February 27, 2009

echo mountain parlor vol.24

jnmj090227.jpg

渚十吾氏の空想ラジオecho mountain parlor vol.24は この週末。
2/28(sat) 16:00-@rain on the roof(三軒茶屋)。

会場で配布のフリーzineに毎号ミニコラムを書かせていただいております☆

投稿者 orangepeel : 10:01 PM | コメント (0)

February 23, 2009

武井武雄

P1100745.JPG

P1100746.JPG

P1100747.JPG

童画を描くかたわら、限定の私家製豆本の出版をライフワークにしていた武井武雄。
そのこだわりの人生を謙虚につづった『本とその周辺』(中央公論社、1965年刊)は、
読んでもながめても(装丁や挿絵など)うつくしくてあこがれます。

武井武雄の絵が出品されているかどうかわからないけれど、
大正・昭和の児童雑誌『コドモノクニ』などに掲載の原画が展示の
企画展「本にえがかれた子どもたち―町の子ども・村の子ども―」はたのしそう。
平成21年1月20日(火)〜3月22日(日)白根記念渋谷区郷土博物館・文学館にて。
観に行きたいですね、わすれずに☆

投稿者 orangepeel : 10:36 PM | コメント (0)

from the new yorker 090223

fnymj090223.gif
from The New Yorker

日本の映画2作品がオスカー受賞。
くらべることではありませんが、オリンピックのメダルの数よりうれしいなあ。。。

アニメーション部門で受賞の『つみきのいえ』は手描きのイラストレーションで、
レトロでありながら現代社会の問題を提起している作品だそう。

そうだ!手描きだ、アタマと腕!
監督、加藤久仁生氏はスピーチで、所属会社ロボットに感謝の言葉をのべていた。
すばらしい仕事環境だとおもう。

そういえば以前ロボットとは、コマーシャル・フィルムのお仕事させていただいたことがありました。

投稿者 orangepeel : 10:17 PM | コメント (0)

February 19, 2009

モグラの眼

moguramj090219.jpg
from wiki

年が明けてから、途切れることなくお仕事があってありがたいです。
もっとできます、よろしくお願いいたします☆

郵便物を投函にでかけたら、夕暮れの日差しをまぶしいとかんじたのはモグラだね。
モグラは眼が退化して盲目なんだとか(耳も聞こえない)。

ポストの前で下校途中の女子中学生と目があった。
なんだかボクトツでユウウツな眼差し。
自分の中学時代をおもいだし、なつかしいきもちで涙ホロリした。センチメンタル。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

February 16, 2009

from the new yorker 090216

fnymj090216.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 10:53 PM | コメント (0)

February 15, 2009

ephemera/Raphael Tuck

P1100724.JPG

P1100727.JPG

P1100730.JPG

P1100732.JPG
© ephemera collection of hiromi suzuki

京王の古書市で手にしていたら、「いいものに目をつけましたね〜」って
店主からほめられて(?)買ったペーパー・ドール。
といっても19世紀英国で人気のあったRaphael Tuck社製ではなく、レプリカ(1984)です。

そういえば紙モノ好きの原点は、こどものころ夕暮れの西日のなかで
自分勝手な物語に遊んだ紙製の着せ替え人形かもしれない。

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

free paper doll

paperdollmj090215.gif

フリーのペーパー・ドールみつけました。

プリントアウトしておたのしみくださいませ☆

っていうか、自分でもつくってみたくなった!

投稿者 orangepeel : 08:14 PM | コメント (0)

February 14, 2009

eureka

eurekamj090214.jpg


1999年から約1年ほど、ユリイカに選=入沢康夫氏で詩を掲載いただきました。
青土社サイト内検索「鈴木博美」で掲載誌バックナンバーがあります。

売り切れのデュラス特集は古書店にて、手にとっていただければさいわいです☆

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (0)

February 13, 2009

Holly Golightly

audreymj090213.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

中野区南台のオードリー。

河と暗渠の物語ブログ、更新しました。

mscriedtop b.jpg


投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

February 10, 2009

ephemera/wonderland

wonderlandmj090210.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

植草甚一編集『WonderLand』第2号(1973年9月号)です。

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

February 08, 2009

第3の性

mammamiamj090208.jpg

まだ観てないから内容がまったくわからない映画『マンマ・ミーア』。
仕事しながらラジオで聴いた59歳メリル・ストリープの歌う、
アバ『ダンシング・クイーン』のはりきり完コピにウケてしまった。

そういえば昔、不動産会社に勤めていた母親がプンプンして帰宅して、
いったい何があったのかと訊けば、社長の娘が幼稚園から戻ってくるなり、デスクにむかう母に問うたそうな。

「鈴木さん、男?女?」

「あら、やだ。女よ。どっちだとおもった?」

「オバサン」

こどもっておもしろいこというなあ、と爆笑した。


といいつつ、ワタクシも第3の性に擬態しつつあるような気がするのですが、
“擬態”とわざわざ言ってみたいのは、オバサンってふてぶてしいようだけれど
じっさいは、少年のこころをもつオジサンより弱いんですよ。

メールの返信がなかったりするだけで、傷ついてしまう。。。

投稿者 orangepeel : 11:42 PM | コメント (0)

ごぶさたしております

このところ、体調とおしごとの関係で『北沢川文化遺産保存の会』に参加でずさびしいんですが、
こちらをみていただいている方がいらっしゃいましたら、
ごあいさつ遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします☆

そして私信おこがましいですが山崎ナオコーラさま。
下北沢の教会めぐりをごいっしょさせていただいた鈴木博美です。

また、なにかのご縁でお話できたらとおもっております。

投稿者 orangepeel : 10:55 PM | コメント (0)

February 06, 2009

ephemera/奥様手帖

P1100718.JPG
© ephemera collection of hiromi suzuki

味の素から発行されていた若奥様向けのレシピ集は、B6版横長薄手の冊子ですが
毎月あつめて専用ファイルに格納すると、季節ごとの家庭料理メニュが充実するしくみ。

1992年〜約1年間、お菓子と童話をからめた企画ページにイラストレーションを描かせていただいたので、
このファイル、一冊だけが手元にあるという次第。ひっぱりだしてみたのです。


静岡ではまだ2月というのに、もう筍が掘れたというニュース。
新鮮な筍、刺身でたべたい。。。

東京は快晴だったけれど、風がつめたかったね。

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

February 04, 2009

in my life

setsumj090204.jpg
illustration by hiromi suzuki

夕飯の準備をしていたら電話があった。
保険会社を辞めてセツ・モードセミナーという美術学校で絵を描いていたころ、
地元の大手学習塾でアルバイトをしていたのですが、そのときの同僚から。

アルバイトは夜間勤務の苦学の時代で人生の通過地点の記憶のつもりだったのに、
はしゃいで話してしまった。

10年ひとむかし、というがたのしかった。

上の絵はセツ先生に褒めてもらったなつかしい作品です。

投稿者 orangepeel : 11:36 PM | コメント (0)

February 02, 2009

from the new yorker 090202

fnymj090202.gif
from The New Yorker

投稿者 orangepeel : 07:06 PM | コメント (0)

読めないとバカにされる漢字1500

kanji01mj090202.jpg
illustration by hiromi suzuki

カヴァー・イラストレーション描いてます。
読めないとバカにされる漢字1500』、河出書房新社から。

1/20、こちらの本がなんと国会中継で紹介されたそうです☆

投稿者 orangepeel : 06:48 PM | コメント (0)