January 29, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information )

reyforet140129mj.jpg
© photograph : Rey Foret

Ms. cried in Berlin.

ドイツ在住の写真家・アーティスト、Rey Foret 氏より
‘Ms. cried’ をご購入くださったとのメッセージをいただきました。

Thank you very much* Mr. Rey Foret

投稿者 orangepeel : 07:01 PM | コメント (0)

January 28, 2014

マーガレット

margaret140127mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

駅前のハンバーガー・ショップは
とおい故郷で 旅の途中
灰皿がつみあがったカウンターの端の花瓶
首をたれたマーガレットに
ノスタルジーと蝿がひそんでいる
フライト・ジャケットを着たレイバンの男の

サングラスに透けた眼球から
言葉が落葉のようにこぼれおちる
道を見失った登山者は沢の行き先を想っている
坂の上には曇りガラスにうつる東京都庁

笹塚ー新宿 急行
乗り換えた地下鉄の人いきれ
リュック・サックのファスナーから
ハンバーガーとマーガレット
閉まりかけたドアから蝿が

羽をうしなった蝿が
ある朝の幻にみた雪に俟っている

白い花びらが

上北沢の池のほとりから乗車して
うたた寝の夢のうつつに肩をすぼめる女学生の
パッチワークのポケットに 貝殻のようなしずけさに



‘マーガレット’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 06:54 PM | コメント (0)

January 24, 2014

Janet Malcolm collages of Emily Dickinson poems

collagesofemilydickinsonpoems140124mj001.jpg
“David Todd (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj002.jpg
“Abyss (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj003.jpg
“Crater (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj004.jpg
“The summer that we did not prize (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

collagesofemilydickinsonpoems140124mj005.jpg
“Vinnie (from The Emily Dickinson Series).” Janet Malcolm, 2013.

_____ Janet Malcolm, author of The Journalist and the Murderer and, most recently, Forty-One False Starts: Essays on Artists and Writers, is also a collage artist. Her most recent collection, “The Emily Dickinson Series,” juxtaposes clippings of Dickinson’s “fragment” poems, taken from scholar Marta Werner’s 1996 book Emily Dickinson’s Open Folios, with pieces cut from astronomy textbooks, found photographs, and other ephemera. _____

“Janet Malcolm Turns Emily Dickinson’s Poetry Into Visual Art” By Rebecca Onion from Slate (Jan. 23 2014)

投稿者 orangepeel : 05:32 PM | コメント (0)

Poem for a Snowy Winter

poemforasnowywinter140124mj01.jpg
Central Park, January 21, 2014.  Seth Wenig/Associated Press


Dear Diary:


The rosebush wears an icy shawl.
Snow continues to fall.
A crow on the lawn
Shakes off flakes.
Its sable wings glisten.
The wind dances
With bare branches.


Poem for a Snowy Winter
By JOHN F. GRUBER


from The New york Times (January 22, 2014)

投稿者 orangepeel : 04:48 PM | コメント (0)

January 22, 2014

Peter Blake’s Under Milk Wood

undermilkwood140122mj01.jpg

undermilkwood140122mj02.jpg

undermilkwood140122mj04.jpg

undermilkwood140122mj03.jpg
Peter Blake’s Under Milk Wood


____ The Graphic Arts Collection recently acquired a deluxe edition of Dylan Thomas’s 1954 ‘play for voices,’ Under Milk Wood, with images by Sir Peter Blake. Published by Enitharmon Editions to mark the 2013 centenary of Thomas’s birth, this publication was designed by Libanus Press and bound by Shepherds, Sangorski & Sutcliffe, accompanied by a signed stochastic aqueous pigment print editioned by Chaudigital.

The work took Blake over 28 years to complete and includes illustrations using pencil, watercolor, and collage, which detail every aspect of Thomas’s fictional seaside village Llareggub. An exhibition of Blake’s art launched the Dylan Thomas 100 Festival, a celebration to mark 100 years since Wales’ best-known poet’s birth in Swansea. _____

from the Graphic Arts Collection, Princeton University Library

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (0)

January 21, 2014

under the weather

undertheweather140121mj.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

i'm under the weather

chilly chilly morning

sweater with furballs and moth holes

snowy wind swindled out of my body temperature

thieves are talking big about the return to nature


i'm under the weather

cloudy cloudy evening

raining from the umbrella

strawberry sorbet is rolling to knock at the door

ice making machine is laughing like a wolf howl


i'm under the weather,

so what can I do by the drained marsh?



‘under the weather’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 03:54 PM | コメント (0)

January 20, 2014

Tine Lundsfryd

tinelundsfryd140120mj01.jpg
Tine Lundsfryd, “Sum” (2009–10) oil and graphite on linen, 59 ½ x 72 in

tinelundsfryd140120mj02.jpg
Tine Lundsfryd, “- + -” (2010–11) oil, pencil and colored pencil on linen, 60 x 72 in

_____ The airiness of Lundsfryd’s home and studio is present in her work. Despite the complex grids and the layering of pattern, shape, and ornament, her painting is characterized by its lightness. Segments of her symmetrical forms are often only partially drawn: it is space left open for us. Lundsfryd’s work unfolds gently. It is at once intricate and elemental. ____

Beer with a Painter: Tine Lundsfryd from Hyperallergic (January 18, 2014)

投稿者 orangepeel : 10:39 PM | コメント (0)

L'écume des jours #271

ldj140120mj01.jpg

ldj140120mj02.jpg

ldj140120mj03.jpg
© photo by orangepeel

通りのむこうの古道具屋で、マルグリット・デュラス稀少本?の箱がジュエリー展示用になって埃をかぶっていた。

投稿者 orangepeel : 05:51 PM | コメント (0)

January 19, 2014

L'écume des jours #270

ldj140119mj01.jpg

ldj140119mj02.jpg

ldj140119mj03.jpg

ldj140119mj04.jpg

ldj140119mj05.jpg
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:21 PM | コメント (0)

January 18, 2014

Burroughs, Lynch and Warhol: the secret photographers

davidlynch130118mj01.jpg
David Lynch – Untitled (England), late 1980s/early 1990s

davidlynch130118mj02.jpg
David Lynch – Untitled (England), late 1980s/early 1990s

davidlynch130118mj03.jpg
David Lynch – Untitled (Łódź), 2000

davidlynch130118mj04.jpg
David Lynch – Untitled (Łódź), 2000

davidlynch130118mj005.jpg
David Lynch – Untitled (Łódź), 2000

Burroughs, Lynch and Warhol: the secret photographers
_____ Three simultaneous shows at London's Photographers' Gallery explore the images of three artists famous for other forms. From film-maker David Lynch's moody industrial shots to artist Andy Warhol's snaps of kite-flyers and writer William Burroughs's pictures of everything from Jack Kerouac in Tangier to a closeup of a fence, they are the most original material on display in the capital so far this year _____

from The Guardian (Thursday 16 January 2014)

投稿者 orangepeel : 05:45 PM | コメント (0)

January 16, 2014

L'écume des jours #269

ldj140116mj01.jpg

ldj140116mj02.jpg

ldj140116mj03.jpg

ldj140116mj04.jpg

ldj140116mj05.jpg

ldj140116mj06.jpg

ldj140116mj07.jpg

ldj140116mj08.jpg

ldj140116mj09.jpg

ldj140116mj10.jpg

ldj140116mj11.jpg

ldj140116mj12.jpg

ldj140116mj13.jpg

ldj140116mj14.jpg

ldj140116mj15.jpg

ldj140116mj16.jpg

ldj140116mj17.jpg

ldj140116mj18.jpg
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

January 14, 2014

telepathic savarin

telepathicsavarin140114mj01.jpg
© hiromi suzuki, 2014 collage, watercolour, charcoal on screenprint

the telephone lines are crossed

tinnitus

he says

“you are all right”

he asks

“wine or beer?”

kirsch and rum i need

i need kiss and love


‘telepathic savarin’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 01:10 PM | コメント (0)

January 13, 2014

Ms. cried - ミズクライド ( information )

mscried140113mj.jpg
‘Ms. cried’
77 poems by hiromi suzuki

photographs by ichigo yamamoto

北沢川文化遺産保存の会でフィールドワークをご一緒させていただいた、
きむらけん氏(文化探査者、ノンフィクション作家、童話作家。北沢川文化遺産保存の会幹事)より、
ブログ「東京荏原都市物語資料館」にて『Ms. cried』を紹介いただきました。
謹んで感謝申し上げます。

_____ イラストレーター鈴木博美さんの詩集『Ms.cried』
昨年2013年暮れに上梓された。彼は我等の古い仲間である。水路系の人だ。
詩集タイトルも後書きに、「武蔵野台地伝承の地『水食らい』に着想を得た」と。

言葉は表象だ。現実の約束事巧みに借りながらうんとこしょっとこと自分の世界に引き込む、軽妙な面白さがある。鈴木さんの詩を読んで、私はそんなことを感じた。発行所、如月出版 価本体二、〇〇〇円+

from 東京荏原都市物語資料館 「下北沢X新聞(2479)〜花袋の玉川電車に乗る〜」 (January 10, 2014)

投稿者 orangepeel : 05:30 PM | コメント (0)

Gerhard Richter

gerhardrichter140113mj.jpg
Gerhard Richter, Korsika (Haus) [Corsica (House)], 1969. via Liv‏ (@poet_trees) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:25 PM | コメント (0)

Bill Brandt

billbrandt1401mj.jpg
Bill Brandt (3 May 1904 – 20 December 1983) was an influential British photographer and photojournalist known for his high-contrast images of British society and his distorted nudes and landscapes.
from

“Born in Hamburg, Germany, son of a British father and German mother, Brandt grew up during World War I, during which his father, who had lived in Germany since the age of five, was interned for six months by the Germans as a British citizen. Brandt later disowned his German heritage and would claim he was born in South London. Shortly after the war, he contracted tuberculosis and spent much of his youth in a sanatorium in Davos, Switzerland. He traveled to Vienna to undertake a course of treatment for tuberculosis by psychoanalysis. He was, in any case, pronounced cured and was taken under the wing of socialite Eugenie Schwarzwald. When Ezra Pound visited the Schwarzwald residence, Brandt made his portrait. In appreciation, Pound allegedly offered Brandt an introduction to Man Ray, in whose Paris studio Brandt would assist in 1930.”
from en.wikipedia

投稿者 orangepeel : 05:20 PM | コメント (0)

January 12, 2014

Tissue collages by Courtney Price

courtneyprice140112mj01.jpg

courtneyprice140112mj02.jpg

courtneyprice140112mj03.jpg

courtneyprice140112mj04.jpg

courtneyprice140112mj05.jpg
from Courtney Price via Present&Correct

投稿者 orangepeel : 09:25 PM | コメント (0)

January 11, 2014

Willard and His Bowling Trophies

willardandhisbowlingtrophies201401mj.jpg
『鳥の神殿 』 リチャード ブローティガン 著 / 藤本 和子 訳 (晶文社, 1978)

*(古本にてカヴァーなし)

“「ボーリングのトロフィーを求めてアメリカをさまよう三年は長い。人間を変えてしまうことだってある。ローガン兄弟のように、最悪の変化が起こることもある」、あるいは、ボーリングのトロフィーを探し求める「彼らの行く手の待っていたものはアメリカだった。そして、捜索の長い三年間と、性格の漸次的崩壊、品格と誇りからの緩慢なる退却の過程が待っていた」というような表現がこの作品にはいくつかある。健全にして平凡な三兄弟が苦難の旅に出て兇悪な三兄弟に変身するわけであるが、苦難の旅とはアメリカを体験することであった、ということだろう。このアメリカ論にけるアメリカとは暴力のことである。暴力が言語になりかけている、という立場である”
『鳥の神殿 』 訳者あとがき (p.193)

「『O嬢の物語』ごっこ」はメランコリーだ。

ちょっとした諦念による不貞から感染した疣のせいで、
コンスタンスとボブはサン・フランスシスコの空気が澱んだ九月の部屋で
「『O嬢の物語』ごっこ」をしなければならなくなった。
猿轡と化した美しいスカーフやハンカチーフは、コンスタンスの唾液でぐっしょりと濡れている。
ベッドの横で、ボブは『ギリシャ名詩選集』を読み上げる。
“わが友垣らには露ほどのとりえもなし。ゆえに、わが悲しみは深し”
“胡瓜囓りけり”
“はたまた、なにごとからもなにも生まれはせぬだろう”
などなど。
「これは断片なんだよ。数行の断片なんだよ」
「断片の断片だ、何千年もの昔にギリシャ人が書いた詩には、いくつかの言葉だけしか残っていない場合さえあるのさ」
ボブは、ギリシャ人たちのことを考えて泣く。

「彼らは死んでしまったんだよ」

コンスタンスとボブのアパート階下にはパトリシアとジョンが住んでいる。
どこかでひろってきた、ボーリングのトロフィーとウィラードとともに。
彼らは健全だ。
少なくとも、深夜番組「ジョニー・カーソン・ショウ」が睡眠導入剤であるからには。
裸で七面鳥のサンドイッチと冷たいミルクを寝室に運ぶ健康なアメリカ人である。

「おやすみ、ボーリングのトロフィーたち」

ローガン兄弟たちも健全なアメリカ人《だった》。
ボーリングのトロフィーとウィラードを盗まれるまでは。
ドライブイン・シアターでポール・ニューマン主演の映画をみている間だった。
車の後部座席には、母親が毎日焼く巨大なクッキーの袋があった。
ボーリングのトロフィーとウィラードを探しさまよう旅のなかで、
三兄弟はガソリンスタンド強盗に変貌していく。

「これがボーリング映画だなんて考えるほどおれたちが間抜けだったとは、一体どうしたことだ」


果たして、この三組の登場人物によりハードボイルド映画のように、
あるいは、叙事詩のように物語が錯綜する。
「『O嬢の物語』ごっこ」の結末やいかに。


リチャード・ブローティガンはインタビューでこう語っていた。
“Poetry is telegrams of the human soul.”

メランコリーは一本の電話とあっけないいたずらとともにこの世から消えてしまうのだろう。
ブローティガンのメランコリーはアメリカ人の、言葉をもたない小市民の、滑稽なかなしみである。

 “さて、彼はベッドの上、彼女のかたわらにベルトを置いた。「鞭の部」はそれでおしまい。
 猿轡をかんだ彼女の目は美しい、と彼は思った。じっと見つめる目が、あんなに繊細で知的だ。
 彼は彼女の足をほどいた。
 「われらが眉にセロリの小さき花輪いざ飾らん、ディオニュソスのため気高き祭りを行わん」
とボブは『ギリシャ名詩選集』からの記憶を引用して彼女にいった。
 「な、いいだろう?」
 彼女は目を閉じた。”

 
『鳥の神殿 』 「セロリ」(p.40-41)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:36 PM | コメント (0)

Richard Brautigan Interview/Reading 1983


Richard Brautigan Interview/Reading 1983

“Japan begins and ends with Japan.
Nobody else knows the story.
Japanese dust in the milky way.”

Tokyo
May 18, 1976

“カミナリの音と光がかけぬける夏の嵐の
今夜の東京
午後十時ごろには
大量の雨と傘
これはいまのところ小さなつまらないことだ
でもとても重要なことになりうる
いまから百万年後に考古学者が
われわれの廃墟の中を通り抜け、われわれを想像で
描きだそうとするときには”

Tokyo
5. Jun, 1976

「考古学の旅の小さな船」リチャード・ブローティガン『東京日記』(思潮社, 1992) 福間健二 訳

投稿者 orangepeel : 05:20 PM | コメント (0)

January 07, 2014

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #01







ufo140107mj001.gif





投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #02







ufo140107mj02.gif






投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #03







ufo140107mj03.gif





投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

‘Unidentified Flying Object spangles with ’ #04







ufo140107mj04.gif











Unidentified Flying Object spangles with
tomato sauce,
shrimps, cheese
and
television set

Me, myself and I
spanned the hypertrophied pizza
You
fell asleep on the dimmed sofa
your dream is full with
spaghetti Western movie

night falls
lights a fire
to take my dress off

I will hear a shower
a shower of applause
Clint Eastwood sings
Rawhide
for a few dollars more


‘Unidentified Flying Object spangles with ’ poetry by hiromi suzuki

投稿者 orangepeel : 08:43 PM | コメント (0)

January 05, 2014

L'écume des jours #268

ldj140105mj01.JPG

ldj140105mj02.JPG

ldj140105mj03.JPG

ldj140105mj04.JPG

ldj140105mj05.JPG

ldj140105mj06.JPG
© photo by orangepeel

caféで、詩作初め。
最後の写真のダサダサ1000円リュックは、執筆用PCや資料を詰め込んで持ち歩く “raison d'être”。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (0)

January 04, 2014

J. D. Salinger working on ''The Catcher in the Rye''

salinger140104mj.jpg
J. D. Salinger working on ''The Catcher in the Rye'' during WWII. By Paul Fitzgerald.

via Camille Stein‏ (@CamilleStein) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:07 PM | コメント (0)

Max Ernst (1891-1976) - Prints

maxernst140104mj01.jpg
Title: Au Liege Rendu par la Mer
Medium: Lithograph
Date: 1969
Image Size: 47 x 39 cm / 18.5 x 15.3 in

maxernst140104mj02.jpg
Title: Forest and Sun / Foret et Soleil
Medium: Lithograph
Date: 1956
Image Size: 55 x 45 cm / 21.6 x 17.7 in

from Original Prints

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)