December 27, 2014

mosmodern #2



e-zine mosmodern #2 is out.





ward_no.339_hiromisuzuki_mosmodern02_141227mj.jpg
© visual poetry by hiromi suzuki, 2014 'ward no.339' for mosmodern #2



mosmodern_index_141227mj.JPG
contributors index via Mosmodern (@mosmodern) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:47 PM | コメント (0)

December 02, 2014

gui #103

gui103shohachiro141202mj.jpg
gui vol.36 no.103, December 2014

poetry magazine, gui

cover : Shohachiro Takahashi, 高橋昭八郎

投稿者 orangepeel : 08:12 PM | コメント (0)

October 01, 2014

δ- Delta NUMERO 38

delta141001mj01.jpg
δ- Delta NUMERO 38 septembre 2014

I've received poetry magazine δ- Delta from poet, a member of Katsue Kitasono's VOU, Shin Tanabe .




delta141001mj02.jpg
john m. bennett & cheryl penn: from "bBbBbBbBb"



delta141001mj03.jpg
klaus peter dencker: from "arakawa"



delta141001mj04.jpg
shin tanabe: i's portrait "pierre garnier (1928-2014)"



delta141001mj05.jpg
shin tanabe: i's portrait "shohachiro takahashi (1933-2014)"





δ

─新詩のための国際誌─
revue internationale pour la poesie nouvelle

δ誌はすべての言語(ラング)を内側から照らし出す”新詩の電磁場”として1994年12月に創刊された詩誌です。
"δ“ est un champ electromagnetique de poesie nouvelle eclairant toutes les langues de leur interieur, fondee en decembre 1994

投稿者 orangepeel : 02:35 PM | コメント (0)

September 26, 2014

L'écume des jours #293

ldj140926mj01.jpg

ldj140926mj02.jpg

ldj140926mj03.jpg

ldj140926mj04.jpg

ldj140926mj05.jpg

ldj140926mj06.jpg

ldj140926mj07.jpg

ldj140926mj08.jpg

ldj140926mj09.jpg

ldj140926mj10.jpg

ldj140926mj11.jpg

ldj140926mj12.jpg
© photo by hiromi suzuki

高橋昭八郎追悼イベント

さよなら、高橋昭八郎さん

協賛:66現代詩プロジェクト+現代詩手帖

【第1部】 ドキュメンタリー 「高橋昭八郎〜ことばを超え、境界を超える詩」(Edge2、2003)
【第2部】 城戸朱理氏+金澤一志氏 対談


@荻窪 6次元

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

September 19, 2014

bruno neiva

brunoneiva140919mj.jpg
© photo by hiromi suzuki

I've received two books from text artist, poet, writer bruno neiva. 

dough
bruno neiva
Published in Liverpool UK by erbacce-press, 2014

this is visual poetry by bruno neiva
chapbooks by chapbookpublisher.com


parcels140919mj.jpg
PARCELS , text art exhibition held by bruno in A Coruña, Spain during September



*Thank you very much, Bruno!

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (0)

September 05, 2014

神谷和弘 小説 『我に祝福を』

wareshuku140905mj.jpg
cover illustration : 鈴木博美, hiromi suzuki
art direction : 山本一語, ichigo yamamoto

精神科医・詩人 神谷和弘氏の初小説『我に祝福を』の装丁をてがけました。
9月24日発売、amazon 、またはお近くの書店にて予約受付中です。

【内容紹介】

亡き家族との交信?
それは精神病なのか。
隠された真実。
遺された者が背負う十字架。
家族とは?
償いとは?
障害とは?
生命とは?
精神科医・詩人の著者が世に問う、現代の「罪と罰」。
衝撃の初小説。

【著者について】

神谷和弘(かみや かずひろ)
1954年生。福岡県在住。精神科医。
詩集『夕日と狂気』(土曜美術社出版販売)、詩集『ENIGMA』(土曜美術社出版販売)、
詩集『40人』(星和書店)、
『日韓環境詩選集 地球は美しい』佐川亜紀・権宅明編訳(土曜美術社出版販売)に作品所収。

ISBN-10: 4434194887
ISBN-13: 978-4434194887
発売日: 2014/9/24

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (0)

August 03, 2014

gui #102

gui102shohachiro140803mj.jpg
gui vol.37 no.102, August 2014

poetry magazine, gui

cover : Shohachiro Takahashi, 高橋昭八郎

投稿者 orangepeel : 02:36 PM | コメント (0)

June 02, 2014

in memoriam

“It is with a sad heart that I relay the news of Takahashi Shohachiro-san's passing away two days ago. He had suffered with breathing problems for a long time and did oxygen 24/7, so finally he is released from earthly worries. His contribution to visual poetry is considerable, and his text poems, some of which are only punctuation not adding up to a syllable, reached a kind of extreme in possibility with language. His visual poetry defined the cutting edge as a kind of void or black hole in multifarious ways. He was like a comet shooting across the skies. Shohachiro also was subjected to a double neglect in Japan, one for being so far ahead of others, even within the Japanese concrete/visual poetry scene, and two for coming from the countryside and never living or establishing himself in Tokyo. Since Japan has one main art capital, to reject it for a lifetime is rare while continuing to produce. Of course he had occasional exhibits, but he was never fully embraced by the art world to the extent he should have been. No doubt that world will catch up with Shohachiro's great production as time passes, because it will certainly stay fresh.


Well, I just wanted to pass on the word that the great man and our friend has moved on. May he R.I.P. ”

© John Solt, 2014


rip140602mj.jpg
‘R.I.P Shohachiro Takahashi’ collage on screenprint © hiromi suzuki, 2014

5月の末、世界的なビジュアル・ポエト 高橋昭八郎さんが逝去されました。
ジョン・ソルト氏のご快諾のもと、海外プレス向け追悼文を引用させていただきました。
あらためまして、高橋昭八郎氏のご冥福をお祈り申し上げます。


*Thank you very much for accepting reprint, Mr.John Solt.

投稿者 orangepeel : 01:52 PM | コメント (0)

May 26, 2014

Shōhachirō Takahashi

gui140526mj01.jpg

gui140526mj02.jpg

gui140526mj03.jpg

gui140526mj04.jpg

gui140526mj05.jpg

gui140526mj06.jpg

gui140526mj07.jpg

gui140526mj08.jpg

gui140526mj09.jpg

gui140526mj10.jpg

gui140526mj11.jpg
poetry magazine gui, cover design by Shōhachirō Takahashi

from my bookshelf

R.I.P. Shōhachirō Takahashi.

投稿者 orangepeel : 08:21 PM | コメント (0)

May 19, 2014

ARAM SAROYAN ‘WORDS & PHOTOGRAPHS’

aramsaroyan140519mj01.jpg

aramsaroyan140519mj02.jpg

aramsaroyan140519mj03.jpg

aramsaroyan140519mj04.jpg

aramsaroyan140519mj05.jpg

aramsaroyan140519mj06.jpg
ARAM SAROYAN
WORDS & PHOTOGRAPHS

(Chicago: Big Table Publishing Company, 1970)

from ARAM SAROYAN
THE MAXIMAL
(A MORE TRULY COMPLETE)
MINIMAL POEMS

投稿者 orangepeel : 07:07 PM | コメント (0)

April 26, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information XI )

mscried140426mj.jpg

‘Ms. cried’77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

kisaragi kisaragi publishing

ISBN978-4-901850-42-1

idea140426mj.jpg
IDEA No.364 : 清原悦志・北園克衛 Published: 2014/04

「アイデア」364号 特集は、 清原悦志・北園克衛。
北園克衛の最終詩集『BLUE』デザインは、清原悦志によるもので、
“表紙には北園克衛が大好きだったフーツラ書体”

拙詩集『Ms. cried』表紙も、フーツラなのです。
(AD:山本一語

投稿者 orangepeel : 01:51 PM | コメント (0)

April 07, 2014

POEMS ON THE UNDERGROUND

underground140407mj01.jpg
POEMS ON THE UNDERGROUND

underground140407mj02.jpg
Letter to André Billy 9 April 1915 : Guillaume Apollinaire (Translated by Oliver Bernard)

underground140407mj03.jpg
Autumn evening : Matsuo Bashō (Translated by Kenneth Rexroth)

underground140407mj04.jpg
A Glass of Water : May Sarton

underground140407mj05.jpg
© photo by hiromi suzuki

POEMS ON THE UNDERGROUND

Edited by
Judith Chernaik
Gerard Benson
Cicely Herberg

(Penguin Hardback Classics)

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

March 19, 2014

lovely collection of Richard Brautigan books, artwork, & ephemera

richardbrautigan140319mj01.jpg
Richard Brautigan. Lay the Marble Tea: Twenty-Four Poems by Richard Brautigan. Carp Press, 1959. First edition.
Inscription on f.f.e. to Joanne for her 30th birthday (1964).

richardbrautigan140319mj02.jpg
Richard Brautigan. Happy Birthday card. [1964].

richardbrautigan140319mj03.jpg
Page from Joanne Kyger’s journals with the invitation to the Grove Press book party for A Confederate General from Big Sur. January 22, 1965.

richardbrautigan140319mj04.jpg
“You Are Invited to Become a Costume Party.” Halloween Party invitation, October 23, 1965.

richardbrautigan140319mj05.jpg
Richard Brautigan and Janice Meissner. A Tale of Two Birds or The Telephone’s in the Hall. 1966.

richardbrautigan140319mj6.jpg
Richard Brautigan and Janice Meissner. A Tale of Two Birds or The Telephone’s in the Hall. 1966.

richardbrautigan140319mj7.jpg
Richard Brautigan and Janice Meissner. A Tale of Two Birds or The Telephone’s in the Hall. 1966.

richardbrautigan140319mj8.jpg
Richard Brautigan. Front of postcard to Jack and Joanne [Kyger]. ca. 1966.

richardbrautigan140319mj9.jpg
Richard Brautigan. Back of postcard to Jack and Joanne [Kyger]. ca. 1966.

richardbrautigan140319mj10.jpg
Richard Brautigan. “Shadow of a Car in the Eye of a Trout.” [ca. 1969).

The Richard Brautigan Collection from poet Joanne Kyger from Granary Books

投稿者 orangepeel : 05:03 PM | コメント (0)

March 06, 2014

Tokyo International Literary Festival

tilf140306mj.jpg
Tokyo International Literary Festival
東京国際文芸フェスティバル
2014.2.28 - 3.9

poetryx140306mj01.jpg
東京国際文芸フェスティバル2014サテライト企画「詩×旅〜詩の図書館と旅する詩集〜」に、拙作が出品されています。


場所:Book Cafe A'bacchio (高円寺)



poetryandthought140228mj02.jpg
Ms.cried (ミズクライド) 77 poems by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 02:28 PM | コメント (0)

February 19, 2014

The Poet Designer

katsuekitasono140219mj.jpg
Kitasono Katue, VOU magazine, number 110, collection of John Solt

_____ Kitasono (1902–1978) was a designer, writer, editor, photographer, and overall ambassador of Japanese avant-garde art to Europe and the Americas in the mid-20th century _____

The Poet Designer - Katsue Kitasono from The LACMA Blog

投稿者 orangepeel : 05:11 PM | コメント (0)

Lonely House


Leyla McCalla: Lonely House

Songwriters: HUGHES, LANGSTON/WEILL, KURT

At night when everything is quiet
This old house seems to breathe a sigh
Sometimes I hear a neighbor snoring
Sometimes I can hear a baby cry

Sometimes I can hear a staircase creaking
Sometimes a distant telephone
Oh, and when the night settles down again
This old house and I are all alone

Lonely house, lonely me
Funny with so many neighbors
How lonesome you can be

Lonely town, lonely street
Funny, you can be so lonely
With all these folks around

I guess there must be something
I don't comprehend
Sparrows have companions
Even stray dogs have a friend

The night for me is not romantic
Unhook the stars and take them down
I'm lonely in this lonely town, in this lonely house

The night, the night for me is not romantic
Unhook the stars and take them down
I'm lonely in this lonely town, in this lonely house
At night when everything is quiet


Lonely House lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., T.R.O. INC.

from

投稿者 orangepeel : 02:17 PM | コメント (0)

February 01, 2014

Four Monologues by Aram Saroyan

aramsaroyan140201mj01.jpg

aramsaroyan140201mj02.jpg

aramsaroyan140201mj03.jpg

aramsaroyan140201mj04.jpg

aramsaroyan140201mj05.jpg
Four Monologues by Aram Saroyan
LETTERPRESS, 2011
IN COLLABORATION WITH DON SHARE, SENIOR EDITOR, POETRY MAGAZINE
PRODUCED UNDER THE DIRECTION OF CLIFTON MEADOR

_____ Based on a short theatrical piece by poet Aram Saroyan, Four Monologues is a small chapbook produced by students in Columbia College's MFA program's Advanced Printing course under the Epicenter imprint, bound in an edition of 300. Poetry Magazine Senior Editor Don Share calls the finished collaborative work "something unaccountably apt and beautiful: a handprinted, hand-sewn book consisting of four pockets, bound together, holding each piece of the work. The book makes tangible, as does Aram's piece, the poignant fact that these four writers were both brought together by writing and the printed page, and separated tragically by the events of history. _____

from Columbia College Chicago : Artists’ Books / Fine Art Prints

投稿者 orangepeel : 09:20 PM | コメント (0)

January 24, 2014

Janet Malcolm collages of Emily Dickinson poems

collagesofemilydickinsonpoems140124mj001.jpg
“David Todd (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj002.jpg
“Abyss (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj003.jpg
“Crater (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj004.jpg
“The summer that we did not prize (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj005.jpg
“Vinnie (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

_____ Janet Malcolm, author of The Journalist and the Murderer and, most recently, Forty-One False Starts: Essays on Artists and Writers, is also a collage artist. Her most recent collection, “The Emily Dickinson Series,” juxtaposes clippings of Dickinson’s “fragment” poems, taken from scholar Marta Werner’s 1996 book Emily Dickinson’s Open Folios, with pieces cut from astronomy textbooks, found photographs, and other ephemera. _____

“Janet Malcolm Turns Emily Dickinson’s Poetry Into Visual Art” By Rebecca Onion from Slate (Jan. 23 2014)

投稿者 orangepeel : 05:32 PM | コメント (0)

Poem for a Snowy Winter

poemforasnowywinter140124mj01.jpg
Central Park, January 21, 2014.  Seth Wenig/Associated Press


Dear Diary:


The rosebush wears an icy shawl.
Snow continues to fall.
A crow on the lawn
Shakes off flakes.
Its sable wings glisten.
The wind dances
With bare branches.


Poem for a Snowy Winter
By JOHN F. GRUBER


from The New york Times (January 22, 2014)

投稿者 orangepeel : 04:48 PM | コメント (0)

January 22, 2014

Peter Blake’s Under Milk Wood

undermilkwood140122mj01.jpg

undermilkwood140122mj02.jpg

undermilkwood140122mj04.jpg

undermilkwood140122mj03.jpg
Peter Blake’s Under Milk Wood


____ The Graphic Arts Collection recently acquired a deluxe edition of Dylan Thomas’s 1954 ‘play for voices,’ Under Milk Wood, with images by Sir Peter Blake. Published by Enitharmon Editions to mark the 2013 centenary of Thomas’s birth, this publication was designed by Libanus Press and bound by Shepherds, Sangorski & Sutcliffe, accompanied by a signed stochastic aqueous pigment print editioned by Chaudigital.

The work took Blake over 28 years to complete and includes illustrations using pencil, watercolor, and collage, which detail every aspect of Thomas’s fictional seaside village Llareggub. An exhibition of Blake’s art launched the Dylan Thomas 100 Festival, a celebration to mark 100 years since Wales’ best-known poet’s birth in Swansea. _____

from the Graphic Arts Collection, Princeton University Library

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (0)

January 11, 2014

Willard and His Bowling Trophies

willardandhisbowlingtrophies201401mj.jpg
『鳥の神殿 』 リチャード ブローティガン 著 / 藤本 和子 訳 (晶文社, 1978)

*(古本にてカヴァーなし)

“「ボーリングのトロフィーを求めてアメリカをさまよう三年は長い。人間を変えてしまうことだってある。ローガン兄弟のように、最悪の変化が起こることもある」、あるいは、ボーリングのトロフィーを探し求める「彼らの行く手の待っていたものはアメリカだった。そして、捜索の長い三年間と、性格の漸次的崩壊、品格と誇りからの緩慢なる退却の過程が待っていた」というような表現がこの作品にはいくつかある。健全にして平凡な三兄弟が苦難の旅に出て兇悪な三兄弟に変身するわけであるが、苦難の旅とはアメリカを体験することであった、ということだろう。このアメリカ論にけるアメリカとは暴力のことである。暴力が言語になりかけている、という立場である”
『鳥の神殿 』 訳者あとがき (p.193)

「『O嬢の物語』ごっこ」はメランコリーだ。

ちょっとした諦念による不貞から感染した疣のせいで、
コンスタンスとボブはサン・フランスシスコの空気が澱んだ九月の部屋で
「『O嬢の物語』ごっこ」をしなければならなくなった。
猿轡と化した美しいスカーフやハンカチーフは、コンスタンスの唾液でぐっしょりと濡れている。
ベッドの横で、ボブは『ギリシャ名詩選集』を読み上げる。
“わが友垣らには露ほどのとりえもなし。ゆえに、わが悲しみは深し”
“胡瓜囓りけり”
“はたまた、なにごとからもなにも生まれはせぬだろう”
などなど。
「これは断片なんだよ。数行の断片なんだよ」
「断片の断片だ、何千年もの昔にギリシャ人が書いた詩には、いくつかの言葉だけしか残っていない場合さえあるのさ」
ボブは、ギリシャ人たちのことを考えて泣く。

「彼らは死んでしまったんだよ」

コンスタンスとボブのアパート階下にはパトリシアとジョンが住んでいる。
どこかでひろってきた、ボーリングのトロフィーとウィラードとともに。
彼らは健全だ。
少なくとも、深夜番組「ジョニー・カーソン・ショウ」が睡眠導入剤であるからには。
裸で七面鳥のサンドイッチと冷たいミルクを寝室に運ぶ健康なアメリカ人である。

「おやすみ、ボーリングのトロフィーたち」

ローガン兄弟たちも健全なアメリカ人《だった》。
ボーリングのトロフィーとウィラードを盗まれるまでは。
ドライブイン・シアターでポール・ニューマン主演の映画をみている間だった。
車の後部座席には、母親が毎日焼く巨大なクッキーの袋があった。
ボーリングのトロフィーとウィラードを探しさまよう旅のなかで、
三兄弟はガソリンスタンド強盗に変貌していく。

「これがボーリング映画だなんて考えるほどおれたちが間抜けだったとは、一体どうしたことだ」


果たして、この三組の登場人物によりハードボイルド映画のように、
あるいは、叙事詩のように物語が錯綜する。
「『O嬢の物語』ごっこ」の結末やいかに。


リチャード・ブローティガンはインタビューでこう語っていた。
“Poetry is telegrams of the human soul.”

メランコリーは一本の電話とあっけないいたずらとともにこの世から消えてしまうのだろう。
ブローティガンのメランコリーはアメリカ人の、言葉をもたない小市民の、滑稽なかなしみである。

 “さて、彼はベッドの上、彼女のかたわらにベルトを置いた。「鞭の部」はそれでおしまい。
 猿轡をかんだ彼女の目は美しい、と彼は思った。じっと見つめる目が、あんなに繊細で知的だ。
 彼は彼女の足をほどいた。
 「われらが眉にセロリの小さき花輪いざ飾らん、ディオニュソスのため気高き祭りを行わん」
とボブは『ギリシャ名詩選集』からの記憶を引用して彼女にいった。
 「な、いいだろう?」
 彼女は目を閉じた。”

 
『鳥の神殿 』 「セロリ」(p.40-41)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:36 PM | コメント (0)

Richard Brautigan Interview/Reading 1983


Richard Brautigan Interview/Reading 1983

“Japan begins and ends with Japan.
Nobody else knows the story.
Japanese dust in the milky way.”

Tokyo
May 18, 1976

“カミナリの音と光がかけぬける夏の嵐の
今夜の東京
午後十時ごろには
大量の雨と傘
これはいまのところ小さなつまらないことだ
でもとても重要なことになりうる
いまから百万年後に考古学者が
われわれの廃墟の中を通り抜け、われわれを想像で
描きだそうとするときには”

Tokyo
5. Jun, 1976

「考古学の旅の小さな船」リチャード・ブローティガン『東京日記』(思潮社, 1992) 福間健二 訳

投稿者 orangepeel : 05:20 PM | コメント (0)

January 04, 2014

J. D. Salinger working on ''The Catcher in the Rye''

salinger140104mj.jpg
J. D. Salinger working on ''The Catcher in the Rye'' during WWII. By Paul Fitzgerald.

via Camille Stein‏ (@CamilleStein) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

December 25, 2013

Poems by William Carlos Williams

modernizmzine131225mj01.jpg

modernizmzine131225mj02.jpg

modernizmzine131225mj03.jpg

modernizmzine131225mj04.jpg

modernizmzine131225mj05.jpg

modernizmzine131225mj07.jpg
from Modernizm via William C. Williams‏ (@W_C_William) on twitter

Scans from Anastasia Kirages's (@rodi123) 2013 holiday zine featuring poems by William Carlos Williams

*ウィリアム・カーロス・ウィリアムズへの愛にみちた可愛らしい手づくりのクリスマス・ホリデイzine。

投稿者 orangepeel : 04:30 PM | コメント (0)

November 10, 2013

Emily Dickinson’s Envelope Poems

emilydickinson131110mj01.jpg

emilydickinson131110mj02.jpg

emilydickinson131110mj03.jpg

emilydickinson131110mj04.jpg

emilydickinson131110mj05.jpg

emilydickinson131110mj06.jpg

emilydickinson131110mj07.jpg

emilydickinson131110mj08.jpg

emilydickinson131110mj09.jpg

emilydickinson131110mj10.jpg

emilydickinson131110mj11.jpg

emilydickinson131110mj12.jpg

emilydickinson131110mj13.jpg

emilydickinson131110mj14.jpg

emilydickinson131110mj15.jpg

emilydickinson131110mj16.jpg

emilydickinson131110mj17.jpg

_____ Emily Dickinson’s poetry was not written for a print medium, even though it was written in an age of print. When we come to edit her work for bookish presentation, therefore, we must accommodate our typographical conventions to her work, not the other way round. _____
Studies in Scale Excerpts from The Gorgeous Nothings by Jen Bervin and Emily Dickinson

from The Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 08:32 PM | コメント (0)

Anne Sexton

annesexton131110mj.jpg
ANNE SEXTON (1928 - 1967)

_____ Sexton, Anne Gray Harvey (9 Nov. 1928-4 Oct. 1974), poet and playwright, was born in Newton, Massachusetts, the daughter of Ralph Harvey, a successful woolen manufacturer, and Mary Gray Staples. Anne was raised in comfortable middle-class circumstances in Weston, Massachusetts, and at the summer compound on Squirrel Island in Maine, but she was never at ease with the life prescribed for her. Her father was an alcoholic, and her mother's literary aspirations had been frustrated by family life. Anne took refuge from her dysfunctional family in her close relationship with "Nana" (Anna Dingley), her maiden great-aunt who lived with the family during Anne's adolescence. Sexton's biographer, Diane Middlebrook, recounts possible sexual abuse by Anne's parents during her childhood; at the very least, Anne felt that her parents were hostile to her and feared that they might abandon her. Her aunt's later breakdown and hospitalization also traumatized her. _____
Anne Sexton's Life by Linda Wagner-Martin

from BIOGRAPHIES: Anne Sexton

*

Wanting to Die

By Anne Sexton


Since you ask, most days I cannot remember.
I walk in my clothing, unmarked by that voyage.
Then the almost unnameable lust returns.


Even then I have nothing against life.
I know well the grass blades you mention,
the furniture you have placed under the sun.


But suicides have a special language.
Like carpenters they want to know which tools.
They never ask why build.


Twice I have so simply declared myself,
have possessed the enemy, eaten the enemy,
have taken on his craft, his magic.


In this way, heavy and thoughtful,
warmer than oil or water,
I have rested, drooling at the mouth-hole.


I did not think of my body at needle point.
Even the cornea and the leftover urine were gone.
Suicides have already betrayed the body.


Still-born, they don’t always die,
but dazzled, they can’t forget a drug so sweet
that even children would look on and smile.


To thrust all that life under your tongue!—
that, all by itself, becomes a passion.
Death’s a sad bone; bruised, you’d say,


and yet she waits for me, year after year,
to so delicately undo an old wound,
to empty my breath from its bad prison.


Balanced there, suicides sometimes meet,
raging at the fruit a pumped-up moon,
leaving the bread they mistook for a kiss,


leaving the page of the book carelessly open,
something unsaid, the phone off the hook
and the love whatever it was, an infection.


from The Poetry Foundation

*


Anne Sexton at home reading Wanting to Die

投稿者 orangepeel : 08:02 PM | コメント (0)

November 03, 2013

Štirje pesniki iz Slovenje

slovenija131103mj01.jpg

連休中日、神保町古書市にて『ザ・リバー』 (ヘンリー・D・ソロー, 1993 宝島社)と『思ひ出』 (北原白秋, 1967 柳河版)を購入。

たのしみにしていた「スロベニアからの4人の詩人」朗読会 (明治大学アカデミーコモン)へ。
モチーフになっていた“葡萄の樹”への質問に、「キリスト教以前の宗教の象徴。真実・大切なものを意味しています」とのこと。
ケルトや北欧の世界樹とおなじ概念なのかしら、とおもい、
いただいた詩の冊子をあらためて読み返しながら、
スロベニアの詩人の、自然への畏怖・畏敬からの内省を感じ取りました。

野村喜和夫氏の“不老川”を拝聴。
武蔵野台地の果て、逃げ水の里に育った10代の私にとって、
不老川は、空っ風を顔に受けながら自転車こいでやっとたどりついた《水》の風景だった。
不老川。
スロベニアの詩人によって「furo river」と翻訳されたのが不思議だった。
furo =flow。
冬には干上がってしまうという不老川が、「ひそかに息づき流れ続ける川」として鮮やかによみがえった。
狭山市堀兼の小流は川越で新河岸川に合流し東京湾へ。そして世界の大洋へ。

投稿者 orangepeel : 10:26 PM | コメント (0)

October 20, 2013

Harcourt

harcourt131020mj01.jpg
Jean-Paul Belmondo

harcourt131020mj02.jpg
Marlene Dietrich

harcourt131020mj03.jpg
Serge Gainsbourg

harcourt131020mj04.jpg
Salvador Dalí

harcourt131020mj05.jpg
Brigitte Bardot

from Catraca Livre “Harcourt, Escultor de Luz”


 ‘アルクールの肖像は俳優の物質性を崇高にし、必然的に陳腐な《舞台》を継続する。というのは肖像は動きのない、従って理想的な《町》で作用するのだから。逆説的な状態 - 現実なのは舞台なのだ、ここでは。町は、神話であり、夢であり、不思議なのだ。その職業のあまりにも肉化した外装から解き放たれて、俳優は、他の人間達の肉体的制約の限界に位置して、英雄としての、人間の原型としてのその儀式的な本質を取り戻す。顔はここではロマネスクな物体である。その無感覚、その神々しい顔つきは、日常的真実を停止し、高級な真実の持つ不安、歓喜そして結局、安全さを与える。退屈して姿を現わす幕間の観客は、純粋理性にも強力な神話にもあまりに弱い時代と社会的階級に特有の錯覚的な細心さをもって、これらの非現実的な顔が町の顔そのものだと断言し、そのようにして俳優のうしろに人間を仮想するという理性主義的良識を持つ。だが黙劇役者を露わにする時に、アルクール・スタジオは、或る瞬間に、神を出現させ、そしてすべてが、この嘘に無感覚になりまた同時に嘘で生きているこの市民的観衆(ブルジョワ)においては、すべてが満足させられているのだ。’
「アルクールの肖像」 / ロラン・バルト 『神話作用』 (p.21-22) より


mythologies131020mj.jpg
『神話作用』 ロラン・バルト 著 / 篠沢秀夫 訳 (現代思潮社, 1967)


*写真とテクストは関係ありません


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

October 17, 2013

Four Letters, 1950-1968 by Robert Creeley

robertcreeley131017mj01.jpg

robertcreeley131017mj02.jpg

robertcreeley131017mj03.jpg

robertcreeley131017mj04.jpg
Four Letters, 1950-1968 by Robert Creeley

robertcreeley131017mj05.jpg
Robert Creeley, Vancouver, July 1963, by Allen Ginsberg. © Allen Ginsberg Estate.

from The Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

October 11, 2013

Walt Whitman's Cardboard Butterfly

whitman131011mj01.jpg

whitman131011mj02.jpg
Poet at Work: Walt Whitman's Cardboard Butterfly from the Library of Congress

投稿者 orangepeel : 06:10 PM | コメント (0)

October 10, 2013

anyone lived in a pretty how town


E.E. Cummings reads Anyone Lived in a Pretty How Town

_____ Here’s a great reading by E.E. Cummings of his famous and widely anthologized poem, “anyone lived in a pretty how town.” The poem has a bittersweet quality, dealing with the loneliness of the individual amid the crushing conformity of society, but in a playful way, like a nursery rhyme with delightfully shuffled syntax. _____
E.E. Cummings Recites ‘Anyone Lived in a Pretty How Town,’ 1953 via Open Culture



anyone lived in a pretty how town
(with up so floating many bells down)
spring summer autumn winter
he sang his didn’t he danced his did.


Women and men(both little and small)
cared for anyone not at all
they sowed their isn’t they reaped their same
sun moon stars rain


children guessed(but only a few
and down they forgot as up they grew
autumn winter spring summer)
that noone loved him more by more


when by now and tree by leaf
she laughed his joy she cried his grief
bird by snow and stir by still
anyone’s any was all to her


someones married their everyones
laughed their cryings and did their dance
(sleep wake hope and then)they
said their nevers they slept their dream


stars rain sun moon
(and only the snow can begin to explain
how children are apt to forget to remember
with up so floating many bells down)


one day anyone died i guess
(and noone stooped to kiss his face)
busy folk buried them side by side
little by little and was by was


all by all and deep by deep
and more by more they dream their sleep
noone and anyone earth by april
wish by spirit and if by yes.


Women and men(both dong and ding)
summer autumn winter spring
reaped their sowing and went their came
sun moon stars rain


anyone lived in a pretty how town
by E. E. Cummings


from The Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 08:19 PM | コメント (0)

September 26, 2013

Marrakech below the Waterline Schweppes Symphony


Marrakech below the Waterline Schweppes Symphony

Lyrics: Nicolas Grenier (Paris, France)
Music: Anna Stereopoulou (Athens, Greece)
Photography: Anka Zhuravleva (Sankt Petersburg, Russia), with kind permission of the photographer.

Copyright 2012.

MARRAKECH BELOW THE WATERLINE
SCHWEPPES SYMPHONY

Blue-blooded sun at the horizon
Circle of wind

In a crystal flute
Your mellow tone

Lustrous
Origin
Anno
Nazareth

In the stereo-mezzanine floor
Your eyes as shooting stars

Into the desert
Your Scythian tunic
Your peachy lips

In the cool of the pool
You are moonbathing

On a headed notepaper
The curve of your shoulder

Nicolas Grenier.

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

September 23, 2013

MACK

mackbooks130923mj01.jpg

mackbooks130923mj02.jpg

mackbooks130923mj03.jpg

mackbooks130923mj04.jpg
Aleix Plademunt
Almost There

mackbooks130923mj05.jpg

mackbooks130923mj06.jpg

mackbooks130923mj07.jpg

mackbooks130923mj08.jpg
Jem Southam
The River Winter

mackbooks130923mj09.jpg

mackbooks130923mj10.jpg

mackbooks130923mj11.jpg

mackbooks130923mj12.jpg
Paul Graham
Films

from MACK

The Tokyo Art Book Fair 2013 、最終日に行ってまいりました。
この世に「本」は有象無象にある。
いい意味でも悪い意味でも、プロとアマチュアが玉石混淆のなかで、
印刷や製本というアートブックの使命とともに、あらためて内容も大切と考える。
英国はロンドンを拠点にする出版社、MACKはかっこよかった。

投稿者 orangepeel : 05:34 PM | コメント (0)

September 22, 2013

BOO, Forever


BOO, Forever Richard Brautigan


Boo, Forever

Spinning like a ghost
on the bottom of a
top,
I'm haunted by all
the space that I
will live without
you.


Richard Brautigan

投稿者 orangepeel : 08:18 PM | コメント (0)

September 21, 2013

Elvis Costello & The Roots


Elvis Costello & The Roots - "Walk Us Uptown"

elviscostello130921mj.jpg
Elvis Costello & The Roots
Wise Up Ghost

Decca (UMO)
2013

“Nevertheless, a certain sense of trepidation surrounds Wise Up Ghost and Other Songs, which arrives in a sleeve that mimics the jackets of old City Lights poetry editions – most famously home to Allen Ginsberg's Howl – presumably to underscore Costello's lyrical approach: like the cover, it's rooted in writing from the past, re-editing and juxtaposing lines from old songs.... ”

from The Guardian, Thursday 12 September 2013

エルヴィス・コステロの新譜ジャケットが、シティライツのポケット詩集シリーズ装丁仕様との話題!

Allen Ginsberg, Howl and Other Poems, 1956
Howl130921mj.jpg
from City Lights Pocket Poets Series

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

September 18, 2013

Creeley with goose

creeleywithgoose130918mj.jpg
from Charles Olson Photographs

投稿者 orangepeel : 09:36 PM | コメント (0)

September 16, 2013

Pynchonopolis

mariowagner130916mj.jpg
illustration : Mario Wagner

_____ Are you ready for Thomas (Screaming Comes Across the Sky) Pynchon on the subject of Sept. 11, 2001? On the one hand, his poetry of paranoia and his grasp of history’s surrealist passages make a perfect fit. _____

Pynchonopolis ‘Bleeding Edge,’by Thomas Pynchon from The New York Times (September 12, 2013 )

BLEEDING EDGE
By Thomas Pynchon

published by Penguin Press on September 17, 2013

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

September 15, 2013

Sherwood Anderson

sherwoodanderson130915mj.jpg
American Spring Song
Sherwood Anderson

Poetry Magazine, September 1917

from Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

September 06, 2013

ephemera / THE NEW YORKER Sept. 2, 1985

thenewyorker130906mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

THE NEW YORKER Sept. 2, 1985

Cover: Gretchen Dow Simpson

投稿者 orangepeel : 03:41 PM | コメント (0)

September 04, 2013

Typewriter Poems

peterfinch130904mj01.jpg

peterfinch130904mj02.jpg

peterfinch130904mj03.jpg

peterfinch130904mj04.jpg

peterfinch130904mj05.jpg

peterfinch130904mj06.jpg

peterfinch130904mj07.jpg

Typewriter Poems (Something Else Press, 1972) by Peter Finch from U B U W E B

_____ Peter Finch (born 6 March 1947) is a Welsh poet, critic, author, literary entrepreneur and 'psych-geographer' living in Cardiff, Wales. He was Chief Executive of Academi, the Welsh National Literature Promotion Agency and Society of Writers. As a writer he works in both traditional and experimental forms. He is best known for his declamatory poetry readings, his creative work based on his native city of Cardiff and his encyclopedic knowledge of the UK poetry publishing scene. _____
Peter Finch (en.wikipedia)

投稿者 orangepeel : 05:17 PM | コメント (0)

August 31, 2013

Jackets of Classic Books

vintagedustjackets130831mj01.jpg
Philip Roth, Goodbye Columbus, Houghton Mifflin Company (1959)

vintagedustjackets130831mj02.jpg
Virginia Woolf, A Writer’s Diary, Harcourt, Brace and Company (1954)

vintagedustjackets130831mj03.jpg
Arthur Miller, The Misfits, The Viking Press (1961)

vintagedustjackets130831mj04.jpg
Evelyn Waugh, Decline and Fall, Chapman & Hall, Ltd. (1928)

vintagedustjackets130831mj05.jpg
Ian Flemming, Casino Royale, Jonathan Cape (1964 reprint)

vintagedustjackets130831mj06.jpg
Joyce Carol Oates, By the North Grave, The Vanguard Press (1963)

vintagedustjackets130831mj07.jpg
Nathanael West, Miss Lonleyhearts, Liveright Inc. (1933)

vintagedustjackets130831mj08.jpg
Henry Miller, Remember to Remember, New Directions (1947)

Completion Is Perfection: 75 Vintage Dust Jackets of Classic Books from Flavorwire

more --> Facsimile Dust Jackets

投稿者 orangepeel : 06:00 PM | コメント (0)

Seamus Heaney

seamusheaney130831viamiafarrowmj.jpg
a copy of Chorus signed by Seamus Heaney via mia farrow (@MiaFarrow) on twitter

_____ “The poet is on the side of undeceiving the world,” he said. “It means being vigilant in the public realm. But you can go further still and say that poetry tries to help you to be a truer, purer, wholer being.” _____

Seamus Heaney, Irish Poet of Soil and Strife, Dies at 74” from The New York Times (August 30, 2013)

投稿者 orangepeel : 05:45 PM | コメント (0)

August 30, 2013

Pierre Faucheux

pierrefaucheux130830mj01.jpg
Anthology of Black Humor, Le Livre de poche, 1970. Credit: Pierre Faucheux

pierrefaucheux130830mj02.jpg
Anthology of Black Humor. Back cover

pierrefaucheux130830mj03.jpg
Poetry, 1968. Pierre Faucheux (probable attribution: no printed credit)

pierrefaucheux130830mj04.jpg
Poetry. Back cover

pierrefaucheux130830mj05.jpg
L'Astragale, 1968. Credit: Atelier Pierre Faucheux. Photograph: R.J. Segalat

pierrefaucheux130830mj06.jpg
L'Astragale. Back cover

_____ The most impressive designs are fine examples of the interpretative skill, graphic invention, and compressed imaginative intensity that a good cover requires. “He loved to find ideas,” says Bernard de Fallois, a former director of Livre de poche, in Faucheux’s monograph. “His taste was both classical and full of fantasy. The research of reference material occupied a large place in his graphic constructions.” Before Faucheux took up the task, Livre de poche titles tended to have conventional painted covers by a usually unattributed artist. These earlier figurative illustrations are frequently charming, often kitsch, and now look very dated. For all the books, the smaller “poche” size (110 x 165 mm) is undoubtedly part of their appeal. _____

Pierre Faucheux and Le Livre de Poche” from Design Observer

投稿者 orangepeel : 05:30 PM | コメント (0)

August 27, 2013

Film on Salinger

salinger130827mj01.jpg
A new documentary on J. D. Salinger, who died in 2010, claims he left instructions to publish at least five more works.

salinger130827mj02.jpg
This 1953 photo of J.D. Salinger in Cornish, N.H., with Emily Maxwell, the wife of his close friend William Maxwell, is part of a new documentary and book to be released soon.

____ The documentary is directed by Shane Salerno, a filmmaker who spent nine years researching and filming the movie that is set for release by the Weinstein Company on Sept. 6, and will air later on PBS in the American Masters series. The companion book, co-written by David Shields, is to be published by Simon & Schuster on Sept. 3. _____

Film on Salinger Claims More Books Are Coming” from The New York Times (August 25, 2013 )

_____ 報道によると、サリンジャー氏は自分の死後、少なくとも5作品を発表するよう遺言していたとされる。情報源になっているのは、映画脚本家・プロデューサーとして知られるシェーン・サレルノ(Shane Salerno)氏が製作、9月に公開予定の新作ドキュメンタリー映画「サリンジャー(Salinger)」と、米出版社サイモン&シュスター(Simon & Schuster)から出版が予定されている関係者200人以上にインタビューした720ページの同名伝記で、それぞれ2人の匿名人物の言葉を引用している。2人はお互いに面識がないとされるが、死後の作品発表の手筈についてはそれぞれ知っていたという。

 未発表作品のうち1作品は、「フラニーとゾーイー(Franny and Zooey)」などサリンジャー氏の小説に登場するグラース一家に関する新たな物語だという。またこれまでにも存在は知られていた未発表の短編「The Last and Best of the Peter Pans」も5作品の中に含まれている。さらに自身の最初の妻との関係に基づいた小説や、第2次世界大戦の体験に基づいた短編にも登場する「ライ麦畑でつかまえて」の主人公、ホールデン・コールフィールド(Holden Caulfield)を描いた作品もあるという。 _____

故J・D・サリンジャー氏の未発表小説5作品が出版へ” from AFP=時事 8月27日(火)14時7分配信

投稿者 orangepeel : 11:05 PM | コメント (0)

August 23, 2013

Anipoema / Anipoem

antipoem130823mj.gif


Anipoema / Anipoem” by Ana Maria Uribe from BeeHive ArcHive - Volume 04 : Issue 01 [03.2001]

_____ The BeeHive collection is eclectic -- made up of original fiction, poetry and critical theory titles, hypermedia works, visual poetry and other forms of creative network practice. Some work takes full advantage of applied technology and can only exist on the web, while other work is presented as pure writing. BeeHive is committed to publishing works that demonstrate the wide variety of styles, forms and interests pursued by online authors and artists. _____

About BeeHive

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

August 22, 2013

Mary Ellen Solt

maryellensolt130822mj01.jpg
White Rose (1963)

maryellensolt130822mj02.jpg
Lilac (1963)

maryellensolt130822mj03.jpg
Wild Crab (1963)

maryellensolt130822mj04.jpg
Marigolds (1968)

maryellensolt130822mj05.jpg
Dogwood III (1965)

concrete poetry “FLOWERS IN CONCRETE” by Mary Ellen Solt from U B U W E B

_____ Mary Ellen Solt, née Bottom (July 8, 1920, Gilmore City, Iowa – June 21, 2007) was an American concrete poet and professor. Her work was most notably poems in the shape of flowers such as "Forsythia", "Lilac", and "Geranium". They were collected in Flowers in Concrete (1966). _____
Mary Ellen Solt (en.wikipedia)

投稿者 orangepeel : 07:53 PM | コメント (0)

August 21, 2013

響- SOUND

syojiyoshizawa130821mj01.jpg

syojiyoshizawa130821mj02.jpg

syojiyoshizawa130821mj03.jpg
Sound, visual and concrete poems by Yoshizawa Syoji

_____ Yoshizawa Syoji was born in Shizuoka in 1937. His work has appeared in exhibitions in Japan, Germany, Italy, France, and the united States, and in more than 30 books and magazines - from ASA in 1965 to SHI SHI in 1993. He edited SHI SHI (Concrete and Visual Poetry) from 1981 - 1993. In addition to moving from a basic exploration of Kanji characters into greater abstraction, he explored sound and sculptural possibilities of visual poetry. _____

from thing.net

投稿者 orangepeel : 08:54 PM | コメント (0)

August 17, 2013

It is the story of the falling rain

kewbridge130817mj03.jpg
'The Self-playing Instrument of Water' by Alice Oswald



2011年6月に倫敦キュー・ブリッジを訪れた際、テムズ川西岸の大々的な再開発に気付いた。
かつて浄水場があったところで、現在、未来都市にむけて、アーティストとのプロジェクトがすすんでいるそう。
錆びついた下水管がペンタグラムデザインのハリー・ピアースによってタイプフェイスに再生され、
T.S.エリオット賞詩人アリス・オズワルドの“水”の詩が、160mの舗道に刻印された。

文字と言葉が、
川から空へ、
そしてまた人々の足元の生活へふりそそぐ、
“水”の物語のパイプとなる。





kewbridge130817mj02.jpg
“a lost typeface brought back to life to tell a tale of water, from the river to sky, a rusty pipe and back again.”

kewbridge130817mj01.jpg
Kew Bridge West in the 1800s

from Pentagram Design





photo by orangepeel @ Kew Bridge, 2011

kewbridge130817mj04.jpg

投稿者 orangepeel : 06:26 PM | コメント (0)

August 12, 2013

COFFEE COFFEE

coffeecoffee130812mj01.jpg

coffeecoffee130812mj02.jpg

coffeecoffee130812mj03.jpg

coffeecoffee130812mj04.jpg

coffeecoffee130812mj05.jpg
Aram Saroyan: COFFEE COFFEE

One of the books published under the imprint of Vito Acconci and Bernadette Mayer's 0 - 9 Books (New York), Coffee Coffee was printed in 1967. 11 x 8.5 inches. Side stapled. White cardboard covers. Mimeographed.

from Eclipse

投稿者 orangepeel : 05:32 PM | コメント (0)

August 09, 2013

Guillaume Apollinaire

guillaumeapollinaire130809mj01.gif


La Petit Auto






guillaumeapollinaire130809mj02.gif


Coeur Couronne et Mirror






guillaumeapollinaire130809mj03.gif


Il Pleut



"Calligrammes", 1912-1918 by Guillaume Apollinaire from U B U W E B

投稿者 orangepeel : 05:03 PM | コメント (0)

August 07, 2013

Kitasono Katue: Surrealist Poet

katsuekitasono130807mj01.jpg
A collage from VOU magazine, November 1968 © Sumiko Hashimoto, Collection of John Solt

_____ That tendency shows up in many of Kitasono’s pieces in the show, including his video works from the ’60s, his later minimalist book jacket designs and his influential editorial work with VOU, a monthly poetry journal that was published from 1935 until Kitasono’s death in 1978, with a five-year intermission for Wold War II. “The underpinning of the VOU club was that they wanted all types of art in there, as long as it had poesy,” Goodall said, “so he invited people to do photographs, pieces of music, plays, as well as poems.” _____

from The New York Times (August 5, 2013)

“Kitasono Katue: Surrealist Poet”

August 3, 2013–December 1, 2013 @ the Los Angeles County Museum of Art

投稿者 orangepeel : 12:16 PM | コメント (0)

August 05, 2013

Ms.cried 1

8月1日発行、詩誌『gui』99号に、詩とスクリーンプリント4頁の連載 “Ms.cried 1” を書いております。

gui130805mj.jpg
screen print : 鈴木博美, Hiromi Suzuki

*北園克衛『VOU』の血脈を継ぐ詩人・アーティストとご一緒させていただいております。

投稿者 orangepeel : 05:38 PM | コメント (0)

August 04, 2013

Jean-François Bory

jeanfrancoisbory130804mj01.gif


The worldWordis...






jeanfrancoisbory130804mj02.jpg


Woman






jeanfrancoisbory130804mj03.gif


Example 2



concrete poetry by Jean-François Bory from U B U W E B

投稿者 orangepeel : 04:40 PM | コメント (0)

August 02, 2013

Jean-François Bory

jeanfrancoisbory130802mj.png
concrete poetry Abracadabra, calligramme de Jean-François Bory from Poezibao

投稿者 orangepeel : 08:31 PM | コメント (0)

July 31, 2013

gui #99

gui99130731mj.jpg
gui vol.35 no.99, August 2013

表紙:高橋昭八郎


=======

● 詩誌『gui』99号より、詩とスクリーンプリントの連載、“Ms.cried”を書いております。

=======

Ms.cried―ミズクライドは、「水喰らい土」と書きます。
武蔵野台地には、厚い火山灰の関東ローム層の下に礫層があり、
雨水がすべてそこに吸い込まれてしまうという伝説の土地があります。
こちらのエッセイも、ぜひ、ご覧くださいませ。

投稿者 orangepeel : 09:11 PM | コメント (0)

July 29, 2013

NONAKA Yuri

yurinonaka130729mj.jpg
野中ユリ 《マルセル・プルーストと弟》 1996年 コラージュ 神奈川県立近代美術館蔵

野中ユリ展 美しい本とともに : NONAKA Yuri - Those Beautiful Books

2013年6月8日−9月1日 @神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

‘野中ユリは、銅版画、さらには、コラージュやデカルコマニーで自己表現をしてきた芸術家だが、常に彼女が表現したいのは、彼女自身の理想的なイメージである。汚れなき純粋な世界を表そうというのが彼女の願望である。彼女が、銅版画を選んだのは、宿命のようなものだ。それに続いて、瀧口修造が好んで描き始めたデカルコマニーの透明感は、閉塞感を打破するのに最も効果的な表現手段であった。彼女はデッサンをするでもなく、油彩画で具象的な絵画を描くわけでもなかった。彼女にしてみれば、アカデミックな教育から離れて、心に湧き出るイメージを典型的なシュルレアリズムの技法であるコラージュを用いて、時代を駆け抜けるようにして表現していった。もはや芸術運動の一環としてではなく、デカルコマニーやコラージュの表現が市民権を得たような時代と風土の中で、徐々に野中ユリは活躍の場を広げていったのである。

【中略】

 野中ユリが憧れの芸術家にまつわるイメージをコラージュで作り上げた一九九〇年代の傑作シリーズも、一作家が過去の芸術家から霊感を得て視覚表現をなし、彼らに捧げたオマージュと言えよう。今回、神奈川県立近代美術館鎌倉別館で九月一日まで開催されている「野中ユリ展―美しい本とともに」出品作の《マルセル・プルーストと弟》は、野中ユリがマルセル・プルーストの生涯や作品群から受けた印象を、コラージュという技法を駆使して、新たに視覚的なイメージで表現したものである。ここで表されたプルーストは、ジャック・エミール・ブランシュが描いたダンディな青年像でも、死の間際のプルーストの姿でもなく、幼き日に弟と一緒に並んで撮影されたイメージである。そこで野中ユリが憧れたのは、ルイス・キャロルのアリス同様に、無垢なる子供のイメージであり、さらにそこから広がりを見せる十九世紀末から二十世紀初頭の文化的デカダンの雰囲気なのである。健全さと退廃的な気分がないまぜになって、さらに透明感を持たせようとするオーロラが流れる大宇宙。そこに鉱石や可憐な花が散りばめられ、いかにも非現実的な日常が視覚化されている。

【中略】

 ところで、文学と絵画の結合とは、二つのものを合わせるだけで、一足す一は二という風に単純に足し算したような形で増えるというものではなく、何らかの不思議な融合体が生まれ出るわけである。そこに文学と絵画の交響という化学反応を起こしながらの混合物が生じるのである。その面白さが一人の芸術家の手によって行われることもあるし、文学者と芸術家が分業してひとつの芸術作品を生み出すということもありうるのである。こうして見ると文学と美術というのは時代を超えて常に寄り添いながら様々な姿形を変えて新しい形態を生み続けていくもののようである。’
『現代詩手帖』 2013年8月号 【特集】詩と絵――幸福な出会い 橋 秀文「現代詩画人の冒険 野中ユリの場合」(p.57-59)


shitecho130729mj.jpg
『現代詩手帖』 2013年8月号 【特集】詩と絵――幸福な出会い


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:00 PM | コメント (0)

FENCE

fence130729mj.jpg
fence winter 2011

_____ Founded in 1998 by Rebecca Wolff, Fence is a biannual journal of poetry, fiction, art, and criticism that has a mission to redefine the terms of accessibility by publishing challenging writing distinguished by idiosyncrasy and intelligence rather than by allegiance with camps, schools, or cliques. It is Fence‘s mission to encourage writing that might otherwise have difficulty being recognized because it doesn’t answer to either the mainstream or to recognizable modes of experimentation. Fence is long-term committed to publishing from the outside and the inside of established communities of writing, seeking always to interrogate, collaborate with, and bedevil other systems that bring new writing to light. _____

FENCE from Fence Portal

投稿者 orangepeel : 09:30 PM | コメント (0)

July 22, 2013

Lee Miller

leemiller130722mj.jpg
Dylan Thomas, Vogue studio, London, England (1946) from The Guardian

Photograph: Lee Miller

*more --> LEE MILLER ARCHIVES

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

July 21, 2013

Dada Poem

To make a Dadaist poem

Take a newspaper.
Take a pair of scissors.
Choose an article as long as you are planning to make your poem.
Cut out the article.
Then cut out each of the words that make up this article and put
them in a bag.
Shake it gently.
Then take out the scraps one after the other in the order in which
they left the bag.
Copy conscientiously.
The poem will be like you.
And here you are a writer, infinitely original and endowed with
a sensibility that is charming though beyond the understanding of
the vulgar.

– Tristan Tzara, 1920

from Poetry Magazines

dada130721mj.jpg
from The Art History Archive

投稿者 orangepeel : 07:52 PM | コメント (0)

July 15, 2013

dining car

diningcar130715mj01.jpg
“A dining car in the middle of the 20th century, such as on the Santa Fe Railroad's Super Chief, featured tables topped by white cloths, china and glassware, and attentive service. ”
from THE BLADE

diningcar130715mj02.jpg
“POSTCARD - CHICAGO - TRAIN - UNION PACIFIC - DINING CAR INTERIOR ON CHALLENGER WEST COAST TRAIN – c1940”
from CHUCKMAN'S PHOTOS

diningcar130715mj03.jpg
“Dining car in the 1950's”
from Azerbaijan Days

 ‘車内につくりだされた我が家の雛型。しかしながら、このテーマは、デラックスなレストランという神話的な代替物がうまくかわりをつとめるように巧妙に回避され、わきにそらされている。旅行が解体されるというか、少なくとも昇華されたとき、再び見出されるのは我が家などではない。それは祝祭、「出口」、人生の日曜日である。掃除や料理は職人が引き受けてくれるし、尊敬に値する彼らの名前がメニューにも記載されている(チーフはべラール、コックにはクーティ)。われわれは、責任ある職人仕事による生産物を消費することになっている。ここでは、すべてが食品工場のありきたりの無名性を克服している。もちろん、メニューは豪華な料理を定義するあだ名づけの法則にもとづいている。それぞれの料理につけられた名前は、その品が薄暗い厨房から運び出されて、郊外とか操車場の風景とつけあわせになっているだけに、いっそう威光をはなっているのだ。これこそ必要に対する自由の勝利である。ラロッシュ=ミジェンヌを列車で通過しながら、バグラシオンのシタビラメの切り身をいただくことにまさる栄光があろうか。ここには名前のついていない物は一つもない。水煮はかならずムニエルとなるし、炒め物はココット、粉っぽいポタージュはポルトガル風クリームといったぐあいだ。そのうえ、機能的には野菜を添えた肉にすぎないものが、仰々しくも三つの別々の名前に分けられて値段がつけられているのだ。これはわれわれの自宅では小市民的な贅沢というものが数の多いことだときまっているからである(大衆的な食堂では、料理の名前は逆に肉に集中していて、野菜は「つけあわせ」としか呼ばれない)。

【中略】

・・・旅行者はいやおうなく飲食のリズムに従属させられる。そのリズムの単位は《波》である。激しい合理化の一番のしるしは、あらゆる給仕の操作がばらばらになっていて、どれかひとつが完了しないと他の操作が始まらないことである。食事は途切れとぎれに飲んだり食べたりするだけのこととなっている。ものを飲み込んで次を待っている光景は、厩舎にならんだ牛のようだ。つぎつぎと餌が運ばれてくるままに、受動的に食べさせてもらっているのである。番人せわしなく立ち働き、配給用の通路に沿って飼料を公平に配ろうとしている。食事には十三回の《波》がある。食前酒がきて、飲み物の注文をすると、ワインの栓抜きをしてくれて、料理の給仕が五回、パンのおかわりがあって(パンは少々堅くて安っぽく。口開けのプチパンとは雲泥の差である)、コーヒーを飲み、リキュールをあけると、伝票がきてお勘定である。これは融通のきかない手続きであり、そのせいで、しまいには余暇全体が、それが優雅に昇華するとうたっていた事柄をむきだしにしてしまう。すなわち、お腹をとことん満足させるということをあからさまにしてしまうのだ。ささいな決めごとに至るまで、こうした異国趣味の麗しい料理名にありふれた栄養の内容を与えることに貢献していないものはない。

【中略】

 とどのつまり、クックのサイクルのなかでわれわれを驚かせるのは、「旅行=の状態で=食べること」が不可避に持っている物質性を、無欲公平のヴェールによって覆い隠そうとする、あのシジフォスの神話にも似た努力であり、(空間や時間の)制限の幾何学的な厳密さと、接客態度の柔らかさとのああした奇妙な衝突である。しかし、乗客がお金を払っているのは、たぶんこういった努力のスペクタクルそのものにたいしてなのだろう。クックはわれわれに弁証法の初歩を教えてくれる。旅行が否定されながらも感じ取られ続けるような、そんな矛盾を証明してくれているのだ。食事は移動のあいだにも旅行者を座らせる。固定されたガラス窓に沿って、風景が流れてゆく。それは食事の決まりごとの束の間の添え物になる。食物をつうじて、われわれは携帯された不動性の一部分となるのだ。このように、人間が移動を行うのは、つねに移動の上に家の上部構造を与えようとするためであり、人間が土地を離れるのは、つねに土地に担保を求めることによってである。あらゆる旅行術の目的は、不動性という錯覚そのものである。別れの涙と悦びのなかで、クックは安定性というスペクタクルを売りつけているのである。’
「食堂車」 一九五九年三月一八日 / ロラン・バルト 『小さな神話』 (p.44-52) より


rolandbarthes130715mj.jpg
『小さな神話』 ロラン・バルト 著 / 下沢和義 訳 (青土社, 1996)


*写真とテクストは関係ありません


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

July 14, 2013

La Tour Eiffel

latoureiffel130713mj.jpg
『エッフェル塔』 ロラン・バルト 著 / 宗左近・諸田和治 訳 (審美文庫, 1984)

_____ エッフェル塔を論じながら、バルトは自己の想像力を自在に操り、塔によって触発される象徴のイメージを次から次へと変貌させることで、塔そのものを変身させてゆく。・・・・・・塔はその高さ、軽さ、すき間などから植物の象徴でありそれはまたついで、堅い前胸部をもち、脚をもぎ取られた昆虫の象徴となる。さらに塔の象徴のイメージは、バロック存在、人間のシルエット、女性、男性へと変貌し、最終的にこの暗喩的空間は無限の変貌を許容するがゆえに、人間の限界へのたわむれ、すなわち<不可能性>へのたわむれとなる。・・・・・・エッフェル塔という表徴が、固定した単一の意味へ結びつく宿命から自由になったとき、それは限界をもたない暗喩、無限に拡がってゆく想像力によって支えられた象徴となる。・・・・・・こうした対象のとらえ方は、決してエッフェル塔に対してのみ適用されるものではない。ここにこそ、バルトの考え方の原型とでもいうべきものがある・・・・・・。 _____
表4 (解説より)


私たちは、決して本当の“私”を見る(知る)ことができない。
“私”は私の中にいて、鏡にうつる私も写真に微笑む私も“私”ではないのだ。
他者から見られる私も、私の知らない(知ることができない)“私”である。

 ‘モーパッサンは、自分が少しも好きではないエッフェル塔のレストランで、しばしば食事をした。だってここは、私がパリで塔を見ないですむ唯一の場所だからさ、と言いながら・・・・・。 
 実際、パリで塔を見ないためには無限の配慮をしなければならぬ。どんな季節でも、晴れた日はもとより、霧、黄昏、曇、雨のときでも、どんな地点からでも、また屋根、円屋根、葉むらの作るどんな風景があなたを隔てていようと、塔はつねにそこにある。もうそこにどんな特殊な性質をも発見できないまでに、それは石や河なみに、ひたすら頑固に日常生活に合体して存在しつづけているし、また無限にその意味をたずねることはできるが、しかしどうあらがいようもなく実在しているという点で、自然現象と同じ意味での文字となっている。塔が一日のうちのどんな瞬間にもパリのいかなる人の視線にもふれない、ということは殆どない。これらの文章をしるしながら、私がこの塔について語りはじめている今、それは窓で裁ち切られながらも、そこ、私の前に在る。また、一月の夜が塔の姿をぼやけさせ塔の存在を隠し、打ち消そうとしているように見えるときでさえ、二つの微光がともって塔の頂上をまわって静かにまたたきだす。この夜の間中、それはそこにあって、ああ塔を見ているなと私の承知している友人たちのすべてに、パリを越えて私を結びつける。この塔のおかげで、しっかりした中心部に塔のある流動体と、私たちはなるのである。塔は親しい友人である。’

ロラン・バルト『エッフェル塔』(p.9-10)

塔は、眼下に拡がるパノラマを期待する建造物だ。
ひとびとは、エッフェル塔から(むしろエッフェル塔そのものになって)、かつての街の記憶を想像する。

‘・・・パノラマ的な風景とは、まさに時間の持続そのものである。ここで、ふつうの知識の水準につまりパノラマの一般的な問題の水準に帰ってみよう(これは、あまり難しいことではないだろう)。ただちに四つの主要な時が、われわれの視線、つまりわれわれの意識の中に生じてくる。第一のもの、それは先史時代の時である。その時、パリはまだ水の下に沈んでいて、そこからわずかばかりの強固な地点が突出していたにすぎない。もしその時エッフェル塔が存在し、その二階に上った人がいたとするなら、彼の鼻は、波とすれすれのところにあったであろう。そして彼の目は、幾つかの低い島々、つまり現在のエトワール広場やパンテオンの丘を、木々におおわれたモンマルトルの小島を、そしてはるか遠くの二本の杭のようなノートルダム寺院の尖塔を、さらにその左の、この大きな湖を縁どるヴァレリアン山の斜面だけを見たことだろう。ところが今日では反対に、霧の季節ともなれば、人々は好んでヴァレリアン山に登り、まるで海の底から突き出ているようなエッフェル塔の最上部の二つの階を見ている。すなわち、先史時代のエッフェル塔と水とのこの関係が、現在まで象徴的に維持されているのである。というのも、エッフェル塔の一部は、埋めたてられた細いセーヌ河の支流の上に建てられており(そこは大学通りの端になるが)、その結果、塔はセーヌ河にかかる橋を守る役目をひきうけながらも、セーヌ河の一つの動きから生れでたように見えるからである。’
『エッフェル塔』(p.22)

ギュスターヴ・エッフェルは、橋の設計士だった。
そして、鉄を使うことによって、建築家から技術者に移行する。
鉄は、火の神話だ。強くて軽い物質、鉄は火と人間の労働によるエネルギーの生産物で、
自然に対抗する貪欲な進歩主義の象徴である。
エッフェル塔は、大地と街を空に結ぶ、立った橋だ。

塔を編む鉄のレースは、空をすかし街をすかし、ひとびとのこころをすかしみる。
その視線は、ともすると、人間の体験の最後の映像をもすかしみる。
自転車に乗ったまま塔を下った者、脚の間を飛行機でとおった者、
無限であるかのように思える可能性の先に、運命をもてあそび、
1912年には、複雑な羽根をつけた鳥人トレイシェルトが塔から飛び立ち、失敗して押し潰された。
エッフェル塔は、自殺の名所としても周知のことである。

エッフェル塔は、水と火の神話の象徴として、
また、あらゆるひとびとの“私”を眺め眺められる存在として、
時代や意味をこえて流動しつづける暗喩なのだろう。


guillaumeapollinairecalligramme130714mj.jpg
Calligramme de Guillaume Apollinaire (fr.wikipedia)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:50 PM | コメント (0)

July 07, 2013

Citronnade Stand in Tuileries

sylvia130707mj.jpg
Citronnade Stand in Tuileries , pen and ink on paper : Sylvia Plath

_____ Frieda became the sole owner of her mother’s artwork. It was announced last week that those drawings would be collected in a book, edited by Frieda, and to be published by Faber and Faber in England (on shelves this September), and by HarperCollins in the U.S. (November). _____
“Sylvia Plath’s Daughter on a Remarkable Trove of Her Mother’s Drawings”

from TIME

投稿者 orangepeel : 08:15 PM | コメント (0)

July 03, 2013

The Painting of Schein

gerhardrichter130703mj01.jpg
Gerhard Richter "The Painting of Schein" 市原研太郎 著 (WAKO WORKS OF ART, 1993)

_____ 現代美術評論家、市原研太郎氏による日本初の本格的なリヒター論。_____

ウッディ・アレンの映画『地球は女で回ってる』(1997)では、ずーっとピンボケのロビン・ウィリアムスに笑ったが、
最近、“眼がかすんで世界がぼやけて見えている”というかんじが気に入っていて、
日誌がわりのコラージュブックは、
いきあたりばったりに目にとまった色の水彩絵具で、
頁が日々の、ため息のため池になってます。
まわりでも、写真や絵に、ゲルハルト・リヒターのフォト・ペインティング的な作風がよく見受けられるけれど、
心理学用語でいうところの“解離”が、自身や社会に起きているのだろうか。
水面下の抑圧から、忘却という防御の壁をつくっているのだろうか。

ところで、解離はネガティヴなものか。
意識が見知らぬ場所へ、ここではないどこかへ旅してしまうことは、
(絵画や写真や詩や小説のみならず)表現そのものだと思っている。

そんな中、偶然、古書店で『ゲルハルト・リヒター ペインティング オブ シャイン』を見つけ読了。

gerhardrichter130703mj02.jpg
Flemish Crown
1965
90 cm x 110 cm
Oil on canvas
from Gerhard Richter » Art » Paintings » Photo Paintings » Household Icons

‘・・・リヒターの作品を見ればわかるように、抽象絵画のみならずフォト・ペインティングでもそのイリュージョン(空間)は閉じている。というよりも、事物や空間の境界が不明瞭なために宙に浮んでいるように見える。その理由は、フォト・ペインティングでは描かれた諸対象がぼかされているので、その写真の焦点がおそらく手前に合わされていると、わたしたちが勝手に思いこむためだ(実は、見ているのはピントのずれた写真ではなく、まさに絵画的テクニックを用いて描写されたイメージだというのに!)。わたしたちは自分の視線の注意を、描かれた事物の手前に集めようとする。勿論、そうしたことはできるはずもない。絵画も写真も物理的には平面であって、その表面の全体か、あるいは部分にしか注意を集中できないからだ。フィギュールがぼかされていることも相まって、このことによって画面の奥行きは向かう空間のベクトルが途中で消滅するように思われる。’
『ゲルハルト・リヒター ペインティング オブ シャイン』 (p.30-31)

‘・・・かれの絵画に固有のネガティブな空間は、他のどのようなイメージとも異なってどこにも明確なレファランスをもたないので、現実世界の一定の場所に属することがなく、したがってその代理や等価物として存在することがない。つまりその空間は、現実の事物であれ、個人の内面であれ、その外部を指示することがないのである。それは、そこだけにしかない。しかし、それはそこにはありえない(ということは、それはどこにもない。にもかかわらず、それはつねにいたるところにある、を意味する。ところで、これこそユートピアの特徴ではないのか)。リヒターのイリュージョン空間の存在論的なステータスは、このようなものである。’
『ペインティング オブ シャイン』 (p.44)

ゲルハルト・リヒターの社会的背景をふりかえってみる。
wikipedia によれば、
「旧東ドイツのドレスデンに生まれる。地元の芸術アカデミーで1951年から56年まで絵画を学ぶが、共産主義体制に制約を感じ、ベルリンの壁によって東西ドイツの行き来が禁止される寸前の1961年、西側のデュッセルドルフに移住。デュッセルドルフ芸術大学に入学。独自の作風を展開していく」
とあるが、
リヒターは、東ドイツにいたころ、社会主義と資本主義の中間の民主社会主義的な思想に傾倒していた。
また、西側に移り住んでからも、資本主義を手ばなしで歓迎していたわけではない。
官僚主義と無節操なリベラリズムは、個人の想像力-創造力を枯渇させるからだ。

‘「イリュージョン____ より適切には仮象、光 (Schein)_____ が、わたしの生涯の主題だった。・・・・・存在するすべてのものが立ち現れ、輝き、わたしたちの目に入る。というのも、わたしたちはそれらが反射する光を知覚して、他のものは何も見ないからだ。」(八九年一一月二〇日付のノートから)’
『ペインティング オブ シャイン』 注釈.11 (p.108)

 ‘ベンヤミンのテクストに、有名な「歴史の天使」の記述がある。勿論、リヒターは近代の終わり、もしくは近代のあとの時代に位置しているから、ベンヤミンのこの天使に譬えることはできない。しかしわたしの眼には、かれの描く絵画が、その天使の瞳に映し出された廃墟のイメージに思われて仕方がないのだ。おそらくその理由は、かれのそうしたポジションが、進歩とよく似た強風にあおられて後ろ向きに吹き飛ばされているようなイリュージョンを与えるからではないだろうか。そしてこの場合、この強風には「希望」という名前がつけられているのである。’
市原研太郎 『ペインティング オブ シャイン』 (p.102-103)

「後ろ向きに吹き飛ばされているような」強風。
リヒターの、ピントがずれた写真のようなペインティングに、
ユーモアすら感じることがあるのは、
そこに、希望があるからなのだろうか。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

June 26, 2013

Matchbox

machbox130626mj001.jpg

machbox130626mj01.jpg

machbox130626mj02.jpg

machbox130626mj03.jpg

machbox130626mj04.jpg

machbox130626mj05.jpg

machbox130626mj06.jpg

machbox130626mj07.jpg

machbox130626mj08.jpg

machbox130626mj09.jpg

machbox130626mj10.jpg

machbox130626mj11.jpg

Matchbox

No 5
P. Inman: m'event
November 2006

Cover art by Stephen Raw

from Poetry Magazines

投稿者 orangepeel : 06:18 PM | コメント (0)

June 25, 2013

Le Seul visage

leseulvisage130625mj01.JPG

leseulvisage130625mj02.JPG

leseulvisage130625mj03.JPG

leseulvisage130625mj04.JPG

leseulvisage130625mj05.JPG

leseulvisage130625mj06.JPG

leseulvisage130625mj07.JPG

leseulvisage130625mj08.JPG
from my bookshelf

“Le Seul visage”
Hervé Guibert

© 1984 Les Éditions de Minuit, Paris

投稿者 orangepeel : 08:25 PM | コメント (0)

June 24, 2013

Attracted to Light (Film Still)

mikeanddougstarn130624mj01.jpg
Attracted to Light (Film Still), by Mike and Doug Starn

"Like butterflies, moths are almost as light as air, but they’re the poor stupid cousins. Choosing to live their lives at night, flying from nowhere towards the end of their lives—fragile, dusty wings in tatters. A moth will bounce across a ceiling, orbit a lamp, fly into a flame, or self-immolate like a Buddhist monk.”

from Artspace

mikeanddougstarn130624mj02.JPG

mikeanddougstarn130624mj03.JPG

mikeanddougstarn130624mj04.JPG

mikeanddougstarn130624mj05.JPG
from my bookshelf

“Attracted to Light (Film Still) ”
Mike & Doug Starn

BLIND SPOT
ISSUE TWENTY FIVE
© 2003 Blind Spot Photography,Inc.

投稿者 orangepeel : 08:39 PM | コメント (0)

June 20, 2013

the POETRY cover by David Byrne

davidbyrne130620mj.jpg
from Don Share (@Don_Share) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:21 PM | コメント (0)

June 19, 2013

E.E. Cummings' Childhood Drawings

eecummings130619mj01.jpg

eecummings130619mj02.jpg

E.E. Cummings' Colorful, Imaginative Childhood Drawings from Slate

投稿者 orangepeel : 03:28 PM | コメント (0)

Richard Brautigan reading from ‘Trout Fishing in America’ and ‘In Watermelon Sugar’


Richard Brautigan Reads from Trout fishing In watermellon suger

from Dangerous Minds | Richard Brautigan reading from ‘Trout Fishing in America’ and ‘In Watermelon Sugar’

投稿者 orangepeel : 03:16 PM | コメント (0)

June 17, 2013

カミングズをどうぞ

tulipsandchimneys130617mj.jpg
E. E. Cummings “Tulips and Chimneys” from en.wikipedia


   ヒューマニテイ

ヒューマニテイ
おまえがぼくは好きだ
なぜっておまえは
懐中時計のくさりには一体誰がぶらさがっているのか
と尋ねて互いに当惑してしまうよりも
その成り上がりの 靴をみがきたがるから

なぜっておまえは
国やふるさとや母親ってコトバ入りのすべての歌が
馴染みの酒場でうたわれるとき
ためらうことなく拍手するから

ヒューマニテイ
おまえがぼくは好きだ
なぜっておまえは金に困ると
酒を買うため知性を質に入れてしまうし
ふところが暖かければ
誇りが質屋から遠ざける

なぜっておまえは
とりわけ自分の家の中で
良からぬことばかりしているんだ

ヒューマニテイ
おまえがぼくは好きだ
なぜっておまえはたえずズボンの中に
人生の秘密を隠し忘れてしまって
その上に坐っているんだ

ヒューマニテイ
ぼくはおまえが嫌いだ
なぜっておまえは死の膝の中で
永遠に詩をつくっている

「ヒューマニテイ」 / 詩集『チューリップと煙突』 (1923)

上の詩は、谷川昇 訳編『カミングズをどうぞ』 (谷川昇 発行, 1993)、p.38-40 から。
なかなか手に入らない、e.e.カミングズの翻訳本を古書店・水曜文庫にて(先日読了した『評伝 北園克衛』も!)購入。
静岡在住の詩人・谷川昇氏の私家版である。
「カミングズの生涯」、「訳詩」、ロバート・E・モーラー「カミングズの言語についての今日的覚書」(谷川氏訳)、
「私のカミングズ」、「カミングズ略年譜」という構成。

とりわけ、いままで知ることがなかった、カミングズの生涯が興味深かった。
ハーヴァード時代に、のちのパトロンとなる富豪の学友と知り合ったこと、
40歳近くになるまで親の仕送りを受けていたこと(とくに父親には頭が上がらなかった)や、
女性に弱い男性であったこと。
流浪の詩人のイメージが、ちょこっと崩れた?けれど、
それもまた、e.e.カミングズである。

実験的といわれているカミングズの詩だが、
“コトバをしらないコドモ”というアプローチだったのかもしれない。

 ‘子供は接尾辞 ed をつけることによって不規則動詞を過去形にしたり (runned, swimmed など)どの形容詞にも er や est をつけることによって比較級や最上級をつくったり( beautifuler, beautifulest)あるいはまたそれ自体すでに最上級なのに lastest と言ったりして last という単語の力を強めたりするなどアナロジイによってコトバをつくりあげる。自分の言いたいことを明確にするのに夢中で、そのくせ文法上の正確さはまだ身につけていないので、子供は否定語や最上級を重複させて使ったりするものだが、カミングズもそうなのだ。彼の詩から次の一行
  somebody might hardly never not have been unsorry,perhaps(from ViVa)
は否定語が一杯むらがっている.・・・’

『カミングズをどうぞ』 3.「カミングズの言語についての今日的覚書」 ロバート・E・モーラー / 谷川昇 訳 (p.132)

 ‘次の一節・・・、この場合は月の精神的特質とでも言うべきものを示しているのである。

  WhO perfectry WhO
  flOat
  newly alOne is
  dreamest           (from No thanks)

 通常は名詞か動詞であるコトバ dream を形容詞として用いることによって彼はコトバが置かれる場所は融通のきくものであるとする自分の考え方を実行しているのだ。そうすることによって英語にはそれに相当するコトバがない一つの観念を彼は正確に表現できるようになる。すなわち自然現象にはかなりの程度夢の本質とでも言うべきものが含まれているという観念を。同じように品詞を意識的に変えていることが次の節における wonderful の用い方にも見られる。

  And if somebody hears
  what i say-let him be pitiful:
  because I've travelled all alone
  through the forest of wonderful.               (from XLI POEMS)

 ここで彼は品詞の分類を変えることによって通常は使われすぎてしまって色のないコトバに普通ならざる重さを与えている。 The forest of wonderful とは彼が愛する者の美しさのことである。この詩行は through the forest of her wonderful beauty という意味かも知れないが、そうした場合比喩的表現は同じでもコトバのおどろきは消えてしまったであろう。同じように次の節では彼は比較級の形を重複させて用いるという子供っぽいテクニックと高度に洗練されたパラドックスの要素とを結びつけてみせる。

  love is more thicker than forget
  more thinner than recall                (from 50 POEMS) ’

「カミングズの言語についての今日的覚書」 (p.134-135)

 ‘多分この詩人がコトバをつくり出す子供のやり方をマネし発展させてみせる場合ほどびっくりさせるものではないけれども、二つかそれ以上の単語を結合させて一つの新しいコトバをつくるやり方がある。しばしばこういった結合はハイフンを用いて正常に結合されるコトバと変らないか、あるいは詩人が一つの色を yellowgreen とか yellowandbluish とか言うときのように、またある女優のことを muchmouthed と言うときのように一つのまとまりの効果、一つの特性の効果を生み出すため単に一つかそれ以上の単語をくっつけて印刷したものである。しかしながら、ときとすると数個の単語をくっつけて印刷することはそれらのコトバに注釈をつけることだ。すなわち、例えば poorbuthonest workingman によってカミングズはそれらのコトバは陳腐になってしまっていることを軽蔑的に意味しているのだ。あるいはまた読みのスピードを調整する意図でバッファロービルのように信じられない早撃ちをまねて and break onetwo threefourfive pigeonsjust likethat のように、描写されている行動そのものに近づくため単語をくっつけて印刷することもある。’

「カミングズの言語についての今日的覚書」 (p.136-137)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:59 PM | コメント (0)

June 16, 2013

Sylvia Plath at Mademoiselle

sylviaplath130616mj01.jpg
Sylvia Plath is photographed while interviewing poet Elizabeth Bowen for Mademoiselle

sylviaplath130616mj02.jpg
Plath in a Mademoiselle photo shoot of the guest editors

sylviaplath130616mj03.jpg
The August 1953 college issue of Mademoiselle, which Sylvia Plath worked on.

Pain, Parties, Work: Sylvia Plath in New York, Summer 1953 from Brain Pickings

投稿者 orangepeel : 09:05 PM | コメント (0)

June 12, 2013

評伝 北園克衛

katsuekitazono130612mj.jpg
『評伝 北園克衛』 藤富保男 著 (沖積舎, 2003)

_____ 北園克衛は詩を意味という枠から追放し、抽象と非形象の図学を詩にもち込んだ最初の詩人である。同時に彼はデザインや写真に携わる人々に多大な影響を与えた。本著で著者は彼の詩業を一枚一枚はぎとるように、ここに公開する。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

反詩- アンチ・ポエム -

旗手、
kit kat

足跡

と、表紙にある。
藤富保男氏の『評伝 北園克衛』を読了し、
北園克衛はアンチ・ポエムという“アヴァンギャルドで洒脱なモダニスト”というだけではなく、
1902年から1978年という歳月を生き、大戦を潜り抜けてきた、反戦の詩人であることを知る。
それは、『VOU』等で交流をもったエズラ・パウンドが戦争終結間近に、
パリ郊外のアメリカ合衆国陸軍拘留キャンプに投獄され、
反逆罪として送還された戦後、「観念及び信念の誇大化」という精神疾患で
ワシントンD.C. のセント・エリザベス病院に“拘留”されていたことと大きく違うことだろうか。

第二次世界大戦中、北園克衛は、戦わなかった。
ひたすらペンを取って詩を書き、ブラッシで絵を描いた。
エズラ・パウンドとの交信も途絶え、
物資の足りない状況で、貧しいザラ詩で詩誌をつくった。
1945年8年15日、疎開先で敗戦のラジオ放送をきき、
翌日、8月16日には、焼土と化した東京に戻っている。

1950年の『VOU』34号での「時評」、これは予言的でもあった。

 ‘第三次世界戦争の暗い雲が、水平線の上に、あの不気味な姿をしだいに現はして来た。われわれはその飴いろの顔にアルカイックな微笑を浮べながら、あいも変らず身辺の瑣事に心をうばはれてゐるが、明日には一匙の灰ものこさない無慈悲な運命が待ってゐるのかもしれない。と思へば、今日の一日の貴重さが、あの空襲下の日日のやうに切実だ。しかしそれにしても、何かにつけて、直ぐ武力にうったへやうとする原始的な態度は、もういい加減に止めたほうがいいやうだ。戦争によって消耗される物質が勝利によってカバアされるといふ予想は、今日では全くリアリティを失ってゐるにもかかはらず、なほその幻影にとりすがらせてゐるものは国家というふ古ぼけた観念である。人間がこの観念の下にあるかぎり、原子爆弾はつねに死の太陽のごとくわれわれの上に残酷に揺れつづけることであらう。

 この不安は水爆からミサイル、中性子爆弾、真空爆弾へと世界が核兵器開発に余念のない近年に読んでみると、北園が一九五〇年に戦争と国家に対してウナリをあげて腹を立てているのは何とも予言的であり、彼も一人間であることが伝わる文である。彼の抵抗とは行動こそ伴わなかったが、常に文章上で怒りと「Stop the war」を叫んでいたのだ。’
藤富保男『評伝 北園克衛』 「人の作らぬ詩にむかって」 (p.152-153)

戦前の詩集『夏の手紙』 (アオイ書房, 1937)に戻る。北園克衛、36歳。

  ‘ 驟雨

 友よ またアポロが沖の方から走ってくる
 雨のハアプを光らせて
 貝殻のなかに夕焼けが溜まる

 この詩について、ぼくは次のように書いたことがある。

 美しいといってしまえばそれまでであるが、特に最後の一行の甘美さ、その豊かなセンシビリティ、その緻密な筆致は神経に鋲が次々とささって行くような鋭さがある。第一行の<また>も注意深く読むと心憎いほど巧みである。雨の擬声語を一つも使わずに、雨の束をハアプの音の比喩に使っているあたりはびっくりする。そして異国の浜で、淡い恋の悩みでたたずむ青年の憂愁がにじんでいるようでもある。
 北園はメランコリィを感じることのできる達人であった。自ら淋しさに慣れていない、という淋しさをあきらかに肌から感じさせる人であった。このやるせなさが、彼にこういうリリシズムを与えたのであろう。’

藤富保男『評伝 北園克衛』 「詩の驟雨」 (p.82)

最近の古書店では、北園克衛の詩集や詩誌は高級な美術品扱いで、
どちらかというと、デザインの方ばかりが注目されているように思う。
私自身、イラストレーションを生業としており、また詩を書いているけれど、
学生時代から北園克衛を読むひとりとしては、コラージュも写真もテクストもすべて“詩”だ。
北園克衛は、言葉を「意味をもたないオブジェ」としたけれど、
無機質でジオグラフィカルなオブジェにも詩情がある。
怒りや憂鬱をもつ。
その肉体たるオブジェが、詩なのだ。

*ちなみに、こちらのサイト -->The Sackner Archive of Concrete and Visual Poetry
日本のコンクリート・ポエツのリストに大竹伸朗もいる。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (0)

June 10, 2013

ephemera / Stephen Russ

stephenruss130610mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

“Georgian Poetry”
Selected and introduced by
James Reeves

Published in Penguin Books, 1962

Cover pattern by Stephen Russ

=======

*more stephen russ book covers

投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (1)

June 09, 2013

辻公園

thesquare130609mj.jpg
“The Square” by Marguerite Duras via Anticipated Stranger

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (0)

June 08, 2013

The New Age

thenewage130608mj.jpg
from Brown University Library

The New Age ( Volume 13, Number 6 )
London: The New Age Press, Ltd., 1913-06-05

Ezra Pound "America: Chances and Remedies"

投稿者 orangepeel : 08:52 PM | コメント (0)

June 07, 2013

Une Petite Maison 1923

unepetitemaison130607mj01.jpg

『小さな家 1923』 ル・コルビュジェ 著 / 森田 一敏 訳 (集文社, 1980)

 ‘レマン湖にあるこの地方では、ぶどう畑がひな段のように重なっている。ぶどう畑を支えているこれらの擁壁をつぎつぎと直線状に加えていくと、その長さはなんと3万kmにも及ぶ(これは地球の外周の4分の3にも達する)。ぶどうの栽培者たちは、この事業の遠大さを果して知っているのだろうか。少なくとも、これは百年以上も昔の仕業であって、ひょっとしたら、1千年を経ているかもしれない。
 この小さな家は、長年にわたって働き続けた私の両親の老後の安らぎの日々を想定したものでる。’

「ある小さな家」 ( p.5)

という書き出しではじまる、“小さな家”を描いた“小さな本”である。
たった60屬虜拂垢げ箸世、11mにおよぶ窓や天井のトップライトからの採光、
各部屋をカーテンだけで仕切った、機能的な家(ル・コルビュジェ曰く“住む機械”)の。

魅力を感じたのは、湖の岸辺から、わずか4mのところに築かれた壁だ。
人のスケールにあわせてくりぬかれた四角いのぞき穴からは、絵画のような湖面を臨むことができる。
また、以下の写真ページにあるように、壁に囲われたこの小さな空間は、庭でありつつ、緑あふれるリビングルームでもある。

unepetitemaison130607mj02.JPG
(p.24)

unepetitemaison130607mj03.JPG
(p.25)

unepetitemaison130607mj04.JPG
桐の木だけが残された (p.50)

ところで、あるときある一定の場所に床から天井までクラックが入ってしまうトラブルに見舞われる。
経年劣化による住宅につきものの、“家の百日咳”だ。
考えてみれば、この地方は百年以上にもわたって築堤された埋立地であった。
原因は地下水位の上昇だった。

‘地下水は生きているのだ’
「住宅も、また百日咳にかかる」 (p.57)

 ‘この建物の西の端にある防水した小さな酒蔵が、度重なる地下水の“高水位面”に浮ぶ格好の小舟となっていたことにふと思い当たり、ことのほか驚かされた。したがってちょうど水面に浮んだ小舟のような酒蔵は、今は亡きあのアルキメデスによる重大な発見である浮力を受けて、上方へと押し上げられていたのである。こうした場合には、敷地の条件をよく知らなければならない(管理局は年に1度、沿岸の住民に必要な補修ができるようにと、ジュネーブにあるローヌ川の水門を開く。これによって湖の高さ<水位>は80cmも低下する)’
「住宅も、また百日咳にかかる」 (p.59)

レマン湖畔の小さな家は、
レマン湖に浮ぶ小さな船でもある。

と、想像をめぐらせてみて、
わたしたちは、
地上にありながら、
生きた地下水にたゆたう
小さきものであることを実感する。

1945年の、ル・コルビュジェのデッサン。さらり。

unepetitemaison130607mj05.JPG
「1945年のデッサン」 (p.70-71)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 05:30 PM | コメント (0)

June 03, 2013

カレワラ神話と日本神話

kalevala130603mj.jpg
『カレワラ神話と日本神話』 小泉 保 著 (NHKブックス, 1999)

_____ 北欧フィンランドに伝わる美しい叙事詩カレワラと古事記、日本書紀等の日本神話に共通するモチーフを抽出する。宇宙卵、課題婚、呪的逃走、再生、宇宙樹、異族女房、天体解放、児童神、兄妹相姦等々。これらのモチーフをさらにギリシア、中国、ロシア等、広くユーラシアの神話と比較し、その起源と系統的関係を確かめて、日本神話とカレワラ神話を読み直す。また両者の構造を比較し、神々や英雄たちの三機能の共通性を発見する。比較神話学の死角をつく好著。_____
内容(「BOOK」データベースより)

「竹取物語」や「桃太郎」などの日本に古くから伝わる民話と、世界にひろがる神話との共通項を比較している。
ここでは、“世界樹”に関するエピソードの覚書を。

‘『旧約聖書』に伝えられているエデンの楽園には知恵のリンゴの木が生えていると一般に思われているが、実は生命の樹と善悪を知る樹の二本が植えられていたのである。創世記第二章九節は、
  神が「(エデンの)園の中に生命の樹および善悪を知る樹を生ぜしめ給えり。」
と述べている。
 生命の樹(Tree of Life)すなわち「宇宙樹(Cosmic Tree)は世界中の神話や説話において、樹となり山となり。あるいは柱となって、さまざまに形を変えながらわれわれの頭上にそびえている。宇宙樹は天上、地上、下界を貫くもので、その葉は天空を覆い、その根は奈落の底に及んでいる。
 宇宙樹の代表は北欧神話に出てくる巨大なとねりこの木ユグドラシルであろう。
  「とねりこユグドラシルの下からは、三方に三つの根が出ている。一つの根の下にはヘル(死者の国の女神)が住み、もう一つの根の下に霜の巨人らが、三つ目の根の下には人間たちが住む。」
と『エッダ』は説明している。
 さて、日本神話では、宇宙樹はどのような形をとっているのであろうか。’

『カレワラ神話と日本神話』 第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 (p.185-186)

‘イザナギとイザナミ二神の国生み神話の場面で、イザナギは次のように提案している。
 「然らば吾と汝とこの天の御柱を行き廻り逢いて、みとのまぐはひを為む。」
「みとのまぐはひ」とは性行為のことであるが、「天の御柱」はどうも宇宙樹のシンボルのように思える。そこで、男神が右から、女神が左から柱を回って出会ったところで、「あなにやし、えをとこ。」「あなにやし、えをとめを。」と声をかけ合って契りを結び、国生みの偉業を成し遂げている。
 この「天の御柱」には、世界樹=宇宙樹の概念が投影していると、小野明子は考えている・・・
(中略)
さて、宇宙樹の候補として、巨大な槻の木の話が『古事記』に出てくる。これは長谷の「百枝槻」にまつわるエピソードである。百枝槻とは枝の茂ったケヤキの木であるという。’

第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 「天の御柱」 (p.186)

‘『新カレワラ』第二章には大きな樫の木の記述がある。次は、一八七二年にA・A・ボレニウス(Borenius)が奥カレリアで採録した原詩である。

 ラップ人がトゥルヤからやって来て
 草を燃やして灰にした
 北から風が吹いてきた
 それが灰を持ち去った
 比べようもない木が生えた
 枝は茂っていた
 葉が伸びていた。
 太陽が輝くのを
 月が照るのを妨げた。
 それで寒さが穀物を襲った
 水の魚も恐れをなした

樫の木は大空まで枝を伸ばし、葉を茂らせている。

 伐り倒す人が求められた
 海から男が立ち上がった
 親指ほどの長さで
 指三本の高さだった
 四つの削り石で
 七つの油砥石で
 八つの玉石で。
 木に斧を当てた
 平刃で樫の木を
 斧から火が出た
 木切れが樫から飛んだ

 さて樫の木は倒された
 ポホヨイネンの川を横切って。

宇宙樹とおぼしき樫の大木を伐り倒したのは小男である。
エストニアの叙事詩『カレビポエグ』にも同じような樫の木が出現する。
(中略)
 ハルパによると、アルタイの伝説では、「大地のへその上、万物の中心に、地上の樹の中で最も高い樅の巨木がそびえていて、その梢は最高神パイ・ユルゲンの住まいへ届いている」。つまり天と地を結んでいると述べている。これこそ宇宙樹の基本条件である。’

第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 「大きな樫の木」 (p.189-191)

 ‘・・・宇宙樹と生命の樹およびこれから派生する聖なる神話的事物を次のような関係にまとめることができると思う。

     【  宇宙樹       =       生命の樹  】
         ↓                    ↓
     宇宙柱(天の御柱)           生命の泉             
         ↓                    ↓
     宇宙塔(バベルの塔)          生命の河      
         ↓                    ↓
        宇宙山                 生命の水 
  

 すなわち、生命の樹は活力を与える樹液を流出する宇宙樹ということになろう。また、宇宙樹から枝葉を取り払えば宇宙柱となり、宇宙柱の代用となる塔を人工で築けば宇宙塔になる。この代表がバベルの塔である。’
第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 「宇宙樹と生命の樹」 (p.194)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:44 PM | コメント (0)

May 31, 2013

water,water, everywhere

On 3rd October people of all ages will take part in the 19th annual National Poetry Day,
inspired by the theme 'water, water, everywhere'.

“without water we die, without poetry we cannot fully live”

National Poetry Day 2013 - Oct 3rd - water,water, everywhere

投稿者 orangepeel : 07:07 PM | コメント (0)

May 27, 2013

Le plaisir du texte


Le plaisir du texte - Roland Barthes (1973)

投稿者 orangepeel : 04:09 PM | コメント (0)

illywords magazine

illy130527mj01.JPG

illy130527mj02.JPG

illy130527mj03.JPG

illy130527mj04.JPG

illy130527mj05.JPG

illy130527mj06.JPG

illy130527mj07.JPG

illy130527mj08.JPG

illy130527mj09.JPG

illy130527mj10.JPG

illy130527mj11.JPG

illy130527mj12.JPG

illy130527mj13.JPG

illy130527mj14.JPG
© photo by orangepeel @ illy

illywords magazine

投稿者 orangepeel : 03:59 PM | コメント (0)

May 25, 2013

L'écume des jours #239

ldj130525mj01.JPG

ldj130525mj02.JPG

ldj130525mj03.JPG

ldj130525mj04.JPG

ldj130525mj05.JPG

ldj130525mj06.JPG

ldj130525mj07.JPG

ldj130525mj08.JPG

ldj130525mj09.JPG

ldj130525mj10.JPG

ldj130525mj11.JPG

ldj130525mj12.JPG

ldj130525mj13.JPG

ldj130525mj14.JPG

ldj130525mj15.JPG

ldj130525mj16.JPG

ldj130525mj17.JPG
© photo by orangepeel

中野区弥生町の暗渠をひさしぶりにひっそりと散策。
古書 猫額洞とCOFFEE JAZZ GENIUSの休日。

*The book I bought today. ERNST HAECKEL “ART FORMS IN NATURE” (DOVER BOOKS).

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

May 24, 2013

La Chambre claire

lachambreclaire130524mj.jpg
『明るい部屋―写真についての覚書』 ロラン・バルト 著 / 花輪 光 訳 (みすず書房, 1985)

_____ 本書は、現象学的な方法によって、写真の本質・ノエマ(『それはかつてあった』)を明証しようとした写真論である。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

May 10, 2013, “punctum” と題した poetry foundation からの拙意訳記事にインスパイアされて
学生時代、お金がなくて買えなかった、ロラン・バルト 『明るい部屋』を古書店でみつけ、読了。

これからも何度となく、繰り返しページをひもとくだろう一冊。

Source: classconnection.s3.amazonaws.com via Margot on Pinterest



James Van der Zee, Family Portrait, 1926.

上の写真は、アマチュア写真家、ジェームズ・ヴァン・ダー・ジーの「家族の肖像」(1926年)である。
この写真のストゥディウム(一般的関心)は、‘体面を保つこと、家族主義、順応主義、晴れ着を着てかしこまっていること、白人の持ち物で身を飾るための社会的上昇の努力(素朴であるだけに感動的な努力)である。’ - p.58

しかし、バルトは、“プンクトゥム 《細部》- 部分的特徴” に感動を突きとめた。
それは、晴れ着を着た黒人女のベルト付きの靴だった。しかしこの写真は私の心のなかで徐々に変化していって、私はその後、真のプンクトゥムは彼女が首にかけている短い首飾りである、ということを理解するようになった。というのも(おそらく)、私の家族の一員が首にかけているのを、私がいつも目にしてきたのは、これと同じ首飾り(金の鎖の細い組紐)だったからである。その首飾りは、本人が亡くなったいま、家族の古い装身具を入れておく宝石箱にしまいこまれたままになっている(この父の妹は生涯結婚せず、オールドミスとして自分の母親のもとで暮らしていたので、私はその田舎暮らしのわびしさを思い、いつも心を痛めていた)。プンクトゥムは、いかに直接的、いかに鋭利なものであっても、ある種の潜伏性をもつことができる(しかしいかなる検査にも決して反応しない)、ということを私はそのとき理解したのだった。’ - p,66

写真はまさに、古い宝石箱にしまいこまれ、封じ込められた、“生”の記憶-記録である。
ある写真のプンクトゥムとは、その写真のうちにあって、私を突き刺す(ばかりか、私にあざをつけ、私の胸をしめつける)偶然なのである。’ -p.39

写真は無言でなければならない。(騒々しい写真があるが、私は好きではない)。これは《慎み》の問題ではなく、音楽の問題である。絶対的な主観性は、ただ沈黙の努力によってしか到達されない(目を閉じることは、沈黙のなかで映像に語らせることである)。写真が心に触れるのは、その常套的な美辞麗句、《技巧》、《現実》、《ルポルタージュ》、《芸術》、等々から引き離されたときである。何も言わず、目を閉じて、ただ細部だけが感情的意識のうちに浮かび上がってくるようにすること。’ -p.67


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

May 20, 2013

the Waterways Museum

waterwaysmuseum130520mj.jpg
the Waterways Museum - Ellsmere Port and Eric Gaskell's exhibition from Canal Poetry

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (0)

May 18, 2013

Dylan Thomas: Under Milk Wood

dylanthomas130518mj.jpg
Dylan Thomas: Under Milk Wood from Paris Review

The only known recorded performance of Dylan Thomas’s Under Milk Wood at 92nd Street Y

投稿者 orangepeel : 08:31 PM | コメント (0)

May 17, 2013

Anaïs Nin and Henry Miller


Anaïs Nin and Henry Miller

投稿者 orangepeel : 10:15 PM | コメント (0)

May 13, 2013

Sylvia Plath’s annotated copy of The Great Gatsby

sylviaplath130513mj01.jpg
from

投稿者 orangepeel : 04:18 PM | コメント (0)

May 12, 2013

Ezra Pound photographed by Man Ray

ezrapoundbymanray130512mj.jpg
Ezra Pound photographed by Man Ray, 1923.

from Beardsley's Rose

投稿者 orangepeel : 08:47 PM | コメント (0)

William Nicholson

williamnicholson130512mj01.jpg
cover

williamnicholson130512mj02.jpg
THE UN-COMMON CAT

williamnicholson130512mj03.jpg
THE FRIENDLY HEN

williamnicholson130512mj04.jpg
THE LEARNED PIG

williamnicholson130512mj05.jpg
THE VERY TAME LAMB

THE SQUARE BOOK OF ANIMALS
By William Nicholson.
RHYMES BY ARTHUR WAUGH.
Published by R. H. Russell. New York. 1900.

The book of Animals was designed by William Nicholson in 1896.

from The Project Gutenberg eBook of The Square Book Of Animals, by William Nicholson

投稿者 orangepeel : 06:15 PM | コメント (0)

May 10, 2013

punctum

punctum.png
State hospital sequence, early seventies. Photo by Claudio Pelizzon.

詩と写真について。
ロラン・バルトは写真を散文詩として、“punctum”と表現した 。
細部にひきこまれていく実感、そして瞬間を超えた生命の証明。

Light Speaking
Notes on Poetry and Photography
by V. Penelope Pelizzon

from Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

May 07, 2013

Murakami covers by Noma Bar

nomabar130507mj01.png

nomabar130507mj02.png

nomabar130507mj03.png

nomabar130507mj04.png

nomabar130507mj05.png

nomabar130507mj06.png

nomabar130507mj07.png

nomabar130507mj08.png

nomabar130507mj09.png
Vintage (UK) Murakami book covers by Noma Bar.

“All the covers were printed at Tuckshop, Print Club London's bespoke screen printing service.”

from Creative Review

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

May 06, 2013

DINER JOURNAL

dinerjournal130506mj01.jpg

dinerjournal130506mj02.jpg

dinerjournal130506mj03.jpg

dinerjournal130506mj04.jpg

dinerjournal130506mj05.jpg
from my bookshelf

DINER JOURNAL WINTER 2006, ISSUE No.2

*more --> DINER JOURNAL past issues

投稿者 orangepeel : 08:38 PM | コメント (0)

May 03, 2013

UC.Quarterly

ucquarterly130503mj01.jpg

ucquarterly130503mj02.jpg

ucquarterly130503mj03.jpg

ucquarterly130503mj04.jpg

ucquarterly130503mj05.jpg
from Subtraction

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

May 01, 2013

ART VIVANT●SPECIAL REPORT = KISHIN SHINOYAMA-MAN RAY'S ATELIE

manray130430mj01.jpg

manray130430mj02.jpg
ART VIVANT アールヴィヴァン 1985年15号 特集=篠山紀信 マン・レイのアトリエ (西武美術館, 1985)

manray130430mj03.JPG
#01

manray130430mj04.JPG
#02

manray130430mj05.JPG
#03

manray130430mj06.JPG
#04

manray130430mj07.JPG
#05

manray130430mj08.JPG
#06

manray130430mj09.JPG
#07

manray130430mj10.JPG
#08

manray130430mj11.JPG
#09

manray130430mj12.JPG
#10

*#01〜#10は、篠山紀信氏の写真ページをorangepeelがトリミングして掲載しております。予めご了承ください。

アーティストのアトリエは、とくべつ気になるものだけれど、
マン・レイのアトリエは、アトリエ自体がコラージュのような作品になっています。

「マン・レイのアトリエ 磯崎新(建築家) 宮脇愛子(彫刻家) 篠山紀信(写真家)」対談は、マン・レイの素顔がみえて楽しい。

+++++

宮脇 : 私、「写真、大っ嫌い」って、初めからいっていたの。撮られるの大嫌いって。
彼はね、あんまり写真撮っていなかったけれども、いつもいろいろな国の人がカメラをプレゼントするのね。で。よく「新しいカメラだよ」とか、持ってましたね。それでちょっと試しに、パチパチッなんて写したのが・・・・・。
けっこう、すぐにそこらのを写すんですよ。一緒に歩いたりなんかして、カフェで座ったりしているとね。
篠山 : あ、カフェなんかで、スナップ撮るの?
宮脇 : ウン、ホラ、もらったカメラなんかで、おもしろがって、子供みたいにチョチョッと写して・・・・・。
篠山 : それは、なかなか珍しいね。
宮脇 : 探せば何枚か持っていると思うんだけど。
篠山 : マン・レイがカフェで撮っているスナップ写真なんていうのは、あんまりないですよ。
磯崎 : 発表されてない。

+++++

篠山 : 露出なんか、どうやって測っていました?
宮脇 : 露出も・・・・・測っていたのかしら、気がつかなかった。
篠山 : 普通の、電球のライトでしょう。
宮脇 : そう、電球のライト。

+++++

篠山 : ぼくはアトリエに行ってずうっと写真を撮っているときは、とにかくどこを撮ってもいいというわけでしょう。机なんかあけたり、いろいろなことをして撮っていたり、絵の後ろにある、人からもらった絵とかね。とにかく、どこまでが日用品で、どこまでがオブジェかわからないわけよね、あの人の場合。
だけど、とにかく、あそこにあるものは全部オブジェというようなものだけど、撮っていても何も言わないんです。それこそジョニ黒飲んでサ、『ヘラルドトリビューン』か、英語の新聞読んでいたり、こうやって居眠りなんかして、ぜんぜんわれ関せずなんですけれども・・・・・。
宮脇 : そういう人ですね、ジュリエットっていうのは。

+++++

磯崎 : ぼくもアーチストのアトリエにはずいぶん行ったけれども、マン・レイのアトリエに行ってほんとうに驚いたのは、要するにぜんぜんカッコつけてないわけね。それで全部手仕事であることね。
たとえば、天井が高すぎるから、天井にテント張ってあるわけ。それにしたって、どこかからキャンバス持ってきて、ただ張ったという感じだし、ストーブも、どうも効率が悪いというので、後ろにさっきのアルミホイルを張りつけているわけよ。それにストーブの熱を反射させて、ソファのほうに送っていた。
篠山 : あれは、てっきり作品だと思ってたなァ。(笑)
宮脇 : 真剣に撮ったの。
篠山 : 真剣に撮ったよ。(笑)

+++++

篠山 : それと、ライトがやたらめったら多いの。
宮脇 : あ、そうね。
篠山 : スタンドみたいな、こまかいライトが。
宮脇 : そう、そう。
篠山 : つまり、上にシャンデリアがポンとあるとか、蛍光灯が一本あるとか、そういうことはぜんぜんないの。全体を照らすライトはないんだけれども、個々に明かりがものすごくたくさん、いろんなところにあるのね。
(中略)
宮脇 : フランス的ね。
篠山 : ウン。
磯崎 : ランプもつくっているし、作品の中にライトが入ったやつがあるしね。
宮脇 : たくさん、あるわね。
篠山 : 明かりにものすごくデリケートな人だったね。その明かりの一つ一つのあり方が、すごくおもしろいの。パッとつけると、パッと、こう、そこのところの世界が変わっちゃうというようなね。
宮脇 : 人間としては、非常にデリケートな人ですもの。
篠山 : いや、デリケートでしょう。一つ一つのものも、あれ、雑然と置いてあるようだけど、そうじゃないのね。ものすごくちゃんと計算された雑然さで置いてある。
宮脇 : だって、机の引き出しをご覧になって、お思いになったでしょう。あれが、ものすごいきちっとしているでしょう。
篠山 : ホラ、自分の作品をつくる道具とか、カナヅチとか、あるじゃない。ああいうのパッと見ると、すごくきれいなわけよ。「作品じゃないかな」と思って撮るとね、実はそれは、ただの道具だったりする。(笑)
宮脇 : ふだんから、生活には非常にデリケートな人ね。
パリの喫茶店なんかで、雑にコーヒーを置かれて、受け皿に溢れるじゃない。そういうとき、必ず紙を出して、ふいてから飲んでいましたね。私なんか隣に座っていると、こちらの分もちゃんとふいてくれて。そういうところがとっても、「あァ、デリケートな人だな」と思いましたね。

+++++

磯崎 : 写真のテクニックでも、結局、間違いから起こったものというのが多いんでしょう。たとえばソラリゼーションにしたって・・・・・。
篠山 : 失敗は芸術のもとっていってね。マン・レイは、全部、失敗から出てくるようなものでしょう。(笑)多重露出にしても、ソラリゼーションにしてもね。
磯崎 : それからフォトグラム?
篠山 : レイヨグラム。
磯崎 : あれなんかだって、要するに感光しちゃっただけっていうような話だから、そういう偶然の失敗が全部作品に変わるというね。だから、一瞬一瞬、すごい考えているんだと思うのね。

+++++

宮脇 : (前略)フィラデルフィア生まれの、普通の家庭に育って、わりに堅い家だったようですけどね。お母様なんて、お掃除好きで、すごいきびしかったんですって。だから、マン・レイが一人でお掃除したり、何でもかんでもやっているのね。「ジュリエットは、何もしないんだよ」って。
でも、うちの母親はきれい好きで、タテのものをヨコにしても怒られたっていうのね。子供のときから、きれい好きで、きちっとして。そういう感じですよね、あの、お母さんの写真なんか拝見しても。だから、あんまりきちっとした女性は好きじゃないよって、私によくいってましたけど。だから、ジュリエットみたいに、何となく呑気なのが好きだって。お掃除なんか、しないよって、いってましたけどね。
でも、いきなりフィラデルフィアからパリに来て、違和感もなしに、パッと入っていっちゃうような素質が、もともとあったような気がするわね。マン・レイって。
最初はフランス語がしゃべれなかったでしょうけど、そんなことも関係なく、どんどん世界の人になっちゃったという感じがするわけね。
磯崎 : 写真というものが撮れたということで、彼は、かなり助かったでしょうね。初期のころは。つまり、フランスの連中とつき合うのにね。
篠山 : 当時は、町の写真屋さんしかいなかったわけでしょう。ほかの誰も撮れないというか・・・・・。

+++++

篠山 : (前略)パリに行くと、二〇年代、三〇年代というのは、奇跡的にパリにあれだけのアーチストが集まって、突然起こった小ルネッサンスみたいなもんでしょう。
あの時代に自分がめぐりあって、そのときに食えないから、商売として写真をやるわけでしょう。ポートレイトとか、ファッションとか。だから、ポートレイトのことを、わりあい「商売」っていうふうに感じているみたいね。
宮脇 : 自分でも書いてますし、いってますね。
磯崎 : ファッション写真もそうだね。
篠山 : ウン、商売のためにやっているわけでしょう。
それで、レイヨグラムとか、ソラリゼーションというのは、自分にとっては「芸術」なんだよね。
宮脇 : 芸術っていうか、、創造よね。自分がつくり出したものね。
篠山 : でね、マン・レイは写真の世界でいうとまたまたすごいところにいてね、あの人の家の先にアッジェがいて、アッジェに焼き方を教えてやったりなんかするのね。

+++++

宮脇 : でも、品がいいねぇ。すごく。
篠山 : 全部、品はいいんですよ、マン・レイの写真は。
宮脇 : ネッ。

+++++

篠山 : ぼくが好感を持てるという中には、アトリエに入っていくと、すべてが手作りであるというように、写真も、たとえば愛子さんを撮るときに、「じゃ、撮ろうか」って、中二階のところに行ってサ、窓から入ってくる光とライトをこうやりながら、自分でコツコツやりながら、暗箱を組み立てて、やっていくというね、すべてが手づくりの、この人ぐらい手づくり写真家はいないわけよ。
もう、レイヨグラムだって、何だって、自分の一つ一つの手の温もりというものが、全部写真の中に入っている人だよね。それが、すごく好感を感じるんですよ。
磯崎 : 普通アーチストは-写真家もそうだと思うけれども、自分でスタイルを決めて、スタイルでどんどん押していく人が多いでしょう。マン・レイっていうのは、そうじゃなくて、スタイルなしというような感じになったんだと思う。
スタイルがあるとしたら、発生状態の非常にウィッティーなアイディアだけだと。それが自分のスタイルであって、結果というのは、極端にいうと、どうだっていい。だけど、出てきたものは、みんな、ものになっちゃっているというところがあるんだけれども、写真はきれいに撮れているのも多いけど、美術作品というのは仕上がりヘタなわけね。塗りもヘタだし。

+++++

A.V : アトリエを撮られているときに、そういう写真家でもあったマン・レイのアトリエを撮っている、という意識はありました?
篠山 : すごくあった。全部の、ものが一つずつ、あったかいわけでしょう。こういうメモ帳もあるわけ。それは、ほんとうのメモ帳なんだろうけれども、作品にもなっているわけよね。
全部、こう、日にちが書いてあって、いたずら書きみたいにしているんだけど、それが作品になっているものもあるわけよね、部分的に。
さっきのライトの話もそうだしね、こうやって引っぱるとベッドの天井をこうやるのもそうだしね。それは一つ一つが、全部、マン・レイという体温が全部伝わっているわけですよ、部屋の中に。光にも、空気にも。マン・レイという人のあったかさを、すごく感じたわけ。あれじゃないと、これはできてこないと思うよ。だって、それも死んで何年もたってからだからねェ。

+++++

宮脇 : 私が知っている限りでつくっているのは、そんなに大きなものはしてませんでしたね。たいてい小さな作品ばかり。
磯崎 : じゃ、仕事台みたいなところがあるでしょう。ああいうところでやるの。
宮脇 : ウン、そこでね、コラージュをわりとやってましたよね。
それから、絵の具がピッピッ、なんてハネる、リキテックスとかいう、あれをやっているころが、最初にお会いしたころですよね。それから十何年の間、わりにコラージュをやりましたね。よく、荷物のヒモなんか来るじゃない。そんなのをチョチョッと、画用紙の上とか、キャンバスの上に置いたりして、つくっている。

+++++

篠山 : でも、ダダの人っていうのは、作品じゃなくて、要するに生き方が作品なんでしょう。
宮脇 : そうなのよ。それが重要なのよ。生きる、生き方がね。偉い作家が、ものをうやうやしくするというようなところが、マン・レイにはないのね。ほんとに、ものが全部、等価値で置かれているわけ。このアトリエには、「アルチンボンド」であろうと、何であろうとね。灰皿であろうと、マッチのオブジェであろうと、全部、完全に等価値なのね。
だから、マン・レイほど自由な人はいなかったと思うの。それに関してはマン・レイは極端なくらい、もう熱烈に、自由と独立独歩ですか、それを生きたし、願った人じゃないかなって思うのね。
ものすごく重要なことだと思うんですよ、マン・レイにとって、アメリカから、なぜパリに行って暮らしたかって、私、何回も聞いたんですけどね、「やっぱり、自由だから」って。
私が、アメリカは自由な国じゃないのって聞いたら、フランスが自由というよりも、パリが自由だって。



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:00 AM | コメント (0)

April 30, 2013

既にそこにあるもの

shinrootake130430mj.jpg
『既にそこにあるもの』 大竹伸朗 著 (ちくま文庫, 2005)

_____ 現代美術の閉塞状況を打破し続ける画家、大竹伸朗20年間のエッセイ。常に次の作品へと駆り立てる「得体の知れない衝動」とは?「「既にそこにあるもの」という言葉は、あれから自分の中で微妙な発酵を繰り返しつつ、時に内側からこちらに不敵な笑みの挑発を繰り返す」。文庫化にあたり、新作を含む木版画30点、カラー作品、未発表エッセイ多数収録。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

大竹伸朗のエッセイを読んでいると、創作意欲が湧き、また、どこか旅をしている気分になる。
ちょうど20年前のGW、『カスバの男―大竹伸朗モロッコ日記』(求龍堂, 1994)を読んだときもそんな想像と創造の旅をした。

以下、『既にそこにあるもの』より抜書きメモ。

 ‘東京から、「よ」を逃した地、宇和島へと仕事場を移して八年ばかりたつが、土地についての歴史を調べる気など全く湧かず、知っていることと言えば、家を出て右の突き当たりを左へ十分ばかり歩くと海にぶつかるといったことぐらいだ。月に一度位東京に出たり、年に二、三回は海外へ出るが、新宿の歌舞伎町や宇和島商店街、イスタンブールの横丁を歩いても、“住む場所/訪れる場”といった感覚がすっぽり抜け落ちていることにいつも気づく。生まれ育った東京にいた時は古い知人や親がその中にいる意識がどこかしらあった気がするが、宇和島に来てからは、自分の居場所がますます曖昧になり、歩いているときはいつもなんとも説明のつかぬ浮遊感覚が足の裏にはりつく。
(中略)
 今日は一体何をした。仕事場へ行き、拾った昔の電子レンジをばらし、まだ動くモーターの回転を利用して音が出るものにしようと努力した。そして、モーターのプロペラに薄手のプラスチックシートの切れ端を三センチばかり突っ込むとバイクのエンジンもどき音が出ることがわかった。そして、もう一つ、スペイン、モロッコ、中国、香港、アメリカ、トルコの新聞紙を三〜八センチの幅で帯状に切り、木工用ボンドを指で一枚ずつ塗り、脚立の登り降りを繰り返して制作中の立体物の布の表面に貼った。今日したことと言えば、その二つだ。進行中の立体物の当面の目的、そしてそれが一体いつ終わるのかといったことは今のところ僕自身にもまったくわからない。ただわかっているのは、今これをどうしてもつくらねばならないといった強い思いでしかない。’

「宇和島ブルース」 p.18-19 (初出 「波」 九七年一月号)

‘・・・芸術の世界では同じものが複数ある版画より、一点しかない絵画やドローイングの方が価値があると一般には考えられているが、同じものを複数生み出すために制作された型や版といったオリジナル物についての考えは非常に曖昧なままだ。一点しか存在しないということだけのオリジナルより、複数同じものを生み出す能力を持つオリジナルの方が僕には価値があると思うのだが、芸術でも造船でもそういった型や版は不遇な状況に置かれたままだ。版と版画、型と船の関係を単に制作プロセスの段階物として考えることが暗黙の常識となっているが、それらの関係を異なった角度からながめることによって、オリジナルとか複製とか安直に割り切れない領域がひょっこりと顔を出してくるような気がする。’
「赤と黒のブルース」 p.50 (初出 「波」 九七年九月号)

 ‘僕は彼の熱心な読者ではないが、高校生の頃、教科書に彼の「日本文化私観」の一部が掲載されており、なぜかその内容が内側に引っかかった思い出がある。最初の新津行きがきっかけとなり初めて通して読んだ。その中の「美に就て」という章で、彼は小菅刑務所とドライアイス工場、そして偶然旅先でみかけた小さな軍艦、それぞれを美しいと思ってしまったことについての記述がある。なぜそれらのものが美しいのかという彼の考えの中で、それらはただ必要なもののみが必要な場所に置かれた結果だからだという共通項が示されている。僕が興味を持つのは、彼がそこに「機能美」という単語を用いず、またそうした結果生まれたものはすべて美しいとも言い切っていない点である。彼にとっての「美」の基準は「直接心に突当たり、はらわたに食込んでくるもの」であり、また「補う何物もなく、僕の心をすぐ郷愁へ導いて行く力があ」るということらしい。文章自体は安吾独特のめりはりのはっきりした調子である。が、僕にはどこか彼自身もそれを彼の中での「美」の定義とも断言できずに、もっと微妙な領域に探りを入れつつ文章化しているような、そんな彼の無意識が強く感じられるのだ。その文章の書かれた昭和十七年の日本のそんなもどかしさは、実はその形を変え続けながら複雑に生き延び、今の日本人が、すっかり変貌を遂げてしまったと思い込んでいる今現在の奇妙な風景の中に脈々と図太く蠢いているような気がする。’
「ネオン管ブルース」 p.55-56 (初出 「波」 九七年十月号)

‘・・・美術の世界では、美術史に名があがり、偉大な芸術家として美術館やギャラリーで丁重に扱われる人々、またはそれを正しい道として目指す芸術家、要するに社会的な規律、常識にのっとった上で創作活動を送れる人々を「インサイダー」と呼ぶのに対し、強い創作衝動のみを持って独学でモノを生み出す人々、精神的障害をかかえ創作に関わる人々、創造的犯罪者たちを「アウトサイダー」と位置づけている。しかし、結局、その類の展覧会や本を見ても、「西洋美術史の主役であるインサイダー/それに影響を及ぼしたアウトサイダー」という図式が見え隠れし、二つの間の境界線について納得のいく説明をどうしても見つけられないもどかしさを自分自身引きずっていた。’
「ゴッホ式インサイダー取引」 p.110-111 (初出 「波」 九八年十二月号)

 ‘それから半年あまりたって、つたない英語でラッセル(・ミルズ)に手紙を書いた。返事などこないであろうという予測をまたもや裏切られて、着いた返事の住所は、なんと、その時住んでいた自分のアパートから歩いて五分の所にラッセルのスタジオがあることを示していた。さっそく電話をすると来てもいいと言う。着いた彼のスタジオの中はまたもや「アート」であった。黒で統一された部屋の壁には「イラストレーション」と称された「アート」がたくさん掛かっていた。パブではヨゼフ・ボイスの話をしていた。そこにすわるイラストレーターが、ボイスの事をオレより肌で感じ、生でとらえているのがくやしかった。ポップアートを、そして現代美術を解ったつもりでいた自称アーティストのオレは、ロンドンのイラストレーターの前に何の抵抗もしめせないまま、散っていくのがわかった。その瞬間まで自分にとって「アート」は「イラストレーション」なんぞより高尚なものであり、イラストレーターが「アート」を語るなんぞ最大の御法度であったのだ。’
「ラッセルのこと」 p.151-152 (初出 「季刊アート 八〇年冬号)

 ‘ホックニーは昔から自分で撮ったスナップ写真や、ポラロイド写真を年ごとに、ウォーレンス・ヒートン社の大きなブ厚いアルバムに貼ってキチンと整理している。本当に本棚の上から下までギッシリとアルバムはすごい量であった。一回その一部を見せてもらったことがあるけれど、ホックニーはそれを見ながら「退屈な写真ばかりだ」と言っていた。しかし、その時チラリと目の前のアルバムのページの中を横切ったベッドルームの写真は、後述するカヴァフィの版画そのままで、今でもしっかり頭に焼きついている。ホックニーにとって退屈なスナップはぼくにとってひどく刺激的な別世界の写真が多かった。ホックニーの写真好きは有名で、、特に美術館に小型のミノルタカメラを持っていって、自分で絵の一部をトリミングして撮るのが好きで、机の上にはいつもルーベンスやらベラスケス、ゴッホ、フランチェスカ、ダ・ヴィンチ、ボッティチェルリ、フラ・アンジェリコ、ルソーらの絵の一部の写真がちらばっており、それを見てる時のホックニーはすごく幸せそうだった。ほんの少し、たとえ十分でも外に出る時でも、そのカメラとボヤールという濃紺のパッケージのパリのタバコをポケットにつっこんで外に出た。ある日画材屋までいっしょに出た十分ほどの間にホックニーが撮ったモノは、道で遊んでいた女の子二人と、道路を横切った黒い犬、そしてスタジオの前の工事中のビルの上からたれ下がった長い茶色い布で、「現代彫刻」と言って笑っていた。’
「ブラッドフォードのブロンド・ボーイ」 p.162-163 (初出 「美術手帖」 八二年八月号)

 ‘結局、四冊の小型ノートと、三冊のスケッチブックが手元に残り、その中から今でも好きなものを選んで編集したのがこの本である。六年たって本をつくるためにもう一回その頃の絵を見て、その頃も思い今も考える単純な事を思いだした。それは紙と鉛筆は人間が創り出した本当に偉大な発明だということだ。そして今でも、紙と鉛筆という単純な組み合わせに絵の本質的なものを見てしまうのだ。’
「倫敦/香港一九八〇」 p.171-172 (作品集『<倫敦/香港 1980>』 八六年八月)

 ‘絵でも言葉でも一番厄介なのは「作意」というやつだ。人はどっかしらで「私は毎日の時間を決して無駄にはしてません」というような若い根っこな主張をしたがるらしく、その手っ取り早い手段として「作意」に身をゆだねつつ仕事を進める方法をとる。「自分は何かをつくっている。創作している」と思い込めば一見毎日は無事過ぎていくが、そうしてできたもののほとんどは無惨な作業の結果でしかないことが多い。絵でも曲でもどんなに直感的に無作為に仕事を進めたところで、結果的には四角い画面なり、五分間の曲なりに納まってしまうわけだが、その「作意とのかけひき」を意識しているかどうかで、できあがったものを理屈を超えた空気のようなものが包み込むかそうでないかの本質的な違いが生まれるような気がする。’
「雑音嗜好症」 p.326-327 (初出 「芸術新潮」 八七年十月号)

 ‘外国の街角でよく見かけるディスカウントショップなどに出回っている素人の絵画だけを二百点ばかり集めた画集を最近見た。
(中略)
・・・僕はアウトサイダー系と呼ばれる、精神を病んだ人々のつくり出す作品や落書きに刺激を受けることが多いが、それらの作品と似て異なる感じをその画集に感じる。その似て異なる点はきっと、精神異常者というレッテルを社会で貼られていないだけの“正常人”がだれしも内に持つ狂気と関係がありそうだ。’

「正常の狂気」 p.360 (初出 「広告月報」 九二年九月号)



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:13 PM | コメント (0)

April 29, 2013

Outdoor Libraries and Bookstores

outdoor130429mj01.jpg
“An adorable library kiosk in a park in Santiago, Chile.”

outdoor130429mj02.jpg
“A tiny outdoor library in a park in Überlingen, Germany.”

outdoor130429mj03.jpg
“The Honesty Bookshop in the legendary bookshop town of Hay-on-Wye, in Wales.”

outdoor130429mj04.jpg
“The beautiful outdoor section of Boston’s Brattle Book Shop.”

outdoor130429mj05.jpg
“Then, of course, there’s Bart’s Books, the largest independently owned and operated outdoor bookstore in the US, located in Ojai, California.”

outdoor130429mj06.jpg
“An outdoor used bookshop in Tokyo.”

outdoor130429mj07.jpg
“And of course, les bouquinistes — bookstalls along the Seine in Paris, which line more than three miles of the riverbank.”

from Flavorwire

投稿者 orangepeel : 08:25 PM | コメント (0)

April 26, 2013

Self portraits by famous authors

selfportraits130426mj01.jpg
Kurt Vonnegut, 1995

selfportraits130426mj02.jpg
Margaret Atwood, 1975

selfportraits130426mj03.jpg
Charles Bukowski, date unknown.

selfportraits130426mj04.jpg
William S. Burroughs, 1959.

selfportraits130426mj05.jpg
Truman Capote, date unknown.

from Flavorwire via MELVILLE HOUSE

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

April 25, 2013

ephemera / Germano Facetti

germanofacetti130425mj.jpg
COVER DESIGN BY GERMANO FACETTI © ephemera collection of orangepeel

“Sanity, Madness and the Family”
R. D. Laing and A. Esterson

Published in Pelican Books 1970

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

April 24, 2013

Chicago Review

chicagoreview130424mj.jpg
Chicago Review
Spring-Summer 1954
chicagoreview130424mj04.jpg click to read--> WILLIAM CARLOS WILLIAMS View by Color-Photography on a Commercial Calendar


chicagoreview130424mj02.jpg
Chicago Review
Spring 1973
chicagoreview130424mj04.jpg click to read--> RAYMOND CARVER They're Not Your Husband


chicagoreview130424mj03.jpg
Chicago Review
Spring 1975
chicagoreview130424mj04.jpgclick to read--> JOYCE CAROL OATES The Hallucination



from Chicago Review

投稿者 orangepeel : 04:49 PM | コメント (0)

April 19, 2013

9 Famous Authors

9famousauthors130419mj01.jpg
Ezra Pound

9famousauthors130419mj02.jpg
Sylvia Plath

9famousauthors130419mj03.jpg
Zelda Sayre Fitzgerald

9famousauthors130419mj04.jpg
Richard Brautigan

and Friedrich Nietzsche, Anne Sexton, Paulo Coelho, Robert Lowell, David Foster Wallace.

“9 Famous Authors Who Did Stints in Mental Institutions”
from Flavorwire via Penguin Classics‏ (@PenguinClassics) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

April 16, 2013

No One Belongs Here More Than You: Stories

mirandajuly130416mj.jpg
『いちばんここに似合う人』 ミランダ・ジュライ 著 / 岸本佐知子 訳 (新潮クレスト・ブックス, 2010)

_____ 水が一滴もない土地で、老人たちに洗面器一つで水泳を教えようとする娘(「水泳チーム」)。英国のウィリアム王子をめぐる妄想で頭がはちきれそうな中年女(「マジェスティ」)。会ったこともない友人の妹に、本気で恋焦がれる老人(「妹」)―。孤独な魂たちが束の間放つ生の火花を、切なく鮮やかに写し取る、16の物語。カンヌ映画祭で新人賞を受賞した女性監督による、初めての小説集。フランク・オコナー国際短篇賞受賞作。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

映画『ザ・フューチャー』を観たばかりなので、いまさらながら、ミランダ・ジュライの短篇集をひもといてみました。

どの物語 もストレンジだけれど、身近な“私”の- Stories -。

冒頭の小説「共同パティオ」は、アパートメントの共同パティオで隣人夫婦の男性とのつかのまの恋にふけるエピソード。
彼は、『パント』という雑誌のデザイナーをしていて、“わたし”は印刷会社で働いている。

‘さいきん『パント』のほうはどう、とわたしが聞くと、彼はタイポ(誤植)にまつわる面白い話をしてくれた。二人とも同じ業界にいるおけげで、ヴィンセントは「タイポ」が「タイポグラフィカル・エラー」の略だということをわざわざわたしに説明しなくてもすむ。もしヘレナがそここにいたら、彼女にも理解できるように、二人とも業界の専門用語を使わないように気をつけなきゃならないところだ。でもヘレナはまだ仕事の時間だったので、そこにはいなかった。彼女の仕事は医療事務で、それが看護士と同じなのかちがうのかは、よくわからない。’
「共同パティオ」 (p.13)

以前、ロンドンで暴動があったとき、twiitterで固唾をのんで情報をあつめていたところ、
英国の格差社会を揶揄ったような‘London Inc’という表現をみつけたので、
発信者に「London Inc?」とたずねたことがあった。
返ってきたのが「typo」というひとことだったので、そのすっとぼけぶりに笑ったのだが、
あとで気付いたら、相手はBBCの記者だった。

“わたし”の優越感と恋愛妄想に共感してみた次第です。



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

April 14, 2013

Artists of the Contemporary Picture Books : their lives and studios

studios130414mj01.JPG
*1.
studios130414mj02.JPG
*2.
studios130414mj03.JPG
*3.
studios130414mj04.JPG
*4.
Artists of the Contemporary Picture Books : their lives and studios
© Fukuinkan Shoten Publishers, Inc., 2012

絵本作家のアトリエは、とても興味深い。
絵の具やスケッチブックが並ぶ机の上は、作家の記憶であり、
創作への愛着と希望にみちあふれているからだ。

『絵本作家のアトリエ』(福音館書店, 2012)は、ぶらりと立ち寄ったこども図書館で借りてきた。
大戦を生きぬき、戦後日本のイラストレーション、あるいはグラフィック・デザインの黎明に、
こどもたちや後進へ、語り継ぐべき《絵本》という使命を与えられた、《作家》のインタビュー集である。

+++++

‘「目先の生活の役に立つかどうかという視点で考えていったら、極端な話、芸術なんて必要ない」 「じゃあ、どうしてそんなものをあえて教育の中に入れたのか。それは明治時代から大正時代にかけて、我々の先輩が、小さいうちから美しさに対する憧れの気持ちというものを生活の中に養っていかなきゃ、すごく擦り切れた人間になっていくかもしれないと考えたからなんじゃないでしょうか」
「(芸術という)この直接役に立たないものが、心のビタミンのようなもので、しらずしらずのうちに、私たちの心のなかで蓄積されて、感ずる心を育てるのです。
 人間が生きるためには、知ることが大切です。
 私は、みなさんの一人一人に、本当の喜び、悲しみ、怒りがどんなものかがわかる人間になってもらいたいのです」’

佐藤忠良「教育者として」 (p.53)

 ‘佐藤さんが晩年、敬愛していたのが、“木”’である。
「樹木も人間の成長と同じように、若木、壮木、老木と木肌の密度が移り変わること、生き抜くための防御を備えていることなどは似ているのだが、あの老樹たちの曲がりくねった胴体、さらに曲がりくねって、それぞれに伸びようとする枝たちの苦闘の姿態、しっかりと地球を捉えながら支えている根っこたちを見ると、畏敬の念を抱かざるを得ない。樹木にはまったくずるさというものがない」’

佐藤忠良「人間にとって大切なことは」 (p.56)

+++++

 ‘東京の下町には、取り残されたような古ぼけた一角が必ずあるんですよ。隣にはいかにも景気よさげな明るいビルが建っていても、一歩路地に入ると、長屋があったりする。それも微視的に探っていくと、いつごろできた建物なのか、だんだんわかってくるんです。明治・大正のものもあれば、昭和初期、戦後の混乱期のものもある。
 建物ばかりじゃなく電信柱も街灯もありますよ。もう電信柱としては使われれてないんだけれど、八百屋の店先に一本だけ立っていて、ネギだとか大根だとかいろんな商品がぶら下げてあるのとか。その八百屋にとっては必需品になっているんですよ。それがよく見ると二・二六事件の直前にできたものだったり。
 そんなものを見ていると、ああ、こんなものがあった、こんなものがあったって面白くてね。
_____ それは懐かしさのようなものですか?
 いや、自分の奥底にしみこんだ時代の風景というものがあって、それを確認するために二十年以上も街をほっつき歩いてきたんだと思う。
 自分の中に、焼け跡のイメージがあるんです。戦中戦後かけて、東京は空襲で焼けただれた、焼け野が原だった。隅田川にも言問橋の上にも死体がいっぱいだった。そういうものも、実際は見てはいないけれども、子どものじぶんに耳にばんばん入ってきたんです。
 戦争が終わって世の中が落ち着いて、バブルのころなんて景気よさげになったけれども、よさげなだけで本当は貧しいのに、みんな錯覚して踊ってた、爆弾の恐怖も飢えの恐怖も、みんな忘れてね。忘れていいんですよ、おれだって日常覚えているわけじゃないけどね。ただね、そういう時代だからこそ逆に、子どものころから持ち続ける焼け跡のイメージを、探し続けてたと思うんですよ。それがどうやら、絵のテーマになってるような気がしますね。’

井上洋介「焼け跡という風景」 (p.76-78)

+++++

写真 *1. *2. 赤羽末吉 (p.104)
制作の際に丹念な取材を積み重ね、膨大な写真資料を撮った。
写真 *3. *4. 山脇百合子 (p.118,1 21)
『いやいやえん』は姉・中川 李枝子さんのテキストとともに、高校三年生の時はじめててがけた挿絵。
ふだんから、編み物など手を動かす仕事が大好きな山脇さんは、次は木版画と水彩画を習いたいのだという。



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 04:44 PM | コメント (0)

April 11, 2013

L'écume des jours #223

ldj130411mj01.JPG

ldj130411mj02.JPG

ldj130411mj03.JPG

ldj130411mj04.JPG

ldj130411mj05.JPG

ldj130411mj06.JPG

ldj130411mj07.JPG

ldj130411mj08.JPG

ldj130411mj09.JPG

ldj130411mj10.JPG

ldj130411mj11.JPG

ldj130411mj12.JPG

ldj130411mj13.JPG

ldj130411mj14.JPG

ldj130411mj15.JPG
© photo by orangepeel

*Siv Cedering (February 5, 1939 – November 17, 2007) was an award-winning Swedish-American poet, writer, and artist. She occasionally published as Siv Cedering Fox.

投稿者 orangepeel : 06:28 PM | コメント (0)

April 09, 2013

Ugly Duckling Presse

uglyducklingpresse130409mj01.jpg
Kim Rosenfield: USO: I’ll Be Seeing You
Poetry
Smyth-sewn. 128 pp, 5 x 7.25 in.
Publication Date: 2013

uglyducklingpresse130409mj02.jpg
Aaron McCollough: Underlight
Poetry
Perfect-bound. 96 pp, 5 x 7 in.
Publication Date: 2012

uglyducklingpresse130409mj03.jpg
Sandra Liu: On Poems On
Illustrator: Nils Karsten
Poetry
Perfect-bound. 28 pp, 5.25 x 7 in.
Publication Date: 2012

uglyducklingpresse130409mj04.jpg
The Debate Society: 15-Second Plays
Playscript
Saddle-stitched. 32 pp, 5.5 x 8.25 in.
Letterpressed Cover
Publication Date: 2012

uglyducklingpresse130409mj05.jpg
Mary Austin Speaker: 20 Love Poems for 10 Months
Poetry
Hand-bound. 32 pp, 5.25 x 8.5 in.
Publication Date: 2012

from Ugly Duckling Presse

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

April 08, 2013

Daffodils

wordsworth130408mj.jpg
Wordsworth, 'I wandered lonely as a cloud', 1807 from British Library

投稿者 orangepeel : 09:00 PM | コメント (0)

Spring!may—

eecummngs130408mj01.jpg
Poetry June 1952
Elise Asher, E. E. Cummings, Finvola Drury, Brewster Ghiselin, William Gibson, Paul Goodman, and more.

cummings130408mj02.jpg

cummings130408mj03.jpg
E. E. Cummings “I Carry Your Heart with Me (I Carry It In” and “Spring!may— ”

via Poetry Magazine Archive - POETRY FOUNDATION

投稿者 orangepeel : 07:05 PM | コメント (0)

April 06, 2013

Wally Depew's Concrete Poetry

wallydepew130406mj01.jpg

wallydepew130406mj02.jpg

wallydepew130406mj03.jpg

wallydepew130406mj04.jpg

wallydepew130406mj05.jpg

wallydepew130406mj06.jpg

wallydepew130406mj07.jpg

wallydepew130406mj08.jpg

wallydepew130406mj09.jpg

wallydepew130406mj10.jpg

wallydepew130406mj11.jpg

wallydepew130406mj12.jpg

wallydepew130406mj13.jpg

wallydepew130406mj14.jpg

wallydepew130406mj15.jpg

wallydepew130406mj16.jpg

wallydepew130406mj17.jpg

wallydepew130406mj18.jpg

wallydepew130406mj19.jpg

wallydepew130406mj20.jpg

wallydepew130406mj21.jpg

wallydepew130406mj22.jpg
Wally Depew (1938-2007). He edited and published Poetry Newsletter (1964-1966), an avant garde, small press poetry periodical that ran through 12 issues, composed concrete typewriter poetry, contributed poems to small press periodicals, was a book artist, print maker and drama writer.

from imprint

投稿者 orangepeel : 06:13 PM | コメント (0)

April 02, 2013

gui #98

gui130402mj01.jpg

gui130402mj02.jpg
gui vol.35 no.98, April 2013

表紙・表4:高橋昭八郎

投稿者 orangepeel : 07:38 PM | コメント (0)

March 31, 2013

Easter with Yeats

Easter1916yeats130331mj.jpg
__ Easter, 1916. by W.B. Yeats. 4to, original bright green printed wrappers.


I have met them at close of day

Coming with vivid faces

From counter or desk among grey

Eighteenth-century houses.

I have passed with a nod of the head

Or polite meaningless words,

Or have lingered awhile and said

Polite meaningless words,

And thought before I had done

Of a mocking tale or a gibe

To please a companion

Around the fire at the club,

Being certain that they and I

But lived where motley is worn:

All changed, changed utterly:

A terrible beauty is born.


That woman's days were spent

In ignorant good-will,

Her nights in argument

Until her voice grew shrill.

What voice more sweet than hers

When, young and beautiful,

She rode to harriers?

This man had kept a school

And rode our wingèd horse;

This other his helper and friend

Was coming into his force;

He might have won fame in the end,

So sensitive his nature seemed,

So daring and sweet his thought.

This other man I had dreamed

A drunken, vainglorious lout.

He had done most bitter wrong

To some who are near my heart,

Yet I number him in the song;

He, too, has resigned his part

In the casual comedy;

He, too, has been changed in his turn,

Transformed utterly:

A terrible beauty is born.


Hearts with one purpose alone

Through summer and winter seem

Enchanted to a stone

To trouble the living stream.

The horse that comes from the road,

The rider, the birds that range

From cloud to tumbling cloud,

Minute by minute they change;

A shadow of cloud on the stream

Changes minute by minute;

A horse-hoof slides on the brim,

And a horse plashes within it;

The long-legged moor-hens dive,

And hens to moor-cocks call;

Minute by minute they live:

The stone's in the midst of all.


Too long a sacrifice

Can make a stone of the heart.

O when may it suffice?

That is Heaven's part, our part

To murmur name upon name,

As a mother names her child

When sleep at last has come

On limbs that had run wild.

What is it but nightfall?

No, no, not night but death;

Was it needless death after all?

For England may keep faith

For all that is done and said.

We know their dream; enough

To know they dreamed and are dead;

And what if excess of love

Bewildered them till they died?

I write it out in a verse—

MacDonagh and MacBride

And Connolly and Pearse

Now and in time to be,

Wherever green is worn,

Are changed, changed utterly:

A terrible beauty is born.

                W.B. Yeats “EASTER, 1916”

from seattlepi.com via Don Share (‏@Don_Share) on twitter



彼等に会ったのは、日暮れ時、
灰色の十八世紀風の家々の間を、
商台やデスクから立って
生き生きした顔をしてやって来た。
私は軽く会釈し、或いは、
丁寧に無意味な口をききながら通った。
また、ちょっとたたずんで
丁寧に無意味な言葉をかけた。
その言葉も終えぬうちに
また、おちょうらかしな、たわむれの話を思いつき
クラブで火を囲む一座を悦ばせた。
かれらも私も、道化芝居の役を
つとめているだけなのを心得ていたので。
あらゆるものは変った、全く変った。
  けおそろしき美は生れたのだ。
                
                W.B.イェイツ 「復活祭、一九一六年」

W.B.イェイツ詩集 『薔薇』 (尾島庄太郎 訳 / 角川文庫, 1999) 「復活祭、一九一六年」 一章より



*The Easter Rising and the Proclamation of the Irish Republic

=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 05:31 PM | コメント (0)

Crawdaddy!

crawdaddy130331mj01.jpg

crawdaddy130331mj02.jpg
“Crawdaddy!” February, 1968

crawdaddy130331mj03.jpg

crawdaddy130331mj04.jpg
“Crawdaddy!” May, 1968

from Crawdaddy! Archives: 1966-1968

*R.I.P. Paul Williams (Crawdaddy! creator)

投稿者 orangepeel : 04:52 PM | コメント (0)

March 30, 2013

平戸廉吉詩集

renkichihirato130330mj.jpg
『平戸廉吉詩集』 (平戸廉吉詩集刊行會 川路柳虹編集 昭和六年 / ほるぷ出版 昭和56年 復刻版)

_____ 平戸廉吉 明治二十六年大阪に生る。中學の課程を終へ上京上智大學に入り三年にして退學佛語を曉星學校に學ぶ。明治四十五年頃より詩作す。川路柳虹に師事「伴奏」第一輯に始めて詩を發表、以後「現代詩歌」「炬火」「日本詩人」等に發表せり。報知新聞社、中央美術社に勤務せしことあるも窮乏と肺患とに苦闘す。大正十一年七月二十日東京に於て逝く。享年二十有九。 _____
『平戸廉吉詩集』巻頭より

未来派の影響がある装丁にひかれ、古書店にて購入。
本文も、書体の大きさを変えたりと、モダンだが、
東京へのあこがれと、困窮と希望と、
青年の叙情の片鱗をうかがわせる詩作品がいいのです。


雨の晴間の發作的な群青の空に
疲れきつた肉體が野蠻人のやうに持ち上がる
疲れきつた眼が嬰兒の瞳のやうに澄み亘る
人間の本能が巨眼を開いて空に何物かを見る
暫くの間、碧空は思ひきり强く輝き
思ひきり深くすみ切つてゐるのだ
今暫く、あらゆる物體は
此碧空の下で等しく輕く息吐くやうに見える。
      
                平戸廉吉 「碧空と私」



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:38 PM | コメント (0)

March 27, 2013

The place where I write

edwintorres130327mj.jpg
The place where I write: Edwin Torres [USA] photo: Edwin Torres

“.... My writing is telling me it’s okay to write wherever I can…like a constant companion, a nuisance, a lover, a muse. I am reminded of my transition every time I sit at my place of poetry, because that place has become the transition itself.”

lukedavies130327mj.jpg
The place where I write: Luke Davies [Australia] photo: Luke Davies

“The more cluttered desk is the one I mostly use. It’s actually also in my bedroom. So obviously I spend a lot of time in the bedroom! But it’s a big room, with great light and air-flow, and outside one of the windows there’s a nice tree which hummingbirds flit in and out of all day long.”

silvanafranzetti130327mj.jpg
The place where I write: Silvana Franzetti [Argentina] photo: Silvana Franzetti

“With certain things, tools and materials, I compose poetry in a written and visual register; alone, at this desk. Out of the field of this photo: the materials, the tools and the things with which I compose poetry are in other registers and other supports.”

erinmoure130327mj.png
The place where I write: Erín Mouré [Canada] photo: Erín Moure

“.... Sometimes when I return from a trip, I don’t tell anyone I’m back, and I can write for a few days, living fully in words and the echoes of words, as if home were the most remote place on earth, as well as the most central.”

from lyrikline.org blog via lyrikline.org‏ (@lyrikline) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:20 PM | コメント (0)

March 25, 2013

A Visit to William Blake’s Inn

williamblakesinn120325mj01.png

williamblakesinn120325mj02.png

williamblakesinn120325mj03.png

williamblakesinn120325mj04.png

williamblakesinn120325mj05.png
from Brain Pickings via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

William Blake for young people “A Visit to William Blake’s Inn”, illustrations by Alice and Martin Provensen

投稿者 orangepeel : 04:54 PM | コメント (0)

March 23, 2013

Development of the Title Page, 1470–1900

announcingthetext130323mj01.jpg
Biondo Flavio, 1392–1463
Blondi Flavii Forliviensis in Roma instaurata prefatio incipit
Rome, 1471
Letterpress and illumination
J. Paul Getty Fund in honor of Franklin Murphy and The Gladys Krieble Delmas Foundation

announcingthetext130323mj02.jpg
Ovid, 43 B.C.–17 or 18 A.D.
Habebis candide lector. P. Ouidii Nasonis Metamorphosin castigatissimam
Parma, 1505
Letterpress
Gift of Robert Erburu

announcingthetext130323mj03.jpg
Livy
Titi Livii Decades: noviter impresse
Venice, 1506
Letterpress and woodcut
A. W. Mellon Foundation New Century Fund

announcingthetext130323mj04.jpg
Frans van Stampart, 1675–1750
Prodromus, oder, Vor-licht des eröffneten Schau- und Wunder-Prachtes aller deren an dem Kaiserl
Vienna, 1735
Letterpress
David K. E. Bruce Fund

announcingthetext130323mj05.jpg
John Dart, d. 1730
The history and antiquities of the Cathedral Church of Canterbury, and the once-adjoining monastery
London, 1726
Letterpress
David K. E. Bruce Fund

announcingthetext130323mj06.jpg
William Morris, 1834–1896
Gothic architecture: a lecture for the Arts and Crafts Exhibition Society
Hammersmith, London, 1893
Letterpress
David K. E. Bruce Fund

Announcing the Text
Development of the Title Page, 1470–1900
Selections from the National Gallery of Art Library

from National Gallery of Art via Maria Popova ‏ (@brainpicker) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:43 PM | コメント (0)

March 20, 2013

Book Heaven in Paris

bookheaveninparis130320mj01.jpg
FRONT DESK

bookheaveninparis130320mj02.jpg
FEED THE STARVING WRITERS!

bookheaveninparis130320mj03.jpg
SCHINDLER PIANO

bookheaveninparis130320mj04.jpg
PORTRAITS OF WRITERS

bookheaveninparis130320mj05.jpg
SIT DOWN AND READ

bookheaveninparis130320mj06.jpg
BACK AND FRONT

bookheaveninparis130320mj07.jpg
SLEEPING AMONG THE SHELVES

from Fotopedia Magazine — Shakespeare and Co, book heaven in Paris
via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:29 PM | コメント (0)

March 13, 2013

ephemera / Germano Facetti

germanofacetti130313mj.jpg
COVER DESIGN BY GERMANO FACETTI © ephemera collection of orangepeel

“Self and Others”
R. D. Laing

Published in Pelican Books 1971

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

March 11, 2013

i thank You God for most this amazing


i thank You God for most this amazing - e.e.cummings


神様 私はあなたに感謝します この

奇跡の日に 目をみはるほどの樹の緑に

空に在る 紛うことない青い夢に

・・・・・

死んだはずの私が生きている今日に

      
           (意訳 : orangepeel)

投稿者 orangepeel : 10:17 PM | コメント (0)

Emily Dickinson's Herbarium

dickinson130311mj01.jpg

dickinson130311mj02.jpg

dickinson130311mj03.jpg

dickinson130311mj04.jpg

dickinson130311mj05.jpg

dickinson130311mj06.jpg

dickinson130311mj07.jpg

from Harvard University Library via Chris Lott (‏@passiontask) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:35 PM | コメント (0)

March 09, 2013

L'ecume des jours #216

ldj130309mj01.JPG

ldj130309mj02.JPG

ldj130309mj03.JPG

ldj130309mj04.JPG

ldj130309mj05.JPG

ldj130309mj06.JPG

ldj130309mj07.JPG

ldj130309mj08.JPG
© photo by orangepeel @ Shibuya Folk and Literary Shirane Memorial Museum

上の写真は、昭和の住宅を模した展示室にあった、とある家族のアルバム。

shirane130309mj.jpg
『企画展 「独歩・花袋・国男」-丘の上の青春-』 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館

- 文学史上、多大な功績を残した、国木田独歩・田山花袋・柳田国男は渋谷の地で文学を語り合う時代がありました。渋谷区制施行80周年・柳田国男没後50周年を記念する本展では、3人の交流を紹介いたします -
企画展 「独歩・花袋・国男」-丘の上の青春- 白根記念渋谷区郷土博物館・文学館 平成24年12月8日(土)〜3月24日(日)

私は、小・中・高と校歌の歌詞に「武蔵野」が謳われていた、
まさに武蔵野の原点・三富新田(所沢市中富・下富)で十代を過ごしたが、
新興住宅街だったので実感がなかった。

東京も武蔵野だ。

むしろ、国木田独歩先生(!)のように、例えば渋谷・世田谷を拠点に
武蔵野の原風景(雑木林や川の名残りなど)を幻視しながら散策するのが面白い。
川や土地の記憶をさぐって、現在の自身の立ち位置を確認する作業。

‘必ずしも道玄坂といはず、又た白金といはず、つまり東京市街の一端、或は甲州街道となり、或は青梅道(あをめみち)となり、或は世田ケ谷街道となりて、郊外の林地田圃に突入する処の、市街ともつかず宿駅ともつかず、一種の生活と一種の自然とを配合して一種の光景を呈し居る場処を描写することが、頗る自分の詩興を喚び起すも妙ではないか。なぜ斯様(かやう)な場処が我等の感を惹くだらうか。自分は一言にして答へることが出来る。即ち斯様な町外れの光景は何となく人をして社会といふものゝ縮図でも見るやうな思をなさしむからであろう。言葉を換えて言へば、田舎の人にも都会の人にも感興を起こさしむるやうな物語、小さな物語、而も哀れの深い物語、或は抱腹するやうな物語が二つ三つ其処らの軒先に隠れて居さうに思はれるからであらう。’
国木田独歩 『武蔵野』 第9章から抜粋

独歩のポエジーに対して、柳田國男からみた武蔵野は、クールだ。

‘国木田が愛して居た村境の楢の木林なども、実は近世の人作もあって武蔵野の残影ではなかつたのである。’

柳田國男の直筆調査カードの展示をみると、葉書サイズにカットしたメモに気付いたことを綴り、
テーマごとに厚紙ではさみ、麻の紐でくるんでまとめていた。
なるほど、フィールドワークの際には嵩張る面倒のないように、鉛筆と紙片を数枚、ポケットに持ち歩いていたのだろう。

ところで、柳田國男のロマンティストぶりをかいまみた。
田山花袋と同人であった歌塾で、民俗学者らしい(らしからぬ?)抒情詩をうたっている。

‘利根川の夜舟の中に逢見つる 香取少女はいかにしつらん’
柳田國男 「戀のうたの中に」

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

March 02, 2013

Escape from Tokyo

escapefromtokyo130302mj01.JPG

escapefromtokyo130302mj02.JPG

escapefromtokyo130302mj03.JPG

escapefromtokyo130302mj04.JPG

escapefromtokyo130302mj05.JPG

escapefromtokyo130302mj06.JPG

escapefromtokyo130302mj07.JPG

escapefromtokyo130302mj08.JPG

escapefromtokyo130302mj09.JPG

escapefromtokyo130302mj10.JPG

escapefromtokyo130302mj11.JPG

escapefromtokyo130302mj12.JPG
© photo by orangepeel @ Tokyo

IC-98
Iconoclast Publications 10
Escape from Tokyo, 2008

(PDFにて、全ページ読めます)

“あなたは(東京から)どこへ逃避したいですか”
アーティスト「IC-98」によるアートプロジェクト。

フィンランド大使館にてB5版アートブックを入手。
意外に?ロマンティックな答えが多く、詩集のよう。

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

February 28, 2013

Kalevala

kalevala130228mj01.JPG

kalevala130228mj02.JPG
© orangepeel

北欧文化協会 2013年2月例会 「カレワラの会」 @ フィンランドセンター(フィンランド大使館内)に。

カレワラとは、フィンランドに古くから伝わる民族叙事詩。
ロシア支配下にあった19世紀初頭、医師エリアス・リョンロートが収集し、ともに歌うことを治療に用いたという。
キリスト教が広く布教される前、“詩”が人々のこころを救ったのである。

フィンランドセンター所長、カウコ・ライティネン氏の講演とともに、
はざた雅子さんのカンテレの演奏に、こころうたれました。

*奇しくも『現代詩手帖』3月号は、特集「北欧現代詩と出会う」。今晩から、じっくり読みます。

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

February 27, 2013

Tinfish Press

tinfishpress130227mj01.jpg
15 Chinese Silences
By Timothy Yu • March 2012
Design by Eric Butler

tinfishpress130227mj02.jpg
2 Poems by Bradajo (with CD)
by Jozuf Bradajo Hadley • 2006
Design by Gaye Chan

tinfishpress130227mj03.jpg
Language as Responsibility
by Leonard Schwartz • 2006
Design by Lian Lederman

tinfishpress130227mj04.jpg
Someday I’ll Be Sitting in a Dingy Bar
by Hwang Jiwoo • 2007
Translated by Scott Swaner & Young-Jun Lee
Designed by Gaye Chan

tinfishpress130227mj05.jpg
Charlotte’s Way
by Norman Fischer • 2008
Design by Terri Wada • 20 pages • accordion style

tinfishpress130227mj06.jpg
Alchemies of Distance
by Caroline Sinavaiana-Gabbard • 2001
Subpress/Tinfish/Institute of Pacific Studies
Cover design by Stuart Henley

tinfishpress130227mj07.jpg
A Communion of Saints
by Meg Withers • 2008
Designed by Chae Ho Lee

tinfishpress130227mj08.jpg
Poeta en San Francisco
by Barbara Jane Reyes • 2006
Design by Karen White & Colin Wilkinson

tinfishpress130227mj09.jpg
The Erotics of Geography
by Hazel Smith • 2007
Design by Karen Zimmerman

tinfishpress130227mj10.jpg
Tinfish 18½: The Book
Curated by Lian Lederman
Designed by Gaye Chan

from Tinfish Press via Tinfish Press‏ (@TinfishPress) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (0)

February 15, 2013

e.e. cummings

americanpoets130215mj.jpg
『ユリイカ』 臨時増刊 総特集 「アメリカの詩人たち」 1980. VOL. 12-7 (青土社)

10代のころ、おこづかいで買ったユリイカ。
はじめて詩を真剣に書きはじめて、
はじめてアメリカの翻訳詩を読んだ。
引越しのたびに書棚の位置は変われど、いつも私の手元にあった。
ページをめくると、鉛筆で線がひいてあったり、マルがつけられてたり、
お気に入りの詩人は、このころから変わっていないことに気づく。

e.e. カミングズ。
藤富保男氏の訳で知った。
藤富氏から、北園克衛を知り、『VOU』を知った。
はじまりは、エズラ・パウンドやe.e. カミングズなどのアメリカの詩人たちだったのだ。

 訳とはこんなものである。
 詩_____ それはそもそも活字であっただろうか。その昔は吟遊詩人たちが楽器を奏でて詩句をふかしながら歩いていたが、グーテンベルクの印刷術によって詩も文字化されてしまった。文字になった詩は紙の上で停止をしているフリをしている。なぜか。その詩は歌われるのを待っているからである。口ずさまれることによって、それらの文字は躍如として、文字とは別の感情の羽根をひろげて人々に侵入するからである。誰が声を出して読むか。もちろん作った人、読者であろう。しかし次第に時代を経るにしたがって、他人の作品を読む人もあらわれて来た。詩が朗読されれば、それを受取る人_____ 聞き手がいる。
 そういう詩は音節、韻、リズム、アクセントで作られるようになった。当り前のことを今述べているが、この当り前のことのほかに、もう一つ見逃せない事が生じてしまったのである。それは活字になった時は、一度は紙の上で停止するということだ。停止したときに、配列、並置、字の形はどういうふうに工夫されるかをおろそかにしてはいないだろうか。
 すなわち、
 (一) 読んで効果のある詩
 (二) 見て効果のある詩
 この二つがある。
 カミングズはこの二つの点をしっかりわきまえた詩人であった。
 (とかくカミングズは印刷美学的- タイポグラフィカル - な詩人と呼ばれているが、実はその詩は音楽的な面を強調していることを忘れてはいないだろうか。)
 彼がその両面をそなえた詩人だということは次の例がよいだろう。

“sweet spring is your
time is my time is our
time for springtime is lovetime
and viva sweet love

(all the merry little birds are
flying in the floating in the
very spirits singing in
are winging in the blossoming)

lovers go and lovers come
awandering awondering
but any two are perfectly
alone there's nobody else alive

(such a sky and such a sun
i never knew and neither did you
and everybody never breathed
quite so many kinds of yes)

not a tree can count his leaves
each herself by opening
but shining who by thousands mean
only one amazing thing

(secretly adoring shyly
tiny winging darting floating
merry in the blossoming
always joyful selves are singing)

sweet spring is your
time is my time is our
time for springtime is lovetime
and viva sweet love”

『ユリイカ』 臨時増刊 総特集 「アメリカの詩人たち」 藤富保男 カミングズの詩を訳して (p.26-27)

「すてきな春はきみの
時ではなくぼくたちの
時だ春は愛の時
ですてきなきみ よ」

(みんな愉快な小さい鳥たちは
歌っている本当の心のなかの
ただよい のなかをとんでいて
満開の花たちのなかではばたいている)

愛し合っている人たちは行き愛し合っている人たちはやってくる
おどろいて さまよって
けど愛している二人はどれもぴったり
一体化していて ほかに生き生きしてる人なんかいない

(そんな時の空も太陽も
ぼくは知らなかったし きみも知らなかった)
他の連中はそんな無数の種類の はい を
呼吸したことはなかった)

木は自分の葉を数えきれず
ひらいて輝くだけのことによって
何千となることで
たった一つのおどろくべき物である

(ひそかに慕って はずかしそうに
小さくはばたいて飛んで行ってただよって
満開のなかで愉快に
いつも喜びみちた めいめいが歌っている)

「すてきな春はきみの
時でぼくの時でぼくたちの
時だ春は愛の時
ですてきなきみ よ」

                          
                     — 「すてきな春はきみの

『カミングズ詩集』 藤富保男 訳編 (「海外詩文庫」 思潮社, 1997) 「すてきな春はきみの (p.75-76)

たしかに、e.e. カミングズは《見て効果のある詩》が印象的だけれども、
声にだして歌ってみると《読んで効果のある詩》であるということがわかる。
ウディ・アレン監督『ハンナとその姉妹』 (1985)のなかで、
“somewhere i have never travelled”がロマンティックにつかわれている。
本、本屋好き、マイケル・ケインさま(!)好きには、永久保存のシーンです♪


Hannah and her sisters poem Cummings

somewhere i have never travelled, gladly beyond
any experience, your eyes have their silence
in your most frail gesture are things which enclose me
or which i cannot touch because they are too near

your slightest look easily will unclose me
though i have closed myself as fingers
you open always petal by petal myself as spring opens
(touching skilfully, misteriously) her first rose

or if your wish be to close me, i and
my life will shut very beautifully, suddenly
as when the heart of this flower imagines
the snow carefully everywhere descending,

nothing we are to perceive in this world equals
the power of your intense fragility; whose texture
compels me with the colour of its countries,
rendering death and forever with each breathing

(i do not know what it is about you that closes
and opens; only something in me understands
the voice of your eyes is deeper than all roses)
nobody, not even the rain has such small hands

                     — somewhere i have never travelled, e e cummings


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:12 PM | コメント (0)

February 12, 2013

Dark Summer

darksummer130212mj01.JPG

darksummer130212mj02.JPG

darksummer130212mj03.JPG

darksummer130212mj04.JPG

darksummer130212mj05.JPG

darksummer130212mj06.JPG

darksummer130212mj07.JPG

darksummer130212mj08.JPG

darksummer130212mj09.JPG

darksummer130212mj10.JPG
Dark Summer by Morgan Gibson © Morgan Press, 1977

Published in an edition of 400 using handset Bookman type, Kilmory text, Van Son ink.

400部限定の手製詩集を

古書店にて手に入れる

約10cm四方の手のひらサイズ

投稿者 orangepeel : 09:03 PM | コメント (0)

February 06, 2013

Peter Lawrence

peterlawrence130206mj01.jpg
"California" by Peter Lawrence
Wood engraving

peterlawrence130206mj02.jpg
"Godrevy Island" by Peter Lawrence
Wood engraving

peterlawrence130206mj03.jpg
"Quintet" by Peter Lawrence
Wood engraving

from St. Jude's Gallery

peterlawrence130206mj04.jpg
Poetry of Sylvia Plath, poems selected by Ted Hughes, cover by Peter Lawrence

from Curled Up With A Book

peterlawrence130206mj05.jpg
Faber's 80th anniversary poetry covers

from Creative Review

投稿者 orangepeel : 07:52 PM | コメント (0)

February 03, 2013

Shirley Tucker on Book Design

thebelljar130203mj01.jpg
“The Bell Jar” by Sylvia Plath - Shirley Tucker designed the cover of the original 1966 edition.


Shirley Tucker on Designing Book Covers


Shirley Tucker on her Favourite Faber Covers


Shirley Tucker on Berthold Wolpe

from The Casual Optimist

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

January 28, 2013

北園克衛の副読本

katsuekitazono130128mj.jpg
『彷書月刊』 2002年12月号 特集●北園克衛の副読本 重実生或「デザイナとしての北園克衛」(p.27)より

休刊してしまった、古書・古書店情報誌『彷書月刊』の北園克衛特集を古書店にて購入。
他のバックナンバーとちがう棚にあって、ちょっと特別扱いだった。

‘もちろん北園はプロのデザイナではありません。むしろ敢えてそういう立場に自分をおいていたようにも思います。芸術家は一人一則、北園は詩を作る上でもデザインをする上でもそのスタンスを保っていたように思います。それだけ確固たる自信を持っていたのでしょう。ただ単に道楽でデザインをしていたわけではないのです。’
重実生或「デザイナとしての北園克衛」(p.27)

‘たくさんの詩を書き絵を描き写真を撮り本をつくり、しかも二十世紀の大事な芸術運動のまんなかに身をおいていた強みがある。お金の心配もない。北園に興味があるひとの多くが北園のような人生を送ってみたいと考えるはずだ。プロであるはずのデザイナーたちがいつまでも北園を気にするのは、北園にデザインの理想ではなく人生の理想をみるからなのだ。でもだれも北園にはなれない。だからなおさら横目で羨望の視線をおくりつつ、気を取り直して自分の現実と向き合い続けるような、健全な北園ファンとしての生活を続けることになる’
金澤一志「バブルを越えたキット・カット」(p.36)

2002年あたりから、北園克衛はデザインのほうで話題になっていたのだろうか。
現在、神保町の古書店などでは『VOU』は、ガラスケースに入ってて、高価な美術品のよう。
しかし、北園克衛・装丁のハヤカワミステリ文庫は身近にあったりする。
一昨年の正月だったかしら、マンションのゴミ集積所にエラリー・クイーンが捨てられていて、こっそり持ち帰ったっけ。
また、部屋の本棚の奥の、古書店からあつめたふるい雑誌をひっぱりだしてみると、
「挿絵:北園克衛」というクレジットがあったりして、ほんのちょっと親和性を感じたりする。

北園克衛は“詩人”だ。
詩は、言葉によって紡がれるものだけではない。
デザインも“詩”だし、写真も絵もコラージュも“詩”。
表現にボーダーはない。
誰でも詩人たりうるからこそ、
わたしたちは、北園克衛に憧れるのだ。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

January 24, 2013

Furoru Vol.1

furoru130124mj.JPG
Furoru Vol.1 2013.01 (フロルべリチェリ社

- theme of this month * pinky rings -

川口晴美さんと紺野ともさんの詩誌『Furoru』 (写真:森岡美喜さん) 第1号。

手作りのぬくもりのあるリトルプレスです。
かろやかな風が“詩”をのせて、
毎月、ポストに届けられるのです。

投稿者 orangepeel : 08:17 PM | コメント (0)

January 21, 2013

District and Circle

heaney130120mj.jpg
『郊外線と環状線』 シェイマス・ ヒーニー 著 / 村田 辰夫, 坂本 完春, 杉野 徹, 薬師川 虹一 訳 (国文社,2010)

_____ アイルランドの詩人の最新第12詩集。2006年度T.S.エリオット賞受賞作品。今日の現代詩の輝く一端を示す珠玉の訳詩集。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

『郊外線と環状線』は、ロンドンの地下鉄のことである。
タイトル詩「郊外線と環状線」は2005年5月7日に起こったロンドン同時爆破事件を描いている。
午前9時前の通勤時間とかさなって、56人が死亡したテロ事件で、
大破されたダブルデッカーの、テレビニューズ映像が記憶にあたらしい。
アルカイダによる犯行とされている。

アイルランドには、ふるくは18世紀末にまでさかのぼって、全アイルランドを統一する活動がある。
IRA(アイルランド独立闘争を行ってきた武装組織)によるテロは英国にまでおよび、
20年くらい前ロンドンに渡航した際、地下鉄駅がよく封鎖されていた。

アイルランドの詩人、 シェイマス・ ヒーニーの詩には、暴力に抗うでも屈するでもない、
身近な死や幼少期の思い出など、淡々としたベルファストの日常が描かれている。
あるいは、今日や明日への《望郷》と表現したらいいだろうか。

あの頃 モユッラは
サルヤナギの木陰の下を
黒ずんで舐めるように 速く
ひんやりと 流れていた

まさに庭仕事からちょうど
帰ってきた時 君の頬や
君の衣服 君の動きから
漂うひんやり感

モユッラは自分の流れを知り尽くしていた
砂利の浅瀬がそこここにあるのも
いつくもの淀みの水面が
落ちた花粉で曇っていたのも

    *

だが それがどうしたのだ
おや 誰かが泣いたのかな
泣きたいのなら 泣かせておこう
モユッラのためにそうしておけばいい

川の石 川の渦 川の小石に
川藻で滑らかに流れたり
濁った音を立てさせておけばいい
まるでモユッラの名とそれに呼びかける水音が

ぶつかって濁ってしまい
川の澄んだ母音に
大きな変化を起こし
モヨラからモユッラに変えたみたいではないか

     *

乳熱にかかって汚濁した川
排水管の口から
こぼれ出る泡
旋回病の目まいのようにくるくる回る浮遊物・・・

僕は 土手の上で 裸足のまま
うっとりと くるぶしまで草に埋まって
あの頃 川の様子を何から何まで眼に収め
愛おしく思っていた

川辺の清らかな 見目麗しい姿の
サルヤナギやハンノキに飛び散った
朽ちた果物のような腐敗物 水のように透明な初乳
乳製の作業場での飛び散る飛沫までも
 
     *

ある晴れやかな午後にでも
僕の代わりに 是非 君にこの川に足を
踏み入れて欲しい だがその前に 君は
まず 胸までのゴムの胴長を身につけ

胸まで川に入って 上流へと歩いて欲しい
川の一番深い たゆたう流れに足場を固めようと
足元を掬われたり 踏みとどまったり
流れに逆らったり 水を搔き分けたり

さらに挑んだりしながら
その水源と 川の中の君の正体を
さぐって欲しい どちらも
引き下がりはしないだろうけれどね


               — 「モユッラ川」 Moyulla (p.91-94)


「ヘブン」という詩がある。ヘブンは、アイスランド(アイルランドではなく)の南東部にある地名である。
アイスランドは大陸から離れた孤島であり、国土のほとんどが氷河だ。
シェイマス・ ヒーニーは、ヘブンに、凍てつく“水”の息吹をみる。


三枚舌の氷河が溶け始めた
丸い巨岩のような白子が三角州の低地に迫ってきて
水深何マイルもの 毛脚の長い絨毯のような氷が

動き始めれば どうすればいいのだ と人々は訊ねる
僕は上空から畝のように隆起し 岩のように揺るぎないその氷河を見た
死んでもいない 灰色の粉で覆われた大地の白皮 永劫の襟首

僕が怖いのは 人の吐く息で曇った飛行機の窓さえ凍てつき
凍てついた表土から滲み出る水や
口からこぼれる温かい素敵な言葉の一つさえ

急速冷凍するのには十分な寒さと勘違いしてしまうこと


               — 「ヘブン」 Höfn (p.83-84)


ケルト神話には、巨石を苦もなく扱う巨人族の言い伝えがある。
そして、無人島だったアイスランドにも巨人の足あとをもたらした。
自然への畏怖とあこがれが、現代の詩人によって、また神話として語り継がれるのだろう。



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:02 PM | コメント (0)

January 20, 2013

Diane Wakoski

wackowski130120mj01.jpg

wackowski130120mj02.jpg
from The Poetry Foundation

- Poet Photos -
Poetry Magazine November 2012 issue

her first appearance in Poetry (magazine), 1961
“Apparitions Are Not Singular Occurrences ”

投稿者 orangepeel : 04:45 PM | コメント (0)

January 16, 2013

concrete poetry

niikuniseiichi130116mj04.jpg
新国誠一

投稿者 orangepeel : 04:42 PM | コメント (0)

January 12, 2013

ephemera / cahier des livres

livres130112mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

魚が
とけるときは
麦の中を行く
人間のへその
ひらめきの
海のきらめきを
弾く
コバルトの指は


       — 「カミングズ」 西脇順三郎


cahier des livres Vol. No.1
『本の手帖』 1964年1月号 特集・文筆家画文集

投稿者 orangepeel : 04:23 PM | コメント (0)

January 10, 2013

gui #97

gui130110mj01.jpg

gui130110mj02.jpg
gui vol.34 no.97, December 2012

表紙・表4:高橋昭八郎

詩誌『gui 』最新号の 興味深い連載、殿岡秀秋氏の《フロイト「ヒステリー研究と詩の理論」 その五》。
狂気に陥る恐れと、その回復への道すじとしての詩論が綴られています。

 ‘ぼくは子どものころ、自分が精神病になったらどうしようという恐怖をときたま感じました。つまり、「あらゆる神経過敏症者がもつ憂い」を持っていたのです。今はそのような憂いを感じません。その憂いが意識にのぼってこないのです。何が変わったのでしょう。
 自分で憂いの根っこを掘り起こしてきたからだとおもいます。過去を想起してノートに記録をつけ、それを素材にして詩をかくことを継続してきましたから。不安の情動がある程度放出されてきたので、神経過敏が少しは癒されてきた結果だとおもいます。

(中略)
 ほとんどの場合、親子のかかわりに、身体症状にまで現れた精神的な病因の根を求めることができます。しかし、その原因が明らかになる前に回想の継続を拒む人が多いのです。
 症状は続いていっても、あえて記憶を掘り起こそうとしない人々はたくさんいます。核心の記憶を想起することを避けようとするのです。勇気とはこのようなトラウマを形成した核心の記憶を想起することだと、ぼくはおもいます。
 それが症状を軽くしてくれます。症状は精神科に通うひとだけにあるわけではないのです。たぶん、ほとんどの人が、社会生活を送るのには差し障りがない程度で症状を抱えています。そこにトラウマの記憶が湿疹のように噴き出しているとみることができます。
 ぼくは数えられないほどトライして、それを素材に詩を書いてきました。でも、心の中で全てが終っていないのがわかるので、現在も過去想起を継続しながら詩を書いています。何度でもぼくの幼児期にたちかえって、まるで登頂を拒む、険しい山頂に挑むように、核心の記憶の山にトライしているのです。

『gui 97』, 「フロイト「ヒステリー研究と詩の理論」 (p.83-87)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 05:14 PM | コメント (0)

January 06, 2013

ペ/ージ論

pageroncover130106mj.jpg
『ペ/ージ論』 高橋 昭八郎 著 (思潮社, 2009)

pageron130106mj01.JPG

pageron130106mj02.JPG

pageron130106mj03.JPG

pageron130106mj04.JPG

pageron130106mj05.JPG

pageron130106mj06.JPG

pageron130106mj07.JPG

pageron130106mj08.JPG
© photo by orangepeel

_____ 北園克衛の後を引き継ぐ「詩の純粋形式への限りない探索」が、止むことなく続けられ、過剰な文学的“意味”によって遮断されてしまっていた詩の可能性が、新たに浮かび上ってくるヴィジュアルポエット。_____
高橋 昭八郎 『ペ/ージ論』 - 内容(「BOOK」データベースより)

中野新橋の古書 猫額洞で見つけるたびに、詩誌『gui』を買い求めていて、
カヴァーや連載「詩/の水平線」などの作品をあつめていたところ、
奥成 達氏より「ためになるはず」とおすすめいただいた 高橋 昭八郎氏の詩集 『ペ/ージ論』。

化石化した文字の翅が
こぼれてくる
青空の後
地としてのページをひらく
虹ではない
乾いていく水のながれを
見とどける

たとえば
文字の草むらにひそむ
(井戸)
へ梯子をかけて降りていく
マンダラの砂となって
星のふる
見えない雨を感じる

墜落した (犬) が
そこでは仮死状態のまま
眼ざめる
ときを待っている
のかも
しれないのだ
った

青空の跡
地としての憶をひらいて
ページのなかを
ふいに 近づいてくる
雷鳴がある
透きとおる石の
笛をひろってみたりする

       — 「跡/地」 (p.108-109)

「過剰な文学的“意味”によって遮断されてしまっ」た“言葉”は、むくろにすぎなくなってしまう。
ただ、そこにある樹を見る。
葉や枝や幹に存在する“水”の音だけを知る。

遠い音楽をきくように、
窓ガラスに変化していく光と影をながめるように、
パルプにしみこんだインクの形状に《詩》を実感しながら、
喫茶店の珈琲や深夜の静寂の傍らに、始終そばにいる一冊です。



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:10 PM | コメント (0)

January 05, 2013

Ben Nicholson 《Les eaux-fortes》

bennicholson130115mj01.jpg

bennicholson130115mj02.jpg

bennicholson130115mj03.jpg

bennicholson130115mj04.jpg

bennicholson130115mj05.jpg

bennicholson130115mj06.jpg

bennicholson130115mj07.jpg

bennicholson130115mj08.jpg

bennicholson130115mj09.jpg

bennicholson130115mj10.jpg
from my bookshelf

ベン・ニコルソン

本の森で稀少なモノクロームのエッチング集をみつけた

静謐で、どこか飄逸で

とおくで鳥のさえずりがきこえる 昼下がり

投稿者 orangepeel : 12:06 PM | コメント (0)

January 03, 2013

河骨川

kouhonegawa130103mj.jpg
『河骨川』 高野公彦歌集 (コスモス叢書, 2012)

_____ 河骨川は、東京・渋谷区を流れてゐる小川である。小学校唱歌に「春の小川」といふのがあるが、あの唄のモデルとなつた小さな川である。(中略)子供のころ歌った「春の小川」の素朴なイメージが脳裡に浮かび上がつて、私を哀しい気分にさせる。滅びたものを惜しむ心で、その川の名を歌集名とした。 _____
帯 - (本書「あとがき」より)

暗渠は哀しい。
かつての“小川”は、空を仰ぎ、陽をきらめかせ、雨とたわむれ、こどもたちにほほえみをゆらしていた。

しかし、、暗渠には、浪漫があります。

私が暗渠に目覚めたのは、笹塚にある神田川支流跡。
狭い路地は民家の裏側に沿っているので、夕暮れの散策では、お勝手口から夕餉の支度の湯気が漂い、
「足元のかつての川は、あの人の住む街につながって、やがて東京湾へ、そして大洋に辿り着くのだな」と感慨に耽りました。
河骨川のフィールドワークに関しては、以前このようなフリーペーパーをつくってました(最大に拡大すると読めます)。
続きは、中野新橋 古書猫額洞さんにあります。
リンクの暗渠フリーペーパーにある「旧デビス邸」は、その後渋谷区が買い取り、
現在の某アパレルメーカー社長宅になる前に、一度だけ、大山町内会で一般公開が行われました。
湧水跡らしき池を発見!という幸運に恵まれたことを思い出します。
『河骨』と題した詩をつくったこともありました。

以上のようなことを、twitter上で、詩人・田中庸介氏とやりとりさせていただき、河骨川をモチーフにした歌集があることを知りました。
さっそく、高野公彦歌集 『河骨川』を取り寄せた次第です。

春の風は芯寒きかな人の死をしらすメールが飛んでるやうな
『河骨川』 「むそぢまりよつ」 (p.27)

地下駅の体液かすか洩れてゐるごとき水音、壁の中より
「むそぢまりよつ」 (p.29)

乙女子のシャツの裾からへそ見えてカルマン渦の子渦と思ふ
「殺され死し鶏」 (p.42)

笑む自販機、しゃべる自販機、ものおもふ自販機、道の八十隈に立つ
「八十隈に」 (p.51)

未使用のまま海にフルほそき雨うろくづ族を浄めてゆかむ
「金風」 (p.60)

くくりたる新聞下げて歩むときかなしきまでに紙は樹の重さ
「どんぐり」 (p.71)

わが生に小さききらめききらめきを与へて腕の秒針すすむ
「どんぐり」 (p.73)

吊橋の揺るるは橋のゆたかなる弾力と思ひ宙を歩めり
「とかげ」 (p.101)

降り初めてまだ落ちてこぬ冬ぞらの雨を思へりきららなす雨
「歳月の尾」 (p.1139)

壜に挿す白バラ一花かしぎつつあり死者のゐる泉下を指して
「生命の水」 (p.115)

<生命の水>飲みて眠りてあかときに飲む浄き水、素のオー・ド・ヴィ
「生命の水」 (p.118)

歩みきてしやがむ童女に笑みにけむ河骨川のかうほねの花
「河骨川」 (p.185)

新緑の光に触れずしんしんと渋谷地下ゆく河骨川は
「河骨川」 (p.186)

夕茜あはきなかぞらを河骨川はさらさら行くよ
「河骨川」 (p.187)

をりふしに矢印ありて矢印に従ひ都市をわれ流れゆく
「まむし草」 (p.231)

暗渠に立つとき、ふと死を想う。
水辺には、境界があるような。

ちなみに、‘乙女子のシャツの裾からへそ見えてカルマン渦の子渦と思ふ’のカルマン渦とは、
「流れのなかに障害物を置いたとき、または流体中で固体を動かしたときにその後方に交互にできる渦の列のこと」wiki
以前、北沢川暗渠のフィールドワークで知りました
青空にそびえる鉄塔と、夕暮れどきの雀たちが気まぐれにさえずる電線をながめながら、ふと五線譜を連想しましたが、
じっさい、風がふきぬけていく際の周波数が送電線の太さによって変化するとのことです。

田中庸介氏は、《暗渠は仮面をかぶった河》とtwitterで表現されました。
アスファルトの仮面の下には、生活者の顔が。
時を見つめてきた地下水脈は、現在の私たちの立ち位置を教えてくれます。

*(「春の小川」の作詞者・高野辰之と、歌集『河骨川』の歌人・高野公彦氏は血縁関係にはないそう)



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

December 30, 2012

In a Station of the Metro

Source: poetryfoundation.org via Don on Pinterest


投稿者 orangepeel : 09:54 PM | コメント (0)

December 23, 2012

December 20, 2012

Salon

salon121220mj01.JPG

salon121220mj02.JPG

salon121220mj03.JPG

salon121220mj04.JPG

salon121220mj05.JPG

salon121220mj06.JPG

salon121220mj07.JPG

salon121220mj08.JPG

salon121220mj09.JPG

salon121220mj10.JPG

salon121220mj11.JPG

salon121220mj12.JPG

salon121220mj13.JPG

salon121220mj14.JPG

salon121220mj15.JPG

salon121220mj16.JPG

salon121220mj17.JPG

salon121220mj18.JPG
© photo by orangepeel

『本とのサロン』 @ 神田 竹尾見本帖本店 2F。
参加してまいりました。

「本とのサロン」メンバーは、青木英一氏、竹尾有一氏、高岡昌生氏、上島明子氏、宮後優子氏、上田宙氏、ほか。
製本、印刷、紙、デザイン、編集など、出版物の制作に携わ方々が各自おすすめの本を持ち寄り自由に話し合う、というサロンです。

上の写真は、1886年の活字(金属活字)見本。
表紙は、顔料をのせて型押しがほどこされています。
ていねいな手製の仕事に見入ってしまいました。

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

December 19, 2012

An Unfortunate Woman: A Journey

richardbrautigan121219mj.jpg
『不運な女』 リチャード・ブローティガン 著 / 藤本和子 訳 (新潮社, 2005)

_____ サンフランシスコ、カナダ、バークレー、アラスカ、ハワイ、シカゴ…『アメリカの鱒釣り』から20年、47歳の孤独な男が、死んだ女友だちの不運に寄り添いながら旅をする。日本製のノートに書きつけられた、過ぎゆく時間をみつめる旅。84年のピストル自殺から長い時を経て、ひとり娘が遺品のなかから発見した宝石のような小品。ブローティガン最後の贈り物を、『鱒釣り』ほかの名訳で知られる藤本和子訳で。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

「不運な女」とは、ガンと闘って世を去った友人か、埃まみれの古い家で縊死した女だろうか。
冒頭のどこか空疎なシーンに、不運が象徴されているのだろうか。

 ‘ホノルルの静かな交差点のど真ん中に、新品の女物の靴がひとつ転がっているのをわたしは発見した。革のダイヤモンドのごとく輝いていた茶色の靴だ。その靴が自動車事故の痕跡を意味する残片のひとつであるとか、そこをパレードが通っていったというような証拠はなかったから、それがそこに転がっているような、瞭然たる理由は想像できなかった。その靴にまつわる事情が知られることは決してないだろう。
 靴には相棒がいなかったことはもういっただろうか、いや、もちろんいってない。その靴はひとりぼっちで、孤独で、なんだか気味が悪いくらいだった。片方だけの靴を見つけ、もう片方がそのあたりにないと、ひとはなぜ落ち着きを失うのか。そして探す。もう片方はどこへいっちまった?このあたりのどこかに、きっとある。’
『不運な女』 (p.11)

あるいは、ギリシャ神話『アウリスのイーピゲネイア』に描かれる悲劇の王女だとしたら、
ブローティガンと父娘の葛藤のあった、アイアンシのことか。
いや、不運な女とは、旅をつづけ、体温に焦がれ、手探りでつかのまの恋をくりかえす流離人、
リチャード・ブローティガンの「心」そのものなのではないだろうか。
訳者あとがきに、友人トマス・マグエンの言葉がある。

 ‘親友だった、トマス・マグエンは「この魅力的な作品は非常におどけているが、とても感動的だ。引力の影響をうけないブローティガンの非凡な心の動き、するどいコミカルな洞察、まったく瑣末な場所や場面を描いて、それらに命をあたえる力が発揮されている。『不運な女』はもっとも独創的だった作家を、うずくような痛みと悲しみのなかにしのばせる」と書いた。ブローティガンは死ぬ前にマグエンに骨壺のような陶器をあずけていた。かれの娘アイアンシはそれに父親の骨灰をおさめ、いまもカリフォルニア州サンタ・ローザの自宅においている。’
「訳者あとがき」 (p.148-149)

私はいま、クリスマスソングでにぎわう笹塚駅前のハンバーガーショップでこれを読んでいる。
ここは故郷であり、旅先である。
ノスタルジーが、むこうの空にそびえる都庁の足下の路地にある。
かつて代々幡村の水路であった私の足下の路地に流れる。
ブローティガンの言葉が、落葉のように頁からこぼれおちる。

リチャード・ブローティガンは、クリークの作家だ。
道を見失った登山者のように、沢の行き先を想う。
それは、生の果てではなく、「生」そのものなのではないだろうか。

 ‘ほどなくクリークを流れて自己を表現することになっている雪を見ていたのだ。雪はいったいみずからの運命について、つまりメキシコ湾へ旅することを、わずかでも分かっているのだろうか。このクリークはこの先すぐにパイン・クリークになり、それからイエローストーンリヴァーの一部になり、やがてミズーリ川に合流する。そのあとはミシシッピー川とも関わりをもつことになり、ナチェズを通りすぎて流れていく。そしてやがてはクレオール料理のにおいが、すでに馴れ親しんだ水っぽい鼻の穴まで漂ってくることになる。そういうことを承知しているのか。’
『不運な女』 (p.139)

ブローティガン『東京モンタナ急行』のなかの「この川のごとき安き旅を」という散文をおもいだす。

‘ゆうべ、この南モンタナの牧場の家の台所の扉を叩くものがあった。ここはイエローストーン川の近くだが、川はやがてミズーリ河に合流し、それから先へ行くとミシシッピー河に合流して、その後とうとう終の住処メキシコ湾に注ぐのだが、それはまたなんと、ここの山々やこの台所の扉やゆうべの扉を叩く音から、はるか遠く離れていることか。’
『東京モンタナ急行』 リチャード・ブローティガン 著 / 藤本和子 訳 (晶文社, 1982)

そして、奇しくもまた、ノーマン・メイラーが『聖書物語』で、救いを《水》に擬えている。
偶然のフレーズを引いて、ひとまずの旅を終えることにする。

‘いまやわたしは、はっきりと思い出すことができた。少年のわたしは、学識深い長老たちに向ってこういっていたのだ。神様の言葉ははじめ水のなかに住んでいました。それはちょうどわたしたちの言葉を運ぶ息が、寒い冬の朝に白い雲のようになって口から出てくるのと同じなのです。でも、雲はまた雨も運んできます。だから神様の言葉も、わたしたちの息にふくまれる水のなかに住んでいるのです。だから、わたしたちは神様のものなのです。なぜなら、すべての水は神様のものなのですから。ちょうどすべての川が流れていって海にたどりつくように。’
『聖書物語』 ノーマン・メイラー 著 / 斎藤健一訳 (ハルキ文庫, 1997)




=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 03:42 PM | コメント (0)

December 14, 2012

Found in Translation

gendaishi11mj.png
『現代詩手帖』 2012年11月号 - 特集:詩にとってセクシュアリティとはなにか (思潮社, 2012)

他の一つのもの

アスパラガスの茂みが
午後のよごれた太陽の中へ飛びこむ
硝子で切りとられる茎
青い血が窓を流れる
その向ふ側で
ゼンマイのほぐれる音がする

— 左川ちか / 他の一つのもの

『現代詩手帖』 2012年12月号 - 現代詩年鑑2013を購入する機会に、
気になっていた10月号と11月号をまとめて取り寄せた。

11月号の特集は、「詩にとってセクシュアリティとはなにか」。
巻頭の対談、“左川ちかから手渡されるもの”は、ジェンダー論に終始していて、少々違和感を禁じえなかった。
左川ちかは、昭和初期北海道出身の夭逝した女性詩人、というより、北園克衛とともに活動した世界のモダニスト・ポエトという認識だったからだ。
POETRY FOUNDATIONでは、Chika Sagawa は、“one of the first female modernist poets in Japan”として紹介されている。

それをふまえた上で、現代詩手帖11月号、対談の藤井貞和氏の指摘に注目する。

 ‘左川ちかの第一詩集は遺稿集ですが、じつは生前に左川ちかの出した本が一冊あるそうですね。『全詩集』に見ると、ジェイムス・ジョイスの訳詩集『室楽』をだしている。「詩と詩論」や「文学」で、日本の近代詩を始めた書き手たちは、それこそ先ほどのフランスのモダニズムをはじめとして紹介をし、批評をしておりますけれども、左川ちかもその一人として、ジェイムス・ジョイスを翻訳するという、そういう翻訳者としての近代詩へのかかわり方というのを、ちゃんとやっている。女性だからといって詩ばかり書いているんじゃなくて、むしろ出発点はちゃんとした、いわば英文学やアメリカ文学、あるいはフランス文学と対決し、そして世界的な潮流の中で日本の詩を作ろうとしたとはっきり言えると思いました。’
『現代詩手帖』 2012年11月号 - 特集:詩にとってセクシュアリティとはなにか “左川ちかから手渡されるもの” (p.17)

 ‘もうひとつ、近代詩の始まりはいつであるか、口語自由詩になったのはいつからかということが話題になります。
(中略)
・・・そのときにやった方法は何かというと、散文詩にすることです。これはすごく正しいと思うんですよね。なぜかというと、それぞれの言語には固有のリズムがあります。だけど、詩を翻訳するとき、リズムは消えます。だから、詩を翻訳するために散文詩にするというのは、いろんな方法のある中で、ひとつの方法なんです。ところが、日本は西洋の詩を翻訳するときに、七五調にしてみたり、五七調にしてみたり、明治三十年代の終わりですけれども、上田敏の『海潮音』の、これは功罪ですね。上田敏を責める言い方になりますが、ちゃんと散文詩で翻訳しなければ、翻訳になっていないわけです。だって、リズムは移せないんだから。フランスの詩でも、イギリスの詩にしても、日本語に翻訳する場合には散文詩にするというのは正解ですよね。
 で、そこからさきが衝撃的なことなのですが、じつは左川ちかがそれをやっている。これは私に非常に衝撃的でした。しかも、『室楽』の訳者附記に、
 一、原詩の韻を放棄し、比較的正しい散文詩たらしめることにつとめた。
 二、従って各スタンザ毎に書き続けの形式を執った。
 三、テキストはエゴイスト版を使用した’
“左川ちかから手渡されるもの” (p.21)

gendaishi10mj.png
『現代詩手帖』 2012年10月号 - ニュートランスレーション――翻訳の詩学 (思潮社, 2012)

さて、そこで、10月号の特集:ニュートランスレーション――翻訳の詩学 にさかのぼり、
関口涼子氏の「詩人が翻訳家である十二の理由」に納得するのである。

以下、抜粋・省略にて引用。

‘‖召凌佑やってくれないから。
・・・詩というジャンルは、読者が少ない場合が多く、翻訳という行為を通して、最終的に国外にも潜在的な読者を獲得し、バランスをとっていこうという部分もあるのだろう。そのことによって、詩は他の文学ジャンルよりも、はるかに「グローバル」になっていることがある。
(中略)
 また、商業ベースに乗りにくいという弱点は、それを知っているが故に詩の出版社は版権に関してフレキシブルであるという利点も生み、そのことでいっそう、詩は「気軽に訳せる」、翻訳に対して軽やかな存在でいるということができている。

 ∨殘をすることで自分のテリトリーが広がるから。
 このパターンは、私が知る限り、アメリカの現代詩人が精力的に行っている。大学におけるクリエイティヴ・ライティングという制度の中で、そこに身を置く学生は、創作だけでなく、詩論も書け、詩史を教えることができ、そして何らかの言語から英語へ(または逆へ)の翻訳による外国詩の紹介ができる人材であることを求められる。
・・・特筆すべきなのは、アメリカ現代詩のインスティチューションが、これを、フランス現代詩やイタリア現代詩などに対してだけでなく、日本の現代詩や中国の現代詩など、あらゆる外国語の詩に対して行っているということだ。その結果、アメリカの現代詩界における外国語の詩の紹介は広く、またしばしば本質的な部分にも触れており、そしてそれが結果的にアメリカ現代詩そのものの強さをも作り出している。

 K殘することで、自分の詩が活性化されるから。
 翻訳はある意味で、「今までなかったくらい深く、また別様に読む行為なのだといえる。

 に殘することで救われる時があるから。
・・・表面的な理解しか得られない作品が、翻訳によって、受け入れ先の言葉の中であらたに読み直され、十全な生を得ることがある。国が違えば重要とされているテーマが変わり、作品の受容もまた変わる・・・・

 セ蹐聾生譴修里發里般接な関係を結んでいるから。
・・・「詩人」というよりは、「詩」そのものが、その本質の部分で、常に翻訳行為を必要としている。というのも、ある言語から他の言語へと作品が渡っていくときには、作品と言葉のリズム、シンタクス、語彙、文脈、韻律がX線照射をされ、解剖され、もみほぐされ、顕微鏡で観察され、しかるのも培養され、組み立て直され、再び新しい、しかし同じ生として息を吹き込まれていくからだ。

 詩は辺境にいるから。
・・・異なる言語の辺境同士が、ふと繋がってしまうことがある。翻訳はそのような辺境同士のつながりがごろごろころがっている場所を歩く行為だ。

 翻訳は不安定にするから。
・・・言葉との、自明ではない、安心しきってしまえない揺れる関係こそが、詩の創作の中で詩人が持たなければならない関係だ。

 翻訳は安定させるから。
・・・一つの言語とは別の、常に神経を目覚めさせておかなければならない安定だ。それがわたしたちを覚醒させる。

 翻訳は貧しくするから。
・・・言語に対する自分の「貧しさ」への意識が必要なのだ。貧しい言語の持ち主に甘んずる、ということではない。言語を安全にものにすることはできず、言語に対しては、母語に対してさえも、わたしたちは死ぬまで「貧しく」ありつづけること。その貧しさ、乏しさを引き受けながら、その中で、どれだけ十全に、一つ一つの言葉をできる限り「生かして」行くことができるのか。

 翻訳はうさんくさい行為だから。
・・・わたしたちとは何者だと考えているのか、そもそも母語とは何なのか、母語とは、何も考えず、安心しきってその中に安穏としていられる場所なのか、もしも、ある作品が言葉から言葉へと旅をしたとき、それが本物ではなくなるのであれば、「作品」の身体とはどこにあるのか。
 
 そもそも、全ての詩人は翻訳家だから。
・・・言葉の多様な層を困難と共に行き来し、その行き来を自分の詩の言葉としている作家は、広い意味で言葉と言葉との「翻訳」行為を行っている、と考えられるのではないか。
(中略)
 「全ての詩人はそれだけで翻訳家である」という呑気なことをいいたいわけではなく、いい換えれば、翻訳家でない詩人は詩人ではない。

 文学の中に翻訳があるのではなく、翻訳の中に文学があるから。
・・・幾つもの都市が重なり合っているかのように複雑で、一瞬たりとも同じ形を持たない空間の中に入り込みその隅々までも訪ねていくことが文学行為なのだとしたら、翻訳する、その行為そのものが詩作であり、文学行為であり、どんな言語の中にも存在する言葉の影、「言葉の谺」を聞き、その谺をできる限り他の耳に伝えていく行為であり、言葉の中に住まう、パラフレーズに抗する小石のような単語をその小石の形のまま届ける行為であり、その谺が詩であり、その小石が詩であって、それ以外にはあり得ない。’
『現代詩手帖』 2012年10月号 - ニュートランスレーション――翻訳の詩学 “詩人が翻訳家である十二の理由” (p.36-41)

pound121214mj.jpg
パウンド詩集 (思潮社〈海外詩文庫〉, 1998 )

地下鉄の停車場にて

亡霊 群集の中にあるさまざまな顔の、
花瓣 濡れた黒い枝の上の。

— エズラ・パウンド / 地下鉄の停車場にて


地下鉄のとある駅の中で

人ごみの中にそれらの顔また顔の出現、
濡れた、黒い大枝上の花びらまた花びら。

— エズラ・パウンド / 地下鉄のとある駅の中で


メトロの駅で

雑踏に浮かびでたこのいくつかの顔
濡れた黒い大枝にへばりついた花びら

— エズラ・パウンド / メトロの駅で

いずれも、海外詩文庫『パウンド詩集』に収められている、三人の詩人・翻訳家による “In a Station of the Metro”の日本語詩。
エズラ・パウンドは、北園克衛との交流があったことでも知られているイマジズム詩人である。


原詩は、以下である。

In a Station of the Metro

The apparition of these faces in the crowd;
Petals on a wet, black bough.

— Ezra Pound / In a Station of the Metro

夜の地下鉄の駅。物憂げな表情の群集が通過列車のヘッドランプにうかびあがる。
街は、雨。濡れたひとびとのかがやく頬は一瞬の花びらである。
エズラ・パウンドの英詩は、平易な言葉だからこそ、さまざまな物語を想像させる。
そして、日本語になった訳詩には、それぞれ絶望もあれば、そこはかとない希望もみえかくれしている。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 05:12 PM | コメント (0)

December 13, 2012

L'Homme de la pampa

supervielle121213mj.jpg
『火山を運ぶ男』 ジュール・シュペルヴィエル 著 / 嶋岡晨 訳 (月刊ペン社〈妖精文庫〉, 1980)

装丁:奥村靫正

_____ ... 南米の大草原(パンパ)をわがものとしている五十男、大地主(エスタンシエロ)のグイアナミルは、人生への倦怠をまぎらわせるため、人工的に火山を構築するが、新聞でたたかれる。生まれた国への愛想づかし。グアナミルは、火山を解体し、パリに運ぶことを思いつく。「未来」と名付けられていた火山は、気をきかして、自ら小さな雛形になり、グアナミルの旅行鞄にもぐりこむ。そうして、かれらはついにパリに着き、いよいよ大事業にとりかかかろうとするのだが・・・・・(あとは読んでのお楽しみ!)。
 〈火山〉とは、何だろうか。野生的で情熱的な人間、人間のなかの永遠の夢であり愛であろう。あらゆる現実を突き破り飛び越えて、生命の非現実的な力は、火を噴き、時間と空間の制約を無視して、どこまでも自由にみずからを主張し表現しつづける。それは、ポエジーそのものでもあった。 _____
『火山を運ぶ男』 解説 (p.187)

神保町古書店街の軒先ワゴンで、(まさに)幻の妖精文庫を廉価で手に入れたなかの一冊。

南米の大草原に退屈し人工火山をつくった男グアナミルは、「未来」と名付けたそれを鞄に、
はるかパリへと船路につくが、絵はがきのようなオペラ座や凱旋門やエッフェル塔にも退屈するのであった。
船上で出会ったうつくしい人魚の幻影をもとめて、パリの花街(仏蘭西でもそういうのかしら?)をさまようグアナミルは、滑稽であり、孤独である。
火山どころか、みずからが巨人化していく。
さみしさのかたわらに犬を連れるが、
‘左目に自分の憂愁を託し、右目には冒険心を委ねた’ (p.159) ため、スパニエルは盲目になってしまった。

ここで、火を噴く山につきものの“巨人”というキーワードに惹かれる。
グアナミルは「くたびれた伝説」と哂う。

‘「せめてドミノの札みたいに、国をかきまぜることができたら!」とリーヌはいった、羅針盤と鉛筆をつかって、テーブルの片隅で、位相を測りながら。「南米のパタゴニアを少し北の方に、グリーンランドは東の方に、ずらせましょう。南極と北極とに、キャベツ椰子の並木道を作るの。何百世紀もかけて、考えてもおそろしいほどの忍耐力をもってしても、川がすべておなじ源から流れ出て、正確におなじ場所で海に注ぎ、すがたを変えてひとつの海水になるなんて、許されていいことかしら。風景を新しいものに作り変えなくては!何度いなかを散歩しても、水のひろがりぐあいはこれでいい、などと思ったことはありませんわ。必要なのは、ラマルチーヌの『湖』なんですもの」’ (p.115)
と、人魚によく似たパリの女は、男を焦らしたのだった。

ところで、船上から大洋に消えた「足のついた」セイレーンは幻だったのか。

 ‘すると、人魚の色は、サフランいろから、ヴァレンシア産オレンジのいろに、「緑岬(カップ・ヴェール)」のエメラルドいろに、純粋なオパールのいろに、と変わった。
 いろが変わるたびに、船長とグアナミルは、懇願した。
「マドモアゼル。どうかそのままでいてください。それ以上おきれいになることは、ありますまい。とてもすてきですよ」
「完璧ですよ。天使の部分と悪魔の部分とが、切取り線を入れたままくっついてる、そんなぐあいに、ぴたりとはまってますよ」
 だが、少しずつ人魚は白くなった。以前からずっとそうだったかと思えるほど、すばらしい、自然な白さだ。’ (p.92)

いや、あれは現実で、それが“ポエジー”なのだ。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

December 12, 2012

Snow Signs

Source: poetryfoundation.org via Poetry on Pinterest




投稿者 orangepeel : 08:39 PM | コメント (0)

December 11, 2012

Poets are always taking the weather so personally

observando.net via Poetry on Pinterest




投稿者 orangepeel : 08:33 PM | コメント (0)

November 22, 2012

the grave of e.e. cummings

e.e. cummings121122mj.jpg
Photo of the grave of e.e. cummings by David Day

from Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 12:09 PM | コメント (0)

November 21, 2012

Hogarth Press

hogarthpress121121mj01.jpg
1917. Leonard & Virginia Woolf, Two Stories

hogarthpress121121mj02.jpg
1918. Katherine Mansfield, Prelude

hogarthpress121121mj03.jpg
1918. T.S. Eliot, Poems

hogarthpress121121mj04.jpg
1918. Virginia Woolf, Kew Gardens

hogarthpress121121mj05.jpg
1921. Roger Fry, Twelve Original Woodcuts

hogarthpress121121mj06.jpg
1923. T.S. Eliot, The Waste Land

hogarthpress121121mj07.jpg
1931. George Rylands, Poems

Hogarth Press first edition book jacket designs

from Hogarth Press – Book Jackets

投稿者 orangepeel : 08:42 PM | コメント (0)

November 20, 2012

Poems by cats


I Could Pee on This: And Other Poems By Cats

from Poetry Foundation (‏@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

November 18, 2012

The Beatles Performing Shakespeare


The Beatles Performing Shakespeare (in color)

from Melville House Books via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:03 PM | コメント (0)

November 10, 2012

Printed in Norfolk

printedinnorfolk121110mj01.jpg
printedinnorfolk121110mj02.jpg
printedinnorfolk121110mj03.jpg
printedinnorfolk121110mj04.jpg
printedinnorfolk121110mj05.jpg
printedinnorfolk121110mj06.jpg
printedinnorfolk121110mj07.jpg
printedinnorfolk121110mj08.jpg
from Printed in Norfolk

投稿者 orangepeel : 06:39 PM | コメント (0)

November 08, 2012

At the California Institute of Technology

richardbrautigan121108mj.jpg
from Poetry Foundation on Pinterest

投稿者 orangepeel : 07:39 PM | コメント (0)

Yvor Winters

thisdog121108mj.jpg
"...Bred, owned, and handled by Yvor Winters. Note the instress of the inscape.
This dog is a finer work of art than are most of the poems published in POETRY"

from Poetry Foundation on Pinterest via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:58 PM | コメント (0)

November 06, 2012

The Road Not Taken

fallpoems121106mj.jpg
from Poetry Foundation on Pinterest

投稿者 orangepeel : 04:34 PM | コメント (0)

November 03, 2012

November 01, 2012

Photo-Engraving

photoengraving 121101mj01.jpg

photoengraving 121101mj02.jpg

photoengraving 121101mj03.jpg

photoengraving 121101mj04.jpg
from imprint

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

October 31, 2012

北川冬彦

新刊書店で手に入れた某詩誌の編集長後記に、原子力発電所への抗議詩の投稿が多いとあった。
事故がある前から危険性を知っていたのか、危険への啓蒙活動をしていたか。
そうでないなら、反発する資格はない、というような私見が書かれていた。

私は「?」とおもい枕元に置いた。
事故が起きてからでも気づいたひとびとが行動するにこしたことはない。
もともと、原発の密約は我々が生まれる前から行われていた。
戦争は?
戦後生まれは戦争を知らないから、戦争を語ってはいけないのだろうか。
そもそも戦後はあるのか。
世界中が、血にまみれているではないか。

詩人は炭鉱のカナリアである。

最近ひもといている 『日本の詩歌 25』 (中央公論社, 1969)、北川冬彦の有名な戦争詩から。

戦争      

 義眼の中にダイヤモンドを入れて貰つたとて、何にならう。苔の生えた肋骨に勲章を懸けたとて、それが何にならう。

 腸詰をぶら下げた巨大な頭を粉砕しなければならぬ。腸詰をぶら下げた巨大な頭は粉砕しなければならぬ。

 その骨灰を 掌の上でタンポポのやうに吹き飛ばすのは、いつの日であらう。


第二次大戦中の反戦詩であるが、
絶望と希望のはざまにある言葉の飛翔が輝かしい。
現在に生きる我々にも、このような詩を書く権利と価値が(才気さえあれば)あるはず。

また、北川冬彦は、風景をあざやかにする一行詩も印象的。「検温器と花」 から。



 
 壁に沿うて黄葉が一つひらひらと落ちたが-見ると白い螺旋がずうとついてゐる。

 さびしい街の洋館のガラス窓がみんな敗れてゐた。


「秋」に関しては、作者の自解がある。
‘<秋>という題だと、ヴェルレーヌの詩をはじめとした感傷的なのがほとんどである。ところが、私にとっては、秋は清澄で感傷の影など少しもささない。これはそういう詩なのである’


そういえば、秋の夕暮れの陽射しは白くて透明だ。


poetry121031mj.JPG
『日本の詩歌 25』 (中央公論社, 1969) 口絵:写真 浜谷浩


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:25 PM | コメント (0)

October 29, 2012

Sylvia Plath

sylviaplath121029mj01.jpg
Newspaper clipping from The Boston Post reporting Sylvia Plath as missing, 1953

sylviaplath121029mj02.jpg
Sylvia Plath’s annotated copy of The Great Gatsby

sylviaplath121029mj03.jpg
The NewYorker's rejection letter to Sylvia Plath, 1962

from Sylvia Plath (@itssylviaplath) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

October 28, 2012

We age in darkness like wood

wood121028mj01.jpg
from October 1969 : Poetry Magazine via poetrymagazine‏ (@poetrymagazine) on twitter

投稿者 orangepeel : 02:19 PM | コメント (0)

October 26, 2012

Ezra Pound notebook page

ezrapound121026mj.jpg
from Poetry Book Society on Pinterest

投稿者 orangepeel : 08:27 PM | コメント (0)

October 22, 2012

Galway Kinnell

shitecho121022mj.jpg
『現代詩手帖』 1999年 4月号 【特集】現代詩この一篇 _____ 一篇の詩を手渡すために (思潮社刊)


ときどきおもいだして、書棚から『現代詩手帖』1999年4月号をひっぱりだして開く。
「おもいだす」というより、いつも「おもう」。
ゴールウェイ・キネルの“熊”という詩。

熊 (抄)    沢崎順之助 訳


はっと目が覚めた気がする。きつね火が
ふたたび現れ、雁が
渡りの道を戻る。
渓谷の残雪のなかでいま
母熊が横たわり、
血まみれた毛のかたまりと
しょぼついた目を舌で舐めて
整えてくれる。そしておれは
毛の生えた足裏の一歩を目のまえに突きだす。
つぎの一歩を唸りだす。
つぎの一歩。
つぎの一歩。
こうしてその後の日々おれは
ほっつき歩きながら、思いとまどう_______
いったいあれはなんだったんだろう、
生きる支えとして呑みこんだあの粘着物は、あの臭い
 血の匂いは、あの詩は。

『現代詩手帖』 1999年 4月号 ゴールウェイ・キネル 「熊」 (p.72-73)

7つのセクションからなる最後の章である。
語り手は7日間、氷原に熊を追い続け、
飢えと寒さのすえに熊を割いて食い啜り
強風をしのぐために裂いた腹のなかに
「もぐりこんで肉を閉じ/眠る」。

なぜか、この詩を「夢みて」いる。
語り手とともに、目覚めて私は熊になる。

ユーラシアのアニミズムでは、熊や狼など動物が森という宇宙のメッセンジャーとされている。
古代人は熊に食われるために深い深い森へ分け入った。
食べられる快感をもとめて。
神にささげる行為として。
自然のなかでの再生を完全にして。
 このセクシュアリティは、この詩は。

ところでついでながら吉田健一の随筆『饗宴』より。
_____ 牛を一頭丸焼きにしたのが四つ足で吊してあり、用意されたビニイルの防水服を着てその中に潜り込む。つまり、こんがり焼き上った内臓の上に寝転んで、ヒレでも、ロオスでも、好きな所を少しずつもぎ取って食べるのである。空想もここまできたら、どんなに腹が減った快癒期の病人でも、すやすやと眠りに就くことが出来るのではないだろうか _____
(『もの食う話』文藝春秋編:文春文庫,1990 )


galwaykinnell121022mj01.jpg
drawing by Galway Kinnell from Galway Kinnell


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:02 PM | コメント (0)

October 21, 2012

White on Black

whiteonblack121021mj01.JPG

whiteonblack121021mj02.JPG
© photo by orangepeel


White on Black by Tana Hoban, Tana Hoban (Illustrator)

B&Wのシンプルな絵本だけれど、印刷が凝っている。
背景の黒が光沢のあるつや加工インク、白抜きのオブジェがつや消し紙なのです。

投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

October 19, 2012

Postcards from Famous Authors

postcards121019mj02.jpg
From a very lonely F. Scott Fitzgerald to himself.

postcards121019mj04.jpg
From Virginia Woolf to Lytton Strachey, 1912.

postcards121019mj05.jpg
From Rainer Maria Rilke to Hedwig Fischer, 1924.

postcards121019mj07.jpg
From James Joyce to publisher Elkin Matthews, 1908.

postcards121019mj08.jpg
From Truman Capote to Boris Groudinko, 1960s.

from Flavorwire

投稿者 orangepeel : 07:34 PM | コメント (0)

October 17, 2012

ROSHIW OKADA

okadaroshiw121017mj01.jpg

okadaroshiw121017mj02.jpg

okadaroshiw121017mj03.jpg

okadaroshiw121017mj04.jpg
© 1987 ROSHIW OKADA ( Gallery Interform )

モーリス・メーテルランク 詩集『温室』杉本秀太郎 訳 (雪華社刊, 1985)を再読していたら、
あとがきで『温室 モーリス・メーテルランクの詩によるエルネスト・ショーソンの歌曲』 (湯川書房刊、1982)があることを知った。
限定108部で、岡田露愁 木版画5葉入り。
インターネットで調べたら、20,000円でした。

欲しくありませんか?私は欲しいです.....

おもいついて、コレクション・ファイルから岡田露愁氏の絵葉書をながめてみた次第。

投稿者 orangepeel : 03:32 PM | コメント (0)

October 16, 2012

SEKAI

sekai121016mj01.jpg
「目の中の森」

sekai121016mj02.jpg
「計算のできない男」

sekai121016mj03.jpg
「春の終り」

- BOOK AS ARTWORK
絵によって詩になった
小説のような本。 

『SEKAI』 徳田 英志 (製作発行: 製本工房 書祭, 1985)

from my bookshelf.
私の書棚から。

投稿者 orangepeel : 05:56 PM | コメント (0)

October 13, 2012

Edwin Morgan

edwinmorgan121013mj01.jpg
The Second Life, 1968

edwinmorgan121013mj02.jpg
Wi The Haill Voice: 25 poems by Vladimir Mayakovsky, 1972

edwinmorgan121013mj03.jpg
The Vision of Cathkin Braes And Other Poems, 1952

edwinmorgan121013mj04.jpg
'The Cat', 'The Carp', & 'The Dromedary' , 1955

edwinmorgan121013mj05.jpg
Beowulf: A verse translation into modern English, 1952

edwinmorgan121013mj06.jpg
Nothing Not Giving Messages: Reflections on his work and life, 1990

edwinmorgan121013mj07.jpg
NEWSPOEMS, 1987

from Edwin Morgan Archive via Poetry Book Society‏ (@PoetryBookSoc) on twitter

スコットランドの詩人、エドウィン・モーガン。
詩集のカヴァーをあつめてみました。

投稿者 orangepeel : 09:18 PM | コメント (0)

October 10, 2012

Pop! Pop! Pop!

feministbaseball121010mj01.jpg

feministbaseball121010mj02.jpg

feministbaseball121010mj03.jpg

feministbaseball121010mj04.jpg

feministbaseball121010mj05.jpg

feministbaseball121010mj06.jpg

feministbaseball121010mj07.jpg

feministbaseball121010mj08.jpg

feministbaseball121010mj09.jpg

feministbaseball121010mj10.jpg

feministbaseball121010mj11.jpg
Feminist Baseball #15 winter / spring '96-'97

インディーズ・レーベルや本・映画を紹介するインディーズ・マガジン。
モノクロームの手描きの文字やイラストレーションが素朴です。
ZINEが流行しはじめたころ、あつめていたもの。

from my bookshelf.
私の書棚から。

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

October 09, 2012

Heinrich Böll

melvillehouse121009mj01.png

melvillehouse121009mj02.png

melvillehouse121009mj03.png

melvillehouse121009mj04.png

melvillehouse121009mj05.png

melvillehouse121009mj06.png
The Complete Essential Heinrich Böll : Melville House Books

1972年ノーベル文学賞を受賞したハインリヒ ・ベルの選集。
シンプルな表紙デザイン。出版はメルヴィル・ハウス。

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

October 08, 2012

gui

gui121008mj01.jpg
gui #80

gui121008mj02.jpg
gui #81

gui121008mj03.jpg
gui #87

gui121008mj04.jpg
gui #89

gui121008mj05.jpg
gui #90

gui121008mj06.jpg
gui #92

gui121008mj07.jpg
gui #93

表紙:高橋昭八郎

*gui #80 vol.29 April 2007
*gui #81 vol.29 August 2007
*gui #87 vol.31 August 2009
*gui #89 vol.32 April 2010
*gui #90 vol.32 August 2010
*gui #92 vol.33 April 2011
*gui #93 vol.33 Augustl 2011
(発行所:田村デザイン事務所)

from my bookshelf.
私の書棚から。

投稿者 orangepeel : 07:24 PM | コメント (0)

October 07, 2012

visual poetry

gui121007mj01.jpg

gui121007mj02.jpg
gui #89

gui121007mj03.jpg

gui121007mj04.jpg
gui #90

gui121007mj05.jpg

gui121007mj06.jpg
gui #92

gui121007mj07.jpg

gui121007mj08.jpg
gui #93

ビジュアル詩:高橋昭八郎

*gui #89 vol.32 April 2010
*gui #90 vol.32 August 2010
*gui #92 vol.33 April 2011
*gui #93 vol.33 Augustl 2011
(発行所:田村デザイン事務所)

from my bookshelf.
私の書棚から。

投稿者 orangepeel : 07:39 PM | コメント (0)

October 06, 2012

October 01, 2012

Poets can illustrate, too

tseliot121001mj.jpg
Poets can illustrate, too. Above, POETRY contributor T.S. Eliot’s cover, courtesy of Flavorpill, where they also have covers illustrated by William Blake and Gunter Grass.

from Poetry Foundation on pinterest via Poetry Foundation (‏@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:14 PM | コメント (0)

love is more thicker than forget

loveis121001mj.jpg
"[love is more thicker than forget]" —E.E. Cummings, POETRY, January 1939

from Poetry Foundation on pinterest

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

September 30, 2012

Melville House

melvil120930mj01.jpg
Death and the Penguin
Andrey Kurkov
Melville House
Designer: Christopher King

melvil120930mj02.jpg
Debt
David Graeber
Melville House
Designer: Carol Hayes

melvil120930mj03.jpg
Poetry After 9/11
Dennis Loy Johnson and Valerie Merians
Melville House
Designer: Christopher King

from DESIGN OBSERVER 50Books 50Covers/2011covers via Melville House (@melvillehouse) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:05 PM | コメント (0)

September 29, 2012

Zine Box & Posters

nieves120929mj01.jpg

nieves120929mj02.jpg

nieves120929mj03.jpg

nieves120929mj04.jpg

nieves120929mj05.jpg

nieves120929mj06.jpg

nieves120929mj07.jpg

nieves120929mj08.jpg
from Nieves

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

September 24, 2012

How to Dress Like a Poet: 5 steps

howtodress120924mj.jpg

howtodress120924mj02.png

from Don Share via Poetry Foundation (@PoetryFound) on twitter

詩人らしい装い、5つのステップ 。
黒のシャツとパンツ。
ベレー帽。
ハイヒールやジュエリーは「らしくない」みたいです(笑)。

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

September 19, 2012

COMEDY BOOK 1

closet120919mj001.jpg

closet120919mj02.jpg
© hand point.

art direction, design : chocochips (orangepeel Inc.)
art direction : hiromi suzuki (orangepeel Inc.)

music label RONDADEによるセレクトで生まれた新しいart book, ‘COMEDY BOOK’創刊号は、
アーティスト、hand point. 氏の作品集“closet ”。
今週末からのTHE TOKYO ART BOOK FAIR (9/21FRI-23SUN) にて初登場します。
ぜひ、お楽しみに☆

投稿者 orangepeel : 07:42 PM | コメント (0)

September 08, 2012

Days of Poetry and Wine 2012


Festivalski utrinki / Festival impressions

via 福間健二さん (‏@acasaazul) on twitter

投稿者 orangepeel : 03:58 PM | コメント (0)

September 07, 2012

Poetry on Pavements

pavements120907mj01.jpg

pavements120907mj02.jpg

pavements120907mj03.jpg

pavements120907mj04.jpg

pavements120907mj05.jpg
from The Poetry Society via PoetrySociety (@PoetrySociety) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:40 PM | コメント (0)

August 26, 2012

リチャード・ブローティガン

richardbrautigan120826mj.jpg
『リチャード・ブローティガン』 藤本 和子 著 (新潮社刊, 2002)

_____ 1973年、サンフランシスコ。偶然見かけた「アメリカの鱒釣り」の表紙の男、リチャード・ブローティガン。風変わりな作品を残し、84年に自殺を遂げるまでを、翻訳者にして友人でもあった著者が作品から辿る。 _____
内容(「MARC」データベースより)

ほとんどの作品を繰り返し読んでいるし「棺桶には『芝生の復讐』と『東京モンタナ急行』を入れてね」などと冗談めかしているが、詩や散文・小説から垣間見える悲しみとユーモアはリチャード・ブローティガンの人生とどうつながっているのか知らなかった。
本書は、ほとんどの翻訳をてがけており友人でもあった藤本和子氏がブローティガンの娘・アイアンシを訪ね、丁寧な取材を試みている貴重な一冊である。
気になる言葉に付箋をはっていたら、全頁がポストイットだらけになってしまい、自らを笑った。

以下、「これだ!!!」というmemoポストより。

 ‘ブローティガンが生きのびたのは想像力のおかげだった。想像力のほかには何ももたない者は想像力を身にまとって寒さをしのぶ。それを鎧のように着て、わが身をまもる。言葉は生きるための命綱だ。死んだときのかれはそれを手放したのだったろうか。『不運な女』を書いたあと、「この先へいける言葉をわたしは持っているだろうか」とかれは自問しなかったか。その先に待っているのが、沈黙の世界を名指す力をうしなった痩せおとろえた言葉だと感じてはいなかったか。言葉が沈黙の世界を名指す力をうしなうとき、わたしたちは溺れ死ぬのだ。ナタリア・ギンズブルグは『小さな徳』の中の「わたしの仕事」で、いつか書く文章のためにとおもって、考えついた文句などを帳面に記していたが、それはなんの役にもたたないことを知った、といっている。「この仕事には、『貯金』のようなものはないのだから」’
藤本和子 『リチャード・ブローティガン』 饑犬隼 「だれかが帰らなければ」 (p.41)

 ‘アイアンシはいう___ 「父が大工になる、なんて想像できる?書くことのほかには何もできないひとだった。ペンキも塗れなかったし、車の運転すらおぼえようとしなかった。でも書くことは、きちんと時間をきめてしていた。二日酔いでも、仕事をする規律は守っていた。一生懸命働いたのよ。気ままに白昼夢を見ることで時間をすごしてはいなかった。書くことが生活だったの。’
饑犬隼 「書くことしか考えなかった」 (p.62)

 ‘ブローティガンのイメージの描写は過剰ではなく、中立的ともいえる性格をもっていた、とキース・アボットは書いている。たしかにそうだ。大層な言葉、派手な言葉より、人びとの生活に転がっている話し言葉で、かれはイメージを構築した。気分がすごくよくなるようなリズムや、歌うように書くことはさけ、抑制に気をくばっている。執拗なまでに推敲を重ねられたその文体は画期的なものだった。
(中略)
 ブローティガンは「負け犬」、「敗残者」などと呼ばれるような人びとの物語を記し、そしてかれらの想像力を明るみに引きだした。それはキース・アボットがいみじくも述べているように、「負け犬」とか、「敗残者」という観念そのものを拒否する行為だった。
(中略)
 ブローティガンにとって書くことは、万力に釣針を固定して、そこに人間の失意と救済を結わえつけて、夕暮れの大空へ投げあげることだった。人間の生の形が解放の大きな空間をただよい流れていくように。わたしたちはその光景を見上げ、とりあえずは、もうすこし生きてみようという気持ちになる。読む者にとって、そのような体験に価値がないはずはない。’
髻悒▲瓮螢の鱒釣り』 「紙の幽霊」 (p.94-98)

 ‘歴史の書にはけっして登場しない人びとが、じつは「波乱のアメリカ史に狼煙のごとき光をはなつ」(「芝生の復讐」)。わたしだって、名もない、などとかんたんにいうが、そのようないいかたは、ほんとうはきらいだ。そう呼ばれる人びとには、いつだって名はちゃんとあるし、名もないといってすませられるのは、語り手の思いあがりにすぎない。物語を書くことの目的の一つは、「名もない」と一括される人びとの名を固有名詞にして呼びもどし、かれらの声を回復することにあると、わたしは思う。わたし自身の書くものも、どうかそうであってほしい、と祈るように願う。
 それには熱をおびた予感があるほうがいい。描こうとする対象に理由はわからないままに惹かれ、物語を書くうちに、自らのなかにあった名づけられない感情や思念にゆっくりと光があてられてゆくだろうという予感、あるいはそれまでは無知でいた視角を発見するだろうという予感。’
鵑だやかでない風景 「寄宿詩人」 (p.140-141)

 ‘かれは引き裂かれていた。引き裂かれているということは、作者をゆっくりと破壊し蝕む原因となるのだろう。しかしそれは同時に、作家としての源泉にもなる。分裂性はかならずしも、否定的な力のベクトルだけに支配されているわけではないのだから。それは持続する緊張をもたらし、作家の世界を、錯綜した深みのあるものにする。暗い原風景は世界を幻想のない視線で見ることをうながす。他者の原風景を理解する衝動をまねく。’
鵑だやかでない風景 「呪われた時間」 (p.163)

 ‘おだやかでない風景を、これはおだやかでない、と断ったり、おかしいじゃないか、なっ?と念をおしたり、同意を求めたりしないのが、ブローティガンの作風だった。かれはそれを詩的な真実、というようなものと考えていたのだろう。
 『芝生の復讐』はこのように、記憶を追って過去を回収することと、おだやかでない風景を自然の摂理にあったことのように現出させることに成功した作品だった。記憶や夢想からの返答として、いくつもの物語が闇のなかの青い炎のように光り、ちらりと見えた漆黒のマントの真紅の裏地のようにどきりとさせ、廃屋の床に転がった人形のように動揺をあたえた。
 八年にわたって書きためられたこれらの物語が短編集として残ったことはさいわいだった。’
鵑だやかでない風景 「おだやかでない風景」 (p.180)

 ‘でもこのような人間的な出会いはそれほど多くなかった。『東京日記』には、一種の後悔にも似た感情がクリークのように流れている。かれは期待をもって日本へやってきたことだろう。ぼくの作品はアメリカ人によりも、日本人によりよく理解されていると思えてしかたがないよ、とかれはわたしにもらしていた。日本では、作家、詩人、評論家に敬意をもって迎えられ、書評もどれも好意的だった。でもあこがれや敬意の線をこえて、ブローティガンに接した人びとはどれほどいただろうか。ずっとそのことが気にかかっている。
(中略)
 「外のひと」として扱われた体験は、海千山千とはけっしていえない、すれていなかったブローティガンを、どれほど傷つけただろうかと、わたしは想像してみる。「夢がおとずれると / 生はおわる。やがて夢はきえ / 生もきえる」と、東京滞在の最中に記したかれは、なにを思っていたのか。アメリカでの作家としての位置に、かれは悲痛な感情をいだいていた。ジャンル小説を書いて、おおかたは酷評をうけたあと、かれは日本へやってきた。そこにはきっと期待と幻想があった。期待の大きな部分はみたされなかった。幻想の大きな部分は幻想におわった。『東京日記』と『東京モンタナ急行』を書いた当時にはまだ、自死を計画してはいなかっただろうと思うが、日本での体験は同時に進行しつつあった飲酒による肉体的な衰弱とアメリカでの人間関係の困難とあいまって、かれの下降を早めた。
 生い立ちや社会への憤りと疎外感から自由になれなかったブローティガンは、ときに周囲の感傷的な楽しみをあざけった。クリスマスをひとりきりでポルノ映画館ですごしたり、感謝祭にはわざと人気(ひとけ)もないレストランでみじめな食事をとった。どこにも属していないこと、家族とよべる人びとのいないことを誇りにしているようだった。’
終末 「メランコリー」 (p.220-221)

 ‘「ある意味ではね、日本は父に、人間は孤独であってもかまわないのだ、ということを教えたのではないかしら。日本にいくことで、かれは自分の過去と文学的に折り合いをつけることができたと思う。私的には、とうとう折り合いをつけることはできなかったれど、かれが求めていたのは、文学的に折り合いをつけることだった。日本を知って、父は思想的に解放された。これはわたしの考えにすぎないから、父はいま部屋の隅で笑っているのではないかしら」
 「アメリカに育って身につけてきた固定的な観念から解放された、時間についての観念、歴史についての観念、言語の役割についての観念などから解放された、ということね」
 「そうなの。書くことについての態度でも解放されたと思うの」
 「あなたのお父さんは日本人はついに理解できないという意味の詩を書いたけど、それと同時に神秘の日本、ということも言わなかった」
 「父は日常の日本を愛していたのね。かれが心をひかれたのは地下鉄や傘だった。わたしが日本にいったとき、父は父親の役目をそれらしく果たそうとしたから、竜安寺にも連れていってくれたけど、でかける前に、いいかい、京都は古都だ、もっとも聖なる土地へいくのだぞ、とは説明しなかった。わたしが感じるままに感じればよい、ということだったのね。苔寺をおとずれたその足で、パチンコ屋へいった。日本は父にとって、かけがえのない土地だった」’
終末 「アイアンシの考え」 (p.242)

=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

August 14, 2012

myst

myst120814mj01.jpg

myst120814mj02.jpg

myst120814mj03.jpg

myst120814mj04.jpg

myst120814mj05.jpg
from The Poetic

投稿者 orangepeel : 08:19 PM | コメント (0)

August 05, 2012

Sylvia Plath

sylviainparis120805mj.jpg
Sylvia in Paris, 1956

sylviaplath120805mj02.jpg
Sylvia Plath at the beach, summer 1954

sylviaplath120805mj03.jpg
Sylvia Plath at her typewriter, Yorkshire 1956

from Sylvia Plath (‏@itssylviaplath) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:33 PM | コメント (0)

August 04, 2012

春風社

syunpusha120804mj01.jpg

syunpusha120804mj02.jpg
「春風社のご案内」

駒場東大前古書店の河野書店にて『見えないものを見る力―ケルトの妖精の贈り物』 風呂本武敏 著 (春風社 刊, 2007)を購入。
さっそくベッドでページをめくりはじめたら、素敵なメッセージとともにハラリと舞い落ちてきたしおり。

やっぱり‘本’っていいなあ。

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

July 29, 2012

妖精と妖怪

soraan120729mj.png

ミニシンポジウム@そら庵 vol.3「妖精と妖怪」

- 鶴岡真弓(美術文明史家)×畑中章宏(著述家・編集者) 
「 『遠野物語』の民俗学者・柳田国男が没して50年になるこの機会に、人間の心性の奥底から生まれた古今東西の妖精と妖怪に心を傾けてみる」 ケルト美術がご専門の鶴岡真弓さんと『日本の神様』『柳田国男と今和次郎−災害に向き合う民俗学』などの著書がある著述家の畑中章宏さんによるトークイベントです-

隅田川べりのブックカフェ・そら庵にて、鶴岡真弓氏と畑中章宏氏の貴重なシンポジウムを体験いたしました。
この日は畑中さんの最新刊『災害と妖怪』の出版記念イベントでもありました。

W.B.イェイツの詩『The Celtic Twilight』に表現されているように、
この世とあの世の空間と時間にトワイライト・ゾーンがあり
妖精や妖怪は生者と死者との境界でキラキラしい生をreviveしてくれる“Good People”である、と。
北欧神話のオーディンも日本のひとつ目小僧も、片目であることが、トワイライトの心を教えてくれる。
ユーラシア大陸の西と東、妖精も妖怪も実は近しい、親和性(神話性ではなく)のある身近な境界にいる。
たとえば、すぐそばの隅田川にも....

などなど、内容が濃密で、走り書きしたメモからまとめることができません...
また、鶴岡先生や畑中先生と直接お話させていただくことができた幸運でした☆
(畑中先生とはtwitterで何度かやりとりさせていただいておりました。このような機会を頂戴し感謝いたします)

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

July 14, 2012

Loading Mercury With a Pitchfork

loadingmercurywithapitchfork120714mj.jpg
”Loading Mercury With a Pitchfork” by Richard Brautigan (Paperback - June 1976)
『突然訪れた天使の日』 リチャード・ブローティガン 著 / 中上 哲夫 訳 (思潮社刊, 1993)

_____ ブローティガンの詩は、世界の彼方からやってきてこの地球に降り立ち、私たちの日常の隣で見知らぬ光景を映し出している。綿毛のようなその世界の向こうには、どきっとするほどのエロチシズムと残酷性がのぞいている。1976年の詩集。_____
内容(「BOOK」データベースより)

ブローティガンの詩集・散文集はほとんど持っているが、これはなぜか買いそびれていて丸善で見つけて購入。
米国では1976年に発行されたセレクト詩集。

リチャード・ブローティガンに惹かれる理由。
アメリカ(日本びいきだったので日本も含めて)の底辺に生きるひとびとをやさしさとユーモアをもって描いているから。
よく、ビートニクにくくられるが、アイビーリーグのライティングコースを卒業したような先鋭で戦略的な作家ではない。


‘ぼくがいいたいのはこういうことさ。つまり、きみは自分自身を赦
     せるのか / 犠牲者がなければどんな犯罪でも?’
リチャード・ブローティガン 『突然訪れた天使の日』 「きみはきみ自身の赦しの子羊なのか?」 (p.15)


‘気づくことはなにかを失うことだ。
このことに気づくのにぼくはなにを失ったかについて考える、
   もしかしたらそのために嘆くことになるかも。’
「気づくことはなにかを失うことだ」 (p.25)


‘毎晩、眠りに落ちる直前
ウォルターは咳込む。他人とひとつ部屋で
寝たことがないので、彼は思っているのだ、
眠りに落ちる直前にはだれもが
    咳込むものだ、と。それが彼の世界なのさ。’
「ウォルター」 (p.79)


リチャード・ブローティガンはアルコホリックで晩年はほとんど書いていなかった。
中上哲夫氏のあとがきによると、1984年の猟銃自殺のあと『タイム』だか『ニューズウィーク』だかで
“low-keyed writer” と表現されていたそうである。

「控え目な作家」という意味だそうだ。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

July 13, 2012

Dime-Store Alchemy

dimestorealchemy120713mj01.jpg

dimestorealchemy120713mj02.jpg

dimestorealchemy120713mj03.jpg

dimestorealchemy120713mj04.jpg
『コーネルの箱』 チャールズ・シミック 著 / 柴田 元幸 訳 (文藝春秋刊, 2003)

_____ 秘密の窓を開ければ…ピューリツァー賞作家が贈る小さくて贅沢な、迷宮。カラー34点収録。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

詩人・チャールズ・シミックによる、コーネルの箱についての散文集。原題“Dime-Store Alchemy”(十セントショップの錬金術)。
日本でジョゼフ・コーネルは人気だけれども、米国ではシミックの詩は高い評価を受けている。
以前、twitterで米poetry関係アカウントに、シミック著のこの本の存在を指摘したことがあるが(おこがましい:笑)知られていなかった。
コーネルの作品集は大判のものを何冊も持っているので、今回はシミックの“コーネル愛”テキストを愉しんだ次第です。

‘・・・コーネルが物について行なったのと同じように、すでにある言葉のなかから断片を見つけてきて、それを素材に詩を作りたいと思った。そして私は、コーネルを理解したかった。コーネルは模倣に値するアメリカ人芸術家である。そのことは私にとってますます明らかになっていった。結局私にできたのは、オマージュを構成することだった____ 彼が愛した詩人たちの精神にのっとって書いた、短い文章の連なり。「無限は君が否定した偶然から現れ出る」とマラルメは書いている。私もそう思う。そしてここでは、もうひとつめざしていることがある。これはコーネル本人が、日記の日付なしの項にいみじくも書いたように、「妄想(オブセッション)に形を与えようとする懸命の企て」である。’
チャールズ・シミック 『コーネルの箱』 序 (p.10)


josephcornell120713mj.jpg
© Joseph Cornell Taglioni's Jewel Casket, 1940

 
 ‘家に保管してある一五〇余りのファイルを、コーネルはこんなふうに形容している ______
       
       日記、日誌、貯蔵所、実験室、ギャラリー、博物館、聖域、観測所、鍵・・・・・・
      迷路の核、夢と幻の交換所・・・・・・取り残された幼年期。
 
 コーネルの方法と目的を知らない他人が見たら、ファイルに入っているものをクズ籠の中身と表現することだろう。まあたしかに、この上なく奇妙なクズだと認めはするだろうが______ 何しろそこには、二十世紀のアメリカ人が捨てたものもあれば、十九世紀のパリジャンが捨てたとおぼしきものもあるのだから。’
「ベビー服を着た犬」(p.84)


 ‘ユートピア・パークウェイは雨。障害を抱えた弟は鉄道模型で遊んでいる。コーネルはジョン・ダンの説教集を読んでいて、オーブンでは母のパイのように、オテル・ポオ=セジュールの箱が焼けている最中だ。
 箱が古びて見えるよう、コーネルはペイントを二十回くらい塗り、ニスを塗って、磨き、陽や雨風にさらした。ひび割れて古く見えるようオーブンで焼いたりもした。
 骨董品の捏造者や、過ぎ去りし時代を愛する人も、同じ方法を用いる。’
「ユートピア料理」 (p.126)


‘・・・・
 すべての芸術は、自己が他者を求める渇望にかかわっている。我々はみな孤児であり、その孤児が、見つけた物を手当たり次第素材にして、自分のきょうだいを作る。芸術とは、少しずつ、難儀に、自分が他者に変容していく営みである。’
「トーテミズム」 (p.127)


 ‘「君は君の不眠症に対して何の秘密も持たない」と、入口の看板に書いてある。あなたの部屋の壁は白く、シーツと枕も同様。蝶番で開け閉めする窓がある。ずっと上、天井のすぐそばの格子窓。あたかもこのホテルがかつての監獄であったかのように。
 白い真理、ダンの言う「囲い込まれた大いなるもの」。
 無限_____ 語るべき物語を持たない時間。
 あなたは自分のささやかな糸ですべてを測っている気がしている。それとも靴紐の切れ端で?
 だからこそ、コーネルの晩年の箱は、どれもほとんど空っぽなのだ。’
「世界の果てのホテル」 (p.144)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:13 PM | コメント (0)

July 05, 2012

Allen Ginsberg's suggested reading list

allenginsberg120705mj01.jpg

allenginsberg120705mj02.jpg
Allen Ginsberg: Suggest Reading List

from City Lights Booksellers & Publishers via City Lights Books‏ (@CityLightsBooks) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:22 PM | コメント (0)

The Unabridged Journals of Sylvia Plath 1950-1962

sylviaplath120705mj01.png

sylviaplath120705mj02.png
from e-reading.org. via Sylvia Plath‏ (@itssylviaplath) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:09 PM | コメント (0)

July 04, 2012

Alan Kitching

alankitching120704mj.jpg
letterpress by Alan Kitching / a cover design for Wallpaper Magazine


Alan Kitching – Letterpress Design – Wallpaper Magazine via Keith & Jamie Berger‏(@CrankyPressman) on twitter

投稿者 orangepeel : 02:05 AM | コメント (0)

Chris Gill - Wires


Chris Gill - Wires

from PRNTD (‏@PRNTDPublishing) on twitter

投稿者 orangepeel : 02:02 AM | コメント (0)

Rain of Poems over London

Rain of Poems over London / Bombardeo de poemas sobre Londres from Casagrande on Vimeo.

via PoetrySociety‏ (@PoetrySociety) on twitter

Rain of Poems over London / Bombardeo de poemas sobre Londres

投稿者 orangepeel : 12:25 AM | コメント (0)

June 28, 2012

June 23, 2012

尊厳死は誰のものか

gendaishiso120623mj.jpg
『現代思想』 6月号 特集: 尊厳死は誰のものか- 終末期医療のリアル (青土社刊, 2012)

「終末期の医療における患者の意思の尊重に関する法律案 (仮称)」という法案が国会に提出された。
つい最近まで、pdfがネット上にあったのだが、現在みつからず資料不足にて失礼いたします。

私は尊厳死というものに断固反対である。
人は死の直前まで意識と生への希求があるからだ。
また、看取る家族にとっては、自殺幇助あるいは殺人とも受け止めざるをえない。

『現代思想』 6月号は、タイムリーに「特集: 尊厳死は誰のものか- 終末期医療のリアル」というもの。
以下、twitterにてメモしたものや意見したものを抜書きしました。

「今社会の支えのない中で自殺する方が毎年三万人、私はこの死はいわば持てる者と持たざる者の内戦による戦死と考えている。すでに障害あるなしのかかわらず尊厳ある生は奪われ、孤立の中で死を選ぶ人がこれだけ存在する」『現代思想』6月号=尊厳死は誰のものか p.93

「ドナーカードが自殺の背中を押すことは当然想像できる。これも「自己決定」と呼ぶのであろうか?脳死・臓器移植法改悪後の初めての十五歳以下のドナーの死は自殺であったこと、そしてそれが徹底的に隠されたということ、このことは象徴的な事例である」『現代思想』 尊厳死は誰のものか p.93

「尊厳死の思想は人間が生きている状態に対してこれは尊厳ある生き方、これは尊厳の失われた生き方というふうに規定する。そして尊厳の失われた状態で生きることは無駄であり本人も望まないものだと決め付ける」『現代思想』6月号=尊厳死は誰のものか p.115

尊厳が失われてしまったから、日本では若年の自殺者が多いのだ。一般に尊厳死や孤独死を考えるのは、元気なお年寄りだったりする。先日「孤独死は嫌だから理事長さん(うちはマンションの理事長なんです)に部屋のスペアキーを預かってほしい」とお婆さんにたのまれたが、他人の死に責任は負えない。

「ヒトラーの犯した過ちをくり返してはならない。そのためにはまず人間の生命に価値づけをするような法案を阻止しなくてはならない」 『現代思想』6月号=尊厳死は誰のものか p.115

6歳未満の脳死、臓器提供のニューズ。こどもにはドナーの意志はない。また、脳死に回復の可能性がないとはいえないし、体温がある以上、脳のどこかは機能しているはず。反応がなくてもこちらの声が聞こえていることもある。

《脳死患者は、まだ生きている。臓器を摘出するために便宜上「死んでいる」と法律で認定されているだけで、実際には生きているし、いろいろなことを感じている。脳死患者から臓器を摘出するときには、だから麻酔がかけられる。》

「ポックリ逝きたい」とは、都合よくいかないものだ。
安楽死といっても、人工呼吸器をはずせば何時間も呼吸困難に苦しむ。
尊厳死は個人にとって都合のはいいことではなく、今後日本の医療社会の倫理感の問題になるようだ。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:13 PM | コメント (0)

June 18, 2012

Sylvia Plath’s Drawings

sylviaplathdrawings120618mj01.jpg

sylviaplathdrawings120618mj02.jpg

sylviaplathdrawings120618mj03.jpg

sylviaplathdrawings120618mj04.jpg

sylviaplathdrawings120618mj05.jpg

sylviaplathdrawings120618mj06.jpg

sylviaplathdrawings120618mj07.jpg
from Brain Pickings via Sylvia Plath (‏@itssylviaplath) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:33 PM | コメント (0)

June 13, 2012

celebrity poet doppelganger thing...

celebritypoet120613mj01.png
ee. cummings


and


celebritypoet120613mj02.png
Thom Yorke

from BOTH BOTH via John Sakkis‏ (@merkoneus) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:37 PM | コメント (0)

June 11, 2012

Curious French Cat drawing by Sylvia Plath

drawingbysylviaplath120611mj.png
from Sylvia Plath‏ (@itssylviaplath) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:20 PM | コメント (0)

June 03, 2012

ムーミンパパの『手帖』

moomin120603mj01.jpg
ムーミンパパの『手帖』 東宏冶 著 (青土社刊, 2006)

_____ 恋を休んだ日は、ムーミン
ムーミンの物語を、数多くの引用と原作者トーベ・ヤンソンの手法の分析とともにひもときます。ムーミンパパがつけている「発見の手帖」になぞらえ、ムーミンの世界をいろいろな登場人物から「発見」していくことの楽しみと驚き。ムーミンたちの愛くるしさだけではない、ヤンソンの深い世界観が見えてきます。1991年鳥影社版の増補復刊。 _____
「ムーミンパパの『手帖』 トーべ・ヤンソンとムーミンの世界」 青土社 紹介より

moomin120603mj02.jpg
「ムーミンパパの『手帖』」 東宏冶 著 (鳥影社刊, 1991) さし絵と地図の愉しみ(p.248-249)

(注:以下の引用は1991年鳥影社版からです)

ムーミントロールの物語は、こども向けのファンタジーではないことは昨今の常識になっている。
トーべ・ヤンソンの作家としての姿勢は、特別な読者を想定していない。
‘・・・それは、子供の世界を単一なものと見ない、子供の自主性を大切にする、そして大人の自分の眼をことさら子供の眼の低さに置く必要もない、それほどに自分が幸福な子供時代をすごしたと感じている、そういう好ましい作家の姿だ。さらにつけ加えて、自ら「いかなる哲学」もないと言うものの、あえてヤンソンの基本的な思想を言えば、日本のあるテレビ関係者に語ったという、「ムーミンの世界は、ノー・マネー、ノー・カー、ノー・ボクシング(お金もない、車もない、暴力もない世界)である」という考え方だろう’
もっとも幸福な幼年時代 (p.16)

トーべ・ヤンソンはフィンランドの作家であり、ムーミントロールは北欧神話(フィンランド神話)の妖精トロルに由来すると考える。物語にある、ヘムル族・ムーミン族・スノーク族というのは、アングロサクソンが定義する「人種」という概念ではなく、神話的「土地の霊」 Genius loci と考えるほうがロマンティックである。ヤンソンは、ムーミン一家を通して、海・森・霧・木・岩・砂などの自然の物質感を官能的かつ抽象的に簡素な文体で描いた。
さて、Genius loci ムーミントロールが住む(澄む)やすらぎの地とは。

‘(1) その場にいると「安心感」が得られること。それは自分の三方や四方が(とくに背後が)樹木や岩や薪の山などの“壁”’によって守られていることによって得られる。
 (2) それとともに、「解放感」があること。上方や前方に、空や海などの空間の拡がりがあるおかげで、閉じこめられているという感じがなくなっている。
 (3) その場にひとりでいられ、ひとりでものを考えられること。かれらの見つけたその場所の広さは、せいぜいベッド二個分か、一人でしかいられないほどである。
 (4) そこには太陽がさしこんだりして、「あたたかみ」や「ぬくみ」が感じられること。’
安らぎの空間、憎しみの空間 (p.30)

孤独を愛し求めるさまは、スナフキンにも徹底しているが、小川の音をリフレインにして作曲をはじめると、かならず邪魔がはいる。芸術家は隣人を避けられない。しかし、最終的に整った形で望んだ曲が姿をあらわすのである。その天才性を、東氏は「アウラ」と呼んでいる。
 ‘「それから〔スナフキンは〕仰向けに寝て春の空をながめました。彼の真上は澄んだ紺色をしているし、木の梢の上の方は、海のような色をしています。彼の帽子の下のどこかで、あの調べが動き始めました。_____第一部は憧れ、第二部と第三部は春の悲しみ、それから、そうです、たった一人でいることの大きな喜びでした。(『ムーミン谷の仲間たち』三〇/三三-三四ページ)」
 「夜明けの光が白々射し始めると、スナフキンは自分の五つの音色をつかまえに海辺は出掛けていきました。岸に打ち上げた海草のかたまりや流木をまたいで砂浜に出ると、そこに立って、じっと音色の近づくのを待ちました。それはすぐやって来ました。こんなだったらいいなあと思っていたよりももっとさわやかで美しい音色でした。(『ムーミン谷の十一月』二八七-二九七ページ)」’
スナフキンと自由 (p,51)

スナフキンは所有を嫌う。それは作者・トーべ・ヤンソンの創作指向にもつながる。
 ‘心の中に所有するとは、つまり記憶することであるが、それを不用意に言葉にして喋ってしまうと(つまり形式化すると)、今度はその言葉(形式)だけが記憶に残って生きながらえ美しいものの記憶が消えてしまう。美はそれほどに脆いものなのだ。しかし、そもそも記憶自体も脆いものであって、言葉にしないで所有してるつもりの美しいものの記憶もまた、やがては消えてしまうだろう。そういうとき、言葉という形式をまとわせておけば、その美しいものの記憶をよみがえらせるための、開けごまの呪文のようなものになるかもしれない。ここに、美しいものをめぐって、沈黙することと言葉にすることとの間のジレンマがあるのである。その解決のための方法は、いつか決定的な言葉にするにしても、それをぎりぎりのばすことだろう。そしてその間に、何度も何度も、沈黙したままで「美しいもの」を(書くべき対象を)思い出すことだろう。言葉にしないで対象を(美しいものの記憶を)何度も思い出すことは、いわば美しい壺のまわりをぐるぐると見てまわるようなもので、それまで気づかなかった面も見えるようになり、その書くべき対象に奥行きが出てくるようになるということだ。’
ヤンソンの方法 3 (p.225-226)

最後に、ムーミントロールたちにとってのクリスマスについて。

‘「そこでムーミントロールは家の中へ入っていって、見つけた限りのろうそくを集めてきました。それからもみの木の周りの雪の中に、それを立て、並べると、一本また一本と、注意深く火をつけました。とうとう全部のろうそくが、小さな輪を描いて燃えあがりました____暗闇とクリスマスをなだめるかのように。(『ムーミン谷の仲間たち』二六三/二五七ページ)
 「それからみんなはまた雪の中に坐って、恐いお客さんが来るのを待ち構えていたのです。時間はずんずん経ちましたが、何んにも起こりません。(同二六六/二六〇ページ)」’
神さまの気配 (p.122)

厳しい冬におとずれるクリスマスは、恐いお客さん、畏怖する自然の神さまである。
クリスマスツリーとなる「もみの木」は北欧のひとびとにとっては深淵に誘う原生林なのである。

もうひとつ、北欧神話「ユグドラシル」を思わせるエピソードを引用させていただく。

 ‘おしゃまさんはムーミントロールに色々」なことを教えている。自分の眼の前で見た死という出来事を受け容れることができず、死んだリスに感傷的な同情を寄せるムーミントロールに向かって、彼女は、「死んだら死んだのよ。このリスはそのうち土になるでしょ。やがてそのからだの上に木が生えて、新しいリスたちがその枝の上で跳ねまわるわ。それでもあんたは悲しいことだと思う?」(『ムーミン谷の冬』七一/七四ページ’
ものを所有しないこと (p.69)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:22 PM | コメント (0)

June 02, 2012

Virginia Woolf

virginiawoolf120602mj.jpg
『ヴァジニア・ウルフ研究』 神谷美恵子 著 (みすず書房刊, 1981)

_____ 著者は英文学を専攻していたころ、初めてヴァージニア・ウルフの作品に出会って「美しさと謎」を感じた。やがて精神医学に転じてから、それを新しい眼でとらえなおすことができた。本書は、ウルフの生涯・人となり・作品と精神の病を考察する、誰も試みなかった病跡研究(パトグラフィー)の集成である。

ウルフの夫が"Aura"と呼んだある神秘的なものが、ヴァジニアの人格と仕事から発散していた。「魚のひれ」「うねりくる波」「私の山頂体験の瞬間」など、創造の原点であり狂気の核心にあるものは、いかに定礎され、意味づけられるのであろうか。

ウルフの甥クゥエンティン・ベルの大著『ヴァジニア・ウルフ伝』につぎのような一節がある。「私の信ずるところでは、日本の精神科医のマダム・ミエコ・カミヤがヴァージニア・ウルフの病跡を準備しているはずだから、その仕事が公表されたら、精神医学がウルフの病気の助けとなり得たかどうか判明するであろう」。 _____
神谷美恵子『ヴァジニア・ウルフ研究』 みすず書房 詳細より

精神科医 神谷美恵子が作品はもちろんのこと、夫レナード・ウルフのインタビューや甥クゥエンティン・ベルとの往復書簡により、ヴァージニア・ウルフの病跡を分析した、生涯をかけた渾身の一冊である。

評論・小説にけんらんたる才能を発揮したヴァージニア・ウルフは幼少時から生涯にかけて、重い精神疾患を抱えていた。

 ‘ウルフにおいては、情緒は最も深い落胆から最高の高揚までの範囲にわたっており、後者は恍惚にさえ至った。彼女の抑うつは絶望、孤独感、離人感、人核分裂、ニヒリズムまたは「足場の喪失」のかたちをとることがあった。これについては彼女の日記や手紙に多くの例がある。「・・・・・・人生は・・・・・・まるで深淵の上にかけられた小さな舗道の一片のようだ。下をのぞくと、くらくらと目まいがする・・・・・・」(一九二〇年一〇月二五日)。’
ヴァジニア・ウルフの病誌素描 (p.20)

ヴァージニアの離人感は作品にどのように生かされていたか。
水や波をシンボルとして「写真の眼」的なものの書き方、生や死、時間と永遠というテーマに没頭している。
また、病の発症を予防する方法のひとつは「書くこと」であった。

神谷美恵子は、精神科医としてヴァージニアの病跡を内因性としてたどっている。
私は、環境や人間関係というより、父方・母方の精神の病を受け継いでいると解釈した。
十代のころより発症し、結婚後は夫レナード・ウルフの理解のもと5人の精神科医と相談してこどもをもつことを断念したという。
 ‘・・・ウルフがかかっていたと考えられる非定型精神病は遺伝性が強い。それは満田久敏先生の研究でも明らかにされているし、その通り彼女の病気の遺伝的負荷は相当に大きいものであったことが前回のベルの手紙からもうかがえるから、ここにはくりかえさない。また子どもを育てる苦労もさることながら、躁うつ病ないしは非定型精神病の病相を誘発するものとして、出産後の産褥気がしばしば臨床的に観察されるし、多くの成書に記されてもいる。現代でも、過去に躁うつ病をわずらったことのある人との結婚について、親や本人たちが医師に相談に来ることは多い。子を産むことを禁止する権利などむろん医師にはないが、四分の一ていどの率で子どもに病気が発現するリスクがあることや、病気の性質について説明をしておく責任は医師にあると思う。一人や二人ぐらいの子どもを産んで、その子どもたちに病気が出なければ、それに越したことはない。しかしレナドが熟慮の末、リスクの少ない道をえらんだとしても、ウルフにそれを強制した、という証拠はない。真相は不明である。ただウルフは特別の才能の持主であった。子どものないことを一生淋しがったとしても、それゆえにかえって多くの時間とエネルギーを仕事に傾けることができた、とも言えるのではなかろうか。’
V.ウルフ病跡おぼえがき (p.244)

神谷美恵子は、らい病の世界でスティグマという「レッテル貼り」に対抗してきたゆえに、こう語る。
 ‘たしかにある人間____ しかも立派な作家 ____をきちがい insane, mad, lunatic などと、いとも簡単に呼んでしまうことは「非人間的」な響きがあってよくない。とくにウルフのように正常であった期間のほうがずっと多かった場合にはそうであろう。’
V.ウルフ病跡おぼえがき (p.240)

そして、ヴァージニア・ウルフ自身、19歳のとき知人にあてた手紙に書いている。
 《どうもこの人間界は複雑になりすぎてきたような気がする。どうしてもっと精神病院が満員にならないのか、ふしぎでならない。だって狂人の人生観には正しいところが大いにあると思う。もしかするとその人生観のほうが結局は健全なのかも知れない。ものうげで、まじめで、体裁のいい私たち市民のほうが、一生気が狂っていて、恒久的に閉じこめられるに値するのかも。》
V.ウルフの病跡 (p.111)

精神疾患は死にいたる病である。
思春期のころからヴァージニアは希死があり、最期は59歳(1941年3月28日)コートのポケットに石をつめて自宅近くのウーズ川での入水自殺であった。
そのころの記述が『自叙伝』にある。
 《私は今、五九歳。一月二五日の誕生日の前後、例の憂うつにおそわれかかったが、何とか書きものや台所仕事で打ちかって、今日は三月七日。世界大戦が始まって以来、ほとんど一年半になる。私たちのロンドンのアパートも空襲で焼けたし、私たちがやっている出版社ホガース・プレスも全焼した。過去_____ 年、書きに書いて、一つずつ買いととのえてきた美しい家具や絵画などもみな灰と化し、私たち夫婦はサセックスの田舎のロッドメル村の古い家に二人きりで住んでいる。忠実なお手伝いも空襲が村にくるのを経験してから、とうとう暇をとって故郷へかえってしまった。
 夫のレナドと二人で美しい自然に囲まれてくらすのは楽しい。「末期の眼であらゆる美しきものを見よ」という句のとおり、私はここの丘原や、鳥や、紅や紫や柔らかい水色がかった灰色の空の色を新しい眼で眺めている。こういう状況のもとで、しかも私の年齢で眺めてみると、人生のすべてが美しい。鱈とかソーセージとか、少しばかりの食糧で料理をし、レナドは講演や書きものの間に薪を切ったり、部屋をそうじしたり、自転車に乗ったり。そして私はこの中で野外劇『幕間』を二月二六日に書き上げた。いつものように、一つの作品を書きあげるとすぐさま、あるいは書き終える前から、次に書く作品のことにあたまが向かってしまう。と同時に、もう余り長く生きていられないだろうと思うせいか、昨年の一一月頃からしきりに自分の思い出の記を書きたい気がしている。もちろん、まだ死にたくはない。
(中略)
 あれこれ考えるとこのへんで自伝を書いておくのも時宜をえたことと思われる。どうせ作品を書いても出版社は潰滅しているし、本が出たところで、読者がいなくなっているから、反響がないのだ。私たちはいわば閉ざされた戸に鼻をおしつけて、未来のない日々を送っている。こういう時には心は過去に向かって行くものだ。いうまでもなく、老いに伴う精神の硬化は私の最も忌み嫌うところだ。でも幸い私は一九一五年頃から日記をつけている。ほとんど初めから将来自叙伝の材料にする気があった。それをこのごろ読み直しているのだが、思い出話とちがってその時その時に、自由奔放にありのままの経験や印象や感想を述べてあるので、これをもとにすれば私の自伝も単なる過去の思い出話とはちがったものとなりうるだろう。
 一つの作品を書きあげたあとは憂うつになるのだが、自叙伝を書くことで何とか克服できまいか、と思う。ともかく内省するのはもうやめよう。ただヘンリ・ジェイムズが言ったように、作家たるものはたえず観察することだ。自分自身が年とってくるのを観察し、自分の憂うつを観察しよう。そして料理でも書きものでも、何かしていることによって今の生活を生かそう。死ぬとしても堂々と死んで行きたいものだ。》
V.ウルフの自叙伝試作 (p.35-36)

神谷美恵子は、1966年11月、ヴァージニア・ウルフが書き、病み、悩み、死んでいったロッドメルへ、夫、レナード・ウルフを訪ねる。
マンクス・ハウスと表札のかかった門をはいると、芝生の先にヴァージニアが絶望の果てに身を投げたウーズ川がうねりをつづけていた。
 
 ‘・・・私は精神科医としての経験例をいくつか思い浮べて、躁うつ病の婦人は、平生はやさしい母親でありながら、病相がおとずれると自分の子供の首をねじろうとしたり、さまざまな暴行を加えたりすることもある、というお話をした。ヴァジニアは、病気のひどい時、看護婦四人、二人ずつ交代でつけておかねばとりおさえられないほど凶暴になった、という記述を、私はウルフ氏の自叙伝で読んでいたのだ。
「_____ 」心なしか、ウルフ氏の沈黙の中に安堵の色が見えた。
「それに、ああいう病気の人の自殺は、どんなに気をつけても、防ぎ切れない時がありますね」
「そうでしょう!?」
「ええ、もし私が、過去において受持った精神病患者の自殺について、一々責任感と罪障感を一生負いつづけてなくてはならないとしたら、とてもこうして生きてはいられない筈です」
「やっぱりそうなんですね」
 ヴァジニアのたびたびの自殺企図を妨げるために、ウルフ氏がどんなに苦心したかを私は読んで知っている。しかしまた、彼女が五九歳のとき、つにウーズ川に身を沈めてしまった際、ウルフ氏は自分の監視の眼が行きとどかなかったことを深くなげきこそすれ、罪障感は感じなかった、といかにもこの人らしい正直さで記している。躁うつ病の自殺というものは、予防への努力をつくしたあとでは、そういう風に受けとめるべきものなのだ、と私も数々のにがい経験ののちに思うようになっていいる’
V.ウルフの夫君を訪ねて (p.264)

ヴァージニア・ウルフは、両大戦期のロンドン文学界ブルームズベリーグループの一員として華やかな軌跡があるが、発症時には仕事をせず何ヶ月も床に伏すことがたびたびで、実際、病気や治療のため経済的には困窮しており、親の財産や少女時代の宝石を売り払ったりしてしのいでいたという。

virginiawoolffromwikipedia.jpg
from wikipedia


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:15 PM | コメント (0)

May 17, 2012

Dorothy Parker

drothyparker120517mj01.jpg

drothyparker120517mj02.jpg

drothyparker120517mj03.jpg

drothyparker120517mj04.jpg

drothyparker120517mj05.jpg

drothyparker120517mj06.jpg
from

Dorothy Parker Childhood Home.

投稿者 orangepeel : 07:53 PM | コメント (0)

May 13, 2012

Backside

Backside
By Chika Sagawa
Translated By Sawako Nakayasu

‘Night eats color,
Flower bouquets lose their fake ornaments.
Day falls into the leaves like sparkling fish
And struggles, like the lowly mud,
The shapeless dreams and trees
Nurtured outside this shriveled, deridable despair.
And the space that was chopped down
Tickles the weeds there by its feet.
Fingers stained with tar from cigarettes
Caress the writhing darkness.
And then the people move forward.’

from POETRY FOUNDATION via Poet • Poem • Poetry‏ (@PoetryVerve) on twitter

モダニズムを代表的する女性詩人、左川ちか。
日本語による詩は、こちらから読むことができます。

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

The Wooden Churches of Finland

sadinews120513mj.jpg
SADI NEWS No.32
竹内 晧 「フィンランドにおけるユニークな木造教会」
北欧建築・デザイン協会(2010年12月3日 発行)

loppichurch120513mj.jpg
Loppi church from en.wikipedia

北欧建築・デザイン協会『SADI NEWS』を注文・ご送付いただきました。
上の1600年代建設ロッピ教会は、フィンランド木造教会の初期のもの。
12世紀にスウェーデンからキリスト教が伝わったフィンランドの教会は、
石造教会を模倣した木造で、農家の工法に近いそう。

 ‘北欧フィンランドは針葉樹林帯に位置し、豊富な木材資源に恵まれている。従って、古くより木の文化は生活の中に浸透している。
 日本では案外フィンランドの木造建築は知られていない。木造建築の中でも特に顕著な例が17世紀、18世紀における木造教会である。この時代、フィンランドの木造教会は、全てが丸太組積造(丸太を井桁状に積み上げていく構法)である。フィンランドでは、この構法では世界でも例を見ない、ユニークでアイディアに富んだ手法が見られる。当時の工匠達は、石造教会に見られる大空間を、見事に丸太組積造で実現している。この時代の木造教会は、今も大切に使われ、人々の生活の中に深く関わっている。’
竹内 晧 「フィンランドにおけるユニークな木造教会」 SADI NEWS No.32 (p.01)

ちなみに、フィンランドの国教は福音ルター派(プロテスタント)と正教会(カトリック)のキリスト教である。
ロッピ教会の設計図に「牧師室」と「武器室(!)」というのがあったので不思議に思った(正教はマイノリティだったのだ)。
また、北欧神話とは別系統に、フィンランド神話があるが、古代の神々が空や森、水路、湖などにあり、
現在も農業や自然の事象など、ひとびとの生活に根付いているところは、
木造教会の存在がキリスト教という信仰だけではない、土着の宗教への深い愛着によるものではないかとおもう。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 05:23 PM | コメント (0)

May 09, 2012

A Room of One’s Own

virginiawoolf120509mj01.jpg

virginiawoolf120509mj02.jpg
from Smith College Libraries

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (0)

April 21, 2012

2角形の詩論 北園克衛エッセイズ

katsue120431mj01.jpg

katsue120431mj02.jpg

katsue120431mj03.jpg

katsue120431mj04.jpg

katsue120431mj05.jpg
from my bookshelf

『2角形の詩論 北園克衛エッセイズ』 リブロポート刊, 1987

投稿者 orangepeel : 09:08 PM | コメント (0)

April 10, 2012

北欧神話と日本神話

shinwa120410mj.jpg
図:ユーラシア大陸文化圏 第三章 内陸アジアの遊牧騎馬民族の役割 (p.111)
『北欧神話と日本神話―内陸アジアの遊牧騎馬民族の役割』 山下太郎 著 (フマニタス選書 刊, 1991)

_____ 北欧の国々に伝わる古い伝承と日本神話との奇妙な類似への着目を発端とし、日本神話に対応するものとしてゲルマン神話を取り上げ、両者を繁げる役割を遊牧騎馬民族の働きに見出す。異色の比較文化論と注目される。 _____
内容(「BOOK」データベースより)


北欧神話に興味を持ち始めたのは2010年の暮れ頃からだ。
身近にある京王線・代田橋駅の「代田橋」が、日本各地に伝わる巨人伝説“だいだらぼっち”に由来することから。
“だいだらぼっち”には「山を作る」「足あとに沼や泉が湧く」などの伝説がある。
暗渠フィールドワークの流れからも、世界中の“水”にかかわるエピソードはないかとさがしてみたかった。
とりあえず、北欧・アイルランド・スコットランド・ギリシャからイタリアまで
“だいだらぼっち”と語感のよく似た巨人“トロル”に関する神話や童話の資料を収集しコピーをとってファイリングしたままだったのだけれど。

そろそろ北欧神話と日本神話の共通するところの興味を再開したいな、と思っていた矢先に図書館でみつけた本です。

(注:引用に度々登場する『話素』とは「神話のシステムに組み入られる話の個々の素材のこと」だそうです)

‘アジアとヨーロッパを合わせたユーラシア大陸の中で、日本は言うまでもなく東の端であり、北欧は西の端である。’
『北欧神話と日本神話―内陸アジアの遊牧騎馬民族の役割』第一章 北欧の主神オーディンの謎」(p.13)
と、冒頭からあるように北欧、とくにアイスランドは日本とともに大陸から離れた孤島であり、キリスト教が入ってくるのが遅かった。
そのため、土着の宗教- 木や森や泉 -を畏怖し崇拝する古い物語が伝承されている。

 ‘最初に断っておく必要があろうが、ここでいう「北欧神話」というのは、アイスランドに伝わる新と古との二つの『エッダ』(Edda)という名の神話文献と、若干の『サガ』(Saga)と呼ばれる物語集とに記録されている内容のものであって、正確には「エッダ神話」と言わなくてはならないものであろう。
 しかしその元は、スカンディナヴィア半島一帯に伝えられていた「スカンディナヴィア神話」に由来するものであり、とりわけ『古エッダ』に納められた文書の中の一部は、直接ノルウェーで記録されたものであることも確かめられている。
 そればかりではない。北欧神話に含まれている話素の内容の大部分は、昔は広くゲルマン人の間に広まっていたものであり、したがってその原型からすれば、「ゲルマン神話」ないしはもっと広く「ゲルマン・ケルト神話」とも呼んでしかるべきものなのである。
 それが北欧以外の土地、例えば現在のドイツやフランスやイギリスなどでは、キリスト教が早く伝わったために、その殆どが消滅してしまい、一部が民話や伝説に形を変えて残っただけであった。ところが北欧には、西暦紀元後一千年頃になるまでキリスト教が伝わらなかったので、古い神話や信仰もあまり冒されずに残存しえたのである。’
第一章 北欧の主神オーディンの謎(p.14)

『古事記』や『日本書紀』に関しては多少端折らせていただいて、このところ私のこころの中で成長を続けている巨木、ユグドラシルについての引用。
‘.....北欧神話において宇宙樹ユグドラシルが天地を繋ぐ巨木とされているのに対し、日本でも「国生み神話」における天の御柱とか、伊勢神宮の心の御柱のように、巨木の柱が同様に重視されていることである。それのみか、造化の三神のひとりのタカミムスビノカミが、同名高木の神と呼ばれ、後述する「天孫降臨」の指令神としても、大いに活躍していることが注目される。
 これには神話学者のミルチヤ・エリアーデが「宇宙の軸」(axis mundi)と呼んだ観念に通ずるものがあって、この類似は単なる偶然にとどまらぬ意味を持つと思われ.....’
第一章 北欧の主神オーディンの謎(p.18-19)

話がそれるが、かつてより東欧からロシアにかけて東方正教会の木造教会に惹かれていた。
キリスト教以前の土着の宗教(自然信仰)の影響が残っているからだ。
ならば、北欧と日本の建築物などに類似性はみつかるだろうか。

 ‘例えば北欧にも、各地に古墳が沢山残っていることである。ほとんどが円墳であるが、内部の構造は日本のものとあまり変わらない。デンマークのシェルラン島で見たロスキレ近郊の古墳でも、中に入ってみて驚いたのは、日本のものと同様に、羨道も玄室もキチンと備えていたことであった。封土が取れて明日香の「石舞台」とそっくりと成ったドルメンをさえ見た。
 スウェーデンの古都ウプサラの、さらに北方にあるガムラ・ウプサラには、千五百年前のスヴェア人の諸王の墓といわれるものがある。それは皆大きな円墳で、東北から西南の方向に向かい、整然と並んでいるから驚く。マウンドの総数は約三百と聞いた。九州の宮崎県にある西郡原(サイトバル)の古墳の数ともほぼ同じだが、西都原の古墳はこんなに整然とは並んでいない。
(中略)
 北欧の場合に残念なのは、マウンドの保存状態が一部を除いて非常に悪いことで、これは墓制の違うキリスト教の影響と思われ、とにもかくにも古墳をできるだけ保存に努めてきた日本のほうがましだ、とも感じた。悪魔か巨人の塚だなどと思われて、古墳が取り払われたりするまでは、北欧のみでもなく中南欧にも、この種のマウンドが沢山に見られたことであろう。’
第一章 北欧の主神オーディンの謎 (p.21-22)

 ‘古墳以外で、やはり類似性を感じたものには、住居の様式があった。デンマークで見た民家には、日本の昔の家屋のような、千木や垂木に似たものを切妻式の屋根に付けているものもあったし、彼等が夏などに一時暮らすセカンド・ハウスには、校倉造りに似たものもあった。’
第一章 北欧の主神オーディンの謎 (p.24)

山下氏は「古墳の故郷は、中央アジアではないか」と解く。
そして、アイスランドの『新エッダ』作者のスノッリ・ストゥルルソンは同じく十三世紀、
『ヘイムスクリングラ』(「世界の輪」という意)の中で、オーディンはかつて中央アジアの遊牧民の首領であったと書いているそうである。
ユーラシア大陸の中部草原の乾燥地は農耕には適さず、遊牧の生活が築かれた。
ひとびとは無限に広がる草原で、太陽のある天上を慕った。
また、山がなければ人間が山をつくればいい、それがピラミッド、という説である。
氏は、山の少ないデンマークでひとびとが現在もいくつもの小山をつくっているのを見たそうだ。
そして同じくデンマーク、シェルラン島で多くの古墳をもみたとのこと。

 ‘垂直に高く天界まで届く軸を、宇宙樹のような高い木で表象するのは、喬木を見ない草原や砂漠の民の能くするところではない。しかしこの地域の勇敢な騎馬の民が、スキタイ・アーリアンは西や南に、モンゴルは東に、そしてまたトルコは南西に動いて、彼等の一部が高い木々の茂る地帯に入った時、(北欧神話において宇宙樹ユグドラシルが天地を繋ぐ巨木とされているのに対し、日本でも「国生み神話」における天の御柱とか、伊勢神宮の心の御柱のように、巨木の柱が同様に重視されていること)の類似も現実的となったのだと思う。
 定着農耕民の社会には神話の話素の蓄積も多く、樹木信仰の要素も各種の霊木観念として存在していたはずだから、遊牧民の思想がこれと結合して、宇宙樹に類する「神木」の観念を具体化し、伝承させてゆくのも容易であったに相違ない。’
第一章 北欧の主神オーディンの謎 (p.33)

ところで、北欧の童話にでてくる巨人“トロル”や日本の巨人伝説“だいだらぼっち”は隻眼とされることが多い。それは、
 ‘主神オーディンは隻眼であるが、それは巨人ミミル(Mimir)の知恵の泉から、その知恵を手に入れるため、片目を泉に鎮めたからである。いわば理性のために感覚を半分犠牲にしたのであり、何ものも代償なしには手に入りにくい思想の表れ、と見ることができる。北欧のキリストとも言われる光明の神バルドルは、盲目の夜の神ホドの失敗から死に、光と闇、昼と夜、春夏と秋冬ともまた相対的で有限である。
 同類の神話は部分的には、インドその他の各国の神話にもいろいろ見いだされるが、特にゲルマン神話に普遍的に存在するこのような価値観の源泉は、北欧の自然の厳しい環境の反映と、人間の不断の闘争における武勲の証し、また社会の激しい変転の象徴等々とも解せられる。吉田敦彦氏はクロード・レヴィ・ストロースの見解を引用して、カオス段階の完全性に対するコスモス段階の不完全さの表れ、という解釈をとっているが、これも興味のある見方と言えよう。’
第一章 北欧の主神オーディンの謎 (p.40-41)


北欧神話には、終末論的宇宙論がある。

___ アースガルズ - アース神族の世界。オーディンの居城ヴァルハラが位置するグラズヘイムも、この世界に含まれる。ヴァルハラは偉大な戦士達の魂である、エインヘリャルが集う場所でもあった。こうした戦士達はオーディンに仕える女性の使い、ヴァルキュリャによって導かれる。彼女らが纏う煌く鎧が、夜空のオーロラを作り出すのだと考えられた。エインヘリャルはラグナロクで神々の護衛を行う。ラグナロクとは神々とその邪悪な敵との大いなる戦いで、命あるすべての存在が死に絶えるとされた、北欧神話における最終戦争である。善と悪との両極端にわかれての戦いは、古代における多くの神話でごく普遍的にみられるモチーフである。___
from wikipedia 「北欧神話」

 ‘アースガルドの神々と巨人族との戦いが極点に達するとともに、ついにこの世の週末が訪れるのだが、その遠因はむろん神々と巨人族との両者の、積年の争いが招いたものである。終末のきっかけを作ったものには、悪神ロキ(Loki)の企みもあり、かくて神々と悪魔たしとの凄惨な死闘が繰り返された後、悪魔が滅びると同時に善神も死に絶えて、この世に終わりが来るのである。
 イスラエルでは神がサタンをうち負かし、ギリシアではオリュンポスの神々がティーターネスの仲間の巨人族を滅ぼすが、北欧では神々もまた死んで、この世界もついに崩壊してしまう。いかにも戦闘的なヴァイキングの思想らしい神話だが、しかし原水爆の脅威にさらされている我々にとって、これは作り事として一笑に付しえぬ真実性を持つ。なぜならその場合には、悪人だけが亡んで善人は生き残れる、などとは言えないからである。’
第一章 北欧の主神オーディンの謎 (p.41-42)

神話は、風土や生活に根ざしているが、芸術や文化ともなりうる。

 ‘フランスの文化人類学者クロード・レヴィ・ストロースは、ミュートス的思考を人間の歴史と共に古い、生き生きとした「野生の思考」(penese←上に点e sauvage)と呼び、文明人が限られた目的のもとに作りだした「栽培の思考」(penese←上に点e cultive←上に点e)としての科学的ロゴスと区別する。
 野生の思考とは、その名のように、粗野ではあるが、生き生きとした、具象的で感性的な思考のことである。それは自然的な、色とりどりの、身近な感性的直視を材料とし、その時々の限られた道具と資材を用い、またそれを介した営みに託して、自分の考えを表現することである。ここに神話的ミュートス的思考の「具象の知」としてのすぐれた特性がある。’
第二章 日本の天孫降臨神話の指令神 (p.48)

 ‘クロード・レヴィ・ストロースは人間の思考の二つの形式、すなわち前述のミュートス的思考と科学的思考とは、いつの時代にも並行して存在し、前者の新しい形態が文明人の場合に芸術の形で存続しているように、後者も未開人に場合にやはり素朴な形ながら共存した、と説く。しかし、どちらが優勢かという点から考察すれば、未開社会においてミュートス的思考が勝ることは断るまでもないであろう。’
第二章 日本の天孫降臨神話の指令神 (p.49)

ここで、ページがとぶが、

 ‘元来北欧神話ないしエッダ神話の主要なテーマは、ライン川中流以北の北海やバルト海沿岸地方のゲルマン民族の本拠地で形成されたものとみなされるから、ドイツ神話とでも呼ぶべきオリジナルなミュートスが、その地域で消滅したことは、かえすがえすも残念である。その点では、メルヘン化したゲルマン民族の古い伝承を収集して、その保存を図ったグリム兄弟の功績は大きく、北欧神話の紹介翻案に努めたワグネルやヘッベルや、イギリスのウィリアム・モリスの果たした役割も重要であった。’
第三章 内陸アジアの遊牧騎馬民族の役割 (p.95)

非常に興味深いのは、スノッリ書「ユングリング・サガ」によると、オーディンはかつて中央アジアの遊牧民の首領ないしは神だった。

 ‘スノッリによれば、黒海を境にして世界は三つに分かれ、東はアジアで、西はヨーロッパ、そして北は大スヴィーショドと呼ばれた。大スヴィーショドとは、かつてスキュティア・マグナと言われたロシアのことを指すらしい。この中っを北から流れて黒海に注ぐのがタナイス川(今のドン川)で、その流域はヴァナランド(Vanaland)またはヴァナヘイムと呼ばれ、農耕民のヴァン族が住んでいた。
 タナイス川の東方のアジアにはアース族が住み、アーサランド(Asaland)とかアーサヘイムとか言われ、ここをオーディンが首長として治めていて、その首都がアースガルドと呼ばれた。スノッリはここではアースの名をアジア(アシーアー)から引き出している。オーディンは偉大な戦士で、多くの国々を支配し、また戦えば必ず勝つ常勝の王者であったという。’
第三章 内陸アジアの遊牧騎馬民族の役割 (p.96-97)


おなじ人間、考えることはみな同じだ、ということもできる(笑)。
しかし、「異なった気候・民族ならば地域ごとに固有のニュートスが発生してしかるべきである。民族移動と互いを媒介する伝達の運動として、
中央アジア・ステップ地帯の遊牧民の役割が重要なモメントとして考察の俎上に浮かんでこざるをえない」。


 ‘(スウェーデン)ガムラ・ウプサラの教会というのは、もと北欧神話の神々の神殿があったところに、後からキリスト教の伝来にしたがって代わって建たれた教会で、この歴史そのものが宗教的な価値転換の好箇の材料を提供もしている。北欧の神々は日本のまれびとの神とよく似ていて、各地を遍歴する神々であるだけに、その聖地霊場は多くても、神殿というものが最初から作られたのではなかった。
 その神々の降臨する聖なる木(宇宙樹のミニチュア)と泉をもつ祭場だったところに、十世紀の終わりごろ神殿が建ったのも、そのころようやく北欧に伝わったキリスト教の影響であろうといわれる。そしてその神殿が百年あまりのうちに教会に変ったというのだが、その変換のプロセスでいう神仏混淆の現象に似たものが、しかしもっと激しい争いの経過の中で起こったらしい。
 現在イエス・キリストの十字架像の祭壇のあるこの教会の左わきには、北欧の神トールの半身像も残っていて、ゲルマンの原始信仰とキリスト教との間の習合状況を暗示させる。北欧にはノルウェーの木造教会(いわゆるステーヴ・チャーチ Stavkirke)のように、明らかに北欧の異教的要素をまじえた建築物も多い。一般にはキリスト教の寛容性だけが宣伝されているが、私などにはむしろ、こうした形で新しい宗教を迎え入れたゲルマン民族の、主体的な受容の態度の逞しさのほうが印象深い。’
第四章 古き神々の王座からの転落 (p.116-117)


 ‘ところで問題なのは、そのエリクの墓所というガムラ・ウプサラの教会の、祭壇に向かって手前の左側の、壁によせて置かれている聖者エリクの像と称する彫刻である。最初にのべたように、この像が天の邪鬼のような身を屈めた人間の頭をふみつけているのだが、これをスウェーデンの人々はキリスト教徒が非キリスト教徒的な異教徒をこらしめている、勝利の像であるとみなしている。
 踏みつけられている人物は北欧でいうトロール(troll)つまり悪魔ないしは邪鬼で、形は侏儒のようだが、その実は北欧神話に出てくる巨人族のなれの果てである。
(中略)
 もっと面白いのは、、踏みつけられている人物が北欧神話の巨人だとも言われたことである。その邪鬼に似た人物の頭に王冠があるので、権力を求めて争った異教徒の王だとする解釈もないことはないが、トロールだとするとその巨人を打ち負かしたのはキリスト教徒ではなく、異教のアスガルドの神々のはずである。つまりフレイやトールたちのほうである。
 彫刻は一三〇〇年代のものだそうだが、これも何かの模様であろうから、ひょっとすると仏像が北欧の神像に転換され、またそれがキリスト教の聖者像に三転されたのかも知れぬ。’
第四章 古き神々の王座からの転落 (p.118-120)

 ‘ここで注目したいのはやはり、聖像の足下に踏みつけられている前述の邪鬼とおぼしきトロールの像のほうである。北欧神話で悪魔といべき巨人族は、この世の終わりの「神々の黄昏」において、アスガルドの神々と戦って相討ちとなって果てることになってはいるが、それまでは後者の神々であるオーディンやトールやフレイにうち負かされ、征服されている敗者である。価値序列でいえばまぎれもなく、トールやフレイが神聖で、巨人、トロールは邪悪である。
 ところが、キリスト教化された新しい意義によれば、聖者エリク(あるいは聖者オロフ)は、機能こそ古きゲルマンの神々のそれをひきついではいるものの、それらの神の後身などではなく、この古き神々を異教の神としてうち負かし、征服しているまさしくキリスト教の聖者なのである。つまり、今やトールやフレイこそ、邪悪なものとしてトロールの位置におとされているのである。聖と邪とは正にその処をかえている。とはいっても邪鬼が聖者の地位に上ったわけではない。新しい教えによって、新しい価値対象が王座を占めたのである。’
第四章 古き神々の王座からの転落 (p.121)

 ‘何ゆえにこのような宗教的価値の逆転が起こるのであろうか。神々自身が互いの神性を剥奪し合ったり、自ら悪魔の境域に身を沈めたりするはずがない。形の上ではそのように語られるとしても、それは神の本質にかかわることであってはならないであろう。そしてその確信のもとで、異教徒の神々を否認したり、聖俗の秩序づけを果たしたりしているのである。
 してみれば、このような逆転は一にかかって、そのように神々や悪魔を表象し信仰する人間自身の実存的な意識状況にあるというべきであろう。だからこの人間の実存状況が変れば、その確信の対象である神聖性の序列も変る。神々の価値が転換するということは、実は人間の評価が転換するということだ。神がその王座を失って悪魔に転落するということは、人間がそのような神を必要とせず、進んでこれを拒否したということだ。’
第四章 古き神々の王座からの転落 (p.127-128)

何を知りたいのか、模索中の研究読書です。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:01 PM | コメント (0)

April 09, 2012

Emily Dickinson's Herbarium

emilydickinsonherbarium120409mj.gif
from POETS.org

投稿者 orangepeel : 04:17 PM | コメント (0)

April 03, 2012

A book is born


Melville House : A book is born

from Video on book printing | Melville House Books via Melville House (‏@melvillehouse) on twitter

デジタルだけがすべてではない。手作業のぬくもりのある印刷。本を愛するひとびとへ。

投稿者 orangepeel : 01:19 PM | コメント (0)

Emily Dickinson Papers

dickinson120403mj.jpg
From Emily Dickinson: Herbarium
In honor of National Poetry Month 2012

Courtesy Boston Public Library and poetsorg

- アメリカの現代詩の母、エミリー・ディキンソンの『植物標本集』よりディキンソンは生前は全く無名であったが、1700篇以上残した作品はアメリカの現代詩の出発点とされている。詩を封筒や屑紙に書くことが毎日の戯れだったが、その他に自分の庭に植物を育つことが熱心だった。『植物標本集』にそれぞれの植物を集めたので、十九世紀のアメリカの植物を研究するために、貴重な資料になっている。 -
from 日付変更線 International Date Line via 五行歌

*Thank you for introducing my new poem!

投稿者 orangepeel : 10:00 AM | コメント (0)

March 30, 2012

writers' bedrooms

bedroom120330mj01.jpg
Truman Capote

bedroom120330mj02.jpg
Flannery O'Connor

bedroom120330mj03.jpg
William Faulkner

from 15 writers' bedrooms via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:42 PM | コメント (0)

March 26, 2012

William Morris

morris120326mj01.jpg

morris120326mj02.jpg

morris120326mj03.jpg

morris120326mj04.jpg

morris120326mj05.jpg

morris120326mj06.jpg

morris120326mj07.jpg

morris120326mj08.jpg

morris120326mj09.jpg

morris120326mj10.jpg

morris120326mj11.jpg

morris120326mj12.jpg
from my bookshelf

William Morris
Selected Writings
and Designs

Edited by Asa Briggs

a Pelican Original
PUBLISHED BY PENGUIN BOOKS, 1962

投稿者 orangepeel : 09:23 PM | コメント (0)

March 14, 2012

詩の窓

yasuofujitomi120314mj.jpg
『詩の窓』 藤富保男 著 (思潮社刊, 2011)

_____ 詩という文学の一つの形態は、
少しずつそれが<詩>という在来の概念から離れて、
<詩らしい何か>という姿になりつつあることは、
最も進んだ頭脳をもっていることをためらわずに、
人に話しかける自負を持っている人々の間では
もはや普遍的になりつつある。 _____
『詩の窓』 帯コピーより


‘詩論’を読んでみる。
といっても、藤富保男氏の最新刊『詩の窓』はけっして堅苦しいものではない。
評論というよりも、むしろ個人主義的生きかた指南である。

以下、メモ。

 ‘ぼくはライト・ヴァースなんていう英語はあんまり好きではない。大体「ライト」なんていうと、本来の「軽い」意味なのか、明るいのか、Rで耳にすれば「正しい」詩なのか、どうもピンと来ない、なんていうつむじまがりを大声でいう必要はまあないかもしれないが、藤富流にいうと「軽業詩」ということになるのだろうか。ぼくの手のうちを少し公開するならば、

  
 *笑われても、こんな楽しい自分がいる。
 *笑っても、こんなつまらない自分しかいない。
 *淋しさを耐える自分に人は知らん顔をしている。’

藤富保男『詩の窓』 「詩の光沢」 (p.41)

 ‘タンポポといえば北川冬彦を思い出す。彼が一九二九年に出した詩集『戦争』の中の、「戦争」と題する詩は次の通りである。

 義眼の中にダイヤモンドを入れて貰つたとて、何にならう。苔の生えた肋骨に勲章を懸けたとて、それが何にならう。

 腸詰をぶら下げた巨大な頭を粉砕しなければならぬ。腸詰をぶら下げた巨大な頭は粉砕しなけらばならぬ。

 その骨灰を掌の上でタンポポのやうに吹き飛ばすのは、いつの日であらう。

 戦争の予知、その不安、軍国時代への反撥を彼はこのように書いている。白い冠毛のついた実を吹くのは西洋では占いの一種で、それゆえ前述の「いなかの信託」とも言われるのである。

 吹きとばされ冠毛の抜けたタンポポをじっと眺めていると、キの抜けたビールどころか、植物のガイコツを思うのである。もう初夏であるのに。’

「蒲公英」 (p.101-102)

 ‘詩でテクニックは二の次だとする人がいる。そういう人は感情を興奮の扇風機で煽っている姿で詩を書く。やはり技術と精神が統合しないと革新的な創造はないのである。’

「ある詩的実験 stabile から mobile へ」 (p.112)

 ‘クルト・シュヴィッターズはルネッサンス以来、絵画がなぜ絵の具ばかりを使って描くのか疑問を持ち、反感すら覚えたという。彼は芸術とはほど遠く、美的香りのまったくないゴミ廃物をコラージュとして、新しい造型とマチエールの世界を打ち立てた。けれどもただ単にガラクタを並べれば、それは一種の解体業者の陳列市的風景になってしまう。シュヴィッターズの場合、素材の領域を日常われわれが見る角度から解放し、物象を拡大したことが特筆される。’

「万博・シュヴィッターズの詩」 (p.130-131)

 ‘カミングズは厳然と、
「お前が私に一撃を加える、それは悪で、私がお前に一撃を加える、それが善である、といった無知と単純な人たちは、本当の無知よりずっと危険である」
 と母校ハーヴァド大学で講演していた。そして更に、
「戦争は無能な科学である」
と、この優雅な個人絶対主義者は一声大きく叫んで、一杯水をぐっと飲んだ、と記録されている。’

「e. e. cummings」 (p.144)

 ‘簡単な話である。われわれは信じていることを疑ってみる方に向きを変えてみることである。<犬をつれて散歩のに行く>という事実は人が主で犬が従であると決めてかかることはない。犬に連れられて散歩をしていると考えればすぐ逆転する。散歩という事実を主にしてみると、人間と犬は散歩という事実に隷属していることになる。
 ずい分ヘソ曲がりなことを言う、とお思いだろうが、この項は「初めて詩を読む人のために」書く原稿である。ぼくはこのテーマを受けたとき、初めて詩を読む政治家のために、書こうかとひねくれた考えを持ったほどである。もっとも、それもおもしろいだろうが。’

「心のこもった嘘」 (p.178)

 ‘一九六一年の冬には彼自身が油絵で描いたクリスマスの飾り木の模写のカード(縦 22cm 横 15cm)が舞い込んだ。翌六二年になって不躾にもカミングズ宛にあなたの注目してる詩人は誰か、と訊ねてみた。その年の四月八日付で「(私の知ってる人では)ハート・クレイン、(私が会った人では)ディラン・トマス、その他デラウェア大学のロバート・ハフとセオドア・シトキ、特にあとの二人は他の詩人たちより活気にみちているように思える。私の感じでは、またビートといわれる詩人はプロパガンダを作っているのではないか、と思う。・・・・・・」と答えていた。’

「poetry how letters」 (p.198)

 ‘表現形態という点だけで詩を見つめれば、これ程自由で、これ程いい加減な文学様式はない。この世界では言語という草原以外何もない。家屋もなければ、地主も借り手もいない。無論鍬も鋤もシャベルもないし、材木もないのである。あるのは草だけ。すなわち文字だけである。この広野をあらゆる方向に駆け出してもよいが、詩情のない走り方、暴れ方は無駄なこと。
 異状発酵をしはじめた心____詩を感じた心で走りまわることは苦悩を伴うが、心地がよい。
 ではぼくの場合を少しのべよう。ぼくは大方第二義的なことを大切にしている。第一義的なことは論理であり、理念であり、筋道であるが、その裏にあるチョットしたかげり___第二義的なことを大切にする。’

「ドアを開けてみたが、」 (p.217-218)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

March 10, 2012

April Rise


"April Rise" by Laurie Lee (poetry reading)

from Peter Maguire‏ (PoetsPages) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:16 PM | コメント (0)

March 09, 2012

一発

ippatsu120309mj01.jpg

ippatsu120309mj02.jpg

ippatsu120309mj03.jpg
『一発』 著者・藤富保男 / 装丁・菊池信義 / 絵詩・藤富保男 / 彩色・矢立丈夫 (発行所 矢立出版,1995)

‘■e.e.カミングスは民族のために書かなかった。祖国のことを書いたが、彼の書いた祖国は彼個人のことであった。’
藤富保男 『一発』, p.9

‘■ぼくは風が吹く日がニガテである。風がガラス戸をふるわす日には詩を書かない。鎖骨がはずれ、関節が乾いた音をたてて振動するからである。
従って天候に関係なく霊感がやってくる、というような詩人とは付き合わないことにしている。’
『一発』, p.12

‘■人とつき合わない方法を教えてくれる人が詩人である。’
『一発』, p.23

***

わたしは雨のふる日がスキである。できることなら街の人混みにはつきあわずに詩を書きたい。
書きたいけれど書けない日は、藤富保男氏の『一発』を窓辺でひもとく。
一頁一頁が手彩色の絵詩を、雨で滲まないように指でそっとなでてみるのである。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:37 PM | コメント (0)

January 18, 2012

Trieste

trieste120118mj.jpg
The Kyusyu Neuro-Psychiatry Vol.57 No.2 2011

九州神経精神医学 別冊
第57巻 第2号 平成23年8月

_____ 特別寄稿
    イタリア・トリエステ, ベローナの
    精神科医療施設訪問記
          
        下中野大人 _____

毎年、海外研修旅行をされている下中野大人様から『九州神経精神医学 別冊』別刷りをお送りいただき、
「素人が手にしてもいいものか... 」と気がひけつつも、大変興味深く読ませていただきました。

イタリア・トリエステ、といえば須賀敦子の随筆の数々をおもいだす。
トラムの走る石畳の、文学と芸術の街。
東ヨーロッパからの移民が多いことから古い壮大な正教会があります。

 ‘今回はわたしが担当することになった。そこで、現地での見学風景を思い出したり、メモや、すでに発表されている資料、論考などを読むうちに、ふとわたしの頭によぎったのは、きわめて卑近な二つの症例(ただし一つは“例”にはなっていない)であった。一人は20才代初めに発症し、すでに数回の入院歴がある統合失調症の女性で、筆者のクリニック外来に通院し、訪問看護や作業所通所で支えながら単身生活を4年ほど送っている方であった。その方が急に症状が悪化し、市長同意の医療保護入院となり現在10ヵ月過ぎている。もう一人は60歳くらいの男性で、わたしが通勤する駅で時折見かける方である。いつもよれよれの乱れた服装で、髭は伸び放題、あてもなく駅構内をうろついたり、ベンチに座っていたりする。うつむいて寝ているようすのこともあれば、ひとりごとをムニャムニャ言ってるのが遠目にも分かることもある。間違いなく統合失調症の患者であろうが、だれがどうこうすることもなく、少なくともこの3年くらいは駅に出没している。イタリアならこの2人をどのように処遇するのだろうか、と考えたのである。’
『九州神経精神医学』 / 下中野大人「イタリア・トリエステ, ベローナの精神科医療施設訪問記」. はじめに (p.106)

‘......... 三つ目は、コミュニティケアがうまくいく要である、医療関係機関内(精神保健局、精神保健センター、家庭医、総合病院など)の連携の良さおよび行政からのバックアップの良さ、四つ目は既述した、特に北イタリア地方の、異質なものを排除しない文化的伝統である。
 さてここで、冒頭の2人の患者のイタリアでの処遇を想像してみたい。まず最初の女性は、10ヶ月も入院させられていることではないであろう。なぜならそれは法律違反であるからだ。かなり症状が残っていたとしても、せいぜい2,3週間程度でまずはグループホームに入所してもらうか、ソーシャルワーカーが親族を説得し同居する方向にもっていくだろう(なにせイタリアは上述のように精神病患者の70%の患者は家族とともに暮らしている)。もう一人の男性は、やはりソーシャルワーカーがコンタクトを試み、家族や家庭医の有無などを調べ、精神保健センターにケースとして登録し、必要に応じ短期の入院を経て家族のもとに戻るか、グループホームなどへの入所となろう。ただし、ひょっとしたら放置、見守りということにまるかもしれないとも思う。’          
. 見学 (p.109)

 ‘北イタリアの精神科医療の改革は様々な議論はあるものの、おおむね成功しているとみられている。それには、ここで論じた様々な理由があるだろう。しかし筆者には、ベローナ大学のブルチ教授が、受講者の一人の森山が、「この成功はバザーリアがいたからなのか、政治家が動いたせいなのか、行政が後押ししたのか、あるいは文化的要因なのか、どうお考えですか」と質問したのに対して、「ファミーリア」と一言で答えたことが忘れられない。’
. おわりに (p.109)

ファミーリア。

以前、東京都副都知事に「都市開発税を納税している都民です。ホームレスの人びとには失業という理由だけでなく、精神疾患をお持ちの方もいらっしゃるかとおもいます。そのようなひとびとを保護する施設をつくれないものでしょうか」と血気に任せて直訴したことがあります(ああ...恥ずかしい。しかし、いつ誰の身におこるか分からないことですから... )。

でも、そう。
ファミーリア。

職も家もなくても、家族・親族がいるはずで
日本での自殺者が絶えないのは、家族の無理解にあると考えられます。
そして本来、ささえあうあたたかな“家族”がコミュニティの、世界の根源なのですよね。

***

鞠を手にもった、 ぼくの娘は、
空のいろした、 おおきな目をして、
かるい夏服を着て。 パパちゃん、
と言う。 今日はいっしょにおでかけしたいの。
ぼくはつくづく考える。 この世でとびきりに
みえる物たちのいったいどれに、 ぼくの
娘をたとえるべきか。 たとえば、
泡。 しろい波がしらの海の泡だ。 青く
屋根から立ちのぼっては風に散る、 けむり。
そして、 雲。 あかるい空に、 かたまっては、 くだけ、
くだけては、 かたまる、 あるかないかの雲。
軽くて、 漂う、 すべてのものたちに。

「娘の肖像」 『ウンベルト・サバ詩集』 ウンベルト・サバ 著 / 須賀敦子 訳 (みすず書房, 1998)

***


下中野先生、お忙しいところ貴重な資料を頂戴し、ありがとうございました。
この場をかりて御礼申し上げます。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (4)

January 12, 2012

だれのための仕事

darenotameno120112mj.jpg
『だれのための仕事―労働VS余暇を超えて (21世紀問題群ブックス (9)) 』 鷲田 清一 著 (岩波書店、1996)

_____ 愉しい仕事もあれば,辛い遊びもあるというように,現代都市生活では,旧来の労働と余暇の対比が無意味となることが増えている.われわれの活動とその価値はどのように方向づけられるのか.人間性の深みにおりて,労働観・余暇観の歴史をふりかえり,ポスト産業社会における人間活動の未来を予測する. _____
出版社/著者からの内容紹介

わたしたちは仕事をする。
なんのために?
自己実現か。
それとも
将来のためか。

ひとは年老いたとき、「あの苦労はなんだったのだろう」となげく。
労働に従事しているときは未来を生き、仕事を引退したときは過去に生きている。
「現在」をたのしんでいきることができないでいるのだ。

「青い鳥」幻想というのがある。
ひとは不安にかられたとき、「自分の居場所はここではない。
もっとじぶんらしく生きることができるのではないか」という幻想を抱く。
鷲田氏は、ボードレールの詩を引用している。

 ‘この人生は一の病院であり、そこでは各々の病人が、絶えず寝台を代えたいと願っている。ある者はせめて暖炉の前へ行きたいと思い、ある者は窓の傍へ行けば病気が治ると信じている。
 私には、今私が居ない場所に於て、私が常に幸福であるように思われる。従って移住の問題は、絶えず私が私の魂と討議している、問題の一つである。
 「私の魂よ、答えてくれ、憐れな冷たい私の魂よ、リスボンヌへ行って住めばどうであろう?あそこはきっと暖かだから、お前も蜥蜴のように元気を恢復するだろう・・・・・・(中略)」
 私の魂は答えない。
 「お前は、運動するものを眺めながら休息するのが、それほど好きな性分だから、和蘭へ行ってあの至福の土地に済みたくはないか?・・・・・・(中略)」
 私の魂は黙っている。
 「バタビアの方が更にお前の気に入るだろうか?あそこでは、熱帯地方の美と融合した、欧羅巴の精神が見られるだろうが。」
 一言も答えない。・・・・・私の魂は死んだのだろうか?
 「それではお前は、もはや苦痛の中でしか、楽しみを覚えないまでに鈍麻してしまったのか?もしそうなら、いっそそれでは、死の相似の国に逃げだそう・・・・・・。憐れな魂よ! 私が総てを準備しよう。トルネオへ旅立つべく、我らは行李を纏めよう。そしてなお遠くへ、バルチックの尖端へ赴こう、更になお遠くへ、出来るなら、人生から遠ざかって、我らは極地へ赴こう。・・・・・・(中略)」
 終に私の魂が声を放ち、いみじくも私にむかってこう叫んだ、「どこでもいい、どこでもいい・・・・・、ただ、この世界の外でさえあるならば!」’
『だれのための仕事』 第1章「前のめりの生活」 1 <線としての人生> 「青い鳥幻想」 (p.22-23)

私の場合、仕事と趣味のボーダーが曖昧であるが、原稿料を頂いている以上しごとは仕事であり社会的責任がある。
自戒をこめて思うのは、仕事以外の趣味にかなりのこだわりと時間とプライドをさくひとびとのことだ。
そこには、どこか、「遊び」がかんじられず、排他的で時に息苦しい印象さえある.....

 ‘ロナルド・D・レインもアイデンティティについて次のように定義する。「アイデンティティとは、それによって、この時この場所でも、あの時あの場所でも、過去でも未来でも、自分が同一人物だと感じるところのものである」と。持続、つまり時間をつうじての同一性のなかにアイデンティティのもっとも重要な意味をみている。ところが、それにつづく文章がちがう。レインは、右の文章につづけて、「それは、それによって、ひとがそのひとと認められるところのものである」というのである。これは、他者の他者としての自己という、前節で規定したあの論点を思いださせる。ちなみに、デンマークの「憂愁の思想家」キェルヶゴールも、「自己が何に対して自己であるかという、その相手方がいつも自己をはかる尺度である」と書いている。
 一貫性はたしかにたいせつである。じぶんを一貫して同じしかたで観ることができる。他者からもまたそのように見られるということが、<わたし>というものの同一的な存在をかたちづくるからである。もしこれが崩れたら、「全世界を一括して束ねていた輪止めがはずされる」(レイン)といっても過言ではない。が、「他者からもまた」という契機がすっかり脱落してしまったら、わたしたちの生はリアリティの繫留点を見失って、空想的なものとならざるをえないだろう。<わたし>はだれかという問いは、したがって、わたしの自己理解のなかにあるのではなく、他者がじぶんを理解するそのしかたのなかにあるのでもなく、その二つが交錯し、せめぎあうその現場にこそあるといわなければならない。<わたし>は自分がそうおもっているものでもでもないが、他人がそうおもっているものでもないのである。’
第4章「<労働>vs<余暇>のかなたへ」 1 ホモ・ヴィアトール あるいは、途上にあるという感覚 「アイデンティティの根拠」 (p.167-168)

日常生活における「労働と「余暇」の、時間やこころもちの分断は、資本主義の洗脳である。
鷲田氏はしめくくる。

 ‘「ともに生きてある」という感覚が仕事のなか、遊びのなかで生成するとき、あるいはまた、わたしたちそれぞれがそれとの関係でじぶんをはかる、そういう軸のようなものが、世界のなかで、そしてわたしたちのあいだで生成しつつあると感じられるとき、それをひとは「ときめく」と表現するのだろう。現在を不在の未来の犠牲にするのではなく、<いま>というこのときをこそ、他者たちとのあいだで「時めかせ」たいものだ’
第4章「<労働>vs<余暇>のかなたへ」 1 ホモ・ヴィアトール あるいは、途上にあるという感覚 「行き先よりも途中の旅」 (p.180-181)

人生は計画通りにはいかない。
現在の私たちは、それを身をもってしりました。
せめて日々ときめいていたいと思う、きょうこのごろです。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:17 AM | コメント (0)

January 08, 2012

好き? 好き? 大好き?

doyouloveme120108mj.jpg
『好き? 好き? 大好き?―対話と詩のあそび』 R.D.レイン 著 / 村上光彦 訳 (みすず書房、1978初版)

_____ 1950年代末から1960年代にかけて、統合失調症(旧名「精神分裂病」)の患者を入院治療によって隔離・回復させようという当時の主流の精神医学に対し、むしろ地域に解放し、地域の側の認識を変容させることで治癒させることをめざす「反精神医学、anti-psychiatry」運動を提唱・展開し、デヴィッド・クーパーとともに同運動の主導者とみなされている。この運動はまた、のちの家族療法や、『アンチ・オイディプス』などを書いたフェリックス・ガタリ、ジル・ドゥルーズなどにも影響を与えた。また、当時活発であった実存主義の哲学者サルトルらとの交流も深く、それまでの精神科医の多くと異なり、患者の病的行動から、患者の実存的境地を理解しようと努めたところが特筆的である。_____
wikipedia ロナルド・D・レイン より

‘ときおりわたしは来る
ときおりわたしは行く
だがどちらがどちらとも
わたしは知らない

ときおりわたしはあり
ときおりわたしはいない
だがどちらとも
わたしはわすれた’
『好き? 好き? 大好き?』 FOUR, 33 (p.97)

‘わたしが死ぬと
あなたは泣くでしょう

わたしが行ってしまうと
あなたはあくびをするでしょう

熱愛されないと
あなたは退屈するでしょう’
SIX, 44 (p.110)

‘言いあてることができたな
               ぼくはきみの目を見て
きみは落ちてきたのさ
               大空からねって


        青いところからだよ
        きみがいたのはあそこ

だけどぼくは知ってた ほんとうはそうじゃないって
そしてきみは飛び去った
               遠いかなたへ’
SIX, 48 (p.114)

‘デイジー、デイジー
ぼくたちこれからどうしたらいい?
ぼくはなかば狂ってるよ
恋してしかも憎んでるよ きみのことを

ぼくはこんなにちぐはぐなのに
とにかく妖精ではない

ぼくたち もし別れたりしたら
ぼくの心臓は割れちゃうだろうな
もうとっくに二つに裂けているよ’
SEVEN, 49 (p.115)

『好き? 好き? 大好き?』は、精神科医R.D.レインの詩集として度々ひもといていましたが、
せつなくささやかれている言葉の数々は、精神疾患をもつ患者さんたちとの対話なのですね。
あらためて認識いたしました。

 「じっさい、弱い人はどこにでもいます。すぐれた精神医学者であられた島崎敏樹先生がどこかで書いておられたように、機構が支配する世界においては、自分が社会の歯車だと思えたらいいほうで、たかだか一本の小さいねじ程度のものでしかないとしか考えられなくなることがあるものです。そんなとき、人は必死になって、自分の人格の独立を願い、人格どうしの連帯を求めるのです。『結ぼれ』の「訳者あとがき」でも述べたとおり、今日の社会にあってはマルティン・ブーバーのいう《人格的相互関係》の存在が困難になっているので、圧しひしがれそうになった人格の悲鳴がいっそう鋭く聞こえてくるのです。
 物品として扱われることに怒りをおぼえ、まして回収不能の廃品として処分されそうになって恐怖に駆られるとき、しかも《人格的相互関係》を求めてのあがきが無駄とわかったとき、人は《石とならまほしき》思いを嚙みしめるにいたります。その思いが一方的に進行するとき、ついにレインが『引き裂かれた自己』で述べている《石化》の現象が始まるのです。《石とならまほしき》思いを歌うことができるほど、詩人としての表現力に恵まれていて、みずからの内的経験に整った形を与えられれば、救われもします。ところが、妄想という名の内的経験が心に根を張り、侵食作用を仮借なく続けるとき、描写の内面にレインのいう石化現象が生ずるのです。
 レインが『結ぼれ』(一九七〇年)や本訳書のなかで示している数々の人間模様のなかには、石化への恐れ、すなわち《生きた人間から死んだ物に、つまり行動の人間的自律性を欠いた死物、石、ロボット、オートメーションに、主体性のないものに変わる、ないしは、変えられる可能性についての恐れ》(坂本健二・志貴春彦・笠原嘉の三氏の訳による)に憑かれた病者の苦悩を反映したものが見られます。」
『好き? 好き? 大好き?』 訳者あとがき (p.156-157)

カート・ヴォネガットに『炭鉱のカナリア理論』というのがあるそうです。

「すべての表現者は炭鉱のカナリアのように、誰よりも先に危険を察知して世間に告げる」。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:17 AM | コメント (0)

January 06, 2012

Yet Another World

yetanotherworld120106mj.jpg
This year's program brochure features the work of 19th-century French illustrator Jean Marc Côté, whose 1899 series of cigarette cards imagined what life would be like in the year 2000.

Yet Another World
—Literature of the Future—
the 30th annual Key West Literary Seminar
January 5–8, 2012

投稿者 orangepeel : 11:10 PM | コメント (0)

January 04, 2012

Flannery O'Connor

flanneryoconnorshortstories120104mj.jpg
『フラナリー・オコナー全短篇〈下〉』フラナリー・オコナー 著 / 横山 貞子訳 (筑摩書房、2003)

_____ アメリカ南部の農場から世界を見渡して描く、深い衝撃とふしぎな解放感。死後刊行の第二短篇集と年譜収録。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

紅斑性狼瘡という難病により、39歳で亡くなるまで母親の営むジョージア州の農場に療養せざるをえなかったフラナリー・オコナーは一貫して米国南部を舞台に、ちいさな町のなかで蠢く市井の人々の傲慢と自嘲、あるいは家庭や社会での支配者と被支配者の滑稽な関係性をグロテスクに書き続けた。

生きる環境は創造を矮小化するか。

2003年に単行本を購入して以来、ページが進まなかった『フラナリー・オコナー全短篇』を下巻から読み始めたのだが、フラナリーの冷徹な筆致には隠遁者の陰はなく、むしろ世界にあけすけな光を照射し真実を暴いている脅威を感じた。

「南部人の作家として、私は自分の知っている土地の言葉と生活習慣をもとに書く。だが私は、南部について書いているとは考えない。広島に落ちた原爆は、ジョージアの農村生活に対する私の判断に影響するのである」
(「文学の教育は可能か」)
『フラナリー・オコナー全短篇〈下〉』 訳者あとがき (p.378)


私たちは旅をする。
買い物や食事や通院などであたらしい場所へ移動するが、
列車や飛行機やバスの中の人間はただのcargo(貨物)にすぎない。
降り立った町にどこか既視感をおぼえるのは、考える主体は自分でしかないからだ。

cargoになって「すべて上昇するものは一点に集まる」(p.7)を訪れる。
「グリーンリーフ」(p.31)〜「森の景色」(p.67)にたどりつく。
「障害者優先」(p.169)でしばらく降車する。
見覚えのあるのは、親切な善人面した父親や、特権階級を自慢する母親や、
死をおそれる文学青年や、摂食障害の少年で、
それは、理解しあえない誰かのようで、私自身でもあるのだ。

「希望を持たない人びとが、小説を書くことはない。それどころか、そういう人は小説を読みもしない。希望をもたない人は、なにかを長く見つづけるようなことはしない。その勇気がないからだ。絶望に至る道とは、なんであれ経験を拒むことである。そして小説は、もちろん、経験する方法である。」
(「小説の本質と目的」)
訳者あとがき (p.380)


善人はなかなかいない。
ほとんどの作品には、フラナリー・オコナーの代表作タイトルが通低していて、
「あっ!」と声をあげてしまう展開にあっけにとられ、読了後しばらくしてからずっしりときます。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:08 AM | コメント (0)

January 03, 2012

Andalusia: Photographs of Flannery O'Connor's Farm

Andalusia, Spring and Summer 2007:
flanneryoconnor120103mj01.png

flanneryoconnor120103mj02.png

flanneryoconnor120103mj03.png

flanneryoconnor120103mj04.png

flanneryoconnor120103mj05.png

Andalusia, Winter 2008:
flanneryoconnor120103mj06.png

flanneryoconnor120103mj07.png

flanneryoconnor120103mj08.png

flanneryoconnor120103mj09.png

flanneryoconnor120103mj10.png
© Nancy Marshall from Southern Spaces

投稿者 orangepeel : 06:37 AM | コメント (0)

December 22, 2011

Joy Farm

joyfarm111222mj01.png

joyfarm111222mj02.png
Joy Farm was a home of poet E. E. Cummings (1894–1962).

投稿者 orangepeel : 12:25 AM | コメント (0)

December 19, 2011

ephemera / 暮しの手帖

kurashi111219mj01.jpg

kurashi111219mj02.jpg

kurashi111219mj03.jpg

kurashi111219mj04.jpg

kurashi111219mj05.jpg
© ephemera collection of orangepeel

暮しの手帖, 52号 winter 1959 の巻頭特集は「冬とカーテン」。
‘どんな部屋にも窓がある’と題して、カーテンの断熱性を再考・検証しています。

投稿者 orangepeel : 08:29 PM | コメント (0)

December 17, 2011

ephemera / cahier des livres

miniature111217mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

『本の手帖-cahier des livres』 Août, 1962

特集:豆本 p,6〜7。
「世界一の超豆本」は1.5ミリの“主の祈り-Das Vaterunser”。

投稿者 orangepeel : 10:42 PM | コメント (0)

December 14, 2011

Il prestigiatore giallo

brunomunari111214mj01.JPG

brunomunari111214mj02.JPG

brunomunari111214mj03.JPG

brunomunari111214mj04.JPG

brunomunari111214mj05.JPG
© Bruno Munari Il prestigiatore giallo - Corraini (1997)

from my bookshelf

投稿者 orangepeel : 08:22 PM | コメント (0)

December 10, 2011

アンモナイトをさがしに行こう

ammonoidea111210mj.jpg
© illustration by hiromi suzuki

干刈あがた 『アンモナイトをさがしに行こう』福武文庫, 1995

_____ 「あなたはあなたでいいんだから。あなたは長い時間をかけて、よりあなた自身になっていけばいいんだから」中学3年の途中から不登校になった少女の一年。普通に登校している生徒たちの文集。少年院からの声。農村で共同生活する子供たちの手記―揺れ動く現代社会の中で、様々な危機を抱える子供たちの発する光と影のメッセージと、それを受けとめる大人たちの姿をモザイク的手法で写しとった長篇小説。_____
内容(「BOOK」データベースより)


装丁イラストレーションをてがけてます。



2011calendar t2.JPG
hiromi suzuki 2012 calendar for sale

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

November 27, 2011

tabi111127mj01.jpg

tabi111127mj02.jpg

tabi111127mj03.jpg

tabi111127mj04.jpg

tabi111127mj05.jpg
© hiromi suzuki

JTB出版発行『旅』、1999年今井通子さんのエッセイに挿絵を描きました。
ちいさなモノクロームのカットほど力が入ります。

『旅』は、2004年JTBから新潮社へ発行元が譲渡。
2012年1月20日発売の3月号(通巻1002号)をもって無期限休刊すると発表。
事実上の廃刊となります。
JTB時代は松本清張の『点と線』が連載され話題になりました。

投稿者 orangepeel : 09:53 PM | コメント (0)

November 19, 2011

Treasures

universityofdelaware111119mj01.gif
THOMAS PERCY (1729-1811)
Reliques of Ancient English Poetry. London: J. Dodsley, 1765. 3 volumes.

universityofdelaware111119mj02.gif
JAMES JOYCE (1882-1941)
Ulysses. Paris: Shakespeare and Company, 1922.

universityofdelaware111119mj03.gif
WILLIAM BUTLER YEATS (1865-1939)
Autograph letter signed, to [Shri Purohit] Swami, Dublin, July 3 [1932], 2 pages.

universityofdelaware111119mj04.gif
DYLAN THOMAS (1914-1953)
18 Poems. London: The Sunday Referee and the Parton Bookshop, 1934.

universityofdelaware111119mj05.gif
BERNARD SHAW (1856-1950)
Everybody's Political What's What? London: Constable and Co. [1944].

universityofdelaware111119mj06.gif

WALT WHITMAN (1819-1892)
Leaves of Grass. Brooklyn, N.Y., 1855.

universityofdelaware111119mj07.gif
PAUL LAURENCE DUNBAR (1872-1906)
Autograph letter signed, to Alice Ruth Moore. Indianapolis, May 23, 1895. 4 pages.

universityofdelaware111119mj08.gif
ERNEST HEMINGWAY (1899-1961)
Three Stories & Ten Poems [Paris:] Contact Publishing Co., 1923

universityofdelaware111119mj09.gif
WILLIAM FAULKNER (1897-1962)
The Marble Faun. Boston: The Four Seas Company, 1924.

universityofdelaware111119mj10.gif
TENNESSEE WILLIAMS (1911-1983)
"The Rose Tattoo (A Play in Three Parts)." Carbon typescript signed, dated New York, October, 1950, 140 pages.

from Treasures of the University of Delaware Library

投稿者 orangepeel : 07:11 PM | コメント (0)

November 07, 2011

Revenge of the Lawn

revengeofthelawn111107mj01.JPG

revengeofthelawn111107mj02.JPG

revengeofthelawn111107mj03.JPG
リチャード・ブローティガン 『芝生の復讐』藤本和子訳 晶文社刊, 1991(1976初版)

____ 雨に濡れそぼつ子ども時代の記憶と、カリフォルニアの陽光。その明暗のはざまに浮かびあがる、メランコリアの王国。密造酒をつくる堂々たち祖母、燃やされる梨の木、哀しい迷子の仔犬、ネグリジェを着た熊、失われた恋と墓のようなコーヒー、西瓜を食べる美しい娘たち…。囁きながら流れてゆく清冽な小川のような62の物語。『アメリカの鱒釣り』の作家が遺したもっとも美しい短篇集。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

じつは一ヶ月ほどまえに身に覚えのない右手親指骨折がございまして(冷や汗...)書庫整理を中断していたのですが、
すこし痛みがとれてきたので作業を再開しましたら、なくしてしまったとおもっていたリチャード・ブローティガン 『芝生の復讐』がでてきました!
付箋やマーカーだらけで、どんなにか愛していたことか。。。
とくに最終章の「第一次世界大戦ロス・アンジェルス航空機」はかなしい。
アメリカの(あるいは世界の、あるいは人生の)黄昏がユーモアをこめて描かれた一冊です、 今こそよむべき。
神さまのお導きかもしれない。

ちなみにワタクシの親指は疲労骨折との医師の診断です。
「無理をしていい身体などありません」とのことです。

投稿者 orangepeel : 10:20 PM | コメント (2)

October 08, 2011

Indignez-vous!

vous111008.jpg
from

投稿者 orangepeel : 07:50 PM | コメント (0)

September 25, 2011

世に棲む患者

hisaonakai110925mj01.jpg
『世に棲む患者』 中井久夫 著 (ちくま学芸文庫, 2011)

_____ 「病気をとおりぬけた人が世に棲む上で大事なのは、その人間的魅力を摩耗させないように配慮しつつ治療することであるように思う」。治療者はもちろん、病者も社会の中で生きてゆかねばならない。しかも、病の進行あるいは治療の過程に伴って、その関係の変数は多様化し、無限に変化していくことになる。では、「治療者というものは、常識と社会通念とを区別して考えるべきである」とする著者は、具体的にどう対処してきたのだろうか。アルコール依存症、妄想症、境界例など身近な病を腑分けし、社会の中の病者と治療者が織りなす複雑で微妙な関わりを、豊かな比喩を交えて描き出す。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

‘境界例’という病理をはじめて知りました。

 ‘また、境界例には、おおかれすくなかれ、一種の嗜癖性が成立する。というか、そうでないものは、多分、境界例として認知されないのだろう。嗜癖とは何であろうか。それは、
(一)満足と不満足との落差が大であること。だから、淡々としている時とノイジーな時との差が大きい。また急変する。だから希望的観測をする治療者は一喜一憂して振り回される。
(二)その落差が痛いほど意識されること。差異が問題であって絶対値が問題なのではない。
(三)嗜癖物質による代償性満足を求める。これは、自己の意識状態を変えるという解決で、統合失調症のなしえない点である。この事由が統合失調症者にはない。いや、自己の意識状態を安直に変える道を求めうるのが嗜癖で、これは定義のようなものだが、「安直に」という点が一つのみそで、統合失調症の人ならば、自分がどのように変えられるかわからない恐ろしい道に足をなかなかふみださないはずだ。統合失調症の人に安心して薬が出せるのは、嗜癖の成立を心配しなくてよいからで、これは統合失調症患者側からの知られざる協力である。いかなるものでも嗜癖の対象になるのだから、薬がまずいからというのは理由になるまい。意識変容による解決への真剣性は、嗜癖者が、しばしば安直ならざる意識変容的解決(正確には自己変容というべきか)を求めて、ヨガや断食やなにやかやに走ることからも傍証されよう。これも境界例にみられるものである。
(四)嗜癖の道に入る最初は人生の重大な問題である(ディーター・ヤンツ)。最初の飲酒は失恋の際に起こりやすく、最初のマリワナ吸引はインスピレーションが行き詰ってしかも期限が刻々追っている芸術家に起こりやすい。一見好奇心と見えるものも、必ずしもそうではない。(中略)
(五)しかし嗜癖が進むにつれて、いかなる葛藤でも、嗜癖行為によってその場限りの解決を図るようになる。つまり嗜癖行為は一種のマスター・キーになる。
(六)嗜癖行為は、真の満足を与えない。満足を一瞬ちらりとかいまみせるだけである。だから際限ない追求となるのだろう。それでは現実には何を与えるのか。一般的にいえば、不安を意識変容(意識欠落をも含む)を経て後悔に変換するのだと私は思う。不安は未来に向けられたものであり、済んだことについて不安になる者はいない。もっとも、済んだ事態の未来への影響、未来における帰結なら話は別だが、これはほんとうは未来に属することだ。後悔は過去に向けられたものであり、未来の事態の生む後悔を先取りすることは実際は不安に属する。「将来後悔しないか不安です」というわけだ。このへんは、木村敏が「アンテ・フェストゥム」「ポスト・フェストゥム」のキャッチ・フレーズで一挙了解させたことだが、嗜癖の場合はどうであろうか。そのような兆候的なものを予め締め出すようにと、いわばすごい先手として嗜癖行為が行われるのではないだろうか。嗜癖行為に祝祭的な部分があるのは木村流にいうと「アンテ」から「イントラ」を経て「ポスト」に変化するのだから自然である。
(七)この人工的な時間軸のねじまげは、ボードレールの詩によく見られるところであり、そこでは死への不安が、飲酒あるいは娼婦宿の居つづけを介して後悔に変容している。その詩集『悪の花』には、純粋に死の恐怖をうたった詩が最後にある。
(八)嗜癖という小道具を使うこの曲芸は、しかし、成功するのだろうか。どうも、祝祭的なものを一瞬間の中の永遠として体験したものは、嗜癖におちいらないようであり、祝祭的なことにおいて欲求不満に終わった者が嗜癖にのめりこんでゆくようだ。それはオルガズムという祝祭を普通に体験できる者がややこしいパラセクシュアルな行為にのめりこまないのに似ている。嗜癖の最大の欠点は、同じ結果を得るためにますます多量の嗜癖行為が必要なことである。この点では暴力も似ていて、家庭内暴力であろうと、教師の暴力であろうと、嗜癖的悪循環に陥る傾向から逃れることは難しい。始めは、思いあまって行った暴力行為が、あらゆる些細なフラストレーションの解消に使用される。と同時にますます大規模な行為が、かつては些細な行為のもたらしたと同じ効果をかろうじてもたらすかそれとももたらさないかのすれすれに目減りする。
(九)以上の点をふまえて、境界例は、そもそもは嗜癖でないのかもしれないが、容易に嗜癖、それも対人関係嗜癖になる。その特徴の第一は、治療者に対する激しい求めとその結果にけっして満足しないこととである。この慢性的な欲求不満と、しかも治療者(たち)から離れずまとわりついていることとによって、さまざまの対人的チャンネルをマスターした達人になる。’
『世に棲む患者』 説き語り「境界例」 p.162〜166

医師にとっての worth-while な患者という概念が興味深いです。

 ‘それはともかく、治そうと思うと治らないというジンクスは昔から有名である。ぜひ治そうという気持ちは視野狭窄を起こす。精神科に限ったことではない。それに有名な転移という奴がある。これも精神科だけでなくて、結核医にもよくあったらしい。たいてい相手がすばらしい、というか、worth-whileな患者だ。時間をかけても惜しくないという気持は、みずみずしいうちは良い。恋人とは何時間も他人から 見れば空っぽの時間をついやしても惜しくない。いや、空っぽ性に真価があるといっても良いのだろう。ところが、結婚してかなりたつと、時間をかけるのはそれほど感激することでなくなるのに、時間をかけなければならなくなる。同じように、初め worth-while と感じた患者ともそんな倦怠期的な時間をえんえんと持つ可能性が高まる。’
説き語り「境界例」 p.159

 ‘患者が非常に内面的な人間に見えてしまうことがある。なぜだろうか。フロイトは、自己愛的な人間の魅力について語り、そういう人の周りになんとかしてあげたいと思う人が集まるといっている。境界例は、たしかに自己愛的かもしれないが、それほど内面的な人間ではない。治療者が内面的な人間を高く買うことを探知してそう行動している場合はあるだろう。しかし、内面化という洗練された防衛機制を持ち出せる者が境界例のような行動化や投影的同一視というプリミティヴな機制に訴えるはずがなかろう。’
説き語り「境界例」 p..169

 ‘ところで全ての患者を治せるわけには行かないのはいうまでもないことである。
 自分に成算がない患者には兜を脱ぐほうがよいのではないか。なぜか、「甲斐なき努力の美しさ」という誘惑的な途に入ってしまう医師が境界例相手には多い。抒情詩を愛するとか,妖精的な印象を与えるとか、そういうことが、内面的にみえる人とを混同させる。治療者の側にも、精神療法家になったからには素晴らしい患者とこころゆくまで治療を行いたいという願望がある。これは「治療にロマンを求める」ものである。それは、自分のために患者を使用するのであるから、しかるべき代価が請求されると覚悟するべきである’
説き語り「境界例」 p..170〜171

本書はご専門の方々に向けて書かれたものですが、一気に読んでしまいました。。
「境界例」について抜書きメモをさせていただきました。

 ‘ここで、境界例の嗜癖類似性は、いつ成立するのかという問題が出てくる。境界例の患者の生活史を見ると、幼少時に少しも両親から離れていられなかったという過去はかならずしも発見できない。むしろ、孤独の中で育った人が多いのではないだろうか。そこで、医師を訪れる直前の状態がどうであったかということになるが、一般に最初の治療者との最初の接触の時に境界例性を示している患者は少ないのではないか。患者の側に準備性、あるいは動機の成熟があるとしても、「治療者という嗜癖物質の提供」によってはじめてウィニコットのいう「独りでいられる能力」の喪失が成立するのではないか。’
説き語り「境界例」 補遺 p.180〜181

=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 04:20 PM | コメント (0)

September 14, 2011

La Famille et l’Alcool

alcool110914mj01.jpg

alcool110914mj02.jpg

alcool110914mj03.jpg
‘La Famille et l’Alcool’ c.1900

from howtobearetronaut.com via theretronaut (The Retronaut) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

September 05, 2011

Ornamental Floewers

flowers110905mj01.JPG

flowers110905mj02.JPG

flowers110905mj03.JPG

flowers110905mj04.JPG

flowers110905mj05.JPG

flowers110905mj06.JPG

flowers110905mj07.JPG
from my bookshelf

CLASSIC NATURAL HISTORY PRINTS, Ornamental Floewers

published in 1991 by Studio Editions Ltd

投稿者 orangepeel : 08:31 PM | コメント (0)

August 27, 2011

SHELLS

shells110827mj01.JPG

shells110827mj02.JPG

shells110827mj03.JPG

shells110827mj04.JPG

shells110827mj05.JPG

shells110827mj06.JPG

shells110827mj07.JPG

shells110827mj08.JPG

shells110827mj09.JPG

shells110827mj10.JPG
from my bookshelf

CLASSIC NATURAL HISTORY PRINTS
SHELLS

published in 1991 by Studio Editions Ltd

投稿者 orangepeel : 10:25 PM | コメント (0)

August 26, 2011

Je voudrais pas crever

borisvian110826mj.jpg
『ボリス・ヴィアン全集〈9〉ぼくはくたばりたくない 』ボリス・ヴィアン 著, 伊東守男, 村上香住子 訳 (早川書房刊, 1981)

____ ヴィアンの文学作品は、ジャズに対する愛情と密接に結びついていた。『日々の泡(L'Écume des jours)』の序文で、ヴィアンはこのように書いている。
「この世で2つだけ存在し続けるものは何か? それは可愛らしい少女と一緒にいて感じるような愛、そして、ニューオーリンズとデューク・エリントンの音楽だけである。それ以外のものは全て消え去るべきである。ただ、ただ醜いだけなのだから……」____
wikipedia 「ボリス・ヴィアン」より

‘あいつらが世界を壊す
粉々に
あいつらが 世界を壊す
カナヅチの一撃で
だけど ぼくはかまわない
そんなの どうでもいいさ
ぼくには充分残っているから
充分残っている
ぼくが好きになるだけでいいんだ
青い羽毛を
砂道を
こわがりの鳥を
ぼくが好きになるだけでいいんだ
ほっそりとした一本の草を
一滴の露を
森のこおろぎを
あいつが世界を壊してもいいさ
粉々に
ぼくには 充分残っているから
充分残っている
いつだって 少しの空気ぐらいは
小さな 一条の生命
目には 微かな光
いらくさの中の風
それも それも
もしも ぼくを刑務所に入れても
ぼくには 充分残っているから
充分残っている
ぼくが好きになるでけでいいんだ
蝕まれた石を
少し血痕のついた鉄格子を
ぼくは それが好き
ぼくは それがすき
すりへったベッドの床
わら蒲団と床架
光の埃
ぼくは 開かれるのぞき窓が好き
男たちがやってきて
前に進み出て ぼくを連れ出す
この世の生命を見出しに
色彩を見出しに
ぼくは このふたつの長いギロチン台が好き
この三角形の刃が
黒い服を着た この紳士たちが
これはぼくのお祭り ぼくは大いばり
ぼくは これが好きなんだ
ぼくは これが好きなんだ
ぼくの頭が その中にころがる
もみのいっぱいはいったこの籠が
好きになるだけでいいんだ
小さな一本の青い草を
一滴の露を
こわがりの鳥の愛を
あいつらが世界を壊す
ずっしり重いカナヅチで
ぼくには 充分残ってる
ぼくの心よ、充分残っているだろう’

「あいつらが世界をこわす」 Ils cassent le monde 『ぼくはくたばりたくない』 (1962) p.18-22

私には‘ロック度’が足りない。
常々、‘ロック’に憧れており、‘ロック’でなければ芸術ではない、という偏見すらある。

ボリス・ヴィアンは‘ロック’だ。
反体制とか退廃とかいう声高な形容がみつからない、おかしな言い方だがある意味「健康」なロックである。
フェイクをかけた大いなる皮肉にみちた詩には、洒脱な修辞にここちよく酔うことができる。

脱走兵の黒人作家を装って、生活のためにハードボイルド小説を書いていたボリスは、
一方、『ダウン・ビート』や『メロディメーカー』などの音楽誌に対するジャズ時評を寄せていた。
アメリカ合衆国で誕生した唯一の芸術は黒人によってつくられたジャズであると賛美している。

 ‘芸術などというのはやめよう。どうせ型にはまった呼び方には飽き飽きしているのだ。ジャズで一体どういうふうになっているか、よく見てみよう。
 まず第一に創造する人間だ。先駆者ともいうべきだろう。彼らは音楽のために必死の努力をしている人たちだ。時おり音楽で飯を食っていることもある。だが大部分の人は、お陰で飯が食えなくなってくたばりそうだ。彼らは大衆を自分たちにひきつける。すると真似をする人間や、うまくそれを金にしてしまう人間たちがでてくる。ますます、大衆は増えてくる。そうすると創造する人たちは、真似する人間たちに埋められてしまう。つまりは創造する人間たちは忘れ去られてしまう。そして真似する人間たちの勝ちというわけだ’
「ジャズ時評」編集ノート (1958年3月) p.145-146

芸術とコマーシャリズムの狭間で精神的・技術的に廃人になってしまうアーティストを憂いている。

身体が弱かったボリス・ヴィアンは、第二次大戦中、徴兵されることはなかった。
原作を書いた映画『墓に唾をかけろ J'irai cracher sur vos tombes』(1946年)の試写会で、
「こいつらはアメリカ人になったつもりなんだろうか? 馬鹿にしやがって!」と憤ったあと心臓発作で急死した。
「40になる前に死ぬよ」という自身の予言通り、わずか39歳での死だった。

ボリス・ヴィアンの書いたシャンソン『脱走兵』にこのような言葉がある。
‘起こっていない戦争を笑えないなら、起こった時も笑えない。起こる前に愚弄したほうがいい’

「くたばっちまえ」と罵倒するより、「くたばりたくない」自分を嘲うのだ。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:53 AM | コメント (0)

August 20, 2011

季刊 Collegio

collegio110820mj.jpg
『季刊 Collegio』 第45号 2011年 夏号 ―3・11特集― (株式会社 之潮コレジオ 刊)

『季刊 Collegio』 古地図を中心に、〈場所の記憶〉をたどる・・・
- Topographic Memory ・ 場所と記憶 - 
の定期購読をはじめました。

第45号・2011年 夏号は3・11特集。

「コラム・江戸の崖 東京の崖 番外」から、興味深い記事を引用させていただきます。

 ‘フクシマがチェルノブイリを超えることは当初から明らかでした。
 それはチェルノブイリの原子炉が1機(4号炉)だけの事故でしかも大規模な放射性物質の漏出があったのは4月26日から5月6日(1986年*注 orangepeel)までの10日間のみですから、1、2、3号機が「メルトスルー」し、4号機も傾き、くわえてそれぞれ使用済核燃料プールに厖大な量の核燃料をかかえたままの状態で4ヶ月(8月20日現在5ヶ月*注 orangepeel)過ぎてなお放射性物質を大気と水中に漏出しつづけ、収束の目途が立っていないフクシマの事態は、海外ではレベル7×3機+レベル3×1機の計24レベルであると言われるほど、桁はずれの人災なのです。
 これに対し、「50年前の放射能地図」などと称して、原水爆実験用のほうが被曝が強いと主張する向きもあるけれど、原爆と原発では、使用核そのものの量単位においてキログラムとトンのレベル差がある。
 技術力と安全神話に、「チェルノブイリとはわけがちがう」と慢心していた人が、今虚心に照らしてみなければならないのは、四半世紀前にウクライナでおきた、「それまでの」最悪の事故結果とその規模、そして影響範囲なのです。
 前置きが長くなってしまいましたが、日本列島上今日ほど「地図」が意識された時代は、第二次世界大戦期を除いてはなかったといっていいでしょう。
(中略)
 人間が生きるのに、息をしなけいわけにはいかない、水を飲まないわけにはいかない。食物を摂らないわけにはいかない。日本列島の東半分にあって、一時ではなく、長い年月にわたって、四六時中放射性物質とつきあっていかなければならなくなった私たちにとって、「地図」的思考は文字通り必須のものとなりました。チェルノブイリとフクシマ、ウクライナと日本は、常に「同一の縮尺」で参照されるべきものとなったのです。’
『季刊 Collegio』 第45号 「コラム・江戸の崖 東京の崖 番外」 芳賀 啓 (p.77)

現在、地表・大気・海洋への汚染のみを問題にされているところに加えて、
河川・湧水・暗渠に興味をもってきた私は、水道局管轄の水道水だけでなく
農業用水や地下水・上水道に影響のある伏流水の汚染を提起したい。
放射性物質が地中奥深くしみこめば、大地にひろがる‘水’はやがてダメになってしまうのではないか。


先日、地質にお詳しいとおもわれる東京地学協会に、直接電話してうかがってみたのですが、
「そんな“SF”みたいなことは、ありえません」とやんわり一蹴されました。
こちらは、素人なものですからね。。。

ちなみに、かつて、ジェネラル・エレクトリック社の広報担当だった、小説家カート・ヴォネガットは、
“SF作家”というレッテルを嫌い、「現代の作家が、科学技術に無知であることはおかしい」と主張していたとのこと。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 03:14 AM | コメント (0)

August 13, 2011

Mademoiselle

mademoiselle110813mj.png
“Mademoiselle” from ANTIQBOOK

‘MADEMOISELLE Mademoiselle, the Magazine for Smart Young Women, February 1954
New York: Street & Smith, 1954. Magazine. Very Good with no dust jacket; Romantic Fashions on cover. Articles inside include Dylan Thomas and His Village, Under Milk Wood by Dylan Thomas, Visit to Africa, Fashions for Romantics, Tall Fashions, Sterling for the Bride, Hair Matters, and more. Filled with great illustrations and period advertising. Magazine is complete and in very good condition, slight wear at edges; B&W and color Illustrations; 164 pages.’

『マドモアゼル』は、1935年創刊の女性誌。
版元は、『VOGUE』『ニューヨーカー』『ゴルフダイジェスト』等を発行する多国籍出版社・コンデナスト社。
『マドモアゼル』は、2001年の9.11(アメリカ同時多発テロ)後、休刊した。

カヴァーにあるディラン・トマスをはじめ、トルーマン・カポーティ、ジョイス・キャロル・オーツ、ウィリアム・フォークナー、テネシー・ウィリアムズ、ジェームズ・ボールドウィン、フラナリー・オコナー、ポール・ボウルズ、ジェイン・ボウルズ等、注目作家による詩や短編小説を掲載。
アート・ディレクションは、なんとあの、バーバラ・クルーガー。
洗練された都会の女の子のためのファッション誌だった。

詩人・作家のシルヴィア・プラスは、名門女子大スミス・カレッジ在学中の1953年夏にゲスト編集者として招待されている。
その経験が、のちに出版される小説『ベル・ジャー』の素材となった。
小説の中で、シルヴィアは背の低い男の子とのデートを嫌っていたけれど、彼女の身長が高すぎたのだろう。
頭が良くて気難しくて、でもとびきり綺麗な上流階級の娘は、表紙モデルみたいに、“tall girls”なのだ。

sylviaplath110813mj.jpg
“Sylvia Plath” from POETRY FOUNDATION

そういえば先月、POETRY FOUNDATIONのブログにこのような記事を見つけてました。

“The Bell Jar at 40
Sylvia Plath's YA novel reaches middle age.
by Emily Gould ”
from POETRY FOUNDATION

記事によると、『マドモアゼル』ゲスト編集プログラムの‘卒業生’には、ジョーン・ディディオン、アン・ビーティー、ダイアン・ジョンソンと、錚々たるメンバー。

しかし、『ベル・ジャー』が米国の高校教科書に取り上げられていることに驚愕した。
上記ブログのサブタイトルに“YA”とあるけれど、コメントで指摘されているように、
“ヤング・アダルト”小説という、軽い扱いはどうかと思うのだ。

投稿者 orangepeel : 08:18 PM | コメント (0)

August 12, 2011

The Bell Jar

belljar110812mj.jpg
『ベル・ジャー』 シルヴィア・プラス 著 / 青柳 祐美子訳 (河出書房新社、2004)

____ あの夏、ニューヨークはおしゃれで、華やかに輝いていた。でも、19歳の私はガラスの覆いに閉じこめられ、心は不思議に虚ろだった。30歳で自ら死を選んだ詩人シルヴィア・プラスの自伝的小説。 ____
内容(「BOOK」データベースより)

一時期(20代半ば)、まっとうな大人になるために、家にあるサリンジャーの本やThe Smithsのレコードを全て捨ててしまおうと思ったことがあった。
と思ったが、惜しくて手元にそのまま残してしまった。
そして、十分いい大人なった(?)今、“The Catcher in the Rye”の女の子版といわれているシルヴィア・プラス唯一の小説『ベル・ジャー』を読んでしまいました!ハハ


つい最近、英国の女性シンガーがオーバードーズ(含alcoholism)で亡くなった。
若くして世を発ったアーティストはえてして美化されるもので、『LIFE』は、さっそく「27歳で死去したミュージシャン」の特集を編んだ。
ジム・モリソンやジャニス・ジョプリンやカート・コバーンなど。
くだんの女性シンガーの父親は「断薬して3週間のところだったのに」と埋葬時に悔しんだ。
「三日坊主」という言葉があるように、“3”という時間は、依存から逃れるときのキーワードだ。
「3ヶ月」、「3年」を乗り越えれば、というのは、学問の統計上の数字であり、当事者にとっては強迫的な概念だと思う。
30年以上生きてれば、ちょっと知恵がついて小賢しく人生を“調剤”するだけで、根本の問題は解決していないのだろう。

話がそれました。
シルヴィア・プラスがかかえていた闇は薬物依存ではなく、双極性障害とのこと。
小説の半分は精神病院内の記述で、治療がECT(電気けいれん療法)に終始してたのが恐ろしくてたまらなかった。
内容が頭に入らず、そればかりが読後のトラウマになってます。。。
そういえば、twitterの海外ニュースアカウントで「オーストラリアの精神病院でECTを受けていた患者100人近くが自殺」という情報を密かに知ったのですが(ソース過去ログがなくなっており信憑はっきりせず申し訳ありません)、シルヴィアの自死は夫テッド・ヒューズの不倫によるもの、というようなセンチメンタルなエピソードで片付けられないような気がするのです。あくまでも、素人の私見です。

またまた、話がそれました。
サリンジャーの小説との共通項といえば、主人公のエスター(シルヴィア・プラス)が女性誌の学生モニター&ライターになり、ニューヨークでの華やかな生活の“うそ臭さ”をクールに見据えているところだろうか。著名な作家や詩人の欺瞞をこっそり暴いている。

シルヴィアが、この小説のゲラを笑いながら破り捨てた、
という“狂気”はそれこそ“真実”なのか。
“誰が”それを目撃していたのだろうか。

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

August 10, 2011

in the ruins


“in the ruins” by Mark Conway

from POETS org. via PoetryVerve (Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

August 08, 2011

from The New Yorker

fny110808mj.jpg
illustration:Christoph Niemann

from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:21 PM | コメント (0)

ephemera / Tour de chant

jacquesprevert110808mj01.jpg

jacquesprevert110808mj02.jpg

jacquesprevert110808mj03.jpg

jacquesprevert110808mj04.jpg

jacquesprevert110808mj05.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Jacques Prévert
“Tour de chant”
Dessin de Loris

『唄のくさぐさ』
作 ・ ジャック・プレヴェール
画 ・ ロリス
訳 ・ 小笠原豊樹

刊 ・ 昭森社
1958

投稿者 orangepeel : 04:31 PM | コメント (0)

August 04, 2011

Boat Babies - ABC

boatbabies110804mj01.jpg

boatbabies110804mj02.jpg

boatbabies110804mj03.jpg
“Boat Babies - ABC”

a Bert & Betty book
written and illustrated
by Marion Kelly

Published by Braunston Boaters Publishing, 2005

投稿者 orangepeel : 04:35 PM | コメント (0)

August 03, 2011

Boat Babies - 123

boatbabies110803mj01.jpg

boatbabies110803mj02.jpg

boatbabies110803mj03.jpg
“Boat Babies - 123”

a Bert & Betty book
written and illustrated
by Marion Kelly

Published by Braunston Boaters Publishing, 2005

英国の運河を背景に、バート&べティ夫妻人形(!)が活躍の
ポストカードサイズ、ちいさな写真絵本です。ロンドン・カナル・ミュージアムにて購入。

投稿者 orangepeel : 04:58 PM | コメント (0)

July 31, 2011

入沢康夫「詩の後ろにあるもの」

midnightpoetry110730mj.jpg
produced by midnight press, July 30, 2011 @ 神田神保町・東京堂書店

どのような季節なのかわからない
雨なんだか晴れなんだかわからない
3.11以来、いいことがないような気がいたします

という、入沢康夫氏の言葉ではじまった7月30日の講演『詩の後ろにあるもの』です。

‘詩のうしろ’とは、作品の中でどんな風景・どんな場所が描かれているか、ということですが、
すぐれた詩は‘立派’で‘気の毒’で、‘ある感動’をよびおこすものであるけれども、それは日常の逸話・噂話にもあることで、
詩としての感動は、表面もさることながら裏側にある何か、意味のつながりのない「力」があるとのお話でした。
話題は精神分析におよび、集団的無意識は人類のはじまりから蓄積されている
芸術には気品が備わり、こころをゆりうごかし鼓舞する能力がある
神が降りた(憑いた)かんじ、フロイトよりはユンクによる「無意識に遺伝する意識」
というテーマをふまえて、以下、会場にて配布のレジュメを引用いたします。

萩原朔太郎

 「私の詩の読者にのぞむ所は詩の表面に表はれた概念や《ことがら》ではなくして、内部の核心である感情そのものに感触してもらひたいことである。」
(『月に吠える』 序)

 「真に純粋な抒情詩は、決して経験的なものを素材としない。詩の純粋な内容は、詩人が生まれる前から、経験以前に所有していた記憶____何億万年の昔から、人類が歴史と共に経験し、何代もの先祖を経て、個人の意識中に遺伝されている記憶____なのである。」
(「詩と先験的記憶」)

-----

宮沢賢治

 「(・・・・・・)これらはみんな到底詩ではありません。私がこれから、何とかして完成したいと思って居ります。或る心理学的な仕事の支度に、(・・・・・・)書き取って置くほんの粗硬な心象のスケッチでしかありえません。」 (森佐一宛書簡)

     「諸作無意識中に潜入するほど美的の深と想像力は加はる。」
     「無意識部から溢れるものでなければ多く無力か作為である。」
                                (「農民芸術概論綱要」)

-----

ラフカディオ・ハーン

 「われわれの行為は、ことごとく、われわれの内部にある死者の行為ではないのか?」
(『日本瞥見記』 「家庭の祭壇」)

-----

山村暮鳥

 芸術は表現であるといはれる。それはそれでいい。だが、ほんとうの芸術はそれだけではない。そこには、表現されたもの以外に何かがなくてはならない。これが大切な一事である。何か。すなはち宗教において愛や真実の行為に相対するところの信念で、それが何であるかは、信念の本質におけるとおなじく、はっきりとはいへない。それをある目的とか寓意とかに解されてはたいへんである。それのみが芸術をして真に芸術たらしめるものである。
 芸術における気稟の有無は、ひとへにそこにある。作品が全然或る叙述、表現にをはつてゐるか、ゐないかは徹頭徹尾、その何かの上に関はる。
 その妖怪を逃がすな。
(詩集『雲』 序)

ラドリオでの懇親会でお話できなかったので、あらためて
うかがわせていただきたい(或いは個人的に研究したい)ことがらメモ。

●摩多羅神の「またら」と曼荼羅との関係。
 ヨーロッパに伝わる民芸品にもある曼荼羅の形象。

●摩多羅〜多摩川〜日本各地の湿地・湧水の足跡とされる「だいだらぼっち」〜
 だいだらぼっちと語感の似ている巨人伝説・北欧神話の「トロル」。
 世界各地にある“水”の伝承。

●北欧神話の世界樹“ユグドラシル”と日本の芸能の神“摩多羅神”にまつわる三本杉の精霊。
 木に棲む栗鼠(あるいは猿)が世界間に情報を伝えるメッセンジャーとなっている共通項。

投稿者 orangepeel : 11:35 PM | コメント (0)

July 30, 2011

I Can Afford Neither the Rain


“I Can Afford Neither the Rain” by Holly Iglesias

from POETS org. via PoetryVerve (Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:40 PM | コメント (0)

July 25, 2011

天才だもの。

tensai110722mj.jpg
『天才だもの。 わたしたちは異常な存在をどう見てきたのか』 春日 武彦 著(青土社、2010)

____ 「天才とは何であるかを説明しようとすると、どうして誰もがつまらぬことばかり言うのだろう。」伝記からフィクションまで、いつも奇人変人扱いされてきた「天才」たち。精神医学のみならず文芸批評や小説執筆など幅広い分野で執筆活動を続ける著者が「天才」というテーマに初めて切り込む。 ____
内容(「BOOK」データベースより)


天才と狂人は紙一重、とよく考えるけれど、我々はどこかで狂人を嘲笑し天才に嫉妬している。
そんなモヤモヤをユーモアと(ちょっと身が縮むエピソードと)ともに書かれた一冊です。
ひさしぶりに声だして笑いながら読みました。

以下、抜書きメモ。

‘ついでながら「歴史的に著名な人々の精神を解剖して病理的に観察」するジャンルを病跡学(パトグラフイー)と呼び、学会もある。創造的な仕事で名を成した人物の生活史やエピソード、交友関係や作品そのものを検証することを通じて、いわば創造の秘密に迫る、あるいは人間の精神のありようについて一つの見解を打ち立てる営みである。ただし、たとえば泉鏡花が強迫神経症だからといって、そんなことを自慢げに指摘してみせても不毛なだけであろう。実際のところは、精神科医が得意顔でジャーゴンを駆使して「評論家ごっこ」に終始するのがせいぜいのように映る。’
『天才だもの。 わたしたちは異常な存在をどう見てきたのか』 序 天才とホルマリン液 (p.14)

 ‘そして天才は幸福であってはならない。少なくとも世間一般で言うところの幸福に甘んじては困る。いい歳をして電車の切符集めが趣味とか、五〇を過ぎても童貞で平気とか、金銭にまったく無頓着とか、食事のメニューが一年三六五日同じとか、そういった非現実的なところがないと困る。あまりにも卑俗は欲望を剥き出しにされると、彼らは凡人たちのライバルとなりかねない。それは承服しかねるということになるのだろう。’
序 天才とホルマリン液 (p.17)

 ‘精神科医クレッチマーは「人は、成功しなかった発明家を偏執病と呼ぶ」と書いているが、偏執病はそもそも成功なんかしないのである。
 狂気の人と天才のあいだに通低するものがあるとすれば、それはおそらく孤独である。どちらもメーターの振り切れた存在といった点では、常人には近寄り難い。それがために世間からは孤立し、誤解され、冗談の肴とされる。孤独は人の心から現実感を奪い、頑なで依怙地な精神を作り上げる。永続的な孤独は、人を「人に似た何か別なもの」へと変貌させる。狂気であることも天才であることも、そこに孤独が加わることで、彼らは神話的な存在となる。’
序 天才とホルマリン液 (p.19)

 ‘精神障害者(特に統合失調症)の絵には、三つの要素が備わっている。
 〃然鴫宗
 反復。
 G鬚げ萍未悗琉擇譟
  
 モチーフに輪郭は備わっていても質感や量感には乏しいことが多く、つまり記号的で、絵としては形骸化したものとして見えやすい。しかも背景や周囲との関連が希薄で、つまり描かれているものが互いにバラバラで、妙に実存的というか孤独に満ちて映ることが多い。また、ヘンリー・ダーガーがそうであったように(彼の病名は精神遅滞に過ぎなかったらしいが)、既成の絵や印刷物をそのままトレースして形だけを獲得するといったテクニックの駆使は珍しくない。どこかコラージュ的な態度で取り組んでいるように思える。’
業術 天才と天才ならざるもの 天才画 「三つの要素」 (p,85-86)

 ‘ダブルバインド状態が彼にもたらしたのは、精神医学的にはおそらく境界性パーソナリティー障害である(ロック界の伝説的スターでは、ジャニス・ジョプリンとジム・モリスンがそうであったとされる)。また母親は音楽以外には日常的な訓練を一切彼に行わなかった。そのため、靴紐は結べない、ネクタイも結べない、ナイフとフォークで肉を切り分けられない、といった生活上の無能力者となっていた(一七歳の時点)。長じて、彼がアルコールや性的なことに問題を抱え(性的乱脈は甚だしく、結婚は一〇回している)、金銭にだらしなく、客観的には自ら成功のチャンスを潰していくような自己破壊的な生き方には、たしかに精神病理的な問題を指摘しないわけにはいかない’
業術 天才と天才ならざるもの キッチュ的 「奇行と天才」 (p,85-86)

 ‘デ・キリコにおける形而上絵画は、個人的にはそうした偉大なるパターンに近い気がする。高校生の頃、すなわちまだ一九六〇年代の終わりであったが、現在の私の基準からすると古本屋で北園克衛の『円錐詩集』(ボン書店刊)を衝動買いしてしまうような勢いでイタリア語版の『デ・キリコ画集』を購入したことがある。英文のカタログで注文し、船便のためにかなり待たされた記憶がある。本は函入り、図版が一枚づつ各頁に貼り込まれた豪華なもので、わたしとしては一冊まるごと形而上絵画で埋め尽くされていることを期待し、未知のバリエーションを堪能したいと舌なめずりしていた。それなのに、いざ本を開いてみると擬似古典派に回帰した以降の作品が半分以上を占め、しかもそれら「形而上絵画以後」は色も汚らしくて俗悪でおまけに下手くそにしか見えず、心の底から失望した思い出がある。損した!あの画集を購入して以来、デ・キリコと天才とはまったく結びつかなくなったのであった。’
業術 天才と天才ならざるもの マンネリ王 「手口の発明」 (p,112-113)

 ‘個人的な見解としては、天才という特異な存在には「どぎつさ」や派手さが伴うと考えており、それゆえ天才にはどこか騒々しさや下品さが重なる。そのような文脈においてモランディを天才と非ず、と否定することも出来よう。しかし彼が(通俗的な)天才の条件を満たさないとしても、そのことは何らマイナス評価として作用するまい。画家モランディは市民モランディであることで必要十分なのだから。’
業術 天才と天才ならざるもの マンネリ王 「静謐な日々」 (p,124)

 ‘天才と対になる言葉は「凡人」かもしれないが、あるいは「詐欺師」のほうが相応しいこともあるだろう。そもそも天才の能力を凡人が正当に評価出来るものなのか。むしろ時代の空気を上手く体現してみせられる人間が、おしなべて過大評価されがちというだけではないだろうか。ことに芸術の分野では、<才能>と<演出の巧みさ>との間にはかなり曖昧な領域が横たわっているように思える。当人が確信犯でなくとも、成り行きから過大評価を受けてしまうケースも稀ではあるまい。’
業術 天才と天才ならざるもの 嫉妬と喝采 「詐欺師登場」 (p,126-127)

 ‘時代的にも場所的にも、ボリス・ヴィアン(一九二0-一九五九)はビュッフェのテリトリーと大きく重なっていた筈である。最近出たフィリップ・ボッジオの大冊『ボリス・ヴィアン伝』(浜本正文訳、国書刊行会。二00九年)には、関係者の詳細かつ膨大な索引が付されていたのを思い出し、ちょっと調べてみた。するとビュッフェの名前はまったく出てこない。アナベルは六箇所も登場してくるのに。ボリス・ヴィアンがビュッフェを毛嫌いないしは歯牙にも掛けなかった可能性は高そうである。’
業術 天才と天才ならざるもの 嫉妬と喝采 「ビュッフェ、ニューヨークへ行く」 (p,132-133)

 ‘人間は時間に負ける、というのはキツイ言葉である。自分自身を偽り、天才という甘美な伝説に生きようとしてもそこには限界がある。ならば「もと天才」にとって、カッコイイ老い方はあるのか。夭折という道を選ばないとしたら、あとは実直に生きるしかあるまい。「もと天才」であることは、恥ずかしくもなければ見苦しいことでもあるまい。そもそも天才という名称には、どこか冗談めいたニュアンスが微妙に備わっているのではないのか。かつての天才は敗北者ではなく、運命の神に弄ばれた被害者ではないのか’
業術 天才と天才ならざるもの 惨めな日々 「描かない天才画家」 (p,150-151)

 ‘いつだったか、あるカメラマンが笑いながら「カメラマンは自殺しませんからね」と言ったことが忘れられない。なるほど、報道写真家が事故死や戦死をすることがあっても、表現者のうちでは自殺の確立は格段に低いのかもしれない。そもそも生々しいものへダイレクトに接する覚悟を決めて写真という手段を選んだだからだろうか。わたしの知る範囲ではダイアン・アーバスが自殺をしているけれど、まあ彼女の場合はかなり精神的に不健康だった印象があるし、あそこまで極端な被写体ばかり選んでいれば無理もない気がする。’
卦憶 無名の天才たち 燃える家 「物騒な視線」 (p,157)

 ‘だが___ デジタル・カメラのことはここでは別ジャンルと考えるが_____ わたしが写真家に対してもっとも驚異を感じるのは、シャッターを押してからフィルムを現像するまでの時間差に耐えられるその精神の強靭さである。ひとつの光景をいったん闇の中に押し込め、一定の時間が経過してからあらためてその光景を印画紙に定着させる。ある程度の処理は暗室で可能にせよ、現像し焼き付けてみなければどんなものがどんな具合に写っているのかは分からない。その不安に、よくもまあ耐えられたなあと感嘆せずにはいられないのである。’
卦憶 無名の天才たち 燃える家 「暗室と信念」 (p,169)

 ‘真珠、ことに女性のイヤリングとして使われている真珠の丸みにも嫌悪感を覚えずにはいられなかった。先端恐怖の人とはしばしば出会うが真珠の丸みに恐怖を示すケースはかなり珍しい(総じて恐怖症患者は、その対象が引き起こすであろう____往々にして荒唐無稽な____破局的光景をイメージして震撼するわけだが、真珠によって生じるかもしれないカタストロフィーというのは想像が難しい)。樟脳の匂いも大嫌いであったという。
 いかにも分かりやすい変人だったわけである。そのいっぽう偉大な発明を成し遂げていたことも確かであったのであり、ただし金銭への執着はなく、それが仇となって晩年には窮乏したまま安ホテルを転々として孤独死する。
 二〇世紀への変わり目の時期より、テスラは現実離れの度が進んでいったようであった。一九〇二年、ロングアイランドに高さ六〇メートル、さながらマッシュルームの化け物のような形の送電等塔を完成させた。「世界無線電力伝送システム」を実現させるための塔で、空中へ電気を放って電線なしに電気を世界中に送ることを目指していた。もちろんこれは挫折し、資本家からの援助も打ち切られることになった。テスラの信奉者の一人に「アメリカSF小説の父」とされるヒューゴー・ガーンズバックがおり、彼の創刊した世界初(一九二六年)のSF雑誌『アメージング・ストーリーズ』の表紙には、しばしばこの世界無線電力伝送塔が稲妻を放射している絵が描かれている。考えてみれば、こうした的はずれの賞賛も、結局はテスラにマッドサイエンティストの烙印を押すことに一役買ったのである。
 一九〇〇年には火星から知的生命体のメッセージを受信したなどと発表していたので、確かに素地はあったのかもしれない。地震兵器だとか殺人光線といった「秘密兵器」にも言及していたし、そのせいか一九四一年、コミック・ブック『スーパーマン』にテスラは邪悪な発明でニューヨークを戦慄させる怪博士として登場している。・・・・・
 かつて我が国では、松沢病院へ入院中の葦原将軍だとか「裸の大将」山下清に、ときたま事件や世間の風潮についてマスコミがコメントを求めていた。何か突飛な発言(そしてそれが常識を超えているがために、稀に何らかの真実を言い当てる)を期待しての面白半分の取材であり、おそらく晩年のテスラのもとに集まる記者たちの心づもりにも似たようなものがあったのではないだろうか。余談であるが、わたしが子どもの頃に、ラジオで山下清がアポロ計画についてコメントしているのを聞いた記憶がある。存外に「まっとうな」ことを言っていて、質問しているアナウンサーがいかにも失望した声を出していたのが印象的だった。’
卦憶 無名の天才たち 発明家 「怪人二コラ」 (p,198-199)

 ‘世の中には、自然発生的にいつしか出現してきた物のほうが遥かに多いのではないか。発明者をきちんと名指すことが出来るような物のほうがむしろ少なく、あたかも以前からあったかのようにひっそりと人間社会に浸透し馴染んでいった物のほうが普通ではないのか。現代においてこそ、実用新案特許の品々に囲まれていると我々は感じているけれど、それらの大部分はせいぜい改良とか工夫を施されただけの小賢しげな産物に過ぎまい。
 画期的な発明をした天才は、実は無名かつ無自覚であったり、複数の「当たり前の人たち」であった可能性こそが高い。’
卦憶 無名の天才たち 発明家 「不在の発明家」 (p,202-203)

 ‘実は天才に関する本(天才になるとか、天才に育てるといったハウツーよりの本も含めて)にはかなり目を通したのだが、もっとも共感できた一冊は、意外にも一九六七年に岩波新書から出た宮城音弥の『天才』(青版621)なのであった。選考研究についても要領よくまとめられているし、何よりも宮城の定義が痛快だからである。彼は記す。

______ ・・・・・私は「天才は不適応者だ。社会的適応性を犠牲にして創造作用を行う人間だ」と考えるのである。
(中略)
 生物学的観点を無視し、すべてを後天的な環境と学習によって天才をつくり得ると考えるアメリカに多い楽観主義の立場をとろうとしない私は、生物学主義と社会学主義を総合してこそ、天才の本質は明らかになし得ると信ずるのである。 _____

 彼はロンブーゾの「天才は狂気だ」も、クレッチマーの「天才は精神病質だ」もそれらが生物学主義に傾き過ぎていると批判しつつも否定はしない。天才は変な奴だと、ちゃんと言っているのである。それどころか「真の創造性は、社会的適応性と逆相関する」とまで述べる。’
結 天才とは何か (p.232-233)

身が縮んだ(あるいは震撼した:笑)のは、p.30「自殺と楽園」の章にある、サマセット・モーム短篇『ロータス・イーター』と、
p.64「美人・確執・狂喜」の女流俳人、杉田久女のエピソード。
家族に話したら、本気でいやがってましたので、ぜひ、手にとってお読みいただければ♪
“天才”は歴史に残るけれど、語り継がれない“変人・凡人”もいることをわすれない。。。
知られてない、知られたい、芸術論です。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:19 PM | コメント (0)

July 13, 2011

The desk of e.e. cummings

eecummings110713mj.jpg
“This slab of mahogany belonged to E.E. Cummings”

from Poetry Foundation via PoetryFound (Poetry Foundation) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:34 PM | コメント (0)

July 11, 2011

Siné

zazie110711mj01.jpg

zazie110711mj02.jpg
© COVER DRAWING BY Siné(Maurice Sinet)

Raymond Queneau
“Zazie dans le métro”

© 1959 Éditions Gallimard

ロンドン大学ちかくの古書店軒先1£コーナーにて購入。


Zazie en el metro (Louis Malle)

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

July 09, 2011

Wallpaper

wallpaper110709mj01.jpg

wallpaper110709mj02.jpg

wallpaper110709mj03.jpg

wallpaper110709mj04.jpg

wallpaper110709mj05.jpg

wallpaper110709mj06.jpg

wallpaper110709mj07.jpg

wallpaper110709mj08.jpg

wallpaper110709mj09.jpg

wallpaper110709mj10.jpg
Wallpaper

“Handmade with digital printing. A gallery of Wallpaper custom covers:”

from Custom Covers Gallery via CrankyPressman (Keith & Jamie Berger) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:26 PM | コメント (0)

July 07, 2011

Richard Brautigan inspires BBC series

richardbrautigan110707mj.jpg


‘ I'd like to think (and
the sooner the better!)
of a cybernetic meadow
where mammals and computers
live together in mutually
programming harmony
like pure water
touching clear sky.

I like to think
(right now, please!)
of a cybernetic forest
filled with pines and electronics
where deer stroll peacefully
past computers
as if they were flowers
with spinning blossoms.

I like to think
(it has to be!)
of a cybernetic ecology
where we are free of our labors
and joined back to nature,
returned to our mammal brothers and sisters,
and all watched over
by machines of loving grace. ’

Richard Brautigan “All Watched Over by Machines of Loving Grace”


Adam Curtis - All Watched Over by Machines of Loving Grace

from Lilliput Review via POETRY FOUNDATION via PoetryFound (Poetry Foundation) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:38 AM | コメント (0)

July 04, 2011

I can't look you in the voice

dorothyparker110704mj01.jpg
Dorothy Parker can't "look you in the voice"

20世紀都会の弱者の視点と皮肉とウイットで知られる詩人・短篇作家、ドロシー・パーカーが編集者にあてた電報。

from Letters of Note via PoetryFound (Poetry Foundation) on twitter

dorothyparker110704mj02.jpg

dorothyparker110704mj03.gif
Dorothy Parker

投稿者 orangepeel : 06:20 AM | コメント (0)

Herman Melville

hermanmelville110704mj.png
Herman Melville's travel desk

from Bonhams via UnlikelyWorlds (Paul McAuley) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:06 AM | コメント (0)

July 03, 2011

宮沢賢治 - 東北、大地と祈り

eureka110703mj.jpg
『ユリイカ』 2011年7月号

『ユリイカ 』7月号は、「特集*宮沢賢治-東北、大地と祈り」。
巻末の「イーハトーブ地理学」から読み始める。
宮沢賢治にとって土地と表現は切り離せないものだが、ナショナリストではない。
遺作「雨ニモマケズ」は、国外では、e.e.カミングス・スタイルと評価されている。

 ‘目前の事象も、幻想や記憶や知識も等しくみずからの心象であるとすれば、現実の風景の描写のなかに幻想的な風景や別の風景が入り込むのは理にかなっている。ただし、このことをもって賢治の文学を独裁論的とか、モノローグ的と批評するのは性急であり、表面的である。現実に彼が残した心象スケッチの質を直視しよう。顕著な特徴は、それがいささかも静観的な内容や告白ではなく、屋外での活動、ことに山野の跋渉と強く結びついていることである。賢治が観察するのは、あくまでも現実の景観や活動とともに展開する心象であり、そうでなければ現象しないようなイメージの生成なのだ。だから彼は「これらのわたくしのおはなしは、みんな林や野はらや鉄道線路やらで、虹や月あかりからもらつてきたのです」と述べ、「ほんたうに、かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるへながら立つたりしますと、もうどうしてもこんな気がしてしかたないのです」(『注文の多い料理店』 序)と述べた。つまり賢治が記す心象は、内省では捉えられない無意識に属し、この無意識は、空間のそこかしこに感受される象形文字、自然や他者が刻印した諸々の徴しを読み解き、空間に潜むポテンシャルを抽出する行為と相関して生成する。
 しかも、賢治は心象を文章にすることだけに満足せず、心象の考察から発して、心象を触発する世界を積極的につくりかえようと企て、死にいたるまで諦めなかった。彼の文学と、教育や農業や工場技師の活動とのあいだには、ダイナミックな往還が存在した。’
『ユリイカ 』7月号 岡村民夫「イーハトーブ地理学」 ( p.219)

‘・・・「雨ニモマケズ手帳」のなかには、岩鷲山碑(「岩鷲山」は岩手山の別名)、早池峰山碑、出羽三山碑のスケッチが描かれている。
<山>は、豊かな水、温泉、有用な石と草木、狩りの獲物などの幸を人々に恵むばかりでなく、生活や生命を破壊する可能性を保持しているからこそ、畏怖され、篤い信仰を受ける。岩手山が火山性微動や隆起現象によって数年間登山禁止になったことは記憶に新しい。賢治の生前も岩手山はガスや蒸気を吐きつづけており。一九一八年には水蒸気爆発を起こした。またそこかしこに過去の大噴火の痕跡があった。賢治はしっかりこの山の魔神的側面を感受している。江戸時代の大噴火によって生じた焼走り鎔岩流の不毛な広がりを見た詩人は、そこを「ごく強力な鬼神の棲みかだ」と思う。’
「イーハトーブ地理学」 ( p.232)

川で生まれ海に下るサケは、産卵のため遡上し死亡する。
あらたな命は、また川を下る。水の流れにさからうのは苦しいけれど、
流れにそって歩くのが快いのは、自然が導いていることかもしれない。
川の源流の湧泉には、命のエネルギーがある。
フィールドワークは学問ではない。
未来をみつめる‘日常’。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 06:11 PM | コメント (0)

Emily Dickinson's letters

emilydickinson110703mj.png
"Emily Dickinson's Letters"
is a charming, 4-inch by six-inch pocket book from Everyman's Library with a shiny golden ribbon placeholder. The book doesn't bother itself with completism -- her letters are excerpted -- nor does it get bogged down with heavy historical footnotes.

エミリー・ディキンソンの手紙。隠遁者のイメージとはちがった、日常のスナップショットが綴られているそう。

from Los Angels Times via PoetryFound (Poetry Foundation) on twitter

投稿者 orangepeel : 04:32 PM | コメント (0)

June 27, 2011

The Collector

collector110627mj01.jpg

collector110627mj02.jpg

collector110627mj03.jpg
from my bookshelf

by John Fowles
“The Collector”

published by DELL PUBLISHING CO. , INC. 1963

投稿者 orangepeel : 07:14 PM | コメント (0)

June 26, 2011

World Geo-Graphic Atlas

Rare Book Feast #1: Herbert Bayer's Book of Maps from Nate Burgos on Vimeo.

投稿者 orangepeel : 10:29 PM | コメント (0)

June 21, 2011

Poems on the Underground

underground110621mj01.JPG

underground110621mj02.JPG

underground110621mj03.JPG

underground110621mj04.JPG

underground110621mj05.JPG

underground110621mj06.JPG

underground110621mj07.JPG

underground110621mj08.JPG

underground110621mj09.JPG

underground110621mj10.JPG

‘Poems on the Underground’ by The Poetry Society

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (0)

June 15, 2011

hiromi suzuki illustrations

88110615mj01.jpg

88110615mj02.jpg

88110615mj03.JPG

88110615mj04.JPG

88110615mj05.JPG

88110615mj06.JPG
illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)

6月14日発売、『心を磨く大切なハート言葉88』 シルバーあさみ著 (如月出版 刊)。
装丁と本文イラストレーション(88ページ)を手がけております。

投稿者 orangepeel : 09:49 PM | コメント (0)

June 11, 2011

21世紀の北園克衛

shitecho110611mj.bmp
『現代詩手帖』 2011年6月号

『現代詩手帖』 6月号は、「21世紀の北園克衛」とは誰か?
ではなくて、21世紀「における」北園克衛の再考だった。

昨年、世田谷美術館で開催された「橋本平八と北園克衛展」をうっかり見逃してしまったけれども、
『VOU』同人だった黒田維理の復刻詩集(北園克衛の装丁)がデザイン関係者にとぶように売れた、
と版元・如月出版社長K氏からうかがった。
いま、北園克衛の詩はもちろんのこと、写真・コラージュ・デザインが注目されているのです。

詩とデザイン、言葉とビジュアルのボーダー(あるいは融合)を想いながら興味深く読了。

金澤一志氏と山口信博氏の対談、「北園克衛の新しい光」から。

‘金澤: 北園さんがやってきたデザインの仕事は、公然と引用されていますね。かつては、亀倉雄策さんや山城隆一さん、山名文夫さんもそうですが、戦前から商業美術に関わっている人はみんな詩を書いていたんですね。自分で詩を書いたりしながら、絵画的なものもバックグラウンドにしている人が戦後デザインにいったわけです。
山口: 画家くずれでデザイナーになったんじゃなくて、文字とか芸術全般に興味があってデザイナーになった人が多かったかもしれませんね。’
『現代詩手帖』 6月号 「北園克衛の新しい光」 (p.51)

‘金澤: 北園さんの詩論というと、戦前に書かれた「イデオプラスティ」が有名ですが、これは北園さんの詩学だけに言及したものではなく、かなり一般性のある理屈だと思う。北園さんの五十年代を頂点とするならば、一番すごい詩論はこれだっていうのがあるんですよ。「詩学」一九五七年八月臨時増刊号に掲載されたもので、ちょうど「メシアンの煙草」を書き終えた後に書かれている。ここで、詩のうえで観念が像を結ぶことはありえない、文字の集まりを詩として成立させているのはデザインとリズムだ、という言い切りがあるんです。五〇年代は、もちろん社会性が強い詩が全盛で、ふるくさい抒情詩も生き残っている時代ですね。そんなときに、意味は問題じゃない、デザインとリズムだ、と言うのは驚くべきことだと思う。いまはもう見えていることだけれど、当時はおそらく何を言っているのか、わかる人はほとんどいなかったんじゃないか。しかもそれを実践しきっているところがすごい。ぼくは基本的には北園克衛の現在に通用する部分だけを掬いとればいいとは思うんだけど、やっぱりその時代にどんな存在だったか、重要な部分がどこから出てきたのか、ということも考えたい。
山口: 「私の詩のアティフィシャリティ(あるいはリアリティ)を支えているものはイメヂに対する造形的なデザインのセンスと言語にたいするリズムのセンスである」(「詩学」五七年臨増)。すごいですね。詩人にもデザイナーにもぐさっとくるマニフェストです。’
「北園克衛の新しい光」 (p.57)

北園克衛は(当然なのかもしれないけれど)、戦中詩というものも書いていた。

吉増剛造氏とジョン・ソルト氏の対談、「火の痕跡、星の死の揺らぎ」から。

‘吉増: この大事な章の最後で引用されてられる、鈴木雅文さんの言葉を引用することによって語るという、これも見事な書き方なのですが、・・・・「戦時中の裏腹さに災いされ、北園の精神は危機に当面した。だから『黒い火』での詩行の断片化は、詩人の内面の断片化を写す鏡であった」と。この断片化というのを、おそらく、ぼくは火の痕跡、・・・・として、受け取ったのでしょうね。「そのような意味で人間への、とりわけ自身への嫌悪を現すことが、彼には、もっとも誠実で直截な方法になった」。これをジョン・ソルトさんが引かれて、この章を締めくくっておられるのには本当に感心をいたしました。現代のすぐれた小説家のおひとりの、堀江敏幸さんが「戦時の発言をも撤回しない詩人のまっとうな重さが、・・・・」というような言い方をしているんですが、鈴木さんの言葉を引かれてジョン・ソルトさんが伝えようとなさっていることともこれは似ていて、おそらく、これも、うん、・・・・星が文字の向こうで死んでいるような、そうした詩の輝きを全部、こう、ページの上の空気を、ゆらゆらさせながら見せているんでしょうね。’
『現代詩手帖』 6月号 「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.11〜12)

‘ソルト: ・・・・預言者とは言いたくないんだけど、彼の本能には未来の何かが見えたのではないでしょうか。たとえば「GGPG」の時代でも、出版社はヴィジュアルが勝利する、というような言い方をしました。それは一九二〇年代。その後ますますそうなってきて、いまのtwitterとfacebookの時代に、まただんだん言語が変わってきて、イメージ、ヴィジュアルのものが盛んになっている。無用の用がわかる時代になったではないか。
 それと、戦前は、詩という分野自体が全部の芸術の噴水みたいに尊重されましたが、いま社会のなかで詩はそれほど中心なジャンルとしての存在ではないんですね。大きなズレが社会に出てきたのではないでしょうか。昔は建築家にしろ絵描きにしろ、詩を読んだ。ピカソも詩を書いたしね。みんな詩を書かなきゃという木の株みたいな精神。それは詩で、その後は何をしてもいい。・・・’
「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.13〜14)

‘吉増: 北園も自信があって、平行している感じがします。エズラ・パウンドと文通しながら喧嘩もするし、コンクリート・ポエトリーの頂点にいたときに、「この運動はもう死んでしまった」とプラスティック・ポエムの宣言に書いた。’
「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.17)

‘ソルト: それよりも日本人に考えてもらいたいのは、戦時中はアメリカにも愛国詩を書いた詩人や、愛国画を描いたアーティストがいたけど、アメリカは戦勝国ですから。勝つと歴史が書ける側で、当然、自分に甘くなって都合の良いことばかりを主張する傾向があります。・・・・・
 ぼくが一番面白いと思うことは、第二次大戦中、アメリカで過激派の黒人グループは日本側を応援しました。その運動はニューヨーク、シカゴ、デトロイト、ミルウォーキー、フィラデルフィアにもありました。マルコムXが徴兵されたときに、「日本軍に入隊したい」と答えて精神病院に送られて、検査させられた。日本が勝ったら白人による圧迫以上にひどいことには絶対なるまいと思って、開放されると望んでいた。いまではほとんど忘れられた運動です。
 コクトーですが、彼は抑圧されていた同性愛者の芸術家としての立場から世間を見たから、鋭い政治への批判を主張したのは驚くことではないです。それとフランスの詩人ポール・エリュアールですが、彼の行動もまた立派で、地下に潜ってナチと戦いましたね。そのときアンドレ・ブルトンはニューヨークに亡命した。本に書いたけど、当時の日本の前衛芸術家たちは逃げ場がぜんぜんなかった。日本は島国ですから、特殊な状況です。
 ジャン・コクトーは北園と同じように、全部 poetry だと思っていて、 film poetry, drawing poetry, photo poetry, いろんな方面から優れた詩をつくっていた。’
「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.19〜20)

さらに、瞠目した(もうひとつ付け加えたい)こと。
ジョン・ソルト氏が、「英語の詩に興味ある日本人に紹介したいURL」 が、
昨年末にはじめたばかりのtwitterで情報交換させていただいている(ほとんど受け取る側ですが)
シカゴのアカウント“poetry verve”で、ときどき目にするサイトでした。

poetryfoundation.org

米大手製薬会社の財産を相続した Ruth Lilly が2009年に亡くなる前に2億ドルを、‘詩’のために寄付したとのこと。

* Eli Lilly
6月12日追記: 昨夜、寝転びながら『精神科治療学』(星和書店刊)をまたまた飽きずに熟読していたら、
製薬会社広告ページ(抗精神病薬)に目がいってしまい、Ruth Lillyが相続した製薬会社名に気づきました。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

June 06, 2011

雪の練習生

yukinorensyusei110605mj.jpg
『雪の練習生』 多和田 葉子 著 (新潮社、2011)

___ サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書く「わたし」。その娘で、女曲芸師と伝説の「死の接吻」を演じた「トスカ」。さらに、ベルリン動物園で飼育係の愛情に育まれ、世界的アイドルとなった孫息子の「クヌート」。人と動物との境を自在に行き来しつつ語られる、美しい逞しいホッキョクグマ三代の物語。 ___
内容(「BOOK」データベースより)

‘言葉’を持たないホッキョクグマの‘自伝(物語)’を、読むことができるとはおもわなかった。

「育児放棄されたかわいそうな白い小熊」としてベルリン動物園で人工哺育され、世界的な人気を博したクヌートが
今年3月、たった4才にして池の中で死んでいたニュースは記憶にあたらしいけれど、
この小説が昨年末には書き上げられていたのは、偶然にして必然です。

以下、抜書きのメモ。


knut110605mj.jpg


1章 「祖母の退化論」。まずは、クヌートの祖母、わたしの物語

 ‘そんな生活に不満はなかったのに、自伝を書き始めてから、会議に出るのがいやになってしまった。家で机に向かって鉛筆をなめていると、そのままずっとなめながら、できれば一冬中 人に会わないで自伝と取り組んでいたくなる。書くという行為は冬眠と似ていて、端から見るとウトウトしているように見えるかもしれないけれど、実際は穴の中で記憶を生み育てているのだ。’
『雪の練習生』 「祖母の退化論」 (p.19)

‘・・・・、「ご自分の言葉で書くようにお伝えしたと思いますが。優秀な翻訳家がいますから」と言って微笑んだ。「わたし自身の言葉ですか。わたしは自分の言葉が何なのか忘れてしまいました。一種の北極語だとは思いますが。」 「ご冗談を。ロシア語は世界一の文学言語です。」 「なぜか書けないんです、ロシア語が。」 「そんなことはないでしょう。ご自分の言葉で、自由に書いてください。執筆中は、生活費などの心配はしなくて平気です。」 目の前に満面の笑みがひろがっているが、脇の下から嘘がぷんぷんにおってくる。微笑みは人間が顔にのせる表情のうちで最も信用できないものの一つだということが分かってきた。人は自分の寛大さを売りつけ、相手を安心させて操作するために微笑む。’
「祖母の退化論」 (p.59)

 ‘自伝を書くということは、思い出せないことを推測で作り上げるということかもしれない。わたしはイワンのことはすでに自伝にくわしく書いたつもりになっていた。でも正直言うと、イワンの顔なんて全く思い出せない。思い出せないというより、あまりにもはっきり思い出せてしまうので、嘘だと分かる。’
「祖母の退化論」 (p.65)

‘・・・・、そうだ、わたしも自由自在に自分の運命を動かしたい、そのために自伝を書こう、と思った。わたしの自転車は言語だ。過去のことを書くのではない、未来のことを書くのだ。わたしの人生はあらかじめ書いた自伝通りになるだろう。’
「祖母の退化論」 (p.71)


knut110605mj.jpg


2章 「死の接吻」。クヌートの母、トスカと女曲芸師の物語。

 ‘その頃のわたしはまた、一度目の結婚直後にかかったのと同じような鬱病の兆候が現れ始めていた。もちろん当時の東ドイツには鬱病というものはなかったので、わたしはそれを「曇天」と呼んでいた。娘が生まれて、自分自身が哺乳類なのだと感じながら子供に乳房を吸わせ、オムツを替え、サーカスの事務を手伝い、初めの夫の下着を洗濯し、舞台衣装にアイロンをかける毎日が続いたあの頃、曇天が襲ってきた。’
「死の接吻」 (p.92〜93)

 ‘ドイツ統一後にこんなことを言ったら、「鴉のお母さん」と呼ばれてしまったかもしれないが、当時は国営の保育園に子供を預けっぱなしにして週末にしか会わない母親はたくさんいた。職種によっては何ヶ月も子供の顔を見ない女性もいた。母性愛という神話が囁かれることはごく希だったし、宗教は弾圧されていたので聖母マリアが幼子イエスを抱く絵も見たことがなかった。これはずっと後になってからの話だが、東ドイツの終焉とともに母性愛の神話が蜃気楼のようにドイツの地平線に現れ、トスカが息子を育てなかったことであれほどマスコミの非難を浴びたのが可哀想でならない。「トスカは東独出身だから生まれた子供を人に任せて、自分で育てない」などと悪口を言う人がたくさんいて、「社会主義サーカスで働いていたためにストレスで育児本能を失った」などとまことしやかに書き立てる新聞さえあった。これはとんでもない誤解で、第一に「ストレス」などという言葉は西側の「製品」で東独にはなかったし、第二に育児本能などという本能は人間にはあるのかもしてないが動物にはない。動物が子供を育てるのは本能ではなくアートである。アートだから、育てるのは我が子でなくてもいい。’
「死の接吻」 (p.93〜94)

 ‘「あなたの話を書く。と約束したのに自分の話ばかり書いてしまったの。ごめんなさい。」 「いいのよ。まず自分の話を文字にしてしまえばいいの。そうすれば魂がからっぽになって、熊の入ってくる場所ができるでしょう。」 「あなた、わたしの中に入ってくるつもりなの?」 「そうよ。」 「怖いわね。」 わたしたちは声を合わせて笑った。’
「死の接吻」 (p.138)

このあと、言葉は女曲芸師から、トスカからの視線に変わっていく。

 ‘ウルズラはわたしと向かい合ってきりっと立ち、唇だけをやわらかく差し出す。その時、彼女の喉が闇の中で大きく開いて、魂が奥でちらちら燃えているのが見える。一度接吻する度に、人間の魂が少しずつわたしの中に流れ込んできた。人間の魂というのは噂に聞いたほどロマンチックなものではなく、ほとんど言葉でできている。それも、普通に分かる言葉だけでなく、壊れた言葉の破片や言葉になり損なった映像や言葉の影なども多い’
「死の接吻」 (p.162)


knut110605mj.jpg


3章 「北極を思う日」には、ついこの間までなじみの深かったクヌートの物語がつづく。
ベルリン動物園のサイトでみた、あのかわいらしいクヌートの動画の光景が、
クヌートの‘視点’で語られはじめるのだ。

話はそれるけれども、オーストリアの心理学者・アルフレッド・アドラーのアドラー心理学に
災害時における‘茫然自失期〜ハネムーン期〜幻滅期〜復興期’という概念があるそうだ。
心的外傷受傷後の共同体の中で‘ハネムーン期’というのは人間に与えられた自然な感情であり、
これがやってこないと疲弊するだけで復興に立ち上がることができなくなる。
共同体という意識を感じるのは人が生きていく上で最も大切な感覚のひとつとのこと。

ところでそもそも、ホッキョクグマとヒトとの蜜月はありえたのでしょうか。

 ‘マティアスは薄目をあけて、自分の顔を探索しているクヌートをしばらく観察していたが、そのうちクヌートの目の中を覗き込んでしみじみと語った。「不思議だね。就職し立ての頃、熊の世話係に選ばれて、勉強のために随分いろいろな探検家の書いた本を読んだ。ある探検家が旅行記の中に、ホッキョクグマと向かい合って目があった時は気絶してしまいそうなくらい恐ろしい気持ちがする、と書いていた。それは、襲われるのが怖いんじゃなくて、熊の目が何の反応も見せないから怖いんだそうだ。狼の目には敵意、飼い犬の目には愛情が見えると信じている人間たちが、ホッキョクグマの眼差しと出遭って、そこに自分の姿が全く映ってないのを見て、愕然とするんだそうだ。からっぽの鏡。人間なんて存在しないに等しい、と言われたようで、それでショックを受ける。そんな眼差しに一度出遭ってみたいと思うこともあったよ。でも君はあきらかに人間を見ている。そのせいで君が不幸にならないといいんだけれど。」’
「北極を想う日」 (p.186)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:24 AM | コメント (0)

June 01, 2011

親の毒 親の呪縛

syukishida110601mj.jpg
『親の毒 親の呪縛』 岸田 秀× 原田 純 著 (大和書房、2006)

____ 問題のない親子関係なんてない。子供を傷つけたことがない親なんていない。いま、親子関係に悩み、苦しんでいる人へ。親から逃げ出したいと思っている人へ。親から精神的虐待を受けてきた当事者同士が心の軌跡と脱却への道を、ありのままに語る。 ____
内容(「BOOK」データベースより)

岸田秀氏の本は新刊がでるたびに読んでいた。
いつごろからか、興味をなくしてしまっていた。
いや、本当は覚えている。書店平積みで手にしたとき、母親から「そんなの読むの、やめなさい」と叱責を受けた(皮肉)。
『親の毒 親の呪縛』 岸田 秀× 原田 純 著の書評をネットで検索してみたら、
臨床の現場にいらっしゃる方からも敬遠されているよう。。。

生き苦しさの答えをもとめて読了。
親から与えられた‘物語’に、自分の‘物語’を上書き保存することが課題だった。
といっても、すべての人間に文才があるわけじゃないし、
語るべき‘言葉’すら持たないひともいるはずだ。
私の‘言葉’で申し上げると、親子関係は社会の縮図(本書の企画意図に反するけれど)。
戦後、高度経済成長という名の幻想に洗脳された親は、こどもたちの「右肩上がりの人生」に期待していた。
戦後が終わっていないと気づいた今、絶望していない日本人がいたら不思議なくらい、と私はおもいます。

対談の原田純氏の激白がおもしろく、「私もこんな破天荒な思春期を暴走できてたらな」と共感できた。
人間関係を‘支配’と‘被支配’にとらえてしまうところもおなじです。
父親を‘強姦’しようとこころみたくだりに笑い、こころが苦しくなりました。

投稿者 orangepeel : 09:29 PM | コメント (0)

May 29, 2011

Your bookshelves

bookshelves110529mj01.jpg

bookshelves110529mj02.jpg

bookshelves110529mj03.jpg

bookshelves110529mj04.jpg

bookshelves110529mj05.jpg

bookshelves110529mj06.jpg

bookshelves110529mj07.jpg

bookshelves110529mj08.jpg

bookshelves110529mj09.jpg
“Your bookshelves” from guardian via camdenlockbooks (jason burley) on twitter

mybookshelf110529mj01.jpg

mybookshelf110529mj02.jpg
“my bookshelf ” © orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:59 AM | コメント (0)

May 23, 2011

Books from 1960s Czechoslovakia

czechoslovakia110523mj01.jpg

czechoslovakia110523mj02.jpg

czechoslovakia110523mj03.jpg

czechoslovakia110523mj04.jpg

czechoslovakia110523mj05.jpg

czechoslovakia110523mj06.jpg

czechoslovakia110523mj07.jpg

czechoslovakia110523mj08.jpg

czechoslovakia110523mj09.jpg
from Oliver Tomas via designrelated (design:related) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:33 AM | コメント (0)

The Fallout Shelter for the Nuclear Family

shelters110523mj01.jpg

shelters110523mj02.jpg

shelters110523mj03.jpg

shelters110523mj04.jpg
from The dsign observer group via designrelated (design:related) on twitter

"Better Homes & Bunkers: The Fallout Shelter for the Nuclear Family," back to the 1950s/60s.

投稿者 orangepeel : 07:16 AM | コメント (0)

May 21, 2011

JAMES NACHTWEY

inuotaguchi110521mj.jpg

© 2006, Inuo Taguchi (田口犬男) © Translation: 2006, William I. Elliott and Kazuo Kawamura

from Poetry International Web via PoetryVerve (Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:46 AM | コメント (0)

THE BELOVED

williamgibson110521mj.jpg

from

投稿者 orangepeel : 07:29 AM | コメント (0)

May 20, 2011

47

eecummings110520mj.jpg
© e.e.cummings

e.e.cummings 《Poems 1923-1954》

HARCOURT, BRACE & WORLD, INC. ・ NEW YORK

投稿者 orangepeel : 04:53 PM | コメント (0)

May 15, 2011

Writers and Kitties

kitty110515mj01.jpg
No one could make Charles Bukowski smile like his kitty.

kitty110515mj02.jpg
William S. Burroughs and kitties. The kitties woke him up.

kitty110515mj03.jpg
Bernard Malamud and kitty hidden by the bookshelves.

kitty110515mj04.jpg
Françoise Sagan and her kitty hard at work.

kitty110515mj05.jpg
Joyce Carol Oates and kitty, who is posing?

kitty110515mj06.jpg
Alberto Moravia and kitty, gatto(y).

kitty110515mj07.jpg
William Carlos Williams, as proper as always, holding a couple of kitties.

kitty110515mj08.jpg
Jean-Paul Sartre and his existentialist kitty,

kitty110515mj09.jpg
Albert Camus and his kitty, les étrangers.

kitty110515mj10.jpg
Sylvia Plath, her brother Warren, and their kitty enjoying their childhood.

from Writers and Kitties via GreatDismal (William Gibson) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:33 PM | コメント (0)

May 12, 2011

Federico García Lorca

The Guitar
by Federico García Lorca
translated by Cola Franzen


“The weeping of the guitar
begins.
The goblets of dawn
are smashed.
The weeping of the guitar
begins.
Useless
to silence it.
Impossible
to silence it.
It weeps monotonously
as water weeps
as the wind weeps
over snowfields.
Impossible
to silence it.
It weeps for distant
things.
Hot southern sands
yearning for white camellias.
Weeps arrow without target
evening without morning
and the first dead bird
on the branch.
Oh, guitar!
Heart mortally wounded
by five swords.”

from POETS.org via @PoetryVerve (Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

May 09, 2011

日本の川・世界の川

kawaosirujiten110509mj.jpg
『川を知る事典―日本の川・世界の川』 鈴木 理生著(日本実業出版社刊、2003)

___ 北海道・東北の川の名前に始まる「カワ」の考察は、日本人の川に対する意識、川にまつわる歴史・文化などを経て、地球上の川を巡って、そこに住む人々との関わりへと深まっていく。都市史研究の第一人者が壮大なスケールで綴る、“川と人間”の有様。 ___
内容(「BOOK」データベースより)

チェルノブイリ原発事故を上回る放射能汚染があった。

今年はじめに買った川好き・暗渠好き必読の一冊、鈴木理生 著『川を知る事典-日本の川・世界の川』(日本実業出版社、2003)のp.226「北極海の汚染」シベリア川に関する記述にある。東西冷戦が終わるまで34年間、所在が明らかにされなかったロシア核秘密都市。 核弾頭用プルトニウム生産工場の原子炉がある秘密基地である。
ロシア、オビ川の支流、トム川流域の都市「トムスク7」では、30年間、3500万立方mもの放射性原液を地中に注入していた。周辺一帯は奇妙な静けさに支配されていた。1000年もたてば放射能も減衰するだろう、という見解だった。
シベリアとウラルの間に流れるエニセイ川流域の都市「クラスノヤルスク26」の放射能総量は、チェルノブイリの1億キューリを上回る1億2千キューリという。「秘密都市につけられたナンバーをみただけでも、そうした施設は半端ではないことが察せられる」(『川を知る事典』、p.228)

鈴木理生氏は『川を知る事典-日本の川・世界の川』で、東西冷戦終結以前のロシア核秘密基地について、
「さらにこの問題は、川(水)の毛細血管現象と放射能汚染が無関係であるのか」としめくくっています。

投稿者 orangepeel : 10:04 AM | コメント (0)

April 23, 2011

SOMETHING COOL

somethingcool110423mj01.jpg

somethingcool110423mj02.jpg
SOMETHING COOL by Kuroda, Iri 表紙写真:清水俊彦

          *
PREFACE

 ‘詩人とは, たまたま, 言語の世界で仕事をはじめてしまった発明家のことである. 発明家というこの奇妙なレトルトについて, 僕たちは特に語ることができるものはほとんど無い. それは, それだけのものである. 詩人という存在がそれだけのものであるように.
 こういうことは, 詩人とセイルスマンとは同じであるというようなことについて言っているのではない.

          *

 ‘アンドレ・ブルトンは「発明家とは新しい効用を創造する者のことである」と言ったが, 詩人とは言語の新しい効用を発明する人間のことであることは確かであると思いたい.

          *

 ‘真の発明家がつねにそうであるように. 詩人もまた「ゼロ」から出発する. しかし発明家は, 鉛筆の頭に1センチほどのゴムをつけることによって巨万の富を得ることもあるが, 詩人の発明はつねに「ゼロ」から「ゼロ」えと循環してしまうということは面白いドラマだ.’
-北園克衛

          *

黒田維理 詩集
SOMETHING COOL
(1953〜1958)
如月出版 刊, 2007

本書は、1958年12月1日にオニオン書房から発行された
「詩集・SOMETHING COOL」を復刻したものです。

投稿者 orangepeel : 08:57 PM | コメント (0)

March 27, 2011

Housei Hahakigi

hh110327mj01.JPG

hh110327mj02.JPG

hh110327mj03.JPG
© orangepeel

詩集『40人』の装丁をさせていただいた精神科医・詩人 神谷和弘氏から一ヶ月ほど前にお知らせいただいていた、
精神科医・作家 帚木蓬生氏の講演会「私の医療小説」に行ってまいりました。

≪いま、白血病と闘っている作家が語る
生きるとは何か、人間とは≫

精神科医としての臨床経験から国際的な視点で書かれた数々の小説の創作裏話を、
ユーモアをまじえた語り口でお話されました。
また、作品ですでに放射線物質への警鐘を鳴らしていらっしゃるように、
いま世界にせまっている核の危機を直接うかがうことができ、貴重な時間を過ごすことができました。

この場をお借りして、
帚木蓬生様、
情報をくださった神谷和弘様、
帚木蓬生氏の小説をすすめてくださった岡崎武志様に
こころより感謝申し上げます。

投稿者 orangepeel : 06:16 PM | コメント (0)

March 26, 2011

Robin In Flight

Let's imagine for a second that the robin

is not a contained entity moving at speed

through space, but that it is a living change,

unmaking and remaking itself over and over

by sheer unconscious will, and that

if we were to slow down the film enough

we would see a flying ball of chaos,

flicking particles like Othello counters,

air turning to beak in front just as tail transforms to air behind,

a living being flinging its changes at a still universe.

This would require infinite alignments. Each molecule

privy to the code of its possible settings,

the capacity of a blade of grass to become

the shadow of a falling apple by pure force

of the tree's instinct. Every speck of world with the potential

to become stone, dog's breath, light twisted through glass,

filth under fingernails, the skin's bend at the bullet's

nudge the moment before impact,

the thought of a robin in flight,

the thought of the thought of a robin in flight.


“Robin In Flight” by Paul Adrian

from guardian via PoetryVerve(Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:15 PM | コメント (0)

March 25, 2011

Before


CARL ADAMSHICK “BEFORE”

from poets.org via PoetryVerve(Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:47 AM | コメント (0)

March 23, 2011

Where the mind is without fear

tagore110323mj.jpg
RABINDRANATH TAGORE "Where the mind is without fear"

from gratefulness.org via PoetryVerve(Poet • Poem • Poetry) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:42 AM | コメント (2)

March 22, 2011

ジョゼフ・コーネル―箱の中のユートピア

jc110322mj.jpg
『ジョゼフ・コーネル  箱の中のユートピア』デボラ・ソロモン著, 林寿美, 太田泰人, 近藤学 訳(白水社刊)

‘・・・彼は時代の評価には無頓着。我関せずの孤高の市井の人間は資料あさりにマンハッタンの古書店を彷徨(ほうこう)する夢想の毎日を日記に綴(つづ)るだけで、自分の業績や作品が理解されることさえ恐れる。
・・・失意のどん底で悪夢の芸術家コーネルを慰めるのは、「天文台」と呼ぶ彼の家の台所から夜空の星を数える時間だ。自らの存在をあたかも天に属する者と定め、あの世での不死を信じ、自分がこの世から失(な)くなるのをただ待つだけの禁欲の男が僕の脳裏に浮かび上がってくる。’
「成功が苦悩だった禁欲の人生」 [評者]横尾忠則(美術家)

投稿者 orangepeel : 10:57 PM | コメント (0)

from The New Yorker

fny110322mj.gif
illustration:Christoph Niemann

from The New Yorker via NewYorker (The New Yorker) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:29 AM | コメント (0)

March 21, 2011

Colors

colors110321mj01.jpg

colors110321mj02.jpg

colors110321mj03.jpg

colors110321mj04.jpg

colors110321mj05.jpg

colors110321mj06.jpg

colors110321mj07.jpg

colors110321mj08.jpg

colors110321mj09.jpg

colors110321mj10.jpg
© Benetton

“Colors”, 1992
Editorial Director : Oliviero Toscani
Editor-in-Chief : Tibor Kalman
Illustration(3,5,6) : Maira Kalman

投稿者 orangepeel : 12:27 PM | コメント (0)

Vladimir Nabokov

nabokov110321mj01.jpg
Speak, Memory: An Autobiography Revisited
By Vladimir Nabokov

nabokov110321mj02.jpg
Ada or Ardor: A Family Chronicle
By Vladimir Nabokov

from STRAND CURATED COLLECTION Maira Kalman's Picks
via strandbookstore(Strand Book Store) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:38 AM | コメント (0)

March 18, 2011

ephemera / Insel-Almanach

insel110318mj01.jpg

insel110318mj02.jpg

insel110318mj03.jpg

insel110318mj04.jpg

insel110318mj05.jpg

insel110318mj06.jpg
© ephemera collection of orangepeel

The books : “Insel-Bücherei

投稿者 orangepeel : 09:14 PM | コメント (0)

March 16, 2011

Ame ni mo Makezu

amenimomakezuinjapanese.jpg
amenimomakezuinenglish.jpg
“雨ニモマケズ- not losing to the rain” written by Kenji Miyazawa

‘Miyazawa chose to write the poem using katakana. This is stylistically odd from a modern perspective, as katakana is nowadays (usually) only used in Japanese writing to denote foreign words. However, at the time, katakana rather than hiragana was the preferred syllabary. The limited use of kanji might be viewed as a move to make his poem more accessible to the rural folk of northern Japan with whom he spent his life, or perhaps as similar to American poet E. E. Cummings's style in using primarily lower case’

from “Ame ni mo Makezu” via PoetryVerve (Poet • Poem • Poetry) via HRMsuzuki (hiromi suzuki) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:06 AM | コメント (0)

March 14, 2011

神谷和弘詩集 『40人』 report

40110314mj01.jpg

40110314mj02.jpg

40110314mj03.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

こちらで内容をみることができます。

自作を説明するのは無粋ですけれども、装丁イラストレーションは手元に集まった‘ephemera’を素材にしております。
蝶の標本カードから切り抜いたものに「1」という数字が入っておりますが、『40人』を手にした読者、41人目を表現したものです。
帯にかかっている人物のシルエットは、はずすと戦士があらわれます。
「希望の太陽(回復)を目指し、荷物(病)を背負って、膨張した月(偏見)の
明かりの中、厳しい暗い山道を我慢強く歩いていく姿は、本書の内容そのものだと思います」
という言葉を編集部からいただきました。

投稿者 orangepeel : 10:18 PM | コメント (0)

March 13, 2011

March 11, 2011

A Salute to the Empty Page

ruskindiary110311mj.jpg

ruskinblank110311mj.jpg
Diary entry made by John Ruskin (1819–1900) after his 1878 breakdown. Bequest of Helen Gill Viljoen, 1974.

from The Morgan Library & Museum via The Diary blog via MorganLibrary (The Morgan) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:04 AM | コメント (0)

March 10, 2011

The F.Scott Fitzgeralds designed by Coralie Bickford-Smith

fitzgerald110310mj01.jpg
fitzgerald110310mj02.jpg
fitzgerald110310mj03.jpg
fitzgerald110310mj04.jpg
fitzgerald110310mj05.jpg
fitzgerald110310mj06.jpg
fitzgerald110310mj07.jpg
fitzgerald110310mj08.jpg
from PenguinBooks March 10, 2011 via PenguinBooks (PenguinBooksUK) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:56 AM | コメント (0)

March 06, 2011

Closed Ward

closedwardmj.jpg
『閉鎖病棟』 帚木蓬生 著(新潮社刊)

神谷和弘氏のご友人であり、岡崎武志氏から‘文學的感興をえられる’とおすすめいただいた、帚木蓬生氏 著『閉鎖病棟』を読了。
(なんだか、すごい名前がならんでるなあ...とりいそぎ、偶然のご縁を感謝いたします!)

‘とある精神科病棟。重い過去を引きずり、家族や世間から疎まれ遠ざけられながらも、明るく生きようとする患者たち。その日常を破ったのは、ある殺人事件だった…。彼を犯行へと駆り立てたものは何か?その理由を知る者たちは―。現役精神科医の作者が、病院の内部を患者の視点から描く。淡々としつつ優しさに溢れる語り口、感涙を誘う結末が絶賛を浴びた。山本周五郎賞受賞作’
内容(「BOOK」データベースより)

作品には、殺人を犯し死刑を宣告されたひとも登場する。
私はこのごろ素人ながらにかんがえていた。刑務所は、罪人を隔離する場所ではなく罪を購うところ。
精神病院は、病人を幽閉するところではなく治療をおこなうところ。
どちらも、生きている人間がそこに存在するかぎり神聖な場所である、と。
小説『閉鎖病棟』には、精神の病だけではなく重い過去や社会自体の問題を背負ったひとびとが自然にえがかれている。
それは、閉鎖された病棟だけの物語ではないのだ。

‘ ___ あなたは、まだ通院しておられますか。
 検事と違って歯切れの良い、よく通る声だった。
「はい、二週間に一回」
 ___ 自分のどういうところが病気だと思いますか。
 どこかで聞いた質問だと思った。一度でなく、十回も二十回も、いやこの三十年間ひっきりなしに受けた質問だった。
 退院する前、主治医も同じような質問をした。チュウさんはどう答えていいか分からず、黙った。顔を見合わせたまま、何分間か過ぎた。すると、「それでいいと。大丈夫、きっとうまくやっていける」と、新川医師は笑い、ぽんと肩を叩いたのだ。’
『閉鎖病棟』 (p.347)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 12:24 PM | コメント (2)

March 05, 2011

ephemera / Librairie Hakusuisha

paulv110305mj01.jpg

paulv110305mj03.jpg

paulv110305mj07.jpg

paulv110305mj04.jpg

paulv110305mj05.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Collection Singes-Verts
“Paul Valéry
TROIS DISCOURS”
Notes par Kazuo Watanebé

Hakusuisha(白水社), 1945

投稿者 orangepeel : 08:44 AM | コメント (0)

March 04, 2011

Famous Writers' Small Writing Sheds and Huts

shed110304mj01.jpg

shed110304mj02.jpg
Roald Dahl's writing hut, The Gipsy House.

shed110304mj03.jpg

shed110304mj04.jpg
George Bernard Shaw's writing hut, "London".

shed110304mj05.jpg
The inside of Dylan Thomas' writing hut.

shed110304mj06.jpg
The inside of Henry David Thoreau's cabin at Walden Pond.

shed110304mj07.jpg

shed110304mj08.jpg
Michael Pollan's writing hut.

from re-nest via CrownPublishing on twitter

投稿者 orangepeel : 07:06 AM | コメント (0)

March 03, 2011

ephemera / Insel-Bücherei

insel110303mj01.jpg

insel110303mj02.jpg

insel110303mj03.jpg

insel110303mj04.jpg

insel110303mj08.jpg

insel110303mj05.jpg

insel110303mj06.jpg

insel110303mj07.jpg
© ephemera collection of orangepeel

The books : “Insel-Bücherei
more Verlagssignete des Insel-Verlages

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

March 02, 2011

Making the Mini Modern Classics


Making the Mini Modern Classics

PenguinDigital via PenguinBooks (PenguinBooksUK) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

チロ

chiro110302mj.jpg
『愛しのチロ』 荒木経惟 著(平凡社刊)

きょうは、アラーキーこと荒木経惟氏の愛猫・チロの一周忌。

‘ 写真は、撮ったものが永遠になる一方、忘れさせてもくれる。
撮ることで、悲しみをあいまいなものにしている。
カメラって、気持ちをだます機械じゃない?’
「アラーキー 愛猫チロを語る『愛する者を失うということ』」
from asahi.com(朝日新聞社) via heibonshatoday(平凡社) on twitter

写真やデザインなどのヴィジュル・アートは、
音楽とおなじように‘ことば’という垣根をこえたコミュニケーションだとおもう。
たましいを永遠にする。

私事で恐縮ですが、きょうは、父と祖父の命日。

投稿者 orangepeel : 04:42 PM | コメント (0)

March 01, 2011

MR. SALESMAN

man110301mj01.jpg

man110301mj02.jpg

man110301mj03.jpg

man110301mj04.jpg

man110301mj05.jpg

man110301mj06.jpg

man110301mj07.jpg

man110301mj08.jpg

man110301mj09.jpg

man110301mj10.jpg

“MR. SALESMAN”
A BOOK EDITED BY DIANE KEATON
PUBLISHED BY TWIN PALMS PUBLISHERS

The photographs are copyright 1993
Petrified Films, Inc., New York City
a motion picture and photographic archive.
Text is copyright Diane Keaton 1993.
This edition is copyright
Twin Palms Publishers 1993.

*******

(上の画像は、orangepeelがカメラ撮影によりトリミングして掲載したものです。予め御了承下さい。
限定4000部なので入手困難かもしれませんが、素晴らしい写真集なので、ぜひお手にとってご覧頂ければ幸いです)

春一番が吹いたとおもったら、週明けは冷たい雨、霙。
あたたかかった週末には、春キャベツの幻臭がしたけれど
いま、ふと、灯油ストーブの幻臭がした。

こどものころ、日曜日の晩には、憂うつな《working week》のはじまりを払拭したくて
灯油ストーブをたいた父親の部屋に妹とおしかけてトランプをした。
なぜか父親を「オゾン」とあだ名して、「次はオゾンの番だよ!」などとはしゃぐ声が、
家中にそらぞらしく(苦笑)響いていたにちがいない.....


ダイアン・キートンは女優としてだけではなく、ウッディ・アレン監督映画『マンハッタン』(1979)のヒロインのように、
ジャーナリストとしても知られている。
おなじく、ウッディ・アレン監督映画『アニー・ホール』(1977)での衣装(自前!)の着こなしにあこがれると同時に、
ビザール、かつジャーナリスティックなスティル写真集を編集しているダイアンをとても尊敬している。

“MR. SALESMAN” は、第二次大戦後の産業フィルム制作にかかわった、
Jamison Handy (ジャミソン・ハンディ)のスティル・フォト集である。
ダイアン・キートンは手にした100枚のふるい写真から、かつて両親のドアをノックする
家庭用ブラシのセールスマンの、長い顔をしたかなしいシルエットをおもいだす。
彼女の父はセールスマンではなかったが、ある日、スパイをおもいたって
父親を寝室の隙間からのぞいてみる。
あたたかい午後の光のなかでコインを縞模様のキャンディの包み紙に
ゆっくりとかきあつめ、だいじにだいじに引き出しにしまっていた。
生活費と住宅ローンのなかからきりつめたものだ。

インダストリアル・フォトグラファー、ジャミソン・ハンディは、
もともと1904年夏季オリンピックで米国を銅メダルに導いた水泳コーチである。
戦時中は軍のために、7000本もの訓練フィルムを制作したが、ほとんど利益はなかった。
時間を浪費するのみで、ポケットマネーをたのしむ余裕などなかったのである。

投稿者 orangepeel : 11:33 AM | コメント (0)

February 28, 2011

神谷和弘詩集 『40人』 report

40mj110216.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)


紀伊國屋書店・新宿本店にて“輝く!星和書店フェア” 2月28日(月)〜4月3日(日)。
同じく5F心理・人文フロアに現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)あります!

投稿者 orangepeel : 10:13 PM | コメント (0)

February 21, 2011

emptiness

gendaishisou110221mj.jpg
『現代思想 2011年2月号』特集ーうつ病新論 (青土社 刊)

過労死が問題になったことがある。
そもそも、死にいたるほどの「体力的な疲労」というものがあるのだろうか。
寝る間を惜しんで働いても、達成感や高評価がなければ、報われないだろう。
去年の夏に購入して枕元においたままの、キルケゴール『死に至る病』
(高校生のときリポートにしたっけ)をまだ読んでいなかったことを思い出した。
死に至る病とは、‘絶望’だ。

ところで、「多忙」と「ヒマ」のどちらがつらいか、
ひとそれぞれのとらえかたがあるけれども、
「ヒマ」には、‘怠惰’という罪責感がつきまとう。

創造は、病み=闇からなる。
健常人(あるいは自身の病にきづかないひとびと)は、情けと憐れみをもって尊大に嘲笑するのだが、
デーモニッシュなむなしさが文化をつくるのだとおもう今日このごろ。。。(以下、引用)


‘・・・フォルトルムという人が『修道僧のアセディアから不安・うつへ___悪徳から病理への変転に関する哲学的史論』という本を書いています。そこで彼はこのアセディアという概念の倫理的側面を強調しています。さらに、アセディアが長い歴史の中で「うつ」と「不安」医学概念へとだんだん変化していったのではないか、そしてもう一つ、アセディアは、メランコリーとして医学化される一方で、伏流水として地下を流れて十八世紀のある時期に「ロマン派的な憂うつ」として再び文化の表舞台に出てきたのではないか、と書いています。何かに熱心になり、そこからフッと離れてしまうという意味でのアセディアが、ある種のロマン派的な憂うつというものになって、文化の中に一つの花を咲かせた、という流れがあるのですね’
『現代思想』 2011年2月号
「うつ」 の味 精神科医療と噛みしめがいの薄れた 「憂うつ」 について / 鈴木國文
(p.79)

‘・・・スヴェンセンは『退屈の小さな哲学』の中で次のように書いています。「カントは、ごく普通の人間は、欲求とそれを満足させることだけで生きているのに対し、教養ある人間は常に新しい喜びを追求するあまり退屈に追いやられる、と考え.....キルケゴールは、退屈の感情は洗練された人間を構成する要素と考えていた」と。不安とか憂うつが退屈という形になって現れた時期と、憂うつが文化の前面に出る時期とは重なっている、ということですね。このあたりのことがうつ病概念を考えるには大事なことだと思います’
「うつ」 の味 精神科医療と噛みしめがいの薄れた 「憂うつ」 について / 鈴木國文
(p.80)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40mj110216.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

●書評家・著述家 岡崎武志氏のブログ okatakeの日記 に紹介いただいております。
 
岡崎様、お忙しいところ、どうもありがとうございます!

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (2)

February 18, 2011

Baisers volés

stolenkisses110218mj01.jpg

stolenkisses110218mj02.jpg
from my bookshelf

Domunique Auzel
“TRUFFAUT”
Les Mille et une Nuit Américaines
(p.94〜95)

© Henri Veyirer _ 1990


Baisers volés (Stolen Kisses) scene

投稿者 orangepeel : 05:35 PM | コメント (0)

February 16, 2011

神谷和弘詩集 『40人』 report

40mj110216.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

___ ・・・今は暗闇の中に閉じ込められていたとしても、希望(エスペランサ)こそが最後で最良の薬であることだけは決して忘れることのないように、申し添えたい。チリの33人にとってそうであったように。___
神谷和弘詩集『40人』 あとがきより

こちらで内容をみることができます。

kamiyakazuhiro40 yomiuri 110216.JPG
本日(2月16日)付、読売新聞朝刊一面サンヤツ広告です。

投稿者 orangepeel : 06:53 PM | コメント (0)

Leo Lionni

leolionni110216mj01.jpg

leolionni110216mj02.jpg

leolionni110216mj03.jpg
Cover design by Leo Lionni

“poems
by
Wallece Stevens”
Selected, and with an Introduction, by Samuel French Morse

published by VINTAGE BOOKS, 1961


more book covers by LEO LIONNI

投稿者 orangepeel : 08:48 AM | コメント (0)

February 11, 2011

e.e.cummings

eecummings110211mj01.jpg

eecummings110211mj02.jpg

eecummings110211mj03.jpg
THE PENGUIN BOOKS POETS

e.e.cummings
selected poems
1923〜1958

published in PENGUIN BOOKS, 1963


more covers of Penguin Poetry

投稿者 orangepeel : 11:12 AM | コメント (0)

February 10, 2011

George Giusti

georgegiusti110210mj01.jpg

georgegiusti110210mj02.jpg

georgegiusti110210mj03.jpg
COVER DESIGN BY GEORGE GIUSTI

“Asylums
Essays on the social situation of mental patients and other inmates”
ERVING GOFFMAN

published by A DOUBLEDAY ANCHOR BOOK, 1961


more book covers by GEORGE GIUSTI

投稿者 orangepeel : 08:13 AM | コメント (2)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40110210mj.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

___ 「わたしはどうすればいいの。23歳のみそらでアルバイトもできない。なぜ? わたしはどうすればいいの。時々わけのわからない恐怖に襲われる。あれはなんなの。世界の底が抜ける・・・」精神の病を患う人の心の世界には、途方もない苦悩、悲しみ、憤り、恐怖、いらだちが渦巻いています。しかし、それは、患者でない人の世界から遠く離れたものではありません。あなたもいつ招かれるかもしれない隣り合わせの世界なのです。精神科医であり詩人である著者が、自然に溢れ出たものを書きつづった40人の心の叫び。___
星和書店HPより

◇◆◇

こちらで内容をみることができます。

投稿者 orangepeel : 07:14 AM | コメント (0)

February 09, 2011

神谷和弘詩集 『40人』 report

40peoplupmj01.jpg

40peoplupmj02.jpg

40peoplupmj03.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

カヴァーには、キャンバスのようなテクスチャの凹凸に、
かすかな光を放つシルク加工をほどこしてあります。
紙の書籍ならではのマチエールにこだわらせていただきました。
印刷は、太陽堂成晃社

このような機会をあたえてくださった、神谷和弘様、
星和書店 I社長様、企画 O様、制作 T様、
そして、当ブログをのぞいてくださる皆様に
こころより、感謝申し上げます。


◇◆◇

こちらで内容をみることができます。

投稿者 orangepeel : 10:20 AM | コメント (0)

February 08, 2011

from the new yorker 110208

fny110208mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 03:01 PM | コメント (0)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40peoplemj04.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

◇◆◇

こちらで内容をみることができます。

投稿者 orangepeel : 10:15 AM | コメント (0)

February 04, 2011

ソーシャルネットワークの現在

eureka110204mj.bmp
ユリイカ 2011年2月号』(青土社 刊)

いつのまにか誰かにfacebookのアカウントを作成されていることを知った。
もし、facebookでワタシをみつけられても、それはワタシではありません。ご了承くださいませ。

実名登録が基本のfacebookは、業界においては電話帳がわりにつかわれているそうだが、
当ブログ microjournal をはじめたのは仕事のため(生存していくため)で、
すでに10年ちかく、ぞんぶん実名(メールアドレス、電話番号まで!)さらしてます。

映画『ソーシャルネットワーク』は、まだ観ていない。
WASP主体ハーヴァードの中で、「ナード」であったザッカーバーグが
facebookを立ち上げ成功していくという、まさにハリウッド製アメリカン・ドリーム物語だそうだ。

ところで、閉塞感のあるmixi(とっくの昔にやめてしまった)の活用方法に混乱したとき、
『ユリイカ』で作法を教わったけれども、
昨年末頃からおそるおそるtwitterに足を踏み入れてみて、またまた紙媒体である
『ユリイカ 2011年2月号』特集*ソーシャルネットワークの現在にて勉強中のアイロニー。
ワールドワイドな情報交換の場であると思っていたtwitterで、
なんだか、鎖国日本をみせつけられたような気がしたからだ。
‘ネットワーク’という名目の囲い込みに、自分自身がとりこまれている?

しかし、前向きにとらえよう。

‘・・・「変らない想像力」を追っていたはずの個々人だが、その過程で生じる技術と情報との相互作用を経て、生活様式も、想像力も、二〇年前とは全く異なる地平に到達しつつあることであった。実際、ふと眼差しを時代の先端に向けると、政府と個人、あるいは、企業と個人といったこれまで対等なコミュニケーションが困難であった非対称な主体の間で、フェアなコミュニケーションが生じている。それに応じて、産業と、その主たる担い手も変わりつつあることに気がつくことができるはずである。
(中略)
 本質的には、私たちにできることは、情報化と向き合って試行錯誤のなかで慣れ親しみ、必死にその意味を読み解き、何らかの選択を行うことだけである。既得権益の解体を伴うガバメントからガバナンスへの移行には高いコストと、手強い抵抗勢力の存在も垣間見える。それでも、情報化の意味に気づいた人々は、静かに「革命」に向けて歩み始めた。’
『ユリイカ』 2011年2月号
西田亮介 「情報と想像力の狭間に生きる『私』たち」 p.140〜141

傲慢なモノ言いをおゆるしください。
あらためて考えてみる。
世界の中心は、私である。
なぜなら、「私」という主体からでしか、世界を見ることができないから。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

February 02, 2011

from the new yorker 110202

fny110202mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:38 PM | コメント (0)

January 30, 2011

Paris! Paris!

parisparis110130mj01.jpg

parisparis110130mj02.jpg

parisparis110130mj03.jpg

parisparis110130mj04.jpg

parisparis110130mj05.jpg

parisparis110130mj06.jpg

parisparis110130mj07.jpg
from my bookshelf

by IRWIN SHAW
and RONALD SEARLE
“Paris! Paris!”

published by NEW ENGLISH LIBRARY, 1978


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:21 AM | コメント (0)

January 28, 2011

J.D. Salinger

jdsalinger110128mj.jpg
from National Public Radio via this isn't happiness.

J.D. Salinger: A Life
By Kenneth Slawenski
Random House

-------------------------------
サリンジャー氏の新書簡見つかる 社交的な一面も

 【ロンドン共同】小説「ライ麦畑でつかまえて」で世界的に知られ、昨年1月に91歳で死去した米作家J・D・サリンジャー氏が友人に宛てた未公開の書簡が新たに見つかり、バス旅行に参加して他のツアー客と会話を楽しんだり、劇場に行ったりする社交的な一面が明らかになった。AP通信などが27日、書簡を研究した英国の学者の話として伝えた。 ・・・・・・・

2011/01/28 10:05 【共同通信】
-------------------------------
from 47news via 47news on twitter

投稿者 orangepeel : 10:52 AM | コメント (0)

January 27, 2011

Irish poetry


Irish poetry - Seamus Heaney reads a short translation

Seamus Heaney reads a short translation from early Irish nineteenth century poetry.
From the The Penguin Book of Irish Poetry available September 30th 2010.

via PenguinBooks on twitter

投稿者 orangepeel : 11:45 AM | コメント (2)

COVER WORKS BY BEN SHAHN 

benshahn110127mj03.jpg

benshahn110127mj04.jpg
© COVER DRAWING BY BEN SHAHN

“American Poetry and Poetics”
Edited by Daniel G. Hoffman

published by ANCHOR BOOKS, 1962

benshahn110127mj01.jpg

benshahn110127mj02.jpg
© COVER ILUSTRATION BY BEN SHAHN 

SAUL BELLOW
“To Jerusalem and Back ”

published in PENGUIN BOOKS, 1976


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:08 AM | コメント (0)

January 26, 2011

Småtrollen och den stora översvämningen

suomi110126mj01.jpg

suomi110126mj02.jpg

suomi110126mj03.jpg

suomi110126mj04.jpg

suomi110126mj05.jpg

suomi110126mj06.jpg

suomi110126mj07.jpg

suomi110126mj08.jpg

suomi110126mj09.jpg

suomi110126mj10.jpg

suomi110126mj11.jpg
© orangepeel, January 26, 2011

‘「気をつけて。雪はつめたいのよ!」
 ママが声をかけました。
 ところが、ムーミントロールは、両手ですくいあげようとして、それが雪ではなくてアイスクリームだということに気づきました。足の下できしきしとくずれるみどり色の草は、こまかいつぶの、ねじり砂糖でできています。野原のあちらこちらで、色とりどりの小川が、ふつふつと小さな声でつぶやきながら、黄色の砂の上を流れています。
 「みどり色のレモネードだ!」’

『小さなトロールと大きな洪水』 トーべ=ヤンソン/作・絵 冨原眞弓/訳 (講談社 刊, 1999) p.38

‘「おいしくてあたたかいおかゆの池はありませんか?」
と、たずねました。
「きのどくだが、そういうものはないんだよ。ホイップクリームやマーマレードの池ならあるんだがね。」’

『小さなトロールと大きな洪水』 p.64

‘しばらくいくうちに、水がひいたばかりの草のあいだに、なにか光るものがよこたわっているのを見つけました。
「ぜったいダイヤモンドだ!」’

『小さなトロールと大きな洪水』 p.100


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

January 25, 2011

それぞれの東京

kawamoto110125mj01.jpg

kawamoto110125mj02.jpg

kawamoto110125mj03.jpg

kawamoto110125mj04.jpg

kawamoto110125mj05.jpg

kawamoto110125mj06.jpg

kawamoto110125mj07.jpg
『それぞれの東京-昭和の町に生きた作家たち』 川本三郎 著 (淡交社 刊, 2011)

川本三郎 講演会
2011年1月25日:三省堂書店 神保町本店・8階 特設会場

上は会場にてサインをいただいた新刊『それぞれの東京』。

以下、走り書きしたメモをメモ。

●川本氏は、東京をテーマにした本を10冊以上だしている。

●1980年ころから、都市論が盛んになった。

●かつては、「東京砂漠」という言葉にあるように、地方vs.東京という視点で語られた。

●奥野建男が文学の中の風景を論じた。原っぱから東京をみる。

●「ぴあ」やインターネットがない大学生のころ、川本氏は映画館を漂流した。映画館が街の入り口だった。

●週刊朝日の記者時代、東京漂流記を書いたのが、きっかけ。山谷を取材。

●氏は、渋谷の参宮橋出身。かつて、代々木山谷とよばれたところ。古い町名は、小学校・交差点・交番に残っている。

●東京は、きのう愛したものが、きょうはなくなっている、‘普請中’の町。
 関東大震災〜東京オリンピック〜バブル、と、つねに街はかわっている。

●世界の大都市、パリ・ニューヨーク・ロンドンなどとちがって、100年以上のビルはない。

●永井荷風は、西洋留学中にあたらしいものより古いものに目をむけた。
 “文明とは、古くさいことをいうのだ” (!)

●普請中の町に住んでいる東京人は、ノスタルジー、はかなさを大事にしている。
 きのうまであったものに寄せる愛情。

●うしろを振り返ることを非生産的というが、「単なるノスタルジー」のどこが悪い?!

●あたらしいビルの、むこうの風景を見る。表層で街をおもしろがるのはよくない。

●近過去は学問にならないが、在野の人間が、(個人・町・書物・映画を通して)歴史ではなく小さな記憶を記録する。

●ロンドンやニューヨークのひとは、東京の冬は空が青いと驚く。

●高峰秀子の映画や荷風の絵に、荒川放水路の「四つ木橋」がえがかれている。現在、その木の橋は残っていない。

●なんでもない「橋」をえがく。橋⇔物語(ハードウエア⇔ソフトウエア)。ハードウエアのソフト化。

●スカイツリーの場所は、東武鉄道の車両基地だった。町名は、請地。

●町は、物語の一部となって、ゆたかな記憶となっていく。見えないものを見る努力。
 ノスタルジーだけでは語れないなにか。東京人の故郷を想う気持ち。

e.t.c.... あとは『それぞれの東京』を熟読します!

ちょこっと感想:
そういえば、川本三郎氏は、メイ・サートンの取材や、
ジョン・チーバーの翻訳などもされていることを思い出した。
東京(という、ちいさな記憶/物語)を‘世界’から俯瞰している。

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (2)

January 24, 2011

PENGUIN BOOKS

penguin110124mj.jpg

penguindecades110124mj.jpg
Penguin Decades

via PenguinBooks on twitter

投稿者 orangepeel : 10:25 PM | コメント (0)

Franco Grignani

penguin110124mj01.jpg

penguin110124mj02.jpg

penguin110124mj03.jpg
PENGUIN BOOKS
ar. F.Grignani
ad. D.Pelham

PUBBLICITA' IN ITALIA
ADVERTISING IN ITALY
PUBLICITE' EN ITALIE
WERBUNG IN ITALIEN
1969
1970

Editoria (p.142-p.143)


more PENGUIN BOOKS covers by Franco Grignani

投稿者 orangepeel : 08:22 AM | コメント (0)

January 21, 2011

ephemera / Ben Shahn

benashahn110121mj01.jpg

benashahn110121mj02.jpg
COVER DESIGN BY BEN SHAHN  © ephemera collection of orangepeel


“HEGEL:
TEXTS AND COMMENTARY”
Translated and edited by Walter Kaufmann

published by A DOUBLEDAY ANCHOR BOOK, 1966


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:56 AM | コメント (0)

January 20, 2011

Seventy Poems

updike110120mj01.jpg

updike110120mj02.jpg

updike110120mj03.jpg

updike110120mj04.jpg

updike110120mj05.jpg

updike110120mj06.jpg

updike110120mj07.jpg

updike110120mj08.jpg

updike110120mj09.jpg
from my bookshelf © John Updike

Published in Penguin Books 1972

=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:44 AM | コメント (2)

January 15, 2011

詩人・黒田維理が愛した詩人・北園克衛と画家たち

kuroda_kitasono110114mj.jpg
© orangepeel

横浜・せんたあ画廊詩人・黒田維理が愛した詩人・北園克衛と画家たち展』にうかがい、
装丁のお仕事などのお打ち合わせをかねて、如月出版社長・K氏とはじめてお会いしました。
熱い‘出版人’という方で、おもわず鞄に持参した自作の詩&コラージュ・ファイルを広げてしまいました。
あの『VOU』、北園克衛と黒田維理の書簡などが展示されている前で!

まずは、本業イラストレーションに研鑽いたします。

黒田維理詩集『SOMETHING COOL』と『ナポリ フラッグ』を頂戴いたしました。
K様。こころより、感謝申し上げます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 orangepeel : 01:14 AM | コメント (0)

January 14, 2011

from the new yorker 110114

fny110114mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:04 AM | コメント (0)

January 13, 2011

黒田維理

kisaragi110113mj.jpg
黒田維理作品集 『ナポリ フラッグ』 如月出版HPより

詩人・黒田 維理が愛した詩人・北園 克衛と画家たち展
2011年1月8日(土)〜21日(金) 横浜・せんたあ画廊

如月出版様より、
絵本『ビッグピッグとなかまたち』え おはなし: ほんだ まきこ をお贈りいただきました。
こころより感謝申し上げます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

‘脳梗塞で倒れた父親を励まそうと東京芸術大美術学部彫刻科を卒業後、
絵や彫刻の創作を続ける美術家、本田眞紀子さんが書き下ろした心温まる絵本(英文入り)です’

《Post-hospital stroke care 'needs to improve'》from BBC News
via GraceMaxwell on twitter

投稿者 orangepeel : 10:05 AM | コメント (0)

January 12, 2011

ephemera / Katsue Kitasono

kitasono110112mj01.jpg

kitasono110112mj02.jpg

kitasono110112mj03.jpg

kitasono110112mj04.jpg
design: Katsue Kitasono © ephemera collection of orangepeel

Book covers for Ellery Queen
Published 1976 in Japan by HAYAKAWA PUBLISHING, INC.

These were left at trash corner in my apartment.

投稿者 orangepeel : 01:37 AM | コメント (0)

January 10, 2011

Afternoon tea @ Muswell Hill

ldj110110mj01.jpg

ldj110110mj02.jpg

ldj110110mj03.jpg

ldj110110mj04.jpg

ldj110110mj05.jpg

ldj110110mj06.jpg

ldj110110mj07.jpg

ldj110110mj08.jpg

ldj110110mj09.jpg

ldj110110mj10.jpg

ldj110110mj11.jpg

ldj110110mj12.jpg

ldj110110mj13.jpg

ldj110110mj14.jpg

ldj110110mj15.jpg

ldj110110mj16.jpg

ldj110110mj17.jpg

ldj110110mj18.jpg

ldj110110mj19.jpg

ldj110110mj20.jpg

ldj110110mj21.jpg
© orangepeel

渚十吾さん邸に、お茶におよばれしました。
Yokoさんの豪華なお菓子が沢山テーブルに用意されていて大喜び!
苺の味とかおりが春を先取り、ありがとうございます。

鈴木慶一氏&渚さんプロデュース、渡辺美奈代のアルバムを聴かせていただきました。凝った音のつくり。
AKBは、ここからの流れなのですね(って、最近のアイドルをよく存じ上げないのですが:笑)。
自分はアイドルになれないけれど、アイドルをビジュアルから曲まですべてプロデュースするのが
こどものころの夢だったのですが(なんておこがましい!)、渚さんは、現実にやってらっしゃった。

ほとんど聴いたことがなかった近藤マッチさんのアルバムも。
芸能界の裏話をちょこっとうかがい。。。
TVの向こう側の世界しか知らなかったワタシです。

渚さま、Yokoさま、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

January 07, 2011

空と森と

santatsu110107mj.jpg

散歩の達人』1月号は、所沢・東村山特集。
「ぎょうざの満州」がでてきました。
えいはちさんのえいはち@十二社の行動にコメントをお邪魔させていただいておりますが、
「満州」の餃子は、うんざりするほど食べておりました。

でも、いま、食べたい!おいしいのです!

「山田うどん」もなつかしい。学校の給食によくありました(これも、うんざりするほど:笑)。
しかし、コシがあっておいしい!笹塚駅にもあったような気がしますが、いつのまにかなくなった?

投稿者 orangepeel : 10:28 PM | コメント (2)

December 28, 2010

Blizzard Cartoons

bizzardcartoons01.jpg
By Opie Everett, January 13, 1962.

bizzardcartoons02.jpg
By Whitney Darrow, Jr., January 13, 1968.

bizzardcartoons03.jpg
By Donald Reilly, February 4, 1974.

bizzardcartoons04.jpg
By Robert Weber, February 18, 1974.

bizzardcartoons05.jpg
By Anthony Taber, January 12, 1981.

from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:39 AM | コメント (0)

December 27, 2010

もうひとつの知

church101227mj01.jpg

church101227mj02.jpg

church101227mj03.jpg
『ロシア建築案内』リシャット・ムラギルディン 著・写真(TOTO出版 刊,2002)より

上から
プレオブラジェンスカヤ教会・1714年, キージ島 (p.225)
スパース=プレオブラジェーニエ聖堂・1374年, ノヴゴロド (p.265)
ボリスとグレーブ教会・1535年, ノヴゴロド(p.268)

ロシア正教会建築をあつめてみました。
とくに、クギをいっさい使っていない木造,Kizhi Pogostに萌える。

御茶ノ水ニコライ堂は、東欧というより西洋的。
設計ジョサイア・コンドルの英国趣味が色濃くでているような気がします。

「教会は、禁酒法時代の‘ガソリン・スタンド’」と家族がうまいこと言うので感心しましたが、
アメリカでは、ワインなしでミサを行なうために、おいしいグレープ・ジュース “ウエルチ” が誕生したのでした。

gendaishiso201012mj.jpg

《神様私にお与えください
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えていく勇気を
そして二つのものを見分ける賢さを》
ラインホールド・ニーバーによる「平安の祈り」(1943年)

ゆっくり読みつつある、先月発行の青土社『現代思想』12月号は、
“特集・・・新しい依存症のかたち_「回復」へのプログラム”。
精神医学・心理学・社会学から宗教学におよんださまざまな視点からの分析が興味深いです。

アルコール依存症は、ICD-10DSM-IV-TRとほぼ同内容)によって診断される精神障害のひとつだそうです。
『現代思想』のなかで、なだいなだ氏が潜在的な依存症者を46年前から予想していましたが、

‘柳田國男は「酒飲ののみやうの変遷」(1962年『改造』掲載)の中で、かつては特別なハレの日のためつくりためられ共同で飲まれていた貴重な酒が、工業製品として無制限に飲めるようになって一人飲みや安い酒のがぶ飲みといった飲み方が生まれたことをとりあげ、日本社会の変化とどう関連するかを考察している’
『現代思想』 2010年12月号
葛西賢太 「もう一つの知」 p.169

‘病気について、医師によって外部からうまくとらえることはできない知が存在するのだ。アルコール依存症の場合は、アルコール依存症という病気の体験や、この病気からの回復の体験などが、これに相当するであろう’
「もう一つの知」 p.163

カトリック教会の告解のような“AA”という存在は、米国のチェーホフとも評される、
レイモンド・カーヴァーの短篇小説や詩を理解するなかで知りました。

 ‘クリストファ・マッキルロイの短篇小説『すべての私の親戚たち』_ちなみに、このタイトルは本書全体のタイトルとしても使えるものだ_の中で、牧場主のジャック・オールデンバーグは、ミルトンに向かって話す。彼はミルトンの自己破壊的な飲酒を案じているのだ。「どこかに線を引くようにするといい。正しく生きるというのは簡単なことじゃない・・・正しい道というのは常に明白だ。なのに俺たちはそれを、うまく見えなくしちまおうと全力を尽くしている」’

「私の親戚たち」序文 p.247 
『英雄を謳うまい』 レイモンド・カーヴァー 著 / 村上春樹 訳 (中央公論新社刊, 2002) より

もうひとりの知、ブローティガン

 ‘わたしは泥酔していた。熱帯の雨嵐のごとく、ウィスキーがわたしの知性を鈍らせていた。ぐしょ濡れの狼たちがわたしの頭の中で戯れていた。’

「煮続けてきた」 p.136
『東京モンタナ急行』 リチャード・ブローティガン著 / 藤本和子訳 (晶文社刊, 初版1982)より

投稿者 orangepeel : 06:56 PM | コメント (0)

December 26, 2010

Les Mariés de la Tour Eiffel

jean101226mj01.jpg

jean101226mj02.jpg

jean101226mj03.jpg
from my bookshelf © Jean Cocteau

ジャン・コクトー『エッフェル塔の花嫁花婿』 堀口大學訳(求龍堂刊, 1979)より

‘大そうじ’ならぬ‘大ちらかし’の果てにでてきた。
古代ギリシャ悲劇とクリスマス・パントマイムを合体させたシュールレアルなバレエ戯曲。
コクトーの友人でもあった堀口大學、晩年の新訳版であることがわかる。 my treasure


Jean Cocteau

投稿者 orangepeel : 07:11 PM | コメント (0)

December 06, 2010

from the new yorker 101206

fny101206mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 04:35 PM | コメント (0)

December 04, 2010

X L V

eecummings 101204mj.jpg
© e.e.cummings

e.e.cummings 《Poems 1923-1954》

HARCOURT, BRACE & WORLD, INC. ・ NEW YORK

投稿者 orangepeel : 09:07 PM | コメント (0)

November 29, 2010

from the new yorker 101129

fny101129mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

November 27, 2010

secret fountain #02


movie by leosophia (orangepeel & chocochips)
撮影日:2010年11月25日 @general pond , setagaya-ku , tokyo

都立松沢病院のひろい敷地内には、原野のおもむきのある樹木の吐息と
鳥たちのさえずりだけがひびく森閑とした泉がひそやかに佇んでいる。
都内をながれる目黒川(および、支流北沢川)源流域としての興味もあり、
季節のうつりかわりを定点観測している。

精神科入院患者作業療法の地との立て看板があるが、
たまたまノラ猫たちにごはんをあげていた東京都職員の方にうかがったら、
現在は都で管理しており、ときどき業者に手入れをたのんでいるとのこと。
以前、星和書店刊『松沢病院 院長日記』を読んでいたら、石原都知事になったとたん、
医療に直接関係しないところには予算を出さなくなった、というような内容があったけれども、
それが功を奏して(と言っていいものかどうか)整備の不完全な、
さまざまな時代を生きた秘境に、こころがさまよう。

さて、関東大震災前後、松沢病院での作業療法の一環として、
通称‘将軍池’の造成にかかわった蘆原将軍とは、どのような人物だったのか。
『種村季弘のラビリントス  アナクロニズム』 種村季弘 著(青土社刊, 1979 )によると、
現代の精神医学でいえば、蘆原金次郎の病名は統合失調症であったらしいが、
数々の奇行・迷言・珍言でマスコミをにぎわす有名人だった。


general101127mj.jpg


 ‘以来六十年間、彼はたえず新聞種になる。新聞記者がネタがなくなると巣鴨病院に御託宣を伺いにいくのである。そのたびにツボにはまった意見が飛び出してくるのだから、やめられない。一面の政界記事を三面まで裏返し、こっぴどく笑いのめしていたも同然であった。新聞社のインタビューに応えるためか、将軍は特別待遇で松沢病院第二病棟の九畳敷の一室を独占し、そこに紙製の軍旗七ッ、正装軍装一着、山高帽子、シルクハット、軍扇、サーベル、大礼服の鳥毛帽子などを得々として並べていた。新聞雑誌類の閲覧も多少特別待遇だったのであろう。軍縮問題などを論じさせても、相当の通なのである。
 「内閣改造問題の将来を尋ねると将軍曰く 『政党は太政官制を布き、若し命令に叛く奴があったら他国に流罪にせよ、研究会の青木や近衛は食糧係にすればよい』
 軍備縮小に就て将軍の意見は『飛行機が発達すれば大砲をやめる丈だ、それから欧州の政局は豪傑張りの佛国と女張りの英国とが印度のシンガポールを取りつこする云々』」(「時事新報」大正十五年五月二十八日)’

『種村季弘のラビリントス  アナクロニズム』 「蘆原将軍考 - 序にかえて」 p.11〜12

 ‘天神太陽(orangepeel 注:自分を「神」と名乗っていた患者、インテリの元判事)ほどの神学を持たなかった蘆原将軍は、奇行の理由を訊ねられると、ただ頭から湯気を立ててどなりつける一方であった。さっぱりわけがわからない。同時にそこが大衆の好奇心を惹きつけて彼を大スターにしたのだろう。小利口に辻褄の合うものは馬脚を現わしもするが、蒙昧なものは『モルグ街の殺人』のオラン・ウータンのように理性よりはるかに足が速い。闇の塊りのようなものが全速力で疾走しているとあれば、どうしても野次馬が群がってくる。蘆原将軍ほどの巨大な闇に包まれると、明治以降の近代政治も、闇のなかでそこだけ照明を受けたような、一場のファースと化して見えたに違いない。ついでながら私には、幸徳秋水や北一輝を躍起になって追いかける近代政治学の学徒が、どうして蘆原将軍を一顧だにしないのか、気がしれない。彼はたしかに低級な存在だが、世には低級なものを通してしか現れない真実もあるのである。’

「蘆原将軍考 - 序にかえて」 p.17〜18

 ‘非常識によって誤れる常識を匡す、などといえば語るに落ちる。ただこういうことは言えるだろう。大礼服を着て威張りくさった、大真面目な元勲の一人が、一度でも蘆原将軍のように物笑いの種になるような演技を堂々と開陳して、自己戯画化、自己聖化の嘲笑をあえてしていたならば、つまり自己相対化においてすら力強い存在であることを公開していたならば、そこに確実に何かが生まれていただろうということである。あらゆる相対化に耐える絶対、すなわち文化が。非芸術、非文化、要するに玩具箱をぶちまけたような極彩色のガラクタの、それがそれだけでしかないような下等な自明さがかすかに発しているロマンチシズムを私はこよなく愛する。この下賎なロマンチシズムのヴェクトル線上に結ばれる焦点が文化であるのでなければ、文化とはそもそも何であろうか。’

「蘆原将軍考 - 序にかえて」 p.19

ところで、蘆原将軍は、なぜ<将軍>なのか。

 ‘ 「アノ金次郎さんヶ、アギャ利こうな人は御座らなんだ」
 と七十歳のかつての花嫁は「いればのない口をモグモグさせて」とんきょうな声を上げたという(昭和十二年一月二十一日付報知新聞)。
 「金さんが二十歳位の時空の星を指さしてあぎゃやがてわしを将軍様として迎へに来らっしゃる星ぢゃと教へてくらしゃった」’

「再説・蘆原将軍考 または< 兄貴、一寸待って呉れ> ということ」(あとがきにかえて)p.264


general101127mj.jpg


松沢病院の、クリークのなごりの水たまりにうつる空を駆ける、愛すべきトリックスター、蘆原将軍へ。

‘おそるべきものさへもなく
   老いゆきて
     蘆原金次郎はひじりとぞおもふ   茂吉’   

「再説・蘆原将軍考」p.266

投稿者 orangepeel : 12:26 PM | コメント (2)

November 24, 2010

ビックリハウス

昨夜いきなり思い出して、妹にスキャニングをたのんで送ってもらった『ビックリハウス』。
主に、ワタシがアイデアを出し、妹に描かせていたらしい(プロデューサー:笑)。

-落書漫画-
bikkurihouse01b.jpg
入選作は「パンダさんの楽しいゲーム」。自分の笑いの感覚がこのころから進化していないことがわかる。
ちなみに、三木のり平の息子さんで現在二代目『桃屋』ナレーターの小林のり一氏がここの人気投稿者だった。

-筆おろし塾-
bikkurihouse02.jpg
ひさしぶりに見て爆笑した。

‘ミッキー・ラット’という名前で出ています。

bikkurihouse03.jpg
14歳にしては達筆。

‘ブロガー’ならぬ‘ハウザー’であったことを、いま、ここにカミングアウトいたします。

Thanks ! 妹

投稿者 orangepeel : 09:07 AM | コメント (4)

November 15, 2010

from the new yorker 101115

fny101115mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 06:05 PM | コメント (0)

November 08, 2010

from the new yorker 101108

fny101108mj.gif
from The New Yorker

tombachtell101108mj.jpg

tombachtell101108mj02.jpg
illustration : Tom Bachtell

投稿者 orangepeel : 05:38 PM | コメント (0)

November 07, 2010

A-ulí-ulé

nicoorengo101107mj01.jpg

nicoorengo101107mj02.JPG

nicoorengo101107mj03.JPG
Nico Orengo “ A-ulí-ulé ” , Disegni di Bruno Munari

イタリアの詩人・作家 Nico Orengo 詩集 “ A-ulí-ulé ” (Einaudi 刊, 1981,オリジナル版は1972) 。
デザインは、おなじみブルーノ・ムナーリ。

ひと筆描きのイラストレーションが洒脱です。

投稿者 orangepeel : 09:40 AM | コメント (0)

November 04, 2010

book surfing

kazamakan101103mj01.jpg

kazamakan101103mj02.jpg

kazamakan101103mj03.jpg
五木寛之小説全集 『凍河』 (講談社刊, 1980)  
絵:風間完 1974〜75年、朝日新聞連載時のさしえに色をつけた (五木寛之小説全集月報[10])

 ‘転移とは、もともとは精神分析の用語で、自由連想法を重ねていくと、子どものときの重要な人物への感情が治療者に向くことである。ここでは、治療関係の上に生じる、患者の個人的な感情を転移と呼び、転移によって揺すぶられてしまう医師の側の感情を逆転移と呼ぶことにする。
(中略)
 転移の中で、とくに注意が必要なものが恋愛転移である。転移性恋愛では、治療という本来の目的を失し、治療に悪影響を与える。しかし、表面上は症状が消失(これを転移治療という)する場合があるが、転移治療は長くはつづかない。恋愛転移は、医師に服装などの気のゆるみがあったときに生じることがある。また精神療法の場では、積極的に取り上げて、タブー視しないほうがよい。転移性恋愛には早目に対処するのがよい。
(中略)
 若い男性医師が、若い女性の強迫性障害の患者を担当した。その女性患者は、治療の初期からその若い医師に好意をもっていた。症状はその医師が担当するようになってから劇的に改善していった(転移治療)。だんだん恋愛感情が強くなり、あるとき患者は医師に対し思い切って愛情の告白をした。その恋愛の告白に対し、医師は常識的な対応をしたのだが、最後に「あなたが私を好きなのは、ずっと前からわかっていた」と言ってしまった。その言葉を聞いて、患者は怒り出した。「わかっているのならば、なぜもっと早く、この恋愛は実らないと、自分に注意をしてくれなかったのか。いまになっては遅すぎる」と医師を追及した。強迫症状は、以前よりももっと激しい状態で再燃した。恋愛感情は燃え上がってしまったならば、簡単には消えない。初期ならば消火できたのに、というのが患者の気持ちだったのだろう。
 五木寛之の『凍河』という小説は、若い男性の精神科医と精神科の女性患者の恋愛を扱っている。精神科医と患者の恋愛は、小説家にとっても関心を引くテーマの一つかもしれない。筆者は研修医の頃に、患者に対し恋愛感情が生まれたときには主治医を降りるようにと教えられた。ある研修医がそれに反発して、相思相愛になり、結婚すれば問題にならないのではないか、と先輩の医師に質問をした。先輩の医師は「その方法は一生に一回しか使えませんね」と答えたそうである。’

『松沢 臨床精神医学セミナー vol.1』 松下正明 監修 / 岡崎祐士 編著 (日本評論社刊、 2008)
第局堯[彎伽鎖整絣悗虜覗粟
1-8. 精神療法の考え方_____ 臨床精神医学の基本 五味渕隆志
(6) 転移(tranceference) 、逆転移(counter tranceference) p.121〜122より

「その方法は一生に一回しか使えませんね」

近隣住民以外には一般にあまり知られていない、ひろい病院敷地内の森と北沢川(目黒川支流:現在暗渠)源流池のことを調べたくて、
都立図書館から取り寄せた精神科医療専門書を最後まで熟読していたら、まるで小説のワンフレーズのようなことばをみつけ、
さっそく、五木寛之 『凍河』 を読んでみた次第。

全集月報の風間完のさしえのように、ヒロインはもちろんのこと、
グラマラスな副院長、手紙魔の院長の娘など、魅力的な女性が登場する。
とくに、ボリス・ヴィアンやル・クレジオ、マンディアルグが好きな、おませな手紙魔の高校生ナツキ。
院長である父親が戦時中におかした罪を、トルコ嬢(いまでいうソープ嬢)になってあがなおうと
家出をこころみる16歳思春期の突拍子もない行動が痛々しい。
主人公の若い医師は「一生に一度の方法」が成就するわけだが(読まれてない方にはオチを申し訳ございません)、
終りの章から、ナツキが作詞作曲したお祝いの歌<凍った河>を。

‘_____ 風の中を渡ってゆく どこまでもつづく 凍った河 水の流れは見えないけれど 
たしかにこの河の下には 河が流れている いつか春は来るのだろうか
 ひょっとしたら 来ないのかもしれない でも 肌をさす風の中を わたしは渡ってゆく 
凍った河を 氷の下に 見えない流れが動いていることを思いながら _____ ’

五木寛之小説全集 『凍河』 (講談社刊, 1980) p.377

はからずも river surfing 〜 book surfing 〜 river surfing のおもむきです。

投稿者 orangepeel : 07:23 AM | コメント (0)

October 25, 2010

from the new yorker 101025

fnymj101025.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 01:34 PM | コメント (0)

October 22, 2010

Maurice Maeterlinck

maeterlinck101022mj.jpg
“Serres Chaudes” Maurice Maeterlinck

詩集『温室』 モーリス・メーテルランク 著 / 杉本秀太郎 訳 (雪華社刊, 1985) 口絵とびら見開きより。

こどものころ、TVで放映されたフランケンシュタインのモノクローム映画がこわかった。
モンスターがおそろしかったのではない。
墓を暴かれ、人造人間に仕立て上げられ、知性もやさしさもあるのに、その醜さゆえ人々にうとまれ、
最後に世の中に見捨てられて死んでゆく姿に胸がつまって泣いたのだ。

ビクトル・エリセ監督のスペイン映画『ミツバチのささやき』(1973)は、スペイン内戦のなか、
負傷した兵士を少女がかくまう内容だが、象徴的にフランケンシュタインのワンシーンが挿入されていた。
エリセ監督は、タイトルの『ミツバチのささやき』は、モーリス・メーテルリンク(1862 - 1949) の詩集『蜜蜂の生活』からとったといっている。

以前、幼児雑誌に挿絵を描いたことがあるけれど、代表作『青い鳥』のハッピーエンディングとはうらはらに、
メーテルリンクの詩はどこか厭世的でシニカル。


maeterlinck101022mj02.jpg


‘胸のうちの この青い倦怠
月の光が涙をそそぐと
ちっとはましに見えはすれ
気の衰えたわたしの青い夢の風景

室のように青いこの倦怠のなかに
つぼみのほどけぬまま じっとしているのは
みどりも深い総ガラス張りの向こうのほうに
月の光とたくさんの板ガラスに掩われて

それらは丈の高い植物たち
夜の忘却が背丈をいっそう大きくしている
そよともゆるがずに 恋わずらいのように
熱い心の薔薇たちの茂みを見おろして

とてもゆったりと 室には水が湧いている
月光に蜜をまぜながら
永遠の青海原いろのすすり泣きを立てて
単調に 単調に 夢のように ’

「倦怠の室」 / 詩集『温室』 モーリス・メーテルランク 著 / 杉本秀太郎 訳 (p.20〜21)


maeterlinck101022mj02.jpg


 ‘(前略)ところが、詩人というものは、自分で説明をつけることが巧みでないこともよくある。『青いシャボン玉』の中で、メーテルランクはこんなことをいっている____「表題の『温室』は当然、こうでなくてはならなかった。ゲントは園芸の町であり、殊に花弁栽培の町である。外温そのままの室、少しあたたかい室、そして温室、この町にはいろいろそろっているのだから。」ゲントはメーテルランクの生地である。しかも、いずれ彼が見捨て、また彼を見捨てる町である。この説明では、あの思わせ振りな、象徴的な題名の傑作というべき『温室』の由来として、いかにも不足の憾みがある。
 だが、おそらくメーテルランクという人は、自分にかかわることをうまく説明しようなどとは思ったことのない人だった。自分の見つけたもの、見たもの、たしかめたものを前にして、一種の深い当惑をおぼえ、自分の当惑そのものを前にして、さらに重い当惑に陥るこの人には、当惑からすっかり離脱するわでもなく、かといってそこに閉じこめられるでもなく、要するに当惑と仲良く暮らすことしかなかった。部厚く濃密な当惑のなかを宙に浮かび、ただようことに、悦楽と苦悩をおぼえること。これがメーテルランクの生涯保ちつづけた存在の様態だった。『温室』という表題の由来も、あんなふうに説明するのが、当面、穏当に思えたのだろう。私はこういう事情を嘆いているわけではない。詩集『温室』につらなっている三十三篇も、つづく「十五の歌」も、まさにこういう事情が幸いしなかったら決して書かれなかった作品なのだから。そして温室というものがいかにもメーテルランクが自己の存在の様態を仮托するにふさわしいものだったことに驚かざるを得ない。’

訳者あとがき (p.144〜145)




The Man Who Made A Monster - Frankenstein 1931

投稿者 orangepeel : 10:50 PM | コメント (2)

October 20, 2010

Losing Sleep


Edwyn Collins - Losing Sleep
COOKIE SCENE にエドウィン・コリンズのインタビュー があります。



salingerbabycouch101020mj.jpg
J. D. Salinger holding Lillian Ross’s son, Erik.
‘Salinger Snapshots’ from The New Yorker

今年のはじめに J.D. サリンジャーの訃報をきいて、この世からライ麦畑のキャッチャーがいなくなってしまった喪失感よりも、
ニューヨーカーのサイトに公開されたスマートで柔和でエリート然としたジェロームの全身像に、なんとなくとまどった。
それまで、本の口絵や背表紙にあった若いころの顔写真しか出回っておらず、
ウッディ・アレンがつくりあげた強烈なセルフイメージからの偏見で、隠遁生活にはいってしまったユダヤ系の作家に
卑屈で偏屈で被害妄想たっぷりの‘引きこもり’というキャラクターを想像していたから。
サリンジャーは、メディアの眼から逃げて書くことをやめてしまったわけではなく、
むしろ書くことが好きで、発表することを目的とせず飄然と執筆を続けていたという。

そして、‘音楽界のホールデン・コールフィールド’(と勝手に名付けてる)、エドウィン・コリンズの奇跡の復活。
脳出血で倒れ生死の境をさまよったのち、ギターは弾けなくなってしまったけれども、
家族や友人にささえられレコーディングからライヴと、あらたに表現者へと回復していく‘再生’の物語をドキュメンタリーで観て、
やはり、なぜか、とまどい、そして、励まされた。
新譜『Losing Sleep 』は、オレンジ・ジュース時代を彷彿とさせる力強くて瑞々しい音です!
(ちなみに、ワタシのハンドル・ネームというかペンネーム orangepeel は、
エドウィンのかつてのバンド Orange Juice にインスパイアされてます、誰もきいてくれないから何度もいう。ハッ)


ninestoriesmj101020.jpg


 ‘長いことXは、エズミの父の腕時計を箱から取り出すことはおろか、その手紙を下に置くことすらできかねていた。が、いよいよ時計を取り出してみると、それは送られて来る途中でガラスがこわれていた。ほかに故障はないかしらと思ったけれど、ぜんまいを巻いてそれを確かめてみる勇気はなかった。彼は時計を手にしたまま、また長いこと黙って坐っていた。そのうちに、全く思いがけなく、陶然とひきこまれてゆくような快い眠気を覚えた。
 エズミ、本当の眠気を覚える人間はだね、いいか、元のような、あらゆる機_____あらゆるキ___ ノ___ ウがだ、無傷のままの人間に戻る可能性を必ず持っているからね。’

「エズミに捧ぐ_____ 愛と汚辱のうちに」 / 『ナイン・ストーリーズ』 J.D. サリンジャー (野崎孝訳、新潮社刊, © 1974)

投稿者 orangepeel : 05:56 AM | コメント (0)

October 18, 2010

from the new yorker 101018

fnymj101018.gif
from The New Yorker

tombachtell101018mj.jpg
illustration : Tom Bachtell

laurierosenwald101019mj.jpg
illustration : Laurie Rosenwald

投稿者 orangepeel : 03:14 PM | コメント (0)

October 17, 2010

Sylvia Plath

Sylvia_plath101017mj.jpg
Plath in her late 20s from

目の前に図書館ができてから、すっかり頼りっぱなし。
絶版本や一万円以上する専門書も都立図書館などから取り寄せることができるので、
家にいながらにして、ゆっくりたのしむことができるのです。

というわけで、たまってしまった図書館本を返却期日のまえに消化中。
本日は『シルヴィア・プラス詩集』 (吉原幸子 / 皆見昭 訳、 思潮社刊, 1995) 。


Sylvia_Plath_signature101017mj.jpg


‘濡れた朝のインクが、画面を青く塗り変えて行く。
霧の吸取紙を当てられて、木立は
植物学の挿し絵のよう_____
記憶は 年齢に年齢を重ねて育ち、
婚礼の連鎖を作る。

流産も密通も知らず、
人間の女よりも誠実に
木々は楽々と種子を生む!
足を持たない風を味わい、
歴史に腰までひたっている_____

翼に恵まれ、別世界の香りに満ち、
木立はレダのよう。
ああ、木の葉たちと愛しさの母よ、
この嘆き悲しむ者たちは誰?
森鳩の影が歌っている、何も慰めてはくれないで。’

「冬木立」 シルヴィア・プラス / 『シルヴィア・プラス詩集』 (p.138〜139)


Sylvia_Plath_signature101017mj.jpg


ああ、なんだか秋が深まりつつあり淋しいなあ。
週末は、ひさしぶりに The suzukis であつまって、
「‘天才’と‘狂人’は紙一重」って話したりしたんだった。
すっかり大人になって、一瞬、別人?っていぶかしげな顔してしまったけれど、
あたらしい場所・あたらしい職場でもT君らしさを発揮してください(私信:たぶん忙しくてここを見てないでしょうけれど)。




The Smiths - The Boy With The Thorn In His Side

投稿者 orangepeel : 10:41 PM | コメント (0)

October 16, 2010

secret fountain


movie by leosophia (orangepeel & chocochips)
撮影日:2010年10月15日 @general pond

秘境、ふつふつと湧き出る泉です。
生きているんだなあ、という実感!

以下、『松沢 臨床精神医学セミナー vol.1』 松下正明 監修 / 岡崎祐士 編著 (日本評論社刊、 2008)より。

 
 ‘通称「将軍池」は、正式には「加藤山将軍池」というが、関東大震災をはさんで4年間の患者・職員の作業で、大正14年に完成した中央に築山をもつ池である。わが国の精神科作業療法史の代表的な作品であり、現在でも病院を訪れる人々に大きな感動を与えている。
 築山は加藤山というが、これは作業の中心になった加藤普佐次郎医師の名前を採ったものである。加藤普佐次郎医師は、自治医大精神科加藤敏教授の御祖父である。将軍池の将軍は、前記葦原将軍(葦原金次郎)に由来する。氏は作業にも参加したようである。
 現在、池の浚渫や周辺の整備・管理がきわめて不十分にしかなされず、歴史的作品が生かされていない。平成23年度末に予定されている新しい「東京精神科医療センター松沢病院」(仮称)の開設に向けて、将軍池の整備を都に求めているところである。また、将軍池にかぎらず、松沢の自然と歴史的事蹟は、学校教育や社会教育の一環として広く活用されるようにしたいと考えている。’

第吃堯‐沼病院と精神医学・医療の歴史
2. 松沢病院の歴史と自然 「加藤山将軍池」 (p.20)

 ‘周囲にはほとんど人家のない、水田と畑のこの地に病院が移転して、早や90年になる。その間に育った、あるいは植樹されて大きくなった種々の植物は、いま豊かな緑と木陰と季節毎の花を提供しており、また肥沃な土地となっている。この自然は患者さんや訪れる家族には、何よりの慰めと憩いの場となっている。
 小動物も多く、たぬき、うさぎに遭った人々もいる。青大将、殿様カエルなど爬虫類・両生類も豊富であり、トンボや蝶などの種類も多い。新病院建設にあたって、平成18年度に自然環境調査を行なった。もともと敷地内にはクリークが流れていたことからもわかるように、伏流水や地下水も豊富な地層と考えられ、水辺のみられる動植物がたくさん観察された。小型魚類を餌とするアオサギやカワセミなどの水鳥、オオヤマトンボやショウジョウトンボなどの水辺を産卵場とするトンボ類が多かった。また、水辺を繁殖場とし、草地や樹木などで生活するアズマヒキガエルが広い範囲で生息しているのが観察された。
 樹木には、銀杏、欅、赤松、ヒマラヤ杉など、また古木・大木の桜、椿、梅、躑躅など花の咲く木々、名木百選に選定されている多行松(たぎょうしょう)など、多彩な樹木が、高木樹林、水辺林、街路樹的樹林、密集樹林を形成している。
 その林(中には森に近いものもあるが)の中や地面には、アズマネザサやウマノスズクサ、カニクサなどの水辺の植物、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、コゲラ、カワセミなどの小鳥、テングチョウ、ジャコウアゲハ、サトキマダラヒカゲショウジョウトンボ、ニホントカゲ、タカオマルチカクシゾウムシなどが生息している。
 また、敷地内には、縄文時代の狩猟の痕が確認されている。兎などの獲物捕獲の落とし穴が認められるという発掘調査結果であった。水も豊富で、過去には井戸がいくつも掘られていた。将軍池にも自然の湧水があったことが知られている。現在は、堆積物が多く、湧水口が塞がれていると思われる。浚渫してきれいにしたいと考えている。’

第吃堯‐沼病院と精神医学・医療の歴史
2. 松沢病院の歴史と自然 「貴重な自然」 (p.28)

投稿者 orangepeel : 09:50 AM | コメント (0)

October 15, 2010

ephemera / Friedrich Dürrenmatt

Friedrich101015mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel
Friedrich Dürrenmatt ‘Das Bild des Sisyphos’( Arche , © 1952)
Printed in Zürich

Friedrich101015mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel
Friedrich Dürrenmatt ‘Stranitzky und der Nationalheld’( Arche , © 1959)
Printed in Zürich

フリードリッヒ ・デュレンマットは、スイスの作家。
独逸語よめないけれど(無用の長物、まさにエフェメラ)、‘カヴァー買い’。


Friedrich101015mj03.jpg


挿絵もかっこいいのです。

Friedrich101015mj04.jpg

Friedrich101015mj05.jpg

Friedrich101015mj06.jpg

Friedrich101015mj07.jpg

Friedrich101015mj08.jpg

Friedrich101015mj09.jpg

Friedrich101015mj10.jpg

Friedrich101015mj11.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Illustrationen von Rolf Lehmann © 1968

投稿者 orangepeel : 07:28 AM | コメント (0)

October 11, 2010

from the new yorker 101011

fnymj101011.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:50 PM | コメント (0)

October 10, 2010

ephemera / it girls

sewingroom101010mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

LIFE , March 30 ,1970
‘The Day the Dream Factory Woke Up ’ p.33

映画は、背景となる時代をうつしだす衣装も気になるわけです。
パラマウント社の倉庫にはサイレント・ムーヴィー黄金時代のソーイング・ルームが残っていて、
クララ・ボウやメイ・ウエスト、グロリア・スワンソンなど1920s〜1930sの
グラマラスで魅力的な女優たちをかたどったトルソーが息づいています。

まさに‘ドリーム・ファクトリー’。

Photographed by Henry Groskinsky

投稿者 orangepeel : 09:38 PM | コメント (0)

October 04, 2010

六号室

‘1870年代から80年代にかけて、ロシアでは医療面全般で大きな前進が見られた。精神医学も例外ではなく、西欧の科学全般と臨床医学の成果をロシア人医師たちが広く理解していき、その流れの中で初めて、大学での精神医学の地位の確立が可能となった。
 1887年にはモスクワで初めての精神医学学会が開かれ、またその会期中にモロゾヴァが私財をなげうち、50床の精神科病院が開設された。2代目の所長にコルサコフが任命された。コルサコフはロシアの精神医療の改革や研究を大きく前進させた。
 とはいうものの現実には資金不足のため、病院設立は少なく、また衛生状態なども良くなかった。このあたりの実情は、作家チェーホフの小説「6号室」に見事に描かれている。
 医師でもあったチェーホフの眼を通すと、当時の病棟の実態、統合失調症とおぼしき患者の描写、彼に特別な関心を抱きながら、自身がうつ病に陥っていく主人公の医師の変わりよう、周囲から精神異常を疑われていくさま、病気と不道徳との違いについての考察など精確に描かれており、現在でも一読の価値があろう。治療法といえば「頭を冷やす法剤と水薬」しかなく、主人公の医師に「人間が発狂するのを妨げるべきではない」などと言わせているところが興味を引く。さらには終末部で、軍の連帯区司令官や町議会委員、医師などの合議による一種の精神鑑定が主人公に対して行われていることは、注目に値する。’

『精神科治療学』Vol.25 No,5 May 2010 (星和書店 刊)
下中野大人 「ロシアの私立精神科診療所と小精神科病院を訪ねて 〜ロシア精神医療の歴史に言及して〜」(p.134〜135)

 ‘『六号室』というチェーホフの小説がある。イワン・ドミートリイチ・グローモフという、病院の六号室に収容されている精神病の患者とアンドレイ・エフィームイチという医者が登場し、旧制ロシアの田舎の倦怠と腐敗とばかばかしさに二人が悩み、ついに医者もまわりから病気と解釈されてしまい、六号室に強制的に収容されてしまうという筋である。恐ろしい小説で、レーニンも読み終わって恐怖にじっとしていられなかったという。
 この小説がなぜこうも恐ろしいかというと、誰でも、もしかしたら自分が人から気がふれたと誤って解釈され精神病院にいれられるかもしれないと多かれ少なかれ心のどこかで思っているからである。この「誤って解釈される」と思うのは心理的防衛である。じつは、人々が本当に恐れているのは、自分が本当に狂ってしまうことである。
(中略)
 イワン・ドミートリイチ・グローモフは本物の分裂病者である。そうは書いてないが、これほどみごとに分裂病者を描いた小説は他にない。精神分裂病という概念が確立するずっと前に、チェーホフはそれを描き切っている。私は精神科の医師をやって十数年になるが、百年前に書かれたこの決して長くない小説を読み直すたびに恐れ入ってしまう。この小説は今日の精神医療がかかえるほとんどすべての問題をも暗示しきっている。『六号室』は私にとって、二重に恐ろしい小説である。’

『別冊宝島53 精神病を知る本 [狂気と理性]をめぐる あなたのまなざしが変わる!』(JICC出版局 刊, 1992、初版1986)
浅野誠 「チェーホフの『六号室』について 〜自分が狂うかもしれないという名伏しがたい恐怖〜」( p.95 )



chekhov101004mj01.jpg chekhov101004mj02.jpg
「六号室」の載った雑誌 《ロシア思想》
『チェーホフ』新潮世界文学 23 ( 新潮社 刊,1989、初版1969 ) 解説 p.760 より

 ‘病院の裏庭に、生い茂った山ごぼうやいらくさや野生の大麻に囲まれて、小さな別棟が立っている。屋根は赤くさび、煙突は半分くずれ落ち、昇降口の階段は腐って草がはえ、漆喰にいたってはかろうじて名残りをとどめるだけである。建物は正面を本館のほうへ向け、裏側は野原を臨んでいて、その別棟とのあいだを、逆釘をうえた病院の灰色の塀がへだてている。先端を上へ向けたこれらの釘や、塀や、別棟そのものは、わが国では病院や監獄の建物にだけ見られる例の一風変った、陰気な、呪われた外観を呈している’
『六号室』アントン・チェーホフ著 / 池田健太郎訳

冒頭のシーンで、私たちはイラクサの茂る藪を分け入り六号室へといざなわれていきます。

偶然にも、最近大切に熟読している専門誌『精神科治療学』と、つい先日たまたま近所の古書店でみつけた別冊宝島『精神病を知る本』に紹介されていたので、いまさらながらチェーホフ (1860-1904)の小説・戯曲集を図書館でとりよせて読んでみた次第です。
あとがき解説にも、『六号室』を読んだ若いレーニンが「急に恐ろしくなって部屋を飛び出した。まるで自分が六号室に閉じ込められているような気がした」と妹に語ったことが書かれていますが、かなしみで胸がつぶれそうという読了感。

「私は‘こっち側 ’の人間かな、‘あっち側 ’の人間かな」とつぶやいたら、「‘あっち側 ’も‘こっち側 ’もないんじゃない?」と即答されたことがあります。そういえば以前、精神科関係のミーティングに参加したことがあって(メモをとるのは禁止、もちろん内容を口外することもご法度)、テレビや雑誌などメディアを通したものとはちがう、目の前のリアルな生活者たちの告白にうちのめされて顔面蒼白になって帰宅した記憶があるのですが、「いや、自分よりかれらのほうがへヴィーと考えて安心するのはおかしい。いずれも紙一重なんだ」とつよく感想を抱きました。

しかし、茂木健一郎氏が‘狂気は創造の泉’というようなことを書いていたことも思い出したい。

投稿者 orangepeel : 07:30 AM | コメント (2)

October 03, 2010

ephemera / Der Prozeß

kafka101003mj01.jpg

kafka101003mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Franz Kafka ‘Der Prozeß’( Fischer Bücherei , 1963)
Printed in Germany

ジャケ買いならぬ‘カヴァー買い’のフランツ・カフカ 『審判』。
駒場東大ちかくの古書店では、100円均一のペーパーバックを買うことにきめております。
独逸語よめないけれど(無用の長物、まさにエフェメラ)、気に入ったデザインのポスト・カードを選ぶように気分をかるくして。
とびらにポツンとある、出版社 Fischer Bücherei のトレードマークもかわいいです。


kafka101003mj05.jpg


巻末のカフカ、トマス ・マン、ドストエフスキーの既刊案内ページもかっこいい。
(書き込みアリなのは、古本ならではのご愛嬌ということでお許しください)

kafka101003mj03.jpg

kafka101003mj04.jpg
© ephemera collection of orangepeel




Josef K - It's Kinda Funny

投稿者 orangepeel : 08:43 AM | コメント (0)

September 29, 2010

THE GOLDEN AGE OF RAILWAY POSTERS

posters100929mj01.jpg
-HAPPY HOLIDAYS-THE GOLDEN AGE OF RAILWAY POSTERS (p.81)

posters100929mj02.jpg
-HAPPY HOLIDAYS-THE GOLDEN AGE OF RAILWAY POSTERS (p.85)

-HAPPY HOLIDAYS-
THE GOLDEN AGE OF RAILWAY POSTERS
INTRODUCED BY MICHAEL PALIN

First published in Great Britain in 1987 by Pavilion Books Limited

1930s〜1950sは、英国の鉄道ポスター黄金時代。
‘-HAPPY HOLIDAYS- THE GOLDEN AGE OF RAILWAY POSTERS ’ は、
モンティ・パイソンのメンバー、マイケル・ペイリンのコレクション集。
音楽家・著述家 渚十吾氏のブック・コレクションからお借りしています。

ページをめくるごとに、見知らぬ場所や時が車窓からうつろっていくよう。
こころが逸って、「もうすぐエジンバラに到着!」。


Around the World in 80 Days では、マイケル・ペイリンが
ジュール・ヴェルヌ原作『八十日間世界一周』の主人公とおなじルートをたどっています。

投稿者 orangepeel : 07:26 AM | コメント (0)

September 28, 2010

from the new yorker 100928

fnymj100927.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:56 AM | コメント (0)

September 24, 2010

brother sun , sister moon

dictionarychristianitymj100924.jpg
『岩波 キリスト教辞典』 大貫隆、名取四郎、宮本久雄、百瀬文晃 編集 (岩波書店刊、 2002)

書棚からアトランダムに言葉を引いてみた。

たとえば、

‘国木田独歩  1871-1908 小説家、詩人、1981年一番町教会にて植村正久により受洗. 東京専門学校を中退、 その後 94年国民新聞社に入り、 日清戦争の従軍記事が評判となる. 佐々城信子との結婚と離婚を経て、浪漫主義的小説家、詩人として作品を発表した. ワーズワースらの自然観察の文学の影響を受け、『武蔵野』など、自然を人生あるいは運命と関わらせた独自の作風を造る. 『欺かざるの記』(没後刊行の日記)にうかがえるような、大自然・大宇宙に向き合う<我>の内省にたった洞察から、次第に人間内部の相克、社会の矛盾をリアルに描くようになり、自然主義の先駆ともみなされた. その後、作品に『牛肉と馬鈴薯』 『運命論者』などがある. ’
( p.332)

‘グリーン、 G.  Green, Graham  1904-91 イギリスの作家. 20世紀の重要な小説家の中で最も広く読まれてきた一人. しかし作家として認められるのは 4作目の『イスタンブール特急』からである。 結婚したい相手がカトリックだったためもあって、 1926年に自らも改宗した. モダニズムのさきがけであるコンラッドの影響のもとに<追う者>と<追われる者>のパターンを終生求め、それが<娯楽物>の特徴となっている. <本格物>では ジェイムズの影響で、娯楽物のパターンを引きずりながら、それが犯罪と刑罰から、追う者に対する罪と堕地獄へと変容していく. 『ブライトン・ロック』(38) 、『力と栄光』(48) 、『事件の核心』(48) 、それに『情事の終り』(51)の4編は, グリーンのカトリック的で、息を呑むような緊迫感に満ちた重厚な作品であり、 このような作品を書いた作家は皆無である. だが彼は宗教のための護教文学を書いたわけではない. 人間の存在と行為を魂の領域で描くのに、カトリシズムが文学的枠組みを提供したと言うべきだろう. ’
( p.340)

‘『ブラザー・サン シスター・ムーン』 Brother Sun , Sister Moon  1972年にイタリアのF. ゼッフィレッリが監督した劇映画. イタリア国内版と海外版があり、日本では海外版が公開された. アッシジのフランチェスコが始めた教団が法王インノケンティウス3世に認められるまでを牧歌的な明るさで描く. 富裕な商人の息子として青春を謳歌していたフランチェスコは戦争から帰ると、鳥の声に耳を傾け、野の花を慈しむようになり、家を出て俗界と縁を切る. フランチェスコの生き方に共鳴した若者たちが自然とともに暮すさまは 70年代に流行したコミューン運動を反映し、海外版ではドノヴァンのフォーク・ミュージックが時代の気分を盛り上げた. ’
( p.977)

ついでに、不信心ながらニコライ堂で受けた洗礼名の「ソフィア」を引いてみる。

‘ソフィア [ギ] sophia [ロ] sof'ya  ギリシア語で「知恵」の意. 旧約聖書のギリシア語訳(七十七人訳聖書)はヘブライ語のホクマー(hokmah)にこのギリシア語をあてた. 箴言を中心とする知恵文学は早くから「知恵」を天的かつ女性的存在に擬人化して、独特な知恵神話を生み出した. 特に箴 8:22-36は、創世記の冒頭に見るような天地創造神話をすでに前提した上で、万物に先立って神のもとにあって、その創造のわざに参与する「知恵」について語っている. その後、ヘレニズム時代のユダヤ教黙示文学では、同じ知恵神話がさらに変形して、地上の人の子らの間に住まいを求めて到来しながら、それを見出せない「知恵」となっている [ エチ・エノク 42 ].
 新約聖書では、ヨハネ福音書の序文( 1:1-18)の背後にある「ことば(ロゴス)賛歌」と呼ばれる一種の交読文が、さらに変形した知恵神話をうかがわせる. その内容は前述の箴言とエチオピア語エノク書の2つの知恵神話を統合したものとなっている. この賛歌を歌うキリスト者たちにとって、「知恵」は歴史上の存在としてのイエスにほかならなかったから、「知恵」を「ことば(ロゴス)」という男性名詞に置き換えた上で、その受肉について語るのである.
 ヨハネ福音書と相前後してキリスト教の内外に現れるグノーシス主義においては、知恵=ソフィアは超越的な光の世界(プレーローマ)の最下位に位置する女性神である. 彼女は過失を犯して、光の世界の神々の間に大いなる欠乏を引き起こす. すなわち、男性的伴侶の同意のないまま孕んで流産の子(デミウルゴス)を産み落とす. それが悪の世界の造物主、つまり旧約聖書の神ヤハウェにほかならない. 他方、ギリシア教父(ニュッサのグレゴリオスなど)の伝統には、知恵を受肉のキリストと同定した上で、それを目指した動的探求としての愛知(philosophia)の営みが根づいている. ’
( p.701)


光の世界に‘悪’を生みおとした女性神か。かっこいいなあ。
自分のなかの‘デーモン’を探求したい。




Donovan - Brother Sun, Sister Moon [from Franco Zeffirelli's "Brother Sun, Sister Moon"] (1972)

投稿者 orangepeel : 07:16 AM | コメント (0)

September 20, 2010

from the new yorker 100920

fnymj100920.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 03:25 PM | コメント (0)

placebo

placebomj100920a.jpg
『心の潜在力 プラシーボ効果』広瀬弘忠 著(朝日新書、朝日新聞社刊, 2001)

専門誌は少々お値段が張るので機会があるごとに一冊ずつあつめてじっくり読んでいる『精神科治療学』。
仕事柄、広告に自然と目がいって「あ、この製薬会社、イラストつかってるんだ」などの発見があり、
またビジュアル部分だけではなくスペックも熟読していたら‘プラセボ’という言葉がたびたびでてくるので気になったのです。
たとえば「警告 プラセボ対照試験において有効性が確認できなかったとの報告があり・・・」云々。


プラセボ、またはプラシーボとは「偽薬」のことで、Wikipediaによると、

‘偽薬(ぎやく、プラセボ、プラシーボ、placebo)は、本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬の事である。成分としては、少量ではヒトに対してほとんど薬理的影響のないブドウ糖や乳糖が使われる事が多い。Placeboはラテン語で、「私は喜ばせる」の意。

「プラセボ (placebo) 」は、広義には「薬」以外にも、本物の治療のように見せて実質上の治療の機序が含まれないあらゆる治療手段を指すため、厳密にはより広い意味の言葉である。プラセボ手術 (placebo surgery) が行われることすらある。
偽薬は、偽薬効果を期待して処方される事もあるが、本物の薬の治療効果を実験的に明らかにするため、比較対照試験(対照実験)で利用される事が多い(その代表としては二重盲検法がある)。

偽薬を処方する事に対する倫理的な批判もあるため、現在の治験における比較対照試験では、通常、類似薬効薬が用いられる。’

とあります。


そういえば、以前、ニコライ堂のクリスマス礼拝の記事を書いたときに、
ロシア人司教の祝福の言葉「プラシーボ!」に関してコメントをいただいたことをおもいだしまして(2005年12月25日アーカイヴをご参照ください)
すこしくわしく調べてみたくなり、『心の潜在力 プラシーボ効果』を図書館でとりよせてみた次第。

以下、メモ。(注: 《》内はorangepeel による)


fakemj100920.jpg


 ‘これは砂糖ピルだ、と言って医者が患者に渡したプラシーボが、なぜ精神疾患の患者の症状を軽くしたのだろうか。その謎を解く鍵は、医者が患者に対して言った「多くの患者さんは一日三回、毎回一錠ずつ、一週間このピルを飲み続けると症状は改善します。一週間たったらチェックのためにまたおいでください」という言葉にあった。患者にとって薬の原材料は何でもよかった。薬が効いて症状が良くなるという、信頼すべき医者の予言と約束が重要な意味をもっていた。したがって、心のあり方が症状や病態と密接な結びつきをもっている精神疾患の領域で、プラシーボは特に著しい効果をもつ。’

『心の潜在力 プラシーボ効果』 1. プラシーボ効果とは 「種明かしの後でも効果がある」(p.34)

 ‘プラシーボは神経伝達物質であるエンドルフィンを分泌させることがわかってきた。エンドルフィンは、脳の視床下部や下垂体で作られる、モルヒネに似た効果をもつ神経伝達物質である。エンドルフィンは鎮痛作用をもっている。たとえば、中国で、外科手術などに用いられるハリ治療は、ハリを打つことで分泌されるエンドルフィンの鎮痛作用を利用したものだと考えれている。
(中略)
 《イェール大学のハワード・スピロは》プラシーボの本質について次のように語っている。
「医者が発する言葉も、プラシーボです。もし、言葉が健常者を感動させる力をもつのであれば、安心を与えたり励ましたりする言葉は、患者に“いやし”をもたらす可能性をもっているのです。たとえ、その“いやし”のプロセスは、いまだ解明されていないとしてもです。アリストテレスが言っていることですが、詩を読み聞かせて人びとを感動させることができるように、言葉を話すことによって、患者に良い効果をもたらすことのできる医者は、医療を技術的、かつ沈黙の技と心得ている医者よりも、はるかによりよく患者を治療することができるのです。このような言葉を用いた治療は、今日では医療行為の中心から外されています。しかし、もし物語がわたしたちの涙をさそい、映画がわたしたちをぞくぞくさせるほど興奮させることができるのならば、同じ原理で、医者の言葉は、患者が病気からいやされるきっかけをもたらすものとなりうるでしょう」’

2. 人のつながりの中で 「重要なのは人間関係」 (p.39〜41)

‘プラシーボという言葉は、もともとは「喜ばせる」とか「喜びを与える」という意味から、「喜ぶ」あるいは「受け入れられる」「前を歩む」という意味までを含むラテン語である。このプラシーボ ( Placebo )という言葉は、カトリックの教会で二組の聖歌隊が交互に歌う交唱の最初の言葉 「 Placebo Domino in regione vivorum 」(私は生ける者の地で、主の御前を歩き進もう)(詩篇第一一六篇九節 『聖書』日本聖書刊行会)のプラシーボから取られたものだ。カトリック神学校の神父にたずねたところ、このラテン語の一節は、「生ける人びとの間にあって、主は私を心にかけてくださる」という意味でもあるという。さて、このプラシーボという言葉はやがて、カトリックによる葬儀の祈りそのものを意味するようになったといわれている。現在でも日本のカトリック教会では、葬儀の際や晩課でラテン語の発音で「プラチェーボ」で始まる詩編の祈りを、一九六三年のヴァチカン会議の決定を受けて、ラテン語に代えて各国語訳の聖書を用いるようになった。’

3. 劇的な評価の変遷 「おべっか使いのプラシーボ」(p.59〜60)

 ‘星《SF作家の星新一》は次のように話している。
「プラシーボに関連したことなんですけれども、フランスのシラノ・ド・ベルジュラック(一六一九〜五五)というひとは____この人をモデルにしたドラマがありますが____現実に存在した人で、一六五〇年ごろに、SFのはしりみたいなものを書いているんですね、『月と太陽の滑稽譚』のなかで、テープレコーダーは出てくるわ、いろんなものが出てくるんですけど、いちばん面白かったのは、想像力には病気を治す力がある。薬も想像力の助けがないと役に立たん、だから医者を選ばんといかん、と言っているんです。まさにこれ、プラシーボのはしりで、そのころからすでにあったんですね」’

6. 伝統医療のなかで 「プラシーボを積極利用する伝統医療」 (p.143〜144)

 ‘フランスのすぐれた思想家であるモンテーニュ(一九三三〜九二)の代表的著作である『随想録』の中にもプラシーボに関する話がある。モンテーニュは、自分自身の体験や見聞などを『随想録』のいたるところで生き生きと語っている。
「人はいつもあらかじめ心の用意を求めるのだ。何のために医者たちはあのようにすぐにも直してやるような嘘をつき、前もって患者たちの信頼をえようとするのかというと、それは想像の力によって彼らの煎じ薬の無効を補強するためにほかならない。彼らはこの道の或る大先生が、お薬を見ただけでその作用を受けたものが数多くあったと、彼らのために書き残しているのをちゃんと知っているのだ。’

同上 (p.144)

 ‘彼が書いた本のなかでも代表的な一つである『精神分析入門』は、そのときの講義録である。この中でフロイトは、次のように聴衆に語りかけている。
「言葉はもともと魔術でした。言葉は、今日でもむかしの魔力をまだ充分に保存しています。われわれは、言葉の力によって他人をよろこばせることもできれば、また、絶望におとしいれることもできるのです。言葉によって、教師は生徒に自分のもっている知識を伝達することができるし、講演者は満堂の聴衆を感動させ、その判断や決意を左右することもできます。言葉は感動を呼び起こし、人間がたがいに影響し合うための一般的な手段なのです。’

7. 心理療法の核に 「言葉をメスとしてフロイトは」 (p.162)

 ‘宗派を超えて、信仰をもつことが、なぜこのようにはっきりした死亡率の低下となって現れるのだろうか。不思議なことだ。
 この疑問に対する答えを求めて、まず、アウシュビッツを生きのびた心理学者ヴィクトール・フランクルの語るところに耳を傾けよう。
(中略)
「人生から何をわれわれはまだ期待できるかが問題なのではなくて、むしろ人生が何をわれわれから期待しているかが問題なのである」’

8. 奇跡を呼ぶ力 「信じる力は頼れる力」 (p.186〜187)


fakemj100920.jpg


最後の章で著者は、フランス、ピレネー山脈ふもとの聖地「ルルドの泉」にふれています。
1858年、貧しい少女ベルナデット・スピルーが村はずれの洞窟で聖母マリアを見た。
聖母マリアの言葉にしたがって洞窟を手で掘ると泉が湧き出す。
そして、その泉には病気をいやす力がそなわっていると評判をよんだ。
ルルド聖地では、かつて年間6700人ものひとびとが‘奇跡’を体験していたそうですが、
科学(化学)の発達にしたがって、1960年から2000年の40年では、わずか4人の‘奇跡’認定となりました。
最近では、MRIで治癒の真偽を診断しているそうです。

3年ほど前、下北沢の北沢川フィールドワークで世田谷教会のルルドをおとずれたことがありました。
教会坂下のスズナリ横丁のあたりはかつて水路にうるおった田んぼだったとのこと。
何度も書いていますが、道に迷った者・傷をおった者は沢をもとめるといいます。
不信心者ですが、湧水信仰者?として、ルルドの奇跡(プラシーボ効果)を信じたい。

その昔、インドネシア バリ島の湧水池「タンパクシリング」の、ふつふつとわきでる
清冽で豊かな水にいたく感激して僧侶と写真を撮った記憶があります。

家族には「誰にも教えないで!」といわれてますが、こっそり小声で。
新宿からバスで2時間、富士山麓に「忍野八海」という、ひとけのない、アイルランドの寒村を彷彿とさせる
それはそれはうつくしい湧水の秘境があるとのこと。
いつか‘治癒’と‘奇跡’をめぐる旅をしてみたいのです。

投稿者 orangepeel : 05:37 AM | コメント (2)

September 17, 2010

ephemera / DESIGN FOR COMMERCIAL ARTISTS

designforcommercialartistsmj01.jpg

designforcommercialartistsmj02.jpg
4章 ‘LETTERING ’ p.24〜25 © ephemera collection of orangepeel

DESIGN FOR COMMERCIAL ARTISTS
by ROBERT FORMAN
BLANDFORD PRESS Ltd.
First published in 1946
Printed in Great Britain by Strange the Printer Ltd. London and Eastbourne


letteringmj100917.jpg
p.37


手描きの文字をもとめられることがたびたびあるのですが、
じつは‘味’のある字を描くのが苦手。。。

コンピュータのなかった時代の、
デザイナーのための自分フォントづくり指南ページ。
「レタリング」って死語かもしれないけれど、飄逸なところがいいですね。

ロンドン、チョークファームの古書店にて購入。

投稿者 orangepeel : 07:22 AM | コメント (0)

September 16, 2010

ephemera / crawdaddy !

crawdaddy20mj.jpg
CRAWDADDY , issue 20 , 1968 © ephemera collection of orangepeel

crawdaddy21mj.jpg
CRAWDADDY , issue 21 , 1969 © ephemera collection of orangepeel

Rolling Stone誌とならんで米ロック・ジャーナリズムの草分け的雑誌‘CRAWDADDY ! ’。
センター見開きに綴じこまれているバックナンバー注文用の紙片に心をうばわれてしまった。

Art Director : Ken Greenberg


crawdaddymjmokuji.jpg


1966年、大学生だった Paul Williams がインディ・マガジンとして創刊したころは白黒コピーのホッチキス留め?
crawdaddy01mj.jpgcrawdaddy0102mj.jpg
CRAWDADDY ! , issue 01 , 1966 from

投稿者 orangepeel : 06:40 AM | コメント (0)

September 13, 2010

from the new yorker 100913

fnymj100913.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 02:29 PM | コメント (0)

September 11, 2010

FATHERLAND JAMBOREE

fatherlandjamboreemj.jpg
『FATHERLAND JAMBOREE』 ファザーランド・ジャンボリー / 未生 響 (空中線書局 刊, 1999)

お借りしているもので、はじめて「読む」詩人、
というより「眺め」させていただいている、
限定300部のことばのコラージュ詩集。

ことばのひとつひとつが万華鏡の中でくるくると
かたちを変えていくガラスのかけらのように
いろいろなイメージの世界にさそってくれるから。

‘未生 響さんという作家がいる。
空中線書局という、京都にある
気になる本を出している自主出版社から本を
何冊か出されている人だ。
その方の小冊子に、
いや綴じものと言った方がいいだろうか、
「空色の床屋」という物語りがある。
空色の店の話しで、空を映すことの出来る
小さなガラス玉で本が綴じられている。
空色を映したレコード店があれば、すぐ常連だ。’

『空想紅茶』 渚十吾 著 (blues interactions 刊, 2004) 「空色の床屋」より

Thank you very much, J.N !

投稿者 orangepeel : 12:11 AM | コメント (0)

September 06, 2010

from the new yorker 100906

fnymj100906.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 06:17 PM | コメント (0)

September 03, 2010

addiction

seishinkachiryougakumj100902.gif
『精神科治療学』Vol.25 No,5 May 2010 (星和書店 刊)

「今日の精神科臨床で出会うアディクション」という特集タイトルでわかるように、専門用語満載の論文が掲載されている、精神疾患の治療に従事されるお医者様のための雑誌です。あらゆる意味の‘患者’として、興味深く熟読している一冊。

最近では若いやひとや女性にも増えているアルコールやニコチン、薬物依存は身体的な害があるし、覚せい剤やクレプトマニア(盗癖)は犯罪ですが、それらの依存症にはうつ病・統合失調症などの精神疾患が合併していることもあります。根底には孤独感 ・自己肯定感の低さ ・こころから安心できない環境にいた生育歴に起因していて、「チョコレートなどの甘いものがやめられない」シュガー・アディクトですら「甘えたかった」こども時代のネグレクト、あるいは異常なまでの過干渉の裏返しの‘病’なのです。

ところで、インターネット依存は依存症なのか。コレクション自慢(フロイトのいうフェティシズム)、読書依存、映画依存、マンガ依存、旅行依存は‘病’なのか。とくに韓国のネット中毒は200万人に達し、(優秀な人材のひきこもりや自殺による)社会的損失は約8,300億円にもなり、専門の治療施設建設が緊急に計画されているとのことです。

インターネット依存にも、.優奪閥迫型(オンライン・ショッピング、ギャンブル)、⊂霾鷁畭新拭紛迫的なネット・サーフィン)コンピュータ依存型(過剰なコンピュータゲーム使用)、ぅ汽ぅ弌璽札奪ス型(アダルトサイト使用)、ゥンライン人間関係型(オンラインの人間関係にのめりこみすぎる)と、いくつかの型があり、私自身マイクロジャーナリスト・エフェメラリストと称して朝からこうしてブログ中毒症状を発症しており耳が痛いですが、イ離ンライン人間関係型の症例は経過がよかったとのこと。それは、他者から眼差されることをひそかに、しかしつよく(「つよく」は私の見解)欲望しているからではないだろうか、ということでした。

ブログを発射することも、紙きれとハサミとカッターで背中丸めてコラージュ制作に夢中になったり変な散文を書きちらしたりすることも世界とつながるための(おおげさ!)表現のひとつとして考えているのですが、先日読了した『郵便配達夫 シュバルの理想宮』のシュバルのように‘熱中’や‘耽溺’は自己発動力の一端をになっているのではないでしょうか。

投稿者 orangepeel : 08:57 AM | コメント (0)

September 02, 2010

This is ・・・

newyorkmj100901.JPG
This is New York © 1960 by Miroslav Sasek
「夏の 晴れた  日曜日は、 一万人もの  日光浴を 楽しむ  人々が
コニーアイランドに  訪れます」
『ジス・イズ・ニューヨーク』 ミロスラフ・サセック 著 / 松浦弥太郎 訳 (ブルース・インターアクションズ刊, 2004) p.56

sanfrancuscomj100901.JPG
This is San Francisco © 1960 by Miroslav Sasek
「新鮮で 大きな カニが、
フィッシャーマンズ・ワーフの 名物です」
『ジス・イズ・サンフランシスコ』 ミロスラフ・サセック 著 / 松浦弥太郎 訳 (ブルース・インターアクションズ刊, 2004) p.19

irelandmj100901.JPG
This is Ireland © 1964 by Miroslav Sasek
「ギネス・ビールや  ウイスキー、 または コーク・ジンを 愛飲する
70万人の ダブリン市民の ために 700もの パブが 町には  あります」
『ジス・イズ・アイルランド』 ミロスラフ・サセック 著 / 松浦弥太郎 訳 (ブルース・インターアクションズ刊, 2005) p.24

sibuyamj100901.JPG
This is Shibuya © orangepeel
「渋谷区立 こども図書館は  約一万冊の 児童書を  所蔵しています」

すぐ目の前に図書館ができていたことを知って、以前、神田古書店で求めたオリジナル版以外のサセック‘This is ・・・’シリーズをさっそく数冊。

夏休みが終わって、しずかな平日の朝のこども図書館は絵本をゆっくりたのしむことができます。
もちろん、中央図書館から大人の本(へんな本のことではない)や仕事用の資料を取り寄せることもできるので便利。

まだまだ照りつける太陽がきびしい日々、ますます本のなかの旅はつづきそうです。

投稿者 orangepeel : 06:18 AM | コメント (0)

August 30, 2010

from the new yorker 100830

fnymj100830.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 04:15 PM | コメント (0)

池袋系

yaseijidaimj100830.jpg
角川書店「野性時代」1992/5月号 目次

有名作家と一緒にならんでいる自分の名前に「文豪!?」と自己肯定感を高めてみるセラピー。

HMV渋谷閉店に、なぜか渋谷は音楽文化の発信地だったという‘渋谷系’のくくりで報道されていて、
NHKのニュースのBGMがフリッパーズ・ギターだったりする妙。
たしかに、'90年代の私は‘渋谷系’どまんなかでした、
というより、‘渋谷系’といわれる音楽家のひとたちが影響を受けていたとされる
日本ではネオアコとかギター・ポップとよばれていた英国音楽を同時代に聴いていました。

しかし、そのころ西武線沿線に住んでいたので渋谷とは縁がなく、
新宿ならUKエジソンとかディスクユニオン、
それより、学校へは池袋経由、勤め人だったころの勤務先は池袋だったため、
音源蒐集はほとんど池袋西武のWAVEかパルコのオンステージ山野という‘池袋系’でした。

さてさて『野性時代』に書かせていただいたエッセイ「新・東京百景」のテーマは池袋。
こちらでお読みいただけます、なつかしはずかし。

投稿者 orangepeel : 03:33 PM | コメント (0)

August 25, 2010

Rupert Bear


We all stand together by Paul McCartney

‘Videoclip to the song We all stand together by Paul McCartney.
Also known as Rupert and the frog song ’


rupertmj.jpg


Rupert Bear は、英Daily Express紙に1920年から連載されているコミック。
初代キャラクターデザインは、 Mary Tourtel 。

P1010421.JPG

P1010424.JPG

P1010426.JPG

P1010437.JPG
© orangepeel

我が家にも数冊ある Rupert Bear のアニュアル

投稿者 orangepeel : 06:40 AM | コメント (0)

August 23, 2010

from the new yorker 100823

fnymj100823.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 01:24 PM | コメント (0)

August 21, 2010

Palais idéal du facteur Cheval 

Cheval01mj.jpg
Palais idéal du facteur Cheval 

『郵便配達夫シュバルの理想宮』 岡谷公二 著(作品社刊, 1992) 第五章「理想宮案内」とびら見開きより。


『熱中病』というのをごぞんじだろうか。
なにかひとつのことに憑かれると、時間を忘れてひたすら熱中してしまう病である。
熱中症ではない。いま勝手におもいついた造語である。
私もたびたび罹患することがあり「狂ってる・・・」と家族を苦笑させるが、ウイルスは比較的すぐ去っていく。
つまり「熱しやすく冷めやすい」症状、パラノイアというよりはアディクト的傾向が大きい。


郵便配達夫シュバルは違った。

1879年、配達途中に奇妙な石につまづき、石の魅力に取り憑かれたことから宮殿造りをおもいつく。
住まいとしての宮殿というよりはファラオのような、自分と家族のための廟を、建築の知識をまったくもたない一介の公務員が33年の年月をかけてこつこつと造りあげたのだった。職業柄、世界中の旅先からの絵葉書を目にすることで、アルジェリア風というかサラセン風というかヒンズーの寺院やアラビアのモスク、スイスのシャレー、ホワイトハウスにくわえてちょっとエジプト風という奇妙な無国籍的理想宮をめざす。現在は山地であるフランス南部オートリーブは地質がふるく、かわった形の砂岩や礫岩が多く、かつては海だったため貝殻の種類も豊富で材料はいくらでもあった。

シュバルの「廟を自ら創造する」という発想の熱中ぶりに、なんとなく身が縮むおもいをしながら読み終え、シュバルの残した言葉などをメモ。


Cheval03mj.jpg


「私はそれ(=つまづいた石)をとりあげ、ハンカチに包み、気をつけて持ち帰りました。勤務外の時間を利用して、こうした石を集めようと決心して。その時から私にはもう、朝にも晩にも、休むひまがなくなりました。石探しに出かけたからです」

『郵便配達夫シュバルの理想宮』 第二章「単独歩行者の夢」(p.43)

「郵便配達の仕事から離れた時、時間はいくらでも使えるようになった。私はひまを、狩猟や、釣りや、玉突きや、トランプに使うことだってできただろう。気晴らしには事欠かない。私はどんなことより、私の夢の実現の方をえらんだ」

第三章「村の気違い」(p.67)

「死者とはいなくなった人たちではなく、眼に見えない人たちだ」
「死ぬ人間は、別の半球の空に一層輝いてのぼる沈む太陽だ」

同上(p.71)

 キリスト教においては蛇は、エデンの園においてイヴを誘惑して智慧の実を食べさせた蛇に見られるように、ほとんど常に罪と悪の象徴である。それゆえキリスト教の図像の中では、しばしば十字架の根元に蛇が描かれ、聖母がその足で蛇の頭を踏みつけているのだ。
 理想宮においても蛇は到るところに姿を見せている。
(中略)
このような頻出は、蛇がシュバルにとって、自身意識しない、或る深いなにものかを意味する存在だったことを示している。蛇は、理想宮にあっても廟にあっても。原罪や悪でなく、生、或いは性そのものを象徴しているように思われる。少なくとも墓碑の左右の蛇は、明らかにキリスト教とは無関係であり、シュバルの中の異教の、もう一つの証左である。

第四章「終わりなき静寂と休息の墓」(p.105)

 左半分を占めるのはオークの大木だ。上部がモスクのミナレットになっている二本の柱と、それらをつなぐ三角の頂部に鳥をいただく切妻形とが作り出す枠の中一杯にこの大木が繁っている。そしてそのうろからは「ときには小鳥が、ときには蛇が、またときにはリスが姿を現す」(ノート)。
 ここになぜオークの大木を作ったかについて、シュバルは何も語っていない。しかしギリシア人にとっても、ローマ人にとっても、ケルト人にとってもこの木は聖樹であった。シュバルは、ギリシア・ローマの神話にはほとんど何の関心も示していないので、彼にこの木を造形させた動機の中にケルトの記憶を認めていいかもしれない。

第五章「理想宮案内」(p.156〜157)

「私は死だ、私は残酷だ、
私はたえず鎌でなぎ払う、
永遠になぎ払うであろう」

「この地上をわれわれは影のように通りすぎる。
塵から生まれて
われわれはそこへ戻るのだ」

「人間よ心せよ
汝は塵でしかない」

「人生は嵐続きの大海だ
生まれたばかりの子供から
死にゆく老人まで」

「目的なき人生は幻想である」

「慈悲深い守護神が
私を虚無から救い出してくれた」

第七章「三人の大無意識家」(p.236〜237)


Cheval05mj.jpg


シュバルの没後、理想宮がアンドレ・ブルトンの目にとまらなかったら、シュールレアリスム建築(あるいはアウトサイダーアートの傑作)として、仏政府により国の重要建造物に指定され、修復が行われて、現在も世界中のひとびとに注目されることはなかっただろう。


そこで、ふとおもいだしたのは(唐突だが)『岩窟ホテル』である。
埼玉県に吉見百穴という古墳時代の墳墓跡があり、これ自体、コロボックルの住居だったとかのうわさがあった珍景なのだが、
明治から大正初期にかけて、そのちかくの崖に高橋峯吉という農民が鑿と鶴嘴を手に宮殿造りをこころみた。
1934年発行絵葉書をみるとなかなか魅力的なホテルである。

数年前におとずれたときは、すっかり崩れ果てていて、かろうじてバルコニーらしき手摺がみられた。
残念であるが、じっさい峯吉は農作業の合間の虚無を埋めたかっただけなのかもしれない。
『岩窟ホテル』という名前も、まわりの人間の「岩窟掘ってる」と変人あつかいした言葉がなまったものだという、とぼけたエピソードとしてきいている。

gankutsuhotelmj100821.jpg
岩窟ホテル(1934年発行絵葉書) from

投稿者 orangepeel : 11:02 AM | コメント (2)

August 09, 2010

from the new yorker 100809

fnymj100809.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 02:00 PM | コメント (0)

August 07, 2010

L'ecume des jours #51

P1010377.JPG

P1010372.JPG
© orangepeel

とろけそうな土曜日の午後のチョコレートサンデー@甘味喫茶 皐月。
図書館でとりおきしてもらった『郵便配達夫 シュヴァルの理想宮』を受けとった帰り。

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (2)

August 02, 2010

from the new yorker 100802

fnymj100802.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:06 PM | コメント (0)

August 01, 2010

あたしはヤクザになりたい

btmj100801.jpg
美術手帖 / 2010年8月号

美術手帖掲載の短編小説『あたしはヤクザになりたい』(絵と文 山崎ナオコーラ)は、
奇しくもイラストレーターが主人公で、「笑ってるの?」と家族に言われてしまった。

突拍子のないエンディングで、アイロニカルな小説です。
ワタシもヤクザになりたい!?

投稿者 orangepeel : 09:12 PM | コメント (0)

tokyojin

tokyojinmj100801.jpg
東京人 / 2010年8月号

特集は『東京の川を楽しむ』。
‘暗渠’記事に「やっと♪」感を抱かれた方も少なくないことでしょう。

投稿者 orangepeel : 09:09 PM | コメント (2)

July 26, 2010

from the new yorker 100726

fnymj100726.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 03:23 PM | コメント (0)

July 24, 2010

黄昏が待ち遠しい!

ehagakinojidaimj01.jpg

ehagakinojidaimj02.jpg
透かし絵はがき

『絵はがきの時代』 細馬宏通 著(青土社刊, 2006) 口絵より。

インターネットはおろかTVすらない時代、ヴィジュアルと言葉をともなったメディアは絵はがきだった。
しかし一枚のはかない古い紙切れには心逸るさまざまな趣向がこらされいて、
驚嘆とときめきを現代の私たちに配信する。


 そもそも、絵はがきに見られるような透かし絵はいつ誕生したのだろうか。
 紙を透かせてそこに像を浮かび上がらせることじたいはおそらく紙の性質が薄くなるにつれて世界のあちこちで発明されたに違いない。しかし、ヨーロッパにおいて、ただの絵を透かして見ることから、絵に切り抜きを入れたり裏側に彩色を凝らした透かし絵が現れ始めたのは一七八〇年頃のことであると考えられている。電灯のない当時、これらの絵を見るためには、絵の前面をできるだけ暗くし、裏側から強い光を当てる必要があった。そこで、光から絵を隠すための覗き穴が絵の前面に設けられ、裏に火を焚いたり外光を取り入れるための小さな空間が設けられた。つまり、透かし絵は、一種のピープショー(覗きからくり)のような装置によって鑑賞されたのである。じっさい、透かし絵は一八世紀のピープショー流行のすぐ後に現れるし、その構図の多くは、ピープショーで用いられたような、遠近法にのっとった風景画だった。

(中略)

 こうした透かし絵は蒐集の対象になったことはもちろんだが、じっさいに誰かに差し出されることも多かった。使用済みの絵はがきを透かしてみると、インクの文字が裏返しに透けて、黄昏の時間に重なって見える。人々は、絵はがきをかざし、次第に暮れなずむ街や、影のように現れる人々、そして小さくゆらめくイルミネーションに差出人によって書かれた自分の名前を裏返しに重ねたに違いない。
 
『絵はがきの時代』 「透かしは黄昏れる」(p.126〜128, p.134)


透かし絵はがきが郵便受けに届いたら、きっと蝋燭を灯して黄昏を待ち焦がれることでしょう。

投稿者 orangepeel : 11:57 AM | コメント (0)

July 22, 2010

microjourney with prince

P1010327.JPG
テムズ川上流 / 撮影は浩宮皇太子

『テムズとともに〜英国の二年間』 徳仁親王 著(学習院教養新書,1993)より。

皇太子がオックスフォード留学中に英国の運河について研究されていた情報は、かねがね耳にしていたのですが、
「道好き」、「川好き」にくわえて、パブで1パイントのビターをたしなまれていたエピソードなど、殿下に親近感がわいた一冊です。

図書館など埃の舞う史料のなかで英国の水運の歴史をもとめられているようすがいきいきとえがかれていて。


なお、テムズ(Thames)の語源についてマリ・プリチャード、ハンフリー・カーペンター共著‘A Thames Companion’では、「暗い」を意味する Teme をあげている。ケルト人は河川に対する信仰をもとに、沼沢地も多く近づきにくい未開発のこの河川を「暗い」、「神秘的」であると受けとめ、この印象がその後の諸民族にも引き継がれて、「テムズ」川と呼ばれたのであろうと推定している。まことに興味深い説である。

『テムズとともに〜英国の二年間』 8章 オックスフォードにおける研究生活 (p.156〜157)


できれば、皇太子殿下が研究成果をまとめられてオックスフォード出版会より発行された
‘The Thames as Highway’を目にする機会があれば幸いです。

投稿者 orangepeel : 03:37 PM | コメント (0)

July 21, 2010

GARM

P1010308.JPG

P1010310.JPG

P1010314.JPG


P1010304.JPG

P1010315.JPG

P1010317.JPG

P1010318.JPG

P1010323.JPG

P1010320.JPG

P1010322.JPG
illustrations by Tove Jansson

『トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界〜ムーミントロールの誕生』 冨原眞弓 著(青土社刊, 2009)より。

1944年から戦後にかけて、フィンランドのインディペンデント政治風刺誌“GARM”にムーミントロールの片鱗がかいまみられる、
新進気鋭のイラストレーター、トーヴェ・ヤンソンが描いていたカリカチュア。

その後1954年から 英イブニング・ニュース紙でムーミンの連載が開始され人気を博します。

投稿者 orangepeel : 03:21 PM | コメント (0)

from the new yorker 100721

fnymj100721.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 03:00 PM | コメント (0)

July 12, 2010

finger painting : water tower


from The New Yorker

Posted by Jorge Colombo

投稿者 orangepeel : 01:56 PM | コメント (0)

July 09, 2010

THE HANDMADE ISSUE

covermj01.jpg
from Wallpaper Magazine

投稿者 orangepeel : 03:20 PM | コメント (0)

July 05, 2010

from the new yorker 100705

fnymj100705.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 01:48 PM | コメント (0)

July 02, 2010

ephemera / San Francisco

sanfrancisco01mj.jpg

sanfrancisco02mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

サンフランシスコはチャイナタウンの古絵葉書。
ケーブルカー通過中。



このところ眠りにつくまえの枕元には、リチャード・ブローティガン『チャイナタウンからの葉書』(池澤夏樹訳 サンリオ 1990年)ばっかり。

そういえば、ふだん英国主義を標榜しているが(笑)、生まれてはじめて外国の地を踏んだのはサンフランシスコという街だった。
15歳の夏休み、家族旅行でチャイナタウンにあるホテルに逗留した。

のこりの人生をどこに住みたいか、と訊かれたらサンフランシスコと答えよう。
本屋(シティライツ!)や大学(いまから何を学びたいのか?)がたくさんあるし、
坂が多いけれど水路やうつくしい橋(ゴールデンゲイトやベイ・ブリッジ)があって、
なんといってもカリフォルニアらしからぬ冷たい水流を隠し持った海と、一年中安定した気候がいい。

港のはずれのしずかなベンチで老人が海鳥をあつめて佇んでいた。

投稿者 orangepeel : 03:26 PM | コメント (0)

June 28, 2010

from the new yorker 100628

fnymj100629.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (0)

June 21, 2010

from the new yorker 100621

fnymj100621.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 08:13 PM | コメント (0)

May 31, 2010

from the new yorker 100531

fnymj100531.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

May 24, 2010

from the new yorker 100510

fnymj100524.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

May 17, 2010

from the new yorker 100517

fnymj100517.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:58 PM | コメント (0)

May 10, 2010

from the new yorker 100510

fnymj100510.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:15 PM | コメント (0)

May 03, 2010

from the new yorker 100503

fnymj100503.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

April 28, 2010

from the new yorker 100428

fnymj100426.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:14 PM | コメント (0)

April 12, 2010

from the new yorker 100412

fnymj100412.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 08:15 PM | コメント (0)

April 05, 2010

from the new yorker 100405

fnymj100405.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (0)

March 29, 2010

from the new yorker 100329

fnymj100329.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

March 25, 2010

マギイとミリイとモリイとメイとが

‘マギイとミリイとモリイとメイとが
(ある日のこと遊びに)海浜に出かけて行った

さてマギイは全く愛嬌よく歌っている貝をみつけたが
自分の悩みを思い浮べることはできなかった

ミリイは坐礁している星を救ってやった
そこからの光線はものうい五本の指であった

次にモリイはシャボン玉のようなものを吹きながら歩道を
疾走してくる何んだかいやな物に追いかけられていた

メイは滑らかな円い石を持ち家に帰った
その石は世界ほど小さく孤独と同じほど大きかった

いつでも(あなたやわたしのように)ぼくたちがなくしてしまうものは
それは海でみつける自分自身のことなのだ 常に’


『マギイとミリイとモリイとメイとが』

E.E.Cummings / 藤富保男訳「カミングズ詩集」(思潮社)

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

February 26, 2010

東京ぶらり暗渠探検

burariankyomj100226.jpg
『東京ぶらり暗渠探検 消えた川をたどる! 』 (洋泉社MOOK)

とうとうでました!
ありそうでなかった東京の失われた川を探索するガイドブック。
いつもお邪魔させていただいているブログ「東京の水」の本田創氏も執筆者のひとりです。
おめでとうございます!というか、ありがとうございます☆

まずは自分の足で街をぶらついて「ここはもしや川だったのか?!」と
なんとなく地形をもやもやわくわくしてみたいものですね。
この本は部屋でじっくり感慨にふけるのがいいような気がします。
ワタクシの勝手な想いです(笑)

INTRO

“暗渠は時空を超えた
東京へとつながるタイムトンネルだ!”

投稿者 orangepeel : 10:10 PM | コメント (0)

from the new yorker 100226

fnymj100226.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:41 PM | コメント (0)

February 08, 2010

from the new yorker 100208

fnymj01100208.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:27 PM | コメント (0)

Salinger Snapshots

salingersnapshotsmj100208.jpg
Salinger Snapshots

from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 04:32 PM | コメント (0)

February 01, 2010

J. D. Salinger

talkofthetownmj.jpg
from The New Yorker

J. D. Salinger
by Adam Gopnik

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

January 29, 2010

The Catcher in the Rye

ライ麦畑のキャッチャーが本当にこの世からいなくなってしまった。
隠遁生活もまた文学だった。

‘サリンジャーは、
大人になりたくないけど
もし大人になっていくのなら、
向こう側が断崖になっていて
そこで遊んでいる子供たちを見守りながら
そこから子供たちが落ちそうになったら助けてあげる、
そんな大人にだったらなってもいいと
「ライ麦畑でつかまえて」を締めくくった。

Catcher In The Rye、
正確にはライ麦畑の、つかまえる人、
ライ麦畑のつかまえて、だろうか。
それなら毎日やってくる夕暮れ時に
心の迷子にならないように
誰かの(自分の)手をとってあげる
夕暮れ空の下の、つかまえてになる。
というのはどうだろう。


毎日やってくる夕暮れ、
紫の情景でいっぱいになる夕暮れ。


素晴らしい夕暮れのことを誰かに
「今日の夕暮れはきれいだよ」と
知らせてあげられるような、そんな
大人になるのはどうだろう。

そしてすぐに日は暮れる。‘

『夕暮れ空でつかまえて』


渚十吾「空想紅茶」2004

投稿者 orangepeel : 11:05 PM | コメント (0) | トラックバック

January 25, 2010

from the new yorker 100125

fnymj100125.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:06 PM | コメント (0)

January 18, 2010

from the new yorker 100118

fnymj100118.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (0)

January 17, 2010

tintin

tintin.jpg
from Les Aventures de Tintin via cover brouser

投稿者 orangepeel : 11:32 PM | コメント (0)

January 11, 2010

from the new yorker 100111

fnymj100111.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 08:46 PM | コメント (0)

January 05, 2010

from the new yorker 100105

fny100105mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

December 31, 2009

良いお年を

nymj090930.jpg
Aaron Birnbaum via cover brouser

投稿者 orangepeel : 12:07 AM | コメント (0)

December 28, 2009

from the new yorker 091228

fnymj091228.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

December 24, 2009

from the new yorker 091224

fnymj091224.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

December 14, 2009

from the new yorker 091214

fnymj091214.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:19 PM | コメント (0)

December 10, 2009

Tart Cards

Tart Cards.jpg
from Wallpaper Magazine

投稿者 orangepeel : 06:39 PM | コメント (2)

December 07, 2009

from the new yorker 091207

fnymj091207.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (0)

November 30, 2009

from the new yorker 091130

fnymj091130.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:20 PM | コメント (0)

November 23, 2009

from the new yorker 091123

fnymj091123.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

November 16, 2009

from the new yorker 091116

fnymj091116.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 06:19 PM | コメント (0)

November 09, 2009

from the new yorker 091109

fnymj091109.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:24 PM | コメント (0)

November 02, 2009

from the new yorker 091102

fnmj091102.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:05 PM | コメント (0)

October 26, 2009

from the new yorker 091026

fnymj091026.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:39 PM | コメント (0)

October 19, 2009

from the new yorker 091019

fnymj091019.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

October 12, 2009

from the new yorker 091012

fnymj091012.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 04:57 PM | コメント (0)

October 05, 2009

from the new yorker 091005

fnymj090905.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

September 28, 2009

from the new yorker 090928

fnymj090928.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

September 21, 2009

黒田維理 『ナポリフラッグ』

kisaragimj090921.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

せっかちなエフェメラリストでしつれいいたします。
如月出版から郵送でお知らせいただいた新刊案内のフライヤなのです。
トレーシングペーパーに印刷されたモノクロームがかっこいいのでupさせていただきました。

モダニスト詩人北園克衛のお弟子さん、『VOU』の同人、
黒田維理作品集『ナポリ フラッグ』発売中

投稿者 orangepeel : 08:48 PM | コメント (0)

from the new yorker 090921

fnymj090921.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:35 PM | コメント (0)

Finger Painting: Deliveryman


This week’s iPhone sketch by Jorge Colombo

投稿者 orangepeel : 07:28 PM | コメント (0)

September 14, 2009

Finger Painting: New Day


This week’s iPhone sketch by Jorge Colombo.

投稿者 orangepeel : 06:21 PM | コメント (0)

September 11, 2009

from the new yorker 090911

fnymj090911.gif
from The New Yorker


This week’s iPhone sketch by Jorge Colombo.

投稿者 orangepeel : 08:02 PM | コメント (0)

September 08, 2009

anatole

anatolemj090908.jpg
Anatole by Eve Titus. Illustrations by Paul Galdone. 1956.

手元にある日本語版絵本は『ねずみのとうさん アナトール』(童話館)なのですが、
家々の壁の穴をとおる(アナトール、って駄洒落とおもってた:恥)
卑しいおとうさんねずみの話だとばかりおもってました。。。

あらためてパリに生きるアナトールとうさんと家族のいとおしい物語です。
ポール・ガルトンのイラストレーションが可愛らしい。

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

September 07, 2009

from the new yorker 090907

fnymj090907.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 06:14 PM | コメント (0)

September 02, 2009

PICTURES that talk...

picmj01090902.jpg

picmj02090902.jpg

pic03mj090902.jpg

‘PICTURES that talk...’ U.S.CAMERA 1959(edited by Tom Maloney)

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

August 31, 2009

from the new yorker 090831

fnymj090831.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:32 PM | コメント (0)

August 24, 2009

映画をめぐる冒険


Splash - (1/13)

村上春樹・川本三郎共著『映画をめぐる冒険』(講談社,1985)は、希少な映画評本です。
‘Splash’、春樹氏がたしかマーメイドと青年との「やさしい物語」と評していたような。
トム・ハンクス主演、何度もヴィデオで再生しております。

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (2)

August 17, 2009

from the new yorker 090817

fnmj090817.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:35 PM | コメント (0)

August 10, 2009

ab

ab01mj.jpg
Aaron Birnbaum via cover brouser

投稿者 orangepeel : 07:30 PM | コメント (0)

August 06, 2009

Love Diary

lovediary01mj.jpg

lovediary02mj.jpg

lovediary03mj.jpg
from

投稿者 orangepeel : 07:33 PM | コメント (0)

August 03, 2009

from the new yorker 090803

fnymj090803.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

July 27, 2009

from the new yorker 090727

fnymj090727.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:29 PM | コメント (0)

July 24, 2009

cem

cemballoonmj.jpg

cemlagmj.jpg

cemsaladmj.jpg

cembeachmj.jpg
cem(Charles E. Martin) via cover brouser

きのうにひきつづき、大好きなチャールズ・マーティンの
涼しげなカヴァー・イラストレーションをあつめてみました。

暑中お見舞い申し上げます☆

投稿者 orangepeel : 07:03 PM | コメント (0)

July 23, 2009

summer in new york

cemmj090723.jpg
cem(Charles E. Martin) via cover brouser

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

July 21, 2009

おに吉

onikichimj090721.jpg

荻窪〜西荻〜吉祥寺の古本屋さん案内地図付『おに吉onikichi』。
古書 猫額洞でいただきました。
vol.4は、岡崎武志編集長、執筆人が、スズキコージ・山崎ナオコーラ・久住卓也・加藤千晶・岡崎武志など、豪華かつインディペンデントなフリーzineです。

個人的には、古書店主 石丸徳秀氏のエッセイ「都電杉並線に乗って」が印象にのこりました。
そういえば数十年前のふるい地図をみたら、
青梅街道にも都電が!って新鮮なきもちがしたことをおもいだしました。

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

July 20, 2009

from the new yorker 090720

fnymj090720.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

July 14, 2009

from the new yorker 090714

fnymj090714.gif
from The New Yorker

家族が背中にこがね虫をつれてきて、金運よくなりそうだけれど叫んでしまいました。

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

plum

P1000041.JPG

熟したプラムは皮をむきつつ食すと果汁がだらだらと
手にこぼれて面倒だから、冷凍庫にいれてシャーベットにしました。

イメージの文学誌シリーズ『物食う女』(北宋社・昭和五十三年刊)。
監修の武田百合子のまえがき「枇杷」をおもいだしました。

「ひょっとしたらあのとき、枇杷を食べていたのだけれど、
あの人の指と手も食べてしまったのかな。-------そんな気がしてきます」

投稿者 orangepeel : 09:10 PM | コメント (0)

July 09, 2009

cul-de-sac

P1000030.JPG

liverpoolculdesuc090709.jpg

きょうは早くに仕事を終えて、笹塚甲州街道沿いの古書店にひさしぶりにおとずれた夕暮れでした。

線描が洒落ている上の画像は、英国南部ブライトンのイラストレーションです。
環境保護団体による街づくり指南書は、
鹿島出版会『ブライト・オブ・プレイス』(シヴィック・トラスト)から。

ちなみに下の画像はワタクシが撮ったリバプールのcul-de-sac。

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

July 06, 2009

ペンション・グリルパルツァー

立川駅北口はめくるめく回廊がティファニーなど有名ブランドの
おしゃれなショーウインドウをかかげた百貨店をつないでいて、メトロポリス。
笹塚よりとても都会だとおもった。。。

週末は、またまた映画『私は猫ストーカー』のイベント、立川オリオン書房ノルテ店へ。
浅生ハルミン×岡崎武志×越川道夫のトークショーです。

本編を観てないのに、イベントばかりのリポートで失礼いたします。
そういえば、7月4日初日は満員御礼、映画館に入れないひとが続出したそう。

岡崎さんのトークがとてもおもしろく、話のひきだしかたがたのしかった。わらった。
ハルミンさんの古書店アルバイト時代のエロ少年“タケオ”のエピソードはわすれられません。
猫ストーキングの秘儀では「女でよかった」って、つぶやいていらっしゃったの、
おもわずうなずいてしまった!

ワタクシも、せまい路地に侵入、カメラ片手のうしなわれた水路(暗渠)歩き、
お勝手口や老夫婦の早目の晩酌風景をこっそり覗きみるの、
(男だったらヤバイな、通報されるよな)っておもってた。
北沢川支流森巌寺川のせっまーい源流域をたどっていたら、
人様の庭先にでてしまい、犬に激しく吠えられてビクビクしたことがあるよ。。。

プロデューサー、越川さんの「ポップ・ソングをつくりたかった」という言葉に共鳴しました。
なにも起こらない物語、エリック・ロメールの映画やマルグリット・デュラスの小説のような。
だれもが親しみをもって口ずさむようなポップ・ソング。

P1000003.JPG
john irving die pension grillparzer

帰路、古書 猫額洞に「岡崎さんにあいさつできました!」のご報告に立寄りました。
ご褒美(!?)にジョン・アーヴィングの稀少なペーパーバックをいただいてしまった。
かわいいイラストレーションがカヴァーの、てのひらサイズ。
三省堂クラウン英和辞典(父親から盗んだ)のうえにのっけてみた。

「ピギー・スニードを救う話」のなかのワンエピソードが
ドイツ語圏では朗読CDになっており、その付録の豆本です。

cocoさま&stueさま、お気をわずらわせてしまい、申し訳ありませんでした。

岡崎さま、会場でお呼び止めしてお時間をいただき、ありがとうございました。

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

June 25, 2009

from the new yorker 090624

fnymj090624.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 01:11 AM | コメント (0)

June 15, 2009

from the new yorker 090615

fnymj090615.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 05:49 PM | コメント (0)

June 01, 2009

from the new yorker 090601

nymj090601.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 08:12 PM | コメント (0)

May 19, 2009

from the new yorker 090519

nymj090519.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

May 11, 2009

from the new yorker 090511

nymj090511.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

May 04, 2009

from the new yorker 090504

nymj090504.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

April 27, 2009

from the new yorker 090427

fnymj090427.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

April 25, 2009

alice munro / hateship,friendship,courtship,loveship,marriage

アリス・マンロー『イラクサ』を読みはじめた。
フラナリ−・オコナーの短篇小説集や映画『ヴァージン・スーサイズ』を想った。
ナイーヴとグロテスクの物語。

プロフィールを訳者あとがきから引用いたします。

「この地域は、勤勉で信仰心篤い長老教会派のスコットランド系アイルランド人によって開拓された。かなり閉鎖的な土地柄である。しかも長引く不況の最中。空想好きな読書家の少女は、野心めいたことを口にしようものなら、第四作目の短篇集の表題ともなった「あんた自分を何様だと思ってるの?」という言葉でたちまち周囲からやり込められるような環境の中で、早くから「有名な作家」になろうと心に決める。女の子にはまず料理や裁縫といった実質的な技能が求められていた時代に、アリスは持ち前の頭の良さを武器に奨学金を得、病んだ母のいる実家を出てウェスタン・オンタリオ大学に進学。図書館司書やウェイトレスのアルバイトをしながら学業に励み、校内の文芸誌に短篇を発表する」

ゆっくりと読みつづけます。

投稿者 orangepeel : 07:13 PM | コメント (0)

April 20, 2009

from the new yorker 090420

fnymj090420.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 06:28 PM | コメント (0)

April 14, 2009

from the new yorker 090413

fnymj090413.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:27 PM | コメント (0)

April 06, 2009

from the new yorker 090406

fnymj090406.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

March 31, 2009

from the new yorker 090330

fnymj090329.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:08 PM | コメント (0)

March 23, 2009

from the new yorker 090323

fnymj090323.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

from the new yorker 090323

fnymj090323.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 11:15 PM | コメント (0)

March 16, 2009

from the new yorker 090316

fnymj090316.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

March 09, 2009

massin

P1100759.JPG

P1100760.JPG

P1100761.JPG

P1100763.JPG

P1100764.JPG

P1100767.JPG
`L'ABC du métier’( Imprimerie nationale ,1989)より

ひさしぶりに本棚からひっぱりだしてながめてみました。
仏ガリマール社のデザイナー、マッサンRobert Massinの
ブックデザイン&タイポグラフィ指南書、
`L'ABC du métier’( Imprimerie nationale ,1989)です☆

投稿者 orangepeel : 08:02 PM | コメント (2)

from the new yorker 090309

fnymj090309.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:54 PM | コメント (0)

March 06, 2009

33rpmdesign

foodillustratedmj090305.jpg
Cover illustration for Waitrose Food Illustrated.

from 33rpmdesign

投稿者 orangepeel : 06:28 PM | コメント (0)

March 03, 2009

from the new yorker 090303

fnymj090302.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:19 PM | コメント (0)

February 23, 2009

武井武雄

P1100745.JPG

P1100746.JPG

P1100747.JPG

童画を描くかたわら、限定の私家製豆本の出版をライフワークにしていた武井武雄。
そのこだわりの人生を謙虚につづった『本とその周辺』(中央公論社、1965年刊)は、
読んでもながめても(装丁や挿絵など)うつくしくてあこがれます。

武井武雄の絵が出品されているかどうかわからないけれど、
大正・昭和の児童雑誌『コドモノクニ』などに掲載の原画が展示の
企画展「本にえがかれた子どもたち―町の子ども・村の子ども―」はたのしそう。
平成21年1月20日(火)〜3月22日(日)白根記念渋谷区郷土博物館・文学館にて。
観に行きたいですね、わすれずに☆

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

from the new yorker 090223

fnymj090223.gif
from The New Yorker

日本の映画2作品がオスカー受賞。
くらべることではありませんが、オリンピックのメダルの数よりうれしいなあ。。。

アニメーション部門で受賞の『つみきのいえ』は手描きのイラストレーションで、
レトロでありながら現代社会の問題を提起している作品だそう。

そうだ!手描きだ、アタマと腕!
監督、加藤久仁生氏はスピーチで、所属会社ロボットに感謝の言葉をのべていた。
すばらしい仕事環境だとおもう。

そういえば以前ロボットとは、コマーシャル・フィルムのお仕事させていただいたことがありました。

投稿者 orangepeel : 10:17 PM | コメント (0)

February 16, 2009

from the new yorker 090216

fnymj090216.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:53 PM | コメント (0)

February 14, 2009

eureka

eurekamj090214.jpg


1999年から約1年ほど、ユリイカに選=入沢康夫氏で詩を掲載いただきました。
青土社サイト内検索「鈴木博美」で掲載誌バックナンバーがあります。

売り切れのデュラス特集は古書店にて、手にとっていただければさいわいです☆

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

February 02, 2009

from the new yorker 090202

fnymj090202.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:06 PM | コメント (0)

読めないとバカにされる漢字1500

kanji01mj090202.jpg
illustration by hiromi suzuki

カヴァー・イラストレーション描いてます。
読めないとバカにされる漢字1500』、河出書房新社から。

1/20、こちらの本がなんと国会中継で紹介されたそうです☆

投稿者 orangepeel : 06:48 PM | コメント (0)

January 30, 2009

from the new yorker 090126

fnymj090126.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

いろはにほてと

岡崎武志氏の白水社web連載『愛書狂/第4回』を読みました。

なにもおもいつかなければ「いろはにほてと」と書けばいいという、
井伏鱒二のことば。

そうか、図々しく、いろはにほてとだ☆

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

January 20, 2009

from the new yorker 090120

fnymj090120.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

January 12, 2009

from the new yorker 090112

fnmj090112.gif

from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

水と水とが出会うところ

“ 僕は小川と、それが奏でる音楽が好きだ。

小川になる前の、湿地や草地を縫って流れる

細い水流が好きだ。

そのこっそりと密やかなところがすごく

気に入っているんだ。そうそう

水源のことを忘れちゃいけない!

源の泉くらい素晴らしいものがほかにあるだろうか?

とはいってもちゃんとした川だってやはり捨てがたい。

川が大きな河に流れこむ場所や

河が海と合流する広い河口。

水と水とが出会うところ。

そんな場所は僕の中でいわば

聖域のように際だっている。

でも海をまさに目前にした河の素晴らしさったらないな。

僕はそういう河を、ほかの男たちが馬やら

魅惑的な女を愛するように愛している。僕はこの

冷たくて速い水の流れにひきつけられるのだ。

それを見ているだけで僕の血は騒ぎ

肌がぞくぞくとする。何時間じっと眺めていたって

飽きることはない。

ひとつとして同じ川はない。

僕は今日で四十五になった。

三十五だったこともあるんだよと言って

誰が信じてくれるだろうか?

三十五のとき、僕の心はからっぽで干からびていたよ!

それがもう一度流れ始めるまでに

五年の歳月がかかった。

今日の午後は心ゆくまで時間をとろう。

この河辺の家をあとにする前に。

河を愛するっていいものだ。

ずっと水源に至るまで

そっくり好きだなんてね。

自分を膨らませてくれるものがそっくり好きだなんてね。”

‘ Where Water Comes Together With Other Water’
レイモンド・カーヴァー著/村上春樹 訳(中央公論新社「レイモンド・カーヴァー全集」)

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

December 30, 2008

from the new yorker 081229

fnymj081229.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

December 19, 2008

from the new yorker 081215

fnymj081215.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 03:16 PM | コメント (0)

December 08, 2008

from the new yorker 081208

fnymj081208.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

December 01, 2008

from the new yorker 081201

fnymj081201.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:57 PM | コメント (0)

November 24, 2008

from the new yorker 081124

fnmj081124.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:11 PM | コメント (0)

November 17, 2008

from the new yorker 081117

frnymj081117.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:40 PM | コメント (0)

November 10, 2008

from the new yorker 081110

fn081110mj.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:00 PM | コメント (0)

November 05, 2008

Kenneth Rexroth

kenethmj081105.jpg
Kenneth Rexroth(1905-1982)Photo by Morgan Gibson

TVをぼんやりみていたら人気音楽プロデューサーの詐欺容疑逮捕の事件について、
ニュースキャスターが「まあ、もともとが紙とエンペツの商売ですからね」と、
まるであらゆるアーティストが“ 詐欺師” であるかのような物言いだった!むむっ!?

ところで以下ビート詩人のひとり、ケネス・レクスロスについての引用です。

◆◆◆
 レクスロスの部屋には蔵書のみならず、彼がカリフォルニアでの大半の作品執筆に愛用した大きくて古い木製の机が置かれている。レクスロスは『短詩集』の「一月の夜」という詩(P.185)の中でこう書いている。「目の前の机の上に/タイプライターと紙がある」「そして私の美しい、角張った/水晶、頭蓋骨よりも大きい…..」レクスロスは、詩が心から湧き出ようとする時静かに水晶のことを想った。この水晶はレクスロスにとって一体どんな意味をもっていたのだろう。ウィリアム・ブレイクが一粒の砂に世界を観たように、レクスロスは宇宙の絶え間ない創造のプロセスを水晶に見いだしたかのようであった。彼はこう書く。「計りしれない/目に見えない 弾力性のあるもの/水晶は空間の子宮」(『花環の』」より「ドイツのハネムーン」p.15)
◆◆◆

神田外語大学附属図書館 ケネス・レクスロス・コレクションより

たまたま興味を持って調べていたのですが、
親日家であったアメリカの詩人・文筆家・評論家レクスロスの蔵書が
神田外語大学附属図書館にあることを知り、
こんど取材してみたいとおもっておるところなのです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (2)

writing desk

dylan thomas writing deskmj081105.jpg
Dylan Thomas's writing desk from

robertburnsmj081105.jpg
bureau de Robert Burns from

goethesdeskmj081105.jpg
Goethe's writing desk from

wordswrthsdeskmj081105.jpg
William Wordsworth writing desk from

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:03 PM | コメント (0)

November 04, 2008

from the new yorker 081104

fnymj081104.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:20 PM | コメント (0)

October 27, 2008

from the new yorker 081027

fnymj081027.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

October 20, 2008

from the new yorker 081020

fnmj081020.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

October 15, 2008

from the new yorker 081013

fnymj081013.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

October 07, 2008

from the new yorker 081006

fny081006.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:34 PM | コメント (0)

September 29, 2008

from the new yorker 080929

fnymj080929.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

August 27, 2008

写真ノイロオゼ

P1100426.JPG
森茉莉 「森茉莉さんのこと、あるいはほめ言葉」より

金井美恵子著『昔のミセス』(幻戯書房、2008)を読了。
タイトルのとおり、婦人雑誌『ミセス』の昔(1960年代〜70年代)のページから、
時代や風俗を読み解いたり、金井氏自身の追憶のてざわりを愉しむ企画エッセイ集です。
なんだか、わがmjの‘ephemera’記事にもつうじるかも!(おこがましいかも?笑)

ところで、写真嫌いの森茉莉は、上のショット(『ミセス』1968年9月号/カメラ 道正太郎)が唯一のお気に入りだったそう。下北沢商店街でのお買い物風景。たしかに、ちょこっと田中絹代をおもわせるおっとりと上品な雰囲気です。

'70年代のはじめころ、金井さんがお姉さまといっしょに、はじめて森茉莉に会ったときのエピソード。

 グレーのトックリ首のセーターにグレーのウールのスカート、こげ茶色の小さな襟の付いたカーディガンをお召しになって、おっとりとしてゆっくりとした口調で話すのだけれど、<私の美の世界>を絶対と信じる<贅沢貧乏>の人ならではの手厳しさには、姉も私もすっかり圧倒されて、けれども、とても良い気分になったのだった。森茉莉さんはおなじみの喫茶店<邪宗門>のいつもの席にもう座って待っていて、型どおりの初対面の紹介がすむと、開口一番、私たちを彼女に会わせるために連れて来てくれた女性編集者の着ているポリエステル・ジャージィのシャツ・スーツ(白地にブルーの濃淡とグレーと黒で大人しいサイケデリック調のプリントされた生地で、当時、カーテンや壁紙によく同じようなデザインがあって、私は大嫌いだった)について、その洋服、色も柄も形も生地も大嫌い、なんであたしに会う時にわざわざそんな物を着て来るのよ、と平然と(というより顔をしかめて!)文句を付ける一方、私と姉に向っては、あなた達の着てる物は自分の趣味にぴったりかなっている、と、にっこり笑いながらというのではなく、極めて真面目な表情で言うのである。

「森茉莉さんのこと、あるいはほめ言葉」(金井美恵子著『昔のミセス』)

そういえば、おもいだした。
数年前、金井美恵子氏の新刊発行記念サイン会にいったとき、
あこがれの小説家に会うのだから、品よく知的におしゃれしなきゃ、ってはりきっていたかもしれない。
もちろん、特別はなしかけられたりしなかったから、ほめ言葉をいただくこともなかったのだけれど。

ただ、帰り道、そのころよく通っていた新宿のロック・バーに立ち寄ったら、
「一瞬、誰かわかんなかったよ!いつもと違うじゃん!なに?そのワンピース?!」って、
なじみのスタッフの女子に笑われた。。。

自意識過剰☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:07 PM | コメント (0)

August 18, 2008

from the new yorker 080818

fnmj080818.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:28 PM | コメント (0)

August 13, 2008

昔のミセス

mukashikanaimj080813.jpg

妹からのメールで金井美恵子著『昔のミセス』をさっそく購入。

なんだか素敵な企画のエッセイ集です。
森茉莉についてのはなしもあるもよう。
たいせつに読もうっと。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:46 PM | コメント (0)

August 04, 2008

from the new yorker 080721

fnmj080804.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:10 PM | コメント (0)

July 28, 2008

from the new yorker 080728

fnmj080728.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:30 PM | コメント (0)

July 21, 2008

from the new yorker 080721

fnmj0800721.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:55 PM | コメント (0)

July 14, 2008

from the new yorker 080714

fnymj080714.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:06 PM | コメント (0)

June 30, 2008

from the new yorker 080630

fnmj080630.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:40 PM | コメント (0)

June 24, 2008

from the new yorker 080623

fnmj080623.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:54 PM | コメント (2)

June 16, 2008

from the new yorker 080616

fnmj080617.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:15 PM | コメント (0)

June 14, 2008

本郷界隈

hongokaiwaimj080614.jpg

司馬遼太郎『街道をゆく37/本郷界隈』を読了いたしました。</