November 30, 2007

A Day in the Life

adayinthelife071130.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

ロンドンはチョークファームの団地です。
晩秋の。

英語に “小春日和” の言葉があるかどうか調べてみなきゃいけないのですけれど、
薄暗い玄関先で朝日に向けてシーツなんかを干している生活感が
気取ってなくてフォトジェニックだったのでした。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (3)

November 29, 2007

walk out to winter

winter071129.jpg
© photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

ロンドンの下北沢、カムデンにて。
日差しのなかで古着のアーミーコートがあたたかそうで。

白黒写真のスクラップ もおたのしみくださいませ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:27 PM | コメント (0)

marié mori

morimari071129.bmp
森茉莉@邪宗門

『ユリイカ』12月号は “森茉莉” 特集です。


代沢の喫茶『邪宗門』でときどきお見かけする伊藤文學氏のエッセイはどことなく愉快でした。
最近の“森茉莉ブーム”というかなんというか、
「ガーリィ」とか「乙女系」とかのくくりがあまり気に入らなかったので(笑)。

「薔薇族」編集長の観点から、茉莉考。

 どうして同性愛者になってしまうのかということを日本で研究している学者はいない。欧米の学者の間でも、いろんな説があって、はっきりした原因は分からない。
 ぼくは持って生まれたものだと思うが、母親の子供の育て方も影響するのではと考える。しかし、人間どんな人でも、100パーセント男もいないし、100パーセント女もいない。神さまは人間を最初からそのように造ったのだろう。
 森茉莉さんは長女だから、持って生まれて男っぽい性格の人だと思う。十六歳で結婚して、二人も子供を造られたこと、よくぞと思うが、昔の人は異性と結婚しないわけにはいかなかったのだ。今の世なら茉莉さん、結婚などしないで、文筆生活に励んでいたに違いない。

伊藤文學「『薔薇族』的森茉莉考」

ところで森茉莉が雑誌やなにやかやの切り抜き好きでスクラップマニアだったのなら、
こんどどこかでまるごと特集してほしいなあ、とおもったことでした。
いままで、まったく見たことなかったから。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:43 PM | コメント (0)

November 28, 2007

HATS

hats071128.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

ロンドンはキングスクロスの帽子屋にて。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:35 PM | コメント (0)

badge

pin071128.JPG

ピンバッジをあつめていて、
これからの季節はニット帽に飾るのがオシャレな気がするんですが、
なにせ丸顔ゆえ帽子が似合わない。。。

標本みたいにガラス瓶にとじこめてみます。

水玉柄の馬がかわいかった。
どこの国のバッジやらわからなかったけれど。
きのう、中野ブロードウエイ入り口の古雑貨屋でみつけたちいさな勲章。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:57 PM | コメント (0)

遠い水平線

elevator071128.jpg
from

小説を読むことが、ひとつの旅だとするならば、
アントニオ・タブッキの中篇『遠い水平線』はうつくしく詩的な旅情をはなっていました。

イタリアはジェノア(おそらく)の
貨物船が停泊する港湾や工場の風景が印象にのこりました。
死体安置所に勤務する主人公は身元不明の他殺体の謎を追って、
エレベーター(登山列車のようなものらしい?)で高台に上がり、
湖畔のレストランのような鄙びたハンガリー料理屋で紅茶をすする。
ちょこっと探偵小説じみた展開になってますが、
さて、じつは何をもとめた旅のはじまりだったのか。。。

◇◇◇

エレベーターといっても、発車してしばらくのあいだは、登山列車のようにレールを走る。ガラス窓のそとには、はじめは建物の厚い壁が、そしてネコがうろつく空地や、中庭に通じる鉄の門などが、つぎつぎと過ぎていった。中庭には、洗面器が一個と、さびた自転車がほうりだされていて、ゼラニウムとバジリコを植えたツナの空缶が見えた。やがて、突然、建物の壁がとぎれると、そこからは、まるで、エレベーターが天井をつきやぶって、一直線に天に向って上昇するかのようだった。一瞬、からだが宙に浮くような気がする。鋼索がするすると滑べり、港も建物もどんどん下に逃げていく。このまま永遠に上昇をつづけるのではないかと思われるほどで、引力の法則が、ばかげて見え、都会は、離れてみてほっとする玩具だったような気がしはじめる。

『遠い水平線』アントニオ・タブッキ(須賀敦子訳/白水Uブックス,1996)

◇◇◇

気になった “エレベーター” なる乗りもの。
まったくもって不粋ながら「こんなかんじかな」
と画像をさがしてみたのはインターネットによる旅の良し悪しでしょうか。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:09 PM | コメント (0)

November 27, 2007

Henry

henry071127.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

ロンドンはカムデンタウンにて。
家電屋ウィンドウのミシンや掃除機です。

愛くるしい“Henry”は業務用バキュームクリーナーで、
ロンドンのホテルの廊下で見かけましたが、
現在ワタシの住む東京のアパートメントでも愛用されてるのでした☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

noel stamp

noelstamp071127.jpg

1980年クリスマスのデンマーク切手です。
素朴な印刷。

中野ブロードウエイ入り口の古雑貨屋にて購入。
きょうはすこし暖かかった、バスにゆられて眠くなった。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:00 PM | コメント (0)

November 26, 2007

Laurent Cilluffo

nylc071126.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

ephemera # 03

ephemera03071126.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

2000年春の歩行。
フィルムカメラでモノクロームを中野区南台にて。
民家の窓に“ephemera ”なシールが貼ってあった。

flowers071126.jpg
L'ecume des jours # 18,April 10, 2007

そして、今年の春も無意識にカラー(デジタルカメラで)撮ってました☆

B/W photo collections

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:01 PM | コメント (0)

November 25, 2007

pressed leaves

ochiba071125.JPG

押し葉にしようとおもって落ち葉をひろってきた。

土の上でグラデーションを発していた葉っぱたちは
枯れていく寸前の息づいた湿り気をほんの少し
手ざわりにのこしていました。

よくわからずにネットでしらべたら、
コーヒーフィルターにはさんで2,3kgの重石をするのだと。
もったいないけれど虫がうようよしたらいやなので
コーヒーフィルターをつかった。
そしてArt&Design アニュアルの古本を重ねてみました。

oshibon071125.JPG

dryingherbariumspecimens071125.jpg

wiki「押し葉標本」ではこんな素敵な手製の装置がありました。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:41 PM | コメント (2)

ephemera # 02

ephemera071125.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

ロンドンはカムデンタウンにて。
列車高架下で風雨にさらされてアートになったポスターです。

エフェメラ」は本来、カゲロウの意味。
最近では、はかなげな(いつか消えゆく無用の)紙モノ収集のことだったりします。

B/W photo collections

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:45 PM | コメント (0)

November 24, 2007

abstract #03

sengoku071124.jpg
© photo by hiromi suzuki,1999

本日のTE

東京都文京区千石にて。

こどものころ、こちらにちかい社宅(父の勤務する会社の)に家族で住んでおりました。
戦前からある文化住宅で、見ず知らずの若い独身男性が一室に間借りしてて、
こっそり留守中に部屋をのぞいたらガランドウ。
綿埃が西日にふわふわしてた。
たぶんいそがしい仕事を終えたあとに寝るだけのスペースだったのでしょう。

1999年に再訪してみましたら、その木造平屋が残存していてびっくりしました。

写真は戦後にできたモルタルのアパートメントです、まぎらわしくてゴメンナサイ。

かつて『駕籠町』といわれてたところ。
交差点にあった都電停留所の名前を家族から聞いて記憶しているのです。

B/W photo collections

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:48 PM | コメント (0)

November 23, 2007

Back yard

chinese071123.jpg
© photo by hiromi suzuki,2000

本日のTE

東京都北区王子。
中華料理屋台所を裏庭から。

そういえば、ずいぶん B/W フォトがあつまりました。
プチ写真集としておたのしみくださいませ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 08:46 PM | コメント (0)

information

渚十吾氏の音楽茶話会は連休まんなか。11月24日、土曜日16:00〜19:00です☆

rain on the roof presents echo mountain parlor vol.9

This Month
Special Parlor Time!

Jugo Nagisa & Yoshiro Nagato

rain on the roof(三軒茶屋)

blogranking

投稿者 orangepeel : 03:00 PM | コメント (0)

November 21, 2007

abstract #02

apartment071121.jpg
© photo by hiromi suzuki,1999

本日のTE

ひさしぶりに “ トレ ” ってみました(笑)。
中野区南台のアパートメント。
秋の日差しと蔭。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:28 PM | コメント (0)

November 20, 2007

seasons greetings

idea14071120.jpg
「グラフィック・デザイナーのクリスマスカード」
アイデア 34号(1959,4月号) p.53 より

ハロウィンが終わったとおもったら、
街はすっかりクリスマスムードです。

ところでクリスマスカードってつくったことあったかしら。
じつは日本人にはなじみうすい習慣ですよね。
いろいろと凝った細工が洒脱でたのしい、
世界の巨匠のカードです。

スキャニングしたページそのままの画像でもうしわけございませんが、
最大に拡大いただくとキャプションもご覧いただけます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

November 19, 2007

Lionel Koechlin

nylk071119.gif
from The New Yorker

◇◇◇

気が滅入っていたって、体調わるくたって、
更新するわよ!プロだもの!
うーん、うつくしいモノクロームのイラストレーションをみると勇気がわくわ☆

と、から元気をふりまくほどにさびしい気持ちになる月曜日。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (2)

November 18, 2007

ジャガイモ☆

potato071118.JPG

木枯らし1号が吹いた日曜日。
商店街入口の八百屋さんでしきりに「美味しいよ!本日のおすすめ!」って、
ちょこっと自動化したアナウンスだったんですが(笑)買ってみました。

皮のかんじがサツマイモみたいに紅色はいった北海道産一山100円のジャガイモです。
よく洗って、皮ごと半分に切ってサランラップにつつんでレンジでチンした。

これがですね、塩をふったりバターを溶かし込んだりすると“芋”とはおもえない美味。
“ 栗” です!秋から冬の到来をかんじる風味です!

メープルシロップをからめてみたのは、調子にのりすぎた。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:54 PM | コメント (0)

November 17, 2007

2008 カレンダー校正

irokou071118.JPG
2008 calendar/ illustrations by hiromi suzuki

2008年のカレンダーの校正がでました。
刷り上りましたらこちらでまた告知いたします☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:14 PM | コメント (0)

November 16, 2007

アイデア #05

idea11071116.jpg
Fred Mintz
アイデア 63号(1964,2月号)

idea12071116.jpg
Ivan Chermayeff
アイデア 53号(1962,6月号)

idea13071116.jpg
Gunter & Gisera Dongowaski
アイデア 40号(1960,4月号)

宝石がまだまだ棚のすみににかくれていた☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:49 PM | コメント (0)

November 15, 2007

アイデア #04

idea7071115.jpg
Ziv Narkiss
アイデア 39号(1960,2月号)

idea8071115.jpg
Walter Landor
アイデア 52号(1962,4月号)

idea9071115.jpg
Paul Peter Piech
アイデア 31号(1958,10月号)

idea10071115.jpg
Jacques Richez
アイデア 43号(1960,10月号

まだまだワタクシの本棚からつづきます、いっきに4点☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:24 PM | コメント (0)

November 14, 2007

アイデア #03

idea5071114.jpg
Fletcher Roger Sliker
アイデア 54号(1962,8月号)

idea6071114.jpg
Elsa Kula
アイデア 58号(1963,4月号)

しつこくコレクションを公開いたしますよ☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:39 PM | コメント (0)

November 13, 2007

アイデア #02

StanStubenberg071113.jpg
Stan Stubenberg
アイデア 62号(1963,12月号)

wfbunce071113.jpg
William F.Bunce
アイデア 34号(1959,4月号)

きのうにつづいて仕事場の本棚からコレクションです。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:23 PM | コメント (2)

お知らせ

いつもお邪魔させていただいている『北沢川文化遺産保存の会』のナビゲーター、
きむらけん氏がNHKラジオに出演されるそうです。
テーマは「下北沢の作家たち」。

○番組    ラジオあさいちばん(ラジオ第一放送)毎朝5時〜8時30分
○コーナー  首都圏情報(関東1都6県+山梨県向け)
○放送日時  11月14日(水)朝7時45分頃から約8分間

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:16 PM | コメント (0)

November 12, 2007

Anders Wenngren

anderswenngren071112.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:56 PM | コメント (0)

アイデア

FrancoGrignani071112.jpg
Franco Grignani
アイデア 47号(1961,6月号)

BobGill071112.jpg
Bob Gill
アイデア 30号(1958,8月号)

海外でもコレクターの多いデザイン誌『アイデア』の '50年代から '60年代の表紙は秀逸。
神田の古書店でポツポツとあつめてみたワタクシのコレクションをちょこっと公開してみます。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:27 PM | コメント (0)

November 11, 2007

High tide

High tide.jpg
© photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

千葉県房総白浜にて。

◇◇◇

ざんざんぶりの雨とともにピカってとどろいた季節はずれのカミナリに
おびえつつワクワクした11月の日曜日でしたね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:31 PM | コメント (0)

November 10, 2007

sea shore

seashore071110.jpg
© photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:43 PM | コメント (0)

November 09, 2007

Long time no sea

umigoya071109.jpg
© photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

房総半島の浜辺にて。
そういえば、ながいこと海に行ってないな。

タイトルは、ベン・ワットのアルバム “ North marine drive ” からかっこつけてみた。

週末は冷たい雨の予報ですね。
みなさま、おでかけにはマフラーをお忘れなく☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:47 PM | コメント (0)

November 08, 2007

abstract

abstract071108.jpg
© photo by hiromi suzuki,1999

本日のTE

晩秋の中野区南台の路地にて。
おとずれつつある冬のにおいに
こころもとなく囁きあう日陰のちいさな花たち。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:13 PM | コメント (0)

November 07, 2007

Personal Showcase

jan071107.jpg
Illustration*Hiromi Suzuki

デザイン誌『Lurzer's Archive』のオフィシャル・サイトから
Personal Showcase にていくつかイラストレーションをご覧いただけます。
(サムネイルをクリックすると拡大します)

年末がちかづいてまいりました。
連載やプレゼン等、お声をおかけいただければ幸いです(営業です!)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:30 PM | コメント (0)

Nieves

nieves071107.jpg
© Nieves Books

スイスのインディペンデント出版社『Nieves(ニエヴェス)』は、
キム・ゴードンなどのカリスマアーティストからローカルの人気作家まで、
オリジナルのヴィジュアル・ブックを世界に発信しています。

こういうちいさな出版社(といったら失礼ですけれど)の
オルタナティヴな仕事がとってもうらやましいなあ。

ところで、もっとちっちゃいこと。
現在出張中の同人がもどってまいりましたら、
忘れ去られつつある(笑)『kaiba』の次号をゆっくりと編もうとおもっております☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:06 PM | コメント (0)

Document

昨日TrekEarth に投稿した写真に
ご親切なことにWorkshopでこんなふうにトリミングのご助言をくださった方がいる!

そりゃそうなんだけれども。
むむむぅ。
サイト上でディスカッションする英語力と勇気をもちあわせていないので、
こちらのブログで愚痴ってみます、ハハハ。。。

*****

以前、ニューヨークの写真家リー・フリードランダーが来日した際、レクチャーに参加したことがあります。
(すいません、この文脈で巨匠の話をもちだすのはどうかとおもいますが)

熱心に写真を勉強してるらしき真面目そうな学生が
「トリミングしてるのですよね」と(決め付けて!)質問した。

フリードランダー氏は「私は撮影のときにだけ(レンズの中で)トリミングします。
プリントする時点でのトリミングは決してありません」とおだやかに断言した。
「デジタルカメラは使わないのですか?デジタルなら、あとでいろいろ加工できますが」
となおも食い下がる彼に、
「私はアナログ人間ですからね」とかなしげに答える巨匠なのでした。

若い学生さんは、いまひとつ理解していなかったのだろう。
リー・フリードランダーが “ アルチザン” ではなく、
ストリート・フォトの “ アーティスト” であることを。
いっしょに出席したまわりのひとたちと「ああ、身がちじむね・・・」とこっそり汗。

デジタル全盛のいま、いかにうつくしく加工するか
という技術が写真の価値のひとつになるのなら
商品写真のようなコマーシャルな世界では非常に有用です。

しかし、ストリート・フォトというのは、
その一瞬の時間と空間をありのままに切り取るひとつのドキュメントなのですから、
街に立ってレンズをのぞく写真家の眼を信じなくてはいけない。

*****

長文になりました。

しょせんアマチュアですが、
幸運にも写真集にサインまでいただいたリー・フリードランダー先生(笑)にならって、
ワタシのスクラップは「トリミングはダメよ」がモットーになっております。

そうでないと、写真を撮り歩くことが
ただの“ 素材さがし ”になってしまう。

写真って何?
むつかしい。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:51 PM | コメント (2)

November 06, 2007

家路

isumitetsudo071106.jpg
© “ Homeward Bound ” photo by hiromi suzuki,1995

本日のTE

千葉県は房総半島。
大原〜大多喜間をはしる “ いすみ鉄道 ” の車窓から。
ごらんのとおり、単線のなつかしい風景です。

ちかいうちに廃線の危機にあります。

タイトルはサイモン&ガーファンクル 『Homeward Bound』 から、かっこつけてみました。
房総に故郷があるわけでもなんでもなく、ただの異邦人としておとずれただけなんですけれども。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:25 PM | コメント (2)

The Gift

jelly071106.JPG

dm1071106.JPG

dm2071106.JPG

*いちばん上の写真は妹からとどいたゼリー。
なんだか、すてきな香りただようフレグランスの詰め合わせみたいなパッケージだわ〜。
どうもありがとう!
食べるのもったいないので、しばらく部屋に飾っておこう(笑)。

*下の2枚は化粧品会社からのクリスマス向けDMです。
カラフルなトレーシングペーパー使いや3分割のパラパラページがあいかわらず凝ったつくりです☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:20 PM | コメント (0)

November 05, 2007

Jacques de Loustal

nyjloustal071105.gif
from The New Yorker

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:07 PM | コメント (0)

sleepy #02

slpandalondon071105.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

ロンドン動物園のパンダちゃん。

いままで、どこの動物園でも疲れたパンダしか見たことないの。
かなしいね。

blogranking

投稿者 orangepeel : 09:32 PM | コメント (0)

November 04, 2007

sleepy #01

slpandatokyo071104.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

上野動物園のパンダちゃん。

以前にもこちらのブログにのせたことがある写真なのですが、
いまひとつねむい画像でした。。。
プリントをスキャニングしなおしてパッキリ補正をしてみました(笑)。

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:20 PM | コメント (0)

SHIPBUILDING

shihosuzuki071104.gif

「むつかしい本じゃなくてマンガかなんか買ってきて」と家族にたのまれて、
ひさしぶりに新刊書店のcomicコーナーに足をふみいれてみた。

そうだ、コミックはビニールがかかっていて内容がわからないんだった。
が、タイトルにグッときて購入。
で、まったくもってワタシ好みの絵と言葉が満載だったので、
結局自分のものにしました、ハハ。
いやあ、これはマンガというより詩集だ。

鈴木志保著『船を建てる〜SHIPBUILDING』(秋田書店刊)の目次をみると、
“ビッグサーの敗軍将軍”とか“コルゲートで磨け”など気になるキーワードが!
かあいらしい主人公のアシカたちの名前が“コーヒー”と“タバコ”というのもいいです。

おちついたら、ゆっくりたのしもうとおもいます☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:08 PM | コメント (0)

November 03, 2007

striptease

closed02071103.jpg
© “ephemera” photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

きのうにつづいてひなびた(失礼)温泉街のストリップ劇場廃屋。
TrekEarthヌード禁止の項目に抵触して削除されませんように。。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:33 PM | コメント (0)

air check


James Taylor - You've Got A Friend '71

たいせつな用事をすませて安心しつつ帰宅し、洗濯機をまわしながら仕事机にむかいました。

ラジオをつけたらジェームス・テイラーの“You've Got A Friend”がかかった。

高校生のころ、この曲をエアチェック(死語?)してくりかえし聴いたな。

ラジオといえば、古書『猫額洞』の文化放送オンエアは11月7日(水)2pmに延期されたそうです。
よかった!31日はバタバタしていたから来週ならエアチェックできるかな。。。

blogranking

投稿者 orangepeel : 10:06 PM | コメント (3)

November 02, 2007

closed

closed01071102.jpg
© photo by hiromi suzuki,1994

本日のTE

すっかり廃屋と化したストリップ小屋のとびらです。
水上温泉郷にて。

* * *

いつのまにか11月。
今年もあと2ヶ月なんですね☆

blogranking

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)