February 28, 2011

神谷和弘詩集 『40人』 report

40mj110216.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)


紀伊國屋書店・新宿本店にて“輝く!星和書店フェア” 2月28日(月)〜4月3日(日)。
同じく5F心理・人文フロアに現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)あります!

投稿者 orangepeel : 10:13 PM | コメント (0)

Clair


Gilbert O'Sullivan - Clair

投稿者 orangepeel : 02:37 PM | コメント (0)

Raindrops Keep Fallin' On My Head

頁のあいだから
落ちてきた押し葉
葉脈に雨だれが
スキップする

あの季節は
どこだったのだろう

反転した時間
珈琲屋のドアをゆらす
風のにおい

あたたかい悲しみが暮れていく

雨がシネマを
封じ込めるから


raindrops110228.jpg

‘Si j'étais Pohéteû #06’ © poetry & collage by orangepeel



渚十吾さんの音楽茶話会 echo mountain parlor vol.36にて配布のzine、“under the boardwalk” に掲載。
‘Si j'étais Pohéteû’(ボリス・ヴィアンを気取って「もし詩人だったら」)という詩の連載です。


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:05 AM | コメント (0)

February 27, 2011

マボロシトヒト

ldj110226mj01.JPG

ldj110226mj02.JPG

ldj110226mj03.JPG

ldj110226mj04.JPG

ldj110226mj05.JPG

ldj110226mj06.JPG

ldj110226mj07.JPG

ldj110226mj08.JPG

ldj110226mj09.JPG

ldj110226mj10.JPG

ldj110226mj11.JPG

ldj110226mj12.JPG

ldj110226mj13.JPG

ldj110226mj14.JPG

ldj110226mj15.JPG

ldj110226mj16.JPG

ldj110226mj17.JPG

ldj110226mj18.JPG

ldj110226mj19.JPG

ldj110226mj20.JPG

ldj110226mj21.JPG

ldj110226mj22.JPG

ldj110226mj23.JPG

ldj110226mj24.JPG

ldj110226mj25.JPG

ldj110226mj26.JPG

ldj110226mj27.JPG

ldj110226mj28.JPG

ldj110226mj29.JPG

ldj110226mj30.JPG

ldj110226mj31.JPG

ldj11026mj32.JPG

ldj110226mj33.JPG

ldj110226mj34.JPG
© orangepeel, @ rain on the roof

‘二月から三月、

マボロシの季節、そこにある空気、

かすかな薔薇色と青色、

こころはそこで悔恨と希望の香の漂う怠惰<たいだ>と浴み<あゆみ>をとる


それは青味がかり、薔薇色めいた、黄昏のような空気

ものうげで、夢を見ているような.....

植物や鉱物のように、夢遊する生命を与えられているもののような....


二月から三月、

希望を感じる明るさと、快い暗さの諧調を具えて

花や沈む夕日は声のない言葉を語っている

マボロシトヒト..... 。’

words by Jugo Nagisa

from “echo mountain parlor menu book”
vol.36 edition

26th february 2011

投稿者 orangepeel : 07:17 AM | コメント (0)

February 26, 2011

echo mountain parlor vol.36

emp110225mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.36は、
2/26(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

‘ワン・ドリンク・オーダーで参加 OK、出入りも自由。
まるで空想ラジオを聴いているような音楽リスニング・アワーです’

会場でフリー配布のzine、“under the boardwalk” に詩とコラージュを連載しております。

投稿者 orangepeel : 01:25 AM | コメント (0)

February 25, 2011

I Hope I Don't Fall In Love With You & No One Knows I'm Gone


Tom Waits

投稿者 orangepeel : 06:03 PM | コメント (2)

L'ecume des jours #85

ldj110225mj01.JPG

ldj110225mj02.JPG

ldj110225mj03.JPG

ldj110225mj04.JPG

ldj110225mj05.JPG

ldj110225mj06.JPG

ldj110225mj07.JPG

ldj110225mj08.JPG

ldj110225mj09.JPG

ldj110225mj10.JPG

ldj110225mj11.JPG

ldj110225mj12.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 05:54 PM | コメント (0)

February 24, 2011

echo mountain parlor vol.36

emp110224mj.jpg

渚十吾氏の音楽茶話会 echo mountain parlor vol.36は、
2/26(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

投稿者 orangepeel : 04:40 PM | コメント (0)

Shipbuilding


Robert Wyatt - Shipbuilding

投稿者 orangepeel : 04:30 PM | コメント (0)

February 23, 2011

ephemera / The Preservation of Leather Bookbindings

preservation110223mj01.jpg

preservation110223mj02.jpg

preservation110223mj03.jpg

preservation110223mj04.jpg

preservation110223mj05.jpg
© ephemera collection of orangepeel

“THE PRESERVATION OF LEATHER BOOKBINDINGS”
H.J. Plenderleith

The Trustees of The British Museum, 1967 (First printed 1946)

投稿者 orangepeel : 09:45 AM | コメント (0)

Ronald Clyne

folkways110223mj01.jpg
Design by Ronald Clyne, 1960

folkways110223mj02.jpg
Design by Ronald Clyne, 1967

folkways110223mj03.jpg
Design by Ronald Clyne, 1975

folkways110223mj04.jpg
Design by Ronald Clyne, 1961

folkways110223mj05.jpg
Design by Ronald Clyne, 1964

folkways110223mj06.jpg
Design by Ronald Clyne ; Cover artwork by Robert, 1977

‘Ronald Clyne (December 28, 1925 – 2006) was an American freelance designer and graphic artist best known for creating over 500 covers for Folkways Records during the more than three-decade lifetime of his independent company from 1948–1986.’
Ronald Clyne

from Smithsonian Folkways via Eye magazine on twitter

投稿者 orangepeel : 08:48 AM | コメント (0)

February 22, 2011

stolen kisses

うっすらと暗渠につもった雪に
ぼんやりと川の幻影がうかびあがります

いっぽう
伏流水をあつめていた樹木が伐採された
ちいさな森の池は枯れていくのでしょう
逃げ水の武蔵野台地の果てに育った私は
東京の地下にねむる水に想いをはせます

この狭い路地がながれとなって
あのひとの住む街へつながって

鉢植えのかげから黒猫が
ピンクの舌をみせて啼きます

‘mew!’


stolenkisses110222mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel

forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 09:37 AM | コメント (0)

February 21, 2011

emptiness

gendaishisou110221mj.jpg
『現代思想 2011年2月号』特集ーうつ病新論 (青土社 刊)

過労死が問題になったことがある。
そもそも、死にいたるほどの「体力的な疲労」というものがあるのだろうか。
寝る間を惜しんで働いても、達成感や高評価がなければ、報われないだろう。
去年の夏に購入して枕元においたままの、キルケゴール『死に至る病』
(高校生のときリポートにしたっけ)をまだ読んでいなかったことを思い出した。
死に至る病とは、‘絶望’だ。

ところで、「多忙」と「ヒマ」のどちらがつらいか、
ひとそれぞれのとらえかたがあるけれども、
「ヒマ」には、‘怠惰’という罪責感がつきまとう。

創造は、病み=闇からなる。
健常人(あるいは自身の病にきづかないひとびと)は、情けと憐れみをもって尊大に嘲笑するのだが、
デーモニッシュなむなしさが文化をつくるのだとおもう今日このごろ。。。(以下、引用)


‘・・・フォルトルムという人が『修道僧のアセディアから不安・うつへ___悪徳から病理への変転に関する哲学的史論』という本を書いています。そこで彼はこのアセディアという概念の倫理的側面を強調しています。さらに、アセディアが長い歴史の中で「うつ」と「不安」医学概念へとだんだん変化していったのではないか、そしてもう一つ、アセディアは、メランコリーとして医学化される一方で、伏流水として地下を流れて十八世紀のある時期に「ロマン派的な憂うつ」として再び文化の表舞台に出てきたのではないか、と書いています。何かに熱心になり、そこからフッと離れてしまうという意味でのアセディアが、ある種のロマン派的な憂うつというものになって、文化の中に一つの花を咲かせた、という流れがあるのですね’
『現代思想』 2011年2月号
「うつ」 の味 精神科医療と噛みしめがいの薄れた 「憂うつ」 について / 鈴木國文
(p.79)

‘・・・スヴェンセンは『退屈の小さな哲学』の中で次のように書いています。「カントは、ごく普通の人間は、欲求とそれを満足させることだけで生きているのに対し、教養ある人間は常に新しい喜びを追求するあまり退屈に追いやられる、と考え.....キルケゴールは、退屈の感情は洗練された人間を構成する要素と考えていた」と。不安とか憂うつが退屈という形になって現れた時期と、憂うつが文化の前面に出る時期とは重なっている、ということですね。このあたりのことがうつ病概念を考えるには大事なことだと思います’
「うつ」 の味 精神科医療と噛みしめがいの薄れた 「憂うつ」 について / 鈴木國文
(p.80)


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40mj110216.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

●書評家・著述家 岡崎武志氏のブログ okatakeの日記 に紹介いただいております。
 
岡崎様、お忙しいところ、どうもありがとうございます!

投稿者 orangepeel : 09:56 PM | コメント (2)

ephemera / Áskel Másson

prime110220mj01.jpg

prime110220mj02.jpg

prime110220mj03.jpg

prime110220mj04.jpg

prime110220mj05.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Áskel Másson
PRIME
f. Snare Drum

Iceland Music Information Centre, 1984

スネアドラム入門


参考までに音を検索


Brad Webb - Prim - Askell Mason - Snare drum solo

投稿者 orangepeel : 07:52 AM | コメント (0)

February 20, 2011

Denny's

dennys110220mj.jpg
Denny's

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

Shout to the Top


The Style Council - Shout to the Top

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #84

ldj110219mj01.JPG

ldj110219mj02.JPG

ldj110219mj03.JPG

ldj110219mj04.JPG

ldj110219mj07.JPG
© orangepeel @ 酒呑地蔵遷座祝, shibuya-ku, tokyo

投稿者 orangepeel : 12:17 PM | コメント (0)

February 19, 2011

ephemera / still life

stilllife110219mj01.jpg

stilllife110219mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

still photo : unknown

投稿者 orangepeel : 08:58 AM | コメント (0)

IRINA WERNING

irinawerning110219mj02.jpg

irinawerning110219mj03.jpg

irinawerning110219mj04.jpg
from IRINA WERNING, Photograrher via The INSPIRATION.COM via theinspiration on twitter

“UN MISTERIOSO ASESINATO EN BUENOS AIRES. 1940”

投稿者 orangepeel : 08:39 AM | コメント (0)

February 18, 2011

Georges Delerue

truffaut110218mj01.jpg

truffaut110218mj02.jpg

truffaut110218mj03.jpg
Bandes Originales des
Films de
François Truffaut

渚十吾氏からお借りしているサウンドトラック集を聴きながら、フランソワ・トリュフォー祭。
ジャン・コンスタンタンやジョルジュ・ドルリューのなかに、‘アントワーヌ’の声(台詞)!

‘彼らは気ままに恋をする
世界中の子供たちは
人生をきれいな歯でかぶりつく
まあるいリンゴのように
はじめての口づけ、幸せ、悲しみ
心にしまい、手を差し出して
悪い結末もいい結末もある
優しくも残酷なのが子供というもの
二人づつ道を行く
二十歳の恋に酔いしれる’
L' Amour à vingt ans(1962)
『二十歳の恋』
対訳:武者小路真理恵

「フランソワ・トリュフォー作品集」 ライナー・ノーツより

Thank you very much, Mr.J.N!



トリュフォーではなく、ジョージ・ロイ・ヒル監督作品ですが、
ヴィヴァルディのリュート協奏曲をモチーフにした、ジョルジュ・ドルリュー、コンポーズ曲から、
少女(ダイアン・レイン、デビュウ作!)と少年の淡い恋の物語『リトル・ロマンス』(1979)をどうぞ☆


A little romance

投稿者 orangepeel : 07:01 PM | コメント (0)

Baisers volés

stolenkisses110218mj01.jpg

stolenkisses110218mj02.jpg
from my bookshelf

Domunique Auzel
“TRUFFAUT”
Les Mille et une Nuit Américaines
(p.94〜95)

© Henri Veyirer _ 1990


Baisers volés (Stolen Kisses) scene

投稿者 orangepeel : 05:35 PM | コメント (0)

February 17, 2011

L'ecume des jours #83

ldj110217mj01.JPG

ldj110217mj02.JPG

ldj110217mj03.JPG

ldj110217mj04.JPG

ldj110217mj05.JPG

ldj110217mj06.JPG

ldj110217mj07.JPG

ldj110217mj08.JPG

ldj110217mj09.JPG

ldj110217mj10.JPG

ldj110217mj11.JPG

ldj110217mj12.JPG

ldj110217mj13.JPG

ldj110217mj14.JPG

ldj110217mj15.JPG

ldj110217mj16.JPG

ldj110217mj17.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:46 PM | コメント (0)

Timeless Melody


The La's - Timeless Melody

投稿者 orangepeel : 09:57 AM | コメント (0)

all time greatest toys

radioflyer110217mj.jpg
1920s Radio Flyer Wagon

beachball110217mj.jpg
1930s Beach Ball

viewmaster110217mj.jpg
1930s View-Master

bubblesolution110217mj.jpg
1940s Bubble Solution

hulahoop110217mj.jpg
1950s Hula Hoop

from TIME via designrelated on twitter

more All-TIME 100 Greatest Toys

投稿者 orangepeel : 07:46 AM | コメント (0)

February 16, 2011

神谷和弘詩集 『40人』 report

40mj110216.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

___ ・・・今は暗闇の中に閉じ込められていたとしても、希望(エスペランサ)こそが最後で最良の薬であることだけは決して忘れることのないように、申し添えたい。チリの33人にとってそうであったように。___
神谷和弘詩集『40人』 あとがきより

こちらで内容をみることができます。

kamiyakazuhiro40 yomiuri 110216.JPG
本日(2月16日)付、読売新聞朝刊一面サンヤツ広告です。

投稿者 orangepeel : 06:53 PM | コメント (0)

Leo Lionni

leolionni110216mj01.jpg

leolionni110216mj02.jpg

leolionni110216mj03.jpg
Cover design by Leo Lionni

“poems
by
Wallece Stevens”
Selected, and with an Introduction, by Samuel French Morse

published by VINTAGE BOOKS, 1961


more book covers by LEO LIONNI

投稿者 orangepeel : 08:48 AM | コメント (0)

February 15, 2011

ichiganrefu01.gif

ichiganrefu02.gif

ichiganrefu03.gif

ichiganrefu04.gif

ichiganrefu05.gif

ichiganrefu06.gif

ichiganrefu07.gif


ichiganrefu110215mj.jpg

© poetry & collage by orangepeel


forbidden to copy poetry and collage without permission
(詩とコラージュの無断転用・転載は固く禁じます)

投稿者 orangepeel : 07:27 AM | コメント (2)

February 14, 2011

L'ecume des jours #82

ldj110214mj01.JPG

ldj110214mj02.JPG

ldj110214mj03.JPG

ldj110214mj04.JPG

ldj110214mj05.JPG

ldj110214mj06.JPG

ldj110214mj07.JPG

ldj110214mj08.JPG

ldj110214mj09.JPG

ldj110214mj10.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

kisses & hugs

kocovalentine110214mj.jpg
koco new york ecards “valentine's day”

バレンタイン・カードをお贈りします。

何種類か選べます。みなさまもいかがですか?

投稿者 orangepeel : 08:29 AM | コメント (0)

February 13, 2011

ephemera / still life

parisvupar110213mj01.jpg

parisvupar110213mj02.jpg

parisvupar110213mj03.jpg
© ephemera collection of orangepeel

still photo : Paris vu par…
un film collectif français à sketches, sorti le 19 mai 1965.
D'une durée totale de 92 minutes, il réunit les courts-métrages de six réalisateurs de la Nouvelle Vague :
Jean Douchet, Jean Rouch, Jean-Daniel Pollet, Éric Rohmer, Jean-Luc Godard et Claude Chabrol.
Chaque cinéaste y filme un quartier différent de Paris, sur un ton volontiers ironique.

投稿者 orangepeel : 08:50 PM | コメント (0)

Paris vu par...


Paris vu par... Godard / Montparnasse-Levallois 1965

投稿者 orangepeel : 08:40 PM | コメント (0)

February 12, 2011

ephemera / still life

fortunecookie110212mj.jpg
© ephemera collection of orangepeel

still photo : The Fortune Cookie (alternative UK title: Meet Whiplash Willie) , 1966
a film starring Walter Matthau and Jack Lemmon in their first on-screen collaboration,
and directed by Billy Wilder.

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

The Fortune Cookie


The Fortune Cookie 1966 Trailer Billy Wilder

投稿者 orangepeel : 11:09 PM | コメント (0)

L'ecume des jours #81

ldj110212mj01.JPG

ldj110212mj02.JPG

ldj110212mj03.JPG

ldj110212mj04.JPG

ldj110212mj05.JPG

ldj110212mj06.JPG

ldj110212mj07.JPG
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 06:43 PM | コメント (0)

February 11, 2011

London 1903


London 1903 - Thomas Edison Film Footage

投稿者 orangepeel : 10:51 PM | コメント (2)

ephemera / flash bulbs

flashbulbs110211mj.JPG
© ephemera collection of orangepeel

投稿者 orangepeel : 04:14 PM | コメント (0)

The Wizard of Menlo Park

edison200211mj.gif
from google

Today is Thomas Alva Edison's birthday!

投稿者 orangepeel : 04:10 PM | コメント (0)

e.e.cummings

eecummings110211mj01.jpg

eecummings110211mj02.jpg

eecummings110211mj03.jpg
THE PENGUIN BOOKS POETS

e.e.cummings
selected poems
1923〜1958

published in PENGUIN BOOKS, 1963


more covers of Penguin Poetry

投稿者 orangepeel : 11:12 AM | コメント (0)

February 10, 2011

L'ecume des jours #80

ldj110210mj02.jpg

ldj110210mj03.jpg

ldj110210mj04.jpg

ldj110210mj05.jpg

ldj110210mj06.jpg

ldj110210mj07.jpg
© orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:43 PM | コメント (2)

George Giusti

georgegiusti110210mj01.jpg

georgegiusti110210mj02.jpg

georgegiusti110210mj03.jpg
COVER DESIGN BY GEORGE GIUSTI

“Asylums
Essays on the social situation of mental patients and other inmates”
ERVING GOFFMAN

published by A DOUBLEDAY ANCHOR BOOK, 1961


more book covers by GEORGE GIUSTI

投稿者 orangepeel : 08:13 AM | コメント (2)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40110210mj.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

___ 「わたしはどうすればいいの。23歳のみそらでアルバイトもできない。なぜ? わたしはどうすればいいの。時々わけのわからない恐怖に襲われる。あれはなんなの。世界の底が抜ける・・・」精神の病を患う人の心の世界には、途方もない苦悩、悲しみ、憤り、恐怖、いらだちが渦巻いています。しかし、それは、患者でない人の世界から遠く離れたものではありません。あなたもいつ招かれるかもしれない隣り合わせの世界なのです。精神科医であり詩人である著者が、自然に溢れ出たものを書きつづった40人の心の叫び。___
星和書店HPより

◇◆◇

こちらで内容をみることができます。

投稿者 orangepeel : 07:14 AM | コメント (0)

February 09, 2011

ephemera / solitude

grape110209mj01.jpg

grape110209mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:12 PM | コメント (0)

Grant McLennan


The Go-Betweens: "Bachelor Kisses"

‘Grant McLennan died at his home in Brisbane on 6 May 2006, aged 48, from a heart attack. He was preparing for a party at his home to celebrate with his fiancée, Emma Pursey. Whilst preparing for the party, he complained of feeling unwell, and went upstairs to rest. He died in his room and was found soon after by his flatmate, friends and fiancée.’
from wikipedia

投稿者 orangepeel : 10:05 PM | コメント (0)

snowy morning

snowy110209mj01.JPG

snowy110209mj02.JPG

snowy110209mj03.JPG
from my window © orangepeel

投稿者 orangepeel : 10:00 PM | コメント (0)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40peoplupmj01.jpg

40peoplupmj02.jpg

40peoplupmj03.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

カヴァーには、キャンバスのようなテクスチャの凹凸に、
かすかな光を放つシルク加工をほどこしてあります。
紙の書籍ならではのマチエールにこだわらせていただきました。
印刷は、太陽堂成晃社

このような機会をあたえてくださった、神谷和弘様、
星和書店 I社長様、企画 O様、制作 T様、
そして、当ブログをのぞいてくださる皆様に
こころより、感謝申し上げます。


◇◆◇

こちらで内容をみることができます。

投稿者 orangepeel : 10:20 AM | コメント (0)

February 08, 2011

from the new yorker 110208

fny110208mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 03:01 PM | コメント (0)

神谷和弘詩集 『40人』 report

40peoplemj04.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。

◇◆◇

こちらで内容をみることができます。

投稿者 orangepeel : 10:15 AM | コメント (0)

February 07, 2011

神谷和弘詩集 『40人』

40peoplemj01.jpg

40peoplemj02.jpg
cover illustration : 鈴木博美, Hiromi Suzuki (orangepeel Inc.)
art direction : chocochips (orangepeel Inc.)

現役精神科医・詩人の神谷和弘詩集『40人』(星和書店 刊)。
装丁をてがけております。

詳細はこちらをご覧くださいませ。

投稿者 orangepeel : 10:39 AM | コメント (2)

February 06, 2011

Slightly out of Focus

camera110206mj03.jpg

camera110206mj04.jpg
© orangepeel

さようなら、カメラ。
7〜8年、ブログの写真は、ずっとこれでした。
とうとう、壊れてしまった。うんともすんとも言ってくれない。。。
デジカメとはおもえない、ぶあつさで、
古くさいピンぼけが持ち味だったのに。

きょう買った新しいカメラでカメラを撮りました。

投稿者 orangepeel : 10:26 PM | コメント (0)

ephemera / paper doll

paperdoll110206mj01.jpg

paperdoll110206mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel

paper dolls, 1940s
Fubuki Koshiji (chanteuse) and Nobuko Otowa (film actress) were star singers in Takarazuka Revue.


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:44 AM | コメント (0)

February 05, 2011

ephemera / ex-libris

exliblis110205mj01.jpg

exliblis110205mj02.jpg
© ephemera collection of orangepeel


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 11:04 AM | コメント (0)

February 04, 2011

ソーシャルネットワークの現在

eureka110204mj.bmp
ユリイカ 2011年2月号』(青土社 刊)

いつのまにか誰かにfacebookのアカウントを作成されていることを知った。
もし、facebookでワタシをみつけられても、それはワタシではありません。ご了承くださいませ。

実名登録が基本のfacebookは、業界においては電話帳がわりにつかわれているそうだが、
当ブログ microjournal をはじめたのは仕事のため(生存していくため)で、
すでに10年ちかく、ぞんぶん実名(メールアドレス、電話番号まで!)さらしてます。

映画『ソーシャルネットワーク』は、まだ観ていない。
WASP主体ハーヴァードの中で、「ナード」であったザッカーバーグが
facebookを立ち上げ成功していくという、まさにハリウッド製アメリカン・ドリーム物語だそうだ。

ところで、閉塞感のあるmixi(とっくの昔にやめてしまった)の活用方法に混乱したとき、
『ユリイカ』で作法を教わったけれども、
昨年末頃からおそるおそるtwitterに足を踏み入れてみて、またまた紙媒体である
『ユリイカ 2011年2月号』特集*ソーシャルネットワークの現在にて勉強中のアイロニー。
ワールドワイドな情報交換の場であると思っていたtwitterで、
なんだか、鎖国日本をみせつけられたような気がしたからだ。
‘ネットワーク’という名目の囲い込みに、自分自身がとりこまれている?

しかし、前向きにとらえよう。

‘・・・「変らない想像力」を追っていたはずの個々人だが、その過程で生じる技術と情報との相互作用を経て、生活様式も、想像力も、二〇年前とは全く異なる地平に到達しつつあることであった。実際、ふと眼差しを時代の先端に向けると、政府と個人、あるいは、企業と個人といったこれまで対等なコミュニケーションが困難であった非対称な主体の間で、フェアなコミュニケーションが生じている。それに応じて、産業と、その主たる担い手も変わりつつあることに気がつくことができるはずである。
(中略)
 本質的には、私たちにできることは、情報化と向き合って試行錯誤のなかで慣れ親しみ、必死にその意味を読み解き、何らかの選択を行うことだけである。既得権益の解体を伴うガバメントからガバナンスへの移行には高いコストと、手強い抵抗勢力の存在も垣間見える。それでも、情報化の意味に気づいた人々は、静かに「革命」に向けて歩み始めた。’
『ユリイカ』 2011年2月号
西田亮介 「情報と想像力の狭間に生きる『私』たち」 p.140〜141

傲慢なモノ言いをおゆるしください。
あらためて考えてみる。
世界の中心は、私である。
なぜなら、「私」という主体からでしか、世界を見ることができないから。


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:46 PM | コメント (0)

If I Fell


If I Fell - The Beatles

via BeatlesVideo on twitter

投稿者 orangepeel : 10:38 PM | コメント (0)

February 03, 2011

Nerdy Beatles

nerdybeatles110203mj.jpg
from FabFourFacts on twitter

投稿者 orangepeel : 07:28 AM | コメント (0)

February 02, 2011

from the new yorker 110202

fny110202mj.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 09:38 PM | コメント (0)

Erick Valencourt

erickvalencourt110202mj01.jpg

erickvalencourt110202mj02.jpg

erickvalencourt110202mj03.jpg
Book sélectionné le janvier 2011
Voir le book : erickvalencourt.ultra-book.com

La newsletter des dernières sélections Ultra-book


◇◆◇


< orangepeel's portfolio >
orangepeel.ultra-book.com

投稿者 orangepeel : 08:36 AM | コメント (0)

February 01, 2011

John Barry


John Barry - Follow Me (The Public Eye)

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (0)

ephemera / Voyages D' été

vayages110201mj01.jpg

vayages110201mj02.jpg

vayages110201mj03.jpg

vayages110201mj04.jpg

vayages110201mj05.jpg

vayages110201mj06.jpg

vayages110201mj07.jpg

vayages110201mj08.jpg
© ephemera collection of orangepeel

Voyages D' été
Saison
1925

THOS COOK & SON


=====================
about my site

投稿者 orangepeel : 10:44 AM | コメント (0)

sorry!


poetry & collage are comming.

投稿者 orangepeel : 10:00 AM | コメント (0)