March 30, 2005

Ephemera

P1020544.JPG

P1020545.JPG

P1020546.JPG

ロンドンの地下鉄the Northern line のCamden Town 駅高架下でPeter Blake の新作を激写!うそです。この冗談は何度も使用するとさむいですね(笑)。前回のエントリは、右のサイト内検索で「ASSEMBLAGE」のキーワードからご確認くださいませ。

ロンドンの下町、カムデンからチョークファームにぬけるトンネルの壁。ライブやイベント告知のポスターが貼られたりはがされたり風雨にさらされたり、で偶然できあがった町なかのアートです。すでにアンティークの域にはいりつつあるEOS1000で撮っています・・・。ちなみに、ピーター・ブレイクは音楽好きのみなさまには The Beatles,The Who,Paul Weller のアートワークでおなじみですね。

ピーター・ブレイクといえば「エフェメラ」をアッサンブレする英国のアーティスト。“Ephemera”とは英語で「とるにたらないもの、短命なもの」という意味です。もともとの語源は「カゲロウ」。おとなにとっては有用でない玩具やふるいポストカード、外国の切手、エルビスやマリリン・モンローのポートレートなど。また、雑誌や新聞のきりぬきをコラージュしてノスタルジーをキャンバスに再構築します。
そのポップでファンタジックな世界はまさに『Sgt.Peppers・・・・』そのもの。

ところで『Ephemera: Photos by Derek Powazek』は、サンフランシスコのエフェメラを撮りあつめている写真家のサイトです。EOSのデジタルカメラが欲しいなあ、いま、いちばん欲しいもの。

投稿者 orangepeel : 08:42 PM | コメント (0)

March 29, 2005

春眠

P1020542.JPG
UENO ZOO

P1020541.JPG
LONDON ZOO

P1020552.JPG
LONDON ZOO

いずれも私が撮影しました。上は『上野動物園』、中は『London Zoo』のパンダです。どちらも眠たそう(写真もねむいし:笑)。いちばん下は同じくロンドン動物園、窓ガラスに顔を押し付けて日ざしを待ちわびる土産物。

もうすぐ四月ですね。新学期、新年度。私もそろそろ冬眠からめざめなきゃ(笑)。

投稿者 orangepeel : 10:49 PM | コメント (2)

March 26, 2005

Love bird

P1020528.JPG

P1020531.JPG

下北沢の古書店『白樺書院』のつよしくん(ふふ、また会いに行ってしまいましたの☆)。きょうは短冊づくりを中止してポーズをとってくれました。「チチッ!(あそんで!)」って。こちらは作家・森茉莉もよく来てたそうですね。

同じく下北沢にある『邪宗門』は、まだ行ったことがございませんけれど、かつて森茉莉が通った喫茶店。カウンターにいる常連男性の「室生犀星」似のうしろ姿に恋していたそう。

下の写真は、井の頭線下北沢駅からみた西日です。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (11)

Weekend

P1020537.JPG

P1020534.JPG

下北沢、茶沢通り沿いのアンティークショップ『もくようかん』。ねじまき式の時計が過去へのタイムトリップにいざないます。

ところで昨日、幡ヶ谷六号通り商店街の古書店『小林書店』で購入したのは、柳田國男選集です(散財してしまいました、、、汗)。ときどき図書館で借りたりしてましたが、あらためて手元においてゆっくり読んでみたくて。北欧への紀行文もたのしみ。それより「選集・3」の『月曜通信』というタイトルにひかれました(笑)。大戦中の昭和18年8月9日から毎週月曜日に「民間伝承」誌に連載されたことから。散歩をしてあつめた昔話を、不安定な時代の若いひとたちのために「宛名のない手紙」としてつづったものだそうです。

今日は土曜日、週末散歩の収穫です。

投稿者 orangepeel : 10:39 PM | コメント (0)

March 24, 2005

One Fine Day

P1020523.JPG

きょうの空は真夏の入道雲みたいでした。

あちこち行ったり来たりして、おちついて作業をはじめた夕暮れに突然、窓をたたきつける雨が。今は降り止んでいるようですけど、海からの風が湿ったにおいをのこしています。

いちにちが終わるようです。

BGMはCarole King “One Fine Day”です。夏休みのはじまりの朝にラジオから流れてきて心がはやりました☆って、気がはやい話題ですね(笑)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (0)

March 22, 2005

西日通信

P1020503.JPG

P1020507.JPG

みなさま、連休はどこへおでかけになりましたか?
私はほとんど仕事をしていたような気がします。ちょこっとお散歩して古書店めぐりをしたくらい。

我が家の前の中野通りが延長されて、まっすぐ南下すると東北沢なのです。ひたすらてくてくあるきます。車はもってないし、それより運転免許ないし(笑)。下北沢の空はひろいですね。風のにおいに季節の変化をかんじとれます。(スイマセン、花粉症とは縁がないのです・・・・)

そういえば昨年もこんな写真を撮りました、下北沢駅の踏切。小田急線の土手にまた、つくしがポツポツ(拡大してご覧ください)。下の写真は線路沿いのコンテナのオレンジいろがきれいで。きいろいフラッグもたのしいなあ☆

春ですね。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 08:51 PM | コメント (0)

March 21, 2005

読書家

P1020513.JPG

下北沢に行くたびに立ち寄る古書店『白樺書院』、レジ台でお店番をしている看板インコの2代目『つよし』くん(メスです:笑)がかわいいんです。ひがないちにち、せっせとクチバシで文庫本を短冊状に噛みきざんでいるけなげな小桜インコです。

こどもの頃かわいがっていた『ピーコ』(ベタな名前です)もチラシとか新聞紙をあたえると、短冊に噛み切ったものを羽根にはさんで踊ってたなあ(踊りがじょうずだったなあ)。ご主人にうかがったら、アフリカ種のインコは、巣作りのためにこのような行動をするそう。今日、はじめて知りました。

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 03:08 AM | コメント (0)

March 20, 2005

MOLESKINE

P1020502.JPG

ヘミングウェイやピカソやマティスなどなどの天才にあやかりたくて購入しました『MOLESKINE』、てのひらサイズのスケッチブックです。日記がわりにひとりごとを綴ろうかなあ、と思っているのです。旅(たぶんしばらくできないけど)や散歩のときにポケットにひそませてみたりして。スケッチやコラージュなんかして洒落てみたりして。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:05 AM | コメント (2)

March 16, 2005

純愛

投票ください!
私?私はロマンチストだけどリアリストです。

Q.好きなひとに恋人あるいは配偶者がいても純愛を貫く
Yes/No

こちらの投票は7月31日をもってしめきらせていただきました。
ロマンチックなご回答どうもありがとうございました☆
結果、投票数は75件。「YES」52%、「NO」48%です。

投稿者 orangepeel : 11:18 PM | コメント (2) | トラックバック

orangepeel

P1020479.JPG

いただきもののチョコレイト。ビターチョコがオレンジの皮をコーティングしています。おいしかったです☆


 ら
   があった

キャン ディ あか
るい
  食べられる
活発な
   ピンク色など 恥しい
レモン色など
みどり色など すずし い チョコ
レイト色
など

  の 下
  一台の
               機 
             関
           車
         か
       ら
    ふき
    あげ
    てる
すみれ
色など

“そ”Verse by e.e.cummings(藤冨保男訳)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:25 AM | コメント (0)

March 13, 2005

Lily #04

P1020492.JPG
練馬区貫井2丁目。

西武池袋線中村橋駅前商店街の街路灯。なぜかネコのネオンがついていてお祭りの気分です。ニャカムラバシ?(笑)。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 11:51 PM | コメント (1)

机の上から・6

P1020471.JPG

絵コンテ帖です。トップページをあたらしくしました。

実家からひきとったレコードがダンボール2箱、PCデスクの足元にあります。ほとんどがロックとふるいポップス。日本ではネオアコとよばれているジャンルも多いです。

The Smiths はシングルをちょこちょこ集めてました。ポートレートにただ THE SMITHS の文字がはいるだけのシンプルなデザインがかっこいい。“The Boy With The Thorn In His Side”(心に茨を持つ少年)はトルーマン・カポーティが跳ねているジャケ写が妙にせつなくて。

カポーティは少年を主人公にした『草の竪琴』や『遠い声遠い部屋』などのゴシックな小説も好きですが、ノンフィクション・ノベルとよばれる『冷血』や『カメレオンのための音楽』のようなクールな筆致にはぞくぞくします。真夜中に連続殺人犯のルポルタージュを読んでいてリアルさに背筋が凍りついて、翌朝めざめてもその呪縛がとけなかった。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 12:35 AM | コメント (0)

March 12, 2005

お天気雨

P1020451.JPG
collage by hiromi suzuki

雨でどんよりした一日でした。まちがグレイにくもっててゆううつ。

そういえば、お天気雨って最近ないですね。ふるいひとは『キツネの嫁入り』といってました。晴れてるのにざーっと雨がくるかんじ、どこか化かされてるきもちがするから?こどもの頃は「なにかおこりそう☆」ってウキウキしてました。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:18 AM | コメント (0)

March 11, 2005

Brown Eyed Girl

P1020469.JPG

Van Morrison“Brown Eyed Girl”を聴いてます。こういう曲すきです、ふとラジオから流れてきて一緒に口ずさみたくなるような。カラオケで歌っちゃおうかなあ。歌詞つきです☆
あ、そういえばワタクシのこちらのページでも書いてます。

写真は英国ブライトンの埠頭で撮りました。

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:22 AM | コメント (0)

March 09, 2005

Ticket To Ride

P1020460.JPG

きょうはいちにち部屋にこもって作業をしていたので気がつきませんでした。街はもう春なんですね。

コピー機のメンテナンスのひとが開口一番「きょうは暑いっすよ!」って、ああそうですねえ、もう3月なんですねえ・・・。「自分はジャケットの下は半ソデっすよ!」って。帰り際にちいさなペットボトルの冷たい烏龍茶を渡しました。私のセーター姿を暑苦しいと思ったにちがいないっすよ(笑)。

どこかちょっと遠いところにでかけたいですね。写真はきのうに引き続きロンドン。Kings Cross街角の帽子屋のショーウインドウを撮りました。キングスクロス駅はユーストン駅と並んであります。マンチェスターやリヴァプールへの長距離列車が発着するターミナル。南の海岸、ブライトンへむかう郊外電車もでています。ユーストン駅はThe Beatles映画『A Hard Days Night』の冒頭シーンで有名ですね。キングスクロス駅は『ハリーポッター』で。(『世界の車窓から』風に:笑)

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 08:20 PM | コメント (0)

March 08, 2005

Kew Gardens

P1020443.JPG

名前のしらない花。Kew Gardensにて撮影。

ロンドン郊外キューガーデンでバラやライラックを撮りながらの散策中、正午すぎに雨がふりだしてかけこんだカフェテリア。定食のチキンスープはおいしかった☆
ときどき思い出してつくってみます。


読みかけの本には
インクの切れはしをはさんでいる
ウルトラマリンの
海にむかう電車の
ガラス窓にほほえむ自分の映像
こんなふうが気に入っている
美しく聡明できむずかしいが
うちとけると楽しい

美人コンテストの
元ミス・ワールドより頭がよく
故ルーズベルト夫人よりキレイだから
すべての女性に優っていると思っている(*)

彼女はメキシコのことわざを
知らずに死ぬのだろう
うっとりと旅情にひたって
窓の外をながめているが
≪ガラスに反射した太陽をみると
強欲で淫乱になる≫という
マンホールのずうっと奥の
見知らぬ国のことわざを

           * シモーヌ・ド・ボーヴォワール

『美しい映像』 poetry by 鈴木博美

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:44 PM | コメント (2)

水のないプール

P1020439.JPG

フラワーヒルという郊外住宅地がございます。東京のベッドタウン。いつかは西武鉄道の駅も開通するということで、分譲されたときは“日本のビバリーヒルズ”という謳い文句でしたかしら。ショッピングセンターがあり、なんと住民専用のプールもあるのです(こども用小プールもあり)。親戚が住んでいたので夏になるとその広いプールで遊ばせてもらいました、くちびるが紫色になるまで狂ったように。ときどき売店で買ったカレー味カールを食べてデッキチェアでうっとり。自分の街がリゾートなんです、すごい。庶民の夢。

写真は街の付近の送電線をささえる鉄塔。数年前に撮りました。最寄り駅からてくてく歩いて1時間強かかったかな。真冬の木枯らしが頬に痛かった。雑木林のなかの鎌倉街道が産廃銀座になってました。

あのにぎやかだったプールはなくなってしまった。

街から北上すると不老川というちいさな川があります。こどものころはドロドロのドブ川でしたけど、清らかな水の流れに鴨がくつろいでました。不老川(ふろうがわ、もしくは、とししらずがわ)については柳田國男の『武蔵野の昔』を引用させていただきます。

「狭山の近傍に俗に年不取(とししらず)川という川がある。この川は毎年12月末になると水がことごとく地の底へ流れ込んでしまい、次の年の初めまで少しも地上を流れない。年取らずの名もそこから起こり、又逃げ水というのもこの川の事であると。この節は一見奇怪のようであるが、水の流れの時あって地下にひかれるのを、逃げるといった点だけは有りそうなことである。いずれの地方の水無瀬川でも、梅雨季の水量の多い時節には常の路を流れ、冬分の渇水時ばかり地下を通るのが普通であれば、この話のように除夜の晩に限って流れぬと言ったのは話であろうが、そうして逃げてしまう水は武蔵野には随分多いらしいのである」

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 02:32 AM | コメント (0)

March 07, 2005

Afternoon Tea

P1020431.JPG

いただきものの紅茶がとてもいい香りで、それで過去をふりかえってみるのです。ハハ、プルーストの『失われた時をもとめて』気取りです。

4月から新社会人になられる方、期待と不安でいっぱいだろうな、私も保険会社のOLを経験しているので痛いほどわかります。

ところで。
いままで生きてきてホントさえない日々だなあ、とおもったり。たいせつな時間をむだづかいしているのかなあ、とおもったり。いえ、じつはとてもしあわせなのかなあ、とおもったり。青春をこじらせている私はなんだかよくわからないのです。

それでも、やらなきゃいけないことは山積み。ひとつづつ、ていねいに処理していこう。

あらためて新人のつもりで。
みなさま、こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします☆

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 02:18 AM | コメント (0)

March 03, 2005

North Marine Drive

benwatt.jpg

昨日の瓶詰めチェリーで思い出したわけではないのですが。

英国のレーベル、Cherry Red といえば Everything But The Girlですね。ドラムン・ベースのDJとしてのイメージがつよい Ben Wattですが、デビューアルバムは弱冠20歳の頃のもの。“North Marine Drive”の全曲をちょこっとづつ試聴できます。早熟な知性と、うらはらなセンシティヴィティ。青春の終り。エコーのかかった遠い歌声が耳にせつないのです。海風が頬につきさす冬とはもうすぐお別れですけれども。

今は雨ですが、これから雪になる予報。

追伸:ジャケットの寒そうな海岸はブライトン?ブラックプール?英国の海岸の写真はワタクシのこちらのページでもおたのしみいただけます☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 11:59 PM | コメント (0)

March 02, 2005

Cherry

P1020419.JPG

シロップ漬のチェリーの瓶詰めをどうするつもりだったのだろう。買ってきたはいいものの使いみちがよくわかりません(笑)。いえ、ただ毒々しいチェリーレッドに誘惑されて手にとってしまった、としかいいようがございません。さくらんぼはパフェの女王さま?プリン・ア・ラ・モードとか?なんか古くさいわあ(笑)。カクテルにもはいってますね、マンハッタンとか。マンハッタンってオーダーするのがなぜか照れくさいですね。

まだまだ寒いですけど桜の季節ももうすぐですね。いつかの春の宵になにをとちくるったのか桜の枝を折ってしまったことがあった。バチがあたったのか翌日鼻にオデキができました。ジョージ・ワシントンにならって正直に告白いたします。

桜の枝を折る
辻公園の六分咲きの細い先っぽ
飛び散った樹液が鼻腔にながれこむ
よふけの海風にからみついて
いとこたちが車幅1メートル25センチの
真新しいキャディラックにはしゃいで通り過ぎていく
ムートンのシート・カバーの端っこが燃えているのに
鼻が痛い鼻の奥におできができて

愛人たちを翻弄して手に入れたブック型の玉手箱
開けてみればつつましやかに詰まっていた
ヴィンテージのミッキー・マウスの人形や
ビーズを綴ったヘア・ピンの束、オースチンのミニ・カー
モータウン・レコードのセット・リスト、手製の手鏡
「フラジャイル」の荷札に書きつけた電話番号

共食いをはじめた緋鯉の世話を
やさしい年上の友人に習っている
ぐらつく階段を上り下りしながら
死んだ魚を上海料理店に提供するのです
まな板の上で力強くあがいても

鼻が変形するほど腫れあがって
わたしは告白しましょう桜のはなびらが散るまえに
竜宮城は海でしたか川でしたか
ルポルタージュをつづけましょう
朝日をまつベンチにねころんで

『サクラサク』 poetry by 鈴木博美

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 10:40 PM | コメント (0)

March 01, 2005

川をあるいて

P1020405.JPG
渋谷区本町4丁目『弁天橋』。神田川笹塚支流暗渠にて。

東京の失われた川と恋におちるきっかけとなった神田川支流の暗渠(先日もご紹介いたしましたが我が家裏にございます)。モノクロで撮った写真は「昭和?」ってかんじですね(笑)。このあたり、明治の頃はいくつもの村営(代々幡村)水車があったそう。

ところでネットで調べたら、暗渠好きの仲間がたくさんいてたいへん心づよくなりました。その中のひとつ、自転車でお散歩の『あわにっき』は、なんと高校生(!?)の男の子のサイト。

「『ねぇ、君、変だよ、君、変だよ』と言われるくらい泳ぎの達者なドジョウになったつもりで、世田谷の川をめぐる」というくだりにはきゅうっ・・・となりました。青春・・・・☆

banner_gray.gif

投稿者 orangepeel : 10:04 PM | コメント (0)

ひみつの宝箱

P1020401.JPG

ってもったいぶってますけど、ポストカードやらなにやらを入れてます、紙製のちいさなトランク。

ロンドンに旅行した際に買いあつめたおもしろいものなどなど。イミテーションの目玉焼きとか、公衆トイレの自販機にあったチョコレイトみたいなパッケージの・・?

banner_orange.gif

投稿者 orangepeel : 01:43 AM | コメント (0)