May 30, 2008

dawdlr

dawdlr01mj.jpg

dawdlr02mj.jpg

dawdlr04mj.jpg
from dawdlr

what are you doing, you know, more generally?

“ 何してる?” という、きわめてシンプルな質問に、
“ 答えはポストカード で郵送ください ”。

アナログ版twitter というか、ばかばかしくも愛すべきサイトなのです☆
今月21日に更新されたばかりですが、次回は11月21日という悠長さもdawdlrね。

管理人はロンドンのクリエーター、russell davies氏。

blogranking

===================================================


postcardmj080530.jpg
© illustration by hiromi suzuki

そういえば、一日いちまい葉書を描くという修行を以前こちらで宣言したような気がしますが、
自分で描いて自分宛てに投函するという企画は、あまりにもむなしく(笑)。

うえは我が家のポストになげこまれていた最初で最後のかなしみの一葉です。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:01 PM | コメント (0)

May 29, 2008

old cafe

lunchmj080530.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

Machiya,Arakawa-ku,Tokyo.

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:29 PM | コメント (0)

May 28, 2008

ephemera/grape fruit

grapefruitmj080528.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

グレープフルーツを食した残がい。
フレッシュな果実をたいせつにくるんでいた包装紙です。
たいせつにとっておくの。
まさにエフェメラ、ただの紙くず。

地下水の流れる音を聴きなさい。

グレープフルーツ・ジュース』オノ・ヨーコ (講談社文庫/南風椎 訳)


blogranking

投稿者 orangepeel : 09:59 PM | コメント (0)

ephemera/みづゑ

mizue01mj.jpg

mizue02mj.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

Art magazine cover by Henri Matisse,1948.

昭和23年『みづゑ』のうつくしい表紙は、アンリ・マティスです。
表4の画材メーカー広告もたのしい。

資生堂が水彩ゑのぐを販売していたなんてしらなかった!
「最高級のクリーム性ゑのぐ!」というコピーから
ほのかに白粉のかほりがただよってまいります。

色っぽい絵が描けそうですね☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:45 PM | コメント (0)

May 27, 2008

tatara

Redonmj080525.jpg
from wiki “ The Cyclops” Odilon Redon 1914


司馬遼太郎「街道をゆく30」の『愛蘭土(アイルランド)紀行,供戮
ゆっくり愉しみに読みはじめたのですが、一冊目の半分をすぎてもなおダブリンに到着しておりません。
ロンドンからリヴァプール、そしてアイリッシュ海を渡りつつ歴史と文学を考察する旅。
という、作家のこだわりにわくわくして随行いたしました。

ロンドン・ユーストン駅からリヴァプールへの車窓に、
産業革命のとき木炭をはこんだ運河のなごりがみえかくれします。


 産業の神は移り気なものであるらしい。
 鋳鉄の技術と産業が大陸におこったとき、イギリスはまだのどかだった。十五世紀の最末期になって、森の多かったこの島にわたってきた。
 以後、英国は数世紀にわたって最大の製鉄国になる。つまりは、気が遠くなるほどの量の木炭が消費された。製鉄というばけものが、森林を食いはじめたのである。
 以上のようなことは、ルードヴィヒ・べックの名著『鉄の歴史』(中沢護人訳 たたら書房)全十七冊にくわしい。

司馬遼太郎「街道をゆく30」『愛蘭土(アイルランド)紀行機戞船螢凜.廖璽訶着〜

引用の『鉄の歴史』を出版した、たたら書房の“ たたら” は
中国地方の木炭製鉄炉の古称とのことで、日本各地に伝わる巨人伝説“ ダイダラボッチ” の語源となりました。

ところで東京都世田谷区の代田橋は伝説の巨人ダイタラボッチの足跡に由来するそう、
身近なところに、遠い国とおなじ水路の神話があることにロマンを想ってみたわけです。

画像はオディロン・ルドン描くギリシア神話の(鍛冶技術を持っている)片目の巨人キュクロプス。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

May 26, 2008

from the new yorker 080526

fnymj080526.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:53 PM | コメント (0)

hero

P1100121.JPG

P1100124.JPG

P1100136.JPG

P1100148.JPG
© photo by hiromi suzuki

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:37 PM | コメント (0)

May 23, 2008

london underground

sasazukamj080523.jpg
sasazuka , London Underground






ウソです(笑)。
London Underground Sign Generator で夢の駅をつくってみました。
via The Generator Blog

そういえば、こどものころ地下鉄がロンドンに直結して日帰り旅行できる夢をみたことがあります。

◆ 別館『珈琲屋 preservation society 』 更新しました☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:31 PM | コメント (0)

May 22, 2008

双子王子

以前、渚十吾さんのイベントで聴いて、身をくねらせて反応してしまった曲。

YouTubeは、歌詞にうっとりしながらいっしょに歌いましょう動画です☆


Alessi Brothers “all for a reason”

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:11 PM | コメント (0)

May 21, 2008

from the new yorker 080519

fny-mj080519.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:17 PM | コメント (0)

May 18, 2008

人間は考える葦である

NHKをぼんやり見てたら
yaraku01.bmp パスカルが

「この無限空間の永遠の沈黙がおそろしい」って yaraku02.bmp
いただきものの坂角せんべいをぽりぽりいただきながら
    yaraku03.bmp  感心。

“ ゆかり” よりちょこっと高級ね

     黒ごま  yaraku04.bmp

    yaraku05.bmp  まるごと海老は秀逸☆

yaraku06.bmp

yaraku07.bmp

yaraku08.bmp

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

May 17, 2008

金魚坂

P1100095.JPG

P1100096.JPG
© photo by hiromi suzuki

本郷、金魚坂にて。
 
本郷台地の頂上には、さわやかな初夏の風がとおりすぎていきました。
あしもとのマンホールの底から、まるで山里のふもとのような清冽な水音がきこえてきて。
かつて台地の崖線からきれいな水が湧いたので、金魚屋さんがたくさんあったそうです。

本郷にはワタクシの実家鈴木家本家のお寺がちかくにあるのです。
たびたび法事に通いましたが、ちいさいころのことなので場所をまったくおぼえていませんでした。

古書店、大學堂でちいさな東京地図をもとめました。

◇ 『珈琲屋 preservation society』 更新しております☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:59 PM | コメント (0)

May 15, 2008

濹東綺譚

nagaikafumj.jpg
木村荘八 『濹東綺譚』 挿絵 1937

新藤兼人監督『濹東綺譚』(1992)を観ました。

遊女、お雪とのはかない恋ものがたりは永井荷風の原作です。
玉の井はドブに板を渡してつくられた高級ではない遊郭。
荷風は身分をいつわって通うわけなのですが、
なんだかせつない孤独とやさしさにみちていて。。。。

じつは永井荷風の作品は川本三郎氏の著書をとおしてしか存じ上げませんでした。
東京の風俗を描くブログ的作品、といっては失礼かもしれませんが『断腸亭日乗』読んでみよう。

うえの画像は『木村荘八展』(練馬区立美術館/1993)を観賞した際に購入したカタログから。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

Rock in ROLLING STONE

rrs.jpg

最大(2段階)にクリックすると読めます。

3年前のrockin'onの記事がでてきました。
編集長の山崎洋一郎氏もかつてDJをしていたという新宿のロック・バー、
ローリング・ストーン社長・杉浦俊男氏のインタビュウです。
あら?ワタシ、サインなんていただいている?(笑)。

「オアシスはロックじゃない」っておっかしいです。
チャーリー・ワッツが来店した話は、なんどもご本人からきいてたりして。

ずいぶん、ご無沙汰してしまってます。
近いのに、いちど足が遠のくと腰がおもくなってしまって。
コワモテだけどやさしい社長。
ソファにふんぞりかえっている礼儀しらずのワタシにひざまづいて!話しかけてくださったことがありました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:58 PM | コメント (6)

May 14, 2008

Heritage Scrapbooks

daybooktopmj.jpg

daybookcard3mj.jpg

daybookchristmas1mj.jpg
“ Daybook ” (Anonymous)

こちらはワタクシのコレクションではなくて、
資料的価値のある古いスクラップブックをあつめたサイト Heritage Scrapbooks から。

家計簿に葉書を貼り付けているところが生活感があって愛らしいのです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 07:18 PM | コメント (2)

May 13, 2008

from the new yorker 080512

fnymj080512.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:50 PM | コメント (0)

ephemera/enoshima

enoshimamj080513.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

古書市で手にいれたスクラップブックには「絵ハガキ袋コレクション」との帯がついていました。
おそらく昭和30年代のものとおもわれます。

日本各地の絵葉書をおさめていたカラフルでモダンなパッケージ・コレクションから、
“ 夢の江の島” をどうぞ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:41 PM | コメント (0)

江の島my写真集

01enoshimamj.jpg

02enoshimamj.jpg
© photo by hiromi suzuki

江の島は東京近郊の行楽地としてこどものころから何度かおとずれたことがあります。
江の島神社へのにぎやかな参道をさけて、島の裏がわの漁港を散策してみると、
観光客向けの土産物屋もまばらになり、ひとびとの島の生活をかいまみることができます。

03enoshimamj.jpg

04enoshimamj.jpg
© photo by hiromi suzuki

夢とうつつ。
俗と聖が混濁しているのが江の島の魅力ですね。

江の島マニアックなる情報満載のサイトをみつけました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 06:17 PM | コメント (0)

May 12, 2008

ephemera/candy

mjcandy01.jpg

mjcandymj02.jpg

mjcandy03.jpg
© ephemera collection of hiromi suzuki

古書市でコラージュに購入したキャンディの包み紙。
せっせとスキャニングしてたら、Richard Brautigan のクールな詩 “Xerox Candy Bar” をおもいだした。

 ああ、
おまえはぼくが今までに
食べたすべてのキャンディーの
一つのコピーにすぎない。

『ゼロックス・キャンディー』(「チャイナタウンからの葉書」リチャード・ブローティガン:池澤夏樹 訳/サンリオ)

きょうは寒かったですね。
マフラーを首に巻いてるひとをみかけました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

May 09, 2008

from the new yorker 080505

fnymj080505.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

Stephen Laurence Winwood 王子#02

stevemj080509.jpg
The official Steve Winwood

ドーパミンを強制発射♪

今夜は、The KinksとかThe Small FacesとかThe Whoとか
MODな音楽ヴィデオを観ました。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:52 PM | コメント (0)

Stephen Laurence Winwood 王子

steveswanmj080508.jpg

stevefacemj080508.jpg
The official Steve Winwoodより。

夢にでてきてから夢中。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:45 PM | コメント (0)

May 07, 2008

from the new yorker 080428

fnymj080428.gif
from The New Yorker


blogranking

投稿者 orangepeel : 09:42 PM | コメント (0)

Steve Winwood

bkmj080507.jpg

調子にのって写真帖をつくりました。
ビジネスチャンスはどこにあるかわからないですものね。ガツガツしてます、ハハ。

みなさま、連休はいかがおすごしでしたか?
ワタシはちょこっとお仕事したり、BCCKS編集に夢中になったり。

そういえば、せんじつ『タモリ倶楽部』でとうとう“暗渠”ネタが!
毛細血管がピリピリはじけたよ。
猫額洞の日々が当microjournalにふれてくださっています。
調子にのったワタクシのコメンツがいたいです。

今朝がた、夢にスティーヴ・ウィンウッドがでてきて、
「僕は君の彼氏だよ。キスしよう」って、もうドキドキ!
って、TVドラマに影響されすぎですね、とほ。
(TVドラマとはいわずもがな『絶対彼氏』のこと)

くだらない話をしつれいいたしました。
お口直しにStephen Laurence "Steve" Winwoodさま(笑)の若かりしお姿をYouTubeからどうぞ☆

Spencer Davis Group - When I Come Home

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:24 PM | コメント (0)

May 05, 2008

BCCKS

bccksmj.jpg

イラストレーションのミニ作品集をつくってみました。

5月6日追記。

ポートフォリオとしてとして更新しました。


blogranking

投稿者 orangepeel : 12:38 AM | コメント (0)