May 31, 2013

water,water, everywhere

On 3rd October people of all ages will take part in the 19th annual National Poetry Day,
inspired by the theme 'water, water, everywhere'.

“without water we die, without poetry we cannot fully live”

National Poetry Day 2013 - Oct 3rd - water,water, everywhere

投稿者 orangepeel : 07:07 PM | コメント (0)

Canal & River Trust

canalrivertrust130531mj01.jpg
Feakes Lock, River Stort By Maxine Webber

canalrivertrust130531mj02.jpg
By Danen Appasamy

canalrivertrust130531mj03.jpg
By Danen Appasamy

from Canal & River Trust, Photo Competition - Gallery

投稿者 orangepeel : 07:00 PM | コメント (0)

May 30, 2013

ephemera / AMERICAN ARTIST

americanartist130530mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

AMERICAN ARTIST
MAY, 1947
published by Watson-Guptill Publications

cover illustration by Jan Balet

投稿者 orangepeel : 06:44 PM | コメント (0)

ephemera / MUSIC JOURNAL

musicjournal130530mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

MUSIC JOURNAL
MAY, 1963
published by The Music Journal, Inc.

cover illustration by paul freeman

投稿者 orangepeel : 06:38 PM | コメント (0)

Dusty Griffith

dustygriffith130530mj01.jpg
The Kingdom
acrylic and beeswax on plexi/wood, 42 x 36

dustygriffith130530mj02.jpg
Hereafter
acrylic, beeswax on plexi/wood 48x48

dustygriffith130530mj03.jpg
Lie Down
acrylic, beeswax on plexi/wood, 48 x 36

dustygriffith130530mj04.jpg
Sow in Tears, Reap in Joy
acrylic on plexi/wood, 62 x 41.5

dustygriffith130530mj05.jpg
Upon your waters
acrylic on plexi/wood 50 x 36

dustygriffith130530mj06.jpg
Sea of Faces
beeswax, acrylic on plexi/wood, 55 x 36

dustygriffith130530mj07.jpg
Other Gods Before Us
wax and mixed medium on plexi/wood, 63 x 42

dustygriffith130530mj08.jpg
On Earth as it is in Heaven
wax and mixed medium on plexi/wood, 74 x 36

© Dusty Griffith

投稿者 orangepeel : 03:20 PM | コメント (0)

May 29, 2013

The world is ...

theworld130529mj.png
“The world is reaching its end” via KITTENMEATS

投稿者 orangepeel : 06:01 PM | コメント (0)

Jenny Gray

jennygray130529mj01.jpg
20"x16" acrylic on stretched canvas

jennygray130529mj02.jpg
11"x14" acrylic on canvas with collage, coated with UV protecting varnish

jennygray130529mj03.jpg
20"x16" canvas on 1.75" thick stretcher bars, sides painted black so it's ready to hang

jennygray130529mj04.jpg
The image is about 5"x7" the paper is 11"x12" for some nice white space around

jennygray130529mj05.jpg
The image is about 6"x5.5" the paper is 10"x10.75" for some nice white space around

jennygray130529mj06.jpg
paper size 8.5" x11" (22cm x 28cm) designed to fit nicely into a standard 8" x10" frame or mat

jennygray130529mj07.jpg
16"x20" on .75" thick panel, sides painted matching grey so it's ready to hang

jennygray130529mj08.jpg
8x10 (fits into standard 8x10 frames and mattes) comes in crystal clear art sleeve with stiffener

© Jenny Gray

投稿者 orangepeel : 05:53 PM | コメント (0)

Sieti Slnko v

sietislnkov130529mj.jpg
"Sieti Slnko v" (1962) - Stefan Uher via cum versari

投稿者 orangepeel : 05:43 PM | コメント (0)

May 28, 2013

Women Wearing Masks on Venice Beach

venicebeach130528mj.jpg
from Retronaut

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

églantine

dogroseflower130528mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ink jet print
5 colours

投稿者 orangepeel : 03:02 PM | コメント (0)

May 27, 2013

Le plaisir du texte


Le plaisir du texte - Roland Barthes (1973)

投稿者 orangepeel : 04:09 PM | コメント (0)

illywords magazine

illy130527mj01.JPG

illy130527mj02.JPG

illy130527mj03.JPG

illy130527mj04.JPG

illy130527mj05.JPG

illy130527mj06.JPG

illy130527mj07.JPG

illy130527mj08.JPG

illy130527mj09.JPG

illy130527mj10.JPG

illy130527mj11.JPG

illy130527mj12.JPG

illy130527mj13.JPG

illy130527mj14.JPG
© photo by orangepeel @ illy

illywords magazine

投稿者 orangepeel : 03:59 PM | コメント (0)

May 26, 2013

FROM THE DESK OF Pia Bramley

piabramley130526mj01.jpg

piabramley130526mj02.jpg

piabramley130526mj03.jpg

piabramley130526mj04.jpg

piabramley130526mj05.jpg
FROM THE DESK OF Pia Bramley

piabramley130526mj06.jpg

piabramley130526mj07.jpg

piabramley130526mj08.jpg

piabramley130526mj09.jpg

piabramley130526mj10.jpg

piabramley130526mj11.jpg

piabramley130526mj12.jpg
SCRAP BOOK : PIA BRAMLEY

投稿者 orangepeel : 08:08 PM | コメント (0)

L'écume des jours #240

ldj130526mj01.JPG

ldj130526mj02.JPG

ldj130526mj03.JPG

ldj130526mj04.JPG

ldj130526mj05.JPG

ldj130526mj06.JPG

ldj130526mj07.JPG

ldj130526mj08.JPG

ldj130526mj09.JPG

ldj130526mj10.JPG

ldj130526mj11.JPG
© photo by orangepeel

足柄PA。バス専用駐車スペースの「バス」の版ズレが、printing artとしていい感じです。

投稿者 orangepeel : 07:45 PM | コメント (0)

May 25, 2013

L'écume des jours #239

ldj130525mj01.JPG

ldj130525mj02.JPG

ldj130525mj03.JPG

ldj130525mj04.JPG

ldj130525mj05.JPG

ldj130525mj06.JPG

ldj130525mj07.JPG

ldj130525mj08.JPG

ldj130525mj09.JPG

ldj130525mj10.JPG

ldj130525mj11.JPG

ldj130525mj12.JPG

ldj130525mj13.JPG

ldj130525mj14.JPG

ldj130525mj15.JPG

ldj130525mj16.JPG

ldj130525mj17.JPG
© photo by orangepeel

中野区弥生町の暗渠をひさしぶりにひっそりと散策。
古書 猫額洞とCOFFEE JAZZ GENIUSの休日。

*The book I bought today. ERNST HAECKEL “ART FORMS IN NATURE” (DOVER BOOKS).

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

May 24, 2013

La Chambre claire

lachambreclaire130524mj.jpg
『明るい部屋―写真についての覚書』 ロラン・バルト 著 / 花輪 光 訳 (みすず書房, 1985)

_____ 本書は、現象学的な方法によって、写真の本質・ノエマ(『それはかつてあった』)を明証しようとした写真論である。 _____
内容(「BOOK」データベースより)

May 10, 2013, “punctum” と題した poetry foundation からの拙意訳記事にインスパイアされて
学生時代、お金がなくて買えなかった、ロラン・バルト 『明るい部屋』を古書店でみつけ、読了。

これからも何度となく、繰り返しページをひもとくだろう一冊。

Source: classconnection.s3.amazonaws.com via Margot on Pinterest



James Van der Zee, Family Portrait, 1926.

上の写真は、アマチュア写真家、ジェームズ・ヴァン・ダー・ジーの「家族の肖像」(1926年)である。
この写真のストゥディウム(一般的関心)は、‘体面を保つこと、家族主義、順応主義、晴れ着を着てかしこまっていること、白人の持ち物で身を飾るための社会的上昇の努力(素朴であるだけに感動的な努力)である。’ - p.58

しかし、バルトは、“プンクトゥム 《細部》- 部分的特徴” に感動を突きとめた。
それは、晴れ着を着た黒人女のベルト付きの靴だった。しかしこの写真は私の心のなかで徐々に変化していって、私はその後、真のプンクトゥムは彼女が首にかけている短い首飾りである、ということを理解するようになった。というのも(おそらく)、私の家族の一員が首にかけているのを、私がいつも目にしてきたのは、これと同じ首飾り(金の鎖の細い組紐)だったからである。その首飾りは、本人が亡くなったいま、家族の古い装身具を入れておく宝石箱にしまいこまれたままになっている(この父の妹は生涯結婚せず、オールドミスとして自分の母親のもとで暮らしていたので、私はその田舎暮らしのわびしさを思い、いつも心を痛めていた)。プンクトゥムは、いかに直接的、いかに鋭利なものであっても、ある種の潜伏性をもつことができる(しかしいかなる検査にも決して反応しない)、ということを私はそのとき理解したのだった。’ - p,66

写真はまさに、古い宝石箱にしまいこまれ、封じ込められた、“生”の記憶-記録である。
ある写真のプンクトゥムとは、その写真のうちにあって、私を突き刺す(ばかりか、私にあざをつけ、私の胸をしめつける)偶然なのである。’ -p.39

写真は無言でなければならない。(騒々しい写真があるが、私は好きではない)。これは《慎み》の問題ではなく、音楽の問題である。絶対的な主観性は、ただ沈黙の努力によってしか到達されない(目を閉じることは、沈黙のなかで映像に語らせることである)。写真が心に触れるのは、その常套的な美辞麗句、《技巧》、《現実》、《ルポルタージュ》、《芸術》、等々から引き離されたときである。何も言わず、目を閉じて、ただ細部だけが感情的意識のうちに浮かび上がってくるようにすること。’ -p.67


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

May 23, 2013

THE PASTELS

pastels130523mj01.jpg
THE PASTELS “slow summits” painting by annabel wright

pastels130523mj02.jpg
THE PASTELS “check my heart” painting by annabel wright


The Pastels, Slow Summits


The Pastels - Check My Heart

Stream The Pastels: Slow Summits on Pitchfork Advance

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (0)

May 22, 2013

ephemera / How to Draw BEARS

bears130522mj01.jpg

bears130522mj02.jpg

bears130522mj03.jpg

bears130522mj04.jpg

bears130522mj05.jpg

bears130522mj06.jpg

bears130522mj07.jpg

bears130522mj08.jpg

bears130522mj09.jpg

bears130522mj10.jpg
© ephemera collection of orangepeel

How to Draw BEARS
by JOSEPH MANISCALCO

PUBLISHED BY WALTER T. FOSTER

投稿者 orangepeel : 08:15 PM | コメント (0)

ephemera / “Drawing”

girls130522mj01.jpg

girls130522mj02.jpg

girls130522mj03.jpg

girls130522mj04.jpg

girls130522mj05.jpg

girls130522mj06.jpg

girls130522mj07.jpg

girls130522mj08.jpg

girls130522mj09.jpg

girls130522mj10.jpg
© ephemera collection of orangepeel

“Drawing” in Charcoal
with CHARLES LASALLE

PUBLISHED BY WALTER T. FOSTER

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

May 21, 2013

Emily Gherard

emilygherard130521mj01.jpg
Untitled
2007
Etching
18" x 24"

emilygherard130521mj02.jpg
Untitled
2007
Etching
12" x 13"

emilygherard130521mj03.jpg
Untitled
2006
Etching
8" x 8"

emilygherard130521mj04.jpg
Untitled
2006
Etching with Aquatint
8" x 8"

emilygherard130521mj05.jpg
Untitled
2006
Aquatint
8" x 8"

from Emily Gherard

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (0)

L'écume des jours #238

ldj130521mj01.JPG

ldj130521mj02.JPG

ldj130521mj03.JPG

ldj130521mj04.JPG

ldj130521mj05.JPG

ldj130521mj06.JPG

ldj130521mj07.JPG

ldj130521mj08.JPG

ldj130521mj09.JPG

ldj130521mj10.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:48 PM | コメント (0)

Corpus typographique français

frenchtypography130521mj01.jpg
titre: Ile de France Exemple, Ile de France, n° 6
auteur(s): Crous-Vidal, Enric, 1908-1987
éditeur: Fonderie Typographique Française
date d'édition: 1956-1961

frenchtypography130521mj02.jpg
titre: Ile de France Exemple, Ile de France, n° 8
auteur(s): Crous-Vidal, Enric, 1908-1987
éditeur: Fonderie Typographique Française
date d'édition: 1956-1961

frenchtypography130521mj03.jpg
titre: Etoile Exemple, Etoile, n° 6
éditeur: Deberny & Peignot
date d'édition: 1935

frenchtypography130521mj04.jpg
titre: Vendôme Exemple, Vendôme, n° 12
auteur(s): Ganeau, François, 1912-1983
éditeur: Olive
date d'édition: 1952

frenchtypography130521mj05.jpg
titre: Vendôme Exemple, Vendôme, n° 13
auteur(s): Ganeau, François, 1912-1983
éditeur: Olive
date d'édition: 1952

frenchtypography130521mj06.jpg
titre: Vendôme Exemple, Vendôme, n° 17
auteur(s): Ganeau, François, 1912-1983
éditeur: Olive
date d'édition: 1952

frenchtypography130521mj07.jpg
titre: Univers Exemple, Univers, n° 16
auteur(s): Frutiger, Adrian, 1928-
éditeur: Deberny & Peignot
date d'édition: 1954-1957

from Musée de l’Imprimerie de Lyon

投稿者 orangepeel : 08:32 PM | コメント (0)

May 20, 2013

the Waterways Museum

waterwaysmuseum130520mj.jpg
the Waterways Museum - Ellsmere Port and Eric Gaskell's exhibition from Canal Poetry

投稿者 orangepeel : 08:37 PM | コメント (0)

L'écume des jours #237

ldj130520mj01.JPG

ldj130520mj02.JPG

ldj130520mj03.JPG

ldj130520mj04.JPG

ldj130520mj05.JPG

ldj130520mj06.JPG

ldj130520mj07.JPG

ldj130520mj08.JPG

ldj130520mj09.JPG

ldj130520mj10.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:30 PM | コメント (0)

christinacoates

christinacoates130520mj01.jpg

christinacoates130520mj02.jpg

christinacoates130520mj03.jpg

christinacoates130520mj04.jpg

christinacoates130520mj05.jpg
‘Screen printing in the kitchen’ from Secret diary of a graphic designer

投稿者 orangepeel : 08:10 PM | コメント (0)

May 19, 2013

Parco dei Mostri

danielboudinet130519mj01.jpg

danielboudinet130519mj02.jpg

danielboudinet130519mj03.jpg

danielboudinet130519mj04.jpg

danielboudinet130519mj05.jpg

danielboudinet130519mj06.jpg

danielboudinet130519mj07.jpg

danielboudinet130519mj08.jpg

danielboudinet130519mj09.jpg

danielboudinet130519mj10.jpg

danielboudinet130519mj11.jpg

danielboudinet130519mj12.jpg

danielboudinet130519mj13.jpg

danielboudinet130519mj14.jpg

danielboudinet130519mj15.jpg

danielboudinet130519mj16.jpg

danielboudinet130519mj17.jpg

danielboudinet130519mj18.jpg

danielboudinet130519mj19.jpg

danielboudinet130519mj20.jpg
photographe : Daniel Boudinet (1945-1990)

Parco dei Mostri (Park of the Monsters) --> en.wikipedia

投稿者 orangepeel : 10:19 PM | コメント (0)

May 18, 2013

Kristen Martincic

kristenmartincic130518mj01.jpg
double ladder pool
three-plate etching w/ aquatint on inshu mitsumata, 14.75x18.5", 2012

kristenmartincic130518mj02.jpg
low board
monotype & acrylic on matsuo kozo on panel, 16x8x1.75", 2012

kristenmartincic130518mj03.jpg
line floats
monotype, acrylic on matsuo kozo on panel, 8x12x1¾", 2011

kristenmartincic130518mj04.jpg
double ladder
monotype, acrylic on mitsumata tissue on panel, 8x16x1¾", 2011

kristenmartincic130518mj05.jpg
step down ladder
monotype, acrylic on matsuo kozo on panel, 8x12x1¾", 2012

via pool & water series - kristen martincic

投稿者 orangepeel : 08:47 PM | コメント (0)

Dylan Thomas: Under Milk Wood

dylanthomas130518mj.jpg
Dylan Thomas: Under Milk Wood from Paris Review

The only known recorded performance of Dylan Thomas’s Under Milk Wood at 92nd Street Y

投稿者 orangepeel : 08:31 PM | コメント (0)

May 17, 2013

L'écume des jours #236

ldj130517mj01.JPG

ldj130517mj02.JPG

ldj130517mj03.JPG

ldj130517mj04.JPG

ldj130517mj05.JPG

ldj130517mj06.JPG

ldj130517mj07.JPG

ldj130517mj08.JPG

ldj130517mj09.JPG

ldj130517mj10.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:23 PM | コメント (0)

Anaïs Nin and Henry Miller


Anaïs Nin and Henry Miller

投稿者 orangepeel : 10:15 PM | コメント (0)

May 16, 2013

L'écume des jours #235

ldj130516mj01.JPG

ldj130516mj02.JPG

ldj130516mj03.JPG

ldj130516mj04.JPG

ldj130516mj05.JPG

ldj130516mj06.JPG

ldj130516mj07.JPG

ldj130516mj08.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 05:57 PM | コメント (0)

Cafe Scene

cafescene130516mj01.jpg
Cafe Scene: Georges Braque (?), Fernande Olivier and André Derain at a café, 1908-1910.

from

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

May 15, 2013

L'écume des jours #234

ldj130515mj01.JPG

ldj130515mj02.JPG

ldj130515mj03.JPG

ldj130515mj04.JPG

ldj130515mj05.JPG

ldj130515mj06.JPG

ldj130515mj07.JPG

ldj130515mj08.JPG

ldj130515mj09.JPG

ldj130515mj10.JPG

ldj130515mj11.JPG

ldj130515mj12.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:17 PM | コメント (0)

Vivian Maier

vivianmaier130515mj01.jpg
Vivian Maier, winnetka, IL (interior with telephone), 1968

The Vivian Maier Photography Project from Aaron Cahan on Vimeo.

◆◆◆

Vivian Maier Photography

投稿者 orangepeel : 07:47 PM | コメント (0)

May 14, 2013

L'écume des jours #233

ldj130514mj01.JPG

ldj130514mj02.JPG

ldj130514mj03.JPG

ldj130514mj04.JPG

ldj130514mj05.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:19 PM | コメント (0)

How to go

howtogo130514mj.jpg
© hiromi suzuki, 2013

ink jet print
7 colours

投稿者 orangepeel : 08:10 PM | コメント (0)

May 13, 2013

Bill Evans Portrait in Jazz


Bill Evans Portrait in Jazz (Full Album)

1. Come Rain or Come Shine - 3.19 (0:00)
2. Autumn Leaves - 5.23 (3:24)
3. Witchcraft - 4.30 (9:24)
4. When I Fall in Love - 4.52 (14:00)
5. Peri's Scope - 3.10 (18:54)
6. What Is This Thing Called Love? - 4.32 (22:09)
7. Spring is Here - 5.02 (26:46)
8. Someday My Prince Will Come - 4.50 (31:57)
9. Blue in Green - 5.20 (36:55)

Bill Evans - Piano
Scott LaFaro - Bass
Paul Motian - Drums

投稿者 orangepeel : 04:22 PM | コメント (0)

Sylvia Plath’s annotated copy of The Great Gatsby

sylviaplath130513mj01.jpg
from

投稿者 orangepeel : 04:18 PM | コメント (0)

May 12, 2013

Ezra Pound photographed by Man Ray

ezrapoundbymanray130512mj.jpg
Ezra Pound photographed by Man Ray, 1923.

from Beardsley's Rose

投稿者 orangepeel : 08:47 PM | コメント (0)

William Nicholson

williamnicholson130512mj01.jpg
cover

williamnicholson130512mj02.jpg
THE UN-COMMON CAT

williamnicholson130512mj03.jpg
THE FRIENDLY HEN

williamnicholson130512mj04.jpg
THE LEARNED PIG

williamnicholson130512mj05.jpg
THE VERY TAME LAMB

THE SQUARE BOOK OF ANIMALS
By William Nicholson.
RHYMES BY ARTHUR WAUGH.
Published by R. H. Russell. New York. 1900.

The book of Animals was designed by William Nicholson in 1896.

from The Project Gutenberg eBook of The Square Book Of Animals, by William Nicholson

投稿者 orangepeel : 06:15 PM | コメント (0)

May 11, 2013

Minoru Kawabata

minorukawabata130511mj01.jpg
Abstract
Dimensions: 84 x 64 inMedium: Acrylic on canvasCreation Date: 1989

minorukawabata130511mj02.jpg
Bi-Lateral Yellow Arc
Dimensions: 36 x 29 inchesMedium: Oil on canvas

minorukawabata130511mj03.jpg
Abstract form on red ground
Dimensions: 63 3/4 x 51 1/4 inchesMedium: oil on canvas

minorukawabata130511mj04.jpg
Pink One
Dimensions: 56 1/2 x 37 3/4 inchesMedium: oil on canvas

minorukawabata130511mj05.jpg
AKA II
Dimensions: 44 x 57 inchesMedium: oil on canvas

Minoru Kawabata from Matual Art

+++++

‘絵なんか描くやつ、みんな変わってるもんね’

‘だから、こんなに嫌な、厳しい世界というのはないね、芸術というのは。常にそうやってね。あと10年たたないと、というのがあるもの。’

‘ゴッホでも最低の保障があるから、あれだけできた。ゴッホがアルバイトしてなんて、絶対できないから。かといって、大金持ちがいい絵をかけるかってそうじゃないんだ。皮肉なもんだな。’

‘絵かきは絵がないとだめだね。かきまくらなきゃ’

+++++ Osamu Harada +Masahiro Shintani 『KAWABATA IN NEW YORK - ニューヨークの川端実』 (DUSTY MILLER, 1992) より

投稿者 orangepeel : 07:18 PM | コメント (0)

May 10, 2013

L'écume des jours #232



● きのう 海へ行った


ldj130510mj01.JPG

● 目に焼き付けた風景を 日誌がわりのコラージュ・ブックにしたためた

ldj130510mj02.JPG

● コラージュ日誌をもとに A2サイズの水彩紙へ“海”を描いた

ldj130510mj03.JPG

● まいにち 海を想う “窓”が できあがった

© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

punctum

punctum.png
State hospital sequence, early seventies. Photo by Claudio Pelizzon.

詩と写真について。
ロラン・バルトは写真を散文詩として、“punctum”と表現した 。
細部にひきこまれていく実感、そして瞬間を超えた生命の証明。

Light Speaking
Notes on Poetry and Photography
by V. Penelope Pelizzon

from Poetry Foundation

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

May 09, 2013

L'écume des jours #231

ldj130509mj01.JPG

ldj130509mj02.JPG

ldj130509mj03.JPG

ldj130509mj04.JPG

ldj130509mj05.JPG

ldj130509mj06.JPG

ldj130509mj07.JPG

ldj130509mj08.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

May 08, 2013

ephemera / Ben Shahn

benshahn130508mj01.jpg

benshahn130508mj02.jpg

benshahn130508mj03.jpg

benshahn130508mj04.jpg
© ephemera collection of orangepeel

SCIENTIFIC AMERICAN, August 1957
“Schizophrenia and Culture”
illustrations by Ben Shahn

投稿者 orangepeel : 10:21 PM | コメント (0)

ephemera / Doomsday Clock

bulletin130508mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

....Throughout the history of the “Doomsday Clock,” it has moved closer to midnight, and farther away, depending status of the world at that time....

投稿者 orangepeel : 10:19 PM | コメント (0)

May 07, 2013

Murakami covers by Noma Bar

nomabar130507mj01.png

nomabar130507mj02.png

nomabar130507mj03.png

nomabar130507mj04.png

nomabar130507mj05.png

nomabar130507mj06.png

nomabar130507mj07.png

nomabar130507mj08.png

nomabar130507mj09.png
Vintage (UK) Murakami book covers by Noma Bar.

“All the covers were printed at Tuckshop, Print Club London's bespoke screen printing service.”

from Creative Review

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

L'écume des jours #230

ldj130507mj01.JPG

ldj130507mj02.JPG

ldj130507mj03.JPG

ldj130507mj04.JPG

ldj130507mj05.JPG

ldj130507mj06.JPG

ldj130507mj07.JPG
© photo by orangepeel

from my desk.

投稿者 orangepeel : 10:01 PM | コメント (0)

May 06, 2013

DINER JOURNAL

dinerjournal130506mj01.jpg

dinerjournal130506mj02.jpg

dinerjournal130506mj03.jpg

dinerjournal130506mj04.jpg

dinerjournal130506mj05.jpg
from my bookshelf

DINER JOURNAL WINTER 2006, ISSUE No.2

*more --> DINER JOURNAL past issues

投稿者 orangepeel : 08:38 PM | コメント (0)

May 05, 2013

Ferris Wheel

ferriswheel130505mj.jpg
“A Ferris Wheel is seen in the ghost town of Pripyat, which was evacuated after a nuclear disaster in Chernobyl”

The Chernobyl Disaster: 25 Years Ago from The Atlantic (Mar 23, 2011)

投稿者 orangepeel : 08:44 PM | コメント (0)

L'écume des jours #229

ldj130505mj01.JPG

ldj130505mj02.JPG
© photo by orangepeel

東方正教会、今年は5月5日が復活祭(イースター)。

投稿者 orangepeel : 08:26 PM | コメント (0)

May 04, 2013

L'écume des jours #228

ldj130504mj01.JPG

ldj130504mj02.JPG

ldj130504mj03.JPG

ldj130504mj04.JPG

ldj130504mj05.JPG

ldj130504mj06.JPG

ldj130504mj07.JPG
© photo by orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:59 PM | コメント (0)

Anne George

annegeorge130504mj06.jpg
Anne George
“Multimedia artist Anne George, who received her BFA from the School of the Art Institute of Chicago and her MFA from Rutgers University, and whose art has been exhibited at the Walker and Franklin Art Works, will make an edition of Fluxus-inspired dishtowels. She is adorning the dishtowels with silkscreened imagery of eyelashes and cuts of meat. These functional textiles can be used in the kitchen, rolled up, or simply hung on the wall.”
from Meet the CSA 2013 Artists — mnartists.blog — Walker Art Center

annegeorge130504mj01.jpg
Untitled, drawing
Toner prints, tape, crepe paper. 21" x 27," 2012

annegeorge130504mj02.jpg
Untitled, drawing.
Toner prints, charcoal, 21" x 27, 2013

annegeorge130504mj03.jpg
Untitled, drawing
gouache, crepe paper, tape on paper. 20" x 26," 2012

annegeorge130504mj04.jpg
Untitled
Charcoal, collage on paper, 18 x 24 inches, 2011

annegeorge130504mj05.jpg
Untitled
Charcoal on paper, 21 x 17 in. 2010
© ANNE GEORGE

投稿者 orangepeel : 06:31 PM | コメント (0)

May 03, 2013

UC.Quarterly

ucquarterly130503mj01.jpg

ucquarterly130503mj02.jpg

ucquarterly130503mj03.jpg

ucquarterly130503mj04.jpg

ucquarterly130503mj05.jpg
from Subtraction

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

Vintage Seed Packet Stamps

seedpacketstamps130503mj01.jpg
seedpacketstamps130503mj02.jpg
seedpacketstamps130503mj03.jpg
seedpacketstamps130503mj04.jpg
seedpacketstamps130503mj05.jpg
seedpacketstamps130503mj06.jpg
seedpacketstamps130503mj07.jpg
U.S. Postal Service Vintage Seed Packet Stamps from The Dieline

投稿者 orangepeel : 05:20 PM | コメント (0)

May 02, 2013

ephemera / flier envelope

flier130502mj01.jpg

flier130502mj02.jpg

flier130502mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

いただいたスウェーデンの折込チラシ、コラージュに使おうかと思ったら、
ていねいに封筒に仕立ててあったので大切にします。

投稿者 orangepeel : 08:02 PM | コメント (0)

May 01, 2013

ART VIVANT●SPECIAL REPORT = KISHIN SHINOYAMA-MAN RAY'S ATELIE

manray130430mj01.jpg

manray130430mj02.jpg
ART VIVANT アールヴィヴァン 1985年15号 特集=篠山紀信 マン・レイのアトリエ (西武美術館, 1985)

manray130430mj03.JPG
#01

manray130430mj04.JPG
#02

manray130430mj05.JPG
#03

manray130430mj06.JPG
#04

manray130430mj07.JPG
#05

manray130430mj08.JPG
#06

manray130430mj09.JPG
#07

manray130430mj10.JPG
#08

manray130430mj11.JPG
#09

manray130430mj12.JPG
#10

*#01〜#10は、篠山紀信氏の写真ページをorangepeelがトリミングして掲載しております。予めご了承ください。

アーティストのアトリエは、とくべつ気になるものだけれど、
マン・レイのアトリエは、アトリエ自体がコラージュのような作品になっています。

「マン・レイのアトリエ 磯崎新(建築家) 宮脇愛子(彫刻家) 篠山紀信(写真家)」対談は、マン・レイの素顔がみえて楽しい。

+++++

宮脇 : 私、「写真、大っ嫌い」って、初めからいっていたの。撮られるの大嫌いって。
彼はね、あんまり写真撮っていなかったけれども、いつもいろいろな国の人がカメラをプレゼントするのね。で。よく「新しいカメラだよ」とか、持ってましたね。それでちょっと試しに、パチパチッなんて写したのが・・・・・。
けっこう、すぐにそこらのを写すんですよ。一緒に歩いたりなんかして、カフェで座ったりしているとね。
篠山 : あ、カフェなんかで、スナップ撮るの?
宮脇 : ウン、ホラ、もらったカメラなんかで、おもしろがって、子供みたいにチョチョッと写して・・・・・。
篠山 : それは、なかなか珍しいね。
宮脇 : 探せば何枚か持っていると思うんだけど。
篠山 : マン・レイがカフェで撮っているスナップ写真なんていうのは、あんまりないですよ。
磯崎 : 発表されてない。

+++++

篠山 : 露出なんか、どうやって測っていました?
宮脇 : 露出も・・・・・測っていたのかしら、気がつかなかった。
篠山 : 普通の、電球のライトでしょう。
宮脇 : そう、電球のライト。

+++++

篠山 : ぼくはアトリエに行ってずうっと写真を撮っているときは、とにかくどこを撮ってもいいというわけでしょう。机なんかあけたり、いろいろなことをして撮っていたり、絵の後ろにある、人からもらった絵とかね。とにかく、どこまでが日用品で、どこまでがオブジェかわからないわけよね、あの人の場合。
だけど、とにかく、あそこにあるものは全部オブジェというようなものだけど、撮っていても何も言わないんです。それこそジョニ黒飲んでサ、『ヘラルドトリビューン』か、英語の新聞読んでいたり、こうやって居眠りなんかして、ぜんぜんわれ関せずなんですけれども・・・・・。
宮脇 : そういう人ですね、ジュリエットっていうのは。

+++++

磯崎 : ぼくもアーチストのアトリエにはずいぶん行ったけれども、マン・レイのアトリエに行ってほんとうに驚いたのは、要するにぜんぜんカッコつけてないわけね。それで全部手仕事であることね。
たとえば、天井が高すぎるから、天井にテント張ってあるわけ。それにしたって、どこかからキャンバス持ってきて、ただ張ったという感じだし、ストーブも、どうも効率が悪いというので、後ろにさっきのアルミホイルを張りつけているわけよ。それにストーブの熱を反射させて、ソファのほうに送っていた。
篠山 : あれは、てっきり作品だと思ってたなァ。(笑)
宮脇 : 真剣に撮ったの。
篠山 : 真剣に撮ったよ。(笑)

+++++

篠山 : それと、ライトがやたらめったら多いの。
宮脇 : あ、そうね。
篠山 : スタンドみたいな、こまかいライトが。
宮脇 : そう、そう。
篠山 : つまり、上にシャンデリアがポンとあるとか、蛍光灯が一本あるとか、そういうことはぜんぜんないの。全体を照らすライトはないんだけれども、個々に明かりがものすごくたくさん、いろんなところにあるのね。
(中略)
宮脇 : フランス的ね。
篠山 : ウン。
磯崎 : ランプもつくっているし、作品の中にライトが入ったやつがあるしね。
宮脇 : たくさん、あるわね。
篠山 : 明かりにものすごくデリケートな人だったね。その明かりの一つ一つのあり方が、すごくおもしろいの。パッとつけると、パッと、こう、そこのところの世界が変わっちゃうというようなね。
宮脇 : 人間としては、非常にデリケートな人ですもの。
篠山 : いや、デリケートでしょう。一つ一つのものも、あれ、雑然と置いてあるようだけど、そうじゃないのね。ものすごくちゃんと計算された雑然さで置いてある。
宮脇 : だって、机の引き出しをご覧になって、お思いになったでしょう。あれが、ものすごいきちっとしているでしょう。
篠山 : ホラ、自分の作品をつくる道具とか、カナヅチとか、あるじゃない。ああいうのパッと見ると、すごくきれいなわけよ。「作品じゃないかな」と思って撮るとね、実はそれは、ただの道具だったりする。(笑)
宮脇 : ふだんから、生活には非常にデリケートな人ね。
パリの喫茶店なんかで、雑にコーヒーを置かれて、受け皿に溢れるじゃない。そういうとき、必ず紙を出して、ふいてから飲んでいましたね。私なんか隣に座っていると、こちらの分もちゃんとふいてくれて。そういうところがとっても、「あァ、デリケートな人だな」と思いましたね。

+++++

磯崎 : 写真のテクニックでも、結局、間違いから起こったものというのが多いんでしょう。たとえばソラリゼーションにしたって・・・・・。
篠山 : 失敗は芸術のもとっていってね。マン・レイは、全部、失敗から出てくるようなものでしょう。(笑)多重露出にしても、ソラリゼーションにしてもね。
磯崎 : それからフォトグラム?
篠山 : レイヨグラム。
磯崎 : あれなんかだって、要するに感光しちゃっただけっていうような話だから、そういう偶然の失敗が全部作品に変わるというね。だから、一瞬一瞬、すごい考えているんだと思うのね。

+++++

宮脇 : (前略)フィラデルフィア生まれの、普通の家庭に育って、わりに堅い家だったようですけどね。お母様なんて、お掃除好きで、すごいきびしかったんですって。だから、マン・レイが一人でお掃除したり、何でもかんでもやっているのね。「ジュリエットは、何もしないんだよ」って。
でも、うちの母親はきれい好きで、タテのものをヨコにしても怒られたっていうのね。子供のときから、きれい好きで、きちっとして。そういう感じですよね、あの、お母さんの写真なんか拝見しても。だから、あんまりきちっとした女性は好きじゃないよって、私によくいってましたけど。だから、ジュリエットみたいに、何となく呑気なのが好きだって。お掃除なんか、しないよって、いってましたけどね。
でも、いきなりフィラデルフィアからパリに来て、違和感もなしに、パッと入っていっちゃうような素質が、もともとあったような気がするわね。マン・レイって。
最初はフランス語がしゃべれなかったでしょうけど、そんなことも関係なく、どんどん世界の人になっちゃったという感じがするわけね。
磯崎 : 写真というものが撮れたということで、彼は、かなり助かったでしょうね。初期のころは。つまり、フランスの連中とつき合うのにね。
篠山 : 当時は、町の写真屋さんしかいなかったわけでしょう。ほかの誰も撮れないというか・・・・・。

+++++

篠山 : (前略)パリに行くと、二〇年代、三〇年代というのは、奇跡的にパリにあれだけのアーチストが集まって、突然起こった小ルネッサンスみたいなもんでしょう。
あの時代に自分がめぐりあって、そのときに食えないから、商売として写真をやるわけでしょう。ポートレイトとか、ファッションとか。だから、ポートレイトのことを、わりあい「商売」っていうふうに感じているみたいね。
宮脇 : 自分でも書いてますし、いってますね。
磯崎 : ファッション写真もそうだね。
篠山 : ウン、商売のためにやっているわけでしょう。
それで、レイヨグラムとか、ソラリゼーションというのは、自分にとっては「芸術」なんだよね。
宮脇 : 芸術っていうか、、創造よね。自分がつくり出したものね。
篠山 : でね、マン・レイは写真の世界でいうとまたまたすごいところにいてね、あの人の家の先にアッジェがいて、アッジェに焼き方を教えてやったりなんかするのね。

+++++

宮脇 : でも、品がいいねぇ。すごく。
篠山 : 全部、品はいいんですよ、マン・レイの写真は。
宮脇 : ネッ。

+++++

篠山 : ぼくが好感を持てるという中には、アトリエに入っていくと、すべてが手作りであるというように、写真も、たとえば愛子さんを撮るときに、「じゃ、撮ろうか」って、中二階のところに行ってサ、窓から入ってくる光とライトをこうやりながら、自分でコツコツやりながら、暗箱を組み立てて、やっていくというね、すべてが手づくりの、この人ぐらい手づくり写真家はいないわけよ。
もう、レイヨグラムだって、何だって、自分の一つ一つの手の温もりというものが、全部写真の中に入っている人だよね。それが、すごく好感を感じるんですよ。
磯崎 : 普通アーチストは-写真家もそうだと思うけれども、自分でスタイルを決めて、スタイルでどんどん押していく人が多いでしょう。マン・レイっていうのは、そうじゃなくて、スタイルなしというような感じになったんだと思う。
スタイルがあるとしたら、発生状態の非常にウィッティーなアイディアだけだと。それが自分のスタイルであって、結果というのは、極端にいうと、どうだっていい。だけど、出てきたものは、みんな、ものになっちゃっているというところがあるんだけれども、写真はきれいに撮れているのも多いけど、美術作品というのは仕上がりヘタなわけね。塗りもヘタだし。

+++++

A.V : アトリエを撮られているときに、そういう写真家でもあったマン・レイのアトリエを撮っている、という意識はありました?
篠山 : すごくあった。全部の、ものが一つずつ、あったかいわけでしょう。こういうメモ帳もあるわけ。それは、ほんとうのメモ帳なんだろうけれども、作品にもなっているわけよね。
全部、こう、日にちが書いてあって、いたずら書きみたいにしているんだけど、それが作品になっているものもあるわけよね、部分的に。
さっきのライトの話もそうだしね、こうやって引っぱるとベッドの天井をこうやるのもそうだしね。それは一つ一つが、全部、マン・レイという体温が全部伝わっているわけですよ、部屋の中に。光にも、空気にも。マン・レイという人のあったかさを、すごく感じたわけ。あれじゃないと、これはできてこないと思うよ。だって、それも死んで何年もたってからだからねェ。

+++++

宮脇 : 私が知っている限りでつくっているのは、そんなに大きなものはしてませんでしたね。たいてい小さな作品ばかり。
磯崎 : じゃ、仕事台みたいなところがあるでしょう。ああいうところでやるの。
宮脇 : ウン、そこでね、コラージュをわりとやってましたよね。
それから、絵の具がピッピッ、なんてハネる、リキテックスとかいう、あれをやっているころが、最初にお会いしたころですよね。それから十何年の間、わりにコラージュをやりましたね。よく、荷物のヒモなんか来るじゃない。そんなのをチョチョッと、画用紙の上とか、キャンバスの上に置いたりして、つくっている。

+++++

篠山 : でも、ダダの人っていうのは、作品じゃなくて、要するに生き方が作品なんでしょう。
宮脇 : そうなのよ。それが重要なのよ。生きる、生き方がね。偉い作家が、ものをうやうやしくするというようなところが、マン・レイにはないのね。ほんとに、ものが全部、等価値で置かれているわけ。このアトリエには、「アルチンボンド」であろうと、何であろうとね。灰皿であろうと、マッチのオブジェであろうと、全部、完全に等価値なのね。
だから、マン・レイほど自由な人はいなかったと思うの。それに関してはマン・レイは極端なくらい、もう熱烈に、自由と独立独歩ですか、それを生きたし、願った人じゃないかなって思うのね。
ものすごく重要なことだと思うんですよ、マン・レイにとって、アメリカから、なぜパリに行って暮らしたかって、私、何回も聞いたんですけどね、「やっぱり、自由だから」って。
私が、アメリカは自由な国じゃないのって聞いたら、フランスが自由というよりも、パリが自由だって。



=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:00 AM | コメント (0)