June 30, 2011

L'ecume des jours #112

ldj110630mj01.JPG

ldj110630mj02.JPG
© orangepeel

きょうのおやつの食べ残したクッキー。
ではなくて、テムズ上流キュー・ガーデンのちかくでひろった石のかけら。

投稿者 orangepeel : 06:55 PM | コメント (0)

ephemera / SONGS OUT OF DOORS

ifalltheskies110630mj01.jpg

ifalltheskies110630mj02.JPG

ifalltheskies110630mj03.JPG

ifalltheskies110630mj04.JPG

ifalltheskies110630mj05.JPG
© ephemera collection of orangepeel

‘If all the skies were sunshine,
Our faces would be fain
To feel once more upon them
The cooling plash of rain.

If all the world were music,
Our hearts would often long
For one sweet strain of silence,
To break the endless song.

If life were always merry,
Our souls would seek relief,
And rest from weary laughter
In the quiet arms of grief.’

“IF ALL THE SKIES”
words by Henry van Dyke
from SONGS OUT OF DOORS

published by Charles Scribner's Sons, 1922

投稿者 orangepeel : 06:21 PM | コメント (0)

June 29, 2011

Artist of the day

artistoftheday110629mj.png
Artist of the day-Artista del dia: Hiromi Suzuki

from Estudio Horizontal via estudiohz on twitter

投稿者 orangepeel : 09:47 PM | コメント (0)

California Girls


The Beach Boys - California Girls ( with Bob Hope and Jack Benny )

投稿者 orangepeel : 09:15 PM | コメント (0)

ephemera / кроссворд

crossword110629mj01.jpg

crossword110629mj02.jpg

crossword110629mj03.jpg

crossword110629mj04.jpg
© ephemera collection of orangepeel

ANKO LTD. 1995

プリミティヴな表紙とは裏腹に、ちょっと助平なカートゥーンとクロスワードのロシアの雑誌。

投稿者 orangepeel : 08:58 PM | コメント (0)

June 28, 2011

LHT→NRT

とつぜんの
カミナリ雲に追いかけられて
かけこんだ初夏のパーラー

森のむこうのテムズは
なぜか潮のかおりがした
しめった大気と
ふるい大河に
ありふれた水の境界など
ないのだ

川面をうつ雨音
砂利をかむ靴音
流れにのって あるく
時によりそって わらう

永遠の冒険者たち
青い 夜のない空に
こだまする さよなら
so long, echo mountain parlor!


emp38orangepeel.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #08’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.38にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。

thank you very much,J.N.☆

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 10:51 AM | コメント (0)

June 27, 2011

The Collector

collector110627mj01.jpg

collector110627mj02.jpg

collector110627mj03.jpg
from my bookshelf

by John Fowles
“The Collector”

published by DELL PUBLISHING CO. , INC. 1963

投稿者 orangepeel : 07:14 PM | コメント (0)

I´m Waiting For The Man


Velvet Underground - I´m Waiting For The Man

投稿者 orangepeel : 05:29 PM | コメント (0)

Nothing at all


Jazzateers - Nothing at all

投稿者 orangepeel : 05:28 PM | コメント (0)

Is this It


The Strokes - Is this It

投稿者 orangepeel : 05:27 PM | コメント (0)

June 26, 2011

L'ecume des jours #111

ldj110626mj01.JPG

ldj110626mj02.JPG

ldj110626mj03.JPG

ldj110626mj04.JPG

ldj110626mj05.JPG

ldj110626mj06.JPG
© orangepeel

いつまでも、ロンドンの気分が抜けない....

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (0)

Eel Pie Island

eelpie110626mj.jpg
Richmond upon Thames

ORDNANCE SURVEY
GUIDE TO THE
RIVER THAMES

First published in 1983 by
Nicholson
© Text, Nicholson 1994

ロンドン郊外テムズ上流を手元の地図でながめると、
左下に、“Eel Pie Island” という愉快な名前の中洲。
ここは見逃した!

中綴じリング左ページの上にある“Brentford Ait”は、
野鳥が棲息する樹木が、鬱蒼と生い茂った島だった。

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (0)

World Geo-Graphic Atlas

Rare Book Feast #1: Herbert Bayer's Book of Maps from Nate Burgos on Vimeo.

投稿者 orangepeel : 10:29 PM | コメント (0)

June 25, 2011

野兎物語 - a little dreamer

ldj110625mj01.JPG

ldj110625mj02.JPG

ldj110625mj03.JPG

ldj110625mj04.JPG

ldj110625mj05.JPG

ldj110625mj06.JPG

ldj110625mj07.JPG

ldj110625mj08.JPG

ldj110625mj09.JPG

ldj110625mj10.JPG

ldj110625mj11.JPG

ldj110625mj12.JPG

ldj110625mj13.JPG

ldj110625mj14.JPG

ldj110625mj15.JPG

ldj110625mj16.JPG

ldj110625mj17.JPG

ldj110625mj18.JPG

ldj110625mj19.JPG

ldj110625mj20.JPG

ldj110625mj21.JPG

ldj110625mj22.JPG

ldj110625mj23.JPG

ldj110625mj24.JPG

ldj110625mj26.JPG

ldj110625mj25.JPG
© orangepeel, @ rain on the roof

‘物のすがた
見てる人の数だけ
この世界には、世界にはある

人のきもち
感じてる数だけ
この世界には、世界にはある

それを言い換えれば
その人が見ていないものは
この世界にはない
その人が知らないものは
この世界にはない
在ってもない

物のすがた
見てる人の数だけ
この世界には、世界にはある

ああ、この花はきれい
ああ、この山は高い
あの人はいい人
ああ、この道はつづく
ああ、この川はながれ
人はいつかいなくなる’

unreleased song “物の影像”
words by Jugo Nagisa
from “echo mountain parlor menu book”
vol.38 edition

25th june 2011

2007年から続いた “echo mountain parlor” 最終回。
おもい返せば5年前、下北沢『邪宗門』(森茉莉お気に入りの喫茶店)で
渚十吾氏にトークをご一緒させていただく企画をいただいたのでした。
ご期待にそえないまま、フリーzineにちょこっと詩を書かせていただくことで
お役に立てたかどうか、いつのまにか、さようなら。。。

切ない気持ちの屋根に雨がたたきつけ、
それから今日は、フランシス・ジャム『野兎物語』訳者、
猿渡重達氏との新たな出会いがありました。

ご一緒させていただいたみなさま、
rain on the roof スタッフの方々、
そして、渚十吾さま、
どうもありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!



CAROLE KING You've Got A Friend

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (2)

June 24, 2011

Neville Brody

dandad110624mj01.jpg

dandad110624mj02.jpg
We've just received this, today.


D&AD Awards Night 2011 - Well done Neville

投稿者 orangepeel : 06:24 PM | コメント (0)

June 23, 2011

echo mountain parlor vol.38

emp110623mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.38は、
6/25(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

2007年から続いた三軒茶屋、レイン・オン・ザ・ルーフでの"echo mountain parlor"は今回で最終回となります。

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩とコラージュを連載しております。

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

June 22, 2011

L'ecume des jours #110

ldj110622mj01.JPG

ldj110622mj02.JPG

ldj110622mj03.JPG

ldj110622mj04.JPG

ldj110622mj05.JPG

ldj110622mj06.JPG

ldj110622mj07.JPG

ldj110622mj08.JPG

ldj110622mj09.JPG

ldj110622mj10.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:19 PM | コメント (0)

June 21, 2011

Poems on the Underground

underground110621mj01.JPG

underground110621mj02.JPG

underground110621mj03.JPG

underground110621mj04.JPG

underground110621mj05.JPG

underground110621mj06.JPG

underground110621mj07.JPG

underground110621mj08.JPG

underground110621mj09.JPG

underground110621mj10.JPG

‘Poems on the Underground’ by The Poetry Society

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (0)

June 20, 2011

Made in England

food110620mj01.JPG

food110620mj02.JPG

food110620mj03.JPG

food110620mj04.JPG

food110620mj05.JPG

food110620mj06.JPG

food110620mj07.JPG

food110620mj08.JPG

food110620mj09.JPG

food110620mj10.JPG

food110620mj11.JPG

food110620mj12.JPG

food110620mj13.JPG

food110620mj14.JPG

food110620mj15.JPG

food110620mj16.JPG

food110620mj17.JPG

food110620mj18.JPG

food110620mj19.JPG

food110620mj20.JPG

food110620mj21.JPG

food110620mj22.JPG

food110620mj23.JPG

food110620mj24.JPG

food110620mj25.JPG

food110620mj26.JPG

food110620mj27.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

June 19, 2011

Tyburn Stream

tyburn110619mj01.JPG

tyburn110619mj02.JPG

tyburn110619mj03.JPG

tyburn110619mj04.JPG

tyburn110619mj05.JPG

tyburn110619mj06.JPG

tyburn110619mj07.JPG

tyburn110619mj08.JPG

tyburn110619mj09.JPG

tyburn110619mj10.JPG

tyburn110619mj11.JPG

tyburn110619mj12.JPG

tyburn110619mj13.JPG

tyburn110619mj14.JPG

tyburn110619mj15.JPG
© orangepeel

@dSquib (Alexander Hayman ) on twitter にて教えていただいたロンドンの暗渠、Tyburn Stream

タクシーの運転手さんも街のガイドさんもホテルのコンシエルジュも知ったかぶりしましたが、実はわかってませんでした(笑)。
そうですよね、たとえば日本のお巡りさんに「神田川支流笹塚暗渠はどこですか」って訊くようなものです。
地図にはない、‘道ならぬ道’なのですから。

上から6枚目までは、ピムリコ(Pimlico)駅とテムズにかかるヴォクソール橋(Vauxhall Bridge)の間に、それらしき川の名残。
集合住宅の物干し場になっていて、哀愁の生活感です。
下9枚は、オックスフォード・ストリート(Oxford Street)とボンド・ストリート(Bond Street)の、
渋谷のような賑やかな交差点をちょこっと入った、現在地下工事中の裏路地。
wikipediaに表記されている骨董マーケットですが、日曜日でお休みでした。。。

地下運河をのぞいてみたかった。

rivertyburn110619mj.jpg
form wikipedia ‘Tyburn Stream’

投稿者 orangepeel : 11:26 PM | コメント (0)

Battersea Park

battersea110619mj01.JPG

battersea110619mj02.JPG

battersea110619mj03.JPG

battersea110619mj04.JPG

battersea110619mj05.JPG

battersea110619mj06.JPG

battersea110619mj07.JPG

battersea110619mj08.JPG

battersea110619mj09.JPG

battersea110619mj10.JPG

battersea110619mj11.JPG

battersea110619mj12.JPG

battersea110619mj13.JPG

battersea110619mj14.JPG

battersea110619mj15.JPG

battersea110619mj16.JPG

battersea110619mj17.JPG
© orangepeel

Battersea Park, River Thames

Battersea Lake には、清冽な水がふつふつと湧き出ていました。

テムズにかかる工事中の橋には‘Weak Bridge’とありましたが、冗談かな。
いえ、おそるおそる渡ってみたら、グラグラと揺れました。。。

投稿者 orangepeel : 07:03 PM | コメント (0)

June 18, 2011

Brentford Locks

grandjunction canal110618mj01.JPG

grandjunction canal110618mj02.JPG

grandjunction canal110618mj03.JPG

grandjunction canal110618mj04.JPG

grandjunction canal110618mj05.JPG

grandjunction canal110618mj06.JPG

grandjunction canal110618mj07.JPG

grandjunction canal110618mj08.JPG

grandjunction canal110618mj09.JPG

grandjunction canal110618mj10.JPG

grandjunction canal110618mj11.JPG

grandjunction canal110618mj12.JPG

grandjunction canal110618mj13.JPG

grandjunction canal110618mj14.JPG

grandjunction canal110618mj15.JPG

grandjunction canal110618mj16.JPG

grandjunction canal110618mj17.JPG
© orangepeel

Brentford Locks (Grand Union Canal), River Thames at Brentford,

投稿者 orangepeel : 11:57 PM | コメント (0)

Kew Bridge

kewbridge110618mj01.JPG

kewbridge110618mj02.JPG

kewbridge110618mj03.JPG

kewbridge110618mj04.JPG

kewbridge110618mj05.JPG

kewbridge110618mj06.JPG

kewbridge110618mj07.JPG

kewbridge110618mj08.JPG

kewbridge110618mj09.JPG

kewbridge110618mj10.JPG

kewbridge110618mj11.JPG

kewbridge110618mj12.JPG

kewbridge110618mj13.JPG

kewbridge110618mj14.JPG

kewbridge110618mj15.JPG

kewbridge110618mj16.JPG

kewbridge110618mj17.JPG

kewbridge110618mj18.JPG

kewbridge110618mj19.JPG
© orangepeel

Kew Bridge, River Thames

ひさしぶりに緑と風のにおいを吸いました。
驟雨のあとのテムズ上流で大河の流れに沿ってあるくと人間的な感覚が戻りました

投稿者 orangepeel : 10:39 PM | コメント (0)

Royal Botanic Gardens, Kew

kew110618mj01.JPG

kew110618mj02.JPG

kew110618mj03.JPG

kew110618mj04.JPG

kew110618mj05.JPG

kew110618mj06.JPG

kew110618mj07.JPG

kew110618mj08.JPG

kew110618mj09.JPG

kew110618mj10.JPG

kew110618mj11.JPG

kew110618mj12.JPG

kew110618mj13.JPG

kew110618mj14.JPG

kew110618mj15.JPG

kew110618mj16.JPG

kew110618mj17.JPG

kew110618mj18.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 09:15 PM | コメント (0)

June 17, 2011

Regent's Canal

regentscanal110617kings01.JPG

regentscanal110617kings02.JPG

regentscanal110617kings03.JPG

regentscanal110617kings04.JPG

regentscanal110617kings05.JPG

regentscanal110617kings06.JPG

regentscanal110617kings07.JPG

regentscanal110617kings08.JPG

regentscanal110617kings09.JPG

regentscanal110617kings10.JPG

regentscanal110617kings11.JPG

regentscanal110617kings12.JPG

regentscanal110617kings13.JPG

regentscanal110617kings14.JPG

regentscanal110617kings15.JPG

regentscanal110617kings16.JPG

regentscanal110617kings17.JPG

regentscanal110617kings18.JPG

regentscanal110617kings19.JPG

regentscanal110617kings20.JPG

regentscanal110617kings21.JPG

regentscanal110617kings22.JPG

regentscanal110617kings23.JPG

regentscanal110617kings24.JPG

regentscanal110617kings25.JPG

regentscanal110617kings26.JPG

regentscanal110617kings27.JPG

regentscanal110617kings28.JPG
King's Cross © orangepeel

regentscanal110617camden01.JPG

regentscanal110617camden02.JPG

regentscanal110617camden03.JPG

regentscanal110617camden04.JPG

regentscanal110617camden05.JPG

regentscanal110617camden06.JPG

regentscanal110617camden07.JPG

regentscanal110617camden08.JPG

regentscanal110617camden09.JPG

regentscanal110617camden10.JPG
Camden Town © orangepeel

Regent's Canal (King's Cross〜Camden Town)

偶然、canal museumというちいさな運河の博物館と guardian 編集部を見つけました。

キングス・クロスは駅や産業遺産を取り壊し中。
古きよきロンドンのイメージから、クリエイティヴな街へ変わっているようです。

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

D&AD Awards Night

dandad110616mj01.JPG

dandad110616mj02.JPG

dandad110616mj03.JPG

dandad110616mj04.JPG

dandad110616mj05.JPG

dandad110616mj06.JPG

dandad110616mj07.JPG

dandad110616mj08.JPG

dandad110616mj09.JPG

dandad110616mj10.JPG

dandad110616mj11.JPG

dandad110616mj12.JPG

dandad110616mj13.JPG

dandad110616mj14.JPG

dandad110616mj15.JPG

dandad110616mj16.JPG

dandad110616mj17.JPG

dandad110616mj18.JPG

dandad110616mj19.JPG

dandad110616mj20.JPG

dandad110616mj21.JPG

dandad110616mj22.JPG

dandad110616mj23.JPG

dandad110616mj24.JPG

dandad110616mj25.JPG

dandad110616mj26.JPG

dandad110616mj27.JPG

dandad110616mj28.JPG

dandad110616mj29.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:33 AM | コメント (0)

June 16, 2011

L'ecume des jours #109

ldj110616mj01.JPG

ldj110616mj02.JPG

ldj110616mj03.JPG

ldj110616mj04.JPG

ldj110616mj05.JPG

ldj110616mj06.JPG

ldj110616mj07.JPG

ldj110616mj08.JPG

ldj110616mj09.JPG

ldj110616mj10.JPG

ldj110616mj11.JPG
© orangepeel

NRT→LHR

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

Typestaches

typestaches110616mj01.jpg

typestaches110616mj02.jpg
A Field Guide to Typestaches Poster

from Gallery Nucleus via designrelated (design:related) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:10 AM | コメント (0)

June 15, 2011

hiromi suzuki illustrations

88110615mj01.jpg

88110615mj02.jpg

88110615mj03.JPG

88110615mj04.JPG

88110615mj05.JPG

88110615mj06.JPG
illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)

6月14日発売、『心を磨く大切なハート言葉88』 シルバーあさみ著 (如月出版 刊)。
装丁と本文イラストレーション(88ページ)を手がけております。

投稿者 orangepeel : 09:49 PM | コメント (0)

June 14, 2011

Waiting for Godard

waitingforgodard.jpg
from LE CLOWN LYRIQUE via this isn't happiness

投稿者 orangepeel : 10:28 PM | コメント (0)

KnollTextiles

inkcollection110614mj01.jpg

inkcollection110614mj02.jpg

inkcollection110614mj03.jpg

inkcollection110614mj04.jpg

inkcollection110614mj05.jpg

inkcollection110614mj06.jpg

inkcollection110614mj07.jpg

inkcollection110614mj08.jpg

inkcollection110614mj09.jpg

inkcollection110614mj10.jpg

inkcollection110614mj11.jpg

inkcollection110614mj12.jpg

inkcollection110614mj13.jpg

inkcollection110614mj14.jpg

inkcollection110614mj15.jpg

inkcollection110614mj16.jpg

inkcollection110614mj17.jpg

inkcollection110614mj18.jpg

inkcollectionmj02.jpg
The Ink Collection by Pentagram designer Abbott Miller for KnollTextiles

from KnollTextiles via KnollTextiles on twitter

投稿者 orangepeel : 09:02 AM | コメント (0)

The Ink Collection


The Ink Collection by Abbott Miller for KnollTextiles

from KnollTextiles on twitter

投稿者 orangepeel : 08:21 AM | コメント (0)

June 13, 2011

L'ecume des jours #108

ldj110613mj01.JPG

ldj110613mj02.JPG

ldj110613mj03.JPG

ldj110613mj04.JPG

ldj110613mj05.JPG

ldj110613mj06.JPG

ldj110613mj07.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:00 PM | コメント (0)

Jasen Melnick

jasenmelnick110613mj01.jpg

jasenmelnick110613mj02.jpg

jasenmelnick110613mj03.jpg

jasenmelnick110613mj04.jpg
Happy Birthday, Dad

jasenmelnick110613mj05.jpg

jasenmelnick110613mj06.jpg

jasenmelnick110613mj07.jpg

jasenmelnick110613mj08.jpg

jasenmelnick110613mj09.jpg

jasenmelnick110613mj10.jpg
Letterpress Workshop

from Behance Network via Designrfix on twitter

投稿者 orangepeel : 05:50 AM | コメント (0)

June 12, 2011

Peter Saville

petersaville110612mj01.jpg
New order “Substance”

petersaville110612mj02.jpg
Joy Division “Disorder”

投稿者 orangepeel : 09:53 PM | コメント (0)

June 11, 2011

21世紀の北園克衛

shitecho110611mj.bmp
『現代詩手帖』 2011年6月号

『現代詩手帖』 6月号は、「21世紀の北園克衛」とは誰か?
ではなくて、21世紀「における」北園克衛の再考だった。

昨年、世田谷美術館で開催された「橋本平八と北園克衛展」をうっかり見逃してしまったけれども、
『VOU』同人だった黒田維理の復刻詩集(北園克衛の装丁)がデザイン関係者にとぶように売れた、
と版元・如月出版社長K氏からうかがった。
いま、北園克衛の詩はもちろんのこと、写真・コラージュ・デザインが注目されているのです。

詩とデザイン、言葉とビジュアルのボーダー(あるいは融合)を想いながら興味深く読了。

金澤一志氏と山口信博氏の対談、「北園克衛の新しい光」から。

‘金澤: 北園さんがやってきたデザインの仕事は、公然と引用されていますね。かつては、亀倉雄策さんや山城隆一さん、山名文夫さんもそうですが、戦前から商業美術に関わっている人はみんな詩を書いていたんですね。自分で詩を書いたりしながら、絵画的なものもバックグラウンドにしている人が戦後デザインにいったわけです。
山口: 画家くずれでデザイナーになったんじゃなくて、文字とか芸術全般に興味があってデザイナーになった人が多かったかもしれませんね。’
『現代詩手帖』 6月号 「北園克衛の新しい光」 (p.51)

‘金澤: 北園さんの詩論というと、戦前に書かれた「イデオプラスティ」が有名ですが、これは北園さんの詩学だけに言及したものではなく、かなり一般性のある理屈だと思う。北園さんの五十年代を頂点とするならば、一番すごい詩論はこれだっていうのがあるんですよ。「詩学」一九五七年八月臨時増刊号に掲載されたもので、ちょうど「メシアンの煙草」を書き終えた後に書かれている。ここで、詩のうえで観念が像を結ぶことはありえない、文字の集まりを詩として成立させているのはデザインとリズムだ、という言い切りがあるんです。五〇年代は、もちろん社会性が強い詩が全盛で、ふるくさい抒情詩も生き残っている時代ですね。そんなときに、意味は問題じゃない、デザインとリズムだ、と言うのは驚くべきことだと思う。いまはもう見えていることだけれど、当時はおそらく何を言っているのか、わかる人はほとんどいなかったんじゃないか。しかもそれを実践しきっているところがすごい。ぼくは基本的には北園克衛の現在に通用する部分だけを掬いとればいいとは思うんだけど、やっぱりその時代にどんな存在だったか、重要な部分がどこから出てきたのか、ということも考えたい。
山口: 「私の詩のアティフィシャリティ(あるいはリアリティ)を支えているものはイメヂに対する造形的なデザインのセンスと言語にたいするリズムのセンスである」(「詩学」五七年臨増)。すごいですね。詩人にもデザイナーにもぐさっとくるマニフェストです。’
「北園克衛の新しい光」 (p.57)

北園克衛は(当然なのかもしれないけれど)、戦中詩というものも書いていた。

吉増剛造氏とジョン・ソルト氏の対談、「火の痕跡、星の死の揺らぎ」から。

‘吉増: この大事な章の最後で引用されてられる、鈴木雅文さんの言葉を引用することによって語るという、これも見事な書き方なのですが、・・・・「戦時中の裏腹さに災いされ、北園の精神は危機に当面した。だから『黒い火』での詩行の断片化は、詩人の内面の断片化を写す鏡であった」と。この断片化というのを、おそらく、ぼくは火の痕跡、・・・・として、受け取ったのでしょうね。「そのような意味で人間への、とりわけ自身への嫌悪を現すことが、彼には、もっとも誠実で直截な方法になった」。これをジョン・ソルトさんが引かれて、この章を締めくくっておられるのには本当に感心をいたしました。現代のすぐれた小説家のおひとりの、堀江敏幸さんが「戦時の発言をも撤回しない詩人のまっとうな重さが、・・・・」というような言い方をしているんですが、鈴木さんの言葉を引かれてジョン・ソルトさんが伝えようとなさっていることともこれは似ていて、おそらく、これも、うん、・・・・星が文字の向こうで死んでいるような、そうした詩の輝きを全部、こう、ページの上の空気を、ゆらゆらさせながら見せているんでしょうね。’
『現代詩手帖』 6月号 「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.11〜12)

‘ソルト: ・・・・預言者とは言いたくないんだけど、彼の本能には未来の何かが見えたのではないでしょうか。たとえば「GGPG」の時代でも、出版社はヴィジュアルが勝利する、というような言い方をしました。それは一九二〇年代。その後ますますそうなってきて、いまのtwitterとfacebookの時代に、まただんだん言語が変わってきて、イメージ、ヴィジュアルのものが盛んになっている。無用の用がわかる時代になったではないか。
 それと、戦前は、詩という分野自体が全部の芸術の噴水みたいに尊重されましたが、いま社会のなかで詩はそれほど中心なジャンルとしての存在ではないんですね。大きなズレが社会に出てきたのではないでしょうか。昔は建築家にしろ絵描きにしろ、詩を読んだ。ピカソも詩を書いたしね。みんな詩を書かなきゃという木の株みたいな精神。それは詩で、その後は何をしてもいい。・・・’
「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.13〜14)

‘吉増: 北園も自信があって、平行している感じがします。エズラ・パウンドと文通しながら喧嘩もするし、コンクリート・ポエトリーの頂点にいたときに、「この運動はもう死んでしまった」とプラスティック・ポエムの宣言に書いた。’
「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.17)

‘ソルト: それよりも日本人に考えてもらいたいのは、戦時中はアメリカにも愛国詩を書いた詩人や、愛国画を描いたアーティストがいたけど、アメリカは戦勝国ですから。勝つと歴史が書ける側で、当然、自分に甘くなって都合の良いことばかりを主張する傾向があります。・・・・・
 ぼくが一番面白いと思うことは、第二次大戦中、アメリカで過激派の黒人グループは日本側を応援しました。その運動はニューヨーク、シカゴ、デトロイト、ミルウォーキー、フィラデルフィアにもありました。マルコムXが徴兵されたときに、「日本軍に入隊したい」と答えて精神病院に送られて、検査させられた。日本が勝ったら白人による圧迫以上にひどいことには絶対なるまいと思って、開放されると望んでいた。いまではほとんど忘れられた運動です。
 コクトーですが、彼は抑圧されていた同性愛者の芸術家としての立場から世間を見たから、鋭い政治への批判を主張したのは驚くことではないです。それとフランスの詩人ポール・エリュアールですが、彼の行動もまた立派で、地下に潜ってナチと戦いましたね。そのときアンドレ・ブルトンはニューヨークに亡命した。本に書いたけど、当時の日本の前衛芸術家たちは逃げ場がぜんぜんなかった。日本は島国ですから、特殊な状況です。
 ジャン・コクトーは北園と同じように、全部 poetry だと思っていて、 film poetry, drawing poetry, photo poetry, いろんな方面から優れた詩をつくっていた。’
「火の痕跡、星の死の揺らぎ」 (p.19〜20)

さらに、瞠目した(もうひとつ付け加えたい)こと。
ジョン・ソルト氏が、「英語の詩に興味ある日本人に紹介したいURL」 が、
昨年末にはじめたばかりのtwitterで情報交換させていただいている(ほとんど受け取る側ですが)
シカゴのアカウント“poetry verve”で、ときどき目にするサイトでした。

poetryfoundation.org

米大手製薬会社の財産を相続した Ruth Lilly が2009年に亡くなる前に2億ドルを、‘詩’のために寄付したとのこと。

* Eli Lilly
6月12日追記: 昨夜、寝転びながら『精神科治療学』(星和書店刊)をまたまた飽きずに熟読していたら、
製薬会社広告ページ(抗精神病薬)に目がいってしまい、Ruth Lillyが相続した製薬会社名に気づきました。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

June 10, 2011

hiromi suzuki illustrations

40people110610mj.jpg
© hiromi suzuki illustrations

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

June 09, 2011

L'ecume des jours #107

ldj110609mj01.JPG

ldj110609mj02.JPG

ldj110609mj03.JPG

ldj110609mj04.JPG

ldj110609mj05.JPG

ldj110609mj06.JPG

ldj110609mj07.JPG

ldj110609mj08.JPG

ldj110609mj09.JPG

ldj110609mj10.JPG

ldj110609mj11.JPG

ldj110609mj12.JPG

ldj110609mj13.JPG

ldj110609mj14.JPG

ldj110609mj15.JPG

ldj110609mj16.JPG

ldj110609mj17.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:50 PM | コメント (0)

Justin Van Genderen

justinvangenderen110609mj01.jpg
‘Pan Am’

justinvangenderen110609mj02.jpg
‘HAL 9000’

justinvangenderen110609mj03.jpg
‘Geonosis’

justinvangenderen110609mj04.jpg
‘Neo Tokyo’

justinvangenderen110609mj05.jpg
‘Tatooine’

justinvangenderen110609mj06.jpg
‘Forest Moon of Endor’

justinvangenderen110609mj07.jpg
‘Alderaan’

from 2046DSIGN via TAXI via findcreatives (The Creative Finder) on twitter

投稿者 orangepeel : 06:48 AM | コメント (0)

June 08, 2011

So Long Frank Lloyd Wright


So Long Frank Lloyd Wright - Simon and Garfunkel

Today is FLW's birthday.

投稿者 orangepeel : 07:28 PM | コメント (0)

Polish Book Cover Contest

polishbookcovercontest110608mj01.jpg
Ben Jones, 1984

polishbookcovercontest110608mj02.jpg
Elena Giavaldi, Choke

polishbookcovercontest110608mj03.jpg
Bas Alberts, The Fountainhead

polishbookcovercontest110608mj04.jpg
Matthew Hollister, Jailbird

polishbookcovercontest110608mj05.jpg
Emmanuel Polanco, Lolita

from 50 Watts via designrelated (design:related) on twitter

投稿者 orangepeel : 08:43 AM | コメント (0)

June 07, 2011

L'ecume des jours #106

ldj110607mj01.jpg

ldj110607mj02.jpg

ldj110607mj03.jpg

ldj110607mj04.jpg

ldj110607mj05.jpg

ldj110607mj06.jpg

ldj110607mj07.jpg

ldj110607mj08.jpg

ldj110607mj09.jpg

ldj110607mj10.jpg
© orangepeel

2011年も6月になりました。
手帳をあたらしくしました。
半年分は空白。

Moleskineじゃないですよ。

投稿者 orangepeel : 11:43 PM | コメント (0)

drizzle

haze110607mj.png

thunder110607mj.png

shower110607mj.png

drizzle110607mj02.png

drizzle110607mj03.png

drizzle110607mj04.png

drizzle110607mj05.png

drizzle110607mj06.png

drizzle

drizzle110607mj07.png


drizzle


drizzle


drizzle110607poetry.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 09:06 AM | コメント (0)

June 06, 2011

Never Can Say Goodbye


The Jackson 5- Never Can Say Goodbye

投稿者 orangepeel : 10:54 PM | コメント (0)

雪の練習生

yukinorensyusei110605mj.jpg
『雪の練習生』 多和田 葉子 著 (新潮社、2011)

___ サーカスの花形から作家に転身し、自伝を書く「わたし」。その娘で、女曲芸師と伝説の「死の接吻」を演じた「トスカ」。さらに、ベルリン動物園で飼育係の愛情に育まれ、世界的アイドルとなった孫息子の「クヌート」。人と動物との境を自在に行き来しつつ語られる、美しい逞しいホッキョクグマ三代の物語。 ___
内容(「BOOK」データベースより)

‘言葉’を持たないホッキョクグマの‘自伝(物語)’を、読むことができるとはおもわなかった。

「育児放棄されたかわいそうな白い小熊」としてベルリン動物園で人工哺育され、世界的な人気を博したクヌートが
今年3月、たった4才にして池の中で死んでいたニュースは記憶にあたらしいけれど、
この小説が昨年末には書き上げられていたのは、偶然にして必然です。

以下、抜書きのメモ。


knut110605mj.jpg


1章 「祖母の退化論」。まずは、クヌートの祖母、わたしの物語

 ‘そんな生活に不満はなかったのに、自伝を書き始めてから、会議に出るのがいやになってしまった。家で机に向かって鉛筆をなめていると、そのままずっとなめながら、できれば一冬中 人に会わないで自伝と取り組んでいたくなる。書くという行為は冬眠と似ていて、端から見るとウトウトしているように見えるかもしれないけれど、実際は穴の中で記憶を生み育てているのだ。’
『雪の練習生』 「祖母の退化論」 (p.19)

‘・・・・、「ご自分の言葉で書くようにお伝えしたと思いますが。優秀な翻訳家がいますから」と言って微笑んだ。「わたし自身の言葉ですか。わたしは自分の言葉が何なのか忘れてしまいました。一種の北極語だとは思いますが。」 「ご冗談を。ロシア語は世界一の文学言語です。」 「なぜか書けないんです、ロシア語が。」 「そんなことはないでしょう。ご自分の言葉で、自由に書いてください。執筆中は、生活費などの心配はしなくて平気です。」 目の前に満面の笑みがひろがっているが、脇の下から嘘がぷんぷんにおってくる。微笑みは人間が顔にのせる表情のうちで最も信用できないものの一つだということが分かってきた。人は自分の寛大さを売りつけ、相手を安心させて操作するために微笑む。’
「祖母の退化論」 (p.59)

 ‘自伝を書くということは、思い出せないことを推測で作り上げるということかもしれない。わたしはイワンのことはすでに自伝にくわしく書いたつもりになっていた。でも正直言うと、イワンの顔なんて全く思い出せない。思い出せないというより、あまりにもはっきり思い出せてしまうので、嘘だと分かる。’
「祖母の退化論」 (p.65)

‘・・・・、そうだ、わたしも自由自在に自分の運命を動かしたい、そのために自伝を書こう、と思った。わたしの自転車は言語だ。過去のことを書くのではない、未来のことを書くのだ。わたしの人生はあらかじめ書いた自伝通りになるだろう。’
「祖母の退化論」 (p.71)


knut110605mj.jpg


2章 「死の接吻」。クヌートの母、トスカと女曲芸師の物語。

 ‘その頃のわたしはまた、一度目の結婚直後にかかったのと同じような鬱病の兆候が現れ始めていた。もちろん当時の東ドイツには鬱病というものはなかったので、わたしはそれを「曇天」と呼んでいた。娘が生まれて、自分自身が哺乳類なのだと感じながら子供に乳房を吸わせ、オムツを替え、サーカスの事務を手伝い、初めの夫の下着を洗濯し、舞台衣装にアイロンをかける毎日が続いたあの頃、曇天が襲ってきた。’
「死の接吻」 (p.92〜93)

 ‘ドイツ統一後にこんなことを言ったら、「鴉のお母さん」と呼ばれてしまったかもしれないが、当時は国営の保育園に子供を預けっぱなしにして週末にしか会わない母親はたくさんいた。職種によっては何ヶ月も子供の顔を見ない女性もいた。母性愛という神話が囁かれることはごく希だったし、宗教は弾圧されていたので聖母マリアが幼子イエスを抱く絵も見たことがなかった。これはずっと後になってからの話だが、東ドイツの終焉とともに母性愛の神話が蜃気楼のようにドイツの地平線に現れ、トスカが息子を育てなかったことであれほどマスコミの非難を浴びたのが可哀想でならない。「トスカは東独出身だから生まれた子供を人に任せて、自分で育てない」などと悪口を言う人がたくさんいて、「社会主義サーカスで働いていたためにストレスで育児本能を失った」などとまことしやかに書き立てる新聞さえあった。これはとんでもない誤解で、第一に「ストレス」などという言葉は西側の「製品」で東独にはなかったし、第二に育児本能などという本能は人間にはあるのかもしてないが動物にはない。動物が子供を育てるのは本能ではなくアートである。アートだから、育てるのは我が子でなくてもいい。’
「死の接吻」 (p.93〜94)

 ‘「あなたの話を書く。と約束したのに自分の話ばかり書いてしまったの。ごめんなさい。」 「いいのよ。まず自分の話を文字にしてしまえばいいの。そうすれば魂がからっぽになって、熊の入ってくる場所ができるでしょう。」 「あなた、わたしの中に入ってくるつもりなの?」 「そうよ。」 「怖いわね。」 わたしたちは声を合わせて笑った。’
「死の接吻」 (p.138)

このあと、言葉は女曲芸師から、トスカからの視線に変わっていく。

 ‘ウルズラはわたしと向かい合ってきりっと立ち、唇だけをやわらかく差し出す。その時、彼女の喉が闇の中で大きく開いて、魂が奥でちらちら燃えているのが見える。一度接吻する度に、人間の魂が少しずつわたしの中に流れ込んできた。人間の魂というのは噂に聞いたほどロマンチックなものではなく、ほとんど言葉でできている。それも、普通に分かる言葉だけでなく、壊れた言葉の破片や言葉になり損なった映像や言葉の影なども多い’
「死の接吻」 (p.162)


knut110605mj.jpg


3章 「北極を思う日」には、ついこの間までなじみの深かったクヌートの物語がつづく。
ベルリン動物園のサイトでみた、あのかわいらしいクヌートの動画の光景が、
クヌートの‘視点’で語られはじめるのだ。

話はそれるけれども、オーストリアの心理学者・アルフレッド・アドラーのアドラー心理学に
災害時における‘茫然自失期〜ハネムーン期〜幻滅期〜復興期’という概念があるそうだ。
心的外傷受傷後の共同体の中で‘ハネムーン期’というのは人間に与えられた自然な感情であり、
これがやってこないと疲弊するだけで復興に立ち上がることができなくなる。
共同体という意識を感じるのは人が生きていく上で最も大切な感覚のひとつとのこと。

ところでそもそも、ホッキョクグマとヒトとの蜜月はありえたのでしょうか。

 ‘マティアスは薄目をあけて、自分の顔を探索しているクヌートをしばらく観察していたが、そのうちクヌートの目の中を覗き込んでしみじみと語った。「不思議だね。就職し立ての頃、熊の世話係に選ばれて、勉強のために随分いろいろな探検家の書いた本を読んだ。ある探検家が旅行記の中に、ホッキョクグマと向かい合って目があった時は気絶してしまいそうなくらい恐ろしい気持ちがする、と書いていた。それは、襲われるのが怖いんじゃなくて、熊の目が何の反応も見せないから怖いんだそうだ。狼の目には敵意、飼い犬の目には愛情が見えると信じている人間たちが、ホッキョクグマの眼差しと出遭って、そこに自分の姿が全く映ってないのを見て、愕然とするんだそうだ。からっぽの鏡。人間なんて存在しないに等しい、と言われたようで、それでショックを受ける。そんな眼差しに一度出遭ってみたいと思うこともあったよ。でも君はあきらかに人間を見ている。そのせいで君が不幸にならないといいんだけれど。」’
「北極を想う日」 (p.186)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 07:24 AM | コメント (0)

June 05, 2011

Mad, bad and dangerous to know: Fictional scientists - in pictures

scientists110605mj01.jpg
Insane genius Rotwang creates a robotic copy of Maria in a scene from Fritz Lang's dystopic masterpiece Metropolis (1927)

scientists110605mj02.jpg
Frankenstein's monster is resurrected a second time in Son of Frankenstein (1939). In film adaptations Dr Frankenstein is the archetypal evil scientist, but Mary Shelley's original character – and the creature he creates – are much more sympathetically drawn

scientists110605mj03.jpg
Dr Jekyll and Mr Hyde (1941) based on the novel by Robert Louis Stevenson. Dr Jekyll creates a potion that separates the good and evil facets of human nature, releasing the murderous Mr Hyde

scientists110605mj04.jpg
In H G Wells's classic tale of the misuse of optical physics, a medical student called Griffin theorises that if human flesh had the refractive index of air, and neither reflected nor absorbed light, it would become invisible. He creates a potion, drinks it and embarks on a reign of terror as The Invisible Man

scientists110605mj05.jpg
Peter Sellers as Dr Strangelove (1964). Explaining his plan for ensuring the post-apocalyptic survival of the human race, Dr Strangelove muses that whereas the men will be selected for their brains, 'the women will have to be selected for their sexual characteristics, which will have to be of a highly stimulating nature'

Mad, bad and dangerous to know: Fictional scientists - in pictures
Inspired by a science fiction exhibition at the British Library, we present some of the most monstrous, twisted and eccentric scientists ever depicted in television and film

from guardian via UnlikelyWorlds (Paul McAuley) on twitter

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

June 04, 2011

Microwave Popcorn

popcorn110604mj01.jpg

popcorn110604mj02.jpg

popcorn110604mj03.jpg

popcorn110604mj04.jpg

popcorn110604mj05.jpg
Microwave Popcorn

投稿者 orangepeel : 05:29 PM | コメント (0)

June 03, 2011

Masculin féminin


Masculin féminin

投稿者 orangepeel : 08:24 PM | コメント (0)

AIGA Cleveland Cranky Camp 2011


AIGA Cleveland Cranky Camp 2011 at Cranky Pressman

crankycamp110603mj01.jpg
Woodson Concert Poster

crankycamp110603mj02.jpg
Inside Cranky Pressman

crankycamp110603mj03.jpg
David Berman Prints

from DESIGN MINER via CrankyPressman (Keith & Jamie Berger) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:47 PM | コメント (0)

Adam the Velcro Suit

adamthevelcrosuit110603mj01.jpg

adamthevelcrosuit110603mj02.jpg

adamthevelcrosuit110603mj03.jpg
Adam the Velcro Suit - gig flyers and posters

from Flyer Goodness via CrankyPressman (Keith & Jamie Berger) on twitter

投稿者 orangepeel : 07:25 PM | コメント (0)

June 02, 2011

I'm not in love


10 CC - I'm not in love

投稿者 orangepeel : 09:39 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #105

ldj110602mj01.jpg

ldj110602mj02.jpg

ldj110602mj03.jpg

ldj110602mj04.jpg

ldj110602mj05.jpg

ldj110602mj06.jpg

ldj110602mj07.jpg

ldj110602mj08.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 07:53 PM | コメント (0)

the slices

dadslices110602mj.jpg
from D&AD Members Newswire - June 2011

___ 'The Slices' will be officially launched at the forthcoming D&AD Awards Night, which takes place on Thursday 16 June at London’s HAC, Artillery Gardens. ___

とりあえず本日、パスポート更新の手続きをしてまいりましたが。。。
昨年の授賞式光景。憧憬!

D&AD Awards Ceremony 2010

投稿者 orangepeel : 07:28 PM | コメント (0)

June 01, 2011

ephemera / Bird Guide

bird110601mj01.jpg

bird110601mj02.jpg

bird110601mj03.jpg

bird110601mj04.jpg

bird110601mj05.jpg

bird110601mj06.jpg

bird110601mj07.jpg

bird110601mj08.jpg

bird110601mj09.jpg

bird110601mj10.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Bird Guide
Land Birds East of the Rockies
by Chester A. Reed

Doubleday & Company, Inc. 1951

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

親の毒 親の呪縛

syukishida110601mj.jpg
『親の毒 親の呪縛』 岸田 秀× 原田 純 著 (大和書房、2006)

____ 問題のない親子関係なんてない。子供を傷つけたことがない親なんていない。いま、親子関係に悩み、苦しんでいる人へ。親から逃げ出したいと思っている人へ。親から精神的虐待を受けてきた当事者同士が心の軌跡と脱却への道を、ありのままに語る。 ____
内容(「BOOK」データベースより)

岸田秀氏の本は新刊がでるたびに読んでいた。
いつごろからか、興味をなくしてしまっていた。
いや、本当は覚えている。書店平積みで手にしたとき、母親から「そんなの読むの、やめなさい」と叱責を受けた(皮肉)。
『親の毒 親の呪縛』 岸田 秀× 原田 純 著の書評をネットで検索してみたら、
臨床の現場にいらっしゃる方からも敬遠されているよう。。。

生き苦しさの答えをもとめて読了。
親から与えられた‘物語’に、自分の‘物語’を上書き保存することが課題だった。
といっても、すべての人間に文才があるわけじゃないし、
語るべき‘言葉’すら持たないひともいるはずだ。
私の‘言葉’で申し上げると、親子関係は社会の縮図(本書の企画意図に反するけれど)。
戦後、高度経済成長という名の幻想に洗脳された親は、こどもたちの「右肩上がりの人生」に期待していた。
戦後が終わっていないと気づいた今、絶望していない日本人がいたら不思議なくらい、と私はおもいます。

対談の原田純氏の激白がおもしろく、「私もこんな破天荒な思春期を暴走できてたらな」と共感できた。
人間関係を‘支配’と‘被支配’にとらえてしまうところもおなじです。
父親を‘強姦’しようとこころみたくだりに笑い、こころが苦しくなりました。

投稿者 orangepeel : 09:29 PM | コメント (0)