June 30, 2013

ephemera / Bridges

bridges130630mj01.jpg

bridges130630mj02.jpg

bridges130630mj03.jpg

bridges130630mj04.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Drawn by P. Nicholson.
Engraved by Wilson Lowry.

Published as the Act directs, April 1st. 1805: by Hurst, Rees & Orme, Paternoster Row. London

投稿者 orangepeel : 07:04 PM | コメント (0)

June 29, 2013

Das Haus Klee

klee130629mj01.jpg

klee130629mj02.jpg

klee130629mj03.jpg
from Die Meisterhäuser Dessau

投稿者 orangepeel : 05:49 PM | コメント (0)

June 28, 2013

ephemera / Natural History (magazine)

naturalhistory130628mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Natural History
The Magazine of the American Museum of Natural History
March, 1948

Publication Office: the American Museum of Natural History

投稿者 orangepeel : 07:17 PM | コメント (0)

ephemera / L'Illustration

illustration130628mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

L'Illustration
La Petite Illustration
19 AOUT 1939

PRINTED IN FRANCE

投稿者 orangepeel : 07:11 PM | コメント (0)

June 27, 2013

Glass House by James Welling, NYC

jameswelling130627mj01.jpg
'0962' by James Welling, 2006. Courtesy David Zwirner, New York.

jameswelling130627mj02.jpg
'0467' by James Welling, 2009. Courtesy David Zwirner, New York.

jameswelling130627mj03.jpg
'0806' by James Welling, 2006. Courtesy David Zwirner, New York.

jameswelling130627mj04.jpg
'0744', by James Welling, 2006. Courtesy David Zwirner, New York.

jameswelling130627mj05.jpg
'7484' by James Welling, 2008. Courtesy David Zwirner, New York.

jameswelling130627mj06.jpg
'5253' by James Welling, 2008. Courtesy David Zwirner, New York.

from Wallpaper* Magazine

投稿者 orangepeel : 06:15 PM | コメント (0)

June 26, 2013

Bibi at the New Eden Roc Restaurant, Cap d’Antibes 1920.

jacqueshenrilartigue130626mj01.jpg
Bibi at the restaurant (by Jacques Henri Lartigue, 1920)

“Tengo dos pares de ojos – uno para pintar y uno para hacer fotografías.” – Jacques-Henri Lartigue

from …y mientras tanto // …and meanwhile

投稿者 orangepeel : 08:15 PM | コメント (0)

L'écume des jours #249

ldj130626mj01.JPG

ldj130626mj02.JPG

ldj130626mj03.JPG

ldj130626mj04.JPG

ldj130626mj05.JPG

ldj130626mj06.JPG

ldj130626mj07.JPG

ldj130626mj08.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:07 PM | コメント (0)

Matchbox

machbox130626mj001.jpg

machbox130626mj01.jpg

machbox130626mj02.jpg

machbox130626mj03.jpg

machbox130626mj04.jpg

machbox130626mj05.jpg

machbox130626mj06.jpg

machbox130626mj07.jpg

machbox130626mj08.jpg

machbox130626mj09.jpg

machbox130626mj10.jpg

machbox130626mj11.jpg

Matchbox

No 5
P. Inman: m'event
November 2006

Cover art by Stephen Raw

from Poetry Magazines

投稿者 orangepeel : 06:18 PM | コメント (0)

June 25, 2013

Le Seul visage

leseulvisage130625mj01.JPG

leseulvisage130625mj02.JPG

leseulvisage130625mj03.JPG

leseulvisage130625mj04.JPG

leseulvisage130625mj05.JPG

leseulvisage130625mj06.JPG

leseulvisage130625mj07.JPG

leseulvisage130625mj08.JPG
from my bookshelf

“Le Seul visage”
Hervé Guibert

© 1984 Les Éditions de Minuit, Paris

投稿者 orangepeel : 08:25 PM | コメント (0)

Don't dream about

dontdream130625mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on screen print.

投稿者 orangepeel : 08:12 AM | コメント (0)

June 24, 2013

Attracted to Light (Film Still)

mikeanddougstarn130624mj01.jpg
Attracted to Light (Film Still), by Mike and Doug Starn

"Like butterflies, moths are almost as light as air, but they’re the poor stupid cousins. Choosing to live their lives at night, flying from nowhere towards the end of their lives—fragile, dusty wings in tatters. A moth will bounce across a ceiling, orbit a lamp, fly into a flame, or self-immolate like a Buddhist monk.”

from Artspace

mikeanddougstarn130624mj02.JPG

mikeanddougstarn130624mj03.JPG

mikeanddougstarn130624mj04.JPG

mikeanddougstarn130624mj05.JPG
from my bookshelf

“Attracted to Light (Film Still) ”
Mike & Doug Starn

BLIND SPOT
ISSUE TWENTY FIVE
© 2003 Blind Spot Photography,Inc.

投稿者 orangepeel : 08:39 PM | コメント (0)

L'écume des jours #248

ldj130624mj01.JPG

ldj130624mj02.JPG

ldj130624mj03.JPG

ldj130624mj04.JPG

ldj130624mj05.JPG

ldj130624mj06.JPG

ldj130624mj07.JPG

ldj130624mj08.JPG

ldj130624mj09.JPG

ldj130624mj10.JPG

ldj130624mj11.JPG

ldj130624mj12.JPG

ldj130624mj13.JPG

ldj130624mj14.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:29 PM | コメント (0)

June 23, 2013

雨足

passingshower130623mj01.JPG

passingshower130623mj02.JPG

passingshower130623mj03.JPG

passingshower130623mj04.JPG

passingshower130623mj05.JPG

passingshower130623mj06.JPG

passingshower130623mj07.JPG
© hiromi suzuki, 2013

collage on watercolour paintings.

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 08:19 PM | コメント (0)

L'écume des jours #247

ldj130623mj01.JPG

ldj130623mj02.JPG

ldj130623mj03.JPG

ldj130623mj04.JPG

ldj130623mj05.JPG

ldj130623mj06.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:56 PM | コメント (0)

June 22, 2013

Sir Terry Frost RA

terryfrost130622mj.jpg
From Your Desks

“These paintings request time. Time to stand and stare. Time for the image to arouse the imagination. Time for the colours to work their magic. Time for the poetry of painted colour and form. To transport you through the painted world. Of Andreas Charalambides imagination. Time, the image, and imagination all become one. A true religious experience.” - Sir Terry Frost RA

投稿者 orangepeel : 08:13 PM | コメント (0)

Sant’Elia

ferdinandoscianna130622mj.jpg
Sant’Elia (by Ferdinando Scianna, 1980)

“Shadow isn’t just the dialectical moment as opposed to the light, it’s also a psychological moment as opposed to the brightness; there is brightness and there is sorrow too.” – Ferdinando Scianna

from …y mientras tanto // …and meanwhile

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

June 21, 2013

L'écume des jours #246

ldj130621mj01.JPG

ldj130621mj02.JPG

ldj130621mj03.JPG

ldj130621mj04.JPG

ldj130621mj05.JPG

ldj130621mj06.JPG

ldj130621mj07.JPG
© photo by orangepeel

*View from the Window at Le Gras - Nicéphore Niépce (en.wikipedia)

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

Toby’s Bed. Rhode Island

evarubinstein130621mj.jpg
Cama de Toby. Rhode Island // Toby’s Bed. Rhode Island (by Eva Rubinstein, 1972)

from …y mientras tanto // …and meanwhile

投稿者 orangepeel : 08:31 PM | コメント (0)

June 20, 2013

L'écume des jours #245

ldj130620mj01.JPG

ldj130620mj02.JPG

ldj130620mj03.JPG

ldj130620mj04.JPG

ldj130620mj05.JPG

ldj130620mj06.JPG

ldj130620mj07.JPG

ldj130620mj08.JPG

ldj130620mj09.JPG

ldj130620mj10.JPG

ldj130620mj11.JPG

ldj130620mj12.JPG

ldj130620mj13.JPG

ldj130620mj14.JPG

ldj130620mj15.JPG

ldj130620mj16.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:04 PM | コメント (0)

the POETRY cover by David Byrne

davidbyrne130620mj.jpg
from Don Share (@Don_Share) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:21 PM | コメント (0)

EZRA POUND AND CATS

ezrapound130620mj.jpg
from

投稿者 orangepeel : 09:15 PM | コメント (0)

June 19, 2013

L'écume des jours #244

ldj130619mj01.JPG

ldj130619mj02.JPG

ldj130619mj03.JPG

ldj130619mj04.JPG

ldj130619mj05.JPG

ldj130619mj06.JPG

ldj130619mj07.JPG

ldj130619mj08.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:46 PM | コメント (0)

E.E. Cummings' Childhood Drawings

eecummings130619mj01.jpg

eecummings130619mj02.jpg

E.E. Cummings' Colorful, Imaginative Childhood Drawings from Slate

投稿者 orangepeel : 03:28 PM | コメント (0)

Richard Brautigan reading from ‘Trout Fishing in America’ and ‘In Watermelon Sugar’


Richard Brautigan Reads from Trout fishing In watermellon suger

from Dangerous Minds | Richard Brautigan reading from ‘Trout Fishing in America’ and ‘In Watermelon Sugar’

投稿者 orangepeel : 03:16 PM | コメント (0)

June 18, 2013

What to do

whattodo130618.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on screen print.

投稿者 orangepeel : 09:02 AM | コメント (0)

June 17, 2013

カミングズをどうぞ

tulipsandchimneys130617mj.jpg
E. E. Cummings “Tulips and Chimneys” from en.wikipedia


   ヒューマニテイ

ヒューマニテイ
おまえがぼくは好きだ
なぜっておまえは
懐中時計のくさりには一体誰がぶらさがっているのか
と尋ねて互いに当惑してしまうよりも
その成り上がりの 靴をみがきたがるから

なぜっておまえは
国やふるさとや母親ってコトバ入りのすべての歌が
馴染みの酒場でうたわれるとき
ためらうことなく拍手するから

ヒューマニテイ
おまえがぼくは好きだ
なぜっておまえは金に困ると
酒を買うため知性を質に入れてしまうし
ふところが暖かければ
誇りが質屋から遠ざける

なぜっておまえは
とりわけ自分の家の中で
良からぬことばかりしているんだ

ヒューマニテイ
おまえがぼくは好きだ
なぜっておまえはたえずズボンの中に
人生の秘密を隠し忘れてしまって
その上に坐っているんだ

ヒューマニテイ
ぼくはおまえが嫌いだ
なぜっておまえは死の膝の中で
永遠に詩をつくっている

「ヒューマニテイ」 / 詩集『チューリップと煙突』 (1923)

上の詩は、谷川昇 訳編『カミングズをどうぞ』 (谷川昇 発行, 1993)、p.38-40 から。
なかなか手に入らない、e.e.カミングズの翻訳本を古書店・水曜文庫にて(先日読了した『評伝 北園克衛』も!)購入。
静岡在住の詩人・谷川昇氏の私家版である。
「カミングズの生涯」、「訳詩」、ロバート・E・モーラー「カミングズの言語についての今日的覚書」(谷川氏訳)、
「私のカミングズ」、「カミングズ略年譜」という構成。

とりわけ、いままで知ることがなかった、カミングズの生涯が興味深かった。
ハーヴァード時代に、のちのパトロンとなる富豪の学友と知り合ったこと、
40歳近くになるまで親の仕送りを受けていたこと(とくに父親には頭が上がらなかった)や、
女性に弱い男性であったこと。
流浪の詩人のイメージが、ちょこっと崩れた?けれど、
それもまた、e.e.カミングズである。

実験的といわれているカミングズの詩だが、
“コトバをしらないコドモ”というアプローチだったのかもしれない。

 ‘子供は接尾辞 ed をつけることによって不規則動詞を過去形にしたり (runned, swimmed など)どの形容詞にも er や est をつけることによって比較級や最上級をつくったり( beautifuler, beautifulest)あるいはまたそれ自体すでに最上級なのに lastest と言ったりして last という単語の力を強めたりするなどアナロジイによってコトバをつくりあげる。自分の言いたいことを明確にするのに夢中で、そのくせ文法上の正確さはまだ身につけていないので、子供は否定語や最上級を重複させて使ったりするものだが、カミングズもそうなのだ。彼の詩から次の一行
  somebody might hardly never not have been unsorry,perhaps(from ViVa)
は否定語が一杯むらがっている.・・・’

『カミングズをどうぞ』 3.「カミングズの言語についての今日的覚書」 ロバート・E・モーラー / 谷川昇 訳 (p.132)

 ‘次の一節・・・、この場合は月の精神的特質とでも言うべきものを示しているのである。

  WhO perfectry WhO
  flOat
  newly alOne is
  dreamest           (from No thanks)

 通常は名詞か動詞であるコトバ dream を形容詞として用いることによって彼はコトバが置かれる場所は融通のきくものであるとする自分の考え方を実行しているのだ。そうすることによって英語にはそれに相当するコトバがない一つの観念を彼は正確に表現できるようになる。すなわち自然現象にはかなりの程度夢の本質とでも言うべきものが含まれているという観念を。同じように品詞を意識的に変えていることが次の節における wonderful の用い方にも見られる。

  And if somebody hears
  what i say-let him be pitiful:
  because I've travelled all alone
  through the forest of wonderful.               (from XLI POEMS)

 ここで彼は品詞の分類を変えることによって通常は使われすぎてしまって色のないコトバに普通ならざる重さを与えている。 The forest of wonderful とは彼が愛する者の美しさのことである。この詩行は through the forest of her wonderful beauty という意味かも知れないが、そうした場合比喩的表現は同じでもコトバのおどろきは消えてしまったであろう。同じように次の節では彼は比較級の形を重複させて用いるという子供っぽいテクニックと高度に洗練されたパラドックスの要素とを結びつけてみせる。

  love is more thicker than forget
  more thinner than recall                (from 50 POEMS) ’

「カミングズの言語についての今日的覚書」 (p.134-135)

 ‘多分この詩人がコトバをつくり出す子供のやり方をマネし発展させてみせる場合ほどびっくりさせるものではないけれども、二つかそれ以上の単語を結合させて一つの新しいコトバをつくるやり方がある。しばしばこういった結合はハイフンを用いて正常に結合されるコトバと変らないか、あるいは詩人が一つの色を yellowgreen とか yellowandbluish とか言うときのように、またある女優のことを muchmouthed と言うときのように一つのまとまりの効果、一つの特性の効果を生み出すため単に一つかそれ以上の単語をくっつけて印刷したものである。しかしながら、ときとすると数個の単語をくっつけて印刷することはそれらのコトバに注釈をつけることだ。すなわち、例えば poorbuthonest workingman によってカミングズはそれらのコトバは陳腐になってしまっていることを軽蔑的に意味しているのだ。あるいはまた読みのスピードを調整する意図でバッファロービルのように信じられない早撃ちをまねて and break onetwo threefourfive pigeonsjust likethat のように、描写されている行動そのものに近づくため単語をくっつけて印刷することもある。’

「カミングズの言語についての今日的覚書」 (p.136-137)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:59 PM | コメント (0)

June 16, 2013

I PLAY THE GUITAR

amandafranklin130616mj.jpg
© Amanda Franklin

投稿者 orangepeel : 09:50 PM | コメント (0)

Lotte Hardie Kravitz

lottehardiekravitz130616mj.jpg
“The ocean covers 95 percent of the worlds surface, but we have only explored ten percent of it. For this project I wanted to look at our relationship with the sea, the mythology and conservation issues that surround it. ”
© Lotte Hardie Kravitz

from Practise / Practice

投稿者 orangepeel : 09:21 PM | コメント (0)

Sylvia Plath at Mademoiselle

sylviaplath130616mj01.jpg
Sylvia Plath is photographed while interviewing poet Elizabeth Bowen for Mademoiselle

sylviaplath130616mj02.jpg
Plath in a Mademoiselle photo shoot of the guest editors

sylviaplath130616mj03.jpg
The August 1953 college issue of Mademoiselle, which Sylvia Plath worked on.

Pain, Parties, Work: Sylvia Plath in New York, Summer 1953 from Brain Pickings

投稿者 orangepeel : 09:05 PM | コメント (0)

Nice Weather for Ducks


Lemon Jelly - Nice Weather for Ducks (Lost Horizons)

投稿者 orangepeel : 08:41 PM | コメント (0)

June 15, 2013

SNOWSCAPE

akirakugimachi130615mj.jpg
SNOWSCAPE -Akira Kugimachi Solo show
12/06/2013 - 18/06/2013
Mitsukosh Nihonbashi Art Gallery (Tokyo, Japan)

digital catalogue

*追記
6/15(土)13:00-14:00 日本橋三越本店本館6階美術特選画廊内トークショー
(対談:釘町彰Xフリーアナウンサー城ヶ崎裕子)に行きました。
対談でもあったように、カタログだけではではなく実物をぜひ。
ラピスラズリ(!)の繊細なマチエールは、まさに宝石です。
釘町氏に直接お話をうかがうこともできました。

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

June 14, 2013

L'écume des jours #243

ldj130614mj01.JPG

ldj130614mj02.JPG

ldj130614mj03.JPG

ldj130614mj04.JPG

ldj130614mj05.JPG

ldj130614mj06.JPG

ldj130614mj07.JPG

ldj130614mj08.JPG

ldj130614mj09.JPG

ldj130614mj10.JPG

ldj130614mj11.JPG

ldj130614mj12.JPG

ldj130614mj13.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (0)

June 13, 2013

The Forgotten Home of Coffee


Kew Gardens - Beyond the Gardens - The Forgotten Home of Coffee

投稿者 orangepeel : 09:37 PM | コメント (0)

L'écume des jours #242

ldj130613mj01.JPG

ldj130613mj02.JPG

ldj130613mj03.JPG

ldj130613mj04.JPG

ldj130613mj05.JPG

ldj130613mj06.JPG

ldj130613mj07.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (0)

June 12, 2013

評伝 北園克衛

katsuekitazono130612mj.jpg
『評伝 北園克衛』 藤富保男 著 (沖積舎, 2003)

_____ 北園克衛は詩を意味という枠から追放し、抽象と非形象の図学を詩にもち込んだ最初の詩人である。同時に彼はデザインや写真に携わる人々に多大な影響を与えた。本著で著者は彼の詩業を一枚一枚はぎとるように、ここに公開する。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

反詩- アンチ・ポエム -

旗手、
kit kat

足跡

と、表紙にある。
藤富保男氏の『評伝 北園克衛』を読了し、
北園克衛はアンチ・ポエムという“アヴァンギャルドで洒脱なモダニスト”というだけではなく、
1902年から1978年という歳月を生き、大戦を潜り抜けてきた、反戦の詩人であることを知る。
それは、『VOU』等で交流をもったエズラ・パウンドが戦争終結間近に、
パリ郊外のアメリカ合衆国陸軍拘留キャンプに投獄され、
反逆罪として送還された戦後、「観念及び信念の誇大化」という精神疾患で
ワシントンD.C. のセント・エリザベス病院に“拘留”されていたことと大きく違うことだろうか。

第二次世界大戦中、北園克衛は、戦わなかった。
ひたすらペンを取って詩を書き、ブラッシで絵を描いた。
エズラ・パウンドとの交信も途絶え、
物資の足りない状況で、貧しいザラ詩で詩誌をつくった。
1945年8年15日、疎開先で敗戦のラジオ放送をきき、
翌日、8月16日には、焼土と化した東京に戻っている。

1950年の『VOU』34号での「時評」、これは予言的でもあった。

 ‘第三次世界戦争の暗い雲が、水平線の上に、あの不気味な姿をしだいに現はして来た。われわれはその飴いろの顔にアルカイックな微笑を浮べながら、あいも変らず身辺の瑣事に心をうばはれてゐるが、明日には一匙の灰ものこさない無慈悲な運命が待ってゐるのかもしれない。と思へば、今日の一日の貴重さが、あの空襲下の日日のやうに切実だ。しかしそれにしても、何かにつけて、直ぐ武力にうったへやうとする原始的な態度は、もういい加減に止めたほうがいいやうだ。戦争によって消耗される物質が勝利によってカバアされるといふ予想は、今日では全くリアリティを失ってゐるにもかかはらず、なほその幻影にとりすがらせてゐるものは国家というふ古ぼけた観念である。人間がこの観念の下にあるかぎり、原子爆弾はつねに死の太陽のごとくわれわれの上に残酷に揺れつづけることであらう。

 この不安は水爆からミサイル、中性子爆弾、真空爆弾へと世界が核兵器開発に余念のない近年に読んでみると、北園が一九五〇年に戦争と国家に対してウナリをあげて腹を立てているのは何とも予言的であり、彼も一人間であることが伝わる文である。彼の抵抗とは行動こそ伴わなかったが、常に文章上で怒りと「Stop the war」を叫んでいたのだ。’
藤富保男『評伝 北園克衛』 「人の作らぬ詩にむかって」 (p.152-153)

戦前の詩集『夏の手紙』 (アオイ書房, 1937)に戻る。北園克衛、36歳。

  ‘ 驟雨

 友よ またアポロが沖の方から走ってくる
 雨のハアプを光らせて
 貝殻のなかに夕焼けが溜まる

 この詩について、ぼくは次のように書いたことがある。

 美しいといってしまえばそれまでであるが、特に最後の一行の甘美さ、その豊かなセンシビリティ、その緻密な筆致は神経に鋲が次々とささって行くような鋭さがある。第一行の<また>も注意深く読むと心憎いほど巧みである。雨の擬声語を一つも使わずに、雨の束をハアプの音の比喩に使っているあたりはびっくりする。そして異国の浜で、淡い恋の悩みでたたずむ青年の憂愁がにじんでいるようでもある。
 北園はメランコリィを感じることのできる達人であった。自ら淋しさに慣れていない、という淋しさをあきらかに肌から感じさせる人であった。このやるせなさが、彼にこういうリリシズムを与えたのであろう。’

藤富保男『評伝 北園克衛』 「詩の驟雨」 (p.82)

最近の古書店では、北園克衛の詩集や詩誌は高級な美術品扱いで、
どちらかというと、デザインの方ばかりが注目されているように思う。
私自身、イラストレーションを生業としており、また詩を書いているけれど、
学生時代から北園克衛を読むひとりとしては、コラージュも写真もテクストもすべて“詩”だ。
北園克衛は、言葉を「意味をもたないオブジェ」としたけれど、
無機質でジオグラフィカルなオブジェにも詩情がある。
怒りや憂鬱をもつ。
その肉体たるオブジェが、詩なのだ。

*ちなみに、こちらのサイト -->The Sackner Archive of Concrete and Visual Poetry
日本のコンクリート・ポエツのリストに大竹伸朗もいる。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (0)

June 11, 2013

Terrain vague

terrainvague130611mj.jpg
from kizashino‏ (@kizashino) on twitter

Terrain vague(曖昧な土地)

@ 恵比寿ギャラりーまぁる

“ 6月11日(火)〜16日(日)
 12:00〜19:00 最終日は16:00までです。
 テクストは(去年に続き)鈴木創士氏。
 Terrain vagueのイメージの下、オブジェ、油絵、写真、そして香水が提示されます。 ”
from 猫額洞の日々

stue130611mj.jpg
Tv / 003
Stue.N.Sugita
from kizashino‏ (@kizashino) on twitter

投稿者 orangepeel : 03:11 PM | コメント (2)

The Whole Truth


Carlos Cipa - The Whole Truth

from CARLOS CIPA via kizashino ‏(@kizashino) on twitter

投稿者 orangepeel : 03:02 PM | コメント (0)

After the white water,

water130611mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

collage on screen print.

投稿者 orangepeel : 02:45 PM | コメント (0)

June 10, 2013

ephemera / Stephen Russ

stephenruss130610mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

“Georgian Poetry”
Selected and introduced by
James Reeves

Published in Penguin Books, 1962

Cover pattern by Stephen Russ

=======

*more stephen russ book covers

投稿者 orangepeel : 08:23 PM | コメント (1)

Katie Baldwin

katiebaldwin130610mj01.jpg
Trap 1
2010
Mokuhanga
7.5" x 7.5"

katiebaldwin130610mj02.jpg
Trap 2
2010
Mokuhanga
7.5" x 7.5"

katiebaldwin130610mj03.jpg
Trap 3
2010
Mokuhanga
7.5" x 7.5"

katiebaldwin130610mj04.jpg
Trap 4
2010
Mokuhanga
7.5" x 7.5"

© Katie Baldwin

katiebaldwin130610mj09.jpg

katiebaldwin130610mj10.jpg

katiebaldwin130610mj11.jpg

katiebaldwin130610mj12.jpg
Katie Baldwin's studio via PRINTERESTING

投稿者 orangepeel : 07:41 PM | コメント (0)

June 09, 2013

辻公園

thesquare130609mj.jpg
“The Square” by Marguerite Duras via Anticipated Stranger

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (0)

Nathaniel Russell

nathanielrussell130609mj01.jpg

nathanielrussell130609mj02.jpg

nathanielrussell130609mj03.jpg

nathanielrussell130609mj04.jpg

nathanielrussell130609mj05.jpg
© Nathaniel Russell

nathanielrussell130609mj06.jpg

nathanielrussell130609mj07.jpg
” I keep a lot of notebooks, paper pads, and post-it notes at hand for making lists and writing down ideas that I would certainly forget otherwise. There are piles of drawings, cups of coffee, toast crumbs, and the kinds of stuff that accumulate (screws, stickers, plugs). I really don’t like making drawings in the computer, I do everything by hand and scan it in, fix my goofs sometimes, and then off it goes to wherever.”

“I love the democratic nature of the print…”

“Drawing is one of the most pure forms of human expression. A line or a shape can communicate a mood of sadness, joy, anger, or peace. It’s like music.”

“There’s nothing like the smell of ink and the feel of pulling a print off of a piece of wood or under a screen. It’s the small pleasure of creating a finished piece every single time you pull a print. I love the democratic nature of the print, that you can make copies that people can afford to take home. I love the filter of the medium, take a drawing and carving it into a piece of wood or linoleum or pushing it through a silk screen. I could mimic the effect of a woodcut on pen and ink on paper and get every line precise but it still wouldn’t have that feeling or energy.”

FROM THE DESK OF Nathaniel Russell

投稿者 orangepeel : 07:21 PM | コメント (0)

June 08, 2013

The New Age

thenewage130608mj.jpg
from Brown University Library

The New Age ( Volume 13, Number 6 )
London: The New Age Press, Ltd., 1913-06-05

Ezra Pound "America: Chances and Remedies"

投稿者 orangepeel : 08:52 PM | コメント (0)

June 07, 2013

Une Petite Maison 1923

unepetitemaison130607mj01.jpg

『小さな家 1923』 ル・コルビュジェ 著 / 森田 一敏 訳 (集文社, 1980)

 ‘レマン湖にあるこの地方では、ぶどう畑がひな段のように重なっている。ぶどう畑を支えているこれらの擁壁をつぎつぎと直線状に加えていくと、その長さはなんと3万kmにも及ぶ(これは地球の外周の4分の3にも達する)。ぶどうの栽培者たちは、この事業の遠大さを果して知っているのだろうか。少なくとも、これは百年以上も昔の仕業であって、ひょっとしたら、1千年を経ているかもしれない。
 この小さな家は、長年にわたって働き続けた私の両親の老後の安らぎの日々を想定したものでる。’

「ある小さな家」 ( p.5)

という書き出しではじまる、“小さな家”を描いた“小さな本”である。
たった60屬虜拂垢げ箸世、11mにおよぶ窓や天井のトップライトからの採光、
各部屋をカーテンだけで仕切った、機能的な家(ル・コルビュジェ曰く“住む機械”)の。

魅力を感じたのは、湖の岸辺から、わずか4mのところに築かれた壁だ。
人のスケールにあわせてくりぬかれた四角いのぞき穴からは、絵画のような湖面を臨むことができる。
また、以下の写真ページにあるように、壁に囲われたこの小さな空間は、庭でありつつ、緑あふれるリビングルームでもある。

unepetitemaison130607mj02.JPG
(p.24)

unepetitemaison130607mj03.JPG
(p.25)

unepetitemaison130607mj04.JPG
桐の木だけが残された (p.50)

ところで、あるときある一定の場所に床から天井までクラックが入ってしまうトラブルに見舞われる。
経年劣化による住宅につきものの、“家の百日咳”だ。
考えてみれば、この地方は百年以上にもわたって築堤された埋立地であった。
原因は地下水位の上昇だった。

‘地下水は生きているのだ’
「住宅も、また百日咳にかかる」 (p.57)

 ‘この建物の西の端にある防水した小さな酒蔵が、度重なる地下水の“高水位面”に浮ぶ格好の小舟となっていたことにふと思い当たり、ことのほか驚かされた。したがってちょうど水面に浮んだ小舟のような酒蔵は、今は亡きあのアルキメデスによる重大な発見である浮力を受けて、上方へと押し上げられていたのである。こうした場合には、敷地の条件をよく知らなければならない(管理局は年に1度、沿岸の住民に必要な補修ができるようにと、ジュネーブにあるローヌ川の水門を開く。これによって湖の高さ<水位>は80cmも低下する)’
「住宅も、また百日咳にかかる」 (p.59)

レマン湖畔の小さな家は、
レマン湖に浮ぶ小さな船でもある。

と、想像をめぐらせてみて、
わたしたちは、
地上にありながら、
生きた地下水にたゆたう
小さきものであることを実感する。

1945年の、ル・コルビュジェのデッサン。さらり。

unepetitemaison130607mj05.JPG
「1945年のデッサン」 (p.70-71)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 05:30 PM | コメント (0)

June 06, 2013

REBECKA TOLLENS

rebeckatollens130606mj01.jpg

rebeckatollens130606mj02.jpg

rebeckatollens130606mj03.jpg

rebeckatollens130606mj04.jpg

rebeckatollens130606mj05.jpg

rebeckatollens130606mj06.jpg

rebeckatollens130606mj07.jpg
© REBECKA TOLLENS : Ultra-book

==========

*hiromi suzuki : Ultra-book

投稿者 orangepeel : 05:30 PM | コメント (0)

June 05, 2013

ephemera / bathing beauty

bathingbeauty130605mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

vintage postcard.

投稿者 orangepeel : 05:54 PM | コメント (0)

Janet Jones

janetjones130605mj01.jpg
Counterpoint #1
Monoprint collage of
found and prepared papers
Image 4.5" x 4.5"
set into debossed panel, on
Paper 12" x 10"

janetjones130605mj02.jpg
Counterpoint #2
Monoprint collage of
found and prepared papers
Image 4.5" x 4.5"
set into debossed panel, on
Paper 12" x 10"

janetjones130605mj03.jpg
Counterpoint #7
Monoprint collage of
found and prepared papers
Image 4.5" x 4.5"
set into debossed panel, on
Paper 12" x 10"

janetjones130605mj04.jpg
Counterpoint to #11
Monoprint collage of
found and prepared papers
Image 4.5" x 4.5"
set into debossed panel, on
Paper 12" x 10"

janetjones130605mj05.jpg
Counterpoint #15
Monoprint collage of
found and prepared papers
Image 4.5" x 4.5"
set into debossed panel, on
Paper 12" x 10"

© Janet Jones Abstract Monoprint Collages via cum versari

投稿者 orangepeel : 05:48 PM | コメント (0)

June 04, 2013

allow 7 days

collage130604mj01.jpg

collage130604mj02.jpg

collage130604mj03.jpg

collage130604mj04.jpg

collage130604mj05.jpg
© hiromi suzuki, 2013

from my collage logbook

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

June 03, 2013

カレワラ神話と日本神話

kalevala130603mj.jpg
『カレワラ神話と日本神話』 小泉 保 著 (NHKブックス, 1999)

_____ 北欧フィンランドに伝わる美しい叙事詩カレワラと古事記、日本書紀等の日本神話に共通するモチーフを抽出する。宇宙卵、課題婚、呪的逃走、再生、宇宙樹、異族女房、天体解放、児童神、兄妹相姦等々。これらのモチーフをさらにギリシア、中国、ロシア等、広くユーラシアの神話と比較し、その起源と系統的関係を確かめて、日本神話とカレワラ神話を読み直す。また両者の構造を比較し、神々や英雄たちの三機能の共通性を発見する。比較神話学の死角をつく好著。_____
内容(「BOOK」データベースより)

「竹取物語」や「桃太郎」などの日本に古くから伝わる民話と、世界にひろがる神話との共通項を比較している。
ここでは、“世界樹”に関するエピソードの覚書を。

‘『旧約聖書』に伝えられているエデンの楽園には知恵のリンゴの木が生えていると一般に思われているが、実は生命の樹と善悪を知る樹の二本が植えられていたのである。創世記第二章九節は、
  神が「(エデンの)園の中に生命の樹および善悪を知る樹を生ぜしめ給えり。」
と述べている。
 生命の樹(Tree of Life)すなわち「宇宙樹(Cosmic Tree)は世界中の神話や説話において、樹となり山となり。あるいは柱となって、さまざまに形を変えながらわれわれの頭上にそびえている。宇宙樹は天上、地上、下界を貫くもので、その葉は天空を覆い、その根は奈落の底に及んでいる。
 宇宙樹の代表は北欧神話に出てくる巨大なとねりこの木ユグドラシルであろう。
  「とねりこユグドラシルの下からは、三方に三つの根が出ている。一つの根の下にはヘル(死者の国の女神)が住み、もう一つの根の下に霜の巨人らが、三つ目の根の下には人間たちが住む。」
と『エッダ』は説明している。
 さて、日本神話では、宇宙樹はどのような形をとっているのであろうか。’

『カレワラ神話と日本神話』 第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 (p.185-186)

‘イザナギとイザナミ二神の国生み神話の場面で、イザナギは次のように提案している。
 「然らば吾と汝とこの天の御柱を行き廻り逢いて、みとのまぐはひを為む。」
「みとのまぐはひ」とは性行為のことであるが、「天の御柱」はどうも宇宙樹のシンボルのように思える。そこで、男神が右から、女神が左から柱を回って出会ったところで、「あなにやし、えをとこ。」「あなにやし、えをとめを。」と声をかけ合って契りを結び、国生みの偉業を成し遂げている。
 この「天の御柱」には、世界樹=宇宙樹の概念が投影していると、小野明子は考えている・・・
(中略)
さて、宇宙樹の候補として、巨大な槻の木の話が『古事記』に出てくる。これは長谷の「百枝槻」にまつわるエピソードである。百枝槻とは枝の茂ったケヤキの木であるという。’

第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 「天の御柱」 (p.186)

‘『新カレワラ』第二章には大きな樫の木の記述がある。次は、一八七二年にA・A・ボレニウス(Borenius)が奥カレリアで採録した原詩である。

 ラップ人がトゥルヤからやって来て
 草を燃やして灰にした
 北から風が吹いてきた
 それが灰を持ち去った
 比べようもない木が生えた
 枝は茂っていた
 葉が伸びていた。
 太陽が輝くのを
 月が照るのを妨げた。
 それで寒さが穀物を襲った
 水の魚も恐れをなした

樫の木は大空まで枝を伸ばし、葉を茂らせている。

 伐り倒す人が求められた
 海から男が立ち上がった
 親指ほどの長さで
 指三本の高さだった
 四つの削り石で
 七つの油砥石で
 八つの玉石で。
 木に斧を当てた
 平刃で樫の木を
 斧から火が出た
 木切れが樫から飛んだ

 さて樫の木は倒された
 ポホヨイネンの川を横切って。

宇宙樹とおぼしき樫の大木を伐り倒したのは小男である。
エストニアの叙事詩『カレビポエグ』にも同じような樫の木が出現する。
(中略)
 ハルパによると、アルタイの伝説では、「大地のへその上、万物の中心に、地上の樹の中で最も高い樅の巨木がそびえていて、その梢は最高神パイ・ユルゲンの住まいへ届いている」。つまり天と地を結んでいると述べている。これこそ宇宙樹の基本条件である。’

第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 「大きな樫の木」 (p.189-191)

 ‘・・・宇宙樹と生命の樹およびこれから派生する聖なる神話的事物を次のような関係にまとめることができると思う。

     【  宇宙樹       =       生命の樹  】
         ↓                    ↓
     宇宙柱(天の御柱)           生命の泉             
         ↓                    ↓
     宇宙塔(バベルの塔)          生命の河      
         ↓                    ↓
        宇宙山                 生命の水 
  

 すなわち、生命の樹は活力を与える樹液を流出する宇宙樹ということになろう。また、宇宙樹から枝葉を取り払えば宇宙柱となり、宇宙柱の代用となる塔を人工で築けば宇宙塔になる。この代表がバベルの塔である。’
第九章 宇宙樹〜槻の木と樫の木 「宇宙樹と生命の樹」 (p.194)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:44 PM | コメント (0)

June 02, 2013

L'écume des jours #241

ldj130602mj01.JPG

ldj130602mj02.JPG

ldj130602mj03.JPG

ldj130602mj04.JPG

ldj130602mj05.JPG

ldj130602mj06.JPG

ldj130602mj07.JPG
© photo by orangepeel

brocante.

投稿者 orangepeel : 06:06 PM | コメント (0)

ephemera / “La question ne se pose pas, il y a trop de vent.”

poet130602mj01.jpg

poet130602mj02.jpg

poet130602mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

poetry cards.
printed in France

投稿者 orangepeel : 06:00 PM | コメント (0)

June 01, 2013

The Lily Pond

rudolfeickemeyer130601mj.jpg
from

“The Lily Pond” Rudolph Eickemeyer (American, 1862-1932)
Date: 1916 Medium: Gelatin silver print tonedLocation: Museum of Fine Arts, Boston

投稿者 orangepeel : 05:15 PM | コメント (0)

Umbo

umbo130601mj01.jpg
Night in a Small Town
Umbo (Otto Umbehr) (German, Düsseldorf 1902–1980 Hanover)

umbo130601mj02.jpg
Mystery of the Street
Umbo (Otto Umbehr) (German, Düsseldorf 1902–1980 Hanover)

from MoMA - BAUHAUS ARCHIVE

投稿者 orangepeel : 05:02 PM | コメント (0)