September 29, 2014

L'écume des jours #294

ldj140929mj01.jpg

ldj140929mj02.jpg

ldj140929mj03.jpg

ldj140929mj04.jpg

ldj140929mj05.jpg

ldj140929mj06.jpg

ldj140929mj07.jpg

ldj140929mj08.jpg

ldj140929mj09.jpg

ldj140929mj10.jpg

ldj140929mj11.jpg

ldj140929mj12.jpg

ldj140929mj13.jpg

ldj140929mj14.jpg
© photo by hiromi suzuki

wada suginami-ku, Tokyo

投稿者 orangepeel : 03:56 PM | コメント (0)

August 11, 2013

The Virtue of the Coffee Drink

virtueoftheCoffeedrink130811mj.jpg
A handbill published in 1652 to promote the launch of Pasqua Rosée’s coffeehouse

_____ until the mid-seventeenth century, most people in England were either slightly — or very — drunk all of the time. Drink London’s fetid river water at your own peril; most people wisely favoured watered-down ale or beer (“small beer”). The arrival of coffee, then, triggered a dawn of sobriety that laid the foundations for truly spectacular economic growth in the decades that followed as people thought clearly for the first time. _____

from The Public Domain Review via PRINTERESTING NOTEBOOK

投稿者 orangepeel : 08:47 PM | コメント (0)

June 13, 2013

The Forgotten Home of Coffee


Kew Gardens - Beyond the Gardens - The Forgotten Home of Coffee

投稿者 orangepeel : 09:37 PM | コメント (0)

March 10, 2013

L'ecume des jours #217

ldj130310mj01.JPG

ldj130310mj02.JPG

ldj130310mj03.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:26 PM | コメント (0)

January 13, 2013

The Nordic Cultural Society

thenordicculturalsociety130113mj01.JPG

thenordicculturalsociety130113mj02.JPG

thenordicculturalsociety130113mj03.JPG

thenordicculturalsociety130113mj04.JPG

thenordicculturalsociety130113mj05.JPG
© photo by orangepeel

北欧文化協会 2013年1月例会 新春懇談会 @ レストラン「ストックホルム」(東京・赤坂東急プラザ1F)に。

ときどき飛び交うフィンランド語、ニッケルハルパの生演奏とダンス、
ミートボールのベリーソーズ添えやザリガニなどの北欧料理をいただきながら、
会員の方々とお話させていただき、あたたかな休日を過ごしました。

投稿者 orangepeel : 11:38 PM | コメント (0)

October 27, 2012

L'ecume des jours #201

ldj121028mj01.JPG

ldj121028mj02.JPG

ldj121028mj03.JPG

ldj121028mj04.JPG

ldj121028mj05.JPG

ldj121028mj06.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

August 12, 2012

L'ecume des jours #190

ldj120812mj01.JPG

ldj120812mj02.JPG

ldj120812mj03.JPG

ldj120812mj04.JPG

ldj120812mj05.JPG

ldj120812mj06.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:36 PM | コメント (0)

August 11, 2012

Janat

janat120810mj.JPG
© orangepeel

ジャンナッツのクリスタルシリーズを水出ししてアイスティにします。
ペットボトル1.5リットルのボルビックにティーバッグ3個を投入して一晩冷蔵庫に寝かすだけ。
まったくもって貴族的ではないですが、毎朝のグラス一杯が口中爽快です。
全国カルディ(株式会社キャメル珈琲、東京都世田谷区代田本社)で買えます。

投稿者 orangepeel : 12:57 AM | コメント (0)

August 03, 2012

L'ecume des jours #188

ldj120803mj01.JPG

ldj120803mj02.JPG

ldj120803mj03.JPG

ldj120803mj04.JPG

ldj120803mj05.JPG
© orangepeel

ロマンスカー車内販売のオレンジ・シャーベット。

投稿者 orangepeel : 07:19 PM | コメント (0)

August 01, 2012

L'ecume des jours #187

ldj120801mj01.JPG

ldj120801mj02.JPG

ldj120801mj03.JPG

ldj120801mj04.JPG

ldj120801mj05.JPG

ldj120801mj06.JPG

ldj120801mj07.JPG

ldj120801mj08.JPG
© orangepeel

暑い午後のティタイムは、熱々のクラムチャウダーと冷たい紅茶で遠い渚を想うのです。

投稿者 orangepeel : 09:16 PM | コメント (0)

July 05, 2012

L'ecume des jours #180

ldj120705mj01.JPG

ldj120705mj02.JPG

ldj120705mj03.JPG

ldj120705mj04.JPG

ldj120705mj05.JPG

ldj120705mj06.JPG

ldj120705mj07.JPG

ldj120705mj08.JPG

ldj120705mj09.JPG

ldj120705mj10.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:58 PM | コメント (0)

June 08, 2012

Sot l'y laisse

sotlylaisse120608mj.png
from

投稿者 orangepeel : 09:00 AM | コメント (0)

April 24, 2012

Easter

easter120424mj.JPG
© photo by orangepeel

easter egg.

投稿者 orangepeel : 09:04 PM | コメント (0)

November 13, 2011

Happy Holidays

happyholidays111113mj02.JPG

happyholidays111113mj03.JPG
© orangepeel

happyholidays111113mj.png
please enjoy a printable fruitcake (pdf)

from printeresting

投稿者 orangepeel : 09:30 AM | コメント (0)

September 15, 2011

L'ecume des jours #122

ldj110915mj01.JPG

ldj110915mj02.JPG

ldj110915mj03.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

September 12, 2011

L'ecume des jours #121

ldj110912mj01.JPG

ldj110912mj02.JPG

ldj110912mj03.JPG

ldj110912mj04.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

September 04, 2011

L'ecume des jours #119

ldj110904mj03.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:00 PM | コメント (0)

July 28, 2011

ephemera / Les Fiches-Cuisine

cuisine110728mj01.jpg

cuisine110728mj02.jpg

cuisine110728mj03.jpg

cuisine110728mj04.jpg

cuisine110728mj05.jpg

cuisine110728mj06.jpg

cuisine110728mj07.jpg

cuisine110728mj08.jpg

cuisine110728mj09.jpg

cuisine110728mj10.jpg

cuisine110728mj11.jpg

cuisine110728mj12.jpg

cuisine110728mj13.jpg

cuisine110728mj14.jpg

cuisine110728mj15.jpg

cuisine110728mj16.jpg
© ephemera collection of orangepeel

“ Les Fiches-Cuisine de ELLE par Madeleine Peter”

投稿者 orangepeel : 06:01 AM | コメント (0)

July 01, 2011

HAVE A COLD ONE

votenow110701mj01.jpg
email from The One Club, July 1, 2011

votenow110701mj02.jpg
email from The One Club, June 21, 2011

“Vote for Your Favorite Beer Commercials”
HAVE A COLD ONE...

投稿者 orangepeel : 05:27 AM | コメント (0)

June 20, 2011

Made in England

food110620mj01.JPG

food110620mj02.JPG

food110620mj03.JPG

food110620mj04.JPG

food110620mj05.JPG

food110620mj06.JPG

food110620mj07.JPG

food110620mj08.JPG

food110620mj09.JPG

food110620mj10.JPG

food110620mj11.JPG

food110620mj12.JPG

food110620mj13.JPG

food110620mj14.JPG

food110620mj15.JPG

food110620mj16.JPG

food110620mj17.JPG

food110620mj18.JPG

food110620mj19.JPG

food110620mj20.JPG

food110620mj21.JPG

food110620mj22.JPG

food110620mj23.JPG

food110620mj24.JPG

food110620mj25.JPG

food110620mj26.JPG

food110620mj27.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

June 04, 2011

Microwave Popcorn

popcorn110604mj01.jpg

popcorn110604mj02.jpg

popcorn110604mj03.jpg

popcorn110604mj04.jpg

popcorn110604mj05.jpg
Microwave Popcorn

投稿者 orangepeel : 05:29 PM | コメント (0)

March 24, 2011

ephemera / 思い出横丁

ldj110324mj.jpg

kabuto110324mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

「あれ?きょう、木曜日だよ。まだ4時」と隣席から哂われながら、思い出横丁で思い出にひたる。
といっても、敬遠して何度も通りすぎていて、先日近所の知人からすすめられて初めて落ちついてみた場所てある。

オヤジさん(2名います)が「後藤新平がでてきたらいいね。関東大震災のあと東京を復興させたの。
岩手出身ってのが皮肉だね。若いひとは知らないね」と言い、
「知らないです。いえ、若くはないんですけど」と応えながら、
(オヤジさんたちも関東大震災を経験してるわけないんだよなあ)とおもい
「思い出横丁って戦前からあるんですか」ととぼけた質問をしてみて頂いたのが、上のマッチとショップカードです。

合いの手のような、ツッコミのような、お客さんの会話に良い頃合いに言葉をはさんで、
「今朝抜いたばっかりだから歯が痛くてしょうがない」って、
こころの擦り傷にオロナイン軟膏。昭和。

投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (0)

March 10, 2011

L'ecume des jours #87

ldj110310mj01.JPG

ldj110310mj02.JPG

ldj110310mj03.JPG

ldj110310mj04.JPG

ldj110310mj05.JPG

ldj110310mj06.JPG
© orangepeel , @ 魚力, Sibuya-ku, Tokyo

文句なしに美味しかった海鮮丼のランチ。
しじみのお味噌汁を3杯おかわり!

投稿者 orangepeel : 06:02 PM | コメント (0)

February 12, 2011

L'ecume des jours #81

ldj110212mj01.JPG

ldj110212mj02.JPG

ldj110212mj03.JPG

ldj110212mj04.JPG

ldj110212mj05.JPG

ldj110212mj06.JPG

ldj110212mj07.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:43 PM | コメント (0)

January 19, 2011

L'ecume des jours #79

ldj110119mj01.jpg

ldj110119mj02.jpg

ldj110119mj03.jpg

ldj110119mj04.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:03 PM | コメント (0)

January 17, 2011

sugar addict

sa110117mj01.jpg

sa110117mj02.jpg

sa110117mj03.jpg

sa110117mj04.jpg

sa110117mj05.jpg
© orangepeel

上3枚は、あんみつ@甘味喫茶『皐月』
下2枚は、きのう『紀ノ国屋』で買ってきたベルギー産のチョコレイト・トリュフ

リニュアルした『紀ノ国屋』青山本店は、英国ハロッズのようにイート・インのカフェができてました。

投稿者 orangepeel : 11:04 PM | コメント (0)

January 10, 2011

Afternoon tea @ Muswell Hill

ldj110110mj01.jpg

ldj110110mj02.jpg

ldj110110mj03.jpg

ldj110110mj04.jpg

ldj110110mj05.jpg

ldj110110mj06.jpg

ldj110110mj07.jpg

ldj110110mj08.jpg

ldj110110mj09.jpg

ldj110110mj10.jpg

ldj110110mj11.jpg

ldj110110mj12.jpg

ldj110110mj13.jpg

ldj110110mj14.jpg

ldj110110mj15.jpg

ldj110110mj16.jpg

ldj110110mj17.jpg

ldj110110mj18.jpg

ldj110110mj19.jpg

ldj110110mj20.jpg

ldj110110mj21.jpg
© orangepeel

渚十吾さん邸に、お茶におよばれしました。
Yokoさんの豪華なお菓子が沢山テーブルに用意されていて大喜び!
苺の味とかおりが春を先取り、ありがとうございます。

鈴木慶一氏&渚さんプロデュース、渡辺美奈代のアルバムを聴かせていただきました。凝った音のつくり。
AKBは、ここからの流れなのですね(って、最近のアイドルをよく存じ上げないのですが:笑)。
自分はアイドルになれないけれど、アイドルをビジュアルから曲まですべてプロデュースするのが
こどものころの夢だったのですが(なんておこがましい!)、渚さんは、現実にやってらっしゃった。

ほとんど聴いたことがなかった近藤マッチさんのアルバムも。
芸能界の裏話をちょこっとうかがい。。。
TVの向こう側の世界しか知らなかったワタシです。

渚さま、Yokoさま、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

January 07, 2011

空と森と

santatsu110107mj.jpg

散歩の達人』1月号は、所沢・東村山特集。
「ぎょうざの満州」がでてきました。
えいはちさんのえいはち@十二社の行動にコメントをお邪魔させていただいておりますが、
「満州」の餃子は、うんざりするほど食べておりました。

でも、いま、食べたい!おいしいのです!

「山田うどん」もなつかしい。学校の給食によくありました(これも、うんざりするほど:笑)。
しかし、コシがあっておいしい!笹塚駅にもあったような気がしますが、いつのまにかなくなった?

投稿者 orangepeel : 10:28 PM | コメント (2)

November 18, 2010

L'ecume des jours #66

ldj10111803.JPG

ldj101118mj06.JPG

ldj101118mj07.JPG

ldj101118mj08.JPG
© orangepeel


Madness - Return Of The Los Palmas 7

投稿者 orangepeel : 06:01 PM | コメント (0)

ephemera / すべてがなくなるわけじゃない

drink101118mj01.jpg


drink101118mj02.jpg


   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ drink101118mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

最初にとりだしたのは「大吉」!
でもね、まだ食べてない。

投稿者 orangepeel : 10:07 AM | コメント (0)

November 08, 2010

L'ecume des jours #63

ldj101107mj01.JPG

ldj101107nj02.JPG

ldj101107mj03.JPG

ldj101107mj04.JPG

ldj101107mj05.JPG

ldj101107mj06.JPG

ldj101107mj07.JPG

ldj101107mj08.JPG

ldj101107mj09.JPG

ldj101107mj10.JPG

ldj101107mj11.JPG

ldj101107mj12.JPG

ldj101107mj13.JPG

ldj101107mj14.JPG

ldj101107mj15.JPG
© orangepeel


Savoy Truffle - The Beatles

投稿者 orangepeel : 07:33 AM | コメント (0)

November 01, 2010

L'ecume des jours #62

ldj101101mj01.JPG

ldj101101mj02.JPG

ldj101101mj03.JPG

ldj101101mj04.JPG
© orangepeel

神保町はいま、古本市真最中。11月3日まで。
屋台にはふりむきもせず、コラージュ・ソースの ephemera をもとめて、アベノスタンプと秦川堂書店へ直行です。
そして、共栄堂ポーク・カレーで遅めのお昼ごはん。
念願の季節限定 ‘ 焼きりんご ’ をいただきました。
ミルクをとろ〜りとかけて ‘L'automne a Tōkyō’。

shopcard101101mj.jpg
shop card © ephemera collection of orangepeel

‘そこに行かなければ、というカレー屋さんがある。何故だか理解らないが好きなカレーに呼ばれるようにそこへ定期的に通っている。東京、神保町にある共栄堂。僕には別名、スマトラ・カレー。

ポーク・カレーと同時にカップ・スープがくる。一見、ポタージュのようだが、鳥がらベースのコンソメとの中間くらいのスープ。コショウをかけてふたくちすすると、すぐにカレーが運ばれてくる。所用時間 30 秒。’

「Curry, Curry, Curry 」 / 『空想紅茶』 渚十吾 (ブルース・インターアクションズ刊 , 2004)

投稿者 orangepeel : 08:18 PM | コメント (0)

August 07, 2010

L'ecume des jours #51

P1010377.JPG

P1010372.JPG
© orangepeel

とろけそうな土曜日の午後のチョコレートサンデー@甘味喫茶 皐月。
図書館でとりおきしてもらった『郵便配達夫 シュヴァルの理想宮』を受けとった帰り。

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (2)

July 22, 2010

milky chocolate

milkychocolate100721.jpg

冷凍庫にひやしてます。

投稿者 orangepeel : 03:30 PM | コメント (0)

July 19, 2010

ephemera / glaces-gervais

elle100719.jpg
ELLE , 12 juillet 1971 © ephemera collection of orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

July 11, 2010

Around the World in a Summer Evening

P1010195.JPG

P1010196.JPG

P1010197.JPG

P1010205.JPG

P1010206.JPG

P1010211.JPG

P1010222.JPG

P1010227.JPG

P1010228.JPG

P1010229.JPG

P1010231.JPG

P1010234.JPG
© orangepeel

週末は、渚十吾邸にお邪魔しました。
青く暮れていく夏の宵、おいしいワインとyokoさんの手料理をいただいたら、
ごちそうの味と香りで、胃がぴくぴくとよろこんでいました。。。
ありがとうございます☆

音楽と稀少な本、たのしいおしゃべりで夢のような時間をすごさせていただきました。
レコードにあわせて渚さんがシャンペングラスでスライドギターを?!目の前で。。。


渚さま、yokoさま。
お招きいただき、どうもありがとうございました。
(さらにおみやげまで!)
これからもどうぞよろしくお願いします。



20100510 menu.jpg
夏の晩餐メニュウ・カード

一晩明けて、世界旅行から戻ってきたような気分。

投稿者 orangepeel : 04:08 PM | コメント (0)

July 01, 2010

ephemera / Mumintroll

Mumintrollmj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

フィンランドの妖精ムーミンがなぜか仏蘭西大使?のキャラクターに。
甘くてみずみずしい洋梨ラ・フランスについていたしおり。

投稿者 orangepeel : 10:47 PM | コメント (0)

June 17, 2010

HOT

P1010005.JPG
© orangepeel

『Repose' Sugi(ルポーゼ すぎ)』のhotcake@八幡山

アイスクリームや苺や生クリームが添えられたホットケーキ が
暑い夏の午後に至福のひとときをもたらしてくれるのです。
メープルシロップをたっぷりとからめていただくのです。

投稿者 orangepeel : 05:32 PM | コメント (2)

June 11, 2010

L'ecume des jours #43

P1000840.JPG

P1000843.JPG
© orangepeel

curryのおいしい珈琲屋『茶豆』@笹塚

投稿者 orangepeel : 07:19 PM | コメント (0)

April 29, 2010

L'Amour Est Bleu

P1000718.JPG
© orangepeel

図書館の帰り道、おやつ時間に甘味喫茶室『皐月』再訪。
フルーツパフェ(濃厚なナポリアイスクリーム使用)のかたわらに借りてきた仏蘭西詩集などをかさねてみる。
BGMは、とうぜん、ポール・モーリア‘恋はみずいろ’なのです。

今日は『昭和の日』ですね♪


Vicky Leandros L'amor Est Bleu(Love Is Blue)

ヴィッキーの歌声入りははじめて聴きました。

投稿者 orangepeel : 09:17 PM | コメント (2)

March 20, 2010

L'ecume des jours #33

P1000537.JPG

P1000540.JPG

P1000541.JPG

P1000543.JPG
© orangepeel

fake food samples @ restaurant, shinjuku park tower

投稿者 orangepeel : 09:28 PM | コメント (2)

March 19, 2010

hospital meal

ringostarrinhospital.jpg
from

Ringo Starr pictured in his pyjamas in hospital eating a meal

投稿者 orangepeel : 07:40 PM | コメント (0)

P1000518.JPG

P1000519.JPG

P1000522.JPG

P1000523.JPG

P1000524.JPG

P1000527.JPG

P1000530.JPG

P1000536.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:22 PM | コメント (0)

December 21, 2009

chocolon

P1000469.JPG

パレットかとおもった!

チョコレートでコーティングされた、うつくしいマカロン。
Tさま、すてきなクリスマスプレゼント、ありがとうございます☆

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

November 30, 2009

yoghurppe

yoghurppe.jpg

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

November 22, 2009

oden

P1000415.JPG

寒くなってまいりましたね。
夕飯はおでんにしました。
卵はよく煮しまってホクホクが美味しいです。

そういえばワタシ、浅草橋のおでん屋さんの孫でしたな。。。

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

September 12, 2009

ephemera / maple sugar

maplemj01.jpg

maplemj02.jpg

maplemj03.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

ブリチーズ(白カビ:微妙なクセと濃厚のところが好きで)に
メイプルシロップを添えるとおいしいですね。

純正メイプルシュガーも手にはいらないし、レシピにあるようなデザートつくれないので。
鷹揚に。。。

投稿者 orangepeel : 10:34 PM | コメント (0)

September 03, 2009

boiled chestnuts

P1000326.JPG

いつのまにか八百屋さんの店先には栗。

投稿者 orangepeel : 10:29 PM | コメント (0)

July 27, 2009

ミル挽き珈琲

coffeemj090727.jpg
© photo by chocochip

たびたび、食い意地飲み意地のはったエントリでしつれいいたします。
せんじつ訪れた、中野区南台東京大学海洋研究所の休憩室にあった、
「一杯づつ豆を挽いてくれる」自販機の“ミル挽き珈琲”が忘れられないのです。

いただいたのは、香り良くのど越しがさわやかなアイスコーヒーで、
この味で100円というのは信じられない。
東大の施設だから国からの補助があるのかな。

ああ、ミル挽き、、ミル挽き、、、と日々熱にうかされたように恋焦がれています。

◆別館『珈琲屋 preservation society』、ちょこちょこ更新しております、ぜひお立ち寄りくださいませ☆

投稿者 orangepeel : 07:20 PM | コメント (0)

July 26, 2009

tomato jelly

tomatojellymj090726.bmp

あついですね。
日曜日は、氷菓子を二杯いただきました。

午後NHK『きょうの料理』グリルドピーマンとトマトの和え物
学習しました、おいしいはず。あしたつくってみます。

ところで、コンビニの新顔商品『あま〜い トマトゼリー』なるもの、
デザートなのか前菜なのかわからないけれど丸ごとトマト入りです。
398円って、ちょっと高級だとおもいますけれど、おいしかった。

投稿者 orangepeel : 10:03 PM | コメント (0)

July 14, 2009

plum

P1000041.JPG

熟したプラムは皮をむきつつ食すと果汁がだらだらと
手にこぼれて面倒だから、冷凍庫にいれてシャーベットにしました。

イメージの文学誌シリーズ『物食う女』(北宋社・昭和五十三年刊)。
監修の武田百合子のまえがき「枇杷」をおもいだしました。

「ひょっとしたらあのとき、枇杷を食べていたのだけれど、
あの人の指と手も食べてしまったのかな。-------そんな気がしてきます」

投稿者 orangepeel : 09:10 PM | コメント (0)

July 08, 2009

ephemera / beer

P1000013.JPG
© ephemera collection of hiromi suzuki

ビールがおいしい季節になってまいりました。

数ブロック先においしい黒ビールと生のハーフ&ハーフのお店をみつけた。
ジョッキが凍っており、泡のうえのほうが少しシャーベット状になっていて、
最初のひとくちが至福なのです、このひとくちが永遠に続けばいいのに。

というのは、湿度の高いアジア人の嗜好ですよね。ビール好きには邪道かも。
ブライトンに旅したとき、埠頭のパブでは常温のギネスをゆっくりじっくり、
クリ−ミーにサーブしてもらった記憶。

うえのビールは実物ではなく、英国ハロッズ百貨店特製ラガーのパンフレット兼注文表です。(以前にもupしたことがございました、ハハ)
そういえばデパートはエフェメラの宝庫。
化粧品フロアのパンフレットなど、ついついもって帰ってきてしまいます。

投稿者 orangepeel : 11:38 PM | コメント (0)

May 23, 2009

iced boiled egg

冷蔵庫の奥で凍ってしまったゆで卵。

食べたことあります?

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

March 20, 2009

calpis

hakutomj090320.jpg


近所の100円自販機で売り切れてた。白桃カルピス、おいしい。
本日も未練がましく「ああ、まだ補充されてないや」ってがっかり。。。

手前ミソですがかつてカルピスの新聞広告に描かせていただいたイラストレーションです☆

calpis01mj090320.jpg

calpis02mj090320.jpg
illustration by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 11:55 PM | コメント (2)

July 05, 2008

bistro retrospective

P1100276.JPG

なんだか週末ごとにたべもの写真をupしてますね、ハハ。

古書 猫額洞にうかがって、紙版ZINE、microjournal 数部をむりやりおしつけてしまいました。
ちいさなオマケ付ですので、ブックハントの際にぜひ手にとっていただけたら。
また、ワタクシの手元にもほんのすこしございますので、メールでのお問い合わせも光栄です。

貴重な紙と塩化ヴィニールものエフェメラをいただいてしまいました。
中野川島通り商店街の裏路地にある昭和レトロな定食屋での会食もたのしかった☆

Stue&CoCoさま、どうもありがとうございました!

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

June 07, 2008

ephemera/Les fiches-cuisine de ELLE

rcpmj080607.jpg

rcp02mj080607.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

“ ELLE ” 1987年8月10日号にはさまれていたレシピ・カード。

なんだか野性的☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

June 05, 2008

ephemera/use this coupon

couponmj080605.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

1971年10月号の“ Good Housekeeping ”
見開きの冷凍食品広告ページにはさまれていたクーポン。

もちろん、有効期限はとっくに切れてます☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:48 PM | コメント (0)

June 01, 2008

たけのこの山

P1100188.JPG

週末は、5月末で閉店となってしまった五反田は昭和38年創業の割烹にお邪魔いたしました。
お刺身には魚にあわせてブレンド醤油やポン酢やいかわたなど、いろいろと手がこんでいました。

ワタクシ自身は、The suzukis の隠れ家として、ときどき。
常連さんたちにボトルキープの日本酒(高価なものらしいけれど無知ゆえ)などをふるまっていただき、
愉しくせつない最期の晩餐となりました。

つきだしにいただいた筍(「破竹のいきおい」の破竹とやら)の炊きものがとにかく好物で、
板長に「持ってかえりなさい」ってずうずうしくも筍の山をお持ち帰り♪

きょう家で炊いたら、あんまりおいしくなかった。
とうぜんのことながら腕不足、がっかり。。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:34 PM | コメント (0)

May 28, 2008

ephemera/grape fruit

grapefruitmj080528.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

グレープフルーツを食した残がい。
フレッシュな果実をたいせつにくるんでいた包装紙です。
たいせつにとっておくの。
まさにエフェメラ、ただの紙くず。

地下水の流れる音を聴きなさい。

グレープフルーツ・ジュース』オノ・ヨーコ (講談社文庫/南風椎 訳)


blogranking

投稿者 orangepeel : 09:59 PM | コメント (0)

May 18, 2008

人間は考える葦である

NHKをぼんやり見てたら
yaraku01.bmp パスカルが

「この無限空間の永遠の沈黙がおそろしい」って yaraku02.bmp
いただきものの坂角せんべいをぽりぽりいただきながら
    yaraku03.bmp  感心。

“ ゆかり” よりちょこっと高級ね

     黒ごま  yaraku04.bmp

    yaraku05.bmp  まるごと海老は秀逸☆

yaraku06.bmp

yaraku07.bmp

yaraku08.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

April 20, 2008

Roy Lichtenstein

080420001.jpg
Roy Lichtenstein“kiss”






ウソです(笑)。
中野区南台のスーパー店先にあったフロリダ産グレープフルーツのダンボール。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

April 17, 2008

lalala♪

lionessmj080417.jpg
ライネスコーヒーキャンディ

下北沢一番街商店街の大月商店でいただいた飴。
なつかしい味ね☆

リスちゃんがかわいいCMです

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

April 12, 2008

kappa

P1090896.JPG
#01
P1090897.JPG
#02
P1090902.JPG
#03
P1090910.JPG
#04

用事があって秋葉原に行ったついでに浅草は合羽橋に足をのばしてみました。
でも、すっかりゆうぐれてしまって問屋街はシャッターをおろしはじめて。。。
こんどゆっくりと、お買物をあらためてみます♪

写真はうえから。
#01:ぶっそうですが、かっこいい包丁屋の看板。
#02:合羽橋の街路灯はカッパたちが夕闇に遊泳。
#03:“ 浅草の空の下トンカツのにおいは流れる ”
じつはTX浅草駅で電車をおりたとたん、鰻の濃厚なたれのいいにおいが漂っていてびっくり!
#04:浅草『尾張屋』の“かしわ南蛮” 。
鰻も気になったけれど、うちにごはん炊いてあるし筍と蕗の煮物もあるし帰って夕食と決意していたのに、
ふらふらと「かしわ南蛮、おいしそう〜」と蕎麦屋にはいってしまった。。。
ところが、ここは明治三年からある老舗で、晩年の永井荷風が通っていたお店とは知らなかった。








owariyakafu080412.jpg
永井荷風@尾張屋
いつもの“かしわ南蛮” を前にして。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

March 07, 2008

ephemera /cheese label 1935

cheese02mj080307.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

石神井公園古書店にてみつけたスクラップのなかに挟まっていたチーズラベルの一枚です。
おなじページに昭和十年の“ 日本飲食料新聞 ”がありました。


ところで吉田健一の随筆『饗宴』は、最期の晩餐を想う豪華でたのしいメニュ。
スターターはオォドブルなどはぶいてなにはともあれ小川軒の濃厚なポタアジュとのこと。

「ポタアジュの理想は、一匙口に入れる毎に、何かこう太陽が喉から食道を伝って胃に流れ込むようでなければならない」

このあととても腹に入りきらないだろう料理がつづき、そうするとまたさっぱりとメルヒオールのコンソメが運ばれるのです。

「スウプのゼリイの濃厚な味と、それをゼリイにする前のさらりとしたのが溶け合っている感じで、これを口に含んでいる間だけは月が湖に影を落としている所を思ってみたりする」

とここで、うっとり転寝の舌ざわりにおさまるのかとおもったら。。。

「牛を一頭丸焼きにしたのが四つ足で吊してあり、用意されたビニイルの防水服を着てその中に潜り込む。つまり、こんがり焼き上った内臓の上に寝転んで、ヒレでも、ロオスでも、好きな所を少しずつもぎ取って食べるのである」

食材の胃のなかに溶け込んでしまうという究極のグルメ。そして文学。

「空想もここまできたら、どんなに腹が減った快癒期の病人でも、すやすやと眠りに就くことが出来るのではないだろうか」

(『もの食う話』文藝春秋編:文春文庫,1990 )

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

January 08, 2008

ephemera / food pamphlet #04

coffee01mj.jpg

coffee02mj.jpg

coffee03mj.jpg

coffee04mj.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

画像はクリックするとちょこっと拡大いたします。
レトロなテキストをご賞味くださいませ。

アール・デコ風なデザインがきれいなパンフレット。
てっきり『Perco』なる珈琲沸器メーカーの名称だとおもったら、
コーヒーを抽出する器具の一種、「パーコレータ」のことなのですね。


じつは珈琲屋別館なんぞを立ち上げながら、コーヒーにはまったくわしくないのです。
午後のコーヒーは苦手だし。。。

でも、こどものころから休日に家族が沸かすコーヒーの香りが好きでした。
家中に漂うブラウンの粒子にうっとりと憩いながら朝寝坊するのがきもちいいの、ハハ。

ところで、この2冊のパンフレットは

東京市日比谷三信ビル
ブラジル珈琲宣傳販賣本部
大川銀三郎商店

の発行となっております。


blogranking

投稿者 orangepeel : 10:01 PM | コメント (0)

January 07, 2008

ephemera / food pamphlet #03

bovrilmj080107.jpg

bovril2mj080107-thumb.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

古書店にて蒐集のふるい非売品パンフレットから。

筋骨隆々のスコットランド人(勝手におもいました)が表紙の『ボヴリルの話』。
発行年数は不明ですが(ファイルされていたスクラップブックから想定するとおそらく昭和初期)、
奥付には「陸軍省、海軍省、印度政府指定商 / 諸病院御用達
ボヴリル株式会社 本店 倫敦」とあります。

“ Bovril” とは、ビーフエキスを抽出した栄養食品。
日本人にはあまりなじみがありませんが、
まずはお湯やミルクに茶匙一杯を毎朝お茶のようにいただくよう。


 ●ボヴリルの應用料理

ボヴリル ヂェリー スープ (六人前分)
◇四合の熱湯の中に小匙四杯のボヴリルを加へ、かき混ぜて火より下しながらヂェリー粉或ゼラチン小匙二杯分を入れて溶かし、レモン汁(大匙二杯)醤油小匙二杯と少量の塩と胡椒で辛加減に味を付け鉢にうつして合せ、かたまつたならば一寸フヲークで混ぜガラス器又はスープ皿に盛りレモン一切そへて出します。


きょうは七草粥でしたけれども、このゼリースープ、
風邪っぴきや疲労で食欲ないひとにもさっぱりと良さそうですね☆


blogranking

投稿者 orangepeel : 10:50 PM | コメント (0)

December 03, 2007

Richard McGuire

nyrm071203.gif
from the New Yorker

*****

NHKテレビ「スペイン語会話」テキストの挿絵を毎月描かせていただいて、
早くも2月号なので謝肉祭をテーマにしてみました。

謝肉祭=CARNIVAL、
楽しげに仮面、仮装でパレードする2月のお祭なのですが、
じつはカーニヴァルの語源はラテン語の“carne vale”=肉よさらば。
キリスト教には、ほんらい断食(肉食を断つ)の戒律があります。

東方正教会はもっとも厳しい。
断食が月曜日とか火曜日とか金曜日とかなんとか(おぼえてない!:苦笑)にあったりするのですね。

といいつつ、本日のお夕食も肉。
トマトソースでさっぱりと豚肉のピカタ(笑)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:33 PM | コメント (0)

November 18, 2007

ジャガイモ☆

potato071118.JPG

木枯らし1号が吹いた日曜日。
商店街入口の八百屋さんでしきりに「美味しいよ!本日のおすすめ!」って、
ちょこっと自動化したアナウンスだったんですが(笑)買ってみました。

皮のかんじがサツマイモみたいに紅色はいった北海道産一山100円のジャガイモです。
よく洗って、皮ごと半分に切ってサランラップにつつんでレンジでチンした。

これがですね、塩をふったりバターを溶かし込んだりすると“芋”とはおもえない美味。
“ 栗” です!秋から冬の到来をかんじる風味です!

メープルシロップをからめてみたのは、調子にのりすぎた。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

October 16, 2007

無花果

ichijiku071016.png
from Wikipedia

数週間前に台所から発信されているらしき腐臭があって、
それはいつしか部屋中に漂い、もしや冷蔵庫のうしろに死体があるんじゃないか?!
と、おびえるほどの臭いに変わって大騒ぎした。
そのうち、プンッ!って一瞬しょぼくれて鼻をつく程度になって安心したのですけれど。

たぶん、冷蔵庫の奥にひとつ残っていた無花果だとおもう、
とりだしてみたら、すっかりひからびていた。
もう、まったく臭くない。

夏の終わりに季節で栄養だからと八百屋にならんでいて、
乾燥イチジクはケーキやお菓子に甘酸っぱいおいしさですけれど、
生でそのまま食すとなんだか淡白で個性のない味のような気がする。
TVでイタリア料理のシェフが「イチジクは野菜」と断言し
冷製パスタなんかにいれていたのをみて、
生ハムといっしょにサラダにつかってから忘れてしまったのでした。

Wiki“イチジク”によると

◆◆◆

「無花果」は、花を咲かせずに実をつけるように見えることから付けられた漢語で、
これに熟字訓でいちじくという読みを付けている。
しかし、実際には外から見えないだけで花嚢の内部に小さな花をつけている。

◆◆◆

なんとなく『ある女の一生』的な果実だとおもった(笑)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (2)

September 04, 2007

グウタラー

P1090099.JPG

「何言ってるかわからない!もっとはっきりしゃべって!口元だらしない!」
と、カツゼツわるいのを家族に罵倒される日々ですが、
鏡みてしゃべってみたら口元どころか顔全体がだらしないことに気づきました。

ところで、だらしないの“だらし”ってなに?

語源由来辞典によると「だらしない」は、けじめがない、しまりがないこと。
同じ形容詞“しだらない”の音節順序を入れ替えた言葉だそうです。
「しだらない」の“しだら”は、自堕落(じだらく)が訛ったものとかんがえられる。。。

関連語に

ふしだら

ズベ公

ぐうたら

なんかがあって、自分のダメダメ具合にうちのめされてみるんですが、
スコットランドに怠けることを「グウタル」そして怠け者の意味の「グウタラー」ということばがあるそう。
なんかカワイイね。
これからワタシをグウタラーとよんでください。

上のマカロンは銀座ル・ブランで購入の宝石。
食べることとなると、ワタシの口はグウタルとは程遠くなる。
というオチでよろしくお願いします☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (2)

August 27, 2007

Macaron

P1090015.JPG

P1090004.JPG

近所の洋菓子店でマカロンを買った。

粉砂糖とアーモンドの粉末をメレンゲで焼いたお菓子です。
ワタシは、この“メレンゲ”に弱い。
卵白を泡立てたものなんですが、強烈な甘さで舌を麻痺させたあと
あっけなくシュワァァ〜・・と消えてしまうはかなさがいいです。
マシュマロもそうね。

1972年『フォロー・ミー』はロンドンを舞台にしたアメリカ映画。
ミア・ファロー演じる上流階級の人妻の浮気調査をするトポル探偵が、
いつもポケットにしのばせていたのが“マカロン”でした。

ひさしぶりにサウンドトラックをターン・テーブルにのせてみた。
ジョン・バリー、いいね。
『真夜中のカーボーイ』のテーマ曲もトゥーツ・シールマンスのハーモニカがかなしくて好きです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:09 PM | コメント (0)

August 12, 2007

トマトの漬物

P1080820.JPG

P1080823.JPG

新宿のデパートの地下は、おいしいもののアミューズメントパークになっているんですね。
最近のグルメリポート氾濫をTVでみてわらってましたけど。なるほど日本全国の食旅行ができるみたい。

本日は京都を旅してみました。
上の写真は『西利』のトマトの漬物。といっても塩っ辛いわけではなくて、素材の新鮮さを生かしてほのかに甘くてさわやかです。
下の写真は『美濃吉』の“季節の野菜の涼風寄せ”です。オクラやかぼちゃやいろいろの野菜をべつべつに丁寧に炊いたものを御出汁で寄せたもの。冷していただきます。和食でもフランス料理風でもこういうもの(見た目も)に弱いんで、むかし、鍋一杯につくったコンソメゼリーを冷蔵庫にいれて、まいにち茹でた野菜のドレッシング代わりにしてたら、家族に呆れられました。

このところ、食べ物のエントリばかり。
くだらなくてすいません。。。
暑くて暑くて、頭が涼しい食事のことしか考えられないんです。
っていうか、ワタシ、食べることしか考えてないんじゃないかしら!?

blogranking

投稿者 orangepeel : 12:42 AM | コメント (0)

August 11, 2007

curry

暑い日々がつづきますね。

こんなときは、カレーか冷し中華なんです。
くりかえし作っては食べております。

こどものころ食べた冷し中華って、なんであんなに酸っぱかったんだろ。
いつのまにか、酸っぱければ酸っぱいほどうれしいおとなになりました。

きょうのカレーは、茄子やピーマンの夏野菜カレー。
水煮トマトの缶詰をざくっといれました。
酸味がさっぱりして、おかわりしたくなるんです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 01:15 AM | コメント (0)

August 05, 2007

風景

P1080805.JPG

P1080807.JPG

P1080811.JPG

京王の古書市でみつけた'70年代の文芸誌『風景』(渋谷区鉢山町“悠々会”発行とのクレジット)は、風間完氏の表紙と挿絵にときめきました。清潔な色気をはなつ美人画も魅力的ですが、エンピツと水彩の洒脱な風景画がだいすきで。

執筆の作家陣も豪華かつ飄逸でたのしい雑誌です。1974年7月号、p18.森茉莉の『日記』あり。

◇◇◇
 
私のこのごろは何処にも行かないで、ただ毎日、とにかく何かをたべ、(エネルギイを今以上減らさないために)《だらだら小説》を一枚でも、それが駄目なら一行でも書かふとして座ってゐるだけ。何かあると心の日記は書くが、大抵の日は白いページである。
[或日]=今日も外界との接触は新聞と週刊誌とトランジスタアラヂオだけ。娯楽はビック、コミックだけ。一日に一度の主食のある朝御飯はハムとパセリのみじん切り入りオムレツ。莢豌豆の淡味煮。(醤油、「イの鰹節、白鶴で)うづまき扶清汁。沢山の新馬鈴薯の附合わせつきハム・エッグ。冷トマト。オランダ、ナチュラルチイズ。和蘭ココア。夜、裸麦麵麭一切れ。冷トマト。(玉葱みじん、塩、胡椒をかける)ポテト、サラドゥ。CASLINHO。(ポルトガル、ロオズ葡萄)森敦といふ人が、故人以外は、会って話したことのない人の小説は読まないと書いてゐる。よくわからない。作者に会ふことは不必要であって、小説をよく読めば作者の底の底までわかる筈で、その人間に会ふことはお景物であり、おまけであると、私は思ってゐる。もっとも私はその考へをつらぬかないで、愛読者と珈琲店で喋ってゐるチャラ、チャラ人間ではあるが。

(『風景』1974年7月号 『日記』森茉莉)より

◇◇◇

森茉莉が愛読者と珈琲店(下北沢『邪宗門』かしら)でチャラチャラ(?)喋っている風景に溶け込んでみたいし、なによりも朝御飯のメニュにごいっしょしたくなってしまう。いえ、真似してみたくなる。たくさんの卵料理とチーズは、フランス風というよりはイギリス風ですね。つけあわせの豆は莢豌豆(えんどう豆)を日本酒でうす味に炊いてるのが、まさに夏の味で贅沢。


*渚十吾さんのHPの「echo mountain parlor vol.5」reportに、ワタクシどもの総合文芸同人誌(笑)『kaiba』をちょこっと紹介いただいております☆

ありがとうございます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0) | トラックバック

August 03, 2007

新宿京王古書市〜本郷

P1080795.JPG

P1080796.JPG

P1080798.JPG

午後から新宿京王百貨店“第57回東西老舗大古書市”にはりきってみたものの。。。
ときめいたもの、ちょこっとありました。

いきおいで、本郷の輸入文具店『scos』にてパラフィン紙のいろがみやら、シールやらをあつめました。「いまかかっているのは、Fountains of Wayneですか?さわやかでいいですね♪」って、初対面のお店の方にすぐはなしかけるの、やめたい。

本郷は、祖父方の親族のお寺があって、ちいさいころよくいった。そして、ビルや家屋のすきまに、なつかしいままの風が吹いたんで、すがすがしくせつなくなった。水を打った路地裏にみつけたお蕎麦屋さんで、味噌田楽と玉子焼きとビールとともにハッピーアワーいたしました。玉子焼きはいかにも蕎麦屋のほの甘いやつです。焦げた表面が昭和で好物です!

3枚目の写真は、東大学士会館のビヤガーデンにて。ふと立ち寄ってみたのは、蚊取り線香の郷愁ににひかれたから。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (2)

July 09, 2007

okinawa town

P1080676.JPG

P1080683.JPG

昨日のゆうぐれに代田橋まであるいてみたら、かつてうらさびれていた(失礼!)商店街が、いつのまにかチャイナタウンならぬ沖縄タウンに変貌していてびっくり。代田橋駅周辺には、戦後闇市のなごりのマーケットがいくつかあって、その生命力が興味深いですよね。

そんなマーケットの一画に、『龍ちゃんラーメン』という5人の客でいっぱいのカウンターだけの激狭なラーメン店があって、うわさの“ヒマラヤ塩ラーメン”をいただきました。極細のちぢれ麺をていねいにもんで、たった10秒であがる奇跡のラーメン。おいしい!ひさしぶりに、おいしいラーメンにであった!

自家製チャーシューはとろりとのどにとろけ、スープの隠し味にピリッと舌にくる“島とうがらし”が、さわやかに鼻にぬけていい風味なんです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:08 PM | コメント (3)

July 06, 2007

ハムかつ

P1080643.JPG

P1080645.JPG

P1080652.JPG

P1080654.JPG

P1080660.JPG

そういえば、笹塚にホテルなんかあったんだっけ。都会だなあ!
4月には、企業の新入社員研修で客室がいっぱいになると聞きました。

古書『一新堂』にむかいがてら、甲州街道沿いを日傘ゆらゆらとあるいてみました。

写真はうえから。
〆塚駅ちかくの眼科医院。
△なじく医院の玄関先に強引にそびえる渋谷区指定保存樹木の欅。めりめりとアスファルトに根付いています。
5王線高架。
さ王線高架下。
ゥ曠謄襯灰鵐船Д襯反圭鼻笹塚にあるんですけれども(笑)。

せんじつ、宅配便のコールセンターに集荷依頼の電話をしたら「渋谷区はたか?すいませんなんてよむんでしょうか?ささ・・つか?」って住所確認されて、そうかね、幡ヶ谷、笹塚はそんなにマイナーかね、ってひそかにほくそえんだひねくれ者です。

そういえば、我が家の裏手のさびしげな商店街(失礼!)のお肉屋さんで、たまーに、ハムかつやエビフライやイカフライやとんかつを揚げてもらいます。ここのハムかつは“紀香のハムかつ”で有名(?)です。TV番組の取材で、藤原紀香さんがじきじきに購入されたハムかつ。高級なロースハムなんかではなく、昔ながらのあのまわりが赤いハムにこだわって探しあててこられたそう。おいしいですよね、ハムかつ。せんじつ、焼鳥やなんかをしこたま買って商店街を漂流してたら、ふと「ここはいつかとおく旅した田舎道」ってデジャヴな夕焼け☆

ほんじつ、笹塚の古書店にて購入しました本は『アメリカの現代詩を読む(金関寿夫著)』でした。
ひさしぶりに腰をすえて読んでみたくなりました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:50 PM | コメント (0)

June 22, 2007

parsley,sage,rosemary & thyme

P1080501.JPG

P1080502.JPG

サンフランシスコの輸入業者の赤茶けたパンフレットがはさまっていた。


以前にもご紹介したスクラップブックから。石神井公園の古書店にて購入したものです。
1929年から30年のクレジットがあるのですが、赤字のメモがはいった目次にならぶものは、香辛料や缶詰トマトなど、いまではスーパーですっかりおなじみです。

休日のお昼はスパゲッティにしよう☆

◇◇◇

echoban.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

May 12, 2007

Aubrey Vincent Beardsley

P1080284.JPG

P1080285.JPG

渋谷のふるい水路跡をただよっていてふとみつけた煉瓦造りのカフェで、あまくてつめたいチョコレートを飲みました。濃厚でしみました!おいしい。テーブルにきたフランス人のギャルソンに「merci!」といいいたかったけど、なんだかはずかしくて「あ、すいません。。」だって。微笑みながらあやまってるよ?

じつはこちらはフランス語で“チョコレートの頽廃”という意味の店名を冠したチョコレート専門店。
母の日を翌日にひかえて、宝石を吟味するようにたのしげなひとびとでにぎわっていました。

壁には、英国ブライトン出身のビクトリア朝画家オーブリー・ビアズリーがかざられていました。
そういえば、この繊細な線とうつくしい白と黒の対比はかつてあこがれていたものだった。
学生時代におこづかいためて買った画集を「少女趣味かな」って、そろそろ捨ててしまうところでした。

とんでもないですね。

街がおもいださせてくれた大切なこと。

Beardsley-peacockskirt.png
“peacockskirt” 1892
オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー Aubrey Vincent Beardsley(Wikipedia日本版より)

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:55 PM | コメント (0)

April 26, 2007

P1080085.JPG

P1080084.JPG

母からの信州旅行土産『桜井甘精堂』の栗ようかんは素朴な味でおいしかったのですけれども、やはりこころ惹かれたのは包装紙と箱(笑)。

“栗”の象形がおしゃれにデザインされてます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:53 PM | コメント (0)

April 13, 2007

駅前食堂#03

P1070816.JPG

P1070817.JPG

P1070819.JPG

P1070852.JPG

P1070863.JPG

P1070872.JPG

きのうのちいさな旅のメモ。

JR最寄駅下車し『吉見百穴前』行きのバスをまつあいだ、昼食をいただこうと駅前食堂に。
夕方には町のひとびとでにぎわう居酒屋になるらしく、「切干大根炒め煮」とか「ほっけ焼き」とかビールのおとものメニュが豊富です。しかし、昼は“焼きそば”と“フライ”だけなのです。

“フライ”とは?しかもただの“フライ”とはなんぞや?

じつは、以前にも“フライ”の本場、埼玉県行田市にわざわざ“フライ”だけを食べにいったことがあるので、迷わず「フライ・中」をコカコーラといっしょに注文しました。もったいぶってますが、なんのことはない「お好み焼き」のことなんですね。

お店によって味がちがうのかな。行田ではこどもたちがおやつがわりにするらしい駄菓子屋でいいおとなが小銭にぎってわくわくした記憶があります。キャベツがいっぱいはいって豚バラやイカも贅沢な、たしか小ぶりな150円だったな。紅ショウガの残り汁でつけた大根もおまけでおいしかった。

バスにゆられて百穴に到着し、興味深く見学しつつも茶屋を横目にそぞろあるき(笑)。
観光地のラーメンにはこころひかれるビンボー舌。さっそくいただきました“山菜ラーメン”です。

ところで、はじめて『百穴』にいったのはたしか小学校低学年のころ。母親の勤務する印刷会社の同僚の車になぜかワタシたち姉妹も同乗したのです。見しらぬ兄弟たちとアイスクリームをなめてるスナップ写真がのこっています。運転の男性は、車中ずーっとディズニー映画『101匹わんちゃんのテーマ』を春風高らかにとくいげにくりかえしくりかえし口で吹いていた。『百穴』の“100”から連想したらしい。

投稿者 orangepeel : 10:02 PM | コメント (0)

April 08, 2007

wallpaper

How Bloomsberry chocolate puts a smile on your fac.jpg

Charles Chocolates.jpg

russianchocolate.jpg


Ice-cream spoons by Sian Matthews.jpg

Teany juice.jpg

デザイン、旅、食、インテリア、ファッションをインターナショナルに特集する英国の総合雑誌“wallpaper”。
たまに書店で購入したりしますが、今回は、サイトでデザイン探訪。
チョコレイトやジュースのなんでもない日常のパッケージがおしゃれでスノッブにみえるのです(笑)。

いえいえ、審美眼をみがかなくてはいけないですね☆


上から。
◆Called to the Bar
How Bloomsberry chocolate puts a smile on your fac

◆Mr Cocoa Bean
Charles Chocolates

◆Russian chocolate

◆Summer
Ice-cream spoons by Sian Matthews

◆Into The Brew
Teany juice & tea drinks

東京みやげでおなじみ『ひよ子』の包装紙もあります。

*別館『珈琲屋 preservation society』も更新してます♪

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

April 05, 2007

りんごのピピン煮

P1070679.JPG

P1070680.JPG

かつて渋谷区笹塚3丁目の中学校うらにながれていた川は、
神田川笹塚支流とよばれていた、とくに名前のない川です。

日差しのなかでねむそうにのこる橋の残がい(写真もねむいです:失礼)。

ところで、<アメリカの鱒釣り>のための料理の手引き。

◇◇◇

りんごのピピン煮

黄金色のピピンりんごを十二個、見目よくむいて、水にこれを入れ、よく煮る。次にその煮汁少量とり砂糖加え、煮たりんご二、三個をスライスして入れ、シロップ状になるまで煮つめる。それをピピンりんごにかける。乾燥さくらんぼと細く刻んだレモンの皮で飾りつけると、できあがり。りんごが崩れぬよう充分注意されたし。

マリア・カラスは一緒にりんごを食べながら、<アメリカの鱒釣り>のために歌う。


リチャード・ブローティガン著『アメリカの鱒釣り』藤本和子訳

◇◇◇

笹塚暗渠のつきあたりはフルーツ店で、
ここで買ったいちごが食べきれないまま黒ずんできた。
じつは、いちご、あまり好きではないんです。

砂糖で煮てしまえばよかった。

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

April 03, 2007

lemon

P1070671.JPG

サンキストの、ひとあたりのいい皮のなかですぐ弱ってしまうのとちがって、
山のふもとの庭に自生するレモンはがっしりとしたおとなのこぶしサイズです。

ジュースをしぼるだけじゃ腕がつかれるだけなので、
しっかりとした果実はサラダにつかうことにしました。

ところで冷蔵庫のなかの一個の皮に、ちいさな幼虫が二本“つき刺さってる”ことにきづいた。

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

March 30, 2007

◎ ◎ ◎ ...

P1070605.JPG

P1070600.JPG

P1070606.JPG

P1070614.JPG

P1070613.JPG

P1070618.JPG

P1070620.JPG

P1070622.JPG

陽がうららかな午後、パン屋で魚介と筍のトマトスープ(海と春の味)とフランスパンを買って、
東大駒場キャンパスにてお花見をしました。
風がくるったように木々の枝をゆらす音がまるで潮騒みたい。
桜の花びらが強風に舞い散って、おまけにパンもベンチからころげおちたよ◎ ◎ ◎ ...

夕ぐれをまって下北沢・森巌寺にあたらしくできた京都の隠れ家風な(渋い)蕎麦屋にむかい、
下北沢の地ビール『天狗』とともに食い意地をあらためました。

投稿者 orangepeel : 09:25 PM | コメント (0)

March 19, 2007

Harrods

P1070496.JPG

P1070503.JPG

PCデスクのビール、じつはデパートで蒐集のフリーパンフレットの一枚です。
デパートはちょこっとしゃれた紙ものの宝庫☆

投稿者 orangepeel : 10:34 PM | コメント (0)

February 12, 2007

Melba

P1070284.JPG

P1070289.JPG

ピーチ・メルバはフランスのデザートですが、もともと、この桃とアイスクリームとラズベリーソースのパフェは、1892〜1893年ころロンドンはサヴォイホテルのシェフが、オーストリア出身のソプラノオペラ歌手Nellie Melbaにささげたものです。かの歌姫は、アイスクリームが大好きといううわさだった。

ところで、写真はMelba toast(これはオランダ製)。
うすくてクリスピーなメルバ・トーストは、のちに体をわるくしたネリー・メルバの食餌療法のためにつくられたそう。
しかししかし。
これにクリームチーズとラズベリージャムをのせるととてもおいしいんです。
まったく、ダイエタリーじゃなくなってしまうんです。
買ってきたばかりの木いちごのジャムは、ほら、瓶の底がもうすぐ。。。

“Melba”の名を冠した食品がこんなにあるとは。
くいしんぼうのディーバ、メルバ嬢は歌声だけではなく、いくつものしあわせを残してくれたのですね。

投稿者 orangepeel : 10:17 PM | コメント (0)

January 24, 2007

東京モンタナ急行

P1070114.JPG

納豆ダイエットはうまくいきましたか?(笑)

納豆はほとんど毎日いただいてますが、「ずいぶんと栄養摂ったな」っていう食品のような気がします。
きょうはむしょうに隠元(また豆科!)をたべたくなって、冷凍のひとパックをゆでました。
A型のワタシは、豆類やチーズが太るんだってのに。

リチャード・ブローティガン『東京モンタナ急行』に「献立表/一九六五」年という作品があります。

◇◇◇

 「死刑囚の独房ではどんなものを食べているんですかね」とわたしはたずねた。わたしは最後の食事に関心を抱いていたわけではなく、その日彼らが何を食べることになっているのかに興味を持っていた。刑務所での最大の関心事といえば食べ物ではないかと推察したからだ。
 「そうですな、どれ、どれ」とパーク氏はいった。席を離れ、本部へ行った。書類の抽斗しを開けて、その週の献立表を持って戻ってきた。
 献立表の一番上のところに、教護省とあり、それに続いて「死刑囚監房 今週の献立」とあったのを見て、変な気持ちがした。それは複雑に入り組んだしかたで、死と慣れ親しむ機能をもっているとさえいえそうだったし、四月十六日の献立には劇的な性格があった。

   麺入りビーフスープ
     コールスロー
   サワークリーム・ドレッシング
   おひょうの切り身の網焼き
     カクテルソース
   牛カツレツ
     炊き込みご飯
   カリフラワーのバター炒め

「献立表/一九六五」リチャード・ブローティガン/藤本和子 訳 (1985 晶文社)


◇◇◇

ブローティガンがカリフォルニア州立サン・クエンティン刑務所に取材してもちかえった
正餐メニュ(『東京モンタナ急行』p.187掲載)に見入ってしまいました。
成人男子の平均カロリー摂取量のなんと2倍にあたる
ゴージャスな内容におもわず生唾がでてしまいました。

その意味は運命を前にした罪びとへの神のおぼしめしかもしれない。
あるいは、たかが『献立表』という予定表にすぎないかもしれない。

「そしてメニュとは、けっして存在したことのない食事の描写なのだ」

うえの写真は、東京居酒屋紀行の残骸(まぼろし)。

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (2)

January 22, 2007

tulip,tulip,tulip,tulip,

tulip.jpg

みなさま、スパム対策はどうされてますか。
毎朝、pcをひらいてスパムメールとblogのスパムコメントを削除する作業にはうんざり。
いったい、ワタシはなんのために生きているのだろうか?
それよりも、あやまって大事なメールをすててしまってはいないか不安です。

ところで、この『スパム/spam』の語源は、Monty Pythonのコントにあるそう。
英国のカフェでおなじみの定食、eggbaconchipsandbeansに
なぜかあのポークの缶詰のスパムもそえられてしまうのです。
コントのなかで「spam,spam,spam,spam,spam,spam,spam,spam,」と
いやがらせのように繰り返されることから名づけられたe-mailのspam。

缶詰のスパムは、以前、広尾の外国人むけスーパーマーケットで、
パッケージにひかれて買ってみたものの調理法がわからず、ただソテーにしてみました。
最近は、沖縄料理経由で日本人にもなじみやすいマイルドな味のものが普及してますね。
沖縄出身の知人からいただいて、ゴーヤチャンプルーにつかってみたらとてもおいしかった。
『TULIP』というネーミングでしたが、『SPAM』とおなじく北欧製☆


Monty Python - Spam

投稿者 orangepeel : 09:20 PM | コメント (0)

January 05, 2007

Follow Me

followme.bmp

お正月の手みやげに母親からもたされた Wittamer のブラウニーをすこしづつあじわってるのですが、
やっぱり、ホイップクリームかバニラアイスクリーム買ってこよう!そのほうがぜったいおいしいはず!

Wittamer”のチョコレートはベルギー王室御用達だそうです。
サイトをながめていたらマカロンもおいしそう。

マカロンといえば、ミア・ファロー主演映画『Follow Me』(1973)をおもいだします。
浮気調査を命じられた探偵が、いっつもコートのポケットにしのばせてるの。

ロンドン観光もできるすてきな映画です。

*別館 『珈琲屋 preservation society』 も更新してます*

投稿者 orangepeel : 11:46 PM | コメント (0)

December 30, 2006

Cuisine vite faite

P1060771.JPG

P1060774.JPG

P1060783.JPG

100 fiches-cuisine de ELLE “Cuisine vite faite”より

みなさまは、もう年末年始の準備はおすみですか?
ワタクシはまったくできてません(汗)!

といいつつ・・・せんじつ古書『猫額洞』にて購入したペーパーバックをのんきにながめています。
手ばやくつくれるフランスの家庭料理集、写真がきれいです。
こういってはなんですが、フランスの魚料理のヴィジュアルって
「おいしそう♪」以前にグロテスクかつこっけいです。たのしい。
こんど、イラストレーションのモチーフにしてみましょう。
白アスパラガスと半熟たまごは春になったらたべたいですね。

投稿者 orangepeel : 12:11 AM | コメント (0)

December 12, 2006

煉瓦のブログ別館つくりました

threelittlepigs.jpg
Three Little Pigs (From Wikipedia, the free encyclopedia)

珈琲屋 preservation society』というブログ別館をたちあげました。
はっぴいえんど+The Kinks なタイトルで悦に入ってます(笑)。
ぜひ、お茶など片手におたちよりくださいませ。

ところで、別館のヘッダーに使用している画像は、chocochip氏撮影の芸大の赤煉瓦です。
関東大震災や空襲にも生き残ってきたこの質実剛健な煉瓦は「イギリス積み」とよばれるつみかたです。
煉瓦といえば長手を表面にして交互にジグザグにつみあげているガーデニング風景や新築マンションの外壁(ん?煉瓦風タイル?)などがおなじみですが、ふるく幕末〜明治初期には「フランス積み」、明治後期から昭和初期にかけての建造物には「イギリス積み」が採用されていたそう。「イギリス積み」は経済的で丈夫、「フランス積み」は見た目がうつくしく、フランドル地方で完成したつみあげかたなので「フランドル積み」ともよばれています。

igirisudumi1.gif
「イギリス積み」

furansudumi1.gif
「フランス積み」

nagatedumi.gif
オーソドックスな「長手積み」
(全愛知県赤煉瓦工業協同組合HPより)

散歩の折に、ふるい建築物の煉瓦のつみあげかたを観察するとタイムスリップができますね。

そういえば、なるほど!
なつかしい英国の童話『三匹の子ぶた』の煉瓦のおうちは、よくみると「イギリス積み」です☆

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

December 09, 2006

P1060624.JPG

妹からとても甘くておいしい柿をおくってもらった、ありがとう。
こんど、なにかお返ししなきゃね。

柿ってヨーロッパなんかでも食すのでしょうか。
以前すんでいた石神井公園のイタリアンレストランでは、
柿のカッペリーニがあったような。つめたい麺料理もおいしそうでした。

ずいぶん前、新聞社連載の打ち上げで囲炉裏ばたでいただいた柿。
完熟の柿にブランデーがたっぷり、うっとり。
なんだかおとなの味で、いいおとなになってもわすれられません(笑)。

投稿者 orangepeel : 12:13 AM | コメント (0)

November 13, 2006

CAMPARI

campari buruno.jpg
Bruno Munari (1907〜1998 )によるCAMPARIのアートワーク。

つかれてたりこころがよわってたりするときに、カンパリソーダいいですね。
あまくてほろにがい。赤いいろはなんだろう。
なんだか、胃薬っぽいあじです。
Wikipediaによると、「カンパリの製法は明らかではないが、ビター・オレンジ、キャラウェイ、コリアンダー、リンドウの根など、60種類に昇る材料が使われていると言われる。リキュールの中ではビター系リキュールに入る。赤色の着色料としてコチニール(エンジムシから取れる染料)が含まれている」だそう。

ところで、このなかのCarawayです。

caraway.jpg

「その実は惚れ薬の材料としても用いられていた。
香りの主成分はd-カルボン」

dcarvone.png

投稿者 orangepeel : 11:12 PM | コメント (0)

September 02, 2006

晩夏

P1050681.JPG

P1050682.JPG

P1050684.JPG

P1050689.JPG

P1050690.JPG

P1050692.JPG

9月にはいったからといって、なんだか急に秋の空になってしまいましたね。
ハチ公バスにのって原宿へ。
秋の風にふかれながら表参道の裏通りを散策いたしました。
渋谷川暗渠のちかくは山あり谷あり、おしゃれなショップがあれば閑静な住宅あり。
今年3月にオープンしたばかりの PAUL SMITH SPACE をみつけて雑貨や洋書をひやかしました。True Brit☆
迷ったあげく“Russian Space Pen”なるエンピツ1本(¥262)を購入しただけのケチくさいワタシです。
なぜならば、そのあとの予算があるのでした。
日が翳りはじめた246を突っ切って、あわてて本日目的の古書店『日月堂』に。
ロンドンやウィーンなどの愛らしい絵地図を数枚購入。
こちらは数年前、渋谷パルコ・ロゴスギャラリーの古絵葉書展に出店されていたので知りました。

しあわせついでに、ゆうぐれの南青山をそのまま南下して、西麻布の一軒家『浜の家』でおでんをいただきました。
よく冷えた生ビールに、味のしみた焼き豆腐がことのほかおいしかったビンボー舌です。

写真は上から。
.Ε蹈咳
⊃臣襪侶
( ↓△箸眇緻偽兇茲蝓8興姫惻蠢阿JR線路をまたぐ橋ですが、じつは江戸時代から架橋されていたもの。いかにも、山あり谷ありな東京のエピソードです。最近、車道と歩道に分かれた新しい橋になりました)
コープ・オリンピアちかく。
こ店を待つトルソー。
ァB』
Ε檗璽襦Ε好潺后淵フィス)
バスを乗り継いで帰宅のこの散歩コース、気に入りました☆

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

August 29, 2006

appetizer

P1050641.JPG

P1050642.JPG

神田古書店で購入したドイツのビヤホール、というか家庭料理のお店のメニュ。
表1のにぎやかなイラストレーションが食欲をそそります。
先日、神田ランチョンでいただいたアイスバインをおもいだして生ツバごくり。
“本日のシェフおすすめ”は日替わりの料理がほそい紙片にタイピングされて
メニュの切り込みにはさまってます、たのしいですね。

じつは、ここからもゲランが香ってくるのです。
もとの持ち主はきのうのミツコ女史なのでしょうか。
だとしたら、秘密のバカンスはウイーンでもくりひろげられていたのでしょうか?
いえ、もしかしたらただの食いしん坊or紙くずフェチだったのかも。
ワタシみたいに(笑)。

投稿者 orangepeel : 09:21 PM | コメント (2)

August 28, 2006

mitsouko

P1050644.JPGP1050646.JPG
AIR FRANCE /LIGNE PARIS-ZURICH , DEPART DU 28 MAI 1962

P1050647.JPGP1050648.JPG
AIR FRANCE /RIVIERA ,COTE DA'ZUR 1961

この夏も東京を彷徨するだけで終わりそうです。
神田古書店で手にいれたパリ〜チューリッヒ間のエールフランス機内食メニュからちいさな旅。。。
とてもしゃれた表紙のイラストレーションにひかれました。
いい意味でチープな印刷とさらさらとしたラシャみたいな紙質がきもちいいです。

ひらいてみると・・・・♪
ランチかディナーのフルコースがおいしそう。
ロブスターのメダイヨンから牛フィレ肉のゼリーよせにプチトマトや生野菜のサラダが初夏のかんじです。
チーズやデザート、つめたい果実までついてゴージャスですね。
1962年5月28日のミツコ夫人の秘密のフライトです。
と、勝手に話をつくってみたのは、メニュからほのかにゲラン社の香水“mitsouko”(たぶん)が香ったから。
化粧台の引き出しにひそかにたいせつにしていた思い出なのでしょうか。

ちなみに、ワタクシがいただいた数すくない空の旅のメニュをふるい日記から。
いずれも英国行きのヴァージン・アトランティック航空です。

◇季節のサラダ イタリアン・ドレッシング
◇ペパードチキンのレモンソース ポテトグラタン、ラタトィユ添え
◇チョコレートとオレンジのチーズケーキ クリーム添え
◇アフター・ディナー・チョコレート

**********

◇季節のサラダ フレンチドレッシング
◇マイルドチキンカレー ライス、アーモンドフレーク、ほうれん草ソテー
◇コーヒームース

**********

◇グリーンサラダ バルサミックビネグレット・ドレッシング
◇牛フィレ肉細切り ディジョン・マスタード・ソース、バスマティ・ライス添え
◇ブラックカラントムースケーキ ホイップクリーム添え
◇チーズ、ビスケット
◇アフター・ディナー・チョコレート

いずれもワインをわすれてません(笑)。

画像、下2枚はエールフランス発行のリーフレット。
さてさておなかがいっぱいになったらコートダジュールのリゾート地図で妄想旅行です☆

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

August 27, 2006

Eisbein

週末は神田神保町を徘徊、古絵葉書や紙ものをもとめました。
予算は3千円以内ときめてたので、秦川堂書店でみつけたからくり絵葉書4千円也はあきらめて。。。
そのかわりエールフランスとドイツレストランのメニューを掘り出し物といたしました。

アベノスタンプでも足をむくませて量で決めました.。
追々キレイなポストカードの物語を自分勝手にUPいたしますね☆

そして、いまさらはじめて“ランチョン”でお食事いたしました♪
まわりのテーブルではビールのおともにドイツの家庭料理「アイスバイン」なる肉の塊を、ホントにでかい肉の塊をたのしげに食しているのでマネしました。ポークの骨つきスネ肉は、さっぱりとした塩味でマスタードをちょこっとつけて口にふくむととろけました。

投稿者 orangepeel : 11:43 PM | コメント (0)

August 14, 2006

珈琲屋 Preservation Society #06

P1050543.JPG

P1050544.JPG

P1050546.JPG

池田満寿夫装丁・森茉莉『甘い蜜の部屋』の美しい初版本を撮影☆

下北沢“邪宗門”を巡礼いたしました。
「森茉莉いつもの席」にむりやり着席したりして。
店主より森茉莉の思い出をたくさんお聞かせいただいて感激です。
北沢川のエピソードも。

アイス・ウインナ・コーヒー。
濃厚な生クリームたっぷり。

P1050554.JPG

戦時中、小田急線世田谷代田駅〜京王井の頭線新代田駅に鉄道連絡線があった、その形跡。
住宅街にのこる廃線カーブこんど、あるいてみます。

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (0)

珈琲屋 Preservation Society #05

P1050536.JPG

P1050537.JPG

P1050538.JPG

下北沢の喫茶店サーフィン、1件目。
東北沢の“珈琲屋さいほん”。
夏の定番、アイスコーヒーには生クリームがたっぷり。
マダムがジャンヌ・モロー系でクールです。

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

July 30, 2006

ちいさな旅

P1050464.JPG
Match Box Labels Collection
(Edited by Koichi Yanagimoto/
Designed by Suzuka Ynagimoto)

一件イラストのラフをおくったあと、ハチ公バスにのって原宿へ。
表参道も裏通りは「山と谷」というかんじでちょっとした田舎旅行気分です。
郷土資料をひもとくと、戦前の原宿はたぬきがでるような雑木林と田んぼだったそうな。
ハイカラ(死語)な街になったのは、敗戦後に進駐軍のワシントンハイツができてからなのでしょうか。
渋谷川の暗渠(キャットストリートとやら)とその周辺の瀟洒な民家をながめながら散歩。

ひさしぶりに青山ブックセンターで新刊書を物色いたしました。
『不運な女』(リチャード・ブローティガン/藤本和子 訳)は、
「遺品のなかから一人娘が発見した、最後の小説」だそうです。
ついでに手元になかった『アメリカの鱒釣り』を新潮文庫にて購入。

上の画像は、世界のマッチのデザインが豆本になってマッチ箱におさまっているという愛らしいもの。
こういう形態の印刷物を自費でつくってみたいなあと長い間おもっていたので、くやしまぎれに(笑)UPしてみました。
「マッチラベルは単なるデザインの面白さだけでなく、それぞれの国の様々な生活や日常を知る、素晴らしい世界旅行でもあるのです」(ちいさなの蛇腹折りのメッセージ『Match Labels Short Story』より)

お寿司、ひとくちヒレかつ、鴨せいろの御膳をお夕飯にいただきました。。
なんだか食い意地はって昭和のひとのよろこび。
ふるい銭湯を改装した『まい泉』は、軽井沢かどこか避暑地の老舗ホテルの食堂みたいです。

投稿者 orangepeel : 12:26 AM | コメント (0)

July 27, 2006

バナナフィッシュにうってつけの日

P1050456.JPG
クリックすると実物大になります(笑)。

夕方、笹塚で雑誌のうちあわせを終えたあと、お寿司をいただきにでかけました。
下北沢のまちあわせ場所にひとり歩く道すがら、
こんなにしあわせでいいのだろうかと切なくなって胸がはちきれそうになりました。

J.D.サリンジャー『バナナフィッシュにうってつけの日』の主人公、
シーモア・グラースはハネムーン先でみずからの命をたちます。
自我が肥大した青年の物語ですが、はじめて手にとった中学生のころ
「ああ、このひとはしあわせがこわいのだ」と胸をつまらせてよんでました。

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

July 25, 2006

jelly

P10504351.jpg

“印旛トマト葛ゼリー”です。
完熟トマトのコンソメジュレのような、洒落た夏の前菜のようなものを勝手に想像していました。
よく冷えた白ワインなんかと合うかなあって。
ペロンと味見したらどちらかというと、おやつ。夏休みの麦茶のお供でした(笑)。

でも、ほんのりとした甘さでおいしい、ヒットです☆

ちなみにワタシの母はトマトにお砂糖をかけて食します、トマトはデザートみたいです。

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

July 23, 2006

アムステルダム運河殺人事件

amsmap.bmp

本日のお夕飯は、スーパーで安売りのオランダ産アジのひらき。
魚の燻製工場が多いお国柄ですから、“産”ということは、加工もオランダなのでしょうか?
白飯と食すとどこか奇妙なアジです(笑)。

この休日はベッドでごろごろと『アムステルダム運河殺人事件』(角川文庫、1973年初版)を。
推理小説はひさしぶりですし、松本清張の海外ものはめずらしいので夢中になってあっというまに読了。

「19××年8月末の夕方、アムステルダム市内の運河に浮かんでいた、銀色のジュラルミン製トランク。----その内部には、血まみれの下着と共に、首と手首と脚を切断された、男の胴体があった。オランダ警察は、下着の文字と黄褐色の皮膚から、被害者は日本人と判定、身元はベルギー駐在の一商社員と知れた・・・・」(文庫帯より)

遊覧船が行き交い文化住宅のような瀟洒なボートハウスが碇泊するアムステルダムの運河に浮かび上がったジュラルミンケース。川面に赤銅いろの液体がにじんでいるリアルな描写からはじまるのですが、昭和48年に現実に起こった迷宮入りの事件をモデルにしているのですね。

さて清張は入念な取材のもとにノンフィクションではなく小説(物語)たるべく、エドガー・アラン・ポーの『マリー・ロージェ事件(1842)』のスタイル(のちにコナン・ドイルにひきつがれる)を引用するのでした。
ここからがわくわくする後半です☆

*上の画像を最大にクリックするとアムステルダムの市街地図をご覧いただけますが、じっさいの事件の舞台ヤコブ・ファン・レネップ運河は西郊です。Google mapで、うつくしい運河を閲覧くださいませ。

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

July 21, 2006

Time Lapse Clouds


♪クラウディはサニームードさ、虫歯あるのさ
すこし痛むのさ

と、かろやかに(むりやりに:笑)フリッパーズギターの歌をくちづさんでみたくなるゆううつないちにち。


「ある日のこと、わたしはわたしの小屋の前に立って林檎を食べながら、いまにも降りだしそうな黒いみそっ歯の空をじっと見上げていたところに始まる」
(リチャード・ブローティガン:「芝生の復讐」より)

ゆうべの残りのトマトスープをワインで煮詰めて、ポークソテーのソースにしてみました。
窓のそとの雨雲にけむった街のあかりが、スーパーの店先でぽつぽつと安売りしてるミニトマトのようです。
ウラナリの。

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

June 29, 2006

AMERICAN CHERRY

P1050262.JPG

“アメリカンチェリー:ワシントン産”と表示のあったさくらんぼ。
おもわず、あの米初代大統領ジョージ・ワシントンが少年時代「ぼくが枝を折りました」と告白した
桜の木の実かとこころがはやりました。なわけないです!(笑)
マイクロソフト、スターバックスの本拠地、シアトルがあるのはアメリカ合衆国西海岸最北部のワシントン州。
まぎらわしいですが、首都ワシントンD.C.はアメリカの首都たるべきつくられた人工都市。

ジョージ・ワシントンとはまったく関係ないですね。
食べちゃおうっと、あまくてうまい☆

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

June 19, 2006

駅前食堂#02

P1050128.JPG

イギリス料理はまずい、という定説。
アメリカ料理というものがないように、その説を否定したいなあ。

写真はむかし、ロンドンに旅行した際にかよったイタリア料理店のレシートですが、
ここはイタリアのふりしてイギリス料理店だとおもったのです。
いまでもおもいだします、炙った鴨のオレンジソース添え。
甘酸っぱいソースと香ばしい鴨が目からウロコのおいしさでした。
ちょこっと高級な定食屋でしたけれども。

ところで、週末にぶらぶらした杉並区のお寺めぐりのさいちゅうに
むかしながらのラーメンが食べたくなって飛び込んだ中華料理店。
店先ののれんが顔にあたったら眼病になりそうな汚さなのですが、
おそるおそる助手ハセガワ(誰?)の人さし指をつかわせて、
なにごとも経験と、はいってみました(笑)。

洗わずにつみかさなった皿や空のビール瓶がカウンターにころがってるのみて帰りたくなった。

でも、味はふつうでした。
ワタシ、グルメじゃないんで。
ハハ。

投稿者 orangepeel : 08:44 PM | コメント (0)

June 18, 2006

Fear of flying

P1050121.JPG

わが家の前のイチョウ並木にて。
枝にひっかかったまま、雨と風にゆらゆらとゆれている色とりどりの風船です。

TVをみてたら、急にかに玉がたべたくなって、
冷蔵庫のなかのありあわせでつくってみた。
かに缶などというぜいたくなものは常備されていないから、
かにかまを使いました。


「 ----いってみれば、ひどく寒い朝に台所の窓が曇ってしまって、外が見えない、そのうちにしだいに湯気も消えて、窓の外、三千メートルの、雪を被った山々が見えてくるが、やがてまた窓が曇り、レンジのコーヒーも山々も夢のように消えてしまう、というような。
 ....今朝はそんな気持ちなのだ」
(『窓』リチャード・ブローティガン:「東京モンタナ急行」藤本和子訳より)


いままた窓のそとをのぞいたら、
すこしづつヘリウムガスがぬけた風船が
湿気にもやった葉陰の闇にしょんぼりとしてました。

投稿者 orangepeel : 08:41 PM | コメント (0)

June 10, 2006

Ping Pong

P1050095.JPG

缶ビールの中身をグラスにそそぎおえたあと、空の缶でなにかかがカラカラと鳴っていたからびっくりした。
缶切りで開けてみて何がはいっているのかたしかめたのです。

グラスがおまけについてくるから、つられて買ったギネス。
“カラカラ”の音源は、本場アイルランドのパブの泡立ちをクリーミーに再現する装置でした。

といっても、ピンポンボールをひとまわりちいさいサイズにしたようなプラスチック玉。

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

June 01, 2006

souvenir

以前も書きましたが、私のすむマンションは今はなきロバ製菓の工場跡地にあります。

東京みやげでおなじみだった「ぽんぽこ」は、たぬきの形をした、ほのかなニッキ風味のこうばしいお饅頭でしたね。
かつて、工場には「ぽんぽこ」のヒゲの焼印をおしつづけて何十年!という専門職のおじさんがいたそうな。

関東圏で放送されていたかわいらしいCMソング
♪ボクはぽんぽこ人気者 たんたんたぬき ぽんぽこだぬきのおまんじゅう 
ぽんぽこぽんぽこ ぽこぽん ぽんぽこたぬきのおまんじゅう♪

そういえば、こちらにうつりすむようになってから、ゴキゲンなときにおなかをパンッパンッ!とたたく癖がついたワタシですが、もしかして「ぽんぽこ」がのりうつってる?!

現在、名前をちょこっとかえて別のメーカーが製造しているそうですが↓

商品名「ぽんぽこおやじ」。

何故に「おやじ」?!

投稿者 orangepeel : 06:16 PM | コメント (5)

April 18, 2006

珈琲屋 Preservation Society #03

P1040733.JPG

P1040735.JPG

P1040737.JPG

ひとは、コーヒーを前にするとかぎりなく話があるみたいだなあ。
と、感心しながらふと窓のそとをみてみる。
ランジェリーショップのショーウインドウには春らしく淡いいろあいの下着をまとったトルソーが。

「水泳教室は先生がイケメンなのよっ」
ホント、女性は3人以上あつまるとにぎやかになりますね。
夕方のお買物がてらのお茶の時間は、子育てをとっくに終えた主婦たちの憩いのひとときみたいです。
ひとがわるいけれど、ふむふむとテーブル越しに会話を盗み聞きするのが、ワタシの目下のたのしみなのです。

笹塚駅前『南蛮茶館』にて。写真最後のお皿は、EX- べーコンサンドイッチ。パンは焼いてもらいました。

投稿者 orangepeel : 08:52 PM | コメント (0)

April 14, 2006

珈琲屋 Preservation Society #02

P1040688.JPG

P1040691.JPG

P1040692.JPG

P1040695.JPG

下北沢(正確には世田谷区代沢5丁目)の『珈琲おーるど』でおそいおひるごはんを。

窓ごしに茶沢通りを行き交うバスをながめながら、アイスコーヒーとクロックムッシュ(ハムとチーズと野菜のホットサンド)をいただきました。フルートとピアノだけのBGMが昼下がりにぴったりで。ときおり生ぬるい風が入口の扉をカタカタとからかっていきます。ふるい時計がコチコチと時をきざんでいます。眠い(笑)。

森厳寺の大イチョウは芽を吹きはじめて、枝をざわざわとゆらしていました。淡島幼稚園から園児たちのたのしげな歌声が。

北沢八幡神社の境内にのぼって、たいせつなことをお願いしてまいりました。大正・昭和初期までののどかな時代には、この高台からとおく森や畑や小川をはるかに見晴らして、さぞかしさわやかだったことでしょう。春のひとびとは、ふきだまったこころを風に軽くとばしてみたことでしょう。

投稿者 orangepeel : 08:48 PM | コメント (0)

April 12, 2006

珈琲屋 Preservation Society

P1040673.JPG

P1040675.JPG

P1040681.JPG

P1040682.JPG

ホテル住まいのひとのように、今朝はちょっとぜいたくにワンブロック先の喫茶店『アムール』にてモーニングセット(ハムとチーズのホットサンド)をいただきました。
いちばん上の写真はとろ〜り半熟の目玉焼き、ではなくて壁にかかった照明です。あたたかい色の灯りとモノトーンのドット模様のタイルがおしゃれ。スカンジナビア風だわ〜とカメラをむけてたら、カウンターで珈琲をたのしんでいた銀髪のマダムに声をかけられました。
「もう27年前のものだからとりかえようとおもっていたんですよ。なくなった主人が全部ひとりでつけました」
オーナーであるマダムのご主人は「本職は送電屋でね、鉄塔をたてる仕事をしてたんですよ。畑ちがいですけど、珈琲がすきで珈琲屋をやりたいといいだして・・・」。
店名入りのカップから、しあわせな珈琲の香りがたちのぼる朝。

下の写真2枚は、中野通りをバスでちょっと北上して、神田川にほどちかい『カフェ・アカシヤ』にて。モーニングと間髪おかずランチ(エビピラフ)を。食欲がこわい?(笑)

午後は、中野川島通り商店街の古書『猫額洞』にお邪魔して、とり置いていただいていた1937年プランタン・パリの家計簿を購入。ぽつぽつと走り書きされた貴重な日記、ゆっくりと大事に読んでみようとおもいます♪

降ったりやんだりの雨のなか、ぷらぷらと中野区立南台図書館にあるいて、「フィッツジェラルドの手紙」「トーマス・マン全集書簡」「東京の橋・生きている江戸の歴史」を。

本をかかえて浮かれつつ、南台商店街で筍を買いました。
お夕飯に鳥そぼろと煮ました。春の味。

ん?よくかんがえたら、朝からワタシ、ほんの数ブロックのところをいったりきたりしてるだけですね?!

いえいえ、充実したたのしい旅でした☆

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (2)

April 02, 2006

Clotted Cream

P1040619.JPG
リンゴ煮の甘くてすっぱい湯気が

雨がふりだしそうなゆうぐれのキッチンで、リンゴを2個くし切りにしてお鍋に入れてたっぷりのグラニュ糖でぐつぐつ煮ていたら、いつの間にか4月になっていた!!!きのう、ウソつくのわすれた!(笑)
新年度/新学期、はじまりのきせつですね。

出来たてのあったかいリンゴのシナモン煮は、スコーンに添えていただくのです。
ところで英国人にとって、アフターヌーンティーのスコーンに欠かせないのはクロテッド・クリーム。生クリームとクリームチーズのまんなかあたりのなめらかさ。日本製もなかなかおいしいですよ。


title0605.jpg

TITLe 最新号の特集は「ロックで旅するイギリス。」です。ロンドンマップつき☆
どの記事もたのしいですけれど、とくにロバート・ワイアットのインタビュウがうれしかったです。意外(?)なことに、ジャネット・ジャクソンのアルバム『ダミタ・ジョー』が最近のお気に入りだそう。
「ヴォーカルが実に繊細で、ささやかでしょ。音楽のなかを密やかに流れていく感じ・・・」
ロンドン郊外の日当たりのよい部屋で、ジャネットに耳をかたむけながらじっくりと紅茶をのむのが朝の日課だという。

いえ、じつに(!)ロバート・ワイアットらしいとおもいました。

投稿者 orangepeel : 07:37 PM | コメント (0)

March 16, 2006

駅前食堂

きのうのちいさな旅のメモ。
房総はやはりあたたかったです、ちょっと春。

東京駅からのった電車を途中下車して、昼食をいただこうと駅前の鄙びたかんじの食堂に。

短冊がたくさんぶらさがっていたから品数豊富なメニュかとおもいきや「エビフライ」「アジフライ」「チキンカツ」「トンカツ」などなど、フライばかり。しかも、とおくでかすかに「チンッ」という音がきこえたような。上司と部下で昼休みを連れ立ったふうのサラリーマン二人組や、仕事をおえて生ビールを一杯やっているタクシードライバーがとっているのはミックスフライ定食らしい。それぞれのテーブルの上に、マヨネーズ(業務用)が容器のままデンッとおいてあります。

無難に?ラーメンにしてみました。チャーシューが饐えてた。むりやりたべようかな、とおもったけどやめて、口からだして、そーっとお盆のはしっこに隠した。コック帽の店主がときどきキッチンから私の顔をのぞくのです「お客さん、町の人間じゃないね」といったようすで。レジの上に目立って貼られた『清潔な店・優良店』というステッカーが微妙に気になりました。若いほうのサラリーマンが定食の皿の端にのっかったオレンジのひときれを、最後にうまそうにしゃぶっていました。

肩を落として店をでて、お口直しにコーヒーを一杯♪と、レトロな喫茶店を一軒みつけたらシャッターがおりていた。しもたやなのかな。ガラスケースのなかで埃をかぶったフルーツパフェの食品サンプルに、傾きはじめた午後の日差しがあたってました。うらめしく、いつまでものぞいたりして。オレンジのひときれでもいいからください。

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (4)

March 02, 2006

洋酒マメ天国

P1040505.JPG

P1040508.JPG

'68年発行『洋酒マメ天国』16号はおつまみ読本。
山下勇三氏の艶っぽいイラストレーションもさることながら、辻勲氏おすすめのお料理にはツバをのみます。
フォアグラって私は大好きだけど苦手なひともおおいのかな。野菜では、アーティチョーク(朝鮮あざみ)ってまだ食べたことない。百合の根とそらまめの味を想像せよとなると非常にそそられます。よくフランス映画や小説にでてくるけれど、一枚一枚歯でこそいで味わうというの、なんだかじれったそうだけどうまそうです。茹でてレモン汁をしぼって塩コショウでシンプルにいただくそうです。

名刺サイズのかわいい豆本。すてきなレシピがいっぱい。古書猫額洞にて購入。

投稿者 orangepeel : 09:35 PM | コメント (0)

December 29, 2005

メリー・クリスマス?

P1040216.JPG

時空が錯綜するエントリでごめんなさい(笑)。

欧米では1月6日くらいまでクリスマスシーズンですね。
いきつけのイタリアンレストランでクリスマスプディングをおみやげにいただいてしまいました。
だいすき〜☆

投稿者 orangepeel : 09:17 PM | コメント (0)

December 17, 2005

Ex-洋風ねぎとろ

P1040158.JPG

前菜のざんがいでごめんなさい。さむぞらに色とりどりにかがやく星みたいで。

夜空をみてたら初雪が!とおもったら、イチョウの葉が風にちらついていたのでした。

投稿者 orangepeel : 10:10 PM | コメント (2)

December 11, 2005

APPETITE

P1040124.JPG

ともぐい?クマのぬいぐるみのホワイティは豆大福にそっくりです。

浅草寺の参道で揚げまんじゅうをほおばっていると、外国人観光客がものめずらしげに「Delicious?」とたずねてきたりしますね。フィッシュ&チップスとちがって甘〜いスナックだとはおもいもよらないでしょう(笑)。

逆に外国のレストランで「どうみてもお汁粉〜♪」っていう小豆のスープがでてきたりすると、コンソメがきいたまったくちがった風味に目からウロコだったりします。

以前、白インゲン豆と豚肉でポークビーンズをつくってみたら、祖母がひとくち、「豆は砂糖で炊くもんじゃないのかねえ」とかなしげでした。

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

December 07, 2005

eggbaconchipsandbeans

egg.jpg

リンク集にいれてひそかにたのしんでいるrussell davies氏のブログ『eggbaconchipsandbeans』が書籍化されたのですね〜、すてき☆

いつかこの本を片手にロンドンのカフェをめぐってみたいです。

投稿者 orangepeel : 04:40 PM | コメント (2)

December 06, 2005

A Christmas Gift For You

Phil Spector.jpg

街はクリスマスソングであふれかえっていますね。
こどものころは「ジングルベル」がながれてくると、あんなにわけもなく心がはやったのに、ちょっと食傷気味(笑)。

気をとりなおして、『A Christmas Gift For You from Phil Spector』( 1963)をひっぱりだしてみました。クリスマスアルバムの傑作。「ママがサンタにキスをした」や「ウインター・ワンダーランド」などおなじみのクリスマスソングを、フィル・スペクターおかかえのガールズグループがおもいっきりハッピーにうたっています。

ところで、おとなのクリスマスのたのしみといえば、やはりおいしいお食事ということで。
いまはなくなってしまった表参道のフレンチレストランでのクリスマス・ディナーは、毎年まちどおしかった。スターターの海鮮の盛り合わせは前菜とはおもえないほどボリューミーでした。生牡蠣はおろしポン酢でいただくのもおいしいのですが、エシャレットをきざんだ赤ワインヴィネガーをふりかけた牡蠣はよく冷えた白ワインにあうのです。

投稿者 orangepeel : 07:18 PM | コメント (0)

November 29, 2005

冬になると

P1040083.JPG

P1040089.JPG

冬になると空気がすんでくるせいかにおいに敏感になりますね。くれかけた住宅街のお勝手口からは、カレーのにおい、てんぷらを揚げるにおい、おでんを炊くにおい、あたたかな生活がただよってきてなぜだか寂しくなってきます。

こどものころは嫌いだったのに好きになってきたもののひとつ、おでんの『ちくわぶ』。ただのでんぷんですけれど。味がしみた『ちくわぶ』は口のなかであたたかいのです。

写真上は笹塚駅前の玉川上水ほとり、写真下は北沢小学校ちかく井の頭通り沿いの骨董屋さん。店先には火鉢がならんでいました。

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

November 02, 2005

Cadbury

P1030895.JPG

朝食にりんごとキャドバリーのチョコレートバーをいただくのは英国人の気分です(笑)。
“3in1”はかわいいミニバーが3種類はいっていて甘っーい99えん也。

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (3)

October 22, 2005

イトウさん☆LOVE

P1030857.JPG

東京のわがやに初雪がふりました、うそです(笑)。
写真は『こな雪のクッキー』をたべつくした残片です。
ミスターイトウはチョコチップクッキーも秀逸ですね。ワタクシ、ミスターイトウのファンなのです。
アフターヌーンティのおともにいかが☆

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

イトウさん☆LOVE

P1030857.JPG

東京のわがやに初雪がふりました、うそです(笑)。
写真は『こな雪のクッキー』をたべつくした残片です。
ミスターイトウはチョコチップクッキーも秀逸ですね。ワタクシ、ミスターイトウのファンなのです。
アフターヌーンティのおともにいかが☆

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

June 29, 2005

高級ジャムパン

P1030129.JPG
ヤマザキ製パン『高級ジャムパン』(105円)の残骸

昼食に高級ジャムパンを食べました。

ひとくちごとに果肉入り高級いちごジャムがとろ〜りと口のはしからこぼれおちそう。こどもだったら口のまわりがベタベタしてしまうでしょう。でも、高級ジャムパンはおこさまにはもったいないですね。

高級ジャムパンにはトマトジュースがあわなかった。味的にも、ビジュアル的にも。なんか赤赤してますね、血が濃くなりそう、高級ですし☆

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (2)

May 04, 2005

Des journees entieres dans les arbres

P1020720.JPG

P1020746.JPG

P1020736.JPG

P1020735.JPG

日差しと風が夏休みのような気分。バラと木陰とパラソルの下の昼食。

きょうは、ちいさなお金をポケットに、ちいさなカメラを片手ににぎって気楽なお散歩、ヨーロッパ風(笑)のヴァカンスをたのしみました。

目黒区駒場1丁目『駒場薔薇園』は世界のいろいろな種類のバラの苗をそだてて販売しています。庭をもたない私はながめるだけ。そのかわり、『河野書店』で Ezra Pound の詩集 “PERSONAE”と紀行本“English Channel”を購入したら、東大構内のカフェレストランに。木立の中のテラスで、田舎風テリーヌとにんじんのポタージュスープをいただいて、初夏を満喫いたしました。木々が風にそよぐ音を聞いていると、どこか遠いリゾート地にいるよう。こちらのレストランは、もちろん学生さんも利用するのでお値段も気楽なんです☆(紀行本“English Channel” にかんしては、下のエントリをごらんください)

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

March 16, 2005

orangepeel

P1020479.JPG

いただきもののチョコレイト。ビターチョコがオレンジの皮をコーティングしています。おいしかったです☆


 ら
   があった

キャン ディ あか
るい
  食べられる
活発な
   ピンク色など 恥しい
レモン色など
みどり色など すずし い チョコ
レイト色
など

  の 下
  一台の
               機 
             関
           車
         か
       ら
    ふき
    あげ
    てる
すみれ
色など

“そ”Verse by e.e.cummings(藤冨保男訳)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:25 AM | コメント (0)

March 08, 2005

Kew Gardens

P1020443.JPG

名前のしらない花。Kew Gardensにて撮影。

ロンドン郊外キューガーデンでバラやライラックを撮りながらの散策中、正午すぎに雨がふりだしてかけこんだカフェテリア。定食のチキンスープはおいしかった☆
ときどき思い出してつくってみます。


読みかけの本には
インクの切れはしをはさんでいる
ウルトラマリンの
海にむかう電車の
ガラス窓にほほえむ自分の映像
こんなふうが気に入っている
美しく聡明できむずかしいが
うちとけると楽しい

美人コンテストの
元ミス・ワールドより頭がよく
故ルーズベルト夫人よりキレイだから
すべての女性に優っていると思っている(*)

彼女はメキシコのことわざを
知らずに死ぬのだろう
うっとりと旅情にひたって
窓の外をながめているが
≪ガラスに反射した太陽をみると
強欲で淫乱になる≫という
マンホールのずうっと奥の
見知らぬ国のことわざを

           * シモーヌ・ド・ボーヴォワール

『美しい映像』 poetry by 鈴木博美

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (2)

March 02, 2005

Cherry

P1020419.JPG

シロップ漬のチェリーの瓶詰めをどうするつもりだったのだろう。買ってきたはいいものの使いみちがよくわかりません(笑)。いえ、ただ毒々しいチェリーレッドに誘惑されて手にとってしまった、としかいいようがございません。さくらんぼはパフェの女王さま?プリン・ア・ラ・モードとか?なんか古くさいわあ(笑)。カクテルにもはいってますね、マンハッタンとか。マンハッタンってオーダーするのがなぜか照れくさいですね。

まだまだ寒いですけど桜の季節ももうすぐですね。いつかの春の宵になにをとちくるったのか桜の枝を折ってしまったことがあった。バチがあたったのか翌日鼻にオデキができました。ジョージ・ワシントンにならって正直に告白いたします。

桜の枝を折る
辻公園の六分咲きの細い先っぽ
飛び散った樹液が鼻腔にながれこむ
よふけの海風にからみついて
いとこたちが車幅1メートル25センチの
真新しいキャディラックにはしゃいで通り過ぎていく
ムートンのシート・カバーの端っこが燃えているのに
鼻が痛い鼻の奥におできができて

愛人たちを翻弄して手に入れたブック型の玉手箱
開けてみればつつましやかに詰まっていた
ヴィンテージのミッキー・マウスの人形や
ビーズを綴ったヘア・ピンの束、オースチンのミニ・カー
モータウン・レコードのセット・リスト、手製の手鏡
「フラジャイル」の荷札に書きつけた電話番号

共食いをはじめた緋鯉の世話を
やさしい年上の友人に習っている
ぐらつく階段を上り下りしながら
死んだ魚を上海料理店に提供するのです
まな板の上で力強くあがいても

鼻が変形するほど腫れあがって
わたしは告白しましょう桜のはなびらが散るまえに
竜宮城は海でしたか川でしたか
ルポルタージュをつづけましょう
朝日をまつベンチにねころんで

『サクラサク』 poetry by 鈴木博美

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

February 10, 2005

檸檬

P1020354.JPG

柑橘系果実の話題がつづいて思いだしたのですが、親戚の庭で実ったという檸檬をサラダにでも使おうかと、冷蔵庫からとりだしました。

透明な黄色がうつくしくて、それで私は、高村光太郎の「レモン哀歌」を諳んじてみたのです。精神を病んだ妻、智恵子が最期の床でレモンをがりりと齧る。トパーズ色の香気が立って、そのみずみずしい飛沫が智恵子を一瞬正気にもどします。眼がかすかに笑い、光太郎の手をにぎる力は健康そのもなのに・・・・。

『智恵子抄』は純愛をつづったものとされていますが、肉体も精神も一体となったふたりの日々の詩は、読んでいるとときとして胸が苦しくなりますね。

「レモン哀歌」は智恵子が天に旅立つ瞬間の詩なのに、レモンの清潔さがすくいになります。
その清冽な香りが私の鼻腔をもおそって、涙がとまらなくなるのです。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 07:04 PM | コメント (0)

名前の由来

P1020344.JPG

バスで新宿にでましたら、デパートではヴァレンタインのチョコレート売場が騒然となっておりました。

昨日エントリした『金柑』は、ビターなチョコレイトでコーティングしたらいかがでしょうか?手作りっぽくて素敵ですね(私自身ためしていないので、成功率は保証できませんけれど・・)。ほら、オレンジ・ピールとダークチョコをくみあわせた大人の味は人気ですしね。ドライフルーツは苦手なのですが、オレンジ・ピールのはいったお菓子は大好きです。マティーニの最後の仕上げにしぼるライムの皮とおなじく、ほのかに香りを残すかくれた主役といいますか・・・。わが社名ORANGEPEELは、そんなイラストレーションを描けたらなあ、という希望で名付けました。それと(以前にも申し上げましたが)、グラスゴーの果汁たっぷりみずみずしいバンド、ORANGEJUICE にもちなんでいるのです。上の写真はエドウィン・コリンズ初来日の際の直筆セットリストです。帰り際、前を歩いてた見知らぬ男の子が突然「これ、やるよ」ってくれたのをずーっと宝物にしてるのです(笑)。

名前の由来といえば、我が家から新宿にむかうバスに乗っていて気になるのが停留所の名前でした。『六号通り』とか『七号通り』とか。その数字の意味は何なのかしら・・・・?調べてみれば単純なことでした。

東京都民の水がめ、淀橋浄水場は1960年代まで現在の新宿中央公園のあたりにありました(その後東村山市に移転)。西新宿〜杉並区和泉まで、水道道路といわれているバス通りはその名のとおり、かつて新玉川上水だったのです。その水道にかけられた橋は、新宿から西にむかって『一号橋』、『二号橋』と順番に名付けられたとのこと。

私はよく、六号通り商店街と十号通り商店街を利用します。
それは、かつて橋の上にたった市のなごりなのでしょうか。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 01:46 AM | コメント (0)

February 08, 2005

金柑

P1020340.JPG

生まれてはじめて食べました、金柑。最近スーパーで安いから。どこかの健康番組(あるいは雑誌)で紹介されてるのかな。ウイルスに対する抵抗力があり、便秘解消にも効果があるそう。

しかし、そんなウンチクよりもこの柑橘系フルーツのせつなさ、みなさまはあじわったことがありますか?
マスカットひとつぶ大。ホロ苦くて甘いのです。マーマレードのような風味。皮ごと口にふくむたび目がさめるようなういういしさ。種にちかづくまんなかが、ちょっとすっぱいんです☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:58 PM | コメント (0)

January 28, 2005

Farewell Dinner

P1020330.JPG

P1020327.JPG

P1020329.JPG

ドイツはブレーメン発着の豪華客船“Nord-deutscher Lloyd”のFarewell Dinner のメニュです(たぶんアメリカ〜ドイツ)。1934年5月のものとは、ずいぶんとはるかとおく時をこえて私の手元にとどいたものですね、ロマンティックです☆5,6年前に数点の外国の観光地図とともに、神田のアベノ・スタンプで購入しました。たくさん旅行はできないから、このような冊子でひとときの仮想トリップをたのしんでいるのです。ところで、これにインスパイアされたわけでもないのですが、こんなものをつづってみたのでした。

生簀がこわれたというだけで
新聞に載ってしまうレストランで
評判なのは炙った鴨の甘いオレンジ・ソース添え
メニューは食事の途中にでてくるのである
とても洒落たデザインなので
そっとカルトンにはさんでもちかえるのである

アパートはペット禁止なのに
時々毒ヘビがドアの隙間からはいってくる
私は他人のいないことをいいことに
おくびをして威嚇するのだが
ヘビはかえって挑発されたようである
歯ブラシと目覚し時計を丸のみしてしまった

十年前に卒業した有名女子大の
卒業アルバムが届けられた
製本会社が一冊いっさつ
一人ひとりに向けて編集しているので
やっと今
完成したのである
謝恩会の集合写真は
ひまわり柄やばら色のワンピースの同窓生たち
最後のページは
スキン・ヘッドのマッチョな帽子屋と
髪を長くした美形の双子とともにテーブルをかこんだ
白いウエディング・ドレスの私が爆笑しているぼやけたショット
ママはキモチワルイと言い
しかし美しかったとも

ママは今でも双子の兄を窓辺に待ち
早朝ワインをなめて仕事にでている
私は
おいしい魚が食べたくて
豪華客船で海にでた
手足をしばられて
シー・ジャックの犯人とピロー・トーク
彼は漁網を用意せよと言うが
私は鳥を撃ちたいと願う

『シーフード・レストラン』 poetry by 鈴木博美
(「ユリイカ」1999年9月号入沢康夫氏選<今月の作品>掲載)

写真は拡大してご覧ください。
上:最後の晩餐のメニュ表紙。伊勢丹クイーンズ・シェフで値引き(笑)のスペイン産のワインとともに撮影。
中:シーフードのカクテルとオックステールの澄んだコンソメをスターターにしたお食事も豪華です。七面鳥のロースト、クランベリー添えはおいしそう。シンプルなトマトときゅうりのサラダも初夏の香り。デザートはチョコレイト・タルト、ストロベリー・メルバのいずれかを選べます。最後にコーヒーとチーズって、ヨーロッパのひとびとは好きですね(ああ、くいしんぼうなワタシ:笑)。
下:生演奏の曲目リスト。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

November 30, 2004

sugar snap peas

peas.jpg

スーパーや八百屋さんで「スナックえんどう」の表示をみかけるたび、ちがーう!!と心のなかで叫ぶ(笑)のです。正確には「スナップえんどう」。しかしいつのまにか「スナック」が定着してしまったきらいがありますね。A型の人間は豆類と乳製品が太るといわれてるのに、いんげんや枝豆、チーズが大好きな私です。台所でスナップをきかせて(笑)スナップえんどうのスジをとっていると軽快な音が食欲をそそります。さっとゆであげてサラダにするまえにはもう2,3本が口のなか。
イギリスの料理雑誌“FOOD ILLUSTRATED”はたまーに購入します。もちろん食いしん坊(私です)の目を悦ばせるためでもありますが、それ以前にエディトリアルデザインがお気に入り。写真もイラストレーションもホントにキレイなのです。最近、日本の女性誌はすっかりこのデザインに影響されている気がいたしますね。内容もスナップえんどうをはじめとして茄子や蛸など和食のヘルシーな素材を英国人の舌にあわせてアレンジした料理が多く、ああマネしてみたい!と逆輸入的にたのしめるのです。

さて、“FOOD ILLUSTRATED”の出版元WAITROSE(100年の歴史を誇る英国の食料品デパート)サイトにsugar snap peasのレシピがのっていましたので、こんどためしてみようかな☆おうどんをつかってます。白ワインに合うそう。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 07:39 PM | コメント (0)

November 29, 2004

WALK OUT TO WINTER

P1020209.JPG
写真は世田谷区北沢3丁目、森厳寺川暗渠沿いの民家庭にて。

下北沢へのお散歩の際はいつもこの暗渠を泳ぎ(?:笑)ます。狭い路地のあしもとの土管ではかつてのふるいながれをおもわせるせせらぎが耳元をかすめます。このながれは世田谷区代沢3丁目の代沢小学校のあたりで北沢川に合流します。代沢小学校はかつて坂口安吾が20代の頃代用教員をしていたところ。「風と光と二十の私と」にまったくの武蔵野であった下北沢での満ち足りていきいきとした(無頼派としてしられている作家の)生命力がえがかれているので興味ぶかかったのです。

歩き疲れてからだが冷えてしまい夕方5時にいつものお店をのぞいたらもうにぎわっていてホッと安心。冬のてんぷらは、お刺身でもお寿司でもいただいた太刀魚がほっこりして特別おいしかった。でもふきのとうの苦味はどう考えても春のはじまりを予感してしまい、欲張りな私はもうクリスマスとお正月を通り越して、あたたかな日々を妄想してしまったのでした(せっかちとよくいわれます)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:36 AM | コメント (0)

August 16, 2004

蝸牛の散歩(?)

P1010748.JPG

エスカルゴ、プチパイ包み(赤キャベツの酢漬け添え、食べつくす前に)

昨日はひさしぶりの雨が涼をよび、とてもすごしやすかったですね。
代々木上原から池ノ上あたりのしずかな住宅街をのろのろと散歩しました。肌に触れる気温の記憶とあいまって、ロンドンはチョークファームあたりを妄想(笑)しつつ。渋谷区西原の「LOS PAPEROTES」(雑誌が安い)〜世田谷区北沢「12月文庫」(名前がステキ)の古書店めぐりを。私は、旅をテーマにした雑誌(洋雑誌も含む)を何冊か買いました。ああ、秋にはどこか遠いところに行ってみたい・・・・・。
上の写真は、ほどよく歩きつかれて見つけた、井の頭線池ノ上駅近くのこじんまりとしたビストロにて。赤キャベツはとてもすっぱくて胃がキュッ、とよろこびました。
以前、表参道の(今はなき)フレンチレストランでそら豆のビシソワーズをいただいたことがございました。コクと風味があって私の大好物になったのですが、こちらでは枝豆のスープを。さっぱりとした舌ざわり、冷たさがのどをす〜っ、と通りすぎていくと「あ、日本の夏の味・・・」と、なつかしいような気持ちになりました。
After walk around the block, we found out a charming restaurant. Starter was baked escargot with pie. Cold soup of fresh soy beans reminded Kew Garden ,London.
That was the chiken soup I took,....sorry. Everything was delicious,believe me. lol.

投稿者 orangepeel : 08:09 PM | コメント (0)

July 27, 2004

my favorite blog#01

eggbaconchipsandbeans

英国のカフェやパブではおなじみのメニュをたべあるき・・・。
チップスの大きさ揚げかたから、テーブルに常備されたソースにいたるまでのリポートは地味ながら(いえいえ、すてき!)うっとり。おいしそう&楽しい、のです。
配膳コーナーのドリスデイが働いてそうな50年代アメリカ映画の雰囲気、いいですね、私も行ってみたい☆

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

July 02, 2004

chocolate

P1010608.JPG

渋谷区本町で迷い込んだ路地の小さな(おいしそうな:笑)民家。
ヘンゼルとグレーテル・・・・・・

投稿者 orangepeel : 08:04 PM | コメント (0)

May 30, 2004

エトランゼ

P1010533.JPG

夕暮れの我が家からの風景。ものすごい速さで海のほうから雲がながれていきます。
明日午後には、雨になるそうですね。

P1010536.JPG

つよい海風のにおいに追いかけられながら、神田川にむかって散歩した日曜日。知らなかった、神田川でもコウモリが飛び交っていましたよ。暮れかけた灰色の東の空を背にビックリする勢いで群が川面にやってくるのです。一頭が私の耳元をバタバタと音をたてて通りすぎていきました(結構びくびく・・・)。あっという間に西の方へ、あらたなエサをもとめて去っていきました。
写真は中野区南台、多田神社近くの中国料理店にて。
私は広東麺をいただきました。もちろん、ガラスケースの模型で選んだのですが、じつは、メニュをみてもよくわからず、タン麺とタンタン麺のちがいも気づかない私でした。かなりボリューミー、ちょっとソルティなのは、川むこうの倉庫街で働く方々のためなのでしょう。家から徒歩ほんの数十分の、ちょっとした旅(?)のあとのディナーですが、湿気を含んだモヤモヤとした風が気持ちを異国気分(どこか外国のチャイナタウンにいるみたいな)にかりたてたのかな、見知らぬひとびとのなかで、ちょっとカメラをむけてみたのです。

というエトランゼのふり。

投稿者 orangepeel : 10:22 PM | コメント (0)

May 04, 2004

MARMITE

sacdwitch ddbldn.jpg

from DDB London

おいしそう☆
「(サンドイッチを)好きになるもよし。嫌いになるもよし。」というコピーの、サンドイッチ・ペーストの広告。サンドイッチ好きの私としては、この絵はとてもおいしそうに見えるのです。でも、ご覧ください!!飛行機によく乗る方にはお察しいただけるメッセージみたいですね(笑)。
MARMITE社はもともと英国のストックキューブのメーカー。こんな可愛いポスターもありました。

marmite poster.gif

投稿者 orangepeel : 01:18 AM | コメント (0)

April 30, 2004

バビロン再訪

mickjagger1969.jpg

あらためてイエコウモリの壮観な群を見たくて、石神井公園(東京都練馬区)への小さな旅をこころみました。
バスおたく(笑)な私は、阿佐ヶ谷から石神井公園行きの関東バスに乗ったのですが、ドライバーがミック・ジャガーそっくりだったのです。ゴダールの映画「ワンプラスワン」のミックそのもの?!なのに、ワイルドなお方と思いきや「お気をつけてー・・お乗りくださー・・・い・・・」って、蚊の鳴くような、やさしーい声で。人が悪いですけれど、真後ろの席でじっくり観察してしまいましたよ。

イエコウモリは、まだ時期が早いのか、2,3頭を遠い上空で確認した程度です。
石神井公園のプチ写真集は、ご興味があれば・・・・。
   ↓

P1010474.JPG

三宝寺池の昔と変わらない茶店にて。
京都鴨川のほとりのような風情がございますでしょう(笑)。
東京のはずれですが、なかなか良いところなのです。

P1010484.JPG

モネ(笑)。

P1010478.JPG

ケミカルな色合いがなつかしい「チェリオ」。

P1010486.JPG

夫婦で洋装店と喫茶店を経営している、これもなつかしいスタイルの素敵なお店です。
以前、石神井公園に住んでいたときの休日の午後には、喫茶「リリー」のミックスサンドイッチとビールでHAPPYHOURを(笑)。
こちらの卵の調理方法は「FRIEDEGG(目玉焼き)」でした。
もちろん(かなしいかな)、お洋服を仕立てていただく余裕は私にはございませんでしたけれど。

投稿者 orangepeel : 10:16 PM | コメント (0)

April 10, 2004

春宵

P1010391.JPG

街角の美女シリーズ

世田谷区代沢。しずかな住宅街の中の洋装店にて。

代々木上原の花屋でミニ薔薇の鉢植えを買い、てくてく夕暮れのなまぬるい風にあたりつつ散歩。下北沢の「魚真」でのれそれ(穴子の稚魚)などをいただきながら、春宵を催す。
今日はとてもいい陽気でしたね。
(仕事がのこっているのに・・・なんてのん気な!)

投稿者 orangepeel : 10:42 PM | コメント (0)

April 04, 2004

cherry,cranberry,blueberry&lemon

P1010373.JPG

スライスレモンとピクルスのかけらと、シロップ漬けチェリーと。
スモークチキンサンドウィッチの残がい(笑)です。夕暮れ時のせわしい笹塚駅前『南蛮茶館』にて。カメラを近づけたら、レモンにピントがあってしまい。
チェリーがヌラッ、と皿のうえにころがって、妙になまめかしいのです。あっ食べよう☆とカメラを置いた瞬間には、真向かいの連れの喉を甘やかしていました(トホ)。

笹塚クラウン街の輸入食料品屋でデルモンテのクランベリージュースを買いました。
うすーい甘さとすっぱさです。透明なルビー色がきれい。マクビティのビスケット「トリプルクランチ(ちょっと固め、さし歯に注意)」といっしょに真夜中のおやつ。
そういえば、江藤淳の「夜の紅茶」は、すてきなエッセイ集でした。眠れない夜に読みましょう。帯には「レモンのみずみずしい風味にみたされた夜のひとときへのいざない」とあります。渚十吾の「THE BLUEBERRY DICTIONARY」も枕もとに欠かせない一冊です。
ひつじを数えるようにア〜ワをひもといてゆくのです。

投稿者 orangepeel : 02:12 AM | コメント (4)

March 13, 2004

Herbert Leupin

pepita.jpg

Herbert Leupin
Pepita (Bicycle), 1958

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

ロイピン?!

P1010295.JPG

村上春樹の小説では、よく主人公がサンドイッチをつくって食べてますね。

休日の午後には、喫茶店のサンドイッチを食べあるくのが、私の趣味です・・・・。
(カフェではなく、あくまでも、喫茶店です!)
近所の古くからある商店街をぼんやりひやかしていると、
渋谷区、中野区、杉並区をいつのまにか越境しています。

きょうは、杉並区和泉の喫茶店で。
こちらのタマゴサンドは、ゆで卵をマヨネーズであえたものでなく、
塩と砂糖のシンプルな味付けの卵焼きが、ふんわりとはさまっています。
めずらしいですよね?なつかしい味。アイスクリームのデザート付き!
大喜びの(ビンボーくさっ)私に「今日は、チョコレートです・・・・」と、やさしいお母さん。
看板もかわいいです。看板フリークの私は、さっそく写真を撮ってしまい。

ん?こ、これは、ロイピン?!

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (2)

March 08, 2004

スパイスガールズ!?

P1010279.JPG

生クリームなんて贅沢!

最近、パスタ料理には、トマト缶だけでなく生クリームも使ってしまうのです。
な、なんで、こんなにコクがでておいしくなってしまうの?

今、NHKラジオ、イタリア語講座の表紙のイラストを描いているところです。
4月号から毎月担当します、書店でみかけたら、ぜひ、手にとってみてくださいませ。

写真は、本棚の上のスパイスガールズ(笑)です。
ポートベローの蚤の市で購入したスパイス入れです。

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (3)

February 09, 2004

川沿いの風景

川のそばには、工場街や倉庫街があります。

川のむこうには、ポツンとサンドウィッチ屋があります。
魚肉ソーセージや湿気てそうなクラッカーの箱が埃まみれに棚に並んでいます。ガラスケースの中の売れ残ったチーズサンドやコンビーフサンドが、やけにボリューミーなのは、お昼に繰り出す労働者向けだからなのでしょうか。ちょっと裏に入ると、素敵な(笑)飲み屋がならんでいます。「やすらぎの店」「梨楽巣(リラックス、って読むの?)」、やる気のないメニューを見ると、お茶漬けやおにぎり等、炭水化物系のみで。でも、月に一度くらいは、ここで労働の後、ビール一杯でボヤいてみたいのかな。
中野区と杉並区の国境(?)あたりで、本日見かけた、ちょっと懐かしい感じのする川沿いの風景。

投稿者 orangepeel : 10:21 PM | コメント (0)

February 08, 2004

ソースから入る。

豚肩ロースのかたまり肉を買ってきて、丸ごと煮豚にするのが好きです。

安い日本酒や、醤油、長ネギ、生姜などの凡庸な材料とともに、お鍋でコトコト煮るだけで、簡単ですし、非常においしい。火にかけながら、多少の作業(イラストにトレペをかけたり、宅急便の原稿の集荷を待ったり)もできるのです。

送られてきた掲載誌に、とてもおいしそうなソースのつくり方が(肉料理にも意外に合う・・)出ていたので、ソースをつくってみたいがために、煮豚にしました。

音楽の聴き方でも、そういうのって、ありませんか?
私が通っていた高校では、お昼休みにロックがかかったりしていたのですが、音楽好きの男子が「この曲、このあとのベースがかっこいいんだよ!ほら、ここ、ここ!」と興奮していて、まわりの誰の反応もなくて、おかしかった。私は、こっそり心の中で「うーん、そうそう」とうなずいていました。
そのベースが聴きたいがために、何度も耳をこらしてしまう。

私は、あるモチーフやキーワード(たとえば・・・・、たとえばですが「水差し」「蟹」とか・・)を勝手に設定してイラストや、ひそかに書きためている文章などで、マイワールドを構築するのを楽しんでいます。仕事にもいかされていますでしょうか。依頼されるイラストのテーマって、さまざまですものね。

ところで、そのソースなのですが、あまり、肉料理とは合わなかった(なんか、そういう予感はしました・・・)。むしろ、温野菜や野菜スティックのディップによろしいでしょう。
煮豚には、和からしや酢醤油をつけていただくのが大変おいしゅうございます。

投稿者 orangepeel : 07:02 PM | コメント (0)

January 15, 2004

つげ義春

私はかつて、つげ義春を処分してしまおうかと思ったことがありました。それと、サリンジャーとかThe Smithsのレコードとか。勤めていた保険会社を辞めて、アルバイトしながら美術学校に通っていた頃。ナイーヴなものを一切排除して、強く生きなければならない、なんて考えて。まったくもって、考えすぎなのでしたが。
以前、小沢健二がインタビューで「女の子の部屋に行って、本棚にマルグリット・デュラスがあったりすると、興醒め(わるうございますわね!って私のことではありませんね)」なる、マッチョ?発言をしてましたが、つげ義春が並んだ女子の本棚、とりあえず、コワイですわね。

「貧困旅行記」が愛読書の私は、つげ義春の漫画の舞台を何度か訪れたことがあります。千葉県は房総半島、近くていいですね。千倉や大原の静かな(春でしたので)海岸と養老渓谷、大多喜村の山村の懐かしい町並みを、いすみ鉄道や小湊鉄道のローカル線でのんびり行ったりきたり。窓の外はいちめん田園風景です。大多喜のお蕎麦屋さんでいただいた筍のお刺身(掘りたてなので、生でワサビ醤油で)がとても、おいしかった。村上春樹がカンヅメになる時の定宿、千倉館の離れに寄せていただいたり。(川本三郎さん的な旅です、テレビ東京ではございません・・。)

そういえば、くるりのバンド名の由来になった久留里線、乗ってみたいです。
また、春を待ちましょう。まずは、仕事です、仕事!

投稿者 orangepeel : 06:09 PM | コメント (0)

January 08, 2004

新年会

昨夜、新年会帰りの年下の友人からメールがきて、夫婦できりもりする、大川栄作などが流れる渋い居酒屋で盛り上がった話、共通の知り合いが青年時代の前川清にそっくり!などの演歌ネタでひとしきり爆笑したあと、居酒屋といえば思い出したのは、以前住んでいた石神井公園のお店です。春はお花見、夏は灯篭流しなど石神井池でのイベントや初詣のあとに、よく寄りました。

このお店は安くて、おいしく、量もあり(みんなの好きな鳥のから揚げだっててんこもり)、また、タラの芽の天ぷらやウドの酢味噌和え、根三つ葉のおひたしや松茸(!)の土瓶蒸しなどの季節の野菜料理をこちらでたくさん覚えました。

石神井公園は文学にゆかりのある町で、(ちょっと自慢めきますが)住んでいたマンションが檀一雄邸の裏手だったのです。庭を掃くお元気な奥様や執筆する太郎さん、犬の世話をしている檀ふみさんの静かで品良く落ち着いた暮らしを覗き見るたび、「火宅・・・」と妙な感慨にふけってしまいました。鎌倉に移られる前の高橋源一郎さんも、銀行や喫茶店、ビデオ屋さんなどで、ミザリー!?って感じなくらいお見かけしましたが、一度もお話したことがありませんでした。本当に大好き!だと声をかけられない「乙女」な私☆

大好き!といえば、大好きなキンクスのレイ・デイビスがスリを追いかけて撃たれたとかいう。いやですわ。無事、退院したそうですが・・。

投稿者 orangepeel : 06:30 PM | コメント (0)

January 07, 2004

七草粥

みなさんは、七草粥をいただきましたか?
最近では、スーパーで七草セットが売られてますね。
私のお粥は大根と大根の葉と三つ葉のシンプルなものです。もちろん、お米から炊くという本格ではなく、昨夜の残りの冷やご飯で。だし汁に入れる前にご飯を水洗いして、でんぷんのヌメリを取り除くと、サラリとしたお粥に仕上がりますが、邪道でしょうか。

ところで、昨日、引用したブローティガンの文章は、たまたまメモしてあったものでして。「東京モンタナ急行」、人にかしたままなのです・・・・・。いくら、300円で古本屋で買ったものとはいえ、世間的に駄作(駄作を人にすすめるとは!)と言われてるとはいえ、私にとっては愛読書で・・・。まあ、かした本やCDは返ってこないといいますね。そういう私もおかりしたまま、返す機会を逸している本やCDやビデオがございますようで。みなさま、この場をかりてお詫び申し上げます。

投稿者 orangepeel : 07:23 PM | コメント (0)

January 02, 2004

開運吉祥 。 

初詣に行ってきました。バスで杉並の妙法寺へ。厄除けで有名です。
家族は厄払いを、私は開運吉祥を3000円で祈願しました。一応、クリスチャンなのですが・・・・。なんか強欲な感じがしますね。
ところで、若いお坊さんががなるお経がすごくリズミカルでなのです。となりに座ってた人なんて膝でリズムとってた。私も思わず剃りこみはいったパンクなお坊さんをボーッと見てしまいました。カッコイイの。ミーハー。
妙法寺といえば、参道にあるカマボコ屋さんのおでんがメチャおいしいのです。すり身にチーズをはさんだ「ソフト」や牛すじではない「すじ」などテイクアウトしました、至福。以前、かの暮しの手帖に紹介されていました。都内では、銀座、渋谷においしい京風のおでんやさんを知ってますが、私はここを第1位に勝手に認定しています。

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (0)