February 28, 2013

Kalevala

kalevala130228mj01.JPG

kalevala130228mj02.JPG
© orangepeel

北欧文化協会 2013年2月例会 「カレワラの会」 @ フィンランドセンター(フィンランド大使館内)に。

カレワラとは、フィンランドに古くから伝わる民族叙事詩。
ロシア支配下にあった19世紀初頭、医師エリアス・リョンロートが収集し、ともに歌うことを治療に用いたという。
キリスト教が広く布教される前、“詩”が人々のこころを救ったのである。

フィンランドセンター所長、カウコ・ライティネン氏の講演とともに、
はざた雅子さんのカンテレの演奏に、こころうたれました。

*奇しくも『現代詩手帖』3月号は、特集「北欧現代詩と出会う」。今晩から、じっくり読みます。

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

February 27, 2013

Tinfish Press

tinfishpress130227mj01.jpg
15 Chinese Silences
By Timothy Yu • March 2012
Design by Eric Butler

tinfishpress130227mj02.jpg
2 Poems by Bradajo (with CD)
by Jozuf Bradajo Hadley • 2006
Design by Gaye Chan

tinfishpress130227mj03.jpg
Language as Responsibility
by Leonard Schwartz • 2006
Design by Lian Lederman

tinfishpress130227mj04.jpg
Someday I’ll Be Sitting in a Dingy Bar
by Hwang Jiwoo • 2007
Translated by Scott Swaner & Young-Jun Lee
Designed by Gaye Chan

tinfishpress130227mj05.jpg
Charlotte’s Way
by Norman Fischer • 2008
Design by Terri Wada • 20 pages • accordion style

tinfishpress130227mj06.jpg
Alchemies of Distance
by Caroline Sinavaiana-Gabbard • 2001
Subpress/Tinfish/Institute of Pacific Studies
Cover design by Stuart Henley

tinfishpress130227mj07.jpg
A Communion of Saints
by Meg Withers • 2008
Designed by Chae Ho Lee

tinfishpress130227mj08.jpg
Poeta en San Francisco
by Barbara Jane Reyes • 2006
Design by Karen White & Colin Wilkinson

tinfishpress130227mj09.jpg
The Erotics of Geography
by Hazel Smith • 2007
Design by Karen Zimmerman

tinfishpress130227mj10.jpg
Tinfish 18½: The Book
Curated by Lian Lederman
Designed by Gaye Chan

from Tinfish Press via Tinfish Press‏ (@TinfishPress) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (0)

February 26, 2013

The Eraser

theeraser130226mj01.jpg
from D&AD‏ (@dandad) on twitter

stanleydonwood130226mj001.jpg

stanleydonwood130226mj002.jpg
“L O N D O N S B U R N I N G” printed by Stanley Donwood

stanleydonwood130226mj003.jpg
“Fleet Street Apocalypse” printed by Stanley Donwood


Thom Yorke - The Eraser

*Fleet Street is a street in the City of London named after the River Fleet, London's largest underground river. ( en.wikipedia)

投稿者 orangepeel : 03:32 PM | コメント (0)

February 25, 2013

textile design book, 1898

textile130225mj01.jpg

textile130225mj02.jpg

textile130225mj03.jpg

textile130225mj04.jpg

textile130225mj05.jpg
from Internet Archive via Present and Correct‏ (@presentcorrect) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

February 23, 2013

岩窟ホテル

gankutsuhotel130223mj01.jpg

gankutsuhotel130223mj02.jpg

gankutsuhotel130223mj03.jpg

gankutsuhotel130223mj04.jpg

gankutsuhotel130223mj05.jpg

gankutsuhotel130223mj06.jpg

gankutsuhotel130223mj07.jpg

gankutsuhotel130223mj08.jpg

gankutsuhotel130223mj09.jpg
『岩窟ホテル』 from 唐崎計画設計工房

貴重な内部画像。読み物としても素晴らしいサイトです。

‘想像でしかないのだが、峯吉の目的は自分の夢を実現するというより、表現することだったのではないだろうか。
理想としての西洋、新しい時代を開くであろう化学(科学)、美や正義や合理、といった自分の夢を西洋建築風のファサード、中央大広間、化学(科学)実験室、黄金比、シンメトリーな構成、厳密なスケール、などというフィルターを通し現実の空間への変換を試みたのであろう。
当初から「巌窟ホテル高荘館」は公開され、見せるモノとして計画されていたことも確かで、したがって表現すべき夢をもった峯吉の作った部分と、後を継いだ2代目の泰治さんの作った部分では全く空間の質が異なっている。前者は見る者に訴えかける表現があるのに比べ、後者は単に物理的な空間としてのみ実現されている。
現在、「巌窟ホテル高荘館」完成を待たずに崩壊しようとしている。1982年の台風で崖の一部が崩れ落ち、1985年6月にはファサードの殆どが岩の剥離により削り取られてしまった。
「そうしなければならなかったから」と言って岩を掘り、また保守に努めてきた2代目泰治さんも1986年1月に他界した。
「巌窟ホテル高荘館」の鉄の扉は閉じられたままである。1つの夢が終わったのか、それとも扉が再び開くのかは誰にも分からない。峯吉の夢は岩の中に封じ込められた。’

唐崎計画設計工房 「岩窟ホテル」より

岩窟ホテル。埼玉県に吉見百穴という古墳時代の墳墓跡があり、これ自体、コロボックルの住居だったとかの噂があった珍景なのだが、
明治から大正初期にかけて、その近くの崖に高橋峯吉という農民が鑿と鶴嘴を手に宮殿造りをこころみた。

日本のアンドレ・ブルトンがいたら、郵便配達夫シュバルの理想宮のように、
国の重要建造物に指定され、修復が行われて、現在も世界中のひとびとに注目されることであっただろう。
シュバルの理想宮はオートリーブの地質による。
かわった形の砂岩や礫岩が多く、かつては海だったため貝殻の種類も豊富で材料はいくらでもあった。
一方、埼玉。
峯吉の “「巌窟ホテル高荘館」の特徴は、何といっても岩を彫り抜いて作られたところにある”
唐崎計画設計工房 「岩窟ホテル」より

投稿者 orangepeel : 08:18 PM | コメント (0)

February 22, 2013

The Record Books

recordbooks130222mj01.jpg

recordbooks130222mj02.jpg

recordbooks130222mj03.jpg

recordbooks130222mj04.jpg

recordbooks130222mj05.jpg

recordbooks130222mj06.jpg

recordbooks130222mj07.jpg

recordbooks130222mj08.jpg

recordbooks130222mj09.jpg

recordbooks130222mj10.jpg

recordbooks130222mj11.jpg

recordbooks130222mj12.jpg

recordbooks130222mj13.jpg

recordbooks130222mj14.jpg
from Christophe Gowans via Strand Book Store‏ (@strandbookstore) on twitter

The Record Books : if best-selling albums had been books instead…

*screen prints and postcards ⇒The Rockpot

投稿者 orangepeel : 06:15 PM | コメント (0)

February 21, 2013

ephemera / ice candy envelopes

ice130221mj01.jpg

ice130221mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:50 PM | コメント (0)

February 20, 2013

February 19, 2013

Gustave Coquiot


Gustave Coquiot - Parker


Gustave Coquiot - OTTAWA

投稿者 orangepeel : 06:52 PM | コメント (0)

February 18, 2013

金曜ロードショー

NTV 'Kinyo Road Show' from Airside Nippon on Vimeo.

投稿者 orangepeel : 08:57 PM | コメント (0)

February 17, 2013

L'ecume des jours #213

ldj130217mj01.JPG

ldj130217mj02.JPG

ldj130217mj03.JPG

ldj130217mj04.JPG

ldj130217mj05.JPG

ldj130217mj06.JPG

ldj130217mj07.JPG

ldj130217mj08.JPG
© orangepeel

brocante.

投稿者 orangepeel : 06:55 PM | コメント (0)

February 16, 2013

L'ecume des jours #212

ldj130216mj01.JPG

ldj130216mj02.JPG

ldj130216mj03.JPG

ldj130216mj04.JPG

ldj130216mj05.JPG

ldj130216mj06.JPG

ldj130216mj07.JPG

ldj130216mj08.JPG

ldj130216mj09.JPG

ldj130216mj10.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:44 PM | コメント (0)

February 15, 2013

e.e. cummings

americanpoets130215mj.jpg
『ユリイカ』 臨時増刊 総特集 「アメリカの詩人たち」 1980. VOL. 12-7 (青土社)

10代のころ、おこづかいで買ったユリイカ。
はじめて詩を真剣に書きはじめて、
はじめてアメリカの翻訳詩を読んだ。
引越しのたびに書棚の位置は変われど、いつも私の手元にあった。
ページをめくると、鉛筆で線がひいてあったり、マルがつけられてたり、
お気に入りの詩人は、このころから変わっていないことに気づく。

e.e. カミングズ。
藤富保男氏の訳で知った。
藤富氏から、北園克衛を知り、『VOU』を知った。
はじまりは、エズラ・パウンドやe.e. カミングズなどのアメリカの詩人たちだったのだ。

 訳とはこんなものである。
 詩_____ それはそもそも活字であっただろうか。その昔は吟遊詩人たちが楽器を奏でて詩句をふかしながら歩いていたが、グーテンベルクの印刷術によって詩も文字化されてしまった。文字になった詩は紙の上で停止をしているフリをしている。なぜか。その詩は歌われるのを待っているからである。口ずさまれることによって、それらの文字は躍如として、文字とは別の感情の羽根をひろげて人々に侵入するからである。誰が声を出して読むか。もちろん作った人、読者であろう。しかし次第に時代を経るにしたがって、他人の作品を読む人もあらわれて来た。詩が朗読されれば、それを受取る人_____ 聞き手がいる。
 そういう詩は音節、韻、リズム、アクセントで作られるようになった。当り前のことを今述べているが、この当り前のことのほかに、もう一つ見逃せない事が生じてしまったのである。それは活字になった時は、一度は紙の上で停止するということだ。停止したときに、配列、並置、字の形はどういうふうに工夫されるかをおろそかにしてはいないだろうか。
 すなわち、
 (一) 読んで効果のある詩
 (二) 見て効果のある詩
 この二つがある。
 カミングズはこの二つの点をしっかりわきまえた詩人であった。
 (とかくカミングズは印刷美学的- タイポグラフィカル - な詩人と呼ばれているが、実はその詩は音楽的な面を強調していることを忘れてはいないだろうか。)
 彼がその両面をそなえた詩人だということは次の例がよいだろう。

“sweet spring is your
time is my time is our
time for springtime is lovetime
and viva sweet love

(all the merry little birds are
flying in the floating in the
very spirits singing in
are winging in the blossoming)

lovers go and lovers come
awandering awondering
but any two are perfectly
alone there's nobody else alive

(such a sky and such a sun
i never knew and neither did you
and everybody never breathed
quite so many kinds of yes)

not a tree can count his leaves
each herself by opening
but shining who by thousands mean
only one amazing thing

(secretly adoring shyly
tiny winging darting floating
merry in the blossoming
always joyful selves are singing)

sweet spring is your
time is my time is our
time for springtime is lovetime
and viva sweet love”

『ユリイカ』 臨時増刊 総特集 「アメリカの詩人たち」 藤富保男 カミングズの詩を訳して (p.26-27)

「すてきな春はきみの
時ではなくぼくたちの
時だ春は愛の時
ですてきなきみ よ」

(みんな愉快な小さい鳥たちは
歌っている本当の心のなかの
ただよい のなかをとんでいて
満開の花たちのなかではばたいている)

愛し合っている人たちは行き愛し合っている人たちはやってくる
おどろいて さまよって
けど愛している二人はどれもぴったり
一体化していて ほかに生き生きしてる人なんかいない

(そんな時の空も太陽も
ぼくは知らなかったし きみも知らなかった)
他の連中はそんな無数の種類の はい を
呼吸したことはなかった)

木は自分の葉を数えきれず
ひらいて輝くだけのことによって
何千となることで
たった一つのおどろくべき物である

(ひそかに慕って はずかしそうに
小さくはばたいて飛んで行ってただよって
満開のなかで愉快に
いつも喜びみちた めいめいが歌っている)

「すてきな春はきみの
時でぼくの時でぼくたちの
時だ春は愛の時
ですてきなきみ よ」

                          
                     — 「すてきな春はきみの

『カミングズ詩集』 藤富保男 訳編 (「海外詩文庫」 思潮社, 1997) 「すてきな春はきみの (p.75-76)

たしかに、e.e. カミングズは《見て効果のある詩》が印象的だけれども、
声にだして歌ってみると《読んで効果のある詩》であるということがわかる。
ウディ・アレン監督『ハンナとその姉妹』 (1985)のなかで、
“somewhere i have never travelled”がロマンティックにつかわれている。
本、本屋好き、マイケル・ケインさま(!)好きには、永久保存のシーンです♪


Hannah and her sisters poem Cummings

somewhere i have never travelled, gladly beyond
any experience, your eyes have their silence
in your most frail gesture are things which enclose me
or which i cannot touch because they are too near

your slightest look easily will unclose me
though i have closed myself as fingers
you open always petal by petal myself as spring opens
(touching skilfully, misteriously) her first rose

or if your wish be to close me, i and
my life will shut very beautifully, suddenly
as when the heart of this flower imagines
the snow carefully everywhere descending,

nothing we are to perceive in this world equals
the power of your intense fragility; whose texture
compels me with the colour of its countries,
rendering death and forever with each breathing

(i do not know what it is about you that closes
and opens; only something in me understands
the voice of your eyes is deeper than all roses)
nobody, not even the rain has such small hands

                     — somewhere i have never travelled, e e cummings


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 08:12 PM | コメント (0)

February 14, 2013

paper cut Valentine’s Day cards

valentine130214mj01.jpg

valentine130214mj02.jpg

valentine130214mj03.jpg
from design:related via design:related‏ (@designrelated) on twitter

投稿者 orangepeel : 04:48 PM | コメント (0)

Max Körner

maxkorner130214mj01.jpg

maxkorner130214mj02.jpg

maxkorner130214mj03.jpg
The Logos and Mongrams of German Trademark Designer Max Körner

from imprint via Hello Printmaker‏ (@HelloPrintmaker) on twitter

投稿者 orangepeel : 04:35 PM | コメント (0)

February 13, 2013

Love Letters

loveletter130213mj01.png
“A” by Fuzzco

loveletter130213mj02.png
“E” by Justin Mezzell

loveletter130213mj03.png
“I” by Aaron Draplin

loveletter130213mj04.png
“O” by Dana Tanamachi

loveletter130213mj05.png
“U” by Jon Contino

loveletter130213mj06.png
Ampersand by Jessica Hische

loveletter130213mj07.png
“Y” by Ross Moody, 55 Hi’s


Love Letters: Letterpress Coasters for the Love of Type

from Mama's Sauce via The Dieline via design:related (‏@designrelated) on twitter

投稿者 orangepeel : 02:36 PM | コメント (0)

February 12, 2013

Dark Summer

darksummer130212mj01.JPG

darksummer130212mj02.JPG

darksummer130212mj03.JPG

darksummer130212mj04.JPG

darksummer130212mj05.JPG

darksummer130212mj06.JPG

darksummer130212mj07.JPG

darksummer130212mj08.JPG

darksummer130212mj09.JPG

darksummer130212mj10.JPG
Dark Summer by Morgan Gibson © Morgan Press, 1977

Published in an edition of 400 using handset Bookman type, Kilmory text, Van Son ink.

400部限定の手製詩集を

古書店にて手に入れる

約10cm四方の手のひらサイズ

投稿者 orangepeel : 09:03 PM | コメント (0)

February 11, 2013

Louise Nevelson

louisenevelson130211mj.jpg
from

投稿者 orangepeel : 04:04 PM | コメント (0)

February 10, 2013

L'ecume des jours #211

ldj130210mj01.JPG

ldj130210mj02.JPG

ldj130210mj03.JPG

ldj130210mj04.JPG

ldj130210mj05.JPG

ldj130210mj06.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:15 PM | コメント (0)

February 09, 2013

February 08, 2013

Lindsie Canton

lindsiecanton130208mj01.jpg
Time's Shadow in a Spatial Void I, 2010.
Relief etching, aquatint, sugarlift, and open-biting, 26x38 inches.

lindsiecanton130208mj02.jpg
Time's Shadow in a Spatial Void II, 2010.
Relief etching, sugarlift, & aquatint, 26x38 inches.

lindsiecanton130208mj03.jpg
Time's Shadow in a Spatial Void III, 2010.
Blind embossing from relief-etched copper, 26x38 inches.

lindsiecanton130208mj04.jpg
Copper Rock Garden (Detail II), 2010.
Etching, drypoint, aquatint, found copper.

lindsiecanton130208mj05.jpg
Copper Rock Garden: Prologue, 2010.
Found copper, blind embossing, chine-collé, 11 x 17 inches.

lindsiecanton130208mj06.jpg
Reflections I, 2010.
Blind Embossing, 10x16 inches.

lindsiecanton130208mj07.jpg
Reflections II, 2010.
Blind Embossing, 10x16 inches.

Lindsie Canton via PRINTERESTING NOTEBOOK via printeresting.org‏ (@printeresting) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:09 PM | コメント (0)

February 07, 2013

My Funny Valentine

hiromisuzuki130207mj.jpg
© illustration by hiromi suzuki : from my portfolio via ultra-book(Paris,France)

Forbidden to copy without permission.
If you are on business, please contact me.

無断転用・転載は堅くお断りいたします。プレゼンテーションの場合はご一報くださいませ。

投稿者 orangepeel : 06:33 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #210

ldj130207mj01.JPG

ldj130207mj02.JPG

ldj130207mj03.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:29 PM | コメント (0)

February 06, 2013

Peter Lawrence

peterlawrence130206mj01.jpg
"California" by Peter Lawrence
Wood engraving

peterlawrence130206mj02.jpg
"Godrevy Island" by Peter Lawrence
Wood engraving

peterlawrence130206mj03.jpg
"Quintet" by Peter Lawrence
Wood engraving

from St. Jude's Gallery

peterlawrence130206mj04.jpg
Poetry of Sylvia Plath, poems selected by Ted Hughes, cover by Peter Lawrence

from Curled Up With A Book

peterlawrence130206mj05.jpg
Faber's 80th anniversary poetry covers

from Creative Review

投稿者 orangepeel : 07:52 PM | コメント (0)

February 05, 2013

Vert Foncé

lantern130205mj.jpg
                                            — Vert Foncé


* Vert Foncé 暗い緑の色 (フランスの伝統色)

screenprint130205mj.jpg

© poetry & screenprint by orangepeel


forbidden to copy poetry and screenprint without permission
(詩とシルクスクリーンの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:03 AM | コメント (0)

February 04, 2013

The Woods

glasstrees130304mj01.jpg

glasstrees130304mj02.jpg

glasstrees130304mj03.jpg
Design: StokkeAustad and Andreas Engesvik, Oslo

from Andreas Engesvik, Oslo via Present and Correct‏ (@presentcorrect) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:19 PM | コメント (0)

February 03, 2013

Shirley Tucker on Book Design

thebelljar130203mj01.jpg
“The Bell Jar” by Sylvia Plath - Shirley Tucker designed the cover of the original 1966 edition.


Shirley Tucker on Designing Book Covers


Shirley Tucker on her Favourite Faber Covers


Shirley Tucker on Berthold Wolpe

from The Casual Optimist

投稿者 orangepeel : 05:40 PM | コメント (0)

February 02, 2013

L'ecume des jours #209

ldj130202mj01.JPG

ldj130202mj02.JPG

ldj130202mj03.JPG

ldj130202mj04.JPG

ldj130202mj05.JPG

ldj130202mj06.JPG

ldj130202mj07.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:27 PM | コメント (0)

February 01, 2013

ephemera / The IMPERIAL OF LONDON VIEWS

london130201mj01.jpg

london130201mj02.jpg

london130201mj03.jpg

london130201mj04.jpg

london130201mj05.jpg

london130201mj06.jpg

london130201mj07.jpg

london130201mj08.jpg

london130201mj09.jpg

london130201mj10.jpg
© ephemera collection of orangepeel

The IMPERIAL OF LONDON VIEWS

Published by
Eyre & Spottiswoode Ltd.

投稿者 orangepeel : 07:27 PM | コメント (0)