March 31, 2012

Iviva Olenick

ivivaolenick120331mj04.jpg
Napkin

ivivaolenick120331mj05.jpg
When You Return

ivivaolenick120331mj06.jpg
Love Me Mandala

ivivaolenick120331mj07.jpg
Hold Onto Me

ivivaolenick120331mj08.jpg
Our Treehouse

ivivaolenick120331mj09.jpg
Hell Yeah

ivivaolenick120331mj10.jpg
First Kiss

ivivaolenick120331mj11.jpg
Same Spool

ivivaolenick120331mj12.jpg
Greenpoint

from Iviva Olenick

ivivaolenick120331mj01.jpg

ivivaolenick120331mj02.jpg

ivivaolenick120331mj03.jpg
from fromyourdesks.com

投稿者 orangepeel : 07:03 PM | コメント (0)

March 30, 2012

writers' bedrooms

bedroom120330mj01.jpg
Truman Capote

bedroom120330mj02.jpg
Flannery O'Connor

bedroom120330mj03.jpg
William Faulkner

from 15 writers' bedrooms via Poetry Foundation‏ (@PoetryFound) on twitter

投稿者 orangepeel : 09:42 PM | コメント (0)

Lovely Day


Bill Withers - Lovely Day

投稿者 orangepeel : 05:07 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #162

ldj120330mj01.JPG

ldj120330mj02.JPG

ldj120330mj03.JPG

ldj120330mj04.JPG

ldj120330mj05.JPG

ldj120330mj06.JPG

ldj120330mj07.JPG

ldj120330mj08.JPG

ldj120330mj09.JPG

ldj120330mj10.JPG

ldj120330mj11.JPG

ldj120330mj12.JPG

ldj120330mj13.JPG

ldj120330mj14.JPG

ldj120330mj15.JPG

ldj120330mj16.JPG

ldj120330mj17.JPG

ldj120330mj18.JPG

ldj120330mj19.JPG

ldj120330mj20.JPG

ldj120330mj21.JPG

ldj120330mj22.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 05:00 PM | コメント (0)

March 29, 2012

L'ecume des jours #161

ldj120329mj01.JPG

ldj120329mj02.JPG

ldj120329mj03.JPG

ldj120329mj04.JPG

ldj120329mj05.JPG

ldj120329mj06.JPG

ldj120329mj07.JPG

ldj120329mj08.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 05:51 PM | コメント (0)

March 28, 2012

L'ecume des jours #160

ldj120328mj01.JPG

ldj120328mj02.JPG

ldj120328mj03.JPG

ldj120328mj04.JPG

ldj120328mj05.JPG

ldj120328mj06.JPG

ldj120328mj07.JPG

ldj120328mj08.JPG

ldj120328mj09.JPG

ldj120328mj10.JPG

ldj120328mj11.JPG

ldj120328mj12.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:22 PM | コメント (0)

March 27, 2012

L'ecume des jours #159

ldj120327mj01.JPG

ldj120327mj02.JPG

ldj120327mj03.JPG

ldj120327mj04.JPG

ldj120327mj05.JPG

ldj120327mj06.JPG

ldj120327mj07.JPG

ldj120327mj08.JPG

ldj120327mj09.JPG

ldj120327mj10.JPG

ldj120327mj11.JPG

ldj120327mj12.JPG

ldj120327mj13.JPG

ldj120327mj14.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:34 PM | コメント (0)

Le pont Amérique -アメリカ橋-

アメリカ橋の下を山手線が走り
われらの恋が走り去る
わたしは思い出す
車両連結部にゆられ
遠い異国への逃避行を語ったことなど

*日も暮れよ、鐘も鳴れ
月日は流れ、わたしは残る

夕焼けにパンタグラフのシルエット
月が欠け潮が満ちる頃
最終列車は君をつれていくだろう
朝日が昇るまえに
わたしは真新しいヘンプのシャツを纏い
恵比寿駅のホームの風にゆれる
カットレースのドレスを想うだろう

線路は街の息吹をとりかこむ
勝手口から立ち上るあたたかな湯気
路地裏にはしゃぐ子供たちの笑い声
退屈をさそうモデラートのピアノ
カーテンごしに物語を追う読書灯

日も暮れよ、鐘も鳴れ
月日は流れ、わたしは残る

アメリカ橋の下には
日常が流れつづける

われらは永遠の旅人だ


*Guillaume Apollinaire‘Le pont Mirabeau’(アポリネール『ミラボー橋』堀口大學訳)

lepontamerique120327mj.jpg

© words & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 08:29 AM | コメント (0)

March 26, 2012

Woodland

birdfabrics120326mj01.jpg
Echino Woodland Japanese Quilting Fabric by Etsuko Furuya for Kokka, natural

birdfabrics120326mj02.jpg
meadow lark heavy weight cotton fabric by alexander henry fabrics, chocolate

birdfabrics120326mj03.jpg
sparrow cotton quilting fabric by alexander henry fabrics, blue

birdfabrics120326mj04.jpg
larkspur heavy weight cotton fabric from Alexander Henry Fabrics, blueberry

birdfabrics120326mj06.jpg
peacock cotton quilting fabric by alexander henry fabrics, pink

birdfabrics120326mj07.jpg
Echino Bonbon Japanese Quilting Fabric by Etsuko Furuya for Kokka, brown

from Yardbird Fabrics

最近、布モノに夢中なのですが、ミシンがないのでつたないステッチの手縫いをはじめたり。
一番上、古家悦子さんの“woodland”を端切れ屋さんで散歩中にたまたまみつけました。

投稿者 orangepeel : 10:04 PM | コメント (0)

William Morris

morris120326mj01.jpg

morris120326mj02.jpg

morris120326mj03.jpg

morris120326mj04.jpg

morris120326mj05.jpg

morris120326mj06.jpg

morris120326mj07.jpg

morris120326mj08.jpg

morris120326mj09.jpg

morris120326mj10.jpg

morris120326mj11.jpg

morris120326mj12.jpg
from my bookshelf

William Morris
Selected Writings
and Designs

Edited by Asa Briggs

a Pelican Original
PUBLISHED BY PENGUIN BOOKS, 1962

投稿者 orangepeel : 09:23 PM | コメント (0)

March 25, 2012

ephemera / tags

tags120325mj01.jpg

tags120325mj02.jpg

tags120325mj03.jpg

tags120325mj04.jpg

tags120325mj05.jpg

tags120325mj06.jpg

tags120325mj07.jpg

tags120325mj08.jpg

tags120325mj09.jpg

tags120325mj10.jpg

tags120325mj11.jpg

tags120325mj12.jpg
© ephemera collection of orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:01 PM | コメント (0)

March 24, 2012

灯油販売車の曲


耳コピ - クリーン灯油

灯油販売車の曲。
みなさんの町では流れてますか?

投稿者 orangepeel : 07:51 PM | コメント (0)

Olivia Jeffries

oliviajeffries120324mj01.jpg

oliviajeffries120324mj02.jpg

oliviajeffries120324mj03.jpg

oliviajeffries120324mj04.jpg

oliviajeffries120324mj05.jpg

oliviajeffries120324mj06.jpg

oliviajeffries120324mj07.jpg

oliviajeffries120324mj08.jpg
© Olivia Jeffries

from Olivia Jeffries via Present&Correct via Present and Correct (‏@presentcorrect) on twitter

投稿者 orangepeel : 05:26 PM | コメント (0)

March 23, 2012

L'ecume des jours #158

ldj120323mj01.JPG

ldj120323mj02.JPG

ldj120323mj03.JPG

ldj120323mj04.JPG

ldj120323mj05.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:22 PM | コメント (0)

March 22, 2012

L'ecume des jours #157

ldj120322mj01.JPG

ldj120322mj02.JPG

ldj120322mj03.JPG

ldj120322mj04.JPG

ldj120322mj05.JPG

ldj120322mj06.JPG

ldj120322mj07.JPG

ldj120322mj08.JPG

ldj120322mj09.JPG

ldj120322mj10.JPG

ldj120322mj11.JPG

ldj120322mj12.JPG

ldj120322mj13.JPG

ldj120322mj14.JPG

ldj120322mj15.JPG

ldj120322mj16.JPG

ldj120322mj17.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:20 PM | コメント (0)

March 21, 2012

L'ecume des jours #156

ldj120321mj01.JPG

ldj120321mj02.JPG

ldj120321mj03.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:55 PM | コメント (0)

March 20, 2012

The Daffodils -水仙-

静かな日に
音がして春

- 春は漠然の
窓の中の手のようである -

と e.e.カミングスは書いた

こぬか雨が

季節の変わり目をじらす
沢の岩かげから羊歯が緑をかがやかせる

窓をたたいて

大河を迂回した側溝に咲く 水仙が
ラッパをにぎやかす 無言のしぐさ

指が語るさびしさは 私だ

ガラス窓のむこうには
鏡のように私がいる


thedaffodils120320mj.jpg

© words & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:33 PM | コメント (0)

MODERATO Cantabile

投稿者 orangepeel : 09:11 PM | コメント (0)

March 19, 2012

L'ecume des jours #155

ldj120319mj01.JPG

ldj120319mj02.JPG

ldj120319mj03.JPG

ldj120319mj04.JPG

ldj120319mj05.JPG

ldj120319mj06.JPG

ldj120319mj07.JPG

ldj120319mj08.JPG

ldj120319mj09.JPG

ldj120319mj10.JPG

ldj120319mj11.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 03:44 PM | コメント (0)

March 18, 2012

L'ecume des jours #154

ldj120318mj01.JPG

ldj120318mj02.JPG

ldj120318mj03.JPG

ldj120318mj04.JPG

ldj120318mj05.JPG

ldj120318mj06.JPG

ldj120318mj07.JPG

ldj120318mj08.JPG

ldj120318mj09.JPG

ldj120318mj10.JPG

ldj120318mj11.JPG

ldj120318mj12.JPG

ldj120318mj13.JPG

ldj120318mj14.JPG

ldj120318mj15.JPG

ldj120318mj16.JPG

ldj120318mj17.JPG

ldj120318mj18.JPG

ldj120318mj19.JPG

ldj120318mj20.JPG

ldj120318mj21.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

March 17, 2012

owl

owl120317mj01.JPG

owl120317mj02.JPG

owl120317mj03.JPG
from my bookshelf

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #153

ldj120317mj01.JPG

ldj120317mj02.JPG

ldj120317mj03.JPG

ldj120317mj04.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:15 PM | コメント (0)

Toshiko Okanoue

toshikookanoue120317mj01.jpg
Leda in the Sea, 1952

toshikookanoue120317mj02.jpg
Drifting, 1950

toshikookanoue120317mj03.jpg
Mask, 1952

toshikookanoue120317mj04.jpg
Dance, 1951

toshikookanoue120317mj05.jpg
Mother, 1952

toshikookanoue120317mj06.jpg
Kill, 1955

toshikookanoue120317mj07.jpg
Autumn, 1954

from Charles A. Hartman Fine Art

投稿者 orangepeel : 04:35 PM | コメント (0)

ephemera / this water

thiswater120317mj01.jpg

thiswater120317mj02.jpg

thiswater120317mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

オレンジやレモンのフレーバーがついたミネラルウォーターのラベル。
倫敦テスコにて。

投稿者 orangepeel : 04:31 PM | コメント (0)

March 16, 2012

ephemera / FAUST

faust120316mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Johann Wolfgang von Goethe
FAUST

Reclams Universal-Bibliothek, 1955

表紙の書体が流麗なのである。
古書店軒先、100円コーナーにて。

投稿者 orangepeel : 11:34 PM | コメント (0)

Woodpecker & Owls

treecarvings120316mj01.jpg

treecarvings120316mj02.jpg

treecarvings120316mj03.jpg
fallen tree carvings from Tree Sculpting via toxel.com via design:related‏ (esignrelated) on twitter

投稿者 orangepeel : 11:02 PM | コメント (0)

March 15, 2012

マルヒラ

maruhira120315mj01.jpg
マルヒラ呉服店、大正時代のポスター

春もまぢかの昼下がり、退屈の粒子が陽の光にただよっている私鉄電車線路沿い、
町の郵便局の用事のついでに、通りの向かいの呉服屋さんに飛び込んでしまった。
反物でつくったトートバッグがかわいいウインドウにひかれて。
きらきらしたビーズがちりばめられたピルケースやガラス製の柄の欧羅巴風ルーペ
巻貝や二枚貝やいろいろな貝がらが大きな標本のようなパターンになって一面に染められた布地に目をきらきらさせてたら、
ご主人が帳場から立ち上がって、冷やかしにつきあってくださいました。

「創業たった100年ですよ。昔はこの通りにはたくさん呉服屋が並んでましたが、いまでは10件ほどです」とのこと。
10件でも、すごいなあ。
100年って、すごいなあ。

年季の入ったミシンには‘Fukusuke’というロゴが。
「足袋の福助です。これの前はシンガー」

福助の本社は、原宿の京セラビルにある。

投稿者 orangepeel : 08:35 PM | コメント (0)

ephemera / picks

picks120315mj01.jpg

picks120315mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

金物屋でシチュウ用の鍋を買ったら、「これはオマケで... 」といただいてしまった。
お子様ランチについてましたね、万国旗爪楊枝。

投稿者 orangepeel : 07:42 PM | コメント (0)

March 14, 2012

詩の窓

yasuofujitomi120314mj.jpg
『詩の窓』 藤富保男 著 (思潮社刊, 2011)

_____ 詩という文学の一つの形態は、
少しずつそれが<詩>という在来の概念から離れて、
<詩らしい何か>という姿になりつつあることは、
最も進んだ頭脳をもっていることをためらわずに、
人に話しかける自負を持っている人々の間では
もはや普遍的になりつつある。 _____
『詩の窓』 帯コピーより


‘詩論’を読んでみる。
といっても、藤富保男氏の最新刊『詩の窓』はけっして堅苦しいものではない。
評論というよりも、むしろ個人主義的生きかた指南である。

以下、メモ。

 ‘ぼくはライト・ヴァースなんていう英語はあんまり好きではない。大体「ライト」なんていうと、本来の「軽い」意味なのか、明るいのか、Rで耳にすれば「正しい」詩なのか、どうもピンと来ない、なんていうつむじまがりを大声でいう必要はまあないかもしれないが、藤富流にいうと「軽業詩」ということになるのだろうか。ぼくの手のうちを少し公開するならば、

  
 *笑われても、こんな楽しい自分がいる。
 *笑っても、こんなつまらない自分しかいない。
 *淋しさを耐える自分に人は知らん顔をしている。’

藤富保男『詩の窓』 「詩の光沢」 (p.41)

 ‘タンポポといえば北川冬彦を思い出す。彼が一九二九年に出した詩集『戦争』の中の、「戦争」と題する詩は次の通りである。

 義眼の中にダイヤモンドを入れて貰つたとて、何にならう。苔の生えた肋骨に勲章を懸けたとて、それが何にならう。

 腸詰をぶら下げた巨大な頭を粉砕しなければならぬ。腸詰をぶら下げた巨大な頭は粉砕しなけらばならぬ。

 その骨灰を掌の上でタンポポのやうに吹き飛ばすのは、いつの日であらう。

 戦争の予知、その不安、軍国時代への反撥を彼はこのように書いている。白い冠毛のついた実を吹くのは西洋では占いの一種で、それゆえ前述の「いなかの信託」とも言われるのである。

 吹きとばされ冠毛の抜けたタンポポをじっと眺めていると、キの抜けたビールどころか、植物のガイコツを思うのである。もう初夏であるのに。’

「蒲公英」 (p.101-102)

 ‘詩でテクニックは二の次だとする人がいる。そういう人は感情を興奮の扇風機で煽っている姿で詩を書く。やはり技術と精神が統合しないと革新的な創造はないのである。’

「ある詩的実験 stabile から mobile へ」 (p.112)

 ‘クルト・シュヴィッターズはルネッサンス以来、絵画がなぜ絵の具ばかりを使って描くのか疑問を持ち、反感すら覚えたという。彼は芸術とはほど遠く、美的香りのまったくないゴミ廃物をコラージュとして、新しい造型とマチエールの世界を打ち立てた。けれどもただ単にガラクタを並べれば、それは一種の解体業者の陳列市的風景になってしまう。シュヴィッターズの場合、素材の領域を日常われわれが見る角度から解放し、物象を拡大したことが特筆される。’

「万博・シュヴィッターズの詩」 (p.130-131)

 ‘カミングズは厳然と、
「お前が私に一撃を加える、それは悪で、私がお前に一撃を加える、それが善である、といった無知と単純な人たちは、本当の無知よりずっと危険である」
 と母校ハーヴァド大学で講演していた。そして更に、
「戦争は無能な科学である」
と、この優雅な個人絶対主義者は一声大きく叫んで、一杯水をぐっと飲んだ、と記録されている。’

「e. e. cummings」 (p.144)

 ‘簡単な話である。われわれは信じていることを疑ってみる方に向きを変えてみることである。<犬をつれて散歩のに行く>という事実は人が主で犬が従であると決めてかかることはない。犬に連れられて散歩をしていると考えればすぐ逆転する。散歩という事実を主にしてみると、人間と犬は散歩という事実に隷属していることになる。
 ずい分ヘソ曲がりなことを言う、とお思いだろうが、この項は「初めて詩を読む人のために」書く原稿である。ぼくはこのテーマを受けたとき、初めて詩を読む政治家のために、書こうかとひねくれた考えを持ったほどである。もっとも、それもおもしろいだろうが。’

「心のこもった嘘」 (p.178)

 ‘一九六一年の冬には彼自身が油絵で描いたクリスマスの飾り木の模写のカード(縦 22cm 横 15cm)が舞い込んだ。翌六二年になって不躾にもカミングズ宛にあなたの注目してる詩人は誰か、と訊ねてみた。その年の四月八日付で「(私の知ってる人では)ハート・クレイン、(私が会った人では)ディラン・トマス、その他デラウェア大学のロバート・ハフとセオドア・シトキ、特にあとの二人は他の詩人たちより活気にみちているように思える。私の感じでは、またビートといわれる詩人はプロパガンダを作っているのではないか、と思う。・・・・・・」と答えていた。’

「poetry how letters」 (p.198)

 ‘表現形態という点だけで詩を見つめれば、これ程自由で、これ程いい加減な文学様式はない。この世界では言語という草原以外何もない。家屋もなければ、地主も借り手もいない。無論鍬も鋤もシャベルもないし、材木もないのである。あるのは草だけ。すなわち文字だけである。この広野をあらゆる方向に駆け出してもよいが、詩情のない走り方、暴れ方は無駄なこと。
 異状発酵をしはじめた心____詩を感じた心で走りまわることは苦悩を伴うが、心地がよい。
 ではぼくの場合を少しのべよう。ぼくは大方第二義的なことを大切にしている。第一義的なことは論理であり、理念であり、筋道であるが、その裏にあるチョットしたかげり___第二義的なことを大切にする。’

「ドアを開けてみたが、」 (p.217-218)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:25 PM | コメント (0)

March 13, 2012

Sod roof houses

sodroof120313mj.jpg
Sod roof houses in Vik, Iceland. Photo by Gilles Baldet.

from Cabin Porn via Cabin Porn‏ (cabinporn) on twitter

草原(山)と同化した家々。ちょこりんとくっついたバードハウスがかわいい、と。

投稿者 orangepeel : 09:13 PM | コメント (0)

March 12, 2012

Bali Silk

bali120312mj.jpg

インドネシアといえばバティックですけれど、バリ島でみつけた美しい紋様のシルク。
スカーフといっても大判なので、タペストリーにするか風呂敷バッグにしてみたい。

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

March 11, 2012

Irish Crochet

irishcrochet120311mj.jpg
from

投稿者 orangepeel : 09:14 PM | コメント (0)

ephemera / motif

motif120311mj01.jpg

motif120311mj02.jpg

motif120311mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

レース編みには憧れるけれど、たぶんできないとおもう...

投稿者 orangepeel : 09:06 PM | コメント (0)

March 10, 2012

ephemera / patterns

patterns120310mj01.jpg

patterns120310mj02.jpg

patterns120310mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

日常の中にあるモチーフをパターンにした花森安冶による美しい『暮しの手帖』カヴァーデザイン。

上から:
edition 88 early spring, 1967
edition 63 early spring, 1962
edition 66 autumn, 1962

投稿者 orangepeel : 09:53 PM | コメント (0)

Ritva Kronlund

hellolucky120310mj.jpg

hellolucky120310mj02.jpg
Ritva Kronlund

from Tapettitehdas Pihlgren ja Ritola Oy via patterns + textiles (Amy Cartwright) on Pinterest

* Thanks for introducing my ephemera collection

投稿者 orangepeel : 09:25 PM | コメント (0)

April Rise


"April Rise" by Laurie Lee (poetry reading)

from Peter Maguire‏ (PoetsPages) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:16 PM | コメント (0)

March 09, 2012

一発

ippatsu120309mj01.jpg

ippatsu120309mj02.jpg

ippatsu120309mj03.jpg
『一発』 著者・藤富保男 / 装丁・菊池信義 / 絵詩・藤富保男 / 彩色・矢立丈夫 (発行所 矢立出版,1995)

‘■e.e.カミングスは民族のために書かなかった。祖国のことを書いたが、彼の書いた祖国は彼個人のことであった。’
藤富保男 『一発』, p.9

‘■ぼくは風が吹く日がニガテである。風がガラス戸をふるわす日には詩を書かない。鎖骨がはずれ、関節が乾いた音をたてて振動するからである。
従って天候に関係なく霊感がやってくる、というような詩人とは付き合わないことにしている。’
『一発』, p.12

‘■人とつき合わない方法を教えてくれる人が詩人である。’
『一発』, p.23

***

わたしは雨のふる日がスキである。できることなら街の人混みにはつきあわずに詩を書きたい。
書きたいけれど書けない日は、藤富保男氏の『一発』を窓辺でひもとく。
一頁一頁が手彩色の絵詩を、雨で滲まないように指でそっとなでてみるのである。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:37 PM | コメント (0)

March 08, 2012

L'ecume des jours #152

ldj120308mj01.JPG

ldj120308mj02.JPG

ldj120308mj03.JPG

ldj120308mj04.JPG

ldj120308mj05.JPG

ldj120308mj06.JPG

ldj120308mj07.JPG

ldj120308mj08.JPG

ldj120308mj09.JPG

ldj120308mj10.JPG

ldj120308mj11.JPG

ldj120308mj12.JPG

ldj120308mj13.JPG

ldj120308mj14.JPG

ldj120308mj15.JPG

ldj120308mj16.JPG

ldj120308mj17.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:33 PM | コメント (0)

March 07, 2012

Winter Birds


RAY LAMONTAGNE - Winter Birds

投稿者 orangepeel : 04:17 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #151

ldj120307mj01.JPG

ldj120307mj02.JPG

ldj120307mj03.JPG

ldj120307mj04.JPG

ldj120307mj05.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (0)

March 06, 2012

ephemera / packages

packages120306mj01.jpg

packages120306mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

tea and chocolate (‘cocoa cigaret’ by name) packages.

投稿者 orangepeel : 08:51 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #150

ldj120306mj01.JPG

ldj120306mj02.JPG

ldj120306mj03.JPG

ldj120306mj04.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 08:11 PM | コメント (0)

March 04, 2012

L'ecume des jours #149

ldj120304mj01.JPG

ldj120304mj02.JPG

ldj120304mj03.JPG

ldj120304mj04.JPG

ldj120304mj05.JPG

ldj120304mj06.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:56 PM | コメント (0)