。おこがましいのです、ハハ。すきなしごとをもっているのはありがたいけれど、きっと、こういう人間を「不幸」とよぶひとびともいるんだろうな。

“愛の行為”は、そして際限なく欲深く、しかしストイックになっていくものだし。

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

April 15, 2006

DAY DREAM

P1040702.JPG

P1040703.JPG

P1040704.JPG

P1040710.JPG

P1040713.JPG

P1040714.JPG

こどものころ熱中してみていた植物図鑑には、ひとが乗っている世界一の大ハスの写真がありました。
いらい、夢(笑)。

新宿御苑大温室にて。
パラグアイオニバスを興味深げのぞきこんでいる幼稚園児に「乗ってみ☆」とこころのなかで呪文をかけてみる。
カカオの木の説明プレートのそばに“ガーナチョコレート”と“ヴァンホーテンココア”が展示されていたせいか、池のほとりの自販機でヴァンホーテンココア(ん?サブリミナル?)をおもわず購入。腰に手をあてて飲んでいたら、さきほどのこどもに「あーっ!」とゆびさされました。何?ワタシ?

おもいがけず、とつぜんスコールのように水道管からシャワーがふきだして、映画『デリカテッセン』とかポール・ニューマンの『動く標的』シリーズのワンシーンにあったみたいに温室内に行き場のない水がみちてきたら@?$%!☆

って、南国植物が吐きだす妖しい湿度にぼんやりとくだらない白日夢。

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

February 25, 2006

ひろし

deep.jpg

今日はお天気がよくて昼間は暑いくらい、ちょうどいいお墓参り日和でした。
ただいま父親の十三回忌法要からもどってまいりました。
はやいな、もう12年か。。。。しんみり。

って、もう!
自分がいやになったわ。
お墓の前でお坊さんがお経を読み上げてる最中、
なぜかとつぜんこみあげてきた笑い。
声がもれそうになったので、ハンカチで口元をおさえつつ背中で笑いました。
はたからみたら、涙にむせぶけなげな長女だとおもわれたことでしょう。

なぜ、神妙にしなきゃいけないときにかぎって不謹慎なことをやらかしてしまうんだろう。

霊園の近くの寿司屋で亡父・ひろしの思い出を語りあう。
「お父さんはよくアメリカのペーパーバックを読んでいたんだよね」という言葉に、
すかさず「そう、ポルノ小説ね」とこたえました。
「なんでポルノってわかったんだよ!」というつっこみはかるく無視。

映画雑誌には最後のほうにちょこっと成人指定の洋画の紹介がありましたね。
豊満な金髪女性が殿方を挑発する魅惑的なスチール写真。
今でもタイトルだけはソラでいえるよ!
ってくらい食い入るように見てしまってたな、思春期のころのひろみ。

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (2)

February 20, 2006

La Vie

きょうはつめたい雨がふっていて、おまけに月曜日だったりするし、
週末には父親の十三回忌がひかえているので、人生についてかんがえてみた(おおげさ?苦笑)。

じつは8年前に外国に移住する夢があった。海外でイラストレーションのお仕事をするという夢。
もともと計画性のない人間だし計画をたてられる仕事でもないから(発注あってのことですから)、なぜ8年前だったかというと、デビュー時からながくお世話になった連載が終了して、てもとのまとまったお金をつかってどうにかしよう・・といういきあたりばったりなものだったのですが。

もちろん、これは私の頭のなかでもみけされ、今現在の場所(東京のとある街)にうつりすむはこびとなったのでした。
単純に勇気がなかったのです!

人生には年齢相応の段階がキチッとあるものだとおもっていて、それにそぐわないことはできないちいさな神経なのです。デラシネにはあこがれるけど、「一生根無し草でいいの?!」って親に泣かれたら不安がいっぱい、しょせん女だし。

それからずーっとずーっと、もう夢なんかみないって世界から目をそむけてひっそりといきてました。

こころが溶けてきたのは、あんなに拒否していたネットライフをはじめてから、というのは皮肉。

自分のブログで紹介したフランスのイラストレーターや英国のフォトグラファー本人からメールがきただけでびっくり、うきうきでしたのに、こどものころからあこがれていたアメリカの雑誌のアート・ディレクターをおしえてもらったり、世界のイラストレーター200人にえらばれたり、、、、これがふつうなのでしょうか?

そして本日、まだえらばれてもいないのに、D&AD Global Awards Ceremony & Dinner 2006なる件名のメールが事務局からおくられてきました。あら〜?社交界デビュー?
ゴージャスな夢!でも浮く!こんな風景。。。。。


インターネット、バンザイ!!

バカばかしいオチ。。。

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (2)

January 19, 2006

Something better beginning

P1040303.JPG

本日の空。
16:30ころ、西側の窓から撮影。

きれいな夕暮れね〜、なんてうっとりしてたのですが、なんだか不穏なうごきをみせる雲。

レイ・デイビスさんに聞いてみよう!(とくに意味なし)
本日のBGM:KINDA KINKS / The KINKS

投稿者 orangepeel : 07:34 PM | コメント (0)

January 07, 2006

roppongi☆

P1040241.JPG

P1040250.JPG

P1040242.JPG

この冬はひときわ冷え込みますね。
西麻布交差点「浜の家」のおでんと熱燗で暖をとりました。

写真は上から。
上:東大生産技術研究所跡地に建設中の国立新美術館。港区六本木7丁目。
中:ひかりのレース。ヒルズ52階より。
下:東京タワー。さむさにふるえてます。

PS:1月6日付日経新聞夕刊4面にてワタクシのイラストレーションが、ごあいさつしております(笑)。

投稿者 orangepeel : 01:06 AM | コメント (0)

January 01, 2006

A Happy New year 2006☆

P1040223.JPG

A Happy New year☆
ことしもみなさまにいいことありますように。

投稿者 orangepeel : 08:06 AM | コメント (4)

December 25, 2005

Плацебо!

P1040173.JPG

P1040176.JPG

P1040177.JPG

P1040181.JPG

今年のクリスマスイヴはひさしぶりに御茶ノ水ニコライ堂の礼拝へ。おごそかなロシア人神父さまの祈祷によって「Плацебо!(祝福あれ!)」というお言葉をいただいてしまいました。

Merry Christmas!

Плацебо(プラシーボ)!

みなさまにも祝福あれ☆

投稿者 orangepeel : 02:29 AM | コメント (6)

November 22, 2005

赤門不動産

P1040038.JPG

赤門美容室、赤門クリーニング、赤門文具、赤門アパートメント、赤門まんじゅう。。。。(笑)
ゆうぐれに東大正門前の喫茶店で晩秋の珈琲をいただきました。

投稿者 orangepeel : 01:53 AM | コメント (3)

November 17, 2005

世捨て人

11月11日付日経新聞の夕刊に川本三郎さんのインタビュウがでてました。
『散歩の楽しみ』と題されてます。「散歩は成熟した都市社会が生んだ孤独な楽しみ」というサブタイトル。
なんだかこの記事をよんでたらいじけてきました(笑)。
高等遊民でもないし、かっこいい男の世捨て人でもないし。
でも散歩します。生活のにおいがする路地裏をあるきます。暗渠をもとめてときめきます。
とつよがっても孤独にたえられなくなるのです、まだまだ未熟者です。

投稿者 orangepeel : 12:37 AM | コメント (0)

November 08, 2005

Holiday Inn

P1040003.JPG

ホテルで働きはじめました。しりあいのお父様がオーナーなのです。
ビシッときまった制服がきもちいいなあ。ミーティングをかねてしゃぶしゃぶレストランで会食してたらパーテーション越しにパク・ヨンハが顔をのぞかせて私の目をみて「お会計お願いします」と。ドギマギ。。。。ハハ。どうやら韓国の俳優さんたち御用達のホテルらしい。

こんな夢をみる理由、なんなのかしら?フロイトさんにきいてみたいわ!

投稿者 orangepeel : 01:55 AM | コメント (0)

October 30, 2005

jack-o'-lantern

P1030885.JPG

写真は渋谷区大山町の民家玄関先に不気味にぶらさがるハロウィーンのカボチャのちょうちんです。外国にもこんな鬼火があるのですね。秋の収穫を祝い悪霊を追い出す古代ケルト人の祭りが起源だそうです。

ところで、週末の宵はおとなしくお仕事にはげむつもりでしたのに、The Smiths ならぬ The Suzukis の五反田定例会がございまして(ハハ、いいわけ)、またまた目黒川のほとりでぼんやりと呑み。

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

October 23, 2005

Fuji Sunset

P1030863.JPG

西側の窓からこのシルエットがうかびあがるゆうぐれに「ああ、冬はもうすぐ・・・」っておもいます。2005年10月23日の富士山。来年にはお会いできなくなってしまいます。

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

October 21, 2005

You Can't Hide Your Love Forever

P1030830.JPG

リビングルームのソファのしたに男がすみついているのに気づいたのは、家族がではらったゆうぐれ、美術学校生時代でした。かってに保険会社をやめてしまったころ。アルバイトもはいっていない日は両親にうしろめたくて、よくひとりで台所しごとをしていたのです。ふとソファのしたから青白いうでがのびてきてシャワーソープの空き容器をさしだしたのでした。どうやら石鹸(?)を主食にひそんでいたらしいのです。

母親や妹が帰宅してから皆でそーっとソファのしたをのぞいたら、うつぶせになった男があたりまえの顔をして私の書棚からぬきだしてきた文庫本を読んでいるので、おもわずふきだしてしまった。
すると母親が「わらっちゃダメ!このひとは埃をたべていきているんだから!」って。

なぜ警察に通報しなかったのかって?これは昨日みた夢の話。

こんな夢をみたのは、こどもの頃じっさいあった実家でのできごとからかも。私たち姉妹のベッドのしたにどこからまよいこんだのかノラ猫がかくれていたのです。びっくりした、けものが部屋に?!って(笑)。祖父があわてて雑木林にすててしまったのに、つぎの日、庭で鳴いてるんです。そしてひざに抱くと、あたたかいからだがときおり私の顔をみあげながらうれしそうに自分の毛をなめはじめたのでした。

本日、ポータブルプレイヤーにのってるのは、ORANGE JUICE です☆

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (2)

October 17, 2005

宇宙旅行

moon.jpg

秋の澄んだ空をながめると月がきれいです、なんだかわらった顔にみえるのです。

月のうらがわに飛行できるんですって!ロマンチックだわ☆
費用はおひとりさま約110億円だそうです・・・・・。

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

October 12, 2005

dial M for Murder

P1030792.JPG

ヒッチコック監督の傑作『ダイヤルMを廻せ』にかけて撮ってみました、フフ。
探偵ゲームはポートベローの蚤の市で購入したもの。黒電話は実家にふるくからあったものをむりやりひきあげてきたもの、あら?ホントはNTTに返却しなきゃいけなかったんでしたっけ・・・・・ちいさな犯罪。

殺人まではいかないまでも、日々ちいさな罪をおかしているような気がいたします。花を枯らせてしまったりとか、CDをかってもそのなかの1曲しか聴かないとか、オペラグラス(武道館で急遽購入した解像度のわるいやつ)でとおくの都営住宅の窓をひとつひとつのぞきみるとか。神様、どうぞおゆるしくださいませ(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

October 09, 2005

My son Whity

whity.JPG

投稿者 orangepeel : 09:58 PM | コメント (3)

October 06, 2005

電車女

romance.jpg

藤沢や茅ヶ崎などの湘南地方にすんでいる親戚をたずねるときに、こどものころはロマンスカーなんて贅沢なものにはのったことがありませんでした。おとなになって自分のお金でのりました、ロマンスでした(笑)。箱根行きの車内販売ではお酒やお弁当やプレミアムグッズを買いたいほうだい、まさにどこか異国への飛行をおもわせてワクワクしました。

海や山にむかう列車はロマンチックですね☆

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (2)

October 05, 2005

アムール

P1030767.JPG

古絵葉書シリーズ。
モスクワの遠景を凡庸な日常風景におとしめているアムール河ほとりの鉄塔(笑)。なぜにこのアングルが絵葉書になったのでしょうか。という問いかけはこういうものをあつめている自分にかえってくるのです。そうです、私は鉄塔や送電線を愛しているのです、フフ。ふるい川はえてしてひどく濁っていたりするから、この葉書の時代のひとびとの目には鉄塔のほうが未来的でうつくしいものとしてうつったのでしょうか。

ところで東京は今、しとしととつめたい雨にけむっています。どこからともなく金木犀が香っていますね。秋刀魚を焼く匂いとともに。鉄塔がつらなる武蔵野郊外住宅街、両親にまもられていた平和な秋のゆうぐれをおもいだしました。

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (4)

October 02, 2005

10月のカレンダー

october.jpg
Illustration * Hiromi Suzuki

9月から10月にかわる週末は眠らずに(!)たのしくすごしてしまいました。
下北沢〜阿佐ヶ谷〜江ノ島ですって?!びっくり(笑)。

なんだかまだまだ青春こじらせてます。

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (4)

September 25, 2005

In My Life

P1030736.JPG

写真は西側の窓からです。
台風がそれ、すっとぼけたかんじの空。すっかり秋になってしまいましたね。

季節の変わり目はどうしてこんなにさびしいきもちになるのでしょうか。

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (3)

From kew Gardens

P1030708.JPG

P1030709.JPG

P1030712.JPG

P1030718.JPG

雨のせいか人っ子ひとりいない『小石川植物園』、正式名称は東京大学大学院理学系研究科付属植物園です。植物学の研究を目的としたれっきとした東京大学の教育実習施設。とはいえ、しっとりと衣服にからみつくアジアのモンスーンをまといながら傘もささずに散歩をたのしみました。観覧券売り場が入り口前のたばこ屋というのには脱力。

いちばん下の写真はニュートンのリンゴの木の葉です。ニュートンが(1643ー1727)万有引力の法則を発見したきっかけになったリンゴの枝を接木したもの。ニュートンはこどものころ、あたらしい恋人のもとに去った母親のかわりに祖母にそだてられていたそう。そんな孤独な少年時代に、ミミ叔母さんのもとでそだてられたジョン・レノンをおもいだしたりして。


世の中の人が私をどう思っているのか知らないが、
私自身は自分を、知られざる真理が果てしなく広がる大海のほんの海辺で、
なめらかな小石(a smoother pebble)や美しい貝殻をみつけて喜んでいる
子どものようなものだと感じる

アイザック・ニュートン

投稿者 orangepeel : 12:01 AM | コメント (2)

September 24, 2005

From Blackpool

P1030680.JPG

P1030682.JPG

P1030686.JPG

P1030693.JPG

P1030688.JPG

P1030704.JPG

秋の連休の初日、隅田川ちかくの浅草花やしきをぼんやりとビール片手にぶらついてみました。Bee Towerなるアトラクション(写真上から4番目)で街の眺望をたのしんでみるつもりが・・・・。周辺にたちならぶマンションのベランダで洗濯ものをとりこむ生活感あふれるゆうぐれの光景。

The KINKS『Autumn Almanac』は、ロ−ストビ−フとフットボ−ル観戦の週末を楽しみにしている市井の人々を歌っている、とぼけたト−ンのちょっとした短編小説のあじわいのある曲。みんなが集まる休暇には、家族友人総出で海岸沿いの町ブラックプ−ルの行楽地に繰り出すのです。  

投稿者 orangepeel : 12:39 AM | コメント (0)

September 22, 2005

五反田

P1030638.JPG

P1030641.JPG

五反田というのはふしぎな街ですね。
経理をみてもらっているいとこをたずねる以外はほとんど降りたことがなかったのですが。

昨夜おそくに、ふたたび目黒川ほとりの隠れ家に召集されたのでした。私と友人のたんじょうび会という名目で。ケーキもプレゼント交換もない渋い(オヤジな:笑)会食でしたが、またもや貸切状態、若旦那のこころづかいがうれしかったです。松茸と秋茄子のにびたし、鰹のつみれ、秋刀魚の刺身、烏賊と鮪と鰹刺し、鰻の白焼き、鯛の沖漬け、鰻重などなど。ふぐのからあげは「誕生日の差し入れです」。

帰路につく際のだーれもいない閑散としたJR五反田駅の改札口は、さびしいような拍子抜けするような。昼間はオフィスをいきかうひとびとで活気にあふれているのだろうに。だからどこかみしらぬ地方都市にまよってしまった気分になったのです。
東京の街にはいろんな顔があるのですね。

(写真は5年前に撮った五反田風景です)

投稿者 orangepeel : 02:00 AM | コメント (2)

September 20, 2005

浅い眠り

夢2題。

part1。
いつも買いものついでに通る道、そこにはなぜか海岸ぞいにふるいホテルがあるのです。中庭がなにかさわがしいな、と思ってのぞいてみたらバレエ鑑賞が趣味の友人本人がうつくしい化粧をほどこし華麗なチュチュを身にまとって舞っていました。仮設セットの階段をくるくるとおりてきて、雨もよいの海を背景にニジンスキー並みの跳躍ぶり。「なんて素敵なの!かわいいの!これをみたあとワタシなにかがんばらなくちゃいけないわ、小説書かなくちゃ(苦笑)」ってデジタルカメラをとりだしたら、「主役はこっちだよ」とオバサンが指差すほうに、似たようなオバサンがカラオケでうたうステージが。そのうち雨がぽつぽつときてホテルの支配人がボードウォークに手早くテーブルのセッティングをはじめるのです。レセプションパーティのよびかけにシャンパンをいただき、カラオケのオバサンが「これはウマイ!」とすすめるチーズとキャビアをそえたちいさなパイに舌鼓をうつのでした。
めざめると窓のそとはザーザー雨。

part2。
ワタシは高校生です。学校のトイレをさがしまわってやっとみつけた和式(うう、和式は苦手・・)、用を足しているとドアのそとがさわがしいのです。「早くしてよ!みんな並んでるんだからさ!」という声。どうやら男子トイレにはいってしまったらしい。「ごめんなさい。もうすぐでるからドアをあけないでね!」とびくびくしてる私。床にちらばった教科書や辞書をかきあつめていたら、勝手にはいってきた男子が「なに?これ?お姉さん辞書なんてつかってるの?ぼくらみんなこれだよ」という行列をみると頭部にインカムを装着したみなさんの手にはノート型PCが。どうやらトイレにはいってる間にタイムスリップしてたらしい・・・。
ん?でもなんで未来のトイレ、まだ和式なの?

投稿者 orangepeel : 08:38 PM | コメント (0)

September 19, 2005

Pump it up!

さてさて、連休のなかびは夜遊びをしました。中野でお刺身をいただいたあと、阿佐ヶ谷のブリットなパブに仲間と合流しました。そのあと渋谷のクラブへ・・・・。たのしかったのにつかれてしまってぬけだしてから表参道のラーメンをよふけに食したオヤジ。食いすぎで胃痛の連休最終日。

投稿者 orangepeel : 08:32 PM | コメント (6)

儚い夢

玄関先に大量のヘビを放置される夢をみました。

コブラのような巨大なものや生まれたばかりのピンクいろのちいさなヘビがわらわらと廊下をはうのです。部屋のドアをあわてて閉めてもなぜか隙間からしのびこんでくる。食事をとったばかりなのか満足げなうっとりとした眼をしてソファーのしたや書棚のうえに寝床をもとめてくるのです。愛息子クマのぬいぐるみのホワイティにからみつくので、私は泣きながら動物園に電話をかけるのです。

ところで、ヘビの夢というのは縁起がいいのですか?たくさんの幸運がまいおりてくるという予兆でしょうか(一方ではたくさんの欲望をためこんでいる、といううわさ:笑)。

かけつけた動物園の職員はこともなげにてづかみでヘビを樽になげこんでいきます。「あの〜、ちいさいやつがタンスの裏にもまぎれこんでいるのですが・・・」と聞くと、「大丈夫ですよ。かれらはメキシコ産のヘビで和名を『マボロシ』といって一晩かぎりのいのちの、とても貴重な種なんです」。

うそのような夢のはなし。

投稿者 orangepeel : 06:55 PM | コメント (0)

September 14, 2005

恋愛小説

P1030578.JPG

P1030582.JPG

P1030586.JPG

mixiというSNSにこのブログを外部リンクしています。

ところで登録して3日目くらいに私のブログをみたというフリーの編集者のかたからとつぜん電話があり「恋愛小説を書いてみませんか」と。川とか下北沢とかロンドンとか、街風景の描写がおもしろいとのお褒めの言葉をいただいたのですが。「ぜひ書かせてください」とご返事して何ヶ月たっているんだろう(笑)。普段、読みたい小説は自分で書いてやる!なんて豪語してたんですが。みなさま、私が書いた恋愛小説なんて読んでみたいですか?

写真はしのびよる秋の気配をかんじる街角。
上:中野区中野。中野五叉路。
中:中野区中央。秋祭りはもうすぐ。
下:中野区本町。鍋屋横丁わきのふるいお稲荷さん。
願いごとが成就すると5色の旗を奉納するんだそうです。たくさんの旗が西日にひるがえっています。

投稿者 orangepeel : 12:20 AM | コメント (9)

September 13, 2005

“夏がおわるの?”キャンペーン!実施中?

P1030572.JPG

せんじつ台所を徹底清掃してたらでてきたグラスです。閉店する酒屋さんからいただいたサントリー・ウイスキーのノベルティ。箱には「’79の夏は、ウイスキークラッシュ。」というコピーがついてます。26年前のキャンペーンですね、これはアンティークの域に達してます。シンプルなデザインでかっこいいですよ☆

メールをいただいたかたから抽選で6名様にプレゼント!(笑)

投稿者 orangepeel : 12:28 AM | コメント (2)

September 12, 2005

夏がおわるの?

P1030548.JPG

P1030554.JPG

P1030556.JPG

P1030567.JPG

おもいたって江ノ島にいきました。洞窟にむかう小舟なんかあったのかな、あったのです。ちょっと船酔いしながら波にゆられてみました。とつぜん夕立にあったけれど、きもちいいからざんざんあったってみましたよ、海風とともに。夏ももうおわりなのですから。

投稿者 orangepeel : 12:47 AM | コメント (3)

September 11, 2005

目黒川

P1030542.JPG

目黒川ほとり。あやしくゆれる柳です。

小津な世界の老舗をほとんど貸切状態でおいしい魚をたらふくいただき、へべれけになりました。うう、ごめんなさい。また五反田でおつきあいいただければさいわいです(笑)。

投稿者 orangepeel : 10:47 PM | コメント (2)

September 05, 2005

ぼくのおじさん

がTVにでてきてびっくりした(笑)。竹炭をつかった手打ちそばのいえで、それはうまそうにすすってました、コメントもばっちり!東伊豆は河津に住む叔父です。画面でも男前だったよ〜。

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (2)

September 01, 2005

9月のカレンダー

september.jpg
Illustration * Hiromi Suzuki

9月ということは、もうすぐひとつ歳をとるということです(汗)。ちなみにたんじょうびは、グレン・グールド、武田百合子といっしょらしいです。天からのおくりものをさずかった幸福なひとびとといっしょ。

それで?

さて、自分へのいましめにボリス・ヴィアンの詩を一篇。


もうあまりのぞまない
しなんか書くことも
昔みたいだったら ぼくだって
もっと たくさん書いただろう
だけど ぼくはすっかりじじ臭くなって
いやにまともになったようだな
良心的になったようだな
なまけ者になったようだな

『もうあまりのぞまない』(早川書房刊ボリス・ヴィアン全集9「ぼくはくたばりたくない」伊東守男・村上香住子訳)

投稿者 orangepeel : 08:55 PM | コメント (0)

August 31, 2005

The Summer of Life

P1030496.JPG

P1030504.JPG

P1030505.JPG

8月も最終日。
ことしも夏らしいことしてなかったな。海にもいかなかった。
ゆうがたの買物途中に、民家のお勝手口から煮物や焼き魚のにおいがただよってきて、その鮮明なかおりが秋の気配にまざってハッと気づくのです。ああ、夏が去っていくんだなあ、って。

写真は上から。
上:アパートメントの給水タンク。渋谷区幡ヶ谷3丁目。
中:ポンプ式の井戸。中野区南台3丁目。
下:民家の台所の窓。渋谷区幡ヶ谷3丁目。

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (3)

マイクロカセットレコーダー(アナログ!?!)

P1030507.JPG

ちょっと前、アメリカのTVドラマの刑事やフランス映画の記録魔がつかってましたね。おくりもののカタログにみつけて申し込んでみました、マイクロカセットレコーダー。アナログです、テープをいれなきゃいけないです。ちょっと探偵の気分です。街あるきがたのしみになります。メモをとるのがめんどうだから、気になった住所やできごとをここに吹き込んでおくのです。

かっこわるい?デジタルレコーダーなら音声を直接UPして臨場感あふれるブログが可能なんですけれど。いえ、携帯さえもっていないアナログな私には十分べんりなもの。贅沢はいえません、タダでいただいたのですから☆

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (4)

真実

本をよみながらうたたねしてたら、
「疑いをもっているのなら、みえない事実は50:50の確率だ。
そこに自分のきもちの一票を投じればそれが真実だ」
って男がかたりかけてきました、夢のなかで。どういう意味?

投稿者 orangepeel : 12:43 AM | コメント (4)

August 28, 2005

From 高円寺

P1030494.JPG

高円寺の阿波踊りがすぎると秋になる、とひとはいうけれどホントだ!ほほにふれる風がすこし秋のにおいです。ゆうべちょこっと高円寺へ。はじめてみる阿波踊りなんですけれど、やっぱり「おなじ阿呆なら!」って欲求不満でした。

こどものころはよくお祭りのはしごをしたなあ。東京音頭、炭鉱節、所沢市民音頭(笑)踊りまくりました。

きょうは地元笹塚も玉川上水のほとり「観音通り商店街」でお祭りでした。駅前のイタリアンレストランで夕飯を。スパークリングのミネラルウォーターが食事にあいました。天然のガスが舌にここちよいぴりぴりで。ボトルのラベルが窓わくにくりぬかれていて、そのむこうに採水地の山脈と清流のイラストレーションがすけて見えます。かの街の運河の源流なのでしょうか。
高円寺〜所沢〜笹塚、そしておとずれたことのないベネチアへと。秋の気配にセンチメンタルな旅。

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (3)

August 25, 2005

サヨナラ

P1030445.JPG
collage by hiromi suzuki

いつかこういう日がくるとおもってました。
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・

ポストになげこまれたお別れの手紙。

晴れた冬のゆうぐれには、我が家の窓から西日にうかぶ富士山のシルエットがうつくしかったのです。
中野通りをへだてた向こう岸はお豆腐屋さんや美容院のしもたやがつらなっていて渋谷区笹塚の空はひろかった。きょう「建築計画概要説明書」なる物々しいレジュメがポストに。とうとう8階建てのマンションが建設されることになったのです。

しかたがないです。街はかわっていくのです。

コラージュは日記がわり。心象風景をMoleskineにぺたぺたしてます。ちょっとダリってみました。

投稿者 orangepeel : 08:33 PM | コメント (2)

August 21, 2005

From Coventgarden

P1030426.JPG

P1030429.JPG

P1030436.JPG

P1030438.JPG

我が家のまえからハチ公バスにのってひさしぶりに表参道へ。

どこか風通しがわるい景色のような気がするな、とおもったら同潤会アパートがとりこわされてあたらしい建物が建築中なのですね。青山ブックセンターにて『北園克衛の造型詩・カバンのなかの月夜』と話題の中沢新一『アースダイバー』を購入。

「そういえば骨董通りのあのソーセージの専門店、まだあるかな〜」って、もう名前もわすれていたのですがみつかりました南青山『Smoky』。よく手づくりソーセージとビールをたのしんだなあ。マスターが「またつくってみたんですよ」って新作を試食させてくれた。こころからソーセージづくりを愛してるようすでした。現在は経営者がかわってイタリアンレストランになってます。なすやオクラややまいもなどの日本の夏野菜をつかった冷製アンティパストとワインでひとやすみ。

街は刻々とかわっていきますね・・・・・・。

写真は上から。
@初台「新国立劇場」ちかく、ハチ公バスの車窓からみあげる真夏の青空。
@原宿駅前、ダブルデッカー仕様のアドカーがバスの窓ガラスごしにとおりすぎて。
@東京メトロ「表参道」駅のトンネル、宇宙感覚。
@おなじく「表参道」駅のトイレ、クラブかとおもっちゃいました(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (3)

August 19, 2005

LAUNDRY #02

P1030425.JPG

P1030401.JPG

P1030212.JPG

上:渋谷区本町6丁目。
中:渋谷区幡ヶ谷3丁目。『武の湯』となり。
下:渋谷区笹塚3丁目。

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (5)

August 15, 2005

天気読み

P1030380.JPG

数年前の9月、下北沢の住宅街に老婆がたおれていました。ゆうぐれの残照と盆地的な地形による熱気に貧血をおこし、アスファルトにしたたか顔をうちつけてしまったよう。私のともだちが携帯電話で119番通報したのですが救急車のサイレンは聞こえるのになかなか姿がみえず。せまい路地の多い下北沢では、車は迂回せざるをえないのでしょう。

そんなやきもきした現場に、北沢八幡神社のなつまつりにむかう祖母と孫らしき男の子がとおりがかりました。小学校にあがったばかりの年ごろでしょうか「119番すればいいのに」と祖母をふりかえっています。「もう、したよ」という言葉が聞こえなかたらしく今度は「119番するんだよ!」とさけぶので、ともだちが「もう、したんだよ!」と声をあらげてしまった。ギョッとした野次馬たちの息をのむ雰囲気があった一瞬、男の子が民家の塀からのぞくムクゲをみあげて「あっ、花だ」とつぶやきました。おかしなこという子だなあ、とおもってみていたら、「ぼく『花』って漢字かけるよ!」と、ともだちのところにかけよって、その胸にむかってまるで神父が祝福の十字を切るように「ほら」と空にひとさし指をたてよこにふってみせるのです。「ああ、スゴイスゴイ」というおざなりなほめ言葉に男の子は得意のようなはずかしいような笑みをうかべているので、神様を持たない私は病人のかたわらで思わずふきだしてしまうという不謹慎なことをしてしまいました。

さいわい行き倒れたひとは意識があり、救急隊員の介抱のもと骨折などみられなかたけれど、かけつけた家族とともに大事をとってちかくの病院にはこばれていきました。

写真は中野区中央の空地。お盆なので父親の仏壇にお線香をあげに実家にむかう道すがら。ちかくにすんでいるのに、なかなか顔をみせない親不孝な私です・・・・・。

投稿者 orangepeel : 12:56 AM | コメント (0)

August 11, 2005

Pavilion

P1030331.JPG

すずしげな水辺の古絵葉書シリーズ・part 2。
アメリカはユタ州、グレート・ソルト・レイクのパビリオンです。モノクロームの写真に着色?版ずれをおこしているところが版画のようで、かえってきれい。

私はブライトンビーチのパビリオンしか経験ないのですけど、たしかふたつ、ありましたね。あたらしいほうは遊園地やパブやカラオケ(!)なんかがあって、平日でもにぎやか。ふるいほうは木製の橋が陸地ともとぎれて朽ちはてていました。海岸で石をひろっていたら、ナイーブなロック青年といったふぜいの(笑)英国男子ふたり組が私のもってるカメラをゆびさして「おなじEOSだね、僕たちのカメラで撮ってくれる?」と声をかけてきて、どぎまぎしながらポートレートを撮った記憶が。「僕らはこっちのふるいパビリオンが好き。ロマンチックだよね?」って神妙な表情でかたったあと、ふたりして海岸を駈けていきました。

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (2)

August 04, 2005

Cool

P1030292.JPG

ある夏のゆうがた、玄関先で宅配便のお兄さんがおずおずと「これ・・・・・」って。手渡されたちいさな箱は非売品のミニカー。「え?前にいただきましたよ」って言うと「クールです・・・」。

私のミニカー好きを覚えていてくれたのですね、以前『冷凍飲茶セットをお申し込みの方にプレゼント!』を申し込まずに(苦笑)こっそりもらったのは、オーソドックスなワゴン。もともとは、英国製のダブルデッカーやレトロな広告入りトラックのミニカーをちょこちょこあつめたのがきっかけです。

最近は担当の方をワンブロック先のまちかどでときどき見かけます。

投稿者 orangepeel : 12:38 AM | コメント (4)

August 02, 2005

8月のカレンダー

8.jpg
Illustration : Hiromi Suzuki

8月ですね、夏まっさかり。
旅行したいけど今年もいけないかな。

海にいきたい、カリフォルニア、湿度とは無縁なカリフォルニア。


おおかたのカリフォルニア人がそうであるように、わたしももとはよそからきた。
カリフォルニアはさながら金属を食べてしまう花で、それが陽光を、雨を吸収するように、わたしは呼びよせられたのだ。それはハイウェイの方角にその花弁をおいでおいでとふっては、車たちを招きよせる。何百万という車がたったひとつの花に吸い込まれるのだ。花は交通渋滞のにおいにむせてはいるが、まだまだ何百人も収容できるのだ。

(『カリフォルニアは招く』リチャード・ブローティガン:「芝生の復讐」より)

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (4)

July 20, 2005

まちがい電話

P1030195.JPG

まちがい電話はたびたびありますけど、きょうの電話は小5くらいのおとこのこからでしょうか。「サワムラともうしますけど、サキちゃんいますか」。

もちろん、私はサキちゃんではないし、サキちゃんという少女が同居する生活でもありませんし。「ごめんなさい、電話番号、ちがうとおもいますよ」って。

こどもたちは夏休みに突入ですね。サワムラ君は、サキちゃんを海かプールか花火大会か盆踊りに誘おうとはりきって電話したのに緊張してまちがってしまったのかな。私なんかの声で気持ちをそがれてしまったかな・・・・ああぁ、ホントにごめんなさい(って、私の罪じゃないんですけれど:笑)。

写真はブライトンビーチの遊園地で撮影。少年たちをおそうティラノザウルス?

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (2)

July 16, 2005

LAUNDRY

P1030184.JPG
渋谷区笹塚2丁目。

よふけのコインランドリー。ひたすらまわっています。だーれもいないんです。つかったことはないけれど、なぜか気になるスポットですね。

ひと待ち顔な空間です。誰かにこいこがれてみたい気分になるのです。

投稿者 orangepeel : 10:31 PM | コメント (2)

July 12, 2005

ABOUT 1HOUR

P1030176.JPG
collage by hiromi suzuki

先週末は海にいくつもりだった。とつぜんの大雨注意警報の湘南でしたので、友人と相談して中止したのです。がっかり。ゆうべは下北沢でちょこっと飲みました。いきあたりばったりな日々。

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

July 08, 2005

戦争

london.gif
BBC NEWS UK EDITION

ロンドンで同時多発テロが起きました。被害のおおきかったキングス・クロスは、ロンドンに旅行したさいによく滞在していた場所なのでびっくりしました。地下鉄ピカデリー線は観光の足でしたから、ひとごととはおもえないのです。『テロ』という言葉は対イスラム側の詭弁で、今、世界は『戦争』中なのだということをしっかりと認識しなければいけないですね。私、のんきに生活してますけれども、いつ東京が標的になるかわからない。

2001年『9・11』の翌日に、私は都内のバーで「ニューヨークで知り合いが被害にあった」というアメリカ人に一杯をもうしでられ、「日本は唯一の被爆国だから、ぜったい戦争には参加しない」とことわってひどく怒りをかったことをおもいだしました。

亡くなられたかたがたのご冥福をお祈りいたします。

投稿者 orangepeel : 09:57 PM | コメント (2)

June 30, 2005

playing card

P1030135.JPG

ひさしくトランプであそんでないなあ。トランプモチーフのイラストレーションはよく描いてますけれども。フフ、恋のかけひきにたとえたりして、ね☆

上は渋谷パルコ『スミス』で購入したフランス製、下はロンドン『W H Smith 書店』で購入したベルギー製。いずれもとってもちいさいトランプです。とくにフランス製は、1cmていどのミニチュア。これじゃ、手のうちをあかす前に耳の穴にいれてごまかせるかも。

投稿者 orangepeel : 10:14 PM | コメント (0)

June 21, 2005

How high

virgin.jpg
Virgin atlantic airways

初夏の辻公園からにぎやかな女子中学生たちの嬌声が。のぞいてみたら同級生らしい男の子ふたりがブランコをきそっていました。どちらがいっそう空に近づけるか。

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

June 12, 2005

Chloe

P1020898.JPG

P1020900.JPG

P1020902.JPG

梅雨の晴れ間の日曜日、下北沢散歩。小田急線池の上の十二月文庫で買ったウイリアムス・カーロス・ウイリアムスの詩集。

しょうじょたち の あし の
ふくらはぎ が
いい かたち をして いて

ひざ が
しなやかに できて いる と
なつ の ふく を まとって

いま にも
とびたつ か おどりだしそう
に みえる

マゼンタいろの
あの モウズイカのはな が
つりあい を たもった まま

なにげなく
その    じゅうしん を
かたあし から

べつの あし へ
ずらして
てがみ を ポスト に

いれ に ゆく ぼく から
め を そらして
ともだち に わらいかける

『クロエ』Verse by William Carlos Williams(国分社刊「ブリューゲルの絵その他の詩」アスフォデルの会編訳)

モウズイカ=moth-mullen。茎がすらりとのび、房状に花をつけるそう。花びらには蛾のような細毛があります。

写真は夏をまちのぞむ風景。上から。
上:つぼみのほうが多いあじさい。渋谷区大山町、玉川上水緑道。
中:プールびらきはもうすぐ。世田谷区北沢1丁目、三角橋近くの学園。
下:惣菜屋店先の「水中花」。

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

June 08, 2005

Souvenir

P1020892.JPG

椰子の実を加工した江ノ島土産おもちゃのウクレレ。仕事場の床に鎮座してます。夏がまちどおしい?

投稿者 orangepeel : 12:31 AM | コメント (0)

June 06, 2005

How will this love story end ?

P1020875.JPG
collage by hiromi suzuki

お仕事がたてこんでくると、手を洗う回数がふえるのです。それで、こんな季節なのにあかぎれみたいになっちゃう。右手の甲に10円硬貨大の沼みたいな腫れものができました。今日、皮膚科に行ったら「ほっとくと全身にひろがりますよ」っておどされた・・・・。びっくりしましたが、べつに全身が菌におかされて腐っていく病気ではないみたい(笑)。患部の皮膚のたんぱく質が破壊されてて、生体が連鎖反応してしまうらしいということです。おおげさな話、けど、コワイ話。

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

MODS

vans.gif

とつぜんですが、私は『スニーカー』というものが似合いません。なぜなぜ???っていうくらい、こどもの頃から似合わないんです。小学生ではマラソン上位、バレー部(ほとんどサボってました・・・)の中学生の頃は、アディダスなんか親に所望してた、ちょこっと体育会系(?)な私なのにな。

というのはどうでもいいんです。かっこいいなあ、『VANS』のTWOTONESシリーズのデッキシューズ。夏のビーチにぴったりですね。自分が男の子だったら、白黒のスリップオン!MODSっぽくはきこなしたいです☆

投稿者 orangepeel : 01:50 AM | コメント (0)

May 25, 2005

Acrobatique

P1020864.JPG

「もし、詩人というのが、ちょっとした人間なら、作られているものには、ほとんど関心を示さない人間のことであり、物を作ることにとりつかれている人のことを言うのである。機関車や薔薇やアクロバットや春や電気やコニーアイランドや7月4日やねずみの眼やナイヤガラの滝など、どんなものでもつくりたがるのである」e.e.cummings の言葉を抜粋して引用。

写真は英国製の木のおもちゃ。さまざまなポーズのアルルカンに無茶させてあそぶものです。

投稿者 orangepeel : 01:13 AM | コメント (0)

May 07, 2005

どこか遠い場所

P1020792.JPG

P1020800.JPG

P1020824.JPG

「どこか遠い場所」を夢みるのが最近の癖かもしれない。

しかし、プラハに行ってもアムステルダムに行っても、きっと同じ想いにかられるのでしょう。
遠い場所にこがれつつ、近場の(笑)調布へ散歩旅。つめたい雨の昨日の午後は平日ということもあって、ひとけのすくない街に、古いフランス映画のようなセンチメンタルなグレイのもやがかかってました。京王線「飛田給」の駅前ではサーカスが開催中。調布飛行場ではセスナ機が夜間飛行(?)の待機中。

投稿者 orangepeel : 04:55 PM | コメント (0)

May 04, 2005

Des journees entieres dans les arbres

P1020720.JPG

P1020746.JPG

P1020736.JPG

P1020735.JPG

日差しと風が夏休みのような気分。バラと木陰とパラソルの下の昼食。

きょうは、ちいさなお金をポケットに、ちいさなカメラを片手ににぎって気楽なお散歩、ヨーロッパ風(笑)のヴァカンスをたのしみました。

目黒区駒場1丁目『駒場薔薇園』は世界のいろいろな種類のバラの苗をそだてて販売しています。庭をもたない私はながめるだけ。そのかわり、『河野書店』で Ezra Pound の詩集 “PERSONAE”と紀行本“English Channel”を購入したら、東大構内のカフェレストランに。木立の中のテラスで、田舎風テリーヌとにんじんのポタージュスープをいただいて、初夏を満喫いたしました。木々が風にそよぐ音を聞いていると、どこか遠いリゾート地にいるよう。こちらのレストランは、もちろん学生さんも利用するのでお値段も気楽なんです☆(紀行本“English Channel” にかんしては、下のエントリをごらんください)

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

April 18, 2005

Will You Love Me Tomorrow ?

P1020678.JPG

P1020683.JPG

P1020685.JPG

P1020687.JPG

快晴の休日、下北沢はにぎやかでしたよ。春の宵にぶらぶら。
そういえば、火の見やぐらのある街って、めずらしいですね。

BGMは、Carole King“Will You Love Me Tomorrow ?” です。

投稿者 orangepeel : 01:02 AM | コメント (0)

April 12, 2005

Abstract

P1020624.JPG

P1020627.JPG

きょうも肌寒いいちにちでした。お夕飯に焼き蚕豆をいただきたくて、一箱(1kg)のお買物。ついでに、アブスクラクトなショットを(笑)。曇り日はモノクロームが似合います。

写真は、渋谷区本町4〜5丁目あたり。

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

April 11, 2005

Rainy Monday

P1020610.JPG

P1020612.JPG

P1020617.JPG

昨日のあたたかさはどこへ行ったのでしょう。朝からしとしとと雨、4月は意外に雨降りが多い季節ですね。

写真はいずれも笹塚駅前、玉川上水の西側のほとりで撮りました。渋谷区笹塚一丁目。
上:おちてきそうな春の空。
中:川面にたゆたう桜吹雪。
下:枯れ枝に芽吹く新緑のシルエット。

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (0)

CREEK

P1020605.JPG

P1020608.JPG

気がはやいですけど、アイスコーヒーは夏の味。陽気にさそわれて、いただきました。
アイスクリームがのっかった『モカ・フロスト』はホロ苦いチョコレートシロップもからんで欲ばりなんです。

桜はもう、きょうのつよい風に吹雪きつつありましたね。笹塚駅前、玉川上水土手の桜の木はこじんまりと満開。

投稿者 orangepeel : 01:56 AM | コメント (0)

April 07, 2005

Outlook Express

P1020595.JPG

中野区中央、アパートメントのポスト前にて(通りすがりに)。

投稿者 orangepeel : 12:30 AM | コメント (0)

March 16, 2005

純愛

投票ください!
私?私はロマンチストだけどリアリストです。

Q.好きなひとに恋人あるいは配偶者がいても純愛を貫く
Yes/No

こちらの投票は7月31日をもってしめきらせていただきました。
ロマンチックなご回答どうもありがとうございました☆
結果、投票数は75件。「YES」52%、「NO」48%です。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (2) | トラックバック

March 09, 2005

Ticket To Ride

P1020460.JPG

きょうはいちにち部屋にこもって作業をしていたので気がつきませんでした。街はもう春なんですね。

コピー機のメンテナンスのひとが開口一番「きょうは暑いっすよ!」って、ああそうですねえ、もう3月なんですねえ・・・。「自分はジャケットの下は半ソデっすよ!」って。帰り際にちいさなペットボトルの冷たい烏龍茶を渡しました。私のセーター姿を暑苦しいと思ったにちがいないっすよ(笑)。

どこかちょっと遠いところにでかけたいですね。写真はきのうに引き続きロンドン。Kings Cross街角の帽子屋のショーウインドウを撮りました。キングスクロス駅はユーストン駅と並んであります。マンチェスターやリヴァプールへの長距離列車が発着するターミナル。南の海岸、ブライトンへむかう郊外電車もでています。ユーストン駅はThe Beatles映画『A Hard Days Night』の冒頭シーンで有名ですね。キングスクロス駅は『ハリーポッター』で。(『世界の車窓から』風に:笑)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

March 07, 2005

Afternoon Tea

P1020431.JPG

いただきものの紅茶がとてもいい香りで、それで過去をふりかえってみるのです。ハハ、プルーストの『失われた時をもとめて』気取りです。

4月から新社会人になられる方、期待と不安でいっぱいだろうな、私も保険会社のOLを経験しているので痛いほどわかります。

ところで。
いままで生きてきてホントさえない日々だなあ、とおもったり。たいせつな時間をむだづかいしているのかなあ、とおもったり。いえ、じつはとてもしあわせなのかなあ、とおもったり。青春をこじらせている私はなんだかよくわからないのです。

それでも、やらなきゃいけないことは山積み。ひとつづつ、ていねいに処理していこう。

あらためて新人のつもりで。
みなさま、こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:18 AM | コメント (0)

March 01, 2005

ひみつの宝箱

P1020401.JPG

ってもったいぶってますけど、ポストカードやらなにやらを入れてます、紙製のちいさなトランク。

ロンドンに旅行した際に買いあつめたおもしろいものなどなど。イミテーションの目玉焼きとか、公衆トイレの自販機にあったチョコレイトみたいなパッケージの・・?

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:43 AM | コメント (0)

February 14, 2005

Love Letter

「ひろみさんのmj(microjournal の略です:笑)は、まるで特定の誰かにあてたラブレターみたい」とひとに言われたことがありまして。いえ、プロのイラストレーターとして仕事でつくっているものですし、そんなつもりはまったくないです、と申し上げましたが、じつは光栄なことかもしれない、あたっている部分もあるけどない(!)のですから。それは、どのような表現にたずさわっている方にもこころあたりがあることと存じます。取材能力(財力?)にとぼしい市井派の私は、なんでもないできごとを100万倍にもふくらませて創造(想像?妄想?)するのが好きなのです。

ずいぶん前に身近なひとに見せたら「これは誰のことを書いてるの?」とあらぬうたがいをかけられましたが光栄です☆ワタシの妄想力(創造力!)にそんなにリアリティがあるなんて。

階段最上階に行列する
見物者のポールポジションは
苦手な場所だと不平不満をもうしたてる老女たち
それは死刑台へのステップで
それはもう大袈裟なかっこうで
地上のスケート場は
少年や娘たちの無邪気なゲーム
娘たちがしかけたコーヒーとオレンジの季節
後悔と皮肉にみちた囚人が最期のスリッパをなげこむと
目の覚めるようなシトロンの香りに瞳を閉じて

ただ自然な横顔を撮ろうとカメラをむけたのに
ゲームにあけくれて惚けた横顔
うつむいて月桂冠をぶらさげた首すじ
しかし赤い絨毯に足をなげくつろぐわたしに
頬をよせレンズにわらう少年
抱きついてきた少年のにおい
においに無頓着なこどもの
放ちっぱなしの体臭にぎやかな邪悪
アルバイトニデカケナキャ・・・・・・・・・

おうむとのおしゃべりはつづく
ガラスの温室の中で緑がはじける
日曜の朝はじける空
まださめない地平線
贅沢な青が分断する
ここにはあってそこにはない場所

『楽園』Verse by 鈴木博美

みなさま、ヴァレンタインはいかがおすごしでしょうか☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (0)

February 08, 2005

金柑

P1020340.JPG

生まれてはじめて食べました、金柑。最近スーパーで安いから。どこかの健康番組(あるいは雑誌)で紹介されてるのかな。ウイルスに対する抵抗力があり、便秘解消にも効果があるそう。

しかし、そんなウンチクよりもこの柑橘系フルーツのせつなさ、みなさまはあじわったことがありますか?
マスカットひとつぶ大。ホロ苦くて甘いのです。マーマレードのような風味。皮ごと口にふくむたび目がさめるようなういういしさ。種にちかづくまんなかが、ちょっとすっぱいんです☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

February 02, 2005

A Postcard from Chinatown

P1020331.JPG

まだまだ冬は本番中で外気はつめたく肌をつきさしますけれど、日がながくなってまいりました。
5時ちかくになっても、リビングルームの壁にはあかるい西日が反射しています。

寒い日の
    野菜の
       匂いは
聖盃を求める騎士のように
あるいはありもしない農場を
さがして田舎道をたどる郵便配達のように
現実の一幕を忠実に演じている。
 にんじん、胡椒、いちご。
 ネルヴァル、ボードレール、ランボー。
 
『郵便配達』Verse by Richard Brautigan (サンリオ刊「チャイナタウンからの葉書」池澤夏樹訳)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:35 PM | コメント (0)

January 31, 2005

murmur・・・・

neko.jpg

私はこのブログのような公の場でグチを書くのは避けてきたつもりです。でも自分への戒め☆

ひとのよさを通り越した行為はやめます(何度もそう決意したのに)。大様ではすまされないです。大様とは新明解によると『育ちがよかったりなどして、相手を疑う気持ちや競争心などをおよそ持っていない様子』らしいですが、とくにそれほど裕福な育ちではございません(きびしい家庭で『お嬢様もどき』には教育されましたけどね:笑)。競争や猜疑心をさけたい気持ちは私のわがままです。あるいは意識しすぎるきらいがあるかも。ひとをたのしませるのが私の仕事・・・というのをいいわけに不愉快になる時間に目をつぶっておりました。そして知らないうちにワタシはひとさまに愛(爆笑)のおしうりをしているのでしょうね。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:36 AM | コメント (0)

January 14, 2005

ナタリー・ウッド

sougen.jpg

数年前の昼さがり、テレビ東京でふと観た映画『草原の輝き Splendor in the Grass(1961)』で印象的だった清潔感のある女優です。ワーズワースの詩「草の輝くとき、花美しく咲くとき、再びそれは還らずとも嘆くなかれ...」をもとにしたうつくしくも哀しい映画。彼女があこがれる若き日のウォーレン・ビーティはとても輝いて眩しい存在でした。たしかナタリー本人、ボートの転覆事故で謎に満ちた死をとげたと聞いたような気がします。せつなくてこんなものをつづってみたのです(映画の内容とは異なります:笑)。

バスタブにオレンジが浮かんでいる
オレンジだけではなく
枯葉や枯枝、使用済みの切手
好まない色味のいろえんぴつ
古本を覆っていたパラフィン紙
カニの甲羅、刺繍針、むけた唇の皮

防波堤はいつも
虫歯のような波を抱えこんでいる
おやしらずは
恐れるほど複雑ではないのに
彼女は水を嫌っていて
泳ぎにさそっても
黙って首をふるだけで
ドライ・マティーニをなめてみたり
ほんの少しのダンスステップを覚えることを
愚かしいと感じるのだった

ターミナル駅で私鉄に乗り換えると
ホームから彼女がみえない
雑踏に沈んでゆく彼女とは
もう会うことはないだろう
オレンジは風下にむかって
もう朝をまたない

『ナタリー・ウッド』 poetry by 鈴木博美

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

January 05, 2005

L'ecume des jours # 06

P1020285.JPG

P1020275.JPG

P1020273.JPG

P1020272.JPG

P1020297.JPG

P1020302.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

January 02, 2005

初詣

P1020288.JPG

P1020290.JPG

P1020296.JPG

P1020294.JPG

P1020295.JPG

P1020298.JPG

P1020299.JPG

P1020300.JPG

みなさまは初詣に行かれましたか?カウントダウンのあと家で数時間ねむり、テンションの高いまま昨年同様、元旦の杉並妙法寺に詣でました。今年のワタシは12年にいちどの“超”ラッキーイヤーだそうなので、追い風をいただきに。『開運吉祥』をお祈りいたしました。クリスチャンなのに強欲(笑)。早めにいったせいか、おみやげがたくさんあって、お屠蘇もクイッと、いいきもち☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:57 PM | コメント (0)

“超”先輩

P1020251.JPG

大晦日はここ数年、新宿ROLLING STONEでカウントダウンをたのしんでおります。DJ(20代男子)に「ひろみさんは“超”先輩」といわれウケてしまったワタシなのでした。“超”って。先輩を超越してるって・・・?ある意味年齢や性別さえ超越してるということなのかしら。微妙にかなしいような気がします。元旦からさっそく『2005年流行語大賞』が決定いたしました(笑)。
写真は顔見知りの女の子を撮ったら、幸福のあまり笑顔がバラの花になってしまいました。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:45 PM | コメント (0)

January 01, 2005

a happy new year!!

P1020249.JPG

P1020267.JPG

P1020282.JPG

P1020284.JPG

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 06:12 PM | コメント (0)

December 31, 2004

new year's eve 2004

P1020246.JPG

P1020242.JPG

P1020247.JPG

From my window。
白、白、白の世界。さようなら、2004。もうすぐあたらしい日々。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 02:52 PM | コメント (0)

December 30, 2004

sound of silence

cinemapostar.jpg

ゆうべ“snow falling”なんて書いたら、さっそく東京に初雪がふりました。今朝はとても寒くてベッドのなかでちじこまっていたのですが、雨とはちがう空気のしずけさをかんじてリビングルームのブラインドをあけたのです。「雪だ!」とおもわず叫んでしまいました(笑)。雪がふりつもるときの静寂が好きです。でかける用事さえなければね。何かにまもられているような気持ち。ホールデン・コールフィールドは「ライ麦畑でつかまえて」のなかで『雨の日の映画館』について同じことをいってたかしら(笑)。

女の子が大好きなフランスの映画監督エリック・ロメールの「レネットとミラベル/四つの冒険 (1986) QUATRE AVENTURES DE REINETTE ET MIRABELLE 」をご覧になりましたか?4つの短編からなるオムニバス映画。その最初の一篇『青の時間』はふたりの女の子レネットとミラベルが田舎のアトリエで知り合うことからはじまります。庭のテーブルで食事をすすめながら「夜と朝のあいだの黎明に一瞬、完璧な静寂がある」とレネットはミラベルに語ります。ところで、フランス人はラディッシュにバターをつけて食べるのですね。とてもおいしそうで☆失礼。さて、ふたりは完璧な静寂の『青の時間』を体験することができるのでしょうか?

私の実家はかつて雑木林にかこまれた郊外住宅地にございました。私の部屋の窓にはよくいえば軽井沢のような風景。夏の黄昏にはひぐらしが涼をよび、夏休みに遊びにくる友達には「別荘みたーい」と好評だったのです。しかし、ご存知でしょうか?ひぐらしは夜明けにも鳴くのです。その毎朝の合唱たるや・・・・・不眠症になりました。ロマンティックではないお話(笑)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:34 AM | コメント (2)

December 26, 2004

郵便配達はふたつの顔をもつ?

royalmail.gif

近所の暗渠をたどっていると、せまい路地で郵便配達のバイクとよくすれ違います。ふと気がつくと、消火器が装備されてる!?以前、「かつて郵便配達員は拳銃を持っていた」というトリビアに「へ〜」と驚きましたが。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 05:16 PM | コメント (0)

December 15, 2004

夢見る頃をすぎても

LIFE.jpg

気がつけば我が家の前のいちょう並木も、このところの寒暖差ですっかり黄色く色づいていたのでした。それで思い出したわけでもないのですが、「いちょう並木のセレナーデ」を含めた小沢健二のアルバム『LIFE』が最近のお仕事の際のBGMでして。現在、某食品メーカーのCMに「愛し愛されて生きるのさ」が使用されてますね。もう10年前のCD、「フリッパーズ・ギターって何?」なんて言ってた友達も「小沢君☆」って騒いでたなあ。私は、もうこのころからすでに夢見る年頃ではなかったから(笑)、胸をキュン!とさせてリアルに聴いてるだろう若い恋人たちを横目に嫉妬しつつときおりくちずさんでみたりしてたのでした。 rockin'on JAPANの「小沢健二2万字インタビュー」はおもしろかった。インタビュアーは当時編集長の山崎洋一郎氏です。秀才&天才くんの生意気かつ暗い青春暴露記事、なつかしいなあ。自分たちを「華麗なるギャッツビー」にたとえたり、オリーブに載った女の子の部屋にいったらマルグリット・デュラスの本があってムカついたり、のエピソードが個人的にツボなのです・・・・。それよりも、全編ブローティガンの引用でなりたっているオザケンのうつくしいノートをみてみたい!!どうしてかって、ワタシもブローティガンの詩をノートに書きうつしたりしてたから(いえ、凡人の手慰みでね)。私のノートはその後、自分の言葉を綴る一冊になっております、ハハ、まったくもって夢見る季節はおわってないのです。もう、開き直り(笑)。

ところで、クリスマスがちかづくとマンション付近西新宿・都庁上空がヘリの音で騒がしいのです。夜景をたのしむヘリコプターのナイトクルーズ。ちょっと、バブリーだけどロマンティックなのかな。休日の夕暮れにベッドで本を読みながらついうたたねをしてると、「地獄の黙示録」さながらの戦場の夢をみて悪い汗をかいて飛び起きてしまう。私にとってはロマンティックではないのです(笑)。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 12:06 AM | コメント (0)

December 10, 2004

CUTE

nadia comaneci.jpg
Nadia Comaneci

夕暮れにおでんをグツグツ煮込みながらメールをしたり、電話で仕事の打ち合わせをしたり。冬の光景になってまいりました。むかし実家で家族とおでんをかこみながらの会話。映画や音楽雑誌のインタビュウであこがれのアーティストや俳優が「好きな女の子のタイプは?」という質問に「キュートな子」と答えている意味がわからなかった子供のワタシは、「キュートってどんな女の子のことなの?」と味がしっかりしみこんだ玉子をほおばりながらたずねたのです。父親は即答、「少なくとも、ひろみのことではない」。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

December 03, 2004

描くことが好きなんです☆

P1020019.JPG

レイモンド・カーヴァーがインタビュウでいってました。「才能はだれにでもある、それをDRIVE(継続)するのがむずかしい」って。またまた12月をむかえました。イラストレーターになって10数回目のXmasです。
来年のことを言うと鬼が笑うので、このへんで。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:27 AM | コメント (0)

November 24, 2004

ORANGE

忘れているならその存在はしんでるも同然ですね。とくべつな存在ならきちんと表現すべきでしょう、そうできない人間ならかっこつけてもかっこわるいですねえ、決別だわ。ハハ、なんのことをいっているのでしょうか。ワタシの大好きな詩人&作家のリチャード・ブローティガンです。
ハッキリ断言いたしますッ、大好きなんですッ。


おお、完璧な死がいかに
おまえの足もとから光を発する
オレンジの風を計算することか、

そしておまえは収穫が
星々を満している果樹園に
足を止めて、死ぬ。

“ORANGE”Verse by Richard Brautigan (池澤夏樹訳「チャイナタウンからの葉書」サンリオ刊より)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:15 AM | コメント (0)

November 15, 2004

BRIGHTON ROCK

P1020173.JPG

ヨーロッパの海岸沿い行楽地といえば英国のブラックプールとブライトンしかしらなくて(ワタクシのエッセイと写真あります☆)。ブライトンの名物にブライトンロックというキャンディがあります。チューブ型で日本の金太郎飴にそっくり。写真はとてもおいしそうなトリュフみたいですけど海岸でひろいあつめた正真正銘のブライトンの石です。ときどきながめては海のひびきをなつかしむのです(ハハ、コクトーの詩みたいなこといいました)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:58 PM | コメント (0)

November 11, 2004

L'ecume des jours # 05

P1020104.JPG

P1020103.JPG

P1020128.JPG

P1020157.JPG

P1020158.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

November 07, 2004

L'ecume des jours # 04

P1020132.JPG

P1020133.JPG

P1020139.JPG

P1020140.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:31 PM | コメント (0)

はずかしいこと(?)

P1020135.JPG

P1020137.JPG

P1020138.JPG

頬をなでる風がきもちよい午後だったのでボンヤリとかんがえごとを(とてつもないはずかしいことなどを、
ってなんだ?:笑)しながらまちを徘徊した日曜日。

上:幼稚園なのでしょうか、ドーム型のめずらしいたてもの。渋谷区上原3丁目。
中:民家の窓。渋谷区上原3丁目。
下:内藤靴店。渋谷区上原「上原仲通り商店街」。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 08:21 PM | コメント (0)

November 02, 2004

メレンゲ美容室

今もこっそりかきつづっておりますが、4〜5年前約1年間ほど、詩誌に投稿をしたさい数回入選しまして調子にのりました(笑)。まったくもって手前味噌ですが「ユリイカ」1999年7月号<今月の作品>(入沢康夫さん選)掲載を紹介させてください・・・


友人と名のる人物から
不幸の手紙が届きました
私のからだがハイジャックされたので
あなたのからだに私の人格をおくります、と

友人は私の容姿や振舞いにあこがれていたので
私のからだを欲望したのでしょう
たいへん迷惑したので
うさばらしに髪型を変えようと
美容室へ出掛けました

四月の雨が出端をくじきましたが
のぞむところ
防水のためレインコートに
刷毛で卵白をぬりました
雨は泡立ちメレンゲとなり
街は私に追従することとなりました

美容師は私のつむじに櫛のさきを突き立てながら
ワンピースの胸元から
やわらかな乳房をのぞかせるのです
私はその一対のふくらみの内側に
そっと気付かれないようにキスをしてみました
鏡のなかで彼女は嫌悪を華やかな微笑みかえてみせましたが
その顔は
二日酔いの午後のドロドロとけた砂糖菓子の私の顔だったのです

私は街の中心に美容室を開業し
オープニングの記念品は
表が女王、裏が女中のひとがたのクッキー
私の腕を羨望する客が
特注の鏡の前に絶えることはなかったのです

『メレンゲ美容室』 poetry by 鈴木博美

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:35 AM | コメント (0)

October 29, 2004

愛について

P1020095.JPG

くらい写真でもうしわけありません(笑)。
月が新宿方面のビル街にぼんやりと。週末だというのに仕事をしているワタクシです。どこか遠いまちでこのブログをご覧になってる方もいらっしゃるのでしょうね。月は私たちの日常の夕闇すべてをひそかにてらしているのです。
勝手に尊敬もうしあげてる日本の現代詩人、入沢康夫さんの詩を一篇。


ぼくたちは歩く
ぼくたちは近づく
ぼくたちは語り合う
ぼくたちは歩き ぼくたちは語り合う

ぼくたちは語り合う
ぼくたちの愛について 未来について
そのために不可欠な 自由のこと
平和のこと
この焦土で それは何よりも静かな言葉
よる廃墟にふる雪よりも
砂丘の起伏よりも
それは何よりもおだやかに語られる言葉でなくてはならない

けれどもそれは
数知れぬ歯あとのくいこんだ銃床のように重く
熔鉱炉のように底ふかく燃え
海なりのように巾広く そうしていつまでも
絶えることのない言葉でなくてはならない

一瞬焼けただれる唇の上でも
色あせない言葉
どのような暗い厚みをも とおして聞える言葉

それを選び
ぼくたちはそれを血の中にとかし合う
ぼくたちは抱き合う
ぼくたちは本当だ
ぼくたちは歩く
世界の人間の数だけの方角を指して歩く
ぼくたちは歩く

ぼくたちは近づく

『愛について』Verse by 入沢康夫 (現代詩文庫31「入沢康夫詩集」思潮社刊より)

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 10:08 PM | コメント (0)

October 26, 2004

Cul-de-Sac

P1020076.JPG

P1020078.JPG

P1020081.JPG

雨の日のゆうぐれには失われた川のあとを散歩します。地面をはう雨水がざあーっと、まるでかつての流れをおもわせるように狭い路地で私の足をぬらすのです。高度経済成長期以前の渋谷区ののどか(であっただろう:想像)な武蔵野風景におもいをはせてみるのです。幡ヶ谷3丁目の暗渠はとてもいりみだれていて、袋小路がひとびとを混乱させます。今日のBGMは、はっぴいえんどの「はっぴいえんど」、通称“ゆでめん”(林静一さん描くジャケットに「ゆでめん」の文字の看板があることから)。「風街ろまん」は春から夏にかけてのイメージ、秋冬にはやはり“ゆでめん”ですね。
で、本日のお夕飯は、あたたかいおうどんにいたしましょうか(笑)。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 06:12 PM | コメント (0)

October 25, 2004

15:11

P1020071.JPG

P1020073.JPG

我が家では毎日午後3時11分に時報が鳴ります。お茶の時間です。うそです。クローゼットのなかで、こわれたストップウォッチが毎日きまった時間にくぐもったアラーム音を鳴らすのでした。ああ、きょうも15時11分だ、とあらためて気づくのです。
フェデリコ・フェリーニが自伝だかインタビュウだかでいってた「老いていく恐怖にさいなまれて、毎朝めざめるとクローゼットを開けはなって老人臭がこもってないかをたしかめている」。老人臭・・・・。
5,6年前、青山に中古マンションをみにいったことがございました。不動産会社の方に案内されてはいった部屋は首都高速に陽の光がさえぎられてて第一印象でパスな物件でしたが、とりあえず好奇心で見学を。「どこをどうご覧になられても結構ですが、クローゼットだけは開けないでくださいというオーナーの要望でした」といわれ、クローゼット以外は思うぞんぶん、住人(あれ、おかしいな?ふつう内覧には立ち会うのにな・・・とおもいつつ)の生活感を堪能したのです。飼い犬のスピッツがキャンキャンうるさいなか、台所をのぞくとずいぶんと大量のにんにくたまり漬がございました。「にんにくか〜」と感心しふと、背中に視線を感じたのでふりむくと、クローゼットの扉があわてたようにスッ、と閉じたのです!
どなたか、クローゼットでかくれんぼをしていたのでしょうか・・・・・。

写真は、銀行にいくついでに近所を撮りました。
上:薬局ショウウインドウ。渋谷区幡ヶ谷。
下:玉川上水旧水路のせせらぎ。京王線笹塚駅南口。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 09:34 PM | コメント (2)

October 24, 2004

L'ecume des jours # 03

loanflower.JPG

akichi.jpg

P1010867.JPG

cat05.JPG

P1020029.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

October 22, 2004

ちょっと好きなひと

ラジオ番組のネタのパクリなのですが(笑)。ロマンティックなご回答を期待しております☆

Quickvoter

Q.恋人(または配偶者)がいるけど心に秘めたちょっと好きな人がいる

YES
NO


-view results-

by pentacom.jp



banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:43 AM | コメント (0)

October 21, 2004

地下鉄の駅で

P1020053.JPG
都営新宿線新宿3丁目入口。
なぜかBARBERのサインのようなものが。トマソン?

ゆうがた嵐のあいまに大急ぎで画材の買出し。そのあと妹とまちあわせてちょっと呑みちょっと新宿ROLLINGSTONEに音楽をたのしみにいきました。ひさしぶりにいろんなひとと話をして興奮してねむれないのです。地下鉄の駅をいきかうひとびと、あらたな台風を愁うひとびと、そして明日の仕事を横目に帰路について。


雑踏に浮かびでたこのいくつかの顔
濡れた黒い大枝にへばりついた花びら

“in a station of Metro”Verse by Ezra Pound(沢崎順乃助訳)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:33 AM | コメント (0)

October 18, 2004

World's End

P1020052.JPG

夢中になって描いていたら、いつのまにかリビングルームに西日がさしこんでいて5時になろうとしていたのです。絵を描くことはとても楽しいですが、鳥かごのなかであっという間に時がすぎていくような、どこか世界のはてにいるような気もちがする時がございます(笑)。


見張役の駒鳥2羽が
わたしとあなたを守っている
そしてこのわたしたちの小さい家を
憎しみや怖れから

ここの青っぽくて貧弱な
一羽のどちらは わたしたちがとても安全な
どこかのなかへと真すぐに
誰化するだろう

“sentinel robins two”verse by e.e.Cummings(藤富保男訳)

画家でもあったe.e.Cummingsのタブローは、こちらでご覧いただけます。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

October 16, 2004

As we sit

P1020047.JPG
パークハイアットがライトアップされているのかと思いました(笑)。

夕焼けが反射しているのです。すっかり肌寒くなってきましたね。

ぼくたちの前には
空が長くのびていて
道は

水路の方に走っていて
鳥たちは
かすかに白い空の中を

とんでいる 砂と水を
動かしつつあるひびきが
くりかえし くりかえし

音をたてる 風は
たえず
吹くのだ

座っていると

『座っていると』 verse by Robert Creeley (藤富保男訳)

こちらでアメリカの現代詩人 Creeley の Reading(音声です)をたのしめます。秋の夜長に☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:05 PM | コメント (0)

October 07, 2004

HIROMI☆愛の世界旅行

ハハ、すいません、「ペイネ・愛の世界旅行」をもじってみました(笑)。夕方、30分ほどのお散歩もどこか旅行気分なのです。

ヒコーキ雲:渋谷区笹塚
P1020018.JPG

ネコ:渋谷区笹塚玉川上水暗渠
P1020020.JPG

モスク#01:渋谷区大山町
P1020022.JPG

モスク#02:渋谷区大山町
P1020023.JPG

ブルガリア?の少年少女:渋谷区大山町
P1020025.JPG

世田谷区保存樹木NO.774“ヒマラヤスギ”:世田谷区北沢4丁目
P1020028.JPG

SASAZUKA SUNSET;我が家より、富士山まで見えて。
P1020030.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:10 AM | コメント (0)

October 02, 2004

L'ecume des jours #02

P1010889.JPG

P1010892.JPG

P1010874.JPG

P1010870.JPG

window.JPG

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:09 AM | コメント (0)

September 19, 2004

Doraemon kung fu

“Doraemon kung fu”
doraemon kung fu.JPG

“Doraemon in space”
doraemoninspace.JPG

渋谷区宇多川町。

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

September 15, 2004

Me? “DORAEMON”You know!

P1010831.JPG

新宿区西新宿。

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (0)

September 04, 2004

BURGER BURGLAR !?

P1010793.JPG

ハハハ、「ハンバーガー強盗」とは不謹慎なタイトルでした。ファーストフード店の中に銀行とは・・・。CIも色味がそっくりなので混乱してしまいました。いや、共存しているステキな例ですね。

京王井の頭線「駒場東大前」駅前、目黒区。

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

September 02, 2004

private eye

P1010781.JPG

P1010777.JPG

上・下いずれも渋谷区幡ヶ谷3丁目
茂みに光るよっつの目。

投稿者 orangepeel : 10:57 PM | コメント (0)

September 01, 2004

SEPTEMBRE

P1010769.JPG

P1010775.JPG

P1010774.JPG

上/都営住宅の給水塔、渋谷区幡ヶ谷3丁目
中/消防庁宿舎の外階段、渋谷区幡ヶ谷3丁目
下/花芯、渋谷区本町5丁目

いつのまにか、9月。はなびらをすっかり失った花芯もまたうつくしいかと思ったのです。

投稿者 orangepeel : 11:04 PM | コメント (0)

BONJOUR,CHIEN

P1010784.JPG

P1010783.JPG

夕方、みなれた風景をぶらついていたら、「こんなところにバス停があったかしら」って。ハチ公バス春の小川ルート」、いよいよ明日9月2日より。正面がハチ公?の顔になった可愛いミニバスなのです!新宿、渋谷へはすでに京王バスがございましたが、原宿へも100円で行けるようになってしまいました(喜)。
ところで、ロンドンのダブルデッカ−、あのレトロなデザインは来年には廃止されてしまうそう。なんでも、車椅子などに対応できるフラットな構造になっていないからとのことですが。ちょっと、さびしいですね。

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (0)

August 24, 2004

アテネオリンピックです!

アテネオリンピック、盛り上がってますね。ここ数日、当HPへのアクセス数が異様に多かったのは、検索サイトから同姓同名のマラソン「鈴木博美」さんと迷われたからでしょうか(鈴木博美さん、TBSでマラソンの解説をしてらっしゃるのですよね)。あ、ワタクシ、小学校のとき(5年生でしたか・・・)マラソン大会で3位でしたわよ!自慢&負けず嫌い・・(笑)。きみきみ!メダリストに対抗しては失礼です。

投稿者 orangepeel : 01:25 AM | コメント (0)

July 09, 2004

VOTE!

投票ください(笑)!!!
当たり前ですが、仕事仲間、遊び仲間はなしですよ。
ロマンティックなご回答を期待しております☆

Quickvoter

Q.男女間に友情は存続するか?Can you believe relationship without love between man and woman?

存続する/YES
存続しない/NO


-view results-

by pentacom.jp

※2004.10.22でいったん締め切らせていただいております。投票の結果はTOTAL42件で、 YES62%、NOが38%でした☆
投稿者 orangepeel : 01:43 AM | コメント (0)

June 18, 2004

portier

P1010578.JPG

夕方水やりをしたら、ごきげんな様子でつぼみがひらいておりました(ひときわ華やいで、フフ)。
しばらくは我が家の門番(笑)として愛想をふりまいてね、と声をかけ。

フランスの女流作家マルグリット・デュラスに「ドダン夫人」という小説がございまして。きむずかしい老女の門番と、若い道路清掃人の奇妙な愛の物語。

孤独な道路清掃人ガストンは、白ワインをひっかけて仕事をしています。陽気な歌声に道ゆく人や間借り人たちがわらいます。しかし、ドダン夫人は門番小屋にひっこんでしまいます。以下、一部引用させていただいて・・・・

****

 窓をあけるとドダン夫人は、水のいっぱいはいった鍋をとりあげ、テーブルをわきへ押しのけ、窓の片側の半身のうしろで待ちかまえる。ガストンは、いよいよ大きな声で笑いだす。何人かの通行人が、そんなふうに彼が笑うのを見、小学校の門番がおなじように笑うのを見て立ちどまる。道路清掃人が、いよいよぞんざいに通りを掃く。ドダン夫人は、依然として待ちかまえる。五番地の前に近づくと、ガストンは窓に近づく。ドダン夫人はなおも待つ。ガストンは上着を脱ぎ、身をかがめて、それを歩道の二メートルほどはなれたところに置き、今度は、両手を箒にしっかりかけたまま、じっと動かなくなる。
「さあこい」と、道路清掃人ガストンがいう。
 するとドダン夫人が、ひとこともいわずに彼の顔に、鍋の中身をまっこうからぶちまけるのである。
 するとガストンは笑いだして、サントゥラリー街の端から端まで聞こえるような大きな笑い声をたてる。ドダン夫人は、からっぽの鍋を置いて、外へ出る覚悟をきめる。見物しているみんなは無関心に、彼女はいつでもおなじ注意ぶかさをもって、じろじろとガストンを眺めはじめる。からだをふたつに折り曲げて、雫をぽたぽた垂らしながら、ガストンは腹をかかえて笑う。彼女は彼に、思うぞんぶん笑わせておく。腰に両手をあてて、彼女は、ほかのだれにも見せることのない目つきで、まるで母親が、それからまた恋に悩む女が、彼女たちの情熱と不安の対象を眺めるときみたいに、じっと彼を眺めるのである。ガストンがひと息入れると、彼女が落ち着きはらって通告する。
 「すこしはわかったろうよ。これで懲りなきゃ、今度は洗い桶だよ。」
 見物人たちは、ガストンに劣らずげらげら笑う。
 「なんにもわかるもんか」と、ガストンは答える、「おれはこいつが好きなのさ。」
 「じゃあほかの手を考えるからね」と、ドダン夫人はいう。「心配ご無用、ちゃんと考えだしてやるからね。」
 そうはいいながらも、いつとはなしに、哄笑が彼女にも伝染する。
 「そこのところがおれは好きなのさ」とガストンはいう、「あんたはそうやって、あらゆる手を考えだしては、これでもかこれでもかとみんなをこまらせるんだ。」

短編集「木立の中の日々Des journees entieres dans les arbres」(1954,Gallimard)にはいっています。

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

June 17, 2004

deracine

P1010577.JPG

玄関先のゼラニウムの鉢植えに、なぜか咲くはずのないキキョウ(?)がつぼみをつけているのです。
どこかから飛んできた種が根をはっているのでしょうか。
なにが不満なのか、ぱんぱんに頬をふくらませています、
居候のくせして、ね(笑)。

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (0)

June 15, 2004

L'ecume des jours

P1010562.JPG

P1010448.JPG

P1010450.JPG

P1010452.JPG

P1010453.JPG

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

June 10, 2004

中野通り、24時

street sweeper.jpg
street sweeper(イギリスcorgi社のミニチュアカー)

毎日23時30分〜24時頃に、東京都から委託された道路清掃車が窓の下の中野通りをゆっくりと過ぎてゆきます(すいません。もちろん、コーギー社のミニチュアカーのデザインとは異なります)。もしかしたら、朝方の4時頃にもくるのかな。ねむれなくて、ベッドをぬけだし日記などを綴っているときや徹夜仕事の夜明けに、しずかに水を吹いていたときもあったから。
イメージでは、アスピリンを溶かした石鹸水を撒いて、黎明のアルペジオをかなでる夢の車。
食欲のはげしい私は、道端に摘んだクレソンのサラダを朝食に妄想するのです。

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

June 09, 2004

神様・・・☆

P1010498.JPG

まじめで温厚、が私のパブリックイメージでしょうか、いえ、どうでしょう(?)。
ぬいぐるみの愛息子、クマのホワイティです。世の中の理不尽(笑)にブーブー言う私を、日々なぐさめてくれるのです。

投稿者 orangepeel : 02:15 AM | コメント (0)

June 06, 2004

From my window

P1010544.JPG

P1010547.JPG

朝からいちにち、雨にけむる日曜日。
霧のようなつめたい空気と、黄色いトランペットや用をなさない窓の日除けが対照的で。
どこか人恋しいかんじですね(笑)。

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

BOXER

金曜日はひさしぶりに街に繰り出して(笑)。週末というかんじでたのしかったです、けど。
新しい靴をおろしたら案の定、靴擦れになってしまいました。

土曜日はまたバスにのって郊外にでかけました。痛みにたえた、バンドエイドにまみれたボクサーの手指のような足指が、またまた新しい靴のなかで悲鳴を上げておりまして。でも、そのうち慣れてくるのです、なにごともなかったように、偏平足とオシャレなふり(笑)をした靴がなかよしになっていくのです。私の浅い経験からして。

カラッと晴れたスガスガシイ日。

投稿者 orangepeel : 02:49 AM | コメント (0)

May 21, 2004

クリステル

かわいいの。滝川クリステル。皆様ごぞんじのフジテレビ・ニュースJAPAN
キャスターです。出身地はパリ。フフ。ニュースを楽しみにしている私。

投稿者 orangepeel : 12:05 AM | コメント (1)

May 06, 2004

WANTED!!

gifsock.gif

靴下を片方なくしてしまうことってありますが、たまたまlonelysocks.co.ukというサイトを見つけましたよ。英国らしいウィットが入っていて、見ていてちょっと楽しいような(臭そうなような:笑)。

投稿者 orangepeel : 01:19 AM | コメント (0)

April 22, 2004

恋愛病院

かと思った、見間違いでした(笑)。

P1010431.JPG

文京区弥生美術館にて「長沢節展」の帰りに見かけた看板。
セツ先生の描く男の子がかっこよすぎ(足首もくびすじも華奢で、あー、大好き☆)で、私のあたまが恋モードになってしまったから?

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

April 04, 2004

cherry,cranberry,blueberry&lemon

P1010373.JPG

スライスレモンとピクルスのかけらと、シロップ漬けチェリーと。
スモークチキンサンドウィッチの残がい(笑)です。夕暮れ時のせわしい笹塚駅前『南蛮茶館』にて。カメラを近づけたら、レモンにピントがあってしまい。
チェリーがヌラッ、と皿のうえにころがって、妙になまめかしいのです。あっ食べよう☆とカメラを置いた瞬間には、真向かいの連れの喉を甘やかしていました(トホ)。

笹塚クラウン街の輸入食料品屋でデルモンテのクランベリージュースを買いました。
うすーい甘さとすっぱさです。透明なルビー色がきれい。マクビティのビスケット「トリプルクランチ(ちょっと固め、さし歯に注意)」といっしょに真夜中のおやつ。
そういえば、江藤淳の「夜の紅茶」は、すてきなエッセイ集でした。眠れない夜に読みましょう。帯には「レモンのみずみずしい風味にみたされた夜のひとときへのいざない」とあります。渚十吾の「THE BLUEBERRY DICTIONARY」も枕もとに欠かせない一冊です。
ひつじを数えるようにア〜ワをひもといてゆくのです。

投稿者 orangepeel : 02:12 AM | コメント (4)

April 01, 2004

APRIL FOOL

P1010367.JPG

105円(税込:本日より)のビニール傘とはいえ、銀行やスーパーの傘たてから、ウッカリ間違って持ってかれてしまうのは、かなしいのです。だから、悪趣味ですが、こんなフェイクでボンヤリさんをギョッとさせたい、今日はエイプリルフールですしね。
傘の柄に蟻んこのシールを、ちょっとリアルに貼ってみました。
写真を拡大してご覧ください(笑)。

投稿者 orangepeel : 08:19 PM | コメント (2)

March 28, 2004

Cherry Blossom

P1010350.JPG

P1010347.JPG

今年も下北沢、北沢川のほとりでお花見をしました。日が暮れてきたら、一匹のコウモリが宴にうかれてる人々をぴらぴらとからかっていました。
小田急線下北沢駅近くの線路沿いの土手には、こんなにいっぱい、つくしがはえててビックリです(クリックして拡大してご覧くださいませ)。

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (2)

March 27, 2004

caterpillar

Pht0403271609.jpg

路上の芋虫。

渋谷区元代々木町、山手通りの裏手で道路の補修工事がおこなわれていて。
アスファルトを塗り固めるための(それだけの)車。ピースフルな車です。

我が家の前の中野通りでは、毎晩24時ころに、道路清掃車が水を吹いてゆきます。

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

March 26, 2004

camouflaged insect

gitai.gif

私は、ここにいます(笑)。

擬態する昆虫。
葉っぱになりきる、いじましくも愛らしい姿をさがしてください。
春は、もうすぐ。

投稿者 orangepeel : 08:10 PM | コメント (0)

March 02, 2004

三寒四温?

いまみたいな季節を三寒四温っていうのかな?

今日は、みぞれまじりの曇り空でしたね。
最近の東京では、街がスッポリと真っ白におおわれることは少ないですね。

かつて、私がすんでいた実家(東京近県の郊外住宅地)の前に、
雑木林にかこまれた公園がありました。
飼っていた白い犬が、雪のなかをくるったように走り回るのです。

白いバックに、黒いふたつの目と鼻、そしてピンク色の舌が
大喜びで、ぽんぽんとはじけているのです。

投稿者 orangepeel : 01:21 AM | コメント (0)

February 22, 2004

風のにおい

このあいだの季節の変わり目は、あまり気がつきませんでした。

きょう、近所を散歩してたら、顔にあたる風が、春のにおいがしました。てくてく歩けば、ちょっと汗ばむ陽気でした。

風のにおいがわからなくなるのはいやなのです。
それは、とても、こわいことなのです。

投稿者 orangepeel : 12:28 AM | コメント (0)

February 20, 2004

フランソワ・トリュフォー

そういえば(唐突!)、結婚の誓いは、「死がふたりをわかつ」までですが、ほんとに愛し合っていれば、たとえばどちらかの不実によって生き別れるより、突然訪れる永遠の別れのほうがつらいのじゃないか、神様は勝手なこと決めてるわ、といい年をして甘酸っぱいことを考えているわけです(笑)。

本日付朝日新聞の「天声人語」によると、フランスでは、死者との結婚が認められているそう。先週、ロイターが伝えた、18ヶ月前に事故死した恋人と結婚した女性のコメント、「彼が死んでも、私は彼と分かち合った価値観を大切に思っている」。

記事では、「結婚こそは人間がなし得る最大の探検旅行・・」というキェルケゴールの言葉を引用していますが、愛の国(!)フランスの映画作家フランソワ・トリュフォーのアントワーヌ・ドワネル物なんか、まさに冒険をえがいていて、楽しい(?)シリーズですよね。そのもの、ずばり「家庭」というタイトルもあります。
オススメですわ!

投稿者 orangepeel : 08:17 PM | コメント (0)

February 17, 2004

春一番

先日、ガラス窓を揺らした風は、春一番だったのでしょうか。

風がつよい日には、詩をかかない、と言ってた詩人がいました。
「鎖骨がはずれ、関節が乾いた音をたて振動するから」だそう。

なんだ、詩人といわれる人も、霊感が天候に左右するんだ。

しかし、私は詩人ではないから、
気をふるいたたせ仕事にとりかからねばなりません。
今日は、徹夜になりそうです。

投稿者 orangepeel : 09:17 PM | コメント (0)

February 12, 2004

BEN NICHOLSON

ben.jpg

とても晴れていたので思い立って、ひさしぶりにちょっと遠出をいたしました。

昨年の10月にオープンしたばかりの神奈川県立近代美術館・葉山館へ、ベン・ニコルソン展を観に。
渋谷から横浜、はじめて「みなとみらい線」にのりました。車内アナウンス、うるさくないですか(笑)。英語バージョンなんか、すごい得意げだし、運転士さんまで、「機長は加藤、副機長は高橋です」的な、まるで異国へのフライトをご案内!みたいで、ちょっと笑った(けど、ちょっとワクワクした)。その後、横須賀線で逗子へ。逗子駅から、バスで葉山御用邸近くの美術館です。

ベン・ニコルソンは、20世紀イギリス絵画を代表する画家です。
半具象と抽象のはざまを行き交う作家、ということですが、今回、観て思ったのは、「近くでみると具象、遠くでみると抽象」(笑)、という感じでしょうか。もう、10年ほど前、東京で観て以来、カタログをながめる日々だったのですが、あらためて実物に接すると、「あー、ここ鉛筆でクリクリ塗ってるー」というのがわかったりして、ベン(呼び捨て!)の息づかいまで感じられるようで、やはり、生(!)はいいですねー。

お気に入りは、「moonrise(月の出)」、「ice−off−blue(氷−褪せた−青)」、「violet de mars(火星の紫)」etc。タイトルで気になられた方、絵の印象は人さまざまですし、私ごときの解説より、5月29日〜7月25日、東京ステーション・ギャラリーに巡回するそうです、ぜひぜひ足を運んでみてくださいませ。

海岸も、歩いてみました。ベンの描く風景に同化して。

海岸線を走るバスの窓に臨むのは、沈みかけた夕日が冬の海原にキラキラと輝く景色。うっとりと帰路についたのでした。

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (0)

February 09, 2004

ROLLING STONE・・・

私は今日、地味ーに、近所のお寺や神社をめぐって散歩しました。
うちのまわりは、意外に、ここは東京?渋谷区?ってな古くさい町並みが多くてたのしめます。「東京人」で特集してた失われた風景、ここにございますわよ!!って感じです。
久しぶりに神田川を見に行ったのですが、堰で鴨がくつろいでいて、「当分、鴨つくねは食べられませんな」と思いつつ、澄んだ水の底をながめていたのです。ん?あの苔むした石、なんか猫のかたち?「ひゃーーーーっ」、私、叫びました。井の頭公園からの冬の冷たい湧き水ゆえ、冷蔵化して腐敗せずに石像となった、ねこ・・・・。
アーメン。

川底で、かたちをのこしたまま、不在となるのはいやですね。
私は、ものをつくるなかで、高揚したく存じます・・・・。
って、かっこいいこと言いたいですね。

投稿者 orangepeel : 12:12 AM | コメント (0)

February 08, 2004

ソースから入る。

豚肩ロースのかたまり肉を買ってきて、丸ごと煮豚にするのが好きです。

安い日本酒や、醤油、長ネギ、生姜などの凡庸な材料とともに、お鍋でコトコト煮るだけで、簡単ですし、非常においしい。火にかけながら、多少の作業(イラストにトレペをかけたり、宅急便の原稿の集荷を待ったり)もできるのです。

送られてきた掲載誌に、とてもおいしそうなソースのつくり方が(肉料理にも意外に合う・・)出ていたので、ソースをつくってみたいがために、煮豚にしました。

音楽の聴き方でも、そういうのって、ありませんか?
私が通っていた高校では、お昼休みにロックがかかったりしていたのですが、音楽好きの男子が「この曲、このあとのベースがかっこいいんだよ!ほら、ここ、ここ!」と興奮していて、まわりの誰の反応もなくて、おかしかった。私は、こっそり心の中で「うーん、そうそう」とうなずいていました。
そのベースが聴きたいがために、何度も耳をこらしてしまう。

私は、あるモチーフやキーワード(たとえば・・・・、たとえばですが「水差し」「蟹」とか・・)を勝手に設定してイラストや、ひそかに書きためている文章などで、マイワールドを構築するのを楽しんでいます。仕事にもいかされていますでしょうか。依頼されるイラストのテーマって、さまざまですものね。

ところで、そのソースなのですが、あまり、肉料理とは合わなかった(なんか、そういう予感はしました・・・)。むしろ、温野菜や野菜スティックのディップによろしいでしょう。
煮豚には、和からしや酢醤油をつけていただくのが大変おいしゅうございます。

投稿者 orangepeel : 07:02 PM | コメント (0)

February 06, 2004

タイムトンネル

地下鉄都営新宿線は、まだ古い車両を使っているのでしょうか?

今日、窓枠に年代物の落書きをみつけました。
カッターかシャープペンシルで、きりきりときざみつけてあった。
好きな子の名前?とか「YMO」とか「パンツ見える」(笑)などの文字が読めました。

かつて、これを悪戯した人(たぶん今は、充分いい大人)が、今、たまたまこの車両で、この窓際でこれを見つけたらおもしろいでしょうね。

ホロ苦い?気持ちに戻れるのかな。

投稿者 orangepeel : 07:48 PM | コメント (0)

January 13, 2004

投稿者

そういえば、年末の模様替えの際、大量の音楽雑誌を処分してしまいました。本棚にはいりきらなくて、紙袋に入れたまま床に放置、という、古本屋さんの倉庫状態になっていたからです。あらためて見れば、夢中になって読んでいた記事も、大好きだったアーティストのグラビアも、大抵は、そうね、こんな人もいたかしらね、というか、音楽ジャーナリズム?(ショウビジネス?)のミズモノ感がありましたね。

その中で私は、一冊の「ロッキン・オン」を保存しております。高校生の頃、読者のページに、The Whoのピート・タウンゼントの似顔絵が掲載されたことがありまして。(鈴木博美の名前で投稿しております、もし、お持ちの方がいらしたら、それは同姓同名ではなく、私です。)

うれしかったー、大好きな雑誌に私の絵が載っている、もしや、あのアーティストも手にして・・・、など妄想がふくらみ。そして全国誌であるわけですから、突然「うちの同人誌(笑)の表紙を描いてくれませか」という依頼がきたりして、舞い上がりました。

イラストレーターになったきっかけ、とは、もちろん、そんな単純なことではございませんね。
やはり、プロのイラストレーターとして、はじめて原稿料を頂いた日の感激こそ忘れません。

投稿者 orangepeel : 06:51 PM | コメント (0)

January 12, 2004

模様替え

年末、リビングルームの模様替えをしました。といっても新しい家具を買う、ということでもなくて。5年前に引っ越してきてからお世話になっていたラグマットを思い切って捨てました。部屋が急に明るくなって、午後にはサンルームのようになりました。少しは、鉢植えなど育ててみましょうか。無駄に積んでいた本なども、仕事部屋におさめて、間接照明のシンプルなインテリアにしました、ちょっとスカンジナビアンな感じで。今年はもっと、人を呼べるように。

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

January 01, 2004

あけましておめでとうございます。 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

課題・・・。買ったままたまってしまった本を読破。まめに部屋を片付ける。おいしいものの研究と実作。写真の整理、あ、それより返却原稿の整理。もっと街にでよう。詩作の時間。ボーッとしないこと。ボーッと人を見過ぎないこと。新年をむかえて、ちょっと、ひとりごと。
今年も、いいイラストレーションを描かせていただけるよう、ひとつひとつの仕事と人との出会いを大切にしたいと思います。

投稿者 orangepeel : 03:50 PM | コメント (0)